化石研の紹介  

化石研ニュース

例会・総会

会誌・出版物

博物館へのリンク

入会案内

   
 
第148回例会(久慈)が開催されました

第148回例会が10月7日と8日の2日間、平山 廉会員が世話人となり,岩手県久慈市で開催されました。参加者は会員のほか,久慈市長・教育長・市民,化石ファンの秋田県・青森県の小学生なども含め64名でした。
 13:00からポスターセッションが行われました.13:30からは,シンポジウム 「久慈で見つかった恐竜時代の生き物たち」が行われ, 10本におよぶ多方面の講演がありました.小学生からも活発な質問があり,17:50まで討論も盛り上がりました.
 19::00からは,久慈琥珀博物館のレストランビストロくんのこに会場を移して,懇親会が行われ,さらに,多くの参加者が宿泊した,ホテルみちのくでも2次会が行われ,大いに懇親を深めました.

 8日(日)には,26人の参加で『巡検<久慈層群玉川層>』が行われました.8:30,駅前のホテルみちのくに荷物をあずけて出発し,野田村の玉川層模式地に向かいました.最初に米田海岸の砂岩層を観察し,玉川層を覆う津波堆積物も見られました.つぎに,玉川野営場から南の海岸に露出するのカキ化石礁,斜交葉理,赤色泥岩層および基底礫岩の露頭を観察しました.
 久慈琥珀博物館に行き昼食をとった後,近くの大沢田川支流の左岸に露出する,ボーンベッド(脊椎動物化石の化石密集層)を観察しました.ここでは小学生がサメの歯の化石を発見しました.その後,琥珀博物館を見学し,15時すぎにホテルみちのくまで送っていただきました.

 本例会開催にあたっては、久慈市、久慈方市教育委員会には、御協力を賜りました.久慈琥珀博物館には館内の見学だけでなく,懇親会・巡検のバスや昼食,さらには巡検の長靴まで,たいへんお世話になりました.ありがとうございました.

会場風景 巡検での集合写真

当日のプログラムは、下記のニュース130号をご覧下さい。
■第148回例会プログラム■
化石研ニュース No.130



「学芸員の重要性についての声明」を公表 2017年4月25日
 

14th International Symposium on Biomineralization(BiominXIV)
第14回国際バイオミネラリゼーションシンポジウム)のお知らせ

会期:2017年10月9日(月)~10月13日(金)
場所:つくば国際会議場(茨城県つくば市)
主催団体:バイオミネラリゼーション組織委員会
ホームページ:http://www.biomin14.jp/
化石研究会後援

詳細は会員の組織委員(三島弘幸、筧 光夫、笹川一郎)にお問い合わせください。

主要テーマ:
1)Emerging techniques in biomineralization(バイオミネラリゼー ション研究における新手法)
2)Crystallization and structure of biominerals (バイオミネラルの結晶と構造)
3)Molecular and cellular regulation in biomineralization(バイオミネラリゼーションの分子及び細胞制御)
4) Genome-based analysis of biomineralization(バイオミネラリゼーションのゲノム ベースの解析)
5)Evolution of biomineralization(バイオミネラリゼーション の進化)
6)Medical aspects of biomineralization(バイオミネラリゼーション の医歯薬方面)
7)Bio-inspired mineralization(生物に学ぶ結晶鉱物化)
8)Biominerals as proxy of palaeoenvironments(バイオミネラルから古環境推定)
9)Mollusk shell formation(軟体動物の貝殻形成)


化石研究会会誌(新刊)

第50巻第1号(2017年6月刊行)の目次を掲載しました。

創設50周年記念出版
「化石から生命の謎を解く--恐竜から分子まで」

化石研究会編・朝日新聞出版(2011年4月)


私たち化石研究会は,
化石を地質学,古生物学,生物学,生命科学,医学,歯学,鉱物学,水産学など
いろいろな角度から研究し,その成果をこれらの分野のメンバーで共有し,
化石をさらに新しい見方で研究しています.

化石研究会に入会ご希望の方は,化石研究会会則をお読みになり,
入会申込書にご記入の上,下記へご送付ください.

入会申込書    化石研究会会則

Adobe Reader(PDFファイル用)
 

〒370-2345 群馬県富岡市上黒岩1674-1
群馬県立自然史博物館 地学研究室内 化石研究会事務局

お問い合せは: 化石研究会事務局(このメール)