刑務所で癒されよう☆                                     

                 

                簡単 自殺防止方法  

作者:運転手

 

スポンサードリンク

相互リンク
 

筋肉トレーニング方法

坐骨 神経痛を改善する筋肉トレーニング方法

筋肉トレーニング方法 

メタボリックシンドローム・運動不足を解消する簡単な筋肉トレーニング方法
 英会話独学術:お金をかけない英語の勉強方法
お金をかけない簡単ダイエット方法


お金をかけないダイエット方法

簡単食事制限で痩せる方法


種類別サプリメントで簡単ダイエット


タスポカード(TASPO)の申し込み方法


北海道のご当地ラーメン〜札幌・旭川・函館・釧路・室蘭

 

新潟のご当地ラーメン

 

栃木のご当地ラーメン

 

長野のご当地ラーメン

 

総武本線 御茶ノ水・東京〜銚子間停車駅早見表

運動オンチな人のための運動器具と筋肉トレーニング方法  

 →簡単 自殺防止方法   → 簡単O脚矯正方法   → 簡単肉離れのテーピングの巻き方   → 簡単 旦那の風俗通いを防止する方法   → 簡単 ぬれたシャツでアトピー を改善する方法   → 簡単 ゴマでアトピー を改善する方法    → 簡単 後遺症が残るように復讐する方法   → 簡単 許す方法   → 日本語の特徴を生かしてオンチを治す方法 

  

自殺したくなる原因は色々あるので、もちろんこの方法は決して万能ではありませんが、実際私の友人が使った方法です。自殺願望のある方や、周りに自殺願望のある人がいる方、ちょっと参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

 自殺してしまった友人に、この方法を一応薦めてみればよかったと悔やまれます。

 

 img215.gifimg216.gifimg217.gif

癒しの画像

 

 


 

● 自殺経験のない方へ

 

 よく「死ぬ気になれば何でもできるじゃないか」という人がいますが、それは逆です。自殺は、無気力から生まれます。

 

 あなたがロールプレイングゲーム等をしている時、失敗するとリセットボタンを押しますよね?それはもはや挽回するのが困難で、あきらめた方がいいからです。挽回する気力がないから、リセットを押すわけです。

 

 自殺もそれと同じで、挽回する気力が尽きてしまって、試合放棄をしたくなるのです。よく「頑張れ」と励ましてはいけないと言いますが、理由はそこにあります。頑張る余力のない人に「頑張れ」というのは酷です。

 

 RPGをやっていてリセットボタンを押そうとする人に、「リセットボタンを押す気になれば、何でもできるだろ?」と言ったら、意味がわかりませんね?それと同じです。

 

 


 

● 禁煙パイポから得た発想

 

 何かをやめる時の効果的な方法の一つとして、「代わりになるものを見つける」ことが挙げられます。その代表的な例が、禁煙パイポです。(その他の例 → 旦那の風俗通いをやめさせる方法 ・ ジャンクフードのかわりにゴマを食べる

 

 自殺願望は多くの場合、この世から消えてしまいたい、人生を放棄したい、現実から逃れたい、という気持ちから生まれます。ストレスに耐えられないから逃げたくなります。

 

 その逃げ場の候補として、「天国」を選ぶということです。

 

 ここで、「天国」の代わりに他の場所を選べばいいわけです!

 

 友人が選んだ天国以外の場所、それは「刑務所」です。刑務所はみなさんが考えているような恐ろしい場所では決してなく、むしろ、落ちぶれてしまった人に社会復帰のチャンスを与えてくれる、癒しの場所なのです。

 

 

 第一の長所は、刑務所は現実からほぼ隔離された場所なので、うってつけです。

 

 第二の長所は、やはり警察に捕まると、自殺を考える人が多いため、自殺防止対策がバッチリできていることです。

 

 第三の長所は、刑務所に来るような人は多くの場合何か大きな悩みをかかえており、下には下がいる、と知ると元気が出るからです。犯罪者同士でお互いなぐさめあえるからいいのです。

 

 

 私の友人はわざとちょっとした悪いことをして、警察に逮捕してもらったのです。しかし約3ヶ月後、執行猶予で娑婆(しゃば)に出て、今では社会で幸せにエネルギッシュに活躍しています。

 

 

 

● 病院はあまりおすすめできない。その理由は・・・

 

 他に「天国」に代わる場所として「病院」が思いつくかもしれません。精神科等の病棟も、現実からほぼ隔離されているので、おすすめかと思いがちですが、私はおすすめしません。というのも、入院費がかかるからです。特に金銭面の悩みがある人にとっては、余計にストレスになるだけです。

 

