デスノート 夜神月vs.L 

テニスの試合の詳細を勝手に考えてみる

【第一話】

 

作者:奈樽 路二哉

(なだる ろじや)

 相互リンク

運動オンチな人のための運動器具と筋肉トレーニング方法

試合に勝つための想定をしよう

球技恐怖症を克服する方法

ボールを打つコツ

子供が運動オンチはお母さん方へ

60代スポーツ経験無しの方のための運動

 

 

  夜神月とLのテニス対決、プロローグ

 

作中で、夜神月とLがテニスで対戦します。

当時人気テニスマンガ「テニスの王子様」と連載時期も重なっていたこともあり、この夜神月vs.Lのテニス対決シーンはなかなか注目に値するでしょう。又、デスノートのストーリーの中で、「ジョン・マッケンロー」「コナーズ」という名前も使われることから、作者はかなりのテニス好きなのかもしれません。そこで、Lと夜神月が頭脳と肉体でぶつかりあうテニスの対戦の詳細を、独断と偏見で勝手に考えてみました。

 

Lのプレイスタイル

LはイギリスのJr.チャンピオンだったという相当の実力者。実際にイギリス人から聞いた話によれば、イギリスの一般テニス愛好家は、最近の日本人のテニスとは違って、元々薄めのグリップのタッチ系が多かったそうですが、最近は変わってきているとのことです。そこで最初、Lはプロで例えるならかつてイギリスのスターだったティム・ヘンマンのような、フラット系のショットやタッチ系のショットを得意として、ボレーが得意な選手をイメージしました。事実最初のポイントでいきなりサービスエースを決めていて、まさにサーブからゲームを組み立てる全盛期のヘンマンを思い起こさせます。

しかし、よく見てみると、作中でLがネットに出るシーンは一度もありません。又フォアーはやや厚めのグリップ。するとヘンマンのようなプレイではない。

Lのバックハンドは、マンガでは両手打ちと片手打ちの両方が見られ、一方アニメでは終始両手打ちです。です。

 

バックハンドは、普段両手打ちの人でも、片手打ちも練習しておいた方が良いと言います。イギリスの伝統的なテニスを考えると、Lは基本的には威力のある両手打ちバックだが、片手打ちもできるため、リーチが届かない等の緊急事態には片手打ちも使うということでしょう。

おそらくLのタイプとしては、カウンターパンチャー的で、自らガンガン打っていくというよりは、相手の出方をじっくり見て、探偵としての頭脳を生かしたバツグンの戦術を使ってゲームを組み立てる、そしてファーストサーブはエースを狙っていく、現役イギリスのスター(2012年現在)アンディ・マレーのようなタイプだと見ています。作中ではありませんが、おそらくマレーのように意表をついたドロップショットで相手を前後左右に走らせるて翻弄することも得意でしょう!

 

夜神月のプレイスタイル

夜神月もまた、2年連続中学生のチャンピオンという超実力派。テニスの王子様で言えば、少なくとも中学時代は同じくちゅうがくチャンピオンの越前リョーマ級の実力。

夜神月は、おそらくプロで例えるなら、日本のエース錦織圭のようなタイプのプレイスタイルでしょう。錦織選手のような頭脳的で多彩な攻めでゲームを組み立ててくるでしょう。マンガではフォアーハンドでウィナーを、アニメではバックハンドでウィナーを取っているシーンがあります。つまりストローク戦で、フォアーでもバックでもウィナーを取れるアグレッシブベースライナーといった所でしょう。フォアーの握りはやや厚め。バックはマンガもアニメでも終始両手打ち。作中にはありませんが、おそらくエアK(というかフォアバック両方のジャックナイフ)も決めているんじゃないでしょうか。又、チャンスがあれば積極的にネットにも出る。マッチポイントでは、あざやかなバックボレーを決めています。

夜神月はとにかく負けず嫌いで、守りに回らず攻めのテニス。シコってシコって相手のミスを待つのではなく、自分でウィナーを取りたいタイプでしょう。「相手のunforced errorは相手がくれたポイント。自分でウィナーを取らなきゃポイントを取ったことにはならない。」とでも言い出しそうな、ただ勝つだけでなく、勝ち方にもこだわり自分のプレイを貫く性格でしょう。

作中で夜神月がサーブを打っているシーンが描かれてないため、夜神月は、それほどビッグサーバーというわけではなく、ストローク主体でゲームを組み立てるテニスなのでしょう。同じ日本の選手でも、かつてウィンブルドンで活躍した松岡修造や鈴木貴男のような、ビッグサーブからのサーブ&ボレーというプレイスタイルではなさそうです。

 

ゲーム展開

2人でストロークをムキになって打ち合っているという印象があります。おそらく2人とも取りこぼしが少ないので、ミスが少なく一回のラリーが長いことが多いんじゃないでしょうか?実力も伯仲しているため、最後の最後の勝負所で夜神月がほんの少し集中力ををさらに高めたことで、勝敗が決まったのでしょう。

では、この2人の試合がどんな感じだったのか、詳細を勝手に考えてみることにします。 

第一話終了。

 

 

第二話に続く。

夜神月vs.Lのテニス 第二話

 

もくじ

夜神月vs.Lのテニス 第一話 (プレイスタイル)

→ 夜神月vs.Lのテニス 第二話

夜神月vs.Lのテニス 第三話

夜神月vs.Lのテニス 第四話

夜神月vs.Lのテニス 第五話

夜神月vs.Lのテニス 第六話

夜神月vs.Lのテニス 第七話

 

メロ・ニア編のもくじ

夜神月vs.メロのテニス 第一話 プロローグ

夜神月vs.メロのテニス 第二話

夜神月vs.メロのテニス 第三話

夜神月vs.メロのテニス 第四話

夜神月vs.メロのテニス 第五話

夜神月vs.メロのテニス 第六話

夜神月vs.メロのテニス 第七話

 

夜神月vs.ニアのテニス 第一話

 

夜神月vs.越前リョーマ編

夜神月vs.越前リョーマはこちら

 

その他 

テニスの王子様必殺技(現実編) 

手塚ゾーン・手塚ファントムは現実に可能な技

 

ここが変だよテニスの王子様 ルール編

 

 フェデラーvs.越前リョーマ

ナダル対越前リョーマ

 

サンプラスvs.テニスの王子様

サンプラスvs.テニスの王子様青学レギュラー

サンプラスvs.越前リョーマ

サンプラスvs.海堂薫(赤土のコート)

 

●スラムダンク外伝

仙道率いる陵南の逆襲

豊玉、金平監督のミスと南・岸本