トップ頁へ戻る

P.0
平成16年  3月 定例会(第1回)


         平成16年上福岡市議会第1回定例会会議録

             目       次

招 集 告 示…………………………………………………………………………………………………(8)
会     期…………………………………………………………………………………………………(8)
会 期 日 程…………………………………………………………………………………………………(8)
応 招 議 員…………………………………………………………………………………………………(9)
不応招議員………………………………………………………………………………………………………(9)
議 事 日 程(2月26日)………………………………………………………………………………1
出 席 議 員…………………………………………………………………………………………………1
欠 席 議 員…………………………………………………………………………………………………2
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名………………………………………………………2
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………………………2
開会及び開議の宣告(午前11時00分)…………………………………………………………………3
日程第1 会議録署名議員の指名……………………………………………………………………………3
日程第2 議会運営委員長報告………………………………………………………………………………3
◎次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について………………………………………………3
☆報告第1号 議会運営委員会調査報告……………………………………………………………………3
日程第3 会期決定……………………………………………………………………………………………4
日程第4 常任委員長報告……………………………………………………………………………………5
☆報告第2号 総務常任委員会視察調査報告………………………………………………………………5
☆報告第3号 環境・都市常任委員会視察調査報告………………………………………………………6
日程第5 議会運営委員長報告………………………………………………………………………………7
☆報告第4号 議会運営委員会視察調査報告………………………………………………………………7
日程第6 市長あいさつ………………………………………………………………………………………8
日程第7 諸報告………………………………………………………………………………………………9
◎地方自治法第121条の規定に基づく説明員……………………………………………………………9
◎自衛隊のイラク派遣について慎重な対応を求める意見書の処理結果…………………………………9
◎議員派遣………………………………………………………………………………………………………9
◎議案の訂正…………………………………………………………………………………………………10
日程第8 議案上程(議案27件)………………………………………………………………………10
日程第9 市長施政方針及び提出理由説明………………………………………………………………10
◎発言の訂正…………………………………………………………………………………………………22
日程第10 議案審議………………………………………………………………………………………22
◎第27号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案(採決後補正予算(第
       6号)に)…………………………………………………………………………………22
◎字句の整理について………………………………………………………………………………………23
    o採 決(原案可決)……………………………………………………………………………29
散会の宣告(午後2時47分)……………………………………………………………………………29

議 事 日 程(3月2日)………………………………………………………………………………31
出 席 議 員………………………………………………………………………………………………32
欠 席 議 員………………………………………………………………………………………………32
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名……………………………………………………32
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………………32
開議の宣告(午前9時30分)……………………………………………………………………………33
◎欠席届………………………………………………………………………………………………………33
日程第1 議案質疑…………………………………………………………………………………………33
◎第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案
◎第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案
◎第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案
◎第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
◎第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
◎第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等
       の公営に関する条例の一部を改正することについて
◎第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて
◎第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正するこ
       とについて
◎第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正
       することについて
◎第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することに
       ついて
◎第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて
◎第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することに
       ついて
◎第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて
◎第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて
◎第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて
◎第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正
       することについて
◎第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)
◎第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)
◎第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)
◎第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)
◎第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)
◎第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)
◎第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)
◎第24号議案 上福岡市道路線の認定について
◎第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて
明 和 会……………………………………………………………………………………………………35
順 正 会……………………………………………………………………………………………………49
日本共産党……………………………………………………………………………………………………59
公 明 党……………………………………………………………………………………………………77
市民クラブ……………………………………………………………………………………………………89
日程第2 議案の常任委員会付託…………………………………………………………………………97
日程第3 議案審議…………………………………………………………………………………………97
◎第25号議案 公平委員会委員の選任について………………………………………………………97
    o採 決(同意)…………………………………………………………………………………98
散会の宣告(午後4時00分)……………………………………………………………………………98

議 事 日 程(3月10日)……………………………………………………………………………99
出 席 議 員………………………………………………………………………………………………99
欠 席 議 員………………………………………………………………………………………………99
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名……………………………………………………99
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………………99
開議の宣告(午前9時30分)…………………………………………………………………………101
◎欠席届……………………………………………………………………………………………………101
日程第1 市政に対する一般質問………………………………………………………………………101
     o質 問( 6番  青 山 博 明 議員)…………………………………………101
     o質 問(12番  足 立 志津子 議員)…………………………………………112
     o質 問( 4番  佐 藤 英 夫 議員)…………………………………………126
     o質 問( 1番  伊 藤 美枝子 議員)…………………………………………133
     o質 問(19番  鈴 木   実 議員)…………………………………………146
     o質 問( 2番  内 田 久 江 議員)…………………………………………157
△時間の延長………………………………………………………………………………………………159
散会の宣告(午後4時30分)…………………………………………………………………………165

議 事 日 程(3月11日)…………………………………………………………………………167
出 席 議 員……………………………………………………………………………………………167
欠 席 議 員……………………………………………………………………………………………167
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名…………………………………………………167
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名………………………………167
開議の宣告(午前9時31分)…………………………………………………………………………169
◎欠席届……………………………………………………………………………………………………169
日程第1 市政に対する一般質問………………………………………………………………………169
     o質 問(11番  山 口 公 悦 議員)…………………………………………169
     o質 問( 3番  高 畑   博 議員)…………………………………………183
     o質 問(16番  粕 谷 正 臣 議員)…………………………………………190
     o質 問( 8番  岸 川 彌 生 議員)…………………………………………202
     o質 問( 7番  高 橋 順 子 議員)…………………………………………212
     o質 問(14番  加 藤 末 勝 議員)…………………………………………226
△時間の延長………………………………………………………………………………………………234
散会の宣告(午後4時22分)…………………………………………………………………………236

議 事 日 程(3月12日)…………………………………………………………………………237
出 席 議 員……………………………………………………………………………………………237
欠 席 議 員……………………………………………………………………………………………237
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名…………………………………………………237
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名………………………………237
開議の宣告(午前10時31分)………………………………………………………………………239
◎欠席届……………………………………………………………………………………………………239
日程第1 市政に対する一般質問………………………………………………………………………239
     o質 問(20番  岩 崎 公 夫 議員)…………………………………………239
     o質 問( 9番  野 沢 裕 司 議員)…………………………………………252
     o質 問( 5番  鈴 木 啓太郎 議員)…………………………………………261
     o質 問(21番  山 川 寿美江 議員)…………………………………………275
     o質 問(22番  福 村 光 泰 議員)…………………………………………288
散会の宣告(午後4時06分)…………………………………………………………………………292

議 事 日 程(3月16日)…………………………………………………………………………295
出 席 議 員……………………………………………………………………………………………296
欠 席 議 員……………………………………………………………………………………………296
職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名…………………………………………………297
地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名………………………………297
開議の宣告(午前10時59分)………………………………………………………………………298
◎欠席届……………………………………………………………………………………………………298
日程第1 常任委員長報告(討論・採決)……………………………………………………………298
◎第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案
◎第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案
◎第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案
◎第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
◎第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
◎第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等
       の公営に関する条例の一部を改正することについて
◎第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて
◎第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正するこ
       とについて
◎第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正
       することについて
◎第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することに
       ついて
◎第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて
◎第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することに
       ついて
◎第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて
◎第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて
◎第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて
◎第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正
       することについて
◎第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)
◎第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)
◎第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)
◎第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)
◎第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)
◎第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)
◎第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)
◎第24号議案 上福岡市道路線の認定について
◎第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて
☆報告第5号 総務常任委員会審査報告
☆報告第6号 福祉・教育常任委員会審査報告
☆報告第7号 環境・都市常任委員会審査報告
    o採 決(原案可決)(第1・2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12
               ・13・14・15・16号議案)……………………………304
◎発言の訂正………………………………………………………………………………………………314
    o採 決(原案可決)(第17・18・19・20・21・22・23・24・26
               号議案)……………………………………………………………317
日程第2 議案審議………………………………………………………………………………………320
◎第28号議案 上福岡市道路線の廃止について……………………………………………………320
◎第29号議案 上福岡市道路線の認定について……………………………………………………320
◎第30号議案 助役の選任について…………………………………………………………………320
    o採 決(原案可決)(第28・29号議案)……………………………………………330
    o採 決(同意)(第30号議案)…………………………………………………………334
日程第3 議員提出議案審議……………………………………………………………………………334
◎議第1号議案 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞
       職勧告決議について……………………………………………………………………334
◎議第2号議案 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書について…………………………334
◎議第3号議案 公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について…………………334
◎議第4号議案 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書について………………………334
    o採 決(否決)(議第1・2・3・4号議案)…………………………………………337
日程第4 閉会中の継続調査の申し出(議会運営委員会)…………………………………………343
日程第5 市長あいさつ…………………………………………………………………………………344
閉会の宣告(午後3時16分)…………………………………………………………………………345
署 名………………………………………………………………………………………………………347



P.1
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(2月26日)
 開  会
 開  議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議会運営委員長報告
     次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について
    報告第1号 議会運営委員会調査報告
 日程第3 会期決定
 日程第4 常任委員長報告
    報告第2号 総務常任委員会視察調査報告
    報告第3号 環境・都市常任委員会視察調査報告
 日程第5 議会運営委員長報告
    報告第4号 議会運営委員会視察調査報告
 日程第6 市長あいさつ
 日程第7 諸報告
     ・地方自治法第121条の規定に基づく説明員
     ・自衛隊のイラク派遣について慎重な対応を求める意見書の処理結果
     ・議員派遣
 日程第8 議案上程
 日程第9 市長施政方針及び提出理由説明
 日程第10 議案審議
     第27号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案
 次回予定報告・散会
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(24名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員

P.2
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員    24番  大 島 国太郎 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      山 元   弘  教育委員会
                                  委  員  長
   吉 野 英 明  教  育  長      島 村   栄  参事兼教育次長
   横 山 清 毅  選挙管理委員会      冨 田 金 治  選挙管理委員会
            委  員  長               書  記  長
   金 子   昇  公平委員会        中 野   武  代表監査委員
            事 務 職 員
   金 子   昇  監 査 委 員      仲   智 洋  農業委員会
            事 務 局 長               事 務 局 長
   金 子   昇  固定資産評価       山 崎   豊  副 参 事 兼
            審査委員会書記               高齢福祉課長
   工 藤 秀 典  副 参 事 兼      高 見 輝 雄  福 祉 課 長
            健康保険課長
   藤 田 光 雄  児童福祉課長       山 田 敏 夫  障害福祉課長
   米 窪 堅 治  保健センター       堀 口 泰 男  市民交流プラザ
            所     長               館     長



P.3
△開会及び開議の宣告(午前11時00分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 会議録署名議員の指名
○五十嵐正明 議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、上福岡市議会会議規則第81条の規定により、山口公悦議員、足立志津子議員を指名いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第2 議会運営委員長報告
△次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について
☆報告第1号 議会運営委員会調査報告
○五十嵐正明 議長 日程第2、報告第1号・議会運営委員会の調査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 福村光泰委員長。
         〔福村光泰議会運営委員長登壇〕
◎福村光泰 議会運営委員長 それでは、議会運営委員会の調査報告を申し上げたいと思います。
 平成15年第4回定例会において、閉会中の継続調査として申し出た事件について報告いたします。
 1、調査事件、(1)次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について、(2)議会の放映について。調査日、平成16年2月17日、20日及び26日。会議の場所、第1委員会室。委員会の構成はお手元のとおりでございます。欠席委員、大島国太郎委員、2月17日でございます。
 平成16年第1回定例会について。会期及び会期日程について、会派別総括質疑について、議案の委員会付託について、一般質問について、審議資料の配付日時について、先議について、字句、数字等の整理について、それぞれ調査を行い、次のとおり決定いたしました。
 会期及び会期日程について。会期は、平成16年2月26日から3月16日までの20日間とする。日程については、2月26日に開会し、会議録署名議員の指名、議会運営委員長報告、会期決定、常任委員長視察調査報告、議会運営委員長視察調査報告、市長あいさつ、諸報告、議案上程、市長施政方針及び提出理由説明、議案審議、2月27日は議案調査のため休会、28日、29日は休日のため休会、3月1日は議案調査のため休会、2日は第1号議案から第24号議案まで及び第26号議案を一括議題として、会派別総括質疑、委員会付託、議案審議、3日、4日及び5日は総務常任委
P.4
員会のため休会、6日及び7日は休日のため休会、8日及び9日は福祉・教育常任委員会及び環境・都市常任委員会のため休会、10日、11日及び12日は市政に対する一般質問、13日、14日は休日のため休会、15日は委員長報告作成のため休会、16日は委員長報告、討論、採決、市長あいさつ、閉会とする。なお、3月12日は、消防組合議会の議会運営委員会のため、午前10時30分開会といたします。
 会派別総括質疑について。各会派から通告のとおり、明和会は細井地久議員、順正会は大島国太郎議員、日本共産党は1番目、岩崎公夫議員、2番目、鈴木実議員、公明党は1番目、内田久江議員、2番目、高橋順子議員、市民クラブは1番目、鈴木啓太郎議員、2番目、青山博明議員とする。なお、総括質疑は1日間といたします。
 議案の委員会付託について。上福岡市議会委員会条例第2条の規定に基づく所管並びに上福岡市議会運営に関する細則第20の規定により、次のとおり付託いたします。総務常任委員会9件、以下お手元のとおりでございます。福祉・教育常任委員会13件、以下お手元に配付のとおりでございます。環境・都市常任委員会7件、同じく配付のとおりでございます。
 市政に対する一般質問について。質問は、1日目6人、2日目6人、3日目5人とし、順番は、3月10日は青山博明議員、足立志津子議員、佐藤英夫議員、伊藤美枝子議員、鈴木実議員、内田久江議員、11日は山口公悦議員、高畑博議員、粕谷正臣議員、岸川彌生議員、高橋順子議員、加藤末勝議員、12日は岩崎公夫議員、野沢裕司議員、鈴木啓太郎議員、山川寿美江議員、福村光泰議員とする。
 議員への審議資料の配付日時について。2月26日午前9時とする。
 先議について。第27号議案は2月26日開会日に、第25号議案は3月2日総括質疑終了後に審議する。
 字句、数字等の整理について。字句、数字のほか整理を要するものについては、議長に整理を委任する。
 議会の放映について。2月17日に日高市議会を視察してまいりました。
 以上、報告いたします。
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対し質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 以上で報告第1号を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第3 会期決定
○五十嵐正明 議長 日程第3、会期決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本日から
P.5
3月16日までの20日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、よって本定例会の会期は本日から3月16日までの20日間に決定いたしました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第4 常任委員長報告
☆報告第2号 総務常任委員会視察調査報告
○五十嵐正明 議長 日程第4、常任委員会の視察調査報告を行います。
 初めに、報告第2号・総務常任委員会視察調査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 細井地久委員長。
         〔細井地久総務常任委員長登壇〕
◎細井地久 総務常任委員長 総務常任委員会の視察調査報告を行います。
 平成15年第4回定例会において閉会中の継続調査の申し出をした所管事務の調査について報告をいたします。
 調査日、調査事項を申し上げます。平成16年1月22日、兵庫県相生市において入札制度の改革について。平成16年1月23日、兵庫県川西市において行政評価システムについて。以上2件であります。
 視察の概要を申し上げます。相生市の入札の改革については、皆さんのお手元に配付してあります資料の2ページにも記載してあるとおり、談合ができない仕組みづくり、入札コスト低減の仕組みづくり、透明性、公平性を高める仕組みづくり、地元の業者を優先する仕組みづくり、以上四つを柱にしております。調査の概要は、お手元に配付してある資料のとおりでございます。問題は一つです。4ページにも書きましたけれども、談合できない仕組みづくりに関する改善については、入札当日くじ引きによって入札の不参加者を決めるということについては、積算をしたにもかかわらず、積算をして会場に来たにもかかわらず入札できないと、こういう仕組みはちょっと問題ではないかということで、現在廃止に向けて検討しているということでございました。
 次に、川西市の行政評価システムの調査でございます。行政評価システムは、行政活動の効果を数値化し、評価していくというものです。これまで自治体では、行政活動は企業活動のように収益性という数値でははかれない、すなわち公共性の数値化は不可能と考えられていたと思います。兵庫県川西市では、事業ごとの予算に直接的な事業費だけでなく人件費や公債費を含めて示し、さらに数値化した行政評価を行っているとのことであり、その取り組みの一部が日本経済新聞でも紹介されましたので、研修に参りました。研修の概要は、お手元に配付した資料のとおりであります。研修後の感想は、非常によい事業手法ではあるが、導入にはかなりの努力と事務の
P.6
レベルアップが必要で、上福岡市では将来はともかく現時点では無理があるという印象です。ご参考として申し上げますが、県内では志木市が平成18年度から行政評価システムを導入すべく準備を行っているということが最近わかりました。
 以上で報告を終わります。
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 総務常任委員会の視察調査報告を終了します。
………………………………………………………………………………………………………………………
☆報告第3号 環境・都市常任委員会視察調査報告
○五十嵐正明 議長 次に、報告第3号・環境・都市常任委員会視察調査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 石山皓一郎委員長。
         〔石山皓一郎環境・都市常任委員長登壇〕
◎石山皓一郎 環境・都市常任委員長 環境・都市常任委員会視察調査報告を行います。
 平成15年第4回定例会において閉会中の継続調査の申し出をした所管事務の調査について、平成16年1月21日及び22日の日程で香川県坂出市及び丸亀市の視察を行い、調査を終了いたしましたので、報告いたします。
 調査事項におきましては、(1)駅周辺整備主要プロジェクトについて、香川県坂出市です。(2)環境にやさしい事業所登録制度とまちの駅整備について、香川県丸亀市で、視察の出席委員はお手元の報告書のとおりでございます。視察の概要は報告書のとおりでございます。
 坂出市の駅周辺整備主要プロジェクトにつきましては、高架方式による坂出駅付近連続立体交差事業の完成を機に、駅周辺の総合的整備を図るため、駅前広場の整備や土地区画整理など11の事業に平成8年度から取り組み、中心市街地のまちづくりを推進しています。(1)坂出駅付近連続立体交差事業は、今回の視察の主要調査事項であります。事業の目的は、鉄道によって分断された南北市街地の均衡ある発展を図り、南北交通の円滑化と踏切事故を解消、さらに駅周辺の土地利用の増大を図ることです。総事業費は205億円で、事業の内容、期間等は報告書のとおりでございます。(2)駅周辺整備主要プロジェクトについての11事業は報告書のとおりです。坂出駅北口市街地再開発事業におきましては、実施期間、当初予定平成10年度から平成13年度となっておりますが、公共施設の整備を含んだ中心市街地の拠点づくりは、現在のところ建物に入るテナント等が未定のため、事業が実施されておりません。
 次に、丸亀市では、環境にやさしい事業所登録制度とまちの駅整備についての二つの項目について視察研修しました。(1)環境にやさしい事業所登録制度を行っています丸亀市では、すべ
P.7
ての事業所が環境に配慮した事業活動に取り組むことを目指してこの制度を創設しました。この取り組み方法によって、種類がエコ・ハートまるがめ、エコ・リーダーまるがめの2種類があり、登録の方法等は報告書のとおりです。現在の登録事業所数は2種類合計70事業所で、全事業所700社に対する登録の呼びかけや制度の拡大、実際の活動調査等を今後の方向性として考えています。(2)まちの駅整備事業におきまして、丸亀市では中心市街地や商店街の活性化を目的に、市内商店街の中心地にまちの駅「秋寅の館」を設置しました。明治時代の秋山寅吉氏の商家を改修して休息施設となっております。お茶やトイレはもとより、物産品の展示販売やギャラリーを設け、くつろぎのひとときを過ごせる空間となっております。運営主体は、地元商店街、市民などの参加による丸亀TMO推進協議会が運営しております。来館数は月平均1,260名ありますが、商店街の活性化にはまだ直接に結びついていないとのことでした。その対応策として、市内定住者の増大を図ることを今後の課題としてとらえ、市街地の整備、改善を新たに展開する準備に入ったところです。
 以上で報告を終わります。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時18分
   再 開 午前11時18分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 環境・都市常任委員会の視察調査報告を終了いたします。
 以上で常任委員会の視察調査報告を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第5 議会運営委員長報告
☆報告第4号 議会運営委員会視察調査報告
○五十嵐正明 議長 日程第5、議会運営委員会の視察調査報告を行います。
 報告第4号・議会運営委員会視察調査報告、委員長の報告を求めます。
 福村光泰委員長。
         〔福村光泰議会運営委員長登壇〕
◎福村光泰 議会運営委員長 報告第4号・議会運営委員会視察調査報告でございます。
 平成15年第4回定例会において閉会中の継続調査の申し出をした所管事務に係る特定事件につ
P.8
いて、平成16年1月14日、15日の日程で岩手県北上市及び青森県八戸市の視察を行い、調査を終了したので、報告します。
 記。1、調査事項。(1)として議会運営と市政調査会について、北上市。(2)議会運営と予算特別委員会について、八戸市。2、出席委員についてはお手元のとおりでございます。3、視察の概要として、常任委員会の表のところでございますが、北上市、同じく八戸市につきまして、各常任委員会は2年というふうに定めてございます。4として、議会運営委員会の構成といたしまして、北上市が任期2年、八戸市も同じく任期2年でございます。
 次に、予算、決算。予算についてでございますが、北上市と八戸市を比較してございますが、八戸市につきましては、予算特別委員会を設け、付託審査。メリットとして、委員は全員のため、同じ認識に立って審査できる。通告制を採用し、款ごとに質疑のため、答弁の休憩時間をなくし、審査内容を充実しているということでございます。1人、2人会派の議員も予算全般について審査できるということでございます。ただ、デメリットといたしましては、全議員の審査のため、日程を5日間とっているようでございます。
 次に、傍聴についてでございますが、北上市、それから八戸市でございますが、特に八戸市につきましては視察、傍聴者が多いということでございますが、これにつきましては、下に書いてございますように、地区公民館活動や中学校の社会見学、こういうものが傍聴に勉強のために来ているということでございました。
 次に、市政調査会につきましては、北上市につきましては四つの専門委員会を設置してございます。商業観光専門委員会、農業専門委員会、公共施設専門委員会、環境問題専門委員会ということでございます。
 以上が視察の概要でありますが、詳細につきましてはお手元に配付してあります資料のとおりでございます。
 以上で報告を終わります。
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 以上で議会運営委員会の視察調査報告を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第6 市長あいさつ
○五十嵐正明 議長 日程第6、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕

P.9
◎武藤博 市長 皆さん、おはようございます。
 本日ここに平成16年第1回定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご健勝にてご参会を賜り、市政の重要案件につきましてご審議をいただきますことは、市政進展のためまことに同慶にたえないところであり、心から感謝を申し上げる次第でございます。
 今定例会におきましては、平成16年度の当初予算案が7件、補正予算案が6件、条例案が12件、その他2件を合わせまして、全部で27件のご審議をお願い申し上げるものでございます。諸議案の内容につきましては、後ほどご説明をさせていただきたいと存じますが、何とぞよろしくご審議をくださいまして、ご議決またはご同意を賜りますようお願いを申し上げまして、開会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。よろしくお願いいたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第7 諸報告
△地方自治法第121条の規定に基づく説明員
○五十嵐正明 議長 日程第7、諸般の報告をいたします。
 本定例会に説明員として出席する者の職・氏名については、お手元に配付してあります説明員一覧のとおりですので、ご了承をお願いいたします。
 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△自衛隊のイラク派遣について慎重な対応を求める意見書の処理結果
○五十嵐正明 議長 次に、意見書の処理結果についてご報告いたします。
 平成15年第4回定例会において可決された自衛隊のイラク派遣について慎重な対応を求める意見書については、内閣総理大臣を初め関係行政庁に提出しておきましたので、ご報告いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△議員派遣
○五十嵐正明 議長 次に、議員派遣についてご報告いたします。
 去る2月3日、上福岡市議会だよりの編集について調査研究のため、上福岡市議会会議規則第159条ただし書きの規定により、大島国太郎議員、鈴木啓太郎議員、内田久江議員及び野沢裕司議員を秩父郡横瀬町へ派遣しましたので、報告いたします。
 次に、2月10日、埼玉県市議会議長会議員行政研修会が熊谷市で開催されました。上福岡市議会会議規則第159条ただし書きの規定により、岸川彌生副議長を派遣いたしましたので、ご報告いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………

P.10
   休 憩 午前11時27分
   再 開 午前11時28分
………………………………………………………………………………………………………………………
△議案の訂正
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 ただいまから議案を上程いたしますが、本定例会に提出されております第1号議案について、市長から訂正の依頼がありました。議長において承認しましたので、このことは継続費の欠落により訂正箇所が多いため、議員各位のお手元には訂正済みの第1号議案を配付してございますので、よろしくお願い申し上げます。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時29分
   再 開 午後 1時02分
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第8 議案上程
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 日程第8、本定例会に提出されました第1号議案から第27号議案まで、以上議案27件を一括して議題といたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第9 市長施政方針及び提出理由説明
○五十嵐正明 議長 日程第9、市長に施政方針及び提出議案の説明を求めます。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、今定例会においてご審議をいただきます諸議案の説明に先立ちまして、私の市政運営の基本的な考え方と重点施策につきまして、その一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆様にはご理解とご支援、そして温かいお力添えを賜りたいと存じます。
 平成13年3月に再び市政を担い、早いもので3カ年が過ぎようとしております。この間、私は、市政に対する基本的理念であります「あなたが主役のまちづくり」の実現と、市民の皆様が夢と希望を託せるまちを築くため、さまざまな施策の展開に全身全霊を傾けてまいりました。幸いにも、議員各位を初め市民の皆様の温かいご支援とご協力をいただき、この思いと行動が今着実に実り始めております。
 その中でも、都市再生とも言える西口駅前地区第一種市街地再開発事業、霞ケ丘団地の建て替え、長年の市民要望であります東口駅前狭隘部分の一部解消と歩道の確保、そして新たな住宅地
P.11
形成を目指す駒林土地区画整理事業が進んでおり、さらに杉並クローバー公園や北野さくら公園が市民の参画のもとに完成するなど、住宅都市としての基盤が整いつつあります。
 そして一方では、就学前児童医療費無料化や霞ケ丘保育園の建て替え、子育て支援センターの開設、介護支援センターの整備充実など、安心して暮らせる生活基盤づくりについても全力で取り組み、情報公開制度の充実やホームページの開設など、市政の透明化や情報の共有化、さらに新行政改革大綱に基づく計画的、そして効率的な行財政運営にも鋭意努めてまいりました。
 また、昨年12月には、行政の大切な責務であります「安全で安心して暮らせるまちづくり」の実現に向け、県内最初の「防犯推進条例」を制定し、市、市民及び事業者等がそれぞれの立場から安全なまちづくりに取り組むべく、その第一歩を踏み出したところでもあります。
 しかし、解決していかなければならない課題があるのも事実であります。私は、今後におきましても、これらの解決と時代の潮流を見据えた施策の展開に全力で取り組み、引き続き市民の幸せと本市の発展のため鋭意努めてまいる所存でございますので、議員各位並びに市民の皆様のさらなるご指導とご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 さて、昨今の社会情勢を見ますと、国の経済指標などでは景気が回復傾向、地域経済も緩やかな回復へと示されておりますが、企業の倒産や若年層の雇用情勢などは依然として厳しい状況にあり、将来への不安が感じられます。また、地方自治体におきましては、国と地方の税財政を見直す三位一体の改革や地方分権の進行、急激な少子高齢化というかつてないほどの激しい変化が起こっております。
 私は、このような状況にあるからこそ、本市の行財政運営におきましても、今まさにみずからの足元をしっかりと見詰め直し、自立性を持った行政主体へと転換していく時期であると考えております。
 そして、そのためには、まず行政の現場に携わる職員一人一人の意識改革を促すとともに、職員の知恵と工夫を結集し、市民サービスの向上と行政運営に全力で取り組むことが重要なことであります。また、今後の公共サービスにおきましては、「受益と負担」という面から、行政が取り組むもの、市民、地域、企業それぞれがみずからの力で取り組むもの、そして、市民、地域、企業が手を携えて取り組むものというようなバランスのとり方、さらに地域社会の中でNPO法人等の活動、企業の地域貢献、環境対策などの社会的責任が一つの企業評価になるような動きを見ますと、そのあり方をそれぞれの立場で見直す時期に来ていると考えております。
 そして、何よりも高度化、多様化する市民ニーズへの的確な対応ができる、より足腰のしっかりとした基礎自治体が不可欠であると確信しており、私の市町村合併への思いは今も変わっておりません。こうした考えから、まずはかねてから関係の深い大井町に対しまして合併に向けての働きかけをさせていただいたところでございます。
 ところで、国の予算は、一般会計の公債依存度が44.6%という深刻な状況にあり、引き続き「改
P.12
革断行予算」の基本路線を堅持し、歳出全体にわたる徹底的な見直しを行い、歳出改革を一層推進するという「緊縮型予算」になっております。また、地方財政におきましても、三位一体の改革の推進による国庫補助負担金の削減、地方交付税の見直しなどで大幅な財源の縮減が予想されておりますが、本市におけるその影響額は地方交付税など約5億円と大幅な減少となっており、その反面、保健医療、介護保険給付などの社会保障関連費が増加傾向にあるなど、本市が今かつてないほど極めて厳しい状況に置かれていることは否めない事実であります。
 こうした状況の中での平成16年度予算の編成を余儀なくされましたが、経常的経費の節減、効率的な財政運営の徹底と先例にとらわれることのない事業執行を図り、「最少の経費で最大の効果」が上げられるよう、昨年度に引き続き、行政の現場を担う各担当部局の主体性を尊重した「枠配分方式」で編成させていただきました。
 平成16年度におきましては、さきに申し上げましたように厳しい財政状況を踏まえ、歳入の確保に努めるべく、その一環として「滞納特別対策室」を設置し、市税及び国民健康保険税の徴収率の向上並びに税負担の公平性の徹底に全力を尽くしてまいります。
 また一方では、第三次総合振興計画に位置づけられております主要事業を初め、都市の顔であります駅周辺の都市基盤整備は、本市に欠かすことのできない未来に向けた大切な投資であり、行政が真っ正面から取り組まなければならないものと考え、将来の財政運営も十分勘案しながら、計画的かつ効率的に事業を実施してまいりたいと考えております。
 そのほかにも、子育て支援施策、教育環境の充実、高齢者の保健福祉施策、火葬場、斎場の建設など、市民の皆様からの要望が強い施策には可能な限り予算の重点配分に努めたところでございます。
 続きまして、平成16年度の新規事業並びに重点施策につきまして、第三次総合振興計画の基本目標の柱に沿って説明させていただきます。
 一つ目の柱は、「ふれあいや助け合う心に支えられたまち」であります。
 初めに、児童福祉の充実といたしまして、子供たちが健やかに生まれ育つ環境を整備するために制定された「次世代育成支援対策推進法」に基づき、次世代育成支援に関する行動の前期5カ年計画を策定いたします。また、昭和40年に建設した上野台保育園園舎の老朽化と待機児童の解消を図るとともに、多様化する保育需要に対応できる機能を備えた園舎に建て替えるための設計を行います。さらに、第5児童館は床等の傷みが著しいことから改修するとともに、不法侵入者や変質者から児童の安全を確保するため、窓を一部掃き出し窓に改善いたします。また、青少年を健全に育てるための上福岡市民会議など青少年育成団体を引き続き支援し、青少年の健全育成に努めてまいります。
 次に、高齢者福祉の充実といたしまして、老人入浴料助成の対象者に家族がいても日中ひとりになってしまう65歳以上の高齢者も加え、外出機会の少ない高齢者の仲間づくり、健康増進、介
P.13
護予防を図ってまいります。また、高齢者及び障害者居室整備資金の貸付要件を緩和し、より利用しやすい制度といたします。さらに、在宅の寝たきりの高齢者やひとり暮らしの高齢者に対し、火災報知器、自動消火器、電磁調理器を給付し、日常生活における便宜を図ります。
 続いて、障害児・者福祉の充実についてでありますが、障害者の働く場所の確保と社会参加を促すため、上福岡市身体障害者福祉会が運営する喫茶「歩歩」に対し、引き続き運営費の支援をいたします。また、障害者施策を効果的かつ計画的に推進するために策定した障害者長期行動計画が平成16年度をもって終了いたしますことから、計画の見直しを図り、今後も計画的に障害者施策が実施できるように、平成17年度からの行動計画を策定いたします。
 二つ目の柱は、「いつでも、どこでも、だれでも学べるまち」であります。
 初めに、生涯学習の推進についてでありますが、西公民館図書室を日曜日も開館し、市民の利便を図るとともに、市民図書館の身体障害者用トイレをオストメイトの方が利用しやすいトイレに改修いたします。
 次に、学校教育の充実といたしましては、児童の情報機器の活用能力を高めるため、上野台小学校、西小学校、さぎの森小学校のコンピューターを増設し、校内LANを構築いたします。また、国際社会に対応する児童を育成するため、小学校における英語活動を支援するAETを各小学校に派遣いたします。さらに、駒西小学校の耐震補強工事、西小学校の耐震補強工事設計、さぎの森小学校のトイレ改修工事、元福小学校の受水槽地上設置工事と図書室屋上防水工事を実施するとともに、市内全小学校の1、2年生の普通教室に扇風機を設置し、教育環境の整備に努めてまいります。
 続いて、社会教育の充実といたしましては、市民図書館の図書や視聴覚資料の充実を図るとともに、市民図書館において、高度情報化に対応したパソコン講習会や起業家のためのビジネス支援講習会を開催いたします。
 次に、市民文化の振興といたしましては、歴史民俗資料館において、舟運と川船などに関する資料を展示する特別展を開催いたします。
 続いて、スポーツ・レクリエーションの振興といたしましては、スポーツを通じた健康づくりを目的として「シニア元気づくり教室」や、各種スポーツに対する意識や技術の向上を図る「スポーツクリニック」を引き続き開催するとともに、新たに上野台体育館を毎月1回個人に無料開放をいたします。
 三つ目の柱は、「安心して住み続けることのできるまち」であります。
 初めに、環境衛生の向上では、環境基本計画のスタートの年となりますことから、市民、事業者及び民間団体との協働のもと、環境配慮に積極的に取り組んでまいります。また、愛犬家協会、獣医師のご協力をいただきながら、ドッグランを利用しての「犬のしつけ方教室」を開催し、飼い主のマナーの向上を図ってまいります。そして、昨年9月から定期的に実施しております「た
P.14
ばこ歩行喫煙・ポイ捨て禁止キャンペーン」を商店街、事業所等のご協力をいただきながら引き続き実施いたします。さらには、生命の源である水を生み出す埼玉県内の水源地域における森林整備事業に対し財政的支援を行う「水源地域森林整備事業」に引き続き取り組んでまいります。
 次に、防災・消防の充実といたしましては、自治会、町内会を単位とする地区防災計画の策定を引き続き支援し、防災意識の向上を図るとともに、上福岡市消防団第5分団の車庫の老朽化が著しいことから、車庫建設用地を購入し、その新築にかかる費用を負担いたします。
 そして、防犯環境の整備といたしましては、児童の安全を確保するため、小学生を対象に防犯ブザーを配付いたします。また、防犯マップを作成し、市民に提供していくとともに、防犯講習会を開催するなど、市、市民及び事業者等の相互協力のもと、防犯意識の高揚と自主的な防犯活動の促進を図ってまいります。
 続いて、上水道の整備といたしましては、引き続き老朽管更新事業と浄水場電気設備点検事業を実施するとともに、安心して水を飲んでいただけるよう、マンション等に設置されている10立方メートル以下の貯水槽の実態調査を行ってまいります。
 次に、下水道の整備といたしまして、富士見台幹線の雨水管工事と福岡江川幹線の維持管理事業を引き続き実施してまいります。
 四つ目の柱は、「季節を体感できる快適なまち」であります。
 初めに、地区整備の推進についてでありますが、駅東口狭隘対策といたしましては、開放的で安全な駅前空間の確保に向け、早期取得に取り組んでまいります。また、西口駅前地区につきましては、上福岡駅西口駅前地区第一種市街地再開発事業の施行による公共施設及び施設建築物工事が着工いたしますことから、引き続き再開発事業施行者である都市基盤整備公団に対し、公共施設整備にかかる費用の負担及び補助を行ってまいります。また、都市計画道路西口駅前通線及び駅前北線の車道部分が整備されますことから、その供用開始に向けて関係機関等との調整に努めてまいります。さらに、上福岡市駒林土地区画整理組合による土地区画整理事業につきましては、円滑な事業の推進が図れるよう、引き続き同組合に対し財政的、技術的な支援等の助成措置を講じてまいります。
 次に、道路・交通体系の整備についてでありますが、「まちづくり総合支援事業」といたしましては、都市計画道路桜通線の整備に向け、引き続き用地買収等に取り組むとともに、地元商店街と協議しながら、市道第513号線のカラー舗装を実施いたします。また、(仮称)東西連絡道路の新設に向けて物件調査を実施するとともに、(仮称)上福岡・川越防災道路の新設に向けて、引き続き川越市との協議を進めてまいります。
 続いて、公園・緑地の整備についてでありますが、市民だれもが親しめる公園緑地づくりの推進といたしまして、(仮称)南台あすなろ公園の平成16年度完成に向けてその整備を推進するとともに、(仮称)滝・長宮地区公園の整備に向け、用地確保に取り組んでまいります。福岡中央
P.15
公園拡張整備につきましては、市民の意見を取り入れながら、その準備を進めてまいります。
 五つ目の柱は、「次世代が後継意欲をもてるまち」であります。
 初めに、農業の振興といたしましては、市内にある揚水機場のうち、老朽化が著しい水中ポンプの改修費用に対し、引き続き補助を行ってまいります。
 次に、商工業の振興といたしまして、各商店街が実施するイベント等に対し、引き続き補助を行うとともに、上福岡市商工会や上福岡市商店会連合会などを引き続き支援し、商工業の活性化に努めてまいります。さらに、伝統ある七夕まつりがことしで50回目を迎えますことから、記念すべき年にふさわしい祭りとなるように、上福岡市観光協会に対する七夕まつり補助金を増額するとともに、同協会を引き続き支援し、観光事業等の振興並びに郷土文化の向上を図ってまいります。
 続いて、勤労者福祉の充実といたしましては、中小企業従事者の福利厚生の増進を図る上福岡市勤労者福祉共済会を引き続き支援いたします。
 六つ目の柱は、「人と情報のネットワークで支えるまち」であります。
 初めに、協働によるまちづくりの確立といたしましては、福岡新田集会所の用地を取得し、地域コミュニティ活動の拠点を確保するとともに、本市のホームページをだれもが見やすく、使いやすくするためにリニューアルいたします。
 次に、男女共同参画の推進についてでありますが、市民のご協力をいただきながら、男女共同参画社会の確立に向けた意識啓発活動等を引き続き実施してまいります。 
 続いて、平和・国際交流の推進といたしましては、平和の大切さを確認し、次世代へと引き継ぐために、戦争体験講話や映画上映などによる「市民平和のつどい」を開催するとともに、地域の歴史に触れ、理解を深めていただくために、「旧東京第1陸軍造兵廠川越製造所」の模型を市内小中学校等で巡回展示し、新たに同製造所に関する解説書を作成いたします。外国籍市民が円滑に生活を送れることを目的に作成した「外国語版生活ガイドブック」の改訂にあわせ、さらにタガログ語版を追加して発行いたします。
 次に、行政の効率的運営といたしましては、「上福岡市例規集、要綱・通達集」をホームページに登載し、市民の利便を図るとともに、市政の透明性を確保いたします。
 そして、計画的、効率的な財政運営の推進といたしましては、第三次総合振興計画前期基本計画が平成17年度をもって終了することから、同計画の実績等を踏まえ、平成18年度から22年度までの具体的な計画である後期基本計画の策定に向けて取り組んでまいります。
 以上、平成16年度の市政に臨む私の基本的な考え方と重点施策等の概要について申し上げさせていただきました。
 さて、やわらかな日差しが注ぎ始めた今日、まちを歩くと、芽吹いている木々や花のつぼみに生命がはぐくまれる生き生きとした春の始まりを感じます。

P.16
 これまで私は、7年という歳月をかけて、新たな時代を築く大樹の種を一つ一つ丁寧に、時には大胆にまいてまいりました。その種は今、若木へと成長し、一輪一輪着実に花を咲かせ、実をつけつつありますが、社会経済の激しい変動や価値観の多様化などから新たな課題への柔軟な対応が求められている今日にあって、さらに美しい花を育てていくためには、行政、市民、企業それぞれが「知識・information(インフォメーション)」、「知恵・intelligence(インテリジェンス)」、「工夫・invention(インベンション)」の三つの「i(あい)」を出し合い、情報を共有し、課題を解決していくことが必要であると考えております。
 私は、地域の力とも言うべきこの三つの「i」を大切にし、常に市民に目線を合わせ、こよなく愛する郷土上福岡に対する情熱をかき立てながら、「いつまでも光り輝くまち」という大輪の花を咲かせるため、勇気ある決断と責任をもって市政運営に臨んでまいる所存でございます。
 どうか議員各位並びに市民の皆様におかれましては、これまで以上に温かいご支援、ご協力を賜りますよう切にお願いを申し上げ、私の施政方針とさせていただきます。(拍手あり)
 それでは、引き続きまして、今定例会に上程いたしました各議案につき、順次ご説明申し上げます。
 初めに、第1号議案「平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第6号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ2億8,466万3,000円を減額し、予算総額を200億3,889万3,000円とするものでございます。
 今回の補正の主な内容といたしましては、まず歳入で、市税が法人市民税の伸びなどにより3億4,590万4,000円の増額、国庫支出金では6,278万5,000円の減額、市債で540万円の減額、繰入金では、財政調整基金繰入金5億5,399万3,000円の減額のほか、総額で5億7,505万9,000円を減額計上させていただきました。
 次に、歳出の主な内容といたしましては、民生費では、介護保険特別会計への繰出金の増や児童扶養手当の減など、総額で1億4,953万4,000円の減額、土木費では、上福岡駅前通線(川崎橋)事業負担金の増など、総額で3,875万7,000円の増額計上をお願いするものでございます。また、人件費につきましては、人事院勧告に伴う給与改定分を計上しております。
 次に、継続費につきましては、環境基本計画策定事業の年割額を減額し、また繰越明許費につきましては、上福岡駅西口駅前地区第一種市街地再開発事業のほか3事業の設定をそれぞれお願いするものでございます。
 次に、第2号議案「平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ141万5,000円を減額し、総額を47億5,425万4,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、繰入金を141万5,000円減額するものでございます。
 また、歳出につきましては、一般管理費を141万5,000円減額するものでございます。

P.17
 次に、第3号議案「平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ9,618万4,000円を増額し、総額を17億4,574万1,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、国庫支出金の介護給付費負担金1,286万円、保険者機能強化特別対策給付金21万円を増額し、事務費交付金188万4,000円を減額するものでございます。また、支払基金交付金の介護給付費交付金2,557万1,000円、県支出金の介護給付費負担金1,147万3,000円、繰入金の介護給付費繰入金1,275万4,000円、介護保険給付費等準備基金繰入金3,937万4,000円を増額し、その他一般会計繰入金417万4,000円を減額するものでございます。
 歳出につきましては、保険給付費1億203万2,000円を増額し、一般管理費の給料、職員手当等、共済費484万5,000円、介護認定費の報酬を100万3,000円減額するものでございます。
 次に、第4号議案「平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、下水道使用料、市債の減額、流域下水道事業負担金の増額、人件費の減額等によるもので、歳入歳出それぞれ603万円を増額し、予算総額を11億4,774万円とするものでございます。
 歳入につきましては、一般会計繰入金4,147万4,000円を増額し、下水道使用料を2,324万4,000円、市債を1,220万円減額するものでございます。
 歳出につきましては、荒川右岸流域下水道事業負担金を915万6,000円増額し、職員人件費を219万3,000円、市債償還金利子を93万3,000円減額するものでございます。
 次に、第5号議案「平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ835万4,000円を減額し、総額を4億6,639万5,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、分担金及び負担金を708万2,000円、繰入金を127万2,000円減額するものでございます。
 歳出につきましては、学校給食費の一般管理費を835万4,000円減額するものでございます。
 次に、第6号議案「上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、公職選挙法の一部改正に伴い、引用条項を整理いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第7号議案「上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて」でありますが、市税と国民健康保険税の大口滞納者の納税対策の充実及び強化を図るため、「滞納特別対策室」を設置するとともに、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、関係規定を整理いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第8号議案「上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することについて」でありますが、地方独立行政法人法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律
P.18
及び国立大学法人法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律により、法の名称変更及び条項移動が生じたため、関係規定を整理いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第9号議案「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、地方公務員災害補償法の一部を改正する法律及び地方公務員災害補償法施行規則の一部を改正する省令の施行に伴い、関係規定を整備いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第10号議案「上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて」及び第11号議案「上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて」でありますが、家庭保育室として市が指定しているたんぽぽ保育室が、平成16年4月1日から社会福祉法人たんぽぽ会たんぽぽ保育園として認可保育園になることに伴い、条文を整備いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第12号議案「上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて」でありますが、高齢者及び障害者居室等整備資金の貸し付けを受けるに当たっての連帯保証人の資格要件を緩和し、あわせて条文を整備いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第13号議案「上福岡市手数料条例の一部を改正することについて」でありますが、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の一部を改正する法律の施行による事務の廃止及び農林漁業団体職員共済組合法の廃止並びに農業者年金基金法が廃止され、新たに独立行政法人農業者年金基金法が制定されたことに伴い、関係規定を整理いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第14号議案「上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて」でありますが、日本鉄道建設公団法が廃止され、新たに独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構法が制定されたことに伴い、関係規定を整理いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第15号議案「上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて」でありますが、上福岡市史編纂事業の完了に伴い、上福岡市史編纂委員会を廃止いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第16号議案「特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、市史編纂委員会委員を別表から削るため、この案を提出するものでございます。
 次に、第17号議案「平成16年度上福岡市一般会計予算(案)」についてでありますが、本補正予算案(後ほど「一般会計予算案」と訂正あり)は、歳入歳出それぞれ181億3,800万円、前年度当初予算対比0.1%の減で編成いたしました。
 まず、歳入の主な項目の構成比について申し上げますと、市税36.3%、地方交付税8.8%、国
P.19
県支出金15.9%、繰入金11.8%、市債15.5%となっております。
 次に、歳入の科目ごとにご説明申し上げますと、歳入の大半を占める市税につきましては、総額65億7,484万7,000円、前年度当初予算対比1.1%の増を見込んでおります。項目別では、個人市民税2.7%の減、法人市民税25.7%の増、固定資産税1.4%の増、都市計画税3%の増をそれぞれ見込んでおります。
 地方交付税につきましては、普通交付税で14億円、特別交付税で2億円を計上しております。
 国庫支出金、県支出金につきましては、前年対比10%減で、3億2,143万7,000円の減額を見込んでおります。
 繰入金につきましては、財政調整基金から13億6,621万4,000円(後ほど「13億621万4,000円」と訂正あり)など、合わせて21億3,063万6,000円の基金繰り入れを予定しております。
 次に、市債につきましては、上福岡駅西口駅前地区市街地再開発事業債3億6,400万円、平成7年度、平成8年度減税補てん債の借換債13億8,110万円、臨時財政対策債で8億4,000万円など、合わせて28億990万円の借り入れを予定しております。
 その他の収入といたしましては、地方譲与税2億600万円、地方特例交付金2億5,000万円、分担金及び負担金3億673万円、使用料及び手数料1億8,828万1,000円等をそれぞれ計上いたしております。
 次に、継続費の設定といたしまして、後期基本計画策定事業1,600万円、また債務負担行為の設定といたしましては、上福岡市土地開発公社が行う用地取得事業4億453万7,000円をお願いするものでございます。
 なお、歳出の詳細につきましては、お手元にお配りしております歳入歳出予算事項別明細書及び事業内訳明細書のとおりでございます。
 次に、第18号議案「平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)」についてでありますが、本予算案は、歳入歳出ともに47億4,272万8,000円で、前年対比5.7%の増となっております。
 歳入につきましては、国民健康保険税15億9,896万3,000円、国庫支出金13億7,526万2,000円、療養給付費等交付金9億1,515万5,000円、県支出金2,988万8,000円、共同事業交付金6,092万4,000円、繰入金6億7,991万7,000円、繰越金4,550万円、その他の収入として3,711万9,000円となっております。
 歳出につきましては、総務費1億3,245万7,000円、保険給付費29億7,395万5,000円、老人保健拠出金11億7,543万9,000円、介護納付金2億7,828万円、共同事業拠出金9,229万6,000円、保健事業費3,454万7,000円、基金積立金及びその他の支出として575万4,000円、予備費5,000円(後ほど「5,000万円」と訂正あり)となっております。
 次に、第19号議案「平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)」についてでありますが、
P.20
本予算案は、歳入歳出ともに34億1,577万8,000円で、前年対比4.1%の減となっております。
 歳入につきましては、支払基金交付金21億5,208万7,000円、国庫支出金8億3,575万2,000円、県支出金2億893万8,000円、繰入金2億1,899万5,000円、その他の収入として6,000円となっております。
 歳出につきましては、医療諸費34億577万8,000円、予備費1,000万円となっております。
 次に、第20号議案「平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)」についてでありますが、本予算案は、歳入歳出ともに17億8,374万円で、前年対比11.2%の増となっております。
 歳入といたしましては、介護保険料3億3,151万1,000円、国庫支出金3億5,587万9,000円、支払基金交付金5億3,440万3,000円、県支出金2億875万1,000円、繰入金3億5,312万6,000円等となっております。
 歳出といたしましては、総務費1億1,048万2,000円、保険給付費16億7,001万1,000円、財政安定化基金拠出金169万円等となっております。
 次に、第21号議案「平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)」についてでありますが、本予算案は、歳入歳出それぞれ11億3,940万円で、前年度と比較して1,437万7,000円の減額となっております。
 歳入につきましては、負担金1,192万1,000円、下水道使用料6億2,698万6,000円、国庫支出金3,000万円、一般会計繰入金3億4,176万5,000円、繰越金5,000万円、諸収入2万8,000円、市債7,870万円となっております。前年度当初予算と比較してみますと、歳入につきましては、下水道使用料が2,470万8,000円、一般会計繰入金が858万9,000円、繰越金が1,000万円、諸収入が1万3,000円の減額となっており、負担金が163万3,000円、国庫支出金が1,500万円、市債が1,230万円の増額となっております。
 歳出につきましては、公共下水道費5億6,433万1,000円、公債費5億7,006万9,000円、予備費500万円を計上しております。主な事業といたしましては、雨水及び汚水管整備事業に8,013万7,000円、福岡江川幹線の維持管理等に659万9,000円を計上しております。
 次に、第22号議案「平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)」についてでありますが、本予算案は、歳入歳出それぞれ4億6,667万3,000円で、前年対比0.1%の増となっております。
 歳入につきましては、学校給食費保護者負担金1億8,371万4,000円、一般会計からの繰入金2億8,279万6,000円を計上しております。
 歳出につきましては、給食費4億6,567万3,000円、予備費100万円を計上しております。主な内容といたしましては、調理場の管理運営費2億8,292万4,000円、給食の賄い材料費1億8,274万9,000円を計上しております。
 次に、第23号議案「平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)」についてでありますが、ま
P.21
ず業務の予定量につきましては、給水戸数2万3,600戸、年間総給水量687万立方メートル、1日平均給水量1万8,822立方メートルを予定いたしました。
 次に、収益的収入及び支出の予定額といたしましては、事業収益8億9,638万4,000円、事業費11億3,428万7,000円でありますので、2億3,790万3,000円の損失となり、また純損失は2億4,813万9,343円となります。
 次に、資本的収入及び支出の予定額といたしましては、資本的収入2,025万1,000円で、これは工事負担金と他会計負担金及び国庫補助金であります。資本的支出は2億3,301万8,000円で、これは建設改良費と企業債の償還元金分であります。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額2億1,276万7,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額953万2,000円、減債積立金184万1,000円、建設改良積立金7,253万8,000円、過年度分損益勘定留保資金1億2,885万6,000円で補てんするものでございます。
 次に、第24号議案「上福岡市道路線の認定について」でありますが、市道第678号線、(仮称)東西連絡道路と、市道第680号線、上福岡都市計画道路桜通線につきましては、各事業の実施に伴い認定するものでございます。また、市道第679号線につきましては、長宮地区地区計画における地区施設道路の土地所有者から寄附採納の申し込みがあったので、認定するものでございます。
 次に、第25号議案「公平委員会委員の選任について」でありますが、公平委員会委員河野孝之氏が平成16年5月22日をもって任期満了となるため、再度同氏を公平委員会委員に選任いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第26号議案「上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、職員の調整手当の支給割合を変更いたしたく、この案を提出するものでございます。
 次に、第27号議案「平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ4,996万6,000円を増額し、予算総額を200億8,885万9,000円とするものでございます。
 今回の補正の内容といたしましては、平成4年10月24日、上福岡市立旧第6小学校で起きた事故に対しての損害賠償請求の最高裁判所の判決が2月20日に出されたので、その賠償金の補正をするものでございます。
 以上で今定例会に上程いたしました諸議案の提案説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時56分
   再 開 午後1時57分

P.22
………………………………………………………………………………………………………………………
△発言の訂正
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 武藤市長。
◎武藤博 市長 ちょっと一部訂正をお願いしたいと思いますが、第17号議案の「一般会計補正予算案」と申しましたが、「一般会計予算案」に訂正させていただきますので、よろしくお願いします。これは第17号議案です。
 また、繰入金につきましては、「財政調整基金から13億6,621万4,000円」と申しましたが、「13億621万4,000円」で、6,000万円が余計についてしまいました。これも訂正をお願いいたします。
 第18号議案、歳出、予備費「5,000円」を「5,000万円」に訂正させていただきます。1,000万円の数字が違っていたと。
 以上であります。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時58分
   再 開 午後2時12分
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第10 議案審議
△第27号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 日程第10、ただいま議題となっております第27号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案については、市長から先議の依頼がありました。
 お諮りいたします。上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略し、直ちに審議したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略し、直ちに審議することに決定いたしました。
 議員各位に申し上げます。第27号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案は、第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第6号)案に先立ち、諸般の事情により先議することとなりました。この場合において、第27号議案が議決されますと、字句、数字等について整理することが必要となります。そこで、第27号議案及び第1号議案の整理箇所について、お手元に配付させていただきました。
 休憩いたします。

P.23
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時14分
   再 開 午後2時15分
………………………………………………………………………………………………………………………
△字句の整理について
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 お諮りいたします。字句、数字、その他整理を要するものについては、上福岡市議会会議規則第43条の規定により、その整理を議長に委任されたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、字句、数字、その他整理を要するにものについては、その整理を議長に委任することに決定いたしました。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時15分
   再 開 午後2時15分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 直ちに質疑を受けます。
 青山博明議員。
◆青山博明 議員 質問いたします。
 今回の補正予算の保健体育総務費の賠償金、その内容についてお伺いいたします。この賠償金の裁判のことなのですけれども、平成11年の臨時議会、3月の臨時議会におきましてこの議案が提案されまして、訴えの提起ということで提案されました。そして、そのときの前段で全員協議会が開かれまして、あらましが説明されました。そのときの質疑といいますか、若干のやりとりの中で、今回の訴えにつきましては、控訴理由として、市の方の因果関係を、これを明らかにしたいと、そういうふうなことでした。実際その1審の判決文におきましては、管理義務違反というふうな形で判決文が出されているわけですけれども、市の方の訴えの理由はその因果関係をはっきりさせたいということだったわけですけれども、この因果関係がどのように証明されたのか、これについてお伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時17分
   再 開 午後2時17分

P.24
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 今回お配りいたしました、資料要求に基づきまして提出させていただきました判決書の抜粋等もごらんいただければというふうに思いますが、因果関係ということで、その中に記載されていることから申し上げますと、高等裁判所におきまして、平成11年9月10日付で文書送付嘱託申立書を提出いたしまして、医療鑑定をいたしているようでございます。その中で、埼玉県医師会の推薦の上林医師の鑑定所見が出されまして、それに基づいて因果関係を、この判決書の中に記載されたような因果関係という結論を得ているというふうに理解をしております。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 確認をしておきたいと思うのですが、今回の資料要求の中で鑑定書と、医学鑑定のその鑑定書というふうな形で資料提供をお願いしたわけですけれども、実際にはそれが出てきておりませんけれども、その鑑定の仕方につきまして詳しく教えていただけますか。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 鑑定の仕方ということでございますけれども、私どもの方もその相手側から裁判所の方にそういった鑑定書の提出、鑑定するに当たっての医師の証明というのですか、そういうものを出されて、それに基づいて裁判所が判断をし、一定の判決を出しておりますということで、その裁判所の判断を読む限りにおいて、私どもが理解している内容でございまして、その経過を踏まえて最終的な判断がなされたものというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時20分
   再 開 午後2時23分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 大変申しわけございません。ただいまのご質問でございますけれども、埼玉県医師会推薦の医師の鑑定所見により、裁判所の方で判断をされたということでございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 当初市の方では、この因果関係をはっきりさせるためにということで控訴したわけですから、その鑑定結果が、きちんと鑑定が行われて、それが報告されたというふうに思うのですけれども、市の方としては、その翌年、平成12年ですか、それの9月議会だったと思うの
P.25
ですけれども、この事故の報告がされておりまして、鑑定結果に沿って和解をしたいというふうな形だったわけですけれども、その鑑定結果をそのまま妥当だというふうに判断したわけですか。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 高裁の裁判の判決につきましては、市は尊重してそのままいこうという考えでおりました。 
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 今回この時期に結審が下されたというふうな形で、私は最初はとてもいいことだなというふうに思うのです。この間、大変長い時間をかけてやっておりますし、裁判の結果が今回出たということにつきましては喜ばしいことだと思います。その和解、賠償金を払って和解するというふうな形の平成12年からさらにまたかなりの年月が過ぎているわけですけれども、この間の経過といいますか、なぜこのように延びたのか、これについて教えていただけますか。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 前回、高等裁判所の判決の言い渡しの後、私の方ではその判決に基づいて実施すべく準備を整えていたということでございますけれども、その後、1審の原告側の方から最高裁判所にさらに上告をしたということでございまして、その後の経過が今日に至っているということでございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 今回の2審の判決も読みましたけれども、1審判決を覆すような証言というのは出てきていないわけですよね。結局因果関係というふうな形で、市の方の控訴文の言い分につきましては、新たな物的証拠とか条件みたいなものは出てきていないというふうに判断するわけです。そうしますと、今回のこの期間というのは大変長い重い年月であったなというふうに私は思うのですけれども、この裁判を始めるに当たって、控訴するに当たって、当時の顧問弁護士、あるいはそのときは今の教育長は教育次長でした。答弁の中で、少しでも市に有利な条件を引き出して、これは勝つ見込みがあるからやるのだと、そういうふうなお話でした。そのことにつきまして、今どのようにお考えですか。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 その時点では少しでも有利な方向にとお答えしましたが、結果はこのような状況になっております。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 私は、平成11年3月30日の第1回の臨時議会のときに質問いたしておりまして、そのときには、2週間以内に控訴をしなければ和解にも踏み切ることができないのだと、だからまず控訴をするのだというふうに説明をしているようです。私は、そういうふうに控訴をするのでなくて、和解に持ち込むことができないのかと、子供たち、加害者も被害者も大変長いこ
P.26
と傷ついて、いろいろな点で被害をこうむっているわけだから、直ちにその和解という方法に入ることはできないのかというふうに言いましたら、控訴をしなければその後和解に入ることはできないというようなことで、また弁護士がそう言っているからというようなご答弁でございました。
 ところが、これを見ておりますと、平成11年3月31日に上福岡市が、1審被告が高等裁判所に控訴をする。そうすると、もう翌日に原告の方が控訴をしているわけですよね。そして、2月、つまり1年はたちませんね、どのぐらいでしょう、10カ月ぐらいたった後に市が和解を申し出ているわけですね。ところが、1審原告はこれを拒否と。そちらの資料ですからおわかりになると思うのですが、こういうふうになっているわけです。それで、議会とすると、やはりその控訴をするというのはどんなものなのだろうかと、因果関係を明らかにしたいという気持ちはわからないではないけれどもというさまざまな論議があったのです。特に控訴をする必要はないんじゃないかと言う方もいました。そういう中で、和解のために控訴をするというような感じを受け取って、ほとんどの方が賛成をしたということなのですが、これを見ますと本当にこじれているなということがよくわかるわけです。3月31日にこちらが控訴をすると、翌日ですか、これは多分ね、控訴をするわけです、原告が。こうなりますと、やっぱり見方が甘かったというか、ではないかということと、こちらの態度が大変不誠実だということがこの今回いただきました判決の内容や向こうの原告の言い分の中にも入っているわけです。交通事故の裁判においても、こんなに申しわけないと謝りに来ないなんていうことはあり得ないと。原審において和解手続が開始されるまで、申立人に対する支払い提示も全くされず、謝罪は現在に至ってもされていない、こういうような事態なのですけれども、市は誠実に対応していたのでしょうか。この点について、大変平成11年の議会の報告とは違うように思うのですが、和解手続といいますか、和解の対応は、これで見ますと、平成12年2月7日、そしてまた平成12年9月13日に原告が上告をしまして今までかかっているわけです。そういうことを考えますと、本当に誠実に対応していたというふうには思えないのですが、誠実に対応していたという何かこう、最後の最後になっても不誠実であったと言われるような対応では困ると思うのです、今後のことも含めまして。どうなのか、この点についてどのような努力をされたのか、まず伺います。
 これは、市民の税金で、それこそ国民が払っている税金の中から支払われるわけでございますし、実際には保険金で払われるといっても、市長会の中から出されているわけですから、これは公金と同じようなものだと思うのです。そういう点で、私たち個人が裁判をやった場合に、こんなに長いことこじれて、そして実際には成果がかち取れないことがわかっているというか、これをずっと裁判記録なんかを見ますと、市の弁護士さんが本当に正当に判断されたのかどうかということが大変不思議に思いますが、この点について伺わせていただきます。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。

P.27
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時32分
   再 開 午後2時35分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 これまでの裁判の経過、また判決書の中身を見ますと、ただいまご指摘いただいたとおり、不誠実な点がつつ書かれております。それらを踏まえまして、市といたしましても、一度は控訴した経過もございますけれども、最終的な判断、今回出ました最高裁の判決そのものを見まして、やはりそれを総合的に見まして、それもすべて承知の上で私どもが今回損害賠償に応じるということで考えておりますので、ご理解いただければというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 和解案を提示したのは、ここにある概要書の中の1カ所ですよね。これで見ますと1カ所だというふうに思いますが、どうでしょうか、もう一回。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 当市で和解のお話を出させていただいたのは、平成12年2月7日のみでございます。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 本当にびっくりいたしました。このほかに和解の案が提示されていれば、努力をされているなということがわかるのですが、1回というのは、私どももいろんな生活相談などを受けましてやりますけれども、和解というのは、何回か少し当たってみたり、またぼんと当たってみたり、いろいろやるわけです。だけれども、これ1回という、こんな大事なものを。というのは、ある議員がこの11月の臨時議会の中で言っておりますけれども、やっぱり保険で出すから安易にやるのは困ると、控訴するのは困るということを言っていらっしゃるのです。そういう意味からすると、大変残念です。もう23歳になるそうです、その子は。そういうことを考えますと、ひどい話ではないかと思います。
 それで、もう一つ伺いたいのですが、それではこの事件後、教育委員会としてはどのように事故が起きないように対処されているのか。また、今回の5,000万円を使うこの事故に対して、やはりきちんとした対応をしていただきたいと思うのです。そのほかの条件ということで資料要求しましたら、向こうからは何もないようですけれども、やはり5,000万円を払う以上は、市がきちんとしたこういう対応をしたということを広報などに発表していただいて、二度とこういうことが起きないようにというようなことをやるべきではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。

P.28
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時38分
   再 開 午後2時40分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 この事故の直後におきましては、傷害事件でございましたので、このようなことが二度と起こらないよう、原因の究明あるいは事後の対応等、そういう検討や実施が行われたのではないかというふうに思っておりますが、最近では教育委員会といたしまして、校長会議等を通じまして、生活習慣の一環として、または授業におくれることのないよう時間を守ることなど、組織的な取り組みをするように話をし、また指導もしているところでございます。また、こういうような事故がないよう、原因やその責任等も今後よく整理をして、この判決をもとに原因究明あるいは責任の問題、そういうところも十分精査、整理いたしまして、再度そういう機会を通じまして周知を図っていきたいというふうに考えております。
 また、市報等の広報でということでございましたけれども、まだそういう点については考えるまで及んでおりませんので、ご理解いただければというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 ほかに質疑ございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 青山博明議員。
◆青山博明 議員 それでは、本議案に対しては賛成の立場ですけれども、一言申し上げて討論といたします。
 平成4年の事故ですので、大変長い時間かけてこの裁判の結果が出ました。平成11年の議会でも申し上げましたけれども、本当に慎重で必要な裁判なのかどうかというのをきちんとやっぱり審議される必要があるのかなというふうに思います。今回の、11年かかっていますから、事故があってから結審が出るまで。その間の例えば障害の度合いとか、そういうことではなくて、あるいはお金がどこから出るかとか、そういうことではなくて、やはりその間の当事者同士のいろいろな、子供ですから、当時はまだ、そういうふうなことも含めて、やはりこの間の年月というのは大変重要な時間だったのではないかなというふうに思います。成長期の子供において、ずっとこの11年間裁判をやっているという、そういうふうな実態が明らかですから、今後の市の執行部のいろんな裁判の訴えであるとか、あるいはそういう同様のことに関しましても慎重にされるように要望いたしまして、賛成の討論といたします。

P.29
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 それでは、日本共産党を代表して賛成の討論を行いたいと思います。
 今回の損害賠償の事故の発生は平成4年であります。間もなく12年目を迎えるという長期の段階での今回の結論ということになるわけですが、途中経過の中で日本共産党は、1審判決の後に行政側の説明の中で和解を前提とした控訴というような説明もあり、そういう中でのいわゆる因果関係の問題を含めてありました。しかし、きょうの議論のその後の経過を見てみますと、行政側としての誠実な対応、あるいは速やかな対応という点では、今後に生かすべき点が指摘されたというふうに思います。同時に、経過についても、議会にそれなりの途中経過があってもよかったのかなというふうに思います。そういう意味では、今回の事例を今後の大きな教訓といいますか、いい方向に生かすべき事例として受けとめていきたいと思いますし、今後行政としてのこの結論に対するきちんとした責任を一刻も速やかに果たすべき立場から賛成といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第27号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第27号議案は原案のとおり可決されました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△散会の宣告(午後2時47分)
○五十嵐正明 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 あす27日は議案調査のため休会、28日及び29日は休日のため休会、3月1日は議案調査のため休会、2日は午前9時30分から本会議を開き、総括質疑、委員会付託、議案審議を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.31
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(3月2日)                                  
 開  議                                        
 日程第1 議案質疑                                   
   会派名 明 和 会                                 
       順 正 会                                 
       日本共産党                                 
       公 明 党                                 
       市民クラブ                                 
     第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案         
     第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案   
     第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案     
     第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案    
     第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案   
     第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用
           等の公営に関する条例の一部を改正することについて          
     第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて         
     第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正する
           ことについて                            
     第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改
           正することについて                       
     第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正すること
           について                              
     第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて     
     第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正すること
           について                              
     第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて          
     第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて      
     第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて          
     第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改
           正することについて                         
     第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)              
     第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)        
     第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)          

P.32
     第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)          
     第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)         
     第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)        
     第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)            
     第24号議案 上福岡市道路線の認定について                   
     第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて    
 日程第2 議案の常任委員会付託                             
 日程第3 議案審議                                   
     第25号議案 公平委員会委員の選任について                   
 次回予定報告・散会                                   
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(24名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員    24番  大 島 国太郎 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事

P.33
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      吉 野 英 明  教  育  長
   島 村   栄  参事兼教育次長      冨 田 金 治  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   金 子   昇  公平委員会        金 子   昇  監 査 委 員
             事 務 職 員               事 務 局 長
   仲   智 洋  農業委員会        金 子   昇  固定資産評価
            事 務 局 長               審査委員会書記
   山 崎   豊  副 参 事 兼      工 藤 秀 典  副 参 事 兼
            高齢福祉課長               健康保険課長
   高 見 輝 雄  福 祉 課 長      藤 田 光 雄  児童福祉課長
   山 田 敏 夫  障害福祉課長       米 窪 堅 治  保健センター
                                  所     長
   堀 口 泰 男  市民交流プラザ
            館     長



P.34
△開議の宣告(午前9時30分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会第6日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席届
○五十嵐正明 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。
 保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。選挙管理委員会委員長・横山清毅(私事都合1日)。代表監査委員・中野武(私事都合1日)。以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 議案質疑                                   
△第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案             
△第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案       
△第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案         
△第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案        
△第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案       
△第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営
     に関する条例の一部を改正することについて                  
△第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて             
△第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することにつ
     いて                                    
△第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正するこ
     とについて                               
△第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて
△第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて         
△第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて
△第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて              
△第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて          
△第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて              
△第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するこ
     とについて                                 
△第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)                  

P.35
△第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)            
△第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)              
△第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)              
△第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)             
△第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)            
△第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)                
△第24号議案 上福岡市道路線の認定について                       
△第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて        
○五十嵐正明 議長 日程第1、第1号議案から第24号議案まで及び第26号議案、以上議案25件を一括議題といたします。
 ただいまから議案25件に対する会派別総括質疑を行います。
 質疑の方法は、会派別総括質疑時間一覧及び会派別総括質疑通告者一覧の順番に質疑を行います。
 なお、一問一答方式により質疑を行いますので、各議員においてはよろしくお願い申し上げます。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、明和会所属議員から質疑を受けます。
 細井地久議員。
◆細井地久 議員 明和会を代表して、平成16年度の当初予算に関連していろいろお伺いをいたします。
 平成16年度の一般会計予算は、地方交付税と臨時財政対策債の双方で4億6,000万円の減少となりました。また、国庫負担金、国庫補助金は、公立保育園運営人件費などの一般財源化などにより、新設された所得譲与税を加えても、合計で1億8,900万円以上減少いたしました。しかし、これら国から交付される金額は、次年度以降もさらに大きく減額されていくものと考えます。平成16年度の国の一般会計の予算案は82兆1,100億円です。しかし、税収は41兆7,470億円しかないのです。この不足部分のうち36兆5,900億円は、国債の新規発行で穴埋めすることになっています。我が国で税収の一番大きかったバブルのピークのときでも60兆1,000億円ですから、現在ではこのときの税収を大きく超える予算を組まざるを得ない状況です。国の公債残高は、税収の12年分の480兆円になりました。平成16年度は、一般会計だけで利息を8兆7,000億円以上支払うことになります。国の一般会計から繰り出しをする交付税及び譲与税配付金特別会計などの利息分を合わせると、実質的に10兆円前後の利息を負担することになると考えます。つまり、消費税は利息の支払いで全部消えてしまう計算です。国債の暴落を防ぐため、郵便貯金で国債を買い、また計算上は新規発行の長期国債の6割以上を日銀が市中から吸い上げているのが今の日本の現状で
P.36
す。もし今後利息が上がったらどうなるのでしょうか。このような国の財政状況を考えれば、三位一体の改革といっても、地方自治体の財政は今後急速に厳しさを増すのは当然のことです。したがって、今後行政経費を大幅に節減することが必要になります。
 前置きが長くなりましたが、質問に移ります。平成16年度の予算では、地方交付税が1億円減少することになりますが、どのような計算方法で減るのかお答えをいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 平成16年度の予算で地方交付税が1億円減少するということになったことについて、どのような計算方法で編成したのかということでございますが、ご承知のとおり、平成16年度地方財政計画上の地方交付税の総額につきましては16兆8,861億円、前年対比で1兆1,832億円で、6.5%の減ということになっております。これは4年連続の減少でございますけれども、基準財政需要額の伸び率につきましては、基準財政需要額の一部を臨時財政対策債に振りかえる措置を講じる前では、経常経費としては前年対比0.5%の減、それから投資的経費では前年対比で25.5%の減ということが国から示されております。そういうことで投資的経費が大幅に減となった要因でございますけれども、地方財政計画の投資的経費のうち、普通建設事業費の単独分が前年対比9.5%減になったということが影響してございます。こうしたことから、地方財政計画の情報等を勘案しまして、本年の基準財政需要額の算定に当たりましては、過大に見積もらないようにまず心がけました。そして、平成16年度の道路延長等の測定単位を変更しまして、その次に地方財政計画で示された基準財政需要額の経常経費を前年度交付実績で示された単位費用から0.5%程度減じまして、投資的経費の単位費用を同じように25.5%程度減じて算定をしました。また、公債費につきましては、前年度交付実績の単位費用と同額で積算をしました。基準財政収入額につきましては、平成15年度の決算見込み等を勘案いたしまして積算をしたところでございます。このような結果から、基準財政需要額の経常的経費、投資的経費及び公債費で77億7,991万9,000円、また臨時財政対策債への振りかえ需要額は8億4,000万円、基準財政収入額については55億3,172万9,000円をそれぞれ見込みまして、若干端数整理をさせていただきましたけれども、その結果、普通交付税については14億円の当初予算を計上させていただいたところでございます。なお、まだ正確な単位費用等については国から示されておりませんので、この時点では今申し上げた内容で算定をいたしました。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 今いろいろお話しいただきましたけれども、まず補正係数です。これは、市町村の合併なんかに絡んで、段階補正がいろいろ議論されているわけですけれども、補正には種別補正とか段階補正、それから密度補正、態容補正、いろいろあると思いますけれども、これらの補正係数というのは変わっているのでしょうか。いかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。

P.37
◎鈴木久志 総務部長 補正係数につきましても、個々細かい点では国の方では変えている点がございます。また、今おっしゃった合併という言葉がありましたが、それらにつきましては、今回合併についての段階補正等については私の方では考慮しておりません。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 今までさまざまな事業で交付税措置が決まったものがありますけれども、この既に決まったものが減額されるということがあるのかどうかお尋ねをします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 既に決まったというご質問ですが、私の方、既にいろんな事業、臨時財政対策債等々、交付税の需要額に算入をされたというものについてということで理解をさせていただきます。そのようなものにつきましては、変更はございません。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 今後地方交付税がどのようになっていくのか、もしわかっている点があったらお知らせいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 今後地方交付税はどのようになるのか、その変化でございますが、平成16年2月時点で国の衆議院の予算委員会で谷垣財務大臣がおっしゃっていることは、地方交付税は特別会計からの借金が50兆円あると、財源保障機能はできるだけ抑制し、地方への権限移譲とあわせて交付税全体を圧縮していく必要があると、このように述べていらっしゃいます。このようなことから、最新の状況と今までの4年連続の交付税額の減少等という過去からの経緯等を踏まえますと、今後も地方財政計画の歳出のうち、普通建設事業などの投資的事業の単独事業、これらの事業費は抑制されることになっていくと、このように私どもでは受けとめております。このことにより、基準財政需要額の中の投資的経費の需要額を今年度と同様に減少していく、また全体の地方交付税総額を抑制するといった、そういう議論がされておりますけれども、その辺は今後国で十分審議されるだろうというふうに受けとめております。したがいまして、今後も削減の方向とならざるを得ないと、このように受けとめております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 今後地方交付税は非常に厳しくなっていくと思いますので、それを十分考えていろいろ財政運営をしなければいけないのかなと、こういうふうに思っております。
 平成16年度より保育所運営費負担金のうち公立保育園分については一般財源化されました。また、介護保険事務費交付金、児童手当事務取り扱い交付金、児童扶養手当事務交付金もまた一般財源化されました。これらの一般財源化されたものは、当面所得譲与税として国から交付されることになっています。そこで伺います。これらのものは、所得譲与税に変わることによって、実質的には減額されることになると思いますが、どの程度減額されるのかお伺いをいたします。

P.38
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 国庫補助負担金の一般財源化に伴いまして、一方で所得譲与税に振りかえるという措置があるわけでございますが、平成16年度の当市の予算編成上から申し上げますと、その保育所運営費負担金等で事業的には4事業該当いたしまして、国庫補助金が廃止をされまして振りかえられております。その国庫補助金の影響額といいますのは、1億5,000万円程度の減少ということで影響が出ております。これらの平成15年度及び平成16年度の国庫補助負担金を一般財源化することによりまして、国は所得譲与税を今回創設をいたしております。その金額につきましては、当市においての影響額は9,100万円の譲与というふうになってございます。これを単純に差し引きしますと、1億5,000万円から9,100万円を引くと約6,000万円の減収ということになります。こういうことで、実際に7月の交付税が決定された時点でないと正確なものは何とも言えない状況にございますが、結果が出次第、また機会を見ましてご報告をさせていただきたいと、このように考えております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 生活保護費の国負担金は、平成15年度の予算で5億6,500万円余であったものが、対象人員の増加等もあって、平成16年度は7億2,000万円余と大幅に増額となりました。生活保護費は4分の3が国負担となっていますが、平成17年度以降は国の負担割合が少なくなっていくのではないかと推測しています。もし現在わかっているものがあれば、今後どのようになっていくのか、わかる範囲で結構ですから、お答えいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 生活保護費の国の負担金につきまして、減額の方向で今示されております。確かにおっしゃるとおり、生活保護費は4分の3国が負担となっておりますけれども、その4分の1は地方自治体が負担するということでございます。当市におきましても、生活保護世帯の扶助費については右肩上がりで現状は推移しております。そういう意味で、市の自己負担という額は年々増加の一途でございます。そういう中で、いろいろ三位一体の改革に向けて国は措置をしておりますが、減の方向になっていくだろうというふうに私ども受けとめております。いずれにしましても、これも平成17年度に今後の減率ですね、国の、これはまだはっきりしたことでは申し上げられないのですが、一部ちらちらと聞いている話では、徐々に4分の3が少しずつ変化していくのではないかと、要するに国の負担を軽くしていくという方向で動くというようなことも聞いておりますけれども、まだこれははっきりしたことではございません。いずれにしましても、平成17年度にこの措置が実施された場合について、その負担割合を引き下げられた分、どういうふうに国が地方に措置をしていただけるのか、今年度創設された所得譲与税で措置されるのではないかというふうに現時点では考えておりますが、その辺はまだ定かではないということも含めまして、現状だけお答えさせていただきます。

P.39
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 平成14年度の国の社会保障費、これを100とすると、将来的には2.2倍ぐらいに伸びるのではないか、今のままでは。それで、国もやはりこういう社会保障費に切り込まざるを得ない。生活保護費についても、今4分の3ですけれども、これが将来的には2分の1にせざるを得ないのではないかという議論がされているようです。非常に大きな問題ですけれども、ひとつこういったこともやっぱりいろいろ対策を考えていかなければいけないのかなと、このように考えています。
 次は、合併の問題に移ります。今、上福岡市は急速に高齢化率が高くなっています。昨年10月に発行した明和会だよりにも記載いたしましたが、上福岡市は昨年8月1日現在で12歳の方が400名です。しかし、60歳の方は901名、65歳の方は848名という状況です。平成12年以降、毎年平均1%ずつ高齢化率が高くなっています。埼玉県の市で見ると、上福岡市は秩父市、羽生市に次いで3番目に高齢化率が高く、本年1月1日現在では18.33、65歳以上の市民は9,890人となっています。県内で2番目に高齢化率が高い羽生市の本年1月1日現在の高齢化率は16.64ですが、高齢化のスピードは上福岡市の方がかなり早くなっているので、県内の市でも2番目の高齢化率になるのも時間の問題です。また、生活保護世帯における高齢者の割合は、実質的に県内第1位です。国の財政危機で、地方交付税、国の補助金は今後大きく減少していきます。平成18年度には税制、交付税制度が大きく変わる見込みであり、地方交付税はかなりの減額となることが見込まれます。合併をすれば、合併をした年度とその後10年は地方交付税が減額されず、11年以降も5年間は段階的に減少することになっています。したがって、上福岡市の財政を守るためには、税制が大きく変わる前の平成17年度までに合併を実現すべきだと考えます。残念ながら、2市2町の合併協議会は解散せざるを得ない事態となりました。しかし、新聞に武藤市長の大井町との合併構想の記事が出ていました。そこで、市長に大井町との合併についての考え方と、今後どのようにして大井町との合併を進めようと考えておられるのかお伺いをいたします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 大井町との合併のお話なのですが、今の私の施政方針でも、これからもそういう合併ということについては前向きに私は取り組んでいくのだというお話をしてあります。ただ、今回大井町にお話を申し上げましたのは、問いかけをしたという段階でありまして、まだ大井町からではこうしよう、ああしようという、あるいはこうしますよというお話は一切来ておりません。そういう中で、現状で私の方からお答えすることは、ちょっと今は控えたいというふうに思っております。ただ、大井町から議会後回答したいというようなお話がございました。ただ、その中で、私の方で大井町となぜやったのか、富士見市が賛成で、富士見市と上福岡市がやればいいではないか、いろいろ意見があるかと思います。ただ、私の選択としては、要するに農業あるいは商業というものを含めて、大井町との深いかかわりは歴史的にも非常に古いということが一つあ
P.40
ります。それからもう一点は、皆さんもご存じのとおり、境界が非常にじぐざぐで、飛び地があったり、いろいろと問題がある地域が上福岡に存在するということもあります。あわせて、私は常日ごろ申し上げておりますように、鉄道を挟んだまちの形態、これはよく私日ごろ申し上げているように、地域の住民としては、西口には約30%、そして東口には70%の人口がいるのだ、こういうことを考えますと、大井町との合併ということによって、この西口の奥行きが非常に広くなっていくというようなことも念頭に入っております。そういうことを含めて、一応大井町に、反対票はありましたけれども、どうかというような問いかけをしているという状況でありまして、その先の話は、大井町からの何らかの回答があった時点でまた皆さんにご相談をしていく、あるいはいろいろな考え方を説明させていただくということで、現状の中では問いかけをしたということに対します説明をした程度にとどめておきたい、このように思っておりますので、よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 私は、三芳町を除いた2市1町の合併を進めることができれば、それが一番よいと思っています。しかし、大井町の住民投票の結果などを考えれば、大井町、富士見市を含めた2市1町の合併を実現することは極めて困難であると判断しています。したがって、上福岡市は大井町と合併を進めるのか、富士見市と合併を進めるのか選択をせざるを得ないと思います。市長が説明されたとおり、大井町との合併には多くのメリットがあります。なおつけ加えるならば、学校の改修には国の補助金がなくなりましたが、合併特例債を使えば、大きな負担なしに西小学校を建て替えることも可能になります。また、大井町もごみ焼却炉や急増する児童のために必要となる校舎などについても大きなメリットがあります。市長の言われるとおり、ぜひ大井町との合併を実現したいと考えております。しかし、大井町との合併が実現できなかった場合でも、これは私個人の考え方ですが、富士見市との合併を検討すべきだと思います。富士見市について言われることは、借金が多いということです。確かに平成14年度末で見ると、一般会計と区画整理事業を合わせた富士見市の公債残高は、住民税減税補てん債、臨時財政対策債を含めて284億300万円です。このうち、キラリふじみ建設にかかわるものは総額で40億9,400万円となっています。上福岡市の平成14年度末の公債残高は約112億7,300万円となっているので、富士見市は上福岡市の約2.52倍の借り入れがあります。しかし、富士見市の平成15年度の地方交付税は47億円で、上福岡市の17億円の2.76倍となっています。高齢化率も本年1月1日現在では13.68と上福岡市より小さく、市民1人当たりの市民税額も上福岡市より多いので、志木地区衛生組合の問題が解決されれば、5年先、10年先のことを考え、合併を検討すべきものと考えます。
 次は、リバースモーゲージ制度と言われている制度についてです。リバースモーゲージ制度とは、持ち家があっても現金収入が乏しい高齢者のために、不動産を担保に毎月の生活費を貸し付ける、そしてその死後に清算するというものです。平成14年度に厚生労働省が国の予算に補助金
P.41
を盛り込み、都道府県の社会福祉協議会を通じて全国に普及を図ろうと始めたものです。埼玉県でも、本年度に埼玉県社会福祉協議会を通じてこの制度をスタートさせましたが、市町村の社会福祉協議会が受け付けと相談の窓口になっています。貸付条件は、土地評価額は1,500万円以上であること、貸付金は月額30万円以内、貸付利率は年3%、または毎年4月1日時点の長期プライムレートのいずれか低い方で、毎年4月1日に埼玉県社会福祉協議会会長が定めた額となっています。不動産があっても、現金収入の少ない人も多いと思います。この制度を使えば、固定資産税や介護保険料も滞納しないで済むケースもあると思いますし、何よりも利用者の生活が安定することになると思います。しかし、この制度についてのパンフレットは、社協の多くのパンフレットに埋もれて目立ちません。固定資産税や介護保険料などを滞納している高齢者にこの制度の利用を呼びかけたらどうかと思うのですが、いかがでしょうか、お伺いをいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時00分
   再 開 午前10時00分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 山崎高齢福祉課長。
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 リバースモーゲージ制度、ただいまご質問者からありましたように、平成14年度から新しく新設された制度でございます。この制度につきましては、直接この事業が都道府県の社会福祉協議会の事業であること、その窓口が市町村の社会福祉協議会であるというところが大前提であります。直接市の方の事業ということではないのですけれども、この制度、確かに高齢者の不動産を所有している方々の、ただ日常の所得が少ない中での生活支援の一つということは十分に認識されております。そういう意味では、その辺の活用については、社協の方にその辺の働きかけはしていきたいと思っております。ただ、この中で、今現在上福岡の方ではさほど活用されていないという事実が一つあります。今までに聞くところによりますと1件の申請があったのですけれども、途中でこれは取り下げられたということはお聞きしております。それぞれの中でこの制度の活用、逆に市としてのいろいろな問題点もあるのですけれども、制度としては、そのメリットというものは十分に認識はされているところでございます。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 この制度はちょっと面倒だということで、恐らく全県的にPRが不足しているのではないかなという気もするのですけれども、できればこの制度がもっと使えるようになればと、私はそう思っております。
 次は、歳出の問題に移ります。開会日に示された市長の施政方針で、新年度予算は歳出全体に
P.42
わたる徹底的な見直しを行い、歳出改革を一層推進するという緊縮型予算になっているとの説明がありました。しかし、予算の中には節減できるものがまだかなりあるのではないかと思っています。平成15年度予算についても二つのことを改めていただいて大きな経費節減ができ、今回の補正予算で減額補正されました。新年度の予算についても二つの問題を提起したいと思います。その一つは、複写機のリース料です。複写機は、使用する各部門がそれぞれ個別にリース契約を締結しています。全庁舎を合計すると、かなりの台数です。しかも、同じ機種でも設置場所によってかなりリース料の差があります。使用枚数が多い方が安いかといえば、必ずしもそのようになっていないのです。そこで提案をします。これを庶務課で一括してリースすれば、かなり安くできるのではないかと思います。一つの契約の台数が多くなれば、入札や見積もりではメーカーも協力して安くすることも多いと思います。使用枚数の少ない場所では、機械のリース料からサービス料を切り離し、トナー代金の中にサービス料を含めてしまう方法もあると思います。一括リースに変更する場合は、リース期間の調整など面倒な問題もあると思いますが、ぜひ実現していただきたいのです。いかがでしょうか、お答えをいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 経費の節減の観点からのご質問でございますが、その中の複写機、おっしゃいますとおり、庁舎内に相当台数の複写機がございます。今ご質問者おっしゃったとおり、その機種、それからリースの借り方等々、若干各課におきまして差異がございますが、いずれにしましても、その辺のリース契約を一括で、かつ契約することによっての経費節減、こういう観点からの考え方に伴いましては、庶務課の方としまして一度十分中身を精査をし、その課に合った、要するに使用の形態、頻度に合った形で一度見直しをしてみるという必要性はあろうかと思います。そういう観点から少し調査をしてみたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 同じ機種でも、なぜこんな値段が違うかと思うぐらい値段が違うのがあるのです。これもぜひ見直していただいて、なるべく安い費用でリースができるようにしていただければと思うのです。こういうことを言うとどうかと言われるかもしれませんけれども、まずコピー機というのは上位メーカーと下位メーカーがはっきり分かれています。激しい競争をやっているのです。下位メーカーといっても、結局おかしな会社をやっているのではなくて、ある業界ではトップ、そういう会社が非常に激しい競争をしているのですけれども、上位メーカーと下位メーカーがはっきり分かれています。下位メーカーだからって品物が悪いわけではない。事務機の販売ルートが弱いということだけで安くなっているのです。だから、こういう上位メーカーと下位メーカーを競わせると、恐らく私はかなり安くなるだろうと。一つの機種にこだわっては、一つのメーカーにこだわっては、それほど安くできないと思います。私は、ちゃんとやれば3割は安くなると思っているのです。それからあと、大量の機械は2月、3月、あるいは9月の決算期ぐ
P.43
らいにやるとまた安くできるのかなと、そういう気もしております。ひとつこの点についてはぜひ安くできるようにしていただきたいと思っております。
 次は、ファクスの利用料金についてです。新年度の予算内訳書の22ページ、庶務課の使用料及び賃借料の中に普通紙ファクスリース料として72万3,240円が計上されています。これは、同じ機種のファクスを本庁舎は健康保険課、道路課、秘書広報室、庶務課、第2庁舎は環境課、消費生活センター、教育委員会に設置するものです。しかし、1台のリース料は年額10万3,220円、5年間では51万6,600円となります。このファクスは、送受信ともB4までができるというものですが、なぜこれほど高いものをおのおのの部署に設置しなければならないのでしょうか。家庭用のものであれば、B4対応のもので4万円から5万円で買うことができます。高齢福祉課や障害福祉課に設置されているものは、消費税込みで年額6万7,158円です。なぜ七つもの部署に5年間で50万円を超えるファクスを入れているのかお伺いをします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時09分
   再 開 午前10時09分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 ご指摘の点でございますが、先ほど複写機のリース料の関係でもお答えいたしました。この電話ファクスの関係も、現状においては必要最小限という考え方に立って各使用部署に機種を置いておりますが、設置の箇所数並びに機種、いわゆる大型の今でいうA3まで送受信可能ということが全部の置いてある現状の課で必要かどうか、それらをいろいろ含めまして一度調査をさせていただきたい、その上でまた考えていきたいと、このように考えております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 私は、すべての部署に同じものが必要なのかと。例えば市の代表番号の庶務課、あるいは秘書広報室、それから教育委員会、こういうものについては、例えば高いものを入れると。ただ、消費生活センターのような、そういうようなところはそれほど通信がたくさんあると思えないのです。そういうものについてはもっと簡易の機械にするとか、あるいはA4だけで済むものであれば、A4だけで対応できるものですると。例えば議会事務局のものはA4だけしか対応できないのです。それでも特に不都合は感じていない。だから、その部門でどういう機種が一番最適なのか、もっと少ないお金でリースできるのか。これは、一つのメーカーではなくて、いろんなメーカーを見て決める。この入れる担当者は、私はこれも集中管理をやっぱりすべきだと思うのです。そして、その担当者はどんな世の中にファクスが出ているのか、それぞれ幾らで
P.44
売られているのか、機会があったら常にそういった店で見て、値段の感覚を養わなければいかんです。あるいはどんなものがあるのか、どんな性能なのか、そして最適なものをなるべく安く入れる努力をしていただきたいのです。今の考え方では本当にどうかと思うのです、どんな場所も同じものであれば。なお、小学校、中学校に入っているファクスのリース料は、1台年額で4万5,600円から4万8,000円ぐらいなのです。だから、どうしたら経費が節減できるか、十分考えていただきたいと思います。
 次に、予算書を眺めていると、何でこんなに多くの団体があるのかと驚いてしまいます。それぞれ理由があることと思いますが、同じような団体が、全国だ、関東だ、埼玉だ、西部だ、入間だ、その他さまざまに分かれてそれぞれの負担金を払っています。団体は、数を数えるのも嫌なくらい多いのです。当市だけ会を脱退することはできないものが多いと思いますが、もう少し整理統合する余地はないのでしょうか。廃止できるものはないのでしょうか。近隣の市や町には関係なく、私がある程度内容がわかっているある団体については、団体を脱会していただきたい旨担当課に申し上げました。面倒なこととは思いますが、各種団体の加入について見直しの余地がないのかお伺いをいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時14分
   再 開 午前10時15分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 経費節減の観点からの各種団体の加入についてのご指摘ですが、これは以前から予算編成に当たりまして、経費節減のために、各種団体の加入につきましてはたしか一度精査をしております。その中では国レベルから、国、それから地区、例えばここで言うと関東地区、それから県あるいはブロック、西部地域だとか入間郡市だとか、そういったものをずらずら、ずらずらと、すべて入っているような、加入しているようなものについては一度見直しをし、できれば会議に出席し、効果的な情報交換ができる範囲はどこかというような観点から、間引きするような形で見直した経緯はございます。そういうことで、一たん精査はさせていただいている点がございます。それから、この埼玉県内の地域の各事務研究会と称した自治体の情報交換の研究会についても加入の見直しをし、脱退するか加入金を取らない、要するに事務経費を取らないという方向でそれぞれの団体で協議をして、廃止をしているものもかなりございます。そういう面では精査に努めておりますが、なおかつご質問者がおっしゃる点があるようでございますので、この点はまた一度調査をしてみたいと、このように考えてございます。

P.45
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 私もまだ団体の見直しについては足らないと、この間も何でこんな団体がまだ残っているのかなと、こういうふうに思ったものですから、見直しが十分できていないと、私はそういうふうに感じておりますが、ひとつ見直しについてはよろしくお願いをいたします。
 小泉首相は、民間でできるものは民間にと言っているのは皆さんご存じのとおりです。業務運営について十分な取り決めをして外部委託をすれば、かなりの経費を節減できるものがあると考えます。その一つは水道です。水道は、平成14年度から浄水場の運転などについて民間委託が可能になり、上福岡市でも夜間の浄水場の運営を民間業者に委託しました。そして、平成15年度よりすべての水道事業を民間委託することができるようになりました。民営化することにより、経費はかなり少なくなり、水道料金を抑えることもできると思っております。
 次は、保育園運営の外部委託です。近隣の市や町でも外部委託、すなわち公設民営が目立つようになりました。公設民営化にすれば、運営費は3分の2から2分の1くらいに下がると言われています。明和会では、平成13年2月、新座市の栗原保育園に視察研修に行ってきました。民営化することによって、運営費は公営のときに比べて3分の2に下がったとのことでしたが、活気があり、保育内容も悪いとは思われないのです。私は、市の保育園すべてを民営化せよと言っているのではありません。公営と民営が競い合って、その選択は市民に任せるというやり方でよいと思っています。このたび公立保育園の運営費が一般財源化されたのも、保育園の公設民営化や幼稚園と保育園の一体化を考えた国の施策だと考えています。そのほかにも、学校給食の調理場業務、公民館の貸し館業務、歴史民俗資料館なども民営化を考えるべきだと思っています。3年後には市の職員の大量の退職時代を迎えます。ぜひ今から民間でできるものは民間にやらせるべく検討を始めていただきたいと思いますが、執行部の考え方をお聞かせください。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時19分
   再 開 午前10時19分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 再度休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時20分
   再 開 午前10時20分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。

