トップ頁へ戻る

P.0
平成13年  9月 定例会(第3回)


         平成13年上福岡市議会第3回定例会会議録

             目       次

 招 集 告 示………………………………………………………………………………………… (7)
 会     期………………………………………………………………………………………… (7)
 会 期 日 程………………………………………………………………………………………… (7)
 応 招 議 員………………………………………………………………………………………… (8)
 不応招議員……………………………………………………………………………………………… (8)
 議 事 日 程(9月4日)……………………………………………………………………………1
 出 席 議 員……………………………………………………………………………………………1
 欠 席 議 員……………………………………………………………………………………………2
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名…………………………………………………2
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名………………………………2
 開会及び開議の宣告(午前9時32分)………………………………………………………………3
 日程第1 会議録署名議員の指名………………………………………………………………………3
 日程第2 議会運営委員長報告…………………………………………………………………………3
 ◎次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について…………………………………………3
 ☆報告第18号 議会運営委員会調査報告……………………………………………………………3
 日程第3 会期決定………………………………………………………………………………………4
 日程第4 市長あいさつ…………………………………………………………………………………5
 日程第5 諸報告…………………………………………………………………………………………6
 ◎地方自治法第121条の規定に基づく説明員………………………………………………………6
 ◎上福岡市史編纂委員の推薦……………………………………………………………………………6
 ◎報告第19号 平成12年度上福岡市一般会計継続費精算報告書の報告について……………6
 ◎発言の訂正………………………………………………………………………………………………7
 日程第6 議案上程(議案19件)……………………………………………………………………8
 日程第7 市長提出理由説明……………………………………………………………………………8
 日程第8 特定事件の議員派遣(全国都市問題会議)……………………………………………14
 日程第9 彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙……………………………………15
 ◎発言の訂正……………………………………………………………………………………………16
 散会の宣告(午前10時37分)……………………………………………………………………16

 議 事 日 程(9月10日)………………………………………………………………………17
 出 席 議 員…………………………………………………………………………………………18
 欠 席 議 員…………………………………………………………………………………………18
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名………………………………………………18
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………………18
 開議の宣告(午前9時30分)………………………………………………………………………20
 ◎欠席届…………………………………………………………………………………………………20
 日程第1 議案質疑……………………………………………………………………………………20
 ◎第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
 ◎第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について
 ◎第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正す
       ることについて
 ◎第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正すること
       について
 ◎第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
 ◎第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
 ◎第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
 ◎第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて
 監査委員報告……………………………………………………………………………………………21
 順 正 会………………………………………………………………………………………………25
 明 和 会………………………………………………………………………………………………32
 日本共産党………………………………………………………………………………………………38
 ◎発言の訂正……………………………………………………………………………………………46
 公 明 党………………………………………………………………………………………………56
 無 所 属………………………………………………………………………………………………65
 日程第2 決算特別委員会の設置・付託……………………………………………………………71
 日程第3 決算特別委員会委員の選任………………………………………………………………71
 日程第4 議案の常任委員会付託……………………………………………………………………71
 日程第5 請願質疑……………………………………………………………………………………72
 ◎請願第2号 介護保険の改善・充実をもとめる請願……………………………………………72
 ◎請願第3号 葬儀場の建設に反対する旨の請願…………………………………………………73
 日程第6 請願の常任委員会付託……………………………………………………………………75
 散会の宣告(午後3時09分)………………………………………………………………………75

 議 事 日 程(9月18日)………………………………………………………………………77
 出 席 議 員…………………………………………………………………………………………77
 欠 席 議 員…………………………………………………………………………………………77
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名………………………………………………77
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名……………………………77
 開議の宣告(午前10時01分)……………………………………………………………………79
 ◎欠席届…………………………………………………………………………………………………79
 日程第1 市政に対する一般質問……………………………………………………………………79
     o質 問( 8番  青 山 博 明 議員)…………………………………………79
     o質 問( 1番  小坂部 政 勝 議員)…………………………………………92
     o質 問(23番  岸 川 彌 生 議員)…………………………………………99
     o質 問(13番  山 川 寿美江 議員)………………………………………108
     o質 問( 2番  野 沢 裕 司 議員)………………………………………123
 散会の宣告(午後3時07分)……………………………………………………………………130

 議 事 日 程(9月19日)……………………………………………………………………131
 出 席 議 員………………………………………………………………………………………131
 欠 席 議 員………………………………………………………………………………………131
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名……………………………………………131
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………131
 開議の宣告(午前10時13分)…………………………………………………………………133
 ◎欠席届………………………………………………………………………………………………133
 日程第1 市政に対する一般質問…………………………………………………………………133
     o質 問( 9番  加 藤 末 勝 議員)………………………………………133
 ◎発言の訂正…………………………………………………………………………………………141
 ◎発言の訂正…………………………………………………………………………………………143
     o質 問(15番  高 橋 順 子 議員)………………………………………146
 ◎発言の訂正…………………………………………………………………………………………153
     o質 問(24番  高 橋 行 雄 議員)………………………………………157
     o質 問( 7番  鈴 木 啓太郎 議員)………………………………………168
     o質 問( 6番  山 口 公 悦 議員)………………………………………183
 散会の宣告(午後4時16分)……………………………………………………………………197

 議 事 日 程(9月20日)……………………………………………………………………199
 出 席 議 員………………………………………………………………………………………199
 欠 席 議 員………………………………………………………………………………………199
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名……………………………………………199
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………199
 開議の宣告(午前9時30分)……………………………………………………………………201
 ◎欠席届………………………………………………………………………………………………201
 ◎発言の訂正…………………………………………………………………………………………201
 日程第1 市政に対する一般質問…………………………………………………………………201
     o質 問(16番  金 澤 知恵子 議員)………………………………………201
     o質 問( 4番  足 立 志津子 議員)………………………………………217
     o質 問(22番  井 上 和 憲 議員)………………………………………232
     o質 問(14番  鈴 木   実 議員)………………………………………240
     o質 問( 5番  岩 崎 公 夫 議員)………………………………………252
 散会の宣告(午後4時17分)……………………………………………………………………266

 議 事 日 程(9月25日)……………………………………………………………………267
 出 席 議 員………………………………………………………………………………………268
 欠 席 議 員………………………………………………………………………………………268
 職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名……………………………………………268
 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名…………………………268
 開議の宣告(午前9時30分)……………………………………………………………………270
 日程第1 決算特別委員長報告(討論・採決)…………………………………………………270
 ◎第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
 ◎第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
 ◎第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について
 ☆報告第20号 決算特別委員会審査報告
    o採 決(認定)(第47・48・49・50・51・52・53号議案)………273
 日程第2 常任委員長報告(討論・採決)………………………………………………………276
 ◎第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
 ◎第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正す
       ることについて
 ◎第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正すること
       について
 ◎第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
 ◎第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
 ◎第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
 ◎第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
 ◎第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて
 ◎請願第 2 号 介護保険の改善・充実をもとめる請願
 ◎請願第 3 号 葬儀場の建設に反対する旨の請願
 ☆報告第21号 総務常任委員会審査報告
 ☆報告第22号 福祉・教育常任委員会審査報告
 ☆報告第23号 環境・都市常任委員会審査報告
    o採 決(原案可決)(第54・55・56・57・58・59・60・61・62
               ・63・64・65号議案)…………………………………282
    o採 決(不採択)(請願第2号)………………………………………………………291
    o採 決(採択)(請願第3号)…………………………………………………………292
 日程第3 議案審議…………………………………………………………………………………292
 ◎第66号議案 助役の選任について……………………………………………………………292
    o採 決(同意)(第66号議案)………………………………………………………294
 日程第4 議員提出議案審議………………………………………………………………………294
 ◎議第3号議案 WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について……………294
 ◎議第4号議案 公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について……294
 ◎議第5号議案 地方交付税の削減に反対する意見書について………………………………294
 ◎議第6号議案 乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書について…294
    o採 決(原案可決)(議第3号議案)…………………………………………………298
    o採 決(否決)(議第4号議案)………………………………………………………303
    o採 決(否決)(議第5号議案)………………………………………………………305
    o採 決(原案可決)(議第6号議案)…………………………………………………307
 ◎欠席届………………………………………………………………………………………………308
 日程第5 議員提出議案審議………………………………………………………………………308
 ◎議第7号議案 国際テロ行為根絶に関する決議について……………………………………308
    o採 決(原案可決)(議第7号議案)…………………………………………………311
 日程第6 閉会中の継続調査の申し出(常任委員会及び議会運営委員会)…………………312
 日程第7 市長あいさつ……………………………………………………………………………313
 閉会の宣告(午後1時33分)……………………………………………………………………314
 署 名…………………………………………………………………………………………………315


P.1
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月4日)
 開  会
 開  議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 議会運営委員長報告
     次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について
    報告第18号 議会運営委員会調査報告
 日程第3 会期決定
 日程第4 市長あいさつ
 日程第5 諸報告
     ・地方自治法第121条の規定に基づく説明員
     ・上福岡市史編纂委員の推薦
     ・報告第19号 平成12年度上福岡市一般会計継続費精算報告書の報告について
 日程第6 議案上程
 日程第7 市長提出理由説明
 日程第8 特定事件の議員派遣(全国都市問題会議)
 日程第9 彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙
 次回予定報告・散会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員


P.2
〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   山 元   弘  教 育 委 員 会      吉 野 英 明  教  育  長
            委  員  長
   井 上 和 男  教 育 次 長      田 中 利 次  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   中 野   武  代表監査委員       島 村   栄  監 査 委 員
                                  事 務 局 長
   河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長



P.3
△開会及び開議の宣告(午前9時32分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会を開会いたします。
 直ちに本日の会議を開きます。

△日程第1 会議録署名議員の指名
○福村光泰 議長 会議録署名議員の指名を行います。
 本定例会の会議録署名議員は、上福岡市議会会議規則第81条の規定により、細井地久議員、井上和憲議員を指名いたします。

△日程第2 議会運営委員長報告
△次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について
△報告第18号 議会運営委員会調査報告
○福村光泰 議長 報告第18号・議会運営委員会の調査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 加藤末勝委員長。
         〔加藤末勝議会運営委員長登壇〕
◎加藤末勝 議会運営委員長 それでは、議会運営委員会の調査報告をいたします。
 平成13年第2回定例会において閉会中の継続調査としての申し出がありました下記事件につきまして、お手元の資料をごらんいただきながらお聞きいただきたいと思いますが、下記事件について調査を終了いたしましたので、上福岡市議会会議規則第103条の規定により報告いたします。
 調査事件、次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について。調査日、平成13年8月17日と28日でございます。会議の場所につきましては、上福岡市議会第1委員会室。委員会の構成につきましては、ごらんいただいている資料のとおりでございます。
 それから、委員外議員の出席がございました。副議長の小高時男氏の出席が8月28日ございました。
 調査の概要及び結果につきまして、平成13年第3回定例会について、会期及び会期日程について、会派別総括質疑の割り振りについて、特別委員会の設置について、議案、請願の委員会付託について、一般質問について、議員への審議資料の配付日時について、それぞれ調査を行いました。
 会期及び会期日程につきましては、会期は平成13年9月4日から25日までの22日間といたします。日程につきましては9月4日に開会をいたしまして、皆さんのお手元に案として提出がされ
P.4
ておりますので、ごらんいただきたいと思いますが、以上のような形で日程が決定いたしました。
 なお、特別委員会の設置、あるいは委員の選任、さらに委員会付託関係の審議についてもお手元の資料のとおりでございますので、ごらんいただきたいと思います。
 次に、会派別総括質疑についての割り振りでございますが、各会派の通告のとおり、順正会は五十嵐議員、明和会は細井議員、日本共産党は岩崎議員と山川議員、公明党は金澤議員と高橋議員、無所属は青山議員並びに鈴木啓太郎議員ということで、総括質疑は1日間と決定いたしました。決算特別委員会につきましては、各委員の選任につきましては、8人から構成される決算特別委員会を設置するということで、審査日は3日間となります。各委員の選任につきましては、お手元の資料のとおりでございます。
 次に、議案並びに請願の委員会付託につきまして、上福岡市議会委員会条例第2条の規定に基づく所管並びに上福岡市議会運営に関する細則第20の規定により、次のとおり決定いたしましたということで、これもお手元にございます資料のとおりでございます。2ページ目の(ア)から(エ)まで。
 それから、続きましては市政に対する一般質問につきまして、発言通告が15人ございました。3日間という期間で、1日5人ということで実施をさせていただきたいというふうなことで決定をさせていただきました。質問を通告いただいた各議員のお名前につきましては、お手元の資料をごらんいただきたいと思います。また、議員への審議資料の配付につきましては、本日9月4日午前9時とするということで決定いたしました。
 それから、懸案になっております議会運営委員会での総括質疑の問題並びに監査委員の報告に対する質疑の問題につきましては、継続審議ということで審議を継続させていただくことになりました。
 次に、特定事件の議員の派遣につきまして、11月の1日並びに2日に宮崎県宮崎市で開催されます全国都市問題会議には、お手元の資料のとおりの議員を派遣することを決定いたしました。
 最後に、上福岡市史編纂委員の推薦につきまして、野沢裕司議員並びに青山博明議員を推薦するということで決定をさせていただきました。
 平成13年9月4日、議会運営委員会委員長、加藤末勝。上福岡市議会議長、福村光泰様。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 以上で報告第18号を終了いたします。

△日程第3 会期決定

P.5
○福村光泰 議長 日程第3、会期決定の件を議題といたします。
 お諮りいたします。本定例会の会期は、ただいまの議会運営委員長の報告のとおり、本日から9月25日までの22日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、よって本定例会の会期は本日から9月25日までの22日間と決定いたしました。

△日程第4 市長あいさつ
○福村光泰 議長 日程第4、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 皆さん、おはようございます。
 それでは、本定例会開会に当たり、一言ごあいさつを申しあげます。
 本日ここに、平成13年第3回定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご健勝にて、ご参会を賜り、当面する市政の諸問題につきましてご審議をいただくことができますことは、市政進展のため、誠に慶ばしい限りであり、心から感謝申し上げる次第でございます。
 ところで、9月の声を聞いて、幾分朝夕が涼しく、過ごしやすくなってまいりましたが、今年の夏、特に7月においては例年になく暑い日が続きました。新聞紙上等においても、これまでの「猛暑」から「酷暑」という言葉に書き換えられ、このような言葉があるのかと、私も改めて辞書を引き直してみました。連日、体温を上まわるような記録的な暑さが続き、全国的に熱中症などにより倒れられた方、また、体調を大きく崩された方も多かったようであります。
 こうして、年々気温が上昇している現象については、詳しく調査、分析が行われ、さまざまな原因が上げられているようでございますが、私が耳にした原因の一つである「地球温暖化」については、現実的となって、私たちの身に迫り、今や対岸の火事、つまり他人事で済まされるような問題ではないように強く感じました。
 現在、上福岡市においても、環境問題については、その解決に向けて、市を挙げて取り組んでおりますが、私は、地球温暖化をはじめとするさまざまな環境問題につきましては、より深刻かつグローバルなものとして認識を新たにし、さらに真剣に、精根を傾けて取り組んで行かなければならないと、この夏、痛切に感じました。
 さて、本定例会におきましては、ご報告を申し上げるもの1件、平成12年度の決算認定が7件、補正予算案が6件、条例の一部改正案が6件の計20件のご審議をお願い申し上げるものでござい
P.6
ます。
 諸議案の内容につきましては、後ほどご説明させていただきたいと存じますが、議員各位におかれましては、何卒よろしくご審議くださいまして、ご議決を賜りますようお願い申し上げまして、本定例会開会に当たってのごあいさつとさせていただます。
 よろしくお願い申し上げます。

△日程第5 諸報告
△地方自治法第121条の規定に基づく説明員
○福村光泰 議長 日程第5、本定例会に説明員として出席する者の職・氏名については、お手元に配付してあります説明員一覧のとおりですので、ご了承願います。

△上福岡市史編纂委員の推薦
○福村光泰 議長 次に、上福岡市教育委員会教育長から推薦依頼のありました市史編纂委員につきましては、野沢裕司議員及び青山博明議員を推薦することに決定しましたので、報告いたします。

△報告第19号 平成12年度上福岡市一般会計継続費精算報告書の報告について
○福村光泰 議長 次に、市長から報告第19号・平成12年度上福岡市一般会計継続費精算報告書が提出されました。
 市長から報告を求めます。
 市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、報告第19号「平成12年度上福岡市一般会計継続費精算報告書の報告について」ご説明申し上げます。
 平成12年度に終了いたしました継続費につきまして精算報告書を調製いたしましたので、地方自治法施行令第145条第2項の規定により報告するものでございます。
 内容といたしましては、「清掃センター改修事業」でございます。
 よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 ただいまの報告に対し、質疑を受けます。
 念のため申し上げます。質疑については、上福岡市議会会議規則第56条の規定により同一議員につき3回までです。
 質疑ありませんか。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 伺わせていただきます。

P.7
 基幹改修の設計費というふうに認識をいたしておりますが、30万3,000円の残といいますか、予算に対する残がございます。これは、途中この設計というのはかなりいろいろと問題がありまして、塩素の県基準をクリアできないような設計に、まず最初になっておりました。そこで、我が党の指摘などがあって、設計変更をせざるを得ないというような状態になったのだというふうに認識いたしております。
 また、途中いろいろ設計に入る前にも何回か変更があったようでございます。そこで、伺います。30万3,000円というのは、塩素の県基準をクリアするための設計変更にどのようにかかわっているのか。つまり塩素の県基準をクリアするために設計費は減額になったのか、それとも増額になったのか。2回やって増額になったか、もしくは向こうの責任であるから減額になったのか、その点について伺わせていただきます。
○福村光泰 議長 暫時休憩いたします。

   休 憩 午前9時46分
   再 開 午前9時48分

△発言の訂正
○福村光泰 議長 再開いたします。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 塩化水素とダイオキシン類の県基準を達成するための設計変更の費用というふうに訂正させていただきます。
○福村光泰 議長 市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 お答え申し上げます。
 ただいまのご指摘の設計変更等のご質問ですけれども、この30万3,000円の残につきましては、設計変更等にかかわる残ではございませんで、入札して、契約執行残でございます。塩化水素の関係ですけれども、議会でもご指摘いただきまして、設計の中で若干数値が違っている部分もありましたけれども、これは万全を期して変更いたしました。これは予算とはかかわりなく変更させていただきました。
 そして、この処理については消石灰をちょっと今度決算の中に含まれておりますけれども、大量に購入しまして、それでもって対応したということでクリアしてございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 他に質疑ありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。

P.8
  以上で報告第19号を終了いたします。

△日程第6 議案上程
○福村光泰 議長 日程第6、ただいまから本定例会に提出されました第47号議案から第65号議案まで、議案19件を一括して議題といたします。
 なお、市長から平成12年度一般会計特別会計決算及び基金運用状況審査意見書の一部訂正について依頼がありました。議長において承認し、正誤表を配付いたしましたので、ご了承願います。

△日程第7 市長提出理由説明
○福村光泰 議長 日程第7、提出議案の説明を求めます。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、今定例会にご提案申し上げました諸議案につきまして、順次、ご説明申し上げます。
 はじめに、47号議案「平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の一般会計は、当初予算145億6,150万円で編成し、その後4回の補正で10億9,749万9,000円を増額し、これに前年度からの繰越事業分1億631万2,000円を加え、歳入歳出予算現額157億6,531万1,000円をもって執行に当たりました。
 収支状況は、歳入決算総額159億4,693万円、予算に対しまして101.2%の収入率、歳出決算総額150億8,579万9,000円、予算対比95.7%の執行率で、翌年度への繰越財源として8,367万2,000円を差し引いた実質収支額は、7億7,745万9,000円となっております。
 歳入の科目別の内容につきましては、市税が71億3,405万6,000円の収入で、景気低迷などによる給与所得の減及び高齢化による年金所得者の増などから前年対比4%の減となっております。
 地方交付税につきましては、基準財政需要額における単位費用の増などにより32億3,552万6,000円、前年対比12パーセントの増となっております。
 国・県支出金につきましては、介護保険臨時特例交付金、地域振興券交付金事業補助金などの減により15億7,279万5,000円、前年対比32%の減、市債は西口駅前通線整備事業や清掃センター改修事業などの借入れで4億5,550万円の収入でございます。
 その他の収入としましては、地方譲与税、利子割交付金、地方消費税交付金、地方特例交付金、交通安全対策特別交付金、分担金及び負担金、財産収入などを合わせまして35億4,905万3,000円となっております。
 次に、歳出の主なものを科目別に見てみますと、まず総務費では庁舎等の総合維持管理経費、土地開発公社貸付金、市報発行事業、女性行政推進事業等を実施いたしまして、総額27億8,264万
P.9
7,000円の執行になっております。
 次に民生費では、総額40億3,709万8,000円の支出があり、主な事業は老人医療費助成、老人福祉センター運営事業などの高齢者対策、市立保育園、児童館の運営事業、児童手当の支給などの児童福祉対策を実施するとともに、生活保護費の支給等を実施し、市民福祉の向上を図ってきたところでございます。
 衛生費では、成人保健事業、母子保健事業、予防接種事業を実施したほか、環境対策として環境測定事業、清掃センター改修事業、自転車対策事業等の実施により、総額で14億8,683万8,000円を支出し、市民の健康づくり、保健サービス、快適な生活環境づくりに努めてまいりました。
 次に土木費では、道路維持及び舗装、公園の整備、交通安全対策、街路事業など住環境整備や快適なまちづくりの推進に当たり、総額20億732万3,000円を支出いたしました。
 教育費におきましては、学校施設整備、英語指導助手の配置などを行い、小中学校の教育環境整備を行うとともに、市民図書館の図書購入、市史編さん事業等を実施し、総額で16億9,700万4,000円を支出し、教育行政の円滑な推進に努めてまいりました。
 その他の科目では、議会費2億4,241万5,000円、労働費2億700万1,000円、農林水産業費6,400万円、商工費9,560万3,000円、消防費6億4,634万2,000円、公債費10億7,592万1,000円、諸支出金7億4,360万7,000円の執行額となっております。
 以上、決算についての概要を申し上げましたが、詳細につきましては、お手元に配布しております「平成12年度埼玉県上福岡市歳入歳出決算書」及び「平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出に係る主要施策の実績報告」のとおりでございます。
 次に、48号議案「平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の国民健康保険特別会計は、当初予算38億991万円で編成し、その後2回の補正で2,127万8,000円を増額し、歳入歳出予算現額38億3,118万8,000円をもって執行に当たりました。
 歳入決算総額39億501万6,000円、予算に対しまして101.9パーセントの収入率、歳出決算総額36億1,405万1,000円、予算対比94.3パーセントの執行率で、歳入総額から歳出総額を差し引いた実質収支額は、2億9,096万5,000円となっております。
 歳入の科目別の内容につきましては、国民健康保険税が14億7,930万5,000円で前年対比6.6%の増となっております。
 国庫支出金につきましては、11億71万7,000円で前年対比10.5パーセントの増となっております。療養給付費交付金につきましては7億2,091万2,000円で前年対比16.9パーセントの増、共同事業交付金につきましては、5,311万3,000円で前年対比10.3パーセントの増、繰入金につきましては5億1,722万8,000円で前年対比12.3パーセントの増となっております。
   その他の収入といたしましては、県支出金、連合会支出金、繰越金、財産収入、諸収入など合
P.10
わせまして、3,374万1,000円となっております。
 次に歳出の主なものを科目別にみてみますと、国保事務に必要な総務費1億2,100万5,000円の執行になっております。
 また、医療費の支払い関係に充てる費用として保険給付費24億1,147万3,000円、老人保健拠出金8億5,400万6,000円、介護納付金として1億7,863万7,000円の執行になっております。
 その他の執行といたしましては、共同事業拠出金、保健事業費、基金積立金、その他の支出など合わせまして4,893万円の執行になっております。
 次に、49号議案「平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の老人保健特別会計は、当初予算31億7,442万7,000円で編成し、その後2回の補正で1億8,433万4,000円を増額し、歳入歳出予算現額33億5,876万1,000円をもって執行に当たりました。
 歳入決算総額33億6,327万8,000円、予算に対しまして、100.1%の収入率、歳出決算総額32億8,536万円、予算対比97.8%の執行率で歳入総額から歳出総額を差し引いた実質収支額は、7,791万8,000円となっております。
 歳入の科目別の内容につきましては、支払基金交付金22億8,767万6,000円で前年対比4.1パーセントの増となっております。
 国庫支出金につきましては、6億6,821万7,000円、前年対比5.4パーセントの減、県支出金につきましては1億6,826万円で前年対比5.4パーセントの減、繰入金につきましては、2億1,473万8,000円で前年対比22.1%の増となっております。
 その他収入といたしましては、繰越金、諸収入など合わせまして、2,438万7,000円となっております。
 次に歳出の主なものにつきましては、医療諸費32億5,445万5,000円の執行になっております。
 その他の執行といたしましては、償還金、繰出金など合わせまして3,090万5,000円の執行になっております。
 次に、50号議案「平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の介護保険特別会計は、当初予算15億8,290万3,000円で編成し、その後3回の補正で1億6,520万4,000円を減額し、歳入歳出現額14億1,769万9,000円をもって執行に当たりました。
 歳入決算総額13億5,266万5,000円、予算に対しまして95.4パーセントの収入率、歳出決算総額11億7,628万6,000円、予算対比83パーセントの執行率で、歳入総額から歳出総額及び繰越明許費繰越額698万5,000円を差し引いた実質収支額は、1億6,939万4,000円となっております。
 歳入の主なものにつきましては、繰入金5億3,842万3,000円で歳入全体に占める割合は39.8パーセントであります。

P.11
 支払基金交付金は3億4,339万円で歳入に占める割合は25.4パーセント、国庫支出金は2億5,118万5,000円で18.6パーセント、県支出金は1億4,351万1,000円で10.6パーセント、保険料は7,604万3,000円で5.6パーセントであります。
 歳出の主なものにつきましては、介護保険サービス費の支払関係に充てる費用としての保険給付費9億7,913万4,000円で歳出全体に占める割合は83.2パーセントであります。
 介護保険事務に必要な総務費は1億1,874万4,000円で歳出全体に占める割合は10.1%、基金積立金は7,016万円で6パーセントであります。
 次に、51号議案「平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の下水道事業特別会計は、当初予算額13億8,743万5,000円を計上し、その後2回の補正で660万3,000円増額して、歳入歳出それぞれ13億9,403万8,000円で予算執行に当たりました。
 収支の状況につきましては、歳入決算総額13億761万9,000円、予算に対しまして93.8パーセントの収入率、歳出決算総額12億1,362万1,000円、予算対比87.1%の執行率で、繰越明許費繰越額が4,779万7,000円あるため実質収支は、4,620万1,000円となっております。
 次に、主な歳入をみますと、自主財源の中心であります公共下水道使用料が9億140万1,000円となり、前年対比6.4%の減となりました。
 一般会計からの繰入金は、2億529万円で、前年対比0.4%の増となっております。
 また、国庫支出金につきましては1,000万円の補助を受け、市債は5,100万円を借り入れております。
 歳出につきましては、公共下水道費は、清見幹線工事をはじめとする雨水管工事、中央2丁目付近枝線工事他の汚水管工事費に7,389万8,000円、流域下水道事業負担金に2,998万2,000円、その他の経常的経費等を合わせて、6億4,341万8,000円の支出となっております。
 また、公債費につきましては、元利償還金として5億7,020万4,000円の支出となっております
 次に、52号議案「平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について」でありますが、平成12年度の学校給食事業特別会計は当初予算額5億1,818万円で編成し、その後補正で50万9,000円を増額し、歳入歳出予算現額5億1,868万9,000円をもって執行に当たりました。
 収支状況につきましては、歳入決算総額5億1,197万7,000円、予算に対しまして、98.7パーセントの収入率、歳出決算総額4億9,838万1,000円、予算対比96.1パーセントの執行率、実質収支額は1,359万6,000円となっております。
 歳入の主なものにつきましては、分担金及び負担金1億7,253万4,000円の歳入で、前年対比2.1%の減となっております。繰入金につきましては、3億3,564万6,000円、前年対比1.6パーセントの減となっております。
 一方、歳出につきましては、給食費が4億9,838万1,000円の執行になっております。

P.12
 次に、53号議案「平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について」でありますが、まず、収益的収入及び支出について申し上げます。
 収入におきましては当初予算額11億3,588万8,000円に対し、決算額は10億4,391万8,105円になっております。
 その主な内容につきましては、水道料金が8億6,502万8,725円、水道利用加入金が6,071万円、雑収益が4,342万7,877円であります。
 支出につきましては、当初予算額10億3,035万5,000円に対し、決算額は9億2,702万2,614円になっております。
 その主な内容ですが、営業費用が9億91万5,659円、営業外費用が2,610万6,955円であります。
 なお、平成12年度の水道事業会計における純利益は3,772万174円になっております。
 次に、資本的収入及び支出について申し上げます。
 収入は、当初予算額14億7,237万7,000円で編成し、その後の補正で1,400万円を増額し、14億8,637万7,000円での執行に対し、決算額は11億5,452万3,000円であり、内容は企業債、工事負担金、他会計負担金であります。
 支出は、当初予算額17億8,251万3,000円と継続費逓次繰越額12億8,172万6,500円を合わせた30億6,423万9,500円での執行に対し、決算額は18億4,000万8,322円であります。
 内容につきましては、建設改良費が18億1,178万3,184円、企業債償還元金が2,822万5,138円となっております。
 なお、資本的収入額が資本的支出額に不足する額6億8,548万5,322円は、過年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額574万676円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,933万9,804円、繰越工事資金2億1,040万6,500円、減債積立金2,822万5,138円及び過年度分損益勘定留保資金4億2,177万3,204円で補てんしました。
 次に、54号議案「上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、事業活動に伴って生じた廃棄物の処理を明確にするとともにその処分手数料を改正し、並びに市が一般廃棄物とあわせて処分する産業廃棄物の範囲及びその処分手数料を新たに規定するほか、市民及び事業者の責務を明確にいたしたく、この案を提出するものであります。
 次に、55号議案「上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、老人医療費支給事業の受給資格要件の所得制限の額を改正いたしたく、この案を提出するものであります。
 次に、56号議案「上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、乳幼児医療費支給事業の入院時食事療養費標準負担額を医療費助成の対象外といたしたく、この案を提出するものであります。
 次に、57号議案「上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正す
P.13
ることについて」でありますが、重度心身障害児(者)医療費支給事業の入院時食事療養費標準負担額を医療費助成の対象外といたしたく、この案を提出するものであります。
 次に、58号議案「上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて」でありますが、ひとり親家庭等医療費支給事業の入院時食事療養費標準負担額を医療費助成の対象外とし、及び一部負担金の額を変更いたしたく、この案を提出するものであります。
 次に、59号議案「平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ3億957万9,000円を追加いたしまして予算総額を165億4,656万1,000円とするものでございます。
 主な内容といたしましては、まず、歳入で地方特例交付金の決定に伴い、4,519万3,000円、普通交付税の決定に伴い、2億2,138万6,000円、特別会計繰入金として、3億8,937万円、前年度からの繰越金として、3億2,745万9,000円の増額をそれぞれお願いするものでございます。
 次に歳出の主な内容でございますが、まず議会費では、本会議場等放送設備等整備として2,000万円、民生費では、福祉医療制度の改正に伴う事務費など総額で800万9,000円を計上させていただきました。
 また、衛生費では、火葬場・斎場事業に係る入間東部地区衛生組合負担金のほか、清掃センター維持修繕に伴う経費など総額で、252万8,000円、土木費では、下水道事業特別会計繰出金など総額で8,711万1,000円を計上させていただきました。
 次に、教育費では、子どもを守る緊急対策事業として、小学校門扉設置工事など総額で793万2,000円、公債費では、市債の繰上償還を行うことにより、2,864万円を計上さていただきました。
 また、諸支出金では、公共施設整備基金積立金3,000万円、市街地再開発基金積立金1億5,000万円などを計上し、総額で1億8,005万7,000円を計上させていただきました。
 次に、60号議案「平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ2億5,829万7,000円を増額し、総額を43億4,075万4,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、療養給付費交付金を3,266万8,000円減額し、繰越金を2億9,096万5,000円増額するものでございます。
 歳出につきましては、平成12年度分の一般会計繰入金を精算するため、一般会計へ2億5,829万7,000円を繰り出すものでございます。
 次に、61号議案「平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ6,212万8,000円を増額し、予算総額36億2,972万5,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、支払基金交付金1,578万9,000円を減額し、繰越金7,791万7,000円を増額するものでございます。

P.14
 歳出につきましては、償還金441万円、繰出金5,771万8,000円を増額するものでございます。
 次に、62号議案「平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ1億6,960万円を増額し、総額を20億1,746万円とするものでございます。
 歳入につきましては、繰越金1億6,909万円、介護保険円滑導入基金繰入金51万円を増額するものでございます。
 歳出につきましては、趣旨普及費51万円、介護給付費準備基金積立金3,417万4,000円、一般会計繰出金5,989万2,000円、償還金7,502万4,000円を増額するものでございます。
 次に、63号議案「平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、繰越金及び消費税確定によるもので、歳入歳出それぞれ1,087万1,000円を増額して、予算総額を14億5,613万円とするものでございます。
 歳入では、一般会計繰入金を6,467万円増額し、繰越金を5,379万9,000円減額するものでございます。
 歳出では、消費税を1,087万1,000円増額するものでございます。
 次に、64号議案「平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案」についてでありますが、本補正予算案は、歳入歳出それぞれ1,359万5,000円を追加し、総額を5億400万7,000円(後ほど「5億1,746万9,000円」と訂正あり)とするものでございます。
 歳入につきましては、繰越金を1,359万5,000円増額するものでございます。
 歳出につきましては、給食費の調理場運営事業に13万3,000円を増額し、諸支出金に一般会計への繰出金1,346万2,000円を増額するものでございます。
 次に、65号議案「上福岡市税条例の一部を改正することについて」でありますが、地方税法の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、関係規定を整備する必要が生じたため、この案を提出するものであります。
 条例改正の内容は、個人住民税において、平成13年10月1日から平成15年3月31日までの長期所有上場株式等の譲渡所得金額から100万円を特別控除する特例措置を規定するものであります。
 以上で、今定例会に上程いたしました諸議案の提案説明を終わらせていただきます。
 よろしくご審議の程お願い申し上げます。
 ありがとうございました。

△日程第8 特定事件の議員派遣(全国都市問題会議)
○福村光泰 議長 日程第8、次に特定事件の議員派遣についてを議題といたします。
 お諮りいたします。11月1日及び2日に宮崎県宮崎市で開催される第63回全国都市問題会議に山口公悦議員、山川寿美江議員、金澤知恵子議員、田中雍規議員、井上和憲議員、以上の5人を
P.15
派遣することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

△日程第9 彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙
○福村光泰 議長 日程第9、彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙を行います。
 彩の国さいたま人づくり広域連合は、本市を初め県内全市町村と県で組織し、市町村職員と県職員の研修、市町村の人材交流及び専門技術職員などの人材確保に共同で取り組んでいる特別地方公共団体です。平成11年5月14日に自治大臣から設立を許可され、同年7月1日から業務を開始しております。広域連合議会議員につきましては、市議会議員から選出の議員に欠員が生じたため、今回選挙が行われることになったものです。この選挙は、広域連合規約第8条の規定によりすべての市議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第32条の規定に基づく選挙結果の報告のうち当選人の報告及び当選人への告知は行えません。
 そこで、お諮りいたします。選挙結果の報告については、会議規則第32条の規定にかかわらず有効投票のうち候補者の得票数までを報告することとしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。
 彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙は、投票により行います。
 議場の出入り口を閉めます。
         〔議場閉鎖〕
○福村光泰 議長 候補者名簿と投票用紙を配付いたします。
         〔候補者名簿、投票用紙配付〕
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 投票用紙の配付漏れはありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 配付漏れなしと認めます。
 投票箱を点検いたします。
         〔投票箱点検〕
○福村光泰 議長 異状なしと認めます。
 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、事務局長が議席番号を読み上げますので、その点呼に応じて順番に投票をお願いします。
◎関口充 事務局長 1番、2番、3番、4番、5番、6番、7番、8番、9番、11番、12番、13番、
P.16
14番、15番、16番、17番、18番、19番、20番、21番、22番、23番、24番、10番。
         〔各員点呼〕〔福村光泰議長は議長席より投票〕
○福村光泰 議長 投票漏れはありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 投票漏れなしと認めます。
 投票を終了いたします。
 議場の出入り口をあけます。
         〔議場開鎖〕
○福村光泰 議長 開票を行います。
 上福岡市議会会議規則第31条の規定により立会人を指名いたします。石山皓一郎議員、鈴木啓太郎議員を指名いたします。立ち会いをお願いいたします。
         〔開  票〕
○福村光泰 議長 選挙の結果を報告いたします。
 出席議員24人、投票総数24票、出席議員と投票総数が符合しております。
 投票総数のうち、有効投票22票、無効投票2票。有効投票のうち、吉田文則さんゼロ票、石原茂さん17票、加川義光さん5票、以上のとおりです。
 以上で彩の国さいたま人づくり広域連合議会議員の選挙を終了いたします。

△発言の訂正
○福村光泰 議長 市長から先ほどの提案理由説明の中で、一部訂正したいとの申し出がありましたので、これを許します。
 武藤市長。
◎武藤博 市長 大変失礼を申し上げましたが、64号議案・平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案の内容でありますが、総額を「5億400万7,000円」と申し上げましたが、「5億1,746万9,000円」というふうに訂正をさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

△散会の宣告(午前10時37分)
○福村光泰 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 明日5日及び6日は議案調査のため休会、7日は敬老会のため休会、8日及び9日は休日のため休会、10日は午前9時30分から本会議を開き、議案、請願質疑、特別委員会の設置、付託、特別委員会委員の選任、委員会付託を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.17
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月10日)
 開  議
 日程第1 議案質疑
   会派名 順 正 会
       明 和 会
       日本共産党
       公 明 党
       無 所 属
     第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
     第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
     第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
     第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
     第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
     第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について
     第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて
     第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
     第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
     第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正
            することについて
     第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正するこ
            とについて
     第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
     第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
     第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
     第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
     第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
     第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
     第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて
 日程第2 決算特別委員会の設置・付託
 日程第3 決算特別委員会委員の選任
 日程第4 議案の常任委員会付託

P.18
 日程第5 請願質疑
     請願第2号 介護保険の改善・充実をもとめる請願
     請願第3号 葬儀場の建設に反対する旨の請願
 日程第6 請願の常任委員会付託
 次回予定報告・散会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員

〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   吉 野 英 明  教  育  長      井 上 和 男  教 育 次 長

P.19
   田 中 利 次  選挙管理委員会      中 野   武  代表監査委員
            書  記  長
   島 村   栄  監 査 委 員      河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長               事 務 局 長



P.20
△開議の宣告(午前9時30分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会第7日の会議を開きます。

△欠席届
○福村光泰 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。
 教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。

△日程第1 議案質疑
△第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
△第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
△第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
△第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
△第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
△第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
△第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について
△第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて
△第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
△第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
△第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正すること
        について
△第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
△第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
△第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
△第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
△第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
△第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
△第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
△第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて

○福村光泰 議長 日程第1、第47号議案から第65号議案まで、以上議案19件を一括議題といたします。
 初めに、第47号議案から第53号議案までについて監査委員の報告を求めます。

P.21
 中野代表監査委員。
         〔中野武代表監査委員登壇〕
◎中野武 代表監査委員 おはようございます。平成12年度一般会計、特別会計及び水道事業の決算審査の結果をご報告申し上げます。
 まず初めに、一般会計、国民健康保険、老人保健、介護保険、下水道事業及び学校給食事業の各特別会計それぞれの歳入歳出決算並びに各種基金の運用状況につきまして、地方自治法第233条第2項及び第241条第5項の規定に基づき、審査を実施するとともに、あわせて関係職員から説明をいただき、決算審査を行いました。
 一般会計及び特別会計を合計した形式収支は15億1,398万6,609円であり、それから翌年度に繰り越すべき財源1億3,845万4,450円を差し引いた実質収支は13億7,553万2,159円であります。この実質収支から前年度の実質収支10億4,115万1,622円を差し引いた単年度収支は3億3,438万537円の増となっております。審査に当たりましては、決算事項別明細書及び実質収支に関する調書の計数と収入役保管の歳入歳出簿、現金出納簿、証拠書類等の照合検査を行ったところ、審査に付された各会計決算書及び附属書類はいずれも関係法令に基づき作成されており、適正なものと認められました。
 次に、水道事業会計でございますが、地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき決算審査を実施いたしました。収益的収支においては、事業収益が10億4,391万8,105円、事業費が9億2,702万2,614円となり、純利益は3,772万174円となっております。一方、資本的収支においては収入が11億5,452万3,000円、支出額は18億4,000万8,322円であります。なお、資本的収入額が資本的支出額に不足する額6億8,548万5,322円は、過年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額574万676円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,933万9,804円、繰越工事資金2億1,040万6,500円、減債積立金2,822万5,138円、過年度分損益勘定留保資金4億2,177万3,204円からの補てんとなっております。審査に当たりましては、決算書及び決算附属書類における計数が正確に事業の経営成績及び財政状況を表示しているかを検証するため、会計諸帳簿及び証拠書類との照合を行い、あわせて関係職員から説明をいただきました。審査の結果、決算書類はすべて関係法令に定めるところに従って作成されており、この計数は正確で、経営成績及び財政状況も適正に表示されているものと認められました。決算審査の概要と意見につきましては、それぞれお手元の意見書のとおりでございます。
 以上で報告を終わります。なお、一般会計、特別会計の審査意見書の中で一部誤りがありまして、過日訂正させていただきました。おわびいたします。
○福村光泰 議長 監査委員の報告に対して質疑を受けます。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 監査結果の結びに対して伺います。

P.22
 まず最初に、一般会計及び特別会計の監査報告についてであります。真ん中くらいに歳出のことについて経常経費が前年度に比べて増加しているというようなことがございます。そして、その前に投資的経費は大規模建設事業が終了したことにより、大幅に減少しているというふうに書かれてあります。投資的経費が減少しますと、当然経常経費というのは100%の中で計算するわけですから、当たり前のことだというふうに思うのですけれども、こうわざわざ明記をされていることと、それから経常経費が83.6%と前年度対比に対して1.4%上昇していると。だから、財政の弾力性が失われつつある状況にあるというふうに書かれてあります。そうしますと、来年以降やはり投資的経費などが大幅にふえることは、ことしもそうですが、当たり前といいますか、今までの第三次総合振興計画の計画によりますと大規模計画が予定をされておりますから、経常経費は100%のうちでは下がってくるというふうに考えてよろしいでしょうか。
○福村光泰 議長 中野代表監査委員。
◎中野武 代表監査委員 お答えいたします。
 ここに書いてあります経常収支比率でございますが、これがここに書いてありますように83.6%ということで、これを見ていきますと年々増加しているということが言われますが、なぜ増加するのでしょうかといいますと、一番大きい比率を占めます市税の収入が落ち込んでいるということと、それに伴って義務的経費、人件費とか物件費が上がっていると、そんなことから経常収支比率が上がっているということになっていると思いますが、今後を予測しますと、なおさらこの現象が続くだろうということが考えられます。したがいまして、ここにも表現してありますように弾力性が失われつつあるという状況になりますから、今後の財政計画については配慮していただきたいということをまとめて書いてあるわけでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 わかりました。
 収入が少なくなるし、経常経費は収入が少なくなれば高まっていくのは当然だと思います。しかし、これの場合に経常比率を計算する場合に人件費、扶助費などさまざまな要因が入ってくると思うのです。しかし、その大方を占めます人件費というのは、そうすると上福岡市は全県に比べて多いということになるのですか。そうでなくて、やはり人手がなければ市政というのは運営できませんから、そういう意味でいいますと、経常経費のパーセンテージを低めるためにはどうしろということを言っていらっしゃるのですか。大型の事業をするべきではないというような結論なのか、その点について1点伺います。
 2点目ですが、水道事業についてです。水道事業については、施設稼働率というのが63.8%でございます。これは16ページの水道事業の結びです。水道事業で結びの真ん中あたりに財政状況において、短期の流動性を見る流動比率が166.0%、ずっといきまして施設利用率が63.8%、こ
P.23
のように当年度の水道事業は比較的順調に推移してきているが、今後の見通しとしては給水収益の増収が期待できず、一方減価償却費の増加に加え、支払利息の増加など営業費用の増加が見込まれ、経営環境は一段と厳しいものになると考えられる、というふうになっております。つまり給水人口がふえ、施設利用率が高まらなければ、もちろん稼働率などが高まって総収支率がふえなければ給水の収益の増収は見込まれないということを言われているのだと思うのですが、この点についてそうすると今年度の収益については、水道決算については「今後の経営に当たっては、有収率の維持向上、経営の効率化、健全化はもとより」というふうに書いてありますけれども、この点について実際に施設利用率などが63.8%というのは経営として健全であるのかどうか伺います。
○福村光泰 議長 中野代表監査委員。
◎中野武 代表監査委員 お答えいたします。
 まず、一般会計の方でございますが、人件費、扶助費、それから公債費、物件費、こういったものが上昇するということは、最近の情勢から考えれば当然でございます。これは避けて通れないことだろうと思います。ただ、こうやって見ますと、やはり先ほどちょっと触れましたように、財政硬直化の現象があらわれている。むしろ今後もそういう傾向が続くだろうと、結果が出てくるだろう、数字の面でです。そういうことも言えるだろうと思いますので、今後の財政支出についてはかなり厳しいものということを予測して、それなりの配慮をしていただかなければいけないだろうということでございます。
 それから、水道事業の方でございますが、私もちょっとあれっという数字を見て驚いたのは、施設利用率が低くなっていると、63.8%でございますが、かなり余裕があり過ぎるのではないだろうかということはおっしゃるとおりでございます。ただ、これは当面やむを得ないことでございます。ですから、今後ここに書いてありますように減価償却費がこれから13年度では2億ぐらいになるだろうということが見込まれますし、平年ペースで2億3,000万ぐらいになるだろうという数字が出ております。そうしますと、今後の水道事業の経営についてはかなり厳しいだろうということは予測できます。そういうことを念頭に置いて、事業計画に配意してくださいということを申し上げているわけでございます。ただ、ちょっとつけ加えますと減価償却費というのは自己貯蓄効果があると、現金の支出が伴いませんから。そういった意味では、懸念されるということもあるということも反面言い方によってはないだろうと申し上げられますけれども、ただ将来のことを考えた場合、投資を考えた場合、これはやはり十分に考慮していかなければいけないだろうということが考えられます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 念のため申し上げます。質疑につきましては、上福岡市議会会議規則第56条の規定により、同一議員につき3回までです。

P.24
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 それでは、水道事業のことについてなのですが、重大だと思いましたのは、施設利用率が63.8%というのは、本当に利用率が低いなと、過大投資をしているというふうに思うのです。過大投資についてどのような手だてを講じるのかということで、長期的にこれは健全になるなということがわかるのです。ところが、監査委員の報告の中に「給水収益の増収は期待できず」とあるものですから、あらあらこれは大変だというふうに思ったわけなのです。それで、給水収益の増収は期待できずとしたその理由について、私どもは上野台団地の給水というのの開始を目的にこの施設の増設をいたしました。ですから、63.何%というのは、できた当初は仕方がないことではないかなというふうに思っていたのですけれども、しかしどうも上野台の給水がなかなか実行できないのではないかという市民の批判があります。そういう中で、監査委員も給水収益の増収は期待できずと書かれますと、私どもは議会では上野台をやりますというので水道の第二期拡張工事を承認をしたわけですけれども、実際にこれできないとなると困るなということなのですが、これはそういう意味ではないのですか。その点について第三期拡張工事、この点についてもう一度伺わせていただいて終わります。人件費については全県でも多い方ではありません。むしろ平均すると少ない方です。
 以上です。
○福村光泰 議長 中野代表監査委員。
◎中野武 代表監査委員 お答えいたします。
 施設利用率が低いということは、おっしゃられたとおり第三期拡張事業の影響によるものだと思いますが、ただこの見積もりについては6万3,000人ということで積算されていますが、これはそれなりの将来性を考えたところで積算されていることだろうと思いますし、その点については誤りだろうとか拡張し過ぎただろうということは一概に言えないだろうと思うのです。また、一面こういった見方もあると思います。こういった設備投資をいたしますと、機械とか構築物、そういったものの耐用年数は大体15年ぐらいということで見られますから、15年たたないうちにまた拡張しなければいけないということになりましたら、これはもうかなり非効率的な投資の仕方であるということは言えるだろうと思います。そういう点では15年間、少なくとも15年先のことを見越して計画をするということは当然だと思いますので、それについては私は何ら問題はないだろうと、かように考えております。
○福村光泰 議長 他に質疑はありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 以上で監査委員の報告を終了いたします。
 ただいまから議案19件に対する会派別総括質疑を行います。質疑の方法は、会派別総括質疑時間一覧並びに会派別総括質疑通告者一覧の順番に質疑を行います。

P.25
 念のため申し上げます。質疑については、上福岡市議会会議規則第56条の規定により全議案に対し同一議員につき3回までです。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、順正会所属議員から質疑を受けます。
 五十嵐正明議員。
◆五十嵐正明 議員 それでは、順正会を代表いたしまして、提出議案でございます第54号議案から59号議案までをご質問させていただきます。
 まず、54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについてご質問させていただきます。
 この条例案が提案されておりますけれども、この条例はたしか昭和51年に制定されまして、平成12年に地方分権の関係で一部改正を行うまで一度も改正されないと。今回25年ぶりの改正だということは先日担当の方から伺いました。この間、この条例の上位法としての廃棄物の処理及び清掃に関する法律において、昭和51年以降16回の改正が行われております。この改正が当市の条例に関連するものかどうか、私まだ確認しておりませんけれども、いずれにしましてもこの条例が制定されて以来、先ほど申し上げたとおり初めての条例改正ではないかというふうに判断しております。そこで、2点お尋ねいたしたいと思います。
 第1点目として、今回の条例改正の大きな項目としては事業系ごみの改正と聞いておりますけれども、事業系ごみで現行の制度と改正案でどこがどのように変わっていくのか、主なポイントは何か、まず1点お尋ねいたします。
 第2点目として、先ほどお話ししたとおり国の廃棄物の処理及び清掃に関する法律は、市の条例が制定されて以来16回の改正がされております。いろいろな点で法律の趣旨も相当改正されてきたものと思っておりますが、今回の当市の条例の改正に当たって国の法律の趣旨に沿った改正がされているか。もしされているとなればどのような点かお答えいただきたいと思います。
 次に、55、56、57、58、これ全部関連してまいりますので、一括ご質問させていただきます。今回提案されております福祉4医療の条例改正につきましては、医療費との関係がありますので、細かくご質問させていただきます。この福祉4医療の見直しにつきましては、既に県から補助事業分の改正について提出されておりますが、現在本市におきましては市単独として老人医療費が65歳からの適用、また乳幼児の医療につきましてはさきの6月議会におきまして、県の実施に先駆けて10月1日から入院費については対象を就学前まで拡大されたことを確認しております。今後におきまして、市民の健康を守るため、ぜひ本市の福祉医療制度を継続していただきたいと思っておりますが、今回提案されている改正案について、それぞれの改正内容と提出に至った理由をお答えいただきたいと思います。
 次に、59号議案の一般会計の補正予算でお尋ねいたします。まず、教育費の方でございますが、
P.26
今回子供を守る緊急対策として696万8,000円が計上されております。これは、さきの大阪で痛ましい事故があった池田小学校、その安全、そういったことを考えて門扉を設置するということでございますが、学校におきましてほかにどのような安全対策をとっているのか。けさの報道なんかによりますと、また学校の先生が、本来ならば子供を守る先生がああいった事件を起こしてしまっているというような報道もあります。そういった中で、学校側において子供たちにハード面はよくわかるのですが、いわゆる内面的な子供の安全というものを先生方がどのように考えていらっしゃるのか、そしてどのように子供たちにそれを教育していっているのかお尋ねいたします。
 次に、それぞれ今回積立金の事業がございます。これに関連いたしまして、先日の新聞報道によりますと、あさひ銀行と大和銀行が統合するような報道がされております。これは、お互いに持ち株会社を参加していこうというようなことでございますけれども、あさひ銀行は私どもの指定金融機関、県内87市町村の指定金融機関になっております。所沢市の場合は東京三菱銀行、それから庄和町の場合は武蔵野銀行と交代で指定金融機関としております。ここで今私がこの質問をしようとしていることは、当然ご承知のとおり株価の低迷、あさひ銀行は含み損、配当原資の剰余金を上回る含み損が当然出てくるのではないかというような懸念があるわけです。そうすると、今の3月末現在で含み損というのが607億円ぐらいあるわけです。剰余金が418億円ぐらい。これでは、だんだん、だんだん含み損がふえていって、不良債権がだんだん、だんだん拡大していくわけです。あさひ銀行と大和銀行を統合した暁にはどういうふうに変わっていくかわかりませんけれども、来年4月からペイオフも実施されてまいります。これは、民間もこういう公的機関、地方公共団体も同じであるといったことから、当然収入役としまして銀行の方をお呼びして、この辺のことを詳細に伺ったと思いますけれども、どのようにお考えなのかお尋ねしたいと思います。
 以上で第1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例にかかわるご質問にお答え申し上げます。
 ご質問のとおりこの条例は、昭和51年に制定されまして、以来25年経過しております。今回久々の改正となります。そこで、ご質問の第1点目の事業系ごみの改正のポイントということでございますけれども、現行の第8条が3条繰り下がりまして第11条となり、現第8条第2項を今回削除しております。この削除した項目が、家庭系一般廃棄物との混載をしている条項であります。今回の事業系ごみの見直しをして、家庭系ごみと事業系ごみの区別をきちんとしていくというものであります。このことは、国の廃棄物の処理及び清掃に関する法律で、事業者はその事業活動に伴って生じた廃棄物をみずからの責任において適正に処理しなければならないと規定されております。基本的に事業者は自分で処理することが原則となっております。自分で処理ができない
P.27
場合は、家庭系ごみの処理に支障がない範囲で市が受け入れることとしたもので、今まで市が受け入れることについて市が事業者から委託を受け、市が収集業者に委託をしていたものを今回の改正で事業者と収集業者の直接の契約としていくものであります。したがって、今まで収集運搬料と処分費込みで10キログラム100円であったものが、改正後は主として徴収する手数料は処分費のみで10キログラム100円とさせていただくものであります。また、家庭系ごみと事業系ごみの区分けをすることから、事業系ごみは家庭系ごみ集積場には置けなくなります。以上のことがポイントとして挙げられます。
 次に、第2点目の国の廃棄物の処理及び清掃に関する法律の趣旨に沿ったものとしては、近年の大量生産、大量消費、大量廃棄の社会構造の見直しから第4条の事業者の責務の中で廃棄物の再生利用、過大包装の回避、廃棄物の減量、それから第5条におきまして占有者の協力義務を市民の責務として廃棄物の排出抑制、再生品の使用等による廃棄物の再生利用、廃棄物の減量ということを明確にして、いずれにも市の施策に協力することとしております。主な項目として、このようなことかというふうに思っております。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、福祉4医療についてお答え申し上げます。
 1点目の改正案、それぞれの改正内容についてでございますが、老人医療費につきましては所得制限額の改正でございます。現行におきまして対象となる所得金額は市民税の課税標準額が206万円を限度としておりましたが、これを47万円に改定しようとするものでございます。また、経過措置といたしまして激変緩和の観点から平成13年12月以前に県内の市町村において68歳に達した方が69歳になったときは、68歳のときの受給資格の有無にかかわらず平成14年度1月以降も所得審査で従前の206万の基準額が適用されることになります。また、65歳から67歳の方については、現在受けている受給資格書の有効期限が満了するまでの間は執行されない取り扱いとなります。
 次に、乳児医療費についてでございますが、入院時の食事療養費標準負担額を助成対象から助成対象外に改正するものでございます。食事料は入院、在宅を問わず共通して必要な費用であるため、入院と在宅の公平化の観点から助成対象外といたしました。
 次に、重度身体障害者の医療費につきましては、乳児医療費と同様に入院時の食事療養費負担、標準負担額を助成対象から対象外に改正するものでございます。
 次に、ひとり親家庭医療費でございますが、一つとして一部負担金の額の改定でございます。現行におきましては、老人保健医療費に係る一部負担金に準拠しておりましたが、負担を緩和するため、入院につきましては1日1,200円を限度、また通院につきましては1カ月1,000円を限度にしようとするものでございます。さらに、低所得者に配慮するため、市民税非課税者については、この一部負担金を免除しようとするものでございます。二つ目には、乳児医療費と同様に入
P.28
院時の食事療養費標準負担額を助成対象から助成対象外に改正するものでございます。なお、すべての4医療につきましては、平成14年1月の診療に要した費用から適用という形になっております。
 次に、2点目のこの時期に提出に至った理由でございますが、一つとして県の改正が来年1月からとなっておりますので、県単の補助事業でもあることから、実施時期を県に合わせたことでございます。また、福祉医療につきましては特に入間医師会、東入間医師会等のご協力を得まして、2市2町管内の医療機関につきましては窓口払いを廃止しております。2市2町においても調整を図りながら、同じ制度として同じ時期に実施したいという観点から、今回の提案に至ったものでございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 岡田収入役。
◎岡田忠雄 収入役 あさひ銀行についてご質問をいただきました。11番議員さんのご質問のとおりでございますが、私どもの立場から見ますとやはり指定金融機関ということになっておりますので、今後のペイオフを含めての問題として慎重にとらえていかなくてはいけないということで、今日まで私どもの方では庁内の研修会といいますか、ペイオフについての講習会等も持ってきております。その中で、先日新聞報道がありましたようにあさひ銀行と大和銀行が持ち株会社を設立すると、こういうふうなニュースが流れたわけであります。これにつきましても、ことしの3月の決算におきまして418億円という剰余金を出しておりますが、株価の低迷によりまして保有しているあさひ銀行の株式が含み損を大きくしているということで、実際に不安を与えてきていると、こういう問題があったわけであります。その中で、あさひ銀行の支店長のお話によりますと、東京三菱ですとか他の銀行との持ち株会社設立に向けての努力はなさってきたようでございます。その中で今回の大和銀行、これはやはり金融庁の指導があって大和銀行との持ち株会社を設立すると、こういうことになったようでございます。これにつきましては、金融庁も全面的に支援する方針だということも私ども伺っておりますが、今後においても大和銀行との持ち株会社ができますので、それに基づいて株価の下落による配当原資、これについては法定準備金の中から一部取り崩して配当に回すと、これを3月に実施したいと、こんなように伺っているところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会の方にお尋ねの子供の安全対策及び内面的な子供への安全教育の2点につきましてお答えしたいと思います。
 まず、教育委員会では池田小学校の事件発生後、直ちに各学校に緊急対応マニュアルの作成を指示するとともに、不審者が侵入したときの対応として施設内に常置してあります火災報知機、
P.29
非常ベルを鳴らすことを指示いたしました。また、保護者の不安を取り除く試案として、児童生徒の登下校時以外には校門の扉を閉めるよう指導し、校内への不審者の侵入を防ぐため、来校者に対してループ式、首からのつり下げ式の名札の着用を義務づけました。このほか保護者への通知、教職員による学校内外の巡視、登下校時のパトロール、集団下校時の教員の随行、PTAの協力依頼、子供110番へのお願い、不審者侵入時の児童生徒の避難訓練の実施、埼玉県警のご協力をいただいての教職員及び市職員対象の不審者による児童生徒の被害防止のための緊急対策研修会を開催するなどの対策をとってまいりました。さらに、幼児、児童生徒の安全確保のため、私立幼稚園及び小中学校の教室や保健室等に防犯サイレンつき拡声器を配付し、非常時における緊急連絡手段として活用していただくとともに、扉のない小学校3校に扉を6基を設置をする方向で進めさせていただいておるところでございます。
 次に、内面的な子供の安全教育ということでございますが、道徳教育を通じまして命の大切さ、人への思いやりなどを教育しているところでございます。また、先生につきましては綱紀の粛正を常日ごろ校長を通じて指導しておるところでございます。
 以上であります。
○福村光泰 議長 五十嵐正明議員の再質疑を許します。
◆五十嵐正明 議員 それでは、順番によりまして再質問させていただきます。
 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例について、まず再質問という形になりますけれども、この事業系ごみの改正ポイントについてはよくわかりました。当市における一般家庭ごみと事業系ごみについては、実態の搬入量が捕捉できないというようでございますけれども、年々事業系ごみが数字的には多くなってきております。埼玉県の統計によりますと、平成10年度が77対22.6、事業系のごみが多くなってきております。過去さかのぼっても事業系のごみが年々増加しているということがわかるわけですけれども、そこでこのようなことから今回の改正において事業系ごみの減量も含めての対応かというふうに考えられますけれども、この制度を改正する目的としてはどのようなものが挙げられるのか。また、この条例の第9条において市が処分する産業廃棄物という1条が今回規定されておりますが、この内容についてご説明いただきたいと思います。それと同時に、現在事業者から月額1,500円清掃業者が直接徴収しているようでございますが、今後はこの条例に基づいて、条例のようになっていくのか、どういうふうにお考えなのかお尋ねいたします。これは、一部事業者から有料について、今お金を取っているわけです。それのことを言っているのですけれども、今まで1,500円取っていたものが今度はすべて条例に基づいて、それが事業者が収集業者にお金を払っていくというような形になるのか、あるいは従来どおり今まで事業者から徴収している1,500円をそのまま継続していくのかどうか、その辺についてお尋ねいたします。
 医療につきまして再度ご質問させていただきます。老人医療費につきましては、65歳からの適
P.30
用ということで以前から県内でも近隣の2市2町が特に充実しているという認識は持っております。これは現在も変わっていないのか、まず1点お尋ねいたします。また、所得制限が強化されるものの、市単独分であります65歳からの適用が継続される案になっておりますので、少しは安心しておりますけれども、答弁の中にありました課税標準額を47万円とした根拠、これについてお尋ねいたします。
 次に、収入役の方の答弁、まだ確定したものではございませんから、当然そのようなご答弁になるかと思いますが、ペイオフが始まったときに慌てないように、指定金融機関、これは交代することもできるわけですよね。そういうことも含めて、これからのあさひ銀行と大和銀行の統合等のことをきちっと金融機関とよく打ち合わせをしてやっていただきたいというふうに考えています。
 それから、教育について。みんなそうなのですけれども、人のうわさも七十五日みたいな形でもって、ちょっと日々がたちますとこういったことが薄れてきてしまいますので、薄れてこないようにいつも言われております学校、家庭、地域と、この3者できちっと密接に連絡をとり合って、子供の安全のために考えていただきたいと思います。特に今子供たちが、あるいは生徒が今回のような事件の報道を見ますと、先生方を信頼するいわゆる信頼度が薄れてきてしまう、そういう先生方の信頼度を回復するためにも子供たちとよく密接な関係をとって、学校現場の中で先生方が接していただきたいと思いますので、ひとつお願いいたします。
 以上で2回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 第54号議案の再質問についてお答え申し上げます。
 確かにご質問のとおり、現状における事業系ごみの実質の搬入量、これは把握しがたいものがあります。これは、先ほどお答え申し上げましたけれども、当市の事業系ごみの収集に当たっては二十数年来混載という方法で実施してきております。これは上福岡という地理的状況ですとか、地域的な事情とか、このような方法をがとられてきたというふうに思いますけれども、今回の制度改正によりまして事業系、家庭系ときっちりと区分けをしていくというのが一つ目的であります。また、手数料についても現状、一般ごみとの混載ということから、手数料を支払っている事業者と支払っていない事業者で不公平を生じていると。これらの解消に向けても一つの改正の目的でございます。
 次に、改正後の第9条、市が処分する産業廃棄物についてでありますけれども、今回の改正における新設の条文の一つであります。これは、現在もある程度受け入れをしておりましたいわゆる産業廃棄物としての木くずやおから、畳、これは受け入れることを明文化したものであります。国の廃棄物の処理及び清掃に関する法律第11条において、市町村は単独に、または共同して一般廃棄物とあわせて処理することができる産業廃棄物、その他市町村が処理することが必要である
P.31
と認める産業廃棄物の処理をその事務として行うことができるというふうに規定してあります。これに基づきまして、処理を行うこととするのであります。処理するものについては、先ほど申し上げました木くず、おから、畳、3品程度想定しております。一般廃棄物の処理に支障のない範囲で、市長が必要の都度規制するというふうになります。
 それから、最後に収集料についてのご質問ですけれども、今後すべて処分料につきましては条例どおりということで、条例に基づいて納めていただくというふうになります。ただ、収集運搬につきましては収集の形態がそれぞれの事業者によって違います。例えば日取り、日取りといいますのは月曜日から土曜日まで毎日、あるいは1週間に1回、1週間に2回とか、いろいろ収集の形態が違いますので、収集運搬はその事業者と収集業者との話し合いによって契約をしていただくと、あわせて処分料も含めた額を契約していただくと、処分料は収集業者から市の方に納入されるというふうになります。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 ご質問のありました老人医療費の県内の実施状況でございますが、65歳から実施している団体は2市2町以外では1町ございます。ただ、その1町の実施におきましては、65歳以上の身体障害者の方のみを対象としておるところでございます。他の団体においてはちょっとお聞きしておりませんので、県内では5市町だと思います。
 それと、続きまして2点目の47万円の根拠でございますが、高齢者2人世帯で年金の収入額が年額で380万円を想定しております。この47万円につきましては、収入から年金所得控除額を差し引き、さらに平均的な諸控除を差し引いた金額が課税標準としての額47万円ということでございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 岡田収入役。
◎岡田忠雄 収入役 指定金融機関について交代できるのではないかというご質問をいただきましたが、これらにつきましては上福岡市だけではございませんし、県内、先ほどご質問の中にもございましたように、県を含めて約90市近くあるわけでございますので、今後さらに情報収集に努めまして慎重な対応をしてまいりたいというふうに思っております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 お答えいたします。
 11番議員さんのご質問のとおりかと思います。薄れないように学校、地域、家庭、こういったものととり合って、安全のために進めていかなくてはならないかと思います。また、同時に目の高さで教育できる各先生方をより指導していくとともに、なお一層信頼できる教師像の育成を進めるため、綱紀の粛正に対する指導を進めてまいりたいと考えております。
○福村光泰 議長 五十嵐正明議員の再々質疑を許します。

P.32
◆五十嵐正明 議員 それぞれ細部につきましては、各常任委員会で私どもの会派の議員の方からご質問させていただくと思いますけれども、まず一言だけ申し上げておきます。4医療の改正、これははっきり言って福祉の後退と言っても過言ではないのかなというふうに私自身はとらえさせていただいております。といいますのは、最近の新聞報道は皆さんもご存じだと思います。老人医療費の1割負担の上限だとか、あるいは社会保険の本人負担が2割から3割とか、こういう医療保険制度の改正が今後行われてまいります。そういった中で、当然上福岡市も老齢人口がふえてくることは事実でございますけれども、それをただ単純に老人の医療費を削減していくのではなくして、ほかの方法もやっぱり当市独自として考えていかなくてはならないのかなというふうに考えております。細かいことは各常任委員会で論議していただけるものというふうに判断しております。
 以上をもちまして順正会を代表しての総括質疑を終了させていただきます。ありがとうございました。
○福村光泰 議長 五十嵐正明議員の質疑を終了いたします。
 休憩いたします。

