ガリレオ用ソフトウェア

2004/08/26 更新



ガリレオの音ズレ問題調整ソフト

シャープのガリレオ HG-01Sを 購入しました.ガリレオには,録画したMPEG-2の動画をLAN経由でPCへ取り込める 機能があります.PCでの再生自体には問題はないのですが,DVD-MovieAlbumで DVD-RAMにVRフォーマットで書き込んだり,編集ソフトでCMカットしたりすると 映像と音声がずれることがあるようです.原因を調べてみたところ,映像だけ 1GOP分15フレームの0.5秒分早めにはじまっていることがわかりました.MPEG-2 としては,再生時は組み込まれているタイムスタンプにしたがって再生されます ので問題はありません.上記の場合のように,これが問題になることも ありますので,余分な最初のGOP分を削除してしまおうというのが,このソフト です.

GOPの認識を簡単にするために,ガリレオのエンコードするMPEGファイルである 前提で作られています.具体的には,GOP毎にシーケンスヘッダあり,パックの 先頭のPESはシーケンスヘッダではじまる事です.このため,ガリレオ作成以外の MPEGファイルでは動かないと思います.ガリレオのプログラムストリームには プライベートストリームも多重化されているのですが,これも削除されます. GOPを削除しても音が映像より10ms早くはじまるようです.単機能のソフト なので,使い方の説明は不要でしょう.Win32用です.

Cut1stGOP.exe Ver.0.3



ガリレオiEPG予約支援ソフト

ガリレオを使っているといろいろ不満も出てくるわけですが,そのひとつに 外部入力を使った予約が不便なことがあります.地上波以外はEPGは使えませんし, 予約時には番組のタイトルを設定することもできません (HG-02Sではできるそうです).外部チューナとの 連係機能もいっさいありません.一方,東芝のRDシリーズや松下のDIGAシリーズ には,インターネット上の電子番組表と連係する予約の支援フリーソフトが いくつかあります.同じようなことをガリレオでも出来ないかと今更ながら工夫して みたのが,このソフトです.

機能としては, ONTVテレビ王国TVガイド の番組表を iEPGにて収得し,ガリレオに録画予約できます.予約にはタイトルと内容は 入力できませんが,保存しておいた情報を録画終了後に対応する番組へ送る ことが出来ます.全部手動でやるよりは幾分か管理が楽になります. TVスケジューラーなどと組み合わせるとより便利かも.

動画保存等いろいろおまけ機能をつけ操作が煩雑になりましたので,今回は操作 説明のドキュメントを付けておきました. 十分テストをしていませんのでバグがあるかと思います. それによる損害は,自己責任ということでお願いします. Win32用です.動作確認はXP,2000,Meでしてます. 新型のHG-02Sへは対応していません.

GaliEPG.exe Ver.3.6

ガリレオからの転送ファイルの名前を“番組タイトル+日付”にする機能



4GBオーバーのファイルをダウンロード?

現時点では,ガリレオHG-01Sには録画した4GB以上のMPEGファイルをPCへ転送 できないという制限があります.これを何とかしようというお話です. しかし,新機種のHG-02Sでは可能になったようです.HG-01Sのほうにも対応して くれると期待しています.ですので,ネタというか実用性はあまり重視しない 話題です.

通常は,ファイルの転送はCGIが面倒をみているようで,HTTPで転送されます. 4GB以上だと門前払いされて,本体を ハック でもしない限り無理そうです. 4GB以上でも動画はストリーミングで観れるわけで,次善策ですが,これを保存 すればよさそうです.ストリーミングは,rtspを使っているようですので, これも保存できるヤバ目のツールNetTransportを試してみました.結果は, NGでした.ログを見ると,コマンドを受け付けていないよう.これ以上は, rtspとかrtpの知識が無いので断念.次にD-VHSでは,DirectShowFilter使って ファイルに動画を保存していたことを思い出し,この方法を試してみました.

必要なものは, DirectX SDKに含まれている,GraphEditとDump.axです.Dump.axはSDKの サンプルに含まれているので,自分でビルドしてインストールしてください. Dump.axで検索すると,ヒットしますのでそれを利用する手もあります. GraphEditのFileメニューからRender URLを選択し,URLを http://192.168.100.1/S3/strm/10490.shss のように入力します.192.168.100.1は ガリレオのIPアドレス,10490は録画番組のIDですので適宜変えてください. 入力すると自動的にフィルターが構成されます.再生ボタンで動画が見れますが これは目的ではありませんので,修正します.Sharp rtsp Filter のOutput以降の ものは全部削除し,代わりにDump を繋ぎます.Graph->Insert Filters を操作後 DirectShow Filtersの下に見つかると思います.ファイル名を聞いてきますので, 適当な名前付けてください.再生させるとMPEGファイルが保存されます. 再生しながら保存するので,録画時間と同じ時間がかかります.

4GB以上のファイルも保存できました. 保存したファイルを再生させると,妙にカクカクして再生されます. ローカルな100Mbpsの有線LAN経由で取り込んだので,通信状況のせいでも なさそうです.ファイルの中身を調べると,たまに1800バイト周期で 同じ内容が繰り返されている箇所がありました.ストーリーミングを強制的に Dumpしているのでその影響かもしれませんが,理由はよくわかりません. とりあえずオフラインで修正するソフト(バグだらけ だったので修正)を作ってみたところ滑らかに再生できるようになりました.

保存できることがわかったので,DirectShowとかCOMについて少し勉強して これらをまとめて,上のGaliEPGに組み込んでみました.正式に4GB以上対応に なりそうなので,いつまでこれに意味があるのかわかりませんが,いろいろと 勉強にはなりました.


