サガは風呂2から入った人、何でGBやロマサガからやってる人と視点がずれてると思いますが

そのへんは許してやって下さい。

(だからって訳じゃ無いけど某風呂2完全鉄工所だけは……)

SaGaFrontier

コレが出た時は、PS持ってませんでした(汗)サイド3で消耗戦やってました(大汗)

ゲ◯グ◯強すぎ、事務ス◯イ◯ーIIでもがちんこ勝負だとリッ◯ド◯が精一杯(謎)

こっちも◯ック◯ムと事務◯ナ◯パーIIを山のように(大謎)

七人の(正確には5人(+1)と一台に1匹)主人公がリージョンと呼ばれる世界を旅をする

ある主人公で悪の組織と戦ったり、失われた記憶を捜したり、フィアンセのあだ討ち……それぞれの物語を体験する

SaGaFrontierII

コレと出あったのが99年のゴールデンウィークのちょい前でした。

その2.3日にバイクの駆動系が壊れてゴールデンウィーク中ヒマヤネンナ状態になってしまい

時間を潰すブツをさがしてる時に水彩画の背景とドット絵のキャラクターに引かれ衝動買い(爆笑)

なんでFF8買わんかったって?

ポリゴンの“人”はドーモ好きになれないんで(汗)

□\(^\)それは置といて(/^)/□

悪く言えば、ぶつ切り、よく言えば、いいタイミングで一つのシナリオが終わる。

そして気が付くと結構な時間プレイしている、TVドラマのような

ストーリーの組み立て(しいていえば ER 緊急救命室みたいなかんじ)

さっきギュス編で人の(個人、公人としての)苦悩を観ていたらこんどはウィル編で冒険している。

そして物語は最後には一つの点ヘ向かう……

P.Sこれについてた体験版某シュウマイ(八◯島でも可)最速伝説やった瞬間、□の剣と魔法以外のゲームに

手出すべきじゃ無いなと思いました(FMシリーズ何て某PDの簡易ぱくりだし。

売るのならアレで正解ですけど、ゲームとしてはチョット>FM)

もう帰りたい(涙)

 

 

 

おまけ


プロデューサー続きで
ワイルドカード
スクエアのワンダースワンカラー専用ソフト第二弾、
一言で言えば携帯用ゲーム機でカードゲーム(MSGや某遊戯王みたいなの)をやってしまうRPG
登場人物やアイテム、シナリオが全てカードで表示されプレーヤーによってストーリーの骨組みが微妙に変わり、
総てのカードが表を向いた時、
予想もしなかった結末が訪れる。

フリーシナリオ続きで
ジルオール
あのKOEI(この会社って○○シュミレーションだけじゃないのね○ンジェ○ークとかアン○ェリーク○ロワとか…)初のRPG、
“無限のソウル”を持つ主人公がある事件をきっかけに日常へ別れを告げ、
バイアシオン大陸を舞台に冒険者として旅を始める。
時を同じくして“神の代理人”竜王の覚醒、
かつての勇者の帝位即位と周辺諸国への侵略、
そして闇の勢力の台頭…
やがて、世界は震えはじめる。