   休 憩 午前10時22分
   再 開 午前10時32分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、明和会所属議員から質疑を受けます。
 細井地久議員。
◆細井地久 議員 それでは、明和会を代表して質問をいたします。
 まず、54号議案について質問いたします。廃棄物の処理及び清掃に関する法律、いわゆる廃棄物処理法によると、事業活動に伴って生じた廃棄物は家庭から出される一般廃棄物と異なって事業者の責任において処理しなければならないことになっています。事業系のごみは、この原則から考えるならば市の施設によって処理する場合は、少なくてもその処理に係る原価は事業者が負担するのが本来の姿であると考えます。もし、原価以下で処理することになれば、事業に関係がない一般市民の税金により産業廃棄物を処理することになります。このごみ処理の原価は、焼却するごみについてはトン当たり2万3,000円、10キロに換算すると230円であり、上福岡市はこの単価で大井町や三芳町から処理の委託料をいただいておるわけでございます。不燃ごみ、粗大ごみの処理の原価はトン当たり1万7,300円、10キロに換算すると173円になります。今回の改正案によれば、不燃ごみ、粗大ごみについては廃棄物を出した業者から100円をもらって、三芳町には173円を支払うことになり、差額の73円は一般の市民の税金を使うことになります。現在の処
P.33
分料はキロ当たり50円となっているので、一気に原価のレベルまで急激に引き上げることはできないと考えますので、今回の改正は妥当なものと思います。しかし、近い将来、この原価のレベルまで処分料を引き上げるべきだと思いますが、考えをお聞かせください。なお、家庭ごみの処分場への持ち込みを無料にする改正は適切なものであると考えます。
 次に、第59号議案でございます。平成13年度上福岡市一般会計補正予算案についてお伺いをします。この予算案の款4衛生費、項1保健衛生費の目3環境衛生費に火葬場、斎場事業についての入間東部地区衛生組合の関係事務費の負担金576万3,000円が計上されています。この負担金の各市町の負担割合はどのように決められたのか、今後火葬場、斎場関係の費用はすべてこの負担金の割合によって分担することになるのかお伺いをします。火葬場、斎場の建設は2市2町都市づくり協議会が平成11年3月付で作成した火葬場、斎場整備計画基本構想を参考にして計画が進められるものと考えます。この資料によれば、平成9年度の2市2町の死亡者数は1,121名となっています。また、平成12年度の死亡者数は私が調べたところ1,281人、これが平成30年には1,879人と推計して、必要炉は5基、それに域外からの受け入れに対して1.2基、予備1基、計7.2基。これをさらに繰り上げて8基の炉を設定する計画になっています。しかし、2市2町の中で三芳町では所沢の火葬場に非常に近い地域にあり、ある程度の費用の違いはあっても2市2町で亡くなる人のすべてがこの火葬場のお世話になるとは考えにくいのです。また、平成30年はまだかなり先のことですから、当面6基の炉を設置して必要に応じて増設すべきではないかと考えます。しかし、この件につきましては衛生組合の所管事項にも関連をいたしますので、十分検討されることを要望しておきます。
 次に、この火葬場を何年度に完成することを考えているのかお尋ねをします。さらに、運営補助金が必要になるのかどうか、必要とすればまたどの程度の金額になるのか、もし現時点で必要となる金額がわからなければいつごろにこの金額の、おおよその額でも結構ですから、推定できるようになるのかお伺いをいたします。
 次は、款8土木費、項3都市計画費、目3の下水道費についてお尋ねをいたします。これは、下水道事業会計に一般会計より6,467万円を追加繰り出しするというものです。この繰り出しは、経済不況によって企業の水の排水量が大きく減ってしまったのが原因と考えます。そこで、排水量が大きく減少した企業について、企業名は結構ですから、上位3社くらいについてどの程度減少したのかお伺いをします。減収になれば、どうしたら収入をふやすことができるのか考えるのが、事業体として当然やるべきことです。現在下水道が供用されている区域で未接続となっている戸数が1,000戸以上あると思います。そこで、この下水道が未接続となっている戸数が一体どのくらいになっているのかお伺いをします。また、この未接続になっている建物の所有者に対して、今まで下水道に接続するようどのような対策をとってきたのかもお知らせください。私が特に問題だと考えているのが浄化槽で、し尿などを処理していながら正しく定期点検などの管理を
P.34
していない人がかなりいるということです。これは、環境対策の面からも見過ごすことができない問題です。浄化槽の設置や変更の届け出は市町村、浄化槽の保守点検についての指導監督は県という今の管理体制にも問題があると思います。ぜひ県と連絡をとりながら、問題のある浄化槽を少しでも少なくするような努力をすることを要望しておきます。また、下福岡、駒林、川崎などの市街化調整区域の中で下水道引き込みの計画が立てられていない地域があります。これらの地域に下水道を引き込むことになると、一般会計から下水道事業特別会計の繰り出しがさらに多くなるものと思います。そこでこれらの地域については、合併浄化槽の設置を推進してください。これは要望です。
 次に、款10教育費、項2小学校費、目1の学校管理費の補正額696万8,000円についてお伺いをいたします。この予算は、大阪池田小学校で発生した事件などが起きないよう、第1小学校、第4小学校、第5小学校の門に扉をつけ、また防犯サイレンつきメガホンを小中学校、幼稚園の各教室に設置しようとするものですが、これらの対策に平成13年度に国の特別交付金、補助金などの財政措置がとられる見込みであるのかどうかお伺いをいたします。
 以上で最初の質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず初めに、第54号議案についてのご質問からお答え申し上げます。
 ご指摘のとおり昨年三芳町、大井町から可燃ごみを搬入しております。その際、トン2万3,000円ということで処理をしてございますけれども、したがって10キロ230円というふうになります。確かに、可燃物の処理単価についてはそういう金額で他市町とは処理金額を定めております。ただ、今回改正で処理料金の改定をお願いしておりますけれども、とにかく25年前の策定された条例の改正ということで、まず制度の定着をさせていかなければならないというふうに思います。まず、これを最優先として私ども考えております。近隣と比較して、まだ料金的には低い設定をされておるところがありますけれども、来年からの制度の普及を最優先ということで考えております。したがって、処理料金につきましてはそれからというふうに思っております。
 それから、火葬場と斎場の関係ですけれども、負担金についてですけれども、今年の第1回定例会におきまして衛生組合規約の一部変更がなされましたけれども、そこでは共同処理の事務ということで火葬場及び斎場の設置及び管理に関する事務というのが加わりまして、この事務にかかわる経費は組合の事業(財産)により生ずる収入及びその他の収入をもってこれに充て、なお不足すると認められるときは、次の割合をもって組合市町が負担するものとすると。人口割80%、均等割20%。これは、現在もそうですけれども、供用開始になった後もこの割合で負担をしていくということでございます。
 それから、完成の年度はというご質問かと思いますけれども、これから衛生組合の議会で補正予算等上程されます。全体のスケジュールも含めて、現在組合で調整中でございます。

P.35
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 それでは、下水道関係につきましてお答えをさせていただきます。
 この景気低迷ということで排水量が減額をした中で、今回補正をお願いしたわけですが、ただいまのご質問にありました上位3社の問題でございますが、これにつきましては排除量で約60万9,000立米が減額で、金額に直しますと6,400万円前後が減額となっております。
 それから、二つ目の公共下水道の未接続者の対応なのでございますが、これにつきましては従来から市報等でPRをした中で、はがきによる通知等も関係者の方には出させていただいておりますので、今後もこれに基づきまして努力をさせていただきたいと考えております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会に対するご質問に対してお答えいたします。
 まず、教育委員会としましては子供の安全は一日も怠ることのできない問題であると認識しております。また、緊急に対応していきたいと考えております。なお、財政措置についてというご質問でございますが、これにつきましては6月11日に大臣の談話が発表されました。その中で、各自治体等の緊急安全管理対策を支援するため、総務省と文部科学省において平成13年度中に行う緊急対策に係る財政支援を行うこととしましたという発表がされております。その中で門扉につきましては、地方債による対応ということでの発表がされております。また、今回サイレンつき拡声器を緊急対策として計上した内容でございますが、これにつきましては県の彩の国の子供を守る緊急対策事業として2分の1の補助を受けまして実施するところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 細井地久議員の再質疑を許します。
◆細井地久 議員 それでは、再質問を行います。
 まず、事業系のごみの処分料の件でございますけれども、富士見市、志木、新座は20キロまで440円です。10キロに直すと220円ですけれども、これは10キロであっても440円ということですから、かなり高いものになると思います。それから、和光、朝霞でも10キロで220円、これはほぼ原価を取っているということになるのかと思いますけれども、これを将来どうするのかということについて、将来こういうのは原価まで徴収する考えがあるのかどうかということについては、明確なご答弁はなかったように思いますけれども。今は結構ですが、将来ぜひひとつ原価のレベルまでいただくのが本来の姿だと思いますので、これらの市町村にあわせて将来こういうような改正をぜひ考えていただきたい、私はそのように考えます。
 それから、現在の事業系のごみのうちかなりのものが処分料を払わないで、家庭から出る一般廃棄物として処理されていると思います。この事業系のごみについて一般廃棄物と区分して処理することは、担当課としても非常にご苦労があると思います。もうなぜこんな金を取るのだ、な
P.36
ぜ我々はこんなに金を払わなければいけないのだと、非常にご苦労があるかと思うのですが、ぜひ正しく区別されて処理ができるよう努力していただきたいと思います。なお、廃油は下水に流されると大きな被害を招くことになります。廃油が下水口に流されることのないよう、特別な対策を立てることを要望しておきます。
 次に、火葬場の件でございますけれども、これは今のところ8基ということですけれども、本当はこの資料によっても6基で間に合うことである、6.2基。それを繰り上げて8基なのです。しかも、これは平成30年ということです。もし8基設置するならば使わない炉も出てくる、あるいは長い間に傷むこともある、そういうこともありますので、この資料によっても30年で6.2基あれば間に合うことになっているのです。ですから、これは衛生組合の仕事ですけれども、負担金は市にかかってくることと思いますので、なるべく少ない費用で済むようにひとつ努力をしていただきたい。どうしたら負担金が少なくなるのか考えていただきたいと、このように考えております。
 次に、下水道ですけれども、上位3社ということでお尋ねをしたのですけれども、全体で6,400万というようなことなのですが、企業名は結構ですから上位3社についてお尋ねできないかどうか。それからあと、下水道の未接続戸数、これは私ちょっと聞き漏らしたのですけれども、はっきりわかりませんけれども、もう一度ひとつ確認のためにお伺いをさせていただきたいと思うのです。
 それから、加入戸数をふやす問題については、やはり税務課は市税を取るのに皆さん非常な苦労をされているわけです。ですから、下水道課も各家庭を回って未接続のうちに接続していただけないかどうか、こういうようなお願いを当然私はするべきだと思うのです。もしどうしても手がないということであれば、期限を限って嘱託の人をお願いする方法もあるのではないかなと思うのですけれども。まだ、私は下水道課がそういうような努力をする余地があると思うのですけれども。まだとてもその努力が足らない。この6,400万減って全部回収できるか、できないかもしらぬけれども、少なくても少しでも加入者数をふやして増収を図るということについて努力することは当然のことだと考えます。これについてひとつご答弁をください。
 それから、教育委員会の門扉の国の補助金の件ですけれども、議案が提出された時点で私は財政にも教育委員会にも参りましたけれども、13年度に国の補助金が出るという話は全然ございませんでした。それで、今の時点になってそういうような補助金が出るというのは、私はあれっと、こう思うのです。最初私は平成14年度に出るかと思っていたのです。それで、14年度出る。この門をつけたとしたって警備員を置くわけではない、かぎをかけるわけではない。そうすれば特に第4小学校は、平成14年度まで待てば補助金が出るのであればなぜ13年度にやるのかと、こういうふうに考えたのですけれども。この点については、13年度に出るということであればそれで結構でございますので、それ以上については特に申し上げません。
 以上でございます。

P.37
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず、事業系ごみと家庭系ごみのきちっと区別をすること、これ大事なことなのですけれども、現在お示ししました資料の中に約600件の事業者と今現在ですけれども収集業者との契約がなされているということで、事業所の数がもっと倍以上ございます。それらに対して担当職員必死になって個別に説明に伺って理解を求めるという働きかけをこれからしていきます。できるだけ事業系ごみは事業系ごみということでやっていきます。最善の努力をしていきたいと思います。
 それから、火葬場の件ですけれども、これも今後補正予算計上させていただいておりますけれども、その中でも基本計画を策定することになっております。その中で炉の数等もきちっと、土台はできておりますけれども、それに加味して検討されてつくられてくるというふうに思います。現在所沢というお話が出ましたけれども、上福岡市民の方の利用といいますか、浦和、川越、戸田、所沢、この4カ所が多いわけなのですけれども、そこももう大分対応ができなくなっているというのですか、圏域内でいっぱいということなものですから、その圏域外の住民への利用制限といいますか、時間制限ですとかあるいは利用料金ですとか格差つけておりますので、なるべく圏域内にできましたら三芳町の方もそちらを利用されるのではないかというふうに思います。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 上位3社ということで先ほどお答えをさせていただきましたけれども、排除量の合計を私申し上げましたので、個々に上位3社ということでございますので、お答えをさせていただきます。まず、A社につきましては56万9,000立米の減でございます。それから、B社につきましては4万1,700の減でございます。それから、C社につきましては654ということで、先ほど申し上げました合計が60万9,000立米減額になったということでございます。
 それから、未接続者の関係でございますが、これは我々も手をこまねいているわけではございませんで、いろいろ市報等PRをさせていただいた中で、どうして接続していただけないかということでご意見等も聞いた中で、まず経済的問題の方がかなりいらっしゃいます。その関係で、できるだけ私の方といたしましては貸し付け等ございますので、そういうものを利用して接続していただきたいということでお話等をさせていただいておりますが、なかなか浄化槽等設置しているということで、接続していただけないのが現状であります。これからもできるだけ未接続者につきましては、いろいろ我々としても努力をさせていただいた中で協力していただけるようお話等進めさせていただきたいと思っております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 お答えいたします。
 教育委員会といたしましては、先ほども申し上げましたように、子供の安全は一日も怠ることのできない問題であると考えております。たとえ3カ月であっても緊急に対応していきたいとい
P.38
うふうに思っております。また、先ほどの質問の中に補助金の関係がございましたが、大変申しわけございませんが、教育委員会としては補助金ではなく地方債の対応があるということで認識しておりますので、ご理解いただきたいというふうに思います。
○福村光泰 議長 細井地久議員の再々質疑を許します。
◆細井地久 議員 門扉で、地方債の対応があると、補助金とか特別交付金とかそういう問題ではないということになれば、来年度になったら出る見込みがあるのかどうか。朝日新聞では、何か14年度にそういうような国の財政措置があるような、割に目立つ記事があったように思っているのですけれども、そうだとすればこれからやったとしてもできるのは恐らく1月末かそのくらいになると思うのです。設計をし、業者の選定をし、入札をし、ということになると。それなのに、第4小学校というのは3月の末です、使うのは。それから1年はあと使わないわけですから。今まで長いこと門扉をつけないでそうやってきたわけですから、少なくても第4小学校については。もし来年補助がつくのであれば来年度やるということを考えてもいいのではないかと、私はそう思ったのです。
 それからあと、下水道についてはひとつぜひ加入戸数をふやすように努力をしていただきたいと思うのです。もし必要があれば前の人との均衡という問題もあるかもしれないけれども、何らかの財政支援措置をさらに考えていただいた方がいいのではないだろうか。それから、今の浄化槽の管理もなぜ今のような状況になっているのか、私は本当にこれは問題だと思うのです。ですから、これはもう市の条例をつくるというのは大変かもしれないけれども、どうしたらこの問題を少しでも改善できるのか、浄化槽をチェックしていって、問題のある排水が出ないようにすることも大切かなと思いますので、この点についてはさらにいろいろ検討をしていただきたいと思います。そのほかにもいろいろ問題がありますけれども、あとは委員会でひとつ審議するようにしたいと思います。
 では、以上をもって明和会の質問を終わります。
○福村光泰 議長 細井地久議員の質疑を終了いたします。
 明和会所属議員の質疑を終了いたします。
 次に、日本共産党所属議員から質疑を受けます。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、日本共産党からの総括質問、私と山川議員がしますので、まず最初に私が質問をさせていただきます。
 まず最初に、47号議案、2000年度一般会計決算の内容について幾つか大きな点だけを中心に質問をさせていただきます。まず、この2000年度の一般会計予算については、日本共産党は修正案を提案をいたしました。しかしながら、賛成者が少なく否決されましたが、この中で修正案で提案した中でこの2000年度に実績としてやっていただいたものが幾つかあります。例えば市民交流
P.39
施設の開会式典の減額、これも行いました。介護保険の利用料は4月からということで私たちは提案しましたが、これも10月から利用料の低所得者への軽減もできました。また、緊急避難ポールを当初予算では全部撤去というような方針でしたが、これについても調査したところ全部撤去ではなくて一部撤去とあわせまして、誘導標識3基、避難場所標識3基が設置されたというのが資料に載っておりました。また、ごみの標識板、これについても当初は500枚という予算でしたが、これについては1,000枚は必要ではないかということで私たちは修正提案を行い、これについても実現をしていただきました。しかしながら、片一方では学校の改修の関係で第二次総合振興計画では1小、2小の耐震補強工事、設置、施工、改修工事設計、トイレの改修工事設計の計画がありました。しかしながら、1小のトイレ等について私たちは、1小と6小のトイレのせめてにおいの強いところ、ここについて急いで改修してほしいというような修正提案を行いましたが、これについては1小については、第二次総合振興計画の計画とも一致しているわけです。そういう点ではぜひやっていただきたかったわけですけれども、これについてもやっていただくことができませんでした。ぜひこの点については、なぜやらなかったのか教えていただきたいと思います。
 次は、2000年度の決算の実績の中で地方債残高を調べましたところ、4年前と比べますと約14億円ふえております。これから先またむやみに借金をふやすべきではないと思いますが、担当課の見解が今後の方針をどのように考えているのかお尋ねをいたします。
 もう一つは、地方債の実績ですけれども、これについては調べたところ1人当たりおよそ18万ぐらいになると思うのですけれども、この数字で正しいかどうか確認をさせていただきます。
 次に、歳入の関係です。市税の4%の落ち込みという報告がありました。その原因には、個人市民税では納税義務者の減とか所得税の減、税法の改正によるなどとなっております。この中で税制の改正で最高税率が2%引き下がったために7,084万6,000円の減収となっております。そこでお尋ねをいたします。700万円以上の所得者、これは対象が何人くらいいるのか、それと全納税者に対してどのくらいの率になるのかお尋ねをいたします。
 次は、法人税です。これについては国の税法の改正で分社化を促進させたり、法人税率が4.5%引き下げられたために4,095万円の減収となっております。こうした中で、一つには市内の分社化による影響がどのようにあったのか教えていただきたいと思います。また、市税徴収率が0.3%減っております。また、滞納繰り越し分も4.1%逆にふえております。これらの原因について、担当課ではどのように分析しているのか教えていただきたいと思います。
 次に、歳出の面です。執行残の内容を見ますと、大変不用額が多くあります。そうした中で、細かい点は特別委員会の方でお願いするとしましても、私が見て気がついた点で幾つか調べてみました。例えばそうした中で、民生費の中で児童手当の不用額というのが763万円ありました。こんなにどうしてあるのだろうということで資料等を共産党は要求していますので見ましたら、
P.40
当時資料には該当者が少なかったということでありましたので、何人ぐらい少なかったのかということで調査をしたところ、そういう理由ではなくて積算のやり方が間違っていたということがわかりました。また、市民交流施設フクトピアの不用額も1,253万円需要額として不用額になっております。これも内容を調べましたら、電気代やガス、水道代ということで、本当ですかということで担当課に尋ねましたら、本当ですということで見積もりが大変大きいというのがこの点からもわかりました。そういう点では、これらについては担当課の方も大変日常的に忙しいとは思うのですけれども、資料をこちらとすれば要求していますので、正確な資料をぜひ提出していただくように今後お願いしたいと思います。この点については1点だけ、桜通り線の測量の調査委託料、これが予算では1,200万円出ておりました。そして、実績を見ましたら約700万弱の実質的になっております。ですから、不用額は500万円程度あったのではないかと思うのですけれども、ちょっとこれも大きいのです。そういう点では、なぜこんなにたくさんの不用額が出たのかということでお尋ねをいたします。それと、全体としてこれらのことから言えるのは、委託料の関係の予算の積算が、これ大変高く見ているように思うのですけれども、この点については担当課としてはどのように考えているのか、この点についてお尋ねをいたします。
 次に、事業の見直しの関係です。武藤市長は、事業の見直しとして事業の担当者や市民に相談なく、例えば市民体育大会や成人式を中学校区ごとにこの間変更してきました。ところが、2000年度の実績では1カ所で行うようになりました。これを見る限り、事業の変更、これをくるくる変えるというような方向でやっていいのかどうかという点でこうした方針をまた変えてしまったのか、この点についてお尋ねをいたします。
 次は、2000年度からこの予算の中では介護保険制度が始まったり、児童センターフクトピアができました。また、霞ケ丘保育園の建て替えもあり、その内容についても市民要望にこたえるために保育の拡大等も行ってまいりました。これらに対応するために2000年度についてですけれども、退職者が何人いて、これに対して新規職員は何人とったのか教えていただきたいと思います。この職員については公的責任から職員の配置は臨時職員をふやす方向ではなくて、臨時職員ですと人件費を安く抑えることができるというようなことで安易にそういう方向に走る傾向がありますけれども、やはりきちんと公的責任からも正規職員を必要数確保する、このことが必要だと思います。この点についての考え方をお尋ねをいたします。
 次は、衛生費の関係です。上福岡6丁目の自転車駐輪場が昨年10月に廃止になりました。この駐輪場は当時938人が利用しておりました。そして、駅利用者が減ることは町の活性化にもマイナスになるというようなことを私もこの議会で質問をいたしました。そうした中で当時この廃止の理由には、民間にも受け入れる台数があるのだというようなことを答弁されておりました。この結果、駐輪場廃止になってそれらの利用されていた人が民間の駐輪場にきちっと利用しているのかどうか、この点を担当課が把握をしているのかどうかお尋ねをいたします。もし把握をして
P.41
いないようであれば本当に民間任せというようなことだし、真剣に本当に町の活性化のことは考えていないのではないかというように考えますけれども、この点についてお尋ねをいたします。
 次、50号議案、介護保険会計の決算についてです。介護保険が始まって1年が経過をいたしました。介護保険を利用した人が実際少なかったのではないかという資料にも、こちらで要求したところ、内容を見ましても介護認定されても利用した人はおよそ40%にとどまっております。この原因を担当課はどのようにとらえているのか、この点についての見解をお尋ねいたします。また、実績として実質収支額が1億7,640万円の大幅な黒字になっております。今度10月からは65歳以上の保険料が2倍になるということで、今本当にこれに対する怒りの声というのがたくさん寄せられております。高齢者の医療費も小泉内閣は、次々にこれからも負担を押しつけるというような方向に進めようとしております。ですから、保険料が倍になったらますます病院には行きにくくなるし、介護保険の利用もしづらくなるというような方向になると思うのですが、この点について市としてこの保険料の高齢者の低所得者の負担軽減を図るようにすべきだというように考えておりますが、この点についてどのように考えているのか。また、市が高齢者の低所得者の負担軽減を図った場合にはどのくらいの金額がかかるのか、この点についてお尋ねをいたします。
 次は、54号議案、事業系ごみの処分制度の見直しについてです。先ほども他の会派の議員の方が質問をされました。そうした中で、何点かお尋ねをいたします。この話をずっと聞いておりまして、経過等、なぜこういうふうに変えるのかという話を聞きまして、私は事業系ごみについて市の責任がなくなるというふうにこの方向でなるというふうに受けとめております。法人といえどもきちんと税金は払っているわけです。そうした中で、この間一般家庭ごみを含めて混載していたということはありますが、市が進めてきたリサイクルについては協力して大分徹底が今されてきているところだと思うのです。そういう点では、さらにこれを徹底するという上で業者任せにしていいのかどうかという点での考え、そして実際行政から離れるわけですから、そうした中でごみ減量については、この先ほど読んだ条例の中ではきちんと分別をすべきだというような項目が入っておりますが、しかしながら実際はやはりきちんと見ていかないと徹底できないと思うのです。この点についてはどのように徹底を図る考えがあるのかお尋ねをいたします。
 福祉4医療の関係です。これについては、本当に県も財政が大変だということで、結局医療費の負担を住民に負担増を押しつけるというような一つのやり方で、今回来たのではないかというふうに思います。そうした中で、私は55号議案、老人医療の支給に関する条例改正、これについては受給者資格要件の所得制限を大幅に下げたわけです。そして、私どもが調査した資料によりますと、支給対象を665人も外されるというような内容で、大変これは住民に負担をふやす方向であります。こういうやり方は許せません。特に2市2町の場合は、先ほども報告しておりましたけれども、全県の中でも先進的に老人医療を住民の立場で守ってまいりました。65歳から医療補助を行ってきたというようなことがありますが、今度の中でこれを県の基準に合わせるという
P.42
ような方向かどうか、この点については確認をさせていただきたいと思います。それと、先ほど65歳から67歳までの対象については年齢の満了までは従来の対象になるということでしたけれども、その点について確認とあわせてそうした人が何人ぐらいいるのか、この点についてお尋ねをいたします。
 次は、57号議案です。上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の改正についてです。この改正案は、これはほかの4医療の中に含まれておりますけれども、入院時の食事については有料にする方向になっております。そうした中で、特に57号議案の場合は大変重病の方、例えば心臓病の子供を持っている、こういう家族の方からも陳情書がこの議会にも寄せられております。そうした中で、書いてありました。重病を抱えている家庭は大変だと思うのです、精神的にも肉体的にも、そして今度は当然食事代というのは、今まで助成していたのは治療の一環であると、そういう立場でこの食事代を補助していたと思うのです。それが今度は有料になるわけです。その点について担当課はどのように考えているのか。全県の様子を見ましたら、特に57号議案についてはこういう大変な状況だから食事代は引き続き助成をしようと、県内13市でそういう方向で動いておりますし、まだ検討中というのも幾つかありました。ですので、当市ではこうした点では食事代についてはぜひ助成を継続してほしいというふうに考えたいと思いますが、その点についてどうなのかお尋ねいたします。また、食事代を今度助成する場合どのくらいの金額が必要なのか、この点についてもお尋ねをいたします。
 最後に、59号議案、一般会計補正予算についてですけれども、これについて1点だけ質問をさせていただきます。先ほど教育費の関係でいろいろと質問がされておりました。私は門扉云々ではなくて、例えば池田小のこういう事件がありまして、それなりに対応が必要だということはわかります。そうした中で、何をしたら一番適切なのかというのを決める場合に、例えば先生方の意見やそういうことなんかも加味して、そうした中で結論を出したのか、その点についてお尋ねをいたします。
 以上で最初の質問を終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、総務部に関するご質問に順次お答えを申し上げます。
 まず、借金と申しましょうか、むやみに借金をふやすべきではないとのご指摘、地方債に関するお尋ねだと思いますが、これについてお答え申し上げたいと存じます。地方債は、ご承知のように地方公共団体が必要な財源を調達するために負う債務で、その履行が一会計年度を超えて行われるものでございます。地方債は、資金を借り入れる会計年度には財源として歳入に計上されますが、翌年度以降その償還のための支出を義務づけられたものであります。したがいまして、財源をみだりに地方債に仰ぐということは適当ではないことから、地方財政法第5条の規定等によりまして発行が限定されているところでございます。起債に当たりましては、借り入れの際に
P.43
交付税措置等のある最も有利なものを選択をするとともに、将来財政負担を招かぬような慎重な対応を今後ともしてまいる所存でございます。
 続きまして、市民1人当たりの地方債の残高についての確認でございますが、これにつきましては1人当たり18万円でございます。
 続きまして、委託料の関係についてのご質問と思われます。委託料につきましては、平成12年度の予算編成方針におきましても、前々年度の決算額や前年度の執行状況等の契約実績を踏まえ、的確に見積もるよう指示をしているところでございます。しかしながら、業務委託料などで不用額が目立っておりますが、委託業務の内容が予算見積額と執行時点におきまして、状況の変化等もある関係から不用額となるものもございます。14年度予算編成につきましても、引き続き財源不足が予想されますことから、予算編成時点からこれまで以上に実績等を考慮して、慎重に対応してまいりたいと存じます。
 続きまして、税の関係についてのご質問でございますが、個人市民税における700万円以上の所得者は何人で、納税者が何%となるかというご質問だと思いますが、これにつきましては860人で、納税者の3.3%ということになります。
 それから、続きまして市内の分社化についての影響というご質問だったと思いますが、この分社化につきましては、平成10年10月に市内の主要法人1社、これは地方税法の312条の1号の法人ということで、資本金50億円を超える法人で、従業員が50人を超える法人でございますが、この1社が1号法人1社と4号法人2社、4号法人と申しますのは資本金1億円を超え、10億円以下の法人、それから50人を超える従業員ということになりますが、2社に分割されたものでございます。これによる平成12年度の法人市民税の影響額は単純計算いたしますと、分社化前と比較して約8割の減収というふうなことになります。
 続きまして、市税の徴収の関係でございます。市税徴収率は0.3%減、滞納繰り越し分は4.1%もふえていると、原因をどのように分析しているかということでございますが、平成11年度の決算と比較しますと、確かに現年課税分、それから滞納繰り越し分を合わせて、トータルではマイナス0.3ポイントとなっておりますが、現年課税分は0.1ポイント増、滞納繰り越し分につきましては4.1ポイント増とそれぞれ前年を上回っているところでございます、徴収率でございますが。なぜトータルではマイナスなのかというご質問で、これを分析いたしますと、結果的に現年課税分の調定額が11年度と比較して約3億5,000万減少したということに伴いまして、このような結果になったものと解釈しております。
 続きまして、職員の関係でございますが、平成11年度の退職者数と12年度の採用者数ということだと思いますが、これにつきましては平成11年度の退職者数は18人、平成12年度の採用職員数は13人ということになっております。それから、正規職員を必要数確保云々というご質問だったと思いますが、これにつきましては確かに市の正規職員数はここ数年減員傾向でございます。こ
P.44
れは、新規採用一般事務職については極力退職者補充程度に抑えまして、技能労務職については将来の民間委託等も見据えまして、できるだけ退職補充を行わないということが要因となっていると思います。しかし、正規職員で補充しない技能労務職につきましては嘱託員を活用し、業務に支障を来さないよう努めているところでございます。それから、職員採用計画の策定ですとか、あるいは人事異動の実施の際には各部署からヒアリングを行いまして、例えば県からの事務移譲等により明らかに業務が増加する部署ですとか、あるいは他の部署よりも極端に残業が多い場所につきましては増員を図るなど、市民サービスの低下を招かないよう公的責任を果たすためにも配慮をしているところでございますので、ご理解を賜りたいと存じます。
 以上が私への質問だと思います。終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 第54号議案についてのご質問にお答え申し上げます。
 この事業系ごみについては、決して市の責任がなくなるというものではございません。ごみの中の事業系一般廃棄物として、市内の事業所から排出されたものについては市内で処分をするというのが原則であります。今回の改正においては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の原則にあわせたものでありまして、今までの事業系ごみ処理体制が過去における上福岡市のいろいろな条件に即したやり方として、25年前にスタートしたわけですけれども、近年における廃棄物処理についてはこの方法が実情にそぐわないということで、今回改正をお願いしているわけでございます。リサイクルの徹底につきましても改正後の事業系ごみについても、今までどおり市の分別方法と同じ方法でお願いをすることになっております。したがって、事業系ごみが行政から離れるというものではございません。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 それでは、私どもへのご質問にお答えをさせていただきます。
 まず、桜通り線の不用額の関係でございますが、これにつきましては当初1,200万円計上させていただきましたけれども、補正で349万7,000円を減額をさせていただいたということで、850万3,000円で執行させていただいた中で実施をさせていただいておりますので、特に不用額等若干出ておりますが、今後不用額等については見積もりの段階でよく精査をしていきたいというふうに考えております。
 続きまして、放置自転車の関係なのですが、放置自転車の撤去につきましては、資料でもお渡しをさせていただいておりますが、過去3年の経緯を見ますとだんだん台数につきましても減少してきておりますので、民間等の調査はしておりませんが、駐車場についての苦情等は特にございませんでした。
 以上です。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。

P.45
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、保健福祉部関係のご質問に対してお答え申し上げます。
 まず、介護保険関係、この利用率が非常に低いというご指摘でございますけれども、当市のみの現象でなく、他市町村におきましてもやはり同様な傾向となっております。このようなことを考えてみますと、やはり原因的には制度発足年度という形がございまして、制度に対する理解ですとかあるいはPRの問題等、こういうものが考えられると思います。このようなことから上福岡では介護相談員の関係ですとか、モニター制度を活用しまして今後努めていきたいと思っております。
 それとあと、市としての保険料の軽減関係でというご質問ですけれども、この部分につきましてどの程度の金額になるのかという形のご質問でございますけれども、保険料自体が5段階という形になっておりまして、低所得という形を想定しました場合、第1、第2の段階の方たち、この方たちを仮に2分の1という形で5割軽減を行った場合においては、2,400万程度の財源が必要になってくるという状態です。
 それと、続きまして55号議案、老人医療関係のご質問でございますけれども、この関係につきましては65歳から67歳、従前言われておりますマル特の方についての経過措置という形で、この方たちにつきましては来年5月末までの有効期限がございますので、その間を失効せず有効とするという内容でございます。何人程度おいでになるのかという形のご質問でございますけれども、この点につきましてはマル特の方につきましては年度末現在で1,598名の方がおいでになります。
 それと、57号議案、こちらの方の食事関係につきまして対象外にするという形で、担当課の方ではどのように考えているのかというご質問でございますけれども、先ほどもご答弁申し上げました入院なさっている方あるいは通院なさっている方、こちらの方の平等という形の観点を考えまして2市2町、事務担当、こちらの方の協議を経まして今回のご審議いただくものとなっております。それとあと、仮にそれをやらなかった場合、どの程度の財源になるのかというご質問がございましたが、おおむね860万(後ほど「1,560万」と訂正あり)程度でございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会へのご質問につきましてお答え申し上げたいと思います。
 まず、47号議案の決算認定の関係につきましてお答えいたします。まず、1小のトイレ改修についてでございますが、この1小のトイレ改修につきましては第三次総合振興計画、これに基づきまして平成14年度に第1小学校の耐震補強工事及び大規模改造工事の決定を行いまして、平成15年から平成16年度にかけまして工事を行うこととなっております。この関係から、1小のトイレ改修工事は大規模改造工事で行いたいというふうに考えております。また、6小のトイレ改修の話が出ましたが、6小につきましては今年度、13年度給水管更生工事、これを行った際に男子トイレにセンサーつきの取りつけを行ったところでございます。

P.46
 次に、事業の変更ということで成人式、地域スポーツ大会のご質問がありました。成人式につきましては、新成人の対象者が年々減少している傾向でございます。式典を1カ所での開催とし、実施の内容に関しましては全く変わらず3会場でアトラクションを実施している状況でございます。これは、3会場でのアトラクションを実施しているに当たっては、一つ屋根の下で行っている状況でございます。地域スポーツ大会につきましては、実施主体が自治会連合会を中心にした実行委員会形式で行っております。この実行委員会におきましては、各中学校区ごとの実行委員会でございますが、ぜひ1カ所にという希望を入れまして、1カ所で実施した経緯がございます。
 次に、第59号議案の補正予算についての関連でございますが、門扉の設置につきまして先生方等の意見を聞いて出したのかということでございますが、各学校におけるさまざまな不審者対応策については、学校長を通して意見を聞き、参考にしております。門扉につきましては、門のあるところについては門を閉めろというような教育委員会の方から指示をしておりまして、子供たちの安全対策、緊急対策としまして、門のないところ3カ所につきまして門を設置するということで今現在進めているところでございます。
 以上でございます。

△発言の訂正
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 57号議案の先ほどの説明の中で食事関係につきまして860万程度というご説明申し上げましたが、これは財政負担額でありまして、扶助費に直しますと1,560万程度という形で訂正させていただきます。
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の再質疑を許します。
◆岩崎公夫 議員 それでは、それぞれ答えていただきました。
 幾つか絞っていきたいと思うのですけれども、この歳入の関係で市税の落ち込みというような中で、今教えていただいた中でわかったことは、一つは企業です、分社化の関係とか。あとは700万以上の所得者に対する減税措置とかいうふうなことが、この間国が進めてきているやり方だということで改めて確認されました。そういう点では、今国が進めているのは企業や一部の高額所得者、こういう人たちへの減税を進めてきているということがわかったのではないかというふうに思います。そういう点では今のこうしたやり方ではなくて、やっぱり市民が消費の拡大を図るというような方向に進めるのがこれから大事ではないかということで、日本共産党は消費税の減税ということを提案しておりますけれども、本当にこれが理にかなった策ではないかということを一言述べておきます。
 次に、不用額の関係については、積算の前年度のを参考にしているのだということでありますけれども、必要な分は当然必要な額、計上していただくというのは結構なのですけれども、私が
P.47
気になったのは委託関係が特に不用額が多いので、やっぱり委託関係での見積もりがちょっと甘いのではないかというふうなことがあったわけなのですけれども、一般的でなくて、そういう点でこの間2000年度だけではなくてその前からもそういう傾向があったのではないかと思うのですけれども、その点については調査というか、そういうのをして、例えば委託関係での不用額というのは年々少なくとも減ってきているのか、それとも同じようにあるのか、その点についてわかりましたら教えていただきたいと思います。
 それと、事業の見直しの関係なのですけれども、これについては成人式については対象が減ったと、これは中学校区ごとに分けた段階でどういうふうに対象者が減るかということはわかっていたと思うのです、当初から。しかしながら、それをあえて中学校区ごとにしたという点からすると、今の説明だと私はちょっと納得できないのです。それと、例えば成人になられる人たちを含めて実行委員会をつくって進めてきたということですけれども、今も1カ所でもそれぞれの学校区ごとに分かれてやっていますよということかもしれませんけれども、今までは別々の場所でずっとやっていたわけでしょう。それが今回は一つの場所になったわけですから、私は当初思ったのは市民体育大会もそうなのですけれども、無理に中学校区ごとに結果としては分けたと。またそれが、自然の形というのか、市民が望んでいたように1カ所にするということになったのではないかというふうに私は今の話を聞いて思ったのです。そこで、何が言いたいかといいますと、そのときに幾ら事業を見直すといっても現場の人たちの声をきちんと聞くと、そういうことをしてから計画を立てるべきなのに、もう最初に中学校区ごとにやるのですよというのを打ち出して、そのためにでは実行委員会をつくりましょうとかいうふうな形になってきたのではないかというふうに思いますので、この点については、これからも含めてですけれども、その現場の声をきちっと聞いて、いろいろ検討をしていくと、そういうようなことが必要ではないかということなのですけれども、この点について再度確認をさせていただきます。
 あとは介護保険のことです。この介護保険については、今分析をされて利用者が少ないという中でPRが足りなかったというような話ですけれども、いろいろ新聞等で出ていますようにやはり高齢者の負担が実際にふえているということで、当然景気等もあります、そういう点で大変になっている実情が結果としては、利用者が利用したくても抑えているというふうにいろんな新聞等でも書かれておりますけれども、そのことが一言も出ないで、1年間やったけれども、結果としては宣伝が足りなかったのだと、そういうことで今後周知していくのだというふうな認識ですと、やっぱり私はこれがきちんと活用されないのではないかと思うのです。そういう点では利用者の立場に立って、きちんと利用しやすい介護保険制度とはどういうことかという点からぜひ考えていただきたいと思うのです。そういう点で少なくとも利用料の低所得者の軽減を図ったわけですから、そういう立場で保険料についてもぜひやっていただきたいというようなことを、これは今のまた結果的には同じようになるかもしれませんので、その点について利用者が少なかった
P.48
ということに対しての認識がやっぱりそういう点もあるのではないかと思うのですけれども、その点について担当課はどのように受けとめているのか確認をさせていただきます。
 それと、衛生費の関係なのですけれども、駐輪場のことです。これについては放置自転車の撤去数が少ないと、だから要するに担当課としてはこれでよしというふうなことかもしれませんけれども、938人が利用されておりまして、これを民間の駐輪場に入っているかどうかというのは把握していないということですよね。ということは、上福岡の駅を利用されている方が結果としては減っているということもあるわけです。ふじみ野駅を利用しているということにもなるのではないかと思うのです。私は、そういう点を心配して、活性化の問題と結びつく問題だと思うのです。そういう点での認識はないのかどうか、担当課としては活性化のためにこういって次から次へ、要するに市が責任を持って駐輪場をきちんと確保するのではなくて民間にどんどん任せればいいのだというような方針であれば、私は今の活性化に逆行するような方向になるのではないかと思うのです、考え方として。その点について本当にそうなのか、それときちんとこれは把握をするということが必要であると思うのですけれども、そういう考えはあるのかどうか、その点についてお尋ねをいたします。例えば近隣を見てもおわかりだと思うのです。富士見市を見ても、志木市を見ても、例えば大井町の場合も、これは大分反対の声がありましたよね、この上福岡6丁目の駐輪場が廃止になるに当たって。しかしながら、上福岡で結果的には、私たちは反対しましたけれども、決めてしまったというような経過があります。そうした中で、大井町は少なくとも学生については1,000円の補助を出しているわけです。それはなぜかというと、行政が市民の足を確保するということの大事さ、そういう認識をされているからそういう立場に立つのだと思うのです。志木市も同じようにきちんと補助金を出しているのです。そういう点では、今の行政のやり方からするとどんどんと上福岡の駅を利用する人は少なくなっていくのではないかというふうに私は思うのですけれども、その点も含めて担当課はどのように認識しているのかお尋ねいたします。
 あと事業系のごみについてなのですけれども、これについては市は責任を引き続き持っているのだと、決して放棄していないのだというような話ですけれども、確かに業者の登録等は市に届け出をするとかということはチェックできると思うのです。あとは例えば登録した人を市にきちんと提出してもらうと、そういうようなことはあると思うのですけれども、私がこういうふうに言ったのは、直接今までは市が、例えば登録業者等についても扱ってきたわけです。例えば資料によりますと、登録業者が581件ありました。先ほどの他の議員の質問の中でもこれに対して倍以上の対象事業所があるというふうに認識しているわけです。だとしましたら、この間ずっと、確かにこの内容はいじっていないわけですけれども、どういうふうに努力してきたのか、例えばこれからは徹底のために1件1件事業者を回って徹底をさせますよということを言っていますけれども、だとしたらこの間そういったことを登録してもらうためにそういう努力を担当課として
P.49
してきたのかどうか、実際に。例えば581件というのが数字がどうなのか。例えばここ5年間でもいいですけれども、変動があるのかどうか、その点について確認をさせていただきます。
 あと4医療の関係です。これについては、特に57号議案の心身障害児の医療費の支給に関する点でぜひ食事代については助成をしていただきたいということを提案したわけですけれども、実際に1,560万円の、もし仮にやった場合にかかるというわけですけれども、半分を補助したとしても860万円というふうになるのですけれども、ぜひこれは本当に重病を抱えて大変な人たちでありますし、先ほども言いましたように他の行政もそれなりにそういう点で考慮して、この57号議案については食事代は助成をするのだというような方向で動いているのではないかということで思うのですけれども、この食事代についての認識、治療の一環であるということについての答弁がなかったと思いますので、その点について確認をさせていただきます。
 あとは一般会計補正予算の教育の関係ですけれども、他の自治体もいろいろと対応しています。そういう中で、校長が各先生からお話を聞いているというようなことをされたと思うのですけれども、実際に細かくはつかんでいないのではないかと思うのですけれども、例えば川越市が新聞に載っておりましたら、これは県の補助対象になっていると思うのですけれども、携帯ブザーを貸し出しをするというようなことが出ていましたけれども、私は今のこういう情勢の中では門を閉めれば学校の中の関係では確かに一定の成果はあるかと思うのですけれども、やっぱり今大事なのは登下校です。そういうことも加味するとこういった対応の仕方もいいのではないかと私は思ったわけで、こうしたことも考えた結果、門扉とその他学校内にサイレンとか、そういうのをつけるというふうになったのかどうか、その点だけ確認させていただきます。
 以上です。
○福村光泰 議長 休憩いたします。

   休 憩 午前11時51分
   再 開 午後 1時02分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 岩崎公夫議員の再質疑の答弁から始めます。
 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、委託料の不用額についての再質問にお答えを申し上げます。
 業務委託料に限った不用額の数字につきましては持ち合わせておりませんが、委託料全体といたしましては、11年度が1億600万、12年度が7,000万と不用額が減少してきております。しかしながら、今後におきましても引き続き財源不足が予想されますことから、予算編成時点からこれまで以上に実績等考慮して慎重に対応してまいりたいと存じます。

P.50
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 54号議案にかかわるご質問にお答え申し上げます。
 改正の準備のための事業者への働きかけというのは現在やっておりますけれども、ご質問は改正以前の問題で、事業系のごみ、事業者に対する市のかかわりといいましょうか、そういったご質問かと思うのですけれども、現実のところ、収集運搬については業者に委託しております。現在上福岡はA地域、B地域分けて2業者に委託しているわけなのですけれども、したがって開拓といいますか、新たな事業者の説得ですとか、そういったものについてはすべて業者任せと、市として直接的に事業者に対しての働きかけというのは今までやってきておりません。そのしわ寄せが現在に至っているわけで、それを何とか改正したいというのが趣旨であります。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 お答え申し上げます。
 介護保険関係についてまずお答え申し上げますが、先ほどご指摘がありました利用者の立場に立っての検討すべきというご指摘でございますけれども、担当といたしましても同じような立場で考えております。このようなことから、先ほどとはまた別に今年度中になぜ利用率が低いのかとか、そういう部分につきまして全利用者を対象といたしまして実態調査を実施する予定としております。このようなことから実態調査の結果を待ちまして判断させていただければと思っております。
 2点目の57号議案、食事療養費の関係でございますけれども、医療費の一環として実施されているものと認識しております。この内容等につきましては、入院時の3食で約2,000円程度かかっておりますが、医療の中で。この中の3食で780円の部分につきまして、在宅の方と平等性をという形でご提案している部分でございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 自転車関係のご質問にお答えさせていただきます。
 民間に全部任せるのかというようなご質問でございましたけれども、市といたしましてはやはり総体的な面を見ました中で判断をさせていただきたいと思っております。それから、調査関係につきましては今後自転車等の審議会等ございますので、その中を通した中で調査を考えていきたいと思っております。それから、今現在西口関係の自転車の受け付けを実施させていただいておりますけれども、まだ100台程度の余裕があるということでございますので、この余裕が出ているということでございますので、今後放置自転車関係の方もこちらへ申請をしていただくような形のことを考えていきたいと思っております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。

P.51
◎井上和男 教育次長 それでは、事業の変更等について、それとブザーの関係につきましてお答え申し上げたいと思います。
 まず、成人式の関係でございますが、成人式については1会場で実施していましたところ、いろいろな問題点がありまして、その改善策として社会教育委員の意見を尊重し、同窓会的な要素を取り入れた各中学校区ごとの実行委員会方式の開催としました。その結果、問題点となっていた部分が改善され、落ちついた成人式になってきました。昨今は新成人の対象者が減少し、式典については1カ所で行うことが合理的な状況となったことでございます。実施方法は3会場のときと全く同じ形をとっておりまして、したがってアトラクション等につきましては各中学校ごとの3会場という形態をとっております。
 地域スポーツ大会につきましては、災害時における地域コミニュケーションの振興を図るため、各中学校区ごとに実行委員会を組織し、3会場で実施してきたところでございます。実施主体である自治会連合会から1カ所で開催したいとの希望がありまして、3実行委員会合同の形をとることで1会場での開催となったものでございます。担当としては地域スポーツの振興を図る趣旨から3会場で行いたいという考えを持っていたことですが、結果として自治会連合会の意見を尊重することとして1カ所になった次第でございます。
 次に、ブザーの関係でございますが、埼玉県では彩の国の子供を守る緊急対策事業補助対象事業として緊急に設置するインターホンの設置、携帯用防犯ブザーの購入、防犯のサイレンつきメガホン購入等が挙げられております。幼児、児童生徒の安全を確保するための支援をすることにこの県の補助事業としてはなっております。本市では、企画調整室を主管として緊急対策事業の取りまとめを行いました。教育委員会としましては、私立幼稚園及び小中学校に防犯サイレンつきの拡声器を配置することとしたのは、敷地内、施設内での緊急事態が発生した場合など、他の学級及び外部に対する即効的な伝達手段として活用することができると同時に、防犯サイレン音による威嚇効果もあることから、非常時に必要とされる初期対応には有効に活用され、児童生徒の安全確保が図れると判断したものでございます。そういうことから今回のブザーに関しては決定はしておりません。サイレンつきの拡声器を購入することとした次第であります。
 また、次に門につきましてはそういった状況から緊急対策としての安全確保のために、門のないところに関しては門をつけるという形で教育委員会として決定し、実施を図る形で上げている状況でございます。
 それから、登下校の安全につきまして、低学年子供たちの安全を図るために教育委員会では池田小学校の事件発生後、直ちに各学校に緊急対策マニュアルの作成を指示するとともに教職員による登下校時のパトロール、集団下校時の教員の随行、地域との協力を得まして安全確保を図っているところでございます。
 以上でございます。

P.52
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の再々質疑を許します。
◆岩崎公夫 議員 私の方はもう時間が限られていますので、私の方の質問は終わらせていただいて、山川議員に交代させていただきます。
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の質疑を終了いたします。
 引き続き、山川寿美江議員から質疑を受けます。
◆山川寿美江 議員 それでは、総括質問の共産党の2番目の質問をさせていただきます。
 先ほどから岩崎議員の方から地方債のありよう、また財政の問題など質問がありました。私も、この財政問題について決算を見ながら質問をさせていただきます。
 公共事業に50兆円、社会保障に20兆円という税金の使い方が間違っているという国民の世論、これは選挙を通じても大きくなってまいりました。この50兆円という中には、地方の地方債も含まれております。これは、国が公共事業を交付税算入するからどんどんやりなさいという形で借金を地方に背負わせるという形で広げてまいりました。こういうことからすると、地方としてはやはりむだな公共事業をなくしていくこと、これも一つの課題だというふうに思います。また、財政的な運用ということからもきちんといただいた税金で生活をする、いただいた税金を有効に使うということは大事なことだと思います。先ほど岩崎議員が申し上げましたけれども、上福岡の地方債というのは12年度では98億円余りです。14億円この5年間にふえたというふうに指摘をいたしました。しかし、まだ開発は上福岡の場合はこれからです。そういうことからすると、他市から比べて2市2町から比べても地方債の残高というのは極めて多い。しかし、一方では基金も大変多いわけなのです。基金は今約69億円です。そうしますと、やはり基金と地方債とのバランスということを財政の運用という立場から検証しなければならないと考えております。そこで、先ほど地方債は総務部長によりますと必要な財源がない場合、一会計年度を超える場合、こういう場合に地方債を発行していきたいというようなことがございました。私どもは、この地方債をなるべく少なく、必要な財源があるものはその財源で使っていただくということがこれからの財政運用では大事だと思うのです。必要な財源がない場合といいますけれども、実際には上福岡の基金というのはたくさんございまして、その中でも特に目的がはっきりしているもの以外、財政調整基金などはせんだっての議会でも大変少なくなった、心配だという声がありました。今回の第2号補正でこれはある程度復活することができましたけれども、しかしこの財政調整基金ばかりを使うというような形ではなくて、きちんと基金の運用について示されているものを運用すべきだと思います。そこで、第2号補正で繰上償還が提起されておりますけれども、これも実を言いますと財政調整基金といいますか、そういうものでやっている形になっているわけです。ところが、減債積立金というのがありまして、減債基金というのがあってこういう場合には利用しなさいと、利用する目的の中に繰上償還などを行う場合にはこの原資を使いなさいというふうになっているわけです。これについて今回はなぜ使わなかったのか、そして今までも繰上償還をたび
P.53
たびしてまいりましたけれども、減債基金を使ったというのは余りないようです。減債基金の取り崩しの基準、そして今後の使い方について伺います。
 次に、土地開発基金がございますけれども、これは今5億以上ためられているわけです。ところが、この基金条例の中には6,000万円を積むというふうになっているのです。これは、いつまで土地開発基金を幾らまで積むのか、そしてこの6,000万円というのはどういう意味があるのか、この点について伺います。
 あとは時間がございませんので、一つ大事なことです。今景気が低迷している、沈滞しているという中で、国は介護保険とそれから廃棄物の処理などの、またITなどで景気を回復する新しい事業として展開しようといたしました。ところが、いずれもこれは失敗に終わっているのです。それは国民の懐が本当に冷えているからだと思うのです。介護保険というのは、国民の要求でもありますから、これを十分に活用すれば、産業にもなります、一つの事業にもなりますし、国民も助かるという事業になるはずです。ところが、介護保険料が高過ぎる、利用料が高過ぎる、そして介護保険の制度を利用するのには幾つもの認定などのハードルを越えなければならない。こういう中では、本当にいい介護保険はできないというふうに思います。そこで、伺います。私は、この12年度の介護保険の決算会計を見まして大変不思議に思いました。私どもの40歳以上の国民はすべて取られているわけです、介護保険を納めているわけです。ところが、国は国と地方で50%、国民が50%負担をしてこの介護保険事業をやるのだと言いました。ところが、決算を見ますとどうでしょうか、国、県の支出は少ないのではないでしょうか。国民は、私たちはきちんと納めているわけです。そういうことからすると、この決算報告によりますと、国庫支出金というのは本来25%なければなりません。ところが、18.6%しか支出されていないのです。そこで、調べましたところ、保険給付費、つまり介護保険制度を使った分だけに対して、からすると20.4%国は出しているのだというのです。それでは、利用料ももちろんですが、保険料も減額すべきではないでしょうか。保険給付費が、保険給付が少ないので、それに対して国が割合を出すというのであれば、保険料も減額すべきだと考えますが、この見解を伺います。
 以上です。第1回質問を終わります。
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午後1時17分
   再 開 午後1時22分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問にお答え申し上げます。

P.54
 まず、減債基金の関係でございますが、減債基金につきましては市債の償還に必要な財源を確保し、もって将来にわたる市財政の健全な運営に資するため減債基金を設置するというものでございまして、この条例に基づいて設置されたものでございます。平成12年度末のこの基金の残高につきましては1億9,916万円でございまして、平成13年度におきましても約3,000万の地方債の元金の償還に充てることとしておるところでございます。それから、土地開発基金についてのご質問でございますが、土地開発基金でございますが、これはご承知のように昭和40年代前半の高度成長時代に行政需要が急速に拡大していく中で、各都市ともに激変する社会情勢に対応すべくまちづくりや地域づくりの事業を計画的に実施する必要がありましたが、特に公共用地の確保がこうした事業の推進の妨げになっていたと。そういうことからこのような状況に対処するため、当市におきましては公用もしくは公共用に供する土地または公共の利益のために取得する必要のある土地をあらかじめ取得することにより事業の円滑な執行を図るというために、昭和44年に基金の設置を行ったものでございます。基金の残高につきましては、平成12年度末現在で5億8,876万1,000円となっておりますが、この基金につきましては定額資金のため、基金から直接公有地等の用地取得をすることができまして、歳入歳出予算と関係なく経理されることとなるため、議会での審議を要せず取得が可能となりまして、基金で取得した後一般会計で買い戻すときに土地購入費として歳出予算に計上いたすことになりますので、この時点で審議していただくことになります。このようなことから、事務手続上の不合理が生じるということから、土地開発基金の活用を今のところやっておらないのが実情でございます。それで、この基金につきましては、先ほど申し上げました5億8,876万1,000円の残高となっておりますが、どの程度まで積むかということにつきましては、今後は継続的に積み立てることにつきましては今のところ考えていないところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 お答え申し上げます。
 介護保険関係でございますけれども、保険給付費の減に基づいて保険料も下げたらいかがかというご質問かと思いますけれども、まず財源計画につきまして介護保険の場合におきましては、創設時、国の方から3カ年をもって計画に当たるという形が出てきておりまして、対象者の想定、あるいはサービス料の供給などにつきまして、3カ年の総量を積算して財源計画を行っております。このようなことから平成12年度実績を単年度として見ますと、収支に差が生じてまいりますけれども、この部分につきましては平成14年度の不足部分に充当する予定としております。ただ、先ほどもご説明申し上げましたとおり、来年度を含めましてやはり3カ年の予測を行う時期に入ってきておりますので、今年度中の実態調査に基づきまして結論を出していきたいと、こう考えております。

P.55
 以上です。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員の再質疑を許します。
◆山川寿美江 議員 もうあと4分しかないですので、端的に伺います。
 いろいろ問題があるので、基金や地方債についてはほかのときに議論を譲るといたしまして、土地開発基金については議会の承認を得なくても土地を買うことができると、そういう資金に使うのだという重大なお話がございました。それに5億もお金がたまっているということは、やっぱりそれだけ自由裁量に使えるということになってしまうのです。それを使った後に議会で論議してもらえばいいのだと、それはちょっとないのではないですか。そうしますと、だからこそこの基金は6,000万円というふうに明記されているのではないでしょうか。この6,000万円の意味は何なのですか。私は、そういうような土地開発基金というのがそういうような形で、どのくらい積むかもわからないし、理由はこうなのだよと言われますとちょっと納得がいきませんので、もう一回6,000万円の限度額といいますか、6,000万円とするということについて伺います。
 それから、もう一つ、先ほどおっしゃったのは公共施設整備基金の方ではないでしょうか。開発行為等事前協議に基づく協力金、その他の収入をもって毎年度これに充てるというふうに基金条例にはなっているのです。ところが、今現在はこの基金には積んでいないですよね、開発協力基金は。そういう意味からするとこの運用はどうなっているのか、この2点についてお答え願います。
         〔「休憩」という声あり〕
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午後1時28分
   再 開 午後1時35分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、再質問にお答え申し上げます。
 土地開発基金につきましてでございますが、土地開発基金条例におきましては必要があるときは予算を定めるところより基金に追加して積み立てをすることができるということになっておりまして、昭和44年に積み立てまして、その後交付税措置がございましたことから、現在の5億8,876万1,000円の残高となったものでございます。それから、6,000万の根拠ということにつきましては当時の議事録を今確認しましたところ、一応積み立てを6,000万としたということで、必要があるときは予算の定めるところにより基金に追加して積み立てすることができるということになっておりますので、一応目安として当時は6,000万を積み立てたということだと思われま
P.56
す。
 以上でございます。
◆山川寿美江 議員 議決が必要ないみたいなことを言ったけれども、それが大事なことだから答えてください。
◎小城哲生 総務部長 土地開発基金につきましては、運用基金でございますので、そもそも積み立てといいましょうか、積み立ててそれを取り崩すというものではございませんで、その基金を運用するという性格でございますので…
         〔私語あり〕
◎小城哲生 総務部長 最終的に、先ほど申し上げましたように基金で取得した後に一般会計で買い戻すときに土地購入費として計上するということになりますので、活用というのを行っていない状況にあるということでございます。
 以上でございます。
◆山川寿美江 議員 よくわからない。後からやります。いいです、総務委員会でやりますから。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 失礼いたしました。それでは、もう一度お答え申し上げます。
 土地開発基金で買う際には議決は必要ありませんが、一般会計で買い戻すときには当然議決が必要ということでございますので、歳出予算に計上することになります。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員の質疑を終了いたします。
 日本共産党所属議員の質疑を終了いたします。
 次に、公明党所属議員から質疑を受けます。
 金澤知恵子議員。
◆金澤知恵子 議員 それでは質問させていただきます。
 第54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについての中の条例案の中から伺いたいのですが、この中で市民は廃棄物の排出を抑制し、再生品の使用等により廃棄物の再生利用を図り、廃棄物を分別して排出し、廃棄物の減量に努め、その他適正な処理に関し市の施策に協力しなければならないというふうにあります。そして、9条の中に市が処分する産業廃棄物は市が一般廃棄物とあわせて処分することができる産業廃棄物、その他市が処分することが必要であると認める産業廃棄物は固形状のもので、かつ一般廃棄物の処分に支障のない範囲内の量のものとし、市長が必要の都度指定するものとありますけれども、私も何回か一般質問の中で取り上げさせていただきましたが、廃食油とかそういう部分についてはその後どういうふうな方向になっているのかを教えていただきたいと思います。一般の商店の方はそういう廃食油を取りに来てくれるといいのだけどという形なので、どこかの業者に頼むということにつ
P.57
いて了解していないというふうに思われます。そして、下水等に流しているというような方向があると思います。そして、この業者が回収するのに不公平にならないように、今まで登録されて委託されている業者が事業系ごみとして回収するについて契約を結ぶわけなのですけれども、新しく店舗を出したところなどについてこういう契約を進めるための説明とかがどの程度いっているのか、市の方には不公平にならないように指導してもらいたいということをこの間頼まれておりますが、この辺はどうなっているのか教えていただきたいと思います。
 それから、59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案の中でございますが、先ほどから門扉のこと等について、また防犯サイレンつきのメガホン等について対策したということで、これは生命を守る上で緊急に措置されたことであるので、いずれにせよ安全対策を早急にとるということは結構なことであるなというふうには思います。それで、子供たちがその事件の以後緊急避難というような部分についての訓練等はやっていらっしゃるのかどうかについてだけお伺いします。
         〔「休憩」という声あり〕
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午後1時42分
   再 開 午後1時43分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 54号議案の絡んでのご質問にお答え申し上げます。
 廃食油の関係ですけれども、特に事業系で出る廃食油のことかと思いますけれども、再三議会でもご指摘いただいているところですけれども、これは当施設では受け入れられない産業廃棄物というふうになります、事業系で出るものですから。それについてはそれを収集する許可業者がございますので、そちらの方へお願いして収集していると思いますけれども、中には不法に投棄しているという方もいらっしゃると聞いておりますので、その辺のところをもう少し研究させていただきたいと、その施策につきましては、というふうにさきの議会で申し上げたと思いますけれども、今後ももうちょっと議論が必要かなというふうに考えております。今現段階では主立った施策を考えておりません。
 それから、不公平にならないようにということで、これが大きな私たちの課題なのですけれども、再三申し上げましたけれども、600近い事業所が現在登録といいましょうか、契約を結んで収集運搬がされておりますけれども、市内の業者、私ども担当の方で必死に把握しているのですけれども、1,000から1,500くらいはあるだろうということで今大分それに近づけて業者名を把握
P.58
しているのですけれども、その方々、登録されていない方々、いわゆる許可業者と契約しないでというのはみずから何らかの形で処分しているか、あるいはみずからが清掃センターに持ち込んでおられるか、あるいは家庭系の集積所に出されているということになると思いますので、それを何とか是正しなければならないというのがこの目的の一つでもありますので、その辺のところを今現在できるだけ多くの事業所を把握してそれぞれに働きかけをしていると。今現在商工会の名簿ですとか商店街の連合会あるいは同業者組合等の名簿によって働きかけをしておりますけれども、それから各団体から説明を要請されて出向いたり、さまざまな形をとって説明をしておりますけれども、まだ完全ではありません。それは、もうこれからちょっと必死になって取り組んでいきたいというふうに思っております。不公平さを何とかなくしたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会にお尋ねの避難訓練を実施したかということでございますが、不審者が侵入した際の避難訓練としては各学校とも実施しております。それは、非常ベルを鳴らして各教室あるいは職員室に侵入した場合、教室に侵入した場合あるいは特別教室に侵入した場合、そういったものを想定して避難場所への避難訓練を各小中学校とも実施したところでございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の再質疑を許します。
◆金澤知恵子 議員 再質問をさせていただきます。
 家庭系のごみの中に事業系のごみを入れて、そんなにたくさんの量ではないので捨てていらっしゃる人がたくさんいるそうなのです。では、事業系のごみはというと、事業系のごみであっても束ねて前のブロックのところに置いたり、自分のところに置いたりと分けてたくさんの量のものを置いてあったりして、きちっと事業系のところに置いていないとか、結構皆さん近隣の様子をよく見ていらっしゃるのです。それで、この委託業者のところが契約について積極的に歩いていないというような話でした。それで、なぜ歩かないのかというと以前は事務が煩雑になるとかいろんな理由だったのだと思います。今回こういう条例ができるということなので、きちっとやっていただかないとまずいと思います。それで、どの程度それが進んだのか、何件ぐらい説明が終わって新たにどんなふうに契約がなされたのかという部分についても知っておきたいかなというふうに思います。事業系ごみを有料にして不公平にならないようにしますと言うけれども、現実的に取っているところと取らないところがあると、それから量的によって金額も違うということがありますので、一つの業者は一つの場所にやっぱり出すべきであるというふうに思います。家庭系のごみのところにちょっと入れてみたり、向かい側の道路に置いてみたりとかというので、結構皆さんよく見ていらっしゃるので、その辺きちっと分けていく必要性があるのかな、そのた
P.59
めには一番最初のスタートの時点では市もきちっとどの程度の進捗なのかということについて聞くべきではないかなというふうに思います。
 それから、学校の方の訓練の状況は、やったというふうに今伺いました。保育園はどうだったのか、そして緊急避難するのにはどの程度の時間がかかり、また速やかにできたのか、どのくらいの時間がかかってできたのか、問題点はなかったのかについて伺います。あとの分は教育委員会です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 今まで我々のこの改正に向けての取り組みだというふうに思いますけれども、説明会3回やっております。フクトピアを中心に事業所の方々を対象に1,044事業所に対してご案内申し上げて…
         〔「何事業所」という声あり〕
◎本田穂積 市民生活部長 1,044です。まだ現段階で把握できているところだけですけれども、事業所に対してご案内申し上げて、フクトピアを会場に3日間にわたって説明会を行いました。ただ、出席は総勢で150人ぐらいというふうに聞いておりますけれども、まだまだもっともっと説明会等が必要だというふうに思います。それから、商店街あるいは商工会の理事会、そういったところから説明を求められて出向いているところもございます。それから、業者別、例えば理容組合ですとか、そういったところにも出向いていって説明を申し上げております。それぞれ会社名が入っているのですけれども、会社ごとに説明を求められているところも説明に伺っております。これからもっともっと…
         〔「はっきり言っていただけますか」という声あり〕
◎本田穂積 市民生活部長 はっきり申し上げます。今後まだまだ把握し切れていない事業者の方々、これから調べていくのですけれども、そういった方々には個別に職員の方で対応していかないとなかなかお集まりいただくという機会はありませんし、また郵送等をしながらいろいろ手を考えてこの制度に対するご理解をいただきたいというふうに思っております。どちらにしても、今現在把握している事業者さんの半数ぐらいの方がここ二十数年と言ったらオーバーですけれども、こういう制度を使わないといいますか、家庭系のごみの中で済ましてしまった部分もあろうかと思いますので、それを早く直したいということと、制度理解をしていただく働きかけは大変重要になってくると思いますので、ちょっと時間かかるかもわかりませんけれども、努力していきたいというふうに思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、お答え申し上げます。
 保育園ではどういう形で避難訓練等を行ったかという形でございますけれども、保育園では現
P.60
状においては避難訓練は行っておりませんけれども、学校と同じような形でベル、メガホン、インターホン等を活用しまして、時間外等につきましてはインターホンで連絡をとった上でなければあけないとかいろんな形の対策をとっております。市立保育園だけでなく未認可保育施設ですとかそういう部分につきましても、あわせて整備を行うという形で実施いたしました。
 以上です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 失礼いたしました。
 契約の数はというご質問がありましたけれども、今後事業者と許可業者とが直接的に契約になりますけれども、それが10月1日よりというふうに今のところ予定してございます。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 避難場所の最終の集合場所まで何分ぐらいかというご質問ですが、通常教員の冷静な判断により児童生徒を体育館まで、また避難場所まで誘導するのには三、四分かと考えます。しかし、侵入場所、またその事故の種類によってそれぞれ時間が異なることと思っております。子供たちも今後危機感を持った訓練をさせて時間等をはかってみたいと思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の再々質疑を許します。
◆金澤知恵子 議員 10月1日から事業系ごみについては契約をされるということですので、くれぐれも、せっかく始めることですので全体に行き渡るように、契約業者の方にお話しいただきたいと思うことと、それから廃食油の、新エネルギー化については一般質問のところで伺いますけれども、現実にそういうふうに下水管や何かを汚しているという事実があるということは、もっと簡単に廃食油を集める方法を考えてもらえれば市民はやりやすくなるのかなというふうに、きちっと出せるようになるのかなというふうに思います。あえてここに固形状のものでというからには、液体状のものはどういうふうにするというふうな答弁は事業者が聞いたときにすぐわかるようにした方がいいのではないでしょうか。事業者はわかっていると思いますよということだったら、わかっているのにやっているというと非常に悪いですものね、わかっていないというふうに思います。そういうことなので、廃食油についても、これはだって下水や何かが詰まるような原因にもなるわけですので、きちっと対応しなければ、ただそれが流してしまってモラルの部分で悪いというだけの問題ではなくなると思います。下水詰まらせたりなんかすれば、それに対する工事でも何でもしなければならないわけですので、そういうこともどうせ事業系ごみということでやるのであれば、取り組んでいただきたいというふうに、ここには出てありませんけれども、固形状だけに書いてあるので、私もそれに固執してしまったのですが、廃食油についても対応するべきであるというふうに思います。
 それから、保育園はサイレンつきのメガホンが、学校と同じようにそういう設備はされたとい
P.61
うことですけれども、小さいお子さんたちがそういうときというのはどういうふうにするのだろう、高齢者もそうなのだけれども、人手が結構かかりますよね、緊急に避難させたりというの。そういうのというのはやっぱりある程度やっておく必要性があるのではないかなというふうに思いますけれども。危機管理というのは、この人には大丈夫で、小さいから許されるということではなくて、現に幼稚園とか小さい人に対しても、弱いものだから大丈夫だろうということでかかってくるという部分からすれば、保育園にしたって危険性はあるので、何かのときには協力して地域と一緒になって逃げるような方向とか、安全を確保するような方向、そういうものも考えられていくのが当然なのではないのかというふうに思います。サイレンつきのメガホンは、近隣の人はそれが危険の何かということがわかっているのかもしれませんけれども、日常の中で自分たちだけわかっていても危険というのはなかなか守り切れないという部分がありますので、その辺についてどう考えていられるか伺います。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 廃食油については、事業系のみならず家庭から出る廃食油もあるわけですけれども、家庭の方はいろいろ工夫して下水に流さない手だてをしていると思いますけれども、もう少しPRをしていきたいなというふうに思います、事業系も含めて、適正な処理の方法を。
 それと、収集のシステムづくりですとか、もっと大きくなりますと、あと活用といいますか、その辺の部分が随分さきの議会でご指摘いただいた以後進んでいないのは、もっともっと議論、研究が必要かなというふうに思います。どこらかで清掃車全部その廃食油を精製して、それを燃料に走らせているという記事が載っておりましたけれども、走っている車からてんぷらのにおいがするというので好評だというように書いてありましたけれども…
         〔「聞き取れない」という声あり〕
◎本田穂積 市民生活部長 収集と活用をあわせて考えていかなければならないので、もう少しお時間をいただいて、議論、研究させていただきたいというふうに思います。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 お答え申し上げます。
 ただいまご指摘のありましたサイレンが鳴っても近隣の方のご協力がなければという、この点につきましては、サイレン等を配付を各園にした段階においては、近隣の協力を仰ぐような形での取り組みを行うように指導してございますけれども、これについては確認させていただきたいと思います。
 また、火災関係につきましては、避難訓練を実施しておりますので、そういう中にあわせてどのような形でできるか検討させていただければと思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の質疑を終了いたします。