P.46
 武藤市長。
◎武藤博 市長 今質問者から言われております民営化の問題、これは当然時代の流れとして検討していく時期に来ているということは事実であります。そういう中で、できるものとできないものとの精査をきちっとして、やれるものはやはり手をつけていくということが大事ではないかというふうに思っておりますので、その点につきましてはどんどん研究をしながら推進してまいりたいと、このように思っております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 行政経費を節減する、そして市民へのサービスは減らさない、そのためには私はもう民営化をやっぱりいろいろと考えていかなければいけないと思っております。
 次は、小中学校の統合の問題です。現在の小中学校の教室、児童の数などを考えれば、市内には小学校4校、中学校2校で10分間に合うと思っています。学校の統合には、地域、そして父兄、卒業生の反対などもあるかと思いますが、市の財政状況を説明して、ぜひ実現させていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 学校の統合ということでございますけれども、小学校では4校、中学校では2校に絞れるのではないかと、それによって財政的にというご質問でございますけれども、市内の小中学校の児童生徒につきましては、一定の減少には歯どめがつきまして、底の状態にあるというふうに思いますけれども、まだ、わずかではございますけれども、増加傾向にありますし、また法律上からの学校の適正規模ということから見ますと、12学級から18学級が適正規模というふうに言われております。こういう点から単純に数字を計算してみますと、小学校4校、中学校2校という議論も成り立つわけでございますけれども、教育委員会といたしましては、児童生徒が学校生活を通じて豊かな人間関係をはぐくみ、自主性や実践力などを育成できる教育環境の整備という観点を、またそれを基本にいたしまして、今後は注目していかなければならない霞ケ丘団地の建て替えの問題、それから上野台団地の建て替え等の入居者の動向など、可変要素も大変ございますので、また統合によるメリット、デメリットも十分見きわめていく必要もあるというふうに考えておりますので、慎重に対応してまいりたいというふうに考えています。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 今後やはり新しい人がふえてくると、こういう余地もあるかと思うのですけれども、一方、これから母親になる世代が今後急速に少なくなっていくのです。子供たちも少なくなるだろうと私は思っているのです。小学校が1校あることによって、大体3,000万円ぐらい費用がかかる。交付税分を、1,000万円ちょっと切れるかと思うのですけれども、それを差し引いても、1校2,000万円数が少なくれば減らせる。本当に財政が厳しくなったらいろいろ言っていられないのです。私は、将来はやっぱりそういう方向で考えないといけないと。昔は上福岡市は
P.47
中学校1校、小学校1校だったのですから。それは人がふえたのですけれども、もちろんそのある場所も違うかもしれないけれども、もうそういうことを考えざるを得ない時期に来ていると思うのです。それから、元福小学校ですけれども、私は繰り返し言っておるのだけれども、耐震補強工事をすれば物すごく金がかかるのです。液状化現象を防ぐにはかなりの工事が必要だし、そういうことを果たしておやりになるのかどうか。やはりもう学校の統合は真剣に考えていただきたいと、私はそう思っております。
 最後は、防犯ブザーの問題です。この防犯ブザーというのは、これは貸与するのか、それとも支給するのか、どちらになるのか、まずその点からお伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 防犯ベルの関係でございますけれども、貸与するのか、あるいは無料で配付するのかということでございますけれども、現在考えているのは、配付というふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 配付ということになると、もしこれをなくしてしまいましたと、ああ、そうですかと、それで終わりになってしまうと思うのです。もうなくしました、壊しました。しかし、貸与ということであれば、これは市のものです。なくした、壊した、だったらあなたはほかのもの買いなさいと、こう言えるだろうと思うのです。だから、私は貸与にすべきだろうと思っているのです。川越は、2年ほど前に防犯ブザーを全部つけさせていますけれども、全部貸与なのです。卒業のときに返してもらう形にしてあるのです。そうすれば、なくした場合でも同等品を買えと、そのように指導しているということなのです。上福岡市もそういうふうにすべきだと思うのですが、もう一度ひとつ答弁をお願いします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 貸与にした方がいいのではないかということでございますけれども、例えば貸与になった場合、貸与対象者が小学生ということになります。そうすると、小学生に1年から6年まで大変長期にわたって貸し与えると。その中で紛失あるいは破損等、いろいろなケースが考えられます。そういう中で、台帳なりを今度つくっていかなくてはならないという、そういう整備の問題がありますので、現在考えているのは、先ほど申し上げました配付が望ましいということでございます。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 防犯ブザーは、台帳をつけて管理するようなものではないと思うのです、私は。そのとき在籍している児童に全部行ったということにすればそれでいいし、転校して入ってきたら新しく貸す、出ていったら返してもらう、それで何も私は問題ないと思う。むしろ、なくしました、ああ、そうですか、それに対して買えということは支給したら言えないのです。私は、だ
P.48
からぜひこれは貸与にすべきだと思いますけれども、今ここでこれ以上議論してもしようがないですから、ぜひこれを検討していただける余地があればひとつお願いをしたいと思うのです。
 防犯ブザーもいろいろ問題があると思いますけれども、まず学校の門扉の問題です、これに関連するのは。世の中を震駭させた池田小学校事件の後、学校に650万円の予算で門扉をつけました。私はこの予算の審議の際に、これはむだになる、門扉を管理することは不可能だと本会議で申し上げました。しかし、管理をきちんとするからという答弁をいただいたのです。私は、きのう小中学校を全部回ってみました。門扉がきちっと閉められていたのは駒西小学校だけです。ただし、駒西小学校も南側、西側のフェンスが全部出入りできるように取られているのです。だったら、門扉は閉めてあったって、これは何にもならないのではないかなと、管理されているとは言えないと思っているのです。それから、今度元福小学校、これは人が出入りするくらいあいていました、門扉は。あるいは閉めるときもあるのかもしれないけれども、少しその左側に昔門があって、そこのところにネットが張られているのです。それがもうすっかり破られてしまって、人が自由に出入りできるようになっている。門を閉めたって、そっちからどうぞ出入りご自由にと、こういうような管理なのです。あとそのほかの学校は、全部門扉はがらっとあいているのです。予算は、私はむだ遣いだったと思っているのです。防犯ブザーもこのようなことにならないようにきちっと管理をしていただきたいと思うのです。
 それで、防犯ブザーを非常のときに使えるようにするにはかなり指導なりをしなければいけないと思うのですけれども、どのような指導をされるのか、ひとつお尋ねをします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時29分
   再 開 午前10時29分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 やはり非常時にきちんと使いこなせないということだといけませんので、その準備ということで、各学校におきまして児童に十分指導の上、配付をしたいというふうに考えております。また、その際、小学生でも低学年の場合と高学年の場合では理解の仕方、そういった点も違うと思いますので、ある程度年齢層に合わせた指導方法を工夫してまいりたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 この指導というのは、教育委員会で全校を一つにしてまとめてやるのか、それとも各校長の判断に任せるのか、どちらでやられるのですか。

P.49
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 それは、各学校長のもとに、先生を通じまして指導するということになるかと思います。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 川越の例を見てみますと、学校全部、1年から6年まで、かばんのわきに全部ぶら下げている、そういうところがあるのです。低学年はほとんど、かばんのわきに入れたら非常の場合使えないと思います。それから、なくする、そういうこと、あるいはどこにつけるのか、やっぱり問題だと思います。いろいろ細かく対応して、きちっと指導しなければいけない。それから、2カ月に1遍ぐらいはこの訓練をする、抜き打ちで持っているかどうかチェックする、そういう指導をしなかったら、またむだ遣いになってしまうと、私はそう思っているのです。これをやはりきちっとしなければ、また門扉の二の舞になる、私はそう思っているのです。そこら辺の指導をきちっとやっていただければと思うのですが、いかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 取りつけの場所等いろいろあろうかと思います。やはり非常時にきちんと使えるような準備、そういう観点から指導するようにまた私の方も話をしていきたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 ぜひきちっとした指導をして、これがむだ遣いにならないようによろしくひとつお願いをいたします。
 以上で質問を終了いたします。
○五十嵐正明 議長 細井地久議員の質疑を終了いたします。
 明和会所属議員の質疑を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時32分
   再 開 午前10時46分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、順正会所属議員から質疑を受けます。
 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 初めに、順正会を代表して総括質疑をいたします。施政方針の中から、まず最初に確認の意味で何点かお尋ねをいたしたいと思います。
 火葬場と斎場の建設ですけれども、市民の要望については年々高まっておるところでございま
P.50
す。現在広域的に事業に取り組んでおるわけですけれども、この事業についてどの程度まで進捗がされておるかどうか。それとあわせて、土地の取得と建物の構想等もございますので、それらについての予算の措置、それから負担等もございますので、ご説明を願いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、火葬場あるいは斎場の建設についての内容についてお答えを申し上げます。
 火葬場並びに斎場の建設につきましては、現在入間東部地区衛生組合がその事業として取り組み、また進めているところでございます。この事業に必要とされる平成16年度の当市の負担金につきましては6,639万6,000円でございます。この金額を当初予算に計上させていただいておるところでございます。衛生組合における平成16年度の総事業でございますが、12億6,306万4,000円で、6,000万1,000円の経常経費と12億306万3,000円の事業費から成っております。これらの金額をもとに、一定の算式により算出されたものが先ほど答えました当市の負担金となります。衛生組合からの説明によりますと、全体事業費は約65億円で、今後の主な予定としましては、平成16年度はまず用地の取得、関連工事の調査、設計等でございます。また、平成17年度から平成18年度までは実施設計及び土木工事、建築工事になると聞き及んでおります。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 斎場並びに火葬場については、ご説明ありがとうございました。
 続いて、教育施設についての充実ということで施政方針の中でも述べておりますので、その項目についてのお伺いをさせていただきます。平成16年度も限られた予算の中で、駒西小学校の耐震化工事を初め、教育施設の整備が盛り込まれております。ただ、この中には、福岡小学校の大規模改修の事業が平成16年度に予定されていたなというふうに記憶をしておりますが、これが予算化をされておらないようでございます。これは、国の公立学校施設整備の補助の方針の中で施設整備の補助方針が大幅に変更されたように聞いております。このことによって福岡小学校の大規模改修事業が予算化されなかったのかお尋ねをいたします。また、その補助方針について、どのように補助方針が変更されたのか、これらの内容についてのご説明をあわせてお願いをいたします。さらに、この補助方針が変更された場合、上福岡として今後の小中学校施設整備の計画はどのように考えていかれるのか、またどのように考えていくのか、現時点でのお考えがあれば、このことについてお尋ねをいたします。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 3点ほどご質問をいただきました。まず、福岡小学校の大規模改修事業が予算化されないのは補助金が絡んでいることなのかどうかということと、補助方針がどのように変更になったのか、また今後の考え方はどうなのかという3点でございます。総体的な答えにな
P.51
ってしまいますけれども、そういう観点からお答えをさせていただきたいと思います。
 平成13年度からスタートしました第三次総合振興計画におきまして、平成14年度、上野台小学校を皮切りといたしまして、耐震補強工事を実施した翌年には大規模改修工事を実施していくという年次計画でスタートさせていただいておりました。この時点においては、耐震、大規模とも補助金を想定しておりましたので、それに沿っての年次計画ということでございました。ご質問のとおり、平成16年度の文部科学省の教育施設整備補助の方針が大幅な変更がございました。まず、耐震補強に対する補助金でございますけれども、全国約13万棟ある公立小学校施設のうち、約6万棟、46.6%程度でございますけれども、しか耐震性が確保されていないということから、平成16年度からはまず耐震補強に重点を置いて実施していくという方針となっております。このため、公立文教施設整備補助金予算の中で、耐震補強に対する補助金は他の補助金に比べまして増額ということになってございます。この反面、耐震補強を終わっていない、終了していない施設につきましては、全校舎補強後でなければ大規模改修に対する補助は認めないという取り扱いになったものでございます。したがいまして、福岡小学校大規模改修事業は確かに平成16年度予定をしておりましたけれども、補助対象事業の大幅変更ということから、当面見送りということにさせていただいております。
 現時点における今後の変更計画というご質問でございますけれども、間もなく第三次総合振興計画の後期計画の策定時期ということになろうかと思います。財政フレームの見直し等も当然行わなければなかなか進められないというふうに考えておりますので、3カ年計画の見直し等も計画をされていると思いますので、その中で計画の見直しをしていなければならないというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 3点についてのご説明、理解をいたします。
 再質問をさせてもらいます。教育施設の充実になるわけですけれども、国の公立学校施設整備補助の方針の変更についての今いろいろお話をいただきました。そこで、確認をしておくことが一つございますので、させていただきます。耐震補強工事が終了した施設については、翌年大規模改修を実施していくという、平成15年度までの計画の中で、この逆の順番でトイレの改修をしていくという計画があったと思っております。その計画なのですけれども、このトイレの改修に対する補助はどうなったのか、また今後も計画どおりこれが実施されていかれるのかどうか、この点についてお答えをいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 現時点での考え方になろうかと思いますけれども、確かにトイレにつきましては、大規模改修と同様に、整備されますと、かなり改修した結果の達成感みたいなものが得られるわけでして、利用者にも非常に気分もいいということ、環境改善の面では私の方もやって
P.52
いきたいという考えでおります。
 まず、トイレ改修に対する補助金の件でございますけれども、やはり同様に平成16年度からは補助対象とはならなくなっております。そういうことから、先ほどお答えをさせていただきましたとおり、平成16年度は当面見送りという大規模改修の考え方がございますけれども、トイレ改修につきましては、現時点では単独事業として、地方債を活用いたしまして予定どおり進めていきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 このような説明の状況の中で、財政に取り組む問題について触れてみたいと思います。
 そこで、財政全般について何点かお尋ねをいたします。経済の現況は、長引く景気の低迷で、民間企業でも厳しい経営が迫られており、倒産も相次いでおるような状況でございます。さらに、リストラ等を行っての企業経営の見直しを余儀なくされておる状況がございます。一方、国と地方では、大幅な税収不足のほか、景気が低迷しておりますので、数度にわたっての各種の公共事業の実施、それから減税の実施などにより、国の財政運営とそれに密接に関連する地方財政は財源の不足が生じることにより、地方財政の借入金残高は平成16年度末においても204兆円という額に達する見込みということが言われております。このことにより、地方財政の平成16年度の予算編成に当たっては、現下の極めて厳しい状況、国、地方を通じて当然財政構造改革の必要性を踏まえていかなければならない。引き続いて地方団体においても、地方分権の時代にふさわしい簡素で効率的な行政システムを確立していかなければならない。徹底した行政改革を推進するとともに、歳出の徹底した見直しによる抑制と重点化を進め、また歳入面でも自主財源についての積極的な確保を講じるなど、効率的で持続可能な財政への転換を図ることは急務であると思っております。このような状況のこうした中で、我が市における平成16年度当初予算編成における取り組み状況などを何点かお伺いをいたします。
 まず、経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003という平成15年6月に取りまとめた三位一体の改革の一環として、平成18年度まで4兆円の国庫負担金、公共事業を含んでおります、を削減することとされています。そこで、国庫補助負担金の改革、税源の移譲、地方交付税の見直し等、平成16年度当初予算における影響についてをお尋ねをいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 国の進めます三位一体改革の中で、当市に与える国庫補助負担金等の改革、あるいは税源移譲、地方交付税の見直し等々、予算編成に当たりましていろいろ影響は出てまいってございます。その中でご質問の点について、まず国庫補助負担金の改革、税源移譲、地方交付税の見直しの関係でございますが、最初に国庫補助負担金の改革についてご説明をさせていただきますが、平成16年の国庫補助負担金の一般財源化、ご質問者のおっしゃるとおり、国で2,440億
P.53
円ということでございますが、それと平成15年度に三位一体の改革の芽出しということで既にスタートは切られておりますが、そういう中で示された国庫補助負担金の一般財源化等々示されております。当市のこれについての影響でございますけれども、先ほどもちょっとご質問者がおっしゃいましたが、児童保護費負担金等、公立保育所運営費等、それから介護保険の事務費交付金等々減額をされまして、その金額は総額で1億5,000万円程度の金額が削減されたと、当市にとって削減されたということでございます。
 また、税源移譲の問題につきまして、その代替措置として、今1億5,000万円減額されましたけれども、代替措置としては、新たに所得譲与税等の創設によりまして9,100万円の譲与がされるということで予算も計上させていただいております。差し引きしますと、そこで6,000万円程度の減収になってしまいますが、そういった中での編成をさせていただきました。
 また、地方交付税についてでございますけれども、地方財政計画における地方交付税の総額が前年対比6.5%の減ということで、4年連続減少しているわけでございます。これの主な内容でございますけれども、地方財政計画の中の当市の単独事業、これは普通建設事業費でございますけれども、これについては前年対比9.5%の減、それに連動しまして普通交付税の投資的経費を前年対比25.5%の削減ということによります影響、そういうことで、前年対比当市においては普通交付税の1億円の減ということで、平成16年度予算には16億円を当初予算に計上させていただいたところでございます。
 また、交付税と関連しまして臨時財政対策債についてでございますけれども、これにつきましては、地方交付税同様、地方財政計画で前年対比28.6%の減ということが示されております関係から、当市の前年交付実績、これは11億7,510万円でございましたが、その数値を掛けますと、前年対比3億4,000万円の減ということで、平成16年度は8億4,000万円を計上させていただいたところでございます。
 こういうことから、全体の三位一体の改革の影響は、前年度対比で当市においては5億円程度の予算の減収という結果となってございます。このことによりまして、平成16年度の当初予算における影響ですが、大きな点だけ申し上げますと、これらの収入減に対応するために、財政調整基金の繰入金が前年よりも3億円増額をさせまして、合計で13億円の投入を今回平成16年度においてはせざるを得ないという結果となったものでございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 大変当市も地方財政の中では厳しい状況が増しておるわけですけれども、このことについて国の機関、国に対して要望等をされておるのかお伺いします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 こういった厳しい財政状況ということで、市として国に対しまして何らかの要望はされているのかというご質問でございますが、交付税につきましては、地方から国に対して
P.54
意見を申し述べるという制度がございますので、地方交付税法に規定がございますので、それらにのっとりまして、毎年9月に埼玉県を通じまして要望しているところでございます。特に当市としましては、交付税に色濃く反映します霞ケ丘団地等の建て替えによります急激な人口減少というものが当市においては起きております。そういった人口減少に対する措置としての単位費用の標準化というものをメーンに要望を提出しているところでございます。また、今回年明けにこういった国から数字が示されまして、2月に入りましてまた全国市長会に通じるということで、当市からも一定の基準等により各都市間で格差が生じないように、というのは財源移譲の問題で、国の所得税等々、譲与税から将来的には個人市民税等に振りかえるというようなこともちらちら発表されておりますので、そういう関係もありまして、そうなりますと地域間の格差が開くということが懸念されます。そういうことを含めまして、改めまして2月に税源移譲の早期実施などをメーンにして当市としましては要望を提出させていただいているところでございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 国の機関に対する要望ということは、そういう形で例年行われているわけですけれども、当然市長会等を通じての要望も出されておると理解をいたしております。
 歳出面についても何点かお尋ねをしておきたいと思います。先ほどもちょっと述べたのですけれども、我が市におけるいわゆる政策的な課題がたくさんあるわけですけれども、昨年同様、予算についての枠配分の方式を採用されておるわけです。それは財政再建ということを意識した中で、その事前対策としてのいわゆる効果があったとも判断いたすわけですけれども、反面、財政危機の対策として歳出予算の一律配分を行うことは、果たして職員の事業意欲、行政に対する事業意欲等をそがれるということがあるのかなということを感じ、また思っております。歳出抑制の観点からは、やむを得ない方法をとったというふうに察しております。
 そこで、この予算配分方式の採用というものについて、執行行政の立場から、市民のニーズ、そういったものにこたえるという立場から、メリット、デメリットがあろうかと思います。このことについての行政上における効率、それから市民ニーズに対する効率、こういったことについての分析、それからそうしたことがあるのかどうか、この点について、予算配分方式の採用でのメリット、デメリットの点についてお尋ねをいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 予算編成に当たっての枠配分方式の点でございますが、もちろんご質問者おっしゃるとおり、効果的な予算執行を目指すという観点から、予算編成にかかわりますいろいろな時間的な問題等々、事務的な手順を踏まなければならないということを含めまして、まず効果的な予算編成を目指すために、平成14年度に内部的な行政改革事項ということで検討し、平成15年度から取り入れ、平成16年度で2年目ということになります。そういうことで、この採用に当たって、メリット的な利点、そういうものは一つには、従来のように予算編成に当たって単年度、
P.55
今国の情勢がこのように目まぐるしく制度が変わるところにおきましては、単年度だけを視野に入れては編成しにくいということがございまして、そういうことから、この枠配分方式を採用することによって、毎年10月に予算編成を行う前に早期に予算総額を一定程度把握できると。これは、平成16年で申しますと、もう7月から編成作業に入りましたので、そういったことで早目に予算総額を把握できるということが一つのメリットであります。また、新規事業、拡充事業等、いろいろ事業を事前に把握できるということで、ヒアリングをする際の重点化が図れるというメリットもございますし、その時点で今後の対応策も練るという時間もとれるということになりますので、それらがメリット的なものになるかと思います。また、各部署で事業の優先度、こういうものを十分に研究をしていただいて、各部署が主体的に取り組むということもできますので、そういう中から事業のスクラップ・アンド・ビルドも促進できるということがございます。そういうことでメリット的には考えてございます。
 また一方で、この制度がすべていいというふうにはならないのでございますが、例えば歳入の把握につきましても、取り組みが早いということで、国の動向もまだ見えない中で収入を把握していくということにちょっと難点といいますか、難しさがあるということも承知はしてございます。それから、枠配分を一たん設定をして要求が上がってまいりますけれども、その要求の中で、諸事情により収入の減ということで、結果的に歳出が枠内におさまらないというようなこともございまして、再度若干見直しをしなければならないということも出てきてしまいますが、そういうときに、職員から見た場合、先ほど意欲がそがれるのではないかと、そういう気持ちもわかるわけでございますが、そういったこともデメリット的にはあろうかと思います。もう一方では、枠におさまらないということのほかに、枠にはおさまったのだけれども、内容的にもう一回ちょっと精査をさせていただかなければならない事態も生じてくるということも一部にはございますので、その辺のところ、枠におさまっているのに何でだよというふうなこともあろうかと思いますが、その辺は若干今後予算編成する中で改善できるところは改善していく方向で研究をしていきたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 財政調整基金でございますけれども、これからいろいろ論議になるところでございますでしょうけれども、減少いたしております。そうした中で、事業はしていかなければならない、またその事業を市の政策の中で展開していかなければなりませんけれども、それで、大変大きな問題なのですけれども、今後における予算編成方式についてのお考えをお持ちかどうか、この点についてのお答えをいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 今後の予算編成の方式といいますか、考えということのご質問でございますので、一つには、今申し上げました枠配分方式を2年続けてまいりましたが、次の編成については
P.56
3年目になりますが、今申し上げたデメリット的なものはできるだけ研究し、改善していくという方向で考えてはございますけれども、その辺で引き続きこの枠配分方式を続けていくかどうかということも視野に入れながら考えていきたい。また、もっとよい方法がないのか、何らかの手法を早期に考えて、予算の総額を早く把握していく方法はないかということで考えてございます。まして、こういったことを踏まえまして、今後の平成17年度以降の予算編成を進める上で、国の三位一体の改革、この推進の影響をさらに受けるというふうに受けとめておりますが、地方交付税等が減額されることと予想されますので、自主財源の確保対策としては、一つには当市として独自にできる、市税等の滞納額の状況、あるいは税負担の公平性というものをかんがみまして、一つには大口の滞納者の方を対象とした滞納処分あるいは納税相談、こういったものを強化をしていくというものも一つございます。そういうことで、ことしから4月1日設置を目指しまして滞納対策特別室を立ち上げるということで考えてございます。また、今回条例の改正もお願いをしているところでございます。また、歳出の全般の見直しということで、しっかり平成16年度からきちん見直ししていきたいと。これは、第三次総合振興計画に掲げられた主要事業を含めたすべての事務事業を対象に精査、見直しをしっかりやっていきたいと、このように考え、そういったことから、今後の時代の要請にこたえた市民サービスの充実を行うことを念頭に置きながら、今後も安定した財政運営に努めていきたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 健全な財政運営に努めていくということで、財政運営の健全化の対策として、新しい行政改革を積極的に進めていくと。市民にとっても、行政の不合理な点を改めていくということと、行政効率を高め、経費の節減分を別な、新たな需要等もございますので、それらに対応していくと。こうした市民サービスの要素、これに充当することが大変重要なことであるなというふうに思っております。まして基本的なことでないかと思います。
 そこで、平成14年度の取り組んだ改革、改善された実績と、平成15年度の新しい行政改革推進の予定についてお尋ねをいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時22分
   再 開 午前11時23分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 大島議員、再度質問していただけますか。
◆大島国太郎 議員 私の方で質疑をさせていただいたのは、平成14年度取り組んでいただきましたよね。それで、その実績、改革の実績ですよね、改善された。それと、平成15年度は当然新し
P.57
い行政改革推進をやったわけですよね。平成16年度の行政改革推進の予定があれば、それについてのお尋ねをしたいということでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 行政改革の取り組み状況ということでございますが、ちょっとご質問の内容、私の方の受けとめた範囲でお答えしたいのですが、新行政改革といいますのは、新行政改革の大綱の期間というのは平成14年度から平成18年度を設定いたしました。その平成14年度に取り組んだ行政改革の実績はまずどんなものがあったのかということをご答弁させていただいて、その次に平成15年度の改革の推進の予定ということでご答弁させていただきますが、平成14年度につきましては、まず行政の効率化の項目としましては、上福岡市の審議会等の委員の委嘱に関する指針、こういうものを策定をさせていただきました。これは、議員の皆様方はまだ記憶に新しいと思いますが、それを策定し、審議会等の委員の在任期間だとか、あるいは重複委員の、幾つぐらいの事務事業に委員としてなれるのかという、そんなものを、重複委員の制限というものを、こういうものです。そのほかに、市民の方々からの公募等による委員の登用等を定めた市民参加の推進ということをまず図ってまいりました。そのほかに人材育成、定員管理の推進ということで、最終的には給与の適正化を目指すわけでございますが、それの観点から第2次の定員適正化計画、これは平成15年度から平成17年度の3年間でございますが、これを策定し、適正な定員管理の推進に努めてまいりました。そのほかに情報化の推進の項目としましては、各種情報研修、特に職員にパソコンを配置する関係から庁内LANの整備など、市役所の情報化を推進してまいりました。その次に、最後に財政運営の健全化の項目としまして、先ほどもご答弁しました枠配分方式、これを導入して、各担当部局においてより責任のある予算積算というものを行ってまいりました。
 また、平成15年度の行政改革の取り組みとしまして、現在各課において積極的に推進しているところでございますけれども、その取り組みの状況は、平成15年度まだ終わっておりませんので、来年度に調査を企画としては実施しまして、その全項目の詳細はもう少し先になるわけでございますけれども、取り組みの方向としましては幾つかございますので申し上げますと、まず民間委託に関する指針を策定して、民間委託の推進体制づくりを行うというのが項目としてありますし、また2点目は、簡素で効率的な組織の実現の一環として、国民健康保険課に担当制を導入するなんていうのも予定をしております。それから、給与の適正化という項目では調整手当の見直しや、それから各種審議会委員の費用弁償等の見直しも実施をする予定で項目としては取り上げてございます。最後になりますけれども、自主財源の確保として、来年度から滞納特別班といいますか、今回は滞納特別対策室というふうな名称を考えてはございますが、そういったものの設置をしていく予定も入ってございます。こういったことを改革の中に位置づけまして鋭意取り組んでまいりたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。

P.58
◆大島国太郎 議員 財政の全体像について、最後にお伺いをさせていただきます。
 当初予算でも数字で示されておりますとおり、大変我が市の財政を取り巻いておる環境は厳しい状況にございます。そうした中で、継続をこれからさせていかなければならぬ各種のハード事業、それから高齢化対策、環境整備等、今後において市政の一層の合理化も必要とされますし、そうした中で、この財政の再建というか、財政の改革、再建、そのように、その方向に向けて大変大きな質問になりますけれども、どのように財政当局としてお考えを持っておるのか、この際お聞かせをいただきたいと思っております。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 今後の市政の一層の合理化と財政再建という観点から、今後どういった気構えでといいますか、考えがあるのかということでございますので、それについてご答弁します。
 本市の財政状況というのは、この長引く景気の低迷の影響等から、自主財源の骨格をなす市税、これは平成16年度においては何とか前年並み、平成15年度並みの確保ということになりましたけれども、地方交付税や臨時財政対策債では、三位一体の改革の影響を受け、大幅な縮減がされたわけでございます。来年度以降も今年度以上に国庫補助金等の依存財源の縮減が見込まれるものというふうに受けとめておりますし、そういったことで非常に厳しい状況になるというふうに考えております。こうした中で、非常に厳しい収入状況の中で、前期計画の主要事業に位置づけられました都市基盤整備事業の推進のほか、子育て支援あるいは高齢者福祉のさらなる充実、あるいは学校教育の充実に向けた新たな取り組み、あるいは防犯、環境対策等、今日的課題等、次から次へと行政需要はますます多様化してまいります。そういったことから、今後は前期計画に位置づけられた主要事業を含めた全事業を精査、見直しをさせていただきまして、財源確保と歳出の削減、これを実施した上で、各事業に位置づけられた第三次総合振興計画の理念に沿ったまちづくりに向けて、改めて安定的な財政計画を作成していかなければならないと、このように強く感じているところでございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 財政再建のことについてのご説明、大変ありがとうございました。市長の施政方針の中でもるる、たくさん示されておるわけですけれども、この方針の中身と私が今まで申し述べた認識、それから考え方、問い方については共通をし、同意をすることを申し述べておきます。
 それで、最後に平成16年度の予算概要の説明の中で1点だけ触れさせていただきます。また、このこと等については当然委員会で十分審議がなされるわけでございますけれども、老人入浴料助成事業の拡充なのですけれども、これについて概要の説明がございますけれども、具体的にどのような計画を立てていかれるのか、いつごろ実施ができていくのかというふうなことについて踏み込んだ説明をいただけたらと、それだけなのですけれども、それをひとつお願いいたします。

P.59
○五十嵐正明 議長 山崎高齢福祉課長。
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 先ほど来から高齢化率等の内容も出ております。上福岡市の高齢化率、確かに年々1%ずつ上がっております。65歳以上の年齢も1万人に達しようかという段階に来ております。そういう中で、これから重要なテーマというのは、介護にならない、あるいは介護のお世話になる時期をおくらせる、そういう視点からの介護予防をいかに充実していくかということがいろんな意味で、財政的にも大きく寄与する部分ではないかなと思っております。そういうことで、平成16年度の施政方針の方にもうちの方では三つほど出ているわけなのですけれども、いずれも在宅介護サービスの充実、あるいは介護予防的な視点からの施策ということで施策を考えております。
 その中で、ただいまご質問に出ました老人入浴料助成の関係で、従来、今まではひとり暮らし老人を対象とした老人入浴の助成というものを実施しております。近年問題になってきているのが、朝晩は家族と一緒にいても、日中ひとりぼっちになってしまう高齢者、そういう方々が引きこもりとか、そういう形で介護の方につながっていくということも問題になっております。そういう形で、日中ひとりになってしまうような高齢者をいかに地域との交流とか仲間づくり、健康増進、そういったような形で介護予防につなげていきたいということで、従来行っておりますひとり暮らしの老人を対象とした入浴料の助成を一歩広げて、そういう日中独居の高齢者に対してもその対象に枠を拡大して、入浴等を通じた交流あるいは健康増進を図っていきたいということで、新たに施策として設けたわけでございます。
○五十嵐正明 議長 大島国太郎議員の質疑を終了いたします。
 順正会所属議員の質疑を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時37分
   再 開 午後 1時01分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、日本共産党所属議員から質疑を受けます。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、日本共産党を代表いたしまして総括質問をさせていただきます。よろしくお願いします。前段の方がいろいろと質問した内容もありますので、ダブらないように質問をしたいと思います。
 まず一つ目は、補正予算の第1号議案のことです。平成15年度補正予算が今回提案されております。この内容を見ますと、主に決算補正の内容が中心になっております。そうした中で幾つか、
P.60
何点か質問をさせていただきます。
 まず最初に、歳入の関係です。この中を見ますと、やはり県から今まで補助金として出してきた項目の内容が制度を削減することによって減らされていると、そういうのが幾つかあります。特にその中では民生費関係や、また今回は農林水産業費の、共産党が資料要求をした中に書いてありましたけれども、農林水産業関係では39万1,000円も削られるというような状況があります。一つはこの点で、全体といたしまして、今回出された補正予算の中で、県の削減の制度によって減らされている金額は全体でどのくらいなのか、まずその点をお答えをお願いします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 補正予算の中で歳入の中の県、国等の関係で、私の方では収入の減は国庫支出金ということでご説明をさせていただきますが、民生費の中の民生費国庫補助金の中の身体障害者保護費の補助金としましては1,692万3,000円を減額するものでございまして、もう一点は、同じく民生費の国庫補助金の中の知的障害者施設措置費国庫負担金で5,821万5,000円、これを減額するものでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そのほかにもありますよね。先ほど私が言いましたけれども、農林水産業の関係とか、そういうのも合わせて幾らになるかということでお聞きしたのですけれども、どうでしょうか。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時05分
   再 開 午後1時06分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 大変失礼をいたしました。
 今回の県支出金の減額分の合計金額でございますが、2,469万3,000円の減額でございます。これは合計数字でございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 今報告されたように、県からの補助金も2,469万円余減っているという中で、やはりそれぞれ市の財政にも支障を来しているという状況があると思うのです。今回、昨年の知事選挙の結果、民主党の県政が誕生いたしましたが、しかしながら自民党政治の進めている福祉や農政の後退をそのまま進めてきているということが言えます。
 そして次に、二つ目は地方債の補正の変更のことです。三つありますけれども、その中で特に
P.61
私が聞きたいのは(仮称)東西連絡道路事業債、ほかの二つはすべて減額になっているのですけれども、この事業債だけが700万円増になっております。この変更理由と、あとこの(仮称)東西連絡道路がどこまで事業が進んでいるのか、このことについてお答えをお願いします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 地方債の関係でございますが、(仮称)東西連絡道路整備事業債、この補正の中では、補正の前が1,920万円、補正後の数字が2,620万円、差し引きますと700万円の増額になっておりますが、これにつきましては、制度の改正により、起債の充当率、補正前は起債充当率、事業費差し引き、国庫補助金を差し引いた残りの55%の充当率が、充当率75%に変えるものでございます。その55%と75%のパーセントの差によりまして700万円の増額ということでございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 東西道路の現在の進捗でございますが、現時点では東武鉄道への設計の委託、地元の物件等の調査の委託を現在実施しているところでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、この(仮称)東西連絡道路事業債が700万円増額になったのですけれども、この中身としましては、設計費の東武鉄道への委託等で増額になったということは全然関係していないのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 起債の充当率の変更によるものでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それともう一つは、設計の関係なのですけれども、資料要求を共産党が出した中ではまだできておりませんということですけれども、実際にこれはいつまでにできる予定になっているのかお答えください。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この工期につきましては、3月中旬だとたしか確認をしておりますので、まだ実質的にはでき上がっていない状況でございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、あともう一つは、対応の地権者への説明や、あと話し合いをされているということですけれども、新年度の予算にそれについては一時延長というのか、延期するような計画も出されている関係があるのですけれども、一通り全地権者にもう話が一度はされているのかどうか、この点お尋ねいたします。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 全地権者に対しましては、平成15年7月15日の説明会で、地元関係地主さ
P.62
ん及び借家人さん等を全部お呼びいたしまして、実際的には説明会等をさせていただいて、ご了解をいただいていると認識しております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、その説明会に例えば事情で来れなかったという人に対しては、個々の対応というのはされているのかどうか。それで、実際には地権者との関係で、再度確認したいのですけれども、全地権者と確認、一回は話し合いが持たれているのかどうか、この点だけちょっと確認したいと思うのですけれども。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この説明会にお見えにならなかった方につきましては、東京の方や何かがいらっしゃいますので、そちらの方からお電話等ございましたときには、詳しくお話をさせていただくとともに、資料等要求がございましたときには送付をさせていただいております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、実際に何軒にそういうことで話し合いに応じたり、または実際に相手との関係で連絡をとったり、そういうことがされているのか、その点お答えをお願いします。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この連絡道の関係地権者というのは大体、現在私どもで正確に把握しているのが約90名いらっしゃいますが、この中で実質的にダブっている方等いらっしゃいますので、若干は減るかと思いますが、今一覧表で一応確認しますと、約90名の方がいらっしゃいます。この中で説明会のときに見えなかった方につきましては、私どももできるだけこの内容を把握していただくということで、連絡等をとらせていただいた中で、とれない方もいらっしゃいますが、最終的には大半の方にご連絡をさせていただき、お手紙等で連絡等をさせていただいた状況でございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、何軒が残っているとかというふうに私は確認したかったのですけれども、今の話だと、大半は話が行っているということで、 100%この90軒には話が行っていないというふうなことで私は理解をします。
 次に、補正の歳出の関係で2点お尋ねをいたします。1点は、総務費の関係で、この中に戸籍住民基本台帳の項がありまして、ここで減額がされております。これは、中身としましては、住民基本台帳ネットワークシステムが昨年から本格稼働がされまして、それに伴ってICカードを発行するというようなことが行われております。そうした中で、私が担当課にお聞きしましたら、現在ICカードを発行しているのが138件ということです。当初予算の積算のときには結構大きな目標が立てられたのではないかと思うのですけれども、この点についての目標の設定の仕方、
P.63
これは過大ではなかったかというふうに思うのですけれども、担当の方はどうでしょうか、その見解をお答え願います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 住基ネットの関係でご質問いただいております。これは、当初2,900枚、これは6月の補正予算において、近隣市の平均枚数をもとに2,900枚をお願いしたところでございます。しかしながら、平成15年12月末の交付枚数が152件という非常に少ない状況であります。そういう中で、多少なりとも、多少というか、かなりの過大見積もりをしたことは確かでございます。これは初めての事業でございますので、足らなくなっては大変なことだということもありまして、かなり過大の見積もりをしたと、各近隣の市町村も同様であるというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうですね、当初の見積もりと大分差が大きいわけですから。
 それともう一点、住基ネットのセキュリティーの問題についてです。最近新聞等でも報道がされました。作成したICカードを本人に成り済まして他人が手に入れたというようなことが起こっております。そうした中で、当市におけるセキュリティー対策、これについてはどのように対策をとっているのか、お答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 成り済まし対策、ついせんだっても、きのうですか、福島県の相馬市でも本人に成り済まして金融機関から二百数十万円という金を借りて逮捕されていますけれども、我が市においては幸いにしてそういうことはございませんけれども、対策としてはいろいろ、県あるいは総務省からの通知で、職員の資質の向上のために職員の会議を開いたり、あるいは県主催の研修会に積極的に参加して、セキュリティー対策をとっているところでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 この点については引き続きよろしくお願いします。
 次に、教育費の項の教育指導費の、これについても減額が出ております。2,075万9,000円、これについては、ちょっと担当課にお聞きしましたら、小中学校のパソコンの関係だということなのですけれども、実際に資料を見ましたら、小学校は全体でパソコンが222台入っているというようなことです。それで、さらにこれをもっとふやそうというような計画があるようですけれども、実際に例えば職員で言えば、1人1台を目指すのだということを担当課が言っておりました。学校の場合は、そうした点では何か基準を設けて、何台ぐらいにするのだということが、予定というのか、そういう計画が持たれているのかどうか、その点についてお尋ねしたいのと、もう一点は、この資料には中学校がありませんので、中学校は全体で何台パソコンが入っているのか、この点についてお答えをお願いいたします。

P.64
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 まず、小学校のコンピューターの関係でございますけれども、これはコンピューター室には36台、児童一人一人が使えるようにしようということがまず1点です。それと、普通教室に各1台、それと特別教室に1台と職員室に1台と、そういう配置を計画して、順次整備を図っているところでございます。
 それから、中学校の整備台数でございますけれども、トータルで見ますと166台を整備してございます。やはりコンピューター室については36台、それから普通教室各1台、特別教室各1台、職員室1台と、そういう配置をしてございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そうしますと、小学校についてはあと何台入れれば、そういう今お話ししたような基準というのか、それに当てはまるのか、また中学校の場合は、何台をこれから入れることによって、その計画している達成率というのか、そういうことになるのか、その点についてお尋ねいたします。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 国基準等から比較しましても、ほぼコンピューター室についてはめいめいが直接コンピューターを操作できるという体制になっておりますので、この基準で整備していきたいというふうに思っております。現状36台、普通教室各1、特別教室各1と、そういう基準でこれからも進めていくということでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それともう一点は、実際にそれぞれコンピューターの、パソコンの活用ということで、相当数入っております。実際に授業等でそれぞれの学校で活用されていると思うのですけれども、この状況、実際に例えば学校によっては1週間にどのくらいこのパソコンを使った授業をやっているとか、そういうのを担当課の方では把握されているのかどうかお尋ねいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時22分
   再 開 午後1時25分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 大変申しわけございません。
 授業時間にどのくらい活用されているかというご質問でございますので、昨年11月末までの月平均で申し上げたいというふうに思います。小学校につきましては29.8時間、同じく中学校につ
P.65
きましては28.6時間ということでございます。主な活用内容でございますけれども、小学校につきましては、総合的な学習の時間で調べ学習に主に使うということでございます。中学校につきましては、技術家庭の中で情報学習をするという点で主に使っているということでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、補正の方は以上で終わります。
 次に、平成16年度一般会計予算について何点か質問をさせていただきます。第17号議案・平成16年度一般会計予算についてです。自民、公明の政権が進めております三位一体改革、この間いろいろと質疑もされております。国庫支出金の廃止、縮減、そして地方交付税の見直し、税源移譲を含む税源配分の見直しと、これを一体で進めるということです。2004年の国家予算の中では、国は国庫負担金を1兆円削減したということを盛んに宣伝をしております。その内訳はどういう内容かといいますと、義務教育費の国庫負担金2,309億円、そして保育所運営費1,661億円などの削減となっております。そして、国庫負担金から、これらから今度事業の予算を一般財源化を図るということが今回されているわけであります。それで、今まで国が責任を持ってやっていた仕事を今後は地方自治体の方に移そうというねらいがあるのではないかというふうに私は思うのですけれども、実際にこれらの例えば保育所運営費や義務教育費の関係ですけれども、これは国民の権利を守るナショナルミニマムを定めておりまして、これについては必要な国が財源を保障することが決められていると思うのですけれども、これを変えていこうというねらいがあるのではないかと思うのですけれども、その点についてお答えをお願いします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 三位一体の改革につきまして、かつ国の国庫補助負担金等の改革につきましては、御質問者おっしゃるとおりでございます。この三位一体の改革の方向性としましては、やはり国の三位一体の改革について、基本方針2003、要するに2003年につくった国の方針、この改革と展望というものを基礎としまして、平成18年度までに改革を進めていくということでございまして、今後この改革に伴って、一方では税源移譲ということが大きな柱立てになっておりますので、その税源移譲の費目を含めた金額的なもの、この行く末を、現在各地方団体はこの動きを注視しているという状況でございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 私の質問に対してちょっと答弁になっていない気もするのですけれども、これは国がこの間ずっと国庫負担金をやられてきたのは、そういった私が今お話ししたように国民の権利を守る、そういった位置づけから必要な財源として地方自治体に出していたお金のわけです。これを今後一般財源化することによって、地方にどんどんと仕事も移し、あわせて税の移譲がされているのかというと、いろいろこの間の質疑の中でも明らかになりましたように、そうはなっていないと、減っているというのがあります。

P.66
 具体的に質問に入っていきます。そうした中で、当市の予算の中にもこれが色濃く反映されております。その中で、国庫負担金等が削減され、それとの関係で税源移譲されたのを差し引きしますと、約1.5億円の減になっているということです。それで、実際にこの差の分は、その穴埋めというのか、それはどのように対策を打とうとしているのか、その点についてお答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 国庫補助負担金等の削減、一方で税源移譲の金額、そういったことの差し引きで、やはり各自治体、当市においても減収になっているわけでございますが、今回の平成16年度の予算編成におきまして、全体のそれぞれの事業のやはり効率的な執行の面から、その必要性等すべて精査をしました関係で予算を編成しました。そういう中で、最終的にやはり収入が減っているわけですから、その歳出金額を穴埋めするための財源としましては、今回平成16年度におきましては財政調整基金を投入したと、こういう経過がございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そういう中で、今後さらに来年度、再来年度と削減の国の方のそういった方向も出されているということはさっき答弁の中でありましたが、そうした中で私が心配するのは、市民への負担を、そういった点ではそれをさせるようなことがあってはいけないという立場でぜひ臨んでいただきたいということです。
 次に、歳入の関係ですけれども、歳入の中で地方交付税、臨時財政対策債、これを合わせて4億6,000万円の削減がなっていると。先ほどお話ししましたように、市は事業の見直しをこの間行ってきたということです。そうした中で、(仮称)東西連絡道路については、1年間の経費は縮減をすると、しかしながら継続はすると、もう一つの桜通線の延長計画については、引き続きこれは行うというようなことがこの資料要求の中でも出ております。それともう一つは、その一方で学校の大規模改修事業は、これは削減の対象にするというふうになっているわけです。実際にそうした見直しを行ったわけで、全体をやったということですので、財政計画、この見通し、10年後、15年後、こういった見通しを立てていると思うのですけれども、その点について、財政計画についてお答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 平成16年度の予算に当たりましては、今おっしゃったような各種事業、当市においては第三次の総合振興計画の中の前期基本計画に位置づけられた主要事業等を含めまして、それらに、主要事業に上がらない事業も、予算編成に当たりましては一つ一つその確認をしつつ、編成をしたところでございます。
 そこで、今後の財政計画ということでございますが、現状国のこの三位一体の改革で既に国が動いております。この動きも、基本的な国の考えというのは、国がやはりスリムになるというこ
P.67
とが基本でありますので、当然地方にそのしわ寄せが来ると。年数的には平成18年度までに、例えば国庫補助負担金等につきましては4兆円の削減を目標としています。今回平成16年度の予算に当たりましては1兆300億円を減額しているという状況でありますから、差し引きますとまだ3兆円、平成17年、平成18年の2年で目標を達するというのが現時点の知らされている状況です。それらを含めますと、交付税の見直しもしていく、それから財源移譲の関係もまだまだ、先行きまだ不透明な部分があります。そういうことを含めますと、10年先、15年先の財政計画を現状で今組むということは、これはかなり制度的には自信の持てないものになってしまうだろうということでございますので、そんな10年、15年先の長期の財政計画は現状、今作成する段階ではないという考え方に立っております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 今のお話ですと、将来的な見通しについては、問題は来年、再来年の問題が大分深刻だというようなことだと思うのですけれども、そうした中で先ほどの第三次総合振興計画等の前期計画を進めるのは大事だという観点だとしますと、例えば(仮称)東西連絡道路は、この第三次総合振興計画になかったものが突然出てきて、それで事業を行っているという経過がありますから、まず削減の対象にすべきと思うのですけれども、この点についてはどのように見直しの中で検討されたのか、お答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 第三次総の前期計画の中の事業でございますが、当初設定のときは23事業で、その後2事業を見直しの中で追加をし、今25事業ということで動いております。その中に(仮称)東西連絡道路は入ってございます。今回予算編成に当たりまして、いろいろな角度から検討し、それから事業の進捗状況、これからの総体事業費をどういうふうにきちっと出し、総事業費をつかんだ上でどういうスタンスをしていくかということの検討を十分していくという観点に立っての予算編成をしたということでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 担当の方は、将来的に10年、15年後の計画はとてもまだ立っておりませんよと、そうした中で、今の中で特に事業として大きな事業が、この(仮称)東西連絡道路が概算でおよそ65億円以上これができ上がった場合にかかるだろうというふうなことも言われていますし、桜通線の延長計画も概算でおよそ23億円ぐらいかかるだろうというふうに言っております。そうしたことから、まず最初にきちんとやはり凍結や見直しをして、それで改めてきちんとした財政フレームを立てて、その中でやっぱりやるのならやると、中止にするなら中止にすると、そういうのが私は今の市の担当課として大事な判断だと思うのです。そういったことを今のお話ですと十分検討されないで、従来やっていたこうした大きい事業を引き続きやるというようなことになれば、当然先行き財政が本当に困難な状況になるというのが、そちらから出されました資料、返済
P.68
計画とか、将来の、そういうことを見ますと、本当に深刻な事態になるということを私は考えるのですけれども、そういうことも含めてこの事業を進めるという判断に至ったのかどうか、お答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 当市のまちづくりに当たっての主要な事業といいますと25事業です、前期の。それは一つ一つをとれば、今後の上福岡市のまちづくりを展望したときに、一つ一つがすべて重要な事業であります。そういう中で、総額事業費を抑えた中できちっとそのスタンスを検討していくという立場に立っていますので、まだほかの事業費がきちっと、概要では各担当部署から出ている事業費もございますけれども、これをきちんと精査をした中でスタンスを決めていくという立場に現在は立っております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 また私の次に鈴木議員もおりますので、この点についてはこの点で私は質問をとどめまして、もう一つ私が問題意識を持って今回臨んでいる点については、公立保育園の運営費負担金、先ほどの議論の中でもこれが全部削られるというようなことが行われております。そうした中で、一部国庫補助金がこの予算の中でも計上されていることがあります。その点について担当課に聞きましたら、これは今度4月から法人化するたんぽぽ保育園の負担金だというようなお話です。このたんぽぽ保育園が法人化によって市の今後の対応はどのようになるのか、お答えをお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 たんぽほ保育園の関係についてお答えいたします。
 この4月から一応たんぽぽ保育園が認可をとってスタートしていくというような段階になってございまして、まだ具体的な認可はおりておりません。3月中におりるというような予定になってございます。そういう中で、たんぽぽ保育園が認可された場合にどのような形になるかと申しますと、これは公立保育園と同じような取り扱いになってくるということになります。具体的には、入園の手続等は上福岡市において一般の公立保育園と同じような形で取り扱いをさせていただくという形になります。具体的な運営方針等につきましては園の独自性がございますが、基本的にはそういった形で市から委託費をお支払いしていくと、保育料につきましては市の方に納めていただくと、こういう形で、基本的に公立保育園と同じような形になってくるということでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 今の説明でも、公立も法人も一緒に市が仕事として行うということですよね。それで、実際に国から来るお金は、この法人の国庫支出金だけは来るということで、非常に私は
P.69
矛盾しているというのか、そういう点を感じるわけなのですけれども、この点について担当課はどのような見解を持たれているでしょうか。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 今回の三位一体の改革によります対応につきましては、公立の保育園を対象にしてそのような一般財源化になったということでございまして、引き続き私立関係の保育園につきましては従前どおりの形で補助が参ってくると、こういうことでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 そういった三位一体の改革がこうしたところにも、国の責任を放棄するような方向に進んでいるのではないかということを私は大変心配をしております。そうした点では、例えばこの法人の保育園についても、やはり市がいろいろ窓口になったりするわけですから、きちんと安心して子供を預けられるような保育園にぜひしていただきたいし、そういうことを期待いたします。
 これをもちまして私の質問は終わります。鈴木議員にバトンタッチします。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員の質疑を終了いたします。
 引き続き鈴木実議員から質疑を受けます。
 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 それでは、引き続き共産党からの総括質問をさせていただきたいと思います。
 今議会では、国が進める三位一体の改革の問題が中心的な課題として浮き彫りになってきたと思います。政府が進めているこの三位一体という改革の内容は、まさに国庫補助負担金、地方交付税という、つまり地方の財源の中心保障制度、これを切り縮めていくということが明らかになってきたのではないかと思います。私は、こうした状況の中で地方自治体がどういう役割を果たしていくか、そのことが大変今重要な課題になっていると思います。
 そこで、まず最初に施政方針について、市長の方からのお答えもいただきたいと思いますので、施政方針については3点ほどお尋ねをさせていただきたいというふうに思います。市長の施政方針の中にも、今私が前段で申し述べた国の予算の関係で、非常に危機的な、深刻な状況にあるということが指摘されていると思います。それからどういうふうにするかというのはいろいろ考えが出てくると思います。私がこの施政方針の中でまず最初にお伺いしたいのは、受益と負担という文言が出ていると思います。このことはどういうことを意味するのか、まずお答えをいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 受益者というのは、それなりに地方からの、我々自治体からの、当市も含めて必要な部分、例えば簡単に申し上げますと、給食費なんていうのは、私は典型的に受益者負担ということが大事であると思っています。特に中身は材料費ということでありますから、そういうものの
P.70
材料費等につきましては、きちっといただくものはいただいていくと、こういうことで、今そういう厳しい状況の中では、負担していただく部分をきちっと精査していくというところに入ったというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 わかりやすいお答えで、ありがとうございました。今市長が言われたように、受益者負担ということで、つまり利用された方が一定のというか、応分のというか、負担をしてもらうのだということの意味だと思います。
 そこで、もう少し具体的にお伺いしたいのですが、例えば使用料や手数料、保育料などの市の公共料金の値上げなども含めて今後考えているのかどうかお伺いします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 財政的にやはり逼迫していくということになれば、当然受益者負担として値上げの方向にいくということは、最終的にはそういう方向になるかと。
         〔「当面」という声あり〕
◎武藤博 市長 当面ではなくて、要するにことし値上げの問題を議論しなければならない状態もあり得ると思います。そういう中で、受益者負担は負担として、値上げするものはきちっと。ただ、理解の得られない値上げということは、それは無理な話でありますけれども、きちっとしたそういう計算をした受益者負担というものは、今後はだんだん多くなっていくのではないかというふうに思っています。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 もう一つは、いわゆる経費としての維持費なんかの関係で、いわゆる民間委託という問題が出ておりますが、例えば学校給食なんかの問題も。ここでいう受益と負担のこの前後の文章を見てみますと、企業の責任、地域の責任、市民の責任等と書いてあるのですけれども、そういうことも含めて言っているのかどうか、その点についてお答えください。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 そのとおりであります。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 では、二つ目のことをお伺いいたします。市町村合併についてであります。大井町との深い関係という表現がされております。同時に合併に向けての働きかけをさせていただいてきたということで、先ほど他の議員からの質問にもありました。
 そこでお伺いしますが、昨年10月行われました住民投票の結果について、大井町では、50%には達しませんでしたけれども、反対多数という結果だったと思いますが、この点についてはどのように評価されているのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。

P.71
◎武藤博 市長 当然反対の票があったという事情があると思います。ただ、その事情は公表されておりませんので、我々はちょっとわかりませんが、それなりの理由があるというふうに思っておりまして、今回も呼びかけについて、上福岡市と合併しますよというご返事があるということには限っておりませんので、一応その事情があるとはいえ、歴史的には非常に長い大井町との交流というものがありますから、まずはそこへ声をかけたというふうに理解をしていただければいいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 合併の是非についての住民投票というのは、住民の意思を確認し、その結果を尊重するということが住民投票の大きな目的だったと思うのです。その町民の、いわゆる大井町の町民の意思をけ飛ばして相談をしていくということにほかならないのです。やはりこの住民自治といいますか、住民の意思をきちんと評価するという中で考えたならば、今回のそういう申し入れというか、相談というのはやはり大井町の町民の意思にそぐわない行為になってくるのではないかと思うのですが、先ほど他の議員から富士見市とのこともというようなお話もありましたが、市長としては今後どのように考えているのか、再度お伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 私は施政方針でも述べておりますように、私は合併をする、推進したいという意思を持っております。今大井町のお話がありましたが、私あくまでも呼びかけをした、だめであればしないというご返事をいただければいいことでありまして、別にしてはいけないというふうには私は思っておりませんで、ご返事次第に応じてそれなりの対応をしていくというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 それでは、3点目は枠配分方式ということで、これについては他の議員からも質問がありましたが、お答えは部長の方からでも結構だと思います。昨年度からこの方式による予算編成ということになっておりますが、枠配分は昨年度と比べてどういうふうに変わったのか、具体的な枠の内容を示していただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時54分
   再 開 午後1時54分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 枠配分の方式の関係、平成15年と平成16年、確かに平成16年は2年目になりま
P.72
すけれども、まずこの発想そのものは、基本的な根底には財政が困窮であると、少ない予算をいかに効率的に各部署の事業等に配分をしていくかという中での方式でございます。平成15年度は当初に投入したということで、若干時間がない中でそれを実行したという経緯もございますので、平成16年度はその辺の反省点を踏まえ、早い取り組みということで7月から、実際には平成15年に入ってすぐに庁内的に説明をし、実際的には7月からその編成に入ったということでございますので、平成15年度と平成16年度の違いはそういうことでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 この点についてはもう少し細かく聞きたいと思うのですが、時間のあれもあるので、今後委員会などでの論議で具体化していただければありがたいというふうに思っております。ただ、一言言いたいのは、今の財政の中で都市基盤関係の予算枠がかなり広がっているのではないかと、逆に教育や福祉関係の枠はどうなのだろうか、こういったことをきちんとやっぱり見ていく必要があると思いますので、この点についてはまた改めてお伺いしていきたいというふうに思います。
 それでは、大きな2番目として財政問題についてお伺いいたします。平成16年度の一般会計予算案と国の予算との関係で質問をさせていただきたいと思います。市財政への影響については、これまで述べられてきたとおり、交付税の1億円の減、臨時財政対策債の縮減による3.6億円、合わせて4.6億円が減少したということであります。そこで、上福岡の平成16年度の予算規模なのですけれども、181億円という大変大きな数字になっているのですが、そのことが、実はこれは日経の関係の雑誌の中に載っている資料なのですが、予算総額伸び率上位20市と、こうあるのですけれども、この中に上福岡市は18.4%の伸び率で第3位になっているのです。第1位が岐阜県の瑞浪市…
         〔私語あり〕
◆鈴木実 議員 平成15年度です。それから、第2位が広島県の廿日市市です。こういうことで平成15年度なっています。平成16年度においても181億円という大きな数字が示されているわけなのですが、特に税源対策として基金の取り崩しというのが今回大きく出されております。私も数字的に計算してみましたが、平成15年度末で基金残高の総計が47億9,388万円になっていると思うのです。平成16年度予算で取り崩しているのが21億3,063万円になっております。これは44%に当たるのです、基金残高の。それで、現在の残高が26億6,325億円というふうになるわけなのです。それで、財政調整基金というのは一般財源の補てんとして位置づけられておりますが、それ以外の10個の基金はいわゆる目的基金という形で設置されていると思うのです。この中身を見ても、例えばごみ処理施設整備基金が2億6,538万円残高があったのが、そこから1億7,196万円取り崩して、残が9,342万円というふうな数字が出てくると思うのです。それぞれ目的基金、条例によって使用範囲を少し拡大した経緯があったと思うのですが、今回の財政措置としては、そ
P.73
ういう条例にもうたわれている内容をさらにはみ出したような使い方になっていないだろうかどうか、その点を私は危惧する。つまり、上福岡市としての適正財政規模はどのぐらいなのかと見たときに、今回の予算構成というのはかなり無理な形がとられているのではないかというふうに思うのです。
 それで、例えばごみ処理施設整備基金であります。これは、清掃業務にかかわる特に焼却炉、これについては平成22年には新炉をつくるというのがもう何年か前にいわゆる基幹改修の関係で議論されていた経緯があったと思うのです。新炉をつくる場合には、50億円とか60億円という大きな金額がかかると思うのです。もちろん全部自主財源でやるわけではないと思いますが、いずれにしても大きなお金がかかるということははっきりしているわけなのです。それで、上福岡の今言われている25の主要事業が今後どういうふうな財政負担になっていくかというのを見てみた場合、例えば平成17年度に西口整備事業で30億円を超えるような予算措置が必要になってくる問題とか、(仮称)東西連絡道路の用地買収の問題やら、いろいろ次々と計画が出されているわけです。そうしたことを見たときに、今基金の残高を述べましたけれども、本当に財布を全部はたいて財政が組み立てられているというような状況と言って過言でないと思うのです。結果的には、平成15年度の補正で見ると、財調の戻しというのは結果的に5億円ほど出ていたと思うのですけれども、平成16年の予算を立てた段階では、すべてそういう支出計画を出しているわけですから、予定どおりいけば基金はなくなってしまうに近い状況になるというのが今回の予算内容です。そうなると、当然健全な財政にするべく努力をしていかなければいけないというふうに私は思うのです。今回積み立てたのはほとんど利子です。何万幾らという現在残っている基金残高の利息分を積み立てしているだけです。それで、やっと今言った清掃センターにかかわるごみ処理施設には2,900万円ぐらいの積み立てをやっている。でも、一方では1億7,000万円取り崩していくわけですから、計画的な内容にはなっていないです。そういう状況ですから、やはり今のこうした厳しいと言われている中で、主要事業の見直しが私はどうしても必要だと思うのです。それで、この主要事業25の中にやはり都市整備関係の予算というのが非常に大きな比重を占めております。この辺については今後、平成16年、今年度、それから来年、平成17年、それ以降、平成18年以降の後期期間になると思うのですけれども、こういった状況の中で市としてどういうふうに財政の展開をしていくか、そのことがやっぱり厳しく問われていると思うのです。その点についての概括的な考え方をまずお聞きしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 おっしゃいますとおり、当市の今後の財政運営につきましては、まず歳入面の確保の観点から、歳入をまず内容精査をしてまいります。それから、歳出におきましては、金額的には投資的事業というものは、どうしても基盤整備等で事業費的には多額になりますが、それの必要性、あるいはソフト事業、いろんな行政サービスをやっている、一つ一つの行政サービス
P.74
が現状において、こういう財政状況の中でなおも続けられるのかどうかということをきっちり精査をし、見定めた中で、ソフト事業、それから投資的事業、両面から両方を精査していかないといけないというふうに考えておりますので、その辺を平成16年度はきちんとやりながら今後の財政運営を組み立てていくと、こういうふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 まさにそういう方向が必要だと思うのですが、例えば具体的に平成16年度において(仮称)東西連絡道路の関係で言うと、これが総事業費65億円ぐらいかかるだろうと言われている中で、当初予定では平成16年度から用地買収に入るという方針が出されていた中で、今年度は再度調査の継続ということで、1年先送りのような実質経過になると思うのですが、これもそういう意味では見直しの一形態というふうに受けとめていいのかどうかお伺いします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時06分
   再 開 午後2時06分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 今ご質問の点につきましては、両方の事業の進捗の内容、進捗状況を含めて、財政状況も入れながら、両面からの判断ということでご理解いただいても結構でございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 そうしますと、平成16年度予算の結果を踏まえて次の平成17年につながっていくわけなのですが、この点については三次総の前期の最後の年度として、ところが実際にはその事業計画がきちんと文章化されていない問題というのは前に指摘されたと思うのですが、この辺の計画の練り直し、またその確定化ということは、今年度のいわゆる後期計画の審議の対象に含まれるのかどうか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 前期の計画の中で、当然後年度、後期の方に移行する事業もありますでしょうし、完了するもの、あるいは18年度以降の計画の中で議論をし、例えば今後の執行状況が難しいということで、姿を消すということもあるかもしれませんが、現時点においては、現状の前期のものはすべて対象とし、後期を新規に組み立てていくということでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 はい、わかりました。ぜひ今後の計画に十分生かしていただきたいというふうに思います。

P.75
 そこで、こういう財政状況の中で、やはり上福岡市が住民の暮らしを守るという点で、今回特徴的なこととして言えるのは、補正予算にも出てきておりますが、老人医療費無料化制度の問題なのですけれども、これは埼玉県が1月1日からこの補助制度を廃止してしまったわけなのです。そういう中で、昨年から2市2町の自治体で相談してきた経緯があったわけなのですけれども、その中で住民のさまざまな請願や陳情などの声もこの間あったのではないかと思いますが、そういう中で上福岡市と富士見市が存続ということで、いわゆる県が今まで補助していた分をそれぞれの自治体で賄っていくということがとりあえず維持されたわけなのですが、今後どういうふうに上福岡としてこの大事な制度を継続していくのか、この点について市長の見解をお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 こういう制度は、本当に国自体がどんどん、どんどん引き上げて、押しつけられるのは各自治体なのです。ですから、将来的には私はこれはいずれ廃止になると思います。将来的には廃止になるというふうに思っています。ただ、上福岡市としては、ただ廃止ということではなくて、努力するところはしっかりと努力しておるというような状況にご理解していただきたいと思いますが、将来的には私は廃止になるのではないかというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 はい、わかりました。将来的には、今市長が言われたように、ほかの制度ができるかどうかわかりませんけれども、そういうようなことも含めて変わっていく可能性もあるという意味だと思うのです。
 それでは、上福岡としては当面今の制度、平成16年度クリアしたわけなのですけれども、平成17年度、いわゆるもう年度が新しく入れば、次の予算編成に当然頭の方はいくと思うのですけれども、その点については、市長は当面は維持していくのだというふうにお考えかどうかお答えいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 やはり財政的な問題が大きく影響します。財政がどんどん、どんどん落ち込んでいくようであれば、それは当然廃止せざるを得ない状況になるかと思います。ただ、予算編成の中でどのような形でそれが維持できるかは、それなりの議論はしていくつもりですが、これは他市町村を見てみましても、財政的にうちあたりよりもよほど裕福なところでも、一つの制度として粛々と廃止に向けていくという状況は、今年度を見ましても見えているというようなことですので、努力をするということにつきましては、上福岡市で努力はいたしますが、財政の収入に応じた対応をしていかざるを得ないと、このように申し上げておきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 それでは、時間も残り少ないので、次の問題に移らせていただきたいと思います。

P.76
 第7号議案の関係で、上福岡市部室設置条例の一部を改正することについてということで、今回滞納特別対策室の設置が出されております。この滞納特別対策室の役割と具体的な内容について、まずお答えいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 まずこれは、税につきましては、まず納税義務者の責任を果たしていただくと、市にとっては自主財源である税収の増収を図っていきたいということで、まず現状の、これは滞納繰越ですから、現年から漏れて滞納繰越になった方々のより税が納めやすい方法、あるいは納税相談をきちっとやっていく、それから滞納になっているけれども、その方々の状況をしっかりと調査をし、その方に合った相談に応じるための調査業務、それから最終的には、やはり納められる状況にある方について納めていただけない場合については、最終的に財産、給与等、そういったものの差し押さえもさせていただかなければならない状況にあるかと思いますが、そういうことをまず業務としてやっていくと。現行の中では、それぞれの部署で現年課税分については徴収に努力をしているところでございますが、滞納繰越の中でも一定規模、今回は年間50万円以上滞納されている方をピックアップさせていただいて、その方々に特にこの特別対策室でいろいろ当たっていくというものでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 これは、今回市税と、それから国保の関係で、両方セットというのですか、そういうような説明があったと思うのですが、具体的には市として、市税の方の関係というか、国保税の方の徴収に力点を置いたというのか、その点についてはどういう判断なのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 国保税に力点を置くということではなくて、市税と国民健康保険税の二つを中心に今回滞納整理に当たっていくということでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 市税の関係でいくと、現年分で見ると、大体2%ほどの滞納というのがあります。それから、国保税の関係で言うと、約10%ほどの現年分で言うと滞納金というのが出てくると思うのです。そういう意味では、国保税の納入が約1割の方が期限中に払い切れない状況が出ているということだと思うのです。これを全国的に見ると、加入世帯の19.2%が未納というふうな資料が出ているのです。そういうのからすると、上福岡市はそれなりに努力の結果として出ているのかなというふうに思うのです。
 このことで一番問題なのは、もう十何年も前に国のいわゆる国保の国庫補助、この負担率を引き下げた経緯があります。市町村の財政をどんどん、どんどん圧迫して、一般会計からの繰り出しが年々、年々膨らんでしまうと、こういう中で国保料を引き上げる、それの繰り返しで、悪循環といいますか、そういうことの結果で徴収率もやっぱりだんだん、だんだん困難になる。加え
P.77
て、今の不況の時代の中で、そういう状況というのはそれぞれが望んだ結果ではなくて、やっぱり今の社会のありようの矛盾の結果として出ている。逆に言えば、国がそういう補助金を引き下げた、それをやはりもとに戻すということが一番の解決策の根本だと思うのです。この点について、やっぱり市としても、国が今回こういう形でやれというふうになったから追随するのではなくて、その辺の考えをきちんと持つ必要があるのではないかと。だから、その対策室をどういうふうに運営していくか、そういうことも大変重要なことになってくると思います。この点については大変重要な問題ですので、委員会でもさらに細かく質問させていただきたいと思います。
 以上、全体的なことで伺ってきましたが、日本共産党は今回の平成16年度予算との関係で、やはり予算の限られた総枠の中でどの事業を優先していくか、どの事業を守っていかなければいけないか、どの事業をとりあえず見直しして、先送りや縮小ということがやっぱり精査されなければいけないと思うのです。そういう意味で、日本共産党としては、先ほど指摘しました大型公共事業はぜひ見直しをして、やはり福祉予算、教育予算、暮らしに直接かかわる予算を真っ先に優先した市政の運営、財政計画をつくるべきだと考えております。そのことを要望して総括質疑を終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員の質疑を終了いたします。
 日本共産党所属議員の質疑を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時20分
   再 開 午後2時31分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、公明党所属議員から質疑を受けます。
 内田久江議員。
◆内田久江 議員 公明党を代表しまして総括質疑をさせていただきます。
 3月1日から防犯推進会議メンバーの募集をやっておりますが、防犯推進会議はいつごろ立ち上げられるのでしょうか、お伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 防犯推進対策会議の立ち上がりはいつごろかということでございますけれども、担当としては5月の連休明けに立ち上げをしたいというふうに思っております。そういう中で、3月1日から募集の受け付け事務をしてございますけれども、二、三の団体からそういう問い合わせが来ているのが実態でございますけれども、5月の連休明けに立ち上げをしたいというふうに思っているところでございます。

P.78
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 次に、防犯講習会の開催についてですが、推進会議のメンバーを対象に講習会を行うとのことですが、具体的にお伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 防犯推進会議のメンバーの方々をお招きしまして、年に2回程度、今年度は2回程度講習会をさせていただきたいというふうに思っております。ただ、まだ組織そのものができ上がっておりませんので、2回になるか、あるいは1回になるかちょっとわかりませんけれども、一応2回程度やりたいなというのが我々の考えでございます。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 年に2回というのは、まず最初に1回やります。その後、後半に1回ということですか。2回ではちょっと少ないような気がするのですけれども。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 2回ということですから、1回目が前半になるのか、2回目が後半になるのかということは別としまして、年2回程度実施していきたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 次に、防犯ブザーの配付について、どのように持たせてどのように指導していくのか、具体的にお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 防犯ブザーの関係でございますけれども、現在教育委員会を通じまして、校長会の中でお話をしてございます。まだ未確認ではございますけれども、おおむね校長会の方で防犯ベルの配付にご協力いただけるようなお話は聞いてございます。そういう中で、学校に防犯ベルの管理、先生方に使い方だとか、あるいは管理というのはちょっとあれなのですけれども、登下校の際に必ず持って歩くというような指導も含めて、各学校の先生方にお願いはしていきたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 それで、防犯ブザーを既にいただいている学校等ありますけれども、ほかの市ですけれども、そのときにちょっとお話を伺ったのですけれども、渡してあるのに持ってこない子もいるという、そういう状況の学校もあるそうです。それで、本当に自分の身は自分で守るのだという、そういう思いを子供たちがしっかり持って、これはもらったから持っていくというのではなくて、自分がしっかり持たなければという、そういう防犯意識をしっかりと子供たちに持ってもらうように、そういう指導をこれからもしっかりとやっていただきたいと思っております。多分そういう指導をしっかりとしてくださると思いますけれども、せっかく防犯ブザーを配付されて、子供たちにそういう思いを持っていただきたいというふうに思っております。

P.79
 次に、申しわけないのですけれども、市長にお伺いいたします。先日市長に小中、高齢者へ防犯ベルの支給をとの署名を、本当に市民の皆様から、小学校の子供たちに今回は渡していただくことになりましたけれども、やっぱり高齢者の人も自分の身を守るために本当に要望している人がたくさんおりまして、市民の皆様、9,430名の皆様からの本当に熱い署名をいただきまして、先日公明党市議団4人で市長にお届けしてまいりましたが、これからこの防犯ベルの支給の拡大をさらに進めていっていただきたいと思いますので、市長、ちょっとお伺いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 まず、防犯ベルの関係で、子供たちが非常に被害に遭っているという状況がありまして、今回条例の制定とあわせて、防犯ベルの貸与あるいは支給というふうなことで今検討しておりますが、今後、先ほどもちょっと担当部長が申し上げておりましたように、この審議会等ができてまいりますと、いろいろとまた意見が出てまいると思います。ただ、こういう一つの事件の発生というのは、計画的ではなくて、いつ何どき起きるかわからないということがございますので、できるだけそういうことを勘案しながら、また市民の皆さんのいろんな意見を聞きながら、例えばベルだけではなくて、そういう通報の装置ですとかいろいろあるかと思います。せんだっても、この上福岡市でひったくりがある状態でありまして、本当にいつ何どきどういうふうにひったくりがあるかわからない。この間は中央の市道において行われたわけですが、けががなくてよかったなというふうな感じがしておりますので、今後ともその部分はしっかりと精査しながら、きちっとした対応をしていきたい。あるいはまた、それによってまたパトロール等も今後は考えられるというふうに思いますので、これは担当部にしっかりと私の方からまた指示をしながら取り組んでいきたいというふうに思っておりますので、ちょっと時間をいただければありがたいというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 これからしっかりと防犯に関して、上福岡市の安心、安全なまちづくりのため、本当に市民、私たち全員がしっかりと守って推進していきたいと思っております。
 次に、次世代育成支援計画策定事業の進捗状況をお伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 次世代育成支援対策推進法の関係についてお答えさせていただきます。
 平成2年に1.57ショックという言葉が生まれました。これは何かと申しますと、合計特殊出生率が1.57人ということでございまして、平成13年度におきましては1.33、それから平成14年につきましては1.32人ということで、年々低下してきていると、こういう状況にございます。こういったことから、少子化の流れが一向にとまらないということで、国におきましてはもう一段突っ込んだ対策をしていこうということで、昨年7月に次世代育成推進対策法ができました。これは、国、それから地方公共団体、それから企業を含めて、地域を挙げて少子化対策をしていこうとい
P.80
う内容でございまして、具体的には平成15年度におきましてニーズ調査を実施しなさいということになってございます。これを受けまして、私どもの方は、上福岡市といたしましては、昨年の9月に補正予算をお願いいたしまして措置をしていただいたところでございまして、ことしの1月23日の日に市内の3,000人を対象にいたしましてニーズ調査を実施いたしました。現在これは集計をしている最中でございまして、ことしの3月、今月中にその内容が、調査結果が上がってくる予定になってございます。この調査結果を踏まえて、あわせまして上福岡市は平成10年にエンゼルプランを策定しております。これは平成19年が終期でございますが、このエンゼルプランの成果、課題等も踏まえて、あわせまして現在行っておりますニーズ調査の結果も踏まえて、平成16年度、来年度におきまして、この調査結果等を踏まえて行動計画を策定していきます。これは、具体的には委員会を立ち上げまして、もちろん一般の市民の方も入っていただいて委員会を立ち上げて、そういったニーズ調査等の結果を踏まえて、1年間かけて地域の行動計画を策定していくと、こういう状況になってございまして、この1年かけた行動計画の策定に基づきまして、平成17年4月から具体的なアクションに移っていくと、こういった流れで現在推進をしているところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 この推進委員会のメンバーは大体どのくらいでやるのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 委員会の構成メンバーの人数でございますが、これは現在20名程度を予定をしております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 あともう一つ、次世代育成支援計画策定会議委員の謝礼、81万6,000円というあれが出ていますけれども、結局その委員会の人たちのということですか。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 報酬関係につきましてはそういったことでございます。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 次に、次世代育成支援計画策定委託料、401万1,000円という形の予算がありますけれども、具体的にお願いします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 この委託料の関係ですが、これは皆さんにこれからご審議をいただきまして、決定された後に業者さんの方は決まってくるという形になっておりまして、まだ予算が通っておりませんものですから、これから執行ということになります。よろしくお願いします。

P.81
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 少子高齢化のため、この次世代育成はしっかりとやっていっていただきたいと思います。
 それから次に、当初予算での七夕まつり事業についてお伺いいたします。伝統ある七夕まつりがことし50回を迎えるに当たり、子供対象の事業等を充実させ、地元産業と観光振興に寄与する市民の記念となる祭典とするとのことですが、具体的にどのようにやるのでしょうか、お伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時45分
   再 開 午後2時47分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 子供を対象にした事業ができないかということでございますけれども、ちょっと七夕まつりの内容についてご説明させていただきますけれども、総務常任委員会というものが一番初めに立ち上がります。総務常任委員会を現在1回開催しております。近々2回目も開催する予定となっています。その後に実行委員会が開催されます。その中で、いろいろ総務委員会の中で決まった事項がそのままストレートで実行委員会の方に、第50回七夕まつり実行委員会という名称になるのですけれども、その中でそのままストレートにいって、事業を実施するというような形になっています。そういう中で、私も総務委員のメンバーであり、また50回の実行委員のメンバーでございますので、質問の趣旨、子供を対象にした事業、現在もやっておりますけれども、さらに参加しやすいような、50回というその記念にふさわしいような事業を組み立てていただくように私の方からお願いはしてみたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員。
◆内田久江 議員 今回50回ということで、本当にたくさんの子供たちが思い出に残るようにということで、各学校ごとに七夕まつりの、つくって参加したりとか、自治会とか子供会、商店街では今までやっているのですけれども、各学校ごとにはつくったことがないので、そういうコンクールとか、また各家庭でつくった竹飾りをどこでも飾れるような、そういうスペースをつくってやったり、また地域ごとに短冊を配布して宝くじ短冊とかと、それを書いて飾ってくれた短冊の中から抽せんで当たったりとかと、とにかくいろいろな形で、いろんなアイデアをちょっと聞きましたので、また各学校でもいろいろ、ブラスバンドとかもあります。そういう子たちも参加したりとか、とにかく50周年ということで、一人でも多くの市民の皆さんが、ただ見に行くのでは
P.82
なくて、何か参加する、参加して思い出に残る、本当に記念のある50周年の七夕まつりを検討していただけたらと思いまして、一応アイデアを言わせていただきました。
 以上をもちまして私の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員の質疑を終了いたします。
 引き続き高橋順子議員から質疑を受けます。
◆高橋順子 議員 引き続きまして、公明党から総括質問をさせていただきます。
 まず初めに、平成16年度の武藤市長の施政方針の中から質問させていただきます。その中で、特に基本目標の柱の一つ目のところに、触れ合い、助け合う心に支えられたまちということで市長がおっしゃられている中で、これは次世代育成支援対策法ということに対して取り組んでいただいているわけなのですけれども、先ほど内田議員からもちょっと質問させていただきました。それに付随して質問させていただきます。
 平成15年度、平成16年度の2年間にわたって次世代の育成支援対策基盤整備ということで位置づけをして、調査等を行ってきているということでした。この調査の内容なのですが、特に平成16年度はそれを受けてどういうことをやっていくのか、具体的に何点か政府としては挙げられていたと思いますが、上福岡としては特にどういうものに対して取り組んでいくのか、ちょっとお聞きしたいと思いますが、よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 次世代関係についてお答えをさせていただきます。
 次世代の地域行動計画の内容ということでございますが、これにつきましては、現在上福岡市でエンゼルプランというのがございます。平成10年に策定いたしまして、10年間ということですから、平成19年までのものです。実はこれ、現在全国3,300ぐらいの自治体ございますが、このうちの1,300ぐらいの自治体がエンゼルプランをつくっていたということでございまして、これは実は義務化されたものではございません。今回つくる行動計画につきましては、これは義務化されたものでございます。こういったことで、エンゼルプランと次世代の関係はどうなのだということでございますが、これは包括されてくるわけなのですが、具体的な内容につきましては、エンゼルプランをイメージしてもらえばよろしいのかなと、これのバージョンアップされたものが地域行動計画なのかなということで、保育関係、それから児童が絡むすべての分野にわたって地域を挙げて子育て支援をしていこうと、こういうことでございますので、エンゼルプランを想定していただきまして、それのバージョンアップということでご理解いただければと思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 今回この中に、少子化が急速に進んでいるということを踏まえての、次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、かつ育成される環境をつくるということで、こういう次世代育
P.83
成支援ということに取りかかっていると思うのです。そういう中で、特に見直しをしていかなければいけないということで、ニーズのアンケート等をとっていたのではないかと思うのですが、このアンケート内容は特に、先ほど市の方で3,000名を対象にとったということですが、特に重きを置いた部分ですか、例えば育児休業制度とか、それに対しての内容なのか、また児童虐待防止対策とか、そういうことに関しての推進するための内容なのか、要するにそういう内容、どういうことを調べたのか、その調査の内容をできれば詳しく教えていただこうと思ったのです。よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 調査の内容でございますが、これは国が示しております指針みたいなものがございます。モデルの内容がございます。これに上福岡市の独自的なものも、先ほどもお話がございました虐待の問題等も含めて、そういったことも含めて調査をさせていただいていると、こういうことでございます。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 それでは、特に今私どもの方では、預かり保育の機能とか、そういうものに対して強化に向けた設備、それから整備についての地方交付税というものが拡充されております。こういうところにもうちょっと踏み込んだ内容のアンケート、要するに調査をしてほしいということで、これは政府がこの支援対策法というものをやっていただきたいということで出されて、5年間でその策定をしていきなさいということだと私自身は受けとめておりましたのですが、そういうことに対して、この1年間、この平成16年度については特に力を入れていく部分、内容、それは何なのでしょうか、伺います。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 次世代育成の行動計画は平成16年度が初年度になります。したがいまして、この内容につきましては、先ほどちょっと申し上げましたが、わかりやすいということで、エンゼルプランをイメージしていただくということでございまして、ああいった形のものでさらに内容を詰めて、なおかつそれぞれの施策の数値目標も取り入れて、具体的に子育て支援に関しての施策を展開していくと、策定をしていくと、こういう形でございます。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 ありがとうございました。いずれにせよ、これは少子化対策の中で重要な部分でございますので、しっかり取り組んでいっていただきたいと思います。
 続きまして、三つ目の柱の中で、児童の安全を確保するために、小学生を対象に防犯ブザーを配付、また防犯マップを作成し、市民に提供し、防犯講習会を開催していくことにより、市民一人一人が防犯意識を持って促進していけるということに対してご質問いたしますが、これはある程度皆さんのおかげで防犯推進条例もできまして、それに対していろいろと防犯推進会議を設け
P.84
たり、これから防犯に対しての意識づけを皆さんお一人お一人に、市民の方に訴えて、それを今度行動して、お互いに防犯意識を持った中で、市民皆さんが声かけの中で、ボランティア等でしっかりと取り組んでいくということになるわけですが、今までのお話を聞いている中で、どの程度進むか、行政の方としてはどういうとらえ方をしているのか、ちょっと伺いたいと思います。要するに、今までやってきていただいた中で、目標というか、持ってやっていこうとしていると思います。その防犯がどの程度進むか、今の状況ですとはっきり言ってどうなのかなと。確かに3月1日に皆さんからボランティア団体に募集をかけました。5月1日に審議会を始めていきますということがありましたけれども、それを本当に推し進めていく中で、その心構えというか、その辺どうとらえているのかお伺いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時59分
   再 開 午後3時00分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 武藤市長。
◎武藤博 市長 この防犯につきましては、実は私の施政方針の中に入っているわけですけれども、これは生活の中へやっぱり密着させていかないと効果はないというふうに思っておりまして、やはりふだん、いつどこでもそういう監視体制といいましょうか、大勢の方々が要するに子供たちの生活環境や何かを見られる、そういう一つの制度の中に持ち込んでいかないといけない。例えばパトロールの時間だけ回るとか、そういうのではなくて、散歩する高齢者の方々にも防犯のための意識を持っていただく、ちょっとした商店街の配達の方々へもそういう意識を持ってもらう、こういうことが一番大事だと思っておりまして、これは継続性がなければ何の意味もないというふうに私は理解をしておりますので、今後はこの防犯審議会、あるいはそういう会議ができた中で、細かくやはり役割をしっかりと分担していく。それからまた、役割の分担と当時に、私はNPOの方々にもぜひご協力いただきたいというふうに思っておりますが、そういう一つの全庁的に、全市的にやはり監視体制をしっかりとつくっていくのだと、そういう心構えで取り組んでまいりたいと、このように思っております。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 そのとおりだと思います。要するに、防犯といっても、お一人お一人がしっかりとそれを認識していないならば意味はないというふうに思っております。それをやっぱり推し進めていくのは行政側だと思っております。それで、本当に実際いろんな事件が起きておりますので、その厳しさを増す犯罪情勢に対応していくために、ここでやっぱり警察活動の強化も推し
P.85
進めていかなければいけないのではないかと。国では、平成16年度に警察官の増員を3,150名設けました。そのうち、埼玉県では一番多い305人なのです。それで、特にひったくりの多いのが我が市であります。そうした場合に、我が市に対しても、これは一番近い東入間警察の方に連携をしっかりとっていただきまして、特に今までも何度も言っておりますけれども、児童生徒の登下校時、またそれだけではなくて、仕事帰りで帰ってこられるオフィスレディーというか、本当にそういう方だけではなくて、働いて帰ってくる人たちのためのパトロールとか、そういうことでも連携を密にしていっていかなければならないのではないかというところにさらに力を入れていっていただきたいということと、特に今マップをつくっていただくわけですから、特に危険場所というところがたくさんあると思うのです。そういう暗い場所、危険な場所に対してはスーパー防犯灯ということで、緊急通報システムのスーパー防犯灯をぜひ直ちにでも取り入れていっていただきたいというふうに思っております。こんなに声を大にして防犯推進条例もできたのにかかわらず、まだまだいろんな事件等が起きております。それに対して、私たちが真剣になって取り組んでいかなければいけない、本当に一人一人が防犯に対しての認識をもっともっと深めていかなければいけない、そういうまちづくりを私どもが買って出て頑張っていかなければいけないというふうに思っておりますので、その辺ぜひよろしくお願いしたいと思います。
 続きまして、国と地方の財政を見直す三位一体改革について。国は、平成16年度国庫補助負担金を1兆円廃止、削減され、所得税の一部を所得譲与税として国から地方へ税源移譲され、市にとっても厳しい財政状況を踏まえ、歳入の確保に努めるべく、その一環として第7号議案でもあります滞納特別対策室を設置いたしました。これに関しては、市民税及び国民健康保険税の徴収率の向上並びに税負担の公平性の徹底を図るということで、思い切った取り組みをしようということに対して大変期待するものでございます。その滞納特別対策について伺わせていただきます。先ほどご質問もありましたので、ダブらないように質問させていただきたいと思います。
 先ほどもこの対策室の方針についてはお話がありました。ただ、取り組むに当たって大切なことは、だれでもがこういう特別対策室でそういう滞納者に対して当たっていけるかというと、そうではないのではないか。どういう方たちに当たっていただいて、何人体制で対応に当たっていただけるのか伺いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時07分
   再 開 午後3時07分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木総務部長。

