A Theological Experiment

役立つ書評

Welcome to my column


人殺しの心理学



 一瞬ドキッとする題名、「戦争における人殺しの心理学(ちくま学芸文庫)」。怖いもの見たさで買ってしまいました。ところが読んでみると、怖いどころか、戦場の兵士の心理が実証的に描かれて、正直言って、私、戦争のイメージが変わりました。著者は、米国陸軍中佐で、陸軍士官学校の教授。

 戦争のことを考えるとき、人間の残虐さや暴力性にいかに歯止めをかけるかが問題だというふうに私たちは考えます。その前提には、兵士というのは、ほっておくと過剰に人を殺してしまうという先入観があるわけですが、著者のグロスマンは実証的な資料によって、戦場における兵士の心理は、その正反対だということを説明しています。戦争映画を見慣れた私たちは、敵が襲ってきたら兵士は当然自分の身を守るために発砲して敵を殺すのが当然だと思い込んでいます。あるいは敵が襲ってこなくても、勝つために兵士は敵を殺すと思い込んでいます。ところが、第二次世界大戦で意外な事実が判明しました。前線に並ぶ米軍兵士のうち(前線ですよ)、100人に15〜20人しか武器を使ってなかったのです。「戦闘になれば誰だって人を殺す」というのは大きな誤りで、大多数の兵士は、自分の身を守るためにも、仲間の生命を守るためにでさえ、敵を殺そうとしなかったのです。

 戦場でよく見られる現象に、意図的に敵の上方への発砲があるとグロスマンは書いています。上官が見張っているのでどうしても敵に発砲しなければならなくなった兵士たちのほとんどが、引き金は引くが的をわざと外して発砲するのです。一応発砲しているので、上官には見分けがつきません。南北戦争の激戦地で、一個中隊の敵と味方が、15歩しか離れていない距離から(10メートル弱)向かい合って一斉射撃をしても一人の死傷者も出なかったそうです。さらに驚くべきことに、敵の頭上に発砲するどころか、発砲さえしない兵士が多数観察されたということです。それではなぜ、戦争で多数の死者が出たのか? 死者の多数は、銃撃による死者ではなく、砲撃による死者だそうです。ようするに戦場における兵士というのは、自分の命や仲間の命を守るためでさえ、敵を殺すのに躊躇するということです。第二次世界大戦中の米国陸軍航空隊のパイロットの1%が、敵の30%から40%を撃墜したそうです。ほとんどのパオロットは1機も撃墜していないどころか、撃とうとさえしていなかったそうです。これらの結果から、アメリカ軍は重要な教訓を学びました。軍隊の課題とは、兵士の過剰な暴力を制御することではなく、撃たなければならないときでさえ撃とうとしない兵士の殺人に対する抵抗感を克服することだったのです。

 ユダヤ人の思想家レビナスは「顔を見るかぎり、人は人を殺せない」といいましたが、戦場でさえ人は殺人をためらってしまう強い傾向があるそうです。国連の平和部隊は、ヘルメットではなく、ベレー帽をかぶっています。「どうして安全なヘルメットをかぶらないのだろう」と不思議に思っていましたが、ベレー帽は兵士の顔が見えるので、敵に殺人に対する抵抗感を引き出すことができるそうです。湾岸戦争あたりから、アメリカ軍は巡航ミサイルの大量投入で決着をつけようとしたのも、顔が見えない砲撃なら殺人に対する抵抗感を薄めることができるからです。

 グロスマンによれば銃撃戦で殺人が行われるのは、銃撃戦の最中ではなく、銃撃戦が終わって、敵が背中を向けて逃げ出した後だそうです。昔から退却が一番難しいといわれていましたが、敵に背中を向けると顔が見えなくなるので、殺人が行われやすいそうです(熊に遭遇した場合もそうですが)。もう1つ、追跡本能だそうです。背中を向けられると追跡する本能が刺激されるそうです。そういえば、サムエル紀下2章で、背中を向けて逃げるサウルの将軍アブネルを、警告を無視して追い続けて殺されたアサエルは、その典型かも。この本によれば、拉致や誘拐されたとき、犠牲者がフードをかぶせられると殺される確率が高くなるそうです。テロリストでさえ、顔を見ながら殺すのは抵抗があるのでしょう。

