【特集】SLIP-ONのRHODIAカバー

■手帳とカバンのホームペーヂ
 http://www.geocities.jp/techou_bag/
去年(2003年)に購入したRHODIAのメモカバーのプチ特集です。

■SLIP-ONのRHODIAカバー
 
イタリアンオイルドレザー製。
わたしが選んだ色はキャメル。
かなり、明るい茶色だ。
他に7色を展開している。
 
広島駅前の「ルブラック」というステーショナリーショップで3,000円で購入。
ここではカバー本体とゴムバンドがセットで売られていた。
あと、RHODIAの#11も一冊付属していた。
 
ゴムバンドは、今回HP用に写真を撮るまで、箱の中で眠ってた。
(付属していたのをすっかり忘れていた。)
なくても特に困るものではない気がする。
 
RHODIAは、むき出しそのままのオレンジ表紙のデザインもかなり好きなので、気分によってカバーは付けたり付けなかったりしている。
 
【参考:SLIP-ONの商品案内url)
http://www.rakuten.co.jp/slip-on/382987/387438/451181/

■RHODIA装着状態
 
取り付けるときに、RHODIAの表紙を後ろに折り曲げた状態(方眼メモ紙がむき出しの状態)で、装着するのが良いのか?
それとも、写真のようにそのまま装着するのが良いのか考えたが、結局わたしは写真の状態で取り付けている。
 
常に一枚目が、書き込み可能な空白状態ならば表紙を折り曲げてセットしていた方が便利かも。
 
カバーの上部のポケットが名刺やメモを挟み込んでおけるので気に入っている。

■利用例
 
ゴムバンドを見つけてからは、写真のように最新ページのところに引っ掛けておくようにしている。
 
栞がわりで、目的のページがすぐに開けて便利。
 
余談だが、わたしは外で食事をしたときに、料理をメモするのが好きなので、こうした時にもRHODIAは大活躍。
 
素材を推測してメモしておき、このメモを見ながら、休みの日に料理を再現して家族に味見(毒味?)をさせるのが楽しい。

■箱と説明書
 
黒のジャストサイズの箱に入っていました。
よく見ると、SLIP-ONの値札の上にお店の値札が張ってある。
 
いったい、どういうルートで仕入れてきたのだろう?

tetyou_bag@hotmail.comtetyou_bag@hotmail.com