P.62
 引き続き、高橋行雄議員から質疑を受けます。
◆高橋行雄 議員 決算委員でないので、ちょっとお伺いしたいと思うのですが、都市計画費の不用額についてちょっとお伺いしたいのですが、昨年は1億8,500万出したのです。去年の決算委員会でそれを指摘されたと思うのです。ことし見てみますと、ことしも5,500万、こういう不用額がなっている。これは当初の見積もりが甘いのではないのですか。これ5,000万もあればほかの事業ができると思うのです。どうでしょう、この不用額の理由を言ってください。
 それから、21番議員も質問しておりましたけれども、下水道を今まだつないでいない人が相当いらっしゃるという話を先ほど聞きましたけれども、これは下水はもう幹線道路には全部引かれていると思うのです。これ引かれて3年以内に接続した場合は補助金を出してもらっていたのです、1万だか2万5,000円だか、2万5,000円ぐらいだっただろうと記憶しております。こういう未接続の方がこんなにたくさんいるということは、せっかくつくった下水道も日の目を見ないというか、また税も上がってこないという、そういう観点からもう一度、つなぐときに限度額を決めて、補助金をつけて100%下水道を利用すると、こういう政策はできないのかどうか。前はできたところ、幹線道路に入ったところにはそういう3年以内というあれがありましたけれども、今はそれ全部外れていると思うのです。これをもう一度こういう面で、さっき言ったこの不用額これだけ出すのであれば、こういったところへ利用して、長い目で見れば私は接続をしてもらった方が市としては、市民としても得だろうと思うのです。その点をお答え願いたいと思います。
 それから、一般会計の補正予算(第2号)案ですけれども、4月1日に葬祭場、それから斎場がやっと立ち上がってきたと思うのですけれども、私たち2市2町にとっては大変待ち望んでいるところでもあります。ところが、この場所が設定されてきますと、やはり近所の人たちは何となく反対したくなるというのが人間の感情的なものもあろうと思うのです。こういうのは迷惑施設とかと言って、その近所に公民館つくったり、ここは知らないけれども、よその市町村の話を聞きますとそういう施設をつくってやって理解してもらうと、こういうこともあろうかと思うのですけれども、私がここで提案したいのは、働きたくないと言えばそれまでですけれども、今仕事もないというような、そういう人たちが非常にいます。この近所の人たちを優先的にもしそこでよければ働いてもらうと、こうして理解をもらって早急につくってもらいたいと、こういうふうに提案したいと思うのですけれども、この件については市長さん、ひとつご答弁よろしくお願いします。
 では、1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 ご質問いただきました火葬場、斎場の件でありますけれども、質問者の言われているとおり環境アセスメントの問題が一番時間がかかると、このように思っておりまして、この件につきましては一応地元の方々との話し合いがある程度場所が決まった時点で行われるというふう
P.63
に思っておりますが、ぜひ交渉の過程の中での参考に使わせていただきたいと、このように思っております。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 都市計画経費関係の不用額等についてのお答えをさせていただきます。
 不用額が多いではないかというご質問でございますが、これにつきましては主なもので当初予定したものができなかったものや何かがことしはございまして、こういうものが一応不用額の要因になっておりますので、今後十分注意した中で計上させていただきたいと考えております。
 それから、下水道の未接続者の関係でございますが、供用を開始してから3年については一応補助金等出るような形をとらせていただいておりますけれども、この3年ももう供用開始してから何年もたっておりますので、今後その辺も含めた中で十分検討をさせていただきたいということで考えております。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の再質疑を許します。
◆高橋行雄 議員 斎場の関係については、ぜひそういうふうにして近所の人たちを優先的に雇用してあげると、そういう形で持っていったらいかがかなというふうに思ったので、提案させていただきました。
 それから、不用額は何かできなかったから不用額が出たのはわかります。だけれども、それができなかったというには理由もあると思うのですけれども、そういうことに予算を組むこと自体が我々から見るとおかしいのです。そういうことのないようにしてもらいたいと私は思います。きっちりと仕事をしてもらいたいと思います。
 それから、今の最後の3点目の接続の件ですけれども、十分検討ということですけれども、これはいつごろまでその検討の返事をもらえるのかどうか。来年度の予算にはそれが生かされてくるのかどうか、その辺十分検討というのは何かあやふやというか、はっきりしないのです。そこを部長でもいいですし、最後にこれも市長からあれして、全員がやっぱり下水道をしてもらった方がいいと思うのです。これは長い目で見て絶対いいわけですから。下水というのは、今浄化槽でやっていると自分は不便感じていないのです、実際には。だからつながないと思うのですけれども、でもそういうふうにして何とか接続するように市も努力をして手助けをしてあげれば、つなげる人もいると思うのです。私名前を出しませんけれども、つなぐので見積もりとってもらったら30万かかると。だけれども、30万ないので役所にお金を借りに行ったら、そういうのに貸すお金はないと。こういってつなぎたい人もいるわけです。ですから、そしてそこをつながないために、みんながそこを、行きどまりですけれども、舗装をしたいと、だけれども、おたくがつないでいないからそこが舗装できないと、みんな判こ押しているけれども。その人もみんなに迷惑かけるから、市の方に何とかお金を貸してもらえないかと言ったら、そういう金はないと、そういうことでいまだにつなげなくて、自分が一番手前にいるのです、道路端の、一番奥だったらま
P.64
だいいかもしれないけれども。それで、そこずっと何十軒か道ができない、舗装してもらえない、こういう人もいるのです。ですから、私はその人たった1人しか知りませんけれども、ほかにもそういう人がいるかもしれません。ですから、新しい施策としてそういう手助けをして100%つないでもらう努力をしていったらどうだろうということで提案させていただきましたので、答弁よろしくお願いします。
 これでまずいいです。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 今担当者が申し上げましたのは、例えば奨励金等の規則ですとか、あるいは条例ですとか、そういうものを一度また見直さないといけないと思うのです。ということは、制度を変える。今までは3年以内にやりますよという一つの約束事の中で奨励金出していたわけですけれども、それがもう既に経過している、あるいは経過しようとしているところもあるかと思いますが、そういう部分での議論をちょっとしておきたいと、またそれをやっておきませんとそういうお金が貸し付けできないとか、幾つかの問題点があります。これは、総体的に私のところなんかにもいろいろと居住者と貸してある人との思惑の違いが実はあったり、いろいろとややこしい部分もございますので、その辺を含めてできるだけ早くちょっと議論をしてみたいなというふうに思っておりますが、今ではいつごろかといえば、できるものであれば新年度からでもそういう制度がつくれていければなというふうに思っておりますが、一応そういう幾つかのクリアしなければいけない部分、これをきちっとクリアして行っていきたいと、このように思っておりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の再々質疑を許します。
◆高橋行雄 議員 ご丁寧な答弁、ありがとうございました。
 この未接続の人たちが使用できるように。その条例が3年となっているわけですから、3年たってもうそれは生きていないのです、ただあるだけのこと。ですから、それを見直すというより新しくつくりかえて、ぜひ来年度の予算に反映させてもらいたいということを要望して私の質問を終わります。ありがとうございました。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の質疑を終了いたします。
 公明党所属議員の質疑を終了いたします。
 休憩いたします。

   休 憩 午後2時11分
   再 開 午後2時27分

○福村光泰 議長 再開いたします。

P.65
 次に、無所属、青山博明議員から質疑を受けます。
◆青山博明 議員 それでは、私の方からは第59号議案の一般会計の補正予算につきまして総括質問をさせていただきます。
 今回の補正予算の中から地方交付税及び基金につきまして、財政問題につきまして、関連で何点かお聞きしていきたいというふうに思います。今回補正の中で、財政調整基金が例年と比べますとかなり増額されて補正されているわけですけれども、これの理由をきちんと説明をいただきたいというふうに思います。
 それから、先ほどありました監査委員の方の意見書なんかを見ますと、ここのところ大体同じような書き方で結びがあるわけですけれども、大体おおむね良好な数値というふうな形で言われていますけれども、大体状況は厳しい状況にあると、これ大体同じような形でここ例年書かれております。そういうふうなことも含めまして、市の特に財政担当者として今回の補正予算の財政調整基金の増額、こんなふうな形の中に財政に対する危機感のようなものが市としてあったのかどうか、これについてまず答弁をいただきたいと思います。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問にお答えを申し上げます。
 財政調整基金の関係でございますが、今回補正予算第2号編成後の平成13年度末の財政調整基金残高の見込額につきましては、約11億6,373万4,000円ということになっております。今後の第三次総合振興計画の実施ですとか、それから今後の行政需要を考えた場合は、基金の積み立てにつきましては非常に大事なことというふうに考えておりまして、今回11億6,373万4,000円ということで積み立てたところでございます。
 2点目の市の財政担当者として危機意識を持っていたかということにつきましては、現在国におきましても交付税ですとか、あるいは道路財源を見直すとかそういった動きもございますし、現在の景気の動向を考えますと非常に財政状況は厳しいというふうな、今後のことを考えると厳しいというものが予想されますので、市担当者といたしましては非常に現状は厳しいというふうな認識を持っているところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 青山博明議員の再質疑を許します。
◆青山博明 議員 基金の特に財政調整基金のことについて今回お聞きしているのですけれども、危機感としては認識されておられるということで、今回の補正もそういうふうな中で行われたというふうなことなのですけれども、今後のこの財政調整基金のあり方というのですか、そういうふうなものもちょっと関連で教えていただきたいなというふうに思うのです。一部といいますか、いろんな考え方がありまして、昔とは大分この財政調整基金の考え方が変わってきまして、一部一部だと思いますけれども、財政の中のいわば余力的な部分、どの程度必要なのかというのは大
P.66
変難しい算定がされると思うのです。各自治体でいろんな考え方があると思いますけれども、市としては今後この財政調整基金をどの程度の額であるとか、あるいは財政の中の位置づけといいますか、どういうふうに考えているのかなというのをお聞きしたいと思うのです。今回交付税の中で、交付税そのままではなくて、いろんな繰入金や繰越金等も含めてかなり金額は多くなっているのですけれども、この地方交付税の決定に伴う措置ということなのですけれども、臨時財政対策債というのが3月の議会で出ております。これにつきまして今回の地方交付税、この中にそれがどのように配分されているのかなというのをお聞きしたいと思うのです。起債の考え方として対策債、こういうふうなものの起債が、国の意向もあると思うのですが、借金の考え方としてどうなのか。基金と交付税の関係を含めまして、その2点をご答弁をいただきたいと思います。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する質問に順次お答え申し上げます。
 まず、今後の財政調整基金のことについてお答えを申し上げます。財政調整基金、先ほど申し上げましたように、13年度末残高が一応11億6,373万4,000円ということになっておりますが、この財政調整基金の残高につきましてどのくらい好ましいかといいますと、一般的には標準財政規模の5%から10%だと言われております。当市の場合、105億円程度の標準財政規模でございますので、現時点ではこの数値から見ますと適正と考えておるところでございます。ただ、今後のことを考えますと、先ほど申し上げました景気の動向ですとか、あるいはこれから論議されるであろう交付税、道路財源の見直し等考慮いたしますとこれまで以上、平成14年度予算におきましても、当初予算におきましても取り崩しをしていく必要があろうかと思っておるところでございます。このため、これまで以上に事務事業の見直しですとか配当、留保、収入確保対策など、あらゆる手段を尽くして市民サービスの向上、維持に努めていかなければならないというふうに思っているところでございます。
 続きまして、臨時財政対策債につきましてでございますが、臨時財政対策債は地方財源の不足に対処するため、従来の交付税特別会計借入金による方式にかえて13年度から平成15年度までの間、地方財政法第5条の特例債として発行されるものでございまして、その元利償還金につきましては次年度以降の基準財政需要額に全額算入されるものでございます。この臨時財政対策債の振りかえによる影響についてでございますが、今回の改正点を申し上げますと、経常的経費における企画振興費、その他の諸費、人口の基準財政需要額の15%程度の減額、それから投資的経費におけるその他の土木費、その他の諸費、人口、その他の諸費、面積の基準財政需要額の20%の減額ということが内容でございまして、これが振りかえられているものと思われます。それと、起債の関係でございますが、先ほど申し上げましたように臨時財政対策債につきましては、交付税措置として認められて、元利償還金に対しても交付税措置が認められておりますので、貴重な財源として考えておるところでございます。

P.67
 以上でございます。
○福村光泰 議長 青山博明議員の再々質疑を許します。
◆青山博明 議員 あっという間に時間が来てしまいましたが、最初の質問の答弁の中で、第三次総合振興計画というようなことも出てきました。ことしから始まりました前期基本計画におきましても、5年間の中で総事業費といいますか、そういうのがさきの議会の答弁の中で大体880億というような形で答弁が出ているのです。そして、実際にその中の、新規も含めて主要事業に充てることの一般財源としては59億円という数字が出ています。これ大体年間で平均していきますと、176億の年間予算に対して一般財源として11億ぐらいというふうなことを前の総務部長が示しているわけです。今の答弁の中でお聞きしますと、いい借金の仕方というのが大変重要なことになるわけですけれども、今回この臨時財政対策債はそういう意味ではいい方だというふうな考えである、今の答弁だとそういうことなのです。でも、現実に国の示す考え方としては、今後交付税の削減とかこういうものは廃止していって、なるべく地方自治体が自立してくださいよというふうなものなのです。3年間据え置いて、その先にまた交付税措置されるといういわば先の見通しが立たないような形で起債を起こすと、そういうふうなことが果たしていいのかどうかということなのです、考え方として。今第三次総合振興計画が進行していく中で、かなり大がかりないろんな計画が入ってきて、それらの財源というのがやっぱり問題になると思うのです。今のお話でいいますと、財政の健全化、先ほどの他の議員の質問の中でも地方財政法の第5条というのが出てきて、地方財政の健全化をこれからどういうふうに確立していくのかというのが自治体の大きなテーマとなると思うのです。その中で、やはり市としてはまず起債のあり方をきちんと考えていかなくてはいけないのではないかというふうに思いますし、当市としてはこの第三次総合振興計画をある意味では見直していかないと、財源の確保が難しいのではないかなというふうに私は思うのですけれども、市としてはどのようにお考えでしょうか。
 以上で私の質問は終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 第三次総合振興計画の見直しというお話でございますが、第三次総合振興計画基本構想前期基本計画は昨年の9月、第3回定例会でご議決をいただきまして、本年度を初年度としてスタートしたものでございます。見直しをすることにつきましては、現時点におきましては考えていないところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 無所属、青山博明議員の質疑を終了いたします。
 引き続き、無所属、鈴木啓太郎議員から質疑を受けます。
◆鈴木啓太郎 議員 それでは、54号議案から質問させていただきます。
 既に幾つかの質問が出ておりますので、若干内容的に具体化して詰めてお聞きしたいというふ
P.68
うに思うのですけれども、一般ごみ、事業系のごみを分けて、その実態を把握していくというようなこととしての制度改正があるというようなお話がありました。その上で問題になることは、いかにしてこの事態をごみの減量に結びつけるかということだと思います。事業者の責任においてごみを減量してくださいというだけではいかにも不足しているわけでして、市としてどのような指導というか、ごみ減量に向けての施策というふうなことを、この事業系ごみに対して展開していくおつもりであるか、この点考えがありましたらお聞かせ願いたいというふうに思います。これが1点です。
 続いて、決算の関係から今の青山議員の質問に続けてみたいと思うのですけれども、平成12年度に第三次総合振興計画が策定されまして、それが具体的にどういうふうな実現をとっていくかというふうなことが問われるべきだというふうに思います。改めてお伺いしますけれども、実施計画に第三次総合振興計画、今基本計画、基本構想に変更はないというお答えでしたけれども、3年間の実施計画というふうに私たちに示された計画そのものへの見直しがあるのかどうか、この点について回答をお願いしたいというふうに思います。特に、これは前回の議会のときにも質問した内容なのですけれども、上野台団地の建て替えということに関連して上野台保育園の建て替え計画そのものの中に変更ということが生まれているかどうか、この点について明確なお答えをお願いしたいというふうに思います。
 それから、3点目、子供を守る緊急対策ですけれども、学校を訪ねるとプレートを首から下げてというようなこととか門扉を閉めるというようなこと、これは安全対策としてはぜひともさまざまな手だてを講じていかなければならないというふうには思うのですけれども、一方開かれた学校づくりというふうなことを進めてきたこれまでの教育委員会の施策と矛盾はしないのか、そこをどのように安全対策を開かれた学校づくりとあわせて整合させていくお考えがあるか、ぜひこの点をお聞かせ願いたいというふうに思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 54号議案についてのご質問にお答えいたします。
 今ご質疑にありましたように今回のこの改正によりまして事業系一般廃棄物と家庭系の一般廃棄物をきちっと区分するということから、集積所も区分すると、それから運搬の車両も区分するということで、事業者は排出するごみの種類及び数量をごみの搬入申請書で市に提出していただく等々、事業系ごみの実態把握をまず図っていきたいというふうに考えております。社会的テーマが現在ごみ減量であります。今回の改正はまずその第1段階と言っていいと思っております。今後第2段階として、多量ごみ排出事業者を対象に循環型社会形成推進基本法を初めとする各リサイクル法に基づいて、対策を図ってまいりたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 小城総務部長。

P.69
◎小城哲生 総務部長 それでは、実施計画についてのご質問にお答え申し上げます。
 実施計画は、基本計画で定めた施策を推進するに当たり、具体的な事業内容を明らかにしたものでございます。この実施計画につきましては、予算との整合を図りながら毎年ローリングを行っていくこととしておりますので、毎年見直しを行っていくということになろうかと思います。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 実施計画の見直しの中で、特に上野台保育園の建て替えについてという点についてご答弁申し上げます。
 この建て替えに当たりましては、現在の場所に建て替えるのか、また別の場所に建設するのかという、前回の議会においてもご質問をいただいたと思いますけれども、現状におきましても現在の場所に固執することなく、上野台団地を含む周辺地区の整備計画もございますことから、その中で検討していきたいということで、変更はございません。
 以上です。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 開かれた学校づくりの関係ですが、学校内にむやみに地域の方に入っていただくということではございません。学校に協力していただける方、また学校を知っていただきたいという方、そういう方に学校内に入っていただく、これが開かれた学校の趣旨であります。扉の開閉につきましては、子供たちが授業をしている間、学校にいる間、これは閉じさせていただきます。また、学校開放の事業がありますので、その際は扉は開くように指示してあります。
 以上です。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員の再質疑を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 まず、ごみの問題ですけれども、第2段階で対策を図っていきたいというふうなことでしたけれども、具体的にそういう大量排出者に対してどういうようにしてごみを抑制することができるのか、これは一般ごみでも同じですけれども、ごみを抑制するというのは一番難しい仕事です。この抑制するという仕事をどんなふうに、例えば事業者との間で市は連携をしていくないし指導していくとかというようなことを考えていらっしゃるのか、この辺について示していただきたいというふうに思います。
 それから、三次総合の関係の話ですが、上野台保育園の建て替え計画の実施時期について、要するに考えていることは、住宅市街地整備総合支援事業、上野台団地の建て替えの中で位置を決めていくというふうなことになると、実施時期そのものがずれてしまうのではないかという懸念を抱いて質問をしているわけなのです。計画そのものに変更はないかもしれませんけれども、この時期が平成15年度までに建設工事が終了するというふうに考えておいてよろしいのでしょうか、この点お聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、開かれた学校づくりというふうなことの中では、地域との密接な関係を築くことで
P.70
子供たちの安全性が高まっていくというふうな側面もあるというふうに思うのです。そうした意味では、従来の開かれた学校づくりから、ある意味では少しまたさまざまな制約が加えられるというふうなところでもありますけれども、さらに学校開放やその他の手段を通じて地域に開いていくと、こういうような施策について考えをお持ちであるかどうか、この点だけお聞かせ願いたいと思います。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず、事業者の皆さんがこの制度を理解していただいて、市のごみ減量施策に沿って排出処理をしていただくというのが第一であります。第4条に事業者の責務というのがございまして、ちょっと読み上げますと長くなりますので割愛しますけれども、十分にその責務を果たしていただくための市としての指導をしていきたいというふうに思います。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 上野台の建て替えの計画どおりいくのかというところのご質問でございますけれども、実施計画におきましては平成13年度基本方針計画の検討という形で位置づけられております。この基本方針計画の検討の中で先ほども申し上げましたとおり現在の位置に建てた場合、仮の園舎など多額の一時的な経費が必要になってまいります。こういうものも十分に検討させていただければと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 児童や生徒にとりまして地域の方々との交流は、社会生活を知ることに対しまして大切なことであると感じております。学校の中ではできない教育部門が社会の中にあります。ぜひ社会の力をおかりしたいと思いますので、これからも地域の方々のご協力をいただきたいと思っております。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員の再々質疑を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 ごみの問題です。その法律の中に書いてあるから具体的にそれをやっていくというのはそのとおりなのでしょうけれども、もうちょっと具体的な内容の計画というふうなことはお持ちではないのかというふうなことなのです。つまり、今例えば廃棄物減量審議会の方でエコ商店街づくりというようなことをやっている。ごみそのものの堆肥化による減量というようなことを実際に実践しようとしている。例えばそうしたことを具体的に指導していくとかというふうなことが必要なのではないかと。具体的に廃棄物を収集するのに対して値段が上がっていくとか、25年据え置きだったというふうなことだけではなくて、今後廃棄物そのものを回収していけばそれだけの値段が上がっていくというだけではなくて、具体的にこうやって減らしていくことによって、減らすことについては市が具体的に協力をすることによってごみの減量そのものに結びつけることができるというような施策を打ち出すことが、リサイクルもそうですけれども、さまざまな検討課題がたくさん出てくるのではないかというふうに思うのです。そうしたことに
P.71
取り組んでいくというような構想に基づいて、実際には事業系ごみの実態把握というようなことがますます必要になっているのではないかというふうに思いますので、その辺についてお考えを聞かせ願いたいというふうに思います。
 質問は以上です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず、全事業所が事業系のごみのルートに乗っていただくということがまず第一義だと思いますので、そのことに我々は全力を尽くしたいというふうに思います。それから、今契約されている事業所の方々の様子を把握しているのですけれども、分別などは一般の家庭用集積所より何ぼかいいというふうに収集業者は言っております。ですから、完全に我々実態を把握していないと次の施策を打てませんので、まずそこから入りたいというふうに思います。
○福村光泰 議長 無所属、鈴木啓太郎議員の質疑を終了いたします。
 以上で本定例会に提出されました第47号議案から第65号議案まで、以上議案19件に対する総括質疑を終了いたします。

△日程第2 決算特別委員会の設置・付託
○福村光泰 議長 日程第2、お諮りいたします。
 第47号議案から第53号議案までの議案7件につきましては、上福岡市議会委員会条例第6条並びに上福岡市議会会議規則第37条ただし書きの規定により8人の委員で構成する決算特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

△日程第3 決算特別委員会委員の選任
○福村光泰 議長 日程第3、お諮りいたします。
 ただいま設置されました決算特別委員会の委員の選任については、上福岡市議会委員会条例第8条第1項の規定により、野沢裕司議員、足立志津子議員、青山博明議員、五十嵐正明議員、鈴木実議員、金澤知恵子議員、大島国太郎議員、井上和憲議員の以上8人を指名したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、そのように決定いたしました。

△日程第4 議案の常任委員会付託
○福村光泰 議長 日程第4、議案の付託を行います。

P.72
 付託表の訂正をお願いします。
 環境・都市常任委員会の第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案の中で歳出款9消防費とありますが、こちらを削除くださるようお願いいたします。
 ただいま決算特別委員会に付託しました議案のほか、第54号議案から第65号議案まで、以上議案12件につきましてはお手元に配付してあります付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。

△日程第5 請願質疑
△請願第2号 介護保険の改善・充実をもとめる請願
○福村光泰 議長 日程第5、請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願を議題といたします。
 本請願については、8月22日、新井サダさんほか3,560名から提出されましたが、23日、915名、24日、29名の追加署名簿の提出がありました。議長において承認しましたので、ご了承願います。なお、8月22日、青山博明議員から紹介議員の追加の申し出がありました。議長において承認しましたので、ご了承願います。また、提出年月日が空欄となっておりましたので、8月22日提出され、受け付けしましたので、日付を記入くださるようお願いします。
 紹介議員の説明を求めます。
 鈴木実議員。
         〔14番鈴木実議員登壇〕
◆鈴木実 議員 お手元に資料が配付されておりますが、ただいま議長の方から訂正箇所の読み上げをしていただいたところであります。したがいまして、請願者のところの「外4,504名」というふうに数値が変わってまいります。また、紹介議員のところでは青山博明議員が紹介議員として追加されることになりました。それでは、お手元にあります請願書の資料を読み上げる形で提案にかえさせていただきたいと思います。
 介護保険の改善・充実をもとめる請願書
  〔請願の趣旨〕
 介護保険が2000年4月から実施されました。上福岡市でも実施以降さまざまな問題が明らかになっています。その中でも要望の強いものとして保険料や利用料についての低所得者への配慮があげられています。
 今年10月からは、保険料の特別措置が解除され、現行の2倍となります。
 不況のなか、こうした公共的な料金の費用負担が増大すれば低所得者にとってはさらに生活の困窮をまねくおそれがあります。
 上福岡市では、介護サービスの利用料金負担について軽減措置を実行し、市民から喜ばれるものとなっています。

P.73
 また、ディサービス施設なども近隣自治体と比較した場合拡充したものとなっています。
 上福岡市の平成12年度の介護保険会計は、約8,000万円の黒字と聞きました。
 つきましては、以下の請願項目について実現の措置を講じられるよう請願いたします。
  〔請願項目〕
   1 65歳以上の介護保険料を半額にする特例措置を上福岡市独自の制度として、継続してくだ
    さい。
   2 低所得者の介護保険料・サービス利用料を減額・免除して下さい。
 2001年8月22日
 上福岡市議会議長
    福 村 光 泰 様
                             請願者代表
                              高齢化社会を考える会
                                   代表 新 井 サ ダ
                              住所 上福岡市上福岡3−8−10
                                         外4,504名
 以上提案とさせていただきます。よろしくご審議いただくことをお願いして、提案にかえさせていただきます。
○福村光泰 議長 紹介議員の説明に対し質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。

△請願第3号 葬儀場の建設に反対する旨の請願
○福村光泰 議長 次に、第3号・葬儀場の建設に反対する旨の請願を議題といたします。
 紹介議員の説明を求めます。
 加藤末勝議員。
         〔9番加藤末勝議員登壇〕
◆加藤末勝 議員 ただいまの請願の趣旨というふうなことで、皆さんのお手元に資料が配付されているかと思います。請願の趣旨並びに現在までの経過について、ご説明をいただかさせていただきたいと思います。
 葬儀場の建設に反対する旨の請願
 【請願の趣旨】
 スクランブル交差点の一角に大手葬祭業者による葬儀場の建設が予定されています。
 スクランブル交差点付近は、上福岡市の顔とも言うべきところであり、将来は上野台団地の建
P.74
て替えに併せて、野外音楽堂の建設を計画していると聞いております。
 また、現在中央公園は快適で安全な市民の憩いの場として親しまれ、子供からお年寄りまで朝になく夕になく楽しい一時を過ごしております。そのような公園の前に葬儀場が建設されると、葬儀関係車両により交通渋滞を引き起こす原因となることは目に見えており、ひいては子供やお年寄りの交通事故も心配されるところです。
 そこで、葬儀場の必要性は十分理解いたしますが、現在2市2町で火葬場・斎場の建設を計画し、早期実現に向け火葬場・斎場建設準備室も設置されていることでもありますので、市の中心地であるスクランブル交差点の一角に葬儀場を建設することに反対し請願を提出いたします。

 平成13年8月24日
 上福岡市議会議長
    福 村 光 泰 様
                             請願人代表
                              住所 上福岡市上福岡2の5の3
                              氏名 赤 羽 重 吾

 こちらの方には、赤羽重吾さん含めて2名というご記名になっておりますが、現在までの経過につきまして補足して説明をさせていただきたいと思います。
 平成12年の7月、大手の葬祭業者なのですが、この土地を取得いたしました。所有権が移転いたしました。所在地につきましては、先ほどスクランブル交差点の一角というふうにご報告させていただきましたが、正確な所在地は上福岡市上福岡2−6−6でございます。12年の10月、こちらの会社の上福岡の開設準備事務所が開設されました、上福岡の1丁目なのですが。その後平成12年の12月に建設されるというふうなお話がありまして、自治会連合会の会議で各自治会並びに町内会の代表者にこの趣旨を請願代表人が説明をさせていただきまして、その場で27自治会、町内会の方々の約9割の方々のご賛同をいただきまして、建設に反対するということでのご賛同をいただきました。翌本年に入りまして平成13年の4月、上福岡2丁目町内会の総会におきまして建設反対を決議させていただきました。その後同月ですが、上福岡2丁目町内会の会員を対象に署名運動を実施いたしました。このときの5月11日現在の署名人が547名でございました。上福岡2丁目の3月31日現在の住民登録者が914名でございますから、59.8%の署名率をいただきました。なお、同時といいますか、前後いたしますが、対面となります上野台自治会ではさきに反対に対する署名運動が実施をされておりまして、1,051名の署名をいただきました。上福岡2丁目町内会関係の署名とあわせまして5月に上福岡市長であります武藤市長の方に反対に対する要望書を提出をさせていただきました。あわせて、上福岡2丁目の有志によりまして大葬儀場建設絶対反対の横断幕を掲示をいたしました。また、その後この趣旨に賛同いただきました上福岡1丁目並びに中央1丁目の町内会の方々から反対署名をいただきました。ちなみに、上福岡1丁
P.75
目から701名の反対署名、中央1丁目町内会から595名の反対の署名、先ほど上福岡2丁目並びに上野台関係の署名、全部合わせますと2,894名の署名をいただきました。ただ、今回は前段に市長さんに要望書と提出をいたしましたので、こちらの方の署名とはまた別というふうな形になろうかと思いますが、いずれにしても趣旨は変わらないということだけはご理解をいただいて、ご審議をいただきたいと思います。各議員の皆様のご賛同をいただきたいと思いますので、よろしくご審議をいただきたいと思います。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 紹介議員の説明に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。

△日程第6 請願の常任委員会付託
○福村光泰 議長 日程第6、請願の付託を行います。
 ただいま議題となっております請願第2号及び請願第3号につきましては、お手元に配付してあります付託表のとおり所管の常任委員会に付託いたします。

△散会の宣告(午後3時09分)
○福村光泰 議長 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。
 明日、11日、12日及び13日は決算特別委員会のため休会、14日は総務常任委員会のため休会、15日及び16日は休日のため休会、17日は福祉・教育常任委員会及び環境・都市常任委員会のため休会、18日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.77
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月18日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
      8番  青 山 博 明 議員
      1番  小坂部 政 勝 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員
     13番  山 川 寿美江 議員
      2番  野 沢 裕 司 議員
 次回予定報告・散会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員

〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長

P.78
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   吉 野 英 明  教  育  長      井 上 和 男  教 育 次 長
   田 中 利 次  選挙管理委員会      中 野   武  代表監査委員
            書  記  長
   島 村   栄  監 査 委 員      河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長               事 務 局 長



P.79
△開議の宣告(午前10時01分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会第15日の会議を開きます。
 このたび米国において発生した同時多発テロ事件は、数多くのとうとい人命を奪う、極めて卑劣かつ許しがたい行為であります。ここに犠牲となされた方々に哀悼の意を表するとともに、被害者の方々に対し心からお見舞い申し上げます。
 これより事件の犠牲となられた方々のご冥福を祈り、黙祷ををささげたいと存じます。
 ご起立願います。
 黙祷。
         〔黙  祷〕
○福村光泰 議長 黙祷を終わります。ご着席ください。
 なお、まだ日本人を含む5,000名以上の方が行方がわからない状況です。一刻も早く救出されることをお祈り申し上げます。

△欠席届
○福村光泰 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。
 教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。以上です。

△日程第1 市政に対する一般質問
○福村光泰 議長 ただいまから市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、青山博明議員の質問を許します。
         〔8番青山博明議員登壇〕
◆青山博明 議員 それでは、私の一般質問を行わせていただきます。
 今回は、NPO団体への支援について、それから環境基本条例について、改正水道法について、学校給食について、そして環境教育について、以上の5項目について質問をさせていただきます。
 それでは、発言通告書に従いまして順次お伺いしていきたいと思います。まず、1番目のNPO団体への支援についてです。今年度の予算編成において、市の政策としてNPOへの支援が打ち出されております。また、市長の議会におけるあいさつの中でも、同様の内容が述べられていました。このNPO法、特定非営利活動促進法が制定され、そして施行されて3年ほど経過いたしますが、現実にはボランティア団体との違いやNPOという新しい組織形態の理解、これが進んでいないというふうな状態が見られます。そして、その中でその支援策も具体的な内容が示さ
P.80
れてきていませんでした。そして、ことしに入ってやっと国における税制上の優遇措置や各県の施策が見受けられるようになってまいりました。
 当市は、早くからこのNPOへの支援を打ち出されており、これは評価されることではないかと思いますが、現在どのような団体が存在し、どのような活動をしているのか把握されているのでしょうか。そして、そのNPO団体やこれからNPO団体を設立しようと準備している人たちに市として今後どのような支援を考えているのでしょうか。埼玉県は、ことしの3月にNPO活動促進に関する行政方針というものを打ち出しました。さきの平成10年に出しましたボランティア行政推進方針、こちらとあわせまして、具体的な支援を示しています。当市としては、今後具体的な取り組み、そういうふうな形で、どのような支援策が考えられているのでしょうか。以上の3点につきまして、答弁をお願いいたします。
 次に、環境基本条例について質問いたします。現在環境審議会が設置され、既に会議が2回開催されています。私も1度は傍聴に行きましたが、そのときの資料をいただいてあります。これを見ますと、この環境審議会への諮問事項が環境基本計画案の作成というふうになっております。そして、同時に配付された資料の中に、環境審議会条例がありました。この内容と環境基本条例とが全く整合性がないというふうに思います。これでは環境基本条例で定めた環境審議会をもう一つ設置しないとならなくなるのではないでしょうか。説明いたします。環境基本条例の中では、第1条の目的で、環境の保全、再生及び創造に関しというふうに定義してあります。資料としていただいた審議会条例の第2条では、環境の保全に関する事項についてということのみ定義されています。もう一つ、それから環境基本条例の第9条では、年次報告書について環境審議会の意見を聞くものというふうに定義されております。
 ところが、これが環境審議会への諮問事項には組まれておりません。また、年次報告書ですから、これは毎年作成されるべきものです。しかし、審議会条例の第5条では、委員の任期が定められておりまして、それは諮問の答申をした日までというふうになっています。今回の諮問が計画では一応3年というふうに聞いておりますので、それ以降の審議機関がなくなってしまいます。それから、これは3点目です。環境基本条例の第22条で定義されている環境監査、これに関する調査の実施、これがどこでどのように行われるのか。これも具体的に示されなくてはならないと思います。
 質問の2点目です。この条例の推進体制です。条例でも調整機関を設置するようになっていますが、環境課だけの条例というふうにならないためにも、全庁的な体制の整備が必要ではないかというふうに思いますが、市としてどのように取り組まれるのかお聞きいたします。
 次に、大きな項目の3点目に移ります。さきの国会で成立した改正水道法について質問いたします。今回は、多くの法律が改正されまして、なかなか私も学習がついていかない部分があるのですが、私たちの生活に本当に身近な問題でもありますし、また自治体としても条例改正には慎
P.81
重に取り組んでいかなくてはならない大切な問題であるというふうに思いますので、今回の一般質問に取り上げました。この大きな改正内容としては、新聞等でも5点ほど挙げられております。第三者機関への委託、これの制度化が可能になると。それから、広域統合事業としての推進、未規制水道への規制の強化、受水槽水道への管理の強化、そして利用者への情報提供、こういうふうな形で新聞等にも載っておりました。今後当市でも条例の改正が必要になってくると思います。自治体の責任も含めて、あるいは役割分担というふうな考え方もあるかもしれません。市の果たすその役割をどのように考えているのかお聞きいたします。
 今回規制の対象になった10トン以下の受水槽、これにつきましては、その数はかなり多くなってくるのではないでしょうか。そうすると、やはり実態調査が必要となってくると思います。また、学校や病院、プールなどは特に利用者への情報提供のあり方、こういうふうなことも慎重にしなければならないというふうな問題も出てくると思います。そして、一番私が大切な問題だなというふうに思います第三者機関への委託の問題、これも市民にとっても重要な問題だと思います。市として今回のこの水道法の改正内容をどのように進めていくのかお伺いいたします。
 次に、学校給食について質問いたします。ことしは、早くから暑さが続きまして、衛生管理にも特別配慮が必要だったというふうに思います。特にO157などの感染症の発症につきましては、埼玉県からも毎日のように情報が流されていました。学校給食においては、O157が新たな感染症として大きく取り上げられた際に、その対策として学校給食衛生管理の基準というのが設けられました。その内容についての細部までここではちょっと言いませんが、過日給食センターを訪問した際に気がついた何点かについて質問させていただきます。
 文部科学省は、この衛生管理の基準、この中で従来のウエットシステムからドライシステムへの変更、これを推進しています。今新規に給食センターを建設、そういうふうな形の中では、すべてドライシステムへとなっていく、そういうふうな形になっております。それから、エアカーテンの設置、それから調理室との区分の明確化、備品の改善、本当に簡単なことかもしれませんが、不必要なものは置かないとかいうようなことが挙げられています。慣習化している過剰な水まき、こういうふうなものの廃止であるとか、不必要な長いホースをやめることであるとか、調理中に洗浄することをやめること、こういうふうなことも指摘されています。
 市の給食センターを見せていただいたときに、各部屋の区分、これ例えば準備室というのですか、そういうふうなところから調理室に入っていく際には、靴底をきれいに殺菌して入るというふうになっていました。しかし、現実にはそこから直接入れるようになっていますし、床には常に水で洗い流すような形になっています。それから、私が一番気になったのですけれども、床に近い部分に一般家庭でよく使われるような木製のすのこが床に置いて使用されておりました。これもきちんとお湯で殺菌され、使われているのですが、なかなか乾いた状態で使われる、そういうふうな状態にはなっておりません。それから、蒸気の排気、これがなかなかできないような形
P.82
で、特に梅雨時や雨の日に窓をあけている。そういうふうなこともあるのではないかなというふうに思いました。これら基本的な部分での見直し、こういうものが必要ではないかと思いますが、いかがでしょうか。
 もう一つは、献立の問題です。学校給食と牛乳の組み合わせにつきまして、最近になって幾つか議論が出てまいりました。牛乳による食中毒事件、これも新聞等にも報道されました。そういう際には、給食でも一時献立の中から除かれているというふうな状況でした。米飯給食がだんだんと希望もありまして、ふえていく中で、その組み合わせの不自然さあるいはアトピーやアレルギーで飲めない子供への配慮、現実に牛乳が多く残るというふうな父母のお話もいただいたこともあります。全国では、いろんな例がありまして、牛乳にかわる飲み物として取り組みをされているところがあります。今定義されている法律、これは給食センターを見たときに資料としていただいたのですが、かなり前のもので推定で今から四十四、五年前のものでした。どうしても本当に欠かせないものなのかどうか。ここにつきまして市のお考えをお聞きしたいと思います。
 最後に、環境教育についてです。その一つとして、全国的にも学校ビオトープの活用、これが言われています。現在取り組んでいる事例もいろいろお聞きいたします。市としては、環境教育の中にこの学校ビオトープの利用、これを取り入れる、そういうふうなお考えがあるのかどうかお聞きしたいと思います。
 それから、上福岡市の第7小学校に現在ビオトープがありますが、その管理がどのようにされているのか。これについてもお伺いしたいと思います。
 それから、そのビオトープの今後の活用についてです。先日の先ほども例で言いましたけれども、環境審議会、こちらの方の中でも、私が傍聴したときに全員の委員の方が自分の思っていることというのを述べられていました。いろいろさまざまな意見が出たのですが、学校の先生もいらっしゃいましたし、年齢層も幅広い人たちでした。そういう人たちの中で出てきたことは、小さいときからの環境教育、これが重要であるという意見が何人かの人から述べられていました。それから、後半自己紹介のような形だったのですが、昔話のような形で昔の上福岡はよかったと、そういうふうなお話になって、小さいころはこうだったとか、そういうふうなお話もされました。そういう意味では、身近にある本当に生きた教材として有効的な活用が図られるべきだというふうに思いますが、市としてどのようにお考えでしょうか。この点についてお伺いいたします。
 以上で私の最初の質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 それでは初めに、NPO団体の支援についての質問にお答え申し上げます。
 現状の把握ということですけれども、現在特定非営利活動促進法に基づきまして、NPOとして県から認証を受け、法人格を取得しておりますのは、地域の交流国際事業を行っておりますふ
P.83
じみの国際交流センター、それからホームヘルプサービスや子育て支援事業等を行っておりますサポート輪の2団体であります。法人設立準備中なのが障害者自身の在宅ケアサービスを展開しております上福岡障害児自立センター二人三脚という団体でございます。これは、認証を受ける準備を今行っております。市としてふじみの国際交流センターに対しましては、その活動の側面支援という形で、外国語版の情報誌の編集、印刷を委託しております。また、設立準備中の障害者自立センターに対しましては、申請の事前協議等事務手続のバックアップをさせていただいております。現状は、こうした側面支援が中心というふうに考えております。
 今後の具体的な取り組みですけれども、先ほどご質問の中でもありましたけれども、NPO法が施行されてからさまざまな施策が自治体で打ち出されて取り組みがふえてきております。ただ、そうした先行している自治体でもまだ明確な指針といいますか、そういったものが示されていない現状もあります。NPOといって、具体的にはどんな団体がNPOに入るのか、いわゆるNPOの範囲でありますけれども、国の示したNPOの範囲が相当広範囲になっております。しかし、先ほど出ました埼玉県が策定いたしましたNPO活動の促進に関する行政方針では、NPOの範囲を限定しております。市民が主体になって継続的、自発的に社会貢献活動を行う営利を目的としない団体で、特定非営利活動法人及び市民活動団体やボランティア団体など任意団体というふうに定義しております。これでも数が多いかなというふうに思いますけれども、近隣のNPOの認証団体数ですけれども、川越市が3団体、富士見市がありません。大井町が1団体、三芳町が1団体ということでございます。県内では97団体認証されております。
 埼玉県の非営利活動法人埼玉NPOセンターから冊子が発行されております。埼玉NPOつながりリストというのですけれども、県内で活動しているNPO団体の紹介をしておりますけれども、その中でも947グループが紹介されております。したがって、上福岡市でNPO、いわゆる非営利組織をどう把握するかという定義づけが必要になってくるというふうに思っております。市として、NPOとどうかかわって、どう支援していく必要があるのかということ、まず私どもがしなければならないのは、NPOとは何かということへの理解を図ること、NPOとなぜパートナーシップをつくる必要があるのか。また、NPOとのパートナーシップを土台に自治体のサービスは今後どのように変わっていくべきなのか。これら十分論議、検討することだというふうに思っております。
 NPO政策、NPOのパートナーシップづくり、その第一歩は、行政自体の自己の見直しからスタートというふうになろうかと思います。そのためにも行政としては、何らかの方法で縦割りでない仕組みづくりが必要というふうに考えております。埼玉県方針あるいは先進地の事例、それらを参考にして、庁内で論議する場を策定していきたいというふうに考えております。
 次に、環境基本条例のご質問ですけれども、上福岡市環境基本条例第9条で、年次報告書について、環境審議会の意見を聞くものと定めております。また、同条例第11条第3項で環境基本計
P.84
画を策定するに当たって審議会の意見を聞くものというふうに定義されております。このため本年7月13日に上福岡市環境審議会の設置を行いまして、ご質問のとおり諮問案件といたしまして、環境基本計画案の作成についてとなっております。環境審議会での環境基本計画づくりでは、市の環境の状況や環境の保全、再生及び創造に関して講じた施策なども分析しながら計画づくりを行うものというふうに思っております。条例第9条の年次報告と第11条の基本計画の策定とはリンクするものというふうに思っております。既設の環境審議会に年次報告書について意見を聞くことは、問題ないものというふうに考えております。
 委員の任期の件でありますけれども、環境基本計画案の答申後は、常設の審議会を設置することを考えております。また、環境監査についてどのように行われるかというご質問ですけれども、環境監査の部分につきましては、基本計画策定後におきます進行管理の部分と考えております。
 それから、もう一点の推進体制でございますけれども、ご質問のお考えのとおり、環境基本条例、基本計画の推進に向けては、環境課だけのものではありませんので、環境基本計画では計画づくりの段階から庁内に策定検討委員会の設置を予定しております。策定後は、この策定委員会が発展した推進体制ができればというふうに思っております。いずれにいたしましても、市民の手づくりによって生まれました条例、市として生かしていくことが行政の役割というふうに思っております。
 ちょっと答弁が前後しますけれども、環境基本条例でいう目的のところに環境の保全、再生及び創造というふうにうたっております。これは、各所に出てまいりますけれども、審議会条例の方では環境の保全ということで、分掌事務はなっております。それで、整合性がないのではないかというご質問なのですけれども、環境審議会条例は、審議会を設置するための条例であります。環境基本条例の方は、いわゆる現在、将来の市民が健康で文化的な生活を営むことができる良好な環境を確保することを規定しております。目的が違いますので、整合性が合わないということではなかろうというふうに思います。また、環境審議会条例の保全というのは、すべての意味を包括しての言葉というふうに解釈しております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 鈴木水道部長。
         〔鈴木久志水道部長登壇〕
◎鈴木久志 水道部長 それでは、私の方から改正水道法についてのご質問についてお答えをしたいと思います。この改正水道法について5点改正のポイントを柱、るるご質問ございました。順次お答えをしていきたいと思います。
 今回の水道法の一部改正する法律案が6月26日に衆議院本会議で可決成立、これを受けて7月4日に平成13年の法律第100号として公布され、これにより1年以内に施行日が政令で定められることになっております。改正水道法は、安全な水を安定的に供給維持していくために水道事業
P.85
の経営基盤と管理体制を強化しようというのが基本的なねらいでございます。主な改正点は、先ほどご質問者からございましたが、1として、水道事業者による第三者への業務委託の制度化、2点目としまして、水道事業の広域化、事業の統合に際してのしやすい環境づくり、手続の簡素化でございます。第3番目に、ビル等の貯水槽水道に関する設置者の責任の明確化と水道事業者の関与でございます。4点目としまして、自家用水道に対する水道法の適用、専用水道の範囲拡大ということでございます。5点目としまして、水質検査、その他の水道事業に関する情報の提供の5項目が主たる改正のポイントとなってございます。
 改正に伴う市の果たす役割をどう考えるかということでございますが、安全な水を安定的に供給維持していくために、水道事業の管理体制の強化を図るということから、水道法の改正に伴い、当市の水道事業給水条例あるいは給水条例施行規定の改正の問題が出てくるものと考えております。今後厚生労働省では、改正に伴う政令原案、これを9月に作成、10月公布、また省令原案を10月作成、11月ないしは12月に公布する予定でございますので、これにつきまして平成14年4月1日施行とする予定になってございます。これらの政令、省令での示される具体的な準則に従い、当市の条例及び規定等の改正を図りたいと考えてございます。
 なお、平成14年4月1日に施行日となってございますが、各自治体における条例、規定の改正については、1年間の経過措置を適用し、平成15年4月1日までに改正するものと聞いております。現状では、今後示される準則等を参考に当市の改正作業を進めていきたいと考えてございます。今回の改正点すべてが水道事業体にかかわる改正でございますので、果たす役割は一層重くなるというふうにとらえてございます。
 次に、今回対象となった10立方メートル以下の受水槽の調査が必要となるのではないかということでございますが、主たる改正点でも申し上げましたように、今回の改正でビルの貯水槽水道に関する設置者の責任の明確化と水道事業者の関与の充実が定められているようでございますので、これは改正前の受水槽水道、これはビル等建物内水道については、管理の不徹底に起因してしばしば衛生上の問題が発生し、水質面での不安を感じる利用者が多いことから、水の供給者である水道事業者が供給規定に基づき受水槽水道の適正な管理履行を求める等の適正な関与を行うことによって、その管理の徹底を図り、利用者の不安を払拭するという観点からの改正でございます。水道事業者の責任に関する事項として、貯水槽水道の設置者に対する指導、助言、勧告並びに貯水槽水道の利用者に対する情報提供等が供給規定に定められるようでございますので、今後10立方メートル以下の貯水槽水道設置者の調査が必要になると思いますので、具体的な実施方法になりますと、費用負担や人的対応並びに受益者負担等々の課題につきましても、十分検討してまいりたいと、このように考えてございます。
 それから次に、水道利用者に対しての情報提供のあり方についてでございますが、水道利用者の水道事業に対する理解を深めるとともに、利用者の知りたい情報を積極的に提供していくとい
P.86
う観点から、利用者への情報提供を水道法上の水道事業者の責務として位置づけるようでございますので、例えば水質検査の計画及びその結果、その他水道施設の整備に関する事項、水道料金、その他需要者の負担する費用に関する事項等々について、水道事業者は水道事業に関する基本的な事項につきまして、定期的に公表するよう努めることと改正されるようでございますので、当市といたしましても、法の趣旨に沿い、努めてまいりたいと考えてございます。
 最後になりましたが、第三者機関への委託化をどう考えるかということでございます。この問題につきましては、今回の改正水道法の中で重要なポイントであるというふうに私どもでは考えてございます。この中身としましては、水道事業の広域化等による管理体制の強化、中身的には二つございまして、強化を図っていくために水道事業を統合する場合の事業認可等の手続を簡素化し、しやすい環境づくりを図っていくということでございます。2番目としましては、浄水場の運転管理や水質管理等高い技術を要する業務について第三者への業務委託の制度化でございます。この第三者のとらえ方につきましては、水道事業者間あるいは水道事業供給事業者、あるいは厚生労働大臣の指定した民間機関、第3セクター、こういうものがあろうかと思います。
 いずれにしましても、この民間企業、第3センターあるいは民間会社に委託する場合につきましては、受託業務技術管理者を置くなどの受託業務遂行能力と責任を担保できる資格が基準に規定されてございますので、それらをもきちっと踏まえまして、水道部といたしましては、改正水道法の趣旨を踏まえ、水道事業体としての責任範囲を勘案し、十分な検討をしてまいりたいと、このように考えてございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会の方にお尋ねがありました学校給食について、それと環境教育についてのこの2点のご質問についてお答えしたいと思います。
 ご質問のありました調理場施設の設備のドライシステムについてお答えしたいと思います。文部科学省の学校給食衛生管理の基準に基づきまして、改善できる範囲で施設改善をしてきたところでございます。主なものといたしましては、検収ホームから各保管庫に直接納入できるシステムや手洗いのハンドル、水はね防止、食材ごとの調理ラインの改善等を行って、汚染防止に努めております。ドライシステムの関係でございますが、調理場の床及び調理器具類すべてをドライシステム用に改造し、あるいは購入しなければならないため、今後施設改修等において検討していきたいと考えております。また、木製すのこについてでございますが、食缶等の配ぜんが滑りにくいため、現在使用しているものでございます。また、使用前、使用後に消毒を行っております。この木製すのこでございますが、床からも30センチの高さにして水はね防止をしておるところでございます。今後は材質等の検討をしていきたいと考えております。

P.87
 次に、ミルク給食の見直しについてでございますが、各学校から給食センターに戻る牛乳の残量は、余りありません。文部科学省からも平成12年、食生活指針において牛乳、乳製品、小魚でカルシウムをとりましょうと出されております。カルシウムの吸収力にもすぐれているため、成長期には大切なものです。また、牛乳の補助金も出ておりますので、今後も他の嗜好飲料と併用しながら、牛乳を使用していきたいと考えております。
 次に、環境教育でのビオトープの活用についてお答えいたします。環境教育の教材としましては、雑木林、植物園、ビオトープ等さまざまな教材があり、各学校が教育課程を編成する中で、教材として何を使用するかを決めております。教育委員会といたしましても、ビオトープも教材の一つと認識しております。現在第7小学校にございますビオトープの管理につきましてはどうかというご質問でございますが、学校教材については、学校が管理しておる状況でございます。
 次に、各学校で環境教育を推進していくことは重要なことだと思っております。しかし、第7小学校にあるようなビオトープを全校設置につきましては、本市の小中学校の敷地の点から、全校設置の考えは今のところ考えておりません。現在の7小におけるビオトープは、設置当時の学校長や地域、PTAの方々の協力でできたものでございます。市内の希望する学校が教材として活用できる上福岡市のビオトープとしていきたいと考えております。今後は児童生徒が安全に活動できるよう教育委員会としましても、環境整備に努めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 青山博明議員の再質問を許します。
◆青山博明 議員 それでは、再質問をします。
 それぞれにつきまして、ご丁寧な答弁をいただきまして、いつものことですが、大分時間が少なくなってまいりました。何点かにつきまして伺わせていただきます。
 まず、NPO団体への支援についてですが、その範囲が広範囲で県がある程度の枠を持っているというふうに先ほどの答弁の中にありましたけれども、きのうの新聞報道なんか見ましても、国の方がその枠を今後広げていこうというふうな方針が出ています。そして、その具体的な支援策、これも県で検討するようにというふうになっています。今市は、いろんなところに文章としては出てくるのですが、なかなかこれは具体的な取り組みとして出てきていないのです。そのことにつきまして、私は今回ぜひ具体的な市の支援策、取り組みを示していただきたいというふうにお聞きしました。今地方分権の時代とか言われていますけれども、お互いに利用するのではなくて、市が団体を利用するのでもなく、団体が市を利用するのでもなく、パートナーシップというふうな言葉が出てきています。市のいろんな事業を補完する意味でも、今後こういうふうな組織が大いに活用されていくというふうなことは望まれているのではないかなというふうに思うのです。
 そういうふうな意味では、県内でも例えば越谷市なんかでは補助金を出しましょうと、それか
P.88
ら福祉の分野でいろいろ活躍されているところにつきましては、市としても支援していくというふうな事例を出しているところもあります。こういうふうな具体的な中身を今後示していただきたいなというふうに思うのです。もう一歩踏み込んだ答弁が出てくればというふうに思うのですが、その具体的な部分につきまして、何かお考えがあるのでしょうか。それともただ単に文章で出ているだけの支援なのか。この辺につきまして、再度お聞きしたいと思います。
 それから、環境審議会、これの位置づけについてですが、その推進体制はこれでよろしいのではないかなと思いました。全庁的に取り組んでいかれると、一つ不安な点があるのですが、検討委員会というふうな形で言われましたけれども、今環境審議会の方で具体的な日程が決まって、ワークショップとかよく出てきますけれども、3年間の計画の中にそういうのが全部ちりばめられて、計画進んでいます。これと庁内の検討委員会、これをどのようにすり合わせていくのかということにつきましてお聞きしたいと思います。
 それから、この環境審議会そのものの3年後、今後これを常設の審議会へと移行していきたいというふうに今言われましたけれども、とりあえずこの3年間の環境問題に対する年次報告、これにつきまして、この審議会に諮問されていくのかどうか。これがもうちょっとはっきりしなかったような気がするのですが、その点についてもお聞きいたします。
 いろいろ時間の関係もありますので、給食センター、教育委員会にお伺いいたします。給食センターにつきましては、確かにお金もかかるというふうな状況があると思うのですが、とりあえずことしは非常にO157感染のニュースも多くて、何か今いろんな感染症も出てきていますし、材質の検討とか、そういうふうなことはありましたけれども、これはっきりかえていきますとか、そういうふうな方針が出されてもいいのではないかなというふうに思ったのです。今食の安全性というのが特に重要視されていますし、私も本当にこれは素朴な疑問点として今回幾つかの点を指摘させていただきましたけれども、やっぱり大量の食材を使って子供たちに与えるわけですから、それなりの配慮が必要なのかなというふうに思います。検討されるということも当然これはいい方向だと思うのですが、もう一歩、かえましょうというふうなこともあってもいいのかなというふうに思うのです。単純に言いますと、今木製のまないたなんか使いません。昔はそういうのがいいというふうに言われていましたけれども、そういうことを言っている時代ではありませんので、便利なものもいろいろ材質も安全なのも開発されていますし、そういうふうな方向に来ています。その辺につきまして、今後改善をぜひしていただきたいなと思いますが、答弁もいただきましょうか。
 それから、ビオトープにつきましては、環境教育の教材の一つというふうに言われました。確かにそれはそうなのですが、身近にある本当にこれからつくるというのではないのです、第7小学校の場合は。今ある施設ですから、これを有効に活用していったらどうですかというふうに言っているわけです。管理の方法なのですが、先ほど答弁の中で、これはPTAや地域の人と一緒
P.89
につくったと、私がお伺いしてお話聞いた中では、何か卒業の記念につくったというふうなお話もありました。そういうふうな三者のいろんな協力でつくられたものであるならば、その管理の方法もやはり学校の敷地内だから、これは学校の教材として学校が管理するのだというふうなかたくなな姿勢ではなく、市としても、市の環境施策の一つとしても、あるいは地域の中の一つの施設としても、これは同じような位置づけがされるのではないかと思いますので、そういうふうな狭い範囲での利用あるいは管理ということではなくて、もうちょっとその辺は対応していってもいいのではないかなというふうに思うのです。今学校でいろんなそういうふうな環境問題に取り組むというのは、今後の総合学習の中でもいろいろ出てきています。それなりにやっぱり予算措置をして、これから来年度から取り組んでいこうというふうな形の状態だと思うのです。
 ところが、ここの第7小学校の場合は、ある意味ではおあつらえ向きの教材があるのかなというふうに私は思うのです。今回一般質問を提出させていただきまして、その後も様子見ていましたら、何だか私が管理しなさいというふうに言ったみたいにとられまして、全部刈り取られてしまいました、草が。ビオトープがどういうものかというのがやっぱり理解されていないのではないかなというふうに思うのです。そういうところからまず誤解があっては、本当にこれが生きた教材として考えていますと言いますけれども、活用されていくのかどうかちょっと心配なのです。各学校に設置するしないはまた別な問題、あるものを有効活用していこうというのが私の質問ですので、その点につきまして再度ご答弁をお願いいたします。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 NPOの支援策のご質問ですけれども、おっしゃるとおり具体的な内容を早くお示ししたいのは我々同感でございます。ただ、私ども今ご質問者の中にも出てまいりましたけれども、蓮田市の事例なんかを見ますと、市民側のまちづくりに対する意識の高揚というのを最優先にしておりまして、市民間のネットワークの輪を広げていくということでNPO施策を進めているというふうに聞いております。蓮田市では、市民が主役の推進課というのが担当しておるのですけれども、いろいろお話をお伺いしたところ、庁内のコンセンサスがまだ得られ切れていないと、ただ市民の公募による懇話会ができておりまして、活発に活動しておるようですけれども、私たちも大変広範囲にわたる内容ですので、自治防災課が事務分掌の中に位置づけられておりますけれども、全庁的に取り組まなければいけない。全庁的にコンセンサスを得ていかなければいけないということもありますので、先ほど申し上げましたとおり全庁的な推進体制をつくっていかないと、先へ進まないだろうというふうに思っております。
 それから、審議会の関係ですけれども、庁内検討委員とそれから審議会のかかわりですけれども、行政として大いに基本計画にかかわってくるわけですけれども、全庁的にかかわってきます。そういったところで、行政としての現状ですとか、今後、それから考え方、いろいろ整理いたし
P.90
まして、審議会の方にお示ししていく必要があろうというふうに思っております。年次報告の関係ですけれども、これは平成13年度終了しましたら、年次報告を作成いたします。それは、現在設置されています審議会に対してご意見を求めるというふうな形になります。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 学校給食の調理場の関係ですが、器材の関係で、衛生管理上危険のあるものについては、早急に改善していきたいと思っております。
 それから、ビオトープですが、第7小学校にあるビオトープですが、これはビオトープの中でも非常に初歩的な施設であると考えております。ご近所に立派なビオトープもございます。教材にぜひ使用させていただけるようお願いしていきたいと思っております。ビオ、ドイツ語で生物、トープ、場所であります。野生生物の生息空間を保つことは、各小学校の敷地内では非常に難しいことだと思っています。現在ある7小のビオトープですが、教育委員会の方で環境整備をしていきたいと思っております。
 以上です。
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午前10時53分
   再 開 午前10時54分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 青山博明議員の再々質問を許します。
◆青山博明 議員 ご質問をいたします。
 環境問題につきましては、ちょっと思いが違っていたのかもしれませんけれども、条例の中にうたわれている環境審議会というものが非常に重要になってくるかなというふうに思ったものですから、その内容につきまして、庁内の検討会議のある意味では計画案づくりみたいなものが先行されてはまずいのかなというふうに思ったのです。これきちんと諮問されているわけですから、そちらの方の内容を重要視していただくのが当然ではないのかなというふうに思うのです。そのすり合わせの方法というのが具体的にどういうふうになっていくのかはちょっと今見えなかったのですけれども、これは今後また少し私も傍聴なんかもさせていただきながら、様子を見たいというふうに思います。
 NPOにつきましては、なかなか具体的なものが出てこないで、私も今答弁で困ってしまったのですが、これにつきましても、再度やらせていただきます。
 それから、学校のビオトープの方ですけれども、今県の方の方針としても、県内にビオトープ
P.91
のこういうネットワークをつくろうというふうな形が出ています。上福岡の隣の川越の川向こうにも何かそういうふうな施設がつくられるというふうなことを言っていました。新聞等にも載っていました。上福岡市のことしいただきました教育行政の重点施策、この体系の中でもきちんとうたわれているのです。ですから、答弁をお聞きしますと、なかなか活用というのが実際どういうふうにしたらいいのかというのも含めて出てきていないというような気がするのです。
 先ほど言いましたように、なかなかこのビオトープの管理というのは難しい部分があるようで、例えば熱心な先生がいて一生懸命つくっていたというときには、きちんと活用されたり、いい状態で保たれるのですが、その人が異動になっていなくなってしまうと、きちんと引き継がれなかったりとか、そういうふうな状況でだんだん荒れていくと、後に入った先生があるいは学校側がこの施設はどうしましょうかというふうな形でちょっと困っているというような状況も、これ全国的にもあるのです。だから、きちんと今後その辺を引き継いでいかれるとか、こういうふうなものでこういうふうな管理の仕方があるのだというふうなことをあわせて受け継がれていかれるというふうなことがあれば、そういうふうな荒れてしまうとか、邪魔者にされるというふうなこともなくなるというふうに思うのです。
 総合学習の教材というふうな意味では、本当に私はいい身近な例だと思うのです。私がここに通勤してくるときに四小の体育館のわきに今林があります。あれをつくったときに私本当にこんなので木が育つのかなというふうに思ったのですが、大分今たちまして、立派な林になりました。ですから、やりようによっては、きちんと管理されれば、これ有効活用できるというふうに思うのです。
 それとあわせて、来年度以降の総合学習の教材というふうなことも出てきましたし、今後教育委員会としてこの管理、それから具体的な活用、こういうふうなものにつきまして、きちんと取り組んでいただきたいなというふうに思いますので、その点につきまして再度答弁をいただきたいと思います。
 以上で私の質問は終わります。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 7小のビオトープですが、議員ご指摘のとおり熱心な先生がいて、このビオトープをつくりました。現在議員ご指摘のとおりの状況になっております。しかしながら、上福岡市の環境教育の中で、現在あるビオトープを教材の一つとして教育委員会として管理してまいりますので、今後ともよろしく見ておいていただきたいと思います。また、先ほどご答弁したように、ご近所に立派なビオトープがございます。持ち主の方にお願いして、そちらも教材として利用させていただきたいと思いますので、ご理解のほどお願いします。
○福村光泰 議長 青山博明議員の質問を終了します。
 5分間休憩します。

P.92

   休 憩 午前11時00分
   再 開 午前11時07分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、小坂部政勝議員の質問を許します。
         〔1番小坂部政勝議員登壇〕
◆小坂部政勝 議員 それでは、議長より質問の許可をいただきましたので、通告の順に質問いたします。
 まず、都市計画問題なのですが、11年の第4回12月議会で質問いたしました旧火工廠わきのリバーサイド構想にある緑地公園上の道路の拡幅、道路は狭く、昼間でも暗く、以前は殺人事件もあった治安上にも大きな問題がありということで指摘させていただきましたが、当時の都市整備部長の答弁では、地形的に急傾斜で、構造的にも物理的にも無理がある。そうなると、手前の工場側、大日本ミクロの会社側にも協力を願う必要がある。塀の際まで工作物があり、当然民地のため会社の都合もあるということでした。協力方話をしたいと思っているというふうに答弁をいただいております。それでは、当面電柱だけでも民地にお願いできないかという質問をいたしました。それに対し、道路の拡幅の考え方は、部分的にやってもいいし、全部が無理なら、そのような考え方があると思う。電柱程度が緑地公園の方に入れば、一番たやすいこと、現状を見ないと無理かなという部分もあり、少しでも交通が緩和されるような形がとれればという形で現在調査をしてみたいと思っているというお答えでした。約2年の月日が経過しておりますので、この答弁の結果と現在までの進捗状況、現状についての判断をお答え願いたいと思います。
 市道137号線の道路整備について、この道路の必要性は十分にわかっている。農地所有者に協力の依頼をしたいと思っているというお答えをいただいております。その後の結果と進捗状況を伺いますので、詳しくお答え願いたいと思います。
 もう一点、大きい都市計画問題、12年9月議会で質問いたしました旧新河岸川の管理状況とその後の進展について伺います。旧新河岸川の管理は、一部県が整備済みの部分と日常の管理は、上福岡市が任されている。地方分権の関係で、法定外工作物の譲与の調査実施を行うとのことで、恐らくこの旧新河岸川は国から市に譲与されるのではとのことで、地権者の協力により県、国との関係機関と協議を進めていくと答えられました。やはりこれも現在1年経過しておりますが、管理状況も変わらず、隣接所有者には迷惑のかけ放題です。とても申し上げましたような魚、蛍のすめる清流の散歩道にはほど遠いのが現状です。ぜひ親子の散歩道となるよう、一日でも早く実現させたいのですが、いつできるのか。また、どのように協議され、いつ協議されたか、そのときの状況を詳しくお答えください。

