技術資料(海外)


November 13th, 2010 2010年11月13日
Interview with Barrie Trower バリエ・トゥロワ―氏へのインタビュー
The Dangers of Microwave Technology マイクロウエーブ技術の危険性


出典:ユーチューブ http://www.youtube.com/watch?v=hpfblQN2a-E
第133回NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク定例会資料


Interviewer: Barrie, thank you for joining us.

インタビュアー:バリエさんにはご出席頂きまして有難うございます。


Trower: It’s my pleasure, it really is my pleasure.

バリエ・トゥロワ―:私の喜びとするところです。


I: I understand you have a wealth of experience with microwaves. Can you begin by
explaining to us how you began your career in microwave technology?

バリエさんはマイクロウェーブに関してご蔵敷が深いと認識しております。一体どのよう にしてマイクロウェーブ技術のご経験を持つようになったのかご説明願えますか。


T: Yes, of course. In 1960, I was in the Royal Navy and I worked partly with the
Underwater Bomb Disposal Unit, partly with Microwave Warfare and some of the other
times with radar. Microwaves were involved in all of those three different areas. So
whilst I was in the Royal Navy, I trained in all aspects of microwave technology, and as
anyone will tell you that’s been in the forces, the training you receive is second to none.
You practice it, you talk about it all day, you sleep it. So since 1960, I have been involved
in all aspects of microwave technology. After that, a part of my job, because I had
microwave expertise, was to question captured spies during the Cold War when Russia
and America were within seconds of global nuclear war, and microwaves by then were
really sophisticated stealth weapons. A part of my job was to find out from any spies
who had been captured what the current knowledge was in that part of the world.

かしこまりました。私は1960年に英国海軍に所属していました。そこで魚雷除去部隊 やマイクロウェーブを使った戦争行為、またレーダーに関わりました。マイクロウェーブ はこれら3つの全てに関わっていました。その時にマイクロウェーブ技術のあらゆる側面 を訓練しました。軍隊にいた人間は誰でも言うように、そこで受ける訓練はなにものにも 劣らないものです。訓練し、一日中話し合い、寝てる間も考えました。そのように196 0から私はマイクロウェーブ技術のあらゆる面に関わりました。その後、その技術を買わ れて、米ソが地球規模の核戦争に突入するかの冷戦時代に、捕虜のスパイの尋問も任務と していました。マイクロウェーブは驚くべき隠された兵器で、私の任務は捕虜から世界に おけるその面での最新の知識がなんであるか発見することでした。


I: This technology is truly frightening, really frightening.

この技術は本当に驚くべきものであったのでしょうか。


T: Well, this is why microwave weapons were introduced from the 1950s, 60s, 70s to the
present day. And this is another level of proof. They are so effective. If you’re not in a
hurry to get rid of somebody, they are so effective as a stealth weapon to beam somebody,
and this has been done many times, and it’s reported. You can beam people you don’t
like as a government to give them cancer, breast cancers, neurological illnesses?you
can choose what you want them to get.

そうです。その点が、マイクロウェーブ兵器が1950年代から60年代、70年代、そ して現代まで紹介されてきた理由です。別の面からの証明もあります。もしあなたが誰か をそれほど急ぐこともなく排除したいなら、それは隠された兵器として、対象人物にビー ムするだけですからいいんですから大変効果的です。それは度々実施され報告されていま す。政府にとって好ましくない人物にビームして、癌、乳がん、精神疾患と、あなたが望 む病気を誘発できます。


I: You can choose?

選択できるんですか。


T: Oh yes, you can choose which pulse frequency you want to affect the brain with, you
can choose the level of microwave radiation and the speed that you want them to
become ill. It really is a perfect stealth weapon, and all you need to do is rent a house
opposite someone you want to get rid of, or a group of people you want to get rid of and
just beam them. The most famous case during the Cold War was the Moscow embassy
siege, where in Moscow they beamed the entire American Embassy and gave them cancer.

