春暁(春眠暁を覚えず)

タイトルよりも「春眠暁を覚えず」と言った方がわかりやすいですね。孟浩然(もうこうねん)の有名な漢詩です。これの解説に挑戦します。

原文

春眠不覚暁
処処聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少

読み方(現代仮名遣いで)

しゅんみんあかつきをおぼえず
しょしょていちょうをきく
やらいふううのこえ
はなおつることしんぬたしょうぞ

意味

春の(心地よい)眠りのため、(春は)明け方が来たのがわからない。
あちらこちらで鳥が鳴くのが聞こえる。
夕べは雨や風の音(が聞こえた)。
どれだけの花が散ったのかわからない。

解説

○春眠不覚暁
「春眠」は春の心地よい眠りのこと、「不覚暁」は「明け方が来たのがわからない」と言う意味です。春の心地よい眠りのせいで、寝坊して明け方が来るのが分からないという感じの意味です。

○処処聞啼鳥
「処処」は「あちこち」と言う意味、「啼鳥」は鳥が鳴くことです。あちこちで鳥が鳴くのが聞こえるということで、朝が来たことに気づいた様子を表わしています。

○夜来風雨声
「夜来」は「夕べ」、「声」は「音」という意味ですから、夕べは雨や風の音が聞こえたという感じの意味です。

○花落知多少
「多少」は日本語の「多少」とは意味合いが違っていて、数を尋ねる疑問詞です。したがって、どれくらいの花が散ったのかわからないという意味になります。

この食材のトップに戻る

パーティ会場に戻る

ロビーに向かう