P.93
 同じく2点目といたしまして、福岡高校わきの堤防上の道路の拡幅整備、市道としての認定の状況、12年12月の定例会の答弁では、第1期の申請地として譲与申請の作業中とのことでした。譲与されないと拡幅ができないと考えますので、譲与の時期と進捗状況を伺います。
 3点目、車リースについて、この件につきましては、いろいろさきの議会におきましても、傍聴席からリースの議論よりも、なぜそれだけの公用車が必要か。その議論の方が重要とのご意見もいただいております。ですが、本日は庁用車管理事業オートリースについて、どのような経過にあるか伺います。業者も決定し、進行していることと思いますが、現在の時点で何台でどのような扱いになっているか。また、車検等はどのようになっているか。市内業者にどのぐらい出されているのか。その割合等を伺いたいと思います。
 大きい4点目になります。2市2町合併協議会が発足し、それぞれ協議が行われている現在、各市町それぞれ行政により事務執行がさまざまだと推察いたしておるところでございます。さいたま市の合併に関しても、事務執行の違いが大きな課題になったと伺っております。広域行政を求める現在、当地域におかれましても、警察業務、消防業務、衛生組合等いろいろな施策が執行されております。都市計画、福祉等も統一執行されましたら、住民にはすばらしいことと推察いたしております。このような観点から、2市2町において職員の出向、派遣、期限を定めての他行政の勉強、それを各行政に持ち帰り、それぞれの行政に取り入れるべきと考えますが、上福岡市におかれましての考えをお答え願いたいと思います。
 以上で1回目の質問とさせていただきます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問に順次お答えを申し上げます。
 まず、庁用車管理事業オートリースの進捗状況についてでございますが、庁用車管理事業オートリースにつきましては、経費節減を図るため、平成13年度から実施したところでございます。5月1日にはリース会社1社と公有自動車の売買契約及び自動車賃貸借契約を締結いたしました。公有自動車の売買契約につきましては、水道事業会計分8台を含めまして、59台の公有自動車の売り払いによりまして、1,185万2,463円の収入を得たところでございます。また、自動車賃貸借契約につきましては、契約期間を平成13年6月1日から14年3月31日までといたしまして、水道事業会計利用分8台を含めまして、67台につきまして契約期間の賃借料1,075万8,825円で契約をいたしたところでございます。なお、リースしていない市所有の車両は9台で、特殊車両等でございます。
 次に、リース車両の車検等を含む整備に関しましては、リース会社が行うこととなっておりますが、市との契約によりまして、リース会社が市の指定した整備業者と契約いたしまして、整備会社からの通知に基づき実施いたしております。リース車両67台のうちバス2台を除きまして、
P.94
65台につきましては、市の指定した市内整備業者が整備等を行っている状況でございますので、その割合は97%となっておるところでございます。
 続きまして、職員交流についてのお答えを申し上げます。他団体との間で職員交流を行うことにつきましては、職員の資質向上や幅広い視野の養成など、人材育成の観点からも重要ではないかと考えておるところでございます。職員交流を行うことによりまして、今までの組織のメリットやデメリットが発見できまして、また派遣された職員は、今までと環境が違う職場に置かれるわけでございますから、緊張感を持ち、自己研さんに努められるというようなメリットも考えられます。特に近隣自治体である2市2町間の職員交流につきましては、現在でもさまざまな広域事業を実施していること、それから事務処理の効率化、合理化及び統一化、また連携の強化等を考えた場合、その必要性は十分理解しているところであります。今後合併協議会の議論の進捗状況を踏まえながら、各市町と話し合ってまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、都市計画関係のご質問についてお答えをさせていただきます。
 まず初めに、市道第371号線、197号線関係のご質問にお答えをさせていただきます。市道371号線から197号線の道路拡幅及び電柱の移設につきましては、一昨年ご質問いただいた後に大日本印刷株式会社と交渉をさせていただきました。会社側といたしますと、塀ぎりぎりまでに工作物があり、道路拡幅及び電柱移設は無理とのご回答をいただきました。また、コンクリート塀を透視性のあるフェンスとのことでございますが、会社側のセキュリティー等の関係によりまして、フェンスについてもご承諾がいただけなかったものでございます。
 それから、緑地公園関係側につきましての電柱移設は、地形的にも急傾斜地でありますので、設置が難しいと考えますので、今後工場側の改築等の機会をとらえまして、道路拡幅及び電柱移設のご協力をお願いをしていきたいと考えております。
 次に、市道137号線の道路整備関係についてお答えをさせていただきます。市道137号線につきましては、地権者のご協力によりまして、一部につきまして舗装工事を実施いたしましたが、まだ地権者のご協力を得られず未舗装部分がございます。当時後退につきまして、協力が得られなかった理由といたしまして、農業をこのまま続けていくので、畑を少しでも減らしたくないということで、担当といたしましても、それ以上協力を求めることができませんでしたが、期間等も経過いたしまして、状況も変化してきていると思いますので、再度地権者にお願いをしてみたいと考えております。
 次に、旧新河岸川関係のご質問にお答えをさせていただきます。旧新河岸川の管理につきましては、地方分権の関係によりまして、法定外公共物の権限移譲が平成13年4月に国から譲与にな
P.95
りましたので、今後新河岸川の管理方法及び整備について、地元のご意見等をお聞きした中で、関係課と協議を進めてまいりたいと考えております。
 それから、福岡高校わきの堤防上の道路整備についてでございますが、福岡高校わきの堤防上の道路につきましては、現在川越土木事務所の管理となっておりますので、川越土木事務所と堤防上の道路の借用についてお話をさせていただいた中で、口頭でご返事をいただいておりますので、正式に申請等を今後提出していきたいと考えております。その後手続終了後に道路認定等について今後お願いをしていきたいと考えておりますが、堤防上の道路でありますので、現在の幅員以上の拡幅はできませんが、堤防上に上がる市道につきましては、地権者に拡幅についての協力をお願いしたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 小坂部政勝議員の再質問を許します。
◆小坂部政勝 議員 再質問いたします。
 通告の順からずれるかと思いますが、職員交流の問題から質問させていただきます。2市2町の人口は、ご承知のとおりと推察いたしておりますが、それに伴い、職員数の方は富士見市が749名、上福岡市が485名、大井町が360名、三芳町が348名おります。このような状況から、さきに職員交流についてお伺いしようと思いましたらば、当時の職員課長の方から時期尚早だから、質問しないでくれというようなことを言われまして、時間が大変たってまいりましたので、再度の質問をさせていただきます。この中に、先ほども申し上げましたように、ぜひ他の行政、どういう仕事をしているか。例をとりますと、建築確認等におきましても、許可の日数的にも大変違う。いろいろな出し方も違う。開発許可、もとは同じなのですが、いろいろな提出方法が違う。そういうような状況からぜひ2市2町の統一を図っていただきたい。そのような観点からこの2市2町の職員の交流という問題を取り上げました。
 この中で、単純に考えまして、例えば各市町村が10%ぐらいずつほかの行政と出向、交換していただいて、2年とか、3年とか期限を決めて、1年でもいいと思います。各自分の専門職だったらその専門職の立場上、どういうことをしたらいいのか、どういうことをしているのか。それを各行政へ持ち帰って統一ができればなというふうに考えております。まず、この人数的な問題もございますが、めでたく会社でいえば社内結婚なのですが、庁内で結婚した方も結構いるのです。富士見市では749名のうちに66組、上福岡市が48組ぐらいなのですか、三芳町が34組、大体これで数えますと、職員の20%ぐらいずつおるわけです。単純に先ほど10%と申し上げましたのも、そういう方の希望がありましたらば、ぜひ本人からの希望をいただきまして、出向していただいて、勉強していただきたい。そのほかに市民の方も結構そういう問題を言っております。ともかく上福岡だけでなく、ほかの地域の仕事を知り、統一されたらなという、もちろん都市計画問題に関してもそうだと思います。道路が途中で行き詰まって細くなったり、そういう状況が各
P.96
方向に多く見られます。その辺が2市2町共通的に持っていけたらば、もう少し都市計画的にもよくなるのではないかなというような関係から、今後の行政運営には職員交流はぜひ必要なことと考えております。今後の市長会議、執行部の会議等におかれましても、取り上げていただいて、希望者を募り、今後の行政の発展に寄与していただけたらと考えますが、執行部の考えを伺いたいと思います。
 それから都市計画問題、市道371号線から197号線の道路拡幅及び電柱の移設についての問題ですが、工作物、建築物等は、隣地境界よりのこれは道路ですから、隣地境界と申しますか、その辺が当てはまるのかわかりませんが、隣地境界の場合は、民法234条の田んぼ問題もありますけれども、この工作物を建てる場合に、塀際いっぱいというふうな状況の話を伺ったと思います。これを建てる前になぜ注意ができないのか。いっぱいだからできない、電柱も入らない。そのような状況では、あの広い敷地を面している会社ですから、ぜひ今後交渉をして、広げていただかないことには明るい道もできないと思います。このフェンス関係は、先ほどもお話がありましたように、機密等もあると思います。ぜひ傾斜になっておりますので、平らな部分が1メーター広げられるのかなどうかなという観点はございますが、何とか検討していただいて、これを少しでも広く、せめて車がすれ違える程度、乗用車がすれ違える程度にはしていただけないかな、その辺の観点からこれからの施策を少々お伺いしたいと思います。
 それから、137号線の道路の整備、進捗状況をお伺いしたわけですが、農業者ということで、農業を続けていくので土地が減らせないというお答えをいただいたと。現在亀久保からふじみ野、東大久保ですか、あそこに抜けております県道の拡幅が行われております。その拡幅に際しましては、土地は県が買い上げの売買契約と申しますか、そういう状況になってくると思います。たまたまこの地権者におかれましても、大きい後退がくいが入ってございます。その辺は売買が済んだのかどうかはわかりませんが、状況を考え、把握していただいて、ぜひ一日でも早くこの拡幅もお願いしたいと思います。これは、要望といたします。
 それから、12年9月議会の先ほどの新河岸川の管理状況、その問題なのですが、譲与から半年経過している現在、その間の地元の意見、関係者等関係官庁ですか、協議をするということでしたが、半年間されていなかったのかどうか。もしされていればその協議内容をお伺いしたいと思います。
 福高わきの堤防上の道路整備、これは川越土木事務所から借用、市道認定する口頭で返事はいただいておりますということでしたが、正式にいつ申請をするのか。この福岡高校に関しましては、本題とは関係ないかと思いますが、県立高校統合の問題が最近新聞によく出ております。そのような中から上福岡に一つきりない高校等もなくなってしまっては困るのではないかという状況も入っております。道路状況によって、あそこの地域が万が一どこかに統合されてなくなってしまっては大変ではないかなと、いわゆる入ってくる道が1本きりないわけです。ぜひ前にも申
P.97
し上げましたように、この道路を拡幅、今の土手上の道路の幅きり拡幅できない。そのようにお話を伺いましたが、わきに使っていない用水路がかなり幅広い状況で残っております。福高のフェンスのわきまで何メーターあるのでしょうか。十何メーターあるかと思います。そういうふうな広い空地があるわけですから、同時に用水なら用水の譲与ですか、やはりこれもしていただいて、最低5メーターぐらい、普通車がすれ違えるぐらいの道にしていただきたいと思います。
 それから、認定を受けましたらば、いつからかかっていただけるのか。この辺のご回答もお願いしたいと思います。
 以上で2回目の質問とさせていただきます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 職員交流につきましての再質問にお答えを申し上げます。
 2市2町の合併協議会の予定では、来年の3月を目途に合併の是非に関する方向性を確認するということになっております。議員ご指摘のとおり2市2町間の職員交流制度につきましては、さまざまなメリットがございまして、その必要性を十分私どもの方でも理解しておりますので、この協議会での方向性が決定された後に、2市2町で構成いたしております人事担当者の事務研究会というのがございますので、そうした中で取り上げまして、前向きに検討してまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 371、190号線の関係につきまして、お答えをさせていただきます。
 車が通れるような形で早急に何とか対処していただきたいというご質問でございますが、今後東電ともちょっとまだ煮詰めておりませんので、正式に東電とご協議をして、車の通行に邪魔にならない程度の移設ができるかどうか、今後十分協議をしていきたいと考えております。
 それから、137号線関係でございますが、これについては、要望ということなので、できるだけ早い時期に実施できるよう考えていきたいと思っております。
 それから、新河岸川の関係でございますが、新河岸川の関係につきましては、まだ譲与を受けてから協議をしてございませんので、この辺の譲与を受けた中での川越土木との絡み等いろいろありますので、協議をさせていただいた中で、地元のご意見等をお聞きをしていきたいというふうに考えております。
 それから、堤防上の道路の関係でございますが、これもやはり川越土木との関連がございまして、堤防上は一応4メーターという幅員になってございますが、そのわきの水路が何か使用できないかというご質問でございますが、この辺につきましても、堤防上を拡幅するとなりますと、やはり管理をしております川越土木事務所との打ち合わせ等も必要になってまいりますので、早急に打ち合わせをさせていただきたいと考えております。

P.98
 それから、時期というご質問でございましたが、できるだけ早い時期に川越土木との協議を調わせていただいた中で進めていきたいと考えておりますので、ひとつよろしくご協力をお願いいたします。
○福村光泰 議長 小坂部政勝議員の再々質問を許します。
◆小坂部政勝 議員 職員交流につきましては、いろいろ今お話をいただきまして、研究課題にあるということも伺いました。これは、合併問題とは別に考えていただきまして、合併をしようがしまいが、それとは別にぜひ進めていただきたい課題だと思います。その辺について一言だけ後でお答えいただきたいと思います。
 旧新河岸川のなのですが、譲与を受けてからまだ協議がされていないというお答えをいただきました。今現在草も生えて荒れ放題、年に1回か2回草刈りやっているということでしたが、任されている草刈りはいつどの程度できるのかだけこれもお伺いしたいと思います。地域に報告したいと思いますので、よろしくお願いします。
 それから、堤防上の道路、先ほども申し上げましたが、ぜひこれは前にも申し上げましたけれども、防災道路としてもまず必要な場所、また通学路としても必要な道路でございますので、フェンスを取り払い、一日も早く最低でも車がすれ違いできる道路にしていただきたくお願いするとともに、時期はまだわからないということなので、ともかく一日も早く広げていただきたい、その辺をお願いしたいと思います。
 以上で3回目の質問とさせていただきます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 職員交流につきましての再々質問にお答えを申し上げます。
 職員交流を仮に実施する場合につきましては、派遣する者の勤務条件等さまざまな解決すべき問題が出てくるかと思われます。そうした問題につきましては、今後合併とは全く別の問題といたしまして、研究してまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 管理の状況でございますけれども、草刈り等につきましては、早急に実施をさせていただきたいというふうに考えております。
 それから、新河岸川の堤防上の問題ですが、これも川越土木と早急に煮詰めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 小坂部政勝議員の質問を終了します。

○福村光泰 議長 次に、岸川彌生議員の質問を許します。
         〔23番岸川彌生議員登壇〕(拍手あり)

P.99
◆岸川彌生 議員 議長のお許しがありましたので、一般質問を行います。
 早速質問いたします。まず初めに、国の構造改革に伴う上福岡市財政への影響と今後の課題についてお尋ねします。政府は、平成13年6月26日に今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針と題して、地方財政にかかわる制度の抜本改革を閣議決定いたしました。その内容は、地方交付税、地方税等にかかわる抜本的な見直しを図るというものであります。このような閣議決定をしたことから、次の問題点が想定されます。どのように対処されるのかお答えください。1、地方財政制度の抜本改革に伴う影響、課題について、2、地方財源拡充強化に伴う影響、課題について、3、平成14年度予算における健全財政への取り組みについて。
 次に、大きな2番目の北野地区等の防災、交通安全対策について質問します。私は、毎回質問するたびに北野地区の公園の設置についてと北野藤間陸橋を自転車で通れるようにと、北野地区の道路幅の改善について訴え、その必要性を強調してきました。それは、北野地区は上福岡市の中でも地震が起きたとき、一番危険な地域の一つに入るからであり、人命にかかわることだからです。ここで改めてその必要性を訴えるとともに、その進捗状況を具体的にお答えください。また、イトーヨーカドー前の交通安全対策も大きく叫ばれています。この問題の解消をお願いしたい。例えば信号の設置を求められているところですが、いかがでしょうか。そしてさらに、イトーヨーカドーが終了閉店後、希望軒からイトーヨーカドー前の通りは、非常に暗くなり、危険を感じる等の声があります。イトーヨーカドー前に街灯設置をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうかお答えください。
 そしてさらに、市内の治安安全対策についてお尋ねします。9月1日に北野1丁目で傷害事件が起きました。駅からついてこられ、棒で殴られ、かばんを奪われそうになったそうです。また、やはり9月4日には上福岡1丁目で2人組に襲われ、10万円奪われる事件が起きました。駅から上福岡1丁目及び北野1丁目周辺でこのような事件が多発しております。このような状況を警察に届けてはいますが、解決には至っておりません。持っていきようのない不安が募るばかりであります。根本解決としてまちづくり都市規制として改善策はないでしょうか。また、事件のあったところに対して、何らかの対策は講じられないでしょうか、ご答弁をお願いいたします。
 大きな3番として、元福岡新田滝地区の水害対策についてお尋ねします。元福岡新田滝地区の水害対策については、毎年同じ問題が起きております。道路課の皆さんを初め、大変なご努力をされておられますが、今後さらにどのように改善され、対処されるのでしょうか。住民の皆様方の安心を得るために抜本的改善をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
 最後の投票率の改善についてお尋ねします。投票率については、担当者の方のご努力で改善しつつありますが、現在上福岡市では新しく投票所にしたところの投票率が必ず低投票率になっています。改善策をお答えください。
 以上で1回目の質問を終了します。

P.100
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する質問にお答えを申し上げます。
 国の構造改革に伴う上福岡市財政への影響と今後の課題についてお答えを申し上げます。先ほどご指摘ございましたように、国におきましては、6月26日今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針、これを閣議決定いたしました。この基本方針の中では、構造改革のための七つの改革プログラムが示されておりますが、地方にかかわるものといたしまして、地方自立活性化プログラムが掲げられております。これは、地方財政に係る制度の抜本改革や地方税の充実確保等を主な内容としておりますが、具体的にはまず地方の潜在力の発揮に向け、個性ある地方の自立した発展と活性化のため、速やかな市町村の再編の促進と歳出の効率化を図り、受益と負担の関係を明確化にする観点に立ち、地方財政の立て直しを行うこと、それから国庫補助負担金の整理合理化、地方交付税制度の見直し、地方税の充実確保により、地方行政の基本的な財源を地方がみずから賄える形にする必要性等が掲げられておるところでございます。
 また、ご質問の地方財政制度の抜本改革ということにつきましては、8月下旬の報道によりますと、総務省では地方財政改革案骨子といたしまして、地方交付税の抜本的見直しを柱といたします地方財政の構造改革に着手する方針を示し、地方交付税の算定基礎となる国の財源保障範囲を縮小し、地方が独自事業に充てられる財源をふやすほか、過疎地などの小規模自治体に手厚く配分する事業費補正などの優遇制度も見直しいたしまして、地方に税収確保に向けた自助努力を促す仕組みに改めることを検討しているとのことでございます。
 この方針については、まだ明確になっておりませんので、上福岡市の影響はまだわかりませんが、その6月26日に閣議決定された基本方針では、税源移譲を含め、国と地方の税源配分について、根本から見直しし、そのあり方を検討すると明記されております。今後国等において十分論議していただきまして、地方交付税の縮減だけが行われないよう、また地方公共団体が今後一層増大する責務を十分果たすことができるよう改革が進められることを期待しているところでございます。今後とも地方税財源の確保が最重要課題の一つであるという認識に立ちまして、地方税源の充実確保や地方交付税の必要額の確保を国、県等へ強く要望してまいりたいと存じます。
 次に、平成14年度予算につきましては、現在国におきまして8月末に平成14年度予算の概算要求が締め切られたところでございまして、今後各省庁間で調整された後地方財政計画等の中で構造改革に係る地方の関連が明らかになってくると思われます。したがいまして、上福岡市財政の影響は判断が難しい状況にございます。平成14年度予算編成に向けましては、今後国、県の動向に注目するとともに、地方財政計画を踏まえ、慎重に対応してまいりたいと存じます。
 また、上福岡市におきましては、財政運営が厳しい状況になると思われますことから、昨年4月に財政運営の健全化を推進すべく財政体質改善委員会を庁内設置いたしまして、健全化に向け
P.101
た取り組みを行っておりますが、今後も自主財源の確保策について、現在も取り組んでおります市税の特別徴収及び受益者負担の適正化のほか、既得権的な事業の見直しなど、歳出経費の見直しについても削減等を検討いたしまして、健全財政に向けた取り組みを進めてまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、都市整備関係のご質問についてお答えをさせていただきます。
 まず、北野地区の公園関係のご質問にお答えをさせていただきます。公園の設置につきましては、6月議会終了後地権者及び小作者にお会いをいたしまして、お話をさせていただいたところでございます。現段階では進展はございませんが、北野地区への公園の必要性は十分認識しておりますので、引き続き地権者と交渉をさせていただきたいと考えております。
 続きまして、北野の藤間歩道橋の進捗のご質問でございますが、これにつきましては、一応川越市が現在管理をしておりますので、川越市ともいろいろ協議はさせていただいておりますが、川越市といたしますと、現時点ではかけかえをする考えがない趣旨のお答えをいただいておりますが、市といたしましては、できる限り実施できることから実施をしていきたいということで、霞ケ丘団地の建て替えにあわせまして、歩道が設置できるような形の用地等も公団と協議をさせていただいておりますので、現時点で今工事の方も歩道設置ができますように進めていただいておるところでございます。
 それから、藤間歩道橋につきましては、いろいろとまだ問題点もありますが、一番問題といたしましては、用地等がございませんので、この用地等を買収させていただくものと家屋等の移転もございますので、川越市とも十分協議をさせていただいた中で、川越市が早くかけかえについて考えを変えていただけるよう我々としても努力をさせていただきたいと思っております。
 それから次に、北野地区の道路拡幅の改善計画についてお答えをさせていただきます。市道508号線につきましては、5カ所の地権者と交渉業務を行ってまいりましたが、1カ所の地権者のご協力をいただき、約55メーターの部分が拡幅工事が実施できるようになりましたので、9月末に工事の方を発注する予定でございます。他の4カ所につきましても、引き続き交渉をさせていただきたいと思っております。
 それから、イトーヨーカドーの信号機の関係でございますが、信号機の設置につきましては、いろいろと警察等も管内に年間に何カ所設置をする状況かわかりませんが、我々としても交通の安全対策といたしまして、できるだけ設置ができるような形で警察とも協議をさせていただいております。
 それから、イトーヨーカドーが閉店後暗いというご質問でございますので、街灯等については、
P.102
今現在設計の方を進めておりますので、もうしばらくお時間等をいただきたいと思っております。
 それから次に、水害対策の関係でございますが、水害対策につきましては、水が出るところがいつも毎年決まっているということで、いろいろ皆様方にはご心配をおかけしているところでございますが、現在元福岡地区につきましては、新河岸川総合治水事務所におきまして、寺尾調整池等の工事を進めておりますので、早急に完成をしていただけるよう新河岸川へもお願いをしていきたいと思っております。
 それから、滝地区の関係につきましては、本年度ゲートポンプを設置したいということで、現在設計の方を進めておりますので、このゲートポンプができれば、かなりの対策になろうかと考えておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 それでは、私の方から市内の治安安全対策についてのご質問にお答えを申し上げます。
 けさの新聞でも高校1年生の男子4人が傷害で逮捕というような記事が載っておりました。ご質問者のおっしゃるとおり事件が多発して、大変憂慮すべきことだというふうに感じております。上福岡市内の刑法犯罪認知件数、これは犯罪件数ですけれども、これがちょっと申し上げますけれども、平成8年が837件、平成9年が1,046件、平成10年が1,134件、平成11年が1,032件、平成12年が1,323件と増加しております。これ一番多いのは、この中で窃盗ですけれども、平成12年度1,323件のうち窃盗が1,077件ということになっております。1,323件のうち12年は検挙数が252件というふうになってございます。そんなことで、こんなに数が多いかというのはびっくりしたのですけれども、過日東入間警察署と犯罪防止のための施策といいますか、そういったことを協議をさせていただきました。これは、防犯担当生活安全課というところですけれども、いろいろお話がありましたけれども、行き着くところは警察官不足ということに終始いたしました。
 生活課のお話ですと、上福岡市民の方から福岡交番、役所の隣の交番ですけれども、福岡交番を廃止してしまえと、そういうふうに言われたそうでございます。いつもいないということでの発言だというふうに思いますけれども、市民から通報がありますと即出かけるということで、いつも留守が多いというようなことをおっしゃっておられましたけれども、平成12年4月1日に大井町に東久保交番というのがオープンしました。それまで4人体制の福岡交番だったのですけれども、福岡交番から2名新交番の方に配置がえになったということで、現在2名体制ということでございました。
 今ご指摘のありました事件等があって以後、パトロールを小まめにしようということで、北野地区等パトロールカーでなく、自転車で小まめにパトロールするということを指示してあるそう
P.103
でございます。暴力事件が多発して、警察では見える活動ということで打ち出しているそうなのですけれども、それが抑止力になるといいますか、駅のロータリーですとか、パトカーを駐車させるだとか、抑止力になればということなのだそうですけれども、しかし警察官不足ということで、そうした見える活動がままならないということでございました。議会から何度もご提言いただきまして、上福岡市内に交番あるいは派出所増設ということで要望書を3度ほど提出してございます。ただ、警察官の増員の要望もぜひ必要かなというふうに強く感じました。市が治安維持に関してできることは、やはり治安が悪くならないような環境づくりといいますか、駅周辺等の市民の方あるいは商店街の方、理解やご協力いただいて、ハードなところ、ソフトなところを進めていくことではないかというふうに思います。ただ、具体的に対策となると非常に難しい面がございます。当面どうしてもパトロールの強化ですとか、あるいは東入間暴力排除推進協議会だとか、あるいは東入間防犯協会というのがございますので、そういったところと啓発活動、そのものをより強化していく働きかけをますますしていきたいというふうに思っております。抜本的な対策というのは私どもでは今現在お答えできる中身はございません。
 次に、水害対策についてでございますけれども、私どもでお答えできるのはソフトの部分なのですけれども、6月議会でもご答弁させていただきましたけれども、地域の方が災害時すぐ対応できるということで、水害被害が多い元福岡、福岡新田、それから滝、そういったところに事前に台風予報等準備をしてございます。土のうですとか、コンパネですとか、昨年に引き続きましてことしもその旨周辺の方々にご周知申し上げたというふうにしております。
 それから、9月10、11日に台風15号というのが来ましたけれども、その前に8月21、22日台風11号というのがありました。その辺の例でご説明申し上げますけれども、21日に仮設トイレを設置して、22日これは明け方ですけれども、午前3時30分に第1配備体制をひいて対応に当たりました。市内でパトロールの際、元福岡地区では既に土のうが設置されておりました。元福岡自治会で22日6時ごろから役員の方が低いところを見て回りまして、駐車場については、イトーヨーカドーに連絡をとって、自治会の首長さんを通して移動を呼びかけたそうであります。土のうについては、前日自分たちで自主的に積んでいったということでございます。幸いこの台風では寺尾小学校わきの道路が若干冠水した程度で済みましたけれども、今後においても、こういった地域での取り組みが大切で、非常によい関係が浸透しつつあるかなというふうに思っております。
 ただ、我々パトロールして感じたのですけれども、元福岡地区についてだけでないですけれども、路上駐車といいますか、大変多うございました。これらも災害時大分邪魔になるものだというふうに思います。それらの対策も考えていかなければいけないということが一つと、それからまだまだ全体に市民の方々、その地域の全体の市民に方に浸透していない部分もございます。土のうについても、大変迷惑がられるお電話をいただきます。邪魔ですとか、それからトイレの設置についても、何であんなところにトイレを設置するのだというお怒りの電話をいただいたり、
P.104
まだまだすべての方に、周りの方にご理解いただいていない部分があるので、それは我々まだ力不足だなというふうに感じておりますので、もっともっと努力していきたいというふうに思っております。
○福村光泰 議長 田中選挙管理委員会書記長。
         〔田中利次選挙管理委員会書記長登壇〕
◎田中利次 選挙管理委員会書記長 投票率の改善につきまして、ご答弁をさせていただきます。
 私ども選挙管理委員会として、投票率の向上のために現在まで選挙内容と投票方法等の説明を記載したチラシを全戸に配布しております。また、市内10カ所に横断幕等を掲示する一方、大型店等で店内放送で投票の呼びかけをお願いしているところでございます。また、あわせて駅前で啓発用のティッシュを配布するなど、投票率の向上に努めてまいったところでございます。各選挙におきます当市全体の投票率は、昨年度までは少しずつでありますけれども、毎年上昇の傾向にございました。しかしながら、残念ながら今回の参議院選では、前回を若干下回る結果になってしまったわけなのですけれども、結果としては県の平均を今回も上回ったという投票率になっております。しかしながら、最近設置されました例えますと、第9投票所武蔵野集会所、それから第10投票所コスモスホール、それらの投票所につきましては、投票率が低いという市内の各投票所での投票率のばらつきがございます。そういうことで、今回の参議院通常選挙でもその対策として、変更になった投票所の2カ所について、対象地域に設置してありますすべてのポスター掲示場に投票所の地図をつけ、有権者にPRを図ったところでございますが、やはり他の投票所に比べ低い投票率でございました。今後につきましては、ご指摘の投票率改善を一層進めるため、選挙の啓発と投票方法等を再検討するとともに、投票区の見直しを視野に入れるなど、投票率の低い投票所の投票率改善を目指した取り組みを進めてまいりたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 休憩いたします。

   休 憩 午後0時01分
   再 開 午後1時01分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 岸川彌生議員の再質問を許します。
◆岸川彌生 議員 2回目の質問を行わせていただきます。
 ちょっと順不同になりますけれども、市内の治安安全対策ですけれども、これについては、確かに抜本解決は難しいと思います。ただ、それを言ってしまったらそれで何の改善策も前進しなくなると思いますので、根本的なこれはというのがないのは十分わかった上で申し上げたいと思
P.105
います。例えば何か事件が起きたときには、単純な話として、例えば電気がどうだったのか、大体ああいう事件というのは暗いところというのが大体問題が起きるところですので、そういうところはどうなのかとか、何もこれということがなくても、何とか上福岡市は治安のいいところと、先ほどもおっしゃっていただいた1,000件も年間にそういった傷害事件、盗難事件が起きているということを知ったら、皆さんそれだけでも不安になってしまいますし、私もこういった事件を何件か自分の近所で見たり聞いたりしたときに、別の意味で不安と恐怖というものを感じました。ですので、抜本的な解決がないのは十分わかっています。その上で、警察の方も十分いろいろ努力しているということですけれども、市の方ももともと話をするところではないのは十分わかった上で申し上げておりますので、その辺のところをいろいろご配慮をお願いしたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。要望だけです。
 質問に戻りまして、まず1番目の国の構造改革に伴う上福岡財政への影響と今後の課題についてということですけれども、まさに総務部長がおっしゃったとおりの話でありまして、ですからでは上福岡市としては今できることは何なのかということで、総務省がこの閣議決定を出す前に報告書を提出しています。そこに、各市町村と銘打って、これをやったら今後について対応していけるのではないかということが報告書があるわけです。先にそれをちょっとご報告をさせていただきますと、平成13年3月総務省自治財政局というところで出した報告書です。題名が地方公共団体の総合的な財政分析に関する調査研究会報告書というもので報告書が出ていますが、内容としましては、今後市町村で必要なことについては、行政コスト計算書と各地方公共団体全体のバランスシートを作成して、それで今後の方向性を検討することが最善ではないかというふうにうたっております。その結論としましては、なぜこういう報告書が出たかの話なのですけれども、今回の閣議決定で総務部長もごらんになっていると思いますけれども、要は言っている意図は、地方公共団体の個性と自立について、それがどうこれから各市町村で自立的判断が確立していけるか、それがメーンだったと思います。そのときに自分のことはよく自分がどう認識しているのかという意味で、事業ごとのすべて数字に裏づいていることですので、それをまず認識が必要ではないかということから、この調査研究会報告書が提出されています。
 簡単に文面二、三行ですけれども、読みますと、本研究会では地方公共団体の全活動をトータルにわかりやすく説明する観点や行財政改革を推進する中で、行政の効率性や合理化等の状況をよりわかりやすく住民に説明していくと、その上で行政コスト計算書、バランスシートを作成する。まず、住民にいかに今後地方公共団体は方向でいくかということを説明する資料として、行政コスト計算書、バランスシートの作成が大事ではないかと訴えています。さらに、この総務省の自治財政局では、その二つをつくる上での作成マニュアルまでも報告書として発表しているわけです。
 実際にではこの二つについて上福岡市はどうなのかと考えますと、バランスシートについては、
P.106
前回の議会でも加藤議員が質問して、作成するというふうに執行部の方は伺っております。この二つについて、ただ単に自治財政局が言っているから私は云々ということではなくて、私もこれについては必要だと思うことは、極めて単純だし、どれだけのコストを投入したのか。それに対してどれだけの効果をもたらしたのかと、それが行政評価という手法で今行政区全国で44の地方公共団体が行政評価法を導入しているそうです。以上の観点から、この辺の進捗状況はどうなのか。また、今後この趣旨についてどう展開されていくのかをご答弁をお願いいたします。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、再質問にお答えを申し上げます。
 まず、バランスシートの関係でございます。バランスシートにつきましては、平成12年度の一般会計の決算を踏まえまして、現在総務省方式に基づきまして、バランスシートを作成しておりますが、その進捗状況といたしましては、データの入力作業が終わりまして、現在数値の確認をいたしているところでございます。今後は、そのバランスシートをもとに、財務状況等を分析いたしまして、今年度中に市民に対して公開してまいりたいと存じます。
 それから、行政評価のお話もあったかと思います。この希望評価につきましては、地方分権一括法の施行に伴いまして、その一つのキーワードとする新しい行政システムを構築する必要が生じております。このような環境の変化の中で、ご指摘のあったように全国の自治体におきましては、事務事業の評価ですとか、あるいは行政評価が広まりつつございます。この行政評価につきましては、説明責任を果たす上で非常に有効な手段でございまして、例えば三重県の事務事業評価システムですとか、あるいは静岡県の業務棚卸表が先駆的な制度として注目されておるところでございます。市では、現在この行政評価を早期に実施するために、行政評価の制度作成等の資料収集を今実施しておるところで、指標の検討というのはまだ行っていないところでございます。ただ、行政評価制度につきましては、今後の効率的な行政運営を推進していく中で、当然必要な制度と認識しておりますので、現在進めております新たな行政改革の実施計画の中には、何らかの形で位置づけていきたいと思っている次第でございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 岸川彌生議員の再々質問を許します。
◆岸川彌生 議員 ありがとうございます。そのご答弁確かにおっしゃるとおりなのです。それについては、大変申しわけないのですけれども、前回のまた同じお名前出して済みません。加藤議員の質問のときにもやはり同じ答弁だった、趣旨が同じだったような気がします。私も質問させていただいたときにも、やはり同じ趣旨で、これで3回目になってしまっている。なぜそれが今あのように総務部長がおっしゃるとおり明快なご答弁で認識されているということですけれども、なぜ進まないのかということが原因になるかと思います。そこで、私も恐らくそういうふう
P.107
にご答弁されるだろうと予想しまして、また総務省でもその辺のところが各行政区の問題点だろうということで、やはり総務省の報告書の中に次のような意見が出ていますので、ちょっと発表というか、報告させていただきます。
 総務省がおっしゃっていることで、市町村の財政担当者の業務のあり方について、私ども仕事柄いろいろな市町村の方とおつき合いさせていただいていますが、何といっても、財政担当セクションの忙しさが目につきます。確かに予算、決算の作成など、当然対処しなければならない業務も多いのですが、そのほかにも自治省などからの調査物なども多く、財政担当者は身の休まるときもないようです。特にオンシーズンには土、休日返上で連日深夜まで残業している市町村がほとんどのようですと。もちろん自分の市町村の財政はいかにあるべきかということに神経を集中した結果、このように多忙ならやむを得ないのですが、実際にはいろいろな財政関係資料の作成のために余計に多忙となっているように見受けられますと。こういうことがホームページに公表されている。これはいかに財政担当者が大変なのか。だから、上福岡市において先ほど申し上げました行政評価システム、それからバランスシート、コスト計算書というものが必要だということは認識されていても、なかなか進まないのは、やはりこの辺の理由があるのではないかというふうに考えます。
 そこで、ご提案をさせていただきます。私も意見同感ですけれども、総務省のこの方も言っているということなのですが、財政担当者の場合、忙しい時期12月から3月と6月は庁内の職員を再編成して業務に対処するようにすると、そうすれば負担は軽減すると思う。さらに、私が申し上げたいことは、職員の再雇用制度を活用して、部長職の方も含めて、その辺のところを充実させて、今地方分権あるいは総務省が言っている方針に対処するお考えはないかご答弁をお願いいたします。
 再々質問をこれで終了します。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、再々質問にご答弁申し上げたいと思います。
 職員の再雇用制度、これは再任用制度だと思いますので、これに関連してちょっとお話を申し上げたいと思いますが、本市では現在来年の4月からの施行を前提といたしまして、種々検討しております新たな再任用制度、これは本格的な高齢社会に対応するため、高齢者の持つ知識や経験を活用することを一つの目的としておるところでございます。先ほどお話しありましたように、財政部門のスタッフは非常に忙しいのは、私ども認識しておるところでございます。この再任制度によりまして、例えば採用された職員については、定年前の職員と同様な職務に従事できることから、再任用職員の過去の経歴等を考慮して、人事配置を実施した場合、例えば財政の経験のある方につきましては、スタッフの充実につながるものと思われます。したがいまして、今議員のご提案の関係につきましては、再任用職員の活用ということだと思うのですけれども、再任用
P.108
の職員の活用につきましては、その配置等を十分検討いたしまして進めてまいりたいと存じます。財政部門をということでございますので、そういったことにつきましても、十分念頭に置いて、配置等十分に検討してまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 岸川彌生議員の質問を終了します。

○福村光泰 議長 次に、山川寿美江議員の質問を許します。
         〔13番山川寿美江議員登壇〕(拍手あり)
◆山川寿美江 議員 それでは、順番が参りましたので、通告に従って一般質問を行わせていただきます。
 県道拡幅事業について伺います。一番初めに、県道事業の5カ年計画とはどういうものなのか。旧あさひ銀行の周辺改善に5年かかると聞きました。これは、県の事業というふうに聞いております。西側のあさひ銀行までは一体何年かかるのでしょうか。また、この事業は一昨年秋桜園で債権放棄した4億573万円の見返りということを再三言っていらっしゃるようですけれども、本当なのかどうか伺います。
 次に、市の周辺整備事業はいつ立てるのでしょうか。市が旧あさひ銀行を買い取る理由に、これは県道の拡幅事業ですから、当然県が買うべきだというふうにご提言申し上げましたが、市道改善をするから市が買うのだというようなご説明でした。県の5カ年事業と合わせるとしたら、いつまでにこの周辺の事業を計画を立てなければならないのか、この点について伺います。それとも東口の駅前整備の事業と一緒なのか。この点について伺います。
 2番目に、景気対策について伺います。一番初めは、RCC問題についてです。6月議会で倒産件数などを伺いました。法人は38、正常に返済しているのが9社というふうに聞きました。これは、個人は含まれておりませんから、法人ということで負債総額は56億円というふうな答弁でございました。14日に政府は改革先行プランの柱立てを発表いたしました。RCCの機能を強化する。そして、企業の整理統合などできるようにするというのがこの改革先行プランの中の一つでございます。不良債権の貸し出し先企業に買い取り資金を日銀が融資するというのです。政府がこれに保証をつけるといいます。本当に大企業が中小企業を吸収する手だてを講じようというわけですから、大変なことになるのではないかというふうに私は考えております。
 既に市内の土建業者などに聞きますと、一戸建てというのは、ツーバイフォーといって、輸入木材が多くて大変、住宅はマンションが多いということで、零細な建設業者というのは大企業に入らざるを得ない、こういう状況にあるのです。ますます状況は厳しくなっていくでしょう。小さなまちは、小さな企業で成り立っています。RCC行きになった企業は、どうしたのでしょうか。その後何件倒産したのでしょうか。私も最近夜逃げをしたとか、うちを売ったとか、いろい
P.109
ろな場面を見てまいりました。本当に痛ましいなというふうに思います。市がこういうときに一体どういうことができるのだろうか。こういうことを真剣に考える必要があると思うのです。そういう意味で、緊急特別融資というのが上福岡でもありますけれども、これは額が500万円ということで、少し少ないことと、それから保証人が埼玉県までは広がりましたけれども、こういう方というのはなかなか事業の関係もあって、保証人を頼むのに埼玉県内だけでなく、近在の東京とか、それから全国に保証人をしていただける方を探さなければならないという状況にあると思うのです。ですから、そういう意味で言うと、保証人など全国を対象に広げていただけないだろうか。それから、こればかりでなくて、川口でもやっておりますけれども、信用保証協会を入れないで、独自の融資制度を実現しているところもあります。こういうことについて考えられないでしょうか。
 実を言いますと、いろいろ今研究をさせていただいておりますけれども、埼玉県の信用保証協会への預託金、それから出捐金など、いろいろな形で市は県とともに信用保証協会を立ち上げて、それを活用しているという形をやっておりますけれども、実際に信用保証協会がだめと言われますと、融資をしてもらえない。さまざまな例に遭ってまいりました。ですから、そういう意味でも、信用保証協会を通すということがどうなのかなと、信用保証協会はまた次の銀行に預託をして、そしてそれに保険会社の保険が入るわけですから、これ二重、三重の保証で、実際に意味があるのかなということを私は考えておりますけれども、そういう意味で、市が真剣に独自の施策について考えていただけないかということをご提案申し上げます。
 次に、ロには、スタンプ事業とカード化についてです。イトーヨーカドーやサティというのがカード化をしてまいりました。最近ドラッグストアなんかも私買いに行きますと、カードをつくってくださいというのです。たくさんカードになってしまって、本当に大変なことは大変なのですけれども、実際にスタンプ事業のようにスタンプをいただいたものを張りつけるよりは、とても便利なのです。そういう意味で言えば、スタンプという手間は必要なくなるわけです。スタンプ事業を進めている上福岡でも、今カード化を進めようということで、本来は13年度ということでしたけれども、14年度からカード化をしようというふうに動いているようでございます。
 しかし、この不況ですから、私もその展示会なんか見に行ってまいりましたけれども、カードに点数を入れるのに、個々のお店に点数を入れる機械が必要なのです。それはかなりのお金がかかるそうです。そういう意味からすると、本当にカード化をしてどれだけの商店がそれに入っていただけるのか。これたくさんの商店が入って、どこでもカードが使えるということにならないと、また本当にむだになってまいりますので、そういう意味ではこの不況にカード化が商店に負担にならないのか。特に事業の支援はどうするのか。この点について伺います。
 ハは、小規模契約制度について伺います。この実施状況というのは、極めてお粗末なものだったのではないでしょうか。31件で74万円でした。1件当たりにすると、本当に少ない額の契約し
P.110
かありません。ガラスの取りかえとか、電気の取りかえなどなど本当に細かいもの、今まで実施されていたものばかりなのです。小規模契約制度の趣旨は一体何なのでしょうか。今度50万円までにするということでした。一体50万円までにした意味はどこにあるのですか。事業の趣旨は、この不況時に市内零細企業に仕事をしてもらうことではないでしょうか。資料をいただいたものの中で、30万円以下の工事について、登録業者が入札ができる業者が30万円以下の工事を請け負っているのです。市がそれを発注しているのです。何で小規模登録制度がありながら、入札ができる企業が30万円以下の仕事をしてしまうのでしょうか。これでは、小規模契約制度を実施した意味がないと思うのです。本当に30万円以下、これからは50万円以下になりましたけれども、50万円以下の仕事でどうしても入札の資格のある登録業者に仕事をしてもらわなければならない理由、そういうものがはっきりしない限りは、やはり小規模登録制度というのは生かしてもらいたいと思うのです。去年の30万円以下の登録業者がやった合計額足してみました。合計額は808万円でした。契約額が今度は小規模は50万円に上がりますと、大体1,000万円ぐらいになるのではないかというふうに思うのです。
 そこで伺います。ことし下半期、もう既に半期過ぎてしまいましたから、小規模契約制度を活用するその総額というのをやっぱり政策として立ち上げてもらいたいと思うのです。800万円でしたから、それが半分というか、半期というと400万円です。この400万円、50万円に上がると500万円ぐらいなるのでしょうか。これをせめて1年間で74万円なんていうことでなくて、200万円ぐらい、1年トータルすると50万円以下の仕事については半分は小規模契約制度を利用してもらいたいと思うのですが、この点について伺います。
 議員の請負禁止について伺います。資料を見ると、相変わらずだなというふうに思いました。指名競争入札もありますけれども、随意契約があるのです。議員が関係する会社の請負について市はどう考えているのでしょうか。議員の政治倫理もありますが、市が契約する工事は、市民の税金という観点が必要だと思うのです。市民に疑いを持たれたり、議員は市政のことをよく知っているし、職員もよく知っているからとれるのだというようなことがないようにしていただきたいと思います。談合がもたらすものの一つ、これは契約額の高どまりということが指摘されているのです。議員の親族会社が入札することについて、市の見解はどうなのか伺わせていただきます。
 次に、3番目に合併問題についてです。一番初めには協議会委員の役割について伺います。上福岡市からは市長、助役、議長、副議長に、それに市民団体の代表5名が参加しています。途中助役の退任や議長や副議長の交代などがありました。この委員は、市民の声をどのように反映させようとしてきたのでしょうか。議会でいえば市長からも、助役からも、正副議長からも議員に相談があったこと、報告があったことはありません。もちろん議長は今かわりましたから、してくださるとは思っておりますけれども、せめて新市将来構想が検討され、作成されたわけですか
P.111
ら、こういう方々がきちんと説明をしていただきたいと思うのです。特に議員に対しては市長並びに今助役さんおりませんので、市長が議員に報告をすべきだと思いますが、いかがでしょうか。また、意見を聞いていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。
 次に、協議会の委員というのは、合併推進論者と考えていいのか。この点について伺います。市民が合併について賛否を判断できない現在、説得行脚の地域説明会はやめるべきではないでしょうか。この点について伺います。また、3月以降是非の方向性が是の場合初めて建設計画が立てられます。そして、首長の調印などが行われて、合併が決まるわけなのですけれども、しかし建設計画についての市民の意見というのは、どこでやるのでしょうか。これも明らかではありません。ぜひ教えていただきたいと思います。
 ロについては、財政などの見通しです。合併後交付税の減額というのは知られるところです。新市構想の事業目標の中に、補助金や地方交付税に依存し過ぎない自立力のある行財政基盤を整備すること、これが求められているから合併をするのだというふうに書かれているのです。既に交付税は小泉内閣で見直しが提言されています。このことについて市はどう考えているのでしょうか。先ほどからバランスシートとか、それから行政評価とかということが話題になっております。もちろんそういうことについて出ることについて、また行政の評価については、当然やるべきだと思いますけれども、しかし入るものが入らない。入るものについての検討がなくてどうしてできるでしょうか。全国の多くの市では、交付税の見直しに反対するという首長の表明もあります。まず、財政当局に伺いますけれども、この交付税の削減について、市はどういうふうに考えているのか。反対か賛成か伺います。
 合併協議会の各市町村の首長はどう反応されているのでしょうか。大変興味があります。交付税が減らされるというようなこと、自立性、それから交付税に依存しない合併をするのだと言っていますから、そういう意味でいうとどうなのでしょうか。特に武藤市長はどうお考えになるでしょうか、伺います。
 新市構想を読む限りでは、2市2町が合併しなくてもできるものばかりなのです。私も随分見させていただきましたけれども、合併特例債を借りて一体何をするのか。そのうちの地方交付税で返ってくるというのもありますけれども、しかし一体合併特例債を借りて、これは全部借金ですから、そういう意味で何をやろうとしているのか。それから、交付税が見直しを検討されているのに、交付税で返しますと言っていますけれども、本当にだれがこの借金を保証するのですか。本当におかしなことだというふうに思うのです。この責任は重大だと思います。議員にも首長にもその責任は大きくのしかかってくると思いますので、慎重にお答え願いたいと思います。
 4番目に、防災対策についてです。西口駅前再開発事業の防災対策について、ことし西口駅前再開発事業の認可を受けるというふうに伺いました。この計画の防災の観点はどこまで取り入れられているのでしょうか、伺わせていただきます。聞くところによりますと、25階建てのビルが
P.112
できるというふうに伺っておりますけれども、本当に痛ましい事件が相次いでおりますけれども、そういう意味でいうと、本当に高層住宅というのは慎重かつそして必要最低限につくるべきだと思うのです。ところが、本当に25階建て必要なのかどうかわかりませんが、そこの住民の意思というのは尊重しなければならないと思いますけれども、防災という意味では全市的な問題です。この点について伺います。
 ロ、5年間で市内全体の防災計画を立てるというふうにおっしゃっていました。どうなったのでしょうか。見通しはどうでしょうか。5年間で立ちますか。福岡高校周辺でも懇談したということが報告されました。この福岡高校と7小には防災井戸というのがないのです。このことは、前の議会でも指摘をいたしました。防災井戸の設置のことについては、福岡高校ではどうなりましたでしょうか。また、霞ケ丘団地の建て替えの話し合いが進んでいるようですけれども、ここにも耐震の貯水槽を交渉するということを部長がおっしゃっていました。今申し上げておかないと、耐震貯水槽の設置ができないと思うのです。この点についていかがでしょうか、伺います。
 全市の避難場所は幾つ確保できたのでしょうか。最近ではある幼稚園が閉鎖になったとか、変更もあると思うので、この点について伺います。表示板やポールの設置、共産党は修正案を出しまして、そのとおりにやっていただいているようですけれども、この見通しについて伺います。
 それから、避難場所の管理とか、それから避難通路の問題、緊急時の対応については、全体にかかわる地域防災の全体像にかかわる問題ですから、一緒に質問させていただきます。学校の避難場所の管理というのは、どういうふうにしようとしているのか。地域計画を立てるときには、職員の担当者がいるはずです、その地域に何かあったら駆けつけるという方が。そういう方は参加されているのでしょうか。それから、避難通路の整備など、鉄道や踏切、道路の閉鎖、こういうものはどこがやるのでしょうか。安全確保はどうするのでしょうか、伺います。それから、市の職員の役割というのは本当に重要だと思います。スタートが大事だと思うのですが、市在住の職員、元職員などの組織化はどうなっているのでしょうか。伺わせていただきます。
 あと二つは、丸山地域の避難場所というのが3小になっていて、中学生議会というのがありまして、そこでも質問があったのを私は本で見させていただきました。市長は、近隣と相談するとか、そういうためにも合併が必要だとか、何かそういうようなお答えだったように思うのですが、今3小というのはどうなったのですか。これは、近隣とご相談していただけたのでしょうか。本当に災害は忘れたころにやってくるということで、先手先手を打っていただかないと本当に困ると思うのです。ガードをくぐるのも危ないし、線路を渡るのも危ないし、丸山地域の避難場所というのはどうなったのか伺います。
 5番目の通勤通学路の整備です。ふじみ野駅通学路の交渉はどうなったのでしょうか。東武の土地のことについてです。2番目のロには、東口駅前の狭隘部分について、開発公社ではある程度明らかになっています。富士そばはいつまでに撤去されるのか。新井自転車屋はどうなのか伺
P.113
わせていただきます。
 最近私のところに視覚障害者の方からご連絡がありました。点字ブロックが大変切れていて危ないとか、自転車が上に乗っかっているとか、いろいろあるのですけれども、富士そばのところからパチンコ屋に渡るところに、私もすぐ言われまして見てまいりましたら、私ではとても動かせないような大きなオートバイが置いてあるのです。いつも自転車が置いてあったり、何かが置いてあったりして、点字ブロックまで行けないというようなことでした。パチンコ屋さんの自転車整理の方にお聞きしましたら、この方は4時半から7時までいるそうです。そして、そういう方がいたら手をかしているのだけれどもとおっしゃるけれども、この自動車はとても動かせられないと言っていました。本当に危ないのです。そういう意味では、本当に狭隘部分を解決するということは、本当に急がれているなというふうに思います。そういう意味でどうなのか伺わせていただきます。
 駅前広場の確保のために交渉する必要のある件数、何件で予算は幾らぐらいかかると見込んでいるのでしょうか。そのほかにも、広場確保のための敷地内の件数、そして予算伺わせていただきます。
 第1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 私の方へ何点かご質問があると思いますので、私の方から何点か質問者に対してご説明を申し上げておきたいと思います。
 まず、一番大事なことであります。議員の請負の禁止の問題でありますが、現状の中で今上福岡市の場合は、法的に何ら問題はないという判断の中でこの問題は解決をしております。また、あわせまして倫理の問題等がございましたが、前にも申し上げましたように、これは議会に提案をしていただくということが一番道理だろうというふうに思っております。
 それから、一番肝心な合併問題につきましていろいろと質問者からご質問いただきましたが、私の方から何点かあわせて、あと担当の方からお答えをいただきますけれども、まず協議会委員の役割ということをもうちょっと理解しておいていただかないと問題あるのかなというふうに思います。これは、一応手順といたしましては、法定協議会、これは議会によって議決を受けて、その議決の中で推薦を受け、そして委員としての役割を果たしていただいていると、こういうことでございますので、いろいろと個人発言があるのではないか。あるいはいろいろな人の話を聞かないのではないかと、こういうお話がありますが、私は一応これは市民の代表という取り扱いをしておりまして、その方たちが大いに議論をしていただいて、その結果がまたあわせて議会にかかってくる。この合併という是の方が出た時点で、これが本格的に論議をされることでありまして、今は是か非かということを確認すると、こういう意味でありますから、是という状態とな
P.114
れば、質問者も言われているように基本計画というものが出てくると、計画案ができてくると、こういうことでございます。これは、今一番大事な時期でありまして、その中で正副会長の発言がない、こういうことでありますが、決して発言がないのではなくて、2市2町のトップとして意思の統一はできております。そういう中でこの委員会が活動していただいているというふうにご理解をいただきたいというふうに思います。これは、2市2町のトップは、委員の意見を尊重すると、委員の報告に対してそれを尊重していくということにつきましては、2市2町のトップ、全員がそういう気持ちで取り組ませていただいております。
 それから、もう一つ、助役が上福岡市でいないので、不利ではないかと、こういうことでありますが、1人が欠席するとかしないとかということは多々あることでありまして、決して私は助役がいないからということで損をしているとか、あるいは将来に向けて禍根を残すというようなことはないと、このように確信をしております。
 それから、もう一つは、合併協議会の委員さんがこれは賛成者ということではないと、これは大きな問題になりますので、はっきりと申し上げておきますが、これはあくまでも市民代表としてこの委員の皆さんには協議をしていただいている。その辺は誤解のないようにお願いをいたします。
 それから、もう一つ、非常に地方交付税の見直しと合併の推進というのが矛盾しているのではないかということでありますが、とんでもない話であります。これは、やはり行政を効率化して、行財政基盤を強化していくということが最も必要でありまして、これが有効な解決策というのが合併であるということであります。
 それから、交付税制度の見直しの必要性はどうなのか。これは、当然いろいろな意見があってしかるべき、私は今までの交付税のあり方というのは、余り賛成ではない。これはなぜかといいますと、ひもつきになる。ある意味で独自性を欠く、そういう一部制度ではないかなというふうにも考えておりまして、ただ問題は地方交付税の見直しと合併の推進とがこれが矛盾しているのではないかということについては、私は矛盾はしていない。これと合併とは全然別というふうに考えております。
 あとは、また担当の方からお答えさせたいと思いますが、担当の方からの説明をさせていただきます。
 以上であります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する質問に順次お答え申し上げます。
 まず、景気対策のうち小規模契約の関係につきまして順次お答え申し上げます。まず、小規模契約制度の趣旨は何かというようなご質問であったと思うのですけれども、これは上福岡市小規
P.115
模修理修繕契約につきましては、市が発注する小規模な修理修繕契約について、市内に主たる事務所を置く小規模事業者の受注機会を拡大し、積極的に活用することによって、市内の経済の活性化を図るということを目的としておるところでございます。
 続きまして、30万円以下の工事についてなぜ小規模契約ではないのかというような趣旨のご質問だったと思うのですけれども、小規模修理修繕契約の対象となる契約というのは、特に法的に必要な登録ですとか、免許、または許可を要するものを除きまして、許可等の有無、技術者資格、施工実績、経営状況等の項目について無審査でありますことから、対象とする修理修繕は内容が軽易でかつ履行の確保が容易であるものに限定しておるところでございます。具体的には、契約の内容が上福岡市契約規則第18条第1項第1号に規定する契約金額が50万円を超えないときに該当するものでございます。したがいまして、予算科目上の修繕料につきましては、備品の修繕、もしくは備品または船舶、航空機等の部分品の取りかえの費用及び家屋等の小修繕で請負までに至らないものが該当するというものになっておりますので、工事についてはその範囲に入っていないというところでございます。しかしながら、最近の景気の状況大変厳しくというのは十分承知しておりますので、少しでも小規模事業者の受注機会の拡大については今後努力させていただきたいと考えておるところでございます。
 なおさらに、目標額云々ということでご質問いただいたのですが、これにつきましては、なかなかできない状況にあるかと思うのですけれども、現行制度を十分活用していただくよう幹部会議等を通じまして、関係課にお願いをしていきたいと存じます。
 続きまして、合併問題の関係についてお答えを申し上げたいと思います。合併問題の中で交付税について小泉内閣の交付税の見直しについての提言ということについて市はどんなふうに考えているかという、財政当局としてどんなふうに考えるかという趣旨の質問だったと思いますが、これは先ほどもご答弁申し上げたのですけれども、6月26日に閣議決定された今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本指針、これにおきましては、地方交付税制度については、地方はみずからの選択と財源で効果的に施策を推進する方向での見直しを図るという観点から、まず事業費補正など地方負担意識を薄める仕組みを縮小する方向で見直すことと、それから段階補正が合理化や効率化への意欲を弱めることにならないようその見直しを図ること、それから国の関与を廃し、縮小に対応して地方交付税の算定をできるだけ客観的かつ単純な基準で行う簡素な仕組みにしていくべきということが掲げられているところでございます。
 市の財政担当といたしましては、基本方針の中では、地方交付税の見直しだけでなく、税源移譲を含め、国と地方の税源配分について根本から見直し、そのあり方を検討すると明記されておりますので、国と地方の歳出全般のあり方やそれから税源配分の問題等も国等において十分論議していただいて、交付税の縮減だけが行われることのないよう地方交付税制度の改革については、地方の自主財源の充実確保という大きな課題にこたえるものであってほしいと期待しているとこ
P.116
ろでございます。
 以上でご答弁を申し上げました。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 それでは、私の方へのご質問、まず最初にRCCの問題からご答弁申し上げます。
 整理回収機構に係る情報相変わらず公表せずということであります。RCC第3事業部東京支店川越分室というのがございますけれども、ただ一つ確認できたことは、余り多くないのですけれども、さきの議会で先ほどございましたけれども、市内法人38社中正常支払い法人が9社と、負債額が約56億円というふうに申し上げましたけれども、これは平成13年4月1日現在でありまして、8月31日現在では38社中正常支払い法人は8社と、30社が滞納というふうになっております。負債額は52億9,000万円ということでございます。RCC行きになった先の倒産件数は何件かというご質問ですけれども、これはあくまでも未確認情報で、ご答弁になりませんけれども、市内倒産、廃業企業につきましては、3件というふうに聞いております。
 保証協会への出資でなく、独自の融資は考えられないかというご質問ですけれども、ご承知のとおり保証協会抜きの融資となりますと、事業者が金融機関から資金の貸し付けを受けることによりまして、金融機関に対して負担する債務の保証を保証協会にかわって市が保証するということになります。債務を履行しない場合は、借入金の額を事業者にかわって市が金融機関に弁済するというふうになります。したがって、市としては保証協会を通さない融資制度というのはちょっと考えられないという状況でございます。現行の中小企業者向けての融資制度の中で活用を工夫してまいりたいというふうに思います。
 先ほどご質問の中で川口市というお話がございました。これもちょっと私ども県内全部調べてみましたけれども、川口市確かに埼玉県の信用保証協会とは保証契約しておりません。ただ、財団法人川口中小企業共済協会というのがございまして、そこと信用保証を付しているというふうに聞いております。ただ、細かいことは調べてございませんので、ちょっと調べてみたいなというふうに思っております。
 次に、スタンプ事業とカード化についてでございますけれども、現在上福岡市スタンプ会がスタンプ事業を行ってございますけれども、この事業は平成3年から開始されて、市からの補助を毎年行ってきております。ただ、若干停滞ぎみでございます。スタンプ会では、そこで平成13年度には活性化に意欲的な商業者の集団に組織を再編成し、会の生き残りをかける一歩とするとして、その一つにカードシステム導入検討を位置づけております。ご指摘のとおり本当は13年度からということだったのですけれども、1年先延ばして14年度からということで、カード化に向けて具体的な導入方法、資金調達方法等を検討していくとしてございます。私ども大いに期待して
P.117
いるところでございますけれども、ご質問のとおり端末機等10万から15万いたしますので、これが各商店に1台ずつ配置になるわけです。相当のご負担がかかると思います。それらも会の方で今どのぐらいの経費がかかるのか等もつくり上げてくると思いますので、それをいろいろ相談していきたいというふうに思っております。
 それから、防災関係のご質問をたくさんいただいておりますけれども、地区の防災計画でございますけれども、計画でいきますと、5年ということで、平成16年度で全地域が終了する予定でございます。ただ、これは自治会、町内会の予定とかいろいろございますので、それは若干ずれるかもわかりませんけれども、極力16年度中に終了したいというふうに考えております。
 それから、福岡高校周辺での懇談の際の防災井戸のご質問ですけれども、確かにおっしゃるとおり7小、それから福岡高校にございません。今防災井戸は1小、2小、3小、1中、2中、3中、水天宮公園、これに霞ケ丘団地から昨年建て替えによって移管された井戸がありまして、以上8基ございます。したがって、これは防災拠点であるから井戸ということでは、イコールでないみたいなところがございます。ただ、防災拠点にはやはり井戸は必要かなというふうに思いますので、そこのところちょっと課題とさせていただきたいなと。7小と福岡高校だけでありませんので、それ課題としていきたいというふうに思います。
 それから、耐震性貯水槽、霞ケ丘団地建て替え時の設置の要請ということですけれども、これは平成11年5月に市の要望ということで、耐震性貯水槽を公園に設置してほしいという申し入れをしておりますけれども、公団の回答では、市で公団が整備する公園内への設置をお願いしますという回答でございました。今年度5月に移管公園の整備についてということで、公団と市役所の関係各課と話し合いがございました。その中で、公団では災害時水利について、地下貯留100トンの防火水槽を設置するというふうなお話でございました。私ども今のところ耐震性貯水槽の設置については、ちょっと考慮中という段階でございます。
 なお、公団から災害時用の井戸をまだあと2基あるのですけれども、2基でき上がりましたらこちらの方に移管するということを言われてございます。
 避難場所ですけれども、地域防災計画で地域の防災拠点ということで、第6小学校を除きまして、小中学校と福岡高校、西公民館と11カ所指定してございます。ここが避難場所というふうになります。地区地区でつくっている計画の中に、その避難場所以前にその地域の例えば集会所あるいは公園、駐車場、空き地、これらを緊急避難所といいますか、そういうところに位置づけてございます。
 避難標識につきましては、平成12年度から平成14年度3カ年できちっと整備したいというふうに考えております。平成11年度末設置数は避難誘導標識が36基、避難場所標識が14基、案内標識が4基でありましたけれども、これらの標識の総点検を行いました。平成12年度は地域防災計画で指定した防災拠点に標識がないところ、第3中学校、第7小学校、西公民館へ避難誘導標識を、
P.118
第7小学校と西公民館、上福岡公民館へ避難場所標識を設置して、撤去は計画に合っていないもの、標識、それから危険なもの、さびによって腐食が激しくて危険なものというのは撤去いたしました。平成13年度、今年度ですけれども、電柱巻きつけの誘導標識1拠点に15カ所程度設置するということになっております。平成14年度は残りの誘導標識を撤去し、平成12年度に設置した以外の拠点8カ所に避難誘導標識の設置と公園等への案内標識を4基設置いたします。避難場所標識9基のメンテナンスも計画してございます。
 避難場所の管理はどうするのかということでございますけれども、地域の防災計画では、震度5弱以上の地震が発生した場合は、職員は自主参集することになっております。各防災拠点に近くに住んでいる職員を指定職員として4名から5名割り当ててございます。それに拠点が学校ですと、学校の職員の方、それから施設の職員、地区から選出された地区の対策本部員ということで、地域の防災拠点、これは現地の対策本部になりますけれども、を開設して協力して運営、これは管理も入ります。当たることになっております。
 次に、丸山地区の避難場所の関係ですけれども、先ほど申し上げましたとおり避難場所は11カ所というふうになってございます。ただ、緊急時に一時的に避難しなければならないということが必ず想定できます。丸山地区については3小ですので、距離が若干ありますので、そういったときにはその近くの避難場所というか、そういう場所に行っていただくということになります。ただ、最終的には落ちついた段階で指定の避難場所へ行っていただいて、安否の確認をしていただくと、それから中学生議会のときにも出ましたけれども、近くに大井の学校があるということで、これは2市2町でこれ平成8年なのですけれども、災害時における相互援助に関する基本協定というのを締結しておりまして、被災者を一時収容するための施設の提供というのがそこに位置づけられておりまして、そういう場面になりましたら、その場所を使うようになります。また、その逆も言えます。
 それから、避難道路の安全確保ということですけれども、さきの8月26日に第3回の入間東部地区の防災訓練を行いましたけれども、情報収集伝達訓練とか、交通規制訓練、避難誘導訓練、実施いたしましたけれども、さまざまな組織の方々がかかわります。郵便局、それからタクシー会社、それから消防、機動隊あるいは市民の方々、そういう情報をいただいて、危険なところは通行どめ、防災無線で情報を提供するなどして、住民が安全に避難できるように誘導していきたいというふうに思いますし、避難路は日ごろから家族の方、ご近所の方、災害時を想定して実際に歩いてチェックをしていただけたらなというふうに思っております。
 あと答弁漏れがあるかもわかりませんが、市の職員と元職員の組織化というご質問なのですけれども、市の職員たちは地域防災計画に基づいて、職員一人一人がどこでどんなことを行うか、災害時の行動をあらかじめ想定して組織が円滑に機能して、災害時に従事する職員が主体的に行動できるように時間を追ってまとめた職員災害対策マニュアルが平成11年3月につくって、全職
P.119
員に配付してあります。先ほどご答弁いたしましたように、災害拠点への出動は、市内在住職員によって対応いたします。それぞれの防災拠点です。災害対策本部を設置する前、第1配備、第2配備というのがございますけれども、これも市内の職員を中心に、それだけではないですけれども、編成してございます。ただ、元職員の組織化というのは今現在してございません。
 ご質問は以上だったかなというふうに思いますけれども、以上です。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、都市整備部関係のご質問にお答えをさせていただきます。
 まず初めに、県道拡幅事業についてお答えをさせていただきます。県事業の5カ年計画のご質問でございますが、市として川越土木事務所からお聞きしている範囲内でお答えをさせていただきたいと思います。県道拡幅事業につきましては、平成13年度事業といたしまして、現在川越土木事務所におきまして、路線測量を実施中であります。終了後地元説明会等を行い、既に丈量測量を実施予定と聞いております。この丈量測量後に用地買収面積及び物件補償、営業補償等の概算額が確定した中で、今後の事業計画を示せると聞いております。市の事業につきましては、県事業と関連がありますので、県事業に合わせて実施する予定で考えております。
 次に、西口駅前再開発事業の防災対策の関係についてお答えをさせていただきます。西口駅前再開発事業の防災対策につきましては、当再開発事業の大きなテーマといたしまして、災害に強いまちづくりを挙げております。再開発事業の計画検討にあわせまして、防災拠点整備計画を作成し、これに基づき防災面に配慮した安全快適な駅前拠点の整備を行いたいと考えております。避難場所といたしましては、約5,400平米の駅前広場と約1,800平米の広場公園が考えられます。再開発ビルにつきましては、消防施設や建物の防災性能の強化を公団に検討していただいておるところでございます。今後市が防災拠点整備計画を作成する中で、公園の建物計画とあわせて、防災活動の指揮、管理機能を果たすために必要な施設や非常時の消防救援活動機能を向上させる施設を検討してまいります。いずれにいたしましても、地域の防災拠点を担うまちづくりを念頭に置きまして計画を進めていきたいと考えておるところでございます。
 次に、ふじみ野駅前の通学路につきましてお答えをさせていただきます。駒林地内の市道307号線先の富士見市勝瀬特定区画整理地域内の通路は、現在上福岡市からふじみの駅に向かう通勤通学の人たちが利用させていただいているところですが、現在未整備のため、舗装にとのご質問ですが、この場所につきましては、ご質問にもありましたとおり、東武鉄道株式会社の土地が区画整理から換地を受けた箇所で、東武鉄道の厚意で現在通行をさせていただいているところでございます。市といたしましては、舗装の要望はお願いをしたところでございますが、民有地でもあり、了解を得るのはなかなか難しい状況であります。また、区画整理事業における計画道路は、土地所有者と現在交渉中ということで、もうしばらくお時間かかると聞いておるところでござい
P.120
ます。
 続きまして、駅前狭隘部分についてお答えさせていただきます。東口駅前の狭隘部分の進捗と見通しについてお答えをさせていただきます。駅東口狭隘対策部分事業につきましては、第3次総合振興計画の主要事業に位置づけ、スクランブル交差点から見て、右側部分のスポットがえを進めております。平成12年度末までに東武ストア駐車場裏の空き地とそば店、自転車預かりの3カ所の土地、約616平米が取得済みであります。今年度は8月にそば店の営業者及び建物所有者との契約が成立いたしましたので、12月末には更地になる予定でおります。
 それから、新井自転車店についてのご質問でございますが、これにつきましては、現在交渉中のためご答弁は控えさせていただきたいと思っております。
 次に、パチンコ店の前の自転車整理についての指導についてお答えをさせていただきます。駅前のパチンコ店前の自転車につきましては、パチンコ店独自でも自転車整理は実施しているように聞いておりますが、市といたしましても、黒田書店、さくら銀行(後日「三井住友銀行」と訂正あり)等に整理員の配置等をしておりますので、今後も強く指導していきたいと思っております。
 次に、駅前広場確保のための交渉する必要のある件数は何件かというご質問ですが、現在交渉している部分を除きまして、8件になろうかと思います。
 それから、予算についてでございますが、前期基本計画のフレーム額の中では、6億5,800万に計画上はなっておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員の再質問を許します。
◆山川寿美江 議員 それでは、時間がありませんので、再質問を限って、質問が多かったようですので、やらせていただきます。
 小規模契約のことについてなのですが、登録者が入札できる登録者、小規模の方以外が50万円以下の仕事をしているわけです。ところが、今のお話を聞きますと、その内容が軽微で技術が必要ない仕事というのですけれども、去年のを見ておりましても、それ随分あるのです。例えば保育園のポールを取り外すとか、それから公園の遊具の取り外しとか、そういうのは簡単にできることだと思うのです。そういう意味でいいますと、どうしても登録業者でなければならない理由以外については、やはり検討していただきたいというふうに思います。
 それから、幹部会議でおっしゃるというけれども、それはずっとこの1年間言い続けてきてできないのです。ですから、やっぱり担当としてこれだけの予算を確保したいというような覚悟ができなければならないと思うのですが、この点について市長に伺います。小規模契約制度について、このような市の執行形態といいますか、予算をある程度とって、50万円以下の仕事についてきちんと獲得できるようにしていただきたいと思うのですが、この点について伺います。