P.86
◎鈴木久志 総務部長 納税特別対策室の設置の関係につきましてお答えをさせていただきます。
 まず、今考えておりますのは、対象税目は市税と国民健康保険税、この2税を対象として、滞納されている額が50万円以上ある方を対象にさせていただきますけれども、5人体制を考えております。どんな方がということは、どんな職員がというご質問か、ちょっとその辺、私もどう受けとめたらいいのですか、要するに滞納されている方にまず現状の調査をさせていただくというのが基本です。いかにその滞納された方が納税しやすい仕組みというか、方法があるかを一緒に考えながら、その方に合ったような形で徴収できればというふうに基本的には考えております。そういう中で、本当に困窮の方につきましては、これは執行停止ということで、要するに督促とか差し押さえとか、そういうことはしないですから、そういうことはやりません。そういうことでやっていきますので、まずこの高額の滞納整理をするに当たりましては、時間と、やはり相手の方とまずきちっと話ができる、あるいは顔を見てお話ができるというところまで持っていくことが目的でございますので、その後いかに徴収をさせていただくか、それはいろいろお話し合いをさせていただく中で徴収率向上に努めていきたいと、こういうことでございます。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 ちょっと私の言葉が足りなかったのかと思うのですが、要するにだれでもがこういう滞納者に対して話ができるのかなと。例えばどうしても伺った中にはいろんな方がいると思うのです。そのときに危険を帯びるようなこともあるかもしれません。それでまた、どうして滞納になったか、その原因、その説明をしていかなければいけないと思います。そうした場合、適当というか、本当にその方の状況を把握していく上で話を持っていくときに、ある程度の知識人でないとだめなのかなと思ったわけです。それなものですから、だれでもいいということではないのかなと思ったものですから、どんな方ですかというふうにお聞きしたわけです。ですので、例えば税に対して詳しい方なのかどうなのかということなのです、要するに。そういうことで、だれかということでお聞きさせていただきました。
 それでは、対象者については、これはかなり前からという方もいると思いますし、二、三年前からとか、そういう方、いろんな方がいると思うのです。今回50万円以上の滞納の方というふうに取り上げたのには、これは何年か前からというか、限度を決めて徴収に当たる人を、該当者を決めたのかどうか伺いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 まずこれは、税というのは現年課税をさせていただいて、現年の納期にいただくというのが原則です。そうはいっても、いろいろな事情で年をまたいでしまう、あるいは二、三年おくれてしまうと、こういう方がだんだん今ふえております。今現年課税に力を入れて、国保にしても市税にしても徴収に当たって努力はしていますけれども、そういう方がふえてまいりますと、そういった方々と実際にお会いをして納税相談に応じるだとか、そういうことはなかな
P.87
か時間がかかるのです。そういう方は、なかなかまた市の方にもおいでになる機会が少ない、電話をしても不在ということも多い、こちらから出向いてお話を聞く、そういうことでどうしても時間がかかりますので、現年の徴収体制の中でやっておりますと、どうしても手間暇のかかるものについては事務がおくれてしまうという状況もあるので、今回こういった対策室を設け、ある一定の処理を短期間で、一定期限を設けて、それで調査をし、いろんな形で納税に当たるということですので、今後恒常的な組織というふうには考えておりません。そういう中で、現状ある件数をいかに処理をしていくかということの中から、件数から割り出して、おおむね滞納額50万円以上の方をまずきちっと整理をしていこうということでございます。
 それから、職員の知識の問題ですが、税に関しての知識があればそれはいいのですが、必ずしも、5人体制ですから、全員が一定程度の知識がなければいけないということではございませんで、私の方はそこに例えば配属されてから、いろいろ先輩に話や指導を受けながらやることも別に可能でございますので、そのように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 ありがとうございました。徴収に当たっては、大変困難を来すと思われます。とにかく忍耐を、それから努力でもってお願いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
 続きまして、四つ目の市長の柱の中で、季節を体感できる快適なまちがあります。このことについてちょっと伺わせていただきたいと思います。駅東口狭隘対策について、市長は開放的で安全な駅空間の確保に向け、早期取得に取り組みたいと思っておりますとありました。駅は、そのまちの顔と言われます。市長は、上福岡駅をどのように描いているのか伺いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 どのように描いているかというお話ですが、やはり交通機関が、まず安全に駅からこの上福岡地域内、あるいは近隣の市町村へ運送を含めて、安全な駅周辺ということでつくっていきたいと思いますが、当然そこには歩行者の安全対策ももちろん大事なことでありまして、それにあわせて、やはりきれいなまちという印象を与えることによって、非常に駅を利用した市への訪問者がふえるというようなことを考えますと、今までのような狭隘の部分、本当にもう二十数年変わらない駅前ということであっては、周りがきれいになっても何の意味もない。やはり今質問者が言われたように、顔をしっかりとつくるということが安全だと思っています。また、大事だと思っています。あわせて、何はともあれ安全な駅周辺にしていかなければいけない。それは、やはり歩道ですとか人の流れというものをしっかりと見きわめて安全対策を講じながら、駅周辺の開発をしっかりしておくということになるかと思います。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 西口と東口とを結ぶ交流道路もできる方向に今考えられております。本当に東口にしても西口にしても、我が市にとっては特色のあるまちという感じには今のところはならな
P.88
いと思うのですが、これからやっぱり上福岡市といったらこれがあるよねと、まちがこういう感じだよねというような何か特色のあるまちに変わっていきたい、また変わらせていかなければいけない。それで、一番大事なのは、このまちづくりの中で若い方たちのエネルギーというか、力というか、まち自体が元気、活力のあるまちにしていく、そのためにはこの駅周辺の環境ということに対して重要なキーポイントがあるのではないかというふうに考えます。9月の定例会において、文化芸術の都市宣言ということで市長にしていただきました。これは、言葉だけではなくて、実際の私たちの生活にかかわっていく中で、この文化芸術都市宣言をどうしたら、この上福岡市にどういう形で取り上げていくかということを本当に真剣に考えていくときに、若い方たちのご意見等をいただきました。そうしますと、今求められているのは物の豊かさというよりも心の豊かさが重要だ、これは若い人でもその辺を感じてきているということを感じます。そうした中で、私どもの上福岡市で本当に芸術文化にふさわしいまちづくりをしていこうということに対して、真剣にこれは取り組んでいくことが大事かなということで、そのことに対して誇れる上福岡市にしていくという考えを持っているわけなのですが、市長としてはこれから、先ほどおっしゃっておりましたけれども、安全なまち、もちろんそうです。交通の便、また皆さんが安心して生活できるまちということで、特に今高齢者が多い、そういう上福岡市ではありますが、やっぱり若い方たちのエネルギーをどう取り入れるかの中にこの文化芸術都市宣言の意味が実はあるのではないかと思うのですが、その面で市長がなぜそれを宣言していただいたのか、その辺お聞きしたいと思いますが、よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時19分
   再 開 午後3時23分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 武藤市長。
◎武藤博 市長 今の駅周辺、あるいはまちそのものの、若者の集まれるまちというようなイメージの中で、いろいろと西口あるいは東口の再開発事業も進めております。今言ったように、若者の集まれる文化芸術といいますと、大きく広い範囲の中でこれは取り入れることでありまして、私はそういうイメージの中でこれからも取り組んでいきたいということにつきましては、全く質問者の言われていることだと思います。ただ、その宣言をしたとかしないとかというイメージではなくて、きちっとそういう一つのイメージを持った将来のまちづくりをしていくのだということですから、将来的にまた議会等の中で正式なそういう一つの宣言をしていくという一つのこの土台をつくっていかなくてはいけないというふうにも思っております。当然、今ただ高齢化、高齢化
P.89
といっても、いつになっても解決しませんから、いかに若い人に住んでいただけるか、これはもう当然だれしもが考えることでありまして、将来的に担うやはり若い人たちの生活環境と子育て支援等を含んで、これからもしっかりと取り組まざるを得ない、取り組んでいかなければいけないというふうに考えております。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 まちづくりということで、かなり広い範囲で私の方で質問したということで、ちょっと誤解をされたかと思いますが、文化芸術といった場合、これはやっぱりなくてはならない、そのまちには必要なことだということで質問させていただいたわけですので、とにかくこれから後期基本計画ということがあります。これから本格的に上福岡市のまちがどういうふうなまちになっていくかということで、重要なキーポイントであるその中に、基本的にこの文化芸術の考え方をぜひ取り入れていっていただきたいということがありましたので、ちょっと誤解されたかなと思いまして、私の言い方も大変言葉足らずということもありましたので、大変失礼したと思いますが、いずれにせよ、こういう大事な基本計画の中の一端の中にぜひ、文化芸術都市条例というような制定をぜひお願いしたいと思います。
 市長が目指す美しい花を育てていくには、三つのI、インフォメーション、インテリジェンス、インベンションがあると、それが必要だ、そのとおりだと思います。いつまでも光り輝くまちという大輪の花を咲かせるため、勇気ある決断と責任を持って市政運営に臨むと力強い施政方針を述べられました。私どももそのとおり、市長の熱き決意に対してしっかり受けとめて頑張ってまいりたいと思います。大変失礼しました。ありがとうございました。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員の質疑を終了いたします。
 公明党所属議員の質疑を終了いたします。
 引き続き市民クラブ所属議員から質疑を受けます。
 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 それでは、市民クラブからも総括質疑をやらせていただきます。質問は、施政方針演説、合併問題について質問をさせていただきたいというふうに思います。
 今回の市長の施政方針演説を一読させていただきまして、私としては非常に強い違和感を覚えました。何に違和感を抱いていたかといいますと、2市2町合併問題が白紙に戻るというような現状とこれからのまちづくりということについて、十分な説明がされていないのではないかということについて大きな疑念を抱かざるを得ませんでした。こうした観点から、幾つかの点をここではちょっと質問をさせていただきたいというふうに思います。かみ合うように努力して質問していきますので、どうかよろしくお願いいたします。
 特にこの施政方針演説を読みますと、一方では自立性を持った行政主体へと転換していくとき
P.90
であるというような形で言われていますし、これから上福岡市が上福岡市として存続していくために必要な施策をとっていくというようなことを市長を一方ではおっしゃっていました。しかし、一方では、合併は基礎自治体にとって不可欠であるというようなことから、大井町に対して合併の働きかけを行ったというようなことが言われているわけです。私は、これは一つの矛盾した考え方を述べているのではないかというふうに思えるのですけれども、市長の真意は一体どういうところにあるのか、お聞かせ願いたいというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 全然違和感があるわけではないのです。ということは、相手のあることなのです。先ほどの質問者の中にありましたように、私の方から申し上げて、あくまでも声かけをした、これは決して結婚できるという条件があるという意味ではありません。当然声かけをして、どういう形でお答えをいただけるかわかりませんが、そのお答えの仕方によって、ではそれは市民あるいは上福岡市のためになるのだということであれば、それは私は一緒になればいいと。ただ、その一緒になる前に、やはり相手のあることですから、自分たちは自分たちの方針をきちっと持っていくというようなことはもちろん大事なことでありまして、これなくして合併だけに頼るというつもりは一切私もありません。そういう意味で、私は別に違和感があるのではなくて、どういう形であれ、対応できる体制をつくっていくべきだなというふうに思います。
 それからもう一つ、合併そのもののいろいろな考え方があるかと思います。市民の中にも反対する方々もいるのです。ただ、現実にこれからの、将来のことを考えていきましたときに、そういう部分も検討していかざるを得ない時代に入ったのかなと、こういうことでありまして、決して無理やり声かけて一緒になってしまうのだということはできないと思います。ですから、それなりの対応をしていくというふうにご理解をいただければいいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 私の方も誤解を招かないように言わなければいけないと思うのですけれども、別に大井町との合併に反対するわけではありません。要するに、合併そのものに反対だというようなことを言いたいのでもありません。しかし、今回なぜ大井町との合併なのか、なぜ富士見市との合併ではないのか、これについての説明がないのです。つまり、この2市2町の合併というふうなことを4年間、もっとだと思います。長きにわたって志向してきた我が市がなぜ、住民投票の結果、投票結果の確定した三芳町との合併は今展望し得ないというのは、理屈ではわかるのですけれども、富士見市というふうなことを考えずに大井町なのか、こういうことについての十分な説明がないということに非常に違和感を覚えるのです。この点はいかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 説明は、相手が答えて初めて出てくることなのです。答えなくして説明するということは、それは私の方から何としても合併してくれという意味ではないのです。ですから、答えを
P.91
いただいて、合併についていかがでしょうかということを問いかけているわけでありまして、いずれ何らかの形で、どういう形になるかわかりませんが、うちの方は反対が多かったからできないよというお話になるかもしれません。
 それからもう一つ、私は富士見市を嫌っているわけでも何でもないのです。段階的にやれるものはやっていけばいいのではないかというふうに思っておりまして、富士見市から逆に申し入れがないということもあり得ない。場合によっては申し入れがあるかもしれません。そういうことは、そのときにまたいろいろ議論していけばいいことでありまして、まずは地元に一番近い、先ほども申し上げましたように、一番生活圏の中で近い大井町に声をかける、その大井町の回答によってまた新たな判断をしていくということは、私は何ら問題ないと思っていまして、時代の趨勢に乗っていく、そういう柔軟な姿勢を持って対応していきたいと、このように思っています。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 なぜ富士見市とではなくて大井町なのかということについて、今のお答えではちょっとかみ合っていないのかなというふうに思いますけれども、それはちょっと後に回しておきたいと、いずれの議論に回しておきたいというふうに思います。
 大井町との合併というふうなことを考えるというときに、ちょっとお話を聞いていてまた違和感を覚える点というのは、上福岡市では合併に賛成だったというような言い方をされています。先ほど反対か賛成かというふうなことについて私の考えも申し上げましたけれども、合併そのものに賛成、反対の投票をした覚えは私はありません。あくまでこれは2市2町の合併で、しかも新市建設計画が示され、その要するに具体的なプランというふうなことに対して、それを賛成するのか反対するのかというふうなことで票を投じたにすぎないというふうに私は考えています。もし仮に大井町との合併ということで新たな仕切りを行うのであれば、改めて住民投票を実施する必要があるというふうに私は思いますけれども、この点について市長はどのように考えておられるでしょうか。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 住民投票が必要だとか必要ではないとかの以前に、回答が来ないとそういう問題をどうのこうのという私はつもりは一切ないのです。お答えをいただいて初めて、ではどういうふうにしていくのかということを議論するのでありまして、私の一つの政治姿勢として声をかけただけですから、その声をかけたものに対する反応がどうなのか、これはある時間帯を待たなければ私は答えは返ってこないというふうに思っておりますが、その時点でいろいろなことが議論されるのでありまして、今私は大井町へ声をかけたという事実を表明しているわけでありまして、大井町から近々、いつごろになりますか、近い将来返事が何らかの形であると。それは、合併しないということもあるのです。決して合併しますということではないのです。その返事を待つということで、それ以上のコメントは、私はほかの質問者にもお答えしていないように、お答えは今
P.92
のところ差し控えたいと、こういうことであります。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 なかなかそこまで議論にならないというふうなことであれば、ちょっと改めて質問をし直しておきたいというふうに思うのですけれども、なぜ2市2町の合併がうまくいかなかったのか、この合併という問題が失敗したのか、これは要するに十分な議論というか、総括が必要な部類ではないかというふうに私は思いました。前回総括質疑のときに市長にそのことを、私だけではないですが、いろんな方が質問した中でも、さまざまな責任というふうなことがある、当然上福岡市にも、また市長ご自身にも責任はあるというような言い方をされていたというふうに記憶しています。そうした意味では、この2市2町の合併、相手があるのだというふうなことであったとしても、幾ら結婚したいというふうなことでアプローチしても、自分自身の魅力をアピールするとか、自分自身から求婚の意思を明らかにするときにも、さまざまな方法というふうなことはあるわけで、ご自身、自分自身の責任というふうなことが問われないということは私はないと思うのです。そういう意味では、なぜ2市2町の合併というふうなことが十分にうまくいかなかったのか、その上で改めて今大井町にそうした合併を申し入れるというのはどういう意思であるのかと、こういう点についての説明は必要ではないかと、あるいは施政方針の中にもそういうことを盛るべきではないかというふうに私は考えたのですが、この点はいかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 それは見解の相違であります。私自身は、あくまでも問いかけをして、それ以後の話はこれからしていくというような方法で今回の場合は取り組みました。
 今の責任的な総括はどうなのだと、こういうことでありましたけれども、それはいろいろと議会の皆さんも議論をしておりますように、いろんなことがあると思います。決してどこが悪いとかいいとかという問題ではなくて、いろいろな事情の中でそういう結果が出たということについては、私はあえてそれがこうだ、ああだという批判をするつもりはありません。そういう方向で取り組んでいきたいというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 そうしますと、例えば合併特例債を使ってさまざまな事業を計画していたと、この辺をどういうふうに申し上げていいかというふうなことを思うのですけれども、かつての新市建設計画というふうなことを見て、そしてそれに向けて上福岡市がどのような主要事業をこの新市建設計画、つまり合併特例債を主要な対象とした事業の中に計画したのかというようなことを見ますと、各市町の主要事業というふうなことの中に、12の事業が合併特例債というふうなことを想定した事業であったというようなことがはっきりしています。そして、例えば我が市の第三次総合振興計画の中で、今回市民クラブでいただいた審議資料によりますと、平成15年度に新たに二つの事業が主要事業に加わりました。中央公園の拡張整備事業、それから東西道路の整備
P.93
事業というふうなものであります。あくまでも私は、その前提がどうであれ、合併というふうなことを一つの前提にした事業であったというふうに考えるのが自然ではないかというふうに思います。そうであるならば、この合併というふうなことが白紙に戻り、さらには加えて中央の、先ほど来ずっと議論されていますように、さまざまな補助制度や交付金の見直しというふうなことが進められている段階の中で、これらの事業をすべて維持するというのは余りにも無理があるのではないかというふうに考えるのが自然ではないかというふうに思うのですけれども、こういう点でも合併が白紙に戻ったことの総括というふうなことが問われるというふうに考えるということから申し上げますけれども、そういう意味での見直しというのは必要だというふうに思うのですが、この点はいかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 上福岡市の事業計画の中で合併特例債を使ってやりますという事業は何もないです。そういうことは私は一切言っていませんし、上福岡市の場合は入っていません。ただ、特例債が出れば、その費用を使って一日も早くつくるということについては別に問題ない、私はそう考えておりまして、特例債というのはある意味で事業の促進が図れるというふうに思っておりまして、計画の中では、公団住宅の要するに負担する面積をその分いただいて公園の拡張というのは、これはもう災害に強いまちにするには絶対必要ということで、私は常々言っていたことであります。それからもう一つ、東西道路を盛んに皆さん中止、中止と言いますけれども、全国500カ所のうちで上福岡市は13番目に入っている。そういう一つの中での、今県道の踏切による渋滞というのはここの信号機まで渋滞している。そういうことが一つも議論されないで、ただ東西道路を中止するとか、あるいは見直せとか、必要なことは逆なのです。市民はこの東西道路を何としてもつくってほしい、こういう要望は今さらではないのです。前々からありました。それは渋滞解消、この渋滞がどれだけ住民に迷惑をかけているのか、もうちょっと考えていただきたいなと、私はそう考えます。ただ、今回のこの事業計画そのものの中には、特例債を含んだ事業計画は上福岡としてはつくっていませんというふうにはっきりと申し上げておきませんと、誤解があるといけません。これは、別に特例債があるから東西道路をつくったのではないのです。これは、国交省としてそれを認められたいうことについてしっかりと事業を推進していく必要がある、このように考えております。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 私は別に東西道路に反対しているわけでは、そういう意味で、ただ何かイデオロギーとして反対するというふうなことを言いたいわけでは全くありませんので、そういうことを別に言いたいわけではありませんので、誤解のないようにしていただきたいというふうに思うのですけれども、ただ、要するに第三次総合振興計画にせよ、一番最後に合併の推進というふうなことがあって、そして全体的なこの計画を立てる、そしてこの上福岡市として必要なものは
P.94
何かというふうなことを考えていくというふうなことの中にも、当然そのリーダーであった市長の脳裏の中には合併というふうな問題がなかったはずはないのであって、そういうふうなことの中でさまざまに事業計画を立てられたり、また合併ということをある意味では前提として、どのような事業展開や特例債を活用したことが可能なのかというふうな議論も、さんざんこの議場の中で特例債は魅力的なものであるというように市長ご自身も言ってきたというふうに思うのです。それがなくなったのに、全くその影響がないのだというふうに言って、今の事業も要するに見直す必要がないというふうに言うのは大きな違和感を持たざるを得ないということを、ちょっと時間がなくなりましたので、ご指摘だけして、私は終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員の質疑を終了いたします。
 引き続き青山博明議員から質疑を受けます。
 青山博明議員。
◆青山博明 議員 それでは、私の方は第17号議案の新年度の予算についてお伺いいたします。大変厳しいというふうなことをこの間、きょうの質疑の中でも再三質疑が行われましたけれども、1点だけ市債の借換債につきましてのご説明をお願いしたいというふうに思います。
 借換債そのものは国の方針というようなことでしたけれども、結局これは言ってみればツケを後年度に先送りするだけではないかなというふうに私は思うのですけれども、この内容につきまして、次年度の金額等がわかれば教えていただきたいと思いますし、この借換債は本来、資料を見せていただきますと、特別会計で処理するというふうなこともありましたけれども、その辺も含めて少し、時間も限られておりますけれども、説明していただけますか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 借換債の関係につきましてお答えいたしますが、ここで借りかえをさせていただくわけでございますけれども、平成7年、平成8年で借りました減税対策債、これは当初の約束どおり、資料要求の中におつけいたしました、詳細につきましては。ちょうどその時期が平成16年度であるということで、ここで借りかえをさせていただきますけれども、返済の先送りということではなくて、その時点の制度がそういうことであったということでひとつご理解をいただきたいと思います。
 それから、この借りかえの関係は、おっしゃるとおり、平成16年度ではおおむね13億8,000万円程度ですか、借りかえの金額が入っております。そのために予算総額では膨らんでまいります。そういう意味で、ある見方をすれば、実質の予算執行とはちょっと内容が違うよと。そういうものを例えば含めないで、借換債だけを専門に取り扱う特別会計処理という方法も、これは全国レベルで見ますと、私が見る限り、大都市的な都市ではそういったことを、金額が大きいですから、処理されているのを見ております。また、そういうことで、今回の借換債の特別会計については、今後そういった先進都市の内容もよく見まして、そういった特別会計処理した方が今後一般会計
P.95
の予算を本当に見ていく上でわかりやすいということになりますれば、導入もやぶさかではないと現状は考えてございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 今年度の金額は出てきましたけれども、市長が以前の議会で3年もすればバンザイだよというふうなことを言われました。これはバンザイではなくて、前期計画、これをやっていくとお手上げ状態になるのではないかなというふうに私は判断したのですけれども、今回の国の改革で、地方自治体は自立しなさいよと、そういうふうに言われているわけです。今回の借換債を含めて、合併の特例債もそうなのですけれども、こういうふうな元利償還金を交付税措置しますからやりなさいというのは、こういうふうなやり方をずっとやってきて、地方財政が今のような赤字状態になったのではないかなというような気がするのです。そういう意味で、今求められているのは自立した自治体、そういう意味で、長いスパンでまちづくりを考えていく、計画的な市政運営というのが求められているのではないかなというふうに思うのです。そういう意味で、今回の借換債が今後市の財政負担を減らしていくのかどうか、この辺につきましていかがでしょうか。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 借換債そのものは、制度にのっとって借りかえをさせていただくと。これは、新たな負債の増ということでもありませんし、これを現状一括して返済するという考えも当初から私たちは持っておりませんし、この制度にのっとって借りかえをすると。ただ、今後の財政負担ということを考えますと、この平成7年度、平成8年度で借りたものについては、今まで元金返済はせず、利子だけを払ってきて、今回借りかえをしますと、平成16年度から10年間で、今度元利均等償還ということで変わります。ただ、借りかえの金利については後ほどまた国の方から示されますが、それは十分財政運営上の中で頭の中に入れて算定は見積もってございますので、よろしくお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 大変厳しい市政運営を強いられるというふうに私は思うのですけれども、臨時財政対策債も今回予算の方で、きょうの質疑の中でも説明がされましたけれども、新年度以降ですか、また3年間延長というふうな形でなったようです。その後はどうなるのかというのは、先ほどの質疑の中で見通しが若干語られましたけれども、一つの方向性として、地域再生事業債、こういうふうな形に移行していくのではないかなというふうに思われるのです。そうすると、先ほどの長期的な展望ということに立ちますと、市の基本計画、これをどういうふうに定めていくのかというのが大変重要になってくるというふうに思うのです。各自治体の基本計画をしっかり定め、そういうふうな中で今後国からの手当てをしていきましょうと、そういうふうな流れになっていくのではないかなというふうに思います。そういう意味で、この市の基本的な計画づくり、
P.96
これにつきまして市が、現在執行部の方がどのようにお考えなのか、この辺につきましてお伺いしたいというふうに思います。簡単にお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 地域再生事業債の関係が今触れられましたが、今後やっぱり国も使い勝手のいいように、要するに幅広い事業に財源を充てることができるという方向での改革だと思いますが、そういう中にあっても、地方が今の現状を踏まえて、事業を計画する際には、そういったことをきっちりと計画の段階から見定めた中で計画を立てるようにということでございますので、そういうことはもう当市においては、前々からそういうことはきちっと頭の中に入れ、事業計画を組み、ただ財源の手当て関係で、常に事業については見直しをしていく中で今後も運営していきたいと考えております。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 そこで、今後のまちづくり計画を市が定めていく際に、今後このような交付税がおよそ3割ぐらい、25%から30%ぐらい減っていくのではないかなというふうに試算をしてみました。そういうふうな状況で、長期的な計画をつくっていく際に重要になってくるのが、きょうの質疑でもありましたように、財政運営は単に歳出を減らすだけ、そういうふうなことではないというふうに私は思っています。その財政運営をどうしていくかという具体的な方法として、適正な事業評価、これに基づいてまた次の年に、あるいはさらにその次の年に持ち越していく、この事業評価がきちんとされること、その内容は行政サービスの、今のサービスの客観的な評価ですから、そういうふうなものも含めて、今後の基本計画にきちんと反映されていかなくてはいけないというふうに思っています。
 市長の施政方針演説の中で、新年度の予算、これをなぞったようなといいますか、その辺のところのアピールも含めて方針が示されましたけれども、一番欠けている部分といいますか、私が残念に思ったのは、その基本的な計画づくりに市民がどのように参加できるのかというふうな形なのです。確かに施政方針ですから、大ざっぱといいますか、大枠でお話をされたのだと思うのですけれども、基本的な部分として、その限られた財政運営をいかに進めていくか、計画づくりに反映していくかというところでは、市民がきちんと参加できるまちづくり計画というものが必要になってくるというふうに思うのです。わかりますでしょうか。要するに、ただ単に審議会に委員が入ってくるということだけではなくて、限られた予算を使うには何をやったらいいのかという市民の、住民の意思が反映されないと、その計画づくりがきちんといかないのではないかなというふうなことなのですけれども、その辺、今後の基本計画の見直しが今進められておりますけれども、含めて市民参画なのです。参加ではなくて参画なのですけれども、その辺の考えについてお伺いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。

P.97
◎鈴木久志 総務部長 市政運営の中で、やはり議員おっしゃるとおり市民参画、この視点は、これは見逃せない点で、非常に大事な項目であります。ただ、おのおのの施策の中でやっていく上で、どんな形の市民参画が必要であるかは、それは事業内容によっては若干異なる点といいますか、あると思います。そういう中で、ばらばらであってはやりにくいのではないか、ある程度市民参画の方法についての一定のルール的といいますか、基準といいますか、そういうものが今後検討し、つくれればよろしいのですが、現時点においてはそんな市民参画という視点は大事であるということだけで、ルールづくりということを議員さんはおっしゃりたいのかどうか、私ちょっと今ご質問を受けた中でわからないのですが、その視点は大事であるということはしっかり認識をいたしております。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 ルールづくりといいますか、最近の例で申し上げますと、余り他市の例は引用したくないのですけれども、隣の川越市で、景観を保全するために、そこに住んでいる住民の皆さんのお考えでまちづくりを進めていくという、これつい最近新聞に載りました。具体的にはそういうふうなことだと思うのです。市民の意思がどのように計画に反映されるのかというのが重要になってくるというふうに思います。限られた予算、いろんな事業を詰め込みたいというのはわかるのですけれども、やっぱりそういうふうな視点、基本計画にどのように反映されていくのか、住民のそういうふうな、各大型事業、公共事業がありますけれども、何をではやって、何を捨てていくのかと、その辺のところまでやっぱり住民の意思というのが反映されるべきではないかなというふうに思いますが、いかがですか。時間がありませんね。
○五十嵐正明 議長 時間がないです。
 青山博明議員の質疑を終了いたします。
 市民クラブ所属議員の質疑を終了いたします。
 以上で本定例会に提出されました第1号議案から第24号議案まで及び第26号議案、以上議案25件に対する総括質疑を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第2 議案の常任委員会付託
○五十嵐正明 議長 日程第2、議案の付託を行います。
 第1号議案から第24号議案まで及び第26号議案、以上議案25件につきましては、お手元に配付してあります付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第3 議案審議
△第25号議案 公平委員会委員の選任について
○五十嵐正明 議長 日程第3、第25号議案・公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

P.98
 お諮りいたします。ただいま議題となっております第25号議案については、人事に関する議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第25号議案・公平委員会委員の選任について、河野孝之さんを選任することに、これに同意することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第25号議案・公平委員会委員の選任について、河野孝之さんを選任することに、これに同意することに決定いたしました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△散会の宣告(午後4時00分)
○五十嵐正明 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 あす3日、4日及び5日は総務常任委員会のため休会、6日、7日は休日のため休会、8日、9日は福祉・教育常任委員会及び環境・都市常任委員会のため休会、10日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.99
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(3月10日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
      6番  青 山 博 明 議員
     12番  足 立 志津子 議員
      4番  佐 藤 英 夫 議員
      1番  伊 藤 美枝子 議員
     19番  鈴 木   実 議員
      2番  内 田 久 江 議員
 次回予定報告・散会
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(23名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員                   
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員(1名)
     24番  大 島 国太郎 議員                   
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役

P.100
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      吉 野 英 明  教  育  長
   島 村   栄  参事兼教育次長      横 山 清 毅  選挙管理委員会
                                  委  員  長
   冨 田 金 治  選挙管理委員会      金 子   昇  公平委員会
            書  記  長               事 務 職 員
   中 野   武  代表監査委員        金 子   昇  監 査 委 員
                                  事 務 局 長
   仲   智 洋  農業委員会        金 子   昇  固定資産評価
            事 務 局 長                審査委員会書記
   山 崎   豊  副 参 事 兼      工 藤 秀 典  副 参 事 兼
            高齢福祉課長                健康保険課長
   高 見 輝 雄  福 祉 課 長      藤 田 光 雄  児童福祉課長
   山 田 敏 夫  障害福祉課長       米 窪 堅 治  保健センター
                                  所     長
   堀 口 泰 男  市民交流プラザ                      
            館     長                      



P.101
△開議の宣告(午前9時30分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は23人です。議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会第14日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席届
○五十嵐正明 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。
 保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。
 以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 市政に対する一般質問
○五十嵐正明 議長 日程第1、ただいまから市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、青山博明議員の質問を許します。
         〔6番青山博明議員登壇〕
◆青山博明 議員 それでは、議長の発言許可がありましたので、私の一般質問を行います。今議会におきましては、住民基本台帳ネットワークシステムについて、それから文化芸術事業について、葬祭場の建設について、ごみ問題について、放置看板の対策について、教育問題というふうになっております。よろしくお願いいたします。
 まず最初に、住民基本台帳ネットワークシステムについてお伺いいたします。発言通告書を出しておりますので、これに沿って質問をしていきたいというふうに思いますが、よろしくお願いします。平成15年、今年度8月に第2次稼働が実施されまして、住基ネットが本格稼働というふうなことになりました。あわせて住基カードが発行されるようになり、このカードを使用しての住民票の広域交付が可能になりました。顔写真つき、顔写真のないものというふうにあるわけですけれども、現在のカードの発行状況はどのようになっているのか、お伺いをいたします。また、今後の発行予定につきましても、どの程度見込まれているのかをお伺いいたします。それから、現状ですけれども、住民票の申請数、実際にこのカード等を使って広域交付がどのくらいの数発行されたのか、教えていただきたいというふうに思います。それから、カードの発行に当たりまして、これは新聞等でも報じられましたけれども、本当に信じられないことなのですけれども、実際に成り済まし申請、こういうふうなことが発覚しました。当市においての成り済まし対策はどのようにしているのか。また、このような実態が明らかになった以上、住基ネットに対応したきちんとした条例の制定が必要ではないかというふうに思いますが、どのようにお考えでしょうか、お伺いをいたします。
 次に、この住基ネットのセキュリティー対策についてですけれども、長野県知事は審議会から
P.102
の答申を受けまして実際にこのシステムへの侵入実験を行いました。この結果につきましては、長野県の方のホームページでも公開されています。実際に侵入が可能というふうな報告がされているわけですけれども、改めてこのシステムの危険性が指摘されています。市としてはどのように受けとめているのか、お伺いいたします。
 次に、文化芸術事業についてですけれども、事業の実績、それと今後のあり方についてお伺いいたします。今年度実施されましたコンサートに私も出席いたしましたが、残念ながら余り入場者数が多いというふうには言えない状況でした。以前にも何回か参加しておりますけれども、やはり同様のことがありました。この事業を広く多くの市民が参加できるようなものにしていくために、多くの市民が参加されるためにも市民参加の実行委員会方式にしてはどうかと思いますが、いかがでしょうか。昨年度内閣府が新成人を迎えた人3,000人を対象に実施しました世論調査の結果が、ことしの1月に発表されました。その結果から見ますと、今の若い人たちは、例えば映画や音楽鑑賞などを行う際、実際に会場に足を運ばない、自宅で楽しむ、そういうふうな傾向があることが明らかになっています。このような状況の中で、実際に市の事業として行う際に会場に足を運んでもらうためにも、内容そのものの企画を含めて当事者を巻き込んだ形にしていくことが必要ではないかと思いますので、お伺いをするものです。
 次に、葬祭場の建設について伺います。火葬場斎場の建設については既に計画も示されまして、新年度予算においては負担金が計上されています。現状と今後の計画がどのようになるのか、お聞きいたします。
 また、その費用負担がどうなるのか。今回の議会の質疑の中でも65億円というふうな数字が出てきておりますけれども、財源確保はどのように考えているのか、お聞きいたします。既に候補地が決定して、衛生組合の方の議会では平成18年に供用を開始していただきたいというふうな考えも示されております。したがって、今後の年度計画では、平成17年度の中で実際に建設費用が見込まれてきます。その財源の確保はどのように考えているのかということでお伺いをするものです。
 次に、ごみ問題ですけれども、ごみ処理施設の広域化計画については既に何回か質問をさせてもらっています。依然として具体的な行動が明らかにはされませんでした。これは、埼玉県の計画の中で第3ブロック、当市を含む大井町、三芳町で実施計画が策定されていました。新清掃センターとリサイクルセンターを建設するということが決まっています。そのために三芳町の焼却炉は使用を停止し、上福岡市の焼却炉は基幹改修をしました。一番最初の計画では、平成17年には大井町のごみも搬入されるというふうなことでしたけれども、なかなかこの計画が進んでいません。今まで何回か議会で質問をした中での答弁としては、何も進捗していませんとか、あるいは現在は話し合いをしていませんというふうなものでした。市はこの計画をきちんと進める必要があると思いますけれども、いかがでしょうか。上福岡市の焼却炉は、昭和49年に建設されたも
P.103
のです。基幹改修は、ダイオキシン対策というふうなことでバグフィルターを設置しました。また、今までも毎年改修工事あるいは同様の工事を行っています。大井町は焼却炉の基幹改修を行っておりませんので、このような状況の中でいつまでも放置しておくことはできないというふうに思いますので、今後の計画の進行についてお伺いをするものです。
 それから、リサイクルセンターに合わせての資源物のリサイクルの内容についてですけれども、2年間清掃センターの協力をいただきまして当市のリサイクルの状況調査を実施してきました。その結果、市のリサイクル率というのがおよそ22%程度を推移しているということがわかりました。余りこれは高い数字ではないわけですけれども、全国調査の数字と比較してみても大体同様の数字になっております。これは、容器包装リサイクル法そのものが約60%程度の自治体負担を求めているのが原因だというふうに思います。また、ごみを分別することにより、リサイクルを進めるダイオキシンの発生を抑えるというふうなことは私は必要だと思いますけれども、現実にペットボトルなどの容器が生産過剰になっている、そういうことも抑えていくべきではないかなというふうに思います。したがって、容器の再使用などを進めていく、そういうふうな方向性もあっていいのではないかと思いますので、お伺いをするものです。市の資源物リサイクルの内容について、お考えをお示しいただきたいというふうに思います。
 次に、放置看板の対策についてです。いわゆる捨て看板と言われるものに対しての市の対策、これについてお聞きするものです。私のところに、まちの中にいかがわしい看板がはんらんしているが、市で何とかならないのかというふうな電話がありました。市の防止対策をお伺いいたします。これについては他市の例もあって、実際に自治体で防止条例を制定していくということが可能です。それによりまして一定の地域での規制、それから例えば町内会などの市民の参加を得て美化活動を進められるというふうなことができると思いますけれども、この点について市のお考えをお聞きいたします。よくまちの顔というふうなことで表現されますが、駅前から市役所の方に向かっての道路、この辺が恐らく市民の目に触れるそのいかがわしいという看板のたぐいが多いのではないかなというふうに思いますけれども、放置看板につきましての市の厳しい姿勢が必要ではないかなというふうに思いますので、今回お聞きするものです。
 それから最後に、教育問題で2点伺います。今議会でも市史編さん委員会の条例の廃止ということが提案されておりますけれども、市史編さん事業が終わった後の資料の保存及び活用についてお聞きいたします。市史編さん委員として何年か私もかかわってきましたけれども、委員会としてこの資料の保存と活用について市に対しての答申が出されております。教育委員会はその答申に基づいてどのようにされるのか、お考えをお聞きいたします。資料については、市民の皆さんから提供をしていただいた貴重なものも含まれているわけです。せっかく贈呈したものがいつの間にか所在不明になっているというふうな話も私のところに寄せられております。保存の方法や施設の確保、そういうふうなことが必要になってくるのではないかと思いますが、いかがでし
P.104
ょうか。また、その資料の具体的な活用方法はどのように考えているのか、お聞きいたします。
 それから次に、旧火工廠のレプリカについてです。昨年作成されまして、フクトピアで平和祈念事業が行われまして、その場でこのレプリカが披露されたわけですけれども、大変わかりやすい立派なものだと思います。この活用につきまして今後どのように考えているのか、お聞きいたします。
 以上で私の最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 改めましておはようございます。それでは、青山議員から住民基本台帳のネットワークシステムについて、文化芸術事業について、葬祭場建設について、ごみ問題についてと大変広くにわたってのご質問いただいています。答弁が若干長くなるかなというふうに思いますけれども、あらかじめご了承いただければというふうに思います。
 それでは初めに、住民基本台帳ネットワークシステムについてお答え申し上げます。住基カードの発行につきましては、2月27日現在住民カードの発行枚数は152件でございます。今後の予定の見込みということでございますけれども、平成15年度の実績から平成16年度は240件を見込んでおります。また、申請数等広域交付の実情ということでございますけれども、平成15年度の郵送での住民票の交付申請は2月27日現在で6,683件です。広域交付の住民票の交付は、27件交付してございます。また、広域交付住民票の申請要件として身分証明書の提示が義務づけられておりますが、住民基本台帳カードの提示はほとんどなく、運転免許証、パスポート等の提出により交付が大半を占めておるところでございます。
 次に、成り済まし対策はどうしているのかということでございますけれども、佐賀県の鳥栖市、最近では3月1日に福島県の相馬市で成り済ましによる住民基本台帳カードの不正取得事件が発生しました。当市においても、身分証明書をお持ちでない方の照会書による本人確認の方法をとらせていただいております。総務省から2月13日付で文書にて、住基法施行規則及び事務処理要領の改正があり、照会書に加え健康保険の被保険証書など、いわゆる写真なしの証明書の提示を義務づけるとの考え方が示されましたので、その辺につきましては市民の方々に市報を通じてPRをさせていただきたいというふうに思っています。当市では、住民カードの交付申請を受けた際に、証明書による本人確認の場合は郵送された証明書とともに保険証などの証明書をお持ちいただくようお願いをしております。また、今後成り済ましによる不正取得を防ぐために、照会書の配達記録での郵送や提示していただく証明書の書類の検討、住基カード交付要綱の改正を進めてまいります。
 次に、セキュリティー対策でございますけれども、長野県の侵入実験の結果は住基ネットの静寂性を証明したものであり、CSサーバー、既存住基サーバーのデータの改ざんが可能であると
P.105
いう非常に衝撃的な内容でありました。例えば選挙人名簿に登載されていないことにして選挙をできなくさせたり、あるいは税金の滞納データを消去して、そのデータを持たせて勝手に転出させることができるということです。市民の個人データを預かる者として、非常に恐ろしい話であるというふうに受けとめております。
 次に、芸術文化事業についてでございますが、市の芸術文化事業の取り組みとしては平成4年から埼玉県と共催で、平成7年度からは市独自の事業として毎年多くの市民の皆さんに良質な文化芸術に接していただこうと、クラシックコンサート、伝統芸能、ミュージカルなど文化芸術鑑賞事業を開催し、市民の文化意識を高める機会を提供しております。平成15年度の取り組みといたしましては、9月6日、子供から大人まで楽しめるファミリー向けのミュージカル「オズの魔法使い」を開催しました。入場者は436名で、大変好評であったというふうに聞いております。また、若者の参加を促すために、1月18日に沢田聖子&ジョイライブを開催しました。今後の芸術文化事業については、事業の実施効果を検討、見直しする中で、より効率的な事業を実施したいと考えております。また、市民活動が活発化し、ただ単に鑑賞する形態から市民みずからが企画していく事業、さらには制作を視野に入れた事業を求められていますので、参加型事業の展開あるいは特に青少年の参加について研究してまいります。
 次に、葬祭場建設についてでございます。葬祭場建設につきましては、平成15年10月29日、富士見市都市計画、火葬場として富士見市において都市計画決定を見ています。これによって建設に一歩近づいたというふうに思っております。今後の予定ということでございますが、平成16年度では用地の取得、関連工事の設計、建物の基本設計、平成17年度においては実施設計、土木工事、建築工事、平成18年度は土木工事、建築工事、供用開始は平成18年度内を目指していると東入間東部地区衛生組合から聞いております。衛生組合に対する各市町村の費用負担につきましては衛生組合の規約に定められておりまして、経費負担の根拠は規約第14条の組合の事業により生ずる収入及びその他の収入をもって充てる。なお、不足すると認められた場合は、人口割80%、均等割20%の割合をもって、組合、市、町が負担すると定められております。現在衛生組合には火葬場事業による収入等がございませんので、各市、町でこの割合によって負担金を計上させていただいているところでございます。
 続きまして、財源でございますが、国等においては火葬場建設に関する補助金の交付はございませんので、衛生組合では各市、町からの負担金をもって事業を進め、今後発生する起債の元利償還金につきましては各市、町が負担していくこととなります。
 次に、ごみ問題でございますが、埼玉県のごみ処理広域化計画では、当初平成10年度に作成したものですが、この当初計画の内容は平成14年12月からの規制強化されたダイオキシン類の削減対策工事を先行して実施し、その後平成16年度までに広域による新設を設置、稼働する計画がございました。また、改修工事に必要とされる20億円以上の費用につきましては、ほとんどが一般
P.106
財源で賄うこととなっております。改修工事自体が財政的に見てかなりの難しい計画がございました。このことから平成12年10月に計画の考え方を見直し、清掃センター基幹改修工事には国庫補助金と県費補助金を活用し、また三芳町との応分の負担により工事を実施したという経過がございます。ごみ処理計画では、構成する上福岡市、大井町、三芳町にあるごみ処理施設を1カ所に集約して、ダイオキシン類の削減、リサイクルの推進、ごみ処理経費の軽減などを効果に図ることを最終目標としています。ご質問のとおりこの広域計画による新施設設置のための会議は現在のところ進展をしておりませんが、当市の清掃センターは設置以来30年以上経過していることから、構成する大井町の焼却施設の処理能力が限界に近づいてきていることから見ましても、平成21年度以降早期に新設を稼働させるために来年度からでも行政間の検討会議を進めなくてはならない時期に来ているものと思っております。
 ごみの問題2点目の資源物リサイクルにつきましてお答え申します。廃棄物の再生利用、いわゆるリサイクルにつきましては、市が優先したリサイクルの取り組みを進めるほど自治体負担が増加する結果となっています。特に容器のうち、ペットボトル、容器包装プラスチック類につきましては資源物として売却することが難しく、市の負担においてリサイクルするための選別や圧縮、こん包といった前処理を行った後に国の指定法人ルートなどリサイクルを行っている現状でございます。このようにリサイクルによるさまざまな工程と自治体負担が生じているもので、ご質問のようにリサイクルせずにそのまま再利用を進めれば、自治体負担が少なくなるから必ず縮減できると思っております。このような背景の中で、環境基本計画、庁内行動計画におきまして市の優先取り組みをして、庁舎の自動販売機で売られている清涼飲料水の容器をワンウエー容器とせずにリターナル瓶としての使用を進めた取り組みを庶務課が行うこととなっております。まずは行政から取り組みを始め、市の取り組みを市民の皆さんに啓発していくことが重要であると思っております。また、少々ご質問の趣旨とは異なりますが、環境課では廃棄物減量等推進審議会からの答申のございました常設リサイクルショップの取り組みをこれからも進めることとしておりますので、このような取り組みが進められることによってさらなる啓発の場の提供ができるものと思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 住民基本台帳ネットワークシステムに対応した個人情報保護条例の改正の点、それから今回長野県の侵入実験の結果をどう受けとめているかということにつきましてご答弁申し上げます。
 平成14年8月5日から住民基本台帳ネットワークシステムが稼働いたしました。行政事務の効率化や住民の利便性が高まる反面、より厳正な個人情報の保護措置が求められるところでありま
P.107
す。現在上福岡市の個人情報保護条例におきましては、実施機関が電子計算組織によって個人情報を処理する場合において、実施機関以外との結合は、つまりオンラインは原則禁止しております。ただ、その例外として、オンライン結合処理の目的が住民福祉の向上を図るものであることやオンライン以外の手段によることが困難な場合につきましては、運営審議会の意見を聞いて特に必要と認めた場合について外部との結合を行っているところであります。しかしながら、オンライン結合は結合先で大量の個人情報を容易に利用することが可能であります。不適正に利用された場合は個人の権利、利益を著しく侵害する危険性があることから、市としましてもネットワークにおける個人情報の提供のあり方、これを明確にするため、今年度個人情報保護条例を改正する予定で現在準備を進めております。
 改正の内容といたしましては、まずオンライン結合による個人情報の提供については原則禁止とし、結合の条件としては法例などの定めがある場合、または運営審議会が公益上必要であり、かつ個人情報について十分な保護措置が講じられているとして認めたときに限定する規定を考えております。次に、オンライン結合により提供した個人情報が漏えい、事故などの事由により適正な保護措置が講じられず、基本的人権の侵害のおそれがあると認めるときの国、他の地方公共団体に対する措置を、これは国、他の地方公共団体に対し報告を求め、または必要な調査を実施することでございますが、これらを規定したいと考えてございます。さらに、緊急かつやむを得ないと認めるとき、市の判断によりオンライン結合による情報提供の一時停止、つまりネットワークの切断ができる規定を盛り込む予定でございます。
 なお、最後に長野県の侵入実験につきましては、いろいろ総務省の見解、長野県の見解ございますが、当市といたしましては実施機関以外の結合は禁止しているということと、市の判断でネットワークの切断ができる規定を盛り込むという考え方に立ってございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 放置看板対策についてのご質問にお答えをさせていただきます。
 この立て看板等につきましては、安価な費用で容易に表示できることが可能であることから街路木や電柱に多く設置されるようになり、都市景観の阻害、見通しの不良、信号機及び標識等の妨害となっております。現在市では、簡易除去を定期的に、また苦情等があった場合には随時実施しております。除去等標準実施要領の中で、簡易除去を行うことのできる者は、市町村の職員で市町村長が命じた者、市町村の職員以外の市町村長が委任した者となっており、市町村長が命じた職員はその指導、監督のもとに簡易除去作業の実施行為を第三者に委託することができるものとなっております。
 ご質問の市民参加で除去できないかということでございますが、要領の中では市町村長が委任
P.108
した者が除去できるとなっておりますので、市民の方にお願いすることは可能であり、ありがたいことであると思いますが、しかし実施に当たり除去の対象となる張り紙、張り札、立て看板等の内容の判断、また除去したものの管理、処分、除去中の事故、トラブル等の問題が予想されますので、そうした問題に対応していかなくてはならないこともあり、なかなか難しい面もございます。ご質問の内容につきましては、今後西部11市で構成されている道路管理の協議会等もございますので、議題として協議してまいりたいと思っておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 市史編さん事業とレプリカの関係についてお答えいたします。
 市史編さん事業ですが、平成3年から13年間実施してまいりました。資料といたしましては、3万8,000点近く収集いたしました。また、刊行物は合計で38冊を刊行いたしました。平成15年度をもって完了いたします。平成16年度につきましては市史編さん室は廃止いたしますが、社会教育課文化財保護係を後身部署といたしまして、資料の保存と活用を図る予定であります。資料の保存場所でありますが、葦原中学校におきまして整理、保存を厳重に行いたいと思っております。収集した資料の活用につきましてですが、歴史民俗資料館で開催いたします特別展、また平和教育推進事業での市史展示により活用するとともに、市民への皆様に上福岡市の歴史についての啓蒙に努めてまいりたいと考えております。なお、文化財としての価値を持つ民間所有の資料の収集、保存は、引き続き行ってまいります。また、市に保存されている行政文書の中から歴史的資料として保存すべきものも収集、整理して、将来的な活用に備えてまいりたいと考えております。
 旧火工廠レプリカの活用についてでございますが、ご承知のように昨年夏から旧火工廠の全体模型の作製に取り組みまして、12月6日には平和祈念事業をフクトピアにおいて開催し、公開展示をいたしました。多数の方たちにご来場いただくことができました。ちなみに模型の大きさでございますが、縮尺500分の1を作製いたしました。縦150センチメートル、横250センチメートル、重量は120キロであります。上福岡市の歴史の1ページを学ぶとき、大きな役割を担う模型であると認識しています。事業終了後におきましては、フクトピア、市立図書館、本庁舎ロビーにおいて、それぞれ1週間展示いたしたところであります。今後の活用予定につきましては、各小中学校に巡回展示し、子供たちが平和を学習する機会の身近な資料として学習カリキュラムの教材に加えてまいります。その際には旧火工廠について研究し、模型作製にお力添えをいただいた方を説明員といたしまして各学校へ派遣し、学習効果のより充実を図りたいと考えているところであります。模型の常設展示につきましてですが、当初の予定では常設できるように考えておりました。しかしながら、設計、検討に当たって多くの関係者から聞き取り調査を行い、より精
P.109
密で、かつ現地が想像できるような完成度を求めた結果、先ほど申し上げました大きさになりました。歴史民俗資料館など既存の施設では常設の展示物があるため余裕がありませんので、模型の常設展示はできませんが、期間を設けての展示場所といたしまして市民図書館と市役所ロビーを今後考えていきたいと考えています。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員の再質問を許します。
◆青山博明 議員 それでは、再質問をいたします。大変丁寧な答弁をいただきました。何点かにつきましてお聞きいたします。
 まず、住民基本台帳のネットワークシステムですけれども、本当に成り済まし申請というの実際に行われるというふうなことがとても信じられないような思いでした。これは、したがって佐賀県だけの例ではなく、全国どこにでも起こり得るのではないかなというふうな状況だと思います。したがって、その対策というものが当市においてもきちんととられる必要があるというふうに思います。先ほど照会書、これの提示の際に、顔写真なしで総務省の方は指導が来ているようですけれども、実際に佐賀県の例を見ましてもあり得ないような方法で他人の手に渡っておりますので、この辺は慎重に渡していく、そういうふうな形が必要だろうと思います。本人確認の方法につきまして市としてきちんとしていく、このことにつきまして再度ご答弁をお願いいたします。配達記録につきましては、これは記録が残るだけですので、またたどっていく調査等の作業が必要になります。それよりも発行する際の未然に防ぐ防止対策として、本人の確認をきちんとしていく方法が必要ではないかなというふうに思います。住基カードそのものにつきましては、実際に利用がされていないというふうなことが今回の答弁で明らかになりました。本当にむだなカードの発行になっているというふうに思いますし、その費用負担も大変です。今後につきましては、再考をお願いしたいというふうに思います。実際にお年寄りが多いようですけれども、身分証明書がわりにも実は使っていない、そういうふうな状況のようです。この辺につきましてはまた再度別の形で質問したいと思いますので、成り済まし対策のみ答弁をお願いいたします。
 それから、セキュリティーの方の対策ですけれども、実際に長野県の侵入実験、これの調査を担当した人、これ民間の人ですけれども、この人にお話を伺ってきました。一番危険なのは、庁内LANシステムというようなことでした。これにつきましては、他市で実際にこれを使っている例があります。全国これは全部つながっていきますので、そういうふうなことで言いますとまだまだ危険性があるというふうに思いますし、総務省と調査を行ったその調査員あるいは長野県との意見が対立しています。総務省はあくまでも安全だと言っているわけですけれども、長野県の方ではこれにつきましては再度共同で侵入実験をやってみないかというふうな申し出もしているようです。いたずらに対立していくよりも、まずそのシステムの対策、これを現実にやっていくべきではないかなというふうに思うのです。具体的には何が可能なのかというのは、先ほど少
P.110
し答弁の中で例が示されましたけれども、いろんなものが改ざんされていく、そういうことが可能なようです。担当者の話では、税金を払っているのだけれども、これ払っていないように、また逆に払っていないのだけれども、払っているようにとかということもできると。ただ、それをやると法律に触れるので、侵入実験ではそこまでやらなかったということですが、実際やればできるのではないかと、そういうふうな判断を調査員の方は示しています。したがって、まずシステムそのものがこれは国の方の指導でやっていますけれども、実際は自治体が主体です。責任も自治体に来ます。ですから、自治体のやっぱり管理責任が問われてきます。ですから、条例等もきちんとしたものを定めていく必要があると思うのです。措置というふうな形で今後考えられるのかなと思いますけれども、厳しい措置が必要ではないかなと。それによって抑制していく、こういうことも必要だと思います。罰則とかそういうものも、もしかしたら必要になるのかもしれないというふうに思います。それから、切断を市独自の判断でやりますよというふうなことも示されましたけれども、実際にこれが切断されて情報がどういうふうになるのかというのが一つわからないところなのですけれども、まず市としてそういうふうな事態を招かないためにも、セキュリティー対策をきちんとしていただきたいというふうに思います。また、条例等につきましても早急に改正をしていただきたいというふうに思います。
 それから、文化芸術事業についてのことですけれども、今後検討されていくというふうなことの中で、内閣府のアンケートは新成人の人を対象に行われたわけです。若い人になるべく参加してもらえるような形をとっていくのがよろしいのではないかなというふうに思いますので、ぜひ検討の中にそういうことも加えていただきたいというふうに思います。
 次に、ごみ問題についてですけれども、ごみ処理施設の広域化ということで基幹改修までずっと1市2町のブロック会議でやってきました。今後平成16年度でまた話し合いをしていくというふうなことで少し前進したのかなというふうに思いますけれども、その推進体制、これにつきまして確認をしていきたいと思います。1市2町の合併問題がありまして、少しこの問題も停滞していたのかなという気がしないでもありませんけれども、今後の新炉建設に当たりましてはそのような1市2町の体制でやっていくのかどうか、この辺につきまして確認をしていきたいと思います。
 それから、放置看板の対策ですけれども、これにつきましては今後西部地区の会議の中で諮っていただけるということなのですけれども、参考までに先ほど他市というふうに言いましたけれども、私の方で調べたのは八王子市の例であります。ここの中で私の第1回目の質問のときにも少し述べましたけれども、地域を限定してというのが一つあります。こういうふうな形で条例化が可能ということでした。八王子の条例というのは大変厳しいもので、違反した者に対しては罰金が科せられます。というふうなことで、一自治体の条例にしてはかなりきつい条例になっています。また、委任者のみがその撤去ができるというような形でしたけれども、これにつきまして
P.111
も協力員という形で市がまちの人たちに委任しているのです。そういうことも、だから実際に市の方で条例化することによって可能になっていくというふうに思います。基本的には、要するにこれは県の広告物の条例で、市が委託されて市の方でやるというふうなことになります。ですから、その辺のところで実際に苦情があればすぐ行くといっても、市がそんなに即座に対応できるかどうか難しい面があります。その際に市民参加で、例えば町内会というような形でしたら一つの方法としてあり得るのではないかなというふうに思いますので、この辺も今後検討していただきたいというふうに思います。
 それから最後に、教育委員会の方へお聞きいたしますが、旧火工廠のレプリカ私も見ましたけれども、120キロというふうにお話ありましたけれども、大変重いのです。立派なものです。こんな立派なものができるというふうに予想していなかったので、巡回して学校教育等で平和教育でやっていきますよというの大変いいことだと思うのです。移動も大変ではないかなというふうに思いますので、期間限定ということではなくて、例えば市民の目に多く触れる機会を持つ、そういうふうな公共の場でぜひ常設で置いていただいて、そういうふうな過去の歴史等に触れる機会をつくっていただきたいと思います。ぜひ再検討していただきたいと思いますが、その辺につきましてでは再度答弁をいただきたいというふうに思います。
 以上で私の再質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、成り済ましの件とセキュリティーの件、まず初めにお答えをさせていただきます。
 これは、住基法施行規則の事務処理要領の改正とあわせて住基カードの交付要綱の改正も現在担当課の方で検討しております。あらゆる手法を使って成り済ましの件につきましては対策を講じていきたいというふうに考えております。
 なお、2点目のセキュリティー対策の関係でございますけれども、これは総務省、自治省の自治行政局、自治政策課、財団法人地方自治情報センターの共催によりまして、電子交付、電子自治体の推進により住民の利便性を向上させると同時に個人の情報保護等を徹底し、住民の安心を確保するために十分な対策が必要不可欠であることから、各地方公共団体における情報セキュリティー対策の中核を担う高度な人材の計画的かつ早急な育成に資するため、実技研修を20日間ほど実施します。そういう中で職員を派遣して、これ定員の枠がございますけれども、1,000人程度ということでございますけれども、そういう中でしっかり身につけてくることが大事だというふうに思っております。なお、その点につきましては積極的に参加をしていきたいというふうに思っております。
 次に、ごみ処理の関係でございますけれども、ごみの処理の広域化、これは先ほどご答弁させていただきましたが、上福岡市の炉も30年経過し、さらには大井町の炉も現在の処理能力がもう
P.112
限界に来ていると。そういう中で、上福岡市、三芳町、大井町を含めて平成16年度からその建設計画に向けた作業を進めていきたいというふうに思っているところでございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 旧火工廠のレプリカの常設の関係でございますが、常設の場所、また管理の方法等を今後検討させていただきます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時22分
   再 開 午前10時32分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、足立志津子議員の質問を許します。
         〔12番足立志津子議員登壇〕(拍手あり)
◆足立志津子 議員 おはようございます。それでは、発言通告に従いまして一般質問をさせていただきます。
 その前に、本日の一般質問では、議長の許可を得ましたので、地図をお示しさせていただきたいと思います。これは、入間東部地区衛生組合で示されたものを拡大したものでございますので、ご了承ください。
 それでは、質問に入ります。火葬場建設と市の財政についてです。昨年12月19日、日本共産党は、平成16年度予算重点要求書を市長に提出、懇談いたしました。合併協議会が解散して自立した市として健全な財政運営を実施していかなければならない門口に立っている上福岡市として、桜通線、(仮称)東西連絡道路、中央公園整備など大型事業とともに火葬場の進入路についても、中止、縮小、凍結などの対策をとるように要求いたしました。
 まず、皆さんに火葬場の進入路について、地図を使って説明をさせていただきます。ここに示しました地図ですが、新河岸川沿いに富士見市の南畑に予定しておりますこの火葬場・斎場の進入路は、平成14年9月の基本計画書によれば富士見254バイパスの北側から、この地図でいきますと254バイパスの上です。この北側から火葬場に入っていくとなっていました。それを平成15年3月、衛生組合の管理者、副管理者会議で、富士見市の都市計画道路みずほ台東通線の部分で富士見254バイパスの南側から入ると変更しました。この変更が合併特例債を使って富士見市の都市計画道路みずほ台駅東通線をつくり、進入路をつなげるということだったようです。ですから、火葬場の進入路について武藤市長は共産党との懇談の中で、「あれは合併を前提にしたものだから見直さなくてはならぬ」とのお答えになったわけです。

P.113
 ところが、平成16年度の予算案を見ますと、火葬場への進入路を都市計画道路みずほ台東通線で富士見254バイパスの南側から入る案で上福岡の分担分を計上した平成16年度の一般会計予算案になっています。衛生組合議会の中では、富士見市の都市計画道路みずほ台東通線をバイパスの南側まで使う進入路について、「まだつくられていない富士見市の都市計画道路みずほ台東通線をつくることになるのだから財政負担が大きくなる。上福岡方面から考えると、新河岸川を越えたバイパスを下ってすぐに交差点をつくるということになって大変危険だ。見直すべきだ」と、こんな意見も出ています。現地を見てみますと、富士見市役所の前を通る都市計画道路鶴瀬駅東通線が平成17年度には完成をします。現在既に工事に入っている部分もあります。これをバイパスの方へ直進し、その先の南畑橋を越えたあたりにつくる工事車両の搬入口にすると説明をされています12メートル幅のメンテナンス用道路から入れば、莫大な経費をかけて新たな道路をつくらなくても済むというわけなのです。
 それでは伺います。都市計画道路みずほ台東通線の部分を幾らに見積もっているか、お答え願います。二つ目は、財政の事務レベルでは、この事業の総額を幾らに見積もっているか、お答え願います。三つ目は、市長が議員団に公に回答した内容とは違って、富士見市の都市計画道路をバイパスの南側まで使う進入路を認める結果に至った経緯をご説明ください。
 次は、不況対策です。埼玉県では緊急雇用対策として予算をつけて、上福岡市ではそれを活用して生徒指導支援員や学校図書教育支援員を採用しています。不況対策として、自治体では仕事創出の工夫をしています。従来は地元職人の働く場だった町場の仕事に大手業者が進出して、単価も下げられ、建設職人の方々は厳しい状況に追い込まれています。少しでも仕事をというのが共通した願いです。そうした声にこたえて、上福岡市では2000年4月から中小業者が市の仕事を受けやすくなる小規模工事登録制度がスタートして、2001年からは契約額も50万円以内に拡大しました。この制度は、現在県内で42市町で実施をされています。実施から昨年までの契約件数と総額をお答えください。
 次に、住宅リフォーム助成制度の創設についてです。不況対策として、県内20の自治体で住宅リフォーム助成制度が取り入れられています。住宅リフォームを地元の建設業者に発注すると、例えば工事費用の5%、10%までを限度など上限額を決めて助成するという制度です。私は、2000年の9月議会で、中小業者も利用者も助かると評判になっているこの制度の創設を提言しました。仕事創出という点から、担当部長は検討するとお答えになりました。その後の検討内容と創設に向けての見通しをお答えください。
 次に、公園についてです。滝、長宮地区の公園について。滝、長宮地区では、住民の皆さんの長年の希望がかない、公園が実現します。公園は、土地の確保ができたら、次は市民参画の公園づくりの段階です。平成16年度には遊具の予算が計上されていますが、市民の声を生かした公園づくりに市はどのような計画を持っているか、お答えください。また、中丸の神社のところにあ
P.114
る公園の遊具は、古くなって撤去になりました。その後の設置について利用者の声を聞いていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
 下福岡地域の公園について伺います。下福岡でも、公園が欲しいという要望があります。前は天神様のところにブランコがあったし、東部分館だったところが小さな公園だったけれども、今は取り払われてしまいました。「おばあちゃんが1人でものんびりできるところがなくて車で中央公園まで連れていくのだけれども、大変なことです」、こんな話を地域の方から聞きました。公園は子供だけでなく、高齢の方にとっても憩いの広場として大切なスペースです。耕地の広がる下福岡でも公園を求める声は例外ではありません。下福岡地域の公園についてお考えをお聞かせください。
 次は、高齢者医療について、65歳以上の医療費助成制度についてです。病院の窓口払いの増額、所得税の老年者控除の廃止、おまけに年金給付の連続引き下げと、高齢者の方は際限のない負担増が押しつけられています。68歳からの老人医療費助成制度の存続は県民の願いでした。ところが、上田知事にかわっても埼玉県は助成制度廃止の方針を変えず、1月から老人医療費助成を廃止してしまいました。県制度の廃止による影響額は、平成16年から平成20年の5年間で委員会の答弁では1億4,236万8,000円と聞きましたが、間違いないでしょうか、確認をさせていただきます。
 65歳以上の医療費助成の存続について、市長は昨年12月の共産党議員団の平成16年度予算要求の席上で、「上福岡市は続けたいが、2市2町の調整がつかない」と答えておいでです。調整がつかないまま廃止を決定した三芳町では、東入間医師会会長、入間郡市歯科医師会、三芳町の医師会と歯科医師会の会長の連名で全町会議員に制度維持を求める要望書が届けられました。要望書では、「2市2町で足並みをそろえて実施してきた65歳からの医療費助成制度は、地域の老人にとってまことに思いやりのある県内でも特色ある制度でした。制度廃止は、年金生活世代の高齢者にとっては容易に受け入れられるものではありません」と訴えています。制度存続を求める要望署名を取り組んだ上福岡市の市民団体、高齢化社会を考える会が署名用紙を全戸配布したところ、「制度廃止は困る。署名はどこに届ければいいのですか」と、こういう問い合わせが連日会に寄せられて、わずか2週間で1,000名に及ぶ署名が集まり、市長に届けられました。上福岡市で制度を廃止すれば、高齢者の方々には5年間で6億2,537万8,000円の負担がのしかかることになります。納めた税金は、市民の暮らしを応援する使い方の立場に立って高齢者の健康を守る上福岡市の社会保障制度、65歳からの医療費助成制度を今後も存続させることを市長に表明していただきたいと思います。お答えください。
 最後は、教育の問題です。少人数学級についてです。埼玉県は、平成16年度から35人学級の実施に踏み切りました。小学校1年生は35人以下に、小学校2年生と中学校の1年生は38人以下で、ともに学級制限なしとなっています。資料で見ますと、平成16年度上福岡市では、小学校1年生
P.115
は35人学級以下に、小学校2年生と中学校1年生は38人以下学級になると思いますが、間違いはないでしょうか、お答え願いたいと思います。
 少人数学級は全国の流れです。上福岡市でも、少人数学級を求める請願などが、これまでも5,000筆、1万筆と議会に届けられてきました。私は、何度も市が少人数学級を独自で実施していくようにとこの場から提案をしてまいりました。市教育委員会は、それについて「県の方針に従ってやっていく」とお答えになっています。志木市は、25人学級を実践しながら、その中で少人数学級の効果を研究してきました。そして、このたび発達段階に応じた少人数学級を中学3年生まで拡大したいと発表しました。埼玉県では、川越市など11の市町村が独自の少人数学級を導入する方針です。埼玉県は、こういった動きに対して市町村が経費負担をする条件で少人数学級の導入を認めました。県も少人数学級を認める流れの中で、上福岡市の子供たちに教育の平等から、今の制度のもとでは35人、38人を超えてしまう福岡小学校4年生、駒西小学校5年生、葦原中学の2年生、花の木中学の2年生、こういったクラスが少人数学級になれるように、市として少人数学級に踏み出すお考えをお聞かせいただきたいと思います。
 教育の問題で給食の委託について伺います。1月に上福岡の豊かな給食を守る会の皆さんが、委託の問題について教育委員会と懇談をしました。その席上教育委員会は、「上福岡市の給食の質は落とさない。委託は行革で、財政削減のため」と答えています。給食調理場が父母などに向けて発行しています「上福岡の学校給食」という冊子の平成14年度版によりますと、「学校給食は、学校給食法に基づいて望ましい食事環境のもとでバランスのとれた栄養のある食事を提供することを通して、学校教育の一環として児童及び生徒の心身の健全な発達を図ることを目的として実施している」とあります。
 この目的のもとでお尋ねいたします。一つ目は、具体的にどんな点をもって上福岡市の給食の質を落とさないとお考えか、お答えください。二つ目は、行革の目的を財政削減とする市において委託してどの程度の経費節減になるか、具体的にお示しいただきたいと思います。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 私の方へのご質問が2点ほどございますので、お答えを申し上げたいと思っております。
 火葬場の建設、これは大変2市2町の住民に対しまして重要な一つの施策として今取り上げているわけであります。特に富士見市の住民のいろいろ要望、それからあわせてバイパスという大きな交通路の関係がございまして、警察等の協議が何回も重ねられました。そういう中で、一応2市2町の財政負担の割合は、先ほどもちょっとお話が出ておりましたが、この割合の負担を含めて一番問題となりましたのは、その都市計画道路をどこまで組合と町村が負担するのかと、こ
P.116
れは大きな問題でありまして、私などは都市計画道路というのは地元でつくる道路、それから搬入路あるいは進入路につきましてはやはり組合として負担すべきだと、こういうことを主張しまして、なかなかその辺が話し合いがつかなかったという事実がございます。私の考えの中で質問者変わったのではないかというふうに理解しているかもしれませんが、私の方で変わっていない。ただ、要するにそういう経過の中で最終的には話し合いがついたということになります。これは、負担割合を決定したということで一応計上させて、ですから話は進んでいるというふうにご理解をいただければありがたいというふうに思っております。あと細かい点につきましては、担当の方からお答えをさせていただきたいと思います。
 その次に、高齢者の費用負担、この問題につきまして質問者から財政的な問題として高齢者の負担が大変だということのお話がございました。ただ、私常日ごろ申し上げておるのですが、子供から要するに老人までの公平な財政負担をお願いしていくというようなことを考えたり、あるいは財政を均等に使っていくというようなことを考えましたときに、県の各市町村の実態を見ましても、うちの方で残す方向にいっているところは何市町村もない実態でありまして、できるだけそういう負担を軽減しながら、段階的に私はこれは廃止になっていくだろうというふうに思っておりまして、今のところ努力をしていくということで取り組ませていただきたいと思います。また、細かい点につきましては担当の方から説明をさせますので、方向性としてそういう方向性があるということを認識しておいていただきたい、このように思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 それでは、私の方から2点、火葬場の建設の問題と、それから不況対策の小規模工事登録制度の拡充についてをご答弁いたします。
 斎場の建設に関する2市2町の協議につきましては、入間東部地区衛生組合を通じて建設内容や構成市町の負担割合の報告を受け、担当主管課並びに財政担当課との調整会議を実施してまいりました。昨年の12月16日になりますが、衛生組合の平成16年度の予算案に関する2市2町財政研究会の会議を三芳町で開催しました。会議では、衛生組合から提出された火葬場・斎場建設関係の予算のうち進入路、富士見市の都市計画道路との関係ありますけれども、その進入路部分について現計画では富士見市の都市計画道路と一部重なる部分がございまして、先ほど市長からご答弁ありましたが、その重なる部分についての進入路部分の事業費の財政負担をめぐりまして調整を続けてまいりました。市民要望の強い公益事業としての認識は2市2町とも一致しているところでございますので、早期建設を前提として進入路部分の構成市町の負担割合についての再検討を衛生組合の方に要請をしてまいりました。その後衛生組合で調整が図られ、進入路にかかわる事業費につきましては、富士見市の都市計画道路の関係もありますけれども、全体の4分の1
P.117
を富士見市が単独で負担をすると、残りの4分の3部分を富士見市を含む2市2町の負担とする内容で平成16年1月20日に衛生組合からの報告がありましたので、その負担内容を確認し、2市2町の意見も踏まえまして市長に報告するとともに、上福岡市としましてこれを了承し、予算に計上をお願いしたところでございます。総事業費につきましては、65億円程度と伺ってございます。
 次に、不況対策でございますが、市では平成12年度から市が発注する小規模修理、修繕契約につきまして、市内に主たる事業所を置く小規模事業者の受注機会を拡大し、積極的に活用することによって市内経済の活性化を図る目的で小規模契約制度を実施してございます。この制度では、小規模な修理、修繕工事について施工業者が簡易な手続で申請を行い、その審査についても原則として許可等の有無の確認はいたしません。また、技術者の資格、それから施工実績、経営状況等の項目も審査をせずに登録を行い、小規模事業者の負担の軽減を図っているところでございます。制度の活用につきましては、平成16年2月の時点で118件となってございます。対前年比では82%の増ということになってございますけれども、小規模工事登録制度の拡充につきましては平成13年度発足当初発注金額が30万円だったものを50万円に引き上げた経緯もございます。
 ご質問のこの金額の引き上げについてでございますが、地方自治法施行令第167条の2第1項及び上福岡市契約規則第17条第1項第6号において金額が定められておりますので、簡易な手続による登録発注という制度の趣旨からいたしますと、現状引き上げについては難しいと考えてございます。
 また、対象となる業種を修理、修繕のほかに工事を含めての拡充については、建設業法の許可が必要とされるほか、竣工後の工事検査が義務づけられているため手続が煩雑となりまして、逆に小規模事業者の受注機会が失われるのではないかというふうに思ってございます。今後この制度の拡充につきましては、庁内の意見をよく聞きながら小規模事業者の受注機会の拡大を図っていくとともに、庁内にこの制度の啓蒙をよく図り、発注の拡大を図っていきたいと、このように考えてございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、不況対策の中の住宅リフォーム助成制度の創設についてお答えを申し上げます。
 以前にも議員さんからご質問をいただいております。たしか平成12年3月の定例会でご質問をいただいておりますが、ご承知のとおり依然として景気の低迷によりまして個人消費が落ち込んでいる状況にあります。市民が市内施工業者により個人の住宅の改修工事を行った場合、その経費の一部を助成することにより建設関連業者の振興を図るということでございますけれども、検
P.118
討した結果、現在の市の財政状況が非常に厳しいという中から、新たな助成制度の創設については考えてございません。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 滝、長宮地区の公園設置についてのご質問にお答えをさせていただきます。
 滝、長宮地区への新設公園設置につきましては、以前から早期に実現してほしい要望をいただいているところでございますが、適地を今探し、権利者と交渉をしているところでございますが、いずれにいたしましても公園が不足している地域であり、以前から他の議員さんからも強く要望されていることから、今後実現に向け努力してまいりたいと思っております。また、用地の確保ができた場合の公園づくりの計画についてですが、土地が借用のため都市公園のような公園施設は設置できませんが、今後遊具の選定等で近隣の自治会等を通しましてご意見、ご要望を聞いてまいりたいと思っております。
 次に、遊具の撤去後に新設する場合は、利用者の意見を聞いてほしいとのご質問でございますが、遊具の撤去につきましては昨年度実施いたしました業者委託による点検結果を踏まえ、老朽化が進み、危険と思われる遊具について行いました。撤去した後の新たな遊具の設置につきましては、平成15年度既に設置済みのところもございますが、その他の公園につきましては、公園の利用者数、規模等を考慮した中で優先順位を定め、遊具の選定等自治会の要望を聞きながら計画的に設置してまいりたいと思っております。
 次に、下福岡地区に高齢者が憩えるような公園が設置できないかというご質問でございますが、公園は市民だれでも憩える場所であるとともに市内における緑地の保全及び緑化の推進を図る場であることから、緑の基本計画により公園の整備方針が示されております。平成14年度に策定いたしました緑の基本計画では、下福岡地区には旧新河岸川の自然を利用し、市民が自然と触れながら散歩などができる公園の整備方針が立てられております。ご質問者がイメージしている公園とは若干異なるかとは思いますが、今後の公園整備を進める場合にはご要望の内容を含め検討させていただきたいと思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 工藤健康保険課長。
         〔工藤秀典副参事兼健康保険課長登壇〕
◎工藤秀典 副参事兼健康保険課長 老人医療制度の県の補助制度の変更に伴います影響額についてお答えをさせていただきます。
 なお、本影響額を試算いたします前提条件といたしまして、一つ目は平成15年12月の受給者962人が5年間変わらないという想定のもとで、さらに1人当たりの年間助成額を平成15年度決
P.119
算見込額でございます7万2,731円、これも変更のないものとして積算をいたしますと、議員さんご指摘のとおり、平成16年度から平成20年度までの5年間での補助金の影響額は1億4,236万8,000円となります。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 少人数学級についてお答えいたします。
 35人学級の実施と上福岡市の意向についてでありますが、平成16年度県費負担教職員配置基準が。小学校1年については1学級当たりの児童数が35人を超えるとき、また小学校2年生及び中学校1年生については38人を超えるときは教員が配置され、少人数学級が可能になるように改正されました。本市におきましては、県の示す小学校1年、2年及び中学校1年につきまして、各学校において該当校がその実情に応じまして少人数指導か、あるいは少人数学級のどちらで実施するかを選択した学級編制を行ってまいります。
 市独自の少人数学級の実施でありますが、現時点での教育委員会といたしましては、本来国は教育の機会均等とその水準の維持、向上を図り、義務教育における教職員配置など環境整備等をする責務があると考えています。それを受け、県教育委員会は県内各小中学校における義務教育の水準を維持すべく、教職員を配置しているところであります。教職員は、県が任命権を持ち、配置しているわけですから、市町村に採用を認めることは義務教育水準にばらつきが生じ、水準の一定維持や公平感を失うおそれが起こると考えております。このような状況で本市といたしましては、今年度改正された県基準に沿って小学校1年生、2年生、中学校1年生については少人数学級も選択できますが、他の学年につきましては国、県の基準どおりの方針で学級編制を行ってまいる所存であります。
 学校給食の委託でありますが、給食の質でございますが、これは献立から材料の購入、調理、配ぜん、食教育まで幅広い分野が含まれております。教育委員会といたしましては、学校給食を民間委託する場合には、現在実施しているこれらを、一連の業務を継続していくとともに、仮に調理業務を民間委託した場合には、これまで築き上げてきた手づくりの給食の調理は維持していきたいと考えております。
 委託化による経費の節減でありますが、民間委託については現在時期、委託先は具体化しておりません。今後検討を進めるに当たりまして先進地等を調査し、当市の学校給食の提供を維持し、また今までの手づくりの給食を維持するために委託してまいりますので、経費等を含め委託効果を研究していきたいと考えております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 足立志津子議員の再質問を許します。

P.120
◆足立志津子 議員 ありがとうございました。それでは、ご答弁いただきましたことをもとに再質問をさせていただきます。一番大きなところというか、やはり市長にまず伺います。
 その前に火葬場建設、本当にたくさんの市民の方とともに共産党もこのことが早期実現するということを願ってこの質問をしているところであります。それで、市長もご答弁の中で、昨年の12月に共産党議員団にお答えいただいたところと市長の考えは変わっていないのだというふうにおっしゃいました。でありますが、結論としては富士見の都市計画道路みずほ台東通線を使った、南側に距離を延ばしたそのやり方に最終的には賛成をしたと。了解をし、それでこういう計算が成り立っているということなわけです。
 それで、前の議員の質問に市長はお答えになっています、財源をどうするのだということで。各財源については、各市の負担金と起債でやっていくと、この火葬場建設についてはそういうふうにお答えになっているわけです。こういう時代だからこそ経費の節減をするということは当然でありまして、そういうところから市長がこのやり方に異議があると言いつつ、最終的には管理者、副管理者の会議の席で、ほかのまちの首長さんたちもそれぞれ意見がある中で結果的にはこの案を承諾をしたというところは、上福岡市民からすると釈然としないわけです。そのことを私は代弁をしているわけです。もう一度伺います。こういう時代だからこそ経費を節減するということで、さまざまなところを切っているというか、調整をして今回の平成16年度の予算今審議しているところなのですけれども、大きな額で将来にわたってこの判断が、上福岡市の財政も左右することになるわけですから、もう一度このことについて市長のお気持ちをそのままやはり管理者、副管理者の席にぶつけていただきたかったと思うのです。これは、衛生組合の議会はこれから開かれますので、最終的な結論はそこで持たれることになるわけですが、やはり上福岡市からの代表として出て、今は副管理者として衛生組合の中でお立場のある武藤市長にはぜひ上福岡市民の代表として市民に不利益をもたらすような結果を導かないような判断をしていただきたいと思いますので、再度お答えを願いたいと思います。
 不況対策、小規模工事登録制度、今お答えいただきましたように、小規模業者の受注機会の拡充ということでつくられた制度、これが本当に一昨年から昨年にかけて82%も発注件数がふえていると。金額も倍以上になっているわけです。こういう結果になったことについてどのように担当課として努力をされてきたのか、お聞かせ願えるとありがたいと思います。
 しかし、発注の内容を見てみますと、倍になったのですけれども、ほとんどが学校などのガラスの修繕が圧倒的でありまして、契約額は平均5万円程度なのです。本当に車使ってそこ行って帰ってきて幾ら残るかなというような状況なわけです、受注機会はふえましたけれども。ということで、以前助役の方から検討委員会のようなところで検討していきたいと、この傾向はスタートしたときから変わっておりませんので、そのようにお答えになっているのですけれども、この倍にはね上がった、その受注機会がふえたということと、今度内容について検討委員会ではどの
P.121
ように検討をなさったのか、教えていただきたいと思います。
 それから、次の新たに提案をいたしました住宅リフォーム助成制度何回か議会で提案をしているということで、市の方でも今それをもとにしてお答えいただいたわけですが、検討した結果、財政難の折から考えておりませんと。わかりやすいけれども、すごい冷たい回答なのです。財政難の折でありますからこそどう市に収入をふやすかということで、仕事がふえればそれがやはり税金として市に納められて、市の税収が上がっていくという流れの中で、全県で、全国でこの住宅リフォーム助成制度というのは実施をされております。
 例えば埼玉県の建設職人の組合の方々の調査結果を見てみますと、埼玉県ではこの制度を導入した市町村の結果を見てみますと、平成15年度で見てみますと助成件数が1,239件、助成総額は8,436万1,000円ではありますが、工事の総額としますと13億円、助成額の14倍の仕事が生み出されていると。
 全国の資料で兵庫県の明石市を見てみますと、3年間ですが、1,000件の仕事が注文をされて、市としての助成総額は8,000万円ですが、工事総額が13億円ということで助成額の16倍の仕事が生み出されると、そういう経済の波及効果が大きなこれは取り組みであるわけです。
 埼玉県の中で、鳩ケ谷市の市長の答弁というか、あるのですけれども、鳩ケ谷市の市長が99年8月に市民の方々にお答えをなさっているのですけれども、このリフォーム助成は少ない予算で大きな経済効果をつくれるすぐれた制度だと思っていると、ぜひ研究していきたいとお答えになりまして、翌年、2000年にはこの制度を鳩ケ谷市でスタートさせています。500万円を予算化しました。その後、03年度の経済波及効果が24倍になったということで、当初は2年限りの予定でスタートした、試しにやってみた制度ということですが、鳩ケ谷市としてもやめる理由はないということで、04年度、この平成16年度は600万円に増額をしているという、そういうあちこちで実績が認められる制度でありますので、検討した結果、財政難の折から考えておりませんとお答えにはなられましたが、ぜひ検討していただきたいと思いますので、この点について再度お答えを願いたいと思います。
 公園については、市の大きな公園の計画のもとで地域を見て進めていってくださるということですので、ぜひそれを進めながら、住民の皆さんの声を聞くという方法が自治会を通してというふうにおっしゃいますけれども、自治会というのは地域のコミュニティーのかなめではありますが、自治会に入っていらっしゃる方が少なくなっている中で、自治会というのにこだわらずにあらゆる方法で皆さんの、利用者の方々のご要望を聞いていただくというふうに理解をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。
 65歳以上の医療費の助成制度ということで、市長が公平な財政負担というようなお考え方のもとでお答えになられましたが、今のところ努力をしていくと。これがすごくとりあえずは大事かなと思います。国から本当に来るものがどんどん減っているという三位一体改革の中身を、今回
P.122
の議会ではあらゆる場面で、本当に国は出すものを減らし、政府の経済政策の失敗でそのゆがみを国民に押しつけるという形で市町村に出すべきものを出さないということ次々やられてきていますから、市の財政運営というのは大変なところだと思いますが、これを続けていきたいという市長のお気持ち、どうぞこれを捨てずに頑張っていただきたいと思います。このことは市民の皆さんがわずか2週間で1,000名の署名に思いを託すということにあらわれていると。そのことは市長が受けとめられたからこそこの平成16年度の予算続いているかと思いますので、今後いつかなくなるなんておっしゃらずに、なくさないように努力をしていただきたいと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
 少人数学級のことは、教育長おっしゃるように、国が義務教育、教育の機会均等を保障するということは当然なことですから、本来は国が早期に少人数学級を実施するということで40人の定数を下げていくということが大事なわけで、そのことについては共通の認識であります。今県は、少人数学級の成果を認めつつ、少人数学級やるなら市町村でお金持ちなさい、だったらいいですよというところなのです。本当に無責任な話です。そこで、無責任ではありますが、できるところから地域の子供たちのためにということで上福岡市で少人数学級を実現するということで、市独自で予算をつける意思はあるかどうかということでお尋ねをいたしましたが、お金のことについては教育長今すぐにお答えができない苦しい答弁だったと思いますので、少人数学級をお認めになったというふうに受けとめてこのことについての質問はここでおしまいにしたいと思います。
 学校給食の民間委託のことでございますが、市の行革方針の中で学校給食の民間委託というのがうたわれているところなのですけれども、今のお答えですと手づくりのこの上福岡市の給食を維持していくのだということです。それから、私は委託で経費節減というのだから、もう具体的に数字でも計算をされてあちらこちらに委託先を当たっておいでかと思いましてこのように質問をしたのですが、具体的にはまだ経費等を含めて効果の研究中ということであります。全国の例、それから具体的に東京の杉並などが委託をした結果、経費の節減になっていないということで今裁判になっています。住民監査請求、それから住民訴訟が行われまして、その中でさまざまな資料を見てみて、私なりに上福岡市の数字を当てはめてみますと、委託によって経費の節減にはならないという結果が出ましたし、委託によって教育長がお答えになりました上福岡市の給食のよさ、手づくりの給食を維持していくと、子供たちにとって大切な給食を守っていくという教育長のお考えに反するような結果が出てくるというのが今全国で行われている委託なのです。四国の松山でもやはり給食調理の委託が行われたわけですが、そこでも経費的に節減はならなかったということで愛媛新聞にも記事が載っていました。そういう状況ですので、まだ結論が出ていないというところと受けとめていいのでしょうか。子供たちにとって委託が、子供たちの心と体をはぐくむ上福岡市の学校給食を維持することに反する形が委託だということがわかってきておりま
P.123
すので、教育委員会としてはまだその結論を出していないということで受けとめてよろしいか、お答えをいただきたいと思います。
 再質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 高齢者の費用負担の問題でありますけれども、先ほどもちょっと申し上げましたように県制度に、ほとんどの町村はそれに沿ってやっていくという方向が決まってきました。また、あわせて全くの廃止というところもあります。これは、いろいろ財政事情にかかわることでそういう方向性が出てきたのだと思います。当市も同じように財政負担非常に課題があるというふうに判断しておりまして、先ほども段階的には中止せざるを得ない状況になるのかなという予測をしておりますが、最善の努力をしていきたいというふうに思っております。
 それから、斎場の問題でありますけれども、今約65億円という数字が出ております。私どちらかというと、今回もかなり努力したつもりです。ということは、富士見市が4分の1の負担、そして残った4分の3を2市2町で負担しますよと。これは、当然富士見市としては負担増になります。ただ、地元のまだ話し合いが最終段階に入っておりません。今15自治会を含めてJAなども含んだ団体との交渉の中でいろいろと意見が出ておりまして、それの調整がしっかりでき上がりませんとある程度の数字が出てこないのかなという気がしています。これの要望の中にはいろいろと、迷惑施設と考えている方もおれば、場合によっては要するに施設としては住民が必要なのだよということで幅広く賛同していただける方、いろいろあるわけでありますけれども、問題なのは余りデラックスにしないで、私はどちらかというとスリム化しろというお話を実はしています。ただ、亡くなった方に失礼な施設も困るなというふうにも思いますが、そんなひどいものはちょっとつくれないと思うので、きちっとしただれしもが認められる範囲にとどめるべきということになると、今予測しております65億円がもっと安くできるかもしれません。ただ、今のところその数字を出せないのは、実はそういう地域交渉、これの最終段階、今簡単に申しますと、富士見市の負担する部分と2市2町の衛生組合負担する部分としっかり仕分けしています。やっと話し合いの中身がまとまってまいりましたので、この仕分けをして、その仕分けの負担額に沿った予算がきちっと今度は計上されるのかなというふうに思いますので、もうちょっと時間をいただければありがたい。ただ、今言いましたように財政負担非常に厳しいですから、できるだけそういう部分でのスリム化を図るということについては質問者も言われているとおり、全くそのとおりだというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 不況対策についてお答えいたします。
 これだけ現状不況が続きますと、皆さん本当に大変でございます。そういう中で、この制度そのものは有効に機能しているものと考えてございます。これだけ受注の機会が拡大されたことに
P.124
ついてどう受けとめるかということでございますが、実は庁外、要するに市内です。外に向けて、それから庁内、原課に向けてPRをしてきました、きちっと。ちょっとちなみに申し上げますと、平成14年、平成15年で市報にそれぞれ2回ずつこの制度のPRをきちっといたしました。それから、庁内では、平成14年度も平成15年度も機会を見て2回ずつきちっとこの制度活用策を原課の方に周知、徹底を図って、啓蒙をしてまいりましたその結果だというふうに私どもでは受けとめておりますので、今後もこれはきちっと続けていきたいと考えてございます。
 それから、ご指摘の点で庁内の検討ですが、庁内に上福岡市入札契約制度改善検討委員会という委員会を設けておりますので、ここに一度きちっとこういった点を、今後の改善策図りながらいい方向を導き出していきたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、ご質問者から再質問いただいております。
 大分冷たいのではないかということでございますけれども、平成12年の3月にご質問いただいた後に3年半という月日がたちまして、我々も調査をさせていただきました。そういう中で、現在県内では15市、町、村については調査してございませんけれども、15市の団体が実施しているということでございます。上限が10万円と、工事費の5%以内ということでございます。
 ちょっと話はそれますけれども、現在産業課の方で勤労者を対象にした勤労者住宅ローンがございます。そういう中で、これはあくまでも融資ですけれども、その融資の中にもリフォームということも当然これあるわけですから、それと合体するということも想定されるのではないかなということで考えていないということでございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学校給食の委託でありますが、委託するに当たりましては現行の給食水準を維持することを基本にいたしまして、学校給食の意義を深く理解し、また衛生管理等職員教育がしっかりしている実績のある、信頼のあるところと、経費等について調整ができれば委託していきたいと、そういう考えでおります。
○五十嵐正明 議長 足立志津子議員の再々質問を許します。
◆足立志津子 議員 それでは、再々質問ということで、住宅リフォーム助成制度ですが、3年間で検討されてきた結果としては、余り検討されてきたように思えないのですけれども、ぜひこれから検討していただきたいということで、検討されてきたのであれば全県のいろいろな実績が積まれていることがありますので、それをぜひ参考にしていただいて、仕事づくりということをしていただきたいと思います。
 こういう意見があったのです。それ私もあっちこっちの実例を伺いましたら、やはり補助があるから頼もうかな、この仕事ということで、100万円かかるのをやめてしまおうかと思ったけれども、市から10万円の補助があるからやってみようということで、後ろを押され、背中を押され
P.125
るようにして仕事を頼んだということで、利用者にするとその後押しになるわけですし、それで仕事が生まれると。業者が仕事をして収入になって市に税金も納められている、そういう流れが起きてくるわけで、ぜひ不況対策、この財政難を切り抜ける一つの方法ということで考えていただきたいと思うのです。
 それで、市の仕事というのはそれぞれ担当が、部署が決まっていますよね。それを見てみました。そうすると、不況対策部門てないです。ですから、不況対策でと私がこうやって提案をしますと、だれがこれを考えるのだということであっちこっちいってしまうような状況が今上福岡の中にはあるのではないかと思うのです。ですから、今担当のところでお答えをいただいているのですが、上福岡市としてこれをどうしようかなということで、一つは小規模契約制度というのをやっているわけですが、その担当がやっているということではなくて上福岡市がやっていることですから、上福岡市として新たな住宅リフォーム助成制度も考えてみようというふうになっていただきたいと思いますので、全国の例などを見ていただきながらよく研究をしていただいて、しかし研究ばっかりして3年もたつことのないように、一刻も早く結論を出しながら、走りながら考えてということもいいかなと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。
 給食の委託のことですが、現行の給食の質を維持することができるところで職員教育がしっかりしているところがあれば委託ができるかなというお答えではありますが、この給食の質ということでは、手づくりということですが、人がつくるから手づくりではないのです。やはり子供たち、先ほど一番最初にお話をしました上福岡市の給食について明らかにされているこの文書の中に、献立や調理の特色ということで、疑わしきは使用せずということで、添加物などの入っているものは使わないとはっきりうたっています。これは、食材の話なのですけれども、素材を生かした手づくりの給食を心がけるということで、例えばだしは化学調味料を使わないで、朝から大きなお鍋にお湯を沸かして天然材料でだしをとっているのが上福岡市の給食なのです。カレーも市販のインスタントのルーではなくて、小麦粉からいためて大きなお鍋でカレーをつくっていると。お母さんたちは、このおいしさにかなわないとみんなが言っています。上福岡市に転任されてきた先生方が、上福岡市の給食はおいしいと口をそろえておっしゃる。給食委員会というのをこの前傍聴しましたら、そこで校長先生もそんなふうにおっしゃっていました。こういうものを守っていくためには、やはり職員の方々が正規の職員として仕事を続け、退職されたら新しい方が入り、そういう積み重ねの中で、書いたものだけではつくることができない上福岡市の給食なわけです。献立表見ただけではつくれない部分があったりするのです。委託をされたあっちこっちの例を見ますと、やはりハンバーグが生焼けだったり、ゼリーが固まらなかったり、数つくる分のギョウザができ上がらなかったり、それは長い間の経験の積み重ねによる調理員の人たちの技術の成果なのです。そういうものをお金の計算だけで変えることができるかどうかということがこの委託の問題だと思いますので、今後まだこのことについてはまた議会で議論をしたいと思
P.126
います。
 以上で私の再々質問を終わります。助成制度について今後しっかり研究をし、一刻も早く前向きに施策を展開するかどうかについてお答えを願いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 再々質問にお答え申し上げます。
 この助成制度は、確かにご質問のとおり経済のジャッキアップということは理解しております。しかしながら、これ上福岡市の商工業を見た場合に、上福岡の商人は物販店が非常に多いわけです。そういう中で、例えば高額商品、テレビ、冷蔵庫、あるいはパソコン、そのほか車を買うといった場合にも波及しかねないということもありますので、その一業種だけをとらえて考えてはいないということでございます。
○五十嵐正明 議長 足立志津子議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 引き続き、佐藤英夫議員の質問を許します。
         〔4番佐藤英夫議員登壇〕(拍手あり)
◆佐藤英夫 議員 ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告順に質問をさせていただきます。
 まず第1点、東口駅前整備について伺います。サンロードが完成したのは昭和52年4月。月日のたつのも早いもので、27年前に完成し、27年間経過をしました。当時の市長は近藤克郎氏でありまして、当時では大変大型の事業として、今考えてみれば先見性のある開発であったかと思います。道路の整備を10年間かけて行い、整備をしました。近藤市長は整備が終わった後に、次は駅前の整備をというふうに計画を考えていたようでございます。しかし、突然選挙により田中市政に変わり、上福岡市の玄関口である駅前の土地買収交渉が一歩も進展されず、田中市政20年間一坪の土地も買収ができなかったのであります。市民や商工会から強い不満が出されておりました。しかし、7年前武藤市政の誕生によって、市長の東口駅前早期開発が公約に掲げられ、就任以来精力的に買収交渉が進められ、その結果、地権者や関係者のご協力、ご理解によって、27年目にして駅が見えるようになりました。これまでの交渉の努力された行政初め、関係者の皆さんに感謝を申し上げたいとともに、しかし駅前開発はまだ未完成であります。これから一番難題が控えております。そんな状況の中で今後の交渉について伺います。
 まず一つは、駅に向かって右側の歩道部分について、今仮舗装ができ上がって市民の皆さんが利用されておるようでございますが、アサヒビルの側の駐輪場のところが、まだ歩道の部分が買収されておりません。これについて交渉の状況を伺います。
 2点目ですが、駅の真っ正面にある吉野屋、イエローカメラ等の2点の店舗の買収の交渉であります。この買収についての進捗状況をお答え願いたいと思います。

