WE-TECH SCAR-L + MK13 EGLM

 

Enhanced Grenade Launcher Module】

ノーブランド。ヤフオクにて、9.78K即決。SCAR-LとSCAR-H用の二種類のアダプターが付属。基本的に、電動用(マルイ、海外製含む)。

※全体が透明フィルムで覆われてた。そのおかげか、開封直後に刺激臭がw。

工業用プラの臭いというか、作業中ずっとしてたので、気分が悪くなったw。

同じ製品買った人は、換気をしっかり行うように・・・w。

取り扱い説明書。

20mmレイルに取り付け。固定パーツがプラなので(VFCのも同様)あまり力入れると破損する(軸は鉄、クランプレバーはアルミ)。 後ろの2箇所の凸部分をレイルの後ろ2本の溝に合わせなきゃいけないんだけど、やっぱり合わなかった(他のショップブログでも、マルイ電動には無加工で付くけどWEのには合わないと明記されてた。ノーブランドだったし、多分、同じ製品)

 

でも、ここで諦める訳にはいかない(`・ω・´)。ちょっと後退させると付きそうなので

削った(SCARは削りたくないのでw)。シャリシャリと、硬い感触のプラだった。 なぜかあちこち緩んでたので、増し締め(さすが大陸製w)

取り付けてもガタガタだったので、スポンジ両面テープとアルミテープで隙間埋め(でも、完全解消には至らなかった)

とりあえず取り付け出来たので、パチリとw。マガジン黒もばっちり合ってる(PDW付属のマガジン)

削ったおかげか、かえってフィット感がアップした気がする。

でも、マガジンの出し入れがめちゃ渋いんだけど・・・。擦れてるし。ランチャー&アダプターが後退した分、マガジンにぶつかってたようで。

後ろに押された状態で抜き差しした所為か、マガジンの角でSCAR側が削れてた・・・orz。

もうヤケクソで、アダプター側を削る。マガジンスムースに着脱出来るまで徹底的に。最初、ヤスリで削ってたが、中ほどがプラプラ動いて削れなかったので、彫刻刀にチェンジ。

本体のみだとスマートなSCAR-L。 一気にボリューミーに。

迫力の大口径w。本音言うとVFCのが欲しかったけど、安いのでも15Kくらいするし・・・。まあ、見た目は若干劣っても、こちらも造りはしっかりしてるし作動も問題ないので(それに、あんまり高いと削ったり出来ないしw)

黒い部分(バレル)はアルミ製。ライフリングモールドもある。

Vanaras製40mmカート。60発仕様。比較は.223レミントンの空薬莢。40mmカートの薬莢部分はアルミ削り出しらしく、精度が高く仕上げも綺麗。これで2K割る金額。ガス漏れも無し。予算の都合上、1個しか買えなかった(まあ、様子見で1個だけにしたってのも理由の半分)

レバーを押すとロックが解除され、スプリングの力でハンドガードが前進する。

ハンドガードを前進させると内部の溝でバレルが回転し チャンバー部分のロックが解除される。

左右にスイングするので装填が楽。バレルはしっかりロッキングリセスと噛み合うようになってる。

後ろのボタンを押す(又はレバーを引く)と、ファイアリングピンが飛び出す。エキストラクターは、40mmカートのリムにしっかり喰い込む。

入れた直後。 発射後、チャンバー開放するとカートがするりと。

安物グレネードランチャーだけど、概ね満足(*´∀`*)。グレネード発射は、丸いトリガーガードっぽく見える黒いリングを引っ張る。中指が丁度届く位置。上の小さくて四角い黒いパーツはセフティ(クロスロッキングタイプ)

 

通常分解。それぞれの重さは、

アッパーレシーバー:1520g
ロアレシーバー:470g
ストック:470g
ボルトAssy:275g
リコイルスプリングAssy:90g
マガジン:370g
ランチャー:1100g
40mmカート:170g

合計:4465g。
※2kgまでの料理用秤(アナログで安物)なので、正確さに欠けますw。

ボルトは亜鉛合金製で上のガイド部分はアルミ製(ガイドローラー付き)。リコイルAssyのボルト受ける部分はアルミ製。G39Cは同じ部分がプラだったので、リコイルの質の違いはそこも関係してるかと。

トリガーユニットは、同社M4系共通(比較はKNIGHT'S PDW) トリガーも同じ(VFCの電動はリアル志向なので変えてるらしい)

 

次のページは各部チェック

 

前のページに戻る


(2011年12月8日 アップロード)

 

トイガンインプレINDEXページへ戻る