タイの絵本・あそび・子どもの本

タイは日本とよく似た国です。楽しいことが大好き。でも、子どもの本の発展の歴史は1980年代から。タイで見つけた絵本や子どもの本、もし私で助けになることがあれば、と思いました。ご質問などはthainokodomonohonとyahoo.co.jpの間に@マークを入れてお送りください。また、絵本の販売や貸し出しはしていません。よろしくお願いいたします。
こちらのリンク先からクリックしてどうぞ!(随時更新していきます)

 タイの絵本タイの絵本の参考書(タイの絵本についてもっとくわしく知りたい方のために、こんな参考書が出ています。クリックしてください。

チーワン先生の紹介
(タイの代表的絵本作家チーワン・ウィサーサ先生。その代表的絵本『イーレーンケーンコーン』のご紹介とチーワン先生の読み聞かせ動画で・クリックしてみてくださいね)

 こちらもどうぞチーワン先生の絵本 『ニン』(絵本を動画で)はみがきフォンくん』(動画ありです

プリーダー先生の紹介 (もう一人の代表的作家プリーダー・パンヤーチャン先生。チーワン先生とは友人で合作もしています。その紹介動画と、作品『はりねずみくんのあまやどり』をご紹介します・クリックしてくださいね)

チーワン先生とプリーダー先生の絵本 (お二人の代表的絵本です。時々共作もされています。クリックしてくださいね)

そのほかの絵本 (チーワン先生やプリーダー先生以外の作者の絵本です)

タイの古典絵本 タイ文学には『ラーマキエン(ラーマーヤナのタイ版)』『チャードック(ジャータカ物語のタイ版)『プラアパイマニー』(スントーンプー作のタイの古典・スサコーンの場面が子ども向けに使われる)などがあり、絵本になっています。

 ラーマキエンの人形劇 (ラーマキエンの一部を伝統人形劇の動画で)ラーマキエン(絵本などです) スサコーン(タイの古典「プラアパイマニー」の中から子ども向けに絵本やぬりえが出ています)

タイの子音アルファベット・コー・カイ (タイの子音アルファベットであるコー・カイの歌を動画で紹介。コー・カイ絵本もたくさん出ています。)

タイの遊び(タイの伝統遊びを動画や絵本で紹介します)

タイの児童文学

 バンコク子ども図書館物語

(私がタイの絵本や児童文学界について知るきっかけとなったのは、駐在員主婦が集まってつくりあげたバンコク子ども図書館の活動でした。その創設とタイの方々との交流をまとめていっています)

 

 
タイのアートシーン・ニューウェーブ
 
東南アジア文学賞作家プラープダー・ユン  マンガ家タム(ウィスット・ポンニミット)くん そのほかの記録
 

 

 

(タイの絵本の販売仲介はしておりません。タイの児童書は、年3回行われるブックフェアか、チュラーロンコン大学のブックショップで購入することができます。ブックフェアはこんなににぎわっていますよ!価格も値引きされたり、グッズも売っています)