シースリーおすすめする5つのポイント

シースリーの全身脱毛は回数制限なし

シースリーが凄いのは、全身脱毛がたったの月額7000円という格安で出来る事です。

ひと月7000円以上かからないので、他社よりも

一般的な脱毛サロンでは、最初は安く感じても追加料金が必要になったりもしますが、シースリーの場合は、回数がかかりがちな各部位の脱毛を何回でも通って脱毛できる通い放題のコースがあるのです。

どのくらい通う回数があるか不安を抱いている方にもおすすめです。何回でも

脱毛は毛周期の関係があるので、両脇の脱毛だけでなく一度の脱毛ではムダ毛が無くなることはないです。エステでは、通常は12〜18回通わないといけません。




安い定額なのに全身53ヶ所もの部位を脱毛可能

脇やVラインは、最もひと目に触れやすくデリケートな箇所なので、そんな時こそ安全で綺麗に仕上がる行うのがおすすめなのです。

普通の脱毛サロンでは全身脱毛でも多くて30数カ所程度ですが、シースリーの場合は、全部で53ヶ所も行ってくれます。

詳しくはこちら

シースリーでは純国産脱毛機ルネッサンスを使用

シースリー全店舗に他社のサロンで使っているものよりも2倍以上値段の高い脱毛機を使用しています。日本人の性質にあわせて設計されているので脱毛効果が高いです。

詳しくはこちら

引っ越ししてもサロン移動は可能

進学、就職、転職、旦那様の転勤など、お引越しをされることもあるでしょう。そんなとき、そのとき通っているサロンが、その地域にしかなければ、また引っ越し先で新しいサロンを探さなければいけなくなります。

その点、ミュゼプラチナムなら、ほぼすべての県に店舗をかまえていますし、面倒な手続きや手数料は一切なくサロンを移動できるので、そこも安心して申し込める理由です

詳しくはこちら

脱毛について豆知識

脱毛器を入手しようと考えた場合に、最初に頭に浮かぶのがお値段ですよね。基本的に、脱毛器イコール高いというイメージがあり、お金に余裕のある人しか買えないと思っている方が多くいると想像できます。脱毛器とひと口にいってもピンからキリまであるので、値段の差も大きく違います。安いものなら2万円でも買えますが、高い器具だと10万円以上はします。

1番最初に脱毛器を使用する人が引っかかるのが痛みだと思います。痛みがない脱毛器もあれば、刺激を強く感じる脱毛器もあります。また、太い毛や皮膚の弱い場所を脱毛する時には、きつい痛みを感じることがほとんどでしょう。使用する部位や肌の状態を考えて強さを調整できる脱毛器をチョイスするのがオススメです。

毛深い人ほど脱毛の結果が良くないと思っていたほどの出来にならないので、医療機関で行う脱毛のほうがいいです。その上、医療機関で受けられる脱毛処理は医師や看護師の手によって行われるので、肌に異変が起きたり火傷にあったときもしかるべき対応をしてもらえます。医療機関での脱毛の勧誘は少ないですが、エステサロンでする脱毛は勧誘される事例もあります。

脱毛するのに際して気になってしまうのが、脱毛にかかる値段です。医療脱毛は価格が高いという評価がありますが、エステ脱毛によるものと比較すると支出が大きくなります。一般的に医療脱毛の場合、エステ脱毛の2倍〜3倍くらいになるでしょう。ただ、医療脱毛は高額である分、安全であり脱毛効果も満足できやすいという長所があります。

脱毛のお手入れを自分ですれば、脱毛はいつでも行えるので、煩わしさがありません。自己処理として剃刀を使うのが一般的ですが、地肌を傷めずに簡単な処理方法は他にもあり、脱毛剤があげられます。技術の進展により脱毛にも、発売されている脱毛剤は、数多くあり、毛を溶かしたり、根元から抜き去るものがあります。

医師による脱毛とエステティシャンによる脱毛との違いはムダ毛が生えてこないかどうかといっていいでしょう。医療機関でしか使用できない医療用レーザーによって施術するので効果を期待するならエステ脱毛より医療脱毛です。宣伝していることが多いエステでの脱毛だとムダ毛があまりきれいに処理できなかった人でも高度な医療技術の裏付けがある脱毛なら周囲の評判通りの効果を実感できるでしょう。

シースリーの詳細はタップして確認

シースリー公式へ