ここではナムコのエースコンバットシリーズについてちょっと語らせてもらいます。

ACECOMBAT

全機、敵テロリストを撃墜せよ!

シリーズ第一作は、95年に発売されました。(ある程度の空間の中ですが)自由に空を飛べると言うのはこのゲームが出た直後は凄い事だった様です……と言うのはこれが出た時期プレステ持ってませんでした(死)この頃は、二輪者にハマってました(爆死)今も乗ってます(核爆死)しかもこのシリーズ2→3→1の順でやった人間なんで(^^;ゲームの大筋ですが、テロリストにそそのかされて軍の一部が暴走、クーデターが起こりそのクーデター軍とテロ組織を壊滅させるために世界最高のパイロットの主人公が雇われた……というのが大筋です。ゲームの基本的なスタイル(ブリーティング、作戦、デブリーティング)は、これでほぼ完成しています。1特有のシステムとして機体の鹵獲と一度撃墜されたら二度と出てこない僚機、自分である程度侵攻ルートを決めれると手持ちの飛行機が一機も無くなったらゲームオーバーと言うのがあります。機体の鹵獲は(運が良ければ)ミッションをクリアーするごとに敵の機体の鹵獲改修して自分の物にできるシステムで、侵攻ルートを決めれるのは、作戦を飛ばしたり攻略の順番が変えられると言う物です、う〜ん某四角社のサガフロ1のブルー編みたいに自由度が高いゲームですな。

中古なら1,000円前後で手に入ります、5年前のゲームなんでポリゴンかなり粗いんですけど。

ACECOMBAT2  

緊急出撃!直ちに敵クーデター軍を殲滅せよ!

相変わらず過激な売り文句ですな(苦笑)97年に発売された“2”はクーデター鎮圧するために統合軍は傭兵部隊で編成される(某エ○ア88のパクリか?ナ○コ…)特集戦術戦闘飛行隊『スカーフェイス』の出撃を決定……うーんシリーズ三作通じてクーデター共通事項ですね、笑えないなー(遠い目)ギターも鳴りまくってます、2は「ライバル機」「コマンド機」と階級の要素が加わりました。あとコレでは、落っこちたり叩き落とせれたりした飛行機は統合軍がどっかから買って来てくれます、願わくば担当者が 金にがめつい爺さんじゃ無い事を願います(某○リア88じゃ無いんだから)「ライバル機」と「コマンド機」は打ち落とすと勲章とかなりの金額のお金がもらえます、勿論強敵です。「ライバル機」は、「コマンド機」とちょっと違います。毎回赤い戦闘機に乗ってでてきます、落とすと次は新しい戦闘機で出て来る、まるで 赤い彗星のシ○アですね(^^;ちょっとねたバレですが彼は、エンディングにかかわりが有ります、タマにシカトしてみましょう。銀のエンゼルマークもとい勲章を全部集めると……、任務のレパートリィもいろいろ有ります。敵爆撃機の迎撃、味方艦隊の護衛、戦略上重要な施設の奪取、更には核搭載の巡航ミサイルの撃破やレーダーが使えない状況での作戦などありとあらゆる作戦が有ります、あとリプレイがつきました、これは作戦の最後の目標を破壊するシーンを再現します、リプレイねらいで派手な機動を狙ってみるのもあそびかたのひとつです。

2はシリーズ史上最高傑作です 彼女(彼氏) 売ってでもやりましょう、ベスト版は、新品でも定価2800円です(ナディアパークの近くオープンカフェのランチメニューのセット1回分チョイやないかーボケ!と言うつっこみは却下)絵は今の目で見るとちょとアレですが純粋な“ゲーム”としてみれば3より上です。

