星野富弘さんの『の詩集画』より・・・

の鳴る道〜 

 車椅子に乗るようになってから12年が過ぎた。
その間、道のでこぼこが良いと思ったことは一度もない。
ほんとうは曲がりくねった草の生えた土の道の方が
好きなのだけれど、脳味噌までひっくりかえるような
振動には、お手あげである。
だいいち、力の弱い私の電動車椅子では止まってしまう。
 車椅子に乗ってみて、初めて気がついたのだが
舗装道路でも、いたるところに段差があり、
平らだと思っていた所でも、横切るのがおっかないくらい
傾いていることがある。
ところが、この間から、そういった道のでこぼこを
通る時に、ひとつの楽しみが出てきた。
 ある人から小さな鈴をもらい、私はそれを
車椅子にぶら下げた。手で振って音をだすことが
できないから、せめて、いつも見える所にぶらさげて、
銀色の美しい鈴が揺れるのを、見ているだけでも
良いと思ったからである。
道路を、走っていたら、例のごとく小さなでこぼこがあり
私は電動車椅子のレバーを慎重に動かしながら
そこを、通り抜けようとした。
その時、車椅子につけた鈴が「チリン」と鳴ったのである。
心にしみるような澄んだ音色だった。
「いい音だなぁ」
 私はもう一度その音が聞きたくて、引き返して
でこぼこの上に乗ってみた。
「チリーン」「チリーン」
小さい音だったけれど、ほんとうに良い音だった。
その日から道のでこぼこを通るのが楽しみとなったのである。
 長い間、私は道のでこぼこや小石を、なるべく避けて
通ってきた。そしていつの間にか、道にそういったものが
あると思っただけで、暗い気持ちを持つようになっていた。
しかし小さな鈴が「チリーン」と鳴る、たったそれだけのことが
私の気持ちを、とても和やかにしてくれるようになったのである。
鈴の音を聞きながら、私は思った。

”人も皆、この鈴のようなものを、心の中に
    授かっているのではないだろうか ”

 その鈴は整えられた平らな道を歩いていたのでは
鳴ることがなく、人生のでこぼこ道にさしかかった時
揺れて鳴る鈴である。
美しく鳴らしつづける人もいるだろうし、閉ざした心の奥に
押さえ込んでしまっている人もいるだろう。
 私の心の中にも、小さな鈴があると思う。その鈴が、
澄んだ音色で歌い、キラキラと輝くような毎日が
送れたらと思う。
私の行く先にあるみちのでこぼこを、
なるべく迂回せずに進もうと思う。

 

事故で首から下の自由を失った星野富弘さんが
口に絵筆をくわえて描いた花の詩画集。
とても素敵な絵や詩がたくさんあります。
そのなかでもchikaのお気に入りが、この鈴の鳴る道のお話。。。
考え方、見つめ方、、、ちょびっとかえるだけで
気持ちが楽になったり、まったく違う物に見えたりって事
あるよなぁ・・・なんて。。。
避けられないでこぼこ道、同じ歩くなら、
きれいな鈴の音聞きながら、、、楽しい方がいいなぁ。。。
         

  ここまで読んでくださった、あ・な・た!!
     ホントにありがとう〜!
     よろしければ・・・
下さい