P.121
 市長が議員の請負の問題については、法的には問題ないとおっしゃいました。そのとおりでしょう。問題あったら大変ですから、問題ないのは当たり前なのです。それで、議会の政治倫理を議会がやるのが趣旨だというふうにおっしゃいました。議会は議会としてやらなければならないと思います。しかし、市がその契約をする場合に、やはり法律以外に、例えば法律に抵触していないからいいのだということではなくて、議員の親族会社などがそういう仕事を請け負うときに、やはりどういう考えでやられているのか。親族会社であっても、92条に抵触しなければいいのだというふうに考えているのかどうか。その点について伺います。
 次に、防災の問題については、いろいろありがとうございました。重ねていつもこの問題について私1年に1度は取り上げておりますので、やらせていただきましたけれども、細かいところまでいろいろお聞きしなければならないので、時間がついついかかってしまうのですが、細かいことはその後に聞きますとしても、一つだけ聞きたいのです。地域計画を立てるときに、担当職員、緊急時になったときにここに行きなさいという職員がいます、第1次配備、第2次配備というのですか。そういう職員は地域計画を立てる懇談会には行っているのですか。行っていなければ、実際に市民の要望やどうして計画を立てたかということがわからないではないですか。私は、地域計画、防災計画を立てるときに、市が職員がちゃんと行くべきではないかというふうに思っているのですが、この点について確認をさせていただきます。
 県道の5カ年計画の問題ですけれども、市長にこれも伺わせていただきます。市長は、あるところでこれは4億573万円の秋桜園の債権放棄についての土屋知事などの考えもあって、県道整備をすることになったのだということをおっしゃいませんでした。そのことについて確認をさせていただきます。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 桃泉園の見返りなんていうのはとんでもない話で、どこで聞いてきたかわかりませんが、私は一切言っておりません。そのことだけは確認しておきます。
 それから小規模契約、これにつきましては、毎年毎年いろいろな修理ですとか、そういうものが少なければ少なくなってしまうと、この辺は非常に難しいところです。ただ、今言うそういう契約者にできるだけ仕事を出すという方向については、私も全く質問者と同じなのですが、それが果たしてでは今年度はこれだけ出ます、あれだけ出ますというところまでは、まだ要するに計画的な改修ですとか、そういうものがまだできていないために、そこまでのお約束はなかなかできない、こういうことであります。
 それから、先ほども議員の兼職の件につきまして、これはいろいろの解釈はありますけれども、例えば今十数市町村がこの倫理のあれをつくっています。でも、それはすべて事故があって、そういうことが再発しないようにということでやっているのです。ですから、それは法的に何らか
P.122
の形でひっかかった場合にそういうものができているということも認識しておいていただきたいと思いますが、私の方では今現状の中でそういう法的な何もないということであれば、これは堂々とやっていただかないと、私たちの方が今度は行政側がそういうふうなことをやっているのではないかと、こういうふうに思われてしまいますので、決してそういう意味で言っているわけではございません。ただ、今言うとおり十数市町村、十二、三だと思いましたが、それだけの市町村がつくっているということは、現実に今は実態としてあります。そういうことでご理解をいただきたいと思います。
 以上であります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 それぞれ地区の防災計画をつくるときにかかわっておりますのは自治防災課の職員だけでございます。今つくる作業というのは大変時間、労力を要して、地域の方が頑張ってつくっていただいておるわけです。アンケートをとりましたり、地域を歩いたり、ただ今ご指摘の例えば防災拠点に配属される職員がその地区の防災計画づくりに全然かかわっておりませんから、その地域の状況というのを知らないこともないと、そこにお住まいの方が集まりますけれども、やっぱり若干欠けている部分があるかもしれません。だから、そういう地域でつくられた計画を知ってもらう場面はつくっていかなければいけないというふうに感じます。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員の再々質問を許します。
◆山川寿美江 議員 それでは、1点だけ伺います。
 私は、事故があっては困るので、それで指摘をしているのです。堂々とやってもらわなければ困るというのは、それはちょっと市長おかしいと思うのです。やっぱり市民の目というのは大変厳しいと思います。そういう意味でいうと、議員が請け負うということは、内容を知っている人たちがたくさんいるわけです。それが親族なわけです。それが会社の役員なわけです。ですから、そういう意味からいうと、やはり市としては随意契約などというような、指名競争入札というのは、ある程度しようがないかなと思うのですけれども、随意契約などというのは、絶対あってはならないことだと思うので、その点について市長に伺います。そして、法律を上回るようなものが政治倫理であるということをつけ加えておきます。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 私の方は政治倫理云々は、これは先ほども申し上げましたように、議会がこれはちゃんとやる、議会の倫理ですから。
 それからもう一つ、私の方で言っております本来は議員さんがそういうことを流してはいけない。それが流したという事実があるのであれば、これは報告あってしかるべきであります。その場合は、これは違反であります。そういうことを含めて、私の方では総トータル、もう一つの枠を申し上げますと、工事費の総トータルのうちの何%まではいいですという一つの法律がある。
P.123
そういうものの中にも抵触していない。これは、総体的な工事費の中の何%以上、これをとるとこれは違反ですから…
         〔「いいえ、随意契約のことを聞いているの。」という声あり〕
◎武藤博 市長 それも含めてです。これはトータルの請負ですから、ですからそれはそういう一つの解釈の中でやっていったときには、今の状態では法的には何ら抵触をいたしませんと。
         〔「随意契約もいいということですね。」という声あり〕
◎武藤博 市長 これは総トータルです。総トータルでそういうあれがあります。そういうことであります。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員の質問を終了します。
 休憩いたします。

   休 憩 午後2時14分
   再 開 午後2時31分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、野沢裕司議員の質問を許します。
         〔2番野沢裕司議員登壇〕(拍手あり)
◆野沢裕司 議員 それでは、発言通告にのっとりまして質問させていただきます。よろしくお願いします。
 発言事項は、上福岡市環境保護推進委員制度の創設を、それから歴史民俗資料館で市民展を、それから歴史民俗資料館の年表について、それからごみ問題について、体育館建設予定地の一時的な利用方法について質問します。よろしくお願い申し上げます。
 まず初めに、上福岡市環境保護推進委員制度の創設をでありますけれども、埼玉県の制度に埼玉県の各市町村から委嘱を受けました市民がいまして、緑の推進員という制度があります。その緑の推進員制度というのは、市町村を巡回して、県にその情報を提供し、意見を具申するということであります。その制度で、上福岡市からたしか2名の緑の推進員さんが県に委嘱をされていると思います。それを今度は上福岡市で地区地区からその推進員さんを募集して、市内の巡回をして、市に情報を提供していく。しかも、それは市民応募でそういう保護推進委員制度ができるのではないかと考えますので、よろしくご検討のほどお願い申し上げます。
 続きまして、歴史民俗資料館で市民展をでありますけれども、先般上福岡市の伝統工芸技能の後継者、継承者、竹細工のそういう方をお招きしまして、市で歴史民俗資料館で竹細工を製作、展示、市民参加をやりまして、大変に好評を博しました。ともすると、歴史民俗資料館というのは、一方的に情報を提供するだけで、市民と相互交流がなされていない嫌いがあったと思うので
P.124
すけれども、今度の竹細工の技術継承者との交流については、相互通行があったと思います。そういう意味で、館の情報が一方通行でなくて、相互通行になるようにならないか。そこで提案なのですけれども、東京に日光江戸博物館というのがありまして、たしか蔵前国技館のところにあるのですけれども、そこの博物館では、展示物に電気がまであるとか、スバル360とか、そういう市民が最近使ったようなものまで展示をされています。ですので、それらを上福岡市の市民の方々から情報提供を受けて、民俗資料館とそれから市民とで共催でそういうふうな展示物ができないかどうかをご検討願って、ご答弁願いたいと思います。
 それから、上福岡市の歴史民俗資料館には埼玉県と上福岡市の歴史的事象の年表が掲げられてあります。ですけれども、それは単独で埼玉県と上福岡市の歴史的事象が掲げられてあるだけなのです。ここに上福岡市の板碑中世の石の文化市史調査報告書第18集、上福岡市教育委員会がつくったこういう冊子がございます。これを見ていただきますと、これは市内から出土しました板碑が載っています。長瀞の緑泥片岩でつくられてありまして、ここにはこういうふうな不思議な文字が書かれています。インドのサンスクリット語だというふうに言われていますけれども、これらはインドの文化がシルクロードを伝わって我が国に渡来したものであります。それから、ここには中世ですので、中世の年号が書かれています。中世南北朝時代の年号が書かれています。そうしますと、そのときは日本の京都に二つの政権がありまして、京都の後醍醐天皇南朝ともう一つ足利尊氏の北朝と年号両方が書いてあるのです。上福岡市の富裕な土豪層、地主層だと思うのですけれども、これをつくったのは、その方々はどっちの政権を支持するかによって、年号が違うのです。南朝方を支持する方々は、南朝の年号を使いますし、北朝を支持する方々は北朝の年号を使うのです。つまり埼玉県上福岡市の民俗歴史というのは、実は単独でここに成立するのではなくて、インドの文化をシルクロードから継承して、インドの文字を使う。それから、南朝か北朝か、どちらかの中央の政権を支持することによって、南朝か北朝の年号を使うというふうにして、実は単独ではなくて、東アジアとか、中央の京都とかと、そういうふうなものと連動して単独で上福岡市では成立していないのです。
 したがって、そういう上福岡市の民俗1個を見るについても、単独で上福岡市の事象が存在するのではなくて、広く日本とか、アジアとかというふうな広い意味で事象があるわけです。したがいまして、埼玉県の歴史年表、上福岡市の歴史年表では、私は用が足りないのではないかと考えます。その点についてご答弁を願いたいと思います。
 それから、ごみ問題につきましてですけれども、ごみの減量化を図るため、なぜ図るかといえば、多分市民生活部長さんから答弁があるかと思うのですけれども、CO2の軽減をするために、すべてのごみを今上福岡市では焼却処分をしています。でも、焼却処分をしなくて済むごみもあると思うのです。畳であるとか、落ち葉、木の枝、枯れ草、そういうふうな自然分解ができるものは、焼却すべきではなくて、自然分解を待って堆肥化するならば、CO2の低減、それからば
P.125
い煙等の低減等ができると思いますけれども、その辺についてご答弁願いたいと思います。
 続きまして、駒林の体育館建設予定地がありまして、そこの一時利用法についてお伺いします。現在体育館建設予定地は、トラクターで定期的に除草していますけれども、それについては土地を市が所有するということは、明確な目的があって所有しているわけでして、トラクターでただ除草しているのでは何の意味もないと思うのです。できるだけ付加価値をつけて一時利用ができないかと考えますので、その点についてご答弁をお願い申し上げます。
 以上で第1回の質問を終わらさせていただきます。
○福村光泰 議長 質問者に申し上げます。
 ただいま書物を示されて質問してございましたけれども、その書物の題名は言っていただいてございませんので、議事録に残りませんので、その本の名前を言っていただきたいと思います。
◆野沢裕司 議員 「上福岡市の板碑中世の石の文化」でございます。失礼しました。
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午後2時41分
   再 開 午後2時46分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 野沢裕司議員。
         〔2番野沢裕司議員登壇〕
◆野沢裕司 議員 済みません。体育館建設予定地の利用法について、私の方で質問を言い逃してしまいました。申しわけありませんでした。体育館利用予定地の利用法について、市民の参加でコスモス園とか、ヒマワリ園とかに一時利用できないか。それと、上福岡市の見えざる住民たち、野生動物のえさ場をつくれないかということを言い外してしまいました。申しわけありません。追加いたします。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 それでは、私の方のご質問にお答え申し上げます。
 まず初めに、上福岡市環境保護推進委員制度の創設をということでございますけれども、ごみの不法投棄などについて郵便局とタイアップして監視をしている団体もあります。また、市民の方の組織を立ち上げて対応している団体もあります。これは、市民の方からの情報については、市としても大変ありがたいというふうに思います。不法投棄については、幸いにして上福岡市の場合は、いわゆる山林が少ないために不法投棄については、職員の市内巡回や市民の方からの通報によって現在は対応できている。できる範囲内であろうかなというふうに思っております。そ
P.126
れと別に、緑の保護について、県の制度である緑の推進員上福岡版ということでのご質問ですけれども、市内に残る緑は大変貴重なものであります。緑地公園の巡回監視、その他緑の保全などについてご提案の趣旨はよい方法であるというふうに思います。現在市では緑の基本計画、それから環境基本計画を策定中であります。組織体系もその中での議論としては出てくるというふうに考えております。
 次に、ごみ問題についてでございますけれども、木の枝、落ち葉、枯れ草等焼却しないということにつきましては、燃やさなければよいということなので、対応は可能かというふうに思いますけれども、街路樹の落ち葉や公園の剪定枝などは、相当の量となります。それをストックしておくヤード等も必要になってきますし、今後の研究課題というふうにさせていただきたいと思いますけれども、いずれにしてもごみの減量については、多角的に実施していかないとならないということから、現在担当課としてもできることから実施していきたいと頑張っておりますので、ご理解賜りたいというふうに思います。
 次に、体育館建設予定地の一時的利用についてというご質問ですけれども、ご答弁申し上げるのはちょっと迷いますけれども、ご承知のとおり体育館建設予定用地は、所有者が上福岡市土地開発公社でありまして、建設に関しましては準備室がございます。ご提言の内容につきましては、私どもにかかわるものでありますので、お答えさせていただきたいというふうに思います。まず、市民の参加でコスモスとか、あるいはヒマワリ、そういったものを植えて一時利用できないかということですけれども、これに関連しては直近で観光花畑というのがございます。
 観光協会の立場でご答弁させていただきますけれども、これは平成11年に観光協会の方の呼びかけで花の応援団というのが発足して、3中の南側の休耕田を利用して観光花畑に団員の方が丹誠込めて花を世話してございます。ヒマワリ、ポピーの連続だったのですけれども、ことし初めてコスモスもチャレンジしていきました。割り当てられた畝を草むしりだとか、水くれというのですか、水やり、間引きなど、団員の方が自主的に世話をして、意外と大変な作業でありまして、途中で脱会する方もいらっしゃいます。ただ、土に触れて汗を流すのはとても気持ちがよいと、花を育てる大変さを知っているから咲いたときの喜びはひとしおだと、あるいは畑で会う人たちとの交流も楽しみ、ちょっとした助け合いや日々のあいさつなど花を通じて人の輪も広がったということで、大変好評であります。
 また、これには地域農政推進対策協議会の方々に大変バックアップをいただいております。花株の処理だとか、トラクターで。それから、次の種まきのための畝づくりだとか、そういったことにご協力をいただいている。また、団員の方たちの交流もできております。平成11年ヒマワリから始まりまして、3年目となりますけれども、今回初めてコスモスにチャレンジしたのですけれども、来月またポピーの種まきというふうになります。観光協会としては、現観光花畑5反5畝、ここの充実を第一に考えております。したがって、今200人の団員がおりますけれども、こ
P.127
の5反5畝で精いっぱいでございますので、拡張する体制にございませんので、観光協会としては広げられないということでご理解賜りたいというふうに思います。
 それからもう一つ、えさ場ですか、えさ場というイメージが勉強不足でちょっとわからない部分がございますけれども、自然のままにしておくということなのかちょっとわかりませんけれども、上福岡市には上福岡市空き地環境保全に関する条例というのがございまして、所有者の責務ということで、空き地に雑草を繁茂させる等不良状態にしてはならないという規定がございまして、また市長はこの条例により、雑草の除去等を勧告することができるというふうになっております。したがって、市ではそういう指導をしてございます。市もみずから管理する土地については、定期的に除草等を行っているというのが現状でございます。ただ、ご質問のえさ場の内容ですけれども、これがそれに当たるということではございませんので、市の空き地保全の条例との整合を図りながら、えさ場として活用できるか考えていきたいというふうに思います。ただ、再三申し上げますけれども、所有者が上福岡市土地開発公社でございますので、公社の方に打診していきたいというふうに思います。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、歴史民俗資料館関係についての2点に対する質問に対してお答えしたいと思います。
 歴史民俗資料館についてのご質問ですが、歴史民俗資料館では、日ごろ市民が所有している資料の収集に努め、テーマを設けて特別展などで市民の文化遺産などを公開してきました。こうした特別展などは、いわば市民展として16回を数えるに至っております。なお、平成13年度は「無線の村から団地のまちへ」というテーマのもとで、第17回特別展を予定し、現在準備を進めているところです。これに際しても団地ができた昭和30年代の資料を中心に展示をしたいと考え、団地の皆様へはチラシを配布し、また市報にて資料の提供を呼びかけてまいりました。団地関係の書類や当時の生活道具などの貴重な資料を収集することができました。そういう意味においても、今回の特別展は市民から収集した身近な文化遺産の公開になろうかと考えております。今後もテーマを設けて資料を収集し、市民の文化遺産を公開するとともに、後世に伝えていきたいと考えております。
 次に、年表についてでございますが、現在資料館の展示室入り口にある年表には、上福岡市の主な出来事と日本の出来事の2項目について記しております。世界的な広い視野で歴史を見ることも大切なことだと思っております。新しくつくりかえる際には、世界の出来事という項目を加えていきたいと考えております。
 それと、体育館予定地の利用方法について、先ほど市民生活部長の方からお話がありましたが、私どもの建設準備室の方の考えとしましては、体育館用地を取得する際に農地転用の際、体育館
P.128
用地として買収している目的があるため、転用してどうかというのはちょっと考えていかなくてはならないかなというふうに思っている次第でございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 野沢裕司議員の再質問を許します。
◆野沢裕司 議員 では、再質問をさせていただきます。
 上福岡市の環境保護推進委員制度で、どうするか検討するとか、前向きとか、そういうお答えがなかったように考えています。できればいい返事を聞かせていただきたいなと思います。それをするならば、埼玉県の場合では、一応年に1回ぐらいずつ推進委員さんに研修をして、指導をして、しっかりと目的意識を持っていただいて、それから緑の推進委員さんになっていただいています。もし上福岡市でもそれを採用してくださるならば、研修と指導をした上で、やみくもな委員ではなくて、ぜひとも目的意識を持ったような形にしていただけるといいかなと思います。
 それから、歴史民俗資料館では私が言いたいのは、館の収蔵物を展示するのはもちろんすばらしいことです。しかし、上福岡市の市民の皆様もきっとそういうような収蔵物を持っているのではないか。それらを市民の方から我が家にこういうものがある。これをぜひ陳列展示して皆さんに見ていただきたいというふうな館と市民との相互通行ができないかということをお聞きしたので、その辺についてご答弁を願えればありがたいと思います。
 それから、次の年表についてはよろしくお願いします。できるだけ東アジアのうねりの中で我が上福岡市が見れるようなそういう方策をしていただきたいというふうに思います。
 ごみ問題につきまして、ごみを集積する場所が難しいという話だったと思うのですけれども、堆肥化しておきますと、それらを学校の一角とかに集積しますと、カブトムシが発生したりということがあるので、学校園の肥料とかに全部が全部利用するのではなくて、ごみ減らしの方策としてこういう方策もできるのではないかという努力の方式として、学校園のカブトムシ銀行に転用するとか、市民農園の肥料に完全有機堆肥ができるとかいうことがあると思うので、初めからできないではなくて、検討をして、できる範囲で100%つくるのではなくて結構ですから、とりあえず10%やってみるとかという努力目標としてできるだけCO2削減のためのご努力をしていただきたいなというふうに考えます。
 それから、体育館の建設予定地については、さまざまな制約があるのがわかりました。コスモス園やヒマワリ園では不可能だというならば、コスモス園やヒマワリ園は、緑化の施設です。緑化ではなくて、多分緑化というのは、ここ10年ぐらいで死語になって、次の言葉というのは地域自然化とか、自然化という言葉が出てくると私は思うのです。そうしましたらば、埼玉県で長瀞町で七草寺というお寺がありまして、秋の七草が庭に咲いているところがあるのです。例えば萩とか、ナデシコとか、フジバカマ、オミナエシとか、そこに都内や日本じゅうからお寺に七草を見たいといって秋になると観光バスが来て、長瀞町は非常な町おこしになっているという話を聞
P.129
き及んでいます。市役所の玄関にもきょう前を通りましたらば、ススキの花が飾ってありました。どうでしょうか。緑化ではなくて、自然化で、ススキとか、楠なんかだったらば、植えれば市民がそこに行ってススキの穂を刈り取ってきて、十五夜に添えることもできます。そういうようなものを植えられるならば、形状の変更もなく、コスモスですと先ほどご答弁にもありましたけれども、草取りが非常につらいと言いましたけれども、緑化でなくて自然化ならばススキは草に負けませんので、スムーズに地域に合って植栽ができる。それを市民が利用できる。しかも、コスモス畑では私先ほど申し上げましたけれども、上福岡市に奇跡的に残っている野生動物があるのですけれども、キツネであるとか、タヌキであるとか、イタチであるとかが昼間は上福岡市の市民が利用できます。それらは概して全部が野生です。夜行性ですので、夜になると、それらがそこに来て、えさ場に来て、えさが拾えるとか、そういうことができるのではないかと思うのですけれども、全部が全部でなくていいのです。形状変更もなしです。一部にそういうことができるならば、トラクターで草を踏みつぶして管理するよりも、踏みつぶさなくても有効な方向で形状変更なし、目的外使用でなく、一部そういうもので市民に利用ができるのではないかと考えますけれども、その辺はいかがでしょうか。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず、環境保護推進委員の関係でございますけれども、先ほどやるかやらないかということではなくて、これ今現在ご承知のとおり緑の基本計画今策定に取りかかりました。それから、環境基本計画も今策定中でございます。これは、両方とも緑の部分についてはリンクするところがあります。そういった意味で、この環境保護推進委員、緑の推進委員上福岡版ということですと、この審議内容に大いにかかわる部分ではないかというふうに思いまして、そういう中でこの問題、こういう委員制度というのですか、そういう問題もテーブルに上げていく必要があるのではないかなということでお答え申し上げました。
 それから、木の葉、落ち葉等の堆肥化の問題ですけれども、これはちょっとストックヤードとか、そういう問題ではなくて、今ご承知のとおりごみ減の問題では、議会からもたくさんのご指摘をいただいています。やらなければならないことが山積みです。今一生懸命担当の方でやっております。今おっしゃられたご提言の中身もその一つです。それを今取りかかりたいというふうに思いますけれども、いつから実施ということはないですけれども、絶対これも取り組んでいかなければならない大きなごみ減の一事業だと思いますので、ということでご理解いただきたいと思います。
 それから、体育館の予定地の一時利用でススキを植えてという、大体少しイメージがわいてきたのですけれども、それにしても先ほど申し上げましたけれども、土地開発公社、先ほどの準備室長の方からもご答弁がありましたので、そういう絡みもございますので、相談させていただき
P.130
たいというふうに思います。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 市民の方々が所有している品物の展示ということですが、歴史民俗資料館では過去17回の特別展示会を開いております。この特別展示会を開く際に、歴史民俗資料館の協力団体、あるいはチラシ、広報等によりまして、それらの品物を提供していただくように市民に呼びかけております。また、今までの展示会でも多数ご協力いただきまして、市民の方に展示いたしまして、大変喜ばれているところでございます。今後も展示会におきましては、ご協力を願っていきたいと思っております。
○福村光泰 議長 野沢裕司議員の再々質問を許します。
◆野沢裕司 議員 再々質問いたします。
 体育館予定地の一時利用法についてですけれども、前議会でも屋上緑化の問題などがたしかほかの議員さんから提起されたような記憶があるのですけれども、この体育館予定地もそういう緑化の目的で使うならば、一時利用ではなくて、これは正当な利用だというふうに胸を張って市民に主張ができるのではないかと考えます。きれいな空気、豊かな水、豊かな緑、これは市民の財産である。それが十分にあるということは、何ら私は市民にとってもプラスになることであって、こそくというか、余りそのことを細かく考えなくても、大前提としてこれは正しいことだというふうに考えますので、ぜひともそこは市民が利用できるようなスペースをつくっていただきたいということを要望して再々質問を終わります。ありがとうございました。(拍手あり)
○福村光泰 議長 野沢裕司議員の質問を終了します。

△散会の宣告(午後3時07分)
○福村光泰 議長 以上で本日の日程は終了いたしました。
 明日、19日は午前10時から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.131
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月19日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
      9番  加 藤 末 勝 議員
     15番  高 橋 順 子 議員
     24番  高 橋 行 雄 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員
      6番  山 口 公 悦 議員
 次回予定報告・散会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員

〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長

P.132
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   吉 野 英 明  教  育  長      井 上 和 男  教 育 次 長
   田 中 利 次  選挙管理委員会      島 村   栄  監 査 委 員
            書  記  長               事 務 局 長
   河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長



P.133
△開議の宣告(午前10時13分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会第16日の会議を開きます。

△欠席届
○福村光泰 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。
 教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。代表監査委員・中野武(私事都合1日)。以上です。

△日程第1 市政に対する一般質問
○福村光泰 議長 日程第1、昨日に引き続き市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、加藤末勝議員の質問を許します。
         〔9番加藤末勝議員登壇〕
◆加藤末勝 議員 おはようございます。それでは、議長のお許しをいただきましたので、通告に従いまして一般質問をさせていただきます。
 まず最初に、商工行政及び都市整備について伺います。最近市内の商店街を歩いていますと、何となく活気がないように見受けられます。このような印象を持っているのは、決して私だけではないかと思います。長引く不況の影響や株価の低迷、完全失業率が5%に達したとの報道もありました。さらには、今回のテロ事件による世界的な経済の影響が懸念される中、将来に対する不安感が増幅されています。こんな状況の中で、市内の商工業を取り巻く環境がさらに悪化することは、火を見るより明らかであると思います。したがって、市内商工業の活性化施策を早急に推し進める必要性があると思われますが、いかがでしょうか。
 今回会派の研修で商店街の活性化施策を積極的に進めています小樽市を視察してまいりました。人口規模が約2.5倍ではありますが、毎年人口が少しずつ減少している状況にあり、数年前の大型店の出店で市内商工業の活性化を図らないと市の発展はないとの観点から、市独自のユニークな施策を打ち出し、成果をおさめています。そこで、今後の当市の商店街の活性化施策について伺います。また、他市の活性化の成功事例についてもあわせて伺います。
 次に、上福岡1丁目地内の旧あさひ銀(  部分後ほど「あさひ銀行」と訂正あり)の跡地を買収し、平成14年3月末までに更地になると聞いています。この件につきましては、前議会で交差点の改良と県道の拡幅のための代替地用として利用していきたいとの答弁がありました。交差点の改良に当たり、交差点の角地にある酒屋さんが75年続いた歴史に幕を閉じました。先月廃業
P.134
いたしました。したがって、交差点改良の環境が変化してまいりました。また、地元商店街では敷地の一部を顧客の駐車場、駐輪場、フリーマーケットの開催できる広場として利用したいなどの希望が寄せられています。市は、商店街の意向にこたえるべく跡地利用についてどのように考えているか、お聞かせいただきたいと思います。
 次に、本年度も実施されました歴史ある七夕まつりについて伺います。今年度の七夕まつりは、商店街の多くの人から交通規制が厳しいとの意見が寄せられました。例えば自分の店の軒先に出店をする場合、昨年までは商店街で一括して道路使用許可証、許可の申請を出していましたが、個店単位になったとか、また商店街のイベントに、昨年まではよかったのにことしはだめですというような追加費用的なものまでかかる要求がされております。昨年まではよかったのに、ことしは追加としてそういうふうなものも要求されています。聞くところによれば、警察の規制が厳しくなったとのことですが、どのように昨年と比較して変化があったのか伺います。
 また、今年度実施した七夕まつりの反省会がそれぞれ各部会ごとに実施されたと聞いていますが、どのような反省点があったのかもお聞かせいただきたいと思います。
 さらに、各商店街の取り組み内容や直近5年間の人出の変化の推移についても、あわせて伺います。
 次に、情報公開について伺います。当市の情報公開制度の目的は、市民に対し情報を求める権利を保障するとともに、情報の公開に関し必要な事項を定めることにより市政に対する市民の理解と信頼を深め、市民参加を促進し、もって透明性を確保した民主的市政の一層の推進に寄与することを目的として策定されました。平成10年4月から施行されましたが、平成13年度に入りましてから申請件数並びに内容についてお聞かせをいただきたいと思います。
 次に、ホームページのアクセス件数について伺います。当市のホームページは、開設当時はアクセスカウンターがついていなく、どのくらいの方々が見ていただいたのかわかりませんでしたが、その後リニューアルされまして、アクセスカウンターもつきました。9月16日現在で5,222件に達しています。この数値が近隣各市のホームページと比較してどのようにとらえているか、その所見をお聞かせいただきたいと思います。
 また、市長への手紙ブーメランのメールの利用件数についてもお聞かせをいただきたいと思います。
 最後に、本年度スタートいたしましたパソコンIT講習会につきまして伺います。日本新生のための新発展政策として自治省からIT講習会が推進されております。政府、自治省のこの日本新生のための新発展政策として当市でもスタートいたしましたが、さまざまな人から申し込んでも講習が受けられない等の意見が寄せられていますが、現状での実施状況についてお聞かせをいただきたいと思います。
 次に、講習受講者の年齢構成や今後の実施予定等についても、あわせて講習内容等についても
P.135
お伺いをさせていただきたいと思います。
 以上で最初の質問を終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問に順次お答え申し上げます。
 まず、情報公開行政についてのうち情報公開の利用状況についてお答え申し上げます。平成13年度に入ってからの情報公開の申請件数及び内容についてでございますが、平成13年7月末日現在で請求が6件ございました。請求内容につきましては、まず議長交際費に係る差引簿、それから平成13年市長選選挙公営に係る請求書、情報推進室内における業務ファイル一覧、それから2000年度市政調査研究費補助金実績報告書及び同申請書、それから市長選に係る選挙運動に関する収支報告書、それから2001年6月定例市議会常任委員会及び議会運営委員会に係る議員早退、欠席届の6件でございます。
 続きまして、市のホームページに関するご質問でございますが、市のホームページにつきましては昨年7月の開設以来コンテンツに生涯学習、上福岡の指定文化財、会議の公開を加えたほか、既存コンテンツの内容充実に努めるとともに、最新の情報を伝えるためにデータの更新につきましても留意してまいりました。このような経過によりまして、ホームページのアクセス件数は現在も開設当初の件数、月平均約4,000件をほぼ維持しておりまして、近隣の類似市と比較いたしましても、富士見の場合ですと4,400件、東松山市が4,100件、飯能市が7,000件、所沢市が9,000件などでございますが、これと比較いたしましても、おおむね妥当な件数ではないかと考えております。なお、今後もさらに掲載内容の充実を図りまして、市民への情報発信を積極的に行ってまいりたいと存じます。
 続きまして、市長への手紙ブーメラン、Eメール便の利用件数でございますが、メール利用件数は12年度20件、13年度7月現在で15件でございました。
 続きまして、生涯学習行政についてのご質問でございますが、パソコンIT講習会について総務関係のご質問についてお答えを申し上げます。まず、パソコンIT講習会の実施状況についてでございますが、平成13年5月から8月までに延べ40回の講習会を開催いたしまして、721人の方が受講されました。受講申し込みは定員の800人で、受講率は90.1%になっております。
 次に、受講者の年齢構成についてでございますが、20代が3.3%、30代で8.2%、40代が17.1%、50代が25.8%、60代が35.2%、70代が9.7%、80代以上が0.7%となっております。
 また、今後の実施予定でございますが、9月から来年2月まで延べ52回の講習会を予定しております。会場は、市役所、上福岡公民館、西公民館、市民図書館の4カ所でございます。定員は、1講習会につき20人でございますので、全体といたしましては1,040人を予定しているところでございます。講習につきましては、受講者の便宜を考慮いたしまして、平日午前、平日午後、平
P.136
日夜間、土曜・日曜日の4コースを設けております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私の方は、商工業活性化施策と、それから七夕まつりの2点のご質問がございましたので、お答え申し上げます。
 冒頭で小樽市の商工業の振興施策ということでお話がございましたけれども、私も資料を拝見させていただきました。助成あるいは融資制度の充実、あるいは商店街の活性化のためのさまざまな事業が展開されております。行政の体制も大変充実されております。学ぶところ大というふうに感じております。
 他市の成功事例と申しましょうか、注目しておるところなのですけれども、これは地域の交流を目指した商店街づくりということで、東京都板橋区の大山商店街振興組合がやっているのですけれども、これは地域との交流を主体としたイベントをさまざま取り組んでおるということでございます。それから、川口銀座商店街振興組合では、空き店舗活用のサンギャラリーというのを開設しております。これは、子供たちの作品展から芸術家による展覧会やクラシックとかジャズのコンサートとか、コミュニティースペースということで活用されているそうです。それから、身近なところでは川越商工会議所が行っておりますけれども、空き店舗活用のミニチャレンジングショットというふうに呼んでいますけれども、空き店舗をお貸ししますよということで、これは川越の通称大正ロマン通りというところですけれども、1年ほどチャレンジしていただいて、その近辺の商店街の方々がいろいろご指導したり、あるいは商工会議所の方が指導したりということで経営術を学んでいただいて、最終的には開店していただきたいというような働きかけでございます。大いに参考になるかなというふうに思います。
 私どもの方の市では、ご承知のとおり市民に愛される商店街づくりの促進ということで、商店街の活性化を図るため共同事業を自主的に行う商店街に対して補助金を交付して支援しております。平成11年の実績が4カ所、平成12年の実績が6カ所、本年、平成13年は5カ所予定してございます。これからも商工会と連携を図りながら地域性を生かした事業に取り組んでいきたいというふうに考えております。また、商店街の皆さんの前向きな姿、前向きな姿勢も大変重要になってくるというふうに思っております。
 それから、七夕まつりですけれども、第47回、成功のうちに終了いたしましたけれども、交通規制の関係のご質問なのですけれども、一番課題になりましたのは、これは七夕まつり開始前なのですけれども、駅前の名店街と中央通り商店街、この部分につきましては道路が狭いということで、例年なのですけれども、今回は4日の午前11時から翌日5日の午後の9時半まで通しで交通規制をということで例年どおりお願い申し上げましたところ、それはならぬと。ほかの通りと
P.137
同じように4日はもう10時で規制解除と、5日の日は午後からというようなことで、これがなかなかご理解いただけないといいますか、先に進まなかったところなのですけれども、そうしますと4日の日にまた竹を片づけなければならないと、飾りをですね。これは至難のわざでして、商店街の方々から相当何とかしてほしいということで、これは結果的に今回は許可いただきました。通しで交通規制をかけるということで実施されましたけれども、ことし警察が実行委員の方と現地を見て来年については検討するということで、今回に関しては私どもの申請どおりに許可をいただいたということでございます。東入間警察署には毎年、これは市の一大イベントですので、七夕まつりに関しては交通規制、いわゆる安全対策ですとか、祭り全体の警備を大変ご尽力いただいて感謝申し上げているのですけれども、今回通常のお仕事プラス町の形態へのチェックといいますか、指導のための巡回というのが目立ちました。
 昨年との比較ということですけれども、まずご質問にもありましたけれども、それぞれのお店が出す出店と申しましょうか、その辺についてもすべて私道であろうと道路使用許可申請を出しなさい、出店料といいますか、使用料といいますか、2,500円支払ってほしいということで1軒1軒回ったそうでございます。特に上野台銀座、上福岡銀座等は巡回して回られたという話を聞いております。
 それから、交通規制解除後、竹飾りなのですけれども、下から4メーター50センチは上げなさいと、要するに交通の邪魔になりますからということも言われております。これもちょっと大きな課題なのですけれども、これは結局竹飾りをどかしなさいという意味に通じますので、さまざまな交通規制の関係では課題が残っております。これ、今後実行委員会で十分検討していかなければならない。そうでないと、48回が大幅に内容変更せざるを得なくなってしまうということになりますので、じっくり詰めていきたいというふうに思っております。
 商店街の取り組みですけれども、それぞれ商店街でミニSLですとかカラオケ大会、太鼓ショー、おはやし、ビンゴゲーム、屋台村など、いろいろ工夫されて実施されております。このミニSLに関しても、道路を傷めるということで警察の方からクレームがつきましたけれども、これは何か距離を縮めて実施したということでございます。
 近年の人出ですけれども、平成8年から申し上げますと、平成8年は10万人、平成9年が12万人、平成10年度が13万人、平成11年度が15万人、平成12年度が12万人、これは大雨が影響しました。平成13年、今回は15万5,000人ということでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 答弁漏れがございましたので、お答えを申し上げます。
 パソコンIT講習会の講習内容についてのご質問がございました。それについてお答え申し上
P.138
げます。講習内容につきましては、埼玉県の標準テキストに準拠した初心者対象の内容となっております。具体的には、パソコンの操作、それから文書の作成、インターネットの利用、電子メールの利用などの基本的技能を12時間で習得していただくものでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 失礼いたしました。答弁漏れがございました。
 今回の七夕まつりの反省点ということで、今回全体の反省会は9月26日に実施することになっておりますので、各部会から出てきた内容なのですけれども、反省点ということだけではないのですけれども、ことし大変天候に恵まれたということで伝統ある上福岡七夕まつりたくさんの人たちに楽しんでいただくことができたということですとか、あるいは兵庫県の明石市で歩道橋事故がございました。そういうこともありますので、警備等十分配慮したと。警備の増強ですね、3倍にしたり時間延長したりということで当たりました。反省点といたしましては、本部会場が中央公園からスクランブル交差点横に変更になりました。この件では、大変会場が狭いということでご意見をいただいております。それから、もう一つは各商店が模擬店を出します。その模擬店と露天商との調整、これがちょっと時間がかかりました。出店の競合といいますか、そういうような部分ですね。それから、もう少し早目に準備ができないだろうかと。私ども毎年各関係の団体の総会が終わった後に実行委員会編成しておりますので、5月の末日ごろからになってしまいますので、それをもう少し早くできないかということ、これは毎年言われていることなのですけれども、課題だというふうに思っております。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 旧あさひ銀行の跡地利用につきましてお答えをさせていただきます。
 先日の議会の中でもご答弁をさせていただきましたけれども、現在川越土木事務所におきまして県道のさいたま・上福岡・所沢線に歩道を設置すべく路線測量等を実施しております。その後地元説明会等を実施した中で歩道部分の買収をしていきたいということでございますので、市といたしましても県の事業に協力をしていきたいということで、歩道部分にかかる方々等の代替地といたしまして活用をさせていただきたいと担当として考えておるところでございます。
○福村光泰 議長 加藤末勝議員の再質問を許します。
◆加藤末勝 議員 それでは、再質問をさせていただきます。
 ご答弁いただいた順番がそれぞれ担当課ごとに違いますけれども、一応発言通告書を出しておりますので、この順番に沿って再質問させていただきたいと思います。まず、お聞きした中で他市の活性化施策については、近隣の川越ではミニチャレンジングショップというふうなことで実
P.139
施していると、あるいは板橋区の大山でもいろいろ実施されているというようなお話を聞きました。この他市の成功事例を含めて、小樽市で視察をさせていただいたときに、小樽市では本当にかなり多くのそれぞれの商店街の活性化に対する事業がたくさんございます。例えば商店街近代化施設整備事業の助成だとか、商店街等の活性化アドバイザーの派遣制度だとか、商店街にぎわいづくり支援事業、空き店舗対策、あるいは販売促進に対する助成金だとか、さらにまた情報化に対する推進をしていく上で助成金を出しております。ちなみに、小樽市の平成11年度のこの諸事業、これ市の単独事業で行っている事業の抜粋なのですが、この金額だけを合算しただけで4,600万ぐらい商店街の助成に対して積極的に実施をしている。上福岡市は幾らぐらいなのかなというふうなことでこの後聞きたいと思うのですが、先ほど平成11年度だとか12年度等の実績のお話をいただきましたが、これに費やしている支出の金額ですか、こういうふうなものをちょっと2回目にお答えをいただきたいと思います。
 それと、成功事例等々の収集はどういうふうな形でしているのでしょうか。というのは、例えば隣のまちでこういうふうなことが成功した、こっちのまちでもこういうことが成功したと。そういうふうな情報というものはどこに集まってくるのでしょうか。また、その集まってきた情報をどういうふうにやって、今度は各市でその情報に対してこうしていこうというふうな考え方が成り立っていくのか。そういうふうな何か、今の時代ですから、私なんかはインターネットで調べますと結構全国の事例というのはいろいろ見えてきます。そういうものを使っただけでも、あそこではこういうことをやっているではないかというふうに、わざわざそこのところまで行かなくてもそういうふうな情報が出てきますので、そういうふうな情報がどういうところで収集されているのか、また収集する努力をしているのか、そういうことについてお聞かせをいただきたいと思います。
 続いて、七夕まつりなのですが、昨年と違うというふうなことで、特に交通規制についてはいろんな方から私もお話をいただきました。例えば中央通り商店街が実施しておりますミニSL、先ほどちょっとお話があったのですが、ことしからは下にシートを敷きなさいと、道路と線路との間にシートを敷きなさいと。300メーター、300メーターまでありませんけれども、200メーターぐらいの間のシートを全部用意して、それを最初に敷いてから初めて線路を敷いていると、こういうふうなことが警察の指導だというのです。果たしてこういうふうなことまで警察が指導しなければいけないのでしょうか。それから、私道についても道路使用許可の申請をしなければいけないのでしょうか。例えば去年とことし、こういうふうに法律が変わりましたから去年とは違いますよ、ことしはこうですよというふうな説明もあったのでしょうか。例えば担当課の東入間警察署の交通課長がかわったということだけでそういうことが許されるのでしょうか。そういうことについて、申しわけないのですが、答えにくいと思うのですが、一応お答えをいただきたいと思うのですが、特に変わったことについてかなり気になっておりますし、またここでそれぞれ
P.140
の商店街が反省会を開くことになっております。私も呼ばれていまして、この話をしようかなと思っていますが、来年どうするのだというふうなことがかなり今頭に残っているのかなと思っておりますから、来年はどうなるのだろうかというふうなことを含めて、ことしの反省点が来年生かせるような努力をしていただきたいと思いますが、その決意を市民生活部長からお答えをいただきたいというふうに思います。
 それから、直近5年間の人出の数値を言っていただきました。この数字というのは、どこから出てくるのでしょうか。漠然と主催者発表なのか警察発表なのか、いろいろ測量といいますか、選定といいますか、その数値を確認するためには何らかの方法で実施していると思うのですが、その辺の根拠についてお聞かせをいただきたいと思います。
 次に、旧あさひ銀行の跡地利用なのですが、今のご説明ですと、昨日13番議員さんからも県道の拡幅のことについてご答弁もありました。今年度、平成13年度に測量及び事業計画を策定して地元の説明会に挑んでいくのだというふうな県の今後の予定かもわかりません。地元の方を含めてこの商店街、あそこは本通り商店街ですが、駅前名店街だとか、あるいは中央通り商店街だとか、地権者以外の方にも何かそういうふうなお話の説明をしていただく機会があるのでしょうか。その辺についてお聞かせをいただきたいと思います。
 次に、情報公開の関係なのですが、平成13年7月末現在で請求は6件ありました。それでは、お聞きいたしますが、情報公開の申請件数の中身はわかりましたが、請求6件は何人の方か、何名の方がこの請求を出されたのですか。それとあわせまして、定例議会や議員の早退や欠席届等の議会に関する請求がまだまだ今後増加するように思っております。というのは、実はきのうもインターネットで調べまして、ある方が出している上福岡市の議員ニュースなのですが、この中にはいろんなことが載っております。2000年度ワーストエイト議員、これは一般質問しないワーストエイト議員の名前だとか、あるいはまた欠席、早退届を出した方々の名前だとか、すなわちこの情報で得たものがそのままこちらの方に載ってきております。ただ、ちょっと心配だなと思うのですが、例えば同じ議員さんの中でも自分の関連すると言われることをきのういろいろ追及をいただいておりましたけれども、自分の親族の中で商売されている方々の決算状況といいますか、売上高、こういう推移までみんな載っているのですが、果たしてこういうことでいいのでしょうかねというふうなことを含めまして、議会がもっと今度は逆に正しい情報を我々がホームページの中で出せるような環境にしたいなというふうに考えているのですが、情報推進室の方で市のホームページの中に議会のコーナーはあるのですが、その中で何らかの形で取り上げていただくことは今後できないのでしょうか。それは勝手に議会でやれというふうなことになれば、次は次として考えていかなければならないのですが、その辺も含めてちょっと考え方をお聞かせいただきたいと思います。
 それから、メールはブーメランのEメールしか何か使えないというふうなお話があったかと思
P.141
うのですが、もう少なくともそれぞれがメールのアドレスを持って、皆さん忙しい方々ですから、自由な時間に個人から個人への伝達に従来どおりのファクスをというふうな状態では、ファクスは必ずしも、当然何でも見なければいけないのですが、実際その紙がなくなってしまうとわからなくなってしまうというふうな欠点もあります。したがいまして、このメールがそれぞれ全職員にメールのアドレスが配置できるような環境を、現在できていないということですが、いつごろになったらそういうことができるのか、その辺についてもお聞かせをいただきたいと思います。
 それから、続いてはパソコンのIT講習会のことなのですが、このパソコンのIT講習会では何台のパソコンが用意されているのでしょうか。また、講師の先生、あるいはアシスタントの方、どういうふうな配置になっているかお聞かせいただきたいと思います。それから、受講されている方々からこうしてほしいとかああしてほしいというふうなやっぱりアンケートといいますか、希望があろうかと思うのです。これは収集しているのでしょうか。その辺もお伺いをしたいと思います。
 それと、非常に答弁いただいてびっくりしたのですが、50代、60代の方が60%をこの受講を占めているのですね。非常に向上心を持って意欲にあふれている上福岡市民の皆さんに対して、敬意を表したいと考えておりますが、ただ年代によって理解度はどんどん、どんどん劣っているというふうなことだろうと思うのですが、この辺はその講習会の中で対処されているのでしょうか、お聞かせをいただきたいと思います。
 講義の内容だとか、内容については先ほど1回目にご答弁いただきましたから、結構かと思うのですが、今後の予定として、このIT講習会は私の聞くところこの平成13年度限りというふうに聞いておりますが、そのとおりでしょうか。
 それと、これIT講習会とは違って今度は教育委員会の方になろうかと思うのですが、実は文部科学省の補助金で生涯学習のパソコン教室ということで、これは公民館事業として取り上げているというふうなことなのですが、何か21台のパソコンを10分の10の補助金を適用して文部科学省の方から設置をしたというふうに聞いております。この21台という数字が果たして妥当だったのでしょうか。というのは、私の知り合いの議員さんにちょっと聞いてみましたところ、うちは60台も入っているよというふうなところもありました。あるいは、40台というところもありました。あるいはまた、10台というところもありました。これは、特に例えば人口によって案分されて、おたくは何台ですよというふうに限定されたのでしょうか。その辺についてお聞かせをいただきたいと思います。

△発言の訂正
         〔私語あり〕
◆加藤末勝 議員 今ちょっと同僚の議員から訂正がありました。旧あさひ銀行というのは、旧で
P.142
はなくて、あさひ銀行は現存していると。何かきょうの新聞によりますと、間もなくなくなってしまうのかなと思いますが。ということですから、その辺は訂正をさせていただきたいと思います。「旧あさひ銀行」ではなくて、「あさひ銀行東口支店」跡地というふうなことで、字句の訂正をお願いしたいと思います。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 私の方の再質問に対してお答え申し上げます。
 小樽市の例が出ましたけれども、上福岡市での商店街活性化のための支援してきた支出、合計というのがちょっと手元にございませんけれども、ご承知のとおり商工会の補助金ですとか、さまざまな事業を行っております。ただ、これはちょっと小樽市と比較していただきたくないなというふうに思うのですけれども、小樽市に関しましては商工費だけで40億と聞いておりますので、上福岡の場合1億でございますので、その差は歴然としているなというふうに思います。ただ、我々予算のかわりになるのは知恵しかないないと思うのですけれども、知恵がまたままならなくて、精いっぱい努力をさせていただきたいと思いますけれども、ちょっと金額が出せないで申しわけありませんけれども。
 それから、成功事例の情報、そういったものをどう収集しているか、あるいはどう提供していくかというご質問ですけれども、商工担当の方ではいわゆる研修の組織がございます。そういった中で、いろいろ資料は収集いたします。ただ、収集の努力といいますか、満足なものとは言えないと思います。それから、その収集されたものがどう生かされているかということについても、我々はちょっと反省しなければいけないなと、もっともっと集めた大事な資料を生かしていかないと、キャビネットに寝ているだけではもう話になりませんので、そういう部分は反省したいというふうに思います。
 それから、七夕まつりの関係ですけれども、これは伝統ある七夕まつり対道路交通法というとてもかたい相手なものですから、これは並大抵ではないのですけれども、今までが少し緩やかにやっていただいたという部分があろうかと思います、これは祭りだからという部分が。それはそうではなくて、一線を引かれてくるというふうになりますと、まち自体が七夕に関してはどうしても道路を使用しますので、ある特定の場所で公園なりでやるということだったら問題ないのですけれども、これは大きな課題だというふうに思います。これは、何とかこの伝統ある祭りを守っていかなければならないので、また議会が終わりましたら警察とも十分協議をしていきたいというふうに思っております。
 それから、ご承知だと思いますけれども、この七夕まつりの実行委員会の顧問に警察署長なっておられますので、その辺のところもお話ししたいなと、顧問とはという部分ですね。
 それから、参加人員といいますか、人出の数値です。今年度、平成13年度は15万5,000人とい
P.143
うことですけれども、これは最終的には警察の情報等を得て最終発表いたします。ただ、それまでのプロセスというのは科学的なものは一切ないのです。その辺のところがちょっとかたいかなと思いますけれども、一応警察発表というふうに言っておりますけれども、ではどうやって計算しているのだという部分が明らかではございません。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、再質問に順次お答え申し上げます。
 まず、情報公開の関係でございますが、平成13年の請求者に対してのお尋ねでございますが、13年度の公開請求は市内に住所を有するお一人の方の請求でございます。
 続きまして、今後増加すると考えられる議会に係る情報について、ホームページで取り組んだらどうかというお話でございますが、お話しの議員の早退、欠席届などの議会情報の提供につきましては、あくまで議会の方でご決定いただく事項であろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。
 続きまして、メールの関係でございます。電子メールの必要性については、もう十分認識しておるところでございますが、全庁的な利用環境につきましては、庁内LANの平成14年度当初稼働を予定しております。その後検討してまいりたいというふうに思います。
 続きまして、パソコンIT講習会についてのご質問でございますが、研修に使用するパソコンの台数等についてのご質問でございますが、パソコンにつきましては1回の講習につき講師用として1台、それから受講者用として20台の合計21台を用意しております。講師の体制につきましては、講師1名、アシスタント1名で講習を実施しておるところでございます。受講者全員の方を対象といたしまして、アンケートを実施しております。受講者721人に対しまして回答者684人というふうなお話を聞いております。
 続きまして、講習会における年代に対する配慮の関係でございますが、テキストにつきましては埼玉県の標準テキストに準拠した講義内容でございますので、各コースごとに内容変更はできないということでございますので、講習の際には受講者の年齢、それからパソコンの経験等考慮いたしまして、講義の速度に配慮するとともに、アシスタントによるフォローを心がけるというふうにしておるところでございます。
 続きまして、講習会の今後の予定というご質問でございますが、埼玉県IT講習推進補助金事業としての講習会の開催は今年度限りで終了となります。
 以上でございます。

△発言の訂正
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 お答えの前に、訂正をさせていただきます。「旧あさひ銀行」と申し上げ
P.144
ましたけれども、「あさひ銀行」に訂正をさせていただきたいと思います。
 関係のない商店街にも説明をしていただきたいというご質問でございますが、これにつきましては今現在測量に入る前に関係の地元の説明会等をさせていただいた中で、県としては県道沿いの商店街の方だけに一応お話をさせていただいておりますので、今後県の方と十分協議をさせていただいた中で、どの時点で商店街の方にお話をさせていただくか、十分協議させていただきたいと考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、上福岡公民館に整備しました21台の補助内容等につきましてお答えしたいと思います。
 まず、国の補助基準が市の場合は250万円以上でないと直接補助は受けられない、そういう状況になっております。1台16万4,500円の定額、これにより受講者用に20台、講師用に1台の21台、総額で345万4,500円、これを計画しました。それに基づきまして補助を申請した次第でございます。講座を実施するために必要な附属機器類、こういったものを含めた経費を見積もると1台当たり大体23万3,000円程度要し、文部科学省が示す定額16万4,500円、これではパソコン本体の金額にとどまってしまいます。講座を開設するために必要な附属機器、こういったものを整備する経費は市で負担しなければなりません。その関係から、市の負担を最小限にしまして、補助金を有効に活用したいと考えた結果、21台にしたものでございます。この21台でございますが、同時に講座を開設する部屋の広さ、これは当然出てきます。使用しないときには片づけておけるという内容からノート型のパソコン、これを選定したものでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 加藤末勝議員の再々質問を許します。
◆加藤末勝 議員 それでは、再々質問をさせていただきます。再々質問は、恐れ入りますが、市長と教育長にお答えをいただきたいと思います。
 まず、市長の方への質問ですが、あさひ銀行東口支店跡地の利用についてというふうなことで、このあさひ銀行の買収には大変ご苦労されたのかなというふうに思いますが、今回の県道の拡幅と同時に交差点の改良やあかずの踏切対策は、地域住民のかねがねもう何十年も前からの願いであります。また、この跡地は結構面積も広く、県道拡幅事業の余剰部分を、代替の余剰部分を商店街の駐車場や駐輪場やあるいはフリーマーケット等、あるいは一定期間だけでも結構ですが、利用できれば、冷え込んでいる商店街の消費拡大につながるのではないかと思います。また、あわせて活性化を図れるのではないかというふうに期待をしております。大変長引く不況の影響で少しでも安心して、違法駐車、駐輪をしなくても安心して買い物ができる商業環境の整備、ここの駐輪場を利用する、あるいは駐車場を利用するというふうなことがやっぱり必要不可欠だろう
P.145
というふうに考えております。ぜひとも商店街の希望に沿って対処していただきたいと思いますが、市長の考えをお聞かせいただきたいと思います。
 それから、パソコンIT講習会に関連して教育長にお尋ねいたします。先ほど21台の生涯学習用の文部科学省から補助金をいただいて実施しているというようなことなのですが、今回IT講習会と何か一緒になってしまっているから、私は同じようなものかなというふうに思っていたのですが、全然違うものであるということを理解をさせてもらいました。したがいまして、先ほども年代的に特に50代、60代の方がIT講習会に6割の方が受講されているということでもありますし、覚える熟練度の問題含めまして、1年間だけではどうしても理解ができないと思います。また、ある程度理解された方は今度は次のステップへ進んでいきたい、こういうふうなことを当然考えるのは当たり前なことだと思いますが、ぜひとも平成14年度以降も生涯学習としてパソコン教室を継続していただきたいというふうに考えておりますが、その考えについてお答えをいただきたいと思います
 以上、市長と教育長にご答弁をお願いします。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 あさひ銀行の跡地の問題なのですが、実は買収が大体表立ってきたところで、これ今質問者も言われておりますように交差点改良、あわせて県道の要するに歩道部分の拡幅という一つの大きな目的がございます。ここで、大変あの沿線の方々がまた前向きになりまして、おれの方もぜひ動かさせてくれということで、希望が多過ぎて余剰部分が残らないのかなという気がしているのですが、ということは逆に言いますと最初の踏切を渡ったあさひ銀行、要するに西口店のところまでの計画が思ったより早く実行できるのかなと。これは移転者が非常に希望が多いというふうに思っております。それから、もう一つはトータル的に移転したときに、今県の方では恐らく家屋調査等やっていると思いますが、あと残地がいろいろと出てくるというふうに思っております。そういう残地を今言われたような方法で使うとかということは可能というふうに思っておりますが、現状の中ではこれ非常に移転者がたくさんいて、ちょっと困ったなというぐらいに今は情報が流れていると、こういう状況ですので、今言われたような使い道につきましては有効に使っていきたいというふうに思っておりますが、一応買収が終わりますとすぐに市の要するに歩道部分は県道を含めてあさひ銀行の2カ所ですね、県道部分とそれから名店街の方と。これにつきましては、早速歩道を設置したいというふうに思っておりまして、その後県との話し合いをしながら県には売却していくと、こういうことですから、一定の時間があるかと思いますので、その点につきましては有効利用はしていただこうと、こういうふうに思っています。一応更地としてやっていただきまして、砂利を全部入れていただくような方法になるかなというふうに思っていますが、使えないことはないというふうに思って努力したいと思います。
 以上です。

P.146
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 本年度のパソコンIT教室、非常に好評でありました。721名の受講者がありました。講習修了後のアンケート調査をいただきましたところ、ステップアップの希望が1割、70名ほどいらっしゃいました。教育委員会といたしましては、今後はパソコンに精通したボランティアの方等の確保も必要かと考えております。また、その方たちにご協力いただき、教育委員会の生涯学習の1教科として社会教育課、公民館事業の一つとしてタイアップさせ、今後とも実施していきたいと考えています。
○福村光泰 議長 加藤末勝議員の質問を終了します。

○福村光泰 議長 次に、高橋順子議員の質問を許します。
         〔15番高橋順子議員登壇〕(拍手あり)
◆高橋順子 議員 ただいま議長のお許しをいただきましたので、通告に従って市政に対する一般質問をさせていただきます。
 まず初めに、教育について。子供を守る緊急対策について、保育園、幼稚園に対して、小中学校に対して、問題と今後の方向性について伺わせていただきます。去る平成13年6月8日に大阪教育大学教育学部附属池田小学校で児童殺傷事件が発生し、8人ものとうとい命が奪われました。事件発生から3カ月を経過した現在でも、児童の心の傷はいえておりません。このような不幸な事件は二度と起こしてはなりません。私ども公明党は、この事件を生命を守る問題としてとらえております。そこで、伺います。事件発生から今日まで保育園、幼稚園、小中学校に対して子供を守る緊急対策として教育委員会はどのように対応してこられたのでしょうか、お伺いいたします。
 次に、都市整備について。一つ、市役所通りの交差点について伺います。市役所通りの交差点のところにはイチョウの木があります。ちょうど横断歩道のちょっと手前にそれぞれ3カ所の角にあるわけですが、根のところの土と舗装道路の段差があるためにつまずいたり、その拍子に自転車と接触したりしております。車いすの人も、車が傾いたりしてとても危険です。イトーヨーカドーに行く道は特に危険です。イトーヨーカドーから来た場合、横断歩道を渡るときには右側に電柱があり、ブロック塀があり、見通しが悪いため大変危険です。車の台数も増してまいりましたので、ここは県道ですので、またブロック塀は市の土地ではないため早急にはできないのでしょうか、お伺いいたします。
 二つ目に、江川の遊歩道についてですが、駒林の土橋から県道に通じる江川遊歩道が大変歩きにくいため、両側の舗装道路を歩くしかありません。聞く人によっては、足の健康のために敷き詰めたのではないかという人もいると思うと、景観を考えてのことだととっている人もおります。このことを知っている人がいたなら理由を知りたいと思いますが、いかがなものでしょうか。た
P.147
だ、いろいろの方が散歩するわけですから、つまずかないような遊歩道にしていただきたいのですが、お伺いいたします。
 次に、野焼き、小型焼却炉の使用対応について質問させていただきます。ダイオキシン対策として、当市の清掃センターでは基幹改修工事を実施しており、焼却施設における廃棄物の焼却は万全のものになるものと期待をしているところでございます。しかし、このダイオキシンの発生防止が叫ばれている中において、相変わらず自宅の庭で物を燃やしたり、小型の焼却炉で廃棄物を焼却したりしている方が見受けられるようでございます。近所の方にはなかなか注意しにくいため、困っている方もおります。小型焼却炉については、近々県内全域が埼玉県で実施されるようでございますが、上福岡市ではこのような野焼き、小型焼却炉の対応について、これからどのようにしていくのかお伺いいたします。
 4点目に、建設残土に対する適用法令について。建設残土に対する適用法令についてでございますが、先日も県内の吉川市におきまして、建設残土と称して産業廃棄物やその他のごみなどを混合した残土を積み上げ、それが崩れて道路をふさいでしまった事件がありました。また、岩槻市飯塚にある4階建ての元病院の建物が、建設残土の重みが原因で県道側に傾いているのが見つかったという事件もありました。この土地は民間地のため、規制する法律がなく、これまでも県も市も行政指導するのが精いっぱいだったようです。付近の住民からは、こうなる前にどうにかできなかったのかといういら立ちの声が聞かれていたようです。このような事例は、上福岡市においてはそのような敷地が限られていることからないとは思いますが、これから先農地転用等により建設資材の置き場として許可されたりすると、このような事例が出ないとは限りません。建設残土や建設資材置き場として産業廃棄物等を持ち込んだりした場合、土壌汚染などの問題にも発展しかねないと思います。そこで、上福岡市としてはこのようなケースがあった場合の対応は何か考えているのでしょうか、お伺いいたします。
 児童福祉について。子育て支援の一つとしてブックスタートの進捗状況についてお伺いいたします。子育て支援の一つとして、去る3月定例会にブックスタート運動の質問をさせていただきました。図書館の利用案内などの配布するなど、実現に努めていただく回答をいただいておりますが、全国でも新年度になって21の市町村でブックスタート運動が始まったと聞いております。そこで、上福岡市においても現在ブックスタート運動をどのように実施しているのか、進捗状況を伺います。
 最後に、高齢者対策に対してですが、音楽療法の進捗状況についてお伺いいたします。11年度の定例会において、金澤議員さんからの質問にお答えしていただき、そのときに行政サービスを提供する立場からは専門的な療法という行為は行うことはできないが、特養ホームやデイサービスセンターのような心の安まるような環境をつくる必要のある施設につきましては、関係施設等の責任者の方々にお願いをしていただけるというご答弁だったかと思います。その後どのように
P.148
なっておりますでしょうか、お伺いいたします。
 以上で第1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、都市整備部関係のご質問にお答えをさせていただきます。
 市役所通りの交差点につきまして、お答えをまずさせていただきます。市道第206号線と主要県道でありますさいたま・上福岡・所沢線の交差点の歩道部分に設置してある街路樹の部分に段差があると危険だというご質問でございますので、これにつきましては早急に段差を解消していきたいと思っております。
 それから、現在この交差点につきましては、県が改良工事をするために土地所有者と土地等につきまして交渉をさせていただいている段階でございますので、この交渉等がまとまれば歩道等設置が確保され、安全になるかなと考えております。
 それから、現在は土地所有者の意向(後ほど「土地所有者のご厚意により」と訂正あり)によりまして、約2メートル程度の待機所が確保されている状況ですが、もうしばらく交渉等の時間がかかるのかなと考えておるところでございます。
 以上です。
         〔「江川」という声あり〕
◎長島直行 都市整備部長 大変失礼いたしました。遊歩道の関係についてのご質問にお答えをさせていただきます。
 江川緑道につきましては、古代から昭和の歴史区分ということで計画をされ、実施されたところでございますが、当時は余りバリアフリー等言われておりませんでしたので、ご指摘の部分につきましては歩道が自然石ででこぼこがあり、歩きづらいとのご意見でございますが、この部分につきましては先ほどもお話ありましたけれども、景観等や足裏の健康を考え、設計されたと我々の方は聞いておりますので、今後どのようにしていくかを、距離もかなりございますので、検討させていただければと思っております。
 それから、樹木の剪定につきましては、現在実施をさせていただいておりますので、もう少々お時間をいただければと思っております。また、暗い場所につきましては、今後樹木等の間引き等を考えた中で明るくするよう考えていきたいと思っておるところでございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私からは野焼き、小型焼却炉、それから建設残土に対するご質問にお答え申し上げます。

