HTML2Tpz

Internet Explorer で表示している HTML 文書を
TaskPrize に取り込むためのソフトです。
(フリーソフト)

最新
HTML2Tpz v0.12

readme

v0.12 (2002.12.04)

From ヘッダを出力しないようにした。

HTML の「文書」、「リンク」、「画像」を、
それぞれ TaskPrize の文書1つずつに分けた。

[画像]マークの前後で、なるべく改行が発生するようにした。

画像に代替テキストが設定されていない場合に、[画像]マークの説明として、
ファイル名を出力するようにした。([画像='filename']という形式になる)

画像リンクの中間出力ファイルの初期値を、image.txt という
名前に変更し、中身もテキスト形式にした。
(ただし、以前のバージョンからバージョンアップした場合は、
 ファイル名はそのまま)

変換元の文書からタイトルが取得できなかった場合、Subject として、
代わりに URL を設定するようにした。


以前のバージョン
HTML2Tpz v0.11

HTML2Tpz v0.10


SWExport.rb

TaskPrize で選択されているアイテムを、Schedule Watcher Ver.4の
データとして出力するrubyスクリプトです。
とりあえず、自分で使うために作ってみたものを公開します。

※基本的に、自己責任でのご使用をお願いします。

【画像による説明】

TaskPrizeのアイテムが、 Schedule Watcherで表示されます。

【注意】

1. このスクリプトを実行すると、Schedule Watcherの既存の
スケジュールデータおよびToDoデータは、すべて消えてしまいます。
ご注意ください。
2. このスクリプトは、Takashi Koharaが独自に(勝手に)作成したものです。
使用したことに起因して問題が起きても、Schedule Watcherの作者の方に
問い合わせをするのはご遠慮ください。

【ダウンロード】

Ver.4系列用SWExport_20050727.zip (2005/07/27版)
(old) Ver.3系列用SWExport_20031222.zip (2003/12/22版)

【使用方法】

※使用するには、RubyForTPZプラグインのインストールが必要です。

(準備) TaskPrizeのScriptフォルダに、SWExport.rbを置いておく
1. TaskPrizeで、出力したいアイテムを選択する
2. SWExport.rbを実行する
3. Schedule Watcherのデータフォルダを聞かれるので、正しく指定する(※1)
4. 出力が終わってから、Schedule Watcherを起動しなおせば、スケジュールが反映されている(※2)

※1:スクリプトに、Schedule Watcherのデータフォルダを記述しておけば、いちいちフォルダを聞かれずに済みます
※2:Ver4.2で追加された「データフォルダの切り替え」機能を使えば、起動しなおさなくても、データフォルダの切り替えをするだけで反映されます。

【謝辞】

Schedule Watcherの作者であるSAKOさんに感謝します。
操作性も画面デザインもとても素敵で、使っていてすごく気持ちがいいソフトです。
(しかし、勝手にデータを書き換えるようなスクリプトを書いてごめんなさい…。)

もどる