ACECOMBAT3  

光の交信が紡ぐ情報の無限回廊「エレクトロスフィア」‥君の判断が、

その先の世界をきめる。

イヤ前二作とがらっと変わりました、1,2は、現実の戦闘機ばかり(2は、一部例外有り)でしたがオリジナルの機体(ニューコムのRナンバーやゼネラルリソースの*F/A−32、*XFA−36など)が多く出て来ます。舞台も21世紀の近未来の『何処か新しいけど懐かしい』世界へ、さらにアニメパートが入ったり、ルートによっては、 ハーレムになったり(*^^*)でもがらっと変ったためにあんまり評判良く無いです。んで肝心の中味ですが売り文句のとうり判断一つで、 暑い漢の体育会系ドラマ(T_T)なったりします、システムでは、ミッションの達成度と武装が選べるようになりました。お金は消えましたドンドン落っこちて下さい…アレ? 武装ですが爆弾や短距離ミサイル、対地ミサイルといったマニアックなアイテムが増えました。ミッションも一次、二次に別れたりそれでミッションの達成度が変わったり、それでは頑張って全52ミッション制覇して下さい。え?前二つの比べて短い?戦争おっぱじめたのも今回は女の取り合いだしね大丈夫か○ムコ、いろんな意味で(汗)

これは、チョット人に勧めにくい…と言うより勧めたく無い!4に期待してますあっベスト版が12/9発売されましたが、某ライバル作の発売日にぶつけて来ましたね!

*F/A−32は、JSF(ノースロップ)の米空軍向けのモックアップが、XFA−36は、ボーイング社の次世代戦闘機の試作機(6/1)が元ネタでした(苦笑)

ACECOMBAT04 shatterd skies

リアリズムとエモーションを翼に、未知なる映像空域に舞い上がれ!

ユージア大陸の西に位置する大国エルジアと、大陸内のそのほかの小国は、「武装平和」と呼ばれる一触即発の勢力均衡を長年保っていた、1999年7月に小惑星ユリシーズが地球のロシュ限界の内側を通過、 1000以上の核と無数の塵に分裂したのち、地表へと落下、二週間で50万人の命とユージア全体のGDP18十八ヶ月分の被害を受けた、そして隕石落下から4年後の夏。エルジア軍は中立国サンサルバシオンへの侵攻を開始する。
現時点で分かっている事は、従来の出力の系統操作にアフターバーナーの追加や従来型のミッションと新システムの長期戦役ミッションがありプレイヤーの判断で戦況が変わってくる。
特殊武装含む三種類の武装(機銃、AAM、+α)が装備可能、登場機体でF-14、F-16、F-22、F-117、ミラージュ2000、ラファール、トーネードIDS、F-2が使用可能でプレイ画面でSu-37、A-10、E-767、Tu-95のCGが完成している、エルジア軍のレールガンストーンヘンジと最精鋭部隊黄色中隊…などが現時点で分かっています。2001年9月発売だそうですがまさか某エア□ダソツソグ哀みたいにネット対戦もやるのか?(7月ににPS2関連のモデムやHD出るからね…)あと垂直尾翼と機首、エアダクト近辺にペイントとか…(はい垂直尾翼へ獅子の紋章やユニコーン、ブーメランマークや赤い三角をエアダクト近辺に書こうとした使徒手を上げて)AC04webの方は頻繁に更新してるようです(特に壁紙関係)


帰る






おまけ
ハードがPS2だったら正当なライバル(残念)
エアロダンシングi(CSK総合研究所)
DC用フライトシュレーションのシリーズ第五作目(追加ディスクの〜秘密ディスク、〜初飛行含む)これまでのエアロダンシングシリーズが訓練メインだった物が実戦メインに変わり、機体も自衛隊機+在日○空海軍機(大人の事情で伏せ字)だったものに欧州やロシアの軍用機、零戦(!)も追加され機体選択の幅が従来の物に比べ数倍に… 内容の方は当然フライトシューティングと比べ物にならない程難易度が高く現役の戦闘機パイロットでも緊張するレベル、最大の売りは時期超主力戦闘機XF-3(レシプロ機)とネット対戦、フランカーのコブラ(コンシュマー機初のタイトルは空戦に持ってかれました。

開発がまともだったら(汗)
サイドワインダー2(アスミック)

買うだけむだ!アスミックに浄財を寄付したいかただけどうぞ、〜MAXは一瞬期待したけどな。