P.127
 3点目、駅に向かって左側の開発について伺います。駅前開発は左右の開発が完成して初めて市民の要望にこたえることになるわけで、今まではどちらかといえばまず右側の開発が先行すると、こういうふうに行政側が死力を尽くして開発に努力をしてまいりました。しかし、左側の交渉も簡単に解決できるとは思いません。そんな中で今までは左側の交渉が話題になっていませんので、今後どのように進めるのか、お答えを願いたいと思います。
 次に、公園整備について伺います。市長方針の中に公園、緑地整備について挙げられておりますが、上福岡4丁目の杉並クローバー公園、また北野の桜公園等々、公園の整備については公約どおりに実施されており、すばらしい公園ができ上がって、市民からも高い評価を受けているところであります。また、今後長宮地区の公園用地の確保についても積極的に取り組んでいきたいと表明されておりますので、これらについても長い市民からの要望でありますので、ぜひ実現に向けて努力をしていただきたいと思います。
 さて、私が今回の整備について伺いたいのは、我が市最大の公園でもある毎日多くの市民がにぎわう中央公園の整備について伺います。中央公園は、昭和39年、昭和40年に整備されました。市内最大の公園として、もうそろそろ眠りから芽生える春の桜まつりから起点として、これから市民の皆さんの憩いの場、またイベント会場として重要な役割を果たしている公園でもあります。
 そこで伺います。市の最大の中央公園は、公園土地の整備が不十分であると思います。私は、今回お願いしたいところを限定して伺います。一つは、図書館側の遊具設置箇所の整備について、今現在は地肌そのものの状態になっております。雨が降ると水たまりができたり、足場がどろどろになるような状況であります。そこで地面整備、すなわち排水等の整備をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。公園内に芝生を植えて、小学校の子供たちが寝転がったり、くつろげるような遊び場所や、花壇をつくって季節の花を植え、公園らしい情景をつくっていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。三つ目、遊具場所や砂場のところを自転車で通り抜ける人がおります。子供たちや家族でいらっしゃる公園に自転車で通るということは大変危険でございます。公園内の安全についてどのように工夫されるか、よろしくお願いしたいと思います。
 三つ目ですが、児童館名の変更について伺います。児童の少子化に伴い我が市では学校の統合を行い、同時に学校名がナンバー制から地域性のある校名の変更を昨年4月、新学期から実施いたしました。しかし、各学校に児童館がありますが、この児童館がいまだにナンバー制になっているため、父兄からの要望、意見やわかりにくいという問い合わせがたくさんあります。児童館名も学校名に変えてはいかがでしょうか。ただ、変更するに当たっては条例の改正も必要と考えられますので、平成17年新学期までに準備をして実施していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
 最後に、不審者対策について、PTAの役割について伺います。昨年7月15日に、上福岡市において、中央公園、西沼公園、官舎公園等で子供に対する児童傷害事件が発生しましたことは、
P.128
大きな社会的な問題になりましたので、皆さんも記憶に新しいかと思います。事件後、市は7月17日付で、また教育委員会は7月31日付で、各自治会や町内会に緊急防犯対策をとるようにという要請がありました。そこで、私たちの町内会においても、緊急に自警並びに役員を対象にして緊急パトロール、3名体制で7月21日から31日までに、ちょうど後半の方は夏休みに入っておりますけれども、夕方の午後の3時ごろから約1時間町内会をパトロールしました。そのときに、町内会でもパトロールを行いますけれども、PTAの方はどのように考えておりますかという問い合わせをしましたけれども、私のところの学校区は駒西小学校でございまして、パトロール等については今のところ対策を考えておりませんという返事でございました。夏休み中でもあったので、町内会としては実施をしましたけれども、私はPTAの役員の返事がどうも納得いかなかったのです。なぜPTAは、また親たちが自分の子供を守るために立ち上がらなかったのかと。学校側の防犯対策についての要請をどのようにされたか、伺いたいと思います。
 以上質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時43分
   再 開 午後 1時00分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 佐藤英夫議員の最初の答弁から始めます。
 安田理事。
         〔安田博理事登壇〕
◎安田博 理事 それでは、東口駅前整備について3点ご質問がございました。まず1点目は、駅に向かいまして右側のアサヒビルのところです。歩道整備の買収状況についてご質問ございます。2点目は、イエローカメラ、吉野屋駅前の2店舗の買収状況についてです。3点目が、左側の開発計画についてでございます。それでは、順次答弁いたします。
 議員さんご承知のとおり、駅に向かって右側につきましては買収済みの部分を現在暫定の歩道の整備してございます。さらに、今駅、階段おりた部分の歩道の整備、それが終わりまして今度車道の整備という形で、年度内にそこまでを仕上げる予定で現在進んでおります。まず、駅に向かって右側のアサヒビルの関係でございますけれども、ここにつきましてはまだ用地につきましても未買収でございます。そのほか営業している方もございます。すべての権利者、土地所有者3名、営業借家人3者ございます。金銭面につきましてはおおむね合意はいただいておりますが、買収地が現在パチンコ店の専用駐輪場となっております。専用駐輪場がありませんとパチンコ店の営業に支障が出るということで、現在契約合意の条件とされております。そういった中で、ア
P.129
サヒビル周辺に現況と同様の借地用地を確保することが急務になっておりまして、このことから昨年来アサヒビル周辺の地権者に借地について交渉を継続しておりますが、立地が立地でございまして、駅前ということでなかなか当てはまるものが少ない。そういう中で、いろいろ限られた区域の中で用地の確保は進めております。現状としては非常に難航しておりますが、できるだけ早い時期に向け契約にこぎつけたいというふうに考えてございます。
 2点目でございます。2点目の2店舗、イエローカメラと吉野屋の関係でございますが、あそこの土地は東武鉄道の社有地でございまして、そこに建物が建っているわけでございます。交渉は引き続き重ねておりますが、いまだ建物所有者から建物の調査の承諾が得られておりません。ご承知のとおり、保証金額の算定に当たりましては建物調査の実施が必要不可欠であり、建物調査の承諾が得られなければ保証金額は算定できず、建物の所有者及び営業者間との具体的な交渉が入れない状況にございます。しかしながら、暫定整備を進めている中で、安全で快適な駅前広場整備を実現するために当該建物の買収は急務を要してございます。引き続き建物調査の承諾が得られるように、交渉を重ねてまいりたいと考えてございます。
 3点目でございますが、駅に向かいまして今度左側の開発の関係でございます。現在駅に向かって右側部分を東口駅前の狭隘事業として市の重点事業に位置づけて、これまで土地開発公社による用地先行取得、市による歩道の暫定整備を実施しておりますが、先ほど申し上げましたとおり未買収地がまだ残されてございます。現状といたしましては、右側の部分の早期整備を優先していきたいと。しかしながら、ご質問者も申し上げておりましたが、駅に向かって左側部分の整備が完了して初めて東口の駅前広場整備の確保ができるわけでございまして、またその広場としての機能も果たすわけでございます。そういった中で、右側部分の整備が完了次第財政面等を考慮しながら左側の計画を立てて、用地交渉に着手していきたいというふうに考えてございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 中央公園関係の遊具設置場所周辺の整備についてお答えをさせていただきます。
 中央公園は市内でも最も大きい公園であり、毎日多くの市民でにぎわっております。ご指摘をいただいております遊具設置場所周辺の自転車などが多く通る場所は他の場所より低くなっており、雨の降った後などには水たまりやぬかるみが見られます。また、水道付近も水はけが悪い状況ですので、できるだけ早い時期に整地する等改善していきたいと考えております。
 また、遊具設置場所周辺に腰をおろしてくつろげる芝生の設置をとのご質問でございますが、市内の芝生のある公園や他市の芝生の管理状況を調査いたしましたところ、ある程度の広さがないと芝生を生けても傷みが激しく良好な状況を保てない、また芝生の養生のために使用禁止期間
P.130
を設けなければならず公園利用者にご不便をおかけするとの報告もいただいておりますので、現状では遊具周辺は芝生を張れるような空きスペースが少ないので、芝生についてはいましばらく調査研究の時間をいただければと思います。
 なお、遊具設置場所付近は通路以外の場所の区別がはっきりしておらず、一体となっている状況のため、くつろいで休める場所が確保できない等も考えられますので、通路と休憩できる場所を何らかの形で区分することで対応していきたいと考えておりますので、よろしくご理解のほどお願いしたいと思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
         〔藤田光雄児童福祉課長登壇〕
◎藤田光雄 児童福祉課長 児童館名の変更についてお答えをさせていただきます。
 児童館の名称につきましては、当時の数字の小学校名を踏襲してきましたが、途中第2児童館と第4児童館を統合して中央児童館とし、第4児童館を廃止し、現在は6館の体制で実施をしております。学校が平成14年の4月から地区名の名称を採用しましたことによりまして児童館名との差異が生じたのも事実でございまして、わかりづらいという意見があることも事実でございます。こういったことから、学校名に合わせた児童館名を変更していきたい、このように考えているところでございます。時期といたしましては、新年度の児童館の登録時の受け付けが毎年2月から実施されますものですから、ことしの12月の定例会に条例の改正をお願いいたしまして新年度に備えていきたいと、このように考えてございます。よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
         〔島村栄参事兼教育次長登壇〕
◎島村栄 参事兼教育次長 防犯対策にかかわる不審者対策についてPTAの役割ということでございまして、どのように要請されたのかというご質問でございます。
 例の事件の翌日、7月16日には教育委員会におきまして臨時の校長会議を開きまして、各学校に対しまして児童の安全について速やかな対応をとっていただくように依頼を行うとともに、教育委員会では子ども110番の家並びに各自治会長さんへも協力のお願いをいたしました。それを受けまして、当該該当の学校区でも不審者の対策について、PTA運営委員会や地域の自治会長、民生委員さん等お集まりいただくなど地域の会議の中で状況を説明し、協力をお願いしてきたという経過がございます。その会議を受けまして、PTAでは各地区の校外担当というのでしょうか、そういう委員さんによる放課後のパトロールを実施して安全指導を行っているということでございます。また、特に下校時には家の前に出ていただいたり、買い物や犬の散歩など地域に出ていただく機会をふやしていただくなど外に出ていただくようお願いもしております。今回の事件におきまして幾つか課題の直すべき点も把握できましたので、対応マニュアルの運用など今後
P.131
より一層の連絡、協力体制がとれるよう行ってまいりたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 佐藤英夫議員の再質問を許します。
◆佐藤英夫 議員 第1点目の東口の開発について再質問を行いますが、先ほども申し上げましたように、この駅前の開発は今できた部分までで27年間かかっているという、4分の1世紀ぐらいの時間かけてあるわけですけれども、ただこれからやはり一番難しいところが残っているのであろうというふうにも考えられます。
 そこで、先ほどの答弁では、問題は駐輪場のところと2店舗の問題ということでございますけれども、ただ駐輪場の代替地というのは、確かにあそこのアサヒビルの付近というのは、商売上からいってもこれは絶対条件かと、そんなふうに思いますが、たまたまあそこのビルの右側に若干の空き地があるわけです。あそこが今自転車を一部分置いて利用されているようですが、どなたが地権者なのかちょっとわかりませんけれども、あそこも一つの代替地の条件かなというふうにも思いますし、なかなか駅前ということなると、大変難しいかなというふうにも思いますが、いずれにしろもう解決に向けて精力的に交渉をしていただきたいなというふうに、それ以上しか言いようがないかなというふうに思います。
 もう一つは、2店舗の問題なのですけれども、これも地権者というか、持ち主の方の承諾を得ないと店舗の評価価格に対する算定ができないということであるようで、これが大変な難題だと思います。そんなことで、もうこれも粘り強くとにかく相手を説得をして、一番今上福岡市の目玉である駅前が、いつまでもあそこに目の上のたんこぶみたいな形で2店舗が居座られるということは、大変我が市としても、市民としても非常に残念なことでありますので、今まで20年間あそこを交渉もしなかった経過もあって大変こじれている問題があるのかというふうに思いますけれども、ぜひこの辺も引き続き粘り強く…お願いをしておきたいというふうに思います。
 それから、2点目の公園の問題ですが、ご答弁のように大変行政側もあの公園は非常に不整備だということは認めておるようですけれども、いずれにしろ公園というのはどうあるべきかというのをこれやっぱり市の施設として考えていただきたいと思いますし、とにかく現地を十分調査をして、整地の問題、それから排水の問題、花壇づくりの問題、その辺を全面的に点検をしていただいて、子供たちが本当に素足でも寝転んで遊べる場所、そしてファミリーの皆さんが、これから桜の時期になりますとたくさんの人が、これは市内の人ばかりでなく、市外の方々も来て行楽を楽しむという時期でもありますので、ぜひこの辺を、早急に公園の整備をお願いしたいというふうに思います。
 それから、遊具の事故に対しても十分考慮していただきたい。今私のところの公園もそうなのですけれども、遊具の点検の結果、大変危険であるということで、私の方の公園も二つばかり遊具が撤去されました。そんなことで遊具の点検は5年ということになっているらしいのですけれども、5年がいいのかどうかわかりませんけれども、あそこは大分泥んこになっています。水た
P.132
まりも多いので、遊具の腐りというのですか、鉄分の腐りの部分がよそよりも大分早いのではないかなというふうにも思われますので、この辺も点検もきちっとやっていただいて、子供の安全、それから公園で遊ぶ方々の安全を十分考えてもらいたいということを要望をしておきたいと思います。
 最後に、中央公園の整備ということで、旧第2小学校の用地とスクランブルとの交換条件を市としては進めて、あそこ一帯公園というふうな形になる予定ですが、平成18年ごろまでにリニューアルをするということらしいのですけれども、そのときにはきちっと全体の公園を整備をお願いしたいと。もちろんこれ国からの補助もあるのではないかと思いますけれども、よろしくお願いしたということで、要望にしておきます。
 それから、児童館についてですが、大変前向きの答弁をいただいてありがとうございます。ぜひ新学期までにきちっと条例を整備して、新しい父兄の方々が、福岡小学校が第1児童館だなんてわかりにくい形ではなくて、福岡小学校は福岡児童館、駒西小学校は駒西児童館とかという、例えば仮称ですけれども、そういう形で学校名にふさわしい児童館名をつけていただいて、父兄が戸惑わないような形にしていただきたいという、これも要望でございます。
 次に、不審者問題ですが、先ほどの答弁では、学校側の指導は学年や学級を中心に集団下校等々ということでご答弁がありましたけれども、地域の会議を開いたということですが、これは確かに10月1日ですか、会議をやっているのです、例えば駒西小学校の場合。私もちょうど別のあれがありまして、ちょっと出られなかったのですけれども、その会議が10月21日なのです。これは、駒西の学校から毎月学校の行事とか、こういうものについてこういう新聞が各自治会長さんに来て、各家庭に回覧をしてくださいということで、1カ月の事業計画も含めて、こういう活動やりますよ、こういう問題がありますよということで細かく書いたものが来ていただいているのですけれども、ただ今答弁ありましたように、PTAの方とかPTAの会長さん、それから自治会長さん、町内会長さん、民生委員さん、主任児童委員さん、これ集まって会議やったのは10月21日なのです。これ事件が起きてからもう2カ月たっているわけです。それでその結果が、何か対策らしい対策というのはどうも不明朗なんです。私は、近所の父兄の方に聞きましたら、PTAとしては組織的にはパトロールも何もしないで、子供会が自主的にパトロールをしたと、こういう話を伺っております。
 それで、PTAというのは何なのかということですが、PTAというのは父母と教師の会であって、目的は教育効果の向上とか子供の幸せのために実現をする目的ということでありますが、学校側はもっとPTAに対して遠慮せずに堂々と、自分の子供は自分で守るのだと、地域もやっているのではないかと、警察もやっているのではないかと、行政もやっているのではないかと、行政の職員もやっているのではないかと、こういうことをやはりきちっと言うべきだと思うのです。その辺がどうもあいまいな形で、こういう事件があったので、こうこう、こうこうというこ
P.133
との何か経過報告と、あと自主的にということがどうも私は理解ができないのですが、この点をいかが思いますか、もう一度伺います。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 私の方も精いっぱい事故の後連絡調整をとるようにというお話をしていたところでございますけれども、なかなかそれ生かされなかったというのがまことに残念に思います。今回それも一つの手おくれの一端かと思いますし、そういった課題も謙虚に受けとめまして、今後速やかな体制をとって動けるように調整をしていきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 佐藤英夫議員の再々質問を許します。
◆佐藤英夫 議員 再々質問を行います。
 過ぎたことは戻るわけはないですから、これからも事件が起こらないという保証は何もないわけです。いつ、きょう起きるかもしれない。あした起きるかもしれない。そういうことを十分考えて、学校側とPTAと地域と力を合わせて、21世紀のとうとい子供たちですから、みんなでこれは守っていかなければいけないと。これは、私たちの義務でもあり、もうそういう意味では責任を感じておりますから、ぜひこれらの問題についてはきちっと教育の一端としてPTAにお願いすることはお願いする立場でお願いしていただきたいというふうに思います。
 きのうですか、私の方にもまた通知が来まして、駒西小学校で会議があるというご案内をいただきましたので、その席でも十分どうして子供たちを守るかという議論をしていきたいと思いますので、ぜひその辺を学校、教育委員会一体となってよろしくお願いしたいと思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 佐藤英夫議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 次に、伊藤美枝子議員の質問を許します。
         〔1番伊藤美枝子議員登壇〕(拍手あり)
◆伊藤美枝子 議員 それでは、ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告に従い一般質問をさせていただきます。
 初めに、児童生徒の安全対策についてですが、昨年7月の児童に対する暴力事件を初め、児童生徒に対する不審者による事件が相次ぎ、保護者の一人として大変危機感を持っていました。そこで、防犯手段の一つとして、9月議会、12月議会で児童生徒に防犯ベルの支給を要望させていただきました。他の自治体でも防犯ベルを携帯していたことにより犯罪を未然に防いだ実例などもあり、また現在の犯罪が多発している状況を考えていただき、このたび全小学校児童に防犯ベルの支給を平成16年度の予算に入れていただきましてありがとうございました。
 そこでお聞きします。一つ目、どのような防犯ベルを購入予定か、お聞かせください。二つ目、この防犯ベルがいざというときに有効に活用できますように学校でも指導をお願いしたいと思い
P.134
ますが、いかがでしょうか。また、その方法をお聞かせください。三つ目、日常的に持ち歩かないと意味をなさない防犯ベルですので、定着するまで少し時間がかかると思いますが、時々チェックをしていただく等工夫をしていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。また、先生方もマニュアルに沿って防犯訓練をされていると思いますが、いざ刃物を持った不審者が侵入したときに素手で捕まえることは大変危険ですし、子供を侵入者から守るときに必要なものとして、これは学校の先生からも要望があったものですけれども、刺股を設置していただくことはできないか、お聞きします。また、子供たち自身も防犯に対しての意識を高めるために、社会の授業や総合学習の中などで自分たちの身の回りの危険箇所マップなど作成するのも一つの方法と思いますが、いかがでしょうか、伺います。
 次に、障害者のトイレについてですが、12月議会で人工膀胱、人工肛門の方が安心して外出し、社会参加をしていただきたいとの思いで要望しましたオストメイト対応トイレですが、市民図書館に設置事業として予算化をしていただきましてありがとうございました。図書館の1階では車のいすの方も使う頻度が高いと思いますので、ぜひ2階のトイレを改修していただきまして、オストメイトの方もゆっくりと対処できるように要望いたします。また、今後もフクトピアや西公民館などの公共施設や西口再開発の駅周辺など市民の方の利用頻度の高いところへのオストメイト対応のトイレの改修または設置をしていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
 次に、高機能自閉症、ADHD、LDなどの発達障害児童生徒について質問いたします。近年学校の現場では、いつも落ちつきがなく、勝手に席を離れたり、人の話を聞かない、順番が待てないなどの注意欠陥多動性障害の可能性のある行動を起こす子供がふえてきていると言われています。その対処をめぐり教師も混乱するケースもあり、ともすれば発達障害の子供は落ちつきがない、ふまじめ、わがままなどと誤解をされてきました。このような状況の中で文部科学省も実態調査を行い、知的発達におくれはないものの学習面や行動面で著しい困難を示すと教師が回答した子供の中で、不注意、多動性、衝動性の問題を起こす子は2.5%、つまりADHDの可能性のある子は40人に1人の割合でいます。また、聞く、書く、計算するなどの特定分野に学習障害、LDのある子は4.5%、自閉症のうち知的な発達におくれのない高機能自閉症に該当する子は0.8%となり、一部の子供は重複していますので、調査結果を総合的に見ると、ADHDやLDなどの学習面か行動面で著しい困難を示すと判断された子供の割合は6.3%にもなり、小中学生の40人に二、三人は発達障害がある現状です。1月30日の新聞報道では、文部科学省のまとめでLDやADHDなどの子供の実態を把握する調査をしているかもしくは予定している小中学校は全国で60%で、昨年9月現在で小学校では50.4%、中学校では40.4%、また昨年度中に調査予定の学校は11.7%ありました。
 そこで伺います。教育委員会では、学習障害の児童生徒に対しての実態調査は行っているのでしょうか。行っている場合、小学校で何人、中学校で何人該当者がいるか、伺います。また、文
P.135
部科学省では、2007年までにすべての学校で支援体制を確立したいとありますが、教育委員会としてはどのような支援を考えているのか、伺います。
 次に、学校評価について伺います。2002年より学校評議員制度も始まり、地域の方たちにも参加していただいて、よりよい学校教育を目指しているところと思います。教師による学校評価や地域の方や学校評議員に学校公開日に授業を参観していただいての外部評価など、どちらかといえば閉鎖的だった学校を多くの方に知っていただくということはとてもすばらしいことだと思います。
 そこで、現在市内の小中学校では、外部評価を取り入れどのように活用しようとしているのか、伺います。また、各学校が特色ある学校づくりに取り組んでいると思いますが、小学校での教科担任制はとれないのか、伺います。次に、習熟度別指導を行っているということですが、現在どの学校でどのように行っているか、伺います。また、その成果を伺います。そして、各学校の特色が周知されることにより学校選択制も視野に入れることができると思われますが、この点についてのお考えを伺います。
 最後に、地域子ども教室推進事業について伺います。文部科学省は、平成16年度から平成18年度の3カ年計画で、緊急かつ計画的に心身ともにたくましい次世代を担う子供を育てる目的で、地域の大人の協力を得て学校の校庭や教室などを利用し、安全で安心して子供たちが活動できる居場所をつくり、放課後や週末の時間を利用してスポーツや文化活動を通して地域の方々と交流するプランを打ち出しました。計画としては、1年目で7,000校、2年目で1万4,000校、3年目で全国に定着を図るようですが、これに対してどのように取り組もうとしているのか、伺います。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 堀口市民交流プラザ館長。
         〔堀口泰男市民交流プラザ館長登壇〕
◎堀口泰男 市民交流プラザ館長 障害者対策の公共施設の障害者のトイレの設置についてお答えします。
 フクトピアの方の関係でお答えします。オストメイトの方が安心して外出できるために、駅や公共施設にオストメイト対応トイレが多くなりました。総合センターフクトピアでも大勢の市民が利用しており、オストメイトの方が安心して利用できるトイレの設置の必要があると考えております。フクトピアの建物は一応バリアフリー化を実施しておりますが、ご指摘のオストメイト対応トイレまで整備が及んでおりません。現行の身体障害者用トイレ内でスペース的に改修が可能かどうか、また埼玉県福祉のまちづくり条例の整備基準の遵守の趣旨により計画的な整備が行えるよう検討してまいります。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。

P.136
         〔島村栄参事兼教育次長登壇〕
◎島村栄 参事兼教育次長 最初に、オストメイトの関係でございますけれども、上福岡市立図書館につきましては、今年度の平成16年度予算の中で進めるということで手配は現在進めているところでございます。
 また、ご指摘のありました西公民館へということでございますけれども、これにつきましてはことしは予算的にちょっとありませんでしたけれども、今後また設置できますよう努力はさせていただきたいというふうに考えております。
 続きまして、児童生徒の安全対策ということで何点かご質問いただいておりますので、まずそれからやりたいと思います。防犯ベルにつきましては、学年集会等で携帯する意味、それから使用方法、各場面を想定した実技指導などを含めた講習会を開きまして、わかりやすく説明したいというふうに考えております。また、保護者に対しましては、その使い方や携帯の仕方等も含めまして、児童がみずから身を守る大切さ、または方策について、文書でご案内をさせていただきたいというふうに考えております。
 次に、学校での犯罪への対応でございますけれども、もしそういった事故が起きた場合ということでございますが、私どものすべての学校では児童の安全確保に対する緊急対応マニュアルというものを作成されております。日常の安全確保の確認はもとよりですが、事故発生当日の対応として、まず避難の指示、それから不審者への対応といたしましては防犯ブザーつきのメガホンを使用し、近くの職員あるいは近隣のところへ応援要請ができるようなど、また事故発見者の対応をまず明確にし、同時に警察、消防への通報、緊急放送、教育委員会への一報等をマニュアル化したものでございます。全職員が役割分担されて、速やかに対応できるように共通理解を図っておりますけれども、不審者侵入を想定した訓練も実施しております。
 また、刺股についてはということでございますけれども、これにつきましては使用方法を心得ていれば十分活用できるのではないかというふうには思いますけれども、これは見方を変えると学校に一つの武器を並べておくということにもなりますので、もう少し学校の管理上どうなのかというところも、先進地もあるようでございますので、そういうところも少し勉強させていただいた上で判断してみたいというふうに思います。現況では、まずそれではどうするのかということでございますけれども、学校には机、いす等もございますので、そういう身近にあるものを活用しまして防御態勢を図るということで当面考えております。
 続きまして、自閉症、ADHD、LD等の関係でございます。まず、実態調査で何して、また何人いるかということでございます。本市では研修会を開きまして、上福岡市就学指導員と各学校の教職員の希望者、あるいは市内保育園の保育士等の参加を得まして、学校で何らかの配慮を要する児童生徒への対応ということで埼玉大学の教授からご指導いただく機会を設けました。また、生活指導・教育相談研修会等におきましても、自閉症、ADHD、LD等について医学的な
P.137
側面より埼玉医科大学医療センターの小児科医からもご指導をいただきました。その上で各学校の就学相談委員会の取り組みと、これらの研修会の内容等の職員の周知、伝達等を行いまして、教師は配慮を要する児童生徒について理解を深め、就学相談、教育相談、生徒指導担当、養護教諭等の指導を通しまして児童生徒の指導上の配慮等に取り組んでおります。
 現状で何人いるかということでございますけれども、これは専門医の診断によりまして判断されるということでございます。その面からの把握までは学校ではしておりません。したがいまして、現状そういう症状のある人と判定された者が何人いるかという点では把握しておりませんので、ご容赦いただきたいというふうに思います。しかし、いわゆる落ちつきのない児童生徒という観点では、より適切な対応と指導に心がけておりますし、また相談室においても相談員による心のケア、学校への適応等についてカウンセリングや適応指導を行っております。
 次に、外部評価の関係でございますけれども、本市では各学校が積極的に開かれた学校づくりを進めているというところでございますけれども、従来から保護者会等で意見を聞きましたり、アンケートを実施したりしまして、外部からの評価を取り入れている状況でございます。とりわけ平成14年度からは学校評議員を設置いたしまして、学校長の求めに応じて地域での児童生徒の様子等につきましてご意見をいただく制度がございます。各学校からは学校評議員を導入いたしまして、児童生徒の様子について率直なご意見を聞き、教育目標を見直す手だてとなっているということでございます。また、地域の人材に関する情報もエリアができたなどと成果として報告を受け、学校教育を支援していただいているというふうに考えております。
 次に、小学校の教科担任につきましてお答えしたいと思います。小学校教科担任制につきましては、教員の得意分野を生かすとともに、教材研究の時間を十分確保しまして、それぞれの教科の学習の充実を図ることをねらいとしているものであります。本市の小学校におきましては、理科、社会、音楽等の一部の教科において、少人数指導担当教員を含めまして、担任以外の教員がその教科を担当したり、学年内で担当する教科を一部交換しましたりいたしまして、確かな学力の向上に向けて、持ち味を生かした教科指導をしているところでございます。
 次に、習熟度別指導の成果で、他の学校に広めるということについてお答えをいたします。今年度算数、数学、英語などの一部の教科につきまして、二つの中学校、三つの小学校で習熟の程度に応じた指導を実施いたしております。中学校ではすべての単元で、小学校では全部ではなく、一部の指導場面において実施するということでございます。子供たちが自分の習熟度に応じましてコースを選択して学習に取り組みますので、一人一人の学習に対する姿勢が積極的になり、よりきめ細やかな指導ができたという報告を受けております。教育委員会といたしましては、福岡中学校の学力向上フロンティアの研究を軸にいたしまして、教育課程研究委員会において習熟度別学習を含め効果的な少人数指導のあり方につきまして研究を進め、その成果が各学校に広められるよう一層支援してまいりたいというふうに思っております。

P.138
 次に、学校選択制につきまして、市域の狭い本市では特に中学校区での自由化、選択制の導入は検討課題と考えております。学校選択制を導入した場合は、学校を選択する際の一つの判断材料として、その学校がどのようなことを特色として学校運営を行っているのかなど、学校の持つ情報を地域など学校外に発信していくことは、地域に開かれた特色ある学校づくりを推進する上からも必要なことと考えております。その際、情報提供の媒体としてホームページの活用も考えられます。市内小中学校では、このたび全校ともそれぞれホームページを開設して学校情報の提供に努めておりますので、ぜひアクセスしていただき、ごらんいただければというふうに思っております。
 それから、地域の子ども教室の推進ということでございます。地域子ども教室推進事業につきましては、文部科学省が青少年にかかわる事件の続発や問題行動、また地域や家庭の教育力の低下など憂慮すべき緊急課題の解決に向けて、学校等を活用して子供たちの居場所、活動拠点を整備し、放課後や週末におけるスポーツ活動や文化活動などのさまざまな体験を支援するため、地域の大人が実行委員会を組織して安全管理者活動支援員となり、平成16年度から3年の間に全校で取り組むという委託事業でございます。2月末に県の説明会がございまして、その中では平成16年度は全国に1,700市町村の4,000校を対象にして実施したいという内容が報告されました。本事業の取り組みに当たりまして地域の教育力を結集し、そして大人たちが指導ボランティアとして協力するという国の考え方から、保護者を中心とする地域の大人たちが、子供たちが成長段階に合わせてさまざまな体験を重ね、豊かな成長をはぐくむことを共通認識に持って本事業を推進するというかつてない組織づくりを行うことが必要であり、また重要であるというふうに認識しております。本教育委員会といたしましては、まず上福岡市としてどのような取り組みが必要になってくるのか検討し、また課題を整理しまして方策を決定するための実行委員会の組織していくということから初めてまいりたいというふうに考えております。また、実行委員会は、学校関係者及びPTA関係者を初めとして、青少年、スポーツ、文化団体などの市内全域のさまざまな分野から協力得て構成して進めてまいりたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 伊藤美枝子議員の再質問を許します。
◆伊藤美枝子 議員 それでは、再質問をいたします。
 防犯ベルの支給ということで、学校の先生方にはいろいろ子供たちに教えていただいたりということで大変なご面倒をおかけすると思いますけれども、それが実際本当に持ってよかったという結果になるように、ご協力していただくように要望いたします。
 それで、以前から議会のときに要望してきた中に、小学生だけではなくて中学生への支給も考えていただきたいということで要望してきました。ことしに入ってからですけれども、2月、3月と立て続けに女子中学生に対する不審者の問題が起きていまして、体をさわられたりとかすご
P.139
い怖い思いを女子中学生がしております。また、その後その不審者が捕まったという、そういうことも聞いておりませんので、次にまた捕まらないことによってどうエスカレートしてくるかわからない状況です。パトロールの強化はもちろんですけれども、ぜひ中学生にも防犯ベルの支給をしていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。
 先ほど学校の方でパトロールという話が出ましたけれども、昨年の7月以降PTAでは校外委員が中心になってパトロール活動とかやってきているのです。市の方でも防犯パトロールをやっていただいていますので、これは引き続きまたお願いしたいと思います。そういった犯罪はさまざまな場所で起こり得ますけれども、犯人逮捕につなげられるものの一つとして、市内の中心や犯罪の多発地域にスーパー防犯灯の設置はできないか、伺います。
 また、危険箇所に看板の設置はできないか、伺いたいと思います。これは、実は新しい看板で犯罪が減ったということで、この間目にした記事なのですけれども、例えば今までは、これはひったくりに対してなのですけれども、ひったくりとか空き巣が多いので、気をつけましょうという、そういう看板を掲げていたところが、なかなかその犯罪は減らなくって、それを今度もう通行人だけではなくて犯人にも訴えるという、そういう形の看板にしたということで、内容が、「ひったくり、空き巣犯人を逮捕。ご協力ありがとうございます。でも、まだまだご注意を」という、こういう形の看板にしたところ、今まで本当の犯罪が多発地域であったところが、16件の犯罪があったところがゼロ件になったところとか、ひったくりが7件あったところもゼロ件に減ったということもありますので、この辺もぜひ防犯推進会議というものがありますので、そういったところで働きかけていただくようになると思いますけれども、ぜひこの点も考えていただきたいと思います。この点も伺います。
 あと、児童館の帰りなのですけれども、まだ学校の下校時間は明るいですけれども、児童館からの帰りの子供たちはもう外が真っ暗な時間に下校しているのです。それで、先日ある方が、そういった子供たちを見ているのがすごくかわいそうで、どこまで帰るのということで一緒にその子の自宅近くまで送ってあげたのですよという話を聞いたのです。そういう声かけを市の方で呼びかけていただければ、自分のできる時間帯なので、そういうことをどんどんやらせていただきたいという話をしてくださっている方もいます。そのような方にぜひ腕章なり帽子などを支給して、一緒にパトロールしていますというのが一目でわかるような方法でやっていただければと思っています。その点についても伺います。また、犬を散歩させている方たくさん今いらっしゃいますけれども、そういった方たちにも協力していただくのも一つの方法かと思っています。
 あと、先ほどの刺股についてですけれども、確かに武器にもなり得るということのお話でしたけれども、実際3月5日だったと思いますけれども、春日部市内の小学校で不審者の侵入に対して効果を発揮したと新聞に載っておりました。今市内の各学校、PTAでもその購入の動きが広がっておりますので、ぜひ補助等も含めてお考えいただければと思いますが、この点はいかがで
P.140
しょうか。
 また、先ほども質問の中で言いましたけれども、危険箇所のマップ今度市の方で作成しますよね。それで、危険箇所を地図に落として、それを市民の方に配布するというということみたいですけれども、それだけではなくて、学校でも社会の時間とか総合学習の時間でも構わないのですけれども、そういったときに、よく子供たちが課外授業で回りながら、ここにこういうものがあるねというものを見ながら歩いていますけれども、そういったときにぜひ子ども110番の家にいざというときには避難しましょうということで学校から呼びかけがありますけれども、実際に子供たちが自分の目で、ああ、ここにあるのだというものが一つ一つ点検できれば、それもいい考えではないかと思っております。
 次に、高機能自閉症、ADHD、LDについて伺います。今お話にありました就学指導委員とはどのような方が委員になられているのか、伺います。また、各学校に何人いらっしゃるか、伺います。また、その就学相談委員会の取り組みとはどのようなことをされているのか、伺います。
 また、教育相談室には臨床心理士の方がいらっしゃったと思いますけれども、学校の先生の方から、例えば先ほど何人ということで、病院の診断も必要ということで、はっきりした何人という形ではないと思いますけれども、先生が講習受けている中で、この子はそういう可能性があるのではないかなと思ったときに相談室をぜひ利用して、どうでしょうかということで父母の方にそういう働きかけをしているのかどうか、それを伺いたいと思います。あと、教育相談室は土日、祝日が休みになっています。仕事をされている保護者の方が時間外に相談したいという、そういう要望があった場合にそれは可能かどうか、その点も伺いたいと思います。
 あと、発達障害の児童生徒というのは、先ほども言いましたように、判断しにくい行動をするということで、周りの無理解や誤解でさらに深く心を傷つけて2次障害を起こすということがあるのです。それで不登校になる危険性もありますし、自分自身を傷つけてしまうという、そういう危険性もあります。ぜひ児童精神科の先生に月1度でももしお願いできるのであればそういう教育相談室などに来ていただいて、専門医の方に相談できる環境をぜひ市の方でつくっていただきたいと思っておりますけれども、この点についてもいかがでしょうか、伺います。
 あと、開かれた学校づくりということで、私も学校のホームページを見させていただきました。内容も、本当に先生方がやられている、ホームページをつくられていると思いますので、まだまだ立ち上げこれからというところで全部開ける状況ではないけれども、このように多くの方に学校を知っていただこうという、そういう点はとてもすばらしいことだと思っておりますので、ぜひ今後も続けていただきたいと思います。
 そして、先ほども議員の方おっしゃっていましたけれども、学校通信を地域の回覧板で回したりしている地域がありますけれども、これは地域の方たちにも大変喜ばれていまして、子供たちの状況がわかりますとか、関心をすごく持ってくださっているのです。やはり地域の方とともに
P.141
子供を育てていくという意味では、とても大切なことだと思っております。これもさらに推進していただきたいと思っております。
 次に、小学校の教科担任制についてですけれども、これは先ほど持ち味を生かす利点があるということでおっしゃっていましたけれども、実際の高学年になってくると学級崩壊という言葉も耳にすることが多いのです。そのような場合に、担任が1人だけでかかわりを持つというのが大変難しくなってくる場合もあります。そのときにより多くの先生とかかわりを持てれば少しは状況がいい方に改善できるのではないかという意味でも、この教科担任制という制度はいいのではないかと思っておりますので、引き続きの改善をお願いしたいと思います。これは要望です。
 習熟度別学習についてですけれども、現在中学校2校と小学校3校で実施しているということですけれども、それはどの学校で、その学校を選んだ基準というのは何だったのか、伺いたいと思います。また、成果があったということでしたけれども、今年度は市内の全校で行う予定か、伺いたいと思います。
 あと、学校選択制については、選ばれる側の学校も魅力ある学校づくりへと意識改革をしていく点でもすばらしい点だと思いますし、児童生徒側も自分の個性に合った学校を選択できることで個性も伸ばせると思います。このことで非行の減少にもつながるのではないかと思います。ぜひ早い時期に、中学校では全学区の自由化、小学校においては隣接する学区を選択できるようにしていただきたいと思いますが、この点について、教育長、いかがでしょうか、お伺いします。
 あと最後に、地域子ども教室につきましては2月26日に説明会があったばかりで、本当にこれから立ち上げていくという状況だと思います。地域の方々に協力していただかなければならない事業ですので、これからが本当に大変だと思いますけれども、実際今子供たちも核家族が多い中で、祖父母の年代の方たちの触れ合いを持てない子もたくさんあるのです。そのような方たちに昔からの文化を教えていただいたりとか、またスポーツを好きでやっていらっしゃる方でいつでも子供と一緒に教えてあげるよと言ってくださる方がたくさんいらっしゃいますので、そういった方たちにぜひ協力していただいて、よりよい推進事業にしていただきたいと思っております。この点も伺いたいと思います。
 以上で再質問終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、私の方から教育の中の防犯ベルの支給並びに看板の設置、また防犯マップの小中学生への配布ということでございますけれども、先に防犯ベルの支給、これらにつきましては防犯推進条例に基づく防犯推進会議が、5月の連休明けに会議を予定しております。それとあわせて、市の施策にかかわる庁内防犯推進検討会議も既にもう立ち上がっております。そういう中で検討をさせていただきたいというふうに思います。それと、防犯マップと防犯ベルの使用方法等を含めて、防犯教育の一環として教育委員会の方にお願いをしていく予定とな
P.142
っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 児童館に対しますボランティアの関係でお答えをさせていただきます。
 現在児童館につきましては、午後5時半をもって児童を一定の場所まで指導員が送り届けているという実態でございます。したがいまして、先ほどお話ございましたボランティアの方が自宅まで送り届けたということにつきましては、それから先のことかなというような推測をいたしているところでございますが、いずれにいたしましても今防犯上の問題あるいは地域を挙げて子育てを支援していこうという時代に来ておりまして、こういったボランティアの方々がこういう行為をしていただくことに対しましては本当に市といたしましても心から感謝申し上げたい、このように思っているところでもございます。
 そういった中で、一目でわかるような腕章だとか帽子を支給してほしいというお話でございますが、自主的な形で行われているボランティアに対しまして市がこういった形で一方的にこういったものを支給していくということに対しまして、ある意味では非常に強制的な形にもとられるかなと、こんな感じもいたしております。したがいまして、実際にボランティアをされている方々がそういう行為を通じて非常に支障があるだとか、または逆に自分たちが不審者に間違われたとか、そういった行為を行うに当たっての支障があるような場合が出た場合に、そういった声を十分尊重しながら支給等についてできるだけの支援をしていきたい、このように考えているところでございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 最初に、刺股についてでございます。先ほど申し上げさせていただきましたとおり、使用方法を熟知し、取り扱いがわかれば有効であるというふうには思います。これも警察等でそれなりに訓練した人が扱っているということでございますし、また春日部においてもそれが活用できたという点も踏まえまして、ただ先ほど申し上げたとおり、学校にはやはり武器を置いておくということが本当に日常の管理がどうなのだろうかという心配もございます。ですから、もう少しそういう設置しているところの管理の方法ですとかなんとかそういうところも見させていただきたいというふうに、様子も聞きたいというふうに思いますので、もう少しこれは時間をいただければというふうに思います。
 続いて、高機能自閉症です。ADHD、LDについてということで、就学指導委員とはどのような方が委員になっているかということでございます。委員会のメンバーでございますけれども、医師1名、学識経験者1名、学校教育関係者16名、福祉関係者2名の以上20名で構成しております。学校教育関係者につきましては、特殊教育設置校の校長先生、それから特殊学級未設置の学校より小中学校の校長先生の代表1名、各学校からは特殊学級担任1名と、そのほか未設置校に
P.143
ついては学級担任代表として1名ずつ委嘱をするということでございます。そのほか、通級指導教室担当教諭と川越養護学校の教諭1名に委員をお願いしているというところでございます。
 この委員会の取り組みとはどういうことなのでしょうかということかと思いますが、市内小中学校に就学予定並びに就学している児童生徒のうち、心身に障害のある児童生徒一人一人の特別な教育ニーズに応じ、適切に教育が行われるよう、年に10回ほど委員会を開催しております。委員による検査、面接、行動の様子等を通しまして、対象者、児童生徒の教育的な支援について審議し、また保護者に対しても適切な就学相談を実施するということでございます。
 それから、教育相談室での働きかけということだと思いますけれども、学校生活の中で発達障害の可能性を感じた場合、まず就学指導委員会の中で状況の把握を行います。その後実態によりましては、市の教育相談室で行動観察を実施したりしております。しかしながら、これにはやはり保護者の同意ということがかなり必要とされておりますので、学校からだけの要請ではなかなか実施できないという状況がございます。一般的な相談として、各学校の教師または相談員から児童生徒の状況についての相談は随時受け付けをするという対応をさせていただいております。
 それから、教育相談室の土曜、日曜日の関係でございますけれども、たしかこれは以前にもご質問を受けたというふうに記憶しておりますけれども、土曜日、日曜日の祝日につきましては相談員は常駐しておりません。したがいまして、事前に予約等のご連絡をいただければ、電話1本いただければ対応をすることは可能ということで、さきにお答えしたとおりでございます。
 それから、精神科医に来ていただいて相談できるということでございますけれども、発達障害を含めまして学校教育上配慮を要する児童生徒については、各学校とも学級担任だけでなく、管理職、就学相談、教育相談、生徒指導等の担当者、それから養護教諭を中心に組織的な対応をしております。また、県の研修会や市で企画した軽度発達障害に関する講演会にも、各学校の教職員が参加しまして、教員間の意識の向上も図っているところでございます。どの教員も適正な対応ができるように取り組んでいるところでございますけれども、教育相談室に定期的に精神科医に来ていただくということについては、精神科医の先生がどうかということもございますし、またそれだけの来ていただけるような時間も割けるかどうかとか、それからある程度経費的な面ですとか、いろいろこれから考えなければいけないというふうに思いますが、現在の相談ができる体制の中で進めていこうというふうに考えておりますので、現時点では先生をお招きするという考えには至っておりません。
 それから、習熟度別学習の関係で、選択基準は何だったのかということでございますけれども、今年度中学校においては、福岡中学校、花の木中学校の2校、それと小学校においては駒西、上野台、西の3小学校でございます。そこで習熟の程度に応じた指導を実施したという経過がございます。
 習熟度別学習を実施するかにつきましては、児童生徒の実態、それから指導体制、教室の状況
P.144
等を配慮いたしまして、各学校の判断により実施するということでございます。
 それから、今年度は市内全校で行うかどうかということでございます。児童生徒の実態、指導体制、教室の状況等を配慮しまして各学校が判断するということで先ほどお答えしましたけれども、習熟の程度に応じた指導を取り入れ、指導の充実を図るということが、昨年の学習指導要領の一部改正において小学校にも明記をされたということでございます。教育委員会といたしましても、各学校が個に応じたきめ細かな指導を一層推進するよう、引き続き推進してまいりたいというふうに思っております。
 地域の子ども教室の関係でございますけれども、先ほど最初の答弁させていただきましたかつてない組織づくりに取り組まなければならないという重要な観点から認識しておりますので、ことしは直接事業にかかわる活動支援員や安全管理員、コーディネーターなど地域の人たちがそれぞれ力が発揮できるような推進体制を整備できる実行委員会に向けて取り組みを開始したいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学区制の関係でありますが、現時点では学区を撤廃することは考えておりません。学区制度の緩和を考えています。ということは、市域の狭い上福岡市では隣接する学区でありますと、中学生は全部自由学区のような形になります。学区を撤廃した場合に、通学路の問題とか児童生徒を対象にした地域の事業や自治会の事業の連絡調整等、こういう点もございます。地域、保護者の方のご理解をいただければ、平成17年度からでも実施できると考えております。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時17分
   再 開 午後2時17分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 伊藤美枝子議員の再々質問を許します。
◆伊藤美枝子 議員 再々質問をいたします。
 防犯関係に関しては、防犯推進会議が5月連休明けということですので、ぜひきょう要望したことをしっかりその中で話の中に入れていただいて、実現に結びつければと思っております。実際女子中学生に対しての事件も本当に危険、もう少し、たださわられるというだけではなくて、さまざまな行動を起こされていますので、その辺の実態はよく市の方でご存じだと思いますので、女子中学生等が何事もないようにしっかりしていただきたいと思います。
 それで、あとはADHD、自閉症、LDについてなのですけれども、これやはり教育相談室は事前に予約をいただければ可能ということで、これは仕事されている保護者の方も大変喜ばしい
P.145
ことだと思っております。それで、就学指導委員の方はさまざまな方が入られているようですけれども、このような方たちと学校の教師の方との連携はどのようにされているか、この点ちょっと1点お聞きしたいと思います。
 それと、本当に発達障害というのは大変難しい問題がありまして、本当に生徒にとって一番大切なことというのは、その子の変化に気づいてあげるということと、その子を認めてあげるということがすごく大事なことだと思います。実際に教師の無理解な一言で、結局教師がその子をばかにすることによって周りの子供もその子をいじめたりとか、その子がまた疎外感を持ったりとか、自分自身を傷つけたりという、そういうさらにエスカレートした行動につながることがありますので、その点どうか教師が認識を深めることができるような機会を多く設けていただいたりとか、複数担任性を導入していただいたりとか、教師が何でも相談できるそういう専門家、専門医を学校に巡回していただくなどの制度を広げていただきたいと思っております。
 昨年の夏に、私もこういうADHDの活動をしている方の講習会に参加させていただいたのです。そのときに前の方に5人ほど出てきてくださいということで、5人の方が一斉にマイクで違う原稿を読み始めるのです。皆さん何ておっしゃったかわかりますかというふうにおっしゃられて、もちろん違う原稿を5人が話すわけですから、全然聞こえないです。実はADHDとかの子供たちはこのように話が聞こえるのですよという話をされまして、確かにこの子は本当に問題行動を起こしているけれども、それは本当にその子のもともとの先天的なものであって、好きでそのような障害を持っているわけでありませんので、ぜひそのような講習会にも先生に参加していただきながら理解を深めていただきたいと思っております。
 最後に、現在児童生徒を取り巻く環境が年々悪化しているように感じます。性犯罪に巻き込まれたり、また両親に虐待されたり、数年前までは起こり得なかったような事件が後を絶ちません。犯罪も低年齢化し、最近でも小学生による放火事件など痛ましいことがたくさん起こっております。これも長引く不況やまた多くのストレスの中で、大人も子供も何か大切なものを見落としているように感じられます。このような世相の中で、やはり教育の持つ意義というのはとても重大だと考えております。ぜひ市長や教育長のリーダーシップで、子供たちの安全と個性が伸ばせる学習環境やまた生活環境をつくっていただきたいと思います。最後にこのことに対して市長はどのように考えているか、一言お願いいたします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 これ大きな転換期です。教育問題本当に大変だと思っています。ただ、今のまんまではいけないと思っておりますので、もう少し親の体制もきっちりとやはり時代に沿った形、これからは教育をしたり、あるいは学んだりしていただくということが大事だと思っています。
 それからもう一つは、これからいろいろな問題がまだまだあると思うのです。例えば子供たちの要するにそういう指導的なものをきちっと置くということも大事かなと思っていまして、実は
P.146
今年度できましたら教育委員会にそういう防犯を扱う場所を設けるのも一つの手かなというふうに思っています。そういう中で、しっかりとした教育委員会は教育委員会としてのそういう子供を守る環境をつくっていくということは行政とあわせてやっていくということでないと、やっぱりしっかりとしたものはできないというふうにも考えております。そういう意味でこれから取り組んでいきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 指導委員会と学校との連携ということでございます。先ほども触れてみましたけれども、発達障害含めて配慮をする児童、こういう方々の発見方法ですとか、そういうことをどう受けとめるかということでは、学校では研修会等を通じまして実施しているところでございますけれども、そういったところから指導委員会あるいは相談室にどう結びつけるかとか、そういうところもありますので、今までもやっていることでございますけれども、これからもそういう考え方にのっとってやっていただけるようお話をさせていきたいというふうに思っております。
 また、この件に関しましての講演会等に、講習会に参加させてということでございます。機会があれば、一人でも多く派遣できるように考えていきたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 伊藤美枝子議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時25分
   再 開 午後2時41分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、鈴木実議員の質問を許します。
         〔19番鈴木実議員登壇〕(拍手あり)
◆鈴木実 議員 それでは、順番が参りましたので、市政に対する一般質問をさせていただきます。発言は、通告順に従って行わせていただきます。
 まず1番目に、財政問題であります。今、国会で国の予算が審議されております。国の予算歳入歳出82兆1,109億円余り、そして歳入に占める税収額が41兆7,470億円ほどと言われております。これは、全体の50.8%ということで、1985年以来の低水準と言われております。この穴埋めのために、公債発行額が36兆5,900億円と歳入の44.6%を占める数字になっております。このうち30兆円が公務員給与などの消費的支出に充てるいわゆる赤字公債と言われております。こういう状況を見ますと、社会保障費などの政策経費が47兆6,320億円と言われておりますので、税収全体でも賄うことができない。国の財政が、家庭で例えれば、収入が生活費に追いつかない、そのため
P.147
に借金を返す、いわゆる借金以上の金額を借りてやりくりをしなければいけない、こういう状況になっている指摘がされております。こういう財政状況が長続きしないというのは、だれもが認めることではないかと思います。
 さて、地方財政については必ずしもこういう状況にはなっていないわけでありますが、全体として厳しい状況は国同様ではないかと思います。国の長期債務残高が548兆円ほどと言われております。地方が204兆円ほど、重複分を差し引いて合計額で719兆円というふうに言われています。つまり国民1人当たり600万円ほどの借金を背負っているという計算になるわけであります。4人家族でいくと2,400万円。家一軒が買えるほどの借金を国民が背負っているという数字であります。これは、10年前に比べて1.9倍という数字で、ここ数年の急激な債務残高の増加ということが見てとれると思います。そういう中で、市の財政計画を今後どのように立てていくかということで私の質問に入らせていただきたいと思います。
 まず、1番目として、合併白紙後の事業及び財政計画ということで通告させていただきました。平成16年度編成に当たっては担当部としても相当ご苦労があったと思いますが、上福岡市の予算を見ますと181億円余の規模になっております。私は、総括質疑の中でも指摘してきましたが、昨年の合併白紙という後を受けて事業の大幅な見直しが必要ではないかということを指摘してきましたが、上福岡市にとって基準財政需要などそうした指標から適正な財政規模はどのぐらいと考えているか、まずお答えいただきたいと思います。そして、上福岡市の平成16年度末の市債残高はどのくらいになると見込んでいるか。平成16年度の予算が立てられ、平成16年度においても市債を起こしているわけですが、お答えいただきたいと思います。そして、平成15年度末と比較してどのような状態になっているか、平成15年度末の数字もお知らせいただきたいと思います。
 さて、今回の平成16年度予算の中で各種基金の取り崩しが行われております。これは、市の方から提出された資料にも載っておりますが、各種基金の有効活用という言葉で表現されておりましたが、すべての基金から取り崩して、とりわけ財政調整基金においては残高が1億7,000万円ほどになっていると思いますが、上福岡市の財政規模からすると、もうはたきにはたいた、そういう財布のあれをはたいた数字になってくると思いますが、こういう市の財政状況が来年度、再来年とどのように展開されていくか、そういう関係で先ほどの数値をお知らせいただきたいと思います。
 そして、3点目には、三位一体改革の影響が今年度から、平成16年度から具体的に数値としてあらわれております。この三位一体の改革の今後の影響を市としてはどのように把握しているか、大づかみで構いませんので、お答えをいただきたいと思います。
 次に、Aとして、後期計画の展開についてであります。後期基本計画が平成18年から平成22年度に予定され、平成16年度にはその後期計画の策定事業として600万円の予算が計上され、2カ年継続事業として組み立てられております。

P.148
 そこでお伺いいたしますが、平成17年度に予定される主要事業の実施に伴う財政規模をどのぐらい市として見越しているか、お答えいただきたいと思います。それから、今後の各基金の計画的積み立てについて、事業の内容と計画内容について、現時点でのお答えをいただきたいと思います。
 次に、2番目の西側まちづくりについてお伺いいたします。西口再開発事業と市のまちづくり構想についてであります。現在西口再開発事業が急ピッチで進められ、平成18年の竣工を目指して、再開発地域における超高層ビルの建設に向けて既に整地等の作業が進められているところであります。私は、この既に取りかかった事業を効果的に行う上で市としてどのようにまちづくり全体の構想を持っていくか、そのことが大変今問われているのではないかと考えます。そこで、西側の商業地としての役割、住宅地としての役割、それぞれの調和をどのように考えているか、市としてのお考えを伺いたいと思います。そして、地元商業の振興策について、再開発における新たな商業の展開と地域の商業振興についての市の基本的な考えについて述べていただきたいと思います。
 次に、3番目に移ります。マンション建設問題であります。これは、前回の12月議会でお伺いしたところでありますが、その時点ではまだ途中経過ということもあり、その後の市の対応について改めてお伺いしたいと思います。前回私は、このライオンズマンション問題において、市が果たすべき役割として開発指導要綱の問題について指摘したところであります。確かに民間企業でありますから、事業計画、方針というのは独自に持っていることは承知しているところであります。その上で、なおかつ指導要綱があるというのは、市が行政の責任として企業に対する指導、そのことが必要であるからこそ指導要綱があり、具体的な中身について書かれているわけであります。そういった点から、この開発に当たって関係する住民への協力と理解を求めるということが述べられておりますが、このライオンズマンションの施工主であります株式会社大京とのこの指導要綱に基づく協議はその後どのように進められ、結論としてどういうふうになったか、改めてお答えをいただきたいと思います。
 なお、私も関係する住民の一人として、説明会にも参加してきた経緯があります。霞ケ丘自治会では、株式会社大京の説明会に当たって「自治会の態度」という文書を大京側に提出しております。この中では、さまざまな影響を受ける被害、風害であるとか、交通障害であるとか、日影の問題、道路の安全対策の問題、また地域社会を形成する上でオートロック方式の採用についての自治会としての意見も出されております。つまり同じ地に住む住民として、その地域を本当に温かく支え合う地域として迎え入れたいという立場からこうした意見を述べたものであります。そこで、この中で最終的に株式会社大京の計画について不同意という意思表明がされております。このことと、指導要綱に基づく住民への協力、理解という関係で市は最終的にどのように判断されたか、お伺いしたいと思います。

P.149
 もう一点は、交通安全上の対策の問題であります。既に工事が着手され、現在基礎工事を初めとして、それにかかわる大型ダンプなどの車両が既に行き来しております。この工事上の安全対策について市としてどのように指導しているか。今霞ケ丘団地内では、先ほど言いました再開発事業の問題、それから1.1ヘクタールの大型公園が間もなく平成16年度に工事が始まる予定になっております。こういう一つの地域に大型事業が三つも重なるという中で、多くの工事車両の行き来が予想されるわけであります。そういう意味では市としての行政責任があると思いますので、その辺の調整についてはどのようになされているか、お伺いいたします。
 最後に、4番目の駐輪、駐車場対策についてお伺いしたいと思います。駅東西口の駐輪対策、駐車場対策は、上福岡市にとっても大変重要な課題であると思います。この間市のさまざまな努力の中で、管理上の改善、また利用者の要望に対する改善、いろいろ工夫されてきたと思います。同時に、今西口、東口の新しいまちづくりの中で、刻一刻と状況が変化しつつある中で対応が迫られているというふうに思うのです。西口について言えば、臨時駐車場であった市の駐輪場が新しく設置された段階で設置台数の縮小という問題が出されてきました。また、民間の駐輪施設においても、再開発にかかわる部分での民間駐輪場の業者の方が移動を伴う問題、またそのことと関連して駐輪施設の収容台数の変更なども出てきております。また、いただいた資料によりましても、東口での今まであった民間駐輪場の廃止なども出され、また今東口における駅前開発、広場を含めたそういう新しい変化の中で、駐輪施設の対応が改めて検討されなければならないというふうに思っております。そこで、現在の駐輪施設にかかわる状況についてご説明をいただきたいと思います。
 また、2点目に、学割制度などによる対策ということで述べさせていただきたいと思います。学割制度については以前からも私の方から要望をさせていただいた経緯がありますが、ヒアリングの段階ではやらないという結論を既にいただきましたので、その具体的な根拠を述べていただきたいというふうに思います。今後やはり両者の各層によってさまざまな対応、例えば一時預かりなども含めたきめ細かな対応が必要になってくると思います。西口では、駅前広場がかなり大きくなります。そして、現在既に新しくできました西口の駅前商店街の前にお店がありますが、この店舗前にも買い物用の駐車場として自転車が相当数置かれているわけなのですが、この買い物用の利用客と、それからそれ以外に利用される方の区別がつかないような状況の中で、こうした問題が、例えばパチンコ店の前などもそうですが、使う時間が決まっていない枠の中で歩道上に自転車が長時間置かれるという問題は、市民にとって非常に不都合、特に障害を持っている視覚障害の方などにとっては非常な問題も出ていくると思います。そういう意味で、市としての対策をきちんととる必要があると思います。特に利用数と収容台数の関係、また市営駐輪場と民間駐輪場の料金の格差の問題、これは一律に比較はできませんが、市営は野天の状況でありますし、民間の方は屋根がついているという違いがありますが、利用者からすれば、安く借りたい、きち
P.150
んととめたい、そういう気持ちだと思うのです。そういう声にきちんと市がこたえていくということが私はどうしても必要だと思いますので、その点についての今後の方針をお答えいただきたいというふうに思います。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 では、私の方から財政問題として、大きな柱で今後の市の財政計画、合併廃止後の事業及び財政計画の見通し、それから後期基本計画を定めるに当たっての当市の財政見通し、それから国の三位一体の改革でどう市が影響を受けているかを把握しているかということでございますが、初めにまず項目的な点でお尋ねの点に少しお答えをさせていただきまして、市の今後の考え方について述べさせていただきます。
 初めに、当市の適正な財政規模というふうに承りましたので、財政規模はどのぐらいかということでございますが、90億円程度と踏んでおります。
 それから、平成16年度末の起債残高ということでございますが、それから平成15年度末も幾らかと、前年対比でどうなったかということでございますが、平成16年度末の見込みとしましては大きな点で130億円というふうに見込んでおります。平成15年度末現在のこれも見込みでございますけれども、125億9,900万円、おおむね4億円程度増加をするというものでございます。
 それから、各種基金の有効活用の点でございますが、こういった厳しい財政状況になりますと平成16年度の編成につきましても基金の活用をいたしましたけれども、今後さらに有効活用を図っていきたいという考え方に立ってございます。
 それから、国の三位一体の改革でございますが、これにつきましてはもう既にご案内のとおり、国庫補助負担金の改革、あるいは税源移譲、そして地方交付税の見直しと、国の進めます三位一体の改革が、厳密には平成15年度の後半から入ってきましたが、ご質問者おっしゃるとおり、平成16年度から本格的に具体的数字が示されまして、今後国においては平成18年度をめどにこの3カ年で大きく国の政策が変わるということで、地方も当市含めまして今後国庫補助の負担金の削減方向、それから地方交付税も削減の方向と。国は身軽になりますけれども、地方はその分財政面が大変になると。一方で、財源移譲の問題、これもまだ不確定要素がたくさんございまして、地方の責任において地方税の中で財源を移譲していくのだという方向は示されておりますが、具体的に数字をはじき出せるまでのまだ情報は得ていないのが現状でございます。
 そういう中にありまして、当市の第三次総合振興計画の前期基本計画、これがあと2年で終了するわけでございますが、これまでに主要事業に位置づけられた事業について重点的に推進をしてきたところでございます。長引く景気の低迷から市税収入は年々減少となっている現状と、国が推進する三位一体の改革の中で市財政を取り巻く環境は非常に厳しい状況になっていることか
P.151
ら、平成16年度、単年度の事業計画では、当初の前期計画から見ますと一部見直しをし、見直しをした事業を含めましてその中で作成をしてまいりました。今後平成16年、平成17年、2カ年かけまして後期基本計画を作成するわけでございますが、その作成に当たりましての前提となります前期の平成16年、平成17年度の実施計画、これもあわせて可能な限り早い時点で計画の策定をしたいと考えてございます。
 それから次に、後期の基本計画に向けての事業見直しの考え方でございますけれども、これは平成16年、平成17年と2カ年にわたりまして後期計画の平成18年度から進めます5年スタンスといたしました後期基本計画を策定してまいります。この中では、前期基本計画の主要事業等の実績を踏まえまして改めて各事業の再検証をし、さらには主要事業を含めた全事業、これを精査し、見直しに努め、それから今現在国が進めている国庫補助負担金の改革、税源移譲、地方交付税の見直し等国の三位一体の改革の動向を注視しながら財源の確保と歳出削減を実施した上で各事業を後期基本計画に位置づけ、第三次総合振興計画の理念に沿ったまちづくりに向けて安定的な財政計画を作成してまいりたい、このように考えてございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 西口再開発事業と市のまちづくり構想についてお答えをさせていただきます。
 当市街地再開発事業は、住宅市街地総合支援事業の整備計画における住宅、商業、業務、行政施設などを導入して、駅前にふさわしい複合生活文化拠点を確立するという位置づけに基づいて事業を進めているところでございます。霞ケ丘団地の建て替えの駅前西口全体の住宅供給増による集客、それから駅前拠点の確立による市内外からの集客、駅前広場、都市計画道路の整備による交通結節機能の強化による集客という3点の集客を見込み、商業の活性化を図ることを大きなテーマの一つに掲げております。地区の施設のコンセプトといたしましては、駅西口は食料品、日用品等の販売施設の集積が少ないため、当再開発事業により駅前広場全面に量販店を核店舗として導入し、さらに歩行者の動線に配置して、業務、サービス、施設ゾーン、戸充て専門店街ゾーン、公益施設ゾーンを構成させますことにより、約1万平米から成る商業業務のさまざまな施設を配置することにより地区内のかいわい性やにぎわいを高め、地区全体の活性化を図ってまいります。
 次に、西口ライオンズマンション関係のご質問にお答えをさせていただきます。本開発につきましては、平成15年10月21日付で上福岡市開発指導要綱に基づき開発事前協議が提出され、前回の議会において審査中である趣旨ご答弁させていただいたところでございますが、その後すべての審査が終了いたしましたので、平成16年1月7日付で株式会社大京あて協議結果を通知したと
P.152
ころでございます。
 開発に対する市の考え方ということでございますが、開発指導要綱において示しておるとおり、無秩序な開発行為を防止し、良好な都市環境の保全と健全な発展を図るとともに、事業の協力を要請することで必要な公共施設の整備を進めていくという考え方でございます。したがいまして、開発計画を中止させたり、公共施設の利用との関連なしに規模の縮小等を求めることは前提としていないことをご理解いただきたく存じます。
 なお、当然のことながらではありますが、開発は近隣住民の皆様方への影響を及ぼすものでございますから、近隣住民の方に十分な説明がないままに工事が進むことのないよう、事業者には事前に近隣住民の方々に説明するよう指導しているところでございます。今回ご質問いただいたライオンズマンションにつきましては、事前協議の終了後においても川越市藤間自治会及び霞ケ丘自治会との間で数次にわたる話し合いを行っている趣旨事業者から報告を受けているところでございます。今後とも近隣住民の方々の知らないうちに開発が進むといった事態が生じないよう、事業者に指導していきたいと考えております。
 それから、工事中の工事車両の安全対策についてでございますが、現在再開発ビル、公団建て替え工事、民間マンション建設の三つの事業が重複していますが、再開発ビルの工事を行っている公団が中心となって三つの現場の工事車両の搬入等について調整することになっておると聞いております。付近の方々にご迷惑をおかけしない方策を講ずるよう聞いておりますので、ご報告の方させていただきたいと思います。
 それから次に、駅前の駐輪、駐車対策の今後の整備計画についてお答え申し上げます。現在市営の自転車駐輪場は、自転車530台、バイク40台、一時預かり約90台で運営しています。西口民間自転車駐輪場につきましては5軒、収容台数が3,030台、利用台数が1,015台、利用率が33%と現在なっております。東口の民間自転車駐車場につきましては14軒、収容台数2,460台、利用台数が1,649台、利用率が67%の状況であります。今後の整備計画ということでございますが、西口再開発事業による駐車、駐輪施設は、公共駐車場120台、公共駐輪場が約300台と予定されておりますが、今後の活用計画につきましては庁内に設置してあります庁内連絡検討会議の中で検討していただいておるところでございます。
 次に、学割制度についてお答え申し上げます。自転車利用者の利便を確保するとともに、駅周辺の良好な環境の保持に資するため自転車駐輪場を設けているところでございますが、学割制度があります市の一般使用料金は、1カ月約1,800円から2,400円であります。上福岡市の料金を1カ月に換算しますと約800円程度ですので、他市と比べて決して高くありませんので、学割制度については今のところ考えていないところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員の再質問を許します。

P.153
◆鈴木実 議員 それでは、再質問をさせていただきたいと思います。
 市の財政大変厳しいという反面、事業がメジロ押しというのも事実ではないかと思います。25の主要事業は既に第三次総合振興計画の中で出てきているわけなのですが、既に前期で終わった事業もありますが、財政的に見るとこれから相当まだまだ残されたものがあるのではないかと思います。
 それで、後期計画の中で見直しというお話があります。そして、平成16年、平成17年の計画も早い時点で検討したいというお話でありました。既に平成16年度予算案については具体的な数値が出てきているわけなのですが、来年、平成17年は前期の最終年度になるわけなのですが、そういう意味で最初に指摘しましたように、基金の取り崩しも相当底の方まできてしまっております。そういったことを考えたときに、もう来年度以降は相当全体を考え直していかないと、計画そのものが成り立たなくなっていくのではないかというふうに思います。その25主要事業のほかに、葬祭場の問題もありますよね、建設費が来年、再来年と来て。また、総括でも指摘しました焼却場の新炉というか、いわゆる建設計画もそう遠くない時期の計画として出てくるわけであります。そうしたことを考えると、相当思い切った事業の見直しということが出てくると思うのです。そういう中で、既に西口のように事業が進んでいる事業については計画の基本を変えることはもちろんできないですし、どう効果的に、また財政的な効率性も含めた見直しというのは当然必要になってくると思うのです。保留床の計画なども含めて大きな財政負担というのが今後出てくるわけです。
 それで、具体的にもう平成17年度というのは来年のことでありますから、早期に計画をつくっていく必要があると思うのです。今回600万円の2カ年事業として基本計画の策定事業費が計上されております。これは、2カ年連続的にやって後期計画にしていくのか、一つの単年度としての、いわゆる例えば平成17年度について言えば、前期の最終年度ということと、それから事業全体の流れの一貫性というふうに考えたときに、やっぱり先送りも含めた事業の見直しというのは当然入ってくるのではないかというふうに思いますので、この策定事業のいわゆる進め方というのですか、その辺についてはもう既に方針が出されていると思いますので、そのことについてお答えいただきたいのと、平成17年度に今の時点で予定される主要事業の財政規模をどのぐらい予測しているのか。例えば西口駅前整備事業は、平成17年度に三十数億円出るのではないかというようなお話も聞いておりますので、例えば平成16年度でいきますと主要事業の総合計が22億3,985万円で、そのうち都市整備関係が21億円占めているのです。25主要事業の中で、事業数としては既に終わったものもありますので、7事業で21億円平成16年度なっております。そういうことからしますと、市全体の主要事業の中でこの都市整備関係をどういうふうに位置づけるかというのは重要な部分だろうというふうに思います。そういう意味で、後期計画の策定事業を平成16年度にどういうふうに進めるかという点で、また平成17年度の財政規模どうなるかということ
P.154
をお答えいただきたいのと、基金の計画的積み立てということを最初に指摘したと思うのですが、これについてはどのように計画されているでしょうか。ごみ処理施設整備基金については、先ほど言いました焼却場建設とのかかわりでそれこそ計画的にやっていかなければ大変なのではないかというふうに思いますが、この点もあわせてお答えいただきたいというふうに思います。
 2点目の西側まちづくりについてでありますが、地区全体の活性化を図っていくという中で再開発ビルの中の、あるいはテナント等の検討が既に進められるいるということであります。こういう時代ですから、本当に再開発後の駅前がどういうふうに進んでいくかというのは予測もつかない部分もあるかと思いますが、地域商業の振興という視点をぜひ位置づけていただいて、当然具体的な店舗の誘致とか、そういうときには地元の方ともやはりコンタクトをとりながらぜひ進めていただきたいというふうに思います。また、この西口について言えば、駅前の大きなロータリーができ、またそこに駅広といいますか、公園も予定されているわけですから、そういうことを含めた良好な西口の状況ができるように、今後も住民との意見交換を含めて進めていただきたいと思いますが、その点についてお答えいただきたいと思います。
 3番目のマンション建設問題であります。民間企業の独自性を私は阻害するという点で述べてきたわけではありませんが、やはり今部長の答弁にあったように、健全な環境の保全、そういう立場から市として果たせるべき役割ということだと思うのです。私は、規模の縮小を指摘してきたのではなくて、市が指導要綱を遵守させる立場で指導すべきだということをずっと言ってきたのです。それは、法律にのっとって建物が建てられるのだから市の入る余地はないという12月の答弁だったのです。そうなると指導要綱は要りませんよねと私は言ったのですけれども、やっぱり指導要綱が住民の立場でいろいろそういう環境保全を含めた位置づけとして決められているわけですから、それを遵守させる立場から市がかかわるのが本来の姿勢だと思うのです。そのことを指摘してきたのですが、お答えがそういう立場からでないので、住民の方々にとっては大変市の姿勢について注視していますので、注目していますので、もう一度きちんとお答えをいただきたいというふうに思います。
 なお、工事上の安全対策については、私たちも株式会社大京や、それから公団との話し合いの中で、それぞれの立場で協力しながらやっていく、公団が中心になってやっていくということも聞いております。同時に、それぞれの単独事業としてやる場合の責任、そういった点から、工事が三つになるからそれぞれが3分の1ずつの安全策というのではなくて、十分な対応をすべきだということで要望もしておりますので、行政からもそういう立場で、地域住民の安全を守る立場から改めて指導をしていただきたいというふうに思います。そういうことで、再答弁をお願いいたします。
 4番目の駐輪、駐車場対策の問題です。ここ一、二年で大きく状況が西口も東口も変わってきていると思うのです。確かに民間の施設が、東口で67%、西口で33%。事業として運営していく
P.155
という点からすると、利用率がこういう状況というのは大変だなというふうに思います。そのために市として、例えば利用者への還元、また自転車駐輪施設を提供している人への支援策、いろいろな方法がとれると思うのですが、その点については今後検討していく考えがあるかないか、そのことをお伺いしたいと思います。
 それと料金が学割、ほかと比較して安いというお話でありました。例えば富士見市にもふじみ野の駅前に駐輪施設がありまして、あれは地下に潜る形ですから、いわゆる屋根つきのような形になって、それぞれ料金も違っているわけなのですが、やはり利用者の各状況に合わせた料金体系をつくる。だから、その割引がどのぐらいにするかどうかというのはいろいろ検討されるかもしれませんが、例えば学生であれば収入が基本的にないという状況の中で親の負担に変わっていくわけなのですけれども、そういう意味ではいろいろな意味での支援策にもなっていくわけで、そのことが同時にモラルの向上ということにもつながっていくわけですし、そういった点からやはりきめ細かい対策が必要だと思いますが、それはそれとして前段の市営、民間との料金格差のことについて検討してもらえるかどうか、お答えをいただきたいというふうに思います。
 以上で再質問終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 財政計画の中で、平成18年度から始まります後期の基本計画策定に当たって今後の策定の進め方、事業としましては2カ年かけまして進めていくわけでございますが、まず平成16年度にほとんど主力な調査を進めたいと考えております。といいますのは、平成16年度で都市の現状の調査、それから前期計画の進捗状況と残された課題の整理、それから新たに発生している行政課題の整理、把握、そういうふうな中で市民の意見の集約もあわせてやっていくということでございますから、平成16年度末には姿が大体見えるのかなと。平成17年度に入りましてやっぱり本当に主要事業の位置づけ、どういうものを主要事業として位置づけるか、どんなスタンスで位置づけるかというのが平成17年度に入ってまいりますので、大枠の細かいところまでは無理としても、姿が平成16年度中に把握できるようなスタンスで考えてございます。
 それから、平成17年度の当市の財政規模はどれぐらいかということでございますが、これは事業の取り上げ方によっては若干変動あるにしましても、平均的な考え方でいきますと150億円から160億円…
         〔「主要事業のみ」という声あり〕
◎鈴木久志 総務部長 主要事業のみの財政規模はということでございます。これは、事業費だと思いますが、先ほど7事業で21億円程度になるというふうにご質問者おっしゃっていますが、事業費ベースではそういったとらえ方もあるかもしれませんが、財政運営上はその事業費の中に財源内訳、これが重要なもので、一般財源ベースでとらえたもので私どもは把握もきちっとやっていかないと今後の財政運営はできないということに考えておりますので、そういった角度から私ども
P.156
もう一方ではとらえてまいります。
 それから、基金の積み立ての考え方、今後どう考えているのか。これは、財政上厳しい中にありましても基金という、この各種基金の目的に応じまして今後の事業計画を見つつ、厳しい財政状況の中にありますけれども、可能な限り基金の積み立てをしながら、財源確保の観点からも積み立てに努力をしてまいりたいと、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 まず、西口関係のご質問からお答えをさせていただきます。西口関係につきましては、住民との意見交換等を含めて進めさせていただきたいというご意見でございますので、今後も住民等のご意見を聞きながら十分意見を検討させた中で進めさせていただきたいと思っております。
 それから、再開発関係のマンション開発の関係についてお答えをさせていただきますが、本件のようなマンション開発においては事業者側、住民側とも利害関係が相反する中で、どの時点で合意が見出せるかと考えますが、行政の果たす役割といたしましては、法令の範囲のものに対し、開発行為そのものをやめさせることはできかねることでありますので、また話し合いの中で中身についてもどちらか一方の主張を優先させるわけにもいかない非常に難しいところでございますが、相互にお話し合いをするよう指導することが役割であると認識しているところでございます。
 それから、自転車関係の支援策でございますが、これにつきましては今後他市町村等を調べた中で研究させていただければと思っております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時36分
   再 開 午後3時36分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 鈴木実議員の再々質問を許します。
◆鈴木実 議員 それでは、あと6分というような中で、絞らせていただきたいと思います。
 財政問題の1番なのですが、今部長の方から平成17年度の財政規模というか、150億円ほどというお話がありました。これは、今年度も多分そういう形だろうと思うのですが、規模としては横ばい状況の中で、150億円前後が上福岡の現状の中での総額として見ることができるのではないかと思うのです。そうした中で、先ほども言いましたように、西口再開発事業で平成17年度に三十数億円が予定されている。この一つだけでです。それで、平成16年度では先ほど都市整備全体で21億円と言いました。こういう数字を見ただけでも、ではそうすると相当起債を起こさない
P.157
と数字的に成り立たないということが出てくるのですけれども、そういう意味で平成16年度に主力の調査をやるということと、進捗状況をつかみながらというお話でした。それで、平成17年度に主要事業の位置づけというふうになっていますが、そういう意味ではもう平成16年のこの策定事業の中で、平成17年度以降の事業、予算計画も含めた見直しを平成16年にやらないと、そういう結果が平成17年度以降の財政計画を立てるときに反映できないのではないかと思うのですが、そのことをもう一度お答えいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 主要事業の関係につきましては、あくまでも今後基金の活用と、事業費そのものの中の一般財源ベースできちっと基金活用しながらやっていくということでございます。
 それから、後期の基本計画の策定の関係ですが、平成16年度はいろいろそういった前期の残された進捗状況、それから課題、こういったものを全部整理をしていくと。あわせて住民の意見把握をしていくと。ですから、しっかりした位置づけは平成17年度に位置づけをやっていくということでございますので、平成16年度ではそこまで。どちらかというと、いろんな課題整理ということでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時40分
   再 開 午後3時51分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、内田久江議員の質問を許します。
         〔2番内田久江議員登壇〕(拍手あり)
◆内田久江 議員 ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。
 平成16年度市長施政方針の「一つ目の柱は、「ふれあいや助け合う心に支えられたまち」であります」との市長のお言葉に私も同感いたしました。高齢者対策として、特にご高齢者の方が毎日元気に楽しく生活をして健康で長生きしていただくために、いつでも自由に行かれるふれあいの場、例えばボランティアふれあい喫茶とかの設置はいかがでしょうか。現在ひとり暮らしのご高齢者が多くなり、家にこもっている人がふえています。そういう人たちが外に出て楽しめるふれあいの場を、現在霞ケ丘団地では月1回集会所でボランティアふれあい喫茶を開催し、住民の皆様と楽しい集いを行っております。できましたら西口再開発事業の保留床のところに、市民の皆様がいつでも自由に行かれるボランティアふれあい喫茶等交流の場の設置をしていただけたら
P.158
と思いますが、いかがでしょうか、お伺いします。
 また、介護予防のパワーリハビリのためのトレーニングマシンの設置を。パワーリハビリトレーニングマシンを使って、要介護度の改善に大きな効果を上げているところがございます。パワーリハビリの考案者であります日本医科大学の竹内教授のお話で、パワーリハビリのパワーとは自動車で言えばエンジンの馬力に当たるもので、年をとって足が遅くなった、体の自由がきかない、重い物を持ち運べないなどというのは自動車のエンジンパワーが落ちてきたことに相当し、パワーリハビリは長年使ってきたエンジンのパワーをもとに戻すことだそうです。速く遠くまで歩けるようになったり、車いすの利用者が再び歩けるようになるなど、身体の動作性が高まるだけでなく、精神的に非常に明るくなり、その結果行動が活発化し、介護保険サービスを必要としないまで回復し、また痴呆にも効果があり、一日じゅう何もしないでぼうっとしていた高齢者が調理するようになったなど、特に重度の痴呆が改善したとの報告が相次いでいるとのことだそうです。老化を防ぎ、寝たきりを防ぐパワーリハビリトレーニングマシンの設置はいかがでしょうか。
 また、第2の人生の老化防止と友達づくりはマージャンで。東京都品川区では、健康マージャン道場にお年寄りが殺到、入会まで半年待ちの人気だそうです。ルールは、お金はかけない。酒とたばこは禁止。同区の高齢者事業課長さんは、マージャンは不健全なイメージもあり、行政が正面切って募集するのは抵抗感もあったそうですが、現在の登録者は約400人。10台の全自動マージャン卓は朝からお年寄りで埋まり、笑い声が絶えず、平均年齢は69歳、男女比はほぼ半々。レベル別7クラスあり、ボランティアが世話役を担っているそうです。1日6時間の場所代は参加者が負担。区の業務は会員の募集と管理のみで、年間業務費は4万円。手首を忙しく動かす知的なゲーム。脳の活性化を促し、ぼけ防止にもなり、シニアの社会参加を呼びかける長寿社会文化協会は、13都道府県で健康マージャンサロン展開中だそうです。かつて会社人間だった男性ほど地域社会になじみにくいと思いますが、昔ならしたマージャンなら気軽に参加でき、友達もでき、ルールを守って脳を活性化。このアイデアいかがでしょうか、お伺いします。
 次に、福祉タクシーの拡充についてですが、福祉タクシー券の交付対象者は身体障害手帳1級と2級までとなっていますが、心臓に障害を持つ3級の方も対象としてもらえないでしょうか、お伺いいたします。
 次、子育て支援についてですが、社会連帯による次世代育成支援とは、地域の人がつながりを深めながら子供を育てる仕組みを構築し、孤立から共生へ、分断からつながりを基本理念にし、若いお母さん方が楽しく元気に子育てができるように地域で支え合うシステムが重要だと思います。そして、上福岡市に若い人たちに来ていただき、市の活性化のためにも乳幼児を抱えたお母さんが方がいつでも遊びに行かれる集いの広場等の設置はいかがでしょうか、お伺いいたします。
 次、アレルギー疾患講演会を。前回の質問の答弁におきまして、「講演会などアレルギー疾患
P.159
対策を市、町と連携しながら開催することは可能とのことで、乳幼児健診で実態調査を実施していますので、それらの結果に基づき取り組みを進めてまいります」とのことでしたが、検討してくださっていますでしょうか。現状どこまで進んでいますでしょうか、取り組み状況をお伺いいたします。
 最後に、文化芸術振興についてですが、昨年私の最初の一般質問から言っております上福岡市におきまして文化芸術振興基本条例の制定をとのことで、条例を制定するプロセスにおいては市内在住の文化人の方々や各種文化芸術団体の関係者はもとより、広く地域、市民の参加を得てあらゆる角度から検討をとのことでしたので、条例の推進を図るため市民が何を求めているのか、検討会を含めた懇談の場をいかがでしょうか、お伺いいたします。
 以上で質問を終わります。
………………………………………………………………………………………………………………………
△時間の延長
○五十嵐正明 議長 本日の会議時間は、議事の都合により延長いたします。
 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、文化振興、市内在住の文化人や各種文化団体、芸術団体の関係者や市民の参加等で検討会の設置ということについてお答えを申し上げます。
 条例を制定するプロセスにおいて、市内在住の文化人や各種文化芸術団体関係者はもとより、広く地域市民の参加を得てあらゆる角度からの検討が必要とされています。したがいまして、本年度におきましては市民にとって必要な文化の創造とその基盤づくりの道を模索するため、市内在住の文化人の方々や各種文化芸術団体はもとより、広く地域市民の懇談会を開催し、その懇談会の内容を踏まえて条例制定の検討会の設置を考えていきたいと思っております。
○五十嵐正明 議長 山崎高齢福祉課長。
         〔山崎豊副参事兼高齢福祉課長登壇〕
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 それでは、私の方に高齢者対策で3点ほどご質問がありましたので、ご答弁させていただきます。
 まず、1点目の高齢者のふれあいの場の設置についてでございます。高齢者ふれあいの場の設置は、家の中に閉じこもりがちあるいは孤立化しがちな高齢者が気軽に集えて、交流を深める場としてその設置が、今その機運が高まってきております。上福岡市におきましては、現在一部地域で社協支部や自治会、町内会が主催で、高齢者の方々が民生委員さんやボランティアの方々と一緒に集会所などを拠点として交流を図っているところが幾つかございます。市では、当面平成16年度から、家族と同居していても日中独居の方、日中家の中に一人になってしまう高齢者の方、そういったような方が引きこもりがちになっているという実態踏まえまして、そういう高齢者に
P.160
対しても従来から行っております入浴料助成事業、この対象に加え、地域との交流や仲間づくり、健康増進、介護予防等々の推進を図っていくことといたしました。ご質問にありました高齢者のためのふれあいの場の設置、これにつきましては高齢者を地域全体で支えていくために、行政、社会福祉協議会、自治会あるいはボランティアの方々の役割分担を明確にした上で、どのような手法で立ち上げて、どのような運営をしていくのか、十分に議論を重ねていく必要があろうかと認識してございます。
 二つ目のパワーリハビリのトレーニングマシンについてでございます。要介護者が元気になるためのパワーリハビリのトレーニングマシンの設置とのご質問についてですが、これまで高齢者に対しますリハビリテーションは、脳卒中を中心とした枠組みの中で、予防、医療、介護、各分野で行われてきました。その後介護保険制度の施行とあわせまして、介護予防・地域支え合い事業の中に高齢者筋力向上トレーニング事業という事業が新たに位置づけられました。本市におきます介護予防事業としましては、現在3カ所の地域型の在宅介護支援センターで転倒防止を中心としました介護予防教室を実施してございます。トレーニングマシンを利用したパワーリハビリテーション、これにつきましては比較的軽度の要介護高齢者あるいは虚弱高齢者の動作性と体力向上を目的とした介護予防、自立回復、介護軽減、そういうものを目指した新しいプログラムで注目されてきておりますが、またその効果も非常に有効であることも私ども認識してございます。ご質問のパワーリハビリテーションのトレーニングマシンの設置につきましては、ただ6種類ほどの高価なマシンをそろえる必要があること、それから医師、理学療法士、健康運動指導士、そういった専門のスタッフの確保、あと設置場所あるいは運営方法等々の多くの課題がございます。そういったものを前提に今後研究をしていきたいと考えております。
 最後の健康マージャン道場の設置ということでございます。現在本市におきましては、高齢者がマージャンを楽しむ場といたしましては、太陽の家の方にマージャンのサークルがあります。毎週日曜日、それから第2、第4の火曜日に活動をしております。また、地域の仲間づくりとしましては、市内にあります単位の老人クラブが30ございます。市といたしましては、その活動を今現在支援をしているところでございます。ご提案の健康マージャン道場のような事業なのですけれども、市が全市的な視点から1カ所で実施するより、むしろ高齢者の最も身近なところで仲間づくりというものの場として実施していくのが、最も有効的、効果的ではないかなと認識してございます。健康マージャン道場の開催についても、単位老人クラブ等に一度提案してみたいと思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 山田障害福祉課長。
         〔山田敏夫障害福祉課長登壇〕
◎山田敏夫 障害福祉課長 福祉タクシーの拡充についてお答え申し上げます。

P.161
 ご質問にありましたように、上福岡市では障害者福祉タクシー利用料金助成要綱というものが定めてありまして、この中で福祉タクシーの対象者を規定しております。身体障害者手帳1級、2級の方、療育手帳○A、Aの方、精神障害者保健福祉手帳1級の方というように、重度の障害を持っている方を福祉タクシー券の交付対象としております。心臓の内部障害のいわゆる3級の方も福祉タクシーの対象に加えてほしいというご質問でございますが、一部の障害やあるいは等級のみを該当させるということは、制度の運用面とかあるいは財政面もそうですけれども、現状ではなかなか難しいかなというふうに考えておりますが、今後の研究課題とさせていただきたいと思います。
 なお、障害の等級は変動することが考えられます。以前よりも状態が悪くなっているような場合は、障害福祉課の私どもの方へ来ていただきまして、場合によっては指定医の再判定を受けることによって級が上がりまして、それで交付の対象になるということもあり得るのではないかというふうに考えております。よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
         〔藤田光雄児童福祉課長登壇〕
◎藤田光雄 児童福祉課長 乳幼児がいつでも遊びに行かれる交流の場の設置をというご質問に対しましてお答えをさせていただきます。
 核家族化の進行などにより地域とのかかわりが希薄になり、子育てをする保護者の悩みや不安が増大する傾向にあります。この状況を踏まえ、市では乳幼児を持つ子育て中の親子が気軽に集い、相談や交流ができる場として、子育て支援センターでは週に3回、児童センターと西公民館では月1回の事業を行っており、また児童センターにおきましては幼児の広場といたしまして、絵本や紙芝居を使ったお話し会を月2回、また童歌や楽器を使ったリズム遊びの「歌って躍ろう」を年2回、さらにパネルシアターなどの視覚的なものを取り入れた「ママと一緒に」を年3期に分けて15回ほど開催し、あわせて親子体操教室の「のびのびコアラ教室」を年6回開催しております。また、保育園では、定期的な実施ではありませんが、園庭を開放するなど交流事業を行ってきております。しかし、どの事業も実施日が限られており、時間帯も午前中だけとなっておりますので、いつでも自由にとはいかない状況になっていることも事実であります。国では、子育て親子の交流ができ、相談もできる集いの広場事業を市町村への補助事業として予算化しており、この事業は週3日以上の開設が条件となっております。また、商店街の空き店舗や地域のボランティアの活用もできる事業となっており、他県では既に実施している自治体もあるようであります。子育て中の親子がいつでも自由に交流できる場の重要性は十分認識しておりますので、平成18年度に開園予定の上野台保育園にも子育て支援センターの設置を計画しておりますが、次世代育成支援対策推進法に基づく市の行動計画策定の際に、子育て支援センターにおける親子の交流の場の運営方法、また独立した交流の場が必要かどうかを検討していきたいと考えております。
P.162
よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 米窪保健センター所長。
         〔米窪堅治保健センター所長登壇〕
◎米窪堅治 保健センター所長 ご質問の内容は、アレルギー対策、アレルギー疾患講演会をと。内容としましては、現状の取り組みぐあいということでございました。
 アレルギーの症状が出てくる三つの要素としまして、一つ目には原因となる食品や物質、二つ目はダニとか花粉とかいう環境、三つ目は本人の体質が挙げられます。乳幼児に食物アレルギーが多いのは、消化吸収能力が未熟だったり、風邪等をひいて消化吸収能力が衰えたりするとアレルギーを起こすことがあるからです。年齢が低いほど食物に反応し、年齢が上がるにつれて呼吸系に反応する傾向があります。当市におきましても、平成15年4月から12月までの1歳6カ月の健診の結果では、アレルギーのある幼児は受診者347名中37人、10.7%となっています。また、食物アレルギーがほとんどを占めております。3歳児健診の結果では、アレルギーのある幼児は受診者320人中60人、18.8%、ハウスダスト、ダニ等の環境問題がふえてきております。前議会においてもお答えしておりますように、関係各課と情報の共有化を図りたい、その上で対応方考えていきたいというふうに申し上げておりますが、平成16年1月にアレルギー対策検討委員会を保健センター、児童福祉課、学校給食共同調理場の栄養士、保健師で実施しました。今後の方向性につきましても、引き続き協議を行っていきたいと考えております。この協議の中でも、ご承知のとおりアレルギーの種類は広範にわたることがございますので、まず初めに食物アレルギーに焦点を絞って進めたらどうかということで検討しています。ご質問いただいております講演会等の開催につきましては、関係課で今実態調査を実施しておりますので、それらの結果を蓄積して取り組みを進めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員の再質問を許します。
◆内田久江 議員 最初に、高齢者のふれあいの場の設置ですが、市内に本当にあっちこっちたくさん、何カ所ぐらい設置できますでしょうか。いろいろ各設置をできないでしょうか。1カ所だけで、何カ所か設置できないでしょうかということで。それと、健康マージャン道場については、これは各地域で、本当に身近なところでやるというのはとてもいいことだなと思っておりまして、どこか1カ所これ大きなところでそういうのを設けられるところがあればまたそういうところもあったらいいかなと思いますけれども、よろしくお願いいたします。
 パワーリハビリトレーニングマシンについてですけれども、これはこれから介護予防が、介護保険見直しの重要な焦点に浮上していると思います。日本は要介護者が非常な勢いでふえ、昨年11月時点で約370万人に達しているそうです。そのため介護保険料が上がり、特別養護老人ホームの待機者があふれているのが現状です。これらの問題を抜本的に解決するためには要介護者を
P.163
減らさなくてはなりませんが、介護予防に効果的な手法がなかったそうです。その点パワーリハビリは、はっきりと成果が見える手法だそうです。心身の弱った人を強くし、軽度の要介護者は自立させ、重度の人も軽度にし、本人が質の高い自立した生活を送れるだけでなく、家族の負担も軽くなり、行政も介護保険料を軽減でき、一石三鳥だと思います。既にやっている川崎市や世田谷区では、大体参加者の約8割が要介護度を改善させ、うち45%が非該当になっているそうです。
 次に、福祉タクシーの拡充の件ですが、上福岡市におきまして3級の人の中でも、今困難とおっしゃいましたけれども、その中でせめて同じ3級でも、特に困難な状態の人だけでも何とか福祉タクシーの拡充を要望いたします。3級なのだけれども、実際はもう2級のような大変な状況で、本当に困っている人が結構たくさんいますので、要望いたします。
 次に、子育て支援について。少子化に加えて地域の人間関係が本当に薄れ、全国的に親も家庭も孤立している状態が多い中で、実際に集いの広場とかそういうふうなことを上野台地域にも今度やっていただくということおっしゃっていただきました。本当にそういうふうにこれからもあっちこっち各地域に少しふやしていただけたらと思います。何カ所ぐらいふやしていくことができるでしょうか。今のところちょっとあれですか。大体今決まっているのは3カ所ぐらいとかでしたっけ。そこのところをちょっとお伺いいたします。
 アレルギー疾患に対しては一生懸命実態調査を進めてくださっているとのことですので、これから本当に前にもおっしゃっていましたいろいろ妊婦から小中学生を視野に入れたパンフレットとか、担当者間でのアレルギーの共通認識とか知識を深めるという、そういうことで一日も早く今後の取り組みとして講演会の開催を要望いたします。
 文化芸術振興についてですが、今大変なときこそ、元気に生きるためには本当に必要なものが文化芸術であると思います。一日も早く文化芸術基本条例の制定を要望いたします。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山崎高齢福祉課長。
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 高齢者のふれあいの場で、市内に何カ所かということでございます。この高齢者のふれあいの場というような施設は、市内に一つあればよいというような性格の施設ではありません。できるだけ身近なところに、また市内全体を見た場合、バランスよく幾つか整備されて初めて効果が出てくるのかなというふうに思っております。ただ、大変厳しい財政状況の中から、今これから市内に何カ所か土地を求めて上物建ててというような形で整備していくと、非常に困難かなというふうに思っております。既存の公共施設の活用というような観点から、今後既存の公共施設の配置のあり方のようなものを検討する中で問題提起をしていきたいと思っております。
 それから、2点目のパワーリハビリで、介護予防とのつながりの中から介護保険財政の軽減に
P.164
なると思うがということだと思います。介護保険が制度化されましてから、ことしで4年がちょうど過ぎるところであります。ちょっと当市の状況を説明しますと、平成12年度から4年間で65歳以上の被保険者は8,059人から9,862人ということで、1.2倍にふえております。それに対して介護認定者、これは553人から1,052人ということで、被保険者の伸びよりもはるかに多い1.9倍、2倍近い認定者がふえているという状況であります。居宅サービスの利用者、これは3倍強になっております。施設サービス、いろいろ施設に入ってのサービス、特養とか、そういう利用者は1.2倍。それに伴いまして給付費、これは居宅については2億9,600万円から今現在6億2,000万円になっております。2.1倍です。施設サービスについては、6億7,800万円から今現在は8億8,200万円ということで、1.3倍になっております。この伸び率は、うちと県も国も全く同じような比率で伸びております。ですから、これは全国的な共通の傾向ということにうちの方は認識しております。こういう傾向どんどん拍車がかかってくると思っております。それに伴いまして、介護保険の財政も今後かなり厳しくなっていくのかなというふうな中で、このパワーリハビリ、先ほどご質問者が申し上げました介護予防の観点から確かに効果が立証されております。それで、財政をいかに逼迫の状況から防ぐには、やはり介護保険の世話になる時期をいかにおくらせるか、あるいはご質問者先ほど申しましたように介護度をいかに現状維持させるかというような介護予防を真剣に取り組んでいく必要があるのかなということでパワーリハビリの効果というものは認識してございます。そういったような観点から、財政の逼迫を防ぐ意味からは介護予防事業は非常に役立つものかなというふうに総合的にはうちの方は認識しているところでございます。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 先ほどご質問者の方からお話がございました若いお母さん方が楽しく元気に子育てができるような地域で支え合うシステムが何よりも重要であるというお話がございました。まさにそのとおりだと思っております。そういった中で、現在少子化が本当になかなかとまっていかない状況にありますし、また核家族化の進行あるいは都市化の進展に伴って近隣との人間関係が本当に希薄化してきているというのも実態だろうと思います。こういった中での子育て中の親が、子育てや育児について気楽に相談できる相手やお仲間が身近にいないというのも事実でありまして、子育て機能の低下が非常に問題になってきているというのが事実だろうというふうに思っております。
 そういった意味で、子育て中の親にとりましては密室の育児になってきているというようなことによりまして孤立感あるいは閉塞感をもたらして、育児への不安や精神的な負担が非常に増大になってきているのも事実であろうというふうに思っております。大変悲しいことでありますが、我が子への虐待などが起きているのも事実でございまして、こういった事実に対しまして子育て支援センター、あるいはご質問者の言われるような集いの広場事業等につきましてはまた非常に有効な対策であるというふうに認識はしておるところでございまして、したがいましてこれらの
P.165
設置箇所数につきましてはこれから地域行動計画を策定してまいります。その中では、そういった数値目標を設定しなさいというふうな形になってございまして、こういった地域行動計画の策定会議の中で大いに議論がされてくるのではないかと思っておるところでありまして、形式にとらわれることなく、何が上福岡市にとって子育て支援が必要なのか、そういう施策が必要なのかということを大いに議論をしてもらいたいなというふうに思っているところでございまして、子育てのしやすい地域づくりを地域を挙げて推進していきたい、このように考えているところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員の再々質問を許します。
◆内田久江 議員 市民の皆様が一人でも多く元気に、高齢者の人も若い人も暮らしていける、長生きできる、ぼけない、若い人もどんどん子供産んでもらって、そういう本当に上福岡市が元気なまちづくりを目指して私たちも頑張ってやっていきたいと思います。それで、しっかりとこれから頑張ってやっていきたいと思います。
 以上で私の再々質問終了いたします。
○五十嵐正明 議長 内田久江議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△散会の宣告(午後4時30分)
○五十嵐正明 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 あす11日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。


P.167
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(3月11日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
     11番  山 口 公 悦 議員
      3番  高 畑   博 議員
     16番  粕 谷 正 臣 議員
      8番  岸 川 彌 生 議員
      7番  高 橋 順 子 議員
     14番  加 藤 末 勝 議員
 次回予定報告・散会
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(24名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員    24番  大 島 国太郎 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事

P.168
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      吉 野 英 明  教  育  長
   島 村   栄  参事兼教育次長      冨 田 金 治  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   金 子   昇  公平委員会        中 野   武  代表監査委員
            事 務 職 員
   金 子   昇  監 査 委 員      仲   智 洋  農業委員会
            事 務 局 長               事 務 局 長
   金 子   昇  固定資産評価       山 崎   豊  副 参 事 兼
            審査委員会書記               高齢福祉課長
   工 藤 秀 典  副 参 事 兼      高 見 輝 雄  福 祉 課 長
            健康保険課長
   藤 田 光 雄  児童福祉課長       山 田 敏 夫  障害福祉課長
   米 窪 堅 治  保健センター       堀 口 泰 男  市民交流プラザ
            所     長               館     長



