本ホームページの概要(目次)

・坐禅会をはじめ、他の企画も含めた全日程は、ここをクリックしてください
・京都での坐禅会は、ここをクリックしてください
・東京・茨城での坐禅会は、ここをクリックしてください
・坐禅会の方針・内容や注意事項に関しては、ここをクリックしてください
・住職のプロフィールや天正寺に関しては、ここをクリックしてください
・天正寺へのアクセスは、ここをクリックしてください

お知らせ・新着情報

住職からのご挨拶

天正寺は、大阪市天王寺区にある小さな禅寺です。

住職の佐々木奘堂は、京都の相国寺専門道場で修行し、2010年12 月に住職として入寺した禅僧です。

天正寺は、宗派としては臨済宗(相国寺派)に属しています。
(「宗派」は、後の時代に誰かが作ったものが、たまたま固定化されたものですので、一切こだわりはありません。「禅」は、一切の宗派を超えています。)

唐の時代に中国で起こった「禅」は、人類史上で見ても、実に画期的な大転換です。

天正寺で実践していく「坐禅」は、「禅」が起こる以前の、狭い意味での「坐禅」(何らかの坐り方や呼吸法・瞑想法)ではなく、通常の仏教が根底から大転換された「禅」を学び実践していくことです。

天正寺での坐禅会では、具体的には、次のような(生きる)姿勢を実践していきます。

1.「持前・自性を信じ、養い修し、活溌溌(活き活き溌剌)に発揮していく姿勢」

2.「腰を据えた姿勢(やる気・元気が全身に充ちた姿勢)」

3.「『あれこれ無し』を常に主体的に実践していく姿勢」

 ここに記した言葉でわかるように、「坐禅」といっても、特別な理屈や方法は何もなくて、私たち各自が、その「持前」、つまり本来備えている自性、あるいは天性(天賦の神性)を、最大限に発揮していくだけです。

 誰でも、どのような状況にあっても、実践していける道です。

 さらに言えば、「腰が据えられた姿勢」は、「腰痛」や「ぎっくり腰」で苦しんでいる人にとっても、最も腰に良い姿勢です。
 ですから、腰痛や肩こりで苦しんでおられる方でも、その改善にベストの姿勢を学び修していきますので、喜んでご参加お待ちしています。(膝が悪い方でも全く大丈夫です。)

ご関心をもたれた方は、ぜひ一度、天正寺にお越しください。
共に歩んでいきましょう。

また、大阪だけでなく、京都でも、さらには東京と茨城でも、毎月、坐禅会をしに行ってますので、関東の方も、どうぞご参加お待ちしてます。

また天正寺では、坐禅会以外にも、書道教室論語読書会英語勉強会や、落語会やその他の企画がありますので、ご関心ある方、ぜひご参加お待ちしてます。(クリックしていただくと、そのFacebookページが開きます。)

連絡先

坐禅会等へのご参加は、メールで連絡いただけるとありがたいです。
連絡なしでの参加でも大丈夫ですが、もしも(めったにはないですが)お通夜や葬儀等が入り、急に休みになった場合、ご連絡できます。
メールアドレス: jodo.sasaki●nifty.com (●を@に)
電話番号: 06-6771-4161