P.149
 まず、野焼き、小型焼却炉についてでございますけれども、いわゆる野焼きといいますか、庭先でごみを燃やしていたりして、ご近所から環境課の方へご連絡いただくことが間々あります。また、小型の焼却炉を使って廃材等を燃やしていたりして、同じくご近所の方から通報をいただくこともございます。この野焼きや小型焼却炉につきましては、埼玉県が中心となりまして埼玉県警察本部と各市町村が連携を組みまして、県内の6環境管理事務所にブロック分けをして、彩の国環境クリーン作戦2001ということで、野焼き、これ野焼きは今年度から野外焼却というふうに表現が変わるそうでございます。不法投棄、廃棄物の不適正保管の禁止を取り締まり、または注意をしていくという施策を展開しております。また、埼玉県では現在埼玉県公害防止条例、これを埼玉県生活環境保全条例として全面改正をいたしまして、平成14年4月から施行することになっております。この改正後の条例の中で野外焼却の禁止として定めることとしております。また、市におきましても野外焼却等の通報があった場合、自宅などで焼却せずに清掃センターに搬入されるよう指導しているところであります。
 次に、建設残土に対する適用法令ということでのご質問ですけれども、まず埼玉県では土地所有者の皆様へというリーフレットを作成しておりまして、土地の所有者に対して注意を促しております。内容は、産業廃棄物の埋め立てによる被害をなくすということから、土地を資材置き場として貸してほしいとか、農地を無料で改良してくれるとか申し入れについては、まず契約の相手方をきちっと調査して、契約条項を理解、確認した上で契約の書面で結ぶと、また契約後は現場管理を徹底することなどが示されております。個人の土地に対して行政が介入できる限度もあります。土地の賃貸借に対しては、このような注意を促すこととなるかと思います。
 次に、農地転用によるケースも考えられますが、この場合は市の農業委員会による転用許可が必要になってまいりますし、農業委員会としても市報10月号でこのような農地転用がされないよう土地所有者に対して注意をするような掲載をする予定でございます。
 また、届け出も何もなく、いわゆる不法に産業廃棄物等が運び込まれる場合は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律やその他取り締まりの法律によって対応できるものというふうに思ってございます。
 以上です。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、音楽療法の進捗状況ということについてお答え申し上げます。
 平成11年9月議会におきましてご質問いただきました音楽療法につきましては、その後の検討という形でお答え申し上げたいと思います。音楽療法につきましては、ご質問の中にございましたとおり高齢者対策としての痴呆予防ですとか、いろんなそういう視点もございますが、心身障
P.150
害者の精神的あるいは身体的機能回復にもよい効果があるということもございます。市といたしましては、この前ご質問いただいた後、市内の特別養護老人ホームあるいは西デイサービス、中央デイサービスセンターの方に働きかけまして、カリキュラムの中にそういう視点を持って実施していただくということで働きかけをしております。また、現在の県内の実施状況でございますけれども、特別養護老人ホーム5カ所で実施されております。音楽教師の資格を持った職員などが歌やカスタネットなどの楽器を使用して指導に当たっている状況でございます。この音楽療法に関しましては、国家資格の音楽療法士という資格ではございませんが、全日本音楽療法連盟が認定する資格となっております。この資格の取得状況でございますけれども、平成11年段階におきましては百数十名という数字でございましたが、平成12年度末におきましては約300名程度の有資格者でございます。資格制度など含めまして、音楽療法士の配置などはこれからの課題としてとらえておりますが、市といたしましては市内の各施設に対しまして、音楽療法の視点を持って取り組みの推進を引き続き働きかけてまいりたいと思っております。
 以上です。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
          〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、子供を守る緊急対策について、それとブックスタートの進捗状況について教育委員会の関係のご質問にお答えしたいと思います。
 まず、子供を守る緊急対策についてお答えいたします。教育委員会では、池田小学校の事件発生後直ちに各学校に緊急対応マニュアルの作成を指示することとともに、不審者が侵入したときの対応として施設内に常置してあります非常ベルを鳴らすことを指示いたしました。また、保護者の不安を取り除く手段として児童生徒の登下校時以外は校門の扉を閉めるよう指導し、校内への不審者の侵入を防ぐため来訪者に対するループつり下げ名札の着用を義務づけました。このほか、保護者への通知、教職員による学校内の巡視、登下校時等のパトロール、集団登下校時の教員の随行、PTAの協力依頼、不審者侵入時の児童生徒の避難訓練の実施、埼玉県警のご協力をいただいて、教職員及び市職員対象の不審者による児童生徒の被害防止のための緊急対策研修会を開催するなどの対策をとってまいりました。さらに、幼児、児童生徒の安全確保のため、市立幼稚園及び小中学校の教室や保健室等に防犯サイレンつき拡声器を配布し、非常時における緊急連絡手段として活用していただくこととともに、門扉のない小学校3校に門扉6基を設置する方向で進めさせていただいておるところでございます。
 次に、ブックスタートの進捗状況でございますが、ブックスタートは赤ちゃんと絵本を通して親子が楽しい時間を分かち合うことを目的に、絵本などを乳幼児を持つ保護者に無償で配布する運動ですが、図書館では保護者に対して絵本の大切さや読み聞かせの大切さなどを助言、指導することがブックスタート運動での役割と考えております。現在保健センターの10カ月と1歳6カ
P.151
月乳幼児健診のときに赤ちゃん向け絵本のリストや図書館の利用案内の配布、図書館員による絵本の紹介や読み聞かせの実演、絵本の大切さの話など、これまで8回実施してきております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午前11時27分
   再 開 午前11時30分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 高橋順子議員の再質問を許します。
◆高橋順子 議員 再質問をさせていただきます。通告順で行いたいと思っております。よろしくお願いいたします。
 子供を守る緊急対策につきましては、教育委員会では子供の生命の問題としてとらえ、いろいろな施策を展開していただいたようで、大変ありがとうございました。子供の安全確保を最優先に考え、サイレンつき拡声器を教室等に設置していただいたり、今後門扉の設置をしていただけるとの答弁がございました。よろしくお願いいたします。
 今回の事件をきっかけに全国の市町村ではさまざまな対策がとられております。神奈川県相模原市では、全小学校に監視カメラや緊急通報ボタンを設置し、学校安全の強化に乗り出しております。近隣の市町ではどのような対応をなされているのか伺います。
 また、各学校へ緊急対応マニュアルの作成を指示しているということですが、その後どのようになっているのかお伺いいたします。
 また、保育園についてですが、これは管轄外だったのかどうかわからなかったものですから、申し上げなかったのですが、保育園については市の保育園、民間の保育園や幼稚園に対してもマニュアルの作成などの指示などをしてあるのでしょうか。児童福祉になると思いますが、お伺いいたします。
 続きまして、都市整備についてはバリアフリーの観点から、また県の方の土地の所有者の交渉といろいろとやっていただいているようですので、できる限り早いときにしていただければと思います。よろしくお願いいたします。
 また、江川遊歩道について、確かに距離的には長い距離ありますので、これについても長く私も住んでおりまして、再度ご年配の方からよく質問されたりしたのですが、散歩道ですので、できる限り歩きやすい形でやっていただきたいということですので、何分よろしくお願いしたいと思います。
 続いて、野焼きという表現がこれからは野外焼却に変わるということでございましたので、野
P.152
外焼却、小型焼却炉について再質問させていただきます。先ほどお答えがありましたように埼玉県条例においても野外焼却の規制がされるということでございました。恐らく社会習慣の上のものを除いて全面的に禁止になるのではないかと思います。そこで、小型焼却炉など今まで使用していたものが各家庭などに残っていると思いますが、これを処分するときは焼却後のものにダイオキシンが付着していたりすると思います。この小型焼却炉についての処分について、市としてはどのような対応を考えているのでしょうか、お伺いいたします。
 次に、建設残土に対する適用法令についてですが、県内市町村では残土等の条例を制定している団体はどのくらいあるのか、もし調査してありましたらお伺いいたします。上福岡市としては、そのような条例を制定していく考えはおありなのでしょうか、お伺いいたします。
 次に、ブックスタートについてですが、大変ブックスタートについてはご認識、ご理解をいただいて、10カ月と1歳6カ月の健診時におきまして図書館司書と保健婦さんのご協力をいただき、絵本のリストや本の読み聞かせの重要性などを話していただいたりして、今まで8回も実施していただいていることは大変うれしく、ありがとうございました。ただ、私の訴え不足といいますか、残念なことに一番していただきたい絵本の無償配布についてはまだのようでございます。少子化が進んでいる中で、私たち市民にとっては赤ちゃん誕生は保護者とともに心から喜び合い、贈り物として高価なものでなくてもいいですので、夢や希望がたくさん抱けるような絵本プレゼントをしていただきたいという思いからお願いしたわけでございます。赤ちゃんが安心して母親の手の中で愛情をたっぷり受け、母親は赤ちゃんに愛情をたくさん注ぎ込んであげられるような環境にしてあげることが私たちの仕事ではないのかなと私自身考えているものです。仕事、いろいろありますので、そのように考えております。子供は未来からの使者、平和の使者と言われますが、人間にとっての共有財産とも言えると思います。毎日忙しい中で、赤ちゃんと接するちょっとした時間を絵本でいやしたり、活力にもしたりする。この本から得られる想像性豊かな感性豊かな温かい心、また人生観が養われていくという上でも絵本というのは、三つ子の魂百までと言われますので、子供のきずな、信頼関係が必ずや醸し出していけるものだと考えております。それには、図書館や健康センターの保健婦さん等のご協力とともに、絵本を無償配布にしていただくために予算をぜひ出していただけるように児童福祉部長にお考えをお聞きしたいと思いますが、よろしくお願いいたします。
 次に、最後なのですけれども、音楽療法について再質問させていただきます。我が市においては、療法士というよりも音楽を通してカリキュラムの中に入れていただいているということを伺いまして、大変うれしく思いました。私も実は新座市の方に視察に行ってまいりました。ここは、療法士さんではないのですが、音楽の先生をしておりました方が十数年特養で培ったものの発表というか、その視察に行ってきましたが、80人くらいのお年寄りのうち車いすが3分の1くらいおりました。そういう中で、音楽の先生がお顔を拝見しますと表情豊かで、もう力いっぱい自分
P.153
の心を開いて皆さん一人一人に褒めたり、喜ばしたり、励ましたりしているそういう中を拝見しまして、大変私自身も感動をいたしました。お話を聞きますと、初めのころは何をやりたいのか、何を聞いても何の反応もない状態だったそうですが、そういう中で先生自身が自問自答しながら手探りで積み上げてきたそうです。まずは、歌を歌ったり、手を使って軽いリズム体操などをしたり、そういう中で介護度5の方だったのですが、この方は家庭内で嫁、しゅうとの問題でノイローゼぎみになりまして、介護度5と判定された方ですが、その方が当時はかなりしゃべらない、笑顔もない、そういう方だったそうです。その方が、今ではピアノ伴奏をしてリーダー的存在になっておりました。また、ドラム3人のうち2人が痴呆で、トライアングルの方も痴呆でした。しかし、しっかり音を外さず演奏するようになってきているということで、それぞれ眠っている人もいましたし、歌が好きと見えて大きい口をあけて伴奏に合わせて歌ったりしている方もおりました。また、無意識的に手とか指とかいろんな表情をしている方もおりました。いつの間にか私もともに歌を歌ったり、手をたたいたりしてさわやかな気持ちになりました。長い時間社会に貢献してきた方々です。残された余生を一人一人が心豊かに少しでも謳歌できるような人生であってほしいと願わずにはおれません。
 音楽療法は、どんな人でもさまざまな障害を持つ人でも、音楽活動により機能を回復させる療法とも言われております。おなかの底から大声で歌えば、深い呼吸を必要とするための多量の酸素を体内に取り入れ、脳細胞の不活性化を促し、手拍子や楽器の演奏は手や指を使うので、脳への刺激が高まり、また懐かしい曲で青春の輝いた時期を思い起こす。また、記憶や感情の回復にもつながるそうです。実際に音楽療法を実施している医療機関、行政では、そういうこともご認識、ご理解をしていただいていると存じますが、そういう面で今、市として取り組んでいるものに対してもう一歩深めていただきまして、施設関係者の方は今は大変忙しいと思いますので、行政の側から取り組みをしていただけないかと思います。これは、例えば音楽療法士さんに来ていただいて講演をしていただいたり、実際に体験をしていただくような方向性に持っていけるような、そういう取り組みをしていただけないものでしょうか。
 2回目の質問を終わります。

△発言の訂正
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 先ほどのご質問の中で、「土地所有者の意向」ということでお話をさせていただきましたけれども、「土地所有者のご厚意により」ということで訂正をさせていただきます。申しわけございませんでした。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 野外焼却、小型焼却炉についての再質問にお答え申し上げます。

P.154
 ご質問のとおり今まで使用しておりました小型焼却炉等につきまして、ダイオキシンが付着しているという心配はあります。この小型焼却炉につきましては、県がこれから実態調査に入ります。したがって、市内における実態がつかめるものというふうに思っております。小型焼却炉の処分につきましては、それ以後検討していきたいというふうに考えております。
 次に、建設残土の関係でございますけれども、県内市町村で盛り土等の条例を制定している団体、これが平成13年8月現在でございますけれども、市で8団体、町村で26団体、合計34団体でございます。地域的に見ますと、やはり山間部を持っている団体が多いようでございます。
 市として条例を制定する意向はということでございますけれども、先ほどご答弁申し上げましたとおり、土地所有者に対しまして注意を促すなどの方法によって監視を続けていきたいというふうに思っております。早急に条例を制定していくことは、現在考えてございません。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、子供を守る緊急対策の中で保育園でマニュアルの作成の指示は行っているかというご質問でございますが、マニュアル自体はつくっておりません。ただ、県から緊急時の取り扱い対応という形で通知が参っております。細かいものは参っておりますので、先ほど教育委員会さんの方でご答弁ありましたが、保育園につきましても防犯ブザー、メガホン、インターホンなど、こういう機材を各市立保育園あるいは無認可保育施設の方に配布する段階におきまして、その通知にあわせまして趣旨的なものにつきましてはご説明申し上げております。
 2点目のブックスタートについてということで、予算がという形ですけれども、ブックスタートについての福祉サイドの考え方といたしましては、乳幼児に大切な親子の触れ合い、スキンシップという形の中からこういう促進されていく形は、非常に大きいものだと感じております。乳幼児の情緒的安定、こういうものが図られるもので、この情緒的安定は乳幼児が発達していく中で段階的に大きな効果があるものと考えておりますので、このような状況の中から保健センターですとか図書館ですとか児童福祉課というような形での単発でなく、枠を超えまして市として児童福祉の向上という形で一体的に検討させていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。
 それと、音楽療法士の関係につきまして今るるご説明ございましたが、私どもの方でもそのように感じておりますので、ただ現状におきましては平成12年度から介護保険が始まっておりますので、施設側でも非常に多忙となっている実態がございます。こういう中で、行政といたしまして施設側の負担にならないような方法、これを研究いたしまして、先ほどご説明ありました音楽療法の実際ですとか、あるいは音楽療法の視点ということを知っていただく場の設定なども検討しながら、音楽療法の視点の普及に努めてまいりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

P.155
 以上です。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 緊急時の近隣の状況ですが、富士見市では各学校に防犯ブザーの設置、これは小中学校の各先生1校につき10個プラス教室数ですか、それからフェンス、門扉の整備です。大井町では、小中学校に午前と午後警備員の委託、1回ずつですね。それから、防犯ベルの設置です。三芳町では、小中学校に警備員の委託、これも午前と午後の各1回のパトロールの委託でございます。それから、サイレンつき拡声器の設置でございます。
 当市の緊急時のマニュアルについてでございますが、市内全小中学校に事前事後の不審者対応緊急マニュアルの作成を指示いたしました。夏期休暇中にこれは全部できまして、2学期から実施しているところでございます。私立幼稚園につきましては、防犯サイレンつき拡声器の活用のご依頼に参りましたときに理事者と話をしているところでございます。
○福村光泰 議長 高橋順子議員の再々質問を許します。
◆高橋順子 議員 では、再々質問させていただきます。
 子供を守る緊急対策について伺わせていただきました。大変いろいろと心を使ってやっていただいていることがよくわかりました。本当にありがとうございました。近隣においても、安全確保のためにいろいろと対応していただいていることもよくわかりました。ちょっと心配なのは、保育園や幼稚園は年齢的に言って災害や緊急時においては大変困難なことが多々あるように思います。そのほか、子供の集まるような児童センター、保健センター等に対しても対応を考える必要があると思いますが、いかがなものでしょうか。いずれにせよ不幸な事件をでき得る限り未然に防ぐには、日ごろからの保育士や先生方が子供たちに対して語りかけやどうかかわっていくか、また家庭、近隣や地域との連携が大変大切になってくるように思います。予測できない災害が降りかかっている現代、対策に万全を期していただいて、これからもますますそういう面においてはしっかりと目を向けて、私たちは子供を守っていかなければいけないというふうに考えております。よろしくお願いいたします。
 次に、野外焼却のことについてなのですが、使用しない小型焼却炉については、市では回収して処分方法を考えていった方がいいと思うのですが、いかがなものでしょうか。使用しない小型焼却炉がありますと、場所もとりますし、つい使う方もいるのではないかと思うのですが、いかがなものでしょうか。9月以降の実態調査で検討していくということですので、よろしくお願いしたいと思います。
 次に、建設残土についてですが、上福岡市は土地が少ないということはもうわかり切っておりまして、ただ岩槻市のように土地があって広大で、そういう中で土地自体が民間業者だった場合、市も県も何の規制もなかったために起きた事件ということがありましたので、これは上福岡市で建設業者自体が自分の土地所有者で資材置き場に使用している場合については、これはちょっと
P.156
問題があるのではないか。資材置き場だからどんどん置いてもいいのかと、そういう面で市としてはこれから土地所有者の方に対しては、リーフレットを作成して徹底していくようではありますが、そういう面で知らないうちにいつの間にか残土が敷き詰められて実際山ができているところもあります。そういうことにおきましても、ちょっと心配するところがあります。この点に関して、十分市としても管理を徹底していく以外にないのだとは思いますが、私たち住民にとっては近くでそういうことを目の当たりにしますと不安感に襲われることもありますので、市の行政にお願いするしかないのかなと思っておりますので、その辺よろしくお願いしたいと思います。
 ブックスタートに対しては、これは一体的に検討していただくということですので、早いうちにできれば小さいうちに、今問題にされていることが実は小さいときの家庭環境だったり、またそういう読み聞かせ、心の通い合いの一番奥深いところに根があると思うわけでありますので、小さいうちから対処していけることは早いうちに対処していけるような、そのための心をいやすだけではなくて、心をはぐくむ上でブックスタートは重要なかかわり合いを持っていくのではないかと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 また、音楽療法についても前向きに検討していただくということですので、さらに推進の方をよろしくお願いしまして、再々質問を終わります。ありがとうございました。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 小型焼却炉の処分について、市の対応ということでございますけれども、先ほど申し上げましたとおり実態調査後考えてまいりたいというふうに思います。
 それから、個人あるいは会社の所有地内の残土を持ち込んだ場合、残土とか廃棄物ですね。それの対応というご質問ですけれども、個人とか会社所有の敷地であると、残土やその他のものを持ち込んだものをなかなか規制とか難しいものがございます、ご指摘のとおり。しかし、廃棄物等により周辺に異臭を出すというものや土壌の汚染、そういうおそれがあるものにつきましては、現行の埼玉県公害防止条例、これは来年から埼玉県生活環境保全条例というふうに全面改正されますけれども、この中で規制は可能というふうに考えております。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 子供を守る緊急対策の中で、先ほどご説明が保育園という形でご説明申し上げました。言葉足らずで申しわけございません。先ほどの対策につきましては、防犯ブザーからメガホン、こういうものにつきましても保育園、児童館、児童センター、無認可保育施設ということで同じような形の対策をとっておりますので、ご了解いただきたいと思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 高橋順子議員の質問を終了します。
 休憩します。


P.157
   休 憩 午前11時58分
   再 開 午後 1時00分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、高橋行雄議員の質問を許します。
         〔24番高橋行雄議員登壇〕(拍手あり)
◆高橋行雄 議員 議長のお許しをいただきましたので、通告に従い市政に対する一般質問をさせていただきます。通告の順番に質問していきますので、よろしくご答弁のほどお願いします。
 まず初めに、水道料金のコンビニエンスストアによる納付についてであります。電話料金を初めとする公共料金の納付機関については、銀行等の金融機関のほかにコンビニでも取り扱い機関となっています。このことは、利用者の利便性に配慮するとともに企業の収益力を高めるための方策でもあります。一方、市の公共料金というべき水道料金や保育料、あるいは給食費などは従来どおりのやり方で、コンビニでの納付はできません。現代社会において、コンビニは24時間いつでも利用することができますし、取り扱い商品も豊富で、また商品販売のほかにも公共料金や洗濯物の取り扱い、ホテルやチケットの予約等、市民生活に密着したサービスの提供に努めております。現代社会にはなくてはならない存在になってまいりました。そこで、お尋ねいたします。市民の利便性を考えて、水道料金等の請求書にバーコードを印字してコンビニで納付できるように、市民サービスの向上を図る考えがあるのかないのかお尋ねいたします。
 また、水道料金については私が水道審議会の委員の任期中かまたは退任後の平成7年、8年ごろにコンビニを納付場所とすべく当時の職員が研究し、報告書を市長に提出した記憶がありますが、なぜ改善しなかったでしょうか。改善できない理由は何なのかお尋ねいたします。
 総務部長には、税金を除くすべての公共料金をコンビニで取り扱えるよう全庁的に検討するプロジェクトチームをつくる考えがあるのかないのか、お伺いいたします。
 次に、ホームレス対策についてお伺いいたします。ホームレス対策については、13年第1回定例会において五十嵐議員の質疑が福祉的立場から行われておりますので、私は違った立場から質問させていただきます。ご承知のとおり去る8月29日に総務省が発表した完全失業率は5%であります。この数値は、1953年に調査を開始して以来最大の数値となっております。加えて、富士通、ソニー、NEC等の大企業が相次いで大規模なリストラ計画を発表しております。失業者はますます増大するものと予測されております。国においては、雇用問題に本腰を入れて対策が検討されているようですが、その結果が待たれるところでもあります。ただいま申し上げましたとおり、失業者がふえて働きたくても働く場所のない人の一部が路上生活者として生活を余儀なくされております。当市でも、路上生活者は何人か見かけますが、その人たちの生活場所、つまり中央公園等を管理している市の職員の方の対応には限度があります。例えば老人福祉センターで
P.158
この人たちが酒を飲んで暴れ、警察官を呼んだこともありますし、中央公園では既にあずまやを撤去し、身障者トイレは寝床としないようにロープを張って利用できなくしてあります。このほかにも、公共の場所でのトラブルは数多くあります。抜本的な対策が求められるところでありますが、そこでお伺いいたします。現在確認されている路上生活者は何人ほどいるでしょうか。また、この人たちに対する支援策はないのかお伺いいたします。
 私が提案したいのは、市役所、運動公園、老人福祉センター等の路上生活者のいる施設を管理している職員に警察官を加えて、対策を協議する対策協議会を設ける考えがあるかないかお伺いいたします。
 また、これら公共の場所に警察官を巡回してもらうよう東入間警察署に要請する考えはあるかお伺いいたします。今まで市民や職員が被害を受けたという事故がないようですが、事故が起きてからでは遅いので、早急に対策を求めるものです。
 次に、庁舎委員会の活動状況についてお伺いいたします。市政運営の課題を解決し、スムーズな市政運営が行われるよう庁舎内には庁舎検討委員会が数多く設置されております。この中には、効果を上げている委員会もあれば、実際に活動しているかどうかわからない委員会もあります。そこで、これらの五つの内部委員会について、現在どのような活動をしているかをただしたいと思います。まず初めに、行政改革推進本部であります。国では、小泉内閣が構造改革なくして景気回復なしとして、構造改革に強い意欲を見せ、取り組んでおります。我が市でも、国に先駆けて平成13年度を最終年度とする行政改革を実施しておりました。市民、職員の支援、協力があったと思われますが、その効果はどうだったのかお伺いいたします。
 また、14年度以降の改革はどのように行おうとしているのか、そして新たな計画の策定は既に行われているのかお伺いいたします。
 次に、入札契約制度改善検討委員会についてお伺いします。この委員会ができた直後は、幾つかの入札に関する改善が見られましたが、その後この委員会で検討した新たに改善された点があればお伺いいたします。
 また、現在の委員会の活動状況はどうなっているのかもお伺いいたします。
 次に、補助金等調査検討委員会であります。この委員会の検討は既に終了しているものと思われますが、その効果は財政運営にどのように反映されたのかお伺いいたします。
 また、委員会からの答申は議会等に公開されておりますか、お伺いいたします。
 次に、ダイオキシン対策委員会です。ダイオキシン類の排出抑制対策について委員会の対策案について、できておりましたらお知らせください。
 次に、都市計画基本方針職員まちづくり検討委員会です。部会を設けてまで基本方針を策定しようとする大事な委員会だと思いますが、現在までの進捗状況をお知らせください。
 次に、議会答弁にかかわる事務事業の取り組みについてお伺いいたします。ご承知のとおり地
P.159
方自治会は地方公共団体の住民の代表機関であります。議員は、住民の直接選挙によって選出され、住民の意思を十分に反映し、地域住民全体の代表として責任のある意思表示を市議会という意思決定機関において意思の決定を行っております。地方公共団体の長と議会は、機能的には明瞭に分かれておりますが、あくまでも対等の関係にありまして、議会は地方公共団体の基本方針を決定し、首長は執行機関としてさまざまな行政活動を行っております。
 今回の質問は、先ほど申し上げましたとおり我々議員は地域住民の代表として議案、一般質問、請願審議の議事によって執行部の意思の確認を行っております。我々議員の質問に対して、執行部として前向きに取り組むと答弁いただいたものも数多くありますし、また少ないのもあります。ところが、実際は答弁とは裏腹に一向に進捗しないもの、また改善が図れないものが幾つかあるように思われます。例えば繰越金ですが、12年度も相変わらずの不用額を出して7億7,000万余りを13年度に繰り越しております。この点については、毎年多くの議員からも指摘を受けて、改善を約束しながら一向に改める気配がありません。また、私の昨年12月定例会において、法定外普通税の設置について税務課において検討させる旨の答弁をしながら、少なくとも6月定例会までは何一つ研究されていませんでした。これも6月定例会の質問で明らかとなったものでありまして、その後の動きについてはわかりません。また、那須の土地の処分についても那須の管理事務所に電話をかけて確認しただけで、現地に赴いて交渉するという姿勢は残念ながら見受けられません。このほかにも幾つかの約束がありますが、今回はこれらの事項についてではなく、質問に対する答弁者としての姿勢についてお伺いいたします。議員からの質問に対して執行部は、その場だけ切り抜ければよいと思ってあいまいな答弁をしているのか、または市長、部長の答弁に対して課長以下の職員が真剣に取り組む姿勢がないのか、あるいはさまざまな課題があってやれないのか等々いろいろな考え方はあると思いますが、答弁に当たっては答弁者の姿勢について総務部長にお答えいただきたいと思います。
 次に、市長にお伺いします。市長とここ数年に入職した職員との対話についてお伺いします。武藤市長が初当選した年に市長は、課長補佐以下すべての職員と対話をしていたと聞いております。職員との融和を図ると同時に市政に対する提言等の話し合いが行われる、効果のある対話になったと伺っております。職員の対話、これは職員個々の考え方の把握、または市政に対するアイデア等の提供など、対話を通して市政運営に参加が図られる効果が大きいものだと思います。そこで、お伺いしますが、市長と対話が終了した以降の入職された職員についての対話がされたのかどうかお伺いして、第1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、私の方へ何点かご質問がありますので、お答えを申し上げておきたいと思っております。

P.160
 まず、議会答弁にかかわる事務事業の取り組みについてということでご質問がございました。これは、議会においてのご答弁は当然これは議員各位の質問ですとかあるいは指摘、ご意見等いつでもいただいているわけでありますが、皆様方のご意見に対しましてはそのご質問の内容により私、または担当部長が答弁を申し上げているところでありますが、この答弁に当たりましてわかりやすく、そして簡素、そして間違いのないように留意をして発言しているわけでありますが、議員のご指摘のように検討あるいは約束した事項については、議会の終了後に直ちにその内容と担当課における処理方針あるいは処理予定時期を各課から提出させているところであります。なお、その内容をまとめたものを各議会ごとに市の幹部職員に配付しまして、周知徹底を図っていると、こういうことでございます。また、議会において検討、約束をいたしました事項については、その実現を第一にまず考えなければいけないというふうに思っております。
 また、財政的な面も含めて各種調整の時間のかかる事項については、特にご報告の必要がある場合にはその都度経過を行政報告などの機会を踏まえまして、そして皆さんにお伝えしているものでございます。今後にも議員各位のご意見あるいはご指摘等をお願いを申し上げておきたいと思っております。
 続きまして、職員との対話ということで、ここ数年に入職した職員との対話についてということのご質問でございますが、まずこの職員の対話につきましては一応目的を持って実施させていただいております。まず、対話を通しまして職員と市長の考え方を理解してもらうと同時に、市政運営に当たる意識の高揚を図るということがまず第一の目的であります。それから、対話により出された職員の新鮮な発想ですとか、あるいは建設的なアイデアを市政に生かす、これがまた大事なことだろうというふうに思っております。あわせまして、3番目として市長と職員とのコミュニケーションの醸成をする。これは、私が就任した当時、二十数年市長室へ入ったことのないというような職員が実はおりまして、そういうことでは市政運営に大きな支障を来す、そういうことから実は対話を始めたわけでありますが、平成10年4月1日以降入職した全職員を対象に実施をいたしました。これは、特に平成13年5月に5回、これは5月15日、17日、21日、22日、28日と10人前後のグループに分けまして、2時間程度、これは勤務中でありますが、2時間程度市長公室において話し合いをしております。これは、前回の職員との対話は平成9年、質問者が言われましたように係長職以下全員を対象に実施いたしました。これは、平成9年10月から2月までの間、これは41回にわたりまして実施をさせていただいたわけであります。そういう中からフレッシュセブン等の政策集団が生まれたり、あるいは若い職員によるいろいろな発言をいただいた中で市政に生かしているつもりでございます。
 以上であります。
○福村光泰 議長 鈴木水道部長。
         〔鈴木久志水道部長登壇〕

P.161
◎鈴木久志 水道部長 それでは、私の方から水道料金等のコンビニによる納付についてをお答えいたします。
 コンビニエンスストアを利用しての水道料金の納付につきましては、市民の方からも問い合わせが寄せられているところでございます。確かに多様な支払い窓口がある方が便利であることは十分理解をいたしております。そこで、水道部といたしましても費用対効果の面から検討をしてまいりました。さらに、都市環境の面や行政区域内の金融機関の数などから起こってくるニーズの違い等をも含め、2市2町で構成する水道事業研究会においても協議をしてきたところでもございます。一致した方向といたしましては、取り扱い手数料が金融機関に比べ非常に高いということ、さらに導入初年度に必要な環境整備のための費用が多額に上るということ、こういったようなことが導入を困難にしている理由でございます。仮に私どもでコンビニエンスストアでの収納を実施いたしますと、料金業務の電算システム変更やオンラインプログラムの変更、そして公衆回線仕様接続機器の整備とコンビニエンスストアへの委託手数料などで初年度で約1,000万程度の負担増が見込まれます。その後におきましても、委託手数料や専用用紙の印刷等を含めまして毎年約500万円程度の支出が発生をしてまいります。その経費は、当然水道料金に転化をせざるを得ないわけでございます。したがいまして、現状ではコンビニエンスストアでの水道料金の収納を実施するのは困難でございます。しかし、水道料金につきましては土曜、日曜、祝日等、市役所において休日でも収納取り扱いをいたしておりますので、市報等でさらにPRに努めてまいります。
 本日あさひ銀行と大和銀行の合併問題が報じられておりました。大和銀行は、現在私どもでは取引ございませんが、合併が成立しますと収納窓口がふえるわけでございますが、これとは別に取り扱い金融機関をふやしていく方向でお客様の利便性の向上を図ることを検討してまいりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、ホームレス対策についてお答え申し上げます。
 埼玉県内におきますホームレスの現況でございますが、平成13年2月の埼玉県健康福祉政策課の方の資料から見ますと、県内617名のホームレスの方がおいでになります。特にホームレスの多い市は、さいたま市127名、戸田市90名、川口市74名ということで非常に多くなっております。上福岡市におきましては、公園や道路を管理しております担当課からの情報によりますと、13年8月末日の現時点では公園に5名、橋梁下に2名、合計7名のホームレスが把握されている状況でございます。
 さて、こうしたホームレスの方々への対策につきましてでございますが、県内のホームレスが多い市に問い合わせいたしましたところ、さいたま市におきましては道路管理担当課、公園管理
P.162
担当課、警察、県の土木事務所などでホームレス対策協議会が年一、二回開催されている状況でございます。会議の内容でございますけれども、ホームレスの人員の把握、そういうような形の情報収集が主なものでございます。具体的な対策はとっていないとのことでございます。また、西部地区におきましてはホームレスの人数の多い川越市、所沢市、狭山市においても、公共施設及び道路の管理担当関連課におきましてホームレスの数の確認程度でございます。上福岡市におきましては、現状では公園や道路課担当と連携いたしまして、数の状況把握程度の状況でございます。しかし、ホームレスの方々の先ほどのご質問にありました失業ですとかいろんな形からいきますと、ホームレスの方々がみずからの意思で自立して生活できるような支援というものが大切になってくると思われます。このような状態の中で、西部の地区でつくっております西部広域、この中で路上生活者のための総合的な相談、自立支援体制の樹立及び必要な施設の建設について県の方に要望しております。
 先ほどご質問の中で出てきておりました老人福祉センター内での問題でございますが、こういう事実はございます。そのような場合におきまして、前回の場合においては警察の協力を得まして退去していただいたというような形でございます。老人福祉センターにおきましては、利用制限という形のもので、利用者に迷惑かかるような形でのお客様につきましては制限を加えるという形をとっております。ここのとり方につきましては、前回のご質問のあった事件が起きてからはマニュアルをつくりまして、施設側で対応しております。それとあわせまして、警察に対しましては連絡調整を行いまして、施設に対する制限を加えたときに威嚇的な部分が生じた段階においては、110番通報により即対応するという形で警察の方と調整をしております。また、夜間の駐車場の問題ですとか、そういう部分につきまして不法なものがございますので、警察の方に夜間パトロールなどの点について7時から9時までの間にお願いしたいとかという部分でも警察の方の要請は行っております。ご質問の中にありました昼間の巡回という形のものでございますが、警察の方に依頼したいと思っております。
 それにあわせまして、ホームレス対策協議会の設置についてというご質問でございますけれども、現状におきまして都市計画課、道路課、福祉課などの行政内部で情報交換などを行いながら設置に向けて対応、これを検討していきたいというふうに考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 庁内委員会の活動状況ということで、私どもの方の上福岡市ダイオキシン対策検討委員会についてお答え申し上げます。
 この委員会は、平成9年12月に設置要綱を制定いたしまして、平成10年2月から6回の会議を開催いたしました。この間、ダイオキシンの土壌調査や母乳調査といったことの可否についてを
P.163
主に勉強会や検討をしてまいりました。その後平成11年11月に、ダイオキシンを少なくするためにはごみを出さない、燃やさない、そういったことをテーマに各課の職員が自主的に集まってダイオキシン対策検討委員会作業部会として発足し、公共施設でのごみ減量施策を打ち出してきたものであります。この作業部会が平成12年2月に打ち出した内容でございますけれども、7項目あります。文書の作成に当たっては、外部文書以外必ず両面を使用する。次に、昼食時に使用する割りばしを使用しないで自前のはしを使用する。次に、昼休みの事務室、トイレ等の消灯とエレベーター、自動ドアの利用制限。次に、各課にごみ及び資源の分別回収箱を設置し、分別を徹底する。次に、廃棄文書や日常の不要文書については、シュレッダーにかけた後再生トイレットペーパーとして利用する。次に、庁舎、上福岡公民館、上野台保育園の生ごみについては、生ごみ処理機で処理し、肥料として再利用する。次に、グリーン購入ネットワークに加入し、事務用品等はグリーン購入に率先して取り組むという7項目でございます。これらを作業部会から提案があり、検討委員会で決定をいたしまして、全庁的に通達ということで周知してございます。ただ、この中で完全に全庁的にコンセンサスが得られていない部分も確かにございまして、そういったものはもっと強く打ち出していきたいと、進めていきたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 庁内委員会の活動状況につきましてお答えをさせていただきます。
 上福岡市都市計画基本方針作成につきましては、庁内プロジェクトチームとご質問の職員まちづくり検討会議を設置しておるところでございます。プロジェクトチームの役割といたしましては、基本方針の素案に対して事務レベルでの調整検討をしていただき、職員まちづくり会議につきましては、庁内プロジェクトチームからの案に基づき庁内全体の立場から庁内検討会議をさせていただいております。市民まちづくり会議への上程をする組織といたしまして、現在実施しているところでございます。内容につきましては、都市計画の基本方針の全体構想、それから現状と課題の整理及び将来都市像、地域別構想について現在検討、作成をしているところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問に順次お答え申し上げます。
 まず、税金を除く公共料金のコンビニ納付の関係でございますが、いわゆる公金の納付ということになるかと思うのですけれども、公金はその性格から取り扱い上の責任を明確にして公正の確保を期することが要求されますので、私人に公金を取り扱わせることは原則として禁じられているのはご承知のとおりだと思うのですけれども、使用料、手数料等については私人に取り扱わ
P.164
せることが適当の場合があるということで、委託することができることとされております。しかしながら、先ほど水道部長からもお答え申し上げたと思うのですけれども、徴収委託料の問題ですとか、あるいは公金を取り扱う権限につきましては出納委員、その他の会計職員を置くというような規定もありますことから、これにつきましては検討委員会もつくるというお話もございましたが、それも含めまして今後の研究課題とさせていただければと思っております。
 続きまして、庁内検討委員会の活動状況について順次お答え申し上げます。まず、上福岡市行政改革推進本部の関係でございます。その中で、これまでの成果ということでご質問いただいたと思うのですけれども、まずこれにつきましては12年度分までの実施状況の取りまとめは終わったところでございまして、12年度までの個別改革事項の4年間の成果についてお答え申し上げますと、総件数315件のうち299件達成いたしまして、当初の改革事項の94.9%達成した状況でございます。続きまして、平成14年度以降の実施計画策定の関係でございますが、新たな個別改革事項の策定につきましては、これは既に設置しておりますが、庁内課長職で組織いたします行政改革検討委員会のもとに新たな係長職で構成しますプロジェクトチームを設置いたしまして、現在の個別改革事項の実施状況や実績、問題点を整理するとともに、最前線で実務を行う立場からの詳細な検討を加えまして原案を作成していきたいと思っているところでございます。その後市民参加のもとで設置しております行政改革懇談会のご意見を伺い、反映させながら今年度末には行政改革推進本部で最終決定をしていきたいと思っておるところでございます。
 続きまして、入札契約制度改善検討委員会のご質問について、当初の改善事項とその後の状況についてというご質問だと思うのですけれども、もともと上福岡市入札契約制度改善委員会は市が発注する建設工事等の公正かつ適正な入札及び契約の制度を確保するため、平成11年4月に要綱を制定して発足したものでございまして、平成11年度におきましては地元企業の指名について、それから現場説明会について、それから低入札価格調査制度、意向確認反映型指名競争入札について当時検討したところでございます。この結果、地元企業の指名につきましては、平成11年12月18日付で上福岡市小規模修理修繕希望者登録要領を施行いたしまして、現場説明会につきましては12年4月1日付でこの説明会を廃止する通知を行ったところでございます。なお、低入札価格調査制度、意向確認反映型指名競争入札につきましては、引き続き検討するというふうにした次第でございます。平成12年度におきましては、市税滞納者の今後の指名についてなど5項目を検討いたしまして、その結果市税滞納者の今後の指名に関しては平成13年、14年度の入札参加資格申請の受け付け時から納税証明書の添付を義務づけたところでございます。今年度、平成14年度におきましては既に2回開催いたしまして、工事請負約款、土木設計業務約款の庁内統一書式化について、それから新入札方式、抽せん方式等について検討しておるところでございます。
 それから、上福岡市補助金等庁内検討委員会の関係のご質問ですけれども、中間報告についてでございますが、中間報告、これは補助金の検討について中間答申というものでございますが、
P.165
庁内検討委員会の委員長から市長あてに平成11年11月10日付で中間答申をいたしたところでございますので、議会に対してはご報告は申し上げてないという状況でございます。
 それから、この検討結果でどの程度財政運営に寄与したかということだと思うのですけれども、この中で廃止した補助金が3件ほどございまして、この3件について財政運営に寄与したものと思われます。
 以上、ご質問にお答え申し上げました。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の再質問を許します。
◆高橋行雄 議員 まず最初から聞いていきますけれども、水道料金のこれ手数料が高いということですか。教えてください。1件当たりどのぐらいの手数料、200円ぐらいかな、これをコンビニでやった場合は。もっと取られるのかな。手数料高いと言ったのだけれども、1件当たり。あれは金額関係ないと思うのですね、水道料、1,000円払おうが2,000円払おうが手数料は同じだと思うのです。銀行口座と同じだと思うのだ。それが高いという理由であるから、1件200円ぐらいするのかなと思ったので、それを教えてください。
 それから、毎年500万ぐらいかかって、最初は1,000万ぐらいかかると。非常に金かかるので、上福岡市みたいな小さなところではなかなか採算合わないのかもしれないね、人口も少ないし。それから、川越市あたりみたいな大きな市だったら合うかもわからないけれども。でも、この未納者、全部銀行振替ではないと思うのです。7割か7割5分ぐらいではないかですか。あとの人は何らかの形であれしていると思うのです。集金に行ったり振り込んでもらったり、来てもらったり、いろんな形でやっていると思うのだけれども、日曜日等、土曜日等もそういう納金ができるというのを市報ではなくして、こういう人に水道料金が滞っていますよというはがきか手紙か何か出すときにそれを教えてあげた方がいいと思うのです。広報だけでは見落としてしまうのです。それが自分の名前に直接そういうことが入った催促の袋ならば、日曜日でも土曜日でも自分が休みのとき、あるいはまた土、日が仕事で月曜日休む人も、では水道部へ行って払うとか、何かの形で来てもらって払ってもらうような形で、大体今銀行振替は何割ぐらいなのか、それと未納者もやっぱりこういう今のような時節柄水は使わなければいけないけれども、料金はなかなか難しいと、そういう人もいると思うので、それはどのぐらいいるか教えてください。
 それから、ホームレスのことですけれども、私は別に人数を余り聞いているのではなくて、さっきも言っていましたけれども、老人センターでお金を払って市外の人だったら300円払えばあそこに入れて、お金持っていればお酒も飲めるわけです。そこで暴れて警察ざたになったと。今は本当に夜だってその辺暗やみのところを歩くのが怖いような時代になったと言ってはおかしいかもしれないけれども、そういう時代なのです。あそこにも、さっきの人たちは子供さんの緊急対策やっていましたけれども、あそこは子供さんと同じように年齢の高い、体力のないと言っては失礼かもわからないけれども、そういう人たちのところなのです。そういうところをやっぱり
P.166
来てけがでもさせたら大変だと思うのです。ですから、さっきも答弁ありましたけれども、入間警察と話し合ってみて、それで毎日でなくたっていいから、週1回でも、午前中に1回とか午後から1回ちょっと来てもらって、異状ありませんかというぐらいのあれで、中まで入ってくることないですから。それから、老人ホームだけではなくして、まだ公共施設のそこのフクトピアのあたりだとかその辺を巡回してもらえるように、それでなくてもきのうのだれかの質問で1年間に、23番の人の質問だそうですけれども、千何百件もそういう事故が起きている時代ですので、警察の数も少ないかもしれないけれども、ぜひそれをお願いしたいと思うのです。
 それから、庁舎内の検討委員会ですけれども、ここに書いた4番目のダイオキシン、ここの検討委員会は私は最高に頑張っていると思うのです。今ごみ減量という問題で、このダイオキシンだけではなくして、分別もそうでしょうけれども、こういうことでこの検討委員会は本当に最高に機能していると思うのです。大変ご苦労さまだと思うのです。先ほど聞いてみましたけれども、余りやっていないところもあるね、一々言わないけれども。あとの四つはもう少し頑張ってもらいたいと思うのです。せっかくつくった、議員から言われてつくったのではないと思うのです、補助金等検討委員会。それで中間答申で3件、財政に寄与したというのだけれども、この検討委員会の委員は職員なのか、外部と言っては悪いけれども、市民の人を入れてつくった検討委員会なのか。3件の何々と言わなくたっていいから、金額は3件でどのぐらいだったのか、それだけ教えてもらいたいと思います。
 それから、議会答弁、市長から答弁がありましたけれども、これやっぱり私だけではないのです。と思うのですよ、みんなからそういうふうに聞くことありますので。検討するとかやりますとかと言ったら、やっぱりそれは何カ月に一遍か報告するなり、質問者にだけでもいいからやってくる。やっているのだかやっていないのだか、さっぱりわからない。私も具体的に言っていいかどうかわからないけれども、一般質問したらそれをやりますよという答弁もらったのです。地元へ行ってそれを説明したのです、来年度やるというから。そうしたら、来年度やらないのです。何でと言ったら、そんなのやらない、あれがないから、規則も何にもない、条例もない。またそこへ代案があがってきましたよ。そういうことがあるから、やると言ったらきちんとやってもらいたいと思うのです。そこだけは答弁要りませんから、文句だけ言って終わります。
 それから、市長との対話、私がとやかく言うことではないかもしれませんけれども、やっぱり職員と市長とのこういう対話というのは大事だろうというふうに思うので、余計なこととは思いながら一般質問させてもらって、そういうふうにしてやっているということですので、続けていってもらいたいなということをこれは要望しておきます。
 これで2回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、再質問にお答え申し上げます。

P.167
 上福岡市補助金等庁内検討委員会でございますが、この構成メンバーでございますが、この委員会につきましては次長、課長職で構成されまして、さらに係長相当職で構成される作業部会も設置されておるところでございます。
 なお、市民がメンバーに入っているかということでございますが、あくまでもこれ庁内検討委員会でございますので、市民は入っておりません。
 それから、補助金の3件の合計額ということでございますが、合計97万円でございました。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 鈴木水道部長。
◎鈴木久志 水道部長 それでは、私の方からコンビニエンスストアの実施した場合の委託料の1件当たりの金額はどのぐらいになるかということでございますが、私の方で現在いろいろ収納を取り扱う会社があるわけでございますが、あさひ銀行さん系列のファイナンスで今私の方で調査しましたが、現時点でやる場合については今いただいているお答えは52円と。ただ、これも入札方式で私の方は考えておりますから、これよりも安くなる可能性もあるかもしれませんが、一方他市で実施しているところでは55円、それから60円近くもございます。
 それから、私どもの口座振替の率でございますが、現在においては72.6%の口座振替をご利用していただいております。今後これも向上も図っていきたいと考えてございます。
 それから、市報等に掲載しても1回だけでは見落とすということもございます。確かにそれはおっしゃるとおりでございます。私1回目の答弁で市報等と、その等の内容は今研究しておりますけれども、例えば検針票、これは2カ月に1回検針した後に入れます。その裏面を利用して、そこにこの辺のPRを少しきちんとしていきたい、このように考えてございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 ホームレス関係で、それではご質問の中にもありましたとおりやはり事故が起きてからでは遅いという形でございますので、老人福祉センターの方につきまして警察官の巡回につきまして、早急に警察と協議させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の再々質問を許します。
◆高橋行雄 議員 ありがとうございました。
 水道料金もそういう検針の裏面を使うとか何かしてやってもらいたいと思うのです。
 それから、ホームレスの件も今答弁があったようにぜひお願いしたいと思います。
 庁舎内もそれなりに検討はしていると思いますけれども、もっと機能発揮できるように頑張ってもらいたいと思います。
 以上で私の質問を終了いたします。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員の質問を終了します。

P.168
 休憩します。

   休 憩 午後1時48分
   再 開 午後2時00分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、鈴木啓太郎議員の質問を許します。
         〔7番鈴木啓太郎議員登壇〕
◆鈴木啓太郎 議員 それでは、一般質問させていただきます。
 まず、一番最初に上野台団地の建て替えに伴う野外音楽堂の建設という問題についてです。ここでの質問の趣旨は、この上野台団地の建て替えというふうなことに伴って、これが住宅市街地整備総合支援事業の計画の中で大きな公園をつくると。その中にできるだけ上福岡の顔となるような、そして若者がたくさん集えるようなものをつくりたいという市長のこの前の説明というふうなことを聞いていまして、必ずしもそれに反対するとか異を唱えるというふうなものではありません。むしろそういうふうな施策を進めていくに当たって、留意すべき点があるのではないか、あるいはまたその考え方について十分な議論を行っていくべきだという視点から、こういう質問をしていきたいというふうに思います。といいますのは、今回この上野台団地の建て替えに先立ってというか、政策検討会議の方に市長が行った答申、課題を与えたというふうなことの内容については、若者が集まりやすい、括弧して住みやすい環境づくりというような課題を与えられたというふうに伺っております。その場合、要するに集まりやすいということと住みやすいということが両立するというのは、一体どういう考え方によるものなのか、その趣旨は本当に重なり合うものなのだろうかと、この辺についてぜひ市長の考えをお聞きしたいと思いまして、この質問を提出させていただきました。
 そして、音楽堂の建設というふうなことはどちらを一体意図しているものなのか、教えていただきたいというふうに思います。
 あとは事務的な質問ということになるかもしれませんが、仮にこうした中央公園に音楽堂をつくるというふうなことが成立した場合、幾つかのことが懸念されます。まずは、騒音対策ということです。現在幾つかあそこの中央公園で行われるイベントで音を出すものが行われています。七夕まつりとか花見の時期のカラオケとか、私も近所に住んでいたことがありますので、その騒音というふうなことはある意味では住民の中では非常に大きな問題になろうかとも思います。そして、実際に若者が集うというふうなことを目標にしていきますと、これは必ずしもこの周辺でというふうなことでなくて、都内のそういうイベント施設があるところでの問題ということになりますけれども、ごみの対策、落書きの対策というふうなことが必要になってきています。そう
P.169
いうことについて、どんなふうに考えられてこの野外音楽堂というふうなことを構想されているのか、この辺について聞かせていただきたいというふうに思います。
 それから、もう少しこれは音楽堂ということに限らず、上野台団地建て替えに伴って公園づくりを進めていくというふうなことですので、これまで4丁目の公園であるとか、さまざまなこれまでの公園づくりの中で、ワークショップによる市民参加というふうなことがさまざまな形をとりながらでも行われてきました。今回この市民参加というものをどのように行っていく計画であるか、この点について示していただきたいというふうに思います。
 次に、たばこ対策ということについてです。この問題については、何度か質問をさせていただいておりますけれども、大変難しい問題ではあるというふうに思いますけれども、特に市役所の中で職員の方が職務時間中に自分の席を離れて喫煙所に行ってたばこを吸うというのがたびたび見受けられます。これは、もう残念ながら議論の余地のない問題なのではないかというふうに思うのですが、職務専念義務違反としか言えないのではないか、こういう観点に立って問題を考えてみるべきではないかというふうに思うのですが、この点いかがでしょうか。
 そして、職員の方の健康の保持、それからそれは市民のというふうなことでもあるのですけれども、健康の保持、全体的な医療費の削減というふうなことのために、市役所の中から率先して禁煙を奨励するような雰囲気をつくっていただきたい。その中に職場内の検討委員会を設けていくというふうなことを考えるべきではないかというふうに思うのですが、この点いかがでしょうか。
 それから、市庁舎の中の分煙制の問題なのですが、受動喫煙というふうなことが大変問題になっています。特に妊婦の方、お子さん、そうした方が特に出入りする場所で、どうもたばこの煙が煙たいというふうな現状は何とか取り除いていただきたいという声が非常に強いです。特に1階のロビーや階段の踊り場、これはこちらの本庁舎もそうですけれども、第2庁舎の方でも同じような状況があるのではないかというふうに思います。ここからはこうした喫煙所を撤去すべきだと思いますが、いかがでしょうか。どうも分煙器を使っているところもあるのですが、それでもかなり強い刺激を受けるというような感じがいたします。分煙器の性能に問題はないのか、この点についてご返答をお願いしたいというふうに思います。
 それから、3点目です。ただいま先輩高橋議員の質問の中でありましたごみの減量問題を担当している市役所の職場プロジェクト、これはダイオキシン検討委員会の作業部会ということなのですけれども、非常によくやっているというふうに今発言があったと思います。私もそう思います。しかし、もうちょっとその点をさらに進めていただきたいという観点に立って質問をいたします。当初分別を進めていたというところまでは動きはきちんと見えていたのですが、こういう問題というのは、これもたばこと同じようにというふうにも言えると思うのですが、習慣の問題でもあります。絶えず意識を啓発し、絶えずやっぱりそのことを問題を取り上げていかないと、
P.170
なかなか解決していかないというようなことでもあります。どうも動きがとまっているように見えるのですけれども、その現状はどうなっているのか、現在どういうことを課題としているのかお聞かせいただきたいというふうに思います。
 特に先ほどの発言の中では方針を示されたようですが、改めてグリーン購入の推進策や市役所からのごみ減量策をより積極的に打ち出していくべきではないかというふうに思うのですが、この点お考えがありましたらお聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、総合的学習というふうなことについてです。来年度から総合的学習が新指導要領に従いまして本格的な導入ということになります。小学生で105から110時間、さらに中学生で130時間というふうなことで総合的学習の時間が行われていくと。これは、今の試験的な導入の段階よりもかなり大幅に増強されるというふうに思うのですが、これについて教育委員会がどのような方針で臨んでいるのかということがどうにも見えない。さきにいただいています教育行政の重点施策というような教育委員会からの報告書の中にも、この総合的学習をどんなふうに行っていくのかというふうなところの内容がどうも見えない。ここをぜひきちんと示していただきたいというふうなことから、この今の試験的な導入に対する現状評価と今後の対策はどういうことかということについて示していただきたいというふうに思います。
 最後は、情報公開の問題です。行政の附属機関等での情報公開というふうなことが進んで、さまざまに問題も出てきているというふうには思うのですけれども、先ほど上福岡市の会議の公開に対する指針というふうな内容が改められました。この内容を見ると、ちょっとこれが本当に情報公開と言えるのかというような内容がどうも中にはあらわれてくるように思います。特に会議の公開の基準というふうなことについて、附属機関等の会議は原則として公開するということを明確に打ち出しながら、要するに例えば会議開催中の入室は原則として認めないとかというような内容がそこの中に入ってくるわけなのです。さまざまな制限がそこにつけ加えられてしまう。この議会でも公開されていると、傍聴は非常に自由にできるということでなければ、原則公開とは言えないと思います。原則公開というのは、一体どういうことを原則公開として考えていらっしゃるのか、この辺を明確に示した上でこの指針の取り扱いについての方針、どういうふうなお考えなのか明らかにしていただきたいというふうに思います。
 以上で1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問に順次お答えを申し上げます。
 まず、上野台団地建て替え、野外音楽堂、若者が集うまちとはどういうことかと、若者が住みやすいまちと集う、イベント等の企画とは趣旨が違うのではないかというような内容のご質問だと思いますが、若者が集うまちとはどういうことかとの質問ですが、少子高齢社会が急速に進行
P.171
していく中で若者を主体としたまちづくりを考えていくことは、これからの市政運営を進めていく中で大変重要な課題であると認識しております。まちに若者がふえることによって、若者により消費行動による経済効果はもとより、エネルギッシュで明るく活力のある生活空間が演出でき、結果として活力と魅力のあるまちづくりが図られてくるものと考えております。そこで、平成12年度政策検討会議において若者が集まりやすい、住みやすい環境づくりをテーマに、大学生などの若者に若者から見た上福岡市に対するイメージを調査いたしましたところ、情報の発信がなく、市のイメージが全くわかない、魅力を感じるような施設や店舗がない、スポーツとあわせて音楽活動ができる施設があれば若者が集まりやすいなどの意見が出されまして、現状分析の結果、若者の集う音楽を主体としたまちづくりを施策の基本コンセプトといたしまして、野外音楽堂建設を視野に入れたイベント開催の提言をいただいたところでございます。
 そこで、ご質問の住みやすいまちと集うとは趣旨が違うのではないかということでございますが、このようなイベント開催で一時的に若者を集客できても、直ちに定住化に結びつくとは考えておりませんが、若者が集まりやすい環境づくりをすることによって上福岡市のソフト、ハード両面においてまちの魅力を再発見していただきまして、若者が日常生活圏として当市を見ていただくことによって、将来的に定住化へとつながっていくことを期待しているところでございます。
 また、この野外音楽堂は現在まだあくまでも全くの構想段階でございますので、その規模や機能については申し上げる段階にないと思われますので、ご了承賜りたいと存じます。
 続きまして、具体的に中央公園に野外音楽堂をつくるとして騒音対策、ごみ対策、落書きはどうするかということでございますが、野外音楽堂の性質上、演奏することから音の拡散が予想されること、また設置場所が住居系に隣接していますことから、設置に当たっては騒音対策等については十分配慮していくことは当然のことと認識をしておるところでございます。
 続きまして、たばこ対策について順次お答えを申し上げます。まず、職員が勤務時間中にたばこを吸っていることについてでございますが、職員の勤務時間中の喫煙につきましては、平成6年11月から庁舎内に喫煙場所を設置し、分煙を実施しております。また、喫煙場所において喫煙する場合は、喫煙者以外の方などから誤解を招くことのないよう執務上支障のない範囲内とし、喫煙者は常に節煙を心がけることとする内容の通達を職員あてに出しております。今後もこの通達の趣旨を職員に周知徹底してまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りたいと存じます。
 続きまして、健康保持と医療費削減のために、市役所から禁煙を奨励する委員会をつくるべきではないかというご質問でございますが、さきに述べました分煙につきましては、職員の健康保持、それから増進及び良好な執務環境の保持を図ることを目的としております。また、分煙を実施するに当たりましては、上福岡市職員安全衛生管理規定に基づく衛生委員会がきっかけとなった経緯がございます。禁煙を奨励する職場委員会をつくるべきではないかというご指摘でございますが、この衛生委員会の中で喫煙対策を講じてまいりたいと考えておる次第でございます。

