漢方薬

漢方薬とは

漢方薬とは東洋医学の理論に基づき、生薬を目的に合った組み合わせと量で配合したものです。その処方は体系的にまとめられ、時代によって発展していったもので、体験と伝承のみで成り立つ民間療法とは異なります。
明治維新以降、日本では西洋医学を主に取り入れており、現在においても医療の主役は西洋医学になっています。西洋医学と東洋医学では考え方が大いに異なるため、現在においては西洋医学的な観点で漢方薬が使われる機会が非常に多くなっていますが、これは本来の使われ方ではありません。
西洋医学では、病気に対して悪くなった部分を直接治すというアプローチになります。一方、東洋医学では本来ヒトの体は調和がとれて健康が保たれており、何かのきっかけでそのバランスが崩れたときに病気が起こると考え、その治療は体の調和を正しく戻すことを目的としています。
西洋医学も東洋医学もどちらも有用ですが、大きな特徴として西洋医学は外科的な医療を得意としており、治療方法に病気を当てはめるレディメイドである点があげられます。一方、東洋医学は内科的で、原因のよくわからないような病気に強く、症状にあった処方を選択するオーダーメイドです。病院で種々の検査をしたが異常は見つからない、しかし本人は確かに具合が悪いといった場合には、特に漢方薬が役立つでしょう。

漢方薬はどんなもの


※初めて漢方のご相談をされる方は必ずご来店ください、お電話では応じかねますのでご了承ください。また、簡単なご相談は随時受け付けておりますが、重病の場合はカウンセリングにお時間がかかるため応じられない場合もありますので、事前にお電話でご来店日時をご確認いただけるとありがたく存じます。















漢方薬と聞くと、袋に分包された顆粒剤や錠剤で味の苦いお薬をイメージされる方が多いかもしれません。しかし本来の漢方薬は異なります。
有名な「葛根湯」の様に「〜湯」という名前の漢方薬は煎じ薬、「当帰芍薬散」の様に「〜散」という名前の漢方薬は粉薬、「八味丸」の様に「〜丸」という名前の漢方薬は丸剤が本来の姿です。
煎じ薬とは、その処方の生薬を煮出してその液を服用する物です。
近年でこうした漢方処方から成分を抽出して濃縮した、エキス剤と呼ばれるもの主流で、これが普段皆さんが目にしている顆粒などの漢方薬です。
こうしたエキス剤は簡便で使いやすいという利点を持っていますが、本来の抽出法とは異なるため、成分が微妙に異なっており、効果も本来のものに劣るとされます。本当にお悩みの方は煎じ薬などの本来の形での服用をおすすめいたします。
当薬局では、飲みやすい錠剤などの漢方薬とともに、煎じ薬もご用意しております。その方の体調やライフスタイルに応じて、適切なものをおすすめしております。