tenshi no tamago

home
info
prof
diary
bbs
form
report
link

梅干小僧さんによる里穂映画とキリン舞台の記録

昨日(8日)は朝から飯田里穂&岡本奈月舞台挨拶から夕方のキリンプロ公演とハシゴをして、 虚弱な私は疲れて今日の大沢あかねさんの舞台挨拶はパスしてしまいました。

時間の順に、まずは飯田里穂さんと岡本奈月さんの舞台挨拶から。 挨拶の間はずっと写真を撮ってよかったので撮りまくってしまいました。 トークのほうは「寒かった。待ち時間はおしゃべりで笑いまくりでおなかが痛くなった」しか覚えていません。 その割には映画のほうでは里穂ちゃんは笑わない役なんで、たいした演技力だと思いました。 映画のほうは5本のショートムービーなんですが、里穂ちゃんの「フォトフレーム」がお世辞抜きで一番面白かったです。 それにしても、主演が飯田里穂(天てれ)、桜木睦子(高校講座・生物)、杏さゆり(100語でスタート!英会話)、 大沢あかね(体験・メディアのABC、一応今年も1本だけ新作があった)と教育テレビ出演者ばかりとはいったい・・・(わかる私もいったい・・・) なお、本編約10分、メイキング40分のDVDが劇場にて先行発売中、2月には販売店にも並ぶそうです。

さて、池袋での舞台挨拶&映画の終了後新宿に向かい、夕方の部の当日券があることを確認し、見ることにしました。 空き時間でピュアピュア最新号を探しましたが見つかりませんでした。 さて、お芝居のほうは明日見る方がいるかもしれませんので、ストーリーは抜き。とても面白い舞台でした。 主役は秋山莉奈さんと芳賀優里亜さんの仮面ライダー組のお二人でした(キリンプロのツートップといったらやんわり否定されました)。 お目当ての俵有希子ちゃん(実は私は密かな俵ーズファン)、 終演後の握手会でもテンションも高く、「また怖い役」と嘆いておりましたが、涙を見せる迫真の演技はすばらしく、 二役のギャグシーンはお気に入りだったようでアドリブ飛ばしまくりで私も面白かったです。 またパンフ情報では2匹目の犬を買ってもらったそうです。

あと印象に残っているのはやはり谷村聡美ちゃん。 握手会の時に最後怖かったと声をかけたら、「ホントは怖くないんですよ」と、チャーミングでたまりませんでした。

しかし、谷村聡美−西島来美−竹田真恋人の3人と秋山莉奈さんのアイドルグループはありえない、秋山さんゴメンナサイ、好きですが。 谷村−西島−秋山−芳賀ならありえる気もしますが


copyright rabian all rights reserved.