前の日 / 次の日 / 表紙ページ / 2005-03

首大 またはクビ大 あるいは首都大学東京 についての個人的見解 / 2005-03-05

2005-03
SMTWTFS
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

2005-03-05

夢想 [その他]

しばらく前に書こうと思って忘れていたことを。

都立大の危機 − やさしいFAQ2月24日の項で紹介されている,京都造形芸術大学学長の発言。

芳賀委員: この首都大学東京で理科系でも,例えば物理学があっても化学があっても,この首都大学は別 にノーベル賞なんかは要らない,関係しない。 大都市経営に必要な限りでの物理学である,この都庁のような建物をつくるのに必要な物理学であり数学であるというぐらいにやると本当に実学,実践的になっていって非常に特徴が出てくるんです。人文系はもうもちろんのこと, 社会科学研究もそう,一般行政学とかそんなのは要らない。 大都市経営の行政学,パリはどうか,ロンドンはどうやっているか。東京はどうやっているか,北京は今一体どうなっているか,そういうことを教える。北京からも教えに来る, ロンドンからも教えに来る,こっちからも向こうに教えに行く,それくらいにならないとせっかくの首都大学東京に値しないんじゃないですか。 …


で,「この都庁のような建物をつくるのに必要な物理学であり数学」をやりたいという優秀な研究者はいるのかな。「一般行政学とかそんなのは要らない。 大都市経営の行政学,パリはどうか,ロンドンはどうやっているか・・・。」そんなつまらない (チャレンジングでない) 仕事をしたい優秀な人材はいるのかな。学 問の根幹部分の貢献では競争する能力がなくて,そういう路線に「活路を見い出す」しかない人々ばかり集まるでしょうねぇ。そういう人ががんばったとして,一体どれほどの成果があがるのでしょうね。

まあ,作ったのが,本当に新大学 だったのなら,「ご自由に」と言うところだが。

「効率化」というのは,単に費用を最小化することではなく,成果あたりの費用を最小化することなんですけど。だから,目的を効率よく達成するためには,(普通は東京都などという「小さいこと」のために働きたいなどと思っていない) 優秀な人材に,結果としてそうなるようなインセンティブを如何に与えるかが不可欠だということくらい,別に学問を極めてなくても気づきそうなものですが。

知事や大学管理本部の官僚並みの素人発言ですねぇ。(委員会の他のメンバーである) 東京大学生産技術研究所長の発言と比べてみるとよくわかる。株式会社NTTデータ取締役相談役や,日本経済新聞社論説委員がこういう発言するのなら,まあ仕方がないかとも思うのだけれど。

2005 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2004 : 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12