ホーム > 終着駅の情景 > 湯前


  湯前(くま川鉄道・湯前線)

1.駅舎

 

2.ホーム

【路線概略】

1924年に国鉄湯前線として開業。湯前から県境を越えて杉安まで結ぶ路線も計画されていたが,結局実現せず。1989年くま川鉄道に移管される。かつては肥薩線直通列車もあったが,現在は線内折り返し列車のみ。おかどめ幸福駅は日本で唯一駅名に「幸福」がつく。

 

【路線データ】

 

営業キロ

運行本数

1925年4月(国鉄)

人吉−湯前15.5哩

5往復

1944年12月(国鉄)

人吉−湯前24.9km

6往復

1956年12月(国鉄)

人吉−湯前24.9km

7往復

1968年12月(国鉄)

人吉−湯前24.9km

9往復

1987年4月(JR九州)

人吉−湯前24.9km

9往復

2005年3月

人吉−湯前24.8km

15往復

 

【駅データ】

駅名

湯前(ゆのまえ)

所在地

熊本県球磨郡湯前町上牧原
駅周辺の地形図
へ(国土地理院提供)

開業

1924年3月30日(国鉄湯前線として)

乗降客数

435人(2001年現在,1日平均)

駅名のルーツ

湯山温泉の手前の平地にある町。

 

【乗車記】(2004年5月)

宮崎での学会を終えた後,都城から矢岳峠を越えて人吉にやって来た。跨線橋をわたってくま川鉄道乗り場に降り立つと,古びた車両が発車を待っていた。

人吉を出発した列車は,球磨川沿いの,特にどうということもない田園地帯をあせらずにのんびりと走る。件の「おかどめ幸福駅」も,幸福になれそうな雰囲気はあまり漂わせていない。

終点・湯前に到着。どんよりとした天候が終着駅の寂しさを募らせている。しばし周囲を散策し,昼食を調達して駅に戻った。

・・・それにしても寂しい駅前だ。時間帯のせいもあるだろうが,駅前だけは国道から隔離されて,人を寄せ付けない雰囲気を醸し出している。

駅前から西米良村営バスに乗車。実現しなかった路線計画を偲びながら曲がりくねった深い山中を行くバスに揺られること40分,秘境と呼ばれる米良荘の村所に着いた。

秘境という思い込みがあるからだが,非常に心惹かれる集落である。できることならゆっくり散策したい。が,無情にも接続よく10分後に西都方面行きのバスが出る。これを逃すと4時間バスはない。後ろ髪を引かれる思いで宮崎交通のバスに乗り込んだ。

バスは再び人跡まれな山中に吸い込まれ,一ツ瀬ダムに沿う道を行く。途中,日向軌道が残した木造の吊り橋跡を目に焼きつけつつ杉安まで抜け,妻線跡の探索に向かった。


ホーム > 終着駅の情景 > 湯前