TENKAICHI-BUDOKAI
                      CONCEPT



“武道と音楽のコラボ”     “日本的エンターテイメント”

 

“アマチュアのハレ舞台”   “地元のヒーロー集結”

 

“青春の輝きの場”  “世代間の交流”


それが
 

天下一・武道会

 

 

 

武道やスポーツを音楽、踊りとともに祭りのように演出するイベントです
プロだけでなくアマチュアまでローカル
ヒーローを各地から集め華やかな舞台を提供します
若者だけでなく現役を引退した選手
から中高年まで、多くの世代が参加でき、輝ける場を提供します

武道部門
空手、相撲、合気道、ボクシング、キック、柔術
、総合格闘技などの試合、演武

スポーツ部門
綱引き、腕相撲、スポーツチャンバラなど試合


音楽・踊り部門
ダンス、ヒップホップ、よさこいソーランから和太鼓など伝統芸能まで多くのジャンル

 


試合などはもちろん
素人からマニアまで 仲間が集い観戦ツアーや交流パーティ、応援会などいろいろ企画しています

 

 

 

 

今までの主な活動

 

2006/09  第一回 音しゃい祭り 格闘技体験コーナー in 県営サンアリーナ/伊勢

2006/10  天下一・武道会2006 in RHYTHM/伊勢

2007/02  わいわい広場 格闘技体験コーナー in 県営サンアリーナ/伊勢
2007/04  天下一・武道会2007 in 県営サンアリーナ/伊勢 
2007/11 第一回 いせしま綱曳き大会 in県営サンアリーナ/伊勢
2008/02 サンアリーナ格闘決戦 天下一・武道会 × 西口プロレス 
in 県営サンアリーナ/伊勢
2008/05 天下一・武道会2008 in 県営サンアリーナ/伊勢
2008/08 北京五輪サッカー日本代表・水本選手大応援会 in 県営サンアリーナ/伊勢
2008/11 第二回 いせしま綱曳き大会 in県営サンアリーナ/伊勢
2008/12 R F C 【Rhythm・Fight・Champiomship】
in RHYTHM/伊勢
2009/02 格闘技の名古屋祭り in 公武堂/名古屋

2009/04 天下一・武道会2009 in 県営サンアリーナ/伊勢

2010/02 第三回 いせしま綱曳き大会 in県営サンアリーナ/伊勢
2010/05 
天下一・武道会2010 in 県営サンアリーナ/伊勢

                             その他、各種格闘技交流パーティ 観戦ツアーなど

 

 

 

 

 

 

 【ストーリー ROOTS OF JAPAN”】

 天下一・武道会2007コンセプト

 

 

 

 

剣の国・日本 剣は戦いの象徴である。
 

神話における剣といえば戦いの神・日本武尊(ヤマトタケル)の「天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)」は有名な話。

八咫鏡ヤタノカガミ)、八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)と並ぶ三種の神器の1つ。

この剣は須佐之男命(スサノオノミコト)が出雲国で倒した八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の尾から出てきた太刀である。

伊勢・志摩国に伝わる伝説では、鍛冶の神である天目一箇命(ダイダラボッチ)が剣を作ったとされている。
 

この剣は太陽神・天照大神(アマテラスオオミカミ)に奉納され、倭姫命(ヤマトヒメ)によって、伊勢神宮に祀られた。


時を経て。蛮族の討伐に東へ向かう際、武神・日本武尊(ヤマトタケル)が力の拠り所を求め伊勢まで訪れた。

伊勢の斎王・倭姫命(ヤマトヒメ)は「危急の時にはこれを」とこの伝説の剣を日本武尊(ヤマトタケル)へ託された。


剣は伊勢から東征へ。
武き者とともに。

この剣は三種の神器の中で戦いの象徴であるとされる。

  

 

 日本の象徴・剣 戦いの象徴・剣 それは伊勢から   


 

そして、21世紀
物事の全ての価値観がリセットされそうな今、我々を覆うスピリットは一体何であろうか?

日出ずる国、神々の原点、伊勢の国で、その魂を感じてみては・・・

つぎはいかなる武士(もののふ)が、いざ・・・

  

 

 

 

 【ストーリー ROOTS OF JAPAN”】

天下一・武道会2008コンセプト 

 

 

 

   日本の祭り・・・

 

それは神々をまつり、豊作、大漁などの祈願、感謝のために行われる。

この「祭り」とともに日本の伝統・文化が継承されてきた。

神輿、だんじり、踊りなど全国各地それぞれの祭りがある。

 

そもそも「祭り」の原点は神話「天の岩戸」から始まった。

岩の中に隠れた太陽神「天照大神(アマテラスオオミカミ)」を導くため、

芸能の神「天宇受賣命(アマノウズメノミコト)」が舞い、

力の神「天手力男神(アメノタヂカラヲ)」が岩を押し開けた。

そしてこの世に太陽の光が戻ったという話である。

 

「祭りなくして、歴史なし。歴史なくして、未来なし。」

 

そして21世紀

IT、ハイテク、マニュアル化、欲望とモノ、ジョウホウが溢れる時代。

ヒトは何故か自分らしさを見失っている。

そう、だからこそ原点回帰。

 

「舞」と「力」と「太陽」と・・・

 

ここは「太陽神」がまつられる伊勢。はじまりのまち伊勢。 

 

音楽・ダンスの「舞」とともに

空手、拳闘、柔術など「力」みなぎる武士(もののふ)たちによる

熱い祭りが また 始まる・・・

 

 

 

 

 

 【ストーリー ROOTS OF JAPAN”】

 天下一・武道会2009コンセプト 

 

 

 

 「武」と「舞」それは日本を感じる瞬間・・・

 

「武道」

それは神道、そして仏教、儒教、禅道いろんな要素から生まれた武き者の心

 

「舞道」

それは御遷宮行事の木遣りから始まり、伊勢音頭、そして全国各地の踊りへと波及した日本の歌と舞いの心

 

「武」と「舞」、日本の心を伝える二つの魂 

そして二十一世紀 「不易流行」 「温故知新」
今をいきる日本文化の美しさを体感しましょう。

 

  

 

 

 

 【ストーリー ROOTS OF JAPAN”】

 天下一・武道会2010コンセプト

 

 

 

 

 日本の原点から元気溢れる熱い祭りを興したい。」

 

「溢れ出る元気なエネルギーを集めたい。」

 

本大会(=祭り)は地元でがんばるヒーローを知り、応援する、

そして地域が元気になる。

また多くのみんなが熱い気持ちで参加し、

みんな元気になる。

 

この祭りはそんな想いを実現する場所です。

 

美し国、ここには豊かな自然と食と文化があります。

 

豊富な資源あるこの地で元気なパワーを集めて盛り上がりましょう

 

  

 

  

 

【運営


 天下一・武道会実行委員会

 

 




BLOG
TOP
天下一とは
今後の活動
協賛募集
MAIL
紹介