佐賀関



 速吸瀬戸(豊予海峡)の九州側の入り口が佐賀関。北側の別府湾入り口と南の漁港と2港あるが、南の漁港は係船余地がまずない。九州で一番活気のある漁港。北側の工業港に併設の一般港区、漁港区には係船できる。
 湾内に入って左の日鉱精錬所の専用岸壁をやり過ごし、最奥に新しくできた船溜まりに入る。ここの岸壁に横付けする(図A)。北東〜南西風はよく防ぐが北西は湾口から遮るものがなく風波が入ってくる。そのときは西隣の漁港に移動した方がよい。北西には防波堤内側に槍付け。それ以外は南の岸壁に槍付けになる。
 トイレはすぐ近くに。スーパーも港に面してある。銭湯も旧町内に1軒だけある。(2003.6)

 佐賀関の銭湯、「港湯」は奇数日のみの営業に変わったとのこと。(09.4.17)ヨット〈ジュンブライド〉の情報。

泊地情報のトップへ