目押しをマスター

HOME スロット攻略理論>目押しをマスター

目押しをマスターなどと読めば誰でも目押しができる風を装った
題名ですがこれっ!!と言えるコツはありません


目押しとは色々な要素が絡み合って巧くなるものです




では色々な要素とは何か?

管理人が思うに目押しに必要な能力のベスト3は

1位・・・リズム感
2位・・・動体視力
3位・・・慣れ(練習)

この3つです


上記3つの能力に長けていれば
リールの絵柄もはっきり見えて
ビタ押しも95%以上できます

プロで技術介入機を生業にして稼ぐ事も可能ですね


趣味で打つとかボーナスが揃えられる程度で
必要なのは少しの動体視力リズム感だけです








では解説していきます

まず世間では目押しをタイミング押し直視の2種類に分けています




タイミング押しとはタイミングで目押しをする方法です
つまりボーナス絵柄は見えるけどスイカなどの小役が見えない時に

の3コマ下にスイカがあったな・・・ ということはを枠上に押せばスイカが枠内に押せる

というような事です
要は見える絵柄を基準にして早めに押すとか遅めに押すなどして
狙いたい絵柄を止める方法です




直視とはリールの絵柄を直接見て目押しをする方法です
小役だろうとボーナス絵柄だろうとその小役を直接見て絵柄を止める方法です

正確には直視にも2種類あり
絵柄がはっきりと完全に見えている直視
色などで絵柄を見分ける色目押しがあります
※ちなみに管理人は色目押しです



スロットを楽しむ場合などはタイミング押しが できれば充分です
特に最近の台などは目押しの重要性がどんどん希薄になって来ていますし





ではどうすれば目押しができるようになるのか、上達するのか?
これははっきり言って人それぞれなんです


管理人の知ってる範囲だと、初めてスロットを打ったその日に
3コマ以内の目押しできてる人もいました
そいつは初日から1人でボーナス絵柄を余裕かまして揃えてました
※管理人はサンダーのボーナス絵柄揃えれるまで2週間以上かかったっていうのに・・・


逆に1ヶ月経ってもボーナス絵柄すら揃えれない人もいました
でもおそらくこの人は教わる人が悪かったんでしょう


ボーナス絵柄を揃えるくらいの目押しは
2週間あれば誰にでもできるようになります









よく目押しができない人は「7が見えない」と言いますが
本当に見えていないのでしょうか?

スイカやチェリーなどが見えないのはわかりますが
ボーナス絵柄のくらいは見えてますよね?
だったらなんか 赤いのが通ったとか
透過性のある絵柄ならなんか光ってるのが通った とかは見えますよね

















それは見えないではなく
押せないって言うんです


















皆さんよく勘違いしてるんですが、初期の目押しで必要なのは
絵柄を見る動体視力ではないんです

スロットのなんて慣れれば誰にでも 見えるようになるんですから
大事なのはリズム感であって動体視力なんて二の次です





ボーナス絵柄が揃えれない人はリズム感が悪いんです

押せない人はがんばって絵柄を見ようとしてますよね?
それは間違いです


ぼーっとでも色がわかるくらいに絵柄を 認識するだけでいいんです
ここで見えなくても決して筐体に近づかないように
リールというのは近づけば近づくほど見づらくなりますから

少し離れて見て色がわかる程度で充分なんです
完璧に見える必要はまったくありません



あとはタイミングです
リールというのはどの台でも1周0.78秒という周期で回転しています
このリールの周期を体で覚えてください



ならを延々見て 今通った・・・・通った・・・・通った・・・・ のようにです












何度も言いますが大切なのは
タイミング(リズム感です)




はじめは押そうとしなくてもいいです
リールを眺めて1周の周期を体に叩き込んでください
目を瞑ってでも7が来る周期がわかるようになればもうこっちのもんです





あとはリールの絵柄を見るのに慣れるだけです
どんな人でも慣れればある程度までは見えるようになってきます
ボーナス絵柄なら練習すれば誰でも見えるようになります













しかし直視で絵柄を止める
これは才能が必要です


才能ある人は回ってるリール見ながらリール配列言えますし
ダメな人は5年やってもスイカすら見えません


完全に才能の問題です
練習ではどうにもならないことなのであきらめてください



直視できなくてもなんら困ることはありません
小役もとれるしビタ押しも問題なくできます
ボーナス絵柄が見えてれば全く問題ないです











で練習方法なんですが管理人の独断と偏見で考えを述べます

世の中には他の考えや練習論を唱える方もおられると思います
ここからはあくまでも管理人 独自の考えです












一番オススメな練習はありきたりですがやはり 実戦です
実機を打つことが一番の練習になると管理人は思います


実機でも適当に打ってるだけではあまり成長は望めません
ダラダラ打つのではなく 毎ゲームきっちりDDT(小役狙い)をする
絶対取りこぼさないように 1Gも無駄にすることなく 練習しようとする姿勢が大事です


スイカでもなんでもノーミスを本気で狙ってください


止めるのに時間がかかってもいいんです
見えないと焦ってとりあえず押しちゃえっていうのが 一番ダメです
1G1Gを大事にしてください












反対にあまり良い練習だと思わないのは ゲームや携帯のアプリです
世間的にはスロットの練習のためにゲームやアプリで
練習すると良いという雰囲気がありますが 管理人反対です



たしかにゲーム性や出玉の移行などを研究するためにはいいと思います
ですが目押しの練習には向かないと思います



くどいようですが目押しに大切なのはリズム感です



ゲームのリール回転周期 がコンマ1秒も実機と変わらないならいいです
回転中のリールの見え方が実機と同じならいいです





だいたいのものは違いますよね?
昔のゲームなんてまったく違いました
ここ最近のゲームでやっと回転速度が実機に近くなってきた感じです


















加えてありえないのが
回転速度を遅くする機能



















はぁ!?何の役にたつんだ!?

実機のリール速度は調整できないぞ













目押しの練習になるわけねーだろ




















そんな機能に慣れてしまうと実機で目押しがしずらくなります


ゲームやアプリがダメとは言いません
家で楽しめるという利点もありますし
出玉移行や演出、流れなどはとてもわかりやすくできています

ですが目押しの練習と思ってやるのはやめましょうね





--------  追記 ---------

誰にでもリールの絵柄がはっきり見える方法を伝授します


まず回っているリールを見てください

回っているリールを見ている顔(目)の前40cmくらいに
ジャンケンのパーの状態の手を指が水平になるようにかざします
指の間から回ってるリールを 覗く感じです

んでその手を上下に振ってください

振ってる手の指の間からリールを覗いて見ましょう


リールの絵柄がはっきりと見えるはずです
すごいでしょう?はっきりと見えるんですよ

※狙った絵柄は見ることは不可能なので実戦ではまったく役にたちませんが(汗)


戻るスロット攻略理論 HOME

Copyright (C) 2005 回胴式遊戯機理論 all rights Reserved.


アクセス解析