DIARY


?明日はどんな日だろう?
2月15日(火)
さすが、K先生だ。期待にそぐわぬ問題を出してくれる。 すべての大問の最後の問いが解けなかった。ああああああ。はっきりいってわからない。 単位が取れているのかどうか。正直、ぎりぎり可になってくれていると思うのだが・・・。 もう、祈るしか、ない。

なにはともあれ、これで今期の試験はすべて終了だ。 夕方までは下宿を試みる友人(N村)と部屋探しをする。生協の物件を 紹介して、イマイチだったので、他の不動産屋をまわる。 しかし・・・もう、いい物件はなくなってしまったのか・・・。ここだ!と思えるところ が見つからない。俺としては、最低でも俺以上の部屋に住んでほしい。 家賃は共益費込みで3万5千円以内、部屋は6畳以上、キッチンスペースも十分確保、 トイレ・バスセパレート、南向き、大学近く、スーパーの近くという条件だ。 しかし、そんな部屋、さっぱりない。時期的に遅かったか・・・。アパマンショップの人に、 これ以降は物件が増えることはありますか?もう減る一方ですか?と聞くと、 今から退去すると言えば、違反金をもらう時期になっているし、減る一方だと言う。 もっと早く動けばよかったか・・・。しかし、俺からいわせれば、友人にはもう 一年自宅で頑張ってもらってもいけると思う。生活スタイルの問題では?と思う。 その辺は、お金がなんとかできるかどうかだ。
しかし、今日、友人と 物件を実際に見に行って、レイアウトのイメージを湧かせろなどのアドバイスを して思ったのだが、こういった、本当に、住む人のためになるアドバイスは、 生協の紹介の時は、しにくい立場にある。それは、お客さんの時間を考えるからだろう。 本音を言えば、生協に限らず、いろんな物件を見てまわって、最適な部屋を 見つけて欲しい。一緒に部屋を見に行った時も、部屋探しの経験者として、 その物件の欠点を網羅したい。しかし、 現状では、その物件のいいところ中心にしか言えない。。というか、 その物件の悪口?を言いにくい。実際に見に行って「俺ならこの部屋にはしないぜ。」とか 「もっといい部屋あると思うよ」とか。それには、物件はかなりはやく動くので、 ある物件を保留にしたらなくなってしまう、という事実から、迷うことなく決めてほしいと言う 気持ちもある。なにより、そんなことを言って、「じゃあどこがいいの?」と 聞かれたら、「足使って時間かけて調べてください」としか言えない。 なにより、物件の紹介者として、自信を持ってすすめる必要があるので、 適当な思いつきで物事を言えない。 今日のように、友人の付き添いとしてなら、いろんな細かいところまでいえるんだけどなあ。 難しいなあ。。
2月14日(月)
試験結果はまずまず。うまくいけば優がもらえるかなあ。と、とりあえず 息をついてギアチェンジだ。明日は今期最後の試験で、俺にとっては 最も壁の高い難関だ。しかし、意気込みすぎてもうまくいかないもので、 イマイチやる気に欠ける。徹夜覚悟でN村、H岡と一緒に勉強するが、 2人に教えてばかりだ。自分の復習にはなるのだが・・・。 機械力学担当のK先生は、その容姿から(?)「エスパー」とも謳われ、 その名に違わぬ第六感を必要かと思わせる問題を繰り出す。数学演習を 担当してくれたY先生から言わせれば「グレートな先生」である。 つまり、手は抜けないのだ。もっともっと問題を解かなくては!!と、思いきや
H岡・N村「踏み台にさせていただきます」
とかいって問題の解き方を聞いてくる。一応、ともに歩んできた仲間なので、 見捨てず助ける。しかし、気に食わないのは、俺のプリントを使って 勉強していることだああ!!「自分のプリントは!?」と聞いたら、
N村「どっかいった」
H岡「妖精さんに取られた」
とかいう。「妖精さん」とは彼の部屋に住んでいるらしい妖精で、 彼の私物をどこかへやってしまう。最近特にいたづらが激しく、 エアコンのリモコンがお気に入りのようである。エアコンをつけるときにはあった リモコンが、消そうと思ったときには、あったはずの場所にないとか。
・・・・・・・・・。
言うまでもないが、 ただ、部屋が散らかってるだけである。テストが終わったら掃除してください。