はいその通りです。頭に影響を与えたいパルス周波数も、マイクロ波の照射レベルも、病 気の進行状況も選択できます。ですから完全な隠された兵器です。排除したい人、あるい はグループに照射するために、向かいの家を借りる必要があるだけです。冷戦時代のもっ とも有名な例はモスクワのアメリカ大使館包囲作戦でした。モスクワではアメリカ大使館 全体にビームして癌を発症させたのです。


I: Did they cause cancers in all the staff, or in a lot of the staff?

癌を発症したのは全職員ですか、その多くですか。


T: Most of the staff, the children, most of the children got leukemia, the women
developed breast cancer, the gentlemen developed cancers. I think after about 18
months the entire staff was changed and then in the following 18 months the entire
staff was changed again. And by that time people realized what was going on and they
found they were being irradiated by microwaves. And rather than say, “Oh, isn’t this
disgusting! What have we sunk to?” they thought “Isn’t this wonderful. Let’s develop
this for ourselves.” And governments today are still perfecting microwave warfare.

ほとんどのスタッフと子供たちで、子供たちは白血病に、夫人は乳がんに、男性は癌にな りました。その18ヵ月後に全職員が交代し、さらにその18ヵ月後に再び全スタッフが 交代しました。そのとき人々は起こっていることを理解し、マイクロ波を照射されている ことを知りました。これはひどい、なんてことになっているんだというよりも、すばらし いではないか、我々のために開発しようと考えたのです。そして政府は未だにマイクロ波 戦闘行為を完成させようとしているのです。


I: Still to this day they are working on the weaponry?

政府は今でもその兵器を使っているのですか。


T: Still to this day, 2010, they are still perfecting pulse frequencies, it has gotten very,
very sophisticated, the pulse frequencies, how long they can transmit, whether it will be
one country to another, bouncing the microwaves off the ionosphere. So you don’t even
have to be in the same country.

政府は2010年の今でもパルス周波数を完全なものにしようと継続しており、驚くべき ものになっています。どれほど遠くにパルス周波数を送信できるかですが、電離層で反射 して国境を越えるまでになっています。国内にとどまらないのです。


I: Bouncing the microwaves off the ionosphere? A lot of people wouldn’t have heard of
this technology....

電離層で跳ね返るのですか。ほとんどの人は知らないと思いますが。


T: If you have a super transmitter, the microwaves?if you beam them?it’s only simple
basic trigonometry. But let’s say, I want to bring economic ruin to a country that grows
all of the world’s wheat, all I have to do is beam microwaves up to the ionosphere, which
is like an invisible cloud around the planets, an iron cloud around the planet, the
microwaves going up at a set angle will reflect off down on this country. And if I
continuously beam the wheat in this field, all the cattle, all the sheep, I can harm, I can
reduce the immune system of the plants, so that they won’t be healthy and they will die
and I can stunt their growth, and I can bring economic ruin to that country. I can harm
all of the animals, the cows, the sheep. It’s so easy to do. You only have to push a button
and you can bring economic ruin to a country.

もしスーパートランスミッターもっているなら、それからマイクロ波を三角法の原理で照 射するだけでいいのです。もし世界に小麦を供給している国の経済的崩壊をもたらしたい なら、マイクロ波を惑星の周囲の見えない雲のように、また惑星の周りの鉄の雲のように して存在する電離層にビームすればいいのです。定められた角度でビームされたマイクロ 波は反射してその国に命中します。そして継続してその大地の小麦にビームし続ければ全 家畜や羊を傷つけることができます。植物の免疫システムを弱らせることができますので、 健康な食物でなくなり枯れるでしょう。またその成長を妨げることもできますので、結果 としてその国の経済的崩壊をもたらすことができます。全動物、牛、羊を傷つけることが でき、それは本当に簡単で、ボタンを押すだけで一国家を経済的崩壊に導くことができる のです。


I: Which countries have this technology already available? Is it all the countries in the world or just a couple of them?

どこの国がその技術を持っているのでしょうか。すべての国家なのでしょうか一部でしょうか。


T: It may not be a wise thing to say on a live broadcast, but you can take my word for it
that I know at least two super transmitters in the world that have this capability, and
there are probably more in areas that I do not have access to and I cannot go to. But I
know there are at least two.