P.172
 続きまして、たばこ対策のうち受動喫煙対策、みずからの意思とは関係なくたばこの煙を吸引することに関する対策についてのご質問にお答えを申し上げます。庁舎内の喫煙所につきましては、本庁舎におきましては地下1階に1カ所、それから1階に1カ所、2階に2カ所、3階に2カ所、4階に1カ所、5階に2カ所の計9カ所、また第2庁舎におきましては1階に1カ所、2階に1カ所、3階に1カ所の計3カ所設置しております。このうち、ご質問の2階踊り場の喫煙場所につきましては、同一フロアに2カ所の喫煙所がありますことから、3階、それから5階の踊り場における喫煙所とあわせて今後撤去する方向で検討したいと存じます。また、本庁舎1階のロビーにつきましては、本年度において市民ギャラリーを拡充する予定がございますので、これとあわせ、また来庁者のニーズを的確に把握することに努めながら効果的な分煙対策を講じてまいりたいと存じます。それから、第2庁舎各階の喫煙場所につきましては、設置場所、設置する分煙器の種類等をさらに精査いたしまして、より効果的な分煙対策に努めてまいりたいと存じます。
 次に、分煙器の性能についてのご質問でございますが、喫煙場所の形状や広さ等を勘案した結果、最も効果的と思われる分煙器を設置いたしたところでございます。なお、建築物における衛生的環境の確保に関する法律、一般的にこれビル管理法と呼ばれる法律でございますが、これに定められている環境基準につきまして、2カ月に1度環境測定を実施しているところでありますが、浮遊粉じん濃度及び一酸化炭素濃度につきましては、いずれも基準を十分クリアしているところでございます。したがいまして、性能上は問題ないものと考えておるところでございます。
 続きまして、情報公開についてのご質問にお答え申し上げます。会議の公開の趣旨は、市政に関する意思形成過程に重要な役割、機能を有する附属機関等の会議について審議状況を明らかにすることによりまして、会議運営の公正性の確保や住民参加による市政を推進することにありまして、平成12年3月9日会議の公開に関する指針を依命通達いたしまして、平成12年4月1日から実施しているところでございます。
 さらに、会議の公開を推進するために会議の公開を実施いたしましておおむね1年が経過いたしました。この2月に指針の見直しについて各課の意見を照会いたしたところでございます。そこでの意見を踏まえまして、6月末に依命通達でご指摘のように傍聴者に会議資料を配付するですとか、あるいは傍聴受け付けを会議開催予定時刻までとすることを内容とする会議の公開に関する指針の一部変更を行ったところでございます。
 また、あわせて指針の一部変更に伴う運用上の留意点につきましても各課に通知したところでございますが、会議公開に関する指針の中で会議の公開を規定しております趣旨は、会議公開の基準に照らし、情報公開条例の非公開事項を審議する場合など、原則公開の例外として非公開とする会議以外はすべて公開とするということでございます。ご質問の会議開催中の入室の件につきましては、指針の運用の中で原則として認めないという表現をいたしましたことからご指摘を
P.173
いただいているところでございますが、原則として認めないというふうにした規定は、指針の改正時点での各課の意見に基づきまして会議運営上、会議途中の入室による会議運営の支障を考慮したものでありまして、公開対象となるすべての会議について一律に制限するという趣旨ではございませんので、この点につきましてはご了承いただきたいと存じます。
 なお、今後も会議の公開の趣旨に沿った指針の運用を徹底していく所存でございますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 上野台団地建て替えに伴います公園づくりについてお答えをさせていただきます。
 上野台団地の建て替えにあわせて福岡中央公園の拡充整備を行う計画がありますが、市といたしましては、都市公園として市の顔となるふさわしい公園として整備をしたいと考えておりますが、この公園につきましては地域の公園と違い、都市公園としての基本的な施設部分を除いた部分につきまして市民の意見、要望を取り入れさせていただきたいということで考えていきたいと思っておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私の方からダイオキシン対策検討委員会の作業部会の関連のご質問にお答え申し上げます。
 この作業部会は、確かに12年の12月ですか、提案なされてから以後ちょっと活動がとまっておりますけれども、先月の8月末に会議を開催いたしまして、ここで環境に配慮した製品の購入、いわゆるグリーン購入の推進方針案を打ち出しました。さきの平成12年2月に方針としてグリーン購入ネットワークに加入し、事務用品等はグリーン購入に率先して取り組むということで決められましたけれども、ネットワークには加入いたしましたけれども、その先が進んでいないということで、具体的な方針として上福岡市グリーン購入推進方針案ということでございます。この案は、前文を設けてありまして、市として市民や事業者などに率先してグリーン購入に取り組もうと、そういう意気込みが感じられるものでございます。
 また、より積極的な市役所のごみ減量策を打ち出すべきではないかとのご質問でございますけれども、前回のダイオキシン対策作業部会では庁舎等の公共施設の省エネ対策を今後研究していくことを確認しております。この省エネ対策を試みることで市役所としての地球温暖化防止策を考えてみたいというふうに思っております。このプロジェクトの課題でございますけれども、市
P.174
役所のごみ対策、省エネ対策などは環境課だけの課題ではございませんので、今後も関係各課へその役割分担も含めて一緒に議論していく必要があるというふうに思っております。この作業部会の中でも、作業部会員からいろいろ苦労してつくり上げるけれども、全庁的になかなかならないという部分について大変苦情が出ておりました。我々も大いに反省しているところであります。ダイオキシン対策検討委員会は、平成9年12月に設置されて、その後この委員会に職員の自主的参加によって平成11年11月に作業部会を設置して、ごみを出さない、燃やさないということを主題にいろいろと対策を図ってまいりました。今回この上福岡市グリーン購入推進方針案を今度検討委員会の方に報告いたします。ここで重要なことは、方針決定後の進行管理でございます。このようなことを含めまして、今後このダイオキシン対策検討委員会のあり方も検討していく必要があるというふうに考えております。その時代に即した組織として再編成していきたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 平成14年度から完全実施いたします総合的学習の時間についてお答えいたします。
 本市では、平成11年度から学校長を委員長とする教育課程研究委員会を組織し、総合的学習の時間について研究を進めてまいりました。現在移行期間が始まった平成12年度に地域指導協力者制度を立ち上げまして、指導者の授業参加により現在の学科の中で国際理解、情報関係、環境関係、福祉関係、健康教育等を全小中学校で総合的な学習の時間に取り組んでまいっております。各学校の現在の課題といたしましては、児童生徒に対する個に応じた支援のあり方、教員の意識改革、地域の協力者をどう生かしていくか、また児童生徒の成績の評価のあり方と評価の方法等であります。これらの課題解決のために教育委員会といたしましては、研修や授業の場に指導主事等を派遣いたしまして、今まで学校に支援してまいっておるところでございます。平成14年の予定でございますが、小学校では105時間、中学校では70から130時間の総合的な学習の時間が実施されます。また、地域指導協力者の活動も大変活発になると思いますので、それなりの支援をしていかざるを得ないと思っています。教育委員会といたしましては、各学校の特色を生かした総合的な学習の時間が円滑に実施できるよう各学校の要望を把握いたしまして、可能な限り支援を行うとともに、地域指導協力者制度の充実や教員の指導力の向上に努めてまいりたいと考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員の再質問を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 上野台団地の建て替えの問題については、これは内容が構想であるということは当然承知しておりまして、しかもこの構想については市長の方からいろんなところでこの内
P.175
容が提案されているし、具体的に上野台の団地の建て替えというふうに私たちにも示された図面の中に、かなり規模のはっきりした、座席数までたしか書き込まれていたのではないですかね。野外音楽堂というのが入っているわけです。それの考え方について、別にその席数が300がいいのか600がいいのかという議論をしたいのではなくて、考え方がどうなのかということについて、ぜひ市長の考えを聞きたいというふうなのが私の質問の趣旨であったのですけれども、残念ながらこれについては答えていただけないのでしょうか。
 それから、その場合にどうも施策としては若者をたくさん集まりやすいものにしたいと、そういうふうなこと、活況をこのまちの中に生み出していきたいというふうな姿勢であるということはよくわかりました。その内容は、非常に私も当然同意できることであるというふうに思います。ただし、そこをやはり公にぜひ議論し、この内容をよりよいものにしていくというような姿勢を持っていただきたいというふうに私は思います。
 その中で、心配されるというふうなことの中で先ほど騒音対策とごみ対策というふうなこと、落書きというふうなことを申し上げたのですが、例えば今回環境・都市常任委員会の方で既に、この本会議にも出されてくると思いますが、葬祭場の問題をめぐる請願の中では、駐車場がなく、渋滞を引き起こす可能性があるというふうなことも重要な懸念の材料というふうになっています。野外音楽堂がそういうふうなことにならないのかということも、同じように地域の問題になるのではないかというふうに思うのですけれども、この点はいかがでしょうか。そうしたことをできるだけ解決して、議論して解決してそういう要するに上福岡市の顔づくりというふうなことに結びつけていくべきだというふうに思います。そういう意味では、最初から期間的なものはあらかじめ排除して、市民の意見を聞くとかというふうに言わないで、できるだけ胸を開いて要するに議論をしていくというふうにした方が僕はいいのではないかなというふうに、よりそのものになるのではないかなというふうに思うのですけれども、その場合市民のそれでも意見を聞くというお話でした。方法や手段はどんなことを考えておられるのか、この点についてお答えをお願いしたいというふうに思います。
 それから、たばこ対策です。不必要なというか、誤解を招くような、喫煙者の方はなかなか大変でしょうけれども、そういう部分の喫煙所は撤去していくというのは妥当なところだというふうに思います。その上で、ただし、もちろん僕もかつては喫煙をしていましたから、十分理解はできますし、習慣性であったり、中毒性のある物質ですから、そう簡単に断ち切れるものではないというふうなことも当然あると思います。そういうものに対して、ただしどういう考え方に立つのかというふうなことなわけです。受動喫煙というのは、喫煙している人の嗜好品にすぎないたばこによって害を受けるというふうなことになるわけですね。それはやっぱりどうしたって問題であると。マナーというふうな問題を考える以外ないのではないか。喫煙者の論理で喫煙する人と非喫煙者と両方の意見を聞いてなんていうふうにこれは成立するのだろうか。加害、被害の
P.176
関係が実ははっきりしている問題ではないのかというふうにも思いますので、どういうやっぱり考え方でこの対策を立てていくのか、この辺について部長の考え方がありましたら、個人的な考え方で結構ですから、ぜひお話ししていただきたいというふうに思います。
 続いて、ごみの減量の問題です。作業部会の方でさらに進めて事態のいろいろ策を打ち出しておられるというふうなことについて、大変ご苦労なことであるというふうに思います。ただし、その上でこの中でも重要なことは、その進行管理であるというふうに今おっしゃっていただいた。まさにそのとおりでありまして、急速に決めたからぱっと変わるというようなどうも性格のものではない。自然に生活の中から生まれてしまうごみという厄介な問題を解決していくというのは、本当に粘り強い努力が必要だというふうに思うのです。その場合、やられていることというのは数値目標を明確に掲げるというふうなことです。無理のない地点で結構なのです。毎年毎年数値目標を掲げるということです。そして、その実現に向けて不断にそのことについてご討議いただくというようなことが、実際には進行管理を行っていく上での大前提だというふうに思うのです。今後省エネ対策や、できれば市庁舎のもっとごみの実態を把握して、それの減量ということもその後は考えていただきたいというふうに思うのですけれども、そうした進行管理をきちんとやっていくというふうな上でぜひ数値目標を掲げていただきたいというふうに思うのですが、この点いかがでしょうか、お答えをいただきたいというふうに思います。
 それから、総合的学習の問題です。教育長から真摯な答弁をいただいたというふうに思うのですが、やっぱり今の答弁を聞いてすらどうも立ちおくれているといいますか、大変失礼ですが、少し手がおくれているというようなことを感じざるを得ないところがありました。要望を今から把握するとかというふうなお答えを聞くと、ちょっとそういうふうなものを感じます。だから、総合的学習というのはもちろん学校それぞれの特色を出していく上では、非常に重要な意味合いを持つというふうなことだと思いますけれども、そのことは上福岡市としての教育にどれだけエネルギーを注いでいるかというふうなことのバロメーターでもあると言えるのではないかというふうに思うのです。そこで、予算ではどうなのでしょうか。それについてどの程度の今予算が使えて、学校では、要するに総合的学習というふうに今後振り向けられることができるのか、もし示すことが可能でしたら教えていただきたいというふうに思います。
 例えば総合的学習の中で社会教育施設を使ったり、地域のボランティアを使ったりすることと同じく、地域のさまざまなNPOの団体を使ったり、あるいはチャレンジ事業なので、事業者にいろいろお世話になったりするというふうなことがあると思うのですけれども、その中では必ずしもボランティア精神だけでは、要するに地域のボランティア精神に頼るだけではどうしても長続きしなくなってしまうのではないかというふうに思われるものもあるのではないかと思うのです。つまりそれなりの費用がかかっていくということに対して、それなりの対価が必要になるものがあるのではないかというふうに思うのです。そういうときのためにも、それは内容をより充
P.177
実させていくためにもそうした、あるいはNPOを支援していくというような例えば市の政策を具体化していくためにも、ぜひそうした予算面における充実ということも考えていただきたいのですが、この点はいかがでしょうか、お願いしたいというふうに思います。
 それから、情報公開の問題です。これは、確かに今回情報公開に関する指針の改定がなされて、このことによってよくなった部分がありますね。15分前までに行って手続しなければ傍聴できなかったのが、その時間までいいですよというふうになったとか、それは市民にとってより傍聴、公開というふうなことが進んだとも言えると思うのです。この会議の公開に対する指針というふうなことを読んでみますと、確かに全体の原則というふうなことの中には、要するに会議を公開というのは、非公開のときを除きすべて自由に行えるというふうなことなのだということが明確に書いてある。ところが、指針の運用についてというふうなところを見ると、会議中の入室は原則として認めないというふうなことは先ほど言いましたけれども、そのほかにも要するにずっとこれを読んでいくと、会議の予定時刻までに受付で氏名及び住所を記入し、審議会の会長の許可を得た上でというふうに書いてある。これでは許可制になってしまうではないですか。これ明らかに原則公開というその原則と背反するものがつくられてしまっている。これを、先ほどもお話の中ですと検討したと。1年たって検討した結果、各部局からの意見を聞いたらこうなったというふうに言うのですけれども、それでは後退してしまうと。それは、そういうふうにぜひ情報公開を推進していこうとする市の姿勢からは、各担当がそう言っているのだなんて言いわけのようなことはぜひおっしゃらずに、ここは絶対に公開を推進するということを堂々と、何か問題があるということではないわけですから、具体的な。やっぱり進めていただきたいというふうに思うのです。確かに会議の運用では、会議開催中の入室は原則としてできませんということはないというのはそのとおりだと思います。私が所属しています同僚の議員さんたちもおりますけれども、都市計画の審議会の方では原則として入室はできませんはなくなりました。それは、傍聴要領の中からは外すというふうになったわけです。ほか外れた機関というのがあるでしょうか。これはやっぱり積極的にどこかで要するに公開を進めていくというふうな力が働かないと、どんどん縮小してしまいかねない、これはこういうものだと思うのです。ぜひその点について、今ほかの審議会、附属機関等の会議がどうなっているのか、この辺わかりましたら示していただきたいというふうに思います。
 2回目は以上です。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 野外音楽堂の関係でご質問いただいております。私の方からご説明申し上げますが、今総務部長の方からもお話がありましたように、私は音楽というものは大変人間性をいろいろな意味で表現する非常に大事なものだろうというふうに思っておりまして、この音楽堂の建設に当たりましては当然公園の面積あるいは公団の建て替えによる騒音の防止、そういうものは念頭に
P.178
置いてやっています。これは、当然そういうことは出ることは当たり前なことですので、そのような方法は当然とっていかなければいけない。それが今若者を質問者も言われているとおり住むとかあるいは若者のまちとしての方法、そういうものが居住と関係あるのかと。これは当然ないのですね。ただ、上福岡のまちというものを見ていただくということは、将来に向かって住んでいただく、あるいは結婚した後こちらへ来ていただくとか、そういう一つのまちのイメージというものをつくっていくべきだろうと。それから、もう一つはこの東上沿線の中で400メートル以内に公園ができるようなまちは一件もない。そういう一つの特徴のある顔をつくる。ましてや要するに運営費そのものも非常に格安になる。そういうことを考えますと、一番若者が希望しておりますそういう音楽堂などの設置もいいのではないかということは私の発想であります。これは、特に災害も含めて、今野外音楽堂というよりも多目的に使える、要するに舞台装置をつくるというふうにご理解をしていただければいいかと思いますが、すべてのいろいろな事業がこの公園設置によって実施できると。交通規制も受けない、そういう一つの場所をきちっとつくっていこうと、これが将来上福岡が生き残っていく上に最善な方法ではないかというのが結論であります。そういう意味で申し上げているのでありまして、ただ野外音楽堂をつくって、そこでどかぱかとやればいいのだと、こういうことではないというふうにひとつ理解をしていただきたいと思います。
 それから、もう一つ大事なことなのですが、職員の喫煙の問題、これは私も要するにどちらかというとハード喫煙者でしたけれども、十数年前にやめました。これは、要するに喫煙という問題はおのおの個人のモラルというふうに私は思っておりまして、吸いたい人は吸えばいいのです。吸いたくない人は吸わなければいい。ただ、それがいろいろな形で迷惑になる、そういうことであってはいけないということが今喫煙所をきちっとつくっていくと、こういう方法があります。
 それから、今質問者が言っております職員が職務違反ではないかと、こういう話もありましたが、本来であれば今外国でも行っているように10時なら10時、30分間休みますよと、こういう方法がとれれば一番いいわけですけれども、それが果たして市民に対して行政サービスとしていいのかどうか、これはまた議論があるかと思うのです。ですから、現状の中では交代である意味でストレスの解消をすると、これは私も経験がありますけれども、そういう時間帯を設けてやらないと仕事の能率は上がらない。これは質問者も喫煙していたということですから、よくわかるのではないかと思いますけれども、これはもう能率が上がらない。ですから、能率を上げさせるため、そういうストレスの中で仕事をするよりも、きちっと喫煙するときはして、あるいは休むときは休んで、それで仕事をしっかりとやってもらうと、これが一番大事なことだろうというふうに思っておりまして、これからも喫煙所等をふやすということではなくて、最小限にとどめてやっていきたいと思いますが、そこでもう一点私たちのこの上福岡市の中にたばこ販売業者の方々が大勢おります。そういう方から、上福岡市も3億数千万の利益を分配していただいています。
P.179
ですから、私に喫煙しろと言われてもちょっと困るのです。そういうことも含めて理解をしていただきたいというふうに思いますが、この本当に一般財源に入る3億数千万というのは大事な予算であります。そんなことも含めて、迷惑にならないようにこれからもその取り組みをきちっとしていきたいというふうに思っています。
 それから、あわせて今質問者から落書きですとかいろんなことがありますが、これはやっぱり教育の仕方をきちっと我々も考えていかなければいけない。それで、もう一つはいろいろ実態を見てみますと、汚いところではいたずらするのですね。やはりきれいにしておくということが一番大事だろうというふうに思っておりまして、今私も若手の職員に上福岡市の景観、まちの景観はどうしていくのだと、こういうテーマを与えて今議論していただいております。できるだけきれいにしていくということが、そういう一つの行為にならないのではないかなというふうに思っておりますので、先ほども質問者が言っているごみの問題等も含めてきちっとしたやはり責任持った対応をしていくということが事業をする上でも大事だろうというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する再質問にお答えいたします。
 情報公開の関係についてお答えを申し上げます。傍聴要領の改正の関係で他の審議会はどんな状況になっているかということでございますが、私どもの方都市計画審議会の改正につきましては把握しておりますが、他の傍聴要領につきましては今のところちょっと把握してございません。
 続きまして、審議会会長の許可を得た上でというような表現をとっているということで、これでは許可制ではないかというご指摘の点につきましてでございますが、会議の公開に関する指針の運用についての傍聴要領の前文の中で、審議会の会長の許可を得た上でという文言を確かに用いておるところでございますが、これは会期の議事運営は会長の権限であるためこのような表現例を用いたものでありまして、許可制について規定しているものではございません。したがいまして、会議そのものの原則公開に支障を来すものではないというふうに考えておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 ごみ減量に関する再質問にお答え申し上げます。
 CO2の削減、ごみ減量等これから取り組んでいかなければならない問題としては、地球温暖化の防止が大きなことと思います。したがって、ご質問のように数値目標を設定して進行管理をしていくことは大変重要なことと思っております。また、実行していかなければならないというふうに考えております。先ほどお答えしましたとおり、ダイオキシン対策検討委員会の設置目的がダイオキシン類の排出抑制対策や排出抑制の推進に関することというふうになっております。
P.180
現時点でこのダイオキシンの排出抑制が完了したということではございませんが、今後組織自体をダイオキシン類に限定せず、環境の負荷をかけない方策を検討していく組織に変更していきたいというふうに考えております。いわゆる時代に即した組織体系にしていきたいというふうに考えております。川越市では既に実施してございますけれども、市役所全体としての環境負荷軽減の数値目標を定めるシステムづくりのために、組織の再編成を実施していきたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 市民のご意見、要望をどのように取り入れていくのかという方法と手段につきましては、ご質問のようにワークショップ、アンケート等いろいろな方法があると思いますが、今後十分検討した中でどの方法をとっていくかは決めさせていただきたいと考えておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 総合的な学習のテーマが見えないということでございますが、平成11年度に設置いたしました教育課程研究委員会の中で、先ほど申し上げました情報教育、環境教育、福祉、健康、それから、児童の興味、関心に基づく課題、地域や学校の特色に応じた課題、これをそれぞれ細かく各学年により実施していくテーマはできております。本年度までは試行期間でありますので、その中の一部を実施させていただいているところでございます。
 予算の関係でございますが、総合的学習にも使える予算といたしまして、小学校では平均193万2,000、中学校では平均250万、備品につきましては小学校平均128万4,000、中学校が169万8,000、これはこの中から総合的学習に使える額であります。それと、地域指導協力者につきましては、謝金、消耗品といたしまして、小学校1校4万5,000、中学校が1校18万5,000となっております。しかしながら、14年度からの市内の各小中学校の総合的な学習、また特色ある学校づくりによります家庭や地域との連携を図ることから、校長が自由に裁量できる予算も検討せざるを得ないと考えております。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員の再々質問を許します。
◆鈴木啓太郎 議員 市長の考えを示していただきまして、大変ありがとうございます。そういう上福岡市の顔づくりというふうなことを進めていく上に際してなおさら、ですから市民参加というか、幅広く市民の意見を聞き、また市長がお考えになっている考え方を示して、それについてやっぱり議論していく、当然そういうふうにされると思うのですが、市長が一方的に自分の考えを言うという、これ決めてしまったとかそういうことではなくて、その辺について議論し、よりよいものをつくっていくというような姿勢をやっぱりとっていただきたいというふうに思うのです。そういう意味で、市民参加というふうなことが当然必要になってくるのではないか。そうい
P.181
う意味では、余りアンケートとかいろいろあろうかと思いますということではなくて、ぜひこれからどういう上福岡市のまちの顔をつくっていくのかということについて議論していくという場を設けていくと、それについて市民の意見を聞いていくのだということについて、できれば担当の方からでも結構ですから、一言お願いしたいというふうに思います。
 それから、たばこ対策についてですが、当然これは個人のモラルの問題でありまして、それは当然そうだと思います。ただ、仕事の能率は吸わない方が上がると私も思います。自分でやってみて、やっぱり吸わなくなったときの方が能率上がりますよね。きっとやめた方はみんなそう思うと思うのですけれども、その辺は個人の嗜好の問題とも言えるというふうに思いますので、構わないというふうに、いろいろそれは考え方はあるというふうに思うのですが、税収を下げろというふうには考えておりません。たばこの値段は幾らでも上げていいわけですから、税収はアップして、要するに下げないようにそれは当然関係当局も考えていくだろうというふうに思うのです。ただ、できればそういうところから利益の配分を得るよりは、健康保持して要するにその分医療費が下がっていくというふうなことで税収が得られるという方がよほどいいのではないかなというふうに思いますので、そうしたことも今後考えていただきたいなというふうに思います。
 それから、情報公開ですか、どうも会議の公開に関する指針というのを読んでいくと、6、公開の方法についてというふうなことにあって、傍聴は受付で傍聴希望者に氏名、住所を記載させた上で先着順に定員に達するまで認める方法で行うものとするとか、どんどん細かく決められていくわけです。それで、なお会議開催中の入室は原則として認めないことにする。これは例として書いたとかそういうことではないですよね。明らかに指針の中に、私のいただいたのでは会議の公開に関する指針の運用についての2ページ目に、全体の4ページ目にそういうふうに書いてある。こういう書き方はやっぱりすべきではないというふうに思うのです。例として挙げてというよりは、ぜひこの辺は情報公開を推進するという姿勢に立って、こういう条項をなくしていくということをぜひ考えていただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。制限を設けないというふうなところで、それでいて会議の秩序を維持するためには、会長なり事務当局にちゃんと権限を与えて、要するに妨害するような人は出ていってもらうとか、そういう権限をちゃんと規定していくということは必要だと思うのですけれども、原則自由ということを原則の中にきちんと組み入れていくというふうな考え方を持っていただきたいというふうに思います。
 それから、ごみ減量についてはぜひさまざまな点で努力しながら目標を掲げて進めていくというような姿勢をお願いしたいというふうに思います。
 それから、総合的学習ということについてですけれども、これもやっぱりいろんな裁量が働くところでもありますし、さまざまな努力をして、もちろん予算を安く上げるにこしたことはないと思うのですけれども、先生たちの意欲がつくられていくというふうなことも重要だというふうに思いますので、ぜひ学校単位で自分たちの教材なり自分たちの授業の計画なりをきちんとつく
P.182
ってそれを運用することができる、そうした予算的な措置をとることも総合的学習をより充実していくことになるというふうに思いますので、ぜひこの施策を進めていただきたいというふうに思いますが、質問としては要望を把握するというふうにありますが、1回目のお答えの中に要望を把握する。ぜひ今後現場の先生たちというか、現場での声を聞いていただきたい、教育委員会がしっかりと把握していただきたいというふうに思うのですが、この点は可能でしょうか。この点についてだけお答えをいただきたいと思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 公園の問題で野外音楽堂についての住民の意見を聞いたらと、これは住民の意見がこういう問題を提案していただいたと、こういうことでありまして、決して質問者が言っている議論がされていないのではなくて、議論をさんざんしたところこういう問題が出てきたと、こういうことであります。質問者の言われる市民の議論と私が常日ごろいろいろな地域へ出ていろいろとお話聞いた中でとのずれがあるようですね。私は残念に思っておりますが、そういう一つのこの近所にないそういう顔をつくるべきだ、先ほどもちょっと担当の方からお話がありましたように全く顔がない、こういうことが議論されておりますので、その点は理解していただきたい。
 それから、喫煙の問題、私は決して吸った方がいいと言っているのではなくて、吸う側の人と吸わない側の人との意見を調整すると、やはりある程度のものは必要でしょうと、こういうことを申し上げているので、その点については誤解のないようにお願いいたします。
 以上であります。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 総合的学習の予算の関係ですが、現在は試行期間であります。14年度から当然各小中学校に学科として取り組まれてまいりますので、予算の要求はしてまいります。
 もう一点、特色ある学校でありますので、各学校の方針で特色ある学校がつくられておりますので、学校の方針を重んじていきたいと思っております。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員の質問を終了します。
 休憩します。

   休 憩 午後3時00分
   再 開 午後3時15分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、山口公悦議員の質問を許します。
         〔6番山口公悦議員登壇〕(拍手あり)

P.183
◆山口公悦 議員 日本共産党の山口公悦です。発言通告に基づいて質問させていただきます。
 先に、合併問題についてです。昨日の山川議員の質問の中で市長は、新市将来構想ができた上で市民にも議員にも説明すべきと提言いたしました。市長は、委員の役割は理解してほしい、2市2町のトップとしての意見は統一できている、委員の意見は尊重すると言われました。それは当たり前のことだというふうに思います。今市民が知りたいことは、合併協議会の構成員となっている方々、どのような考えを持ってこの合併の是非に投じるのか。私たちは、市民はこの委員の方々に白紙委任はしていない、この思いではないでしょうか。だからこそ上福岡市市民や議会に対して市長はこの新市構想ができた現時点で説明すべき、この主張は当然のことではないでしょうか。合併協議会の是非が決まる前に、市長として責任ある立場から上福岡市民と議会に対してこれまでの審議経過を知らせ、広く意見を求めることが必要と思いますが、考えにあるかどうかお答えください。
 次に、市町村合併された地域の住民の暮らしは今現在どうなっているかという問題です。小泉内閣は、合併を一層強力に推進するとして構造改革に関する基本方針、いわゆる骨太方針を6月閣議で決定いたしました。市町村合併や広域行政をより強力に推進し、目途を立てて速やかな市町村の再編を促すとしています。市長は、常々この合併問題については国の強力な圧力云々ではないと、十数年前からご自分のお考えとして持っていたと繰り返し言われています。ちょうど時期で言いますとバブルの絶好調かその前くらいのことでしょうか。しかし、時代は大きく変わりました。特に先ほど紹介しました小泉内閣の骨太方針の中で経済財政運営の基本方針というところには、地方交付税の削減、このことがうたわれております。上福岡市では、人口5万5,200人、地方交付税は平成12年度の歳入で159億円、この22%が地方交付税の35億円となります。お伺いいたします。この今の時期に一方で2市2町の合併問題があり、そして我が市では第三次総合振興計画を進めていくと。こういう状況の中で、地方交付税が今言われるように1兆円程度削減されるということが濃厚ですが、上福岡市においてどの程度の影響が出ると目算しているのかお答えください。
 次に、この間合併を進めてきたまちの実像、これについてです。合併協議会発行の新市将来構想まちづくりビジョンというのがあります。この中で、一般的な合併のメリットというところが15ページにありまして、この説明では総務省などの研究結果によるとなって幾つかの、例えば1番には行政運営の効率化が上がったとか、財政運営の効率化が上がったとかいうことが書かれ、そしてその中で幾つかのまちが紹介されています。私は、この一つ一つのまちをすべて実証しようということで努力をいたしましたが、時間的な問題があって、幾つかのまちしかできませんでした。すべてを挙げていきたいと思いますが、時間の都合上、総務省の実はホームページ、これを開きますと市町村合併のメリットということでA村、B市という例が出てきます。これは実は水戸市のことなのです。この内容に沿って今実際どうなっているかということを一例としてご紹
P.184
介したいと思います。このA村というのは常澄村というところです。そして、B市というのがこれは水戸市です。吸収合併されたわけですが、92年の3月に水戸市が吸収合併をしたという形です。合併当初は、サービス水準は高い水準に、負担は低い水準に統一されると。確かに統一されました。緊急通報システムが導入されました。しかし、実際は80歳でひとり暮らしという方だけに限定しているために、ことし8月9日のところで調べてみましたらば、わずか619人の利用しかありませんでした。生活資金の貸付事業ということが、対象はこれが年収150万以下となっているためにほとんど利用がありませんでした。水道料は、確かに値下げされました。94年に690円から、しかしながら94年には、合併して2年後ですけれども、690円から820円、もう既に2年後には値上げをされると。村役場の職員は、当初合併吸収前は94名でした。合併後3年後には49名、97年にはその中で市民福祉課が廃止され、総務市民、産業振興、建設、都市計画、この四つの課だけが残されてしまいました。つまり開発にかかわる課だけが残されたというわけなのです。合併の重点がどこに置かれているのかということを見事に示しているのではないでしょうか。ことしからは支所は出張所に格下げされ、職員は何と8人にされております。96年度実施のフォローアップ調査では、この村を中心とした地域でやったところが、合併後便利になったかという問い、これに対して「いいえ」が52%、地元の声が役所に届きにくくなったという問いに対して「はい」が「いいえ」の倍の42.2%となっています。
 総務省のホームページ、合併協議会設置の状況によると、全国で26地域に協議会が設置され、全国に広がる合併の動き等宣伝されておりますが、現在中断、休止している例もあります。そのほかに検証したところでは、事実上合併協議会が休止した常北町と水戸市の合併協議会、それから中止となったのが小山市と栃木市、また合併後のさいたま市やつくば市、ひたちなか市なども調べてみましたが、実は合併当初と大きく変わってきているのは、やはり住民サービスの低下、負担増、さらにはひたちなか市などでは合併推進の旗を振った商工会の幹部が大店舗の進出のために地元商店街が衰退し、嘆いているような状況もありました。市長、あなたはこのような市民生活のデメリットや市民の将来にリスクを負うような事態、これも当然想定しているというふうに思いますが、もしも想定しているとしたならばそのお考えをお答えください。
 次に、上福岡市児童育成計画、いわゆるエンゼルプランについて質問いたします。日本共産党上福岡市議団は、児童センター及び全児童館を訪ね、老朽化した施設の問題、さらにはそこで働く指導員の労働実態などを調査いたしました。私たち議員団は、毎年学校、教育の現場とか、また保育の施設等々も毎年直接訪ね、つぶさにその実態を調査してきています。そこで、今回この児童センター、児童館の改善、施設の改修整備の問題と指導員の待遇改善、今後の事業計画についてお尋ねします。施設をすべて回りました。児童センターの臭気の問題は、委員会の中でも指摘をされていました。これは早急に改善しなければならない問題と思います。また、遊び場の確保の点では第1児童館、第3、第6などは大変多くの児童たちが集まる中で狭い状況になってい
P.185
ます。この第1、第3、さらに中央、この中央などではことしの夏は特に100名を超える児童が集まりました。特に広さと児童の数の関係で第1、第3、中央、ここの児童館について、その平米と子供1人当たりの平米についてお答えください。ここについては早急に改善すべきと思います。
 また、トイレも見てまいりました。臭気のあるトイレもありました。一々挙げませんけれども、数がありますので。換気扇の入っていないところもありました。また、同時に男女別になっていないトイレがほとんどなのです。また、児童数に見合ったトイレになっていない。二つしかないところに大体60人から70人の子供たちがいる。移動する場合にはもう列になって、移動するためには時間がかかるという実態もありました。また、畳の部屋がありましたので、ぐあいが悪くなったときにちょっと横になったりとか、ゆっくりそこで読書をするだとかというための畳の部屋なのですが、ひどい状況でした。私は、スーツを来てたまたま行きましたけれども、実はその畳の上には座ることはできませんでした。これは、もう本当に健康を害する内容となっていますので、早急に特に第3、第7については畳の打ち直しが必要ではないかと、このように思います。
 指導員の適切な配置という点では、既に担当課の方でもご存じと思いますが、中央と第3、第3については欠員のままに忙しいこの夏の時期を過ごしてしまいました。しかし、1名の欠員については早急にやる必要があります。なぜならば、第3児童館は実は学校から離れていて、また住宅地の中心にあるものですから、実際遊ぶ場所がない。グラウンドまで行くには指導員がだれかついていかなければならない。そうしますと、児童館は手薄になるわけですから、人数についてきちっとした配置が必要となっています。これについても早急な改善が必要と思います。
 同時に、今大変いろいろな事件がある中で非常出口、避難場所ですね、これが1カ所のところしかないところがありました。これはぜひ点検をして、何度も今回の議会でも話がされていますように防犯、防災等々の場合に対応できるような改善が必要と思います。
 あと、第5児童館の登り棒を見てまいりました。これは下の方がもう腐っておりまして、これは早急にかえませんと大きな事故を誘発する内容になります。これについては、すぐに対応するように要求いたします。
 第6児童館、実は公共の施設でありながらまだ浄化槽の状況でした。向かい側の小学校については、もう既に下水になっているわけです。聞くところによると、川崎地域は供用を開始していないという事態にありました。何度も先輩議員などもこの川崎地域についてはこの壇上で要求をしてきたという経緯もあります。現在の進捗状況について報告をお願いいたします。
 あと、第7児童館に行きました。窓のあかない場所がありまして、緊急時にどうなるのだろうかと不安を感じました。このようなほかにもいろいろな点で老朽化していますので、既に十数年たっているところもあります。そういう点ではぜひ、今部長にかわられまして担当になりましてから2カ月足らずで大変な思いをされているというふうに担当の責任者の方思いますが、ぜひ時
P.186
間をとって所長とこの施設一つ一つを見ていただきたいということを要望いたします。
 次に、放課後児童対策の充実、児童生徒の安全問題です。これは、池田小学校事件を契機に各施設での防犯問題ということが対応されています。上福岡市の児童館にも防犯ブザーとメガホンが配備されました。この防犯ブザーについての運用についてですが、どのように考えられているのか、ご説明をお願いしたいと思います。といいますのは、最初の説明は遅くなって帰る子供たちの安全のために防犯ブザーを渡してほしいというような説明だったようなのですが、数えてみますと4個とか5個なのですね、各施設に。ところが、お帰り班が8班まであるというところについては四つでは足りない、最低6個は必要だ。いろいろ見てみましたら、ちょうど指導員の数の分で分けられているという事態があるわけです。この問題につきましてお答えをお願いいたします。
 次に、臨時的任用職員の待遇問題、これについてぜひ改善をしていただきたいと思います。臨時的任用職員の法的根拠と臨時的と言われる職域、これについてまずお尋ねします。同時に、児童館の臨時的任用職員の労働実態、これを見ますと実際は朝9時半から6時まで、月曜から金曜日までの勤務、また月曜から土曜日までの午後の勤務、そして月、水、金と火、木、金、土の午後というような形態があります。内容自体は全く正規の職員と遜色のない仕事をしているというような状況から見て、時給820円で月曜から金曜日の先ほど言いました午前9時半から午後の6時までフルに働き詰めて月の収入はいかほどになるのか、この点についてもお答えください。
 次に、今後の児童館、また児童センターのあり方について、エンゼルプランで示されている内容が進んでいないと厳しく指摘せざるを得ません。特に児童育成計画の推進体制について、エンゼルプランの推進会議がまだつくられていないというのは承知しておりますが、庁舎内における関係課などから成るエンゼルプラン推進庁内連絡会議、この進捗状況、これについてお答えください。
 次に、通告しておりました相談、情報提供の問題や乳幼児医療費の無料化の問題につきましては、医療費の問題については一定の前進もありましたので、割愛させていただきます。
 次に、公立保育園についてお伺いたします。上野台保育園の建て替え問題、これについての具体的な計画、また建て替え時の仮園舎の問題、また市長が公設民営も一つの選択肢にあるとおっしゃられていましたが、民営化の計画があるのかどうなのか、あるとするならばその理由について明確にお答えください。
 次に、学校教育についてです。少人数学級の実施に向けて各地の取り組みがあります。動きがあります。つい最近8月に志木市において、少人数学級の導入に向けた動きが始まりました。大変大きなニュースとなりまして、志木市では全国からの問い合わせが大変多く来ているというような状態だというふうに聞いております。山形県の知事も少人数学級導入への意向を表明いたしました。同時に、新座市では複数担制による対応をするというようなことも発表されております。
P.187
繰り返しこの議場でも、子供たちをめぐる大変厳しい状況を何とか改善していく上でも、また学力の低下が進む中でもそれを歯どめをかけるという意味合いからも、少人数学級の実現ということが何回か提案されております。具体的に上福岡市で実現へ向けた取り組みの上で何が障害になるのかお答えください。
 次に、児童生徒の安全対策、小中学校の危機管理体制について質問いたします。議会の中で、教育委員会はマニュアルを作成して対応しているというお話がありました。既に学校での訓練などもやられているそうです。大変機敏な対応ということで評価をしていきたいと思いますが、私はこのマニュアルの中にこのような視点というものをぜひ位置づけてもらいたいということで幾つか提案をしたいと思いますが、その第1は教職員の教育現場を想定する視点なのです。それは、教員は何かが起きますと同時に二つのことをしなければならないのですね。一つは児童を守り、誘導しなければならない、もう一つは危機的な状況のあったことを知らせなければならない、この二つのことを同時にする。このような同時な行為を1人の先生がやるためには何が必要なのかと、これは子供たちがやはり大勢ではなくて少人数であるということが動きやすくなるわけですし、複数担任がいればこれは大変有効であるということ。また、第7小学校にはインターホンが職員室につながっています。このような対応の仕方が大変大事ではないかと、ぜひインターホンなどを全校につけることができないものかどうか、この点について一つ提案も含めてお伺いします。
 二つ目に、地域との協力です。やはり学校は孤立しているわけではありません。地域に開かれたものとして、その地域の方々が自由に行き交い、そして子供たちをみんなが守っていく、社会の共有する財産として守っていくような体制、この視点が必要なのではないでしょうか。
 三つ目には、教職員集団がどのようにつくられているかということも大変大事なことです。その点では、常日ごろから自由闊達に職員会議の中で子供をめぐる問題などもきちっと正体しながら話ができる環境づくり、このことが極めて大事なことだというふうに思います。また、実際上の問題で言いますと、やはり避難口については複数確保する、またどうしても漏れやすいのは体育館などですね。死角となるところ、ここの対策についてきちっと今回のマニュアルに入っているかどうなのか。また、事件後に子供たちの大きく心がすさんでしまいます。これをケアする体制、こういうことも大事なことだと思います。
 次に、学校給食の充実という点で質問いたします。日本共産党上福岡市議団は、ことしの視察研修先に南国市を選び、教育長ともお会いして、学校給食が子供の心と体、そして地域を育てることを実感してきました。JAや農業従事者と協力し、自校方式で各クラスに炊飯器を運び、地元米を炊き、温かい御飯を食べ、子供たちの食習慣を変えていくことによって、食べ残しは実はゼロだというのです。子供たちと田植えから刈り取りまで教育的視点で実践していることも、子供たちが生産のとうとさ、労働への感謝の心、食べ物の大切さなどがはぐくんでいられるという
P.188
ふうに思いました。情熱を込めて話す教育長のその一言一言に、私たち議員団は感動と驚きを覚えました。
 さて、学校給食についても市長は民営化の問題が言われておりましたが、上福岡市における教育の重点施策において学校給食がどのように位置づけられ、上福岡市の特徴ある取り組みはどのようなものか、この点についてお答えください。
 また、全国で民間委託推進の役を担っている日本給食サービス協会が学校給食委託の提言を出しました。ご存じでしょうか。承知しているようでしたらば、見解をお聞かせください。
 次に、通学路の交通安全の問題です。武蔵野、上福岡4丁目の児童生徒の第5小学校へも行けるような新たな区画の変更によりまして、通学路の問題が何度もこの壇上でも指摘されてきました。明日ちょうど県道のところに信号機の電気、スイッチが入るということを聞きました。担当の教育委員会、本当にご努力、地元子供たち、親たちも大変感謝していると思います。なお、この通学路の予定が確立されたのかどうか、また新たに武蔵野、上福岡4丁目地域から第5小学校区になる児童がどのくらいいるのか、この点についてお答えをください。
 次に、市民参加のヒヤリ地図、これについては実施の方向になったというふうに聞きました。進捗状況についてお伺いいたします。お答えください。
 最後になりますが、上福岡4丁目の集会所前の道路、非常に狭く、車の回避場の場所をという署名も集まりました。担当課の方で地権者との交渉がされているというふうに聞いております。その進捗状況についてお答えをお願いします。
 以上をもちまして、1回目の質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 私の方への質問がございますので、何点かお答え申し上げたいと思います。
 また、細かい内容につきましては担当の方からお答えをさせていただきますが、一応今質問者から言われております合併問題というものの取り上げがなされているわけでありますが、質問者もご存じのとおりこの合併協におかれましては、行政が住民の提案によりまして提案をし、そして議会が可決して法定協議会ができたわけでありますが、この中で一応合併を検討するということで、この問題につきまして行政あるいは議会というものの責任もはっきりとあるわけでありますから、それなりに考えて、いい方向で合併をしていかなければいけないと、このように思っておりますが、現状の中でご存じのとおり来年の3月に是非が出る。私、余りこの是非の出ないうちにああだ、こうだということは控えたいと思っておりますが、何はともあれこの今の地方分権の推移あるいは進展、厳しい財政状況を見ましたときに、当然この問題を克服していくためには要するに行政の効率化、これはもうだれしもが言っていることであります。行財政基盤を強化していく、それの一番の有効策が合併であると、こういうことを申し上げておきたいというふうに
P.189
思っております。
 また、あわせて第三次総合振興計画のお話もございましたが、いずれにいたしましても合併の是非が出るまでの間はおのおのの町村でつくられております総合振興計画に基づいたその内容をすり合わせをしていく必要がある。特に3カ年間の三次総の中での計画を特に調整していく必要があるのかなというふうに思っております。また、改めてこれが是と出た場合には新市計画がつくられていくと、こういうことであります。仮にこれが是というものが出た場合、ではどうするのかということになるわけですが、当然この振興計画そのものは尊重して、これの調整がまず必要であろうというふうに思います。また、公平というか、均衡のある財政投資、これは市の発展に欠かせないことでありますので、当然のことと思っております。
 また、合併後の財政基盤、これは大変重要なことでありますが、いずれにいたしましてもよく言われております合併した後財政が破綻したとか、そういう一つの意見もありますけれども、それは合併後の新市の事業計画そのものがきちっとできていない、そういうことが財政の破綻につながっているというふうに私は思っております。
 それから、あわせまして市民サービスの低下ということが叫ばれておりますが、これは逆でありまして、向上させるために合併が必要と、このように私は理解しておりまして、低下させることのないようにこれはもう全力で取り組まなければいけない、このように考えております。
 あと細かい点につきましては、担当の方からお答えをさせていただきます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、合併問題につきまして先ほど地方交付税の見直し、今回の6月26日の閣議決定された基本方針における地方交付税の見直しについて、上福岡市への影響についてのご質問だったと思いますが、これにつきましては基本方針の中で地方交付税制度については事業費補正、それから段階補正について見直しすると、それからあわせて地方交付税の算定をできるだけ客観的かつ単純な基準で行って簡素な仕組みにしていくべきだというような3点掲げられたところでございますが、それとあわせて税源移譲を含め国と地方の税源配分について根本から見直し、そのあり方を検討すると明記されておるところでございますので、まだ今のところ上福岡市への影響というのは定かでないかと思われます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、保健福祉部関係につきまして随時ご説明申し上げます。
 まず、第1点目、児童センター、児童館の整備と今後の事業計画という観点につきまして、遊び場の確保という形で第1、中央、第3の1人当たりの面積ということでございますけれども、
P.190
1人当たりの面積につきましては4月から8月までの実績の平均児童数で見てみますと、1人当たり第1児童館については2.44平米、中央児童館につきましては1.92平米、第3児童館においては2.83平米という状況でございます。これは、最高の利用した児童数、これで割り戻してみますと、第1児童館につきましては1.96平米、中央児童館につきましては1.42平米、第3児童館につきましては2.00平米という状況でございます。こういうような形で、狭いという形のもののご指摘でございますけれども、今後につきましては建て替えですとかいろいろな状態の中で、他の第5、第6、第7を見てみますと1人当たり3、あるいは6、という形の面積確保されておりますので、それなりの努力をさせていただきたいと思います。
 それと、男女別のトイレの改修ということで臭気の問題、あるいは児童数に見合ったトイレの数ということのご質問でございますけれども、今後の大規模改修にあわせまして検討してまいりたいと思っております。臭気排除につきましては、換気扇の設置を考えております。畳の打ち直しということで第3、第7児童館のご指摘でございますが、本年度の修繕料で至急対応していきたいと考えております。
 指導員の配置人数、改善という形で、中央児童館あるいは第3という形のご質問でございますが、児童20名当たり1名の指導員配置という形を目安としております。第3児童館につきましては、ご質問のとおり1名欠員というような状態でございますので、登録カードによる候補者を今交渉している最中でございますので、もうしばらくお待ちいただければと思います。中央児童館につきましては、現在5名指導員を配置しておりますが、利用児童数の推移を見ながら今後検討していきたいと思っております。
 それと、非常出口が1カ所の施設の改善という形でございますけれども、玄関と並行する出入り口はありますが、侵入者があった場合侵入口から離れた方から避難する非常口がありませんので、大規模改修にあわせながらなるべく早目にやっていきたいと。実態につきましては、調査させていただきたいと思います。
 第5児童館の登り棒の取りかえという形でございますが、登り棒の支柱が腐食している、危険なため至急撤去させていただきます。
 第6児童館の浄化槽の改善という形でございますが、こちらの方につきましては公共下水道の布設対象になっていない地域でございますので、そちらの方がなれば早急にやっていきたいというふうに考えております。
 第7児童館の窓の改善、こちらの方につきましては57年建設から19年近く経過しておりますので、窓枠がゆがむなどの老朽化が目立っておりますので、修繕させていただきます。
 二つ目の今後の事業計画という形でございますが、児童センター1カ所、中型児童館2カ所、現在の児童館の地域の拠点とする構想についてというご質問でございますが、児童センター、児童館の整備につきましては児童育成計画に位置づけられておりまして、児童センターにつきまし
P.191
ては平成12年度に開設されました。中規模児童館につきましては、残念ながら第三次総合振興計画の前期計画にも位置づいておりません。こういうことから、現時点においては後期の方に位置づけていきたいという努力したいというふうに考えております。
 それと、建て替えの関係でございますが、現在の児童館は57年から61年にかけて建設されております。15年から19年を経過しておりますので、老朽化している面もございますが、床の張りかえ、あるいは屋根、外壁の塗装など大規模改修に対応してきておりますけれども、今の段階においての建て替えということは現状で考えておりません。
 それと、臨時的任用職員の待遇改善というご質問でございますが、まず第1点目、臨時的任用職員の法的根拠と臨時的と言われる職域についてというご質問でございますが、根拠的には地公法の22条第5項の規定に基づいてやっております。この中を見てみますと、やはり一定の事由がある場合に限って職員を臨時的に任用することができるという形でございます。
 第2点目のご質問でございますけれども、児童館の稼働実態から見てみると臨時的な職域ではなく、専門性が必要であり、かつ恒常的な職種で言えば何かと、こういう形で法の22条第5項ではなく、第3条の非常勤特別職または嘱託という形が適切ではないかと、そういうご質問でございますが、ご指摘のとおり児童館は多数の臨時職員の長年にわたる努力によりまして運営されております。また、短期に終了する職を基本とした臨時的任用職員の趣旨から、職員の採用のあり方に課題があることは承知しております。このことは、子供たちとのよりよい信頼関係が求められる施設であることから、更新を繰り返して現状に至っているという経過がございます。この間、職員の安定した生活を確保する観点から交通費の支給ですとか、いろいろな形のものの改善を図ってきておりますが、ご質問のありました1カ月稼働したらどのくらいになるのかという形でいきますと、およそ14万程度の金額になるのではないかという金額が想定されております。
 それと、このような形の中から改善を図ってまいりましたが、ご指摘の点を踏まえながら人事担当の部局の方とも今後検討していきたいと思っております。
 それと、あとジャージの支給関係につきましては、毎年支給しておりますけれども、今年度につきましては市立児童福祉施設における臨時職員の臨時任用職員に係る被服貸与基準を設けて支給という形の段取りでやっております。本年度におきましては、既に発注を済ませておりますので、納品次第支給するということを想定しております。
 それと、臨時的任用職員の期末割り増し賃金関係、支給関係でございますが、現在満額で5万3,500円ということになっております。勤務時間によりパーセンテージを掛けて支給という基準になっておりますが、これはこの改善につきましては児童館のみという形はなかなかできませんので、市全体の臨時的任用職員に関します担当部局と協議していきたいという考え方でおります。
 それから、放課後児童対策の充実という形の中の安全問題、下館時の安全確保という形でございますけれども、児童館におきましては下館時の安全対策といたしまして、家が近い子供同士、
P.192
お帰り班という形のものをつくりまして、集団下館という形をとっております。日ごろから暗い時期に懐中電灯を持たせる、あるいはかばんに反射テープを張る、ふざけて道を飛び出さないなど、あるいはこども110番の家を子供で確認しておくなどの指導をしております。また、変質者等情報があればすぐに子供に伝えるようにするようにという注意などもやっております。そういうような形をとりながら職員が人通りのあるところまで送るという形で対応しております。
 また、防犯協会が作成いたしました小学生の防犯マニュアルを全児童に配布し、親子で話し合うように伝えております。その中には、車に乗っている不審者からの声かけがあった段階においては、車の後方に逃げるというような形の漫画入りのイラストも書かれております。先日県の方から補助という形で出まして、防犯ブザー、こういう形のものもハンドマイクも支給されておりますが、先ほどご質問の中にありました児童に持たせるという形でなく、職員が持って、その危険が生じた段階において同じ職員同士、指導員同士ですね、あるいは近隣の方のご協力を得ながら対応していくという形で防犯ブザーというものを渡しておりますので、職員数という形になっております。
 それと、防犯、防災対策の中のものでございますが、警察のお話によりますと、防犯の第1という形は不審者を施設に入れないことという形で、日ごろから侵入者が入ってきたときの対応という形をイメージトレーニングをやりながら、冷静に対応できることが大切であるという指導を受けております。許可なく施設内に立ち入りを禁ずる看板を立てておりますが、やはり人の顔が見えるくらいまで樹木の剪定を行い、外から見える状態をとる、あるいは撃退用の用具、用具といっても警察の方では傘でもつえでも、そういうものを備えつけておくという形のものが必要ですという形がありますので、こういう点につきましても職員にも防犯、防災的な部分の意識向上を図っていくという形を実施しております。
 続きまして、上野台保育園の建て替えに関するご質問でございますが、建て替えに当たりましてはご指摘のとおり建設場所によりまして代替施設の必要性、あるいは移転先の確保など克服しなければならない課題が山積しております。現在これらの問題を含めまして施設の規模、備えるべき機能等について総合的に検討している段階でございますので、ご理解いただければと思います。
 それとあと、委託の問題の計画があるかということでございますが、現状におきましては民営化の具体的な計画はございません。ただ、2市2町の中でも公設民営ですとか、いろんな形のものがございます。民営化の計画、こういうものにつきましては、社会情勢の変化に伴って多様化する保育ニーズに的確にこたえていくためには、やはり従来の画一的、均一的な発想による取り組みをもって行った段階におきましては限界があると。したがいまして、今後保育園運営に当たりましては、民間の特性を生かした多様なサービスの提供も視野に入れるという部分につきましても、一つの選択肢という形のものがございますが、現状におきましては具体的な計画はござい
P.193
ません。
 次に、続きまして児童育成計画の推進体制という点でございますが、庁内の関係課から成るエンゼルプラン推進庁内連絡会議の進捗状況ということでございますが、ご承知のとおりエンゼルプランにおける前期重点施策といたしましては、一つ目、低年齢児保育の充実、二つ目が延長保育の充実、三つ目が一時保育の実施、四つ目が子育て支援センターを中心とした子育てネットワークの構築など保育園を中心とした施策を位置づけております。このような観点から、昨年度から霞ケ丘保育園において既に実施している事業もありますことから、直接事業にかかわる園長、保育士などによりまして、昨年度から事業推進上の課題、問題点の発見、またその改善に向けた検討を進めてまいりました。間もなくその検討結果につきまして報告があることになっております。その後ご指摘の体制整備を図っていきたいというふうに考えております。
 それと、もう一点の推進体制の中の推進会議という形でございますが、ご指摘どおり現状におきまして設置しておりません。計画をより確実に推進していくためには、社会情勢の変化、市民ニーズの動向など的確に把握して、必要により弾力的な対応をしていくことが大切であることは認識しております。ご指摘のありました推進体制の整備につきましては、今年度中に設置いたしまして、実施状況の把握、あるいは問題、課題の整理、施策の修正など、的確な進行管理に努力してまいりたいと考えております。先ほどご質問の中でありましたやはりまだ日が浅いからよく見てということがございますので、議会が終わりましたらばよく見させていただいて、よろしくお願いしたいと思います。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 市民参加のヒヤリ地図の作成についてお答えをさせていただきます。
 ヒヤリ地図作成につきましては、高齢者自身が交通事故に遭いそうになるなど、冷やり、はっとした場所の地図作成を通じて、高齢者の交通安全意識の向上を図るべく現在作成を進めるべく老人クラブ連合会にお願いをし、市内5ブロックに分けまして、約20人程度のブロックごとにヒヤリ地図を作成していく予定で、10月から11月にかけて行っていく計画で現在進めているところでございます。
 次に、上福岡4丁目集会所前の道路の車の回避場所の確保についてお答えをさせていただきます。上福岡4丁目集会所前の市道第334号線につきましては、回避所を設置すべく地権者と交渉してまいりましたが、このほど一部地権者の内諾が得られましたので、測量の実施に向けて準備を進めているところでございます。今後も引き続き交渉に当たっていきたいと考えておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 井上教育次長。

P.194
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会関係についてのご質問にお答えいしたいと思います。
 まず、少人数学級の実施に向けての内容におきましてお答えいたします。教育委員会におきましては、公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律及びその規定に基づく県が示す40人の基準に従って各学校の学級編制を行っております。本年3月に改正された標準法によりまして、都道府県教育委員会が特に必要と認めた場合には、県教育委員会は学級編制の基準を弾力的に取り扱うことができるようになりましたが、現時点では埼玉県教育委員会は40人の基準を変更しておりません。教育委員会としましては、教育の公平、平等が図られるよう県教育委員会が示す基準に基づいて今後とも学級編制を行うとともに、今年度から開始された国の第七次教職員定数改善計画の早期実現を国、県に要望してまいりたいと思います。
 次に、児童生徒の安全対策と小中学校の危機管理体制におけるマニュアルの中に位置づける視点ということでの内容でございますが、不審者緊急対応マニュアルにつきましては、池田小学校の事件後すぐに各学校に作成の指示を出しまして、夏休み期間中に作成が終了しました。また、全校で不審者における侵入避難訓練を実施しましたが、その反省を生かし、随時見直しを行い、よりよいマニュアルとなるよう各学校を指導してまいります。
 また、地域との協力体制や教職員の危機管理意識の定着等につきましても、引き続き取り組んでまいります。
 次に、避難口と体育館の防犯、防災等の対策についてですが、各学校では避難訓練を実施し、避難口のみならず避難経路等につきましても見直しを図っているところでございます。今後もあらゆる場面を想定しまして、計画的に避難訓練を実施するよう指導してまいりたいと思います。
 また、心のケアということについてもお話が出ましたが、マニュアルの中にそういったものが想定していなければ、うちの方ではそういったものをご提言をもとに指導を図っていきたいというふうに考えております。
 次に、インターホンの関係でございますが、インターホンにつきましては現在第1小学校から第3中学校まで職員室とプールとか保健室、あるいは事務室、そういったところでのインターホンの設置をしております。これは、当然事故等が発生したときに緊急に連絡するシステムで置かれているものです。すべて10校にそういった職員室、プール、あるいは保健室、事務室とつながったインターホンを設置している状況でございます。上福岡市の教育委員会としましては、不審者が侵入したときの対応としての非常ベルを鳴らすこと及び非常時における緊急連絡手段として今回防犯サイレンつき拡声器を最も効果的であると判断し、各教室等におきましての設置をさせていただいたところでございます。インターホンにつきましては、そのような状況でありますので、各教室等の設置については教育委員会としては考えておりません。
 次に、給食の方でございます。学校給食の充実につきましてお答えいたします。学校給食は、
P.195
食を通じて学校給食法に定める義務教育諸小学校における教育の目的を実現するため実施しているところでございます。教育行政の重点施策、豊かな心と実践力を育てる教育の推進の中に、学校給食を通して食に関する指導と健康的な食生活習慣の形成に努めますと位置づけております。学校給食の特色としましては、本市の学校給食の特色ですが、しゅんの素材を生かし、しょうゆ、油などの調味料を遺伝子組みかえ食品を極力排除し、安全性の豊かなものを選んで使用しております。また、調理作業面でもだしのもとなどは使用しないで、かつおぶし、昆布、豚骨、鳥がらを使用して出し汁やスープをとったり、カレーもルーから調理するなど、手づくりの給食を心がけております。さらに、地場産の農産物も取り入れ、学校との連携をとりながら地元ふるさとへの愛着や理解、食糧の生産や消費の理解を高められるよう、総合学習の中でも食に関する教育に協力し、取り組んでおります。また、学校での行事などで給食時間が変更になるときは、配送時間を変更するなどして、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいうちになど、きめ細かな対応をしているところでございます。
 また、学校給食委託の提言につきましてでございますが、大変勉強不足で申しわけありませんが、把握していないところでございます。
 次に、通学路の確立がされたかというご質問でございますが、現在のところ通学路につきましては今後該当保護者と学校、教育委員会で話し合いを持ちたいというふうに考えております。現在のところ確立はされておりません。
 次に、児童がどのくらいいるかということでございますが、8月1日現在では武蔵野、上福岡4丁目からの児童は112名でございます。
 以上であります。
○福村光泰 議長 山口公悦議員の再質問を許します。
◆山口公悦 議員 それでは、市長に三つだけ。
 一つは、ご存じのように合併協議会でいわゆる広報広聴費というのは全体でも304万なのです、わずか。24万人2市2町いるのです。そこの広聴なのです、これ、広報。各市でもいろいろ出しているからと言うけれども、やっぱり市民は知らないという方もアンケートの中でもありましたでしょう。だから、市長が責任持って市民に対して、今までの経過も含めて知らせていくような状況をつくるべきだということが必要なのです。同時に、議員に対してもその問題を重ねて報告してもらいたいし、自由闊達に話すような場も欲しいということをお願いしているのです。その点についてもう一度再考してもらいたいと。
 二つ目、これは公共の施設の、児童館も含めてですけれども、実は私、保育園も回っていますので、わかるのですけれども、いざというときの避難口というのが想定されていないのです。1カ所入り口しかないというところがたくさんあるのです。これ、ぜひ市長の指示で総点検してもらいたい、改善もしてもらいたい、この約束をぜひしてもらいたい、これが二つ目です。

P.196
 三つ目ですけれども、いろいろ児童館久しぶりに私も回りましたので、あれだったのですけれども、これだけはぜひ市長お願いしますよ。上福岡市臨時的任用職員取扱要綱の運用についてというのが昭和62年3月24日決裁になっているのです。実はこれの中で臨時的任用職員の期末割り増し賃金、いわゆるボーナスというふうに言っていいのかな。支給基準というのがあるのです。これが5万3,500円なのです。これ市長の決裁で変えられるのです。これ、私一人一人の先生方と会えるだけお会いしてきました。本当にひたむきに子供のために頑張っています、あの暑いさなかでも。狭いところで、もう息苦しくなるような状況でも頑張っているのです。若い先生たちが本当に希望を持ってこの上福岡市で働き続けていこうというような思いがつくられるためにも、先ほど代理の方からは位置づけの問題で、私も地方公務員法第3条に位置づけて嘱託なり何なりすべきだという考え持っています。ぜひこれはやってもらいたい、それの研究をしてもらいたいと思うのですけれども、市長、その時間がありませんので、市長が今できることは12月までにここのところ、この1カ所ぜひ変えてほしい。できれば倍くらいにしていただきたい。倍といっても、後で計算した金額あると思いますから聞いていただければ、そんな大層なあれではないのです。でも、希望持てるのです、働いている人たちにとっては。この点ぜひお願いしたいというふうに思います。
 この三つについて市長の方からお伺いしたいということと、それから言葉上の問題で恐縮ですけれども、今度来年の3月というのは合併の是非ではありませんよね。是非の方向性ということですよね、決めることは。市長がさっき是非と言いましたけれども、是非の方向性ということで訂正していただければというふうに思います。
 次ですけれども、あと幾つか改善の内容もありましたのですが、エンゼルプランの問題については今期というのは3月までですから、実は私議員になってからこれ毎回言って、もう2年間もほごにされているのです。去年の実は12月にはつくりますという話までされていて、それもされていないということですので、ぜひこれは早急に立ち上げていただきたいということを重ねてお願いしたい。返答は要りません。そういう決意でなるべく早目にやっていただきたいということです。
 それから、通学路の問題でどうもありがとうございました。ただ、心配なのは押しボタンなのですね。小さな子供たちが移るわけですから、なれるまでやっぱり人が立つなり何なり、親御さんの協力も必要かと思いますけれども、教育行政としても何をしていくかというあたりのことはぜひご検討いただきたいというふうに思います。
 それと、マニュアルが早急にできて、非常に対応が早かったというふうに僕は思っているのですけれども、実際防犯ベルとこれですね。あれ自体でいって対応がどうなのかということをもう一度検討してもらいたいのです。やっぱり一番早いのではないかと、インターホンが。この点はもう一度検討していただけるかどうかということだけご返事をお願いしたいということで、以上
P.197
です。
 2回目を終わらせていただきます。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 合併のことなのですけれども、是非を、そうですね、方向性を決める、これは言われるとおりでありまして、そういう方向でご理解していただきたいと思います。
 それから、保育園の避難口、私も実は見てまいりまして、これちょっと問題があるなというふうに思っています。ただ、今その避難する方向をどういうふうに定めていくのか、場合によっては一部要するに土地を買ってやるとかという方向もちょっと検討しなければいけないと、この点につきましてはこれは大事な生命にかかわることですので、取り組んでいきたいと。
 それから、職員の給料の関係なのですが、これ当然いろいろな形で本当にふやしてあげたい。しかし、この財政の厳しい中、職につけない方もたくさんいる中で、これはもういろいろと議論していかないといけないなと思いますが、ただ生活改善ということにつきましては、全職員の待遇の問題というのはしっかりとやはり検討していかなければいけないと、このように考えておりますので、将来に向けてどういう方向が一番いいのか、議論をしていきたい、このように思っております。
 以上であります。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 今のマニュアルの関係でございますが、見直しということでなくて、ご提言として承りたいと思います。
○福村光泰 議長 山口公悦議員の再々質問を許します。
◆山口公悦 議員 臨時的任用職員という定義については、先ほど担当課の方から話されましたけれども、恒常的な仕事であると、専門性もあるという内容なのです。一般的な今全体の臨時的任用職員ということを対象として私は話しているわけではないのです。今回については、確かに見直さなければならない全体はありますけれども、児童館職員のそれも市長の裁量の範囲でできる、すべてではなくて期末割り増し賃金の支給基準、ここについて12月に向けて、将来ではなくて、12月に向けて検討してもらいたいということを重ねてお願いしています。要望で置いておきます。
○福村光泰 議長 山口公悦議員の質問を終了します。

△散会の宣告(午後4時16分)
○福村光泰 議長 以上で本日の日程は終了いたしました。
 明日20日は午前9時30分から本会議を開き、市政に対する一般質問を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.199
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月20日)
 開  議
 日程第1 市政に対する一般質問
     16番  金 澤 知恵子 議員
      4番  足 立 志津子 議員
     22番  井 上 和 憲 議員
     14番  鈴 木   実 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員
 次回予定報告・散会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員

〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長

P.200
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   吉 野 英 明  教  育  長      井 上 和 男  教 育 次 長
   田 中 利 次  選挙管理委員会      島 村   栄  監 査 委 員
            書  記  長               事 務 局 長
   河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長



P.201
△開議の宣告(午前9時30分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会第17日の会議を開きます。

△欠席届
○福村光泰 議長 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。
 教育委員会委員長・山元弘(私事都合1日)。代表監査委員・中野武(私事都合1日)。以上でございます。

△発言の訂正
○福村光泰 議長 長島都市整備部長から18日の山川寿美江議員の質問に対する答弁中、一部誤りがありましたので、訂正したい旨申し出がありました。これを許します。
 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 昨日の山川議員さんの自転車撤去の中で、「さくら銀行」とお答えをさせていただきましたけれども、これは「三井住友銀行」の誤りでしたので、訂正させていただきます。どうも申しわけございませんでした。
         〔「きのうじゃなくて、一昨日」という声あり〕
◎長島直行 都市整備部長 大変失礼いたしました。一昨日のご答弁の中ででございますので、よろしくお願いいたしたいと思います。

△日程第1 市政に対する一般質問
○福村光泰 議長 日程第1、昨日に引き続き市政に対する一般質問を行います。
 発言通告がありますので、順次これを許します。
 初めに、金澤知恵子議員の質問を許します。
         〔16番金澤知恵子議員登壇〕(拍手あり)
◆金澤知恵子 議員 おはようございます。ただいま議長よりお許しをいただきましたので、市政に対する一般質問を行わせていただきます。今回は、「まちづくり(自立と自律)」というテーマでお伺いさせていただきます。通告の番号なのですが、(1)(2)(3)(3)(4)(5)(6)となってしまいましたが、それは番号順によろしくお願いいたします。
 まず初めに、環境都市宣言についてであります。21世紀は、環境の世紀とも言われております。環境については、昨今の異常とも言える温暖化の問題、そして環境ホルモンやダイオキシン問題、ごみ問題等々、我々を取り巻く環境の悪化は待ったなしの状況であります。私たち市民と行政、
P.202
事業者などが協同して、次世代を担う子供たちに少しでもよりよい環境を残していくことが我々に与えられた使命と考えます。
 さて、私たちのまち上福岡は、平成13年から平成22年までの第三次総合振興計画を策定し、既にスタートを開始しております。この振興計画では、上福岡市の将来都市像をわたしのまち循環型社会かみふくおかとし、わたしのまちという意識のもと、一人一人が知恵と意欲を生かし、連携し、想像を高めながら循環することにより21世紀にふさわしい協働による社会、自然、文化をつくり出すとしております。また、時を同じくして平成13年度からは上福岡市環境基本条例も施行されております。この中では前文で、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄といった社会システムを抜本的に見直し、省資源、省エネの推進、廃棄物の発生抑制、循環的な利用を進める社会を築いていくことが求められているとうたわれており、市、市民、事業者、民間団体の責務がそれぞれ明記されております。21世紀の環境の世紀も我々がどう認識し、どう協働して責務の遂行が行われるのかにかかっております。上福岡市では、現在環境基本計画の策定が始まっていると思いますが、今後上福岡市として環境都市宣言をして環境の保全、再生及び創造をより一層強力に推し進めるべきだと考えますが、その意向があるかどうか、まずお伺いいたします。
 次に、新エネルギー、バイオマス、太陽光、廃油等についてお伺いします。先ほどの環境都市宣言の中でも触れましたが、これからの時代、大量生産、大量消費、大量廃棄といったものは見直していかなければなりません。このようなことからも、廃材などを利用したバイオマスによる発電や、自然の恵みを利用した太陽光発電、また前々から私が質問させていただいております廃油を利用したエネルギーの利用などについて今後どうされるのか。取り入れていく予定がおありなのか、まずお伺いいたします。特にバイオマスについて、当市は森林の保護、育成ということから、森ダム基金というすばらしい制度をお持ちでございます。この制度の一環としての取り組みはできないものかどうかお伺いいたします。
 次に、市内循環バスについてお伺いいたします。さまざまな角度から何度も質問させていただいておりますが、さて現在市で行っている体操教室、保健センターで行われておりますが、その申し込みはフクトピアで行われているようです。一つのことをするにも、あっちに行ったり、こっちに行ったりしております。身近な窓口の利用法をもっと考えるべきであると思いますし、不便であります。これらは、精査していったらどうかと思います。そんな中でアンケートでも希望の多い市内循環バスによって公共施設をスムーズに回れるよう、ぜひお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか、お伺いいたします。
 次に、オータクナイゼーションについてお伺いいたします。東京都の大田区内では大量生産、大量消費時代には憂き目のなかった中小零細企業が試作品の製作など、一品生産としてすぐれた技術、高度なスキルを持って、今は大変重要視されております。大田区内で行われておりますので、オータクナイゼーションと呼ばれているようです。消費者の個々のニーズに合わせた精度の
P.203
高い製品を産出して、零細企業ならではの小さな工業の復活の可能性が今クローズアップされております。趣味の多様化など、今までは消費者側からのニーズを生産者が把握できなかったものがインターネットなどを通じてそうした情報が把握できるようになったことで、小ロットや傷物などの商品が流通する市場がコンピューターの上に成立しました。将来は建材物だけでなく、さまざまなもののリサイクルを個人ケアと組み合わせて仕事にするという小規模企業がエコロジー社会を求める動きに合わせて、さらに多く生まれてくるに違いないと言われております。さて、上福岡でもこれらオータクナイゼーションに見るような、上福岡市ならではの小さな商工業の活性化の可能性はあるのでしょうか、お伺いいたします。
 次に、スーパー銭湯についてお伺いいたします。各地でスーパー銭湯が建設され、続々オープンしております。盛況を博しているようでありますが、当市でも25階のビルが西口に建てられると伺っておりますので、上層階にスーパー銭湯をつくり、健康増進に役立てることはできないのでしょうかと提案してまいりました。今回は視点を変えて、公衆浴場近代化設備資金補助金が地域の銭湯に出ておりますので、近代化された各地の銭湯にスーパー銭湯の日を設定して、高齢者の方の健康増進のために開放するなり、高齢者への開かれたスペースでの1日の憩いの日を設けることはできないのかお伺いいたします。それで、地元の浴場主とそういうことについて話し合われたことがあるのかどうか。また、公衆浴場近代化設備資金補助金の使途は県の方で決まっているようでありまして、今回は塗装等に使われたように伺っております。今後は、高齢者の予防医療の前段として、またストレス解消、近隣との交流などの視点から、地域における憩いの場としてスーパー銭湯の設備のための補助金の方向性に考えることはできないのかどうか伺います。
 次に、敬老会について、今までも何度か開催の方法について申し入れをさせていただきましたが、申し入れを取り入れていただいて、改善していただいた部分もあるようでありがとうございました。ことしは9月7日、勤労福祉センターで敬老会が行われました。かわいらしい幼稚園児の歌と踊り、また自治会推薦の地域限定のスターの方々の登場と、お金をかけない手づくりのアットホームな敬老会となり、お元気な方々のステージに本当に感心させられました。帰りには、おまんじゅうとお弁当が手渡され、それなりに満足のいくものであったかと思い、担当の方々のご苦労に敬意を表したいところでございます。
 さて、敬老とは口で唱えるだけでなく、日常における世代間の交流が大事であり、核家族化の中で小中学生も高齢者との触れ合う場のない方もいらっしゃるのではないかと思います。次回はぜひ小中学生も参加して、お手伝いができるようには考えられないのでしょうか、お伺いいたします。また、午前、午後と1回に500名近くの参加者がありましたが、危機管理はどのようになっているのでしょうか。このような時代にあっては、いつどのようなことが起きるかわかりません。若い方々の人手をかりて、何かあったらスムーズに避難できるように危機管理も必要なのではないでしょうか。この点についてどうお考えなのかお伺いいたします。

P.204
 次に、ファミリーサポートセンターの活用についてお伺いいたします。ファミリーサポートセンターも設立以来2年となりますが、地域の方々から急なとき大変助かったなどと喜ばれておるところでございますが、料金の設定についてお伺いさせていただきます。現在1時間当たり700円となっているようです。1日保育といいますか、短時間保育では1日で1,500円と聞いております。これらを比較すると、料金が高いのではないか。もう少し安く設定すれば、もっと利用しやすいとの話があります。補助を考えるなり、もう少し何か方法が考えられないのかお伺いいたします。
 次に、ファミリーサポートのサービスの提供は現在子供だけとなっております。今後は、高齢者向けのサポートもファミリーサポートでできるように拡大の方向は考えられないのでしょうか、お伺いいたします。そして、そのときにボランティアも考えに入れていただきたいと思います。何か社会の役に立ちたいと思う人のボランティアの窓口とボランティアの活用は、今後のまちづくりの方向性の選択に欠かせないと考えますが、いかがでしょうか、お伺いいたします。
 次に、新生児聴覚検査についてお伺いいたします。前回も取り上げさせていただきましたが、早期発見は確実に難聴者を救うことになります。新生児初期検診の項目に聴覚検査の項目が入れられないのかどうかお伺いいたします。また、検査項目に入れると、どの程度の予算措置が必要なのかについてもお伺いいたします。
 次に、公園についてお伺いいたします。今回は、市内公園箱形ブランコについてお伺いいたします。全国的に箱形ブランコで子供が転落したり、ブランコの間に挟まれるという事故が多発して問題になっております。市内に箱形ブランコがあるのかどうか。あるとしたら、設置数と現在の状況と今後の処理方法はどうするのかについてお伺いいたします。
 次に、防災についてお伺いいたします。台風15号は、各地に強い風雨をもたらしました。幸い上福岡は大きな被害には至りませんでしたが、水害に強い都市にするために東京都はことし車道の一部を雨水がしみ込む舗装に変えたようです。歩道は、既に3分の1が透水性になっている。これに面積の多い車道が加われば、効果が大きいと言われております。環境面での好感も多いと思われますが、防災担当としてはこれについてはどう考えているのか。また、道路課としてもどうお思いかお伺いいたします。
 次に、先日第3中学校における防災訓練に参加させていただきました。震度6以上の地震の後に家族の安否の確認をするには、171にメッセージを託すことができることを知りました。ほかの議員でも知らない方がほとんどでした。これは、周知されているのでしょうか伺います。
 また、以前も質問しておりますが、南台の飛び地や大井町と複雑に入り組んだ行政境の地域の方々には、合併こそしておりませんが、広域的な見地から市外でもすぐ近くの避難場所等の案内をすべきだと考えておりますが、いかがでしょうか。
 また、このたびのニューヨークのテロ事件はさまざまなことを考えさせられました。危機管理
P.205
をどうすればよいのかは命にかかわる大事な問題です。そこで、お伺いいたします。公共施設における危機管理、また市の主催の催し物における危険回避のための方策は考えられているのでしょうか。アメリカの例をまつまでもなく、すべての災害におけるハザードマップや対策の方向性が明確になっているのかどうか。すべて対岸の火として傍観できる時代ではない。危険は身近に迫っております。防災は、これからの大変大事な分野です。どう考えておいでなのかお伺いいたします。
 次に、職員研修についてお伺いいたします。社会情勢は依然として非常に厳しく、一般の会社においてはリストラでの失職、また求職、転職が非常に難しいため事務処理や窓口対応など公務員に向ける目も厳しくなってきているかと思います。今地方分権が進められておる中で、職員研修はどのように図られ、変更がされたのでしょうか、お伺いいたします。地方分権が進む中、各自治体での危機管理や方向性の自律が求められているかと思います。その観点からの答弁をお願いいたします。
 以上で最初の質問を終わります。(拍手あり)
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対するご質問に順次お答えを申し上げます。
 まず、市内循環バスについてお答えを申し上げます。ご指摘のとおり例えば高齢者の方が市内の公共施設等を行き来されることには大変困難さを伴いますことからも、市内循環バスの必要性については十分認識しているところでございます。しかしながら、例えば市内循環バスの単独導入につきましては、現在の厳しい財政状況ですとか、他の事業との優先順位の問題、道路などの交通事情を総合的に判断いたしますと、現時点ではなかなか難しい状況にあるのではなかろうかと判断しているところでございます。
 続きまして、職員研修についてお答えを申し上げます。職員研修につきましては、地方公務員法第39条で勤務能率の発揮及び増進のために、研修を受ける機会が与えられなければならないと規定されておりまして、市におきましても職員研修に関する規定を定め、実施しているところでございます。ご質問の地方分権が進められる中での職員研修ということでございますが、地方分権により自治体の職員の形成能力が特に課題となっておりますことから、若手職員や係長級、課長補佐級の研修には近年政策形成のための研修科目を取り入れております。また、当市も加わっております彩の国さいたま人づくり広域連合におきましても、時代に合った新たな研修を実施しておりまして、そこへ市職員を派遣し、研修を受けさせることによりまして人材の育成に努めているところでございます。職員研修につきましては、今後も職員の資質向上と能力開発、そして人材の育成を進めていくためにも、時代に即したものを取り入れ、また毎年見直しをしながら、よりよい研修が実施できるよう努めてまいりたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。