とりあえず、最低限のことはやった気がする。ポイントも 2人に教えられるくらいになれた。なんとか、うまくいってほしいq(>_<。)p
2月13日(日)
明日は英語の試験だ。しかし、英語より気になるのが明後日の機械力学。 なにせ中間テスト100点中わずか5点。担当のK先生に「調子、悪かったの?」 と気遣ってもらうくらい情けない点数。ちなみにそのときの平均点は約64点。 今回はその中間テストの時も範囲なので復習するが、分かれば、なんだぁ できるじゃんと思う中間テストだ。・・・そのために期末にほぼ満点を狙わないと 単位取得が危機的状況になるのは非常に屈辱で仕方がない。しかし、 ここで英語も落とせない。機械力学が気になって気になって気になって仕方がないけど、 かなり範囲の広い英語も勉強しておかないといけない。英語は優を狙わないと。 よりいい評価が期待できるやつは取っておかないと・・・ただでさえ今期は 不作だしな・・・。それを思えば、ロボコンで忙しかったのに、前期は 豊作だったなあ・・・。・・・懐かしがっている場合でもない。
2月12日(土)
昨日から引き続いて、下宿紹介や生協加入手続きなどの新入生相手のバイトをした。 今日は、紹介した物件、2件とも中を見ることができたが、 ついに、自分が今住んでいる家よりいい部屋を発見してしまった。 家賃同額、大学からの距離も今とほぼ同じ。いいなあと思ったところは、 2階であり、ベランダがある、フローリングでとてもきれいな内装であったことだ。 洗面台は独立だし、それにキッチンが広い。ついでに押入れが広い! 逆に言えば、いま自分が住んでいる部屋は、洗面台は風呂桶の横、 押入れが極端に狭い(布団が入らない(゚Д゚;))、ベランダなしの1階で、 屋根がないため、洗濯物を干す時すこし困るのだ。 ただ、向きが東向き、学中のはずれでコンビ二やスーパーが今より少し遠い、洗濯機置き場が 廊下、という点がめちゃめちゃいい!!とまでは思わなかった理由かなぁ。
しかし、その物件を新入生は選ばなかった。選んだのは、 駅と大学の中間地点に位置し、6畳2間の物件。これだけなら広くていい感じだが、 見に行って、自分が感じる印象がイマイチだった。壁に壁紙が貼ってない。 つまりコンクリのまま。で、窓が汚い。洗濯物が干せるようになってない。 洗濯機が取り付けられそうになってはいるが、どんな洗濯機が置けるのかと 聞きたいくらい狭かった。家賃は4千円ほど高かった。 俺的には広さと周りが街っぽい感じしか利点がないように思えた。 とはいっても住むのは俺でない。当人がいいと言うのだからいいのだろう。 自分の感覚と、お客さんである新入生のそれとがマッチしないと、なんだか 残念だ。