それを生放送で発言するのは賢いことではありません。しかし2カ国がその能力をもった スーパートランスミッターを持っていることを信じてもらってもいいです。私が行ってい ないところや行けないところにもっとあるかもしれません。2つは知っています。


I: I need to go just back a little bit. Back in your early days in the military, this
technology was used by the British Government, against terrorism or such?

少し話を戻したいのですが。あなたが海軍時代にこの技術はテロに対してとか英国政府が 利用しましたか。


T: We have 8300 papers. I have knowledge 2300 myself, and what the governments
found was that you could induce, by changing the pulse frequency, like Morse code of the
microwaves going into the brain and interfering with the brain. By specializing on the
pulse frequency you could induce psychiatric illnesses to the point where a psychiatrist
could not tell if it is a genuine psychiatric illness or an induced psychiatric illness. So
what you can do theoretically is, you can target an individual’s brain. They may have
auditory hallucinations where they hear things, which is actually quite common with
microwaves, or show signs of schizophrenia. For instance, 6.6 pulses/second can induce
severe sexual aggression in men. So you could induce someone to commit a really
horrific sexual rape. Technically what you could do is have somebody committed to a
psychiatric hospital or a jail for a crime just by somebody saying that they had a
psychiatric problem, whereby they didn’t. You can target other parts of people’s bodies.
You can target the heart and cause heart seizures. You can target the lungs and cause
bleeding. You can target?if you’re clever enough?some of the essential glands in the
body that control all of the hormone systems. So if you have dissidents or people that
you don’t like as a government, it’s very, very easy these days to irradiate them and
either have them wind up in jail or in a psychiatric hospital. And, of course, there is no ...
on you.

我々には8300の文書があります。私はその内の2300の知識を持っています。政府 はマイクロ波をモールス信号のようにパルス周波数を変化させることによって脳にはいり こみ、また脳とつなぐことによって誘発できるものを発見しました。パルス周波数を特別 化して精神科医が生来の精神的病なのか誘発された精神病なのか分からないレベルに精神 病を誘発できます。論理的にできることは個人の脳をターゲットにできることです。マイ クロ波では非常に常識的なことですが、聞くことができる音声幻覚に陥らすことができま す。あるいは精神分裂病の兆候を示すこともできます。例えば6.6ヘルツは男性に激し い性的興奮を誘発します。誰かにひどい性的レイプを冒させることができます。技術的に できることは、精神的問題がないにもかかわらず、精神病であるかのように言うだけで精 神病院に収容することも、罪を犯させて監獄に入れることもできます。脳以外の体の他の 部分も攻撃できます。心臓を攻撃して心臓発作を引き起こせますし、肺を攻撃して出血さ せることいができます。またホルモンシステムを制御している体の重要な腺のいくつかを 攻撃できます。それによって反体制派、政府にとって好ましくない人物に照射して、監獄 に入れることも、精神病院に入れることも簡単にできます。


I: Yeah. Now these weapons that the governments have and are still using, are they
more powerful than, for example, the WiFi [I think he means WLAN] I have in my front
room or my cordless phone or mobile phone transmission?

政府が所有して今も使われているこの兵器は、例えば私の家の入口にあるWiFiやコー
ドレス電話・移動電話発信器のワイファイよりも強力ですか。


T: No. In fact, their power is slightly less. The difference is, where you might use WiFi,
you may go in after work and do a couple of hours and then leave, and the WiFi is going
out in all directions. Here they are targeting you probably with a beam, and if it’s on you
all day, it can follow you everywhere you go and it can target you when you are asleep as
well. So you are really getting a concentrated dose. It’s a bit like putting the lights on in
your house and sitting with the lights, or have somebody follow you with a search lights
and leaving the search light on you all the time. So there is a difference between that.
But, in fact, the power can be less. It just takes longer. One specific paper from the
government lists all of the illnesses that you can get from microwave sickness, including
severe neurological disorders. We have a government document that actually says:
“This needs to be kept secret from the Western governments because it will affect the
efficiency of the military, the weapons industry, and it will also affect industrial profits.”
One specific paper from the government lists all of the illnesses that you can get from
microwave sickness, including severe neurological disorders. We have a government
document that actually says: “This needs to be kept secret from the Western
governments because it will affect the efficiency of the military, the weapons industry,
and it will also affect industrial profits.