 もっとも入院すると、色々な病気や怪我の人に出会うでしょう。つらいのは自分だけじゃないということに気づけます。又、最新の機器を使った検査も、なかなか楽しいものです。さらには薬など医学的なことに詳しくなってしまうかもしれません。リストカットをする方なら、注射や点滴が好きな場合も多いので、注射や点滴を打つことになれば、わざわざリストカットをしなくてもすむかもしれません。お金に余裕のある方なら、決して悪くはない方法です。

 

 ただし、刑務所の場合は、健康な人が多いため、ほとんどの人は刑務所内のルールをしっかり守ります、その影響で、早寝早起き、3度の食事、規則正しい生活ができます。一方病院では、健康の都合上規則正しい生活ができない人もいるため、そういう人達の影響をうけて、自分の生活リズムも乱れてしまうことがないとも言えません。そういう点でも、やはり病院は1おしとは言えないでしょう。

 

 

 

● 刑務所ってどんな感じ?

 

 読者の方が理解しやすいように、「刑務所」という言い方をしましたが、正確には刑務所ではありません。

 

 

 まず手順としては、警察に捕まると、地元の警察の「留置所(りゅうちじょ)」に入ります。留置所は、2,3人で一部屋です。裁判を行うか行わないかが決まるまで、そこで過ごします。あまりに罪が軽いと、裁判を行わず、留置所から帰宅です。

 

 

 起訴されると、今度は刑務所の敷地にある、「拘置所(こうちしょ)」という所に移されます。裁判を行っている間はここで過ごします。罪の重い人同士、軽い人、初犯の人同士、常習の人同士という風に部屋を割り当てられるので、もしあなたが初犯なら、境遇が似ている部屋の仲間とも打ち解けやすいです。

 

 

 裁判の結果、凶悪でないと判断されると、刑務所へは送られず、「執行猶予(しっこうゆうよ)」と言って、外へ出してもらえます。例えば「執行猶予3年」と言われたら、その後3年間全く犯罪を犯さなければ、その罪は全く無かったこととされます

 

 

 執行猶予にならず刑務所に送られてしまった場合、例えば「懲役(ちょうえき)1年」と言われたら、1年間刑務所で働くことになります。初めのうちは、トイレ等も自由に行くこともできず、大変なので、できるだけ執行猶予で出るように誠意を見せましょう。

 

 

 

● 刑務所は社会復帰の手伝いをしてくれる癒しの場所

 

 刑務所と言うと、罰を与える所という風に想像してしまいます。もちろん厳しい点は厳しいですが、刑務所のコンセプトは、「社会復帰」への癒しの場所なのです。

 

 「おまえは悪人だ!」と頭ごなしにしかりつけるのは、もはや3流の時代錯誤な方法。なぜ社会のルールを守らなくなるような人間になってしまったのか?その心の傷を癒して、社会復帰してまじめになるための場所です。(もちろん、刑務所内で既に出た後の新たな犯罪を企てている人もいますが、そういう人とは関わらなければいいだけの話です。)

 

 

 

● 留置所(りゅうちじょ)、拘置所(こうちしょ)は癒しの時間たっぷり

 

 前述の留置所や拘置所は、刑が確定するまでの待ち時間をつぶす場所です。そのため、本を読んだり、日記を書いたり、まったりする時間だらけです。ゆっくり精神を落ち着けることができます。

 

 犯罪者同士、悩みを語り合うのも良し。警察や検事との面談で、悩みを聞いてもらって癒されるのも良し。たくさん癒されて下さい。

 

 私も友人もここですっかり癒されて、社会復帰して頑張っているわけです。

 

 

 

● 前科は生活にひびくの?

 

  執行猶予期間さえ過ぎてしまえば、前科1班などと世間で言う必要は全くありません。警察が「言わなくていい」というのだから間違いありません。就職活動でも、外国のビザを取る場合等でも、全くいう必要は無いのです。癒されて立ち直った後は、どうどうと生きて下さい。

 

 

 


 

● 自殺ごっこを楽しむ方法

 

 これもまた別の友人の方法です。個人的に私はあまりおすすめできませんが、一応紹介します。

 

 必ず死ぬ前に発見される場所で自殺をすることがポイントです。

 

 この友人は、オーバードーズ(略してOD)、つまり薬を大量に飲むことが趣味でした。しかし、家で親の近くで寝ている時にする、等、必ず見つかる場所でします。遺書も特に書きません。

 

 しかし、それなりに警察がでてくるような騒ぎになることで、SOSサインを出せるので、良いでしょう。自殺ごっこをある程度やって、そのうち元気になってやらなくなりました。

 

 


 

 自殺を考えるほど思いつめている方に、軽々しく意見を言うことはできませんが、

 

 よく「決して遅すぎるということはない」と言います。

 

 だとしたら、自殺する前に、もう一度代替案を考えてみてはいかがでしょう?

 


 

  借金苦から抜け出す完全脱出マニュアル;