P.169
△開議の宣告(午前9時31分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は24人です。議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会第15日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席届
○五十嵐正明 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。
 保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。選挙管理委員会委員長・横山清毅(私事都合1日)。以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 市政に対する一般質問
○五十嵐正明 議長 日程第1、昨日に引き続き、市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、山口公悦議員の質問を許します。
         〔11番山口公悦議員登壇〕(拍手あり)
◆山口公悦 議員 おはようございます。2日目の1番目に発言をさせていただきます。さきに一般質問の通告を出しておりますので、その順番で質問をしたいと思いますが、ただ一つ、一番最後の項に予定しておりました公的保育、待機児童対策、保育条件の充実等々につきましては、今回は割愛をすることにいたしました。
 それでは、質問に入ります。マンションなどの建設における地域住民との紛争を未然に防ぐための市条例の新設について質問いたします。私は、マツモト電器跡地のマンション建設と、地域住民との問題にかかわりました。そして、日影、通風、採光、交通安全、受信障害、工事中の騒音などに関する業者との地域住民の紛争を防止または調整することを目的として話し合いが行われ、基本的に合意がされて進んでいる状況になっています。これには、大井町の中高層建築物の建築に係る紛争の防止及び調整に関する条例に基づく行政の役割が大変大きな役割を果たしたと思っています。そこでお伺いいたします。この大井町の条例について、担当課はどのように認識しているのか、お答えください。
 次に、昨日同僚の鈴木実議員が西口ライオンズマンション建設計画に対する市の対応について取り上げました。業者と地域住民との問題に対して、行政は法令の範囲で相互に話し合うよう指導するとの回答をいたしました。私は、今後上福岡市において中高層建築物がこれから増加する傾向になるのではないかと予測をしております。そこでお伺いいたします。今後のまちづくりの視点から、中高層建築物の建設とその近隣との関係を良好にするために、行政として積極的な役割を担うために上福岡市独自の条例に着手すべきと思いますが、ご見解をお答えください。
 次に、上野台団地建て替え計画と上野台周辺地区住宅市街地総合支援事業について質問いたし
P.170
ます。昨年12月25日に、公団と上福岡市の間で上野台団地建て替え事業に伴う公共公益施設等整備に関する基本協定が結ばれました。協定の第2条を見ますと、福岡中央公園拡張整備について2項で約3.25ヘクタールとし、第3条でその土地の交換を上福岡市の所有する旧第2小学校の敷地と団地の敷地の一部の等価交換としています。そこでお伺いいたします。団地の所有する交換敷地には、上野台A道路及び都市計画道3・4・1、上福岡駅前通線計画区域は含まないものとするとなっていますが、その理由をお答えください。また、土地交換の時期が平成18年とされていますが、公団が平成18年度以前に小学校敷地を使用する場合とするくだりがあります。これは、何を想定しているのかをお答えください。
 次に、第7条で上野台保育園を合築で団地内に建て替えることが結ばれています。そこでお伺いいたします。上野台保育園の建て替え事業について、公団との契約または協定などで結ばれているのかどうか。また、前議会での私の質問の際に、躯体部分をどちらが行うかがまだ決まっていないという回答でした。どのようになっているのか、決まりましたならば具体的なことをお答え願いたい。また、その際の上福岡市の費用、さらには財源はどのように考えているのか、この点についてもお答えをお願いいたします。
 次に、(仮称)東西連絡道路についてです。(仮称)東西連絡道路については、昨日もこの内容についての質問をいたしました。平成23年4月に供用開始というような予定で行われているようですが、具体的な内容で幾つか質問をさせていただきます。一つは、事業の説明対象の住民、これをどの範囲として考えているのか、まずこの点についてお答えください。また、二つ目に、(仮称)東西連絡道路による商店街、ここへの影響をどのように考えているのか、この点についてもお答えください。
 次に、合併についてです。2市2町の合併が白紙になって、なお合併を示唆する発言が市長によってなされています。問題についてお伺いします。2市2町の合併に関する住民投票の結果、合併が白紙になったわけですが、今なお合併の相手を模索しているようですけれども、先日の市長の発言の中に、大井町に働きかけたということをこの壇上から話しておりました。その理由は何か、まずこの点についてお答えをお願いします。相手のあることだから、答えを聞いてから先のことを考えるというような答弁もなさっていたような記憶がありますが、答えは二つしかないのです。イエスかノーの場合だけです。ですから、考えていないというのは、やはり上福岡市の市長としてはその資格が問われるのではないかと思います。イエスの場合は、どのような手順を踏んで合併を推進するお考えなのか、この点についてお答えください。また、ノーだった場合は他の相手を模索するのかどうか、これについてもお答えをお願いします。
 次に、教育問題です。今東京都の都立養護学校の卒業式典で日の丸のもとで卒業証書を授与させるために、14校ある養護学校のうち6校で新たに卒業式のためにスロープを設置しました。肢体不自由の子供たちに壇上に上がることを強制するこの異常な日の丸、君が代の押しつけに、父
P.171
母の間で「障害ある子を壇上に上げる必要があるのか」、「小学部のときの卒業式では、正面に「おめでとう」という文字、卒業生、在校生、父母がコの字型でフロアで卒業式をしていたのに、今までどおりできないのか」などと強制をやめてほしいとの声が上がっています。私は、今日本が平和憲法を踏みにじり、戦後初めて海外であるイラクへ自衛隊を派遣し、憲法の改悪、教育基本法の改悪を声高に、歴史を逆戻りさせようとする策動に憤りを覚えております。先ほどの例は東京の養護学校ですが、養護学校の教科書はアジアを侵略したさきの大戦を賛美する歴史教科書を採択したことでも話題となりました。為政者の意図は何であれ、だれもが内心の自由を侵すことはできません。昨年、福岡中学における人権侵害事件からちょうど1年たちました。教育委員会は、2度にわたる調査を経て、卒業式で不適切な対応があったとの認識に立ち、中学校長への注意を行ったとのことです。そこでお伺いいたします。教育委員会は、卒業式や入学式など、学校行事において内心の自由を侵すことは過去も現在も未来にわたってもないと認識するのですが、この点についてお答えをお願いします。また、式典は子供が主役です。子供たちの意見や希望が取り入れられるような状況がつくられているのか、この点についてもお答えをお願いします。また、今年度、何年から始まっているか私はわかりませんけれども、長い習慣としてあったと聞いております。卒業式に議員を招待しないと議長を通じて聞いております。この理由はどのようなことなのか、お答えをお願いします。
 次に、防犯と交通安全を兼ねた通学路の安全対策の問題です。児童生徒の交通安全を守るために、全国で活躍する交通指導員について調査しました。静岡県裾野市では、人口5万人の都市で1963年に発足し、現在39名の民間ボランティアの方が活躍をしております。早朝から街頭での交通整理、街頭キャンペーン、幼稚園、保育園、小学校の交通安全教室、夜間街頭監視なども実施していると聞いております。新座市では、朝の登校時だけではなく、下校時にも街頭に立ち、交通安全を守るように活躍をしております。間もなく新学期も始まります。通学路の再点検や調査など、学校、父母、地域ぐるみで行う必要があるのではないかと思いますが、この点についてお答えください。
 次に、私の調査では交通指導員の方々の姿、言いかえれば子供たちが親しみ、顔見知りとなった大人の姿が見えることによって、児童生徒を交通事故から守る効果だけではなく、犯罪を未然に防ぐ相乗効果があることが確認できました。そこで提案ですが、登校時だけではなく、下校時にも交通指導員の配置をすることを検討してはいかがでしょうか。この点についてお答えください。
 次に、マツモト電器の周辺跡地のマンション建設、この現場近くの住民の方から、県道から武蔵野の方に進入すると丁字路になるわけですけれども、その丁字路にカーブミラーをつけてほしいとの要望が寄せられ、工事現場を、またその周辺を調査しました。また、同時にニッシンプレステージの現場責任者とお会いをして、いろいろとお話を聞いてきました。私が行ったときは、
P.172
ちょうど工事用の塀があるために丁字路での見通しは確かに悪く、車と自転車がちょうど私が調査していたときに接触しそうになるような、そういう事態もありました。担当の方のお話では、県道と武蔵野の通路となる両角に植え込みを入れる計画だそうです。そこでお伺いします。この道路は、西小学校の通学路になっていることから、「とまれ」という表示やカーブミラーの設置など、早急な安全対策を講じる必要があると思います。少なくとも新学期前には手を打つようにすべきと思いますが、いかがでしょうか。
 次に、市民生活をむしばむヤミ金融に対してです。自己破産が2002年には21万件を超えたそうです。全国クレジット・サラ金問題対策協議会の事務局長の木村弁護士は、自己破産の内容が従来の遊興費などに費やしていたというようなものではなく、不況型の貧困が進行したケースがふえている、このように指摘しています。昨年1年で摘発されたヤミ金融の被害者は32万人、その前の年の2倍となりました。出口の見えない不況による中小企業の倒産、リストラや失業者がふえるに従いヤミ金融被害者がふえていることに深刻さがあらわれています。NHKと日本民間放送連盟は、放送と青少年に関する委員会の中で、民放各社に午後5時から9時まで、いわゆるサラ金のCM放送を自粛することを求める見解を発表しました。また、CMには利用者の借金に伴う責任とリスクにも触れるように求めています。今上福岡の中でも半ば放置されている消費者金融の看板は、超金利の商工ローン、サラ金、あげくにはヤミ金融です。消費者センターに寄せられたこの数年間の状況を見ますと30件を超え、平成14年度では相談件数の第2位になっております。そこでお伺いします。ヤミ金やサラ金被害を未然に防ぐ有効な対応策の一つとして、この看板の撤去、これを公共施設だけではなく実施できないかどうか、この点についてお答えをお願いいたします。
 私は、滋賀県の取り組みが大変進んでいるということで、滋賀県県民文化生活部の方と連絡をとりました。そうしましたらば、金融広報委員会と共催したシンポジウムを行ったということをおっしゃっていましたので、その報告書を送っていただきました。司法書士、弁護士、警察、消費生活センター、商工会、行政との協力した取り組みで、街頭キャンペーンやATMの中にポスター、その支払いはこれでいいのでしょうかというようなポスターがつくられていますけれども、それを張るとか、また高校生のための講演会など多彩に取り組んでいました。今上福岡市でも早急な対策が求められると思いますが、この点について具体的な施策があるのかどうか、お答えをお願いします。
 次に、項目としては「高齢者をねらったオレオレ詐欺などの対策」というふうに書きましたが、オレオレ詐欺だけではなくて、例えば屋根の点検だという点検詐欺、チラシ配布でいいアルバイトがあるということで主婦を集めたチラシ配布詐欺など、高齢者や主婦をねらった詐欺が蔓延しています。先ほどのヤミ金融問題とも関連しますが、消費者の被害を未然に防ぐ対応策として広報活動の強化など、今上福岡市が行おうとしていることについてお答えをお願いいたします。

P.173
 以上、1回目の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 皆さん、おはようございます。
 まず、私の方への2市2町の合併が白紙になって、なおかつ合併の示唆をしたということについてご質問いただきました。皆さんもご存じのとおり、2市2町の合併というものにつきましては、要するにある意味で大方の方の考え方とは違う方向で白紙になったと、私はそう思っております。そこで、将来における2市2町の合併を前提に、今できるところからやっていかなければいけない、このように思っておりまして、その一つの取り組みとしてできるところからやっていこうというようなことから、これは当然さまざまな問題のあることは皆さんもご存じだろうと思います。そういう問題を解決していく上での手段として、これは取り組んでいかなければいけないと。また、特に私は自分の任期中にどうのこうのではない。10年、20年後のまちづくりというものを考えましたときに、一つの究極の選択としてせざるを得ない状況が私は来ると確信をしております。そういう意味で、この合併をしなければならない状況が来る、これは私の考えでありますけれども、そういう考えを持っているわけでありまして、これは上福岡市だけがこの問題でいろいろと悩んでいるわけではないと、このようにも思います。
 あわせてノーかイエスかというお話でありますが、現在の私は相手に対して呼びかけをしたということでございますので、それ以上のコメントは今はできません。決まりましてお返事をいただいた中で、しっかりとした方向性、それから考え方を私の方から説明をさせていただきたい、このように思っております。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、初めにマンション関係のご質問にお答えをさせていただきます。
 マンションなど中高層建築物の建設の際に生ずる地域住民との日照問題等の紛争について、現在当市では埼玉県中高層建築物の建築に係る指導等に関する要綱により対応をしているところでございます。ご質問の大井町の条例につきましては、担当といたしましても承知しており、その内容は行政主導的性格ではなく、民事的近隣紛争の防止、調定のために事業者、行政のなすべきことを条例化したものと認識しております。当市における同様の条例の制定につきましては、今後検討してまいりたいと思っておるところでございます。
 次に、上野台団地建て替え計画のご質問にお答えをさせていただきます。中央公園の拡張に伴い、上野台A道路及び県道拡幅部分の用地について、交換面積の対象とならないことについてのご質問でございますが、本道路は上野団地建て替え後における幹線道路並びに県道へ通ずる団地
P.174
の外周的な道路として、団地居住者あるいは地域の方々が利用する重要路線として整備を予定しているところでございます。本来A道路のような公団用地以外の市有地等の中に計画された道路整備の手法といたしましては、市と公団が役割分担を明確にした中で市が整備する場合もございますが、これまでの公団との協議において、市が用地を提供し、公団が道路の整備を行うことになったものでございます。なお、この道路が公園との交換用地の対象とならない理由でございますが、県道につきましては県が事業主体となって道路築造整備を実施し、整備後の用地は県に帰属するものであります。また、先ほど申し上げましたが、A道路は市民の方々が利用する重要な路線として活用するために、また道路の機能を十分発揮させるため、本道路をどうしても県道へアクセスさせる必要があるものと考えております。また、公団が整備したこれらの道路は、最終的に市の財産として公団から帰属されるものとなっております。
 次に、土地交換に関するご質問にお答えをさせていただきます。これは、平成18年4月に開所予定の保育園の建設等を考慮し、公団の建て替え事業に着手する予定となっておるため、このような項目になっておるものでございます。
 次に、東西道路に関しましてお答えをさせていただきます。東西道路の事業説明会はまだ具体的に考えておりませんが、基本的には工事による影響が出る範囲と考えておりますので、範囲はある程度広くなると考えております。この道路は、県道の慢性的な渋滞による東西地域の方の連絡、不便などを解消するため、道路として計画されたもので、本路線を整備することにより、県道や公共施設へのアクセスなど、地域住民の均等ある発展が期待されることに伴い、周辺住民の通勤、通学として円滑な交通が確保されるものです。この道路ができることにより新たな東西の交流が生まれ、地域、商店の活性化にもつながるものと思っております。また、これにあわせて東口の再開発等も考えられますので、総体的には地域に大きく貢献するものと考えておるところでございます。
 次に、交通指導員関係のご質問にお答えをさせていただきます。交通指導員は、道路における交通安全を図るため、特に朝方の通勤、通学時間帯に交通の整理、誘導や指導を行っております。犯罪や交通事故から守るため、下校時にも交通指導員の配置ということでございますが、勤務条件、講習等の問題で難しい点が幾つかございます。また、近隣市町を見ても下校時に立哨指導を行っていないのが現状でございますので、防犯と交通安全を兼ねる職務として交通指導員を配置することが可能かどうか今後検討するとともに、防犯推進条例の制定をきっかけに設置されました防犯推進庁内会議の中で協議をしていきたいと考えておるところでございます。
 次に、カーブミラーの関係についてお答えをさせていただきます。現在建設されておりますマンション工事は、3月中に完成する予定と聞いておりますので、工事の囲いが取り外されましたその段階で、左右の見通し、安全を確認できる位置にカーブミラー等について設置していきたいと考えておるところでございます。

P.175
 次に、看板撤去に関するご質問にお答えをさせていただきます。ご質問の民地に設置されている金融機関の看板を撤去できないかとのことですが、現在公道上は定期的に月2回及び苦情等の場合はその都度除去し、対応しております。ご指摘の民地の中に設置された金融機関等の看板の撤去については、確かに美観、風致を阻害していると思いますが、敷地内にその敷地所有者が掲出したもの、広告主等が土地所有者に承諾を得て掲出したもの、広告主等が土地所有者に無断で設置したか判断が難しいものであります。また、原則的に民地内には除去できませんので、民地内はその土地、建物等の所有者の方に撤去していただきたいと思っております。公道上においては今後も定期的に実施し、環境美化に努めてまいりたいと思っておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、市民生活の中の市民生活をむしばむヤミ金融に対して、高齢者をねらったオレオレ詐欺などの対策と2点ご質問をいただいております。お答えを申し上げます。
 ご質問のヤミ金融業者の看板の撤去に積極的な対応をとのことですが、貸金業を営業する場合には県知事の登録が必要であります。無登録者が貸金業を営業したり、出資法の上限利息29.2%を上回る高利を取って貸し付ける違法業者、いわゆるヤミ金業者と称していますが、最近では県知事の許可を得た登録業者であっても高利を取る違法業者が出ていることは否めない事実でございます。ご質問のヤミ金融業者看板撤去の関係でございますが、公道上に設置されている場合は都市整備部の方で対応しているということで都市整備部長がただいま申し上げましたが、定期的に除去しているということでございます。消費生活センターでも、情報の提供に努めてまいります。また、民地に設置されている看板等の撤去につきましては、敷地所有者と広告主との権利の問題、承諾の問題があり、原則的に民地内への看板の撤去は難しいものと思われます。ただし、広告に高利が示されたり、あるいは安易に貸し付ける等の違法性がある看板につきましては、関係機関に情報を提供して、撤去できるように努めてまいりたいというふうに考えております。
 次に、ヤミ金あるいはサラ金問題での広報、シンポジウムなどによって被害を未然にということで滋賀県の例が挙げられましたが、最近におきましては警察が金融機関の摘発に動いているということで、埼玉県の弁護士会において結成されましたヤミ金融対策被害者弁護団が被害者の救済に取り組んでいることから、本センターに寄せられる相談も減少はしてきております。今後におきましても、市報の活用や講座あるいは講演会での啓発に努めてまいりたいと思っております。
 次に、高齢者がねらわれるオレオレ詐欺の対策についてのご質問ですが、幸いにして本センターに被害の報告相談は一件も入っておりません。そういう中で、全国的に被害が後を絶たないのが現状でございます。オレオレ詐欺が詐欺という一つの犯罪行為ということでありますので、警察との連携を密にし、被害を未然に防ぐことを努めるとともに、消費生活センターで毎年実施し
P.176
ております高齢者を対象とした講座を活用したり、啓発を利用したPRに努めてまいりたいと思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
         〔藤田光雄児童福祉課長登壇〕
◎藤田光雄 児童福祉課長 上野台保育園の建て替え事業に係る公団との契約関係についてお答えを申し上げます。
 公団との取り決め関係につきましては、昨年の12月25日に締結をいたしました基本協定書のみでございます。なお、今後のスケジュールといたしましては、平成16年度に売買の予約を締結する予定になってございます。
 次に、躯体関係でありますが、当初から補助金関係の絡みがございまして、躯体部分につきましては市が買い取りをしていくと。なお、内装関係につきましては、市の方で施工をしていくという形で現在進行しているところでございます。
 また、躯体費用関係についてでございますが、今後の実施設計並びに工事区分の調整等によりまして変更することも考えられますが、これらを前提といたしまして、概算ではございますが、約2億8,000万円ほどの金額が考えられているところでございます。あわせまして、起債を充当していく予定でございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 小中学校における式典の関係でお答えいたします。
 まず、小中学校が実施する学校行事でありますが、これは各学校長、学習指導要領に基づいて実施しております。このことから、各校長はみずからの権限と責任において児童生徒に学校生活に有意義な変化や折り目をつけ、厳粛な気分を味わせ、新しい生活の展開への動機づけになるような活動に取り組んでいるところであります。昨年ご来賓に対し、誤解を受けるような行為がありましたことについてはまことに遺憾であり、各校長に十分注意を促したところであります。
 内心の自由を侵すことはないかということですが、内心の自由を侵すことは現在、将来にわたりあってはならないことであります。
 式典において子供たちの意見や希望を取り入れるかというご質問でございますが、各学校の式典は、先ほど申し上げましたように、学習指導要領にのっとり実施しております。子供たちの行事につきましては、式典とは別に子供たちが主体となる会などを実施しております。
 ご招待の件でありますが、入学式、卒業式は各校長の権限と責任において実施するものであります。卒業式は、各学校長による卒業証書授与式であります。各学校で実施する式典におきまし
P.177
ては、地域の学校といたしまして本来市民皆様全員に参加をいただき、祝福していただくことであると考えますが、市民皆様全員をご招待することが困難でありますので、式典の見直しを図っていきたいと聞き及んでおります。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山口公悦議員の再質問を許します。
◆山口公悦 議員 それでは、最初に市長がお答えしましたので、市長の方に先に質問をしておきます。
 合併の問題では、大方の考えと違い、そういう結果になったと。合併が白紙になったことは大方の考え方と違うのだと、だからご自分が今合併を進めようというふうに言っていることは認められるのだというふうに思っていたとしたら大変な勘違いだと思うのです。住民投票の条例でこの議会でも議論になりました。結果についてどのような責任を持つのかということで、この結果について市長も議会も尊重するという、そういう項目になっています。先ほど市長がお答えになった内容は、昨年の結果の尊重というこの義務の関係からいいますと逸脱する内容ではないかと私思うのですが、この点についてまずご見解をお願いします。
 それから、10年、20年後のまちづくりのために合併はせざるを得ないのだと。私、大変興味持っていますのは、自然現象ではないのです、合併というのは。これは、意図してやらない限りは合併にならないのです。ここは誤解のないようにしていただきたいのですが、まただれかがやってくれるわけでもなく、そのまち、まちが議論をし、そして住民の合意を得たときに初めて合併が歓迎されて行われるべきものだと、私はそう思っています。そういう点からいうならば、主体と客体というものの関係がどうも逆さまだというような印象を得たわけですが、私もう一度お伺いしますけれども、大井町の方に合併についてどうかというお話をする前に、前にほかでもどこでもいいのだというような印象を得るような発言を聞いたのですが、市長は今そういうお考えはお持ちなのですか。ですから、大井町がだめなら次はどこそこというようなお考えをお持ちなのですか。富士見市とか、前はどこでしたっけ。4市のどこでもいいというようなお話ししませんでしたっけ。川越市でしたっけ。何かどうもそういうことでは節操がないなと私率直に思うのです。何かそれについてはかたい信念なり意図するものがあるとしたならば、きちっとここでお答えをお願いしたいというふうに思います。
 次に、順を追ってマンション関係ですが、私くどくど言いません。検討するというお話されましたからそれで結構だと思いますが、これ質問とも関連するわけですけれども、上野台の団地が公団の方が民間に売るという、そういう意思を示しているわけです。そうしますと、地域的に見ますと前回の議会でもお話ししましたように、公共施設のある例えば小学校、それから障害者の通所施設できましたよね。それから、児童館、保育所等々あるわけですから、そういうものとの関係だとか、隣接するところに地域住民の方もいらっしゃいますので、当然まちづくりの関係か
P.178
らいったならば、そういう中高層の建物ができるようなときに十分調和のとれた、また地域の方々からも受け入れられるような、そういう状況をつくっていくということがまた行政としての責任かとも思うのです。そういうことから言うならば、のんびりこれ検討するということにはならないのではないかと思うのです。ぜひ早急にこの内容について精査をして、上福岡市として具体的な方策を講じるようにやるべきだと思いますが、この点について最後一つだけお答えをお願いします。市政の関係、市政の問題として回答をお願いします。
 それからもう一つ、上野台の団地内での問題ですが、道路が建て替え後幹線道路になったり、団地外周の道路として重要なものとなるということのお話ですが、私そういうことであるならば市道としてきちんと上福岡市がやるべきかと思うのですが、そういうお考えに立たないということは何か理由があるのでしょうか。この点についてお答えをお願いします。
 それから、上野台団地内での保育園の合築の問題ですが、躯体部分が公団でやるということです。金額で2億8,000万円というお話をされていましたけれども、私何度もこの議場でもお話ししましたけれども、私自身は集合住宅と保育園という相反するようなそういう施設を一つにするということはよくないということは常々唱えてきました。今回の設計見ますと、そういう障害となるものが大分そがれてつくられたものだということで一定の評価はしているわけですが、そういうことでいいますと、あのときに市の方の説明とされたのは、早くできること、それから移転する場合の仮園舎の問題、それと安価にできるというお話されましたよね。この点でいうと、2億8,000万円といいますと土地部分除くと余り変わりがないのではないかという感じがするのですけれども、かといって安くして内容を悪くしろということをここで主張しているわけではありませんが、どうも当初言っていたこととはどうなのだろうかというのが大変疑問なのですけれども、この点ではどのようなお考えに立っているのか、この点についてお答えをお願いします。
 次に、(仮称)東西連絡道路の関係ですが、事業説明はこれからだというお話のようです。この間(仮称)東西連絡道路をつくるということの説明は何回かやられているかというふうに聞いております。ちょっと私今記録があれなのですけれども、この間去年からことしにかけて何回地域住民との話し合いがされたのか。回数と日にちと、またその対象となった、どういう範囲で、地権者だとか商店街とかありますよね。参加された人数、この点についておわかりになりましたならば、時間がかかるようでしたら後で結構ですけれども。もう一つ、地権者については対象はすべて説明はしたというようなことが委員会の中で話されたようなのですが、これについて確認をしたいのですが、間違いがないのか。具体的に対面で会ったのか、会ったとしたならば何人とお会いしたのか、この点についてお答えをお願いします。
 私、大変抽象的な回答で残念なのですが、この(仮称)東西連絡道路については総体的に地域に貢献できると思うという極めて抽象的な話がされているのですが、私たち日本共産党は、あす山川も触れますけれども、地域に入りまして1軒1軒アンケートをとって歩きました。そこでい
P.179
ろいろな話を聞いてまいりました。詳しくはあした話されるかと思いますが、決してそうではないです。といいますのは、問題は現在そこで営業活動をされている方がいらっしゃるのです。そういう方々にとってこの道路がご自分たちの営業活動にどう影響してくるのかが一番大事なのです。そのことについて明確な回答をしなければならないのです。それがこの抽象的な一片の回答では、これは満足できるものではありません。この道路をつくることでどういうような効果があるのか、具体的にお示しください。
 次に、教育委員会の関係ですが、私実は今回の式典で議員の方が除かれたと聞きましたので、小学校6校と中学校3校の校長先生及び2校校長先生がご不在でしたので、教頭先生とお話をしました。電話したことであちらもびっくりされて、ご迷惑だったかもしれませんが、電話して私はよかったと思うのです。といいますのは、それぞれの学校の特色といいますか、校長先生なりのお考えもそれなりに聞けることができました。私今ここでその評価については差し控えますが、やはり自主的な学校運営、ここを教育委員会としても尊重してこれからの運営をするということをぜひお願いしたいなというふうに思いましたし、また先ほど教育長の言われたところで、きょうはちょっと外しますけれども、特に校長の裁量権の範囲の問題、これがやはり今全国的にも問題になっているところ。言いかえれば、職員会議、教職員がどういうような役割を果たすのかということが一つ問題となっています。余りにも校長の権限を強めることをすることによって、本来ある民主的な運営というものにそぐわない事態を生み出している学校もあります。こういう点などもぜひ留意をしていただきたいなという要望を伝えたいと思います。
 それから、防犯と交通安全の問題ですが、私誤解をしないように受けとめていただきたいのですが、犯罪を未然に防ぐまちにしようではないかという呼びかけなのです。そう理解してください。ですから、交通事故も、それから子供たちへのいろいろな犯罪、そういうものをなくするために知恵を出そうではないかと。そのうちの一つとして私は、これ新座市は具体的に交通指導員の方とお会いしてお話も聞いたのですけれども、私も気になりましたから、現場まで行ってきました。夕方行ってきました。そうすると、交通指導員の方を子供たちみんな知っているのです。そうすると、その顔見ながらお帰りなさいと声をかけて、そしてもう終わりですかと言ったら、いや、何々ちゃんがまだ帰ってきていないの、いつもこの時間に塾があるから通るのです、もうちょっといますという話だったのです。そこが大事だと私は思ったのです。やっぱり心の通い合うまちづくりが、そういう指導員の方々にも徹底されていると。これが子供たちをはぐくむまちづくりだと思いますし、犯罪そのものを未然に防ぐまちづくりだと思います。そういうことから、先ほど勤務条件がどうこうとかいろいろ言われましたけれども、そういうような趣旨に向かって、例えばボランティアを募るだとか、例えば金額にすると交通指導員の金額、前に議会でも言われていますから、そんな大きな投資にならずに効果は大きく出るというふうに私思うのです。どうぞそういう視点から検討をお願いしたいということ、この点についてのお答えをお願いします。

P.180
 カーブミラーの件については、設置はするということを聞いて安心しましたが、私先ほど言いましたように、あそこ木を植えるのです。木は最初のときは細いですから、見れば見通しがきっといいと思うのです。でも、生き物ですから大きくなりますので、事前にやはり対応をするような形でしていただければと。特に新学期が始まる前にカーブミラーがついたということは、やはり子供たちを行政側も守っているという、そういうことで信頼が一つは高まる意味もあるかと思います。この点は早急にやっていただきたいということをつけ加えたいと思います。
 私は、ヤミ金融関係の問題も先ほどの視点なのです。やっぱりこの上福岡のまちから犯罪をなくそうということなのです。交通事故をなくそう、犯罪をなくそうと、これは私の議員として一貫して言ってきていることなのです。この点でいいますと、私特に消費生活センターの体制も多様化する、また犯罪も複雑化する、こういうところで十分な対応が大変忙しい中でやられているというふうな印象なのです。本当に人的な配置も含めてあのままでいいのかどうなのか、私はやっぱり強化すべきではないかと、このように思いますが、この人的な配置も含めて強化という視点で担当課はどう考えられているのか、この点についてお答えください。
 2回目の質問終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 尊重するという言葉を質問者は言われておりましたけれども、当然法定協議会で約束されたことですから、尊重するのは当たり前なのです。それは尊重する。ただ、法定協議会が解散した。解散をした以上、これは新たな視点に立って本格的に必要かどうかということの問いかけをしたということでありまして、決して間違ってはいないというふうに申し上げておきたいと思います。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 最初に、マンション関係のご質問にお答えをさせていただきますが、これは大井町でも条例等設置しておるところでございますので、内容といたしましては民事的紛争等の調整のためにつくったような条例かなと我々考えておりますけれども、本市といたしましても今後こういう問題等がいろいろ起きてくる情勢等ございますので、先ほどもお答えをさせていただきましたけれども、今後検討させていただきたいと考えておるところでございます。
 続きまして、A道路の関係でございますが、これにつきましては公団と一応いろいろお話し合いの中で、当市としてやはり重要な路線でもあることですので、それと完成後当市に移管になるということで、このことを踏まえまして我々といたしましては公団に工事をお願いし、用地については一応市の用地を提供するということで結論を出させていただきましたので、よろしくご理解のほどお願いしたいと思います。
 それから、東西道路の説明会でございますが、今ちょっと手元に資料がございませんが、住民
P.181
説明会につきましては東西両側におきまして2回ほどの説明会を実施してございます。それと、一番近々では平成15年7月15日に、コスモスホールにおきまして地権者の方全員にご通知を申し上げ、説明会の方を実施させていただいたところでございます。
 それから、交通指導員の関係でございますが、いろいろと他の市町村等視察をしていただいたところでございますが、本市といたしましても今後ボランティア等いろいろな方法があるかと思いますので、今後十分検討させていただいた中で進めていきたいと思っておるところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 消費生活センターの対応ということで大分強調されておりましたが、たしか去年の定例会の中でも私がご答弁申し上げていますけれども、私も消費生活センターの方に2年ほどおりました。当時上野台団地の中に、社会福祉協議会と同居した中で2名で対応しておりました。相談員も、当時月、火、水とたしか週3日だったというふうに記憶しております。そういう中で、今度ご存じのとおり第2庁舎という中で、産業課の中へ入っております。1人で大変ではないかということのようでございます。確かに大変な時期もありました。しかしながら、電話が来て鳴っていれば担当職員がたまたま本庁の方へ伝票等の送達に行った場合でも、十分対応はできると。それと、相談員の日数も、今度月曜から金曜日までフルでなるように、平成14年度から相談員を配置してございますので、現在は対応は十分し得ているというふうに判断しております。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 合築関係の費用関係の差異についてお答えをさせていただきます。
 当初の計画に比べますと、合築部分が大変少なくなってきたのも事実でございます。そういった意味では、その分割り増しになってきているのかなという感じもいたしておりますが、ただ既成地以外の単独設置を考えた場合につきまして比べますと、非常に合築の方が安価に取得できると、こういった経過もございます。あわせまして、そもそもこの合築問題につきましては、上野台保育園が老朽化しているということもございまして、あわせまして待機児童対策もしていかなければならない、こういったことで実施計画上計画をされてございました。そういった中での上野台団地の建て替えが行われてきました。こういう中で、上野台団地の中に合築という形で保育園を設置していこうということで事業を進めてきたわけでございまして、この結果当初の目的といたしましては、安価に取得できるだとか、駅方に非常に近い保育園ができ上がってくるなど、またあわせまして当初心身障害者の通所施設が市街化調整区域に設置を予定してございました。このことから、上野台保育園の跡地を利用することによってノーマライゼーションの図られた施策も展開できると、こういったことで、上野台保育園の単体としての取得ではなく、総合的な観
P.182
点から上野台保育園を合築ということで計画をしてきた、そういう経過でございますので、よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 山口公悦議員の再々質問を許します。
◆山口公悦 議員 市長、しつこいようでなんですけれども、市長誤解されていませんか。合併協議会開催したのはみんな知っていますから、そのとおりですけれども、住民投票条例は合併協議会でつくったものではありません。上福岡市の議会でつくったものです。それを遵守するというのは、市長であるあなたではないのですか。それは誤りです。合併協議会がなくなったからいいという話ではありません。尊重して、私今何でこういうふうに言っているかというと、合併の言動が何度も繰り返されることは、市民だけではないのです。この上福岡市の職員を翻弄することになるのではないですか。予算を編成する上でも、事業を進めていくけれども、言論の自由ありますから、何を政治家としてお話しするということについて私は規制しませんし、規制することに対して何かあったら私は体張ってもそれは守ります。しかし、この問題は違います。明らかに上福岡市の住民投票条例、これにあなた市長として反しているのではないですか。私はこの点をしっかりと認識してもらいたいと思いますが、この点についての見解をひとつお願いしたい。
 それと、(仮称)東西連絡道路について1点だけちょっとお伺いします。結果的にここの総経費はどのくらいになるのでしょう。どのように見ているのですか。それの上福岡市の負担部分はどのくらいとして考えられているか、そしてその財源をどうされようとしているのか、この点についてお答えをお願いします。
 もう一点、上野台の団地建て替えの問題で先ほども触れましたけれども、地域の方々への説明がされていません。そういう点でやはり問題があると思うのです。上福岡市の市民ですので、上福岡行政としてこのことに対してもきちっと説明をする責任あると思いますが、この点についてのお考えはないのか、この3点お願いします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 全然勘違いしていない。この議会でつくりましたそれは法定協議会に対してつくった。わかります。法定協議会がなければ住民投票条例はできない。各町村でつくりましょうというのが法定協議会の趣旨なのです。ですから、つくるの当たり前のことではないのですか。その中で、50%以下は参考意見で取り扱いましょうという話になったと。参考意見なのです。しかし、私は上福岡市の場合は合併賛成が多かったという事実は事実であり、その前提の中で今後も行動していくということが私の信念であります。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 東西道路の経費の関係でございますが、これにつきましては今現在試算しているのは65億円ということで考えております。これの内訳といたしましては、2分の1が国庫補助、その残りの2分の1については市負担となりますが、起債等が75%の充当率になろうかと
P.183
思いますので、そういうことで財源として考えておるところでございます。
 それから、上野台関係の説明会でございますが、これにつきましては上野台建て替えの説明会については公団が行っておりますので、第1ブロック等の関係につきましては、平成14年3月16、17日に実施しております。
 それから、市の説明会でございますが、これは住宅市街地整備総合支援事業の説明会ということで、平成16年9月30日に大会議室で実施をしているところでございますので、ご承知おきのほどよろしくお願いいたします。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山口公悦議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前10時32分
   再 開 午前10時42分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、高畑博議員の質問を許します。
         〔3番高畑博議員登壇〕(拍手あり)
◆高畑博 議員 それでは、ただいま議長のお許しをいただきましたので、市政に対する一般質問をさせていただきます。発言通告に従いまして、順次質問をさせていただきます。
 初めに、防犯カメラの設置について伺いたいと思います。近年では、都市化や情報化の進展などによる社会環境の変化及び経済状況の悪化等に伴って、全国的に犯罪件数が増加傾向にあります。昨年1年間の本市における街頭犯罪等の発生件数でありますが、路上強盗7件、ひったくり44件、オートバイ盗難が61件、自転車の盗難318件、自動販売機荒らし65件、車上ねらい109件と、合計604件の事件が発生しております。また、昨年は夏休み直前に3人の小学生が男に殴られるという事件が発生し、その後にも児童生徒が被害に遭うという事件が発生しております。そのような中、本市においては防犯推進条例が制定されたということはまことに喜ばしいことではありますが、あわせて防犯カメラ等のハード面の整備も必要であると考えます。私の9月の一般質問における防犯カメラ設置についての質問に対する答弁では、「公園や駅周辺などの犯罪の起きやすい場所への設置について可能か、今後の研究課題とする。そして、肖像権等個人の問題が絡んでくるので、真剣に取り組んでいく」とのお答えでした。その研究の成果、また進捗状況についても伺いたいと思います。
 新聞では、連日のように防犯カメラ設置についての報道がされております。川口市には、スーパー防犯灯が設置されました。そして、所沢市のファルマン通り商店会にも県と市の補助金を利
P.184
用して防犯カメラが設置され、春日部市でも東武伊勢崎線の一ノ割、武里両駅周辺に防犯カメラ計10台を設置する計画で、新年度当初予算案に防犯システムの整備として約2,200万円を計上したそうです。また、プライバシー保護の目的で、杉並区では防犯カメラ条例の制定へ向けて動いております。また、埼玉県議会においても、埼玉県防犯のまちづくり推進条例案が開会中の定例会に3月2日付で提出されております。条例案の中には、防犯カメラの設置及び利用基準について、また適正な設置と利用に関する指針を定めるとしております。また、財政上の措置として市町村及び防犯のまちづくりのための自主的な活動を積極的に支援するともに、必要な財政上の措置を講ずるよう努めるものとするとあります。本市においても、市民の安心、安全の確立に向けて防犯推進条例に基づく推進会議の開催とともに、ハード面の対策として防犯カメラ設置に向けての取り組みが必要不可欠であり、急務であると考えますが、いかがでしょうか。
 次に、上福岡1丁目の国有地取得について伺いたいと思います。この問題については、昨年の第3回定例会における私の一般質問で、商業振興の観点から商店街を40年近く歯抜けにしているこの国有地の対策ということで質問させていただきました。そのときの答弁では、「現在防衛施設庁が管理する国有地であり、商業振興の担当課としてはその対策を検討する立場には至っておりません。もし商店街でこの国有地を利用するようなことがあればお話を伺いたいと思う」との答弁でございました。今回は、まちづくりと防災の観点で質問をさせていただきます。
 現在本市においては、まちづくり総合支援事業として3事業計画されております。都市計画街路事業として、平成15年度から平成19年度にかけて桜通線の整備、高質空間形成施設整備事業として平成16年度から平成19年度にかけて市道502号線ほか5路線、総延長924メーター、面積3,601平方メートルに透水性カラー舗装の整備、街路灯の新設35基、道路排水設備の整備、そして地域生活基盤施設整備事業として桜通線の整備と同時にその沿道に多目的ポケットパーク2カ所、総面積300平方メートルを設置し、地域等の協力により緑化スペースとする。これは、2カ所で総面積300平方メートルでございます。以上の3事業が進められる中で、桜通線の整備により、同用地内の旧市会館跡地にある上福岡1丁目唯一の広場であるポケットパークがなくなります。この場所は、1丁目町内会が盆踊り等を行うときにも利用をさせていただいているところであります。このポケットパークについては、桜通線の用地ということで暫定的な利用ということですので、仕方がないことではありますが、上福岡1丁目には恒久的に使用できる広場がないわけであります。上福岡1丁目は駅周辺であり、商業者と一般住宅が共存する地域であり、都市公園を設置するスペースを確保することは極めて難しいと思いますが、公共的な緑化スペースが必要であります。また、市長が常々発言されている桜通線の防災用道路としての必要性、これについては私も同感であります。防災的な観点から、この国有地については西友ストア北側に位置し、ちょうど上福岡1丁目地内の商業地域と一般住宅との境目であるとともに、北野1丁目の住宅地との境に近く、災害時のために防火水槽の設置や大型消防車両の待機場所等にも利用できたらと
P.185
考えております。いかがでしょうか。
 また、商業振興からもこの国有地が面している一番街商店街では、若手後継者である商店街の青年部を中心としてこの中心市街地内の空き地活用について議論がされたところであります。ここを買い物途中での休憩スペースとして、またこれは私自身が議員になる前から、葦原中学校区の健全育成会の会長という立場にあったものですから、商店街の方々に学校完全5日制について、その5日制の休業日は子供たちを家庭や地域に返すのだという教育委員会のお話から、私たち商店街としても、私は商店会員としての立場で議論したときには、私たち商店会としても何らかの協力ができたらという議論がされました。その中で、学校5日制のもとで、小中学生、そしてお母さん方、高齢者の方々など3世代が同じ時間を共有できる市民参加型のイベントを企画したり、そういうイベントを行うことによって、学校休業日における過ごし方の受け皿として商店会としても貢献したい、そんな考え方を持って「みんなの広場」と題したあの国有地を使用した事業構想も提案したいということを商店街でも考えているそうです。
 さて、この国有地の所管についても、平成16年度中には防衛施設庁から財務省関東財務局に移管される予定であります。財政状況も極めて厳しい中ではありますが、ぜひとも必要性をご理解いただき、取得に向けて検討いただけないかと思いますが、いかがでしょうか。
 次に、合併問題について質問させていただきます。この質問につきましては、2市2町合併協議会が住民発議によって立ち上げられたものであり、私自身もその設置について賛同した一人としてあえて質問をさせていただきたいと思います。
 次に、合併協議会解散後の本市の方向性。昨年12月25日、2市2町合併協議会が正式に廃止になりました。住民発議により、各市、町の議会の議決を経て設置された法定協議会、その中で合併の是非の方向性の議論がなされ、是の方向性を確認した後に人口24万人の新市誕生へ向けて着実に進行していた議論が白紙になってしまったのであります。私が市議会議員になって最初に挑んだ議会において、住民投票条例制定の議案が審議され、可決、成立したわけですが、2市2町のそれぞれの市、町が歩調を合わせ、まちの将来を決める重大な方向性の決定をするために民意を問うことの必要性については理解するものの、さきに述べたようなプロセスで設置された協議会であり、方向性の議論も含め、3年8カ月が経過した時点で行うという、実施時期に関しては疑問を残すものであったのも事実であります。
 さて、その住民投票の結果で、三芳町から合併協議会廃止の申し入れがなされ、協議会が解散へと至り、合併協議が白紙になったわけであります。2市2町が前提の合併協議において、当該市、町の中で一つのまちから廃止の申し入れがなされ、合併協議が白紙になった。その後においては、目標としていた2市2町から残る2市1町が新たに合併へ移行していくことが望ましいと考えます。また、住民投票において賛成票を投じた方々に対しても、その民意を参考とするならば、究極の行政改革である市町村合併の実現、さらには財政的にも非常に厳しい中、合併特例法
P.186
による財政支援が受けられる期限内の合併を目標とした2市1町での合併へ向けた議論を進めるべきであると考えます。また、住民投票の結果のみを考えた場合、賛成票が上回った上福岡市と富士見市の合併が先行的に進められることも選択肢の一つであると考えられます。
 さて、国の予算も改革断行予算との位置づけのもと、緊縮型予算となっております。2004年度の地方財政計画では、全体規模は前年度比の1.8%減の84兆6,669億円、交付税額は三位一体改革の一環で6.5%削減され、16兆8,861億円となりました。交付税の不足分を補充する臨時財政対策債とあわせて、実質的な交付税は21兆766億円で、12%減と初めて減少に転じたのであります。また、改革に絡んで約1兆円の補助金がカットされる。税源移譲は、所得譲与税など計約6,500億円にとどまっております。本市の予算編成にも大変大きく影響しているのはご承知のとおりでございます。
 そしてまた、今後さらに厳しい状況になることも想定されます。昨日の一般質問でも、国民1人当たりの借金というような表現がなされておりました。私たち自身も一人一人が国民として、今ではこの国の借金をどのような形で、そして今国がこれから先もっと効率的な行政運営を求めて、そして私たちは国民の代表である、自分たちが自治権を与えられている基礎自治体における市会議員であります。その中で、私たちは愛する国のためにも今このまち、この上福岡市をどうするか、それを考えていく、これが必要であります。
 平成の大合併についても、平成17年3月でその第1幕が終わろうとしております。これは、次の機会になりますと、合併推進の新法案につきましても、一昨日の中で新法案の閣議決定がなされております。財政支援につきましても、合併特例債については特例債的な支援はありませんが、地方交付税については今より厳しい形で何らかの措置を残していくような決定がなされております。私たちはこの上福岡市のために、これから先、10年後、20年後の子供たちのためにも、今ここで重大な局面を迎えている、そのように認識しております。
 市長の施政方針にもありましたように、高齢化の振興に伴い、保健、医療、介護保険給付等の社会保障関連費が増加傾向にある。そういった中で、基礎自治体としての規模、能力はさらに充実、強化することが必要であります。単に現状における地方債残高のみをクローズアップして比較するのではなく、基礎自治体として地域において包括的な役割を果たすことのできるある程度の人口規模を持った基礎自治体を経営していくことを目指すことが必要不可欠であると考えます。
 そこで伺いたいと思います。現在武藤市長には、大井町との合併へ向けてその働きかけをしていただいたということであります。合併に意欲的である市長のその前向きな姿勢には敬意を表する次第でございます。先ほどの、前の11番議員の質問に対しまして、将来的には2市2町合併を目指す、そのようなご答弁がございました。その中ですが、あえてお聞かせいただきたいと思います。今回の大井町との合併については、富士見市も含めた2市1町での合併への先行的な考え
P.187
方に基づくものなのでしょうか。また、そうであるのなら平成17年3月までに2市1町での合併申請を目指すべきであると考えますが、いかがでしょうか。また、本日現在富士見市からの合併についての働きかけはないのでしょうか、あわせて伺います。
 以上で1回目の質問を終わりたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 まず、私の方へ2点ほどあるかと思います。
 今質問者が、1丁目の国有地取得の問題について大変重要な発言をなされました。特にあの地域の防災ということに関しましては不十分であるというふうに認識しております。ただ、今残念ながら非常に厳しい財政の中で、この新たな計画外の土地ということになりますので、この緊急性ですとかあるいは必要性ということを十分に検討していかなくてはいけないというふうにも思っております。そこで、ご提案いただきました1丁目地域の防災計画、関連もありますので、今後の課題として研究をさせていただきたいと思いますが、今当面すぐに買い入れるという状況ではないこともひとつご理解をいただきたいと思います。また、あわせて桜通線の進捗による余分な土地といいましょうか、残された土地だのは有効に使って、安全防災対策の一つのものに利用できれば、そういうものも含めて桜通線の進捗とあわせてその辺も検討してまいりたいと、このようにも考えております。
 続きまして、合併の問題でありますけれども、大井町に声かけをしたということは事実でありまして、今質問者の言われているとおり、本来は私も2市2町が理想ということの考えはいまだに持っておりまして、それを変更するような発言はないわけでありますけれども、将来的に段階的にそういうことが可能であればいいと思っておりますが、ただ上福岡市の状況を見ますと、まずは大井町に声をかけて、大井町のお返事をいただいてからその方向性と細かな理由、私なりに研究をしております内容は返事をいただいてから公表していきたい。また、公表することによって住民の理解を求めていきたいと、このようにも考えておりますので、いましばらく時間をいただければありがたいと、このように思います。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、防犯の中の防犯カメラの設置についてお答えを申し上げます。
 防犯カメラについては、設置によって犯罪防止効果が上がった事例が多数報告されていることは事実でございます。反面、個人のプライバシーにも問題があり、市民に対して事前に理解を得る必要があると考えております。ご質問にありました杉並区などでは、犯罪防止とプライバシーの保護とのバランスを考慮した防犯カメラの設置のあり方を検討しています。また、ご質問にありました埼玉県においても、防犯カメラの設置、運用指針を検討する方向と伺っております。本
P.188
市においても防犯推進条例に基づき、市民団体による防犯推進会議が設置されております。防犯カメラの設置については、その効果や問題点など、情報を防犯推進会議に提供した上で市民の意向を尊重した対応をとっていきたいと考えております。また、庁内的にも関係各課との調整、検討が必要であると認識しております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 高畑博議員の再質問を許します。
◆高畑博 議員 ただいまの合併に関してもご答弁いただきまして、大井町の返事をいただいた後にということで、これについては現段階では理解できるものでありまして、ありがとうございました。
 次に、防犯カメラの設置についてなのですが、これ今第1回目の質問で申し上げましたとおりで、県でも進められている。その中で本市としても防犯推進会議に諮って進めていくということで、これについては設置がしやすい方向で、もしこれが具体的に設置といったときに、結局今ご指摘、私が質問した内容、また部長の答弁の中にもありましたように、プライバシーの保護ということが非常に大事であります。そういう中で、公的な機関が設置する場合においては個人情報保護の関連もございますが、これから先恐らく、今残念ながら犯罪数も増加傾向にある。こういう中で市民からも多分こういった要望、また繁華街における商店街、商店等からもこういう話が本当に具体化してくることは確実であります。そういう中で、先を見越した中で防犯推進会議等でカメラ設置をしやすいようなプライバシー保護の条例等の制定に向けてお願いしたいと思いますけれども、また同じような質問になりますが、お聞かせいただきたいと思います。
 それと、国有地の問題なのですが、桜通線の用地に絡んだ周辺で、私の質問でも出しましたけれども、あれは商店街の既存の道路に対して斜めに縦断するわけで、その間に、言葉が適当かどうかわからないですが、計画上の残地的な部分が出てくると。そういう中で防災的な取り組みをしていただけるというお答えでございましたが、先ほど申し上げたあの国有地の位置というのは非常に重要な場所であります。現在市内で火災が発生した場合に、上福岡消防署からまず2台の消防車が出動します。その際に、上福岡1号車は水を1.5トン積んだタンク車でございます。もう一台の方は、小さなはしごを積んだ小さいはしご車でございます。そういう中で、一番現場の近くに着けたいのが水槽を積んだ上福岡1というタンク車なのですが、それが通常の4メートルの道路では右左折ができません。かなりの隅切りをしてあるところであれば別でありますが、それが恐らくあの国有地の前を通過して北野方面に向かった場合には、北野の自治会内には入れません。また、現在一方通行の栄通り、あそこを入っていったときにも北野公園の隅切り以外は曲がれません。そうしますと、一番近くまですぐに水が出せるタンクを積んだ車が入れないわけであります。そうしたときに、今タンク車には1.5トンの水を積んでおりまして、それを通常の3キロの圧力をかけて放水した場合に、およそ3分から4分しか放水ができないのであります。そ
P.189
うしたときに、後続で駆けつけた車両が水利を確保してその1号車につなぐ、それが通常の消防の消火の仕方です。例えば現在北野公園には40トンの防火水槽が埋設されております。40トンの防火水槽を設置した場合に、これが今申し上げたとおりで通常の3キロ圧で放水をかけた場合、80分間の放水が可能であります。これを1本ではなく2本出した場合には40分ずつ放水ができる、その計算になります。
 また、今後起こるであろう大規模災害、震災クラスの地震があったとき、今現在水道管も交換している最中でございますが、上福岡1丁目の西友ストアの北側の位置、あれは先ほど申し上げたとおりで、上福岡1丁目の商業地域と一般住宅、そして北野1丁目の住宅街、あの間に消防自動車が入れない中で、あの位置から水利確保すれば今の現状をかなり改善できる、そんなふうにも思っております。ですから、ぜひともあそこは防災上の観点からも必要不可欠であると。そして、あの商業地内であれだけの場所、通常都市公園とは呼べないような小さな場所であります。しかし、あの面積を商業地内で確保するということは、現状はその物件が出てくるということ自体が非常に難しいと。そういう中で、所管もここで平成16年度中には財務省の方に移管すると。今これ計画ない中ですが、防災の観点からもぜひとも必要な場所であるというふうに考えます。これを再度伺いたいと思いますが、検討していくということなのですが、ぜひ今また再度お願いをしたいと。
 これをお聞きして、2回目の質問といたします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 先ほどもご答弁申し上げましたけれども、いろんな角度でまた検討させていただいて、取り組んでいきたいというふうに思っています。確かに今上福岡1丁目あるいは北野1、2丁目含めて大原、これは2市2町の中では最大の要するに危険地帯と言われておりますので、多くの人命が失われるというふうにも見ておりまして、少しでもそういう形の中で解決ができればということで検討させていただきますので、ちょっと時間をいただきたいと、このように思います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 再質問の答弁の前に、先ほど私が「防犯推進会議が設置されています」というふうにお答えを申し上げましたが、まだ設置されていなく、「設置されます」というふうに訂正して、おわびを申し上げます。
 それと、防犯カメラの設置の関係でございます。この関係につきましても、防犯推進会議が近々立ち上がります。そういう中で、それとあわせて庁内検討会議がもう既に立ち上がっておりますけれども、そういう中で十分議論させていただいて、公共の場あるいはそれ以外の場、適正な場所を選んで議論していただいて、その中で設置をするような方向はとっていきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 高畑博議員の質問を終了いたします。

P.190
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 次に、粕谷正臣議員の質問を許します。
         〔16番粕谷正臣議員登壇〕(拍手あり)
◆粕谷正臣 議員 議長から発言のお許しをいただきました。通告に従い質問をさせていただきますが、1年ぶりなので、欲張った通告になってしまいました。スピードを上げやらせていただきますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 初めに教育問題です。少人数指導と追加配置についてでございますが、これまで国家負担の対象となる教員の追加配置は、クラスで複数の教員が指導するなど、少人数指導の場合のみ認められてきました。そのため、市町村の少人数学級での教員配置は、独自財源で給与を負担し、県内では志木市、上尾市、加須市、鴻巣市で導入していたのでありますが、国ではこれらの市町村からの少人数学級に追加配置の教員を使いたいなどの声にこたえ、従来の少人数指導だけでなく、少人数学級にも使えるよう制度を緩和しました。昨日の一般質問の答弁で、当市では県基準の配置で少人数指導と伺いましたので、これについてはお答えは結構です。
 続きまして、習熟度学習について質問させていただきます。これについては、習熟度別授業または習熟度別指導と理解していただきたいと思います。日本教職員組合の教育研究全国集会が、1月24日から26日の3日間埼玉県上尾市で開催され、約1万1,000人が参加したと伺っております。特別分科会では、各地で行われている習熟度別授業の功罪について活発な論議が交わされたと言われております。「学習到達度に応じてクラス分けを行う習熟度別の授業は、自分は頭が悪いからとあきらめてしまう子を生み出してしまった。早期にエリートをつくっていくための教育だ」などと疑問を投げかける声も目立ったようですが、一方「習熟度別を子供に学力をつけさせる手段として使いこなすことが必要」との発言もあったようです。
 文部科学省は、昨年6月から7月に全国の小学校100校、中学校70校の小2、小5、中2の児童生徒と保護者、教員の計1万6,000人を対象に、習熟度別指導について意識調査を行いました。回答率は、97.6%だったと報告されております。小中学生の7割以上が、自分のペースで勉強ができそうとし、成績の絶対評価にも中学生の8割近くが、頑張ればよい評価がもらえそうでよいと答えたようです。先生が一人一人のことを見てくれそう、質問しやすそう、発言しやすそうなど6割、7割が肯定したようであります。一方、保護者と教員には、子供の間に優越感や劣等感が生まれると考える人が45%前後あり、また保護者の88.7%は、いろいろな子が一緒に学ぶ機会も大切と答えたようであります。文部科学省は、子供には教育改革が歓迎されていると一安心したと報じられております。当市における習熟度別授業の取り組み、評価、成果についてお尋ねいたします。
 続いて、学校外学習についてです。ボランティア活動や就業体験のほか、大学、専門学校などの授業を受けたり、英検や簿記などの資格試験に合格したりすると、高校で単位として認定され
P.191
ております。生徒の選択の幅を広げるため、1993年度から順次制度化され、昨年度ボランティア活動を単位認定した高校は206校で、5年前の10倍にも増加しているようであります。県下の高校でも取り入れられた学校外学習についてお尋ねいたします。教室から飛び出し、教科書に載っていないことを学ぶ実学志向や資格取得など多様化するニーズにこたえるために学校外で学ぶ機会を充実させる意義は大きく、ゆとり教育の流れに沿うものと思います。知識を教え込む教育から、みずから学び、考える教育への転換をうたった96年、その後完全学校週5日制や新学習指導要綱の導入、ボランティアや修学の単位認定が98年度から始まるなど、学校外学習も拡大の一途をたどっております。一方、先行きを危惧する声もあるというが、当市の教育委員会はどう理解しているのでしょうか。
 また、みずから学び、考える教育という観点で、市内3中学校の教育目標に注目しました。福岡中学校、みずから生きる力を培う生徒、葦原中学校、みずから学び、考える生徒、花の木中学校、みずから意欲的に学ぶ生徒とあります。そして、中学2年生で行っているチャレンジ体験学習は学校外学習と似ておりますが、これについて今後の取り組み、方向性もあわせてお知らせ願いたいと思います。
 引き続き、2学期制、通年制についてお尋ねいたします。2学期制については、平成14年の3月議会にて触れさせていただいております。そのときは、日教組第51次教育研究全国集会での岩手県軽米町晴高小学校の2期制を紹介し、続いて仙台市、埼玉県熊谷市内の富士見中と玉井中が平成14年度より導入するとし、教育委員会の考え、対策をお尋ねした経緯があります。吉野教育長より、「児童生徒を中心に導入市町村の成果等も踏まえ、慎重に対応していく」とのお返事がありました。早いもので、あれから2年の歳月が流れます。
 久喜市が、本年4月より市立の全小中学校14校で2学期制を導入すると発表しております。完全週5日制となり、より細かい学習指導を行うことが目的と言われております。県内では、先ほどお話しした熊谷市や川口市などの一部の小中学校で2学期制となっているが、全市立校で導入するのは県内では初めてとのことであります。従来の3学期制に比べ年間の授業日数がふえ、体験学習や課題解決型学習などにより多くの時間を割り振ることができる、夏休みを活用して個人面談を行えるようになるなど、効果的に学校行事が運営できると言われております。学期は、4月から10月、10月から3月に区切るようであります。
 そんな折、2月14日の新聞に驚きの報道がありました。茨城県総和町教育委員会は、小学校で実施している3学期制を廃止し、新年度から学期枠を取り払った通年制を導入することを決めたということでした。授業は年20時間拡大され、習熟度に応じ補習に充てる。通年制の導入は全国初で、町内の全10小学校、児童数2,958人で実施されるとのことです。しかし、中学校への導入は、高校受験に3年生2学期の評価点が必要のケースが多いことから見送られたと報じられております。2学期制などの検討を進める中、より効果が大きいなどから通年制の導入を決めたよう
P.192
であります。文部科学省教育課程課では、「全国で聞いたことがない。それぞれの地域や学校の実態に応じて工夫してもらえば」というお返事だったようであります。さて、当市のその後の進捗はどうなっているのでしょうか。通年制も視野に入れて論議されているのでしょうか、お尋ねいたします。
 続いて、わいせつ懲戒免職教師についてお尋ねいたします。「スクールセクハラ、男性教師が指導の名のもとに女児の胸あるいは下半身をさわったり、自分の性器をさわらせ、さらに子を持つ親にとっては信じがたくないそうした行為が、今や日常茶飯事だという紛れもない現実。処分を受けた教師は、この1年で1.5倍になった。背景には、教育界にはびこってきた隠ぺい体質がある」、ジャーナリストの富坂聡氏の言葉を新年の週刊誌で見ました。事実昨年の12月23日の新聞に、文部科学省が行ったわいせつ行為やセクハラで懲戒処分を受けた教職員の状況調査報告がなされておりました。全国で148人、過去最多で、前年に比べ48人ふえていました。このうち懲戒免職は97人で、前年度より14人と過去最悪。もっと驚くべきことは、97人中52人が教え子に対する行為で処分されています。前年度の26人に比べ、倍増ということです。懲戒処分で見ると、148人中98人が教え子に対する行為でありました。10年前は18人の処分で懲戒免職が9人だったのを思うと、嘆かわしい実態であります。懲戒免職となった個々の実例を見ると、モラルの低下ぶりがうかがえます。
 東京成徳大の深谷教授によりますと、教育社会学専攻ですが、「今の先生は、教科指導では自信があっても、人間として生徒と向き合うのが苦手の人が多い。昔のような聖職意識がなくなり、あるべき教師像があいまいになった分、使命感が薄れているのではないか」と話されております。昔から教師は聖職者だと言われてきました。それが今事件が後を絶たないのはなぜなのでしょうか。事件の加害者たちは、熱血漢タイプでクラブ顧問など校内の仕事を集中的に引き受けている場合が多く、一般の父母の間では評判が高かった教師も少なくないようであります。スクールセクハラの被害者が小学生なら、加害者は要するに小児性愛者、1度事件を起こした人間が再び事件を起こす可能性は高いと言われております。子供たちに一生消えない傷を残しておきながら、魔が差したに違いない、前途ある教師の将来をあわせて考えるべきだ、そんな身勝手な論理で小児性愛が疑われる教師をそのまま教壇に立たせたり、異動させてお茶を濁すことのないようお願いしたいと思います。米国には、性犯罪者の情報をインターネットや役所で公開することにより、周囲への注意を促している。再犯防止に高い効果が認められているようであります。当市における過去、現況をお知らせください。もしこのようなセクハラ、わいせつ教師がいたとしたら、隠ぺいやお茶を濁すことはありませんか。指導力不足と理由づけ、再研修期間を与えるなどは避けるべきだと思います。教育長の見解をお伺いいたします。
 この通告後も、3月2日には川崎市内の市立中の男性教諭、女子バスケット部顧問が、部員の胸をさわったり、肩をもむふりをして体をさわるなどの行為で懲戒免職に。3月4には、栃木県
P.193
北部の中学男性教諭、運動顧問が、マッサージをしてあげると女生徒部員に校内で体をさわるなどのわいせつ行為をしていた疑いで2月7日に逮捕され、懲戒免職されているなどの新聞記事もありましたので、なお一層悲しい思いをさせていただいています。
 続いて降任制度。茨城県では、本年4月1日付の人事から、公立学校の校長、教頭を対象に自己申告に基づく管理職降任制度を導入します。病気や療養や家族の介護などやむを得ない事情のほか、適性がない等自己診断や一教諭として教壇に立ちたいという希望を含めて適用するというものです。申告は原則として受け入れられ、一般教諭に戻って授業を行う形となるようであります。何らかの降任制度を実施しているのは、全国で14都府県、今後導入しているのも6県あると伺っております。長期にわたる病気入院や家族の介護を理由とする自己降任が中心で、管理職が嫌になって教諭に戻りたいというのは余り想定していないと言ってはいますが、校長の学校運営能力がこれまで以上に問われるケースがふえ、能力がないと考える管理職が出ることも十二分に考えられるようであります。埼玉県の現況はどうか、またこの制度について教育長のお考えをお聞きいたします。
 学校での事故、対応と問題点について。全国的に学校管理下での児童生徒に関する事件、事故がたびたび報道されております。岡山県では、県立高等学校における暴力事件が契機で危機管理マニュアル、平成13年3月に作成されました。学校における危機管理とは、児童生徒、教職員の生命、学校に対する信頼、日常の教育活動を守るために危機を予知、回避するとともに、危機発生時には被害を最小限度にとどめる取り組みと想定されております。いじめや不登校に関するトラブル、学級崩壊、登下校の交通事故、授業中の事故、部活動中の事故などの学校生活、伝染病の発生、食中毒などの学校保険、地震災害や不審者対策などの学校管理、セクハラや体罰事件などの教職員の問題などが考えられるようであります。学校がかかわる範囲における死亡事故は、年間120人に及ぶと報道されております。救急体制、応急処置が重要であります。学校において最も大切なことは命を一番にする心であり、その対応であります。関係機関を要請すると、あの学校は最近荒れているな、事故があったのではないかと適当なうわさや中傷が学校に寄せられる現代ではありますが、体面に関係なく危機意識を持って対応すべきであります。先議した第27号議案にかかわる事故以外で、当市では最近事故等はあったのか、またそれらの処置対応はどうされたのか、通常はどんな方法を指導しているのか、今後の取り組み、問題点についてお尋ねいたします。
 教育問題最後なのです。教育財政の充実についてお尋ねいたします。一般会計歳出における教育費の割合について、平成14年の12月議会において上福岡市を含む近隣10市の平成13年度と平成14年度を調べ、報告、質問をさせていただいております。年度内に大きな事業を計画している場合を除き、ほとんどの市で11から15%でありました。上福岡市では、平成13年度10%、平成14年度11%と他市に比べまだまだ低い状況でした。教育拡充のためにも増額をと来年度、そのときは
P.194
平成15年度ですが、予算取り組みについてお尋ねしております。答弁で吉野教育長は、「教育拡充のため、今後とも必要な予算は確保できるように努めてまいります」と言われました。平成15年度9%強、平成16年度9%となっているが、納得できる予算の確保はできたのでしょうか。また、学校長の裁量により、支出できる予算についてはどのように改革されたのでしょうか。学校長などから要望などあるのでしょうか、お尋ねいたします。
 視覚障害者と点字(市報)、個人情報についてお尋ねいたします。バリアフリーが叫ばれ、当市でも段差の解消や市役所内の案内またはエレベーターの乗降口での点字案内など努力されております。上福岡市には、視覚障害者が110人、聴覚障害者が99人いらっしゃるようです。視覚障害者1から5級までの等級の中で、希望する34人に朗読ともしびサークルにより盲人用カセットテープが貸し出しされています。これは、小説等の書物によるもののようでした。市報「コスモス」も必要な部分については聞くことは可能でした。私は、視覚障害者がみずから読む点字による市報の提供をお願いしたいと考えております。
 上福岡点訳グループでは、長年熊谷市の市報、市議会だよりを、そして過去には埼玉県県議会だよりや広報「川越」の点字版を作成した実績があります。聞くところ点訳グループは、会費と体験学習、昨日3月10日、上野台小学校4年生27人、29人、29人の3クラスでやられたようですけれども、それらの謝礼合わせ、市が主催する講習会の委託料などで運営されているようです。視覚障害者のため、点訳グループ育成のためにも市報「コスモス」の点字版の発行を望みますが、お考えはいかがでしょうか。
 また、個人情報が公開できなくなった昨今、社会福祉協議会は自治体でもなく、民間でもない、しかし自治体一部とも思われるこの団体では、市内の障害者が年々把握できなくなって、歳末助け合いのサービスなどに支障が起きているようです。特別な取り計らいを願うところですが、上福岡市における上福岡市社会福祉協議会の位置づけはどんなものなのでしょうか、お尋ねいたします。
 続いて財政について、まちづくり交付金の活用についてお尋ねいたします。国土交通省が来年度創設するまちづくり交付金についてお尋ねいたします。従来の補助金が道路や公園など事業ごとに交付されていたのに対し、まちづくり交付金は使途を限定せず、市町村が一定額を自由に使える、中心市街地などを整備する際地域の実情に合わせ道路でも公園でも優先度の高い事業から着手することが可能になるということで、来年度予算に1,330億円が計上されております。担当課の英知と努力で10億円でも20億円、いや、1億円でも2億円でも交付金がいただけるよう頑張っていただきたいと思います。決意をお聞かせください。
 続いて、税収確保対策です。市担当課の皆さんが日夜休日と税徴収へ働いていることに敬意を表すところであります。不心得の方がいるがために費やす時間や費用はとっても悲しいところです。総務省によると、都道府県税と市町村税を合わせ、地方税の2001年度の累積滞納額は2兆
P.195
3,468億円、景気低迷が続くこの10年間で約7,200億円も増加していると言われます。累積滞納額のうち、市町村税が7割以上も占めているようです。中でも、市町村民税と固定資産税の滞納が目立ちます。上福岡市でも滞納額は毎年ふえつつあり、累積滞納額は平成14年度決算ベースで市税が約7億1,600万円、国保税6億7,000万円、市税の徴収率は90.03%で年々悪化し、このままでは90%を割るおそれがある状況のようです。
 そんな状況下、今定例会に滞納特別対策室を新設する案、第7号議案が提出されております。50万円以上の大口滞納者800人を対象に、支払い能力の調査、資産や給与の差し押さえによる徴収も視野に入れて厳しく臨む方針であるようです。昨日1年目はというお話もありましたけれども、こういう方針のようであります。効率的な徴収体制を構築して税収増を図るとともに、一般の納税者との税負担の公平化を期するものと理解しております。前向きな対応に賛成するところですが、もっと早くやるべきだったとも考えます。
 大変厳しい現況の中、埼玉県では滞納自動車税約31億円、約8万6,000件に財産の差し押さえを集中的に1月30日までやり、大きな成果を上げたと報道をされております。県税務課は、自主的に支払いをした人もいるが、督促の効果は大きいという報告です。また、社会保険庁でも、十分な所得があるのに国民年金保険料を納めていない悪質な未納者約500人に対し、1月20日付で督促状を発送し、指定期限の2月27日までに保険料を納めない場合は強制徴収すると発表をしました。3月から預貯金などの財産調査に着手し、差し押さえる手続に入るようです。これは、13年ぶりのことであるようです。コストがかかる割に効果が上がらないとの指摘もありますが、昨年度の保険料未納率が過去最悪の4割近くに対し、きちんと払っている人の納付意欲に影響を及ぼしかねないとして、公平性確保の観点から実施に踏み切ったようです。上福岡市にも、自動車税や国民年金の滞納が多くいると思います。懐は一つ。早期に徴収することが肝心である。担当課の意気込みはどんなものか、知りたいところです。
 3月2日の新聞によれば、社会保険庁は国民年金保険料の未納者を対象として、市町村に対し未納者の所得情報を提供するように命じる制度を10月よりスタートさせると報道されております。これら滞納者に対しての取り組みが全国各地で研究されています。福井県の美浜町では、行政への不満を理由に納税を拒否したり、職員の訪問を受けても分割納税の誠意を示さないなど誠実性を欠く滞納者を対象として、氏名公表制度化を盛り込んだ条例がこの3月定例会で議案提出されております。滞納者の氏名などの公表の制度化は、福井県では松岡町、神奈川県小田原市、静岡県島田市に続き4例目ということです。島田市では、2002年度の市税の滞納額が1,700件、累積で5億3,000万円余りとなり、昨年の6月定例会に提出され、可決され、10月1日から施行されているようであります。また、埼玉県の川口市では、2002年度までに悪質な滞納者から約15億7,000万円分に当たる土地や建物を差し押さえた。しかし、この押さえた土地が塩漬けの状態となっており、昨年秋に差し押さえ不動産を公売開始したということも報道されております。市内
P.196
の至るところで財務省関東財務局の公売の看板がやたらに目につくようになりました。市税納付をいつでもどこでも納付できる環境を整えようと、戸田市では5月よりコンビニエンスストアで納税できる制度を導入。対象は、納付期限内の市県民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税などで、いずれも納付書をバーコード式にしたようであります。軽自動車税だけでは、4月より東京都の三鷹市で全国初でコンビニで活用しておりますが、当市でもこれらもあわせ創意工夫する時期であります。滞納特別対策室にとどまらず、先例を参考として、税収アップ、滞納者減の策を講じてほしいと思います。これについてどうお考えでしょうか。
 続いて、独自財源、捨て看板防止条例について触れさせていただきます。私は、平成14年の12月議会、平成15年3月議会で独自財源確保について先進地を紹介し、質問をしました。安全で快適な生活環境整備、マナーやモラルが守られない昨今、ルール化により罰則を科すことは、一石二鳥は私の持論とするところです。平成14年の質問時に、幾つかの例の中で、捨て看板、放置された置き看板、広告ビラ、特に議員や選挙に絡むものは市民の怒りが聞こえてきますとし、条例化、罰則化させたらどうかとお尋ねし、当時の小城総務部長より、「課税自主権の活用により、大きな税財源の確保を期待することが困難。税財源の充実確保だけを目的とするのではなく、市政が直面する特定の政策課題を解決する支援策の一つと認識。税務課を中心とした関係各課から成る庁内検討組織を組織したい」という答えをいただき、平成15年3月議会では独自財源確保として私の唱えた放置自転車が志木市に先を越されたことを悔やみ、当市の状況を問いました。平成14年度中に予定された庁内組織は年度内、平成15年度ですが、設置してまいりたいと考えていると答弁があり、やはり難しい、弱腰だと痛感したのが事実です。その折の答弁で、直面する特定施策推進を税制面で支援するための検討が必要、これが今定例会に提出された第7号議案、部室設置条例にかかわる滞納特別対策室と理解してよいのでしょうか。
 あれから1年が経過し、小さくても力ある鈴木総務部長がその任となって時がたちました。1月20日の読売新聞に、「自治体の独自課税は低調」と大きく見出しされ、課税対象者が特定者へのねらい撃ちだと反発してトラブルになったり、既得権を侵されると国側が横やりを入れて実現できない例が続いていると記されておりました。一方、新税が軌道に乗っている例もあり、また新たに私の考えていた捨て看板防止条例が、羽村市で昨年12月議会に上程し、可決、4月より施行。市内すべての道路を対象とし、広告主と屋外広告業者が市職員や市民の推進員が除去した違法看板類を再び表示した場合、業者に警告。それでも除去に応じない場合には、1枚につき1,000円、30万円以下の罰金を科すというものであります。市職員らが違法看板類の撤去に当たっているが、イタチごっこが続いているという話も聞きます。
 先ほど申したように、マナー、モラル低下の折、ルール化による罰金を科すことは一石二鳥は私の持論ですが、罰金なども取ることなく、捨て看板防止の記事を昨年の11月30日に見かけたので、参考にお知らせします。蕨署が、戸田市と蕨市の地域住民と協力して捨て看板の撤去に平成
P.197
15年4月に踏み切っております。看板がふえ、景観が損なわれるのを防ぐのがきっかけで、風俗店、金融会社を中心に約100業者、約2万本の捨て看板の撤去をしたというものであります。看板撤去でまちを浄化し、犯罪の誘発を防ぎたいという蕨署の目的、そして結果としてまちの雰囲気がよくなったと撤去運動を歓迎し、「看板撤去のため、警察と協力してパトロールを強化した結果、自主防犯意識も高まった。これこそ一石二鳥です。」と町会長。看板の設置は明らかな法律違反、小さな犯罪と思われがちだが、一つ一つ撤去し、違法な行為は許さないという姿勢をアピールすれば、副次的な犯罪も減るはずと活動の効果を期待しております。現行犯や悪質の捨て看板設置は、県屋外広告物条例違反で検挙しているようであります。本日も、また昨日も、他議員より放置看板対策についての質問があり、自治体の防止対策と市民参加として一定地域での実施や地域協力などが問われ、答弁にて数々の問題点や心配事が発生するというお返事がありました。しかし、多くの市民が望んでいることであり、早急な対策、実施が必要であります。並行して独自財源も視野に入れてご検討をお願いしたいのですが、お考えをお聞きします。
 県予算、道路整備の予算増の活用についてです。埼玉県の一般会計当初案が2月13日に発表され、上田知事が初めて臨んだ本格的な予算編成となる2004年度当初予算の一般会計は、今年度当初比1.9%増の1兆6,925億8,800万円で、4年ぶりに前年度当初額を上回りました。新年度は、道路街路事業の増額や防犯交通安全対策の強化などに力が注がれています。道路、街路の整備事業、県道整備や身近な道路整備予算の増額では、今年度より15億円増額されており、先日近藤県議会議員が話した中で県道のことに触れ、県道東大久保・大井線は2億円で、優先順位は1番の段階とのこと。これも確認させていただきました。県は、道路拡幅やバイパス建設など、県道と県管理の国道約200カ所などの整備について、優先順位を段階別に示す指標をつくる。客観的で透明性の高い予算配分を実現するねらいで指標で優先度を示すのは初めてであります。指標は、工事の進みぐあいなど事業の効率性をランクづけし、交通渋滞のひどさなど交通整備を行う必要性の高さとあわせ、点数化優先順位を決める。県道東大久保・大井線は2億円で、優先順位が1番のようだが、さらなる増額、そして市道262号、ふじみ野から駒西小学校、そして富士見台に続く道路、市道245号線、勝瀬から大政建設さん、江川への道路の交差点改良、拡幅に向けた申し入れをすべきであり、これらについてどうお考えでしょうか。この道路については、再三小坂部議員が、そして私もお願いしており、空間あるうちに退去すべきと考えます。将来の主要道路となることは必至でありますので、よろしくご検討ください。
 続いて、あかずの踏切について触れます。国土交通省が全国調査した結果、ピーク時で1時間に40分以上しまっている踏切が14都府県で500カ所あり、県内にもワースト5となる13カ所があり、上福岡駅付近踏切もその中に入ったことがわかりました。国土交通省は、2003年度中に27カ所、来年度以降40カ所で改善対策をとる。当市でも、長年あかずの踏切では市民の不便が募り、早期の解決が望まれていたのは周知のとおりです。(仮称)東西連絡道路整備事業が計画されて
P.198
いる折ではありますが、あかずの踏切ワースト5を活用した早期工事着手や補助金などの方策は期待できるのでしょうか、お尋ねいたします。
 続いて、防災なのですけれども、防犯ブザー等についてはさきの議員が触れており、軒下のあいさつ、杉戸町、交通安全の日、草加市、市内パトロール、所沢市等々ちょっと文章を書いてみたのですけれども、最後につけさせていただきたいと思うのは、当市で12月議会で防犯推進条例が可決され、今後の取り組みが気になるところですが、上福岡市では110番の家やPTAにおける市内パトロールの自転車も目立つ今日です。学校ぐるみ、まちぐるみの対策を感じます。東松山市でも、ウオーキングファミリーでご老人が通学、また下校時に子供たちと一緒に歩く報道がなされ、3月8日の新聞には、自分たちのまち、安全守ろうとして、川口、鳩ケ谷市の若者ら6人で防犯ボランティア団体結成を1月に行い、6人の活動は口コミなど地域に広がり、メンバーは学生や主婦などを含めこの2カ月で約300人にもなったと記事も見ております。各地で芽生えた手づくりの防犯活動は、今後地域社会に根をおろしていけるのだろうか心配します。その策、心配について、また道を尋ねたら一目散に逃げ去った小学生に寂しさを感じた人も多いと耳にしております。そのような対策はどうお考えでしょうか。また、当市で計画していることなどがあったらお知らせください。
 取り急ぎ1回目の質問を終了いたします。ありがとうございました。(拍手あり)
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時55分
   再 開 午後 1時11分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 粕谷正臣議員の最初の答弁から始めます。
 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 それでは、私の方から税収確保の対策についてお答えをいたします。答弁時間が少ないものですから、できるだけ簡潔にご答弁努めます。
 ご指摘のとおり市税の徴収を取り巻く環境は大変厳しいものがありまして、今回そのような状況から滞納特別対策室を設置をいたしましたけれども、これにつきましてはまず目標としましては滞納者の方と早期に直接折衝するなどをしまして、その納税者の方に合った納税方法をまず相談をすると。そういう中で払えないというような状況がありますれば、それに沿っていろいろと一緒になって考えていきたい。また、ある面では、担税能力がありながらなかなかお支払いをしていただけない方につきましては、差し押さえ等もこれは視野に入れた中で執行をさせていただ
P.199
きたいと、このように考えてございます。これにつきましては、徴収率の向上を目指すとともに税負担の公平という二面の面から進めるものでございますので、ご理解いただきたいと思います。
 それからもう一点、地方税につきましてコンビニエンスストア等においても徴収が可能となったということでございますが、おっしゃるとおりでございます。平成15年の4月から地方税についても徴収が可能となりました。ただ、これは制度がまだ発足しまして、実施の段階でいろいろと細かな点につきましての詰め、これがまだできておりませんので、今後コンビニエンスストアでの徴収に向けた中で、いろいろ細々とした点につきまして検討もし、解決の方法を見出しながらこの導入につきまして今後も引き続き何とかこれが導入できる方向で詰めていきたいと、このように考えてございます。
 答弁ちょっと訂正させてください。滞納特別対策室は設置の予定でございます。設置をしたというのは取り消させていただきます。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、防犯の中の防犯ブザー、軒下あいさつ、交通安全等、また市内パトロールについて、総括的にご答弁申し上げます。
 昨年の12月の議会で制定されました防犯推進条例に基づき、市民団体で構成する防犯推進会議を立ち上げて、市民による自発的な防犯活動を積極的に市が支援していく考えでございます。
 なお、防犯推進会議につきましては、本年5月の連休明けに立ち上げを目標にただいま作業中でございます。同会議の開催により、継続的かつ自主的な市民活動が根づくよう支援するとともに、育成していくことが可能となることと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 まず、財政問題のまちづくり交付金の活用についてということでお答えをさせていただきます。
 まちづくり交付金は、平成16度に創設される交付金事業であります。この交付金事業は、都市再生を推進することにより、地域住民の生活の向上と地域経済及び社会の活性化を目的に、地域の特性を踏まえ、またまちづくりの目標を立て、目標の実現のために都市再生整備計画(仮称)ですが、これを作成し、事業を実施してまいります。本交付金事業は従来の補助金事業と違い、主軸となる事業のほかに市の提案による事業の施行が可能とのことでございますが、交付金の交付率及び起債充当率など新規事業のため、詳しい情報がまだ明確ではない状況でございます。今後は、本事業が具体的になりましたら有効に活用していきたいと思っておるところでございます。
 続きまして、独自財源の中の捨て看板防止条例等についてにお答えをさせていただきます。先
P.200
般もお答えしましたが、捨て看板につきましては安価な費用で容易に表示できることができ、また広告効果が上がるため、街路樹や電柱に多数設置されるようになり、都市景観の阻害、見通しの不良、信号機及び道路標識の阻害となっております。ご質問の東京都羽村市を参考に捨て看板条例を制定し、捨て看板の撤去費用を徴収し、財源の一部にできないかということでございますが、羽村市においては平成16年6月1日に施行とのことでございまして、まだ実施しておりませんので、平成15年7月に制定しました他の市に問い合わせたところ、条例を制定してからその指定区間は確かに掲出物の数は減ったそうですが、撤去費用の請求については難しい面もあり、今まで請求をしたことはないとのことであります。そのようなことから、当市において条例を制定しましても、監視、撤去等の費用が今以上にかかるものと想定されますので、財源の確保にはなかなか難しいのではないかと思いますので、今後とも研究をさせていただければと思っております。
 次に、東大久保・大井線の促進についてお答えをさせていただきます。東大久保・大井線の改良工事は、現在川越県土整備事務所で駒林地区について改良工事を実施しております。また、未改修箇所におきましても、引き続き交渉を行っているとのことでございます。今後の事業の促進につきましても、引き続き整備に向け予算要望していきたいということです。なお、区画整理区域内の市道第262号線、245号線交差点改良につきましても、あわせて県に要望したいと思っております。
 また、ご指摘のありました市道第262、245号線につきましては、道路形態的にもその役割は高まってきておりますが、この事業を実施するには多額の費用がかかりますので、市の財政事情を勘案しますと市の単独事業による整備は非常に困難なため、補助金の導入等の事業手法があるか関係機関とも調整してまいりましたが、なかなかよい事業手法が見つかりませんので、今後関係機関に対しまして要望するとともに、市といたしましても引き続き検討してまいりたいと思っておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 原田市長広報室長。
         〔原田昇秘書広報室長登壇〕
◎原田昇 秘書広報室長 ただいまのご質問のうち、市報「コスモス」の点字版の発行につきましてお答えいたします。
 本市におきましては、昭和55年度から知る権利を保障するため、視覚障害者を対象に市報掲載内容をカセットテープに録音した声の広報を発行してまいりました。また、ご質問にもありましたが、読むという観点からすれば点字広報になると私どもも認識しております。現在市の広報の収録時間は、2時間半から長いもので3時間にも及びます。これを点訳した場合、150ページから180ページにも上り、これを読むとなると早い方でも半日はかかるということであります。そ
P.201
の点、声の広報は何かをしながら聞くこともできるという利点がございます。これまで視覚障害者から点字広報の発行についての要望がないこととあわせて、点字を読める視覚障害者が年々減少していることから、今のところ点字広報の発行は考えておりませんので、ご理解のほどお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 高見福祉課長。
         〔高見輝雄福祉課長登壇〕
◎高見輝雄 福祉課長 個人情報、社会福祉協議会の位置づけについてお答えいたします。
 社会福祉協議会は、地域福祉の推進役として、社会福祉法第109条に地域福祉の推進を図ることを目的とする団体と定められてございます。当市では、住民参加による福祉のまちづくりを推進する立場から、社会福祉協議会を地域のさまざまな福祉問題の解決を図るための重要な役割を担う団体として、その活動基盤の強化を図るため、補助金等を通じて支援しておるところでございます。社会福祉協議会は、本来自主的な住民参加型組織であると同時に、広く住民や社会福祉関係者等に支えられて事業展開をする公共性を持つ団体でございます。したがいまして、社会福祉協議会は日々住民と一緒に地域で展開する支部等の組織活動の活性化や関係団体との連携を図ることが重要であると考えております。このような事業展開を通じて、社会福祉協議会が地域の福祉ニーズや実態等を把握することが必要であると考えております。個人情報の保護の観点から市におきましても指導、援助に努めておるところでございますが、さらに社会福祉協議会が個人情報保護の内部規定の制定等に配慮しながら地域や住民の情報収集に努めるよう指導していきたいと考えております。また、このような活動が新たな社会福祉課題に対応した地域に根差した事業の展開につながっていくものと期待しており、指導、援助していきたいと考えております。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。間もなく予定時間が参りますので、簡単、明瞭に答弁お願いいたします。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 教育委員会のご質問でありますが、順を追ってご答弁させていただきます。
 習熟度制の学習でございますが、今年度は中学2校、小学校3校で実施いたしました。児童生徒側、教師側からも、わかりやすい、成果があったと報告を受けておりますので、今後も研究を進めてまいりたいと思っております。
 学校外学習。社会奉仕体験、職業体験活動の中で、それぞれの生徒が、社会での規範意識、人との信頼関係、学ぶ意欲や思考力、判断力を総合的に高め、生きる力、働く学力を向上させることができると確信するものであり、今後も継続してまいります。
 2学期制、通年制でございますが、この制度につきましてはメリット、デメリットが混在していると認識しておりますので、県内市町村の動向を視野に入れ、研究してまいります。
 わいせつ懲戒免職教師。当市においては、わいせつ行為による事故は発生しておりません。も
P.202
し発生した場合、教育委員会はどう対処するかとのご質問でございますが、厳重に対処をしてまいりたいと思っております。
 降任制度。埼玉県教育委員会では、平成15年8月1日より実施いたしました。本人の意向、個人の能力に応じた人事管理において、組織の活性化を図るために行うと認識しております。
 学校の事故。学校内での事故は、少々の事故はありますが、各学校の教師の迅速な対応により、裁判に至るような事故は現在ございません。
 教育財政。限られた財政の範囲において、一定のレベルの確保はいただけたと考えているところであります。あとは、知恵と工夫による執行を行うことが必要であります。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 粕谷正臣議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 次に、岸川彌生議員の質問を許します。
         〔8番岸川彌生議員登壇〕(拍手あり)
◆岸川彌生 議員 議長のお許しをいただきましたので、発言通告書に基づき順次一般質問を行います。
 まず初めに、市内の防犯対策についてお尋ねします。12月議会で防犯推進条例が決定し、いよいよ平成16年度事業が実施されようとしています。その事業内容をお答えください。また、平成16年度予算書には、条例施行に伴う担当課の予算計上は見られませんが、条例施行に伴う予算計上はどのようなものがあるのか、お答えください。
 次に、市内交番の警察官の増員についてお尋ねします。埼玉県警は、平成13年度400人、平成14年度380人、平成15年度380人と3年連続警察官の増員がなされました。では、我が市を管轄する東入間署ではどのような増員がなされたのでしょうか。市民にとって最も身近な警察施設である交番には増員がなされたのでしょうか、お尋ねします。また、昨年12月議会において、10月に埼玉警察本部に対して要望した県警の回答についてお答えください。また、市として要望を出すだけでなく、市としての推進策を具体的にお答えください。
 次に、児童生徒を犯罪から守る安全対策についてお尋ねします。最近県内各地域において、登下校中の児童生徒が通り魔など不審者による被害に遭う事件が多発し、極めて憂慮される事態となっております。埼玉県教育委員会では、不審者から子供を守るための緊急アピールとして、不審者から子供を守るため、12月から3月までを強化期間として防犯対策を充実することにしました。当市としてはどのように対応しているのでしょうか、教育長のご答弁をお願いいたします。
 次に、地域の安全対策の強化についてお尋ねします。江戸川区では、犯罪多発に防犯の切り札として特製パトロールカーの運用を展開しています。新たにハイブリッドカー3台を購入し、警察のパトカー風に白と黒で塗装、12月22日から毎日午後10時から午前5時まで、同区内の路地や
P.203
公園などを中心に巡回させています。同区によれば、赤色灯を設置しなければ警察のパトカーにデザインが似ていても法的問題はなく、大きな効果が出ているとのことです。また、千葉県松戸市では、全国で最初にパトロール車を導入し、子供の下校時間に合わせて巡回。同市担当者は、パトロール車を見かけた車がスピードを落とすといった交通安全への効果も上がっているとのことです。我が市においても実施をと考えますが、いかがでしょうか。
 また、高齢者の方々を犯罪被害から守っていくために実効ある取り組みが必要です。高齢者がみずからの生活の安全を確保していく上で必要とされる施策として、高齢者に防犯ベルの支給が今後安全で安心して暮らせるまちづくりの一環として必要と考えますが、いかがでしょうか。
 青年の声を受けとめる市政について質問をします。公明党青年局は、「文化芸術都市上福岡市を目指して」として市長に要望書を提出いたしました。内容としまして、「物の豊かさだけでなく、心の豊かさも大切にする時代へ」と命題し、今日本の社会に活力をもたらす源は経済力とともに文化の力であると、そして文化芸術が生み出す感動の力で活力ある元気なまちをつくりたいとし、文化芸術を志す人、団体への支援、子供たちが文化芸術に身近に触れられる機会の拡充、国内外における文化芸術交流の推進、そしてメディアを使った文化芸術活動の活性化をもとに文化芸術振興条例の制定を要望いたしました。現在の上福岡市は、多様な文化、価値観が市内を相互交流しており、文化政策により新たな交流が必要としています。市を持続的に発展させるかぎとして、文化を中心に置いた政策展開が必要と考えます。そこで伺います。文化芸術都市宣言を行い、文化芸術基本条例並びに文化芸術振興条例の制定を実施していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
 また、次の点について伺います。文化人、芸術家、また団体への支援拡充を、文化芸術活動に対しての公共空間の開放を、振興事業の一部補助金制度の確立、子供の文化体験活動の推進、国内外における文化芸術交流の推進、メディアによる文化芸術活動の活性化、(仮称)メディア誘致企画委員会の設置等々の実現について伺います。いかがでしょうか、お答えください。そして、現在検討されている第三次総合振興計画・後期基本計画の中に以上のことを盛り込み、中心的施策として展開していただきたいと考えますが、いかがでしょうか。
 市民図書館の将来像について、将来のサービス提供についてお伺いいたします。私は、平成14年第4回定例会におきまして、公共図書館の環境改善について一般質問をさせていただきました。市民図書館もこれを受けて、地域電子図書館の実現に向け、利用者用パソコンの導入やパソコン講習会を開催していただきました。最近図書館利用者から、「図書館は変わったね。雰囲気もよくなり、大変利用しやすくなったね」という声を耳にいたします。私も同感でございます。そこでお尋ねいたします。図書館を取り巻く環境も大きく変わろうとしている今日、特に生涯学習の基盤整備が求められています。平成12年11月28日の生涯学習審議会の「新しい情報通信技術を活用した生涯学習の推進方策について」では、情報リテラシーなどの人的側面、情報機器の整備な
P.204
どの設備面、施設間や学習者のネットワーク面、生涯学習用の教材などのソフト面、人間関係の希薄化などの情報化の陰の部分への対応について、解決すべき課題が多いとされています。市民図書館は、現状を踏まえて生涯学習の基盤からも将来どのようなサービスを提供しようとされておられるのか、レファレンスサービスの充実を含めてお答えください。
 次に、北野地区等の橋梁地域の防災、交通安全対策についてお尋ねします。北野地域などの狭隘地域では、次のことが改善を求められています。1番目に、北野・藤間陸橋を自転車で通れるようにですが、その進捗状況についてお答えください。
 次に、通学路の改善を求められています。道路狭隘、住宅密集地の北野、大原地域は、非常に通学路も危険な状況です。道路を通学路としてカラー舗装し、運転者に通学路である旨の認識を持たせることで危険性が少しでも減ると考えますが、いかがでしょうか。
 さらに、北野地区の道路幅の改善の進捗状況をお答えください。北野に住んでいる住民として、先ほども申し上げましたが、救急車、消防車が入れない現状に非常に不安を感じています。以上、早期に改善を求められている点についてお尋ねします。体系的にお答えください。
 また、元福岡、清見地域の交通安全対策として、元福岡交差点坂下に歩道を必要としています。また、イトーヨーカドー前に信号の設置については早急に求められていますが、いかがでしょうか、お答えください。
 私の初めの質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、青年の声を受けとめる市政についてということで、文化芸術基本条例の制定についてというご質問がございました。
 質問者も申し上げておるように、20世紀の時代には物の豊かさというようなこと、今21世紀には物は豊富になりまして、心の豊かさを求められている時代と言えると思います。そのためにも私たちの生活の中で、ゆとりですとか、あるいは潤いというものを与えていただける芸術文化の一層の振興が、これまで以上に私も必要だというふうに考えております。私、実は7年前に市長になりましてから、この芸術文化につきましては本当に私自身も非常に関心を持っておりまして、市としての芸術文化事業というものをいろいろな形でやってまいりました。そういう部分でまだまだその中身が充実されたわけではございませんので、改めてこの条例の制定に当たりましては一番大事なプロセスが必要だろうというふうに思っておりまして、そのためにもそれにはどうしたらいいのか、こういうことになるわけでありますが、市内の在住の文化人もたくさんおります。あるいは芸術団体の方々もたくさんおります。そういう人たちを広く市民参加を得まして、あらゆる角度から検討が必要だというふうに思っております。また、現在におきます市民文化振興の諸事業の点検も改めて必要、見直しですね。いろいろと見直していく必要もあるかというふうに
P.205
も考えております。
 幸いにして、現在埼玉県でも実は文化活動を盛んにしていくために意見交換会が開かれております。この意見交換会が実態調査も実はやっております。年度内にこの実態調査の中間報告をまとめまして、平成16年度以内に県庁内の内部において検討に入るという情報もいただいております。そこで、当然県、市でお互いの文化の機能、役割をどう定めていくのか、そういうものも実は見きわめながら、質問者が言われております第三次総合振興計画・後期基本計画の中への挿入をしっかりと前向きに取り組んでいきたい、このようにも思っております。
 参考といたしまして、これは意見交換会が川越市周辺、あるいは越谷市、川口市、そして熊谷市と、この4回ばかりを県では実施したという記録がございまして、平成16年度内にその内容がまとまるというふうに思っております。ちょうどいい時期に当たるのかなと、このようにも考えておりますので、前向きに検討してまいりたいと思っております。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、防犯対策につきまして、4点ほどご質問いただいております。若干答弁が長くなるかなというふうに思いますけれども、ご了承いただければと思います。
 まず初めに、平成16年度の防犯施策についてでございますが、市の施策といたしましては、防犯ブザーを小学生児童に配布するとともに防犯マップを作成し、市民に犯罪のない現況を周知いたします。また、防犯推進会議の会員などを対象として、自主的防犯活動支援のための講習会を実施していきます。
 次に、条例施行に伴う予算計上についてということですが、市の施策が市民ニーズと整合することが必要であり、補正予算の対応等を考えております。市の防犯施策は、市民の自主性、主体性を阻害しないよう、防犯推進条例に基づく防犯推進会議を通じて防犯施策を団体とともに考えていく所存でございます。
 次に、警察官の増員及び交番移設にかかわる要望等についてお答え申し上げます。東入間警察署では、平成15年度は約10名の増員があったとのことでございます。なお、平成16年度の増員については、現在のところ不明というところでございます。警察官の採用は、年により数回分かれておりまして、また採用後、採用基準にもよりますが、6カ月から10カ月間程度の研修期間を経て任地が決定されるため、現時点で東入間署の増員はわからないということでございます。また、本市に対する効果についてもパトロールの回数、増加等の効果はありますが、交番の常駐化までは図られていないところでございます。
 次に、交番の移設でございますが、昨年の10月11日付で埼玉県警本部に対し、市役所の交番を上福岡東口方面に移設いただくよう要望しておりますが、現在のところ新たな回答はいただいて
P.206
いないということでございます。今後もこの点につきましては継続して、強く県警に要望をしていきたいというふうに思っております。
 3番目の児童生徒を犯罪から守る安全対策についてですが、児童生徒を守る予防対策や連絡体制の施策については、自治会、学校及びPTA、子ども110番等関係団体の連携した地域単位での防犯活動が必要であると同時に、広い範囲で活動する児童のため、広域的な施策も必要となります。この点について、防犯推進条例に基づく防犯推進会議に意見を聞きながら、児童生徒を犯罪から守る実効性の高い施策を見出していきたいと考えております。なお、当面の施策につきましては、教育委員会とともに父兄、地域に児童等に対する注意を働きかけていきたいと考えています。
 4点目の警察車両に準処した庁用車による夜間パトロールなどの市内の防犯強化についてですが、平成16年度に白黒、いわゆるパトカーに準じた警備、警察車両に塗装した車両を1台導入予定しております。防犯パトロール等に利用する予定ですが、防犯対策では市民個人が防犯に気をつけていただくことが重要であり、その相対として犯罪のないまちが成り立つものと考えております。以上の点から、市は市民の防犯のために犯罪の情報を正しく提供し、市民の防犯意識を高めていくことが大事なことと考えております。また、夜間のパトロールにおいても、防犯推進会議に参加をお願いする予定の消防団、半鐘を鳴らしながら防災パトロールなどの際に防犯上に注意を払っていただくよう協力を要請する考えでございます。ご質問の市による夜間パトロールは、職員の勤務時間の見直し、他の組織の整備が必要であり、現況の対応は難しいと考えます。また、シルバー人材センターへのパトロールの代行委託につきましては、夜間に及ぶ作業であり、低速での市中車両運転など危険が伴うおそれも考慮しなければならず、委託は難しいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 防災交通対策関係のご質問にお答えをさせていただきます。
 初めに、藤間陸橋の件についてお答えをさせていただきます。この歩道橋の件につきましては、昨年11月に川越市と上福岡市の問題を話し合うために、双方の助役を含めた検討会議を開催いたしました。その中で、今後も改善に向けて努力していくことで意見は一致しておりますので、改善に当たりまして引き続き両者におきまして協議を進めてまいりたいと思っておるところでございます。
 次に、通学路の安全対策についてお答えをさせていただきます。北野地区の通学路の安全対策につきましては、この地区の道路のほとんどの道路が4メーターと幅員が狭いため、グリーンベルト、スクールゾーンの設置もできない現状でございます。また、通学路安全点検調査表におき
P.207
ましても生徒が安全に通行できるよう要望されておりますので、教育委員会とも連携をとりながら地域性に応じた効果的な交通安全対策として実施できます外測線等の表示を行ってまいりたいと思っております。
 次に、北野地区の道路拡幅改善計画についてですが、市道第508号線につきましては地権者にご協力いただけるよう用地交渉をしたところでございますが、ここで1軒協力に向け検討するとの意見をいただいておりますので、今後とも引き続き拡幅できるよう交渉をしてまいります。
 次に、元福岡交差点坂下に歩道をについてにお答えをさせていただきます。市道第439号線には古木の桜が道路の両側に植樹されており、現状で桜の根を傷めない歩道を設置することは難しい状況です。桜は根などを傷めますとかなり枯れやすくなりますので、現在の桜を多くの市民の方に鑑賞していただきますので、よい方法がないか調査研究をした中で検討してまいりたいと考えております。
 次に、イトーヨーカドー前に信号機の設置についてお答えを申し上げます。何回ものご質問で恐縮しているところでございますが、平成16年度信号機設置の要望につきましては、順位を繰り上げて早期設置できるよう東入間署に強く要望しました。今後も、設置に向けて努力してまいりたいと考えておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山崎高齢福祉課長。
         〔山崎豊副参事兼高齢福祉課長登壇〕
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 防犯対策のうち、高齢者に防犯ブザーをというご質問に対してお答え申し上げます。
 最近の社会世相を反映して、高齢者をねらったひったくり等の犯罪が多発傾向にあることは承知しております。こうしたことから、先月開催しました老人福祉センターでの太陽の家の教養講座におきましても、東入間警察署の協力を得まして「空き巣やひったくりから身を守る」と題しての講座を開催いたしたところでございます。ご指摘いただきました高齢者にも防犯ブザーをということですが、高齢者の安全を守る視点から、防犯推進条例の趣旨にのっとって防犯推進庁内検討会議等に諮ってみたいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 児童生徒を犯罪から守る安全対策についてお答えいたします。
 学校等における安全対策といたしましては、各学校では教職員の意識の向上を図るための研修会の実施、また緊急対応マニュアルの作成によりまして、校内体制の整備を図っておるところであります。開かれた学校と安全対策の兼ね合いが話題となっておりますが、すべての小中学校で
P.208
学校への来訪者の確認を徹底しております。立て札や看板等による案内、入り口や事務室を明示し、来訪者には受付簿への記入と名札等をつけていただいております。教職員には、来訪者に声をかけるよう指導をしているところであります。
 学校への侵入に対する連絡体制でありますが、まず事故発見者の対応を明確にいたしまして、避難指示、不審者への対応、近くの職員への応援要請、警察署、消防署への通報等、その場に応じて可能な限り適切な対応ができるようマニュアルを作成しております。連絡体制を含めまして、全教職員が公務文書をもとに役割分担をし、適切にかつ迅速に対応できるように共通理解が図られているところであります。また、不審者侵入時を想定した避難訓練もすべての学校で実施しております。
 登下校時の緊急体制についてでありますが、通学路を通っての登下校の徹底と安全マップの作成により注意を払うべき箇所を把握し、保護者にも通知しているところであります。また、交番や子ども110番の家の周知と万一の事態が発生した場合の対処方法を具体的に指導しているところであります。教職員、PTAによる登校指導、放課後のパトロール等も実施しております。また、登下校時等の事故に対しましても、最初に通報を受けた教職員の対応とその後の連絡体制について共通認識を図っているところであります。今後におきましても、学校、PTA、自治会、警察等地域の方々にご協力を得まして、登下校時の安全確保を充実させていく考えであります。
 図書館についての将来像でありますが、図書館についてお褒めをいただき、大変ありがとうございます。市民図書館の将来像ですが、公共図書館の目的は市民に対する知識と情報の提供にあります。これからの図書館は、単に本を貸し出すだけではなく、さまざまな手段を通じて市民が必要とする知識や情報を提供することで、社会を豊かにしていくことにこそ存在価値があると考えております。市民図書館では、地域電子図書館構想検討協力者会議がまとめました報告書により、2005年の図書館像、地域電子図書館の実現に向けてを図書館の将来像と考え、一歩でも近づけるようにとサービスの改善に努め、高度情報化に対応した利用者用パソコンの導入やパソコン講習会を開催してまいりました。今後は、ビジネス支援や市民の日常生活支援に役立つような情報発信ができるように、さまざまな課題ごとに図書館資料に付加価値をつけた情報の提供に努めていきたいと考えています。
 また、レファレンスサービスでは、利用者が図書館に蓄積された資料の検索方法や情報の引き出し方について質問し、司書がそれに答えておりますけれども、これからの公共図書館は情報を利用者に仲介する役割を果たすだけではなく、司書みずからが情報資源をつくり出すことが必要になっておると考えております。公共図書館は、情報利用の手がかりとなる検索ツールのデータベース化を行うことができるとともに、そのツールの作成が重要な役割を担うと認識しておるところであります。そのためには、図書館から情報を発信できる図書館員の資質にかかってまいりますので、より一層図書館員の資質の向上を図っていきたいと考えているところでございます。

