English page is here.

USB-FDD 用物理フォーマットツール(LINUX)


お知らせ

2011-Jan-29: バージョン 0.9.9 をリリースしました

2011-Jan-22: Kabeさんがバージョン 0.9.8用のspecファイルを送ってくださいました

2010-Dec-01: バージョン 0.9.8 をリリースしました

2010-Nov-23: バージョン 0.9.7 をリリースしました

2009-Nov-04: バージョン 0.9.6 をリリースしました

2009-Oct-03: バージョン 0.9.5 をリリースしました

2007-Nov-17: Kabeさんがrpmパッケージ用のspecファイルを送ってくださいました

2007-Nov-10: バージョン 0.9.4 をリリースしました

2006-Nov-25: バージョン 0.9.3 をリリースしました Martin さんが修正パッチを提供してくれました

2006-Mar-08: John Floyd との共同作業により、新バージョン 0.9.2 をリリースしました

新機能: 詳細は ChangeLog を参照

このプログラムは USB フロッピードライブ上で物理フォーマットを行うユーティリティです

使い方: ufiformat [OPTION]... [DEVICE]
USB フロッピードライブ DEVICE 上でフロッピーディスクを物理フォーマットする

  -f, --format [SIZE]  フォーマット容量 SIZE をキロバイト単位で指定する
                       -f を指定しない場合、現状のメディアのフォーマットを使用する
  -V, --verify         フォーマット後にベリファイを行う
  -F, --force          セーフティチェックを行わない
  -i, --inquire        デバイス情報を表示する(フォーマットは行わない)
                       DEVICE を指定しない場合は、USB フロッピードライブの一覧を表示する
  -v, --verbose        詳細な出力を行う
  -q, --quiet          重要でない出力を省略する
  -h, --help           ヘルプメッセージを表示する

例:
  現状の形式を維持してフォーマット: ufiformat /dev/sda
  1.44M形式でフォーマット:          ufiformat -f 1440 /dev/sda
  デバイス一覧を表示:               ufiformat -i
  デバイス情報を表示:               ufiformat -i /dev/sda
  デバイス名はブロックデバイス(/dev/sd?)でもsgデバイス(/dev/sg*)でも構いませんが
  フォーマット対象の両者のデバイスにアクセス可能であることが必要です
  物理フォーマット後には、 mkfs.vfat -I /dev/sda などの論理フォーマットが必要です


このプログラムは次の文書に基づいています:

"Universal Serial Bus Mass Storage Class - UFI Command Specification" Revision 1.0 December 14 1998

ソース:

古いソース:

このプログラムは GPL の下で再配布可能です。

© 2005-2011 tedi@tedi.sakura.ne.jp