今日生協加入を担当した新入生で、自転車が乗れないという少女に会った。 驚くと失礼なので、平常心を保っていたが、、正直「まじか!!」と びっくりした。この広いキャンパス内、自転車なしではとてもじゃないが 学生生活が成り立たないと言っても過言ではない気がする。しかも体育が苦手 とか。人一倍走るのが遅いらしい。しかし、走るのがたとえ速くても 休み時間10分で、一般教養棟と学部間を行き来するのはかなりきつい。 自転車に乗るための練習期間をキープするための推薦合格だったんだって! と、これから自転車に乗る練習をすることを精一杯、平常心を保ちつつアドバイスした。
2月11日(金)
朝から生協のバイト、下宿紹介〜生協加入〜商品紹介だ。今日は2人の新入生 を担当。自分が去年、実際に家を決めたときの経験から思うことは、よさそうな部屋でも 中を見てみないことには決めかねると思うのだが、やはりいい物件はなくなっていくのを 恐れるのだろうか、部屋の中が見れなくても物件を決めてしまう人が多い気がする。 まぁ、中の様子よりも場所や家賃の方が優先かなあ、やっぱし。
というか、入居者がまだいて、中が見れない場合は大家側でモデルルーム もしくはその代わりになるであろう部屋の中の写真なり寸法図なりの情報を 用意しておいてもらいたいものだ。
・・・そんなことより飲まず食わず8時間労働はきつかった。
2月10日(木)
寝坊した・・・。改善論の最終試験に20分遅刻。遅れて教室に入り、先生に 今からでも受けれますか?とおそるおそる聞く。すると、「ああ、ちょっとまってね」 シャトルカードを探し出す。なんで?とか思って再度話しかけるが、「ちょっと 待ってください」といって探し続ける。で、俺のシャトルカードを見つけ出して 渡してくれる。点数が書いてあった。86点。最終試験受けるまでもなく、 優ゲットだ。というか、すでに優だから試験は受けなくてもいいよ、ということなのか? おそるおそる・・・「試験は受けなくていいんですか?」と聞く。 「ん?ああ、勘違いしてた。はい。」と言って問題用紙を渡され、シャトルカードの 返却を求められる。・・・どうやら試験免除者と思われたようだ。。この大学授業改善論では、 チームごとにターゲットとした授業科目の担当教官に改善を求める交渉に行くことを認められ、 実際に交渉を決行チームは、最終試験免除かつ「優」確定となる。 まあ、なんとか最終試験は受験。論述2問。とりあえず埋めた。 試験前の点数と合わせて100点にはなるだろう。この授業は楽しいし、やる気になればなるほど 得点がゲットしやすいのでオススメである。
・・・改めて思うが、この授業は「シャトルカード」が (・∀・)イイ!! 学生一人ひとりに対して配られるA4のカードで、毎回授業の感想や質問などを 書く。このシャトルカードは、他の科目でもたまに実施しているが、 他の科目と違うのは、先生が返答欄にびっしり返事を書いて返してくれることである。 これがうれしい。教官と学生がきちんとコミュニケーションをとっていくと言うのは とても重要であると思う。なによりやる気が出る。授業評価アンケートみたいに 学生→先生の一方通行で、 しかも授業の最後に意見を言うのと違い、相互のコミュニケーションが取れ、 毎回返答があるので、リアルタイム性に近いものがある。
専門科目でもこういうことを是非やってもらいたいものだ。
2月9日(水)
メカトロニクス基礎論、なんとか単位は落とさずにすみそうだ。 ほっと一安心。とはいっても一番恐れているのはK助教授の材料力学。 これはメカ基礎や数学演習と違って3月まで単位が取れているかどうかが分からない。 終わってしまったことなので仕方ないんだが、気になってしまう。 というのも専門必修科目であり、落とした場合は再履修必至。 かつ3年次には開講時間帯が実験とかぶるから再履は4年次の後期!卒論の時期!!
えええええええええええええええええええ。落としたくないよぉ。
祈る。ひたすら祈る。何か間違いが起こって単位が取れて欲しい。。 それほど自信ない。なんて計画性と実行力のない日々を過ごしたことか・・・。 しかも問題なのは反省の色がないことか。今から友人に誘われてカラオケに行ってきます。 明日はテストだけど、、、改善論だしなんとかなろうw(そういう問題ではないはずだが)
2月8日(火)
数学演習、単位が取れなかった。わずか1点、足りなかった。 救済措置の多い授業だったが・・・それで逆に単位が取れなかったのが ものすごくイタイ。ついでに初の単位落としだった。けっこう ショックだ。友人は落ち込みすぎだというが。
というか落ち込んでいる自分に落ち込む。単位落としたくらいで・・・なんで こんなに動揺してるのか?? ・・・きっと最近さっぱり思ったとおり に物事が進まないからだ。ロボコンは続けて書類審査落ちだし、 奨学金は考えんといかんし。その上、単位まで取れないなんて・・・。 いいことが、ない。もちろん自分の努力不足、または無茶な計画設定 が原因ではある。つらい・・・