 戦闘中の兵士とって、敵への憎しみや恐怖、あるいは戦争の大義は、敵への発砲の心理的要因にならないそうです。私たちは、憎しみや自分たちのイデオロギーの正しさによって、兵士は戦っていると想像しがちですが、多くの研究はちがう答えを出しているそうです。戦闘の心理的要因は、戦友への気遣い、指揮官への敬意、周囲からどう思われるかという集団の圧力と心理だそうです。そういうのがなくても、戦える兵士は全体の2%しかしないそうです(彼らのことを攻撃的精神病質者というそうです)。そうするとハリウッド映画の主人公の90%は、攻撃的精神病質者ということになりますか。ランボーとか。

 グロスマンは虐殺行為の心理について、まさに集団の圧力が悪用されたときに起こると書いています。指揮官の中には、集団の結束力を強くするため、部下に虐殺を強制する例もあるそうです。グロスマンは虐殺に参加した兵士たちが、いかに大きな心理的代償を支払わなければいけないか、虐殺が味方の結束力だけでなく、敵の結束力まで強くしてしまい双方の損害が大きくなってしまうことなどを実例を上げて説明しています。この辺が、読むのにしんどい部分ですね。

 兵士の殺人に対する強い抵抗感、人を殺した後の強いトラウマは、兵士に大きな心的外傷を与えるそうです。これを少しでも和らげる手段の1つが、集団への帰属意識と貢献の認知です。勲章とはその1つです。社会全体が、兵士に名誉を与えて暖かく受容することによって、殺人のトラウマを弱めてあげるわけです。グロスマンは兵士が正当な理由で敵を殺したときでさえ、どんなにトラウマに苦しむかを詳しく書いています。現在、アメリカではイラク戦争の是非が激しく論議されていますが、イラク戦争に反対する人たちですら、決して兵士を批判することはしません。これはベトナム戦争の苦い教訓なのです。当時ベトナム戦争から帰還した兵士たちは、本国で平和運動家たちの激しい非難に直面しました。「人殺し」呼ばわりされたのですが、これも兵士は人を殺したがるものだという誤った誤解から生まれた悲劇です。ただでさえ、殺人の罪悪感に苦しんでいるのに、帰国したら賞賛どころか非難の大合唱。大量のベトナム帰還兵士が、社会的不適応者になって大問題になりました。無節操な平和運動への反省です。

 日本はというと、現在の自衛隊はそもそも戦闘状態になること自体を想定していないので、敵を殺してしまった自衛官を心理的にケアする社会全体の認知と仕組みがありません。自衛官には気の毒ですね。「日本は平和国家だ」というスローガンばかりが叫ばれている現況では、かりにサマワにいる自衛官が護身のためにやむおえなく発砲してイラク人が死んだ場合、帰国したら「殺人者」呼ばわりされる可能性が高いですね。妻はご近所から冷たい目で見られ、子どもは学校でいじめられ、新聞は毎日一面で報道、防衛庁の役人は責任逃れ、孤立無援、想像するだけで可哀想になります。

 この本の中でもう1つ面白かったのは、自分たちの部隊の任務の崇高さや価値が、戦友を失うことでさらに高まったと書いている部分です。グロスマンの体験によれば、意気消沈するどころか、戦友の死によってますます高められ、より使命感が強められたということですが、ローマ帝国が迫害すればするほど、殉教者が増えれば増えるほど、教会が逆に強くなったのも、なんとなく腑に落ちます。

 グロスマンの結論としては、映画やゲームなどから、人間は人間を殺すことに抵抗感を感じないという誤ったメッセージを受け取っている昨今の子どもたちは危険だということですが、軍人がいう言葉だけに説得力があります。

Copyright © 2007 All right reserved.