今月の風景

2008年9月

宝永山火口

〜不思議な空間。宝永火口に入ってみる〜

6合目のお茶屋で富士登山道と分岐すると、ほどなく宝永火口が姿を現した。

・・・スゲー、何だこの景色は!?

火口原へと入っていく。

不思議な色、見たこともない景色。

火口壁を見上げる。不思議な空間。

1707年、江戸期最大の爆発によって出来た空間だ。火口の大きさは頂上火口を遙かに凌ぐ。

主峰富士山の陰に隠れて目立たないが、実は日本有数の凄い景色と言えるだろう。

首都圏からこんな近い所で、ほんの30分歩くだけで、こんな異空間に入り込めるとは・・・。

さらに上を目指すことにした。

ここ火口原まではお手軽ハイキングだったが、宝永山登山はハッキリ言ってしんどかった。

宝永山登山は登山志向の強い方にのみ、お勧めしておく。(靴もトレッキングシューズが必要)

宝永山山頂にやってきた。

富士山の山頂はすぐそこ・・・に見える。実際は遠いのだろうけど。

下界から眺めるのとは全然違う、富士山の眺め。来て良かった!

・・・・・

もう少し詳しい登山記はミニレポ「宝永山登山」をどうぞ!

HOME

LONG TOURING CLUB 1999-2008 Copyright morita/LODGE MOTIVE All Rights Reserved.