鈴鹿のデジカメ散歩へ

楽しいスケッチ集

<タイランドの国旗>

微笑みの国タイランド・クルンテープに生活して3年
ゴルフの合間にドライブ・お気に入りの名所をスケッチしました

   ナムタサー・パカワトー・アラハトー・サンマー・サンプット、ターサーと

三回唱えて...私の一番好きなタイの寺院ワット・スタットで...合掌...

タイ・チェンマイ旅行 写真紀行へもどうぞ!


アユタヤ遺跡1
荘厳な仏塔の立ち並ぶアユタヤのワット・プラ・ハマタート遺跡ビルマ軍による破壊の跡、

この遺跡まえのレストラン階上で夜風を受けてタイ料理を!夜間のライトアップは荘厳な気持ちにさせる。

バン・パイン離宮

アユタヤの南20km、バンコクから北へ60kmのチャオプラヤー川の中州にある

豪華な王室の離宮歴代国王が夏の避暑先の離宮として使用している。
アユタヤ滅亡と共に一時廃墟となりラーマ4/5世時代に再興された。

この絵は王宮の中に建てた建物のレプリカで、中にラーマ4世の像がある。




クリックして大きい写真をご覧下さい

ディナー・ダルマ船
アユタヤ・クンスリバーHOTELの川べりから出発する観光ディナー船むかし荒川放水路を横切って水泳に励んでいた幼少の頃、似たようなダルマ船がゆったりと荒川を行き来していた。何かのんびりした雰囲気にさせてくれるアユタヤの舟遊び..



※左の写真をクリックして大きな画像をご覧下さい。

クリックして大きい写真をご覧下さい

Wat スタットの仏像群
荘厳な寺院の回廊に鎮座する仏像群。日本と異なり小乗仏教のタイの寺院に檀家制度はない。したがってどの寺院にも自由に入れるのがうれしい。壮大なワットの内部に一歩踏み込めば、あたかも時が止まったかのような静寂に身も心も包まれる。

クリックして大きい写真をご覧下さい 荘厳な寺院
チャオプラヤ川の悠久の流れに、仏教寺院の荘厳な静寂に、街中でふと見かける自然な『合掌』の姿に、心の安らぎを覚えるのも、仏教国タイだからこそ、味わえる感慨なのかもしれない。
クリックして大きい写真をご覧下さい アユタヤ遺跡2
アユタヤの島外にあり訪れる観光客は少ないが、川のほとりの寺院遺跡に並ぶ数十体の仏像群ビルマ軍の侵略(1767年)でアユタヤは徹底的に破壊された。ほんとうは回廊の仏像も痛々しい姿をみせている。
クリックして大きい写真をご覧下さい ルア・ハンヤオ
川の合流点にあるアユタヤは四方を川に囲まれた島にあり、水飛沫を上げながら疾走していく名物のエクスプレス・ボート 通称ルア・ハンヤオ の勇姿がひっきりなしに見られる。川べりにはいくつものフローティング・レストランが有り、メニューはシーフードが人気で夜は川風に吹かれながら落ち着いた雰囲気でムードも大変お気に入り。
クリックして大きい写真をご覧下さい 白馬への山道
駐在の年に上の娘が長野で結婚式、今年は下の娘が同じ長野で挙式です。なぜか‥‥Nagano‥‥都立蔵前工業高校のクラス会もこの長野だ。白馬のとなり岩岳スキー場リフト下に30数名が集る。20数年前に脱サラ、級友のペンション モンシャレ・コパンで女気なしで催すクラス会集まるたびに
<友は宝なり>と心から思う。
クリックして大きい写真をご覧下さい スカイトレインBTSの走るスクンビット
バンコック.スクンビット通りを走るBTS高架鉄道で渋滞知らずHOTELタラ12階よりBTSの走るスクンビット通りトンロー方面のコンドミニアム群を望む雄大な景観正面12階立てビルの5階ワンフロアーを借りて3年間‥優雅な生活‥
クリックして大きい写真をご覧下さい コンドミニアム
Soi24のHOTELタラ12階よりスクンビット通り方面、コンドミニアム林立の景観この反対側のベンジャシリ公園があり、1997年10月にはバンコク一の高級感漂うデパートのエンポリアムが開店した。世界の有名一流ブランドのブティック多数集まっている。プラダ・エルメス・ルイヴィトン・シャネル・フェラガモ‥ウィンドウ・ショッピングを楽しむ若い女性がいつも賑っている。
クリックして大きい写真をご覧下さい カンチャナブリ・クワイ川イカダ船遊び
2000年7月勤め先の卒業旅行にタイのメンバーがカンチャナブリに招待してくれた。ゴルフ大会の後、タイ人スタッフがメナムにイカダを流し優雅な宴会だった。アユタヤと並んでタイでもっとも暑いところなのです。ご存知でしたか?この川に二軒分くらいのディスコ船を浮かべ夜通しドンチャン騒ぎで盛り上がった
クリックして大きい写真をご覧下さい 子猫とタイダンス
タイ舞踊はタイならではの優雅な踊りだ。指に長い付け爪を付けて踊る北部の踊りは、豪華絢爛たる衣装と足の先、指の先まで神経が行き届いた微細な表現が特徴です。伝統音楽に合わせて優雅に舞う指先の微細な表情が魅力的。サラ・リム・ナウ、サラ・タイ、などでタイ料理を食べながら優雅なひと時を楽しんで...下さい。
クリックして大きい写真をご覧下さい トゥクトゥク(三輪車)
バンコクでは観光用にトゥクトゥクを良く見かける。渋滞の街中では軽快な走りと開放感が旅行者の間で圧倒的人気がある。Soiの足はやはりシーロー(軽4輪ダイハツ?)が一番多く利用されている。Soiからソイへ庶民の足として便利に走り回っている。 使うタイ語は二つ、行きはパイ・フジスーパーそして帰りはシーシップ・ガウ・パクソイ  これで全てOK。なんてたってシーローはソイ住民の足です。
クリックして大きい写真をご覧下さい アジアの足跡
タイは微笑みの国、仏教の国、王様がいる国、南はプーケット・ホアヒン・チャアムからパタヤ・ラヨーン・コーサメット・そして北へアユタヤ・コラート・コンケーン・チェンマイまで南北2000kmエキゾチック・タイランドは日本と似ているようでまるで違う不思議な国、そんなタイの文化、宗教、習慣を体験。
クリックして大きい写真をご覧下さい 兜と鯉のぼり
男の節句


タイ・チェンマイ旅行 写真紀行へもどうぞ!