・・・たぶん、自分には慢心があったに違いない。成績はそこそこよく やれてるよみたいな。それが崩されたのがイタイのだ。自分が今まで 守ってきたものを、自分のせいだが、失ってしまったことにひどく ダメージを受けているのだ。なんとかうまく立ち直らないと。 ものは考えようなのだ。今回のことからどうするかが問題のはずだ。 とはいったものの、今回のことで、他の危険を感じている科目も、 落としていそうな気がしてくる。・・・回復に時間がかかりそう??
2月7日(月)
意外に、というかめっちゃむずかったメカ基礎最終試験。。 はっきり言ってあやしい。はっきりいって、応用問題ばかり。 というか、レポートから出題されなかった。 ついでに、応用だから出ないかななんて思ってたところが出た。 つまり、中間テストの様式がまったく参考にならなかった。 つらいなあ・・・。しかも数日後、点数が分かる。 どうだろ・・。
まあ、とりあえずこれで次のテストまで余裕がある。 英語と機械力学だが、時間をうまく使えば、何とかなるだろう。 ・・・楽観的だが、今までに比べると幾分気がらくだ。 今日の結果は神のみぞ知る、だ・・・
2月6日(日)
試験前日。明日はメカトロニクス基礎論の試験である。 昼は図書館で勉強しようと思ったが・・・昨日の 寝不足がたたってあんまり気合が入らなかった。 夜、 友人とメッセで励ましあいながら勉強する。彼は レポートがまだできていなかったので、微妙に 助け舟を出す。なんとか単位をとらねば。 まぁ、中間のときの感じでいけば何とかなるだろう。 「優」も取れるかもしれない。しかし、量が多いな・・・ 。トランジスタの等価回路さえしっかりやっておけば 何とかなるかなあ。。
2月5日(土)
今日は母の誕生日だ。今年は初めて俺が自宅にいないので、プレゼントを渡せない。 何か買って郵送という手もあるが、試験で落ち着かないし、用意できてないや。 後祝いにするかな。やや神経質なところがあるのは俺と同じで、なんかいろいろ 思いつめてそうで心配だ。弟はちゃんと助けてやってるんだろうか・・・。 と、考えても始まらん。とりあえず、月曜の試験や、火曜のレポート、今日まで ためていた日記のアップロードをしっかりやらないと!!
こんなおおざっぱなHPだけど、読んでくれてたりするのはありがたいことです。 ちかぢか、というか、テストあたりが一段落ついたら、いろいろ更新していかなくちゃ。 かなりほったらかしにしすぎててやばい。まずレイアウトを大きく変えて、 年末にやろうとしてた階層計画を進めていかねば。とくに天文、ロボットは もっと広げないとなあ。・・・やること多いなあ。。その段階に行くまでも もう少し頑張らないとなあ。。
2月4日(金)
新入生向けパソコンサポート講座の説明会があった。 友人A富から、試験があって、不採用というがある、と聞いていて、 何とか対策をと、自分なりにネットでいいサイトを探し当てて ワードやエクセルの基本操作を確認する。特にエクセルは使用経験が 浅いので、必死に覚えていった。案の定、試験があった。ただ、試験の 結果に関係なく採用してくれるらしい。まじで!自給も講座1000円、 ミーティング・研修700円と高い。 講座は週に2回担当、ミーティングは1回、月間割り当て5000円と、 結構(・∀・)イイ!! テストもSCOREというものだったが、マニアックな問題もあったが、 だいたい想像していた問題が出てくれた。試験は悪いほうではないはずだろう。 これをいい機会に、MSOfficeやパソコンを使いこなせる人になりたいものだ。
友人たちとMSOS(MicrosoftOfficeSpecialist)の試験について少し話した。 友人I曰く、これほど簡単な試験はないのでは、と。でも受験料が高いからなあ。 友人Yは今春、基本情報を受けるつもりらしい。う〜〜ん、どうしようかな。 資格、初級シスアドからしっかり勉強してとっておくかあ?考え中・・・
2月3日(木)
大学授業改善論も今日で最後。これまで学生として、ターゲット科目の先生に対して 個別に改善案を提案してきた。しかし、この講義を担当する先生の考えには、 授業は教員と学生が作っていくものというものがある。それを受けて、 学生側からも、授業に対する取り組み方を考えないかと、提案をしてみた。 が、授業に対する学生の思いは多様であるという意見が出て、俺の意見は どこへやら。確かにそのとおり。でも、それで納得してたんじゃあ改善は臨めない。 もっと考えをまとめておけばよかったなあ。反論できずに終わるなんて。 俺としてはよくあることだ。提案はしても、反論に対処できない。なんとかしたい。