ガリレオの動画をMediaWizで再生?

最近 MediaWizタイプのネットワーク経由で動画を再生するクライアント型 動画再生装置が流行っています.家の事情からすると動画は,ガリレオで 録った動画はガリレオで観れば十分なのですが,面白そうなのでMediaWizで 再生させて見ます.

ファイルを一旦PCに転送して,PC上のサーバソフトを 利用すればもちろん再生できますが,それではつまりません. サーバソフトもガリレオで動かしたいところですが,ガードが固いガリレオ ではできる事が限られています.サーバソフトといってもhttpを使っていますので もともと動いているApacheを利用すれば,動的なメニューを諦めれば何とか なりそうです.ところが,調べてみると致命的な問題がありました. 新型のHG-02Sでは事情が違うかもしれません.まず,再生時には, MediaWizがMPEGファイルのデータを送るようガリレオに要求します. このMediaWizからの転送要求時に使うhttpヘッダにRangeの指定が必ず含まれていて, これがあると応答するCGIに問題があるのかガリレオがハングアップもしくは 長時間応答しなくなるというのが問題です.同じ理由で転送の高速化のために ファイルの分割ダウンロードをするソフトを利用時もハングアップします. また,レジューム機能も使えません. 結局,MediaWizからガリレオへ直接転送するとだめなので,間にワンクッション 入れる必要があるわけです.

不本意なのですが,上の事情で必要となる間に入れるPC用のソフトを作ってみました. 前述の理由でRangeの指定は 無視するしかありませんので,悲しいことに早送り巻き戻しができません. そこでPCのローカルディスクに一時ファイルを作り転送されたデータを蓄えておく モードを用意して,Rangeの指定に応答できるようにしてみました. 処理が重いのかスムーズにはできませんが,かろうじて早送り巻き戻しができている ようです.再生しながら先読みで一番組分保存しますので,最後まで保存されれば ストレス無く早送り巻き戻しができるようになります.場合によっては4GB近く HDDを使いますのでご注意を.

Win32用です.ガリレオのIPアドレスとhttpのポート番号,サーバソフトで 使うポート番号を指定してください.MediaWizのサーバ登録は手動で このソフトを動かしているPCと設定したポートを指定してください. ガリレオの通信速度設定は100Mbps(通信優先)に しないとスムーズに再生できないようです.機能やデザインはとりあえず動く程度です. 当然ながら4GB以上のファイルは再生できません.試してませんが8Mbpsのファイルの 再生も苦しいかも.複数のクライアントには対応してません.

GWproxy.exe Ver.0.6

早送り巻き戻しタイミングの調整,レジューム再生機能


京ポン購入記念? AirH"PHONEやPocketPCからMedia Palette Miniを使う

携帯端末をAirH"PHONEに買い換えました.前から思ってはいたのですが, 購入を機会に PCや携帯電話以外からもGalileoにアクセスできるよう工夫してみました. Galileoを ハック してWANからのアクセス制限を緩めるのが正攻法かも知れませんが, 今回もやっぱり回り道してます.方法は,ポートフォワードで穴を開けて,LAN内に 用意したサーバ経由でLAN側からGalileoにアクセスするという誰でも考えつく ものです.穴を開けますので,セキュリティー的には大変弱くなります.試す方は くれぐれも自己責任でお願いします.

LAN内にVPNかProxyサーバを用意すればいいわけですが,クライアント側に特に 用意が必要ないよう,今回は DeleGateを用いることにしました.目的からすると多少役不足な気がしますが, Windows用もUnix系用もありますので,サーバ用のPCにまずはDeleGateをインストール してください.次に設定です.クライアント側でproxyサーバ設定を切り替えて使う のも面倒ですし,関係ない中継に使われてしまう可能性もありますので, 純粋なProxy機能ではなくPCがhttpサーバとなり仮想ディレクトリとしてGalileoの リソースを使うようにします.さすがに何かアクセス制限をしないとまずいので, 最低レベルですがユーザ認証をするようにしました.クライアントのIPアドレスが 判っていれば,アドレスによる制限も付けた方がいいでしょう. ユーザエージェントに応じてGalileoからの応答が変るようなので,ユーザ エージェントも携帯電話用の物に変換するよう設定します.全体としては,


delegated -P8080 +=delegate.txt

[delegate.txtの中身]
SERVER=http
ADMIN=myname@mydomain.com
CACHE=no
RELAY=no
AUTH=proxy:auth
PERMIT="http:*:{*,!?}@*"
REMITTABLE=http
AUTHORIZER="-list{username:password}"
MOUNT="/* http://192.168.100.1/*"
HTTPCONF=kill-qhead:User-Agent
HTTPCONF="add-qhead:User-Agent:J-PHONE"

のような設定で起動します.ADMINは連絡用メールアドレス,AUTHORIZERのlistの中は 認証用のユーザ名とパスワードです.Galileoのアドレスを変更しているなら MOUNTのアドレスも変更してください.

上の例では,8080をポートして使いますので,Galileo等の使っているルータで WAN側からの8080へのアクセスをサーバ用PCへ送るようポートフォワードの設定を すれば準備完了です.後はクライアントのブラウザから http://mygalileo.dhs1.sst.ne.jp:8080/cgi-bin/S1/MediaPalette/mpmini.cgi のようにアクセスして,最初にproxyの認証,次にガリレオの認証をすればO.K.です. AirH"PHONEのAH-K3001VとNASのLANDISKと組み合わせて使ってます.



質問等は,下記まで.
E-Mail:tedmiy@gol.com

Counter