魚住純の名言

「おまえは鰈だ。泥にまみれろよ。」

大人気マンガ、スラムダンクから学べることを、書いてみました。

 

作者:相羽 尊太

(あいば そんた)

相互リンク

テニスの王子様編

夜神月vs越前リョーマ

夜神月vsL

フェデラーvs.越前リョーマ

ナダル対越前リョーマ

越前リョーマvsサンプラス

海堂薫vsサンプラス

手塚ゾーンは実在する技

フェデラーのツイストサーブ

ナダルのブーメランスネイク

ここが変だよテニスの王子様 ルール編

 

 

 

 

スラムダンク魚住純の名言

「おまえは鰈だ。泥にまみれろよ。」

 

河田とのマッチアップで、ボロボロになってしまった赤木

まず、山王工業戦で、赤木は格上のセンター、河田兄とマッチアップして、実力差を見せ付けられ、メンタルがボロボロになった。この赤木に対して、スラムダンクファンは、赤木はメンタルが弱いという評価をしているようです。確かにそうかもしれません。でも口で言うのは簡単です。

赤木はずっとワンマンチームでプレーしてきました。赤木の負け=チームの負けという状況でした。それまでは、チームの歯車の一つとしてプレーすることがなく、常に主役じゃないといけなかったのです。

だから、山王戦でも、ついついワンマンチーム時代の思考が出て来て、自分が全てなんとかしないといけない、と思ってしまったのですね。

 

しかし、今の湘北は、強力な仲間がいるので、赤木が一人で全てをやる必要はなくなりました。三井、流川、宮城、そして桜木花道が、赤木にはできない仕事をしてくれる。あくまで、赤木は歯車の一つとして機能すればよくなりました。

魚住は、それに気づかせてくれたんですね。

「華麗な技をもつ河田は鯛。お前に華麗なんて言葉が似合うと思うか。おまえは鰈だ。泥にまみれろよ。」

 

華麗と鰈をかけているあたりも、「はらたいらさんに3000点」という名言で有名な魚住らしいくて、いいですね。

 

もう一つの魚住の名言「オレはチームの主役じゃなくていい。」

さて、魚住は、自分自身もチームの主役じゃなくて、泥にまみれる鰈として、チームのために歯車の一つとなることを選択しているシーンがあります。

それは、湘北との試合です。

仙道や福田という、チームの主役になれるメンバーが、陵南にはいます。

「ウチには点をとれる奴がいる。オレが30点も40点も入れる必要は無い。オレはチームの主役じゃなくていい。」

 

主役を引き立てるために、自分が泥にまみれる。自らの経験を、赤木に教えてあげたんですね。

この助言によって、赤木は見事に復活しました。

 

サッカーで例えるなら、本田や香川や岡崎など、点を取る人にどうしてもスポットが当たりますが、遠藤のように一見地味だけど、遠藤にしかできない難しいパスをこなしてゲームを組み立てる、大事な選手がいます。

泥にまみれる引き立て約、非常に大事だと思います。

 

ナンバー2の生き方

例えば、世の中で成功している天才的な人は、まさにそのことしか考えていないため、周りからはとっつきにくい人とか、変わり者と見られることが多いようです。 

そんな天才的な人を支える人の存在が必ず必要となってきます。

例えば、流川なんかは、バスケのことしか考えない天才的な選手でしょう。

流川みたいな選手には、赤木のような文武両道の人のサポートが必要かもしれません。赤木と流川は、お互い認め合っているようですし、いいコンビじゃないでしょうか。

といっても、単純に流川がナンバー1で、赤木がナンバー2という感じではなく、二人とも主役になれる選手達です。しかし豊玉戦では、赤木が空いてをひきつけて流川にパスし、山王工業戦では流川が沢北をひきつけて赤木にパス、というように、お互いを引き立ててます。

主役になれる人達が、あえて、引き立て役に徹するところが、またいいのでしょう。

 

陵南も同じです。魚住も、主役になれるスター性があります。しかし、あえて下級生の仙道や福田の引き立て役になるところが、かっこいいのです。

仙道は仙道で、同じです。チームナンバー1の実力を持ちながら、あえてアシスト役に徹して、味方に点を取らせます。

主役級の実力がある人が、チームのために必要とあらばあえて泥にまみれて、引き立て役になるところに、魚住の名言のかっこよさがあります。

 


 

スラムダンクに学ぶ

三井・流川と赤木のタイプの違い

安西先生の葛藤と、三井寿と赤木剛憲のメンタル面の弱さ

仙道と流川、将来性があるのは?

魚住純の名言「おまえは鰈だ。泥にまみれろよ。」

桜木花道のフリースローラインからのダンクをマイケル・ジョーダンが実演

178cm清田信長より身長が低い52歳のおじさんがダンク

疲労回復方法:三井の名言「静かにしろい。この音が・・・オレを甦らせる。何度でもよ。」

流川と深津から、弱いメンタルの克服方法を学ぼう

海南の牧紳一、陵南の仙道彰から学ぶペース配分

 

 

スラムダンクの謎 

 

魚住純のパワーの秘密は?

湘北の赤木剛憲(ゴリ)はなぜ海南に行かなかったのか?

湘北の赤木剛憲(ゴリ)はなぜ神奈川ナンバー1センターになれたのか?

陵南のスタメンが宮城・三井・流川・仙道・魚住だったら?

翔陽高校の藤真健司はなぜ湘北戦で最後の14分しか出なかったか

山王工業の河田弟が湘北戦で出番が多かったのはなぜ?

牧と仙道も、魚住と同じ感情的なミスを犯した?

牧はなぜ流川にエースキラー南のことを教えなかった?

安西先生はなぜ山王のビデオを見せなかったのか?

湘北vs陵南の練習試合前、江ノ電の無意味な筋力トレーニング?

 

湘北はポイントガードが弱い設定?
海南の武藤正の実力は?
海南の高砂一馬は神奈川4大センターという設定ではなかった?
湘北の安田靖春、角田悟の実力は?
陵南の仙道は神奈川ナンバー1という設定だった?
スラムダンクのキャラクターの強さ議論

 


 

スラムダンク女性ファンについて

 

三井寿×流川楓の絡みが人気があるのはなぜか?

三井寿×流川楓の恋と別れは現実的か?

仙道彰×流川楓の恋は現実的か?

 

スーパー仙道編もくじ

第1章 国体編

●第1話 その後のスラムダンク

●第2話 豊玉高校 金平監督のミスと南・岸本

●第3話 秋田、愛知、その他の県

●第4話 国体数日前−国体 神奈川vs山王工業戦

●第5話 国体決勝愛知戦(海南の牧はなぜフケてる?)

 

第2章 スーパー仙道伝説 冬の選抜編

●第1話 冬の選抜ウィンターカップ

●第2話 準決勝 湘北vs陵南

●第3話 湘北vs陵南その2

●第4話 湘北vs陵南その3 湘北の逆襲

●第5話 翔陽vs陵南

●第6話 泥門高校バスケ部、青春学園バスケ部、明和東高校バスケ部

●第7話 1,2回戦 常誠高校戦

●第8話 準々決勝 陵南vs山王工業戦

●第9話 準決勝 陵南vs名朋工業

●第10話 決勝戦 陵南vs豊玉 準決勝 海南vs豊玉

●第11話 決勝戦 陵南vs豊玉2