いいえ、僅かに弱いです。相違は、ワイファイの場合はあらゆる方向に出ていますが、2・ 3時間の仕事をしたらそれから離れます。ターゲットに使用されているのはたぶんビーム です。あなたがどこに行こうが、寝ているときも照射されます。集中的な投薬を受けてい るようなものです。それは家で照明を点けていたり、照明を点けて座っているか、サーチ ライトで照らしてそこを去ってもずっと照らしているかの違いのようなものです。しかし 実際強さは弱いです。長く当てられているだけです。政府のある特別な文書にはひどい精 神的不統合を含めてマイクロ波による病気の全てがリストされています。我々は「それは 軍や軍需産業の効率に影響するから、また産業界の利益にも影響するから、西側政府から 秘密にされる必要がある。」との文書を所持しています。


I: We have the government telling us....

我々は政府が国民に語っている--------


T: This is the U.S. Defense Intelligence Agency advising the Western governments to
keep this secret so that they can protect industrial profits and military functions.

これはアメリカの国防情報局が西側政府に産業界の利益や軍の機能を保護するため秘密に するように忠告しているのです。


I: Kind of startling, really, isn’t it?

驚くべきことですね。


T: It is so horrific that if it wasn’t real, if somebody wrote a book on this, I would say this
is so stupid, you could never make up a story like this. And it all goes back to the 50s,
the 60s and the 70s when microwaves were found to be such a perfect weapon and so
dangerous to the military that the U.S. Defense Intelligence Agency told Western
governments to keep this quiet. And they did. And this is why we have this. We have
documents that show governments paying people to experiment on people against their
wishes?not against their wishes, but without people telling them. And we have all this
information going back to 1976. Everything was known by 1976, everything. We needed
no more proof, no more research, nothing was needed, and we have, drawn up in this
country, the Nuremberg Treaty [Nuremberg Code]. And the Nuremberg Treaty was
signed by all of the nations of the world and it is a very specific treaty. And what it says
is that no human being will be experimented upon without his or her consent, and
before they give consents they have the legal rights to understand all of the implications,
the health problems, the future health problems, and they have the legal capacity to say
“No “. And where this is relevant here is that there is only one exception within the
Nuremberg Treaty. And that is, a doctor, such as yourself, may experiment on his- or
herself only. That is the only exception. It is Section 5. So no human being is allowed to
be experimented upon.

これあまりにもひどいことで、誰かこれに付いて本に書いても、このようなストーリーを 描けないから、余りにも滑稽と言われるでしょう。そしてそれはマイクロ波がそれほど完 全な武器と知られ、軍にとっては大変危険であることが知られた1950年代、60年代、 70年代に遡り、アメリカ国防情報局は西側政府に秘密にするよう促したのです。そして 西側諸国はそれに従いました。そしてこれが今でも使われている理由なのです。我々は政 府が資金を拠出して国民の意思に反して実験を行なったことを示す文書を持っています。 意思に反してだけでなく、告げることもなしに。我々は1976年に遡って全ての関連情 報を所有しています。全てが1976年までに知られていたのです。我々はそれ以上の証 明も、調査も、なにも必要なくなっていたのです。そして我国で起草されたニュ―ルベル グ条約、この条約は特別な条約ですべての国が署名しました。この条約が言っていること は、何人も同意なしに実験されない。また同意をする前に、全ての関わり、健康問題、将 来の健康問題を理解する法的権利をもち、それを拒絶する法的能力を有する。但し唯一の 例外があり、それは医者に限り自らを実験する場合である。それは第5項にあります。で すから何人も人体実験されることは許されないのです。

第133回NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク定例会資料