【主な症状】※赤字は私にあった症状
●クビの付け根の両側が腫れて大きくなる ●脈が速くなる。動悸・息切これに伴う心臓疾患や脳の疾患
神経質になる、いらいらする、感情的になる、集中力低下 ●注意力が落ちる●精神的高揚、落ち込み
●手のふるえ ●字が書きにくくなった ●異常に暑い、汗を異常にかく ●下痢やトイレの回数増

●食べても食べても痩せる、食欲が異常にある(代謝が活発になり、エネルギーを大量に必要とするため)

※まれによく食べる為太りだす場合もある(私の場合は発生時と思われる時にかなり痩せて太り維持)
●筋力の低下 ●疲れやすい ●肝臓の異常

●薄毛(毛髪成長サイクルが短くなるため) ●生理不順(生理痛とは影響なし) 

●目の上まぶたが下がりにくくなり、まぶたと黒目の間に白目が見える

●目のまぶたの中の脂肪が増えて、まぶたがむくむ●目の後ろの組織が増えて、眼球が前におしだされる。

(私の場合は目の方が疲れて重く感じることがあった)

 

【バセドウ病の診断ガイドライン】 ※甲状腺学会HPより http://thyroid.umin.ac.jp/flame.html

a)  臨床所見

1.  頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見  2.  びまん性甲状腺腫大

3.  眼球突出または特有の眼症状

b)  検査所見

1.  遊離T4、遊離T3のいずれか一方または両方高値  2.  TSH低値(0.1μU/ml以下)

3.  TSH受容体抗体(TRAb, TBII)陽性、または刺激抗体(TSAb)陽性

4.  放射線ヨード(またはテクネシウム)甲状腺摂取率高値、シンチグラフィでびまん性 (未検査)

 

1)  バセドウ病

a)1つ以上に加えて、b)4つを有するもの

2)  確からしいバセドウ病

a)1つ以上に加えて、b)123を有するもの

3)  バセドウ病の疑い

a)1つ以上に加えて、b)12を有し、遊離T4、遊離T3高値が3ヶ月以上続くもの

 付記

1.  コレステロール低値、アルカリフォスターゼ高値を示すことが多い。

2.  遊離T4正常で遊離T3のみが高値の場合が稀にある。

3.  眼症状がありTRAbまたはTSAb陽性であるが、遊離T4およびTSHが正常の例はeuthyroid Graves' diseaseまたはeuthyroid ophthalmopathyといわれる。

4.  高齢者の場合、臨床症状が乏しく、甲状腺腫が明らかでないことが多いので注意をする。

5. 小児では学力低下、身長促進、落ち着きの無さ等を認める。

6. 遊離T3(pg/ml)/遊離T4(ng/dl) 比は無痛性甲状腺炎の除外に参考となる。