武 山

高角砲台(防空砲台)
要塞マップに戻る

横須賀海軍警備隊 第四高角砲大隊 武山高角砲台という。 武山と言っても、つつじで有名な武山ではなく、 東に続く尾根の通称砲台山(大塚山)にある。当初、40口径3年式8センチ高角砲が4門が昭和17年10月に竣工しているが、昭和20年頃に12.7センチ連装高角砲2基4門に改変された。他に13ミリ連装機銃2基、13ミリ単装機銃3基及びス式110糎探照燈2基、サ式4米高角測距儀1基を装備。 測距儀は計算所からの橋の脇にあった。発電所は北の麓に、ポンプ所は東南の麓にあった。 探照灯は、通信所と高角砲座から600m西南の尾根に設置されていた。配備人員は111名であった。 なお、指揮所も設置されていたが、計算所か通信所と推測しているうちのどちらかであろう。
戦後、朝鮮戦争の勃発に伴い米軍に再接収され、ヘリコプター訓練場となった経緯がある。
現在、山頂部分は広場になっており、海上保安庁の受信所が建っている(この位置に砲座があった)が、その隣に1基、 少し離れた藪の中に1基砲座部分が残っている。また、周囲には探照灯や兵舎などの遺構が残っている。 NTTの通信研究所から通じる林道は、この砲台のために作られた軍道である。
現地調査をもとに終戦直後、現場を見た方から聞いた情報よって作成。

中央の砲座全景。擂鉢状構造がきれいに残っている。
正面に砲座へ降りる階段、その左側に崩壊しているが、
砲員待機所。壁の四角い穴は砲側弾薬庫。中央部に
12.7センチ高角砲を据付けた。擂鉢の縁には照準用の
目盛が刻まれていた。また、縁から内側向けてに2m程度
の土製掩体が築かれていた。*実際に砲が据え付けられ
たのは、両端の2基のみ。
砲側弾薬庫。全部で8箇所ある。

砲員待機所。天井が崩れている。 高角砲座間にある機銃掩体。
直径4m、深さ1.5m。終戦直後に
はなにもなかったとのことである。
北側の砲座。こちらは、崩れた掩体
の土砂で埋まり、また藪で覆われて
いる。
砲員待機所は、入口が壊されて
いるだけで形は残っている。
幅約4m、奥行2.5m。

計算所跡。木造2階建、1階が電気室、2階が計算室で、2階には計算装置の筐体が2つ設置され
その基礎を支えていたのが、この2本のコンクリート柱である。1本高さ約4.5m、幅約0.85mの角柱
で約5mを隔てて2基並んでいる。計算所の両端は土手が築かれ、右手から階段で2階部分に至る
ようになっていた。また。2階の計算室から高角砲の台地へは橋が架けられていた。戦後米軍に
よって調査された後、燃やされた。
柱の内部。空洞である。

弾薬庫の基礎。背後の高台には戦後探照灯が据えられていたそうである。
探照灯は、中央部の通信室に据えられていたと推測されるため、終戦時に
移動されたものと考える。
弾薬庫脇には天水桶が残る。同様のものは衣笠山砲台にも残っている。

衛兵所@の基礎。六角形状である。
荒崎砲台にも同様の基礎が残っている。
通信所へ向かう途中の分岐に残る
衛兵所A基礎。衛兵所Bは三浦
富士への分岐にあった。<
東の丘の中腹にある探照灯の
台座。通信所を併設している。


探照灯台座の下部。建物に併設
されている。
通信所建屋のコンクリート基礎。
基礎の幅は25cm。通信所は平ら
なコンクリート屋根であり、右手か
ら階段でる登ようになっていた。
回光通信の信号灯があったそうで
ある。
建物内部にある何かの機器を取り
つけた円形基礎。ボルトが残って
いる。
通信所施設の下部にコンクリート壁
に挟まれた通路状の遺構がある。

東の丘上には円形掩体が2基
残る。掩体手前の横檣的な石積み。
右手の掩体。直径4m程度。機銃
掩体と推測。
東の低地には兵舎があった。長い
コンクリート基礎や柱の土台が残る。

30m程ある横の基礎 柱の土台 排水施設 便所?

地元の北下浦郷土誌によると、昭和16年海軍の兵隊により大塚山山頂への道の工事が始まり、 4ヵ月後には完成、直ちに砲台を築いた。その後、昭和18年6月から7月にかけて (昭和20年の誤りであろう)アメリカの艦載攻撃機に対し発砲、戦後3基の砲座跡が残され(昭和29年の地形図にも凹部が3個所記載されている)、大蔵省から海上保安庁と 所管が移り、現在、第三管区海上保安部武山電信所として稼動中とある。