どうしても許せない人を許すには?                  

                      簡単 許す方法 

作者:運転手

 

スポンサードリンク

相互リンク
 

筋肉トレーニング方法

坐骨 神経痛を改善する筋肉トレーニング方法

筋肉トレーニング方法 

メタボリックシンドローム・運動不足を解消する簡単な筋肉トレーニング方法
 英会話独学術:お金をかけない英語の勉強方法
お金をかけない簡単ダイエット方法


お金をかけないダイエット方法

簡単食事制限で痩せる方法


種類別サプリメントで簡単ダイエット


タスポカード(TASPO)の申し込み方法


北海道のご当地ラーメン〜札幌・旭川・函館・釧路・室蘭

 

新潟のご当地ラーメン

 

栃木のご当地ラーメン

 

長野のご当地ラーメン

 

総武本線 御茶ノ水・東京〜銚子間停車駅早見表

 

 

 

 

  運動オンチな人のための運動器具と筋肉トレーニング方法  

 →簡単 自殺防止方法   → 簡単O脚矯正方法   → 簡単肉離れのテーピングの巻き方   → 簡単 旦那の風俗通いを防止する方法   → 簡単 ぬれたシャツでアトピー を改善する方法   → 簡単 ゴマでアトピー を改善する方法    → 簡単 後遺症が残るように復讐する方法   → 簡単 許す方法   → 日本語の特徴を生かしてオンチを治す方法    → フォニックスで簡単英語発音上達方法

 

許せない人を、相手のためではなく、あなた自身のために許しましょう。

 

スポンサードリンク

 


許すことで、あなた自身の気持ちが楽になります。

 

 

 

 


 

● 情けは人のためならず

 

 

 誤用の多いこのフレーズ。決して「相手を甘やかすと相手のためにはならない」という意味ではなく、「人に情けをかけると、それが自分のためになる」という意味ですね。

 

 相手を許すのは、相手のためではなく、自分自身の心の平穏のためです。

 

 


 

● マイナスのエネルギーとプラスのエネルギー

 

 

 悪いことを考えたり、言ったり、行ったりすると、どんどんマイナスのエネルギーを集めるといいます。相手を憎んでいると、あなたの周りには負のエネルギーがまとわりつき、魂はザラザラになります。そして、悪いことを引き寄せます。

 

 良いことを考えたり、言ったり、行ったりすると、プラスのエネルギーを集めて、不思議と物事がスムーズに進むと言います。

 

 許しがたい人を許すことで、プラスのエネルギーを一気に大量に集めることができるそうです。

 

 


 

● 人は、自分を守るために他人を傷つける

 

 

 あなたが誰かからものすごく傷付けられた場合、その理由は、相手が未熟だったことにあります。

 

 相手は自分の身を守ろうとしましたが、未熟だったために、自分の身を守る副産物として、あなたを傷つけてしまったのです。

 

 「相手は自分を守るつもりが、その未熟さゆえに私を傷つけてしまった。あわれなヤツよ。」と相手より一歩も二歩も大人になれれば言うことないでしょう。

 

 もちろんあなたにとっては、相手の行動はとんだ逆恨みだったり、やつあたりだったり、濡れ衣だったりするかもしれません。許せと言われて簡単に許すことのできない、大きな傷をあなたは負ってしまったかもしれません。

 

 しかし、相手のためではなく、あなたの心をきれいにするために、あくまであなたのために、難しいですが頑張って「所詮相手は未熟者」と考えるように努力するといいでしょう。もちろんそれは決して簡単なことではありませんが、私もそう考えるように努力しています。

 

 


 

● 加害者の立場にもなってみる

 

 

 無差別殺人事件等、どうしても被害者ばかり気の毒がって、加害者をひどいやつと思ってしまいがちです。もちろん被害者の方たちは気の毒という他はありません。

 

 しかし、加害者の立場もちょっと考えてみませんか?一体どうしてそのようになってしまったのか?

 

 ただ単に「最低のヤツだ」と切って捨てるのは、もはや時代錯誤で三流の考え方です。先進国の考え方ではありません。

 

 「辛いことがあっても、普通は人を殺したりはしない。心が弱いからいけないんだ。」とよくみんな言いますが、実際自分がその立場になってみたら、「弱いやつ」などと簡単には言えないかもしれませんよ。

 

 


 

● 例えばDV(ドメスティックバイオレンス 家庭内暴力)は?

 

 

 ドメスティックバイオレンスと聞くと、とんでもないことというイメージがあるでしょう。 

 

 しかしドメスティックバイオレンスは、多くの場合、加害者は「自分の暴力を引き出した相手が悪い。自分こそが被害者だ。」と言うといいます。実際に、本当に被害者が悪いケースも、パッと見て半分くらいはあるそうです。

 

 暴力がいけないことなど、まして男性が女性に暴力をふるうことがいけないことだと、男性は100も承知です。それでも暴力を振るわざるをえないほど追い詰められる、ということを想像してみてはどうでしょう?

 

 


 

● 人間はいつかは死ぬ

 

 

 死別は、人が乗り越えなくてはいけない大きな試練の一つでしょう。

 

 私も仏教徒やキリスト教徒達から色々と習いました。

 

 人はどんなに頑張ってもいつかは必ず死にます。それがその人の寿命なのかもしれませんね。

 

 


 

● では「許しました」と口にしましょう!

 

おさらいです。 

 

 

ステップ1: 「許す」のは、相手のためではなく、自分のためにプラスのエネルギーを集めて良いことが起こるようにするために行う、ということを理解しましょう。

 

 

ステップ2: 復讐するよりも、「相手は未熟でかわいそうなやつだ。」と考えましょう。

 

 

ステップ3: 最後に口にだして、「○○を許しました。」と言いましょう。たとえ心で思っていなくても、口にするだけでも違うと言います。これが言霊(ことだま)の力です。

 

 

 

さあ、これであなたも憎しみから開放されて、プラスのパワーを集めることができました。

 


 

 参考文献

いつも忘れないで」 浅見帆帆子

「ゆるすということ」 ジェラルド・G・ジャンボルスキー

「小さいことにくよくよするな」 リチャード・カールソン