中央本線 東京〜名古屋間     停車駅早見表

快速・中央特別快速・通勤快速・ホリデー快速等の細かい停車駅は → 中央線停車駅案内

 

→ 青梅線 東京〜奥多摩間停車駅

→ 総武本線 御茶ノ水・東京〜銚子間停車駅

→ 拝島快速廃止 西武新宿線停車駅

 

東京から神奈川を一部を経由して、山梨を横切り長野へ、そして岐阜を経由して愛知へ

5つの電車で旅をしよう

 

img110.gifimg103.gifimg114.gifimg112.gifimg113.gif


 

 JR中央本線は、新宿、高尾、大月、甲府、小淵沢、塩尻、木曽福島、中津川を経由して、東京〜名古屋を走る電車です。しかし、1919年に開通して以来、直通の電車は1960年頃まで飯田橋又は新宿〜名古屋間を走っていたと言いますが、現在は直通の中央線は無く、実質5つの路線に別れています。ただし5つと言っても、総武線直通の三鷹〜千葉間を走る黄色い電車は、オレンジの中央線快速と同じ区間を平行して走るので、区間としては4区間です。(各駅停車の御茶ノ水〜千葉間の停車駅に関しては、総武本線 御茶ノ水・東京〜銚子間停車駅早見表をご覧下さい。)

 中央線は、東京〜名古屋間が396.9kmと長く、なかなか5つ全ての路線が一まとめになっているものが無いので、ここで全てをまとめてみました。

 新幹線で東京と名古屋を行き来するのは簡単ですが、たまには各駅停車で7時間くらいかけてのんびりと5つの中央線の景色の移り変わりを楽しみながら、電車の旅をするのもおもしろいんじゃないでしょうか?しかもあえて東海道線を使わず、山の中を迂回しながらの中央線全線制覇というのは、一度は挑戦してみる価値があると思いますよ。

 

 

 

● 中央線快速 東京〜大月間 87.7km  基本10両

 

● 中央線各駅停車 (千葉 →)御茶ノ水〜三鷹間  21.5km  基本10両

中央線快速と御茶ノ水〜三鷹間を平行して走る。一部立川まで直通。

 

● 中央本線普通列車 立川〜塩尻 (→ 松本・長野) 184.6km 6〜3両

立川〜大月間は中央線快速と同じ線路を走る。

 

● 中央西線 (松本 →)塩尻〜中津川間 94.9km 3両〜ワンマン2両

 

● 中央本線 中津川〜名古屋間 79.9km 一部南木曽まで直通 10〜3両

 

 

※ 停車駅に関しては、普通と快速のみで、通勤快速やホリデー快速、特急等の特殊なものについては、図が複雑になることを避けて、ここでは書きませんでした。中央線快速東京圏に関しては、青梅・中央特快の通過駅、中央線名古屋圏に関しては、快速の通過駅のみ書きました。細かい停車駅については、中央線停車駅案内青梅線停車駅案内をご覧下さい。

※ 数字は、各駅停車(中央線快速は平日の快速)の始発駅、つまりそれぞれ東京、御茶ノ水、立川、塩尻、中津川駅からのおおざっぱな所要時間ですが、通過待ち等の待ち時間を含めていません。例えば、中央西線の塩尻〜中津川間を、94分と書きましたが、特急の通過待ちや、単線区間が多いため時間調整などで、しばしば止まるので、実際には通常だいたい110分前後かかります。なので、あくまで目安として、又は各駅間の距離の目安として使ってください。

※ 塩尻では、中央東線から中央西線に乗り換えると、スイッチバックのような形になります。

 

img102.gif 

是非中央線の旅を楽しんで下さい。

東京から名古屋への道のりは長いです。



相互リンク
運動オンチな人のための運動器具と筋肉トレーニング方法
英会話独学術:お金をかけない英語勉強方法
英会話独学術:英語のことわざ
英会話独学術:フォニックス〜英語は発音より読み方
タスポカード(taspo)をタバコ自動販売機に導入
長野のご当地ラーメン
北海道のご当地ラーメン
日本語の発音は英語より単純というウワサはウソ?