一本クヌギ・タイムアタック クヌギランナー
Google
ウェブ全体を検索 サイト内を検索

お知らせ

コース紹介

イベント案内

レポート

ランキング

お問い合わせ

 KUNUGI RUNNER > イベント案内

 イベント案内

> クヌギランナー
> タイム計測について
> お願いと注意点
 クヌギランナー

■クヌギランナーとは

一本クヌギ・スピードウェイ公認の走行会イベント。

1998年に始まったこのイベントは、2002年に主催を引き継ぎ現在に至ります。

イベントの開催目的は、モータースポーツをもっと身近に感じて頂き、少しでも多くの方にその楽しさを知ってもらおう!と言うものです。

いきなり本格的なサーキットに行っても、走り方が全然分からない。知り合いもいないから凄く不安。
走行料金も安くはないし、ヘルメットやレーシングスーツは高い!
 

ちょっと試しに…なんて、なかなか踏み出し難いもの事実です。

そこで、クヌギランナーの出番です!

始めてみたいけど、なかなか勇気が出ないと言う方でも、安心して走れる舞台を提供します!
本格的な競技会と違い、殺伐とせず、みんなで和気藹々と仲良く、楽しく走ろう!と言うコンセプトで開催しているイベントですので、初めて参加する方でもすぐに馴染めますよ♪

非営利目的のイベントですので、走行料金も3,000円と非常にリーズナブル。
着用が望ましいのは事実ですが、コース自体にヘルメット等の着用義務が無いので、何も持っていない!と言う人でも気軽に参加出来ます!

クヌギランナーを切欠に、他のサーキットまで活動範囲を広げている方、本格的にジムカーナやレースなどの競技を始めた方も沢山います。
一緒に活動する仲間を探したり、セッティングやドライビングの情報収集に役立てて頂けると幸いです。


■クヌギランナーへの参加申し込みはこちら



■公式コース及び計測タイムの扱いについて

クヌギランナー指定のコース図を参考に、順走でのラップタイム計測を行います。
タイム計測は、光電管センサーを接続したパーソナルコンピュータにて1/1000秒単位での記録を行い、当日の最速ラップタイムをリザルトとして発表します。

尚、この計測に於ける記録は、一本クヌギ・スピードウェイの公式記録として扱い、クヌギランナーのランキング及び、一本クヌギ・スピードウェイの施設内に掲載されます。

計測スタートは、ローリングスタート方式となり、純粋なラップタイムでのアタックとなります。



コース図拡大




■車両のクラス分けについて

各クラス、改造範囲に上限は設けない。
ただし、駆動方式やエンジンチューニング(スワップ含む)によって排気量が変更となる場合は、各クラスの区分に従う。
尚、ラジアルタイヤと通称Sタイヤなどの競技用タイヤは、クラスランキング内での扱いを分けるものとする。

過給機系数:1.7倍
ロータリー・HV系数:1.0倍
EV系数:出力換算(kw x 10cc)

Kクラス
全ての軽自動車

Dクラス
排気量1600cc以下の2輪駆動車

Cクラス
排気量1601cc以上の前輪駆動車

Bクラス
排気量1601cc以上の後輪駆動車

Aクラス
軽を除く全ての4輪駆動車


■計測上の注意

光電管による計測の都合上、1台ずつの計測となります。
フリー走行中に、各自で準備したGPS計測やラップタイムカウンターなどを用いた計測は、センサー取り付け位置や精度によって誤差が生じるため、公式記録としては扱いません。

また、雨天時での雨滴誤検知や、万が一の車両接触による計測機破損、その他理由により、稀に計測が出来なくなる事がありますので、予めご了承ください。


■参加規約

みんなで作るイベントです!
クヌギランナーは走行会の名目で開催しておりますが、あくまでもモータースポーツの普及活動と交流を主目的としたイベントですので、主催側が無暗に深入りしないフリースタイルです。

主催は危険行為、迷惑行為を行う者に対して積極的に指示、注意喚起を行いますが、万が一発生したトラブルに関してはサポートの範囲に留まり、損害等一切の責任は問わないものとします。

また、全参加者に対して事前のチェックは行いませんが、クローズドコースと言えど飲酒後の運転は自粛すること。
その他、体調不良等の理由により状況判断能力、運動能力が著しく低下していると思われる場合も上記と同様に自粛すること。

もし、参加者、一般者問わず、危険行為や迷惑行為を発見した場合、直接注意し難い場合は、速やかに主催側へご相談下さい。


■安全への配慮について

一本クヌギ・スピードウェイでは、保護具の着用規定は定められておりません。

コースに規定が無い以上、別途出費の伴う保護具の着用を強制する事は出来ませんので、各自の判断に任せるものとします。
ただし、既に所有している者に関しては、可能な限り着用をお願いします。

現在保護具を所有していない者については、金銭的な都合もあるかと思いますので、即時とは言いません。
今後、コース側の規定に保護具の着用義務が加わる可能性もありますので、少しずつ準備をする努力をして頂けますよう、よろしくお願いします。


尚、別途出費の伴う事が考え難い、以下の項目についてはご協力をお願いします。


○肌の露出が少ない衣類を着用する事!
シーズンを通して長袖・長ズボン等、肌の露出が少ない衣類を着用する事。
靴はスニーカー等の運動靴を推奨し、運転に支障があると思われるサンダルやハイヒール等は不可とする。

○走行中の窓は全閉とする(または防御用のネットを装着)
万が一の転倒時等、頭部や腕が車外へ出て怪我をする恐れがある為。
その他、接近している車両がクラッシュした場合や、前車からの飛び石等、飛来物の直接進入を防ぐ為。

○コース内では常にシートベルトを着用とする
クーリングラップ時であっても、コース内では理由無くシートベルトを外す事を禁止する。
低速であっても、何らかの要因で事故が発生する可能性もある為。

○その他の危険行為について
その他の危険行為について気が付いた場合は、従来通り注意を呼びかけますので指示に従う事。
可能な限り、お互いに注意を呼びかけましょう。
直接言い難い場合は、主催側にお伝え頂ければ、代わって注意を行います。


トラブルに関しては全て自己責任で対処するものとする。
主催及び全参加者は、KUNUGI RUNNERに参加した時点で、上記の規約に全て合意したものとする。




Copyright KUNUGI RUNNER. All Rights Reserved.