材力のテストだった。勉強不足がたたった。この前の数学演習といい、 どちらも専門科目だが・・・単位を落としそうで、、怖い。 こんなんで、来年度から奨学金、とれるんか・・・?
ロボ研で今後の活動を煮詰めて、帰宅。とりあえず気になっていた、 先生に薦められたmixiというものに登録してみる。と・・・ 先生の写真!!!!しかも高校時代!!!!!むっちゃイケメンやし! むしろジャニーズ系!?ものすごい衝撃を受けた。ダメージ1200。 友人に見せまくりたい!!しかし、先生の写真を勝手にばらまくのも良心が・・・ どうすればいいんだっ!!!
2月2日(水)
朝から必死でCADでロボットアームの設計図を書く!ひたすら 書く!!うっかり寝てしまったので、ダッシュで作成!というか他人データから 自分の設計図を捏造。。しかしそれでも間に合わないぃい!!不備をいくつも残しながら、 提出締め切り時間30秒前に提出。あの先生なら時間後も受け取ってくれるとは思っ ていたが、やはりきちんとやっとかないと。なんか、脱力感。
朝昼兼用の飯を提出後の16時に摂って帰宅。久し振りにHPのBBSをのぞく。
「おみ」・・・?だれ?プリントのした・・・?自分のホームページアドレスを どこぞの紙に書いて誰かに渡したか・・・・?!!年賀状をプリントと呼ぶわけもないし ・・・と、数日前が突然フラッシュバック!!!
「先生、これロボ研の今後の活動予定です。あ、その下にアドレス出てますけど、 僕のHPに行き着くだけなんで、気にしないでください」
せせせせせ先生やああああああああああああ!!! しかも友人いかだが先にレスしとる!!!・・・いったいなんてコメントすればいいのか。 というかそれより前に笑いが止まらなかったwww
しかも話がなんだか膨らんできた。いいのか・・・?それって、すてきやん?とか 誰だがよくわかるコメントもあるし、素敵ということで片付けよう。
先生には悪いが明日は材力のテストだ・・・とりあえず勉強しなきゃ・・・ と、思いつつ友人たちと会話を続ける俺。・・・救いようがないな。
2月1日(火)
H岡の家で徹夜。実験レポートも、自分では納得のいかない部分が残るも、 妥協。いつまでもレポートに時間は割けない。これで機械力学の中間は 大失敗したのだ。電子回路と数学演習のアウトラインを確認して、 H岡の家をでる・・・・ぬぅおわぁあああ!?!むっちゃ寒い!! しかも霜が降ってる。車とか白くなってるし、路面はてかってる。 なんて・・・なんて寒さだあ(((;>д<)))ブルブル
自転車をこぐ足に力が入らない。こんな日にテストなんて!! 後で聞くに、今日は相当の冷え込みだったらしい。

電子回路はなんとかクリア。数学演習は・・・単位を落とした 手ごたえがあった・・・OTZ 奇跡が起きて「可」になってくれないかな。。 テスト後、昨日の補助金の件についてメンバーと検討。 疲れは出ていたが、H岡やN村が起きろ、寝るなとうるさい。 おきとるわ!!!先輩の助言で路線をずらしながら、なんとか 今後の方針やお金の使い道を決めた。どうも引っかかる内容になった。 お金を出してくれる先生の意図を汲んでないように思えた。 しかし、その段階ではそこまで考えが及んでいなかったし、 明日提出のCADの設計図に焦りばかり感じていたので、特に意見しなかった。
・・・解散後、とりあえず、N村、H岡、A富の4人で生協へ夕飯を食いにいく。 俺は、だいぶ疲れていた・・・一番に飯を食い終えて・・・あろうことか、 ねてしまったあああああああ!!!
気がつくと、目の前に4人分の食器が重ねられている。友人たちはどこにもいなかった。 ・・・。やれやれ。疲れがどっと押し寄せるようだ。ムカつくことも忘れて、 呆れた。仕方がないので、食器を片す。・・・おもい。。意識も朦朧としつつ 食器を運んでいると、「まっちゃん!」と法学部の友人Yが声をかけてきた。 とにかく食器運びに意識を集中していたので、適当に挨拶にもならない返事をして、 食器をベルトコンベアに乗せた。ふぅ。
「まっちゃん、プリンはながしちゃダメだよ!」
「え?あ・・」N村が平らげたプリンの容器を食器と一緒に返却してしまった・・・ 。ハズイところを見られたと思った。その場を去るのが最適解だった。

しばらくして、N村、H岡、A富と合流。先生のところへいってきたらしい。 で、話が大きくなってきたと話す。というか俺も連れてけ!!!!とにかく、 先生の話によると、別の学科から出るお金で、自分の学科の備品になるようなものは 買えない、とのことだった。で、俺たちが欲しいといったものは学科で買ってくれる らしい。まじか!!逆にその期待にこたえる活動をしないとな・・・

ああ、今日はまじで疲れた。いろいろありすぎ。

〜過去の日記〜

2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月