フリーズの原因

TediTown > Me 98のつえ >


 ここでは,まずWindows Me,Windows 98がなぜフリーズ(固まり)やすいのかを解説します.

 この内容の話をはじめるには,Windows 98の前バージョンWindows 95,さらに前バージョンのWindows 3.1までさかのぼります.

 Windows 95でシステムが32 bit化されました.それ以前のWindows 3.1では,16 bitのシステムで作動していました.で,Windows 95がどうやってできているかというと,16 bitのシステムはほぼ流用して32 bitシステムを継ぎ足しているのです.以降のWindows Me,Windows 98も基本的にWindows 95のシステムを踏襲しています.

 ここで問題なのは,16 bitのシステムが構築されたのがかなり昔であるということです.昔の制限されたハードウェアに合わせて構築されているため,現在の環境にはそぐわないところがあります.細かくというと,メモリ空間が分離されていないことと,システム リソースが少ないことです.

16 bit 32 bit
メモリ空間 非分離(1つ) 分離
システム リソース 384 KB(固定) 6 MB(固定)

 ややこむずかしい用語が出できましたが,まずメモリ空間は,複数のプログラムが別々に作動しているかどうかです.たとえば,ワードがフリーズするとワードだけを強制終了させて後はそのまま使い続けることができるのは,メモリ空間が分離されているからこそできる技です.32 bit部分でフリーズした場合は問題ないのですが,16 bit部分でフリーズすると連動してWindowsまでフリーズしてしまいます.これは,メモリ空間が分離されていないからです.

 次に,システム リソースですが,これはWindowsを作動させるうえでのアキレス腱です.システム リソースは,Windowsの一番基本的な機能を提供するところで,正常に作動することなくWindowsが作動することがありえないからです.このシステム リソースを制限値を超えるような使用をするとフリーズしてしまいます.とくに16 bitの制限値が厳しく,16 bit側でフリーズしてしまうのが一般的です.残念なことに,この制限値は設定変更できません.また,Windows 3.1のころよりシステム リソースの不足がささやかれていましたが,当時のマシンの性能相応のシステム リソースは確保されています.

 現在の音楽を聴きながらワープロを使ったり,別の作業をしながらCD-Rを焼くといったことは,Windows 3.1の時代からすると考えられないほどシステムへ負荷がかかり,安定への要求が高まっています.昔のシステムを残したままこのような負荷のかかる使用はかなりつらいところです.

 残念ですが,これらの問題は致命的で,フリーズを回避する解決策はありません.唯一残った方法は,Windowsに合わせて使用法を工夫するということです.この方法は次のページで解説します.

 参考情報ですが,Windows XP,Windows 2000にはリソースメータがありません.これは,システム リソースが16 bit用,32 bit用それぞれに対して,3 MBずつ確保されており,Windows Me,Window 98の16 bit用の384 KBと比較すると圧倒的に大きくとられています.このため,通常の使用ならばがシステム リソースが不足することがないので,リソースメータは省略されています.また特殊な使用でシステム リソースが不足した場合も,設定値を変更することでシステム リソースの量を拡大できます.これは,Windows Me,Window 98にない機能です.

16 bit 32 bit
メモリ空間 分離 分離
システム リソース 3 MB(可変) 3 MB(可変)


 ・ 次は,フリーズ回避策をご覧ください


Branch group of Homepage, Ta Elementary Derivative Integration

Copyright (c) 2005 TediTown. All rights reserved.