P.209
○五十嵐正明 議長 岸川彌生議員の再質問を許します。
◆岸川彌生 議員 まず最初に、市内の防犯対策について再質問します。
 答弁伺いましたけれども、とにかくひどい答弁だなと思いました。はっきり申し上げます。まず、部長申し上げますけれども、結局やっておられるのは、ブザーを買う、防犯マップをつくる、講習会をやる、そしてすべては防犯推進会議でやるということですよね。では、防犯推進会議でどこまで市民の方にそれだけ、これもやってくれ、あれもやってくれというふうに話聞こえますけれども、それで今上福岡市の状況は、ひったくりが埼玉県の中で3番目に多いのです。そのひったくりをされた方たちは、心の傷というか、トラウマのごとく大変な思いをしているのです。上福岡市はひったくりが今3番目に多いのです。それが解決できるのは防犯ブザー、もちろんこれは大事なことだと思います。防犯マップ、講習会、あとは防犯推進会議、これで解決するのだったらもうとっくに解決していると思うのです。本来ならば、私が申し上げたいことは、上福岡市の行政としてなぜひったくりが多いようなまちなのか、原因を究明するの当たり前のことではないですか、そんなことは。私はそのこと部長とも何回もお話ししてきて、総点検やってもらいたい、一人一人の事例もお話をしてきました、このケースの場合はこうだ、今は夜中ではない、夕方だと、なぜ急激にふえているのだと。そういうようなことで当然市として、行政としてやるべきことは、この防犯推進条例の次に安全大綱をつくるのが極めて当たり前だと思うのです。江戸川区では、実際にそれをつくっているのです。もちろんほかの行政区でもやっていると思いますけれども、江戸川区ではやっぱり犯罪が多いということで、ハード面とソフト面に分けて、住宅対策、それから死角のないまちづくり、防犯カメラの設置、それから商業施設の防犯対策とか、それから公共の公園ではどのようなところからどうして事件が起きるのかと、道路のことに関してもすべて総点検やっているのです。ソフト面でも同じように、一人一人の防犯意識の向上と地域を挙げての取り組みの運動をやっているわけです。こういうことの中でも、それでも事件が起きているのです。それを何ですか。私も簡単に終わろうと思ったけれども、ブザーを買って、防犯マップをつけて、講習会をして、あとは推進会議で話し合うと。そして、県警には要望書を出しておいて回答がない、今のままで回答も聞かなかったということではないですか。私今までずっとこれどうしましょう、どうしましょうと政策のことでいろいろ話してきましたけれども、余りにもちょっと誠意がないのではないかと思うのです。ですので、2回目答弁を市長お願いいたします。
 特に子供に対しては、子供安全対策本部ということが私は必要だと思います。安全な学校の条件というのはどういうことなのか。学校が一番安全であるべきなのです、行政として。安全なところでなければおかしいのです。この安全な学校という条件は、上福岡市としてはどういうふうに条件を設定しているのか、その辺のところを子供対策本部として行政一同挙げて将来の上福岡市を担う本部をつくってそれを政策展開するのは、私は今極めて普通のことだと思いますけれど
P.210
も、いかがでしょうか。
 それからあと、高齢者の方に防犯ベルをと私申し上げましたけれども、このご答弁も非常に、私も何なのと思いましたけれども、検討して庁内会議に諮ると。ご自分の課としての政策はどうなのですか。私は、9,430名の方から署名をいただいてお届けしているのです。上福岡市5万人の方から9,430名の方の署名をいただいています。その方たちの声を今当然政策としてどうなのかとお考えになられるのは、私は普通だと思う。それいかがでしょうか、もう一度お願いします。
 そして、最後に市長にもう一度お願いします。市長の趣旨するところはよく理解できます。その上でちょっと私が正確に理解できなかったのですけれども、県の中間報告を聞いてからということなのですけれども、今現在上福岡市としては第三次総合振興計画・後期基本計画をつくっています。その中にこの文化芸術都市宣言及び文化芸術基本条例、文化芸術振興条例というものを取り入れた政策展開を進められるお考えがあるのか、ご答弁をお願いいたします。
 以上で再質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 まず、防犯対策の今お話で、大変質問者もご不満の点をよくわかります。ただ、今回防犯推進条例そのものがこの3月議会においてつくられたということで、その内容が、これは私の方でちょっと慌てた部分あるのです、正直な話。今質問者が言われるように余りにも事件が多いために、少しでも早く、これある意味でそういう条例ができたという一つの効果も期待をしました。そういう中で、まだまだ事件が全く減らない。そういう状況を考えますと、今担当者としては、これは私がそれを擁護する意味ではなくて、ひとつご理解いただきたいのですが、やはりそのもとをつくって、改めて私はこれ予算編成の中で、3月には間に合わなかった。当然これは6月には少なくとも予算編成を、ぴしっと予算を取り入れてしっかりとやっていきたいと、このように思っておりますので、少々の時間をいただければと、このように思います。
 それから、もう一つ条例の話。これは、実は今質問者が言ったように、これ平成16年、平成17年で後期基本計画をつくるということになっています。幸いにして本年度そういう話が出てきますから、これは並行しながら私たちは上福岡市としての芸術文化どうあるべきなのか、これは検討するの当たり前なことだと思っています。それとあわせて県のものができ上がってくるわけですから、それの整合性もきちっとつくっていけば、後期基本計画の中では間違いなく私はいい一つの文化芸術振興の考え方がつくられるのかなと、このように思って申し上げているのでありまして、決しておくれて、また延ばしてということではなくて、そういう時期と要するにタイミングをしっかりとるということも必要だと思っておりますので、その点もひとつ理解をしていただければありがたいと、このように思っております。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。

P.211
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時02分
   再 開 午後2時03分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 武藤市長。
◎武藤博 市長 大変失礼いたしました。3月というお話ししましたけれども、12月に既にできておりまして、そのできたものをしっかりと取り組んでいきたいと、このように思っておりますので、ご理解をいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 山崎高齢福祉課長。
◎山崎豊 副参事兼高齢福祉課長 高齢福祉課としてどう考えているのかというご質問でございます。
 当然うちの方も、先ほど申し上げましたとおり、そういうひったくり等の犯罪が多発しているということは承知しておりまして、その関係でことしの教養講座のテーマを設定するときも、4日間やった中のうちの1日を防犯というテーマでの講座を開催したところでございます。ブザーのことにつきましては、条例が今できていますので、その中での手続ということで、先ほどの検討会議に一度のせるということの意味で答弁申し上げました。ご理解いただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 岸川彌生議員の再々質問を許します。
◆岸川彌生 議員 市長、よくわかりました。よろしくお願いいたします。
 さっき2回目の再質問のところで質問し忘れたのですけれども、教育長に、よくやっておられるのは理解できますけれども、マニュアルという面において整備というのは確かに大事ですけれども、マニュアルはマニュアルであって、あくまでもその枠を変えない。絶えず防犯の必要性、これを訴え続けることが、私は最大の防犯だと思います。ちょっとした油断、もう大丈夫だろうというところに必ず事件、傷害事件、そういうものが起きる可能性が高いと思っています。その上で何としてでも、子供の事件が上福岡市で前回起きましたけれども、再度起きないように、先ほど市長もご答弁いただいて、再度教育長にも、大変恐縮なのですけれども、私は教育委員会として子供安全対策本部というのを練って総点検をぜひお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
 再々質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時05分
   再 開 午後2時05分
………………………………………………………………………………………………………………………

P.212
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学校での安全対策本部の設置ということではなく、現在学校でマニュアルをつくり、定期的に指導、また訓練をしているところであります。議員ご指摘のとおり、積み重ねが安全に対する仲介になると思いますので、私も会員になっておりますので、安全対策本部の設置は防犯推進会議等におきましてお願いしていきたいと思っております。
○五十嵐正明 議長 岸川彌生議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時08分
   再 開 午後2時22分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、高橋順子議員の質問を許します。
         〔7番高橋順子議員登壇〕(拍手あり)
◆高橋順子 議員 ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告に従って質問をさせていただきます。
 まちづくりについて。一つ目に、滝、長宮地区に公園設置について。公園をつくる会の代表者の方と市民の声2,120名の署名を持って市長にお届けしてはや1年2カ月、いよいよ平成16年度当初予算の中に算入していただきました。大変ありがとうございました。そこで、確認並びに具体的に質問させていただきます。まず、土地の確保については、現在のところ約1,200平方メートルですが、今後拡大のお考えはあるのでしょうか、伺います。また、賃貸ということですが、契約はいつごろを目標に考えておりますか。それによって土地整備に取りかかると思われますので、伺います。どんな公園にしていくかについては、市民の声をぜひ取り入れていただくことを前提に考えていただけるのか、伺います。近くには保育園があります。園庭は狭く、周りは住宅に囲まれ、公園ができるとなればきっと喜んでいただけると思います。また、新しく家が建ち並び、しかも子育て真っ最中の若いご夫婦が多いようです。子供たちにとっても、また大人にとっても、公園という環境空間は大変重要なスペースと考えます。市民の皆様の要望は多種多様です。それだけに皆さんの公園にかける期待は大きなものがあります。市民の皆様の要望は、三輪車で遊べる公園を、水道をつけてほしい、トイレをつけてほしい、いすをつけてほしい、防犯のことを考えた明るい公園にしてほしい、時計をつけてほしいなどなどです。ぜひ一日も早く広くてだれでも憩える公園をお願いするものです。いかがでしょうか、お答えください。
 次に、地域の環境美化の取り組みについて伺います。花いっぱいのまちづくりを目指してみま
P.213
せんかという提案です。上福岡市は、自然環境の面でも花も緑も少ないように思います。当市には、花が大好きで、花づくりをしている方々がたくさんおります。そのお一人から、「築地地区には芝生公園があります。そこの周りに花を植えてはどうでしょうか」との問い合わせをいただきました。そういった場合の手続はどうすればいいのでしょうか、伺います。まちにはちょっとした空き地がたくさんあります。そこを利用して花壇づくり等まちの美化ボランティアさん募集として活動していただくことはできないでしょうか、伺います。昨年和光市では、環境美化ボランティア活動支援制度実施要綱を定め、実施しております。詳しい内容等は検討していただき、推進をしていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。
 次に、子育て支援について伺います。ブックスタートの現況について伺います。昨年、平成15年4月よりブックスタート事業が始まりました。児童福祉課と市民図書館と保健センターの円滑なチームプレーで、乳児の10カ月健診時にブックスタートパックを手渡していただいております。パックの中身は、絵本2冊とエプロンと図書案内パンフが入ったものです。この事業の目的は、絵本の読み聞かせを通して親と子のスキンシップ、親子のきずなをはぐくみ、情操教育を養うことにもなります。一番の肝心なことは、配布されている絵本の活用がされているかどうかでございます。そこで伺います。この1年間で何人の方に配布していただいたのでしょうか。また、配布されて喜んでいただいているとは聞いておりますが、実施成果をどのように把握しているか、伺います。また、配布した後のフォローをどうするかについて伺います。また、実施して感じたこと、課題がありましたら伺います。
 二つ目に、不妊治療の補助について伺います。希望に燃えて結婚生活をスタートした2人にとって子供ができることは当然のことのように思われますが、2年間できなかった場合には不妊症と言うそうです。私たちの周りにも不妊治療をしている方が意外に多いことに驚きます。不妊治療を出口の見えないトンネルとか、ジェットコースターに乗っているようだとか例えられている方がおられます。ゴールの見えない道を行くには不安も伴います。また、治療過程でも心も体も大きく揺さぶられます。そういった状態におられる方に対して、周りにいる私たちは何ができるのでしょうか。どのような言葉をかけたらいいか、どう対応したらいいか、困ってしまいます。今不安と不妊に悩む夫婦は、10組に1組と言われます。不妊治療にもさまざまあるそうです。排卵誘発剤などの薬物治療や一部の手術には医療保険の適用があるものの、人工授精や体外受精の一種で顕微鏡を見ながら精子と卵子を操作して受精させる顕微受精には保険が適用されておりません。そのため治療費の総額が100万円を超える夫婦が全体の4割以上を占め、重い経済負担に苦しんでおります。公明党が推進役となって与党がまとめた助成案は、体外受精か顕微受精による不妊治療を受けた場合について、一定の所得制限を設けて、夫婦合算の給与所得ベースで650万円の所得制限を設け、10万円程度を年1回、2年を限度に支給する助成制度がことしの4月に実施が予定されていると思いますが、市としての対応と助成の考え方を伺います。当市において保
P.214
健センターへの相談の問い合わせは何件ありましたでしょうか、伺います。
 次に、教育について、小学校の普通教室の扇風機設置について伺います。扇風機設置につきましては、全小学校の1、2年生限りですが、平成16年度当初予算に算入していただき、大変ありがとうございました。富士見市、三芳町は、既に小中学校に設置が決定されたと伺いました。ことしの夏は小学1、2年生にとって少しは過ごしやすいかと思いますが、全校に至らなかったことは残念です。ここに至った経過について伺います。また、状況を見て考えていただけるのでしょうか、伺います。
 次に、不登校の現状について伺います。不登校の現状については、不登校の要因はどこにあるのでしょうか。保護者は学校生活に起因していると言い、学校は家庭生活に起因していると言うが、一口では言い切れない原因が複雑に絡み合っているだけに、なかなか減らない状況をどう見ていけばいいのでしょうか。市の教育相談室で月1回研修をしていると聞きましたが、教員にどのような影響を与えているのでしょうか、伺います。また、学校での教師の取り組み、教育委員会の取り組みについて伺います。ことしも4月には、新小学1年生、新中学1年生を迎えます。親にとっても、子供にとっても、不安を隠し切れません。小学生の場合においては、幼稚園もしくは保育園との連絡などとれる状況にあるのでしょうか。同じように、小学校と中学校との連携はとれるのでしょうか、伺います。少しでも不安を解消してあげ、不登校になる前の予防という意味で相談窓口対応を設けてはどうでしょうか、伺います。
 次に、食育について伺います。小児は徳育よりも知育よりも体育よりも食育が先とありますように、どの家庭でも子育てとしつけの基本というくらい食は健康の源です。食に対する指導の基礎、基本は、児童生徒の望ましい食習慣を形成するとともに、好ましい人間関係の育成を図り、心身の健全な発達に資することになります。そこで伺います。食育、教育指導の現状について、小中学校、保育園、幼稚園、保健センターそれぞれの取り組みについて伺います。
 最後に、学力アップのための対策について伺います。学校では、学力をどうとらえているかについて伺います。
 以上で1回目の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 まちづくりの中の滝、長宮地区の公園設置についてお答えをさせていただきます。
 滝、長宮地区への新設公園設置につきましては、以前から早期に実施してほしい要望をいただいており、市といたしましても用地確保に向けて積極的に取り組んでまいりました。しかし、候補地の地権者2名のうち、1名の方の承諾がまだいただけない状況でございますので、当地区には比較的オープンスペースも多くあるものの、適地として今のところほかに見当たりませんので、
P.215
今後もこの候補地で交渉を続けてまいりたいと思っております。
 また、契約につきましては、できるだけ早い時期に契約できるよう努力をしてまいりたいと思っておるところでございます。
 また、それと面積についてですが、当面は今申し上げましたところのお二人の方の土地を予定しておりますので、約1,200平方メートル程度ということでご了解をいただければと思っております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
         〔藤田光雄児童福祉課長登壇〕
◎藤田光雄 児童福祉課長 それでは、私の方にご質問がありました2点につきまして、お答えを申し上げます。
 まず初めに、ブックスタートの現況でございます。ブックスタートにつきましては、本年度4月から実施した新規事業であります。支給者数につきましては、4月から2月までの保健センターで実施した10カ月児健診の受診者につきましては全員にお渡しをしております。今までの支給者数は、延べ395人となってございます。反響につきましては、2冊の基本セットのほかに、兄弟などがいて既に絵本をお持ちになっている世帯を考慮し、交換用の絵本を用意したこともあり、大変喜んでいただいているのが現状でございます。
 また、10カ月健診時に行うこととした事由につきましては、市民図書館、保健センター、児童福祉課で打ち合わせを行い、既に図書館の事業として保健センターの10カ月健診で絵本の読み聞かせを実施していたこと、また絵本に興味を示す月齢といたしまして4カ月では早過ぎるのではないかということから、10カ月健診の際に実施することにいたしました。ブックスタート事業はまだ1年目ということもあり、また現在もっと早く行ってほしいという市民からの声も聞いておりませんものですから、このままの形で様子を見させていただきたいと考えております。
 課題につきましては、受診に来られない方への対応となりますが、これは当初の打ち合わせのときから懸念をしておりました。保健師が未受診者宅を訪問する際、ブックスタートのお知らせを渡し、児童福祉課へ来庁いただき、お渡しができるようになっております。しかし、来庁いただけない方がおりますので、このような方をどうするかが今後課題となっておるのが現状でございます。今後につきましては、関係課と協議をして対応を考えていきたいと考えております。
 次に、食育につきましてお答えを申し上げます。保育園における食育につきましては、生活習慣病の若年化が問題にされており、給食を通して子供や家庭に食に関する働きかけを積極的に行い、乳幼児期に望ましい食生活習慣を身につけさせ、健康の基礎づくりを行うことが大切ではないかと考えております。具体的には、3歳児から5歳児の児童につきましては季節の食材を取り入れ、児童の調理実習に栄養士と調理員が取り組んでおります。また、保護者に対しましては、
P.216
毎月の献立表に栄養や食生活の重要性など、啓蒙をしているところでもあります。なお、年1回試食会を開き、食事の大切さや発達に合わせた調理方法などをお伝えをしているところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 答弁漏れがございましたので、長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 大変失礼いたしました。2番目の地域の環境美化の取り組みについてというご答弁が抜けてしまいましたので、申しわけございませんでした。それでは、地域の環境美化の取り組みについてお答えをさせていただきます。
 公園は住民に身近な暮らしの中にあって、子供の遊び場や老人の憩いの場としても、より地域コミュニティー活動の場として多くの人に利用していただいていると思います。したがいまして、地域の自治会、子供会あるいは園芸が趣味のグループなどが公園の花壇を利用していただくことは望ましいものと思っております。ただ、公園によって植栽スペース等がない公園などもありますので、事前に市と相談をしていただきたいと思います。市といたしましては、住民から花壇設置の要望は多く、花の育成管理は子供、大人ともに参加できる活動であることから、活動を通じて公園への愛着が生まれ、住民による公園の維持管理等、管理意識が高まっていただければと期待しているところでございますので、よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 米窪保健センター所長。
         〔米窪堅治保健センター所長登壇〕
◎米窪堅治 保健センター所長 ご質問は2点ありました。子育て支援、不妊治療の補助について、それから食育ということでございます。
 最初に、不妊治療の補助についてお答え申し上げたいと思います。補助金支給の考え方。不妊治療の原因となる男女比率は、1対1と言われております。不妊治療で医療保険が適用されているものは、先ほどご質問者が言っておられましたけれども、検査、薬物治療、排卵の誘発やホルモン補充等や外科治療、精子、卵子の通過障害や卵管等の癒着の治療、これが今補助されます。医療保険が適用されていない主な治療には、人工授精、体外受精、先ほどもご質問者言っておられましたけれども、顕微受精があります。自己負担費用は、人工授精が5,000円から2万円、体外受精が20万円から40万円、顕微受精が40万円から60万円ぐらいです。市としましては、現在のところ不妊治療の助成については考えておりません。
 次に、保健センターの不妊治療の対応方でございますけれども、保健センターに医療費以外の相談があった場合は、これは毎週火曜日、金曜日に開かれておりますけれども、埼玉県が委託している埼玉医科大学総合医療センターの不妊専門相談センターや専門医療機関を紹介しています。

P.217
 それから、県の支給額の考え方でございますが、国では先ほどもご質問ありましたように、平成16年度次世代育成支援の一環として不妊治療の経済的負担の軽減を図るため、医療保険が適用されず、高額医療費がかかる配偶者間の不妊治療費の一部を助成する事業がスタートする予定です。事業課によりますと、対象となる治療方法は体外受精と顕微受精です。給付内容は、年額10万円を限度に継続、隔年にかかわらず通算2回を限度に支給するというようですが、所得の基準については不明です。申請窓口は保健所にあるようです。具体的内容につきまして埼玉県こども家庭課に2月26日に私ども問い合わせておりますが、国から正式な通知が来ていないこと、それから県議会開会中であり、詳細は示すことができないとの回答でした。今後具体的内容が明らかになった段階で市民の皆さんにお知らせ申し上げたいというふうに考えています。
 次に、食育についてでございますけれども、保健センターの取り組みはどうしているかということでございます。保健センターにおける乳幼児の食育指導は、母子保健法に基づいて実施しているところの4カ月、10カ月、1歳6カ月並びに3歳児健診時において、栄養士、保健師が実施しています。
 初めに、4カ月、10カ月児健診時における指導内容でございますが、4カ月児におきましては離乳食をつくり、離乳食の大切さや簡単なつくり方を初め、試食も含めた愛情を深める与え方の指導を行っています。この授乳期、4カ月、10カ月の主な食育指導ポイントとしまして何点か申し上げますと、一つには離乳食の開始は個々の発達に合わせて機嫌のよいときに開始するが、早過ぎると腸内の善玉細菌が定着できないことから、5カ月を過ぎてから始めるようにという指導をしております。2点目には、最初に与える食事は、乳児の消化酵素や免疫力を考慮し、野菜スープやつぶしがゆ、次にジャガイモやカボチャ等のペーストを勧めるようにしております。それから、3番目には、スープのだしは昆布と干しシイタケでとり、日本の伝統的食文化と健全な味覚の発達を促すよう指導しております。それから、4点目につきましては、果汁は未発達の膵臓に負担がかかることや偏食になりやすいことから、与える時期と量、タイミング等に注意するよう指導しております。等々4カ月、10カ月の指導をしています。10カ月においては、言葉の理解や発語、歩行等に影響を及ぼすおそれがある鉄分の摂取不足に注意するなどが指導内容です。
 次に、1歳6カ月並びに3歳児健診時期における指導内容でございますが、1歳6カ月健診時におきましては、野菜と小魚がたっぷりのお好み焼きや、歯ごたえがあり、お砂糖を使用していない簡単なおやつ等をつくり、親子での試食を実施しております。幼児期の1歳6カ月、3歳児の主な食育指導ポイントといたしましては、バランスのとれた食事内容とするため、主食、主菜、副菜があるようにすると。それから、2番目に、食事の悩みは、遊びや睡眠など1日の生活リズムの中で総合的にとらえ、解消する。3番目、食事中はおもちゃを片づけ、テレビを消し、食事に集中させる。遊び始めた場合、本人に食事をおしまいにするか判断させるようにし、自己決定権を養わせる等々指導をしているということであります。

P.218
 以上が保健センターにおける主な乳幼児の食育指導でございますが、ご承知のとおり今国会に提案されるだろうというふうに言われておりますが、いわゆる食育基本法、これが制定された段階、それから2月19日、厚生労働省の食を通じた子どもの健全育成のあり方に関する検討会が報告書を出しております。これは、「楽しく食べる子どもに〜食からはじまる健やかガイド〜」というものだそうですが、これが間もなく都道府県、市町村、全国の保健所、保育所、関係団体に配布されるという通知が来ておりますので、これらが配布されたり、あるいは制定された段階に、さらに未来の子供たちの栄養改善や食を通じた心や体の健全育成に誠意努力していきたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
         〔島村栄参事兼教育次長登壇〕
◎島村栄 参事兼教育次長 小学校普通教室の扇風機の設置に関しまして、その状況についてということでございます。
 学校への扇風機設置につきましては、質問者からも長い間ご要望をいただいておりましたけれども、平成16年度におきまして、小学校普通教室31クラス、40センチの大きさでございますけれども、扇風機をそれぞれ2基ずつ設置する予定で現在の予算計上をさせていただいております。この扇風機の設置に当たりましては、なるべく経費をかけないようにということを私ども考えまして、各学校において契約の電力量、これを変更しない中で何とかやれるということ、それから他の市町村の設置状況等を伺いまして、特別なコンセント工事の増設など極力避けて、1教室でも余計につけられるような配慮からこのようになったところでございます。
 続きまして、不登校関係でございますけれども、小中学校の連携につきましてでございますが、小学校から中学校へ移行する時期におきまして不登校になる可能性が高くなるというデータもございまして、小中学校の連携は不登校防止にとってまことに重要であるというふうに考えております。また、そういう観点からも実施を取り組んでおりまして、小中連絡会や生徒指導主任会、また教育相談員ネットワーク会議等を通しまして学校、地域、家庭との信頼関係を深め、児童生徒の状況把握と変化を敏感に感じ取りまして、早期に対応するよう連携をさらに今後も充実させていきたいというふうに考えております。
 それから、教育にどのような影響を与えているのかということでございますけれども、本市の独自の取り組みといたしまして、教育相談員ネットワーク会議を月1度実施いたしまして、適応指導教室への通室児童生徒の状況、各学校の現状等につきまして情報交換を行い、より適切な対応について協議をしまして、それを通しまして教職員の指導、支援に生かし、学校現場に反映できるようお互いに連携を進めております。
 それから、学校での教師の取り組みということでございますけれども、生徒指導主任、教育相
P.219
談主任を中心とした学校教育相談体制の充実に努めてまいりまして、校内教育相談室で相談活動を実施しており、保護者、本人との電話相談、面談、家庭訪問を積極的に行っております。また、保健室登校、相談室登校等も受け入れ態勢を整えておりますし、また加えてさわやか相談員とも連携をともにしまして、児童生徒一人一人に対してそれぞれの実態に合わせた家庭訪問、電話や手紙等による連絡、関係機関等との連携、臨床心理士を交えてのケース会議の実施など、適切な手段により対応をしているというところが現状でございます。
 それから、教育委員会の取り組みということでございますけれども、市では教育相談室がございまして、教育相談室における適応指導教室において、学校に戻れることを前提といたしまして常任相談員が日々対応をしているところでございます。また、校長会議等を通じまして状況の報告やら相談室の活用を周知するとともに、各種カウンセリング、研修会、講演会等を実施して学校の支援をしているところでもございます。
 それから、小中学校の食育指導の現状ということでございますけれども、子供たちの健康な心身の発達のためには、望ましい食習慣、給食を通じて社会性を育成したり、食文化を理解する上でも大変重要な役割を果たすものというふうに認識しております。本市の小中学校においても、各教科、領域、総合的な学習の時間の中で、食に関する指導を実施しており、また各学校では学校給食調理場の栄養士による食に関する指導を学校とともに実施し、給食についての集会や給食委員会の活動を活発にし、好き嫌いをせず、残さず食べようという取り組みをしたり、昼食時の放送では献立の説明等リクエスト給食や交換給食、それから標語等の募集を通して食への関心を高めているところでございます。その給食指導、食に関する指導では、栄養素の働きやかむことの大切さ、食事のとり方やマナー等指導をしております。そのほか、学校だより、保健だより、学校給食献立表などの発行により、家庭への意識改革にも取り組んでいるところでございます。
 それから、学力をどのようにとらえているかということでございます。学習指導要領は、子供たちに基礎的、基本的な内容を確実に身につけさせ、みずから学び、みずから考える力などの生きる力をはぐくむことをねらいとしております。生きる力とは、変化の激しいこれからの社会を生きる子供たちに必要な確かな学力、豊かな人間性、健康と体力の三つの要素から成る力でございます。確かな学力、知識や技能はもちろんのこと、これに加えまして学ぶ意欲や自分で課題を見つけ、みずから学び、みずからが判断し、行動し、よりよく問題解決する資質や技能まで含めたものであるというふうに認識しております。また、教育委員会におきましても、各学校も学力をこのようにとらえ、学習指導要領のねらいにのっとりまして、また実現に向けて努力をしているところでございます。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員の再質問を許します。
◆高橋順子 議員 それでは、再質問をさせていただきます。まず、通告順でお願いしたいと思います。

P.220
 先ほどの答弁の中でちょっと答えていただいていなかったところがありました。要するにこの公園をつくっていくには、市民の皆さんの声を反映していただけるのかということに対してお答えいただいていなかったのではないかと思います。ですので、もう一度お答えお願いしたいと思います。
 それと、今2人の地権者の方のうち、お一人だけが了解をいただいているということなので、これからまたその辺で動いていただくようになるということですが、これからなお長宮、それから滝方面というのは生産緑地もありまして、かなり土地も広い、そういう中で公園がないということで、もう再三皆様からのご要望が多かったわけなのですが、そういう中での1,200平方メートルとなりますと、ちょっと余りにも小さ過ぎるのではないか、そういうことで拡大のことは考えられるのかどうかということに対してもちょっとはっきりしませんでしたので、まず第一歩として1,200平方メートルということを目標にやっていただくということだというふうに私の方でもとりましたので、なお一層その辺でまた拡大していただけるように考えていっていただきたいということで要望していきたいと思います。
 それと、この要望の中に防犯についてということに対してすごく皆さんが神経を使っております。ましてや公園ではいろいろな事件も起きておりますので、その防犯について対応はどういうふうにしていくのか、伺いたいと思います。
 それで、とにかく皆様の近隣の方のご協力なしでは公園は成り立たないというか、皆さんの力でつくるものでもあり、また皆さんが憩える場所としては本当にご近所の方にご協力していただくしかないわけなのですけれども、そうしますと公園でのいろいろなトラブルとか起きたときにはこの防犯についてどのように基本設計で取り組んでいただけるのか、その辺も伺いたいと思います。
 次に、地域の環境美化の取り組みについてですが、これはその公園によっても、もちろんお花を植える状況ではないというところもあるということ、確かにそうだと思いますが、これはそうしますと、市の方に相談してくださいといいますと、窓口はどこになるのでしょうか。その辺がはっきりしません。というのは、今回美化ボランティアさんに、とにかくそういうところに、社会福祉協議会の方ですか、ボランティアさんが集っているところに一度入っていただいて、それでその方たちで推進していっていただければいいのかどうか。また、そういうことではなくて、そういう方たちに対して、例えばお花を植えるための種だけは応援していただくとか、そういうこととか考えられるのでしょうか。いろんな自治体がありますから、確かにボランティアでやっていただいているところも聞いております。例えば自治会関係でやっているところもあるのかなと思うのですけれども、ただとにかく自分たちの地域はきれいに花で飾りたいというか、花だけではなくて緑を多くしていきたいという思いが、やっぱり皆さんのお声の中でかなりあるということです。そういう方たちが、日ごろ自分たちで管理してあげられるからやりたいという方がい
P.221
るということなのです。ですので、そういう方たちが自分の身近なところからやっていきたいということなので、そういうお話をいただいたのをどうしてもやっぱり生かしていきたいということもありますので、その辺どこに行ってそういう指導をしていただけるのか。また、そういう団体に入ってくださいということであれば、またそれなりの団体に加入してという形になるのかなと思いますので、その辺。先ほど和光市の例を挙げたのですが、ここは要綱をつくっておりまして、年4回はやっていただいて、1団体が大体10人くらいで、それで活動をしているということなのです。そういう方たちは花だけではなくて、ごみとかそういうものも、ごみ捨てがあった場合、そういう身の回りは掃除していただいたりとか、そういうこともしているということも聞いております。ですので、上福岡としてはそういうことは考えられないのかどうか、推進はできないのかどうか、ちょっともう一度伺いたいと思います。もしそういうことがあれば、実際こういうことがありますよということを教えていただければまたそちらの方に加入していただくか、それでまた自分たちでつくり上げる団体にしていっていただくか、その辺ちょっと検討していきたいと思っておりますので、お聞きしたいと思います。
 ブックスタートの件ですが、この中では本当にやっていただいていく中で一番大事なところは、今後絵本の活用がされていかなかったならば意味がないというふうに私自身思っております。ですので、この活用をされているかどうかというものを、例えば何らかの形で把握していっていただけないかということなのです。例えばアンケート調査をしていただくとか、そういうことはできないのかどうか、伺います。
 不妊治療の補助についてですが、これは子育て支援という形から、本当に今までは高額でなかなか病院にも行けないという方がかなり多くいました。それで、あきらめる方がほとんどだったのです。そういう中で、そのお声が国の方にやっと届きまして、こういう形で、まだまだ保険適用されていない部分がありますが、一歩前進したかなというふうに思っております。これは、少子化対策の一つでもありますので、市としてはちょっとできないということですので、今把握しているのは、平成14年度のときの6月定例会ではそういう相談を受けた方が2人しかいなかったと。上福岡市では本当にそうなのか。でも、私の周りには実際おりました。かなりの方がおりました。ですけれども、そういうものは余り女性の方がなかなか言えない部分でもありますし、私たちも余りそういうことを聞けないというか、そういう面でつらい思いをしていたということも聞いております。実際問題お子さんがいなくて、本当に2人だけの生活をしているという方もあります。そういう人はそういう人なりの生き方というものを見つけておりますので、それはそれとしてこれからの若い方たちにとっては一歩前進したということで、これは県の範囲でやっていただくということですので、市の方も今状況も大変ですので、行く行くはそれはできないのかなと思いますが、これはただ少子化ということを考えたならば、やっぱりそういうお子さんのいない方に少しでも助成ができれば本当はいいのかなというふうに、できればこれは要望とさせてい
P.222
ただきたいと思います。どんな形かでかかわっていただければありがたいと思います。
 次に、教育問題ですが、扇風機に対しては今回は本当に1、2年ですけれども、全校というわけにはいきませんでした。本当に予算等も、教育関係の予算もなかなか大変な中で、これだけ算入していただいたということに対しては、大変ありがたく思っております。ことしの夏はそんなに暑くならなければいいなと思いながら、ただ小さいお子さんたちの健康の面で、地球温暖化ということから考えたならばまだまだやっぱり問題点もありますし、昼は日中かなり暑くなります。ですので、そういう場合紫外線に当たってがんになるというような病気も引き起こしたり等もしますので、そういう面では本当に学校の1、2年生くらいの体力だとやっぱり体力的に厳しい部分もありますので、それでちょっと考えてみていただいて、様子見るということでまた次の段階でやっていただけるようであれば全校にということも、小学校だけでもやっていただければと思います。いずれにせよ、ことしの夏が来たときにどうなのか、その辺もまた判断基準に入れて考えていきたいと思いますので、また要望とさせていただきたいと思います。
 それから、不登校についての現状について伺ったのですが、実際今年間30日以上欠席しているお子さんが、小学校では8名、中学校では37名、合計で45名いらっしゃるということです。なかなかこれは少なくならないなと。適応指導教室ということもつくっていただいたりしていく中で、いろいろと先生方もいろんな角度から考えていただいて、取り組んではいただいているということ、本当に頭が下がる思いでございます。ただ、こういう中で何が一体どうなっているのかなというところがあります。これは、不登校というのは、そもそも何でそういう不登校になったのかというところが、父兄も保護者も先生もお互いが中途半端な感じで取り組んでいるのではないかと。一番考えなければいけないのは、子供のことを本当に真剣に考えているかどうかというところが問われるところだと私は思います。一番大事なのは、本当に子供のことを真剣に保護者も、それから先生も考えていたならば、この45名、これクラスに何人くらいいらっしゃるのでしょうか。考えてみても、クラスでたとえ1人いたとしたら、その1人にかかる時間というのは、本当に時間かかるかもしれませんけれども、これは忍耐強く先生方も取り組んでいかなければ、一人の子を大事にしていかなければという、またそのほかの子供はじゃその辺でいいのかと、そのままにしておいていいのかということではありません。その一人の子をやっぱり通い続けながら信頼関係をつくっていただきたい。その信頼関係がないからこういう不登校がふえるのではないのかと。要するに先生と父兄との間の信頼関係、子供と親と、また子供と先生との信頼関係ができていないのではないかと。そういうお互いのコミュニケーションが一番問題なのではないかというところを私自身は考えております。ですので、だれかがやらなければいけない。それには先生が、また親が、子供のことを真剣に取り組んでいく人からしかこれは解決できないというふうに思います。実際問題不登校でそれを克服している人を私は見ております。その方たちは親が真剣です。先生も真剣に取り組んでいただきました。やっぱり双方が真剣にならなければ子供は救え
P.223
ない。これは、私自身も親としてそれは感じます。そういう面で、先生がまず自分の子供と思ってやっていただきたい。それは、ずっと続けろということではなくて、やっぱり生き続けていく中で、会えない中で手紙をやったり、そういう一言声をかけていく中に親に対しての信頼関係も出てくるでしょうし、また子供に対しても先生が何回も来てくれるという中でそういう信頼関係を成り立たせる一番重要なところにいるのが教育者だと思います。そういう面でぜひ不登校については真剣に取り組んでいただいているわけですけれども、その辺でぜひ力を入れていっていただきたい。保護者の方にも力を入れていただくように、私自身もかかわっている方にはその都度話してまいりますので、ぜひその辺教育委員会の方でもいろんな形でやっていただいていますが、なかなかはかどらないというか、進んでいないように思います。そういう面で、ぜひこのコミュニケーション、信頼関係をつくっていただけるような熱意ある先生方をぜひお願いしたいと思います。ごめんなさい、ちょっと長くなりました。余分だったかもしれません。
 次に、食育についてですが、本当にこれは一番生命を維持していく上で食育というのは大変大切なところだということで、今飽食時代と言われておりまして、日本では今生徒さんたちも学校給食等がありまして、栄養士さんがついていて、本当に何も心配なく食事も食べられる中で残飯が出ているということで、世界には食べられないお子さんもいるということを知らなければいけないと思います。知っているのだろうけれども、それに実際自分がなってみないとわからないということもあると思うのですが、その食育の面で、例えば体験学習ということで、上福岡市の場合は農家があります。そういうところで総合学習の中で、たしかさぎの森小学校に伺ったときに、農家の方が来ていただいて、一緒に取り入れをしたとか、何か野菜づくりとかをしているとか、そういうこともちょっとお聞きしたことがあります。そういうものを、自分たちが食べているものを実際に体験させていく中で子供たちはその食というものに対して考え方が変わってくるのではないかということで、ぜひそのことを、実際の体験を総合学習の中に入れていただけないかということと、それからいつも子供たちは給食の時間はもう急いで食べているということもありまして、今スローフードということ言われています。要するに週末でも結構ですが、学校でゆっくりと味わって食べるということが大事。それで、最後まで残さず食べる、これが食の始まりだということですので、その辺もしっかりと教育の中で取り入れていってはいただけないのか。それから、甘い、酸っぱい、辛い、苦い、これがはっきりわからない子が多い。今はいろんなところで、まち並みでお金さえ出せば何でも食べられる世の中ですので、そういうような中でこのスローフードを取り入れていただけないか、その辺伺います。
 それと、学力アップについては、三鷹市の第一小学校でプレゼンテーション活動を学力の向上に重要な要素として位置づけて、今全教科領域で実践に取り組んでいるということを聞いております。IT環境の中で、それを入れることによって子供たちの学力アップをしているということです。その辺ちょっと時間もありませんので、余り詳しいことはできませんけれども、1年生は
P.224
このプレゼンテーションで何が得られるかというと、子供個人個人によって表現力が豊かになるという、また聞く力が出てくるとか、そういうことが学力向上につながっているということですので、上福岡市としてはこれからどういうふうな形でそのITを学校にも取り入れていくのか、その辺ちょっとお聞きしたいと思います。
 以上で再質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、公園の防犯についての対応ということでございますが、中央1丁目の公園でああいう事件がありました。まだ記憶に新しいのですけれども、そういう中で都市計画課の方にお願いしまして、木の伐採、低木を実施していると。それと、さらには公園内に「不審者を見たら110番」というような看板を掲げ、さらには地元の中央1丁目の町内会では要所要所に「防犯パトロール実施中」というような看板も掲げてございます。そういう中で、できるものからまずやっていくということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 滝、長宮地区の公園の関係についてお答えをさせていただきます。
 この公園につきましては、先ほどもちょっとお話をさせていただきましたが、借地公園ということになりますので、遊具、樹木等の設置につきましては幾分かの制約を受けるのではないかと思いますが、地域の皆様方のご意向を十分踏まえた中で今後の公園整備を進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくご協力のほどお願いしたいと思います。
 また、公園の面積につきましては、当面1,200平方メートルということで交渉をさせていただいておりますが、状況を見ながら拡幅できるものにつきましては検討していきたいということで思っておりますので、よろしくお願いします。
 それから、公園の施設の管理でございますが、これは今私どもで進めておりますように、住民の皆さんにできるだけ公園の管理等についてはお願いをしたいということで、花壇の花等につきましても市で提供できるものについては提供させていただいて、市民の方が実施できるものは市民の方にお願いするということで考えておりますので、この辺につきましてもよろしくご協力のほどお願いできればと思っておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 このブックスタート事業ですが、これは赤ちゃんの言葉と心をはぐくむためには、大変温かな温もりの中で優しく語り合う時間が何よりも大切なことだと思っております。そうした時間を通して、赤ちゃんは自分が愛されていることや守られていること、そして大切な存在であることを体験していくわけでありまして、人を信頼することを知り、さらに自分以外の人と気持ちを合わせる力をはぐくむものです。また、赤ちゃんと向かい合うそうしたひとときは
P.225
周りの大人にとっても心安らぐ時間でありまして、そうした時間を大切な時間といたしまして、絵本を介して支援していこう、こういったことがこのブックスタートのねらいでありまして、そういう意味では配布された絵本が活用されていることが何よりも肝心なことだと思っております。
 そういった意味で、この制度がスタートして現在ちょうど1年たとうとしておりますが、こういったブックスタートの趣旨が十分生かされているかどうかという実態調査は現在しておりません。したがいまして、そういったブックスタートの制度自体が十分理解されているかどうかということを十分調査することも大切なことだと思っておりますので、次回の健診時が1歳6カ月健診でありますので、その機会をとらえましてアンケート調査等を行い、今後の参考にしていきたいと、このように考えておるところでございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 不登校の関係でございますけれども、これはやはり一番大事なのは、子供の状況をどう気づくかというところが最初の取っかかりかなというふうに思います。その中でどれだけそれを重要視するか、そういう点が、その判断が、親がどう判断するかによりましてその子供がどうなっていくかということにかかわりが強くなってくると思うのです。余り学校、学校と言われましても、やはり親がどうそれを対応していくかということも非常に大事だと思いますので、学校でもいろいろ勉強会を開いたりしまして、それから相談室等の相談もかなりそういうところも見まして対応するようにしておりますので、今後とももしご近所、それから身の回りの方でそういうことがありましたら、やっぱり気づきの点から少しご指導いただければありがたいというふうに思っております。
 それから、体験学習の関係でございますけれども、これはそれぞれ学校において総合学習の時間活用しましていろいろと取り組んでおります。また、学校給食の中でも地元野菜を少しでも取り入れようということで、給食調理場から栄養士さんがまた学校に訪問した際にもそういう点のお話をさせていただいたりということでございますので、それについてはまだ不足な点がありましたらもう少し力を入れて取り組んでいきたいというふうに考えております。
 それから、スローフードの関係ですが、これは少し時間をかけてゆっくり食べるというようなことでございますけれども、そういう意味だというふうに…違うのですか。
         〔「全然違います」という声あり〕
◎島村栄 参事兼教育次長 では、地元のふるさとのとかそういうことで、どちら…。ただ、先ほどのとらえ方ですと、どうも1週間に1回くらいは何かゆっくり食べる時間が欲しいというように、意味合いにとれましたので、もしそういうことでございましたら一定のカリキュラムの中でやるということですので、なかなか実現は難しいのかなというふうに思います。
 学力アップの関係で、IT活用についてということございました。これは、既に子供の方々そ
P.226
れぞれが自分で活用していかに進めるかというようなこともやっておりますので、コンピューターの活用、どう生かしていくかという観点から、指導方法等も検討してまいりたいというふうに思います。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時23分
   再 開 午後3時37分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、加藤末勝議員の質問を許します。
         〔14番加藤末勝議員登壇〕(拍手あり)
◆加藤末勝 議員 それでは、議長のお許しをいただきましたので、早速通告に従いまして一般質問をさせていただきますが、もうきょうは私で最後です。しばしご理解をいただきたいと思います。
 ことしは例年に比べまして暖冬のおかげで、昨日も4月の陽気で春の訪れが早いようで、暖かさを感じるようになりました。我が国の経済の陽気は、いまだ暖かさを感じ得ません。バブル崩壊後の長引く景気の低迷がまだまだ続く中にありますが、最近の景気の動向が回復傾向にあると報道では伝えられています。いまだ実感もなく、身近に本当に肌に感じることは決してありません。むしろ景気がさらに悪くなっていくような感じさえ感じます。市内の商店街も、年々商店の数も少なくなってきています。特に古くから営業をしておりました老舗と言われるお店が、大型店の進出や後継者等の問題でやむなく廃業、倒産に追い込まれています。この状況をとめることは極めて厳しいと思いますが、手をこまねいて待っているだけでは何も進みません。そして、この状況を打開するためのノウハウもありません。すなわち個店だけが頑張ったとて、しょせん負け犬になってしまうという現状でございます。もちろんのこと当市だけが抱えている問題ではありませんが、商工業の活性化をテーマにして全国や、あるいは県内でも商店会、商工会、行政が一緒になって取り組んで成功している成功例もたくさんあります。まずは実践することから始まると思います。商工業、商店街の活性化には、ハードとソフトの両面での支援が必要と考えています。ハード面では、買い物客が安心して買い物ができる道路の整備や駐車場、駐輪場の確保が不可欠であります。ソフト面におきましては、活性化のための施策、ノウハウの提供、指導者の派遣、成功事例の先進地の視察など、側面的な支援が必要であります。
 そこで、最初にハード面での質問といたしまして、県道の安全確保のための歩道の新設と交差点の改良について伺います。具体的には、県道の整備状況と店舗に関連した質問をいたします。
P.227
まず、一つ目でございますが、平成15年度の整備実績の内容について。次に、用地の買収交渉の折衝の状況について。次に、あさひ銀行跡地の利用について。何か代替地というようなことが決まっておりますが、代替するまでの間に何か転用できる部分があったらば利用したい。例えば簡易的な駐車場だとか駐輪場だとかが一例かなというふうに思いますが、いかがでしょうか。それともう一つ、交差点の改良については、旧十一屋のところがつい最近フェンスがとれまして、見晴らしもよくなりました。多分買収が可能になったのかなということを含めて、交差点の改良でご答弁をいただきたいと思います。
 次に、(仮称)東西連絡道路の整備についてでございますが、具体的にお伺いいたしますが、まずは平成15年度までに終了及び終了予定の内容について。次に、地権者との折衝はどれだけ進んでいるのか。これ山口議員が聞いていたのですが、なかなか細かい回答もありませんでしたので、その辺を含めまして、地権者の人数、折衝を開始している人数、進捗度についてお答えをいただきたいと思います。
 次に、地元商店街への説明はどのように実施されたのか。直近する商店街は、本通り商店街、それから駅前名店街、中央通りも含むのかなというふうに思いますので、ご説明をいただきたいと思います。
 次に、事業の実施には64億9,000万円、約65億円と多額の資金が必要となります。その資金をどのように捻出するのかというふうなことで、本日の答弁だったですか、2分の1は国から、あと2分の1ほか起債というようなことは聞いておりますが、もう一度お答えいただければありがたいと思います。東口、東口と言っておりますが、これは西口の方にも当然出ていくわけですから、その西口の方についてなかなかお話が聞けておりません。この地権者の関係を含めて、西口の方もお答えをいただきたいと思います。
 次に、ソフトの関係の面でございますが、具体的には地元商工業の活性化の施策に関連いたしまして、市の商工業の衰退の実態をどのように市は認識しているのか、行政としての所見をお伺いしたいと思います。
 二つ目は、先進他市の成功事例ですが、どのようなものがあるのか。また、近隣での成功事例についても情報としてお聞かせをいただきたいと思います。さらに、平成16年度の商工業活性化施策は何か。現在平成16年度予算審議中でございますが、さらに突っ込んだお話をいただければというふうに思いますので、ご期待をいたしておりますので、答弁をいただきたいと思います。
 次に、商店街の街路灯の関係でございますが、電気料金の補助の増額についてということに関連いたしまして、電気料金の補助の増額を考えているかいないかと。近隣他市の補助の状況はどうなっているのか。それから、あわせまして商業の衰退や廃業によりまして商店街の組織の存続がもう極めて厳しくなってきているところも発生しております。こんな状況にありますので、街灯、この電気料金の支払いもままならないというふうなことも聞いておりますので、こちらにつ
P.228
きましても市はどのように考えているか、お聞かせをいただきたいと思います。
 続きましては、地元商工業、商工会への助成につきましてであります。商工会の組織率がもう50%そこそこということでありますから、50%を切りますと県からの補助金もかなり削減されます。この商工会の組織そのものが、運用、運営できなくなってくる現況下にあります。存続そのものが危ぶまれていくという状況になりますので、さらなる助成が必要かなというふうに思いますので、この件につきましてもお答えをいただきたいと思います。
 次は、地元商工業を取り巻く環境が厳しい状況でありますが、こんなときだからこそ行政の支援ということで、こういうふうな得策を市は考えている、そういうお考えがありましたらぜひともお聞かせをいただきたいと思います。
 次に、教育行政について伺います。当市の都市化が急速に進展いたしました昭和35年に上野台団地が建設され、入居が始まりました。歴史とともに建て替えが進んでまいります。さきに霞ケ丘団地については進行しておりますが、本年から上野台団地が着手されることになりました。工事関係の車両の通行量の増加と安全対策のために、上野台小学校、上福岡2、3丁目の児童は今月から、3月から団地内を通学路として利用できなくなりました。通学路の変更が学校から示されまして、上福岡2、3丁目の児童は桜通り、青山歯科さんのところを横断いたしましてスクランブル交差点の方に向かい、右折いたしまして市役所の方に向かってきまして、第2庁舎を超えて右折して上野台小学校へという通学路に変更になりました。端的に言いまして距離が大回りになりますから、かなり長くなります。それと、あわせて通行量の多いスクランブル交差点付近を通行することから、保護者の方々から安全に通行できるように配慮してほしいとの要望が寄せられていますので、教育委員会ではどのように考えているか。具体的に聞きますと、通学路の変更に伴って団地内通行と異なり通行量も多くなりますが、子供たちの安全を確保するための施策をどのように考えているかということで、例えば交通指導員の配置等々について考えているかということについてお聞きをしたいと思います。
 それから、この通学路の決定だったのですが、本年1月にこの通学路をこのようにしたいというふうなことで学校側の方から地元町内会にも連絡をいただきました。その後今度すぐ変更というふうなことになりました。それはなぜかといいますと、スクランブル交差点を取り巻く横断するかしないかという問題になるのですが、なぜこういうふうな変更になったのかをお知らせをいただきたいと思います。
 それと新年度、今年度なのですが、特に例年になく上福岡2丁目の子供たち、新1年生の児童数が、ことし例年の3倍ぐらいの人数、10人を超える人数というふうなことに、非常に多い人数であります。子供たちがやっぱり安全で学校に通えるようにというふうなことを願うのは地元の人たちも当然なことでありますが、特にそういうふうな背景もありますので、あと1カ月もすると新しい新1年生の姿を見て、安全でというふうなことはだれしも願うことかなというふうに思
P.229
いますので、教育委員会として子供たちの犯罪、今議会でもいろいろ防犯条例を含めて子供たちの安全については論議されておりますが、子供たちをねらった犯罪が多発している状況の中で教育委員会としてどのように対処方法を考えているか、また学校への指導はどのようにしているかをお聞きしたいと思います。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、商工業についてご質問をいただいております。
 その中で、衰退実態をどのように認識しているかということについてお答えを申し上げます。近年の長引く不況により、消費の低迷、また都市間の競争の激化で大変厳しい環境にあることについては認識をしておるところでございます。
 次に、近隣他市での成功事例はどのようなことがあるかということでございますが、これにつきましては入間市アポポ商店街、これは年間を通じましてのフリーマーケット、そして秩父市のみやのかわ商店街におきましては、昭和62年から県内で初めてのナイトバザールの事業を現在も継続しているところでございます。金をかけずに、知恵を出し合って実施しているということでございます。草加市におきましては、空き店舗の活用と。
 次に、商工業の活性化策は何かということでございますが、これは第三次総合振興計画の中に地域に根差した商店街づくりの推進を図っていきたい。それとイベント、販売促進等、これ4商店街なのですけれども、実施していきたいというふうに申請が出ておるところでございます。また、イメージアップ、情報化の推進、これは商店街連合会で実施しているところでございます。それと、さらにスタンプ会の支援。ただ、このスタンプ会の支援につきましては、平成16年度で地方財政支援はおしまいということでございます。次に、商店街の街路灯の補助、そのほか第50回冠つきの七夕まつりへの補助、これ補助金の増額ということでございます。
 次に、電気料の増額を考えているかということです。それと、他市の補助はどうなのかということでございますが、これにつきましては平成15年度におきまして16商店街からの街路灯439基の申請がなされ、それらが対象となりまして200万円となっております。なお、補助率の関係でございますけれども、50%補助ということで、県内41市で補助している団体では割と高い位置にあると。その中で上から5番目の補助率であるということをご理解いただきたいと。なお、今後におきましても継続していきますが、他市の状況を踏まえて妥当と考えているところでございます。
 次に、新たに防犯灯などの設置が必要となりますので、実情を精査して考えてほしいということでございますが、長引く不況の影響で消費の落ち込みや商店主の高齢化の問題、後継者の問題等で商店街の存続は厳しい状況であります。商店街や商店街連合会と連携して、基本的には商店
P.230
街みずからの最大の努力をしていただくべきと考えております。
 次に、行政の支援が必要ではないかと。これは、商工会に対しての支援ということでございますが、現在商工会に対しましては1,140万円を財政支援しておりますが、平成14年度の補助経費の十分の8以内と拡大させていただきました。以前は十分の7だったのですけれども、十分の8ということで拡大をさせていただいております。補助金の7割が管理費、3割が事業費であると。補助金の執行に当たっては、市の方で3点お願いしております。会員の拡大、管理費の削減と国、県の補助金の積極的な活用、公益法人でありますので、自助努力が必要と考えます。
 最後に、市の活性化策について、現在市はどういうふうに考えているかということでございますけれども、この件につきましては今現在駅東口の整備、あるいは桜通線、あるいは東西道路、そういうものが、駅前広場が大きくさま変わりしてくるというふうなことがあります。そういう中で、きちっと商工会と、あるいは商店会連合会、そういうものとしっかりと方向性を、平成16年度あるいは平成17年度きちっとした方向性を出していきたいというふうに思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 県道さいたま・上福岡・所沢線関係のご質問にお答えいたします。
 県道関係の整備につきましては、現在川越県土整備事務所におきまして実施しておりますが、今までの整備実績といたしましては、平成13年3月に約120平方メートルの土地の購入、平成14年度に上福岡1丁目の旧あさひ銀行上福岡東口支店跡地を川越県土整備事務所で上福岡市から買収し、暫定整備として歩道の設置をしたところでございます。平成15年度事業といたしましては、旧あさひ銀行東口支店跡地前交差点の中心に約300平方メートルの土地を買収したとのことでございます。これに基づいて、交差点の暫定整備を早急に実施するとのことで聞いております。また、用地買収交渉の折衝状況につきましては、予算との関係もありますが、当初計画の290メーターについて現在行っていると聞いておるところでございます。
 次に、旧あさひ銀行跡地の利用についてでございますが、さきにご答弁いたしました用地買収に伴う代替地として関係地権者から払い下げのお話が既に来ておりますので、この土地を一部代替地として払い下げる計画となっております。また、この土地につきましては現在土地開発公社の所有となっており、あくまでも県道拡幅の代替地として考えておりますので、よろしくご理解のほどお願いしたいと思います。
 次に、(仮称)東西連絡道路の整備についてお答えをさせていただきます。平成15年度までの実績といたしましては、実施設計及び物件、営業補償積算の業務を委託し、現在実施しているところでございます。
 次に、地権者との折衝ですが、平成15年度につきましてはこの道路に係る関係者55名に対する
P.231
説明会を実施し、物件、営業補償積算に係る説明をさせていただいたところでございます。本年度調査を実施している物件、営業補償が完了しますと用地費、補償費が確定いたしますので、その後権利者との交渉を行っていくこととなります。
 また、地元商店会への説明会につきましては、名店会が5月12日、本通り商店街が6月3日、地権者についての説明については7月15日それぞれ行っているところでございます。
 次に、事業実施についての費用でございますが、現在試算した費用で65億円となっておりますが、そのうち2分の1が国庫補助となり、残り2分の1についてが市費負担となります。そのうち起債充当率が75%となります。
 それから、西口の地権者の説明会の関係でございますが、これにつきましては平成14年11月14日西公民館、平成15年7月15日コスモスホールにおいて、地権者、商店会長及び会員、自治会長にご出席をいただき、説明をさせていただいたところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
         〔島村栄参事兼教育次長登壇〕
◎島村栄 参事兼教育次長 教育行政について、上野台団地の建て替えに伴う上福岡2丁目、3丁目の上野台小学校通学路の関係でございます。
 新通学路については、既にご承知をいただいているとおりでございます。また、その安全確保に関しましては、通学路の途中におきまして教職員や保護者による交通指導を実施しておりますが、交通指導員の配置につきましても担当所管課の方に要望をしているところでございます。また、工事の着工に際しまして、施工業者等安全確保のための十分な措置を要請してまいりたいというふうには考えております。
 続きまして、通学路が一部変更になったと、それは何の理由だったかということでございますけれども、当初考えておりました計画では青山歯科医院の信号を渡らずにスクランブル方向に参りまして、スクランブル交差点を渡りまして市役所方面に行くと。それで、第2庁舎の前の交番を曲がり学校に行くというルートで考えておりましたけれども、スクランブル交差点の横断に際しまして四方八方から人が行き交うということもございまして、自転車の通行もあるということも加えて、さらに児童が約150人の方々が渡れるかどうかと、渡り切れないのではないかというようなことも考えまして、また渡れない場合にはその待機場所はどうなるのかということから、考えをもう一度改めたということでございます。そうしまして、より安全が確保できる方法として現在のルートに変更したということでございます。また、この変更に当たりまして、スクランブル交差点のそばに私立高校のバス停がございます。そのバスを待っている高校生等がどうなのだろうかという、膨らんで通行に支障があるのではないかという懸念もありましたけれども、整然としておりまして、特に支障がないというふうに判断いたしました。また、それに伴いまして、
P.232
それぞれの高等学校の学校長あてに改めて通学に当たっているという事情を踏まえて協力依頼をいたしております。
 次に、学校安全、不審者対策という観点からのご質問でございました。既に前回、きのう、きょうとご質問もあり、また答弁もいたしておりますけれども、詳細の内容は避けて答弁させていただきますけれども、教育委員会といたしましては、通学路での登下校の徹底、または子ども110番の家についての周知、緊急事態が発生した場合の対処方法等の指導を徹底するということなどを学校に対して指導をしているところでございまして、同様に学校安全についても措置していきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 加藤末勝議員の再質問を許します。
◆加藤末勝 議員 それでは、再質問をさせていただきます。質問した順番と答弁の順番が違いましたので、最初に質問した順番で2回目の質問をさせていただきます。
 まず、1点でございますが、都市整備関係、県道の関係ですが、旧あさひ銀行跡地前の交差点の中心に300平方メートルを買収したというふうに答弁いただきました。多分フェンスがあったところがとられたところなのかなというふうに思いますので、交差点ですから現在の鋭角に左折するような交差点が早急に改善されるのか、ちょっとその辺の情報がありましたらお聞かせをいただきたいと思います。
 それから、代替地の関係ですが、今の答弁ではもう代替地を要望している人がいますよと、それからあわせてこの土地の所有者が開発公社だからだめですよというふうな答弁のようにとっております。開発公社だからこそ何かできるのではないか。要するにある意味では身内だろうというふうに思いますので、現在のままでは非常に景観も悪い状況だと思います。ちょうど県道の交差点から駅の方面に行くところが何となく空き地だけというふうなことで、例えばその中に花壇をつくるとか、何らかの形で対処できる方法、駐車場ができないのなら花壇をつくる、花壇をつくるならば文化団体の方々にお願いしてこういうふうな方法で、以前にたしか観光協会でコスモスを植えたというふうな経験がありますから、あのときのノウハウをここへ投入してみたらいかがかと思いますので、提案をさせていただきますので、その件についてお答えをいただければと思います。
 それから、今度は(仮称)東西連絡道路の関係でありますが、中央通りの関係者というのはここには直接対象者というふうなことでとらえていないということでいいのでしょうか。いずれにしても、あかずの踏切の対策ということを考えますと、中央通りもかなり信号待ちでいろんな影響があるのです。そういうことを含めますと、東西の連絡道路ができればそれが解消できるという意味を考えていけば、やはり関係者かなという意味では情報をお知らせすることも必要なのかなというふうに思いますので、ご答弁ください。
 それともう一点なのですが、西口の地権者の方々の意見はどうだったのか、ちょっとこの辺を
P.233
お聞かせください。
 それから、あわせまして今回第24号議案で市道の認定をしております。これに関連する市道の認定なのですが、今ここで認定する意味がどういうふうな意図があるのか。
         〔「委員会でやっていますからね」という声あり〕
◆加藤末勝 議員 委員会でやったからだめだというご意見もありますが、それならそれでまた後で聞かせていただきますけれども、とりあえず西口の関係者の方々とお話をしたときにどういうふうな感触であったか、ご了解いただいているのか、その辺のいきさつについてお聞かせをいただきたいと思います。
 商工行政のことなのですが、るるお話をいただいております。時間も大分過ぎてきておりますので、1点だけ質問させていただきたいと思いますが、本年の商工業活性化の施策の中に、早いもので50周年を迎える七夕まつりというふうなことで特別に補助金の増額をされました。ただし、今度西口の方がもう建物の建設が始まってきますから、従来西口会場という阿波踊りやっていた会場、この会場はどうするのですか。増額して西口会場はできなくなる、ではその分をどういうふうに割り当てようとして考えているのか、その辺の市の考え方を教えていただきたいと思います。
 それから、商店街の電気料金のことなのですが、実際はこれ先日私担当課の方にお見せしましたので、もうお読みいただいたと思うのですが、商店街が消えても街路灯は消さないということで、商店街がこの街路灯の電気料金を払っております。設備についても、3分の1はたしか市の方から補助があったり、あるいは県の方の補助があってハードの設置はできたのですが、運用に対する電気料金については市の方の補助もほかの市から比べれば非常に県内でも高い位置に位置しているから、もう補助する必要性はないのではないかというふうなご意見なのかなと思うのですが、昨今本当に商店街の組織そのものが、本当に老舗の方々がやめたり、会員数が減っていくのです。もうお金払えないというのが実態なのです。下手すれば商店会そのものが存続できないので、ちなみに私の聞いているところでは、もうことしひょっとしたら解散しようではないかというふうな話も聞いております。新しい会長さんの引き受け手もいないという実態があったりもしておりますので、ぜひともこの辺をどうにか何らかの形で助けていただけるような方法はないだろうか。仮に商店街が払えなくなった場合にではそれはどうするのかというと、市が新しく何らかの形で防犯灯なり水銀灯なり設置しなければいけないわけですから、そういうことを考えていけばやっぱりある程度救済措置というふうなことで考えていただきたいと思います。
 もう一点は、教育委員会の方なのですが、いろいろ通学路のお話をいただきました。今回の議会ではいろいろ子供たちの安全に対して論議されておりますので、先ほど質問したのは登校時だけというふうなことだったのですが、下校時についてはどういうふうに考えているか、その辺について考えをお聞かせいただきたいと思います。

P.234
………………………………………………………………………………………………………………………
△時間の延長
○五十嵐正明 議長 本日の会議時間は、議事の都合により延長いたします。
 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 それでは、お答えをさせていただきます。
 まず、県道の開発公社の土地の関係でございますが、一定期間だけでも駐車場等何か使用させていただけないのかというご質問でございますが、これにつきましては開発公社との関連もございますので、私どもの方から開発公社の方へご相談を持ちかけてみたいと思っております。
 それから、花壇等の設置でございますが、これについては短い期間であれば、また市民団体の協力もいただけるのであれば検討させていただきたいと思っております。
 次に、中央通りの説明がないではないかというご質問でございますが、現在は地権者の皆様にご説明をさせていただいておりますので、この地権者の説明会が終わり、この事業に入る際には中央通りの方々にも説明会等開催させていただきたいと思っております。
 それから、西口の感触でございますが、西口関係者の感触につきましては、皆さんこの事業に対しまして協力をいただいており、早急に早く買収していただければということで地元の皆様からは聞いておるところでございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、七夕まつり、今回50回という冠つきの中で西口会場はどういうふうになっていくのかという関係でございますけれども、霞ケ丘交番の前、確かに今まであそこが中心になって阿波踊りが行われたことがあります。去年までです。そういう中で、西口の再開発の事業の関係で使用できなくなって、2月18日の日に七夕まつりの50回に向けての会議が開催されました。そういう中で市道640号線、西口通線と言うのですけれども、そこを利用して実施する方向で現在検討されているということでございます。
 2点目の電気料金の関係でございますけれども、これにつきましては確かに衰退する商店街、仮に30本あったものが、商店街が30人の方々がいたのだけれども、衰退したことによって15軒になってしまったと。そうすると、15軒の分を全部そっくり15人の方々が持つということは、これ料金的に不況の中で大変だということはよくわかります。そういう中で商店街の解散という事態が生じた場合にあっては、当該商店街並びに商工会、関係部局と十分調整をさせていただきながらその対応を図っていきたいというふうに考えております。解散しなくても、現存の中で衰退した中での育成も考えていくということを申し添えておきます。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後4時17分

P.235
   再 開 午後4時17分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 新通学路におきます下校時の安全確保の現状ということでお答えをさせていただきます。
 下校時には教職員が交代で、車の出入りの多いところ、動きの多いところという場所を中心にいたしまして、立哨ですとかパトロールを実施しております。そういうことで、児童の安全を見届けるということで安全確保に努めております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 加藤末勝議員の再々質問を許します。
◆加藤末勝 議員 それでは、再々質問をさせていただきます。
 市長にお尋ねをしたいのですが、今いろいろ論議していましたように、かなり商店街衰退しております。つい最近も、うちの方の中央通り商店街の中で、30年も40年も事業していた人が閉店ということが一、二店発生しました。それでなくてもシャッター通り商店街というふうに言われる状況になってきています。これは、中央通りに限らずというふうなことなのですが、商業だけではない、あるいは工業、建設業もあわせて状況は変わりません。したがいまして、商工会に対する補助金が1,100万円を超える金額の補助金を拠出しているというふうな実態もありますが、何らかの形で事業の助成だとか前向きに新しい事業に取り組む者に対してまた別個に助成をしていただく側面的な支援が必要だろうと考えます。上福岡の衰退しているこの商工業を救うためにも手助けをしていただきたいと感じておりますが、その件につきまして市長の所見といいますか、ご意見をいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 これ大きな上福岡の欠点でありました基盤整備のおくれがこういう状態になってきていると思っています。これは、基盤整備をしっかりすることによって商工業の方々の足腰が強くなるということは当然なことであります。ただ、今質問者の言われておりますように、この基盤整備とあわせてこれからの商工業がどうあるべきか、先ほど街灯の話もありましたが、それがだめであればこれは防犯灯に切りかえる以外ない状況であります。それがもう当然であります。ということは、なぜそういうことになるかといいますと、当然今商工会としてやっていますから3分の1、3分の1県、国要するに補助金が来ておりますが、これが全額なくなってくると思います。そうしますと、これは当然市で、独自で設置していくということにつながっていくと思います。
 そういう意味を含めて、補助金制度というのは今見直しをされています。ですから、今質問者
P.236
が言われましたように、一つの事業を計画して、その事業をそれではこういうふうにやっていくのだけれども、何年間の年度は見てもらえるのかとか、あるいは事業参加をしてもらえるのか、そういうことであれば当然期限を切って、3年とか5年ですね。そういう期限を切って状況を見ていくというような事業にこれからは転換されるのかなと、このように思っています。それは、当然住んでいる住民も不便を来しますし、それからそれなりの負担を強いられるというようなことで、お互いの中でひとつしっかりとやっていく必要あるというふうに思っておりまして、できるものであればそういう商工業者としていろいろな提言をしていただいて、その中で選択をして、将来のまちの礎なのだというようなつもりでご協力をいただければ、それなりのきちっとした方向性が出てくるというふうに思います。私いつも思っているのですけれども、2代目がなぜ育たないのか、これを考えただけでもやはりいろいろと問題のあるということは質問者もおわかりいただけると思いますが、そのことを細かく申し上げるのではなくて、方法を切りかえていく、その時代に入ったなというふうに思っておりますので、その切りかえに乗じたいろいろな施策という点につきましてはぜひ行政とタイアップしてできるものはやっていける、このように考えております。
○五十嵐正明 議長 加藤末勝議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△散会の宣告(午後4時22分)
○五十嵐正明 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 あす12日は午前10時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。


P.237
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(3月12日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
     20番  岩 崎 公 夫 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員
     21番  山 川 寿美江 議員
     22番  福 村 光 泰 議員
 次回予定報告・散会
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(24名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員    24番  大 島 国太郎 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員  な し
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長

P.238
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      吉 野 英 明  教  育  長
   島 村   栄  参事兼教育次長      冨 田 金 治  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   金 子   昇  公平委員会        中 野   武  代表監査委員
            事 務 職 員
   金 子   昇  監 査 委 員      仲   智 洋  農業委員会
            事 務 局 長               事 務 局 長
   金 子   昇  固定資産評価       山 崎   豊  副 参 事 兼
            審査委員会書記               高齢福祉課長
   工 藤 秀 典  副 参 事 兼      高 見 輝 雄  福 祉 課 長
            健康保険課長
   藤 田 光 雄  児童福祉課長       山 田 敏 夫  障害福祉課長
   米 窪 堅 治  保健センター       堀 口 泰 男  市民交流プラザ
            所     長               館     長



P.239
△開議の宣告(午前10時31分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会第16日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席届
○五十嵐正明 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。
 保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。選挙管理委員会委員長・横山清毅(私事都合1日)。福祉課長・高見輝雄(午後1時から)。以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 市政に対する一般質問
○五十嵐正明 議長 日程第1、昨日に引き続き、市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、岩崎公夫議員の質問を許します。
         〔20番岩崎公夫議員登壇〕(拍手あり)
◆岩崎公夫 議員 おはようございます。それでは、質問通告に基づきまして、順序よく質問させていただきます。
 まず最初は、まちづくりの問題です。市が推進しております開発道路計画についてです。市は、合併を前提に進めてきた大型開発事業は、まず見直しをすべきです。この立場で質問いたします。まず、財政問題についてです。市の出した地方債償還計画と利率の資料を見ますと、元金と利子の償還分を合わせて、平成15年度は11億円、そして平成16年度は25億円、平成17年度は11億円となっております。さらに、平成16年度には新たな市債、これ借金ですけれども、これを17億円予定しています。さらに、今進めている大型事業の終了予定は平成18年から平成21年に集中しております。そのために今後償還金額がさらに大幅に増大することが予想されます。
 また、国は三位一体改革で自治体に出すべき交付金、国庫負担金を平成16年、平成17年には大幅に減らす、こういうことを言っております。財源不足が生まれ、その穴埋めに福祉や教育の削減、市民の負担増に頼ることは絶対に許されません。今ならまだ(仮称)東西連絡道路、桜通線の延長事業を凍結すれば、財政の建て直しもできます。
 そこで、何点か質問します。一つは、市は平成16年度から市民参加の後期計画の事業の見直しを行う、こういうことを言っております。これについては、市民参加で行うということを言っております。二つのこの道路計画も凍結をして見直しをし、対象の事業に入れるべきと考えますが、この点についてお伺いいたします。

P.240
 二つ目は、開発事業を進めた場合の財政の建て直しをどのように考えているのかお伺いいたします。
 次は、市が現在進めている(仮称)東西連絡道路、桜通線の延長事業です。この事業は、市は市民の合意がとれている、こういうような説明をしております。日本共産党市議団がことし2月に(仮称)東西連絡道路、桜通線に関係する権利者や近隣の人にアンケート調査を行いました。そうしたところ、アンケートに協力してくれた中には、事業に反対の人も多くおりました。また、計画の説明を受けていない、こういう人もいることがわかりました。(仮称)東西連絡道路は、第三次総合振興計画にはなかった事業です。合併の是非を議論する法定合併協議会が設置された後に、これは突然出てきた計画。総合振興計画のようにきちんと委員会や議会で議論をしておりません。そこでお伺いいたします。議会の議論もないのに、何の根拠をもって市民の合意がとれたと考えているのかお伺いいたします。
 二つ目は、事業の対象になる権利者、30軒、55世帯になりますが、ここに一、二回の説明会を行いました。そして、欠席した人全員を訪問して説明をしたのかどうかお伺いをいたします。
 桜通線延長事業も、道路に関係する権利者は27軒と、借家人13人です。権利者や近隣の住民も含めた説明会はたったの1回だけです。そして、参加者は30人でした。そこでお伺いいたします。説明会に欠席した権利者などへの対応について、どのようにしたのかお伺いいたします。
 二つ目は、この地域は自営業者が多く、今後の生活のことを考えるのには、1回の説明会で納得できるでしょうか。そして、市は、反対者がいないから問題ないと答えておりますが、アンケート調査をして、権利者や借家人の気持ち、こういうことをきちんと把握する努力はしたのかどうかお伺いいたします。
 次は、駅前整備についてです。東口駅前整備については、これから先が問題です。駅前に残ったカメラ屋さんなどが入った建物がなくなって初めて、市民は駅前整備が進んだ、このように見るのではないでしょうか。残った建物を早く移転するには、富士そばの教訓を生かすべきです。駅前に残った建物は、土地、建物、営業の権利者は別々です。富士そばの場合も同じです。富士そばの場合は、まず土地を購入して、何年後に建物、その後営業者と合意をした経過があり、長い期間かかっております。今後3人の権利者の合意がとれた時点で契約すべきと考えておりますが、この残った建物の移転についてはどのように市は考えているのか、お伺いいたします。
 次は、合併についてです。市長の個人的な考えを持つのは、これは自由です。しかし、公の場で無責任な発言は慎むべきです。今回の大井町との合併の発言は、上福岡市民の意思を確認したわけではありません。また、合併の相手の大井町の町民の意向も聞いてはいません。住民自治を無視したものです。このような発言は許せません。
 また、市長は合併の幻想を持っているようでありますが、市民の過半数が合併に賛成した、このように思っているようですが、さきに行われました住民投票の結果は、上福岡市は投票率が43%
P.241
で、市長などがつくった高いハードル、50%条項、これをクリアできませんでした。そして、確かに賛成票は1万1,065あります。しかし、これは有権者全体の25%なのです。それで、投票に行かなかった人は2万5,500人、これは57%です。ですから、こうした事実から見ても、市民の半数以上が賛成とかいうことは言えません。投票率が5割を超えなかった、このことについてもっと直視する必要があります。なぜ行かなかったのか。これは、市が十分な市民への情報提供、これをやっていなかった、ここに一つ大きな責任があるのではないでしょうか。この点についてどのように考えているのかお伺いいたします。
 次は、福祉についてです。国民健康保険制度は、国民だれでもが病気になったときに安心して病院に行けて、健康を維持するための命綱です。国全体で今国保税の滞納者が増加をしております。これは、長引く不況、リストラなどで市民の所得が減っていることです。また、国保税が高過ぎるためです。市でも同様の傾向があります。そうした中で、市は国保税が長期に滞納している人に相談に応じれば渡すとの理由で、窓口に来ない人への保険証を預かっております。国民健康保険法の第9条の3で、この中では政令で定める特別の事情があると認めた場合を除いて、保険証の取り上げはできないことになっております。平成15年6月現在、市の加入者は1万870世帯です。そのうちの長期滞納者533世帯の人に短期保険証を発行しております。そして、窓口に来ない人には、保険証を渡しておりません。
 そこで、何点かお伺いをいたします。一つは、市民の命綱である保険証を渡さない根拠をお伺いいたします。
 二つ目は、現在何世帯に命綱である保険証を渡していないのか、このことについてお伺いいたします。
 3番目は、全世帯に保険証をきちんと渡すべきと考えますが、市の見解をお伺いいたします。今議会に滞納特別室を設置する条例が提案をされております。国保税の市の滞納者は、平成15年6月現在2,213世帯です。まず、滞納者の実態を把握するのが先決ではないでしょうか。市は、滞納額が50万円以上の315人を対象に、強力に徴収するのだと、こういうことを言っております。315人の実情を市はきちんとつかんでいるのかどうかお伺いいたします。
 次は、教育についてです。学校の大規模改修についてです。上福岡市は、上野台小学校、ここが耐震大規模工事を最初に実施をしました。大変環境がよくなり、子供たちも大変喜んでおります。そして、次は福岡小学校、駒西小学校と、順序で耐震工事が終われば、その次の年には大規模工事が計画をされておりました。子供たちが震災に遭っても、校舎が壊れないように耐震工事をすることと、古くなった校舎のために、ドアのあけ閉めが大変になったり、トイレのにおいがきつくなる、そういうことでトイレを利用しない子供もいるなど、子供たちは大規模改修工事を楽しみにしていたはずです。安心して学べる環境も急いでやるべきです。国の三位一体の改革は、子供の学ぶ環境を改善する工事の補助金を減らすなど、まさに子供いじめの改革です。平成16年
P.242
度は福岡小学校の大規模工事を実施することになっておりましたが、今度の議会の中で平成16年度予算には計上されておりません。その理由は、市の財政が大変、それと耐震補強工事が全校終わっていない。そのために補助金がつかないとのことです。福岡小学校の場合は、後校舎と前校舎とありまして、後校舎は耐震工事が終わりましたが、前校舎はまだ耐震工事が終わっていない。そのためです。一つには、ぜひ福岡小学校の前校舎の耐震工事をしなかったということについての理由をお聞かせ願います。
 二つ目は、平成16年度に福岡小学校の前校舎の耐震工事と駒西小学校の耐震工事を実施して、そして次に平成17年度には福岡小学校の大規模工事をするように、ぜひ計画変更を検討していただきたいと思いますが、この点についてお伺いいたします。
 次に、トイレの改修です。これについては、総括質疑の中でもトイレの改修については継続するという答弁でした。安心をしました。平成16年度はさぎの森小学校で、次は花の木中学校だそうです。平成16年度の予算に設計委託料が入っておりませんが、継続することをぜひ確認したいと思うので、そこについてお伺いいたします。
 最後に、道路についてです。一つ目には、県道の川崎橋のかけかえ工事の進捗についてです。これがどうなっているでしょうか。また、県道の拡幅もあわせて、川崎橋の手前の信号機まで拡幅する計画になっておりますが、この点についてどのように計画されているでしょうか。
 また、もう一点は、信号機のこちらから行って右側の道路、ここの道路が4メートルないために、信号機を手動から自動に切りかえることができませんでした。今度地権者の協力もあり、4メートル道路に広がりました。ですから、今度手動から自動に切りかわるわけですが、これがいつごろになるのか、この点についてお伺いいたします。
 二つ目は、北野地区の西友と東武ストアの間の私道の土地、これについても買い上げを含めた道路整備をしていただきたい。これは、12月議会の中で私質問いたしました。この進捗についてお伺いいたします。
 三つ目は、北野地区の道路の拡幅で、1軒見通しがあるとのご返事でしたので、ぜひこの件については今後どのようになるのか、その件についてお伺いいたします。また、大原地区の道路拡幅の進捗についても、あわせてお伺いいたします。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 私の方へ合併問題についての無責任発言ということで質問をいただきました。私は、無責任な発言は今までにしたことございません。今回のこの合併問題につきましては、昨日、前日とお答えを申し上げました。大方の予想に反して白紙になったというふうに私は理解をしておりますことは変わっておりません。また、将来2市2町の合併というのは絶対に必要になるとい
P.243
うふうに私は確信をしているということを申し上げております。
 今回の枠組みの中での要するに先行的な枠組みを考えたわけでありますが、一番上福岡市として将来に向かって非常に有効な合併というのは、まず大井町とやるべきだということで問いかけをしたわけであります。私は、この返事によって、当然これからは議会がしっかりと議論をしていただくというときが必ず来ると思っております。これは、将来の10年、20年先のことを考える。今私たちはここで生活していればいいのだという考え方は持つべきではないというふうに私は思っております。
 また、要するに投票の関係で50%、ハードルが高い、ハードルが高いと言いますけれども、民主主義というのは半分以上なのです。50%以上が本来のあれですから、ハードルは高くない、50%の限定は決して高くはない。ただ、この中で四十数%の投票率、私は参考意見になりますよということで法定協議会で決めております。参考意見です。その参考意見ということは、ある意味で法定協議会にその判断は任せますよ、ある意味では、トップにその判断を任せるというふうに私は理解しておりまして、決して無謀なことを言っているわけではないということをご理解いただきたいと思います。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 平成16年度から見直し作業が始まります後期基本計画、その見直しについてご質問についてお答えいたします。
 ご案内のとおり本市の財政状況は、長引く景気の低迷の影響から、自主財源の骨格をなす市税は今年度前年並みを確保する程度にとどまりました。その一方で、地方交付税や臨時財政対策債では、国の三位一体の改革の影響を受け、大幅な縮減がされ、来年度以降も今年度以上に国庫補助金等の依存財源の縮減が見込まれるものと考えておりまして、非常に厳しい状況が予測されます。こうした非常に厳しい収入状況の中で、前期基本計画の主要事業に位置づけられました都市基盤整備事業の推進のほか、子育て支援対策や高齢者福祉のさらなる充実、あるいは学校教育の充実に向けた新たな取り組みや、防犯、環境対策等の今日的課題等山積しておりますが、さらに行政需要はますます多様化しております。そのため、今後は前期基本計画に位置づけられました主要事業を含めた全事業を精査し、見直しに努め、財源確保と歳出削減を実施した上で各事業を位置づけ、第三次総合振興計画の理念に沿ったまちづくりに向けて、改めて安定的な財政計画を作成していきたい、このように考えてございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 安田理事。
         〔安田博理事登壇〕

P.244
◎安田博 理事 それでは、駅前整備について、東口駅前についてご質問ございましたので、お答えしたいと思います。
 ご質問者がおっしゃるとおり、工事期間中の仮設プレハブについては迷惑プレハブと、邪魔だと言われましたが、現在市民感情から申し上げますと、今度残っている建物が邪魔だというような形になるとは思いますが、そういった中で、まずご提案がございました富士そばの教訓を生かして、土地だけを買収したらどうかというご提案がございます。そういった中では、富士そばの関係につきまして、そういう方法をとらせていただきました。方法の一つとしてはあると思います。しかし、3者一体と申しますか、理想としましては、土地、建物、あるいはテナント、これは同時にできるのが一番理想かと思っています。それは理想です。現実となりますと、なかなかいろいろ方法やら権利関係の主張によりまして、やはり異なった手段をとらなければならない場合もございます。そういった中で、富士そばの場合は、申し上げますと、土地を先に取得して、あと建物と営業者を同時に解決した結果もございます。
 そういった中で、今度の物件もそういう方法も一理ありますけれども、一応土地につきましては借地権、借地権というものは地主さんと借りている方の借地権割合というのございます。まず、その割合がお互いに合意なっていた上で、土地だけを先に事情によって買収するという形はとれますけれども、初日に申し上げましたとおり、まだこの物件につきましては建物所有者の調査の同意も得られておりません。そういった中で、形を変えれば、まだ玄関にも入れてもらえないような状況が現在です。まずもってその建物の調査をさせていただくように、これからご理解いただけるように鋭意努力してまいりまして、まず建物補償関係を調査させていただきたいと。次に、テナントの方の調査もあわせてさせていただき、そういっためどがついた中で、所有者はあくまでも東武鉄道ですから、議員さんとしてはご協力いただけるものと解釈しておりますので、その辺の兼ね合いを見ながら、契約上第1番目として土地を買う場合もあるかと思いますが、現在まだそこまで至っておりませんので、今後とにかく建物補償調査をさせていただけるように努力させていただきたいと思っております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 開発道路関係のご質問にお答えをさせていただきます。
 東西道路につきましては、現在実施設計及び現地調査を実施しているところでございます。ご質問の東西道路に伴う合意形成及び議会での議論につきましては、今までの事前説明及び議会の中での長期にわたります議論をしてきたと考えております。また、地元への説明につきましても、事前説明会におきまして事前の内容等詳しく説明させていただいたところでございます。この説明については、特に反対の意見等はなく、実施に当たって合意形成は図られているものと考えて
P.245
おります。
 次に、桜通線関係のご質問にお答えをさせていただきます。桜通線の整備につきましては、既に事業認可、警察道路協議を終了し、対象となる建物の補償調査を実施しているところございます。今年度中に移転対象建物の補償調査を完了する予定であります。また、既に補償額が決定した権利者につきましては、移転交渉を進めているところであり、6名の地権者の契約の内諾をいただいておるところでございます。今後の予定につきましては、来年度以降平成18年度までに3カ年で土地買収を行う計画であります。さらに、本年度地権者への代替確保のために、スクランブル交差点わきの公営駐車場を開発公社から買い取り、整備を完了いたしましたので、今後は地権者との交渉の中で代替地の交渉も進めて、買収を進めていく予定でございます。次に、説明会の出席者ですが、出席につきましては、地権者全員の出席をいただいているところと考えております。
 次に、県道川崎橋のかけかえ工事の進捗についてお答えをさせていただきます。川崎橋のかけかえの進捗につきましては、現在県が事業主体となって、道路用地及び河川用地の交渉を進めているところでございます。その結果といたしまして、平成15年度において一部の用地を除き用地買収がほぼ完了したことから、平成16年度事業として仮橋工事に着手すると聞いております。なお、今後の工事予定でありますが、用地買収完了後本橋の工事が可能となった段階で、仮橋の築造及び旧橋の撤去を行うという計画になっております。
 それから、それに伴います信号機の設置でございますが、県道の信号機の設置につきましては、現在県道と交差する市道381号線の拡幅工事を平成16年3月に終了いたしますが、県道整備事務所より川崎橋のかけかえ工事による県の拡幅工事も考えられますので、工事の進捗に合わせて早期自動化ができるよう、東入間警察に要望していきたいと思います。
 続きまして、上福岡1丁目東武ストアの搬入路のご質問にお答えをさせていただきます。この東武ストアわきの搬入路につきましては、現時点で東武鉄道が所有しているストア敷地と思いますが、この敷地を市が借用して公道として扱うには、幾つかの問題がありますので、今後調査した中で考えていきたいと思っております。
 それから次に、大原、北野地区の道路拡幅についてですが、市道第508号線、501号線につきましては、先般もお話をさせていただきましたように、用地交渉を行い、拡幅できるよう交渉してまいりましたが、何分同意がすぐにいただけない状況で、この状況で1軒協力に向けて検討するというご意見をいただきましたので、今後も引き続き道路拡幅につきまして交渉を逐次実施していきたいと考えておるところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 工藤健康保険課長。
         〔工藤秀典副参事兼健康保険課長登壇〕

P.246
◎工藤秀典 副参事兼健康保険課長 それでは、国民健康保険関係につきまして、お答えをさせていただきたいと思います。
 まず、1点目の保険証を渡さない根拠というご質問でございますが、ご存じのとおり市では現在正規の被保険者証と短期被保険者証の2種類の保険証を交付してございます。まず、短期保険証の交付につきましては、国民健康保険法施行規則第7条の2で、「市町村は、期日を定め、被保険者証の検認又は更新をすることができる。」、同条の第2項におきまして、「市町村は、前項の規定により期日を定めるに当たり、保険料を滞納している世帯主に係る被保険者証につき通例定める期日より前の期日を定めることができる。」と規定がございますので、これに基づきまして短期証の交付をしてございます。
 なお、その交付方法については法令上何らの定めもございませんので、これにつきましては保険者の合理的な裁量にゆだねられているということになってございますので、当市では正規証につきましては郵送による交付、また短期証でも今有効期限を3カ月にしてございますが、4回まで1年間は郵送で保険証の交付を行ってございますが、短期証になって1年たっても一度も市の方に納税相談等に来られない、また国保税を全く納めないという方につきましては、窓口交付の方法をとらせていただいてございます。それが1点目のお答えでございます。
 続きまして、2点目の何世帯に保険証を渡していないのかと。渡していないのではなく、とりに来ていただいていないというのが実態でございます。私どもは、本人に窓口にとりに来てくださるよう通知文を差し上げてございますので、渡さないというのではなく、本人がとりに来られないということでご理解いただきたいと思いますが、とりあえず件数につきましては、現在258件となってございますが、このうち60件程度は転居先不明等で戻ってきている世帯がございますので、実際は200件程度というふうに判断してございます。
 続きまして、3点目でございますが、保険証を全世帯に渡すべきではないかと、また最後の方にございました50万円以上の315人についての実態把握について、あわせてお答えをさせていただきたいと思いますが、まず50万円以上の滞納者の315人の実態すべてを把握しているかというと、まことに申しわけございませんが、すべての世帯についての実態を把握しているとは言い切れない状態でございます。
 また、保険税の徴収で一番大事なのは、実態を把握することだろうというふうに考えてございます。実態を把握をいたしまして、納税者と十分協議の上、納付可能な納税計画ですか、これを立てましてそれを実行していただく、これが一番大事なことであると認識をしておりまして、この実態把握のため、現在納税相談窓口、月1回ですが、日曜日の休日窓口の開設、さらには月1回の夜間窓口の開設、さらには電話催告、休日収納等にあわせましてその実態把握に努めているところでございますが、今後も税の徴収の基本は、納税者の実態の把握をし、納税者と協議の上、納税可能な徴収計画を立てていくことが肝要であるということを肝に銘じて、これからも徴収に
P.247
当たっていきたいというふうに考えているところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
         〔島村栄参事兼教育次長登壇〕
◎島村栄 参事兼教育次長 学校校舎の大規模改修工事の関係につきましてお答えをいたしたいと思います。
 最初に、福岡小学校前校舎の耐震工事を行わなかった理由はということでございますけれども、これまで市といたしましては、現在の計画で古い校舎から1校ずつ耐震補強を実施しまして、その翌年には大規模改修を実施していくという計画でおりました。しかし、国庫補助制度の大幅な改正があったということから、今後市の予算の動向にもよりますけれども、現計画を見直す必要が生じているという状況でございます。そういう理由から、今回の工事を行った理由ということでございます。
 続いて、耐震補強工事の組みかえあるいは前倒しというご提案だというふうに思いますけれども、今お答えしたとおり、計画全体の見直しの中でどう取り組んでいくか検討していくものであるというふうに考えております。
 16年度予算に設計委託料が入っていないということで、このことについての確認ということでございます。これまで総括質疑あるいは委員会質疑でお答えをさせていただきましたけれども、予算確定の間際において補助金制度そのものが改定に遭ったという状況がございました。計画どおり進めることができるということであれば、福岡小学校大規模改修工事においてトイレ改修が予定されていたという事情があるわけですが、他方トイレ改修の計画というのが既に別途ございましたので、それによりますと、花の木中学校を実施するという計画がございました。その二つの事情を見まして、選択、調整が必要になるだろうというふうに考えております。この点につきましては、至急調整に努力をしていきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員の再質問を許します。
◆岩崎公夫 議員 それでは、質問の順序に従って、再質問をさせていただきます。
 まず、まちづくりの関係です。この中で財政計画については、平成16年度から見直しをすると。その中に私が提案したのは、二つの基盤整備の事業も入れてやっていただきたいと、そういうような提案なのです。それに対して、全事業を見直しの対象とするのだという答弁でした。でしたら、実際にこの二つの事業もどんどんと進んでいくと、もうそこで凍結とか中止というふうにはなかなかいかない場面も具体的に出てくるのではないかと思うのです。特に相手がいることですから、そういった意味では、やっぱり今がこの決断をするチャンスだと思うのです。実際に例えば国なども今大変財政が厳しいと。埼玉県の場合もそうですが、そういった中で事業に対しての見直しをしたり、もしくは凍結や中止をすると、そういう事業も実際に起こっているのです。そ
P.248
のぐらいの決断が私は必要ではないのかということなのです。これについては、もうこの議会でいろいろと財政事情は出ておりました。この二つの事業だけでも23億円と65億円です。ですから、大変な金額なのです。これをやはり今の時点でもう一回凍結をして、それで平成16年度から見直し作業をするわけですから、そこの中で、市民参加の見直しの中でやっぱり再検討していただきたいということなのですけれども、その点についてはぜひそうしていただきたいと思いますが、そのことについては直接触れていないので、私はそういう提案なのです。ぜひそういうことで、見直しの中にこの二つの事業も入れていただきたいということですけれども、それが今大事なところだということなのです、財政上からも。
 私がもう一つの質問では、実際にではこの二つの事業を進めたら、果たしてこれから先本当に、今既に言いましたように償還計画もあるわけです。今まで借りていたいろいろ市債とか、地方債とか、そういう関係がありますので、そういうことに加えて、今度事業を進めれば、もっとどんどん膨らんでいくわけです。そうなったら、本当に大変なことになるということで、市民にしわ寄せをするのではなくて、やっぱりここのところで、市民が主役のまちづくりですから、そういう面で、そういう立場でまちづくりを進めてほしいということで、その点について再度お伺いいたします。
 それと、道路の市民合意の関係です。これについては、市民合意がされているというような答弁でした。日本共産党議員団が、先ほどもお話ししましたようにアンケート調査をやりました。その中でそういう人がどう言っているのかと、幾つか例を言いますと、例えば桜通線の中でアンケートに協力してくれた方で、こういうふうに言っておりました。車のために我が個人業者が長年築いた信用や実績を失うことは大変ばかげていると、車は上福岡市を通過するだけだと、私たちは上福岡市を愛し、根づいているというようなことで、これについては見直してほしいというようなことが出ておりますし、また駅東西連絡道路については、駅前になることを予定に開業したが、駅から見えるようになり、これからという時期に移転の話が決まった。何の説明もなく、反対する時間さえなければ、いまだ説明すらないと、こういうのも実際に私どものアンケートの中に寄せられているのです。ですから、こういうことを担当課の方ではきちんと見る必要があると思うのです。それで、実際に権利者の人、そういう人にもたったの1回の説明会でいいのだろうかと。それと(仮称)東西連絡道路などについても、1回、2回のそういった説明会で終わってしまっていると。実際に私どもがこういうアンケートをしたら、やっぱりそういう本音の部分があるわけです。ところが、実際説明会の中だけだと、なかなかそういう話もしづらいというのも実際あると思うのです。ですから私は、アンケート調査などをして、きちんとやっぱりそういう権利者の人たち、そういう人たちの気持ちをきちっと酌む必要があるということで、あわせて言っておりますけれども、この点について実際にそういったアンケート調査などをこの二つの事業についてはやっているのかどうか、その点についてお伺いいたします。

