☆よくあるご質問Q&Aのコーナー☆


ここではJellyfishの、特に新規で参加を希望された方の中で、
多かった質問と、私なりに予め書いておいた方が良いかな?と思ったことと、
それの私なりの回答を簡単にまとめてみました。
既存メンバーさんでも、最初の頃に気になっていたことなどありましたら、
今後参加を希望する方の参考とさせていただきたいのでお知らせください。


Q:来月のイベントはいつですか?再来月は?
A:イベントの開催日は、第○△曜日、のようには決まってはおりませんが、ある程度先の予定は「予定表」に記載しております。詳細についてはなるべく早く決めるよう心がけております。2週間前くらいにはだいたい決まり、正式に案内しております。
 予約の必要なお泊りツーリングや忘年会は、日にちだけは早く決まります。

Q:思いっきり初心者(orペーパー)ですが、参加しても大丈夫ですか?
A:「免許証」と「ちゃんと動くバイク」があれば、基本的にツーリングの参加にはなんら問題はありません(笑)。ご用命あれば、有志の方が「護衛」として、先導・または後衛として、走りの方はサポートする事もあります&できます。
(尚、申し訳ありませんが「絶対に護衛の人が来る」とは限りません・・・。)
ただし、ツーリングでの集合場所は「高速道路のサービスエリア(またはパーキング)」の場合が多いですので、少なくともそこまでは自力で来て頂くこととなっております。
※125cc以下のバイクの場合、参加を断念していただく事もあります、ご承知置きください。

Q:どのくらいのペースで走るの?速いですか?
A:飛ばす人は飛ばします。飛ばさない人は飛ばしません。場所と場合により、峠道や高速道路など、各自が目的地や集合場所を把握できる場所では、各自の好きなペースで走っていただいておりますので、速く走れないことが問題になったりすることは全くありません。せっかくのツーリングですから、景色を眺めながらゆっくり好きなように、または気持ちよく風を感じながら(笑)走ってください。
 もしみんなと離れてしまっても、途中の交差点等で誰かが待っていますので、遅れても自分の技量を超えるような無理はしないでくださいね。もちろん飛ばす人は「自己責任」でお願いしております。
 ただし、いくら速くて腕に自信があるからといって、仲間にバトル(競争)をけしかけるような事をしたり、仲間を事故に巻き込みかねない危険な追い越し・走行等は、当クラブの趣旨に反しますので、それらをお望みの方は他のクラブか、またはサーキットへ行ってください。

Q:千鳥走行って、なんですか?出来ないとダメですか?
A:「千鳥走行」とは、並んでみんなで走る際に、車線の左より・右よりに交互に並び、列を組んで走る走行法です。全体の列が短くなり、信号待ちなどで離れる可能性が減ります。また、前方の視界が広くなるので、周囲の確認がしやすい等の利点があります。
 この走り方を強要することはありませんが、バラバラになってしまうとちょっと大変になる、目的地周辺でいつ止まるかわからない時や、一本道で交通量が多い時など、「暗黙の了解」として、特に指示を出さずとも各自の判断で千鳥形態を組んで走っています。
(その時は先頭さんがみんなにペースを合わせます)
 やった事が無い方も、一度みんなで走ってみれば自然とわかると思います。特に難しいことではありませんよ♪

Q:平均年齢はどのくらいですか?
A:申し訳ありませんが正確なところは把握致しかねます(笑)。ですがメンバーの多くは20代〜40代、30代が最も多いのではないかと思います。精神年齢はみんな相当若いです(笑)

Q:何持って行けばいい?どんな服装がいい?
A:普通のツーリングに最低限必要な物は各自ご存知かと思いますので割愛します。(ヘルメット・財布・免許証など)
 「地図」はもし万が一、道に迷った時にあると便利です。ある程度のルート設定をして、走る前にみんなにお知らせしてから走りますが、何も全く判らない状態で迷ってしまうと、電話などでも説明のしようが無いので、出来ればお持ちいただくことをオススメします。
 「雨具」は、雨天ではツーリングは中止の事がほとんどですが、行き先が山だと天候が変わり易いです。あれば安心です。
 服装につきましては、上着は安全上「ライディングジャケット」などがオススメです。ライディングジャケットなら、安全上も気温の変化にもある程度対応できます。各自理想は違うかもしれませんが、「きちんとした格好」がいいですね。気候に合わせて、各自のご判断でインナーを増やすなり減らすなり調節してください。

トップへ戻る