浜昼顔と大樟

楠の浜辺に自生する 「浜昼顔」 天然記念物 「長太の大樟(おおくす)」
  2007-05-12(土)
★鈴鹿川堤防を10km自転車走らせ伊勢の海、楠の浜辺へ

「君の名は」 に歌われた浜昼顔を撮ってきました。
        菊田一夫作詞・古関裕而作曲/昭和28年
<台詞>忘却とは 忘れ去ることなり
      忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ
<歌詞>君の名は……と たずねし人あり その人の 
      名も知らず 今日砂山に ただひとり来て
      浜昼顔(はまひるがお)に きいてみる
 楽しい、思い出の一日になりました。(^_^.)
※浜昼顔の群生する海岸はこちら→
  2007-05-12(土)
★初夏の田圃の真ん中に聳える大樟へ自転車を走らせる。

天然記念物   県指定文化財 昭和38年1月11日指定
この木は全国的にも有数のクスノキ科に属する大木です。樹高23メートル、目通り直径26メートル、枝張りは東西32メートル、南北35メートルです。むかし、この木のもとに延喜式内社大木神社があったといわれています。国の天然記念物として指定されたクスノキは全国で25件あり、大きさで日本一のものは鹿児島県の「蒲生
(かもう)のクス」(特別天然記念物)で直径は8メートルほどのものです。 平成3年 鈴鹿市教育委員会
勇気をもらい大感動、思い出の一日になりました。(^_^.)
※長太の大樟が聳える場所はこちら→

こちらは4年前の 「大樟コンサート」 です。





●BGMをどうぞ!鈴鹿のデジカメ散歩へ