<発行図書 >  


         
『教祖ひながたと現代
      =復元への意識革命=
植田義弘・著

 教祖百十年祭の直前に修養科一期講師を拝命し「教祖伝」を担当した著者が、自らの反省をもとに刊行を決意した。大多数の分教会の側に立って教内外の歴史・現実・未来を直視し、教祖へ通 じる道を阻んでいるものは何かを原典に照らして見分け、復元への意識革命を提唱します。

[目次]

 一章 教祖お一人から始まった道
 二章 現代に生きる教祖ひながた
 三章 応法の道 の変遷
 四章 復元と応法の二重構造
 五章 天地一体のネットワーク
    おわりに
=この本の刊行を決意した理由             
定価=1,200円
*購読をご希望の方はメールで住所・氏名をお知らせ下されば、郵便振替用紙を同封して折返し送本いたします。(送料は当方が負担します)
 tenkoku0805@yahoo.co.jp

================================

   !!!!!!!最新刊!!!!!!!
   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    『元の神・実の神』 植田 義弘・著 
   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(目 次)
  はじめに

    一章 いのちの不思議

    二章 心と体のしくみ

    三章 日本人の宗教観

    四章 元と実=一体性創造システムとしての神

       おわりに

(A5版・120頁・頒価720円)

品切れのためPDFファイルを作成しています。閲覧のためダウンロードご希望の方はメールでその旨お知らせ下されば、PDFファイルを無料で添付送信いたします。
 
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  推薦のことば  スジャータ〔めいらくグループ)代表
                          日比 孝吉
「50年かけて真実の理をまとめられた『元の神・実の神』は、どなたでもわかるよう、平易に書かれた貴書である。修養科を修了されている方にとっては、有益な手引書、座右の書となること間違いない。自社には、修養科卆の社員約1000名、非常に心強い。是非、一読を心からお勧めします」

スジャータでは、日比会長の指示で、修養科を修了した社員約1000名 に本書をテキストとして配本して役立てています。
本書は教区・支部でも読書会を通して配本して頂いています。
本教に関心ある一般社会人にも好評で、抵抗なく読まれています。
若い世代のようぼくが視野を広げ信念を深めるためにも最適です。
物質科学を超えて、心身一体意識の自覚を提唱しています。

================================

<手書き原典資料>
「おさしづに啓示された理の研究:全6部」
 
* 現在、希望者に頒布中です。
*上のタイトルをクリックすれば目次その他くわしい内容説明あり。

第一部 天の言葉」は無料送呈中。
*第一部のみご希望の方はメールで住所・氏名をお知らせ下されば無料送呈します。
 genten505@gmail.com
*全巻揃いで特価2,400円(特価@400円 カバー付)+送料実費500円
*購読をご希望の方はメールで住所・氏名をお知らせ下されば、郵便振替用紙を同封して折返し送本いたします。
 genten505@gmail.com

=====================================
◎以下は ブロマガ<原典からの出発>購読用資料
 詳細は下記サイトからごらんください。
 http://tenkoku0805.blog9.fc2.com/?blomaga


『原典を元とする理の研究
(電子ブック) 
 植田 義弘

「原典を元とする理の研究」は、上記の手書き資料のダイジェスト版として発行したものですから、ぜひ一読下さることをお勧めします。


『新版:飯降伊蔵伝
(電子ブック)
 植田 英蔵

 教祖の杖柱となって谷底の道を通り、のちに「本席様」と敬慕された飯降伊蔵の慎みと報謝に徹した人間像を描く。「みかぐらうた」に歌いこまれた「いちにだいくのうかがひ」の原点にかえる貴重な伝記。 (編集・植田義弘・善本社刊)


 よろづよ八首を思案する
『よろづいさいのもと』(PDFファイル)
                      (104頁/928KB)
(付録)肝腎かなめの健康法
    人体をモデルとする組織論

最近までHP<天理と刻限>にUPしていたので一読された読者もあるかも知れませんが、改めてタテ書きの文章で、1頁ずつ熟読して下さることを期待しています。


『鏡やしき・ぢばの理と人間の責任』
          (PDFファイル)(68ページ/756 KB)

「鏡やしき・ぢば」のあり方について諭された「おさしづ」を選り集めた資料。
「互いに遠慮は要らん。遠慮は追しょうになる。追しょうは嘘になる。嘘に追しょうは大ぼこりの台」(明治31.5.9)

 

『天理教の虚像と実像』(電子ブック)
 北沢 元・著
(23年前に東京都内の出版社から発行され絶版となった書)



クリック→ みさと原典研究会

    〒632-0075 天理市西井戸堂町522-14 TEL & FAX 0743-63-1961
genten505@gmail.com


(TOPに戻る)