5Wくらいのオーディオアンプ

また作ってしまいました。ちょっと引っ越したので、 自分の部屋用の小さなアンプが欲しいなーと思ったのが製作動機です。 前回はちょっと凝りすぎた感があったのと、 時間がなかったのとで、 今回はサクっとOP−AMPを使い、 電源もサクっと3端子レギュレータで作ってしまいました。


5Wくらいのオーディオパワーアンプ

計算はほとんどやってません。 調整箇所もありません。 一応、オフセット電圧の調節が可能なようにと、 調節が可能な NE5534 を使用しましたが、 調整回路はつけていません。

見る人が見れば分かるかもしれませんが、この回路は

定本 続 トランジスタ回路の設計, 鈴木 雅巨著, CQ出版社 p. 116

の回路を少し変更しただけのものです。

変更箇所は、

  1. 電源の定電圧回路を zener diode で±17Vに底上げしていない
  2. MOS−FETのバイアス電圧をトランジスタではなく diode で行なっている
  3. MOS−FETの温度補償を行なっていない
  4. バイアス電流をJFETによる定電流回路ではなく抵抗で流している
  5. 入力のカップリングコンデンサを取ってしまった
  6. トランスの使い方が怪しい(苦笑)
です。要するに性能落としてます(苦笑)。 6について、何か知ってる方は教えてください。一応これで動いていますが、 なんか怪しい...

あと、5ですが、これは音源の方の出力にコンデンサがついているはずなので 外してしまいました。このあたりは微妙な感じで、

定本 トランジスタ回路の設計, 鈴木 雅巨著, CQ出版社

の10Wパワーアンプ回路の説明では入力のコンデンサは「OP−AMPを用いたので 省ける」と書いてありますが、

定本 続 トランジスタ回路の設計, 鈴木 雅巨著, CQ出版社

の10Wパワーアンプではコンデンサがきちんと付いています。しかし、その説明は されていません。このあたりを私は説明してほしかったりするんですけど。 定本 トランジスタ回路の設計の10Wパワーアンプの章は 鈴木氏ではなく山本誠氏による執筆になっていて、そのへんの意見が両氏で違うのかもしれませんが、 とりあえず、気になります(笑)。

ちなみに現在は、バイアス電圧を diode ではなく LED で作っています。LED の 電圧降下はだいたい2Vくらいなので、diode ではアイドリング電流が足りない場合は diode ×2 を LED ×1に置き換えることができます。なんか邪道な気もしますが...

電源の整流用ダイオードは2Aくらいのものを使えば充分だと思います。 トランスの型番は T-130110 です。大阪日本橋の シリコンハウスで1個¥800で売っています。 あと 2SJ4402SK2467 のペアは デジット で売っています。1ペアで¥1200くらいだったと思います。


↑試しにブレッドボードで組んで音が出たところ

↑完成アンプ外観(余計なものも写っていますが)

↑アンプ基板

↑アンプ裏(相変わらず配線はぐちゃぐちゃ)

音ですが、何ともいえない、普通の音です。NE5534 って多分、 庶民レベルのCDプレーヤとかに入ってる石だと思います。 だからそういう音に慣れてしまっていて、「普通の音」に聴こえる のかもしれません。 こういう回路だと、音質がOP−AMPに支配されてしまいそうで、 MOS−FETがもったいない気もします。 まぁでも、音質を気にする前に回路の質を気にしたらどうか という読者の声が聞こえてくる気がするので 音に関してはこれ以上言及しないでおこうと思います(笑)。

トップへ戻る


(C) Ki 2003