P.249
 次に、駅前整備についてです。これについては、私が言っているのは、富士そばの教訓は三つを別々に個々にやったために時間がかかったので、いろいろ難しいところありますけれども、やはり三つのそれぞれの権利者の人たちとよく話し合って、そして合意をした時点できちんと契約をしてほしいということですので、ぜひそういう角度で進めていただきたいと思います。これはもう市民も望んでいることです。これは要望にとどめます。
 次に、合併についてです。これについていろいろ市長の考えの中には、合併が公約だということでしきりに言っているのでしょうけれども、この間合併協議会で実際にかかったお金というのは、全体で1億3,000万円なのです。その中には、合併が決まっていないのに、名前を公募して、そして決めたというような費用なんかも具体的に入っているのです。それともう一つは、武藤市長は50%条項は決して高いハードルではないと。そうならば、なぜ有権者が50%を超える、そのような関心を持たせるように努力しなかったのかと、そこが私は大きな問題があると思うのです。それに対して何ら責任を感じるような今の答弁ではありません。私は、本当に市民の代表として、この間そういったことをやってきて、やはり結果が、事実がこう出ているわけですから、数字が。単に賛成、反対の数が多かったのではなくて、全有権者の中でどうだったのかと、そういうことからやはりどうだったのかということをきちんと見るべきだと思います。この点についてどうなのでしょうか。
 次は、福祉についてです。ぜひ国民健康保険証の問題、これについては担当課もいろいろと苦労されているということはよくわかりました。なかなか納入率が上がらないという中で、実際にいろいろと努力をされている。そういう経過の中で、そうした中でもしかし私は前の議会でも提案したのですけれども、来ない人には渡さないのではなくて、来ないから渡せないのだというような、だから預かっているのだというようなことでしたけれども、私はぜひ、渡っていない人に対してはどういう状況になっているのか。もしかしたら病気になっていると、そういうことでやっぱり困っているという人も実際いる可能性もあるわけです。ですので、やはりこちらから足を運んで、確かに体制もないから、そんなに数を行くわけではないと思うのですけれども、やっぱりそういう面で、この間例えば保険証が渡せていないそういう人に対して、何軒かでも実際に行ってお話をして、それで渡すなりしたということは実際やっているのでしょうか。要するに窓口に来て対応するのではなくて、担当者が、その保険証が渡っていないそういうお宅に行って、それで具体的な家庭の実情を聞いて、そしてその中でいろいろ話し合った結果、そこで保険証も渡すと、そういうような実際の行動がされたのかどうか、この点についてお伺いいたします。
 それと、もう一つ大事な点は、よく税の公平性ということを言うのですよね。ですから、滞納している人に対しては、もっと納めてもらうために努力するのだということを言うのですけれども、国民健康保険税制度というのは、加入者は国の最大の医療保険制度なのです。そういった中で、特にその中には低所得者の方も多く入っているというのがこの保険制度なのです。そして、
P.250
これについては、国は国保事業の運営が健全に行われるように努めなければならないということで、国の義務を規定しているのです。そして、国庫負担を義務化している、そういった制度です。ですから、やはりそういったことも踏まえて、国がやっぱりもっときちんと本当は責任を持って、できるだけ税金を負担を少なくする、そういうことをすべきなのに、この間国庫補助率を下げるとか、実際そういうことも行っているわけなのです。そういうことで、さっき言った点だけぜひよろしくお願いします。
 あと、教育についてです。これについては、耐震大規模工事については、財政がないから難しいというようなことだと思うのですけれども、私は大事なのは、いつこういう震災があるかわからないわけです。そういう中で、安心して子供が学べる環境というのをつくるのも大変大事だと思うのです。ですので、私は一番最初にまちづくりの問題で挙げましたけれども、その中で基盤整備、この金額も大変です。しかし、この財政の一部を大規模改修の工事の方に回してもらうということになれば、何校もできるわけなのです。ですから、全体の、子供たちがこれから安心して学べる場をきちんとつくると、そういうところにぜひ責任を持っていただきたいと思いますし、そういうことでぜひ耐震工事を進めてほしいということをぜひやっていただきたい、このことを重ねてお伺いいたします。
 それと、トイレの改修については、これから花の木中学校にするか、福岡小学校の工事の中でするかということですけれども、両方をやはり進めるというふうにぜひ私はしていただきたいのです。本当に今トイレの改修ということは、子供たちが待ち望んでいることなのです。そういったことで、ぜひトイレの改修については、どっちどっちというのではなくて、やはり2校同時に進めるというようなことでぜひ進めていただきたい、このことについてお伺いいたします。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 合併の問題につきまして、いろいろと質問者言っておりますけれども、それは私は質問者の考え方だというふうに判断しておりまして、全体的な上福岡市としてどうあるべきかということにつきましては、私なりにそれなりのデータをとって、そしてそういう発言をしているのでありまして、当然反対、賛成があって当たり前のことでありますが、私は賛成が1%でもあれば実行する、そういう前向きな姿勢で取り組んでいるところでございます。特に今この合併問題とあわせて、財政問題が非常に語られております。後ほど担当の方からも答えますけれども、本当の財政を見直すのであれば、質問者は大型、大型と言っておりますけれども、大型事業は二十数年やっていない。そういうことの中で、本当の財政を…
         〔私語あり〕
◎武藤博 市長 静かに聞きなさい。本当の財政を見直すのであれば、第一次基本計画のところへ一たん戻って、景気のいいときに膨らんだものをそのままにするのではなくて、しっかりと見直す必要があるのではないか。私は、この第三次の後期基本計画につきましては、その点をしっかりと
P.251
審議委員の皆さんにお願いしていきたいというふうに思っておりますが、平成3年度から上り坂になりました予算の中での膨らんだソフト面もたくさんあるのです。それも見直す。やるのであればそこまで踏み込まなければ、本当の財政再建にはならない、私はそういうふうに思っております。これは、細かいことにつきましては、また担当の方からお答えをさせていただきます。
○五十嵐正明 議長 この際答弁者に申し上げておきます。間もなく予定の時間が参りますので、答弁を簡潔明瞭にお願いいたします。
 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 事業の見直しの点でございますが、市の発展は、環境の面、防災の面あるいは商業活動の面含めまして、経済活動の面からの発展から基盤整備というものは必要であります。したがいまして、ある特定事業を取り上げて見直すのではなくて、ご指摘の二つの事業も含め、全事業を見直すということでございますので、ご理解いただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 アンケート調査の関係でございますが、市としては、アンケート調査は実施しておりませんが、先ほどもお答えをしたとおり、合意形成については、いろいろ説明会等を実施した中で、いただいているものと理解をしているところでございます。
○五十嵐正明 議長 工藤健康保険課長。
◎工藤秀典 副参事兼健康保険課長 保険証の窓口交付の方に対する実態調査の実施ということでございますが、これにつきましては、夜間の電話催告ですとか、あるいは嘱託徴収員によりますそれぞれの家庭訪問等を行って、その実態把握に努めているところでございますし、中には病気でどうしても役所に来れないという連絡があったような場合、郵送で対応しているという例もございます。また、今後につきましても一層実態把握に努めて、滞納額の整理、減少に努めてまいりたいというふうに考えてございます。
○五十嵐正明 議長 島村教育次長。
◎島村栄 参事兼教育次長 まず、耐震工事の関係でございますけれども、これは全体計画の中で検討すべきものというふうに考えております。
 続いて、福岡小学校と花の木中学校の両方を一緒にできないのかということでございますが、福岡小学校の今までの計画を立案してきた関係等を見ますと、両方一緒にできるということであれば一番望ましいというふうに私思いますけれども、なかなかそういう求めることも難しい事情もございまして、これは先ほど申し上げたとおりいずれかの選択をしていくという考え方に立っております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員の再々質問を許します。
◆岩崎公夫 議員 時間がありませんので。

P.252
 それぞれ答弁していただきました。それで、私、学校の大規模工事の促進の関係で、耐震工事をぜひということでしたけれども、私ここできょう質問したかったのは、大規模改修工事がここでとまってしまうと、そういう経過がありますので、これをきちんとやっていただきたいということです。さっき財政の面から、トイレについてもどちらかを選択したいのだということなのですけれども、これは全体の見直しの中でやっぱりまちづくり全体でも、先ほど基盤整備も大事だということを言っておりましたけれども、そういうことを含めて全体的に事業の見直しをするのであれば、そういう中で子供たちの学校の環境をよくすると、そういうことも大いにやっぱり重視していただいて、必要によっては思い切って基盤整備のところを教育の方に回せということも含めて、ぜひやはりそういう立場からも進めていただきたいということを述べて、終わりたいと思います。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 次に、野沢裕司議員の質問を許します。
         〔9番野沢裕司議員登壇〕(拍手あり)
◆野沢裕司 議員 おはようございます。では、議長のご裁可をいただきましたので、発言通告書に基づきまして質問させていただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
 初めに、私はギャンブルはしないのですけれども、地方競馬、高知競馬で今ハルウララという馬が105連敗中で、負けても負けても走っているそうです。私の質問にも多分つれない答えが返ってくると思いますけれども、私もハルウララのようにめげずにこれからも質問を続けたいと思いますので、やがてハルウララではなくて秋の実りになるように頑張りますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。
 さて、初めに道路の照明につきましてご質問申し上げます。多分これは宗教用語だと思うのですけれども、除夜という話があります。つまり、やみというのは物事を清めていく。12月31日には除夜の鐘なんて言います。それから、これも多分死語になってしまったと思うのですけれども、無明長夜なんていう話があります。明かりのない長い夜のことを言うそうです。今それは残念ながら日本じゅうから除夜も無明長夜も消えてしまいまして、夜は明かりがこうこうとともっております。
 端的に申し上げますと、上福岡市の西側に奥武蔵高原という高原があります。笠山とか堂平山とかという山がありまして、そこに奥武蔵グリーンラインという道が通っております。林道ですけれども、そこを夜間通りますと、関東平野が見えます。関東平野は、明かりがこうこうとともっております。その明かりというのは、ただ明るいのではなくて、こうこうとともっている明かりには、その源である原子力発電所もしくは火力発電所がありまして、その火力発電所のフル稼働で、また原子力発電所のフル稼働で明かりがついていると思います。その明かりというのは、
P.253
もちろん原子力発電所ならば放射性廃棄物を出しますし、それから火力発電所ならば、CO2を大量に出しております。それらをもって我々は便利な明かりをいただいております。明かりがあるのは大いに結構なのですけれども、実は私は農家でして、農家の声を代弁して、これから農業振興の話をしていきたいと思うのですけれども、明かりが明るいと、植物というのは夜眠れないのです。上福岡市の農家というのは、実は惨たんたる状況でありまして、加藤議員さんが商工業者は大変に苦しいという話をきのうしておりました。私たち農家というのはさらに苦しいのです。米は今30%減反です。つまり3年に1回は収入がゼロになります。そういうふうな惨たんたる状況でやっております。
 その中で、ちょっと話が違うのですけれども、上福岡市で審議委員さんていらっしゃいますね、各種審議委員さん。私その審議委員さんの手当を調べましたところ、2時間で7,000円以上の報酬を持って帰られます。そのことが高い、安いではなくて、7,000円という額は、私たちが1年間懸命にお米をつくりますと、30キロつくると、30キロが7,000円なのです。審議委員さん高いのではないのです、いかに農家の収入というのは低いかと。我々は、もう農業というのは営業ではないと考えています。営業ならば、とてもではないけれども、それではできません。これは生業、物をつくるから生業で、これは家業、営業ではなくて家業で、農家は今懸命にそれに取り組んでいるという状況があります。その状況下の中で、厳しい農業の情勢の中で、農業を上福岡市ではわずかながらと言っては何ですけれども、何百軒かの農家が今でも米づくりに取り組んでいます。
 私が、道路の減光についてこれから話をするのですけれども、上福岡市の新田に、岡本和廣氏宅、箕輪そろばん塾から下福岡、北に向かって道路があります。バイパスを越えて第3分団の車庫までの市道があるのですけれども、その市道は両サイドが水田です。その水田の市道には街灯がついていますけれども、その街灯というのは、多分市の努力だと思うのですけれども、減光装置、つまり道路を照らすけれども水田は照らしていないというふうな減光装置のついた街灯が並んでおります。それはまあまあよくできていますけれども、それでも道路のみでなくて田んぼも照らしております。特にそれがひどいのは、これは下福岡の住民の方、市民の方からの要請なのですけれども、上福岡高校の正面入り口から早船酒店までの市道につきましては、高校生の方々が通学する道路なのですけれども、田んぼというのは大体幅20メートル、長さ50メートルなのです。その街灯というのは、道路を照らし、さらに50メートル先まで水田を照らしています。そうしますと、稲というのは夜眠れませんので、収穫が落ちます。それで営業成績に響くというのではなくて、家業として取り組む方々の姿勢に対して非常に迷惑なことなのです。ですので、できれば福岡高校の入り口の正門より早船酒店のところまでの街灯につきまして、減光をしていただきたい。もちろん道路を照らしてもらっても結構なのですけれども、道路以外の水田を照らすのは、工夫してやめることができると思いますので、ぜひ減光装置をつけていただいて、新田の岡
P.254
本和廣氏宅から第3分団の車庫までの間のような工夫をしていただきたいというふうに考えますけれども、ぜひその辺を工夫をしていただいて光を減じて、道路は照らす、水田は光が当たらないというふうな工夫をしていただきたいと考えますので、よろしく応対をいただきたいと思います。
 続きまして、これも下福岡の市民の方からの要請なのですけれども、これもきのうたしか12番議員さんから要請があったと思うのですけれども、下福岡地域に公園をつくってほしいという話がありました。私もこのことを下福岡の方から要請を受けています。それで、公園というのは、たしか日本にずっと昔からあったものではなくて、明治維新あたりから外国から輸入してきた概念、思想だと思うのです。ですので、まだ100年ちょっとしかたっていないので、我々公園をよくそしゃくできていないということがあると思うのですけれども、新河岸川の大杉神社のところに市の用地があります。その市の用地に休憩所をつくっていただけないか。下福岡の新河岸川の土手については、今市民の大勢の方々が散歩なさっておりまして、その散歩の休憩所としても十分に利用できるし、市の用地をそのまま放置するのではなくて、何か公園として有効な利用方法はあろうと思いますので、公園の設置についてご見解をよろしくお願い申し上げたいと思います。
 それから、続きまして防犯についてです。きのうこのところで上福岡市の犯罪傾向についての話がたくさん出ました。ひったくりが県下でナンバースリーであるとか、それから窃盗が多いと。さらに、もっと恐ろしい犯罪があるのですけれども、それは放火という犯罪なのです。窃盗ならば物を持っていきます。ひったくられても、全財産はひったくられないと思いますけれども、放火というのは全財産を持っていきますし、夜それをされると、死に至る場合もあります。恐ろしい犯罪だと思っています。それで、それについてさまざまな提言がなされました。防犯推進条例とかさまざまありますけれども、ひとつ要請をしてほしいのですけれども、消防団は上福岡市には5分団ありまして、その分団というのは習熟訓練のために月に1回か2回訓練をします。消防団の車両には赤いランプがついていますので、それらを回しながら、マイクロホンついていますので、それで防犯パトロールができるのではないかと考えています。私は、毎日車を使いますけれども、消防車というのは火災で使う場合と訓練で使う場合が2回あるのですけれども、ふだんは車庫に眠っていますので、使わないのでバッテリーが減ってしまいますので、時々習熟訓練としてパトロールをする必要があるので、そのときに防犯パトロールをしながら回っていただく。また、消防署の車両についてもパトロールができると思います。私は犯罪者ではありませんけれども、街でいきなりパトカーに出会うと、なぜかびくりとします。ですので、多分これから何かをしようという方々は、遠くから赤色ランプを見れば、やめようという気になると思いますので、それらについて消防署、消防団にぜひ防犯パトロール、5分団で5台、これが月に2回とすれば、10回当たり上福岡市内をパトロールができるのではないかと考えます。そうすることは、団にとってもまちの地理を周知していくというメリットもあると思いますので、ぜひ市民のために消防
P.255
団のパトロールについて要請をしていただきたい。
 市でも、消防団に対しまして今車庫の改築を進めておりますので、消防団ともそういうふうな意味で有効な信頼関係ができるだろうと考えていますので、ぜひ市民のため、団活動の訓練と、それから消防団への市民の信頼感の醸成のため、両方の意味合いがあると思います。赤色回転灯をつけ、それから鐘を鳴らし、マイクで防犯、防火を呼びかけるならば、防犯効果、犯罪抑止効果がさらに上がっていくのではないかと考えます。ぜひ消防団にそのことを要請をしていただきたいというふうに考えます。
 消防団の方々というのは、たしか多い方ですと曾祖父が消防団員さん、祖父が消防団員さん、父親が消防団員、その子供が消防団員というふうに、4代にわたってその業務に取り組んでいる方々がいらっしゃいます。ですので、上福岡市でも信頼の厚い方々だと思っています。例えて例を挙げるならば、アメリカの階級でWASPというのがあります。Wはホワイト、ASはアングロサクソン、Pはプロテスタントで、歴代アメリカに渡ってきて長年アメリカで筋目のアメリカ人として牧場や農場を経営している主流派のアメリカ人です。人間の体でいえば、頭蓋骨とか、背骨とか、大腿骨というふうな意味合いを持っていると彼らは自負しています。というふうにして上福岡市の消防団員さんも上福岡市のWASPと考えていいと思います。3代、4代にわたって上福岡市で地道にそういうことで市民貢献をなさっています。私は、できれば上福岡市に住んでいる5万の方々が、いずれ上福岡市からどこかに行くのではなくて、ここに住み抜くのだという決意でぜひ住んでいただきたい。住み抜くのだという決意で住むと、あれをしてくれ、これを補助金を出してくれ、これを買うてくれとかというのではなくて、何ができるか、何に貢献していくかということを考えるようになります。消防団員さんは、あれをしてくれ、これをしてくれ、これを買ってくれとは余り言いません。地道に夜中でも黙って起きてきて、市民のために縁の下の力持ちをやっていらっしゃいます。私は、まさに上福岡市におけるWASPだと考えています。彼らと信頼関係を結ぶことは、市にとっても行政にとっても絶対にプラスになるという確信がありますので、彼らに頼りになる、頼りにしてほしいということを伝えるならば、彼らは、では報償金これこれくれとは決して言わない、助成金出せということまずないだろうと思いますので、誠意を持って交渉をしていただければ、必ずいい結果が出るだろうと考えます。
 続きまして、今度は防災対策についてお伺いします。上福岡市の農業用の井戸があるのです。というのは、上福岡市昭和30年代に人口爆発を起こしまして、今までは新河岸川から田んぼに向かって、ポンプで水田に給水、排水をしていました。それが人口爆発によって河川が汚染されまして、汚水では稲がだめになってしまいますので、井戸を掘りました。大体市内には二十数カ所の井戸がありまして、深さが100メートルあります。その地下水というのは非常に冷たくて、田んぼにとっては余り有効ではないのです。その井戸がいっぱいあります。それで、その井戸の周りには、民家やらそういうものはないのです。ですので、震災の場合なんかでも倒れてくるもの
P.256
によってつぶれるとか、それから周りからの火災でそれらが燃え上がるとかということは確率としては非常に少ないのです。良好な、良質な水が出ます。それらについては、井戸を掘るときに市から補助金をいただいて井戸の掘削がしてありますので、災害時に上福岡市で大災害が起こりました、水が必要になります。そのときには、一つは江川の湧水を使うこと、一つはその農業用井戸の用水組合さんというのがそれを管理していますので、用水組合さんと防災協定を結んでおいて、災害時の場合にはぜひその井戸の水を供給をしてほしいということを取り決めていただきたいと思います。
 富士見市と上福岡市の間に、新河岸川の手前に南畑地区というのがありまして、そこに蛇沼という地区があります。そこで十数年前に火災がありました。消防車が駆けつけました。民家が燃えました。そのときに、残念ながら周りには消火栓がありません。どうしたかといいますと、そこに井戸がありましたので、消防団員さんが体当たりで井戸の小屋のドアを破りまして、中に入って、スイッチを入れて水を出して、その水で消火をしたということがありました。体当たりをしたのは私ですけれども、そういう意味で、非常に水が有効に出ますので、災害の場合には水が十分に供給できるということがあるので、前もって用水組合さんと、ふだん助成をしているのであるから、災害時にはぜひ水をいただきたいというふうなことの確認作業をしていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。よろしくお願いします。
 最後になりましたけれども、川崎橋のかけかえについて、20番議員さんから話がありましたけれども、私のお願いというのは、先進国の道路というのは、一つは車の専用道があります。そのわきに自転車道があります。一番の最後のところに3点セットで歩道がセットされています。もちろん自転車道、歩道というのは緑道で、並木のガードがあるのですけれども、道路としての形態として、自動車道、自転車道、歩道というのは、それがなければ道路とは言わないというふうなヨーロッパの事例があります。ぜひ川崎橋かけかえのときには、土手上の歩道については、道路で分断されるのでなくて、下を回って迂回ができて歩道が整備されるような方式にしていただきたい。ぜひ歩道の整備について、かけかえのときにはセットで歩道の整備も要請をしていただきたいと申し上げまして、1回目の質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時51分
   再 開 午後 1時11分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 野沢裕司議員の最初の答弁から始めます。
 河野市民生活部長。

P.257
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、防犯についてと防災対策について、2点ご質問いただいております。
 初めに、防犯についてお答え申し上げます。まず、本市の犯罪の発生状況について説明させていただきます。平成15年ではひったくりの発生件数が44件と、平成14年の82件に比べまして47%近く減少しております。おおむね半減しています。この点では、市民の防犯活動の努力によるものと、それなりの成果があったと思っております。一方県全体では、平成14年度の5,372件から、平成15年には4,368件と、19%弱の減少にとどまっております。なお、平成15年の市町村別1,000人当たりの刑法犯認知件数では、県下34位となっております。しかしながら、油断はできない状況であると認識しているところでございます。
 ご質問の消防署への赤色灯を点灯した防犯効果のある防犯パトロールを要請することにつきましては、犯罪を企画する者に対して見せる防犯活動としての効果があると思われますので、消防組合にパトロール時に防犯上の注意を払っていただくよう要請していきたいと考えております。
 また、消防団につましては、夜間のパトロール等に際しては、防犯に注意を払っていただければ大きな効果が得られるというふうに思っております。また、期待しているところでございます。消防団へも防犯活動への協力を要請していく所存でありますが、消防団は、消防活動を目的とした非常勤職員の組織であることから、法規に逸脱して本来の消防活動を阻害しないよう、要請内容を十分検討する必要があると考えております。今後消防組合あるいは消防団及び県と調整していきたいと考えております。
 次に、防災対策についてです。地震対策として生活用水を確保することですが、阪神・淡路大震災でも明らかになったように、大規模地震の発生時には初期の消火用水や生活用水が不足します。本市では、平成10年11月11日に市内のおふろ屋さん、福湯会と言いますけれども、災害時における生活用水の確保及び供給の協力に関する協定を締結しているところでございます。水の確保については、議員おっしゃるとおりいろいろな方法でルートを確保していく必要があると思っております。そういう中で、農業用井戸は市内に14基ございます。五つの用水組合がそれぞれ維持管理しているところでございます。井戸は深井戸で、水量的には心配ないというふうに思っております。なお、ご質問について大変よいアイデアだと思っております。そういう中で、災害時に井戸を利用できるよう用水組合に働きかけをするなど、前向きに対応していきたいというふうに思っております。ただ、この用水組合におきましては、今年度4月でそれぞれの組合長さんがかわるところもございます。連休明けに地域農政推進対策協議会の会議がありますので、その中でお願いをしてみたいというふうに思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。

P.258
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、都市整備部関係の3点ご質問をいただいておりますので、順次お答えをさせていただきます。
 まず初めに、照明灯関係のご質問にお答えをさせていただきます。道路照明灯は、原則といたしまして幅員4メートル以上の公道と交通事故のおそれのある交差点、見通しの悪い屈曲部分、それから信号機の設置していない横断歩道等に夜間における交通安全を確保し、住みよいまちづくりを推進するため設置しているものでございます。ご質問のありました下福岡の福岡高校の市道第23号線の照明につきましては、ご質問の趣旨を踏まえて、現地を確認し、田んぼに照明が当たらないよう、道路のみ照明するよう十分検討してまいりたいと考えております。
 続きまして、公園の設置の関係でございますが、下福岡大杉神社横の市有地内に休憩所を設置することについてのご質問にお答えをさせていただきます。大杉神社境内地及び神社等につきましては、現在新河岸川総合治水事務所で進めている新河岸川河川改修工事用地内に位置していることから、今後県及び神社関係者の方々との間におきまして、移転を前提とした補償交渉を行うと聞いております。現段階におきまして、県から移転後の建物等の配置計画を示されていないことから、詳細についてはお答えすることできませんが、ご質問の市有地を代替地として活用したい趣旨、県側の意向もありますので、建物等の移転等の状況を見て、休息ベンチ等の設置の適否を、神社関係者の方々並びに地域の方々のご意向を十分踏まえて検討していきたいと考えております。
 続きまして、川崎橋のかけかえ工事について、堤防上にあります歩道部分を連続性あるものにできないかとのご質問でございますが、川崎橋のかけかえに当たりましては、橋が埼玉県川越県道整備事務所、河川が埼玉県新河岸川総合治水事務所において整備しているもので、そのそれぞれの担当する部署へ先般助役とともに要望してまいりましたので、申し添えておきます。また、福岡橋につきましても同様に要望していきたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 野沢裕司議員の再質問を許します。
◆野沢裕司 議員 つれない答えではなくて、ほぼうれしい答えが返ってきましたので、ありがとうございます。
 道路の照明につきまして、13番議員さんがことしの6月の議会でしょうかにホタルの話をしておりました。ホタルがなぜ光るかといいますと、あれは実はラブコールでして、真っ暗やみで、雌が雄に、雄が雌に、光でアイラブユーを言うのです。上福岡市の下福岡地域にはヘイケボタルがわずかに住んでおります。それらに対して道路から光がこうこうと当たりますと、ホタルはラブコールが届きません。そういう意味でも早急に、道路は明るく、世間は暗くしていただきと考
P.259
えます。
 それからもう一つ、市内各地にはまだほかにも田んぼに光害が当たっている場所が何カ所かあります。それらについても、早急に調査をして改善をしていただきたい。そして、道路は明るく、世の中は暗くなるように…
         〔私語あり〕
◆野沢裕司 議員 道路は明るく、田畑は暗く、光の害のないような農業政策をしていただきたいことを、もう一度お答えを願いたいと思います。
 それから、公園の設置につきましてですけれども、川越にこういう歌があります。「通りゃんせ、通りゃんせ、ここはどこの細道じゃ、天神様の細道じゃ」。私先ほど申し上げましたけれども、いわゆる西洋公園というのはまだ歴史が100年ちょっとなのです。神社と公園というのは、日本で1,000年以上の歴史があるだろうと思います。ですので、通りゃんせ、通りゃんせのような、代替地でも結構なのです。大杉神社の裏の森、それから境内の広場を含めて、代替地だからではなくて、それらも含めてセットで、別に神社といっても、あそこは参詣に来る方はまずいらっしゃらない。川に向かっての船頭さんの神社だったので、今上福岡市に船頭はまずいらっしゃらないだろうと思いますので、神社を含めて地域コミュニティーとして整備していくことは十分に可能だろうと思いますので。
 それから、大杉様には雪中庵梅年の句碑も建っておりまして、「とかくして来ずにはおかぬ時雨かな」とありますので、それらも含めて文化ゾーンとして、舟運の記念の名残としての意識も含めて、ぜひそれらを含めて公園と、広い意味での日本古来の公園、いわゆる西洋公園ではない公園という考え方ができると思いますので、その辺をもう一度答弁を願えればありがたいと思います。
 防犯につきまして、消防団さんに業務の逸脱をしないような配慮でという話がありました。消防団の労苦については、存分に多分理解してくださったと思います。ただ、赤色ランプは1キロ先からも見えますし、そういう意味で存分に抑止力になるだろうと考えますので、ぜひ要請をしていただきたいと思います。
 今サラリーマン川柳というのがありまして、サラリーマン川柳にこういうのがあるのです。「やる気出せそれなら金も出してくれ」と彼らは言いませんけれども、ぜひ惻隠の情で、ご苦労さま、よろしくお願いしたいということを、彼らがより一層のやる気を出せるような配慮もしていただきたいと。彼らからの要求はないと思いますけれども、こちらから配慮することは彼らは拒否しないと思いますので、ぜひ、やる気出せ、それならばの方もよろしくご配慮していただいて、消防団に丁重な期待を込めての要請をしていただきたいと思います。
 防災対策につきましては、ぜひ用水組合に要請をしていただきたいと思います。これは要望にとどめます。

P.260
 川崎橋のかけかえにつきましては、これも今上福岡市から通勤の方々が朝都内に出かけてまいります。震災の場合、東上線はまず動きません。タクシーも動きません。家族のことを気遣ったらば、帰ってくるのには徒歩で帰るしかありません。川越街道は、多分ビルの倒壊、電柱の倒壊等で帰れません。帰るとするならば、荒川の土手もしくは新河岸川の土手伝いに30キロ、家族を思って、必死になって歩いて帰ってくるしかないのです。そういう意味で、歩道の整備は、これはふだんはジョギング、ウオーキング、散歩のために使いますけれども、有事の場合には、震災、大災害の場合には、それらは市民の貴重な重要な交通路になると思います。ぜひ点でなくて面の整備が必要かと思います。ぜひ働きかけを強力にしていただきまして、これは助役さんから、県の方にも面としての整備をということでお答えを願いたいと思います。
 以上、2回目の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 永田助役。
◎永田喜雄 助役 川崎橋のかけかえ工事について、周辺を面として整備をということだと思いますが、お話の点は、特に先般私も川の堤防の上を散策をいたしました。やはりここはかけがえのないこの地域の貴重な財産だと思います。これをさらに大きく、線だけではなくてやはり面としてスポーツ公園等、またあるいは先ほどの神社の境内等も生かせるような、そういうつながりのあるまちづくりに進めていきたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、防災関係の中の消防団の夜間のパトロールの関係でございますけれども、パトロールに際しては防犯に注意を払っていただきながらパトロールしていくと、そういう中で大きな効果が得られるということを期待しております。そういう中で、法規に逸脱をしない、本来の消防活動を阻害しないような要請内容を十分検討する必要があると考えております。
 なお、その際にいろいろパトロールに際しての必要な備品等については、防犯推進会議の中で検討させていただければというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 道路照明灯の関係についてお答えをさせていただきます。ご指摘のとおり他の場所にもこういう場所があるかと思いますので、今後市内全域等を調査いたしました中で、できるだけ早い時期に実施できるよう努力させていただきたいと思います。
 それから、大杉神社の関係でございますが、新河岸川総合治水事務所との関連もございますので、そちらとよく相談をした中で調整をさせていただければと思っております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 野沢裕司議員の再々質問を許します。

P.261
◆野沢裕司 議員 ありがとうございます。
 新河岸川の大杉様の公園につきまして、代替地が市有地があるのです。あるならば、これは使わない手はないだろうと思います。それで、そこに大規模な遊具を置けとか、そういうことは私申し上げておりません。平らにフラットにしていただければ、それなりにもう公園として使用できます。どうぞ市有地があるならば、もう一歩進んだお答えをいただければありがたいというふうに考えます。
 以上で終わります。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 ご質問の趣旨を十分踏まえまして、検討させていただきたいと思いますので、新河岸川総合治水事務所と相談をした中で、ご質問の趣旨を踏まえて調整させていただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 野沢裕司議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 次に、鈴木啓太郎議員の質問を許します。
         〔5番鈴木啓太郎議員登壇〕(拍手あり)
◆鈴木啓太郎 議員 それでは、一般質問をさせていただきます。
 今回議会におきましてさまざまな議論が加えられているわけですけれども、この中の大きな課題の中に合併問題及び財政問題、それに絡みまして上福岡市がどのような施策を今後とっていくのかというふうなことでは、非常に重要な内容がこの中にあらわれてきているというふうに思います。そういう意識から、私も一般質問を行っていきたいと思います。
 特に、まず第1に質問することは、市民参加の現状と課題ということです。市民参加というふうな問題をどのように考えるのか。ただの建前としてしまうのか、それとも本来の有効なものにしていくのかというふうなことは、行政運営において非常に大きな分かれ道になるだろうというふうに思います。ある意味では、行政改革の大きな手法として、あるいは本当の意味での市民と行政とのパートナーシップを築いていく上でなくてはならない制度として、この市民参加というものが定着してきているというような現状があるというふうに思います。その中で、それでは我が市の市民参加がどのような現状にあるのかということについてお答えをいただきながらお願いしたいというふうに思うのですけれども、ちょっと内容が多岐にわたってしまうと煩雑になってしまいますので、少しこの質問項目を簡略化させていただきます。番号で振ってあることで言いますと、1番、後期基本計画、2番の中央公園の拡張というような問題について、どのような市民参加を行っていく計画であるのかということについてお答えをお願いしたいというふうに思います。そして、各委員会やさまざまな場所で、今議会を通じまして私自身も質問をしたり、議論をさせていただきましたけれども、こういう市民参加というふうなことを本当に有効なものに進
P.262
めていくために、統一したルールづくりというものに着手する段階を既に迎えているのではないかというふうに私は考えるのですけれども、この点どのようにお考えになっているか、お聞かせ願いたいというふうに思います。
 2点目は、上野台の保育園跡地に建設が予定されています障害者の通所施設です。この問題で私自身は、大型というふうに今までは言われていましたけれども、通所施設をあの場所につくると、そこに上福岡作業所やふれあいなども統合していくというような計画が示されてきたわけですけれども、これが本当に必要なのか、見直す余地はないのか、このことについて改めて議論していく必要があるのではないかというふうに考えています。そういう意味では、我が市の障害者政策を進めていく上での大きな根幹にかかわる問題だというふうに思いますので、本当に必要なのかという問いかけにお答えを願いたいというふうに思います。私自身が対案として示したいというふうに思っているのは、小規模授産通所施設をたくさんつくるということです。そうすることによって障害者政策を展開した方が、より有効なものができ上がるのではないかと考えられる点も、検討課題ではないかというふうに思っています。今こうした小規模の授産通所施設の福祉法人というのは、上福岡市にはないわけですけれども、こうした民間の力を育てながら、そういう大型の通所施設にかえていくというような選択、そういうような政策をとっていくというふうなことも一考に値するのではないかと私自身は思いますので、それは行政効果という面でも、コストという面でも検討に値するというふうに思いますので、この点どのようにお考えになっているか、お示しいただきたいというふうに思います。
 それから、これまで大変問題にさせていただきました上野台保育園の建て替えですけれども、いよいよこの事業に着手するという段階になって、保育園の運営費が補助金が大幅にカットされて一般財源化されるというふうなことになりました。その中で、この上野台保育園の建て替えというふうなことは本当にどうなっていくのかということについても、注目されてくるところではないかというふうに思います。本当に平成18年4月にオープンをすることができるのか、この点について担当のお答えをお願いしたいというふうに思います。特に3年ごとの実施計画に基づいて予算フレームをつくると思うのですけれども、前回の全員協議会のときに示された中身では、約7億2,000万円の費用がかかるというふうに言われたというふうに記憶しております。本当にこの規模を実現することができるのかどうか、この点について見解を示していただきたいというふうに思います。
 さらに、保育園の建設、これは小学校の中の改修工事に対しても同じような要望が幾つも出されてきたと思うのですけれども、今木質化というふうなことが大変重要な課題になっているというふうに思います。これは、霞ケ丘保育園建設時にありましたようなホルムアルデヒドの発生と、シックスクールというようなものが保育園を覆ってしまうという現状を何とか回避するためにも、より自然な素材を用いた内装の構築ということがこの保育園の中においても問われてくると
P.263
いうふうに思いますけれども、これから内装の設計に入るというふうに思うのですけれども、この点についてどんなふうな計画、お考えであるのか、この点を示していただきたいというふうに思います。
 続いて、防犯です。防犯については、今回さまざまな問題が議論されておりますので、私はここでは2点書いてありますけれども、2点目の交通指導員配置の見直しにつきましては、さきの一般質問、答弁の中で、同じ質問と答えがありましたので、これについては省略をさせていただきます。
 ただ1点だけ、西小学校の敷地には幾つもの出入り口があります。この中で門が閉まらないというような構造になっているのが一つだけあります。多分市内の小学校でただ一つだけ閉まらないという、出入りが全くフリーになってしまっているというふうな現状があると思います。これについては、小学校のPTAからも児童館の父母会からも、ここを何とかしてほしいというふうな要望が提出されていたと思うのですが、これについて全くそれを設置するつもりはないというような回答でした。ぜひこの点を改めて、防犯上この現状というふうなことにかんがみまして、出入り口に対する何らかの対策をとっていただきたいと思いますけれども、お考えを示していただきたいというふうに思います。
 その中で学校運営ですけれども、これも大変保育園と並んで重要な問題になってきてしまっているというふうに思います。これもさんざん質問はなされましたけれども、学校大規模改修がストップしてしまうというのは、これは要するに今学校に通っている子供たちやその保護者たちにとっては非常に衝撃的と言っていいのか、非常に重大な問題であるというふうに私は思います。これは、老朽化した施設をある意味では我慢して使いながら、その順番が来ると改修がやってくるというふうなことを待っていたというような現状にあるのが実際のところではないかというふうに思います。施設が古くなるというふうなことによって、なかなかさまざまな不便を来しているというところはあると思います。トイレの改修であるとか、コンピューターの設置であるとか、さまざまな手だてを入れていただいてはいますけれども、まだ抜本的に中が変わっていかないと解決しがたいというような面を非常に多く残しているというふうに思うのです。これがとんざしたままで果たしてよいのか。早急に手だてを講ずべきだというふうに思うのですけれども、どんなふうにお考えになっているかを示していただきたいというふうに思います。
 特に、その学校改修の中で私が今後の学校の中の一番中心的な施設として位置づけていかなければならないのに、学校図書館の問題があるというふうに考えています。ところが、これについても何度かこの議会の中で質問させていただきましたけれども、上福岡市の教育委員会の発行する要覧に値します「上福岡の教育」という冊子があるのを皆さんご存じだと思うのですけれども、この冊子の中では、学校図書館の位置づけというものが明確にされていないというふうな現状にあります。これはどうしてなのか。要するにこの議会の中で答弁いただいていることが施策の体
P.264
系の中にも位置づけられていなければ、位置づけそのものが明確化されないと、こういう現状の中では、学校図書館のあり方というものが担当の教員に任されてしまっていて、半ば放置されているというふうにしかなっていかないのではないかというふうに思います。ぜひこの点を見直していただきたいというふうに思うのですが、いかがでしょうか。
 それから、給食の問題です。給食の中で、学期末とそれから学期の始まりのときに半日で消化するというふうな日程が学校にはあります。こういう日には給食が現在のところ提供されません。私は、学校給食調理場もしくは学校給食を提供する能力がないというふうなことではないというふうに思うのです。ぜひこうした日にも給食を提供するというようなことを積極的に行っていっていただきたいというふうに思うのですけれども、この点はいかがでしょうか。
 この給食の問題を議論するときに、前回も質問で出させていただいたのですけれども、ちょっと一つ議論が漏れていたことがありました。ここを明確にしたいと思うので、この最後の質問をいたします。仮に民間委託を現在計画されているということの中で、大きな問題は現場で給食をつかさどる栄養士は、どのように民間に委託した業者に指示を送るのかということを明瞭にしていただきたい。一応このことについては、職業安定法44条の規定によりまして、要するに同一の現場の中で仕事をすることができないというような定義があります。この問題をどのようにクリアされていくのかということについて、法律解釈的な内容になりますけれども、この点をまず明確にしておきたいと思いますので、お答えをお願いしたいというふうに思います。
 以上、1回目の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 それでは、当市の市民参加の現状と課題という柱の中の後期基本計画の中での市民参加、それから統一したルールづくりに着手する段階に来たのではないかということにつきましてご答弁申し上げます。
 まず、本市においては、市民参加の方法として第三次総合振興計画の前期基本計画において、協働によるまちづくりの確立の中で位置づけをし、推進しているところでございます。具体的な本市の市民参加への全庁的な取り組みといたしましては、審議会等の委員の選任に当たり、審議会等の委員の確保を図るとともに、市政への市民参加を推進することを目的とした上福岡市まちづくり人材登録制度、これは通称虹ダム制度と呼んでおりますが、審議会等の委員の委嘱に関して、市政に対する市民の意見を広く反映し、専門的な知識の導入及び公正性の確保を図ることを目的としまして、在任期間や重複委員の制限を設けたほか、公募等による委員の登用を規定した上福岡市審議会等委員の委嘱に関する指針を策定し、市政に市民の意見を反映できる体制づくりを推進してまいりました。
 そこで、後期基本計画の策定事業についてでございますが、平成16年度、平成17年度の2カ年
P.265
をかけまして、その策定作業を進めてまいります。市民参加の方法につきましては、住民意識調査あるいは地区懇談会、学識経験者や公募の市民の代表の方を含む総合振興計画審議会などのほか、今後より多くの市民の意見が反映されるよう研究してまいりたい、このように考えてございます。
 それから次に、統一したルールにそろそろ着手する時期、段階に来たのではないかということにつきましてですが、市民参加のための市としての統一したルールづくりが必要ではないかとのことでございますけれども、現在も個別の施策を実現する過程では、積極的に市民参加を取り入れておりますが、第三次総合振興計画の理念としてある協働によるまちづくりの確立を推進するためにも、この統一したルールづくりにつきましては十分研究をさせていただきたい、このように考えてございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 市民参加の状況と課題の中で、中央公園の拡張についてお答えをさせていただきます。公園に関しましては、全国的に住民参加のワークショップ方式が多く取り入れられております。当市におきましても、平成13年に開園いたしました杉並クローバー公園、またことし1月に開園いたしました北野さくら公園につきましても、周辺自治会の皆様に計画、設計段階からご参加をいただくワークショップ方式でつくり上げてまいりました。中央公園拡張におきましても、同様の方法で市民の方々のご参加をいただき、進めてまいりたいと考えておりますが、今お話をいたしました二つの公園につきましては、誘致距離が比較的狭い街区公園であり、周辺自治会を中心にワークショップに参加をしていただきましたが、中央公園につきましては、市内でも最も大きく、誘致距離も広い地区公園ですので、市全域を対象にワークショップ参加者を募集し、多くの市民の意見を取り入れながら、市民の顔となる公園をつくり上げていきたいと考えておるところでございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山田障害福祉課長。
         〔山田敏夫障害福祉課長登壇〕
◎山田敏夫 障害福祉課長 それでは、障害者通所施設について、まず1点目の大型通所施設は本当に必要か、2点目としましては小規模授産施設の効用に注目すべきではないかというご質問をいただいておりますので、お答えいたします。
 まず、大型通所施設は本当に必要かというご質問ですが、上野台の保育園移転後の跡地に、現在のところ利用者が40人程度の中規模程度の通所施設を考えてございます。建設後は、市内のかみふくおか作業所やふれあい上福岡支援センターも統合した形で開所をしたいというふうに考えております。そのほかにも毎年養護学校を卒業してくる入所希望者の方も考慮しますと、40名程
P.266
度は少なくとも必要な施設ではないかというふうに考えております。
 次に、小規模通所授産施設の効用に注目すべきではというご質問ですが、これについて最近国の方でも、これ2001年度からですね、社会福祉法人の設立の要件が緩和されまして、それぞれそういう小規模通所施設については、人数からいいますと10人から19名、20名未満ということで言われておりますが、それらのメリットについても、例えば経営が安定するとか、あるいは社会的信頼性を得るとか、あるいは運営の透明性が図られるとか、こういうことが言われておりますけれども、そういうメリットも確かにございますが、現状は上福岡市にとってはまだいわゆる養護学校を卒業した生徒の方を受け入れる十分な体制ができているとは思いませんので、市の行政の責任として、まだこれからも十分施設づくりをしていく必要性があるというふうに考えております。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
         〔藤田光雄児童福祉課長登壇〕
◎藤田光雄 児童福祉課長 上野台保育園建て替えに係りますコストを上げずに木質化というご質問に対しまして、お答えをさせていただきます。昨年庁内で検討いたしました建て替え構想策定検討会議の報告書が提出されております。この報告書の中にも、内部仕様については体に安全な木材を使用し、可能な限り木質化に努め、児童に優しい保育環境を確保することが望ましいという報告書をいただいております。したがいまして、上野台保育園の建て替えにつきましては、平成12年開園いたしました霞ケ丘保育園と同様に、内装はできる限り木を取り入れ、木のぬくもり、温かさを感じながら日々の生活ができれば、児童の健全育成の点からもよいものではないかと思っております。しかしながら、一方で建築基準法の関係や財源的な問題もありますので、平成16年度に策定する実施設計の中で、どこまで木を取り入れていけるかどうか十分に検討を行っていきたいと考えております。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 教育委員会へのご質問ですが、防犯対策の件ですが、これは西小学校と隣接する児童館の関係だと思いますが、現在西小学校に接する児童館は、児童館敷地と学校敷地の二つに行政区分上分けております。しかしながら、児童館の子供たちも学校の校庭を遊び場として使用しておりますので、児童館と学校との間のフェンスは考えておりません。
 しかし、学校といたしましても、防犯対策から不審者侵入等の対策を早急に考えなければなりませんので、保健福祉部と協議いたしまして、門扉、フェンスの設置等を学校、児童館一体として管理ができるように協議して進めてまいりたいと思います。

P.267
 次に、学校改修のご質問でございますが、福岡小学校大規模改修工事は、平成16年度文部科学省の新年度の施設整備の補助方針により見送りをしております。施設整備の補助方針につきましては、さきの総括質疑でもお答えしたとおり、それぞれの学校で全校舎耐震補強後でなければ大規模改修に対する補助がつかないということとなりました。当市の場合、上野台小学校から順次各校で古い校舎から耐震補強を行い、翌年大規模改修をしていく計画でスタートいたしましたが、今回の国庫補助の大幅改正によりまして、この計画を見直しせざるを得ない状況になったものでございます。今回の制度改正が予算編成終了間近のことであり、今後の方針についてはまだ定まっておりません。今後の経済情勢や国の補助制度がさらに改正があるのかを見きわめる必要もあり、また平成17年度には第三次総合振興計画の前期が終了いたし、これから後期の計画をしていく時期にもありますので、この中で方針を決めていく考えでおります。
 次に、学校図書館の位置づけですが、「上福岡の教育」この編集内容ですが、学校経営の改善、充実及び教育環境の整備、充実、また指導事業の推進の中で、諸施策の取り組みとして、主な事業や新規事業の取り組みなどについて掲載しております。「上福岡の教育」のしおりの後半には、各学校の紹介や教育施設の事業内容などを掲載しております。いわゆる要覧としての位置づけの刊行物でございます。
 学校図書館につきましては、平成15年第2回定例会の一般質問でお答えさせていただいたとおり、平成14年度から図書支援員を3名配置し、平成15年度においては葦原中学校以外には司書教諭の発令を行うなど、子供たちがより一層学校図書館を利用しやすい体制は整いつつあるものと思っております。さらに、各学校においては年間の学校図書館全体計画をそれぞれ作成し、学校図書館の充実に取り組んでいるところであります。今後も教育委員会といたしましては学校図書館の充実を図ってまいります。「上福岡の教育」の編集についても、創意工夫を凝らしながら、学校図書館についての掲載も含めて研究していきたいと思っています。
 学校給食で、半日の授業の日なぜ給食がないのかというご質問でございますが、学校給食は教育の一環として実施しております。当市教育委員会といたしましては、食育の基本はまず家庭にあると考え、この半日の日につきましては家庭で食事をとることが基本であると考え、支給はしておりません。
 給食の民間委託の関係でありますが、仮に調理業務を民間業者に委託した場合は、当市の栄養士が作成いたします調理や衛生管理等に関する指示書により、委託先の責任者に対し指示を送ることになると考えています。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 大変申しわけございません。1点答弁漏れがございましたので、ご答弁申し上
P.268
げます。
 上野台保育園建て替えについてのご質問でございますが、平成18年4月オープン、これは大丈夫なのかということと、予算フレームはということでございますが、上野台保育園建て替え事業につきましては、第三次総合振興計画の前期基本計画の主要事業に位置づけ、現在進めておりますが、位置は上野台団地の住宅棟との合築という形で進めてまいります。これまで議会や保護者の皆さん等の意見をお聞きしながら、安全性に十分配慮するなどして事業内容を検討してまいりました。現在の計画では、平成16年度に約1,000万円をかけまして、内装等の実施設計を行い、平成17年度に都市基盤整備公団から躯体部分を買い取ると同時に内装等の工事を実施し、平成18年4月の開園を予定してございます。一方で、財源確保の点では、現在の本市の財政状況は市税の伸び悩み、地方交付税の縮減等により、基金の最大限の活用等をいたしましても非常に厳しく、前期基本計画の主要事業を含めた全事業をここで精査をし見直しに努めなければ、平成17年度計画を確定することが非常に難しい状況となってございます。
 また、保育園の運営に関しましても、国の進める三位一体の改革の影響により、公立保育園運営費補助金が1億3,500万円程度一般財源化され、一部所得譲与税の創設により財源調整はされるものの、市財政に対する影響が大きいことから、今後は保育園全体の運営形態についても検討していかなければならないと考えております。そのため上野台保育園建て替え事業につきましても、安全性や機能性に十分配慮しつつも、建設単価等の見直しを含め、建設事業費の抑制の観点から、今後都市基盤整備公団と協議し、可能な限り事業費の縮減を行った上で、より効果的な建て替え事業が実施できるようにしたいと、このように考えてございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員の再質問を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 どういうふうにこれは議論していったらいいのか、非常に難しいところを含んでいるというふうに思うのですが、まず1個1個いきます。
 まず、市民参加については、今統一したルールにならなくてもいいというようなお答えのところがありますが、ルールといっても、どういうふうなものを決めるかというのは難しいと思うのです、まだ。そこではどういうガイドラインを設けるかとかいろいろあると思うのですけれども、今まで市民参加の経験をこれだけ続けてきて、また今後のいろんな部署において市民参加を得ていこうというふうな計画があるということはよくわかります。その上で、それが単純に審議会に公募の委員を入れるとか、市民代表を入れるとかというだけではない、さまざまなワークショップや形を通じながら、市民の参加を得ていく方法を研究なされているということはわかります。ですから、そうした方法を要するにより効果的なものに検討するというようなものが必要ではないか。つまりこれまでの経験などから、効果を上げたもの、上げなかったもの、よくなかったとかいう評価があるならば、それはどんなものなのか。こういう点を明瞭に開示しながら、市民と
P.269
協働をやっていくわけですから、市民との間に要するにそういうお互いの了解事項みたいなものもつくっていく必要があるのではないか。そういう制度を精査していくというようなことが必要ではないかというふうに思うのですけれども、この点今後どのようにそういう評価を行っていくのかということについてお考えがありましたら、またぜひそういう積極的な評価を行っていっていただきたいというふうに思うのですが、この点についてお考えをいただきたいというふうに思います。
 それから、ちょっとどういうふうに質問していいか困るところなのですが、市民参加とあわせてということでもあるのですけれども、一般論で言うのは非常に難しいのですが、なかなか当市の場合は民間の力をどんなふうにやっぱり活用していくのかというふうなことについて、十分な合意、職員間のコンセンサスも、また十分にそれをどういうふうに進めていったらいいのかというふうなことがなかなか確立していないというような現状があるのではないかというふうに思います。例えば障害者の通所施設から話を始めますけれども、大型ではなく、中規模なのだというお答えでしたけれども、問題なのは、そこにふれあいさんも、それからかみふくおか作業所も、それからこれから卒業してくる子供たちも、みんなそこに来るようになると。それは大変安定して、ある意味では非常に安定した構造を持つし、それは要するに必要なことだろうというふうな考えも成り立つと思うのです。私もそれは一概に否定するつもりはありません。しかし、選択肢が余りにも狭まってしまうのではないか。40人が40人、同じような施設の中で同じように過ごす。40人の規模といったら、もう上福岡市のほとんど全部が今入って、なおおつりというか、ちょっと余裕ができるぐらいの規模になってしまいますよね。そういうものをぼんとつくってしまうというふうなことが果たしていいのだろうかというような疑問をどうしても残してしまいます。ある意味では、他の民間の努力。実際には、ほかの自治体を見ますと、非常に困って、もう自分たちで親や何かがやるほかなくなって、いろいろな形でやってきたことを行政がすくい上げてきたというふうな形で民間の力が育ってきたというのが現状だと思うのですけれども、今は制度が整いつつあります。おっしゃっていただいたように、小規模のそういう授産施設をつくっていくという条件も緩和され、そういう運営というふうなものがそれほどの大きな財力がなくても可能な現状というのができつつあります。ぜひそういう民間の力をより活用していくような仕方での育成策というのを積極的にとっていっていただけないだろうかというふうに思うのですけれども、この点、大規模施設を一概に否定するという議論ではなくて、要するに小規模のそういう民間施設を今後育成していくというふうなことについて、どんなふうにお考えであるか、もしお考えがあったら示していただきたいというふうに思います。
 さて、それでは保育園ですけれども、今はお答えの中では非常に保育園の運営そのものが難しいというふうなことの中から、保育園全体の運営形態を検討するというようなお話がありました。これは一体何を意味しているのか。要するにここでも本当に新しく今回民間の保育園が認可され
P.270
るというようなことの中で起きてきましたけれども、一体保育行政をどんなふうにしていくのかについては、慎重な議論が必要だというふうに思いますし、考えていかなければならないと思いますので、ぜひどういう意味なのか、示していただきたいというふうに思います。
 それから、予算の問題の中で、建設単価を見直していくというふうなことであるならば、どんなことで見直すことが可能なのか、その点を示していただきたいというふうに思います。
 それから、木質化の問題については、別に建築基準法に違反したものをつくれというというふうなつもりは全くありません。ほかのところでやっているようなものをやっていただければいいのです。ですから、そうではなくてむしろコストの面だというふうなことかもしれないのですけれども、余りにも子供たちの使う施設というかそういうものの、しかもこの上野台保育園のコストが膨らんだというふうな要素の中には、子育て支援センターや、定員枠を拡大して現在の90人の施設から150人の施設にするというような計画の中に起きていることだというふうにも思います。ですから、そこもやっぱり内装をこれからつくっていく、設計を行っていくというふうなことの中で、質を落とさずにやっていただきたいというふうに思うのですけれども、例えば今我が市は大滝村との関係の中で、要するに大滝村の森林の育成とかというふうなことを一生懸命やっているわけですから、ぜひその間伐材を使ってやると。運ぶや何かがコストがかかるとなったら、そこはボランティアで、では親を動員するとか、そういうことも含めて考えていってはいかがかというふうに思いますので、その点を、いろんな制度の活用方法はまだ余地があると思いますので、研究をしていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。
 それから、学校改修ですけれども、これがどうしても納得がいかない。国の補助制度が変わったからというふうに言って、市民への約束はしてきた。繰り返しこの議会の中でも、その工事はどこの小学校はいつやりますというふうなことは言ってきた。そのことは、やっぱり市民の中に伝わっているわけです。それが補助制度が変わったというふうなことの中で変わってしまっていいのか。それは、市民への約束を破るというか、信義にもとるというふうなことにならないのかということについて、やっぱりお考えを示していただきたい。
 学校図書館の位置づけについては、これは要するに施策の中にどんなふうに含まれているかというふうなことですから、要するにそれは各学校に任せてありますということではなくて、教育委員会として積極的にやっぱりその部門を設けてやっていただけないだろうかというふうに思うのですけれども、そういうことはどうでしょうかということになるのです。
 給食について言いますけれども、給食というか、食育は家庭にあると、基本は家庭にあると。ごもっとも、そのとおりだというふうに私も思います。ただ、実際には給食調理業務にその余裕はないのかと。半ドンの日に給食を提供するというようなことは全く無理なのか。あるいは、大井町では来年度から新1年生の提供日数の拡大というふうなことが検討されて、当市の場合は5月1日からですけれども、4月の半ばごろから提供するというふうな方に方針が変わっていくよ
P.271
うですけれども、これについてそういうようなことを進めていくということは無理なのかどうか。この点についてお考えを示していただきたいというふうに思います。
 それから、仮に民間委託になった場合、指示書で行うというふうなお話でしたけれども、どうしてもよく理解できない。法文解釈の問題なので、申しわけないですけれども、学校給食法では栄養士は共同調理場において専門的事項をつかさどるというふうにありますよね。これはやっぱり現場でその指示をするというふうなことなのではないか。現場で指示ができないというような企画をするのは、指示書でしかできないというふうなことを企画するのは、若干無理があるのではないかというふうに私には思えるのですけれども、この点はいかがでしょうか。
 以上で2回目終わります。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 初めに、市民参加の現状のところのお答えをいたします。統一したルールづくりの点でございますけれども、おっしゃいますとおり民間の力を活用するという視点は大事だということは私どもも感じております。
 そこで、市民参加を得ての各事業の実施効果は、それぞれの部署で検証し、次年度以降に事業を計画する際にその結果を反映して行っているものと、このように認識しておりますが、全体的な市民参加のルールを検討する際には、市民参加の効果も全体的に検証できる内容をあわせて、先ほど申しましたとおり研究をしていかなければいけないと、このように思ってございます。
 それから、上野台保育園建て替えの関係なのですが、建設単価等の見直しはどの部分で可能なのかということでございますけれども、これは保育園建設に関しましては、躯体部分は都市基盤整備公団に建設をしていただき、その後市が躯体部分を買い取るということでございますから、当然そのときの事業費、あるいはその後の内装工事等を市で施工することになりますけれども、そういった中での抑制ですね。具体的には、これから平成16年度に実施設計を詰めてまいりますから、その設計の内容を詰めていく段階で、可能な限り費用を有効に使おうという考え方でございます。
○五十嵐正明 議長 山田障害福祉課長。
◎山田敏夫 障害福祉課長 それでは、再質問にお答えします。
 障害者通所施設をつくることによって、他の民間努力が生かされなくなるのではないかということと、それと小規模作業所などの育成策ということでご質問ですが、養護学校の卒業生というのは毎年出ます。これをもって直ちに民間の施設の運営を圧迫するとか、あるいは脅かすようなことはないだろうというふうに考えております。また、公立の作業所であれ、あるいは民間の作業所であれ、複数の施設があった方が障害者にとっては選択肢が広がり、望ましいことであるというふうに私どもでは考えております。
 また、小規模作業所などの育成策につきましては、これはデイケア施設でありますけれども、
P.272
現在も家賃補助などを実施しております。今後も引き続き行政として何ができるか研究してまいりたいと考えております。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 それでは、私の方から、保育園全体の運営形態の検討とはどういう意味かということに対しまして、お答えをさせていただきます。
 現在進めております上野台保育園建て替えにつきましては、既に昨年から議会の方に、また市民の方々にも、従前の形で公設公営で運営をしていきたいと、こういう形でお答えをしているところでございます。一方、保育園の運営費の負担金につきましては、ご案内のとおり三位一体の改革に基づきまして、一般財源化されたところでございます。このことによって、差し引き、すべてではございませんが、6,000万円ほどの収入減という形になってございます。こういった意味から、財政に与える影響も非常に大きなものがあるだろうというふうに理解をしているところでございます。
 あわせまして、長引く景気の低迷によりまして、市税の減収あるいは地方交付税の削減等々がこれから地方自治体にとっては非常に厳しい状況になってくるだろうと、こういうふうに思っておりまして、またあわせまして自治体の活動と申しますのは、その時々の政治だとか経済あるいは社会の変化というものに対して、非常に密接不可分な関係にございます。そういった意味では、そういった社会の情勢に対して臨機応変に対応していくことも必要なことだろうというふうに考えておりますので、時期をとらえながら地方自治の本旨に基づきましてしっかりとそういった点も議論をしていく必要があるだろうというふうに理解をしているところでございます。
 それから、大滝村の間伐材を使ってはどうかというご質問でございますが、これにつきましては、大滝村の間伐材の方につきましては、無償で提供できるというようなこともあるようでございますが、森からの運び出し、それから乾燥、製材、それから保管というような手段が必要となってまいります。そういった費用がどのぐらいかかるのか、現在の段階ではちょっとわからない状況でございますが、またあわせまして十分な量の調達ができるのかどうか、そういった問題もございます。したがいまして、大滝村の間伐材につきましては、どこまで使用できるかどうかわかりませんが、実施設計の段階で十分検討してまいりたいと、このように思っております。
 それから、先ほどお話ありましたボランティアについてはどうなのだというご質問ございましたが、こういった間伐材を森から運び出すというのは大変危険を伴うものでありますので、そういったボランティアの方々のご協力を仰いでつくっていくというようなことは考えてございません。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学校改修の件で、約束違反ではないかということでありますが、学校改修の補助
P.273
制度の変更が新年度予算が組み上がる直前でありました。大規模改修を見送ったことで、このことで平成16年度予算編成上の緊急措置と考えております。計画の変更は、市の財政状況からも余儀ないものでありますので、今後の計画の中にこの改修等計画を取り組んでまいります。このようなことから、約束を破ることではないと思うところであります。
 給食の関係でございますが、本来子供たちの健全な育成には、学校、家庭、地域が連携いたしまして、それぞれの役割をしっかり補っていくことが求められている現在であります。義務教育におきまして、学校に通う児童生徒につきましては、本来保護者の監督下にあります。保護者は、児童生徒が健全に育つことに係る諸問題を解決する義務があると考えます。保護者としての考えはいろいろあると思いますが、給食調理業務に余裕があればということで増食をということはいかがなことかと考えています。しかしながら、教育の一環として教育課程の中で校長が必要とするならば、検討をしていきたいと思っております。
 次に、学校給食法の第5条の関係でございますが、先ほど議員ご指摘のように、栄養士は学校給食の栄養に関する専門的事項をつかさどると規定はされております。栄養士のこの専門的事項をつかさどるということは、献立の作成を栄養士がつかさどるということが専門的な事項であると解釈しております。したがいまして、調理業務を委託した場合には、栄養士が作成した献立表に基づきまして指示書を出しまして、調理責任者に対し調理や衛生管理などについて指示するもので、このことが法令の要件を欠くものではないと考えております。
 「上福岡の教育」の冊子の中で位置づけをということですが、施策体系を編集する際に学校図書館の体系を明確にし、現況に見合った掲載に改めてまいりたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員の再々質問を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 いろいろお答えをいただいて、大変安堵する部分とそうではない部分とが非常に分かれますけれども、まず建設単価を見直すことが可能なのは、躯体ではないから、内装だというふうなことになると、これは要するに質にかかわる重大な問題があらわれてくるというふうなことになりますので、もちろんコストを最小限に抑えて、別に不当に高いものを買う必要は全くないのですけれども、最小限に抑える努力は当然していただかなければいけないというふうには思うのですけれども、そのためにこれまでの要するに霞ケ丘保育園同程度というぐらいのご答弁は以前にもいただいていたと思うのですけれども、その質を下回るようなものになってしまうというような危険があるとすれば、これはやっぱり重大な関心を持たざるを得ないというふうに思うのですが、特にそれは具体的なプランができ上がった段階の中で検討させていただくとして、質を落とさない努力をぜひお願いしたいということだけ申し上げておきます。
 問題は、保育園運営を検討するというふうなことですけれども、地方自治法に見合ったというふうなことになりますと、例えばそれは保育料の値上げということを具体的に意味するのでしょうか。それとも、要するに公設公営というあり方を見直していくというようなことを意味するの
P.274
でしょうか。この点についてどんなお考えなのか示していただきたいというふうに思います。
 それから、市民参加の点については、これはその制度を今後検討していただけるということですので、その過程の中でさまざまに議論したり、細かい点というか、いろんな部門については今後の質問等で行っていきたいというふうに思います。
 それから、小規模作業所の問題なのですが、平成12年12月1日の当時の厚生大臣の小規模通所授産施設を経営する社会福祉法人に関する資産要件等についてという文書の中で、これまであった施設用不動産というふうなものを法人が所有していなければならないという条件を緩和して、国もしくは地方自治体から貸与もしくは使用許可、そういう貸与を受けているというふうなことでも差し支えないというふうに条件が緩和されました。要するに積極的にそういう制度を設けていけば、それに応じて社会福祉法人を確立して、小規模授産施設をつくっていこうとする民間の事業者や社会福祉法人が育っていく十分な余地があると思うのですけれども、こういうことに踏み込んでいくというお考えはあるかどうか。この点だけちょっとお願いしたいというふうに思います。
 それからあと教育です。学校改修ができない。それは、突然補助金が変わって大変だったというふうには思うのです。これ市長にお伺いすればいい。いや、教育長でいいのですか。こういうときに具体的に何らかの今までの基金とか、そうしたことを活用してでも、やはりそれは要するに補助金が打ち切られたから、ではこれで終わりにしていいというようなものではないはずなので、積極的にやっぱり次の手だてを講じていかなくてはいけない。このままそれが来年度以降どうなるかわからないというふうなことですけれども、どちらかというと削減の方向ですから、何らかの手だてを講じなければいけない。予算的な措置を講じなければいけないということだと思うのです。この点について、どんなふうにしていく考えがあるか。これは、市長にお答えいただければ一番ありがたいというふうに思うのですけれども、踏み込んだ検討をしていく考え方があるかどうか、ぜひお答えをお願いしたいというふうに思います。では、教育長にお願いいたします。
 以上の点で、給食の問題については、特に、ですから栄養士が指示書を送って、それでつかさどらなければいけない。今考えられている給食調理場の民間委託って、非常に非合理的なものになってしまうのではないかというふうな感想は持ちます。ちょっとそれは質問には控えさせていただいて、学校改修を今後どんなふうに進めていくのかというふうなことについてだけお考えを示していただきたいと思います。
 以上で終わります。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時28分

P.275
   再 開 午後2時29分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 山田障害福祉課長。
◎山田敏夫 障害福祉課長 民間の力を生かしていく、あるいは伸ばしていくということについては、今後特に社会福祉の面では重大な大切なことだと考えますので、どのような方法が今後有効か、考えていきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 藤田児童福祉課長。
◎藤田光雄 児童福祉課長 公設公営の関係についてお答えをさせていただきます。
 先ほど申し上げましたとおり、上野台保育園につきましては、公設公営で平成18年4月に開園していくということで、方針の変化はございません。ただ、先ほど申し上げました理由によりまして、臨機応変に社会の変化に対応していくこともまた必要なことだろうということがありますものですから、そういった意味では大いに議論をしていく必要もあるだろうと、こういうことでお答えをさせていただいたところでございます。よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 大規模改修の件でございますが、市の財政状況全体の中で計画をして、お願いしていきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木啓太郎議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時30分
   再 開 午後2時42分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、山川寿美江議員の質問を許します。
         〔21番山川寿美江議員登壇〕(拍手あり)
◆山川寿美江 議員 それでは、順番が参りましたので、通告どおり一般質問をさせていただきます。
 一つは、子どもの権利条約についてです。現状と課題について。1998年子どもの権利条約の実施に関する国連の日本への勧告は、高度に競争的な教育制度により、子供が発達障害にさらされているというものでした。今回政府は、15歳人口の減少で指摘は緩和されたと、教育改革の成果を述べてアピールしました。
 しかし、国連の権利委員会は、さらに子供に対する社会の伝統的態度により、子供の意見尊重
P.276
が制限されていると指摘したのであります。この中には、子供がこの権利を理解できるようにすること、学校や子供にかかわる施設で方針を決める会合などに子供が参加するようにするなど、改善策を具体的に示しました。そして政府は、2006年5月までに改善を書面で報告しなければなりません。これはちょうど小泉内閣の任期です。そして平成18年度といいますから、三位一体の改革の最終年度に当たりますが、この実施計画の年でもあります。
 さて、具体的な内容ですが、子供がみずから子供の権利を理解できるようにするという点で、上福岡市の学校での実践はどうなっているでしょうか伺います。学校現場では、子どもの権利条約について児童にどのように教えていらっしゃいますか。2000年3月、上福岡の人権教育のための国連10年推進計画では、ことし平成16年、2004年が最終年度となっております。この点についてお答え願います。例えば学校の統合についてはどうだったでしょうか。2小、4小の統合について、どのように子供の意見を聞いたでしょうか。学校給食の民営化が検討されているようですけれども、子供たちの意見は聞いているのでしょうか伺います。
 二つ目は、防犯条例ができて、今後参加団体に講習など行われるようですが、この子どもの権利条約についての講習は行われるのでしょうか。例えば、防犯では今ブザーが支給されることになりました。これは、子供の要求だったのでしょうか。要求もないのに持たせられるのでは、子供の負担になるだけで、与えるという認識では役に立つものもたたなくなります。子供の要求だったのかどうかを伺います。
 二つ目は、まちづくりについてです。商店街の活性化、(仮称)東西連絡道路の調査が実施されます。ことし予算に入っておりますけれども、共産党市議団は周辺アンケートをこの地域でとりました。回収は1日間でやりましたけれども、1日やりましたところ、ちょうど助役さんや都市整備部長さんが行き来していたようです。回収率は2割でした。賛成9、見直し4、反対7、わからない7でした。事業対象になっている人は10軒でした。そのほかが3です。いろいろな意見がありました。4,600万円をかけてやることしの測量、物件調査、これはどういうことをやるのでしょうか。意見や要望など調査されるのでしょうか。伺います。桜通線は、既に事業は進められている。こういうことが反映していたのか、私どものアンケート調査では、賛成が13、見直し3、反対8、わからない2の結果でした。賛成の中でも残った商店街が分断されて心配だ、もしくはすっきりしないというものでした。また、それより駅前を整備してという意見が反対の中には多いように思いました。
 さて、これらをまとめてみると、商店の意見を聞いて、本当に道路事業が立てられているのか、こういうことを考えたわけであります。商店街の繁栄を考えるよりも道路事業が優先したのではないかとさえ思えます。道路認定に当たって、桜通線も(仮称)東西連絡道路も既に道路認定をするという議案が今回出ておりますけれども、商工担当には相談されたのでしょうか、伺います。市全域での商店の果たす役割についてお答えください。一体商店というのは、上福岡市の市民に
P.277
とってどんな役割を果たすのでしょうか。また、現在の商工政策の重点は何かをお聞かせください。この質問は、先日の議員への回答で、ちょっと意味がないなというふうに思いましたけれども、そういう意味では、商工政策の重点考えていましたらお答えを願いたいと思います。
 二つ目、車道と歩道の分離について。上福岡市内は、道路が狭いと言われています。歩道の整備が必要ですが、少しずつではありますけれども、実現してまいりました。駒林の県道は、歩道工事が進んでいます。しかし、さいたま・上福岡・所沢線、市役所の前からスクランブル交差点、そして踏切まで、ここが大変危険なのです。今回県の計画では、計画以外のところ、スクランブル交差点から県の計画の地域までのところ、これはどうなっているのか伺わせていただきます。今回の計画にはないようですから、これはどうするのか。本当にあそこは危険だと思いますので、県にも要望をして、早く歩道をつくるようにしていただきたいと思うのですが、どうでしょう。
 また、市内にはまだ歩道の設置がされていない道路がたくさんあります。市の歩道設置計画を立てていただきたいのですが、どうでしょうか。
 公園について伺います。長宮・滝公園が予算化されました。長年の地域の人たちの願いでした。ことしは学校の施錠などもあって、かぎをかけるというようなことが実施されることもあって、子供たちの遊び場どうしても確保しなければなりません。現在は、新駒林の元サッカー場が市民のボランティアで管理されていますけれども、この場所はどの程度まで借りられるのか。また、今後この場所を買う、または、この地域には公園がないですから、他の場所に確保する、そういう計画があるのかどうか伺います。新田2丁目には全く公園がありません。確保する計画はあるのでしょうか、伺います。
 三つ目は、財政問題についてです。今後の財政運営、合併という環境が変化したから、自立したまちとして財政計画をつくることを前回の議会で総務部長はお約束してくださいました。今回の議会では、平成17年度の実施計画を立てる、平成16年度はこの予算案が計画だというような趣旨の回答を総務常任委員会でいただきました。しかし、この2月に武藤市長は、大井町との合併を呼びかけていると記者発表しました。
 そこで伺いますが、市財政当局はどのような財政の検討をするのか。合併を首長が持ち上げているわけですから、そういう意味ではこれが影響するのではないかと思いますが、どういう方針でやるのか伺います。
 二つ目、国の三位一体の施策の関係や問題点について伺います。分権社会を目指すということで、三位一体の改革が実施されるはずでした。ところが、2006年度までの実施見通しでは、国の財源不足を巧妙に利用して、三位一体改革の名で、地方にその負担を押しつけるものだという分析が一般紙などでも一般的なようです。三位一体の方針は、平成18年度までに、1、国庫補助負担金の改革、2、財源移譲、三つ、地方交付税の見直し、こういうふうに言っていますけれども、この交付税の見直しの中にも、それでは人件費の削減や単独事業の縮小、国庫補助金の廃止や抑
P.278
制、こういうことが挙げられているのです。上福岡市での影響額は、国庫負担補助金で2億8,300万円、これに地方交付税や財政対策債、これを前年比4億6,000万円減で、7億5,000万円も影響がありました。特に今後の補助金カットも大変心配されます。桜通線事業のまちづくり支援事業補助金、これは制度そのものがなくなりました。また、あすなろ公園は平成16年度の都市公園統合補助金申請が予定されています。これからです。国は補助金を開発推進の方針を打ち出しました。例えば513号線、これは西友の裏の通りですけれども、地方債1,200万円、国庫補助800万円、それに400万円の基金の取り崩しで2,400万円の事業です。一体この補助金も本当に来るのかと、本当に心配の種です。そこで、この国庫補助金は本当に来るのでしょうか、見通しを伺います。
 自公政権は、銀行支援の公的資金枠は68兆円確保し、高速道路整備、軍事費の正面整備などを増加しました。地方自治体には、合併の押しつけによる住民サービスの低下と財政の縮小を強行しようとしています。国民には、税金の引き上げ、年金医療の負担増など容赦がありません。
 市長に伺います。三位一体の改革についてはどう考えるのか。三位一体の中身の説明は結構ですから、反対か、賛成か、理由をつけてお答えください。地方自治体の長としてどう考えるでしょうか。また、国庫補助金がつかなかった場合、これらの事業は続けるのでしょうか、どうでしょうか、伺います。
 三つ目、人づくりについて。人件費の削減が政府の音頭のもとに進められています。ことしは15名退職し、6名採用の予定と伺いました。昇級研修が行われていますが、実際は30代から50代の人々、一番仕事ができる時代の人々がなかなか実力を発揮できるようなポストにつけません。人員削減だけの行革では、市政を担う人は育ちません。これらの脂の乗り切った人材を活用すべきと考えます。人づくりはどのようにやられるのか、伺います。
 四つ目は、入札問題について。汚職腐敗のない公正な市政。市長もご存じだと思いますが、行政調査新聞というのが議員や各人に配られました。昨年12月号には、上福岡市役所スキャンダルという記事が載っていました。これは、私が議会で取り上げました阿川という人物について書かれてありました。この記事は事実でしょうか。私への回答では、こんな人物は知らないと市長は答えているのです。特にこの記事によりますと、上福岡市政治研究会の高額寄附者がその阿川という人物だと書かれています。どうでしょうか。この記事が身に覚えがないとおっしゃるのでしたら、ぜひ告訴をするなどして必要な措置をとられるべきだと思いますが、いかがでしょうか、伺います。
 二つ目、政治倫理条例によれば、行政も責任を負わされています。市の広報板の修理は、明らかにこの注意事項が守られなかったことによるものではないでしょうか。私は、インターネットの中で、市の議員がこの市の広報板の修理を請け負ったというようなことで議長に質問状が寄せられ、審査会を開けというようなことが載っておりまして、びっくりいたしました。大体市の広報板の修理を関係の企業に頼むこと自体がおかしいわけで、市にも大変責任があると思います。
P.279
今後の取り組みを伺いますが、いかがでしょう。
 初めの質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 まず、私に対します行政新聞、質問者もこの新聞を信用しているのかどうか知りませんが、この内容につきましては、ほとんどが私には全く身に覚えのない。ただ、政治研究会の要するに献金、この点につきましてはそのとおりでありまして、これは政治資金規制法に基づいた中で処理をしております。
 それからもう一つは、告訴しないのか。するほどの内容ではないというふうに思っておりまして、全く私としては問題視をしておりません。
 それからもう一つ、次の財政問題について、三位一体の改革をどうするのか。これは、国会の先生方が決めたことです。地方自治は、それに沿って事業を推進していかざるを得ない。中身は、細かいことはいいということですから、そのようにお答えをさせていただきたいと思います。
 あと細かい点につきましては、担当部長の方からお答えをさせますので、お願いいたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
         〔鈴木久志総務部長登壇〕
◎鈴木久志 総務部長 私の方から、大きな財政問題について、今後の市の財政運営についてをお答えをいたします。
 市では、これまで第三次総合振興計画の理念に沿い、前期基本計画に位置づけられました主要事業を中心に諸事業を実施してまいりました。しかし、長引く景気の低迷や国が推進する三位一体の改革の影響で、財政的に非常に厳しくなっていることなどから、平成16年度単年度の事業計画では、当初の前期計画から見ますと、一部見直しをした事業を含めた中で作成をさせていただきました。
 また、国庫補助負担金、地方交付税の見直し、税源移譲等の動向が目まぐるしく変化し、今後の収入状況は不確定な部分が多く、平成17年度の財政計画は現状では確定をしておりませんけれども、平成16年度、平成17年度の主要事業の実施計画については、後期基本計画を策定するためにも前期基本計画の実績としての議論をしていただく基礎となりますので、収入状況の見通しを得ながら、可能な限り早く前期基本計画の総括として作成したいと、このように考えてございます。この中で、前期基本計画の主要事業の実績を踏まえまして、改めて各事業を再検証し、さらには主要事業を含めた全事業を精査し、見直しに努め、財源確保と歳出削減を図った上で各事業を後期基本計画に位置づけ、安定的な財政計画を作成してまいります。
 次に、財政問題の2点目ですが、国の三位一体施策との関係での問題点でございます。その中の補助金の問題ですが、桜通線事業のまちづくり総合支援事業補助金、またはあすなろ公園の都
P.280
市公園総合補助金、この補助金が本当に来るのかということでございますが、まず平成16年2月29日に総務省の財政局から平成16年度における地方向け補助金の内訳が示されました。この中で、まちづくり総合支援事業補助金については廃止ということになりました。この廃止における説明につきましては、埼玉県より3月22日に説明会を開催する旨の通知を得ておりますので、これから説明を聞いてまいりますけれども、その際、補助率、交付税措置等の詳細事項が示されると思いますが、事前に電話で確認いたしましたところ、平成16年度から創設されるまちづくり交付金に移行され、名称は変更となりますが、今までどおり補助金は交付される回答をいただいているところでございます。また、国庫補助金がつかなかった場合事業を続けるのかということでございますが、これにつきましては、今申し上げたとおりでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
         〔「513号は」という声あり〕
◎鈴木久志 総務部長 513号は、ちょっと確認をさせていただきます。
 次に、人づくりについてでございますが、職員について、行政改革の一環として作成した定員適正化計画、これ平成15年3月に作成したものでございますが、これに基づきご指摘の職員への負担増、そこから起こり得る市民サービスの低下などを招かないよう、その抑制に努めてまいります。特に職員採用に当たっては、退職する職員数をそのまま採用するのではなく、長期的なビジョンに立って、年齢階層ごとにバランスのとれた職員構成となるよう調整を行いながら、慎重に採用人員を決めておるところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、子どもの権利条約についてお答えを申し上げます。防犯講習会で権利条約についての講習は行われるのかと、また防犯ブザーの配付は子供の要求によるものかと、この2点についてお答えを申し上げます。
 防犯講習会では、子どもの権利条約についての講習の予定はございませんが、防犯推進会議から必要であるとの見解が出されれば、検討すべきと考えております。また、防犯推進会議にはぜひ児童の保護者、PTAの団体の方々にも参加をしていただきたいと考えておるところでございます。また、活動や情報支援においても、児童に対する健全な権利を制限することのないよう心がけるべきと考えております。
 次に、防犯ブザーの配付についてですが、子供からの要求に基づくものではございません。防犯教育の一環として、児童に対し防犯ブザーを配付するもので、したがって配付には教育委員会及び学校の協力を得て、携帯の必要性や使用方法等の指導をお願いする予定でございます。
 次に、まちづくりの中の道路認定については、商工担当課に相談があったのかというご質問に
P.281
お答え申し上げます。(仮称)東西連絡道路につきましては、道路事業の説明会の中で、実施に当たっての計画等について説明を受けておりますが、道路認定等の個々の説明は受けてございません。
 次に、市全域での商店街の役割についてということでございますが、商店街の役割については、商業者は地域社会において重要な役割を担う一方、まちの衰勢の影響をまともに受ける立場であり、環境の変化のもと、まさに生き残りをかけた経営に迫られています。このように従来にも増して経営者としての自覚や理念、経営方針の確立が必要となっております。さらに、商業者は、顧客、特に常連客層の関心や好みを継続的に把握することによって、大型店や量販店にない品ぞろえに努め、商品販売のスペシャリストとしての個性あふれる魅力的な店づくりを目指すべきだと思っております。また、この上に立って、店舗の近代化や情報化を推し進めるほか、商品知識の向上、アフターケアの充実などを図ることも重要であり、これら個々の店の従来に増した努力があって、初めて魅力ある商店街が形成されるものと考えております。
 次に、現在の商工施策の重点は何かということでございますが、上福岡市第三次総合振興計画に基づいて商工業の推進に努めているところですが、現在上福岡駅周辺の地域環境の改善等、市民生活の向上を促進するために、桜通線の整備事業や(仮称)東西連絡道路事業などが都市整備部において取り組まれております。これらの整備事業が完了した場合には、新たな商店街が形成されたときに、商店街等の担当部局としまして、地域に根差した商店街づくりに支援事業等により外面から引き続き支援をしてまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 まちづくりについてお答えをさせていただきます。
 東西連絡道に関連いたしますご質問についてですが、現在東西連絡道につきましては、本年度予算につきましては、建物調査、営業補償調査を実施する予定で計上させていただいたものでございます。
 次に、車道と歩道の分離についてですが、現在県道さいたま・上福岡・所沢線につきましては、上福岡市の地域活性化事業として、スクランブル交差点から山形肉屋までの約700メートルを計画し、そのうちの290メートルについて緊急歩道整備工事ということで、5年から6年をかけて現在実施中でございます。これについては、先般のご質問の中でいろいろ詳しい内容をお話ししておりますが、今回旧あさひ銀行跡地の十一屋さんの部分が買収ができたということでございます。
 それから、市の歩道設置計画でございますが、歩道設置につきましては、地域の住民の方の賛同の得られた箇所から実施をしており、現在市道97号線の整備を実施しているところでございま
P.282
す。今後の計画につきましては、危険箇所等の調査をし、計画的な歩道整備を考えていきたいと考えておるところでございます。
 次に、公園関係のご質問でございますが、まず1点目に元サッカー場用地の現在の鈴木公園に関するご質問にお答えをさせていただきます。この公園は、平成14年度に一部の地主さんから用地の返還を申し出があり、残された用地だけでサッカー場として面積が不足するため、びん沼サッカー場をかわりに新設し、移転後を鈴木公園とした経過がございます。公園として土地を借りる場合は、通常5年の契約期間で、当公園につきましても平成14年から平成19年の5年間の契約となっております。ただ、契約期間中であっても地主さんの何らかの都合により解除することとなっております。今までにでも契約の期間中に返還に応じたこともありますので、よろしくお願いしたいと思います。
 次に、今後他の場所に公園を確保できるのかとのご質問でございますが、当公園について返還の申し出があった場合の代替案は、今のところ考えておりません。ただ、当公園の地域の子供たちの遊び場であり、災害時の一時避難場所として重要なオープンスペースであるため、公園として存続できるよう地主さんに働きかけを考えております。
 次に、2点目の新田2丁目に公園を確保する計画はあるのかについて、お答えをさせていただきます。公園の新設につきましては、長期的なビジョンに基づく取り組みが必要とされていることから、平成14年度に緑の基本計画を策定いたしました。この計画の中で、新田2丁目については公園の整備計画は立てられておりません。なぜかと申しますと、新田2丁目の近くには歩いて行ける富士見台公園と芝生公園があることや、新田2丁目には生産緑地等の広さを持つ適地が見当たらないためです。地域は、今後福岡中央公園の整備も予定されており、さらに公園が利用しやすくなる地域でもありますので、ご理解のほどお願いしたいと思っております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 原田秘書広報室長。
         〔原田昇秘書広報室長登壇〕
◎原田昇 秘書広報室長 ただいまのご質問のうち、広報板の修理に伴う政治倫理と今後の取り組みにつきましてお答えいたします。
 本広報板の修理でございますが、これは自治会館内に設置してあります広報板が見づらいということで、当該自治会長から同会館敷地内への広報板移設についての依頼がありまして、工事を実施したものでございます。また、移設工事の業者決定につきましては、3社から見積書を徴収いたしました。そのうち1社が政治倫理条例の市の公示等に関する遵守事項に抵触しないかというご指摘かと思います。同社を含めた理由といたしましては、指名参加願いが出されていること、広報板の新設、修繕の実績があることとあわせまして、今回の場合は地元業者としての利益還元、貢献も見込めるということからであります。なお、業者選定に当たりましては、ご本人から上福
P.283
岡市議会議員政治倫理条例の市の公示等に関する遵守事項に抵触しないかを直接確認させていただいた上で、見積もり徴収業者に含めたところでございます。なお、今後の取り組みにつきましても、本市の政治倫理条例を遵守し、同条例に抵触することのないよう十分に注意を払って事務の執行に当たりたいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 子どもの権利条約についてでございますが、学校現場では、日々子どもの権利条約の精神を踏まえ教育活動に取り組んでおるところであります。具体的な指導といたしましては、小学校6年生、中学校3年生の社会科で、憲法の基本的人権や国連の学習の中で、人権教育の一環として子どもの権利条約を取り上げております。中学3年生の社会科の教科書には、子どもによる子どものための子どもの権利条約が取り上げられております。子どもの権利条約について、授業の中で具体的に取り上げ、子供にも人権があること、子供は成長段階にあるため、特定の制限を受けることもあること、子どもの権利条約は子供の権利や自由を尊重し、子供が幸せに生活できるようにすることを目的としていることなどを指導しております。
 ご質問の学校の統合や学校給食の民営化についてでありますが、これは子供たちからは意見は聞いておりません。しかし、学校統合の中で、新しい校名を決定する経緯の段階で子供たちにも投げかけまして、子供たちの考えも吸い上げた中で検討し、決定いたしました。学校教育の現場の課題を申し上げさせていただきたいと思いますが、子どもの権利条約12条の意見表明権について、現在子供の発達段階に応じまして、従来的には子供のわがままとして対応してきておりましたが、それを正当な要求ととらえるとの認識に変えるような見方が求められておりますので、教師等の注意、指導、助言のあり方との兼ね合いや限界の程度を研究するところに大きな課題が残っているというところであります。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員の再質問を許します。
◆山川寿美江 議員 それでは、再質問をさせていただきます。
 まず、子どもの権利条約についてですが、最近の新聞報道、3月9日の私立男子校で日本学園高校が万引き生徒を犯罪者と呼んで大変な騒動になりました。また、3月10日には、市立三重高校の校長が、落書きをされたということで、監視カメラを教室に設置する、こういう事件がありました。つまり教育者であっても子供の権利について十分に周知していないのが今の現状でございます。
 今私どもが大変衝撃を持って事件を見ておりますのが、ついせんだって仮退院をされました酒鬼薔薇という、少年法に基づいて裁かれた、今は青年になっておりますけれども、この方の問題でございます。今この事件をきっかけに、少年法では16歳から14歳に年齢が引き下げられ、そし
P.284
て事件の内容についても神戸家裁などで保護処分決定の要旨を発表するとか、それから仮退院についてもその報告をする。また、新聞では、ご存じだと思いますけれども、この被害者、そして加害者のお父さん、お母さんたちが今までの問題についての意見表明をする。こういうことで大変今の少年たちのありよう、この問題について社会的に大きく取り上げられております。つまり子どもの権利条約、私たちが子供をただ目下の者として考えているのでは、今の社会は成り立っていかないのです。ですから、保護されるという立場から、権利行使の主体としての子供を見なければなりません。
 そういう意味からすると、防犯ブザーについては、やはり子供にこのことが必要なのかどうかということをただすべきではないでしょうか。これは与えられた。そのために管理しなければならない。学校が教育しなければならない。子供にさまざまな負担をかけます。防犯ブザーが必要だということが、例えばみずからの意見として出されれば、当然市や行政は、私は支給すべきだと思うのです。つまり防犯ブザーというのは、今までの市の施策と違うのです。例えば校庭の整備、ここに花を植えなさいといって、種を全員に支給する。そして、それをしなければいけない。こういうのはやはり市がすべきではないのです。
 もう一つは交通指導員です。きのうも交通指導員の問題がありました。またきょうも、夕方交通指導員を立たせてほしい、こういう要求がありました。これは、市が施策としてやるべきことなのです。これは、子供に負担かけるものではありません。子供自身に負担をかけるような決定を、私たちが子供を抜きに考えることはできないということをやはりきちんと考えていくのが、今の行政の大事な点だと思うのです。そういう点で、私は今求められているのは、子どもの権利条約について私たち大人がきちんと学ぶこと、そしてその学んだ上でやはり子供に接していく。このことが、防犯とか、それから教育とか、そういうことの中心に大事でございますから、防犯の審議会ですか、そこの中でやはりぜひ子どもの権利条約についても、子供たちがどういう権利を持っているのか、そして大人たちはどう接しなければならないのか。ただ万引きだから取り締まる。非行というのは三つあるのです。今ここで私細かくお話しするわけにはいきませんけれども。ところが、すべてそれは非行、犯罪だと言われれば、当然子供は反発してまいります。そして、社会に真っすぐに育っていくようにはなりません。そういう意味から、子どもの権利条約やそのほかについてきちんと学んだ上で、防犯の活動というのをやられるべきだと思いますので、そういう点でいえば、普通の一般の方が、防犯をしよう、しようということで参加されるかもしれません。そういう点についてきちんと市は教育をしてほしいというふうに思います。
 教育委員会が小学校6年生と中学校3年生にやっているというふうにおっしゃいました。実を言いますと、私子どもの権利条約という本を図書館で借りましたら、上福岡市の第2小学校の黒瀬正美さんという先生がこの子どもの権利条約について実践記録を出しているのです。本当に立派だなというふうに思いました。残念ながらこの方は亡くなりましたけれども、こういう実践が
P.285
されているのだなということがわかりました。学校の統合はもう聞くことはできませんけれども、学校給食などについては、ぜひ子供の意見表明や、またそのほかにも例えば学校での子供をどういうふうに育てていくかというような問題もたくさんあるわけですよね、学校の役割とか。29条では教育の目的は何か、そしてまた24条でも健康で育つためにはどうしたらいいか、こういうことも書かれてあるわけです。ぜひ私たち自身も学ばなければならないと思いますので、行政という立場できちんと子供たちの権利を守っていただきたいというふうに思います。
 次に、まちづくりについてです。残念ながらやはり駅前整備や桜通線が終わってからその整備された場合に考えるというのではなくて、今本当に困っているわけですから、手をかしていただきたいのです、商店には。そして、道路認定のことなのですが、認定をするということは、自分の商店のところが認定されてしまうわけですから、本当に死活問題なのです。ところが、商工の担当者にそういう相談がないというのはおかしいし、また私どもがアンケートをとりましたら、知らないという方が随分いたのです、計画を。それで、何の説明もないというようなことが随分出されておりました。こういうことからすると、もう一回きちんと、測量だけではなくて、意見を聞いたりしてほしいというふうに思うのです。要望も聞いてください。私どものアンケートは大変簡単なものです。この事業について賛成か、見直しか、反対か、そして理由、また事業の対象になっているかなどなどです。ぜひきめ細かな行政を行っていただきたいというふうに思います。これは要望にとどめます。
 また、歩道計画については、危険箇所を調査して、計画的に設置していくということですから、これはぜひ計画を立てていただいて、また次の議会にでも伺いますので、この計画の進捗状況をお知らせいただきたいと思います。
 新田2丁目なのですが、緑の計画にはないのです、確かに。しかし、今大きな駐車場があいています。そこは、駐車場に使っているのですが、そこぐらいしか空間がないのです。そうすると、やっぱり私たちは先見の明を持って何とか確保していただきたい。駐車場では遊んではいけませんとなっていますから、周りの方大変困っているのですが、ぜひ確保をしていただきたいというふうに思いますが、それについては後ほどまた私どもも住民の皆さんとお話をしながら続けていきたいというふうに思います。
 財政問題についてです。平成16年度の重点施策というのを27いただきました。川越道路や森ダム基金、そして東口駅前、これを加えますと30項目ですね。平成16年度の財政状況、これで調べてみました。この30事業の総額は24億2,768万4,000円。この中で桜通線、(仮称)東西連絡道路、西口、東口駅前、川越の開発道路などを加えますと、この総額の79%にもなるのです。19億2,289万6,000円です。この中で一般財源はどのくらいかというと、この5路線だけでですよ、69%です。国庫負担金は95%。つまり一般事業には国庫負担金というのは4,780万円しか来ていないのです。実を言うと、国庫負担金の総額は10億5,948万9,000円です。そのほとんどが開発にしか来ないわ
P.286
けです。こういうことを考えると、財政全体を考えると、本当にこんな79%も主要事業で、4事業、5事業で占めていいのかなというふうに思うのです。都市計画税というのが5億円ぐらいありますよね。これは市税の65億7,484万7,000円のうち、都市計画税というのは5億5,420万円なのです。こういうことから考えると、こういうことをしていたのでは、私たちの福祉や教育や生活基盤に回っていかないのだなということがよくわかりました。ぜひ見直しをしていただきたい。
 その見直しの一つは、川越防災道路というものです。一般財源と起債で今回は1,100万円です。また、(仮称)東西連絡道路の調査は、これも一般財源と起債で2,300万円。つまり3,400万円は、私はこれは絶対見直すべきだと思います。というのは、一般財源と起債だけなのです。こういうことから考えると、やはり平成17年度は、まして川越防災道路というのは去年はできなかったわけです。ですから、そういうことをぜひ考えていただきたいなというふうに思います。国庫補助金がつかなかった場合に、3月22日に補助率や詳細が示されるといって、今までとは同じに来るのだよというようなお話ですけれども、しかし補助金がつかなくなると、この大事業大変ですよね。今言いましたように79%も占めているわけですから、それを一般財源や起債でやるといったらどうなりますか。パンクですよ、本当に。もう行く行くはパンクするのだなんて市長がおっしゃっていたけれども、行く行くではないです。すぐパンクしてしまいます。そういうことから考えて、国庫補助金がつかなかった場合は、やはり事業を中止すべきだと思いますが、この点についてもう一度伺います。
 次に、入札問題についてです。広報板は、本人にも聞いたということで、調査をしたということなのですが、議員や市長の倫理条例というのがなぜできたか。やっぱり議員や市長などについては、公の仕事を関連企業やそういう人にはやらないようにしよう、こういうことだったと思うのです。そういうことから汚職、腐敗、そして市民の公正な市政を望む声もありますから。ですから、私が思いますのは、選挙が終わったら、全議員が例えば公の事業はやりませんということを議員からとるという市町村だって幾らだってあるのです。市長だって来年は選挙でしょう。そして、選挙が終わったらちゃんとやればいいではないですか。そういうふうにして世間に公表する、広報で。議員のこういう意思表明がありましたということでやられたらどうですか。何だか議員、それから市長の政治倫理条例ができても、インターネット見て、あれ、何だろう、これは。ぴっくりしました。それから資料が送られてきて、何でしょう、これはというふうに思いました。これでは、市民の信頼を得ることはできません。特に市長は、上福岡市政治研究会、この高額寄附者だということが書かれてあった阿川氏に対しては、これは事実だというふうに言われました。もう一回確認をさせていただきます。
 再質問終わります。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 先ほど政治資金規正法に基づいてやっていますと、このとおりであります。それから、
P.287
あわせて今倫理条例のお話がありましたが、これは法に抵触していなければこの倫理条例というのは発効されない。決してそれを逃げるとか何とかではない。抵触をして初めてその倫理条例が生かされる、こういうことでありまして、私自身何も倫理条例に違反する行為は一切していませんと言っているのです。そういう新聞を書く。これは、購読料をいただくために書いたのか、その辺は私にはわかりませんけれども、私はそういう新聞に購読料を払うつもりもありませんし、今までの繰り返しのいろいろな意見が書かれいるというだけで、こんなことを告訴したってしようがないというふうに思っておりまして、これは私はそのように一つの処理をしているということでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木総務部長。
◎鈴木久志 総務部長 それでは、私の方から、投資的事業に国庫補助金がつかなかった場合、想定でございますが、答弁させていただきますが、確かにおっしゃるとおり補助事業として現在採択されている事業の中におきましても廃止、縮減がされている事業は確かにございますが、その財源保証は今年度の所得譲与税等で同様に何らかの措置は講じることが、三位一体の改革の中で趣旨の一つである税源移譲の実施であります。税源移譲で最終的に実施される内容及び額が詳細に示されておりませんけれども、段階的にはっきりしたことは言えませんが、そういったものを十分注視しながら、最終的に補助がなくなったことを想定すれば、これは相当厳しく事業を厳選し、執行のスタンス等も慎重に見直さなければならないと考えてございます。
 それから、先ほどのご答弁1点。市道513号線、これは前の島長ストアさんの前、これについてはまちづくり総合支援事業で該当して、補助事業でございます。
 それから、1点だけ。先ほど投資的事業とそれからソフト事業合わせますと、主要事業25事業プラス30事業とおっしゃいましたが、ソフト事業と投資的事業、事業費で比較しますと、かなりやっぱり投資的事業は膨らむものでございますが、そのために補助制度、起債制度等仰ぎながら適正にやっていきたい。その中で、東西道路は起債だけで補助金がないということでございますが、これにつきましては国庫補助事業であるということでございますので、ご理解いただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 子供の権利遵守すべきではないかということでございます。確かにそのとおりだと思っております。そういう中で防犯推進会議あるいは庁内検討委員会も立ち上がっております。そういう中できちっと方向づけをしていきたいと。ただ、子供だけでなく、上福岡市民全体のプライバシーの関係もきちっと保護していきたいというふうに思っております。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学校教育の現場におきまして、児童の権利に関する条約54条をしっかり勉強し、また各学校に指導していきたいと思っております。

