Update 2010/11/25

邪馬台国とは何だろうか?

Counter

邪馬台国って一体なんだろうか?一緒に考えてみませんか?このページは、邪馬台国の頃の日本を中心とした古代史のページです。このページから古代史への旅をどうぞ。

邪馬台国も含めて、3世紀から4世紀の時代の実相をさぐるために文献のみに頼る方法が限界があります。これより古い時代は文献に手がかりを求めることが出来ないので考古学資料が唯一の拠り所となっています。しかし、邪馬台国の時代は、なまじ文献があるために考古学資料がなおざりにされ、文献に振り回されている感があります。もう一度原点に立ち返り、文献のことは忘れて考古学資料から何が言えるかを調べる必要があるのはないでしょうか。

邪馬台国論争というと、とかく『邪馬台国はどこにあったか』、『卑弥呼は誰か』といった矮小化された議論になりがちですが、もっとも大事なことは、邪馬台国を通じて二世紀から四世紀にわたる時代、つまり、弥生から古墳時代への過渡期の日本の姿がどのようなものであったかを探ることではないでしょうか。と、えらそうなことを書きましたが、実はまだまだ何も分かっていない状況です。少しずつ勉強しながら、魏志倭人伝に加え、その頃の考古学的資料も紹介していきたいと考えています。


サイトマップ

Google

考古学ニュース[過去のニュース]

11月25日 象鼻山古墳群:二世紀中ごろに一斉築造 (毎日jp、岐阜新聞)
岐阜県養老町橋爪の象鼻山古墳群で20号墓、36号墳の調査がおこなわれ、この二基が2世紀中ごろから後半かけての築造と見られることがわかった。象鼻山山頂付近にはこれまでに同時期の墳丘墓が5基見つかっており、同一集団では同時期にこれだけの造墓はできないことから、周辺の複数の集団が有力者を埋葬する共同墓地として使ったという見方が出ている。象鼻山の墳丘墓は、3世紀後半の1号墳を例外として、今回の二基も含めいずれも大規模な整地をしたうえで盛り土をして墳丘が作られており、二世紀中ごろに一斉に計画的な造墓が始められたと見られる。
9月17日 纏向遺跡:桃の種2000個以上が出土 (時事通信、MSN産経新聞他多数)
奈良県桜井市の纏向遺跡で、昨年見つかった大型建物南側から桃の種2000個以上が出土した。発表によれば1か所からこれだけ多量に出土した例はなく、道教などとの関連が指摘されている。共に出土した土器から3世紀半ばと見られる。他に、木剣、人為的に割られた土器片、漆塗りの弓、獣骨など、祭祀に関連する遺物が出土。他の場所では銅鐸片1片が見つかっている。銅鐸の種類、時期等は記事に記載がなく不明。【追記9/24: 銅鐸片は、写真からみると突線鈕式の袈裟襷文銅鐸の身の一部と思われる。大きさからすると、2〜3式ではないかと推測される。(イ)】
1月7日 桜井茶臼山古墳、副葬鏡が81面以上であることを確認 (時事通信、他多数)
石室の再調査が行われていた奈良県桜井市の桜井茶臼山古墳で、新たに鏡片331点が見つかった。前回調査で確認された53点とあわせて384点となり、復元した結果、12種、81面以上であることが確認された。未分類の鏡片がまだ180点ほどあり、さらに増える可能性がある。内訳は三角縁神獣鏡26面、内行花文鏡19面、画文帯神獣鏡、方格規矩鏡などで、2種は彷製鏡。三角縁神獣鏡の1面は蟹沢古墳出土の正始元年銘鏡と同型と見られる。また、彷製鏡の1面は推定径40cmの大型内行花文鏡。【1/8追記】鏡片には絹と思われる繊維痕があり、鏡は1枚1枚絹の袋に入れられていた可能性がある。

新着情報


【文献関連】

魏志倭人伝とは?
魏志倭人伝 私注
魏志倭人伝に見る日本
三国志魏書 東夷伝
参考史料

【古墳関連】

纏向の初期古墳
萱生の古墳群
大王の奥津城〜その被葬者を廻る問題点

【考古一般・その他】

弥生首長墓
各地の大集落
土器の編年
銅鐸分布考
古代史見聞録
古代史雑論


【ご連絡】 ジオシティーズが新システムに移行しました。

ジオシティーズの旧システムは新システムに統合されました。これに伴い当サイトも新システムに移行いたしました。旧来のアドレスのままでもアクセスできますが、旧アドレスでは『仕様』によりカウンタが正常に動作しないことが判明いたしましたので、出来ましたら、新アドレスhttp://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/index1.htmlでのアクセスをお願いいたします。

カウンタ対策のため、デフォルトのトップページは、新旧ともに誘導のためのダミーページになっています。WWWC等で更新チェックをされる場合は、チェックするURLを"http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/index1.html"と指定してください。


漢字の表記について

JIS(ISO-2022-JP)で未定義の漢字については、[ ]で一字の漢字を表します。たとえば、[木木]は『林』、[木/林]は『森』、[月(力/力力)]は『脇』、[尸<出]は『屈』です。複雑になり過ぎる場合は、[憺(にんべん)]のようにも書きます。この例では「りっしんべん」を「にんべん」に換えた文字である事を示します。また、これらの文字は、文字鏡のGIFフォントにリンクしており、Javascriptが有効である場合、クリックするとサブウィンドウが開いて文字鏡フォントが表示されます。

WWWC META Check

このページは、WWWC用のMETAタグ更新情報を持っています。ジオガイドの自動更新のためにサイズ・時間では更新チェックがうまく働かない場合に御試しください。

<META NAME="WWWC" CONTENT="更新情報">

PNGの採用について

当サイトでは、写真以外の画像のフォーマットとしてPNGを採用しています。詳しくは、『LZWの特許、日本でも期限切れ』をご覧ください。

リンクフリー

当サイトへは自由にリンクしていただいて結構です。ただし、トップ頁以外はファイル名・ディレクトリ等を変更することがありますのでご承知おきください。

念のためですが、ウェブ上においてリンクを制限する理由は全くなく、リンクを張る行為は著作権の侵害にはあたりません。また、リンクを禁止するという行為はWorld Wide Webの精神に反するものです。

ちなみに、“リンクフリー”というのは“連結”、“自由”という意味の単語を組合せた和製英語で“リンクは自由です”という意味で使われているようですが、英語で"link free"と書くと“リンクがない”という意味になります。免税店で見かける"Duty Free"は、“(納税の)義務がない”という意味ですよね。それと同じことです。


イリヒコ