NSR50用F・フォークのオーバーホール

NSRのパーツリストを持っておりませんので正式名称が違うかもしれませんのでご了承ください。

 8インチが好きなのでFフォークをそのまま移植する前に短くしたいなぁと思っておりました。
フォークショートキット(Gクラフト)を購入し、入れ替えの際にオーバーホールもしてしまおうとたくらみました(笑)


NSR50 旧型フロントフォーク一式


 NSRのFフォークのメンテナンス方法などはいろいろなHPに紹介されていて非常に助かりました。
 まず、オーバーホールするにあたり、純正部品(前期型)の取り寄せからはじめました。

 
51490-GS9-305    シールセツト,フロントフオーク
(オイルシール・ダストシール・オイルシール上のサークリップのセット)



こちらはショートキット(50mm)を取り付ける際に必要なパーツです。
51401-GT4-971 (50401-GT4-971は間違いでした)   スフ゜リンク゛,フロントフオーク

※ここからはフォークのメンテナンスと同時に改造も一緒に行いますので、あまり参考にならないかもしれません。大事なところですのでOH際にはサービスマニュアル等を参考にされることをお勧めします。

 
トップのボルトを取り、中にあるスプリングを取り出します。
トップのボルトはステムに付けていた方が緩めやすいです。

写真ではすんなりやっているように見えますが、左の写真の段階でかなりビビッてます(^^;;

 
オイルを捨てるためにホームセンターで売っている吸油ポイ(2L)を購入しました。
スプリングを取ったあと傾けると中のオイルが出てきます。
捨てる前に油面を測りましたが片方は110mm、一方はほとんどオイルが入っていませんでした。
中古で購入しましたが見た目と中身は違いますねぇ(^^;;;

 
オイルを十分抜いた後、ボトムケースの下穴から6mmの六角レンチを突っ込んでモンキーレンチなどを併用して外します。
少々力がいります。

 
ダストシールをスパナを利用して外します。次にオイルシールを止めているサークリップをマイナスドライバーで外します。
いずれも外れた時にピヨォ〜ンと飛びますので注意してください(笑)


オイルシールは曲者です。なかなか取れません。車のタイヤ交換に使用するレンチの後ろの部分を利用しました。
マイナスドライバーの大きいのがあればそちらでも大丈夫と思います。
ボトムケースの淵に傷が付かないようにウエスなどで養生しましょう。

 
オイルシールをばらすとこんな感じです。
これらはパーツクリーナーなどでオイルと汚れを綺麗にしました。

オイルシールがあったところは特に念入りに掃除しましょう。
あぁ〜全部ばらしちゃいました〜。元に戻るのでしょうか・・・

組み上げるのはほとんど逆の手順になります。
また、ここからは改造(50mmショート)のパーツも合わせて説明して行きますので、
通常のメンテナンスと異なります。ご注意ください。

 
新しいオイルシールをはめたら古いオイルシールを上に乗せ、径より大き目の樹脂ハンマーで叩き入れます。
その後はサークリップで固定します。

 
インナーパイプが接するオイルシールの内側にグリスを塗布します。
インナーパイプの下側からの穴にアルミのスペーサーを差込み、ボトムケースを上からかぶせるようにしてゆっくりと入れます。
インナーパイプが挿入できましたら中に入っていたシートパイプとスプリングを挿入して、
ボトムケースの下穴から六角ボルトを入れ固定します。

インナーパイプを固定した後にダストシールをスコッ!と入れてください。


こちらがインナーチューブに挿入するシートパイプとスプリングです。
一番左のアルミスペーサーは上でも説明しておりますがインナーパイプの下側にある穴に挿入します。

上:ノーマル部品です。(通常メンテナンス)
下:50mmショート用のスペーサーです。(改造)

 
下穴のボルトで固定が終了したら、フォークオイルを注ぎいれます。旧型NSRの油量は140cc前後(油面124mm)です。
100〜120cc入れたらインナーパイプを上下させ、5分くらい放置してエアーを抜きます。
残りのオイルはゲージで測りながら油面が124mmになるように少しずつ足していきます。
この時の油面の測り方はインナーパイプをボトム一杯まで押し下げた状態で測るとのことです。

 
オイルが規定量入りましたらスプリングを入れます。
上:ノーマル部品(通常メンテナンス)
下:50mmショート用のスプリング(改造)パーツ自体は純正品です。

 
スプリングを挿入した後はトップのボルトをつけて作業完了です。
50mmショートの場合には左の写真のようにステンレスのスペーサーパイプを入れてトップのボルトを締めます。(改造)


これでメンテナンスとショート化終了です!

 
ちなみに、50mmショートになったかの確認です(笑)
左がノーマル575mm、右がショートで528mmとなりました。
528mmはスケールの当て方が悪かったようです(^^;

ブラウザのBack又は           HOME