P.288
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員の再々質問を許します。
◆山川寿美江 議員 先ほど申し上げましたが、平成16年度で人権教育、そして国連の行動計画が終わるのです。ことしですよね。その後はどうでしょうか。子どもの権利条約について、また子供の権利について、憲法について、教育基本法についてなど、やはりきちんと学校で身につけていただきたいというふうに思うのです。実際にいろんな事件を見ておりますと、中学生が親から食事を与えられないで、もう本当に大変な事態になった。そのときに自分の権利というものを子供たちがきちんと身につけていれば、もっと違う方法があったのではないかというふうに、私はあの事件を見て思いました。そういう点で、子供が一人の人間としてきちんと成長するように援助していただきたいと思います。
 1点、入札問題の政治倫理についてです。市長は、政治資金規制法に基づいてやられたと、やっているから間違いないということをおっしゃいました。それでは、武藤博後援会の収入というのは、ほとんどが上福岡市政治研究会からの寄附金になっております。この上福岡市政治研究会の寄附者はどういう方かというと、初雁工業とか、企業の方がたくさん名前があるわけですね。これは、やはりまずいと思うのです。平成15年4月から市長等の政治倫理条例が実施をされました。ですから、こういうことがないように、平成15年4月からですから、平成16年度きちんと市長の政治倫理条例に基づいてやっていただきたいと思うのですが、どうでしょうか、伺います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 会社からの寄附は一切ございません。すべて個人献金でないと、倫理条例の問題ではなくて、政治資金規制法に違反するのです。これはすべて個人で私の方では受けている。その点はお間違えないようにお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 先ほども申し上げましたように、今後とも各学校にしっかり教育するように指導してまいります。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員の質問を終了いたします。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時38分
   再 開 午後3時47分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 次に、福村光泰議員の質問を許します。
         〔22番福村光泰議員登壇〕(拍手あり)
◆福村光泰 議員 一番最後になりましたけれども、質問をさせていただきます。

P.289
 私は2点を出してございますが、まず1点目の住居表示についてということでございます。これは私が平成10年6月の第2回の定例会にこの未整備地域についてご質問してございます。その結果、水天宮その未整備地域については、幸いに住居表示が整備されたと。これが平成12年11月に解消されたということでございます。それから、平成11年にこの計画案が出されたときにやはり質問をしてございます。その結果が、中福岡の4カ所が残ってしまっているということについてでございます。それについて特にご質問をさせていただきます。
 さて、前回にはその除外された中福岡地域、特にこの花ノ木2丁目隣接地が1.7ヘクタール、それから谷田1丁目の隣接地0.9ヘクタール、矢田2丁目隣接地の0.5ヘクタール、それから花の木中学校の正門前の花ノ木1丁目、この隣接地に0.8ヘクタール、この地域が残ってしまったということでございます。このことについて、当時は平成12年11月の供用開始というか、整備が終わった後にこの地域に入り込んでいくというようなお答えをしていただいています。そのことにつきまして、今現在の進捗状況をお聞かせ願いたいと思います。
 次に、都市整備の関係でございますが、花の木中学校交差点及び県道東大久保・大井線の交差点、これはちょっと棒線を入れなかったのですが、下から3番目、東大久保・大井線の交差点と市道第97号線、これは現在セブンイレブンができてございますが、その交差点を言ってございます。これはもうヒアリングの中でお話はしてございます。このことにつきましては、特に最初の市道80号線と97号線の花の木中学校の交差点でございます。いわゆる福岡小学校方向から富士見市の方向に右折をするというときに、下福岡方面から来る車が結構来るのです。そうしますと、あの信号のところで右折車が1台、2台ありますと、後続車の大宮、浦和方面へ行く車が渋滞してしまう。これ私も何回か通っていまして、一、二台右折すると、もう信号変わる。そういう経過でございますので、これの十字路の右折帯、こういうものの設置をしていければ、ある程度の交通事情も解消されるというふうに考えてございます。このことにつきまして、道路行政として、これも十分把握しているのか。もし把握しているとすれば、どのようなお考えなのかをお伺いをしてみたいと思います。
 次に、その花の木中学校から右折した道路、これは97号線なのですが、これから真っすぐ富士見市に抜ける道路でございますが、この道路がちょうど東大久保・大井線の県道、これに交差する。右方が元鈴木商店、現在セブンイレブンでございますが、ここも富士見市の向かって十字路、これが丸山の踏切方面に行くことがあるのです。そうすると、富士見市からも来ると、そこもちょっと右折ができないということで、信号が早く変わってしまう。これあるのです。そういうことで、あそこはちょうどセブンイレブンのところにつきましては、県道があるけれども、拡幅されています。こういうところからして、右折帯もできるのではなかろうかというふうに思ってございますが、特にこの道路行政の改善と、特に交通車両が多いわけですから、この辺の対応というか対策を市として十分研究していただいて、スムーズに車両が通行できるようにしていただき
P.290
たいということでございます。
 以上で最初の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
         〔河野輝典市民生活部長登壇〕
◎河野輝典 市民生活部長 それでは、住居表示について未整備地域のご質問にお答えを申し上げます。
 平成11年9月定例会におきましてご答弁させていただいておりますが、昭和48年2月19日施行の中央土地改良事業で地番整備された地域に囲まれている、ただいまご質問いただきました花ノ木2丁目付近1.7ヘクタール、花の木中学校の正面0.8ヘクタール、谷田1丁目の0.9ヘクタール、谷田2丁目0.5ヘクタールの計4カ所、合計で3.9ヘクタールがあり、現在に至っております。土地改良事業は、地主さんと地主さんとの境界線をもって地番を振っておりますけれども、住居表示法による住居表示になりますので、ご承知のとおり公共的な施設、例えば道路であるとか河川で区切るようになっておりますので、土地改良事業した方々も含めて協議をしていくという形になりますので、その地域の方々と話し合いを続けていく必要があるのかなと思っています。その中で地元の合意形成には若干の時間がかかると思います。また、現在駒林の土地区画整理事業が進んでおりますので、都市計画課と調整を行い、区画整理の進捗状況を見ながら、関係住民との協議を進めていきたいと考えております。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 都市整備関係の花の木中学校交差点及び県道東大久保・大井線の交差点の改良についてにお答えをさせていただきます。
 市道第80号線の花の木中学校前の交差点につきましては、近年富士見市方面への左折する車両が増加しているのが現状でございます。また、この交差点については、変則となっておりますので、今後交差点改良及び右折帯の確保に向けて、用地交渉を進めてまいりたいと思っております。
 次に、東大久保・大井線と市道第97号線の交差点関係のご質問にお答えをさせていただきます。ご質問のありました交差点につきましては、現在市道第97号線に歩道設置の工事を実施しておりますが、今後県道におかれましても改良工事が実施されると思いますので、それに並行して市道第97号線につきましても右折車線等市道改良工事ができるよう、用地交渉等してまいりたいと思っておるところでございます。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 福村光泰議員の再質問を許します。
◆福村光泰 議員 では、再質問をさせていただきます。
 まず、住居表示の関係なのです。今部長がお答えしていただきましたけれども、これはもう土
P.291
地改良は昭和48年に、この時点で解散、そのときの答弁は、今はいずれにしたって土地改良もう解散してしまっていますから、これはもう全く該当しないということですね。当時は、私も当時の答えは、今駒林で区画整理やっていますけれども、あそこにもやはり花ノ木のちょうどあの踏切のそばに一つの住宅がありますわね。それは駒林の区画整理の中で住居表示、これはもう当たり前のことだと思うのです。それと、その地域とは、今のお答えの中ではそれを含めてということのように今聞き及んだのですが、実際にあの区域と今私が言った花ノ木2丁目ですか、あるいは谷田、この4カ所の残っている中福岡地域というのは全く方向が全然違うのです。当時は、私が先ほど言いました平成10年6月の第2回定例会のときにこの質問をして、幸いに大分その住居表示は整備された。これは、平成12年11月ですから、約2年と5カ月ぐらいで住居表示ができたわけです。今度は三十幾つのヘクタールですから、当時からすると面積そのものは幾らもないのです。したがって、それから条件整備をして、平成16年度程度までに地域の方々と協議をして進めていきたいというようなことで、あれから4年ぐらいもうたっていますから、もう大分ある程度進んでいるのかなという、私はそういう解釈をしておったのですが、今現在全く手をつかずということでございます。
 当時嘱託の原田末吉さんが産業課長をやって、それからこの担当をしたわけなのです。あの方が専従のような形でやっていますから、たまたま私ともいろいろ協議をして、いろいろな情報をいただいたのです。最近全く会っていませんから、この関係についてはお聞きしていなかったのです。ただ、もう4年ぐらいたっていますから、ある程度の進捗はいっているという解釈をしていますから、できればこれからある程度策定をしていただいて、それがどの程度にできるのか、ひとつ担当部長の方でお答えを願いたいと思います。ちょうどこの4カ所が残った地域の方は、大分当時がっかりしてしまったので、私もちょっと責任を感じて、これは全部知っているわけではないのですけれども、それを含めて平成10年に質問してございます。そういうことで、その辺について部長の方に計画をお示ししていただけば幸いなのです。
 それから、道路の関係なのですけれども、今あそこの花の木中学校のところ、この右折帯、これ用地交渉なんかすると、確かにこれからして、道路の改善をしていただくと今部長がおっしゃってございます。まずその前に、私ちょっと提言したいと思うのですが、あの信号、これ公安委員会になると思うのですけれども、信号を福岡小学校の方から下福岡方面、すなわち大宮、浦和方面に向かう車、これが結構多いのです。それで、浦和、大宮方面から上福岡市に向かう車も多いのです。それで、向こう方は左折する左折帯2車線ありますから、これはもうスムーズに曲がれるのです。直線側の上福岡市側にはどんどん入ってきますから、そうするとこっちから行くのが間に合わない。だから、信号をできれば5秒か10秒、10秒ぐらいでも大宮方面に向かうところにちょっと時差をつくっていただければ、その間曲がるのかなと。これはもう公安の関係ですから、難しいところもあるかもしれませんけれども、ただその辺の少しの時差は私はできるのでは
P.292
なかろうかなというふうに思っています。
 それから、東大久保・大井線、これ踏切ずっと渡ってきますと、国道254にぶつかりますよね。国道254にぶつかったところは、そういう時差しているのです。池袋から川越に向かうところの方が信号があそこ長いです。川越から池袋へ向かうところは赤ですけれども、池袋から川越に向かうところは10秒ぐらいある。すると、スムーズにどんどん流れちゃう。だから、今花の木中学校のところもそういう対応をしていただければ、当面は右折帯、道路改良ができるまではそういう形でできるのかなということでございます。それについてどのような考え方を持っているか、お答えをしていただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 河野市民生活部長。
◎河野輝典 市民生活部長 4カ所と区画整理組合の方向が違うのではないかと、もう既にでき上がっているというふうな認識でございますけれども、この件につきましては、繰り返し同じ答弁になろうかなというふうに思いますけれども、一歩前進した形で、その地域の方々と実施に向けて近々のうちに地元の合意形成が図れるようお話をしていきたいというふうに考えております。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 ただいまご指摘のございました交差点につきましては、今後東入間警察署と十分協議をした中でお願いをしていくとともに、要望していきたいと考えております。
○五十嵐正明 議長 福村光泰議員の再々質問を許します。
◆福村光泰 議員 では、再々質問をさせていただきますけれども、今住居表示の関係ちょっと聞いてみると、具体的な年数が出てこないので、合意形成はこの時点でもうできていたのです。これはもうこの方々は今大字中福岡とか、字名まで入る。これはもう公式な書類つくるときには大字から小字まで入る。これは大分抵抗あるのです。現在も平成12年にできたところは同じような住居表示ですから、今残った4地域ですか、この地域の方々は合意形成はもうできると思いますので、積極的にこの地域に入って、なるべく早くできるような年次計画を設定していただきたいと思います。これ要望にしておきます。
 それから、道路関係につきましては、やはり信号、あれをちょっとやってくれることによって、スムーズに流れますから、まず最初にそれをして、交渉しながら用地を、そういうところでひとつご努力をしていただきたいと思います。これも要望して終わります。
○五十嵐正明 議長 福村光泰議員の質問を終了いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△散会の宣告(午後4時06分)
○五十嵐正明 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 あす13日及び14日は休日のため休会、15日は委員長報告作成のため休会、16日は午前9時30分から本会議を開き、委員長報告、討論、採決、議案審議を行います。
 本日はこれで散会いたします。
P.293

P.295
平成16年  3月 定例会(第1回)


△議事日程(3月16日)
 開  議
 日程第1 常任委員長報告(討論・採決)                         
     第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案         
     第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案   
     第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案     
     第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案    
     第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案   
     第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用
           等の公営に関する条例の一部を改正することについて          
     第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて         
     第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正する
           ことについて                            
     第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改
           正することについて                         
     第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正すること
           について                              
     第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて     
     第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正すること
           について                              
     第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて          
     第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて      
     第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて          
     第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改
           正することについて                         
     第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)              
     第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)        
     第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)          
     第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)          
     第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)         
     第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)        
     第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)            
     第24号議案 上福岡市道路線の認定について                   

P.296
     第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて    
    報告第5号 総務常任委員会審査報告                        
    報告第6号 福祉・教育常任委員会審査報告                     
    報告第7号 環境・都市常任委員会審査報告                     
 日程第2 議案審議                                   
     第28号議案 上福岡市道路線の廃止について                   
     第29号議案 上福岡市道路線の認定について                   
     第30号議案 助役の選任について                        
 日程第3 議員提出議案審議                               
     議第1号議案 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する
           辞職勧告決議について                         
     議第2号議案 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書について          
     議第3号議案 公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について      
     議第4号議案 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書について        
 日程第4 閉会中の継続調査の申し出(議会運営委員会)                  
 日程第5 市長あいさつ                                 
 閉  会
………………………………………………………………………………………………………………………
△出席議員(24名)
      1番  伊 藤 美枝子 議員     2番  内 田 久 江 議員
      3番  高 畑   博 議員     4番  佐 藤 英 夫 議員
      5番  鈴 木 啓太郎 議員     6番  青 山 博 明 議員
      7番  高 橋 順 子 議員     8番  岸 川 彌 生 議員
      9番  野 沢 裕 司 議員    10番  石 山 皓一郎 議員
     11番  山 口 公 悦 議員    12番  足 立 志津子 議員
     13番  小坂部 政 勝 議員    14番  加 藤 末 勝 議員
     15番  五十嵐 正 明 議員    16番  粕 谷 正 臣 議員
     17番  小 高 時 男 議員    18番  細 井 地 久 議員
     19番  鈴 木   実 議員    20番  岩 崎 公 夫 議員
     21番  山 川 寿美江 議員    22番  福 村 光 泰 議員
     23番  田 中 雍 規 議員    24番  大 島 国太郎 議員
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席議員  な し

P.297
………………………………………………………………………………………………………………………
△職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      綾 部   誠  事務局次長
………………………………………………………………………………………………………………………
△地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      永 田 喜 雄  助     役
   工 藤 哲 夫  収  入  役      安 田   博  理     事
   本 田 穂 積  理     事      鈴 木 久 志  総 務 部 長
   河 野 輝 典  市民生活部長       長 島 直 行  都市整備部長
   原 田   昇  秘書広報室長       橋 本 広 治  工事検査室長
   冨 田 平四郎  水 道 部 長      吉 野 英 明  教  育  長
   島 村   栄  参事兼教育次長      冨 田 金 治  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   金 子   昇  公平委員会        中 野   武  代表監査委員
            事 務 職 員
   金 子   昇  監 査 委 員      仲   智 洋  農業委員会
            事 務 局 長               事 務 局 長
   金 子   昇  固定資産評価       山 崎   豊  副 参 事 兼
            審査委員会書記               高齢福祉課長
   工 藤 秀 典  副 参 事 兼      高 見 輝 雄  福 祉 課 長
            健康保険課長
   藤 田 光 雄  児童福祉課長       山 田 敏 夫  障害福祉課長
   米 窪 堅 治  保健センター       堀 口 泰 男  市民交流プラザ
            所     長               館     長



P.298
△開議の宣告(午前10時59分)
○五十嵐正明 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成16年第1回定例会第20日の会議を開きます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△欠席届
○五十嵐正明 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、ご報告いたします。
 保健福祉部長・伊藤義憲(私事都合1日)。教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。選挙管理委員会委員長・横山清毅(私事都合1日)。以上でございます。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第1 常任委員長報告(討論・採決)
△第 1 号議案 平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案             
△第 2 号議案 平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案       
△第 3 号議案 平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案         
△第 4 号議案 平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案        
△第 5 号議案 平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案       
△第 6 号議案 上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営
     に関する条例の一部を改正することについて                  
△第 7 号議案 上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて             
△第 8 号議案 上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することにつ
     いて                                    
△第 9 号議案 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正するこ
     とについて
△第10号議案 上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて
△第11号議案 上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて         
△第12号議案 上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて
△第13号議案 上福岡市手数料条例の一部を改正することについて              
△第14号議案 上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて          
△第15号議案 上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて              
△第16号議案 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正するこ
     とについて                                 
△第17号議案 平成16年度上福岡市一般会計予算(案)                  
△第18号議案 平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)            

P.299
△第19号議案 平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)              
△第20号議案 平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)              
△第21号議案 平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)             
△第22号議案 平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)            
△第23号議案 平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)                
△第24号議案 上福岡市道路線の認定について                       
△第26号議案 上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて        
☆報告第5号 総務常任委員会審査報告                           
☆報告第6号 福祉・教育常任委員会審査報告                        
☆報告第7号 環境・都市常任委員会審査報告                        
○五十嵐正明 議長 日程第1、本定例会に提出されております第1号議案から第24号議案まで及び第26号議案、以上議案25件を一括議題といたします。
 各常任委員長の審査報告を行います。
 初めに、報告第5号・総務常任委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 細井地久委員長。
         〔細井地久総務常任委員長登壇〕
◎細井地久 総務常任委員長 総務常任委員会の審査報告を行います。
 平成16年第1回定例会において付託された所管事項の議案について、平成16年3月3日及び4日に上福岡市議会第1委員会室において委員会を開き、審査を終了したので、報告をいたします。
 付託を受けた事件を申し上げます。第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案のうち所管事項、第6号議案・上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営に関する条例の一部を改正することについて、第7号議案・上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて、第8号議案・上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することについて、第9号議案・議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正することについて、第13号議案・上福岡市手数料条例の一部を改正することについて、第16号議案・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正することについて、第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算案のうち所管事項、第26号議案・上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて、以上9件です。
 委員会の構成は、お手元に配付した資料のとおりで、欠席委員はございませんでした。
 審査に当たっては、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、監査委員、農業委員会会長及び固定資産評価審査委員会委員長並びにその委任を受けた者の出席を求め、審査を行いま
P.300
したが、実際に出席して説明を行ったのは、お手元に配付した資料に説明員として記載したとおりでございます。
 主な質疑、討論及び結果について申し上げます。
 第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案のうち所管事項については、お手元に配付したとおりの質疑がございました。これ主なものでございますけれども、このような質疑がございました。賛成討論が1件ございました。そして、第1号議案のうち総務常任委員会に付託された事項については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第6号議案・上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営に関する条例の一部を改正することについてでございますが、質疑、討論がなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第7号議案・上福岡市部室設置条例の一部を改正することについてでございますが、皆さんのお手元に配付したとおりの質疑がございました。反対討論が1件ありまして、採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決されました。
 第8号議案・上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することについてでございますが、質疑、討論がなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第9号議案・議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正することについてでございますが、質疑、討論がなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第13号議案・上福岡市手数料条例の一部を改正することについてでございますが、質疑、討論がなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第16号議案・特別職の職員で、非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正することについてでございますが、質疑、討論がなく、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)の所管事項についてでございますが、質疑の主なものは皆様のお手元に配付してある資料のとおりでございます。討論については1件ございまして、内容についてはお手元に配付した資料のとおりでございます。第17号議案のうち総務常任委員会に付託された事項については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第26号議案・上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについては、皆さんのお手元に配付した質疑として書かれたものがその主なものでございます。討論はございませんでした。第26号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 以上でございます。よろしくお願いいたします。

P.301
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 次に、報告第6号・福祉・教育常任委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 高橋順子委員長。
         〔高橋順子福祉・教育常任委員長登壇〕
◎高橋順子 福祉・教育常任委員長 福祉・教育常任委員会審査報告を行います。
 平成16年第1回定例会において付託された下記事件について、平成16年3月8日及び9日に上福岡市議会第1委員会室において委員会を開き、審査を終了いたしましたので、報告いたします。
 付託事件を申し上げます。第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案、第2号議案・平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案、第3号議案・平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案、第5号議案・平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案、第10号議案・上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて、第11号議案・上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて、第12号議案・上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて、第15号議案・上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて、第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)、第18号議案・平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)、第19号議案・平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)、第20号議案・平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)、第22号議案・平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)。
 委員会の構成におきましては、お手元の報告書のとおりでございます。欠席委員はありませんでした。説明員は、お手元の報告書のとおりです。
 審査に当たっては、市長及び教育委員会委員長並びにその委任を受けた者の出席を求め、付託された各事件について審査を行いました。
 主な質疑、討論及び結果について申し上げます。
 第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案については、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論はありませんでした。結果、第1号議案のうち本委員会に付託された事項については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第2号議案・平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案、質疑、討論はありませんでした。結果、第2号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。

P.302
 第3号議案・平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案については、質疑はありました。お手元の報告書のとおりです。討論はありませんでした。結果、第3号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第5号議案・平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案について、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論はありませんでした。結果、第5号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第10号議案・上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて、質疑、討論はありませんでした。結果、第10号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第11号議案・上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。賛成討論がありました。お手元の報告書のとおりでございます。結果、第11号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第12号議案・上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論は、賛成討論がありました。お手元の報告書のとおりでございます。結果、第12号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第15号議案・上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて、質疑がありました。お手元の報告書のとおりです。討論はありませんでした。結果、第15号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論については、反対討論、賛成討論がありました。お手元の報告書のとおりでございます。結果、第17号議案のうち本委員会に付託された事項については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第18号議案・平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論は反対討論がありました。お手元の報告書のとおりでございます。結果、第18号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第19号議案・平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)について、質疑、討論はありませんでした。結果、第19号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第20号議案・平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)について、質疑はありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論はありませんでした。結果、第20号議案については、
P.303
採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第22号議案・平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)について、質疑がありました。お手元の報告書のとおりでございます。討論はありませんでした。結果、第22号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 以上のとおりです。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 次に、報告第7号・環境・都市常任委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 石山皓一郎委員長。
         〔石山皓一郎環境・都市常任委員長登壇〕
◎石山皓一郎 環境・都市常任委員長 環境・都市常任委員会の審査報告を行います。
 平成16年第1回定例会において付託された事件について、平成16年3月8日及び9日に上福岡市議会第2委員会室において委員会を開き、審査を終了したので、報告いたします。
 付託事件を申し上げます。第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案、第4号議案・平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案、第14号議案・上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて、第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)、第21号議案・平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)、第23号議案・平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)、第24号議案・上福岡市道路線の認定について、以上でございます。
 委員会の構成は、お手元に配付してあります資料のとおりです。欠席委員はございません。説明を受けた説明員は、お手元に配付しております資料のとおりです。
 審査の概要及び結果について申し上げます。審査に当たっては、市長、水道事業管理者及び農業委員会会長並びにその委任を受けた者の出席を求め、付託された各事件について審査を行いました。
 主な質疑、討論及び結果を申し上げます。
 第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案につきまして、質疑の内容はお手元に配付してあります資料のとおりです。討論はございませんでした。結果は、第1号議案のうち本委員会に付託された事項については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第4号議案・平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案につきましては、質疑の内容はお手元に配付してあります資料のとおりです。討論はございませんでした。結果は、
P.304
第4号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第14号議案・上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについてにおきましては、質疑、討論はございませんでした。結果は、第14号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)につきましては、質疑の内容はお手元の資料のとおりです。討論は、反対討論が2件、賛成討論が1件ございました。内容は、お手元に配付してあります資料のとおりです。結果は、第17号議案については、採決の結果、起立多数により原案のとおり可決されました。
 第21号議案・平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)につきまして、質疑の内容はお手元の資料のとおりです。討論はございませんでした。結果は、第21号議案については採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第23号議案・平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)について、質疑の内容はお手元の資料のとおりです。討論はございませんでした。結果は、第23号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第24号議案・上福岡市道路線の認定について、質疑の内容はお手元の資料のとおりです。討論は、反対討論が1件ございました。結果は、第24号議案については、採決の結果、起立多数により原案のとおり可決されました。
 以上で報告を終わります。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 以上で各常任委員長の報告に対する質疑を終了いたします。
 第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第1号議案・平成15年度上福岡市一般会計補正予算(第7号)案について、本案に対する各委員長の報告は原案可決です。第1号議案は各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第1号議案は各委員長の報告のとおり可決されました。

P.305
 第2号議案・平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第2号議案・平成15年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第2号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第2号議案は各委員長の報告のとおり可決されました。
 第3号議案・平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第3号議案・平成15年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第3号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第3号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第4号議案・平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第4号議案・平成15年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する環境・都市常任委員長の報告は原案可決です。第4号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

P.306
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第4号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第5号議案・平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第5号議案・平成15年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第5号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第5号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第6号議案・上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第6号議案・上福岡市議会議員及び上福岡市長の選挙における選挙運動用自動車の使用等の公営に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第6号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第6号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第7号議案・上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて討論を行います。
 山口公悦議員。
◆山口公悦 議員 第7号議案・上福岡市部室設置条例の一部改正について、日本共産党を代表して反対討論を行います。
 厚生労働省が、国民健康保険保険税を払えない加入者に対して、強制徴収を積極的に指導することを決めました。国保は、低所得者が多く加入している医療保険制度であり、そもそも国の手
P.307
厚い援助がなければ成り立たない制度です。ところが国は、84年の国保法改悪以来、国庫負担金を減らし、運営主体の市町村に矛盾を押しつけてきました。不況のもとで高額所得者や大企業に対しては法を改正してまでも優遇し、その一方で国民の取り立てを強化することは許されません。提案されている議案は、国保税収納率向上対策事業の交付金を使い滞納特別対策室を設置して、市税も一緒に徴収するというものです。国保の交付金の交付要件、補助対象事業、補助対象経費のどれをとっても対象とされていない市税の徴収をあわせて行うことは、許されるものではありません。
 長引く不況のもとで、企業倒産、リストラ、合理化、過労死さえももたらす長時間過密労働、年間で3万人を超える人がみずから命を絶つ事態にまで至っています。このように憲法25条が保障する国民の生存権さえ脅かすまでの事態を招いている第一義的責任は国にあり、それを棚に上げ強制徴収を推し進めることは、本末転倒です。今地方自治に求められていることは、国に対して国保への国庫負担を計画的にもとに戻すように要求をすることであり、市も国保税の引き下げの努力を行うこと、国保の減免制度を拡充し、滞納者の発生を防止する手だてをとること、そして、滞納が続いている加入者に対しては、あらゆる手だてをとって、親身に相談に乗りながら方策を見出すことにあります。
 以上、反対討論といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第7号議案・上福岡市部室設置条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第7号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○五十嵐正明 議長 起立多数であります。
 よって、第7号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第8号議案・上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。

P.308
 第8号議案・上福岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第8号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第8号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第9号議案・議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第9号議案・議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第9号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第9号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第10号議案・上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 大島国太郎議員。
◆大島国太郎 議員 第10号議案・上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについての賛成討論を行います。
 上福岡市における保育行政は、公立保育園と無認可保育園により児童の健全育成を行ってきております。特に無認可保育園については、現在4園ありますが、既にその中でも子どものそのについては、子どものそのベビーとして富士見市で事業を進めております。そうした中で、上福岡市において初めての民間の認可保育園としてたんぽぽ保育園が発足することは、保育環境の充実を図る意味から、極めて重要な意義のあることと思っております。今までは無認可保育園として保育事業の活動を続けてきましたが、このたび認可保育園として事業を進めるに当たり、今まで以上に認可保育園としての資質を向上していかなければならないと思っております。これからの運営に当たり、担当いたします保健福祉部児童福祉課においては、より一層の行政指導を求められるものであろうかと思っております。また、民間の運営における無認可保育園ができることにより、公立保育園においても民間のよいところを取り入れ、切磋琢磨することと思っております。
P.309
これらの上福岡市保育行政の進展を期待をいたしまして、私は賛成の討論をさせていただきます。
 以上。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第10号議案・上福岡市立保育園における保育の実施に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第10号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第10号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第11号議案・上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第11号議案・上福岡市乳幼児保育審議会条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第11号議員は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第11号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第12号議案・上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第12号議案・上福岡市高齢者及び障害者居室等整備資金貸付条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第12号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

P.310
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第12号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第13号議案・上福岡市手数料条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第13号議案・上福岡市手数料条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第13号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第13号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第14号議案・上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第14号議案・上福岡市道路占用料徴収条例の一部を改正することについて、本案に対する環境・都市常任委員長の報告は原案可決です。第14号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第14号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第15号議案・上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第15号議案・上福岡市史編纂委員会条例を廃止することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第15号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

P.311
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第15号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第16号議案・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第16号議案・特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第16号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第16議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午前11時47分
   再 開 午後 1時00分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)の討論を行います。
 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 平成16年度一般会計予算(案)に反対する立場から討論を行います。
 小泉内閣の三位一体改革での地方交付税、国庫補助負担金の事実上の減額という、地方自治体にとっても最も厳しい事態に今予算案は直面しました。このような激震する財政改革の渦中にありながら、旧来の手法を顧みることなく主要事業の推進を図ることが、果たして妥当と言い得るのか、大きな疑問を呈さざるを得ません。我々は、今こそ新たな事態に直面して市運営の抜本的な見直しを行い、三位一体改革による歳入の大幅な削減に対応し得る歳出のあり方を見直していく、市民参加と市民合意のもとで事業遂行の優先課題を見直すべきだと考えるものであります。
 市長の施政方針演説は、経常経費の節減、効率的な財政運営の決定という、ある意味では不況下で市税の落ち込みに対応してきた従来の手法を繰り返しているにすぎません。特に国庫負担金の一般財源化という事態に直面して、小中学校の大規模学校改修がとんざしたということは重大
P.312
であります。我が執行部は、漫然とこの事態の前に立ちすくみ、全く有効な手だてを打つことができないでいるというふうにみなす以外ありません。三位一体の改革は、額面どおりに受け取れば、これまでの補助金行政から税財源を配分することによる地方分権、すなわち自治体の裁量権を高めるものとして有効性を持っています。税財源の移譲が十分でないということへの批判は当然であるとしても、自治体としての自主的、主体的な政策能力がここにおいてこそ試されていると見ることもできるものであります。
 しかるに、この三位一体改革に対応するどのような具体策もこの予算案には示されておりません。三位一体改革は、さらに厳しく自治体に改革を迫ってくるのは明らかであります。中央財調の動向を見れば、本年見送りになった生活保護の負担割合の見直し、義務教育国庫負担金、社会福祉施設等整備費補助金、さらに地方道路整備臨時交付金等々、我が市政運営に当たって活用されてきた補助金及び負担金の一般財源化が平成18年にかけて具体化されてくるのは明らかで、地方交付税の削減とともに自治体運営の抜本的な見直しを必要としていると言わなければならないと思います。問われているのは、旧来の補助金依存的な事業体質からの脱却であります。
 これまでならば、国、県の補助金交付に合わせて市の事業を設定し、それを遂行するということで事は足りました。しかし、そのような時代は今や急速に去りつつあります。市町村合併という選択は、地方分権の時代に相応する一つの選択肢ではありました。特例債というあめを伴う誘導策も、そこにさえ乗っていけば、ある種安定感を確保できるという見通しも立ったと言えると思います。しかし、2市2町の合併が破談となった今、合併とは異なる選択をしていかなければならない地点に立つことは明らかであります。
 具体的にはどうすべきなのか。当市の置かれた現状を考えたときに、基盤整備等主要事業については、市民参加のもとで優先順位を明確にし、市民的合意のもとで遂行されるべきであると考えます。また、福祉政策については、市民生活と福祉向上という市の基本姿勢が問われるという観点に立って、安易な民営化といった選択ではない、慎重で見識ある態度が求められていると考えます。
 こうした必要不可欠な見直しを進めることなく、漫然とこれまでの事業継続の道を探り、基金の取り崩しや経費削減など小手先の手法で乗り切ることは、もはやできないというふうに考えます。本年度予算の編成が、三位一体改革への対応策を欠いて、危機感を喪失していると見る以外なく、到底この案に賛意をあらわすことはできません。
 以上の理由から、本年度度予算案への反対の意見とします。
○五十嵐正明 議長 野沢裕司議員。
◆野沢裕司 議員 明和会といたしまして、平成16年度一般会計予算(案)に賛成の立場から討論をいたします。
 我が国の長期にわたる経済の停滞は、不況のもと、国も地方も財政の状況はまことに厳しい冬
P.313
の時代の中にあります。しかしながら、今日の上福岡市は、厳冬の経済状態の中でも、来るべき春の到来を見据え、市政の推進を図るべきであります。国の三位一体の改革の名のもとに、地方交付税、臨時財政対策債の4億6,000万円の巨額の削減が市の財政を直撃するという事態にある中で、市当局の予算編成のご労苦に敬意を表するところであります。上福岡市で育つ若い世代を今その育成を怠れば、上福岡市の将来、国の未来に対して禍根を残すことになります。そのために子育てへの助成支援、また学校教育の充実は、困難な財政にあっても、その後退は許されません。深刻化する治安の悪化による市民への犯罪防止や防災の強化などは事業を推進していくべきものであります。ご高齢の方々が安心して住めるまちづくりへの配慮は、上福岡市の重要な柱の一つでもあり、なお一層の充実を進めなければなりません。だれもが住んでよかったと思い、住みやすいまちにし、進展する国際化にも対応が求められています。
 また、上福岡市のみならず、近隣町との交通の円滑化のため、市民の悲願である(仮称)東西連絡道路の未整備は、動脈にこぶがあるがごときであります。よってこの事由を除去し、完成を図ることは、上福岡市市政発展100年のため必ず達成すべきものであると考えます。したがって、181億3,800万円の予算を迅速に執行し、5万市民の幸福に寄与すべきものであると考え、賛成の討論といたします。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 それでは、第17号議案・平成16年度一般会計予算(案)について、日本共産党を代表して反対討論を行います。
 上福岡市の16年度の一般会計予算案は181億3,800万円です。昨年12月25日に、2市2町合併協議会は、住民投票の結果、合併しないことを決め、解散をいたしました。16年度は、自立した市として財政運営などを真剣に検討し直し、初めての予算案を市民に示さなければならない義務がありました。それは、17年合併が既成事実のごとく考えられてきたため、市政運営が空洞化していたものを立て直すという、当然の市の仕事でありました。市政運営が空洞化していた何よりの証拠は、共産党が指摘したように、15年、16年度の実施計画が作成されなかったことにあらわれています。
 16年度はまた、自公政権による三位一体の改革が、18年度を目途にスタートする時期とも重なりました。国庫補助金の見直し、地方交付税の減額、税源移譲を一体とするということで、地方分権を口実にされています。しかし、全国の首長から苦情が表明されるほど不十分なものとなっています。
 15年度の予算積算から、上福岡市では国の指示で減、増額するなどして積算するという異常な事態で予算が編成されました。上福岡市の中身を見ますと、国庫負担補助金は昨年に比べ2億8,300万円、地方交付税は1億円、臨時財政対策債は3億6,000万円の減で、減額の総額は何と7億4,300万円にもなります。財源移譲は、所得譲与税が9,100万円ですが、これは保育園運営費の
P.314
一般財源化と差し引きしても、6,000万円も不足します。そのほか介護保険事務費や各種事務費の補助金が削られました。児童扶養手当の国庫負担は、14年度に比べて39%から32%と、7%も減らされてしまいました。恒常的不況で、引き続き市税なども落ち込みが予想されます。
 ところが市は、合併を当てにして進めてきた(仮称)東西連絡道路や、わずか180メートルのみの桜通線、川越市が大部分の川越防災道路などを見直そうとしません。今進めている西口再開発事業や市民要望の強い東口駅前整備、それに火葬場、斎場建設、焼却炉の新設など、これからの財政負担を考えると、漫然と事業を進めることは財政破綻を早めるだけです。この帳じり合わせに、ことし16年度は長年積み立てきた各種基金を21億3,000万円も取り崩す。また、28億1,000万円も市債、つまり借金をします。財政調整基金が1億円しか残高がないことは、市財政規模の10から7%と言っていた市当局の答弁からもめちゃくちゃな財政運営です。15年度の繰越金を加えても、この財政調整基金は5億円に満たない。災害などあれば、市政の責任がとれない事態にあります。災害といえば、児童生徒の安全確保が第1に優先されなければなりません。ところが、16年度しわ寄せは学校の大規模改修工事の計画をおくらせるものとなってあらわれました。国が耐震補強工事の完成したところを条件にするならば、直ちに耐震工事を早めて、児童生徒が安心して通える施設にすべきではないでしょうか。市民には、滞納強化と、職員の人員削減によるサービス低下が押しつけられます。小泉内閣のもとで、国民負担は、年金、医療、介護、雇用と、18年度までに7兆円ふえる計画です。地方自治体は、国民の生活基盤として暮らしを支える施策が求められます。国言いなりの財政運営を正し、必要のない川越道路事業の停止、地権者の合意のない(仮称)東西連絡道路の凍結、廃止、また桜通線の見直しなどをし、自立運営できる財政計画を職員や市民総動員で早急に立てることを要求して、日本共産党を代表いたしまして、一般会計に反対討論といたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
△発言の訂正
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員から訂正の申し入れがありましたので、これを許します。
◆山川寿美江 議員 この部分を訂正していただきたいと思います。「16年度しわ寄せは学校の大規模改修工事の計画をおくらせるものとなってあらわれました。国が耐震補強工事の完成したところを条件にするならば、直ちに耐震工事を早めて、生徒児童が安心して通える施設にすべきです。市民には、徴収強化と、職員の人員削減によるサービス低下が押しつけられています。」こういうふうに訂正してください。
○五十嵐正明 議長 高橋順子議員。
◆高橋順子 議員 第17号議案に対し、公明党を代表して、平成16年度一般会計予算案について賛成の立場で討論いたします。
 国は、三位一体の改革の推進により、国庫補助負担金の削減、地方交付税の見直しなどで大幅
P.315
な財源の縮減がとられました。当市においてその影響額は、地方交付税など4億6,000万円と、大幅な減収になっております。その反面、保健医療、介護保険給付などの社会保障関係費は増加の傾向にあり、当市にとっては極めて厳しい状況に置かれていると言えると思います。そういった厳しい中で、知識、知恵、工夫を絞っての事業重点化に努めての予算編成を行っていることは、市長を初め助役、関係各位の努力を感じるとともに評価するものでございます。
 また、平成16年度におきましては、厳しい財政状況を踏まえ、歳入確保に努めるべく滞納特別対策室を設置し、市税及び国民健康保険税の徴収率の向上並びに税負担の公平性の徹底に全力を尽くしていこうとしていることが推測されます。
 さらに、それぞれ計上された諸施策についても、福祉では上野台保育園建て替え事業や次世代育成支援計画策定事業、老人入浴料助成事業、都市整備ではあすなろ公園整備、滝、長宮公園整備事業、駒林土地区画整理事業、教育においては学校施設改修事業、小学校普通教室へ扇風機設置、図書館にオストメイト式トイレ設置事業など、市民の必要とされる箇所に予算配分されており、大いに高く評価するものであります。
 これからの市政運営は、ますます厳しい状況が予測されますが、子育て支援事業、特に保育園の充実、教育環境の整備、安心して住み続けることができるまち上福岡のために防犯対策の早期実施、そして市を持続的に発展させるために文化を中心に置いた政策展開として文化芸術都市宣言を強く希望し、新時代にふさわしい市政を目指すことを期待しまして、賛成討論といたします。
○五十嵐正明 議長 田中雍規議員。
◆田中雍規 議員 それでは、平成16年度上福岡市一般会計予算案に対し、順正会を代表しまして、賛成の立場から討論を行います。
 既にご承知のとおり、政府は平成16年度予算編成に当たり、地方の自助、自立を求め、三位一体の改革を推進、具体的には国庫補助負担金、地方交付税などを減額するかわりに税源移譲をする方針を進めてまいりました。しかしながら、三位一体の改革により地方自治体への税源移譲は予想より下回り、上福岡市においては5億円程度の減額となり、近年にない厳しい財政運営を強いられていることになっております。このような財政状況下で、16年度一般会計予算規模は181億3,800万円。ただし、減税補てん債の借換債13億8,110万円を除いた予算規模は167億5,690万円、前年度対比マイナス7.7%となり、例年にない緊縮予算となっております。
 また、施政方針の中でも明らかにされておりますが、予算編成に当たって歳出面で各部局の自主性、主体性を生かした枠配分方式を実施し、実情に合わせた事業の精査など検討され、編成されたことは、財政当局を初め、執行部には大変なご苦労があったかと思います。予算の中身見ますと、税を確保するため、滞納特別対策室を新設し、徴収率アップを目指す具体策を設けたことは、税の公平性の面から見ても、機を得た政策と評価するものであります。
 一方、今後第三次総合振興計画に掲げる主要事業を進めるに当たって、今までどおり事業を展
P.316
開することは、財政の困窮化の中では大幅な財源調整が必要であると考えられます。したがって、歳入歳出の整合性のとれた財政計画の作成、既存事業などのスクラップ・アンド・ビルド、現状に即した市民サービスの充実、さらには事務事業の見直しに努め、今後の安定した財政運営に努めるよう要望し、賛成討論といたします。
 以上であります。
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第17号議案・平成16年度上福岡市一般会計予算(案)について、本案に対する各常任委員長の報告は原案可決です。第17号議案は各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○五十嵐正明 議長 起立多数であります。
 よって、第17号議案は各委員長の報告のとおり可決されました。
 第18号議案・平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)について討論を行います。
 足立志津子議員。
◆足立志津子 議員 第18号議案・平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)について、日本共産党を代表して反対の討論を行います。
 議案には、滞納特別対策室設置のための県補助金195万円が含まれています。国保税の納税の実態は、平成15年度の資料によりますと、滞納率20.1%で、加入1万1,037世帯のうち、滞納世帯は2,213という状況です。国保税を払えない世帯がふえるもとで、厚生労働省は収納対策を強化する方針を決め、運営主体の市町村に対して、期限までに保険料の納付がなければ預貯金の差し押さえなどを強制的に実施するように指導しています。しかし、国民健康保険税を払えない人がふえ続ける背景には、厳しい不況を反映して、国保加入世帯の所得水準の低下、小泉改革によるリストラや失業などによる無職者の加入の増加、政府の国保財政への国庫負担削減の影響があります。滞納特別対策室の設置は、取り立てることに力を入れる国の指導に従うもので、国保税滞納者の増加における現在の問題点を解決するものにはなりません。
 上福岡市では、平成9年に所得割と資産割を改正し、低所得者への負担を重くしました。この時点で、応益負担を県平均より高くしました。現在固定資産のない平均年収300万円の1人世帯で見てみますと、保険料は17万3,100円にもなります。
 国民健康保険法第1条は、憲法25条の理念を受け、国民健康保険事業の健全な運営を確保し、もって社会保障及び国民保健の向上に寄与することを目的としていると、社会保障制度としての性格を明確にしています。また、同第4条で、国は国民健康保険事業の運営が健全に行われるよ
P.317
うに努めなければならないと国の義務を規定して、国庫負担を義務化しています。住民の健康福祉向上を本旨とする自治体として、憲法と国保法にのっとって、国民健康保険に対する国庫負担の改善を引き続き国に求め、また低所得者に対する市独自の減免制度を実行するなど、払える国保制度にしていくべきであります。
 以上の点を指摘して、本議案に反対いたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第18号議案・平成16年度上福岡市国民健康保険特別会計予算(案)について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第18号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○五十嵐正明 議長 起立多数であります。
 よって、第18号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第19号議案・平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第19号議案・平成16年度上福岡市老人保健特別会計予算(案)について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第19号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第19号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第20号議案・平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第20号議案・平成16年度上福岡市介護保険特別会計予算(案)について、本案に対する福祉・
P.318
教育常任委員長の報告は原案可決です。第20号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第20号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第21号議案・平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第21号議案・平成16年度上福岡市下水道事業特別会計予算(案)について、本案に対する環境・福祉常任委員長の報告は原案可決です。第21号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第21号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第22号議案・平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第22号議案・平成16年度上福岡市学校給食事業特別会計予算(案)について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第22号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第22号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第23号議案・平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は、起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第23号議案・平成16年度上福岡市水道事業会計予算(案)について、本案に対する環境・都市
P.319
常任委員長の報告は原案可決です。第23号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第23号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第24号議案・上福岡市道路線の認定について討論を行います。
 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 第24号議案・上福岡市道路線の認定について、反対の立場から討論いたします。
 本道路認定の議案につきまして詳細に検討させていただいた結果、この道路認定に必要となる基本的な手続に不備があると私たちは考え、この道路認定に反対するものであります。手続的な不備の基本的な内容は、市民参画による道路計画の確定というふうな問題であります。既に平成14年8月に、国土交通省は、市民参画型道路計画プロセスのガイドラインという名前で、パブリック・インボルブメントの基本的な方式を定めた道路計画づくりのガイドラインを示すに至りました。この基本的な考え方を適用するならば、こうした市道の認定に当たって、しかもこの認定道路にあるような極めて市民生活に影響の著しい道路の認定にあっては、幅広く市民からの意見を聞き、その道路認定がいかなる影響を及ぼすのか、手続の透明性、客観性、公正さを確保するために、構想段階から情報を公開し、計画の目的や提示する内容を十分に検討すべきであるというふうに考えます。そうしなければ、これら道路のつくられることによって起きる渋滞、生活、商業活動への著しい影響ということについて、調査が極めて不十分であるというふうに考えざるを得ません。したがって、現段階において道路認定を行うということは時期尚早であると考え、原案に反対いたします。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 第24号議案・上福岡市道路線の認定について、日本共産党を代表し、反対討論を行います。
 第24号議案の道路認定は、市道678号線、679号線、680号線を一括して認定するもので、これから工事が始まろうとしている道路であります。678号線は(仮称)東西連絡道路、680号線は桜通線延長道路、679号線は住宅建設に伴う道路線の認定で、それぞれの状況が異なっています。本来別々に審議すべき性質のものであります。678号線は、県道の迂回道路として市が実施するものですが、近隣住民や地権者の十分な理解と合意がないまま、総額65億円もの巨額の資金を投入する事業で、合併を当てにして位置づけられた道路計画です。合併が白紙になったこと、現下の市の財政状況からしても、過大な負担となり、計画の凍結、見直しが必要と考えるものであります。

P.320
 桜通線延長道路は、都市計画道路として川越、寺尾までの都市計画道路の一部区間の認定となっています。当初補助金申請に当たって、国にしても道路事業としての許可がおりなかった事業であり、防災道路としての有効性は今回の180メートル区間だけでは十分果たせないこと、関係する地権者の合意ができていないこと、商店街の活性化や現存の商店の継続性が保てないなど、将来展望のないこの計画は、地元商店街の衰退化に拍車をかけるもので、凍結、見直しを図るべきであります。3路線のうち678、680号線の問題点を指摘し、反対討論といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第24号議案・上福岡市道路線の認定について、本案に対する環境・都市常任委員長の報告は原案可決です。第24号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○五十嵐正明 議長 起立多数であります。
 よって、第24号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第26号議案・上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第26号議案・上福岡市職員の給与に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第26号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第26号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第2 議案審議
△第28号議案 上福岡市道路線の廃止について                       
△第29号議案 上福岡市道路線の認定について                       
△第30号議案 助役の選任について                            

P.321
○五十嵐正明 議長 日程第2、市長から議案が追加提出されました。
 事務局、議案の朗読をお願いいたします。
◎綾部誠 事務局次長 
  第28号議案・上福岡市道路線の廃止について
 別紙のとおり市道路線を廃止することについて議会の議決を求める。
  平成16年3月10日提出
           上福岡市長 武 藤   博
  第29号議案・上福岡市道路線の認定について
 別紙のとおり市道路線を認定することについて議会の議決を求める。
  平成16年3月10日提出
           上福岡市長 武 藤   博
  第30号議案・助役の選任について
 下記の者を助役に選任したいので、議会の同意を求める。
                    記
 住  所   久喜市吉羽1丁目11の12
 氏  名   高 沢 清 史
 生年月日   昭和28年2月3日
  平成16年3月12日提出
           上福岡市長 武 藤   博
○五十嵐正明 議長 初めに、第28号議案・上福岡市道路線の廃止について、第29号議案・上福岡市道路線の認定についてを一括議題といたします。
 提出議案の説明を求めます。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、追加議案として提出いたしました第28号議案・上福岡市道路線の廃止について及び第29号議案・上福岡市道路線の認定についてでありますが、上福岡駅西口駅前地区第1種市街地再開発事業における施設建築物の建設に支障を来すため、市道第526号線を廃止し、新たに市道第681号線及び市道第682号線を認定いたしたく、この案を提出するものでございます。よろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております第28号議案及び第29号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

P.322
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 第28号議案及び第29号議案について、一括して質疑を行います。
 直ちに質疑を受けます。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、質問させていただきます。
 まず、この日本共産党が資料要求した内容を見ますと、この追加議案については、おくれた理由として、当該道路に面する居住者の移転合意、代替道路の整備完了が告示日までに間に合わなかったというようなことが書かれておりますが、これをしなければ道路認定が提案されないのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この道路が廃止できなかったことの理由の中に、合意形成がとれない前に廃止してしまいますと、この道路をその周りの方がご使用になっておりますので、何か起きたときに私どもの責任になってしまいますので、これが合意が全員とれて、今回皆さん移転するということに了解がいただけましたので、今回お願いをしたところでございます。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 ちょっとおかしいのではないですか。678号線の道路認定の関係で出てきた中では、まだ地権者との関係でもこれから合意形成を図るということになっているわけなのです。ところが、実際にはもう道路認定の議案が最初から出てきているということと見た場合に、今の説明がちょっと矛盾すると思うのですけれども、その点どうなのでしょう。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 まず、この議案の廃止を先にお願いをしてございますので、廃止をした時点でまたさらに認定をお願いするということでお願いしておりますので、特に矛盾はないと思います。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 先ほどの説明の中では、このおくれた理由に、そこに住んでいた居住者の合意がとれていなかったので、合意をとるために日時がおくれて、要するに追加議案になったのだという説明だったので、それに対して私は、もう前に678号線についてはいろいろ議論の中でもまだ十分地権者にも全員説明もされ切れていないという問題や、委員会の中でも説明会を開いても全員出席したわけでもなくて、その欠席者についても欠席者への説明等、この認定については合意されていないという答弁があったのです。そういう視点からすると、これはその理由というのは整合性がないのではないですかということなのですけれども、今の答弁はちょっとその質問に対して的確に答えているようになっていないのですけれども、その点再度お願いします。

P.323
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回お願いをしている号線につきましては、526号線の一部の廃止と、681、682号線の認定をお願いしているところでございますので、何ら関係はないものと思っております。
         〔私語あり〕
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時45分
   再 開 午後1時46分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 整理して答弁して。
 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回お願いをしております路線につきましては、再開発区域の部分を廃止するということで、再開発区域の中のその道路を利用している方たちの合意がとれなかったということで、今回その再開発で合意で皆さん移っていただくということになりましたので、その部分について合意がいただけたということで廃止をお願いしたところでございますので、ご了解の方をよろしくお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 ちょっと理解に苦しむのですが、では角度を変えます。
 この廃止の案が出るに当たって、市と都市基盤整備公団との話し合いというのが常時行われておりまして、やはりこの再開発事業を推進するに当たっては、いろいろ計画が出ていると思うのです。今回追加でも出されたのは、やはりそれなりに計画があって、その日程的なスケジュールの関係で、やはり3月議会に合わせないと事業がおくれるという関係がこの説明の中にも書かれているのですけれども、そういうことから、私はこの事業そのものはもっと早く廃止の議案を提案できるのではないかと思うのです。それで、実際にそうした中で事業が、これ廃止がされなければ事業が進まないというふうに説明の中でも資料の中でも書かれているのです。そのためにどうしても6月議会に出さないで今議会に出したというふうに説明しているわけですから、私はどちらかというとやはり担当課と、あと公団の関係がきちんとそういうスケジュールというのか、そういう事業の進め方がちょっとやっぱりうまくというのか、お互いにそういう兼ね合いから、今回こういうような提出の仕方になったのではないかというふうに考えるのですけれども、その点については、ただこの説明ですと、単なる居住者の移転の合意がなかったからということよりは、もっと私はその推進に当たってのやはり進め方にそういう問題点というのか、そういう落ち
P.324
度があったのではないかというふうに思うのですけれども、その点については担当課の方ではどのように受けとめているのでしょうか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回お願いしました路線につきましては、本来であれば平成15年3月に定例会でお願いをいたしました674号線、これを認定したときに廃止をお願いするべきことかと考えましたが、とりあえず先ほどもご説明させていただいたとおり、中の移転の皆さんのご了解がまだいただけていなかったということで廃止ができなかったということで考えておりますので、我々の方としましては、公団との多少の行き違いはあったかと思いますが、実質的には今回やむを得ずお願いをしたところでございます。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後1時48分
   再 開 午後1時48分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 今の部長の答弁で大体わかったのですが、674号線の認定をお願いしたときにやればよかったと。つまり再開発エリアの中の道路を廃止しなければ、再開発自身ができないということですよね。
 それで、私どもの方でも、なぜおくれたのかということを都市基盤整備公団の方に問い合わせをいたしました。そうしましたら、先週再開発についての通知を川越県土整備事務所の方へ持っていったと。そうすると、実際にこの道路がそのままであれば、再開発ビルの建設ができないということがわかって、急遽こちらにお願いしたというふうに言われておりましたが、これは本当でしょうか、伺います。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 公団の方からお話がございましたときに行き違いがちょっとありまして、公団との調整不足がこういうことを生じてしまいましたので、今後このようなことのないように努めてまいりたいと思っております。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 事実であるというふうにお答えになったと、私は理解をいたします。
 ところで、この廃止についてはそういう事情がある。そしてまた、市の指導や事務の手続上の問題など、大変な失敗があったということはわかりました。しかし、681号線を認定するかどうかという案については、市は678号線を先に出しているわけですから、これが認定されるかどう
P.325
かということは十分おわかりのことだと思うのです。つまり私どもが資料要求しましたとおり、678号線の認定を取り下げて、681号線を提案するならばわかるのですが、実際にこれでは意味がなくなってしまうわけですよね。そうすると、この681号線というのは事実ありながら、一部678号線に重複するところがあるということになります。このような不手際は、また道路認定については大変おかしいと思うのです。そもそも678号線を道路認定しようとするときに、再開発エリアなどについての都市基盤整備公団との話し合いはされたのか。そしてまた、今認定しようとする681、678の、681はこれから認定するもの、678はもう既に出されているもの、これについての近隣への説明はどのようにされたのか。大変おかしい手続だと思うのです。この点について伺います。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 先般の議会の中でもお話をさせていただきましたけれども、678号線につきましては、一応今後の事業を進めるに当たって認定をお願いしたところで、681号線につきましては、現在使用している道路でございますので、この道路については今現在使用している人に支障がないような形で今回お願いをしたということでご理解をしていただきたいと思います。
         〔「説明はされた」という声あり〕
◎長島直行 都市整備部長 既存道路ですので、地元の説明はしてございません。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 大変事務の不手際が一つ。それから、強引に住民の合意もなく、調査もせずに、678号線、今から測量をしたり、調査をしたりするという予算が16年度に出されているのですよ。それなのに、道路認定を先にしてしまうのです。こんなばかげたやり方は本末転倒だと思うのです。こういうやり方についての部長の認識というのは大変おかしいと思うのですが、こういう点について、私は認定の仕方自体が間違っているというふうに思いますが。そして、678号線は議会で通ってしまいましたけれども、実際にはこれは執行すべきものでないというふうに考えますが、どうでしょう。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 678号線につきましては、今後事業を進行する上で必要な路線ということで認定をさせていただきましたので、この事業については間違っていないというふうに理解をしております。
 それから、681号線につきましては、先ほどもお話をさせていただきましたが、既存の道路でございますので、既存の道路を使用する方にご迷惑がかからないようにということで今回もお願いをしてございますので、よろしくお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 それでは、続けて伺います。

P.326
 いただきました審議資料にも説明が加えられていますので、この再開発事業は施行主が都市基盤整備公団になっております。再開発事業そのものは市も参画して、計画段階でかかわってきていると思います。具体的にお伺いしたいのは、今回追加議案として出された理由として、告示日までに間に合わなかった理由として、いわゆる居住者の再開発エリアの移転合意がとれなかったというふうに書かれています。逆に言いますと、道路線の廃止については、そこにかかわる地権者の合意が前提というふうに理解してよろしいですか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 廃止につきましては、やはりその道路を使う方がいらっしゃる以上は廃止ができないものと判断しますけれども、実際的には合意がいただけたということで、今回お願いしたところでございます。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 これは法律があって、そのように明記されていると思います。では、逆に認定の場合、これは当然道路としての供用というのが前提となるわけで、これもやはり地権者の同意が前提となると思いますが、そういう考えでよろしいですか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 これは、先ほどもお話をさせていただきましたが、既存道路の認定でありまして、これは新たにする道路でございませんので、この辺のご理解をお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 そうすると、これからできる道路、また既に現存する道路の区分をされたと思います。例えば都市計画道路などは、都市計画法に基づいて大きな道路事業の線引きというものがあります。これはあくまでも計画ということで、その後の実施については当然手順を踏んでの地権者の合意とか、そういうものが前提になってくると思うのです。今回のそういう意味では廃止と認定という問題は、手続的にやはり住民の権利者の合意というのが前提になっているわけで、そうしたことからしますと、24号議案で決められた678号線の扱いというものは、やはり正しくないというふうに解釈するわけでありますが、これを質問しても、また繰り返しになるのかなということで、具体的にお伺いしますが、道路廃止のいわゆる供用廃止、これは仮にきょう決定されるとすると、いつから。つまり道路としての使用目的を廃止するということになるわけなのですが、それについてはどのようにお考えですか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回廃止の手続がご議決いただきましたならば、これから告示行為というのがございますので、その告示に基づいて取り扱われるようと考えております。
○五十嵐正明 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 そういう意味では、この再開発エリアにかかわる事業の進捗の中で、市も、そし
P.327
て公団も非常に漫然と物事を推移して、実際に申請する段階で公団の方へ県土整備事務所からの意見があったということでありますよね、この経過からしますと。そういう意味では、道路認定の手順について、きちんとした対策がやっぱりとれていなかったということは、結果として言えると思うのです。そういう意味で、やはり住民の理解を基本にという問題意識の薄さ、そういうものがこの背景にあったのではないかというふうに思います。そのことを指摘して、私の質問を終わります。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 質問いたします。
 一括ということですので、一括してお伺いしますけれども、526号が大変これ長い道路ですね。当初から六道の辻のところまでずっと踏切から続いています長い道路で、その部分のうち再開発部分の廃止ということでは、これは当然行われるべきだと思うのですけれども、この図面をいただいたときに本当にもう単純におかしいなというふうに感じたのですけれども、その辺明確に再度答弁をいただきたいと思うのですけれども、先ほど来質問されている(仮称)東西連絡道路が完全に重複するわけです、この新しく認定する市道681号については。以前に駅前の広場を図面いただいたときに、あそこの買収できない部分を除いて道路認定をした経過がありますけれども、今回のこの新しい681号の認定につきましては、その678号の開発部分を除くのかどうか、この辺やっぱりきちんとした方がいいのかなというふうに思いますので、確認をしたいのですが、それはいかがですか。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時02分
   再 開 午後2時03分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 市道678号線と市道681号線の一部が重複しているではないかということだと思うのですが、現在あります681号線につきましては既存道路で、678号線につきましては、この間認定をしておりますが、まだ供用開始等しておりませんので、この681号線の重複部分について今回認定をし、この部分について供用開始をし、今既存の道路として使用している方たちにご迷惑のかからないように、一応取り計らいをしていきたいということで考えておるところでございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 もう少し明確に私はお願いしたいなと思うのですけれども、既に678号線は議
P.328
会においてはもう認定しましたから、これは可決したわけですから、議会としては既存の道路のの上に新たな道路を認定したわけです。今回また678号で認定したところに再度もとの道路に戻すわけです。681号線を、678号として認定した道路の上にもう一回再度認定をするというものです。ですから、この重複している部分を外して認定すべきではないのかなというふうなことなのです。これをやらないで、このまま議会で可決するということに対して、私ちょっと疑問がありますので、はっきりと明確にしていただきたいなと思うのです。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この部分につきましては、681号線につきましては、道路については重複が認められておる区間もございますので、早く言えば交差点部分も重複区間ということで、両方で認定している場合もございますので、その取り扱いと同じような方法で、一応今回は取り扱いをさせていただいたということで、ご理解のほどお願いしたいと思います。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 ご理解はしているのです。ただ、手続的にどうかなというふうなことなのです。道路は、幾らでも地下でも上空でも交差する部分ありますから、そういう認定の方法は幾らでもあると思うのです。
 ただ、今回のこの手続上、526号の上に678号を認定しているわけです。その上にさらに681号を認定しようというやり方なのです。だから、一つの土地の上に二つ一遍に認定するわけです。単なる交差ではなくて、同じ道路を2回認定するというふうなことになりますので、その手続上問題がないのかということで言っているわけです。同じ議会で一つの道路を2回認定するわけです。ただ上を通る、下を通るという話ではない。ですから、その手続でこれで不備がないかどうかを確認したいのです。もう明確にこれは大丈夫ですという保証をいただきたい。よろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回お願いをしております道路につきましては、1路線が526号線ということで、全路線が結局つながっておりましたので、一部分を廃止しますと、新たに残りの部分について一応認定をしなければならないということでおりますので、その辺につきましては特に問題ないものと思っております。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 都市整備部長の方で問題がないというふうなことで、私も確認をさせていただきますけれども、526号が大変長い道路でこういうふうな形になったのかなというふうに思うのですけれども、道路の認定の形として、681号を今回認定しないで、この路線そのものはもう廃止してしまったわけですから、再開発の手前部分のいわば袋小路みたいになってしまう682号でとめておくというふうな形はだめだったのでしょうか。

P.329
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 実際的には、この残る部分につきましては、再開発以外で残る部分については認定をしないと、今現在既存道路として使用しておりますので、その使用している人たちにご迷惑等をおかけするような形になりますので、今回こういう形でお願いをしたところでございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 具体的な話になりますけれども、確かに実際使っている道路ですから、それは道路としてあります。ただ、私道と市道とあるわけですよね。この辺の実際使っている人たち、私道の部分がどのぐらいあるのかとか、その辺のところが今回ちょっと資料請求を忘れてしまいまして、出てきていないのですけれども、市道として認定しなくても使っている道路はいっぱいあるわけです。そういう意味で、今回先ほど都市整備部長は大丈夫ですというふうなことで力強い答弁がありましたから、手続上は問題ないとしても、そういうふうな形でこの681号についてはできたのではないかなというふうに思うのですけれども、その辺は無理なのですか。
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時10分
   再 開 午後2時11分
………………………………………………………………………………………………………………………
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 今回この廃止に当たりまして、このままで認定しなくても大丈夫かどうかというご質問かと思いますが、現在この道路につきましては、使用している方がいらっしゃるということは、そこへもし仮に新たに建築確認等をする場合に、前面道路がなくなるということになりますので、その道路がないということは家が建たなくなるという形になりますので、今回やはりこの部分については認定をお願いして供用開始をさせていただかないと道路扱いができませんので、お願いをしたところでございます。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 わかりました。確認させていただきましたけれども、この再開発部分の道路がなくなりますと、実際に私もこの辺を通る場合があるのですけれども、代替の道路がどういうふうになるのか、今簡単にでいいですけれども、説明していただけますか。526号の途中までだと、ここには例えば車とかで出ることができないのですけれども、何をもって代替の道路とするのか、説明をお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。

P.330
◎長島直行 都市整備部長 この代替道路といたしましては、先般15年の3月定例会でお願いをいたしました674号線と640号線が代替道路として使用するような形になろうかと思います。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 確認しないうちに答弁が終わってしまいましたけれども、そうするとその辺の実際再開発部分の、地権者も含めてそこをふだん使っていたというふうな人にとってはいいと思うのですけれども、今までそこの地権者でなくても通行していましたので、その辺のところの代替道路の案内といいますか、そういうふうなものがきちんと示されませんと、ちょっとこの辺通行するのに不自由をしますし、また逆に道路の渋滞とか、あるいは工事車両もふえますでしょうから、そういうふうなところの心配があるのですけれども、その辺の対策についてはどのようにお考えですか。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 先ほどご説明をさせていただきました640号線と674号線につきましては、現在工事中でございますので、この工事が完了した時点で代替道路として使用しますので、それまでの間につきましては、交通安全上支障を来しませんように標識等を設置をさせていただき、安全確保に努めてまいりたいと思っております。
○五十嵐正明 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 最後に確認させていただきますが、今回の再開発に当たりまして、工事車両、こういうふうなものが、図面を手元にいただいていますので、この中でどこを使うのか。あちこちから車両が入ってきても困りますので、ここを使うというふうな指定があるのかどうか。その辺につきまして再度お願いいたします。
○五十嵐正明 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 この再開発に当たりましての搬入路といたしましては、現在公団と打ち合わせをしている中では、640号線の駅前通線、西口通線を使用する予定となっております。
○五十嵐正明 議長 ほかに質疑ございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 初めに、第28号議案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第28号議案・上福岡市道路線の廃止について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕

P.331
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第28号議案は原案のとおり可決されました。
 次に、第29号議案について討論を行います。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、第29号議案について、日本共産党を代表いたしまして、意見を付して賛成討論といたします。
 今質疑を行った中で、幾つか問題点が明らかになってまいりました。この内容といたしましては、追加議案の理由として、当初市の説明は、地権者との関係で合意がとれていないというような説明でした。しかし、日本共産党市議団が直接公団にいろいろと調査をいたしましたところ、実際には市と公団との関係でうまく連携がとれていなかったということで、これを問いただしましたら、行き違いを市の方も認めるというようなことになりました。そういった点が一つ明らかになりました。
 それともう一つは、ここで質疑の中で明らかになったのは、まず現存する道路を優先して議案として提案すべきものを、逆にまだ道路ができていない678号線、これについてはもう最初から議案として提案をされていると。そして、現存の今質疑しました道路廃止と道路認定については追加をするというようなことで、矛盾しております。そういう面では、現存する道路を優先してきちんと対応すべきでなかったのかということです。そして、678号線は、権利者や市民の合意がとれていないのにもかかわらず認定をすると、そういう問題点も明らかになりました。そうした点で、今後このような市と公団との行き違いなどが二度と起こらないように、緊張して対応をしていただくということを意見を付して、賛成討論といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第29号議案・上福岡市道路線の認定について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第29号議案は原案のとおり可決されました。
 次に、第30号議案・助役の選任についてを議題といたします。
 提出議案の説明を求めます。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕

P.332
◎武藤博 市長 それでは、追加議案として提出いたしました第30号議案・助役の選任についてでありますが、助役、永田喜雄氏が平成16年3月31日をもって退職するため、新たに高沢清史氏を助役に選任いたしたく、この案を提出するものでございます。よろしくお願いを申し上げます。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております第30号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 1点伺わせていただきます。
 永田助役さんには大変ご苦労さまでございました。3月31日をもって退職ということになって、このかわりということで、県の方からまた人が来るということですが、永田さんがいらしたときにも、共産党はやっぱり庁舎内から、市の職員の中からそういう人材を育てていく必要があるということを申し上げました。そして、今回の三位一体の改革の中でも、人減らしばかりでなくて、人づくりが大変重要だということを質問したつもりでございます。市長は、なぜ県から助役さんをお願いすることになったのか。そして、市庁舎内もしくは市内にはそういう適格な方がいらっしゃらなかったのかどうか、その点について、まず県の職員を派遣される要望をしたのか、そういう理由について伺います。市長が要望されたのでしょうか、その点についてもお答え願いたいと思います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 前回と全く同じ質問ですけれども、私の方から要望いたしました。
 それと、今回永田助役さんには大変なお力添えをいただきまして、私の公約であります基盤整備、この点につきまして技術者としていろいろと貢献をしていただきました。そういう点につきましては、私も感謝を申し上げているわけでありますが、今回も高沢氏を要請申し上げましたのは、同じように技術者としてこの基盤整備の推進を図っていただくと、こういうことから今回も県の職員をお願いしたと、こういう経過でございます。
 また、あわせて市内にそういう人間がいないのか。私としては、県の技術者を要請したということでご理解をいただきたいと思います。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 市長の方から、どうしても技術者が県から欲しいということで要請したということですが、しかし人づくりというのが大変重要な市長のまた仕事でもあります。そういう点
P.333
からすると、全く市内もしくは職員など検討せずに、県に直接お願いしたというのはいかがなものかというふうに思いますが、市長は、市長になられたときには県からの派遣などについてはその比重を低めていくというようなことをおっしゃっていました。そして、なるべく市民や職員を育てることが大事だということを常々おっしゃっていたように思いますが、そういう点について今後どうなさるのか、伺わせていただきます。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 これは、今回永田助役さんをお願いして、私本当に感謝をしているというのは、この短い期間において上福岡市の再開発というものを軌道に乗せていただいた、この点は私としても大きく評価をしております。
 また、職員につきましては、この再開発という経験は全く今までなかった。そういうところの中から、経験者を呼んで、その経験者の中でまた勉強していただく。その勉強していただいた結果、この次の話まで私はするつもりはございません。現状の中で高沢氏をお願いしたという経過の中でございます。
 以上です。
○五十嵐正明 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 人づくりについてなのですが、県からの派遣職員もしくはそういう実際になかなか難しい分野とか、市長が考えているような上福岡市にはいないのだよというようなお考えがあるとすると、ますます県の方からの人材派遣といいますか、そういうものが多くなってくると思うのですが、そういう点について、人づくりについてや、それから県や国からの人材派遣などについての市長の考え方を伺います。
○五十嵐正明 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 今人材というのは、目的を持った形で育成していかなければ、いい人材はやはり育たないというふうに思っています。トータル的な市の職員としての人材としてはあるかと思います。ただ、一定の今言うとおり再開発ですとか、そういう一つの特別な事業の中身については、私は残念ながら市の職員にはまだ経験がなかった。その経験を県でいろいろと経験をされた方々の手法を勉強していただく、これも大きな人材育成の私は源になるというふうに思っておりまして、その先のこと云々は別といたしまして、現状の中では途中まででき上がりました事業の推進をお願いしていくと、こういうことでお願いをいたしました。
○五十嵐正明 議長 ほかに質疑ございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕

P.334
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第30号議案・助役の選任について、高沢清史さんを選任することにこれに同意することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○五十嵐正明 議長 起立総員であります。
 よって、第30号議案・助役の選任について、高沢清史さんを選任することにこれに同意することに決定いたしました。
 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後2時25分
   再 開 午後2時41分
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第3 議員提出議案審議
△議第1号議案 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告
     決議について                                
△議第2号議案 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書について             
△議第3号議案 公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について          
△議第4号議案 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書について            
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 日程第3、議員から議案が提出されました。
 事務局、議案の朗読をお願いいたします。
◎綾部誠 事務局次長 
  議第1号議案・埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議について
 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。
 平成16年3月12日
   提出者  上福岡市議会議員  青 山 博 明
   賛成者  上福岡市議会議員  鈴 木 啓太郎
  上福岡市議会
  議    長  五十嵐 正 明 様

P.335
  議第2号議案・地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書について
 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書を別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 平成16年3月12日
   提出者  上福岡市議会議員  鈴 木   実
   賛成者  上福岡市議会議員  山 川 寿美江   岩 崎 公 夫
                  足 立 志津子   山 口 公 悦
  上福岡市議会
  議    長  五十嵐 正 明 様

  議第3号議案・公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について
 公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書を、別紙案の通り上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 平成16年3月12日
   提出者  上福岡市議会議員  山 口 公 悦
   賛成者  上福岡市議会議員  山 川 寿美江   岩 崎 公 夫
                  足 立 志津子   鈴 木   実
  上福岡市議会
  議    長  五十嵐 正 明 様

  議第4号議案・暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書について
 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書を別紙案のとおり、上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。

 平成16年3月12日
   提出者  上福岡市議会議員  足 立 志津子
   賛成者  上福岡市議会議員  鈴 木   実
  上福岡市議会
  議    長  五十嵐 正 明 様

○五十嵐正明 議長 初めに、議第1号議案・埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議についてを議題といたします。
 議第1号議案の説明を求めます。
 青山博明議員。
         〔6番青山博明議員登壇〕
◆青山博明 議員 それでは、お手元に案文を示してありますので、これを読み上げまして、説明にかえさせていただきたいと思います。一応読み上げさせていただきたいと思いますので、よろ
P.336
しくお願いいたします。
 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議(案)でございます。
 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団の一行6人が、視察先のタイ、バンコクで「買春」を疑われるような行為をした問題に関して、真相究明と責任の追及を求める。
 報道されているように、公務として派遣されている行政視察先で、風俗店と思われる場所で女性を指名し、「買春」疑惑を強く抱かせる行為があったことは重大な問題である。埼玉県議会は関係議員から事実関係を詳しく調査し、埼玉県議会の議員政治倫理規程に基づいて辞職を含めた厳しい対処をするべきである。
 アジア女性に対する日本人の「買春」問題は国際的にも批判を受けており、重大な国際問題となっている。埼玉県民の代表である県議会議員の視察の場でこうした疑惑を持たれる事態が生じたことは、女性の人格を尊重し、女性の社会的、法的地位を高めることを旨とする埼玉県男女共同参画推進条例の趣旨に背くものである。また、国内でも少女買春などが社会問題となっており、性の商品化の問題に対して社会的規律が求められていることからも看過できるものではない。
 よって埼玉県議会においては、下記の点について埼玉県議会政治倫理規程に基づき、厳しく対処されるよう求める。

  1、疑惑を持たれた議員は自主的判断に基づき辞職をすること。
  2、現下の厳しい財政状況も考慮し、海外視察は中止すること。
 以上、決議するという内容でございます。どうぞよろしくお願いします。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第1号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 足立志津子議員。
◆足立志津子 議員 埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議について、日本共産党を代表して賛成討論を行います。

P.337
 男女共同参画推進条例の趣旨に背く疑惑を引き起こしたことは、憲法の男女平等、基本的人権に基づき、全国でも先進的な内容の条例を可決した埼玉県議会の議員としてあるまじきことです。また、県議会議員としての自覚と努力を規程した埼玉県議会議員政治倫理綱領の第1、我々は県民の信頼に値する高い倫理的義務に徹し、政治不信を招く公私混交を断ち、清廉を持し、かりそめにも県民の非難を受けないよう、政治腐敗の根絶と政治倫理の向上に努めなければならないとする条項に明確に反する行為であると指摘せざるを得ません。自民党5人の県議は、団員資格停止処分が執行されましたが、あくまでも党内部の処分であり、疑惑の6人は県議として県民に対する責任を果たしたことにはなりません。埼玉県民の代表として政治を預かる県議会の自浄能力を強く求め、賛成といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかに。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第1号議案・埼玉県議会産業・防災アジア行政視察団における逸脱行為の議員に対する辞職勧告決議について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○五十嵐正明 議長 起立少数であります。
 よって、議第1号議案は否決されました。
 次に、議第2号議案・地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書についてを議題といたします。
 議第2号議案の説明を求めます。
 鈴木実議員。
         〔19番鈴木実議員登壇〕
◆鈴木実 議員 それでは、提案の説明をさせていただきます。
 昨年の6月議会で、小高議員から三位一体の改革についての意見書提出が出され、全会一致で可決したところであります。今議会でもこの三位一体の改革にかかわる地方交付税の削減については、各会派から指摘されてきたところであります。したがって、今後国に対して必要な措置の是正を求めるということで、意見書提出ということであります。
 それでは、お手元に配付させていただいております意見書案を読み上げて、提案にかえさせていただきます。
 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書(案)。
 現在、地方公共団体は、住民の福祉の向上をめざし、効率的な行財政運営に努めているが、長
P.338
引く景気の低迷による税収減や国の「経済対策」に伴う公債費負担の増加により、財政は危機的な状況にある。その一方で、地域福祉政策の充実、地元商工業の振興策など、住民の行政需要にこたえる施策に取り組んでいかなくてはならない。
 しかし、「三位一体の改革」が具体化された平成16年度の政府予算・地方財政計画では、地方交付税と臨時財政対策債を加えた額が、前年度に比べて2兆8,600億円の減、マイナス12%とされている。このため、地方公共団体は平成16年度の予算編成において過大な収入不足を招くなど、極めて重大な状況となっており、住民のサービス低下をもたらす恐れがある。
 よって、政府におかれては、下記の点について実現されるよう強く要望する。
                    記
  1、地方交付税の大幅削減を中止し、財源保障機能と財政調整機能を堅持し、地域の実情を十分踏まえ、行財政の運営に支障がないよう所要総額を確保すること。
  2、税源移譲は、地方公共団体の福祉・教育などの財源が拡充されるようにすべきであり、その際、税源基盤の脆弱な地方公共団体に対しては、地方交付税を充実するなど特段の配慮を行うこと。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成16年3月16日。埼玉県上福岡市議会。送付先は、内閣総理大臣、財務大臣、経済財政政策担当大臣を予定しております。
 以上で提案を終わります。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第2号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 山口公悦議員。
◆山口公悦 議員 地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書案への賛成討論を行います。
 国家予算の編成で、地方交付税1兆1,832億円、臨時財政対策債1兆6,791億円、合計2兆8,623億円の削減が行われました。3兆円近い地方への一般財源の削減は、地方自治の財政運営を直撃します。1月20日の全国都道府県総務部長会議で、総務省は2004年度の交付税の基本財政需要額が、
P.339
投資的経費では、都道府県で前年比32%、市町村では25.5%のマイナスになることを明らかにし、住民生活への影響が懸念されます。地方財政計画を策定して交付税総額を見積もることは、地方交付税法に定められた国の責任です。交付税総額の確保は、国民がどこに住んでいても標準的な生活環境が確保されるため、国民の税金を地方自治体に割り当てるというものであり、国の責任に属するものです。自民党政府が、大企業、財界を代弁して大企業の利益優先の経済、財政政策を続けてきました。日本の財政支出の大きな部分が、大型公共事業など大企業中心の支出と軍事費に向けられ、さらにリストラ、合理化を支援する大企業への優遇措置や破綻した銀行支援など、社会保障への公的支出が、発展した資本主義国の中で最低水準にとどまるという逆立ちした財政状況で交付税総額を削減することは、小泉内閣の経済、財政運営の大失敗によるものであります。政府は、地方交付税法上の責任を果たすことはもちろんのこと、経済、財政運営の失敗の責任をみずから課すべきであり、負担を地方自治へ転嫁することは断じて認められません。
 以上の諸点から、本意見書に賛成いたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第2号議案・地方交付税の大幅削減の中止を求める意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○五十嵐正明 議長 起立少数であります。
 よって、議第2号議案は否決されました。
 次に、議第3号議案・公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書についてを議題といたします。
 議第3号議案の説明を求めます。
 山口公悦議員。
         〔11番山口公悦議員登壇〕
◆山口公悦 議員 それでは、公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について、ご説明をさせていただきます。
 案文につきましては、皆さんのお手元にお配りされていると思います。この文章を読んで、提案とさせていただきます。
 文部科学省は平成16年度の公立学校施設整備費の補助事業の方針を大幅に変更しました。そして、小中学校の大改修事業について建物の耐震性がすべて確保されていることを前提条件としま
P.340
した。そのため、平成16年に大改修事業を予定していた福岡小学校は補助対象から除外され工事の中止を余儀なくされました。私は、耐震補強工事を早急にすれば、この大改修について受けられる、そういう措置もとるべきだというふうに考えています。
 今回の公立学校施設整備費の補助事業の方針変更は、子供たちに生きる力をはぐくみ、児童生徒一人一人の個性を生かす教育活動を展開し、みずから考え、みずから学ぶ児童生徒を育てる学校教育を推進するとともに、学校の教育力を向上させる教育環境の整備をおくらせるものになります。
 よって、上福岡市議会は、政府に対して公立学校施設整備費の対象を従来の方針に戻し補助事業を復活させることを求めます。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。
 平成16年3月のきょうの日付にしておいてください。上福岡市議会。
 送付先は、内閣総理大臣、財務大臣、文部科学大臣です。
 大変地方自治、特に上福岡市の子供たちにとっては、学校の現場の先生方も大改修が始まるということで準備をされていたというふうに聞いています。何としても総意をもってこの意見書を送りつけていきたいというふうに思います。どうぞよろしくお願いいたします。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第3号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について、日本共産党を代表いたしまして賛成討論を行います。
 国は、阪神・淡路大震災で学校が壊れた教訓から、学校の校舎の耐震補強大規模工事を促進するために、補助事業に位置づけられました。市は日本共産党の提案で、古い学校から耐震補強工事、大規模改修工事を実施し、この間に上野台小学校が改修工事が終わりました。そして、子供たちも整備された環境で今現在学んでにおります。そして、福岡小学校は後校舎の耐震補強工事が終わり、平成16年度は大規模改修工事を予定しておりましたが、中止をするということで、予
P.341
算計上がされておりません。中止の理由に、国の補助事業の対象が変更され、今までは耐震補強が終われば大規模改修工事に補助金がつきましたが、今度は耐震工事が終了していなければ補助対象にしないためとしています。
 国は、三位一体の改革の名で、国が責任を持つべき福祉、教育の負担金や補助金を大幅に削減するなど、負担を地方自治体に押しつけてきているものです。そして、これは国の責任放棄を意味します。学校の校舎は突然襲ってくるかもしれない大きな地震に耐えられる校舎にすることは大変大事です。同時に、子供たちからは、校舎が古いために、トイレが汚い、暗い、臭い、これらのために急いで改善してほしい、こういう切実な要望が寄せられています。この要望にこたえるために、耐震補強大規模改修工事がどうしても必要です。
 教育基本法では、教育の目的を遂行するのに必要な諸条件の整備、確立を目標として行わなければならないと10条で規定されております。そうした点からも、将来を担う子供たちの学ぶ環境を一日も早く実現するために、大規模改修工事を補助事業として認めることを強く要望いたしまして、賛成討論といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第3号議案・公立学校施設整備の補助事業の復活を求める意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○五十嵐正明 議長 起立少数であります。
 よって、議第3号議案は否決されました。
 次に、議第4号議案・暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書についてを議題といたします。
 議第4号議案の説明を求めます。
 足立志津子議員。
         〔12番足立志津子議員登壇〕
◆足立志津子 議員 それでは、お手元に配らせていただきました案文を読み上げることで、提案にかえさせていただきます。
 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書(案)。
 老後の暮らしを支える公的な年金制度への加入者は、7,080万人におよんでいる。しかしこの間、制度改正により加入者に対する負担増と給付減が繰り返され、国民から「逃げ水」年金とい
P.342
う批判をあび、「年金制度を信頼していない」という国民が64%にものぼっている(「読売」1月29日付け)。
 政府は年金制度の改正をきめているが、その内容は大幅な保険料の引き上げと給付水準の引き下げを特徴としている。年金保険料は、厚生年金で今年10月以降、本人負担で平均して毎年1万円、国民年金も来年以降、毎年3,360円を2017年まで連続して値上げを続ける内容となっている。給付水準も2023年には現役世代に対して「モデル世帯」は50.2%に、共働きや単身世帯では3割から4割まで引き下げるものである。特に、このような大幅な保険料の引き上げと給付水準の引き下げを、国会の審議なしで自動的に改定することは、看過できない重大な問題である。よって、将来に希望が持てる年金制度に改善するために下記事項について強く求める。
                    記
  1、国民への負担増を行わず、基礎年金への国庫補助を2分の1にすみやかに引き上げること。2、雇用と所得を守り、少子化対策に本格的に取り組み、年金の支えてを増やすこと。
  3、150兆円にのぼる年金積み立て金を活用して給付の改善等に充てること。
 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
 平成16年3月16日。埼玉県上福岡市議会。
 内閣総理大臣、小泉純一郎様。厚生労働大臣、坂口力様。
 以上でございます。
○五十嵐正明 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第4号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2号の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書に対して、日本共産党を代表いたしまして賛成討論を行わせていただきます。
 ついせんだっての総選挙では、年金問題が大きな争点となりました。小泉内閣による負担増の特徴、これは時期をずらして次々と国民を襲っております。その結果、06年度には合計7兆円を超える大きな痛みが国民に押しつけられることになります。負担増は、暮らしにこのような影響
P.343
を与えることになります。働き盛りから高齢者まで幅広い世帯に及ぶ。例えば高齢者の夫婦世帯の場合、年金改悪と年金課税の強化などによる影響が介護保険料や国保料にも及び、今後新たな負担増は約12万円にもなります。働き盛り世帯では、小泉内閣発足以来、政管健保保険料の値上げなど既に課せられた負担増が4万6,000円、今後06年度末までには負担増は9万5,000円にもなります。特に年金問題というのは、我々が働いている時期に、将来働けなくなったときに生活を支えるという大変大きなものでございます。それを今、年金を切り下げ、そして保険料を上げるということを決めようとしています。特に、一つは国民への負担、これをさせ、国が基本的に確保すべき基本年金への国庫補助金を減らしています。これを速やかに2分の1に引き上げること。
 二つ目には、雇用と所得を守り、少子化対策に本格的に取り組み、年金の支え手をふやさなければなりません。何よりも子供が学校を卒業すれば就職がある、働くことができる、こういう世の中をつくらなければなりません。
 三つ目には、今国民の不満が寄せられておりますのは、年金の積立金であります。150兆円に及ぶ積立金がこの年金以外に使われ、給付の改善に役立つということにはなっていません。投資などに使われることが平然と行われています。このようなことを改善し、安心した老後が保障できるような制度を確立するために、政府はこの上福岡市の暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書を速やかに実行するよう求めて、共産党の賛成討論といたします。
○五十嵐正明 議長 ほかにございますか。
         〔「なし」という声あり〕
○五十嵐正明 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第4号議案・暮らしを支える年金制度の確立を求める意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○五十嵐正明 議長 起立少数であります。
 よって、議第4号議案は否決されました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第4 閉会中の継続調査の申し出(議会運営委員会)
○五十嵐正明 議長 日程第4、閉会中の継続調査申し出についてを議題といたします。
 お諮りいたします。議会運営委員長から、次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営についてを特定事件として閉会中の継続調査の申し出がありました。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕

P.344
○五十嵐正明 議長 異議なしと認め、よって委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
………………………………………………………………………………………………………………………
△日程第5 市長あいさつ
○五十嵐正明 議長 以上で本定例会の議事はすべて終了いたしました。
 日程第5、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 平成16年第1回定例市議会の閉会に当たりまして、一言あいさつを申し上げます。
 去る2月26日に定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位には本日までの20日間にわたりご参会を賜り、平成16年度上福岡市一般会計予算案を初め、30議案につきましてご審議をいただいた次第でございますが、厳正かつ熱心なご審議を賜り、それぞれご可決等をいただき、厚く御礼を申し上げます。
 なお、本会議並びに委員会においていただきました議員各位の高邁なご意見、ご要望等につきましては、今後市政を運営するに当たり、でき得る限り尊重し、ご要望等に沿えるよう努めていく所存でございます。
 ところで、県内では、中学生の日本刀切りつけ事件やひったくりグループの窃盗事件などが発生し、子供たちを取り巻く環境の悪化が懸念されております。しかし、そうした中にあっても本市におきましては、地元の少年少女サッカーチームが関東少年サッカー大会で準優勝し、また福岡中学校の吹奏楽部が西関東アンサンブルコンテストで見事金賞に輝き、今月20日に岡山市で開かれる第27回全日本アンサンブルコンテストに出場を控えており、さらに埼玉ピアノコンクールで金賞を受賞した生徒もいるなど、あすの上福岡市を担う児童生徒の輝かしい活躍があります。私は、このような希望に満ちた子供たちのためにも、上福岡市の未来が子供たちにとって希望と夢を持てるまちになるよう、さらに安全で、安心して暮らせる地域社会を地域全体で築いていかなければならないとの思いを改めてかみしめております。
 また、県道整備事業の一環である川崎橋の架けかえ事業も地権者のご協力と県関係機関の努力により、仮橋の建設に着手できる運びとなりました。本市のまちづくりにおきましても、市内の中心部を通る県道の歩道整備や改良工事がとても重要な課題でありますことから、今後とも県との連携を密にしながら、県道整備に向けて積極的に協力してまいります。
 さて、桜の開花便りも耳にする季節になりました。この季節は、進学や就職などでの新たな出発や出会いの時期であり、新芽が芽吹く時期でもあります。市といたしましても、職員一人一人が気持ちを新たにし、市民サービスの向上と協働によるまちづくりに全力で取り組んでまいりますので、どうか議員各位におかれましては、さらなるご指導、ご協力を切にお願いを申し上げる
P.345
次第でございます。
 終わりに、議員各位におかれましては、くれぐれもお体にご留意をいただき、来る新年度に向けてますますご健勝にて、市政進展のためご活躍をくださいますよう心から祈念を申し上げまして、本定例会閉会に当たりましてのあいさつとさせていただきます。
 ありがとうございました。(拍手あり)
○五十嵐正明 議長 休憩いたします。
………………………………………………………………………………………………………………………
   休 憩 午後3時16分
   再 開 午後3時16分
………………………………………………………………………………………………………………………
△閉会の宣告(午後3時16分)
○五十嵐正明 議長 再開いたします。
 これで平成16年第1回定例会を閉会いたします。