P.206
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私の方にいただいたご質問にお答えいたします。
 まず、環境都市宣言についてお答えいたします。21世紀は環境の時代と、まさしくそのとおりというふうに思います。今までのようなライフスタイルを見直し、いかに環境を守っていかなければならないかということは、行政はもとより市民の方との協働をなくして進められないと感じております。まさにご質問のとおりというふうに思います。ご質問にありました市で現在環境基本計画の策定に入っておりますので、この中でも当然議論されていくべきものではないかというふうに考えています。ぜひそこまで持っていきたいというふうに思っております。
 次に、バイオマス、太陽光、それから廃油の関係の新エネルギーですけれども、まず廃油の利用についてでございますけれども、確かにご質問者から何回もご提言をいただいております。東京の自由が丘での取り組み伺っておりますが、残念ながらまだ現地を視察できない状況であります。したがって、この件につきましてはもうしばらく猶予をいただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 次に、バイオマスの関係でございますが、飯能市など林業地域であれば間伐材を利用したり、杉の皮を利用するなどして、施設の設置もある程度場所が確保できるかというふうに思いますが、上福岡市においてのバイオマス事業についてはちょっと難しいものではないかというふうに今現在考えております。
 また、太陽光発電でございますが、現在廃棄物減量等推進審議会においてエコ商店街の審議を行っております。この中で、エコ商店街としてスタートするに当たりまして、太陽光発電を利用した取り組みができないか議論をしておりまして、間もなく審議会としての答申が予定されております。その中で打ち出された施策が現実のものとなるように期待しておるところでございます。
 次に、オータクナイゼーションという言葉で、中小零細企業が密集する東京大田区の存在がクローズアップされています。それは、大田区にある多くの零細企業が高度知的産業に結びついたハイレベルの技術を持ち、その技術で試作品をつくり、発明や一層の技術発展を助けているというふうに言われています。このことは、高度な熟練と技術を持った零細企業が復活し、生き延びていくことになると言われております。我が上福岡市では、商工会の中の工業部の中にアイデアと物づくりの会というのがございます。通称アイコンクラブ上福岡と言っておりますけれども、現在会員が10社となっております。毎月定例会を持ちまして、会の活動といたしましては、一人で考えるよりみんなで考えようというのを合い言葉にしてございまして、アイデアに関する意見交換、新製品の研究、開発を行っております。目的に向かって会員一同積極的に活動しておりますので、期待しているところでございます。まだ発足して間もないのですけれども、これまでの実績といたしましてオンザロック用透明氷製氷器、これをつくりまして現在特許の申請中だそう
P.207
であります。また、七夕まつり用の鉄の竹なども製品化しております。今回の七夕まつりにも参加しておりました。鉄の竹であります。期待しているところでございます。
 次に、防災の関係のご質問にお答え申し上げます。雨水がしみ込む舗装等事例をご紹介いただきましたけれども、防災担当としてどう考えるかというご質問でしたので、お答え申し上げますけれども、ご指摘のとおり下水道や河川の限界を考えると、そうした施設による対応、これ大事なことというふうに思います。上福岡市の地域防災計画の基本方針の一つに、防災に視点を置いた総合的な施策展開を図るということで、防災の視点をとらえたまちづくりというのをうたっております。防災担当として、現状はいわゆるソフト部分といいますか、意識啓発ですとか、防災の訓練、地区計画、災害対策等々を担当しておりまして、いわゆるご指摘のハード部分は他部門にお任せというような部分がございます。そういう形態に若干疑問を感じております。防災に関してはハードもソフトも一体でございますので、もっとハード部門と連携を密にしながら対応していきたいというふうに強く感じている次第であります。
 次に、災害用伝言ダイヤル171の関係ですけれども、ご指摘のとおり先日、8月26日ですけれども、2市2町の合同防災訓練の中で、安否確認がとても大事だということで訓練項目の一つといたしました。この171は、NTTが災害時に提供する災害用伝言ダイヤルでありまして、被災地域内やその他の地域の方々と声の伝言板ということになります。被災地の方が録音した安否などに関する情報を他の地域の方が聞けるようになります。また、他の地域の方から被災地の方へメッセージを送ることが可能となります。これは、いわゆる被災地からほかのところへ電話が不通になるということで、その途中で171が設けてありまして、そこへ伝言ダイヤルしておくと、また被災地以外の方はそちら電話いたしますと電話が聞けるというシステムであります。これは、平常時では使えません。提供開始はNTTが決定してテレビ、ラジオ等で知らせるというふうになっております。一般加入電話、公衆電話、携帯電話、PHSから一般の回線とは別に優先して利用できることになっております。平成11年度と平成12年度の地域密着型防災訓練時においても、このシステムを活用して安否確認訓練を行っております。NTTと協議をさせていただいて、さまざまな周知方法を考えていきたいというふうに思っております。
 それから、南台の飛び地といいますか、行政境の関係のご質問ですけれども、緊急時の避難場所ということでは指定されているところでなくても安全に避難できる場所であれば避難していただくようになります。ただし、落ちつきましたら、安全が確認できたらですけれども、安否確認もありますので、指定された避難場所に来ていただきたいというふうに思います。また、住民が避難する防災拠点の位置、防災施設等を掲載した防災マップをつくり、再度周知徹底を図ることも考えていきたいと思います。南台につきましては、今後地区の防災計画をつくります。ご指摘のように地域の特性というのがありますので、そういったものを配慮して、地域の皆さんと考えていきたいというふうに思いますし、また我々も大井町と協議させていただいて、よい方法を考
P.208
えていきたいというふうに思います。
 それから、公共施設の危機管理等のご質問でございますけれども、施設等の危機管理については施設の管理者が、あるいは催し物はその主催者が当然きちっと考えていくというふうに思いますけれども、市の地域防災計画では風水害と地震を想定しています。水害に対する危険度、地盤の状況等はこの計画に提示してあります。各地域の防災上の課題については、地区カルテで提示しております。これ以外の大きな災害が発生した場合、大火災ですとか、いろいろありますけれども、地域防災計画の災害時の体制により対処することとなると思います。防災は、地域全体で取り組むべきものであります。地域全体、企業、そして行政の各分野で防災意識を高め、施策を展開していく必要があります。それが課題でもあります。防災について、これで安心という尺度はありません。それぞれが自分のことは自分で守るという意識を持ち、新地域防災計画のスローガンであります逃げる発想から守る対策へを基本に、これからも行政施策全般の防災の視点を入れて、総合的な施策の中で展開していくべきものというふうに考えております。ご指摘のとおり、防災は大変大事な分野であります。心して取り組んでまいりたいというふうに思っております。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 市内の公園の箱形ブランコについてお答えをさせていただきます。箱形ブランコにつきましては、平成13年6月に国土交通省の公園緑地課長名で箱形ブランコにつきましての使用停止、安全確保の通知がございましたので、市といたしましても箱形ブランコ使用につきましては使用ができないよう対策を講じたところでございます。当市におきましては、箱形ブランコは11公園13基が設置してありますので、今後の安全対策につきまして遊具メーカー等とも打ち合わせをさせていただきましたが、撤去するしか安全対策はないとのことでございますので、お子様の安全を第一に考えまして、早い時期に撤去をしたいと考えております。
 それから次に、防災関係のご質問にお答えをさせていただきます。東京都において車道を雨水が浸透します舗装にしたというご質問でございますが、当市といたしましては道路の透水舗装につきまして、市内5路線の歩道について透水性舗装及び透水性のインターロッキング舗装を実施をさせていただいておりますが、車道については現時点では実施しておりませんので、ご指摘の内容を踏まえまして今後十分研究させていただきたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、保健福祉部関係についてご答弁申し上げます。
 まず、スーパー銭湯に関しまして公衆浴場を地域高齢者が集まる場所として活用を考えられないかというご質問でございますが、過去におきまして公衆浴場につきましては地域の浴場施設と
P.209
しての重要な施設でありますが、自然の形での地域のコミュニティー、自然の交流の場としての役割もあったという形で認識しております。なお、現在高齢福祉施策の一環といたしましては、入浴料の助成制度という形をとりまして、65歳以上のひとり暮らしの方、または自宅に入浴設備のない方を対象に、週2回の公衆浴場利用という形で助成金を交付しております。この利用状況につきましては、217名の方が登録なさいまして、1カ月平均6回程度の利用がございます。このような担当部といたしましては、地域性を重視した上で地域の方々が公衆浴場を高齢者の方の交流を図る場所として地域高齢福祉の推進につなげるというような形ができるかどうか、そういうような形でつなげられるような状態であれば支援していきたいという形で考えております。また、どのような活用が考えられるのかという点につきまして、今後市といたしまして自治会等へのアンケート調査などを実施しながら、活用の考え方を含めてお聞きしながら進めていきたいというふうに考えております。
 続きまして、敬老会の関係でございますが、ご質問のありました小中学生のかかわり、こういうような参加はどうなのかというご質問でございますが、敬老会につきましては平成13年度につきましては一部内容を変更いたしまして、先ほどのご質問にありましたとおり手づくりの敬老会の実施をさせていただいています。確かに議員さんがおっしゃっているように核家族化が進み、世代を超えた家族構成、こういう現在の状況から世代間交流が欠けていくというような形がございますので、こういう要件も大切なものと考えております。子供にとりましてお年寄りを敬い、大切にする心を育成し、お年寄りにとって経験を生かした知恵伝えることも大切なことだと思っております。こういうような形の子供との高齢者の触れ合える場の設定という形も当然必要となってまいります。他の施策から見てみますと、教育委員会さんの方では福祉協力校という形で各中学校が社会福祉協議会の方の指定を受けまして文化祭、体育祭などいろんな形の行事に地域のお年寄りをお招きしながら交流を図っているという状況もございます。また、特別養護老人ホームへの訪問なども実施されているようで、交流という形は微々たるものでございますが、図っているような状況もございます。敬老会という形をとらえた段階におきましては、当然そういう趣旨をわきまえまして、担当部署、教育委員会の方とも協力いたしまして、今後そういう点を導入する方向で検討してみたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 それとあと、危機管理の問題でございますが、当然センターでございますので、施設側との対応という形で、施設の対応というものが危機管理としては当然ございますが、担当部といたしましても職員を配置しながら危険、そういうような形が出た段階においての安全の部分について配慮いたしております。
 それと、ファミリーサポートセンターの活用ということでございますが、昨年9月の活動開始以来既に1年が経過しまして、登録会員も128名と事業創設時と比べまして大幅な増員となっております。また、本年8月31日現在における活動実績は123件と、取り組みの趣旨が徐々に市民
P.210
に浸透してきたものと認識しております。しかしながら、ご指摘のありましたように保育園の送迎など、子供中心のものに限られているという業務自体の限定、それと料金体系、こういうものについてもご指摘のとおり一部課題があるものと思っております。また、多くの皆様に有効的に活用いただく上で、どのような方法をとれば一番活用できるか検討していくものと考えております。本年第2回定例会におきましてお答え申し上げたところでございますが、1月の省庁再編によりまして労働省から厚生労働省に所管が変わりました。この機関の関係厚生省、労働省の連携という形も図られてまいりますので、事業の見直しは国の方においても進められておるようでございますので、いずれもその具体的な方針が示される、もうそろそろという形で聞いておりますので、その具体的なものが出ました段階におきましてご指摘の点、ボランティアの活用なども踏まえながら、事業の充実に向けまして十分検討させていただきたいと思います。
 それと、新生児聴覚検査関係でございますが、この検査につきましては現状におきましては保健センターで実施しております3歳児健診、この際におきまして聴覚検査という形のものを実施しております。前年度におきまして1件の難聴関係が発見されております。国におきましては早期発見、早期治療という観点から、やはり医学の進歩という形でいろんな高度な機械、こういうものができました関係で、国の方といたしまして平成12年10月に新生児聴覚検査の方針を出しております。この方針の中からいきますと、実施主体は都道府県及び指定都市、当面は試行的に実施するという形になっております。検査につきましては、検査体制が整備された医療機関に委託して行うということになっております。埼玉県の方にお聞きいたしましたところ、平成13年度から産婦人科、耳鼻科の医療機関と実施に向けた形での調整を始めているという状況でございます。市といたしましては実施主体、都道府県あるいは指定都市という形になっておりますので、現状におきまして市の実施ということは考えておりません。この関係から、経費等につきましても現状で積算しておりません。申しわけございません。今後の市とのかかわりでございますけれども、実施主体、これは都道府県でございますが、県と病院との調整が整い次第、どのような実施方法でやっていくかというものが市町村の方におりてくると思います。その段階におきまして、その方針が明確になった時点で市の役割が明確になりますので、今後県の方の検査に合わせまして市が努力していきたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 敬老会等ボランティア活動に参加することについて、教育委員会としましてお考えを申し上げたいと思います。児童や生徒にとって地域の方々との交流により社会生活を知ることは、人間形成の中で非常に大切なことであります。学校の中だけでできない教育部門であると考えます。担当部局と学校との連携を密にし、参加できるよう計画していきたいと考えており
P.211
ます。
 以上であります。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の再質問を許します。
◆金澤知恵子 議員 環境都市宣言について、まず再質問させていただきますが、今こそ上福岡市は環境都市宣言をして、環境をどこよりも考えたまちづくりをしていくべきだと考えております。道路は雨水の浸透する舗装にして大地に水を含ませることは、防災上も効果がありますし、ヒートアイランド現象を緩和することとなり、温暖化を幾らかでも防止することになるのではないでしょうか。
 前回もお話ししたとおり屋上緑化の取り組み、現在霞ケ丘団地で平家の建物にはセダムシートを屋上に設置しているようです。これですと、コンクリートで60度ぐらいに温度が上がったときに、このセダムシートを使いますと40度から50度というふうに温度が低くなるようです。何か芝生を張るという方法もあるそうで、そちらだと30度ぐらい温度が下がるそうですけれども、そうすると構造とか全部変えなければならない部分があるので、今セダムシートに取り組んでいるということでした。
 また、高層というか、3階建てぐらいの駐車場の壁面にはツタを絡めるなどして、環境対策に率先して霞ケ丘団地の都市基盤整備公団としては取り組まれているようでありました。お伺いしたところによりますと、高層のところから低層の屋上を見たときに、景観としても緑があった方が随分いいということで、その部分も含めてセダムシートを利用しているということでありました。ですけれども、大きな部分がこのセダムシート等で囲まれていくことになれば、若干ずつでも温度を低下させることはできるのではないかというようなことでした。
 新宿御苑の緑の多いところでは一、二度温度が低いという報道もされておりますので、まず市はまた庁用車のリース化の中でもエコカー、ハイブリッドカーの導入、またごみ減量対策や環境家計簿の導入、こういうことを取り入れた環境優先の都市づくりのためにも、環境都市宣言がまずできないのかどうかということを伺います。そして、もし雨水浸透型舗装をするための問題点、現在の舗装方式と比べて単価的にはどの程度違っているのかについても伺います。
 そして、新エネルギーのところでございますが、森ダム基金という制度が上福岡市にはございますので、これのインターネットでの全国への呼びかけなどは考えられないのかどうかについて伺います。
 そして、長野では間伐材などの除去のために、新しい雇用体系を生み出しているというようなお話も伺いました。それには、やっぱりそれなりの技術と修練が必要であるというようなお話もございましたけれども、こういう部分からもやはり森ダム基金を中心としてそういう構想の展開、全国的に発信していくべきではないかというふうに思っております。
 それから、先ほどの市内循環バスの答弁によりますと、必要性は大変認識しておりますが、単
P.212
独では財政難のために難しいというようなお話がございました。たしかこの間の敬老会は道路に何か表示がありまして、敬老会の送り迎え、マイクロバス等いろいろバスを使って高齢者の方々を送り迎えされたと伺っておりますし、拝見したように思っておりますが、こういうものを拡大する方向でまず取りかかれる方法はないのかというふうに思います。先ほど事例を申し上げまして、体操教室が保健センターで2階で行われるわけですけれども、申し込みはフクトピアに行くというような方向があります。あっち行ったり、こっち行ったりということでなくて、パソコンの端末を使ったら西側の出張所等でも申し込みができるのではないかというふうに思います。ITは進んでいくけれども、身近なところでの親切な窓口の設定、こういうものは考えられてもいいのではないでしょうか。にわかに市内循環バスが導入できないというようなお答えであれば、そういう方向性というのは当然考えられていくべきではないかと思いますが、それはいかがでしょうか。
 それから、オータクナイゼーションというのはさまざまなことを私たちに教えてくれているのではないかというふうに思います。先ほどアイデアと物づくりの会という新製品の開発でオンザロックの透明の氷、一部の方は喜ばれるでしょうが、こういうアイデアがあるとか、鉄の竹とかが生まれているという状況も伺いました。それと同時に、今まで熟練された技術、またそこならではのそういう商品というものがあってもいいのではないか。身近なところでは、今上福岡では商工業として、工業の部分ではちょっと先ほどのお話ぐらいしかわかりませんけれども、もぎたて屋とか、また人気がありまして時々利用させていただいておりますが、だれも消費者は新鮮で安くてよいものを求めたいという思いは同じで、少し遅くなると売り切れているということが多いようです。曲がってしまっているキュウリとか、いろいろそこの生産者によって形は違っても、市民の個々のニーズに合わせてそういうものが大きく展開できる方向。生産者というのは、これは一定なのでしょうか。拡大されていく方向性とかはあるのでしょうか。
 今衰退しているという商工業の中で、何か1点広がりを見せるような部分を見つけ出していく、そういうことが大事なのではないかというふうに思います。そういう部分で、コンピューターの上での市場の成立などを利用して、上福岡市ならではのものを全国ネットに乗せて販売する方向性、例えば福祉の部分などではその人それぞれの障害によって必要とする部品とかが違ったりするわけです。そういうものについて、個々に対応できる生産というのは大企業ではできない。小企業で本当に隅々まで思いの行き届いたような商品、製品が必要とされているという時代であります。今までそれが消費者と生産者の思いが一致するような市場がなかなか掌握できなかったという部分が、今コンピューターの開発によってネット上で取引ができるという時代に入りましたので、そういう意味で上福岡市の活性化の方向性、探れるのではないかということでお伺いしておりますので、答弁をお願いいたします。
 それから、スーパー銭湯でございますけれども、高齢者の方が病院のロビーなどでサロンのよ
P.213
うにしてお話をしていらして医療費を大きくするよりも、スーパー銭湯に限らず地域の銭湯で話をしたり、近隣の状況、さまざまな知恵の交流とかがあれば、もっと日常の中に潤いができるのではないかというふうに思います。何日も話をしないで終わってしまったというひとり暮らしの高齢者の話を聞くこともございますので、そういう意味でそういう身近なところにそういう場があれば、もうちょっと高齢者の人も広がりを持って生活をできるのではないかというふうに思いますので、もう一度この辺について答弁お願いしたいと思います。
 それから、敬老会についてでございますが、2回目で教育委員会に小中学生が敬老会に参加して高齢者と触れ合う絶好のチャンスということで、これからは口で敬老ということを唱えたり、教科書とか、そういう部分で教えるのではなく、日常体験の中から高齢者を敬って、高齢者の知恵をかりて、また若い人の力を利用していくことが大事だということで質問しようと思いましたが、教育委員会の方から小中学生が参加する方向でというよい答弁をいただきましたので、これは1回目の答弁でいいということにしておきたいと思います。ただ、敬老会で前回もトイレに行くのにも人手がなくて、体力のある、体格のいい議員の方が高齢者の方をトイレまでお連れしていたような状況があります。それは、たまたまトイレに行きたいというのは個々に時間帯違いますけれども、何か火災とかが起きたときには、やっぱり体制としてそういう力がかりられれば、若い方の力がかりられれば、退避するのももう少しスムーズにいくのではないか。体が思うように動かない方が大勢集まるということは、それだけやっぱり災害弱者といいますか、危険性もはらんでいるということをよくよくわかった上でやっていく必要性があるというのをこの間、一つの事例でありますけれども、そういうことを非常に何かあったらこれはちょっと大変なことだ。身近にいる健康な人たちはもちろん手助けはしますけれども、そういう部分はもうちょっと考えられてもいいのではないかというふうに思いました。
 それから、ファミリーサポートセンターでございますが、今パートに出ても本当に700円という設定を超えるパートの収入というのは少ないわけです。そういう中で恒常的にお仕事していらっしゃる方は保育園に入所できる可能性があるわけですけれども、また短時間保育も入れる可能性もありますけれども、ファミリーサポートを使ったら途端に負担が700円になるというのは、ちょっと大き過ぎて大変だということを考えております。これからは、そういう部分をよく検討していただいて、さっき検討するということですので、この辺はやっぱりちょっと変えていくべきであるというふうに思います。ファミリーサポートセンターをつくっていただきたいということを申し上げまして、市長が即刻実行しますということの答弁の中でファミリーサポートセンターができました。今本当に地域の方々が喜ばれているところでありますけれども、やっぱりそういう部分、利用しにくい部分、これはやっぱり検討して、改正していくという必要があると思いますが、いかがでしょうか。そして、ファミリーサポートセンター、高齢者の方もちょっとサポートしてもらえたらという部分がありますので、これは拡大という方向で検討していただくとい
P.214
うことですので、お願いします。
 それと、ボランティアしたいと思っても、どこでどういうふうなのがあるか、ちょっと公的なところで一言言ってあげられる部分があればいいと思いますので、ファミリーサポート等のところで、例えば敬老会でこのときにはお手伝いいただけますかというのでもいいと思います。いろんなちょっと聞いたら役所の窓口でこんなこともやっているのがわかったとかいう窓口があれば、もっといろんな心配や何かが取り除かれるのではないかというふうに思いますので、その点でよろしくお願いします。それについてはどうなのか伺います。
 そして、新生児聴覚検査ですが、県が、国が上から言われてきたら、おりてきたら、方針がというようなご答弁がありましたが、自律していくということであれば、自治体としてもしそれを導入した場合、予算措置はどうなのか。県から方向が決まる前に、もし自分のところだったらどうなのか、そういうことぐらいは考えられる体制があってもいいのではないかというふうに思いますが、そういうことはできないのでしょうか伺います。
 それから、公園の箱ブランコについて危険が多いので、取り壊すということを伺いましたので、よかったということだと思いますが、撤去費用というのは幾らぐらいかかるのか。また、予算措置はどうするのかについてお伺いいたします。
 それから、防災のことですけれども、都市部での雨水は下水道に流れる。あるいは、ポンプで中小河川へ流すと。まちがコンクリートで覆われて、農村のように水が田畑にたまったり、しみ込んだりしない。下水道や川の能力を上回る雨が降れば、水はまちにあふれるしかない。下水道や川の能力を過信せずに、他の対応もあわせて講じなければならない。横浜市がワールドサッカー競技場の床下を遊水池に、また名古屋市は5カ年計画で地下貯水池を学校のグラウンドや公園にということ、また東京都が雨水浸透式の歩道にということ、これはすべての部分で、環境も含め、いろんな部分からやっぱり取り入れていく必要性があるのではないかということで、先ほどに戻りますが、道路課としてはどのぐらい問題点とか、単価はどの程度今までと違うのかについて伺いたいと思います。
 それから、職員研修ですが、窓口の対応等について、ミスとか対応の悪さなどについていろいろお話が来ております。地方分権が叫ばれてからもう随分たったかと思いますが、内容等について余り変化がない。いつも事業を行うときにどういうものを仮定して、そしてそのためにはどんな準備をするのか、そういう事務の処理の能力とか、そういうこと。それから、これから毎年行われていることについて、なぜ前もってこういうことを準備しておくのだということが、具体例は今挙げませんけれども、そういうことについての取り組みがなされていないのか。事務の流れとかが次の人が引き継いでもすぐわかるように、そして市民の方を集めて何かやるときには前もってわかっていることなので、準備を怠りなくやるというのがやっぱり役所の務めかと思いますが、その辺について頑張っていますというポスターは張りましたけれども、職員の一人一人の中
P.215
に本当に頑張る気持ちがあるのかどうか。それは見えない部分だと思いますが、一つの事業を展開したときに何の準備もされていないで、市民から指摘されて慌ててやるという、毎年やっていることが同じように行き届かないという部分について、どうお考えなのかについてちょっと伺います。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 暫時休憩します。

   休 憩 午前10時24分
   再 開 午前10時25分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 まず、環境都市宣言についてですけれども、環境基本計画きちっとつくり上げまして、土台づくりをして宣言をしていきたいというふうに考えております。
 それから、オータクナイゼーションの関係ですけれども、まだまだ我々勉強不足でございまして、この辺のところちょっと学んでみたいと思いますけれども、先ほどアイデアと物づくりの会というところでいわゆる新製品、新技術の共同研究、開発をしております。そういうところで、小さな企業で大きな仕事ができるように期待しているところであります。それが活性化に結びつけばというふうに考えております。
 私の方にはそのご質問だけだと思いますので、以上です。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 市内の箱形ブランコの撤去費用と予算措置についてはどうなっているのかというご質問でございますが、撤去費用につきましては1台大体5万円程度かかるということで、13基ということでお答えをさせていただいておりますので、65万円ぐらいになろうかと思いますので、予算は少ない中ですが、現在の予算の中で撤去するよう考えていきたいと思っております。
 それから、舗装の単価でございますが、通常市の方で今現在実施している舗装よりも1割程度高くなるかということでございますが、路盤との絡みもございますので、今後研究させていただきたいということでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、スーパー銭湯関係でございますけれども、やはりご質問にありました病院のロビーがサロン化しているとか、いろんな状態の中で、やはり介護保険対象の方についてはデイサービスですか、そういう利用につながっておりますが、自立という認定
P.216
されております高齢者の方々の施策という形の中でやはり独居老人孤立化の防止という形の観点もございます。ただ、サロン的な部分の視点も必要でございますが、やはり今後につきましては地域の中で、日常生活の中での支え合いという視点も当然必要になってまいりますので、それの一つとしてスーパー銭湯の形が活用できるかどうか、先ほど自治会の方の照会等を行いまして検討させていただきたいということでございます。
 それと、敬老会につきましてはご質問にありましたとおり目の行き届かない部分もございましたので、今後につきましては職員体制、こういうものについても充実させていきたいと思っております。
 それと、ファミリーサポートセンターにつきましては、やはり利用しやすい環境づくりというものが一番大切だと思っておりますので、先ほどご答弁申し上げましたとおり検討させていただければと思っております。
 それと、一番最後になりますが、新生児の聴覚関係でございますが、これ県の方の、国の方の施策見ますと、非常に28日以内に入院している新生児に対してという部分もございますし、またお聞きするところによりますと検査方法等が日本の技術でなく、外国の技術を一部使うという形になっておりまして、なかなか実施が県においても調整が難しい状況もございますので、市の方ではなかなか今の段階では難しいと認識しております。
 以上です。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する再質問にお答え申し上げます。
 まず、森ダム基金につきましての関係につきましてご質問があったと思いますが、森ダム基金のインターネットを通じて全国に呼びかけたらどうかというお話でございます。森ダム基金のようなものを制度化するようには、県内の下流地域の市、町にはいろんな機会を通じて今呼びかけておるところでございます。しかし、現在の市のホームページには森ダム基金については載っておりません、確かに。したがいまして、まず市のホームページに載せまして、森ダム基金の趣旨のPRを広く発信していきたいというふうに考えております。
 それから、市内循環バスの関連で単独導入が難しいならば、例えば公共施設の申し込みの窓口を身近なところで設定できないかというような趣旨のご質問があったと思うのですけれども、これにつきましては西口再開発事業に伴う今後の出張所のあり方ということもありますので、今後の研究課題とさせていただければと思っております。
 それから、職員研修に関連いたしまして、職員の仕事の間違いというのでしょうか、そういったものが多いということで、これをどうすべきかというような趣旨のご質問であったかと思うのですけれども、これにつきましては今私ども研修を担当する者といたしましては、仕事のミスをなくす方策ということについては、各職場において実際の職務に関する職場研修ですか、これを
P.217
職場での上司あるいは同僚が指導しておるところでございます。この職場研修についてそれぞれの職場の管理、監督者の意思や態度に任されている部分が多いということで、昨年度から係長以上の職員を対象に職場内研修についての講演会を実施いたしまして、その重要性を認識させているところでございます。この研修の充実によりまして仕事のミスというものをなくして、窓口対応というものをよくしてまいりたいと存じます。よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の再々質問を許します。
◆金澤知恵子 議員 再々質問させていただきます。
 職員研修については、監督者側がきちっとした態度で見てあげてほしいと思います。各個人の研修というよりも管理、監督する側の姿勢もやっぱり大事なのかというふうに思います。事業がスムーズに展開できるようにお願いして再々質問を終わります。
○福村光泰 議長 金澤知恵子議員の質問を終了します。
 休憩します。

   休 憩 午前10時31分
   再 開 午前10時44分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、足立志津子議員の質問を許します。
         〔4番足立志津子議員登壇〕(拍手あり)
◆足立志津子 議員 おはようございます。順番が参りましたので、通告に従って一般質問を行わせていただきます。
 まず初めに、不況対策ということですが、雇用拡大のための施策ということで、この問題に限っては通告の順番の2番目になっております中小企業相談窓口について先に伺わせていただきますので、ご答弁の方よろしくお願いいたします。
 平成12年度版の「統計上福岡」で見ますと、平成11年11月10日の調査で第2次産業が282件のうち19人以下の事業所が256件、上福岡で92.7%です。3次産業は1,643件のうち19人以下の事業所で1,573件、95.7%です。小口融資あっせん状況ということでは、平成6年の22件を最高として、増減はありますが、平成9年からは申し込み件数もあっせん件数も1けたで、昨年12年度はゼロ件でした。今述べましたように、圧倒的に小さな事業所の多い上福岡の商工業に対して、どのような産業政策を持ったらいいのでしょうか。不況が深刻で、融資の申し込みさえもないような事態では、融資のほかにも上福岡に合った政策を立てる必要があるのではないでしょうか。それには、市内事業者の実態がどうなっているのか、事業者が何を求めているのかを知ること、それから始まると思います。墨田区では、係長以上の全職員が区内9,000件の事業所に出向き、市
P.218
がみずから独自の実態調査を行って、その結果、事業者に頼りにされる中小企業センターの開設や小規模工事の受注、発注の窓口創設など、さまざまな政策へと広がっていきました。そこで、上福岡では事業者の実態を知る手だてとしましても、市として事業者の相談に乗れる中小企業相談窓口の設置は考えられないでしょうか。そこには中小企業診断士も置いて、融資の相談だけではなく、技術、人、物、経営方法など総合的に相談に乗れる窓口の開設が必要だと思いますが、どのようにお考えでしょうか。
 次に、小規模契約登録制度の活用についてお尋ねいたします。地元業者の受注機会を拡大するとして始まった小規模修理修繕契約登録制度は、県内では62の自治体に広がっています。上福岡の昨年の実績を見ますと31件、総額で74万6,364円でした。市は、この制度により地元業者の受注機会の拡大を図り、不況対策とする考えが本当にあるのでしょうか。資料を拝見しますと、30万円以下の仕事で小規模契約登録業者のできる種類の仕事も見られます。修理、修繕と小規模契約に条件がつけられているのに、なぜ修理、修繕に他の大きな入札契約の参加業者に仕事を回したのでしょうか。理由を明確にしていただきたいと思います。今後こういった場合は入札、しかしこの条件以外は小規模登録業者に仕事をと明確にしていただきたいと思います。このことについてお答えください。ことし、13年度から上限が50万円までに拡大されましたので、本年度こそこの制度が有効に活用される必要があります。ところが、市は庁内に周知徹底するということを繰り返しますが、効果は上がっていません。昨日の山口議員の質問からも、児童館で何カ所もの修理が必要なこともわかりました。市は、この制度を不況対策と位置づけ、50万円以下の修理、修繕をまず小規模登録業者に回せるようにすることが必要です。他市でもやはりこのことには工夫をしています。例えば荒川区では、校長権限による随意契約で1件当たりの基準金額を修繕50万円にまで引き上げた。杉並区では、50万円までの簡易な工事は学校長が地元業者に発注するように徹底しているなどさまざまにあるようです。この点、市としてどのように考えるかお答えください
 次に、防災対策について伺います。福岡江川の水害対策の進捗状況ですが、新河岸川の改修も進み、福岡江川の樋門もできました。水害対策は順次進んでいるようですが、市内はことしも台風に見舞われ、8月21日の台風でも福岡江川、水宮のあたりはあわや増水かという状態で、近隣の方々ははらはらしています。福岡江川の水害対策について、前議会では今年度基本計画ということで基礎調査、雨水施設、調整池、ポンプ設置など、調査をして年次計画を立てるというお答えでした。このことについてことし調査設計ということですが、ポンプや調整池について今どのような状況になっているのかお知らせください。
 次に、地区防災計画と自治会を初めとした地域住民のかかわりということでお尋ねいたします。市は、平成16年までに地区防災計画を立てるということで、既に幾つかの地域が計画を立てているようです。市の地域防災の基本計画の中心に、地域コミュニティーを基礎に住民みずからが地
P.219
域を守るまちづくりを進めるとありますが、この点で地区防災計画を立てる中で今課題となっている点は何でしょうか。既に3年目ということですので、今までの経験から課題が見えていると思います。計画策定は、自治会を中心に行われているようです。しかし、すべての住民が自治会に加入していない現状、また地区防災計画ができた後で、災害が起こる可能性の高い地域にもかかわらず住民の方々が自治会をやめるような事態もあるようです。地域を守る環境をどのようにつくっていくのか市のお考えを伺います。
 次は、介護保険についてです。在宅介護サービスの実態と市のかかわりということで通告をしておりますが、これについては担当課で実態を調査すると言われておりますので、調査の結果を見てから取り上げたいと思います。一つ伺いたい点はこの実態調査、認定を受けていない方も含めて行われるのかどうかお知らせください。
 次に、介護モニターと介護相談員の活用ということで、介護保険は必要な人に利用されてこそ意味があります。昨年から準備されてきた介護モニター、そして介護相談員はことしということですが、それぞれどのような役割をするのでしょうか、具体的にお答えいただきたいと思います。介護モニター、介護相談員で、住民の相談を受けとめ切れるでしょうか。在宅介護支援センターで相談に乗ってくれているようですが、保険料、利用料など支払いのこと、事業者によるサービスの質など、相談内容の解決までの働きができるところが必要です。こういった点で、専門家を配置した介護保険相談窓口を市に設置をするお考えはないかどうかお答えください。
 介護保険料の負担軽減ということでお尋ねいたします。決算審議の中でも、在宅介護サービスの利用率が40.6%ということがわかりました。利用率の低さは全国的です。先日も全国市長会が国による総合的、統一的な低所得者対策の確立のために働きをすることが必要だという記事を見ました。高齢福祉に関する財政的な面では介護保険の導入で、従来国が50%の負担をしていたものを介護保険の財政負担を保険料で全体の50%を賄い、残り全体では25%を国が、そして市町村と県が12.5%ずつということになったところに問題があると思います。全国市長会は、介護保険は間違いなく国の制度だとして、国に低所得者の対策をすることを求めています。この点について、市としても国に低所得者対策をするべきだという意思表示をする必要があるかと思いますが、このことについてお答えいただきたいと思います。
 今議会に介護保険の改善、充実を求める請願が提出され、福祉教育常任委員会で審議がされました。請願者を代表した参考人は、暑いさなかのお盆を挟んだ2週間の取り組みで4,504名の署名が寄せられた。三つの老人会の協力など今までにない反応で、署名に寄せられる期待を感じた。取り組む中で高血圧、肩凝り、腰痛に悩まされて1日3回の薬、3週間分の薬代を苦にし、1カ月に延ばして飲んでいる。2,000円で5日分の食事を賄っているなど、保険料などの経済的負担が市の在宅介護利用率34.5%という低さにあらわれていると思うと述べています。このような実態の声にこたえて、利用が低くて1億400万円も積み立てる結果になっている今の市の介護保険
P.220
の財政から市として保険料の減免をすべきだと思いますが、いかがでしょうか。
 次に、教育について伺います。まず、少人数授業について伺います。本年度から少人数授業ということで第1小学校、第1中学校に少人数授業ができるようにということで教員の加配が行われています。半年たったわけですが、きめ細かい授業の実践ということで、少人数加配で先生がふえた第1小学校などでの少人数授業の到達と課題についてお尋ねいたします。
 2番目に、総合学習についてお尋ねいたします。私もこの総合学習の課題について伺う予定でしたが、昨日別の議員の質問で明らかになった点もありますので、そこを踏まえてお尋ねいたします。昨日の答弁の中から、総合学習の課題ということでは、教育委員会の方では個に応じた支援のあり方、教師の指導力の向上、地域の協力、成績の評価ということで課題が示されました。そこで、一つ確認させていただきますが、年間100時間以上にわたる総合学習に時間を来年度以降充てていくわけですが、子供たちにより一層きめ細かく対応できる教育環境が必要になると思います。きめ細かく対応するという点で、教育委員会としては具体的にどのようなことを支援していこうとお考えでしょうか、お答えください。
 教育の三つ目は、30人学級の実施についてです。この夏、志木市長が小学校の25人学級に向けて県教育委員会に協力を要請したというニュース、教育委員会はどのようにお聞きになったのでしょうか。上福岡でも30人学級を実施してほしいという要望は、市長選挙の中でも多くの父母や子供たちの声でした。県教育委員会には、市町村から早速の問い合わせが随分寄せられたと聞きます。山形県知事も30人学級の実施に向け、動き出したというニュースは志木のニュースの直後でした。今30人学級が実現できる可能性が広がってきています。教育委員会のお考えをお聞かせください。
 次に、新座市が導入する予定の複数担任制と生活指導補佐員制についてはどのようにお考えでしょうか。6月議会で私は、法改正で学級編制で特例として県の裁量を認めるとなったが、上福岡市で30人学級ができるように県に交渉することを約束する考えはないかと質問しましたところ教育長は、市は法令に基づいて学級編制を行うと答えて、30人学級を市がみずから求めるというお考えはないようでした。第2小学校と第4小学校で13年度の1年生はことし約30人のクラスでした。ところが、来年、平成14年度の統合で新しくできる上野台小学校の2年生になりますと、その子供たちは1クラス約40人という、そういうクラスで勉強することになります。また、第1小学校では今年度1クラス40人、120人の生徒を迎えましたが、来年は今のところ39人、3クラスの予定になると聞いています。この傾向に間違いはないでしょうか、お答えください。
 今保健室にやってくる子供がふえたと養護の先生のお話を伺っています。今までと違って、ちょっとしたことや二、三日前の家での傷でもやってくるそうです。どの子もたわいのないことをおしゃべりして帰っていく。何人も待っている状態だと、もういいやと言って、傷の手当てもしないで帰っていくそうです。志木市長は談話の中で、行き届いた学級運営は40人学級では物理的
P.221
に無理。不登校やいじめ、学級崩壊の要因の一つになると言っています。先ほど申し上げました保健室に来る子供たちのような子供たちのことを考えますと、少人数でのきめ細かい授業をすることにとどまらず、一人一人に深くかかわることができる教育環境の整備、30人学級が必要ではないでしょうか。上福岡市で最低1年生には30人学級実現への工夫をするお考えがないかお尋ねいたします。
 子育て支援、ファミリーサポートセンターの現状と今後ということで、前の議員が現状について伺い、お答えをいただいておりますので、私はファミリーサポートセンターの今後ということで申し上げたいと思います。幼児虐待で我が子を死に至らしめるなど、信じられないような事件も起きています。子育て不安がこのようにまでなってしまう現代では、単に預けるだけではなく、子育て支援センターとの連携も必要だと思います。この点でのお考えを伺います。
 次に、子育て支援の中で中高生の思いっきりスペースということをお尋ねしたいと思います。秋になりますと上福岡公民館で、ことしは二十何回になるのでしょうか、子どもまつりが開かれます。この子どもまつりでボランティアで活動する中高生の姿を見るとき、自分たちで考え、行動するパワーを感じます。そこで、今市の青少年対策を振り返ってみますと、昨年度はファミリーコンサート、ラジオ体操など子ども会の活動の支援、仲間づくりキャンプということで、これは毎年同じような形で繰り返されているのが上福岡の青少年対策ではないでしょうか。中高生が、若い人たちが自分たちで考え、行動するパワーを持っている。そのパワーを発揮できる場所をつくるということが大事だと思います。市長は、市民の声を聞いて野外音楽堂というようなことをきのう答弁されておりましたが、本当に若者たちが何を求めているのかということをしっかり聞く必要があると思います。その結果、野外音楽堂より青少年センターが欲しいという声は、野外音楽堂の話が出るずっと前から出ているところです。
 私は、先日杉並区にある青少年センターゆう杉並というところを見学してきました。ここは、杉並区でも青少年にどういうスペースを確保したらいいのかと考えあぐねたあげく、中高生の実行委員会でさまざまな意見を聞きながら、区全体としてこの青少年センターを支援していく形をとりました。立派な建物ができておりましたので、建物も必要ですが、何より大事だと思ったのは中高生の運営委員会を運営の主にしているということです。公の施設ですが、職員もきちんとかかわってはおりますが、月々の事業内容など、そしていろいろな決まりなども中高生がみずから考えて、みんなが使いやすい施設としていくというようなことが言われています。
 このように上福岡でも中高生の真の要求にこたえる青少年事業を展開する必要があると思います。しかし、今すぐに施設、建物というわけにもいかないと思いますので、現在ある児童館、この児童館の利用対象は本来は18歳までですから、そのことに考えを広げながら、今ある施設の中でどのようなことができるのか。また、市内には新河岸川の河川のところなどスペースもあるかと思いますので、例えばそういうところでマウンテンバイクのコースをつくるなど、若い人たち
P.222
が思いっ切り動けるようなところができるのではないでしょうか。これは、単に場所をつくるということだけではなくて、その場所をつくる過程において若い人たちの声を聞きながら一緒につくり上げていくということが大事だと思いますので、上福岡市の青少年対策、考え方の中心をどのように置かれるのかということをお尋ねしたいと思います。
 以上で質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私の方へのご質問にお答え申し上げます。
 まず初めに、中小企業相談窓口の設置についてのご質問でございますけれども、ご指摘のとおり市といたしましても産業施策を進めていく上で、市内の事業者の実態を把握することは大変重要なことだと思います。しかし、そのことがイコール中小企業相談窓口の設置というふうには考えておりませんけれども、あらゆる機会を通して市内業者の実態の把握に努めてまいりたいというふうに思います。ご提言の相談窓口というのは、これは商工会で行っております内容の相談窓口ではないだろうというふうに推察いたしておりますけれども、相談窓口は大切だと思いますけれども、現状は商工行政の融資や助成というのが中心であります。行政として、そのほかに何をなすべきかと、そういうことを探る意味でも実態の把握というのは必要だというふうに思っております。墨田区の事例をご紹介いただきましたけれども、これは詳しくは存じ上げませんけれども、これは昭和54年と聞いておりますけれども、9,000件の事業所長さんを墨田区役所の係長級職員全員によって調査が行われたと。その調査をもとにさまざまな取り組みがなされるようになったというふうに聞いております。いわゆる区を挙げての取り組みというふうに聞いております。規模でなくて、意気込みは大いに学びたいというふうに存じます。
 それから、地区防災計画の関係のご質問ですけれども、ご質問の中にもございましたけれども、基本方針の中に地域コミュニティーを基礎に市民みずからが地域を守るまちづくりを進めるという、3本柱のうちの1本ですけれども、ございます。それに基づいて市民の防災意識の高揚を図り、自主的な地域の防災体制を強化するために、平成11年度には地域防災モデル活動推進事業ということで創設いたしました。平成11年度は第2中学校を防災拠点とする地域、平成12年度は第7小学校を防災拠点とする地域、それから本年度ですけれども、第3中学校を防災拠点とする地域、それから西公民館を防災拠点とする地域ということで現在実施しております。この事業も3年目に入りました。自治会により温度差があります。同じレベルで進められないというのも現状でございます。この事業は行政がつくり上げるのではなくて、住民みずからが生命、財産を守るため必要な施策を考え、地域が積極的につくり上げていくというものであります。地域住民の積極的な機運が大変大事というふうな事業でございます。まだまだ市から頼まれたからという意識が若干ございますので、その辺のところの意識改革から入らなければならないという課題もござ
P.223
います。市及びコンサル、それで自治会、町内会に入っていきまして、計画づくりのお手伝いをするという1年間でございます。市が計画を策定するのではなくて、自分たちがみずから計画をつくるのだという意識を持っていただくことが大変苦労するという部分でございます。また、この計画はつくって終わりということでなくて、そこから始まるということですので、その辺のところの意識というものも培っていかなければならないというのが課題になっております。防災という共通の問題をみんなで真剣に考え、住民相互の助け合いの輪を広げ、自分たちのまちは自分たちで守ると、そういう連帯意識、地域コミュニティーに基づいた共通の認識を継続して育てていくことが課題というふうになっております。そのこと自体が自治会、町内会の活性化策ではないかというふうに思っております。
 次に、地域を守る環境をどのようにつくっていくかということでありますけれども、地区防災計画策定事業は自治会、町内会に声をかけまして、まず自治会で承諾していただくと。やりましょうという意識を上げていただいて、そして自治会に加入していない方への対策も含めて考えていただくのですけれども、地域ではまだ未加入の方々への対処の仕方というのは頭を痛めているところもございます、確かに。策定の過程でニュースを3回出しておりますけれども、またアンケート調査等も防災に対して意識の高揚を図っております。これらを自治会未加入の方にも配布していただくということでお願いしております。また、こういったことは未加入の方々にいわゆる自治会の活動に対して理解いただく場にもなるのでないかというふうに思っております。居住地、お住まいのところの安全確保というのは住民の共通課題であります。地域防災拠点ごとの自治会、町内会による地区防災計画策定を支援して、防災を通したコミュニティーの再生と実践的な防災活動を進めていきたいというふうに考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、福岡江川の水害対策の進捗状況についてお答えをさせていただきます。
 福岡江川の水害対策の進捗につきましては、新河岸川からの逆流の影響を防止するため、平成12年度事業といたしまして県施行によります福岡江川樋管の設置工事が実施されました。平成13年5月に完成したところでございますが、この樋管が完成したことによりまして台風や大雨のときにゲートの開閉操作を行うことで新河岸川からの影響を防ぐことができますが、その反面内水の滞留という問題が生じてまいります。このことから、内水排除といたしまして排水機場や調整池の設置について今年度浸水対策基本計画を策定してまいります。その内容といたしましては、1点目といたしまして基礎調査、これにつきましては資料収集、それから現場調査を行います。2点目といたしまして雨水施設計画、これは調整池でございますが、調整池等の計画を立ててま
P.224
いります。それから、施設計画の基本的な作成、それから雨水計画の整備、雨水幹線の流下能力の検討、それから雨水貯留施設の容量等の検討があります。それから、3点目といたしまして雨水施設計画といたしまして容量計算、施設計画、これは施設フロー及び施設配置の検討でございます。それと、図面作成。4点目といたしまして、関連管理者との協議資料等の作成を行います。5点目といたしまして、概算工事費の積算を行います。今後財政的な問題等もございますので、幹線を利用しております大井町とも調整を図りながら、段階的に整備を進めていく必要があると現時点では考えておるところでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、保健福祉部関係で介護モニター、介護相談員の活用という形のご質問からお答え申し上げます。
 その前に、サービスの実態と市のかかわり方の中でご質問ありました調査関係で、利用者の方あるいは健康な高齢者の方、どういう形になっているのかということですが、調査につきましては市の調査、これは利用者の方の20%を想定しております。それと、市の指導によります介護保険見直し関係に伴います調査につきましては認定者全員、それとあと健康な高齢者の一部の方も調査対象としております。
 それでは、続きまして介護モニター、介護相談員関係についてご説明申し上げます。当市も高齢化は年々増加しまして少子高齢化、核家族化によりまして単身世帯や老老世帯も増加してきております。高齢者の施策も多様化する傾向の中で、福祉分野におきましてもやはり住宅、環境、雇用等も含めた総合的な施策が求められております。また、行政手法につきましても、高齢者福祉において措置から支援に変わり、市民ニーズも早期に具体化し、市民みずからの行動を支え、支援する考え方と、基本となっております。高齢者福祉も推進したいと、こういうような形で推進になっておりますが、まずご質問のあります介護相談員、介護モニター、この方たちだけで相談が当然受けとめられるかというご質問でございますけれども、介護相談員、介護モニターという制度につきましては、ローラー作戦ではございませんけれども、やはり数多くの協力者を得まして、介護モニターの方がまず先ほどご説明申し上げました市の調査の実施の段階においてもかかわりを持っていただきながら、細かく各地域の中でのそういうニーズを把握していただくと。その上にまた、上と言うのはちょっとおかしいのですけれども、介護相談員さんという形につきましては専門的な知識ですとか、そういうものについてある程度の研修等を受けていただきまして、介護モニターさんと一体となりまして指導に当たっていただくという形になります。
 ただ、これだけではやはり介護保険のご質問にありましたような保険料、あるいは利用料、あるいは複雑なケース、こういうものについては対応はなかなか難しいものでございます。現状に
P.225
おきましては、市内に3カ所の在宅介護支援センターというものを設置しております。1館が基幹型介護支援センター、2館が地域型という形になっております。この介護支援センターにおきましてある程度の指導という形のものも介護相談員さん、あるいは介護モニターさんに対する助言ですとか、いろんな形のものも行いますし、またじかに状況把握も行っております。こういう中で、市の方のかかわりという形で、やはり市といたしましては今後国の方の方針もやはり基幹型介護支援センターの充実という形がうたわれております。基幹型というのは、介護保険の中におきましてもやはり中核的な部分をなすという支援センターの位置づけもございますので、そういう部分におきましてやはり市の中で基幹型介護支援センター、こういうものも重要視になってくると思います。
 続きまして、当市におきましては介護保険料の負担軽減、こういう形でございますけれども、前回等におきましても述べておりますとおり、当市においては介護保険料の負担軽減については介護保険法の中に基づいて運営を実施していくという考え方、こういうことは変わっておりません。このことは、平成12年10月から実施いたしました介護保険居宅サービス利用料の軽減施策でも、やはり高齢者福祉施策として一般財源より実施している状況でございます。また、国は保険料につきましては、第1号被保険者の急激な保険料負担を配慮しまして、特別対策として半年間の保険料免除、その後1年間2分の1の減額という形をやられております。平成13年10月からの保険料が通常の金額となりますが、これらの状況を踏まえまして、先ほどご説明申し上げました介護モニターによります介護サービス利用調査、この対象者の20%程度の調査になりますが、利用状況の調査を実施するという形で、影響がどのような形で出るか調査させていただきたいと思っております。また、その他に国は介護保険3カ年計画の見直しという形で実施するに当たりまして、要介護認定者の意向把握、これを予定しております。これは、13年度中に実施いたしまして、やはり13年度中には一定の方向性という形のものが出ると思っております。今後につきましても、当市の介護保険料については、やはり利用する市民に対して支障を来さないような形での努力という形は、市としては実施していきたいという形になっております。
 それと、ご質問のありました国の制度としての問題、こちらの方の問題でございますけれども、今の段階におきまして国庫負担25%という形になりますが、これは二つに分かれておりまして国庫負担20%、それと調整交付金という形のものが5%、これを含めまして25%という形になっております。一番問題となります第1号被保険者保険料、こちらの方につきましては通常17%という形になっておりますが、調整交付金、これにつきましては介護保険の被保険者の所得階層によって調整されてくるという交付金でございます。ですから、5%がそっくり来るという形ではございません。ですから、この5%の中の平成12年度につきましては21.6%ということで、3.何%が調整交付金としては来ておりません。その来ていない部分について保険料の方にはね返ってきているという形で、17%が20%ちょっとという形での保険料の占める割合となっております。こ
P.226
の所得の関係につきましては、今こういうような形からいって、ご質問にありましたとおり当市におきましても全国市長会を通しまして、やはりそういう形で国の制度という形の中で要望、要求。ですから、今後につきましても市長会を通しまして要求、要望していきたいと思っております。
 続きまして、子育て支援という形の部分でございますけれども、ファミリーサポートセンターの状態につきましては、前議員さんにご説明申し上げておりますが、やはり国の制度改正に伴いましてご質問のありました保育園、子育て支援センターなど、やはりこういう児童に対する各機関との連携を図りながら、連帯強化という形のものを図っていきたいと考えております。
 それと、青少年の健全育成を図るためにという形のものでございますが、やはりご質問のありましたとおり青少年の方が何を考え、何を希望しているのかという部分を実態把握するという形については、実態把握することがやはり基本と据えております。そのために現在児童センターにおきましては、条例設置されております運営委員会等におきまして中高生の健全育成のための児童センターの果たす役割、こういう意見をお聞きするような形で進めております。また、センターの日常業務の中におきましても、中学生のチャレンジ事業ですとか、あるいはボランティア体験活動、学生の実習、こういうものがございますが、やはり中学生から大学生まで受け入れるという体制はとっております。センターに対しまして、そういう形について参加なさった方からの意見なども聴取するような形でやっております。今後につきましては、これらを拡大するとともに、やはり広く中高生の意見を聞く機会を設けると。やはりその中から自主的な活動の援助と、こういうものを考えてまいりたいと思っています。児童センターといたしましては中高生、こうした活動を援助するために、やはり開館時間の問題ですとか、いろんな課題があると思いますので、十分研究させていただければと思っております。
 以上です。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会に対する質問を順次お答えしたいと思います。
 まず初めに、少人数授業の到達と課題についてというご質問につきましてお答えいたします。第1小学校第1学年で実施している少人数指導につきましては、児童一人一人に応じた学習が充実した。発表の機会など児童が活躍する場面がふえた。児童理解が深まり、きめ細かな指導が実施できたなどの成果がございました。課題としましては、少人数に分けて授業を行う場合の指導方法の一層の工夫、改善がございます。今後も授業の参観及び学校訪問を計画的に実施し、適切に指導してまいります。
 次に、総合的学習の中でより一層きめ細かくということで、具体的にどのように支援していくのかというご質問につきましてお答えいたします。総合的な学習の時間におけるきめ細かく対応
P.227
する点で教育委員会の具体的な支援については、先日の議員さんの質問の中にもありましたが、個に応じた支援のあり方、教育の意識改革、地域の教育力をどう生かしていくか、評価のあり方等を課題として申し上げました。そのほかにまず第1には、最も大切なことかというふうに考えますのは、教師自身の資質の向上を図ることです。具体的には、教師の支援方法の工夫ということでございます。そのためには、教育課程研究委員会の充実を図る。研究授業や研修会に指導主事を派遣し、教師の相談や支援に当たる。第2には、地域の人材活用等の環境を一層整えるということになろうかと思います。まとめますと、具体的には地域指導協力者制度の充実と、可能な限り予算措置に努める内容での支援になろうかと思います。
 次に、30人学級についての教育委員会の考えはということでご質問いただいています。先日も議員さんの方にご答弁申し上げましたが、教育委員会におきましては公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律及びその規定に基づく県が示す40人の規定に従って各学校の学級編制を行っております。本年3月に改正された標準法により、都道府県教育委員会が特に必要と認める場合には、県教育委員会は学級編制の基準を弾力的に取り扱うことができるようになりましたが、現時点では埼玉県教育委員会は40人の基準を変更しておりません。教育委員会としましては教育の公平、平等が図られるよう、県教育委員会が示す基準に基づいて今後とも学級編制を行うとともに、本年度から開始された国の第7次教職員定数改善計画の早期実現を国、県に要望してまいりたいと考えております。
 次に、新座市の市単で教職員の採用についてどうかというご質問に対する市の考えはということでございますが、教育委員会としましては少人数指導の加配教員の増員を今後とも県に要請してまいりたいと考えております。
 次に、2小、4小の統廃合に伴う上野台小学校の今後の人数と第1小学校の人数でございますが、それについて間違いがないかというご質問でございますが、現在このまま学年が1年上がったとすれば、4月1日からなる上野台小学校につきましては109名になろうかと思います。平均しますと、36人の3学級になろうかと思います。同じく第1小学校、福岡小学校は115名でございます。平均に直しますと38名、3学級になろうかと思います。それはあくまでも現在のまま、このまま学年が上がった場合ということを想定してのお話でございます。
 次に、上福岡市では1、2年に30人学級実現への工夫をする考えはあるかというご質問でございますが、先ほどお答えいたしましたとおり本教育委員会としましては、県が示す学級編制基準に基づいて今後とも学級編制を行ってまいりたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 ご質問の小規模契約制度の関係につきましてお答えを申し上げます。

P.228
 小規模修理修繕契約の対象となる契約につきましては許可等の有無、技術者資格、施工実績、経営状況等の項目について無審査でありますことから、選定の対象とする修理、修繕は内容が軽易で、かつ技工の確保が容易であるものに限定しておるところでございます。具体的には、上福岡市契約規則第18条第1項第1号に規定する契約金額が50万円を超えないときに該当するものとしておるところでございます。したがいまして、修繕料が該当するものとなっておりまして、工事についてはその範囲に入っていないところでございます。なお、契約の方法につきましては、軽易な工事、修繕につきましては随意契約の方法が定められているところでございます。
 続きまして、50万以下の修理、修繕をまず小規模登録者に回せるようにすることが必要だと。市はどのように考えるかということなのですけれども、小規模登録制度での発注金額は今年度その額を50万に引き上げたところでございます。今年度この制度の積極的な活用を年度に入りましてすぐお願いしたところでございますが、なかなか活用が図られていないようでございますので、さらに積極的な活用が図られますよう関係課にお願いするなり、あるいは幹部会議等で積極的な活用を図るためにお願いしてまいりたいと思いますので、ご了承賜りたいと存じます。
○福村光泰 議長 足立志津子議員の再質問を許します。
◆足立志津子 議員 はい、ありがとうございました。それぞれ丁寧にご答弁いただきまして全体が見えたところで、あと私の持ち時間13分ということですので、お答えには簡潔にお願いしたいと思います。
 まず、小規模登録制度の活用ということですが、積極的に活用という言葉を何度も総務部長は使われているのですが、実際活用されなければだめということで、どのようにしたら活用が進むかということを問題にしているわけです。それで、先ほどの質問の中にも申し上げたのですが、修理、修繕ということですが、12年度修理、修繕があるにもかかわらず、それが小規模登録業者に仕事が回ってきていないということがあるわけです。軽易なというのが条件になっているでしょうし、そういう点で見ますと、なぜもっとあるべき仕事が回ってこなかったのか、そこを明らかにしていただきたいというのが先ほどの質問ですので、お答えいただきたいと思います。そして、今後こういう場合は入札参加資格者というふうになるということで条件を決めまして、小規模登録業者が修理、修繕について50万以下の仕事が受けられるようなことを明確にしていただきたいと思うのですが、このことについてお答えをいただきたいと思います。
 それから、介護保険の相談窓口の件ですが、基幹型支援センターを中心にということでありますが、例えばデイサービスを受けているということで、いろんな民間事業者を利用するわけですから、それぞれ内容が違う、質が違うといいますか、そういうことが起きるかと思うのですけれども、そういうことが基幹型支援センターを中心にということですから、市にかわってそこがトータルで受けとめられるようにというふうに考えているのでしょうが、現実はサービスの内容について、質の違いについて改善がされないというような声もありますので、市としては基幹型支
P.229
援センターに任せきりということではなく、市としてきちんとそこが見ていけるようにする必要があるかと思いますので、この点についてお答えいただきたいと思います。
 介護保険料の軽減ということでは、国にも要望すべきだと思うということで、それは市の今までの姿勢からすると前向きだと思いますので、きちんと要望をし、その結果をお知らせいただきたいと思います。
 それから、介護保険料の軽減のことについてですが、これは高齢福祉の施策とは違う介護保険制度のもとでというふうにおっしゃっていますが、今全国で介護保険の利用料の減免も随分広がっていますが、介護保険の保険料の減免ということでは全国328の自治体が実施をしています。介護保険の制度であれ、高齢者福祉の制度であれ、払う方にしたら同じなのです、介護を受けるということについてお金を負担していくというところでは。ですから、市としてはそれをどこからお金を出そうとも、市全体の財布ということで考えて、保険料の軽減が必要ということを国に求めるわけですから、国が実施をするまでの間とりあえず補正予算を組んででも市がやる必要があると思います。このことについてお答えください。
 子育て支援のところで青少年対策のところなのですが、児童センターの運営委員会でもそのことについて話し合っているということですが、この運営委員会というのは何回開かれているのでしょうか、お答えいただきたいと思います。
 中高生の活動援助ということで前向きに考えていくということですが、先ほど私がこんな例でというふうに申し上げましたマウンテンバイクのコースをつくったらどうかというようなことで、新河岸川の河川のところでというふうに申し上げましたが、これについては自然破壊にもなりますので、こういうことではなく、そんなに広いスペースでなくてもつくることができて、すぐ原状復帰ができるというようなアイデアを持っていらっしゃる方もいらっしゃるようですので、そういう方々や実際の若い人たちの声を聞きながら、富士見市ではスケートボードの練習できるようなスペースをつくってほしいという若い人たちの署名運動なども起きて、それにこたえているような方法もあるようですので、青少年のところでは実際の人たちの声を聞きながら臨機応変に対応していくというのでしょうか、青少年活動ということで毎年ファミリーコンサート、ラジオ体操などの子ども会の支援とかというのにとどまらずにやっていただけるといいかと思いますので、ちょっとこの辺についてお答えいただきたいと思います。
 教育のところなのですけれども、本当に今25人学級を市でやるのだというふうに志木の市長が表明した、そのことが大きく日本のやっぱり少人数学級に向けての動きをつくり出していると思います。そういう中で上福岡市ではそのニュースを聞いたにもかかわらず、県の方には問い合わせもせずで、何度伺っても答弁としては県の人数の編制に従ってやっているのでというふうに、県に従ってということだけをお答えになっているわけですが、先ほどから子供たちの現状も申し上げていることでありますので。志木の市長は、このような談話を出しています。子供にとって、
P.230
その学級は1回きりです。行政の都合で先延ばしするのではなく、できるときに実施すべきだと判断したと言っています。志木市から県の教育委員会に出した文書では、なぜ25人学級が必要なのかというところで、市長の公の文書として、児童生徒を取り巻く環境は厳しい。不登校、いじめ、学級崩壊などに対する抜本的な対策を講ずる必要性が強く求められているというところで、志木市長がこういう行動にまで移っていくという志木市長の経過の中では、国立教育政策研究所がまとめた調査結果がもとになっています。多人数学級に比べて少人数学級の方が教室の雰囲気もよく、難しいことでも最後まで頑張って勉強したなど、明確に効果が上がるということで県の方に要請をして、そのことで県としても40人にとどまらずに県が独自に判断をして学級編制、人数を決めることができるというところで、小学校25人学級、県の教育委員会では学級編制に対する人数について検討をするというふうに、8月30日でしょうか、末のところで見解を各教育委員会に通知をしているという記事が出ておりますが、そのことについて事実かどうかお尋ねしたいと思います。
 そして、このように市長が、そして教育長がその自治体の子供たちのためにどういう教育環境をつくっていくかということで、県でも動きが出てきている中で県が言うとおり、言うのを待っていますという状態でいいのでしょうか。このことについて、いいとは私は思っていません。教育委員会、そして市長はこのままでいいと思っていらっしゃるのかどうかということで、今全体が30人学級の方向に向けて大きく動いている中で、市はずっと座っているということではなく、このことについて前向きに、上福岡の子供たちにとってどういう教育条件をつくるか、教育環境をつくるかということで、上福岡なりの30人学級の実現に向けて工夫をするべきだと思いますが、このことについてのお考えを市長と教育長に伺いたいと思います。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 私は、前々から申し上げているように少人数学級が決していいという判断はしておりません。逆に、学校教育というのは私は団体の要するに教育をしていくというふうに解釈をしておりまして、今教育委員会あるいは県の方で文部省等のいろいろな解釈はあるかと思います。それは、一つの制度としてできてくればそういう方向になるかと思いますが、私はそれ以前にもっともっと家庭の問題が大きくいろいろな形の中で左右している、これは私は断言できるというふうに思っています。これは、いろいろな考え方があると思いますので、多くの方々が議論をして、その実績のもとにいろいろとこれからの教育というものを考えていけばいいのではないか、このように思っておりますが、そのように私は考えております。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
◎吉野英明 教育長 志木市の25人学級の報道の後の問い合わせですが、8月24日に県教育局に学級編制の基準について問い合わせております。また、都市教育長協議会を通じて県教育委員会に対して、志木市における25人学級導入問題について正式回答を得ております。県の方は、同意をしな
P.231
いということで回答してきております。また、県教委といたしましては、学級編制に当たっては国の示す弾力的な運用に基づいて、本県の学級編制基準において弾力化の具体的方向を示す必要があると考えており、平成14年度の学級編制基準の立案に向け、現在配当基準等の見直しを含め、具体的に検討中であるという回答を得ておりますので、県の学級編制に基づいて当市としてはやっていきたいと考えています。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 小規模修理修繕契約の関連の再質問にお答えいたします。
 平成12年度の実績が非常に低くて、実績が上がっていないのではないかというご質問で、その理由は何かということだと思うのですけれども、まず制度の活用、それから制度についての周知というものがやはり足らなかったのではなかろうかというふうに認識しております。さらに、今後積極的な活用について周知徹底を図ってまいりたいと存じます。
         〔「なぜ市が仕事を出さなかったかということを伺ったの」
           という声あり〕
◎小城哲生 総務部長 それから、小規模修理修繕契約に新たな条件を定めるというようなお話だったと思うのですけれども、これにつきましては現行制度をとにかく積極的に活用をまず第一に各課に周知徹底を図ってまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 足立志津子議員の再々質問を許します。
◆足立志津子 議員 再々質問です。
 本当に教育のところではとっても残念な、特に市長の最後というか、先ほどのお答えが少人数学級がいいとは思っていないと。それは、国が何と言おうと、県が何と言おうと、私は思っていないというお答えですが、本当に子供たちは不幸だと思います。こういう今の全国の流れの中で、もう少し市長には勉強していただきたいと思います。それで、次回の議会でまたこのことについて取り上げさせていただきたいと思いますので、そのときにはもう少し勉強した成果を答弁に出していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 足立志津子議員の質問を終了します。
 休憩いたします。

   休 憩 午前11時45分
   再 開 午後 1時00分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、井上和憲議員の質問を許します。

P.232
         〔22番井上和憲議員登壇〕(拍手あり)
◆井上和憲 議員 議長から指名をいただきましたので、私の市政に対する一般質問をさせていただきます。通告書に従いまして質問をいたしますが、私の通告事項では既に総括質疑、あるいは常任委員会での質疑、また前段の議員の一般質問の中でも相当の部分が重複しておりますので、できるだけその部分は省略して質問させていただきたいと思いますが、質問の経過の中では一部重複するかもしれません。答弁の方もできるだけ重複を避けて、重複する部分はどこのどこで答弁済みというような答弁でも結構でございますので、よろしくお願いいたします。それでは、通告書に従いまして質問をさせていただきます。
 まず、一番大きな問題の都市整備行政に関して質問いたします。駅東口のまちづくりということで、一つ、県道の拡幅事業。一般に県道拡幅事業ということで私たちは認識しておりまして通用いたしますが、実際は正式の県で認定している事業の事業名、それからこの事業の根本的な考え方について、まずお答えいただきたいと思います。それから、この事業の範囲といいますか、距離、長さ、できましたら通称でも結構でございますから、どこの商店あるいは建物からどこの建物までということ。それから、もう一つは5年間ぐらいというふうにも聞いているところでございますが、この事業の遂行する時間的な期間、今から何年後までの事業であるかというようなことがもし決まっておりましたらお答えいただきたいと思います。
 2といたしまして、都市計画道路桜通り線についてでございます。(1)としまして、既に実施されました平成12年度における事業内容を整理してお答えいただきたいと思います。そして、今実行されつつある13年度の予定事業、どれくらい消化されておりますか。あるいは、あと13年度として残っている事業としては、どんなことを予定されていらっしゃいますか、お答えいただきたいと思います。
 (2)といたしまして、この都計路桜通り線の事業認可の見通しについて。また、この事業に対して国の補助金はつくのかどうかということについて。これは、今までの執行部の答弁だと、当然補助金のつく形でなければ、市の財政としてはこの事業に手をつけられないというか、スタートを切れないと。とすれば、どんな形の手法で国の補助金が取れるかということになろうかと思うのですけれども、ご存じのように小泉内閣の骨太の聖域ない構造改革というようなことの中では、そういうことが強く打ち出されておりますから、我が市の方針、考え方として、そのことによって何らか変化があるのかどうかといったところが私のお聞きしたいところでございます。
 (3)といたしまして、この事業に対して既に土地開発公社の債務負担行為で8,000万円ほどの予算が計上されているというようにも聞きましたが、そういったニュースを聞いて、ここにかかわる地権者から、それでは私の土地を買い上げてくれないかというような申し出、あるいはここの測量が済んだと思いますけれども、そして地権者、住民、そういったかかわりのある方との話し合いということに入っているというふうに聞いておりますが、そういったことの中でぜひ我
P.233
が土地を早く買い上げてほしいというような要望が出されておりますかどうか、そういったことについてお聞きしたいと思います。
 次に、大きな環境行政についてでございます。ごみ問題につきましては、既に今さら言をまちません。ところで、今回の定例会に事業系ごみに関する条例の改正が上程されました。そこで、深く既に審議されたかと思いますが、このことの中で一番私自身も心配をするし、それから周りの住民からも相談を受けるのは事業系ごみと家庭のごみとの分け方ということで、既に今現実は事業はしているのだけれども、事業系ごみとしてのごみを出していない。すなわち、一般家庭ごみの方に一緒にしてごみを出している事業者が業種によっては相当数あると。これは、行政の方も担当の方も認めているところでございまして、しからばその事業をしているのだけれども、事業としてのごみは出していないというような、ごみの面から見ると大変難しい事業者をどのように市が把握していくのかと。これがきちんと把握されなければ、大変不公平なことになるということで、具体的にまだ把握されていない多くの事業者の把握ということに関してどのような手法、やり方で把握しようとなされているのか。既にそのプランができているようでしたら、そのことをお示しいただきたいと思います。
 次に、2番目といたしまして、廃棄物減量等審議会への諮問事項と審議状況でございます。この経過についてご答弁をいただき、引き続いてこの中に3といたしまして「エコ商店街問題と進捗状況」と示してありますが、このエコ商店街の問題が大きく審議されていると思うのですが、そのことについて具体的に今どのところまで進捗しておりますかどうか、2と3をミックスした形でご答弁をいただければありがたいと思います。
 一番大きな3番目といたしまして、教育行政でございます。教科用図書、なかんずく中学校の1、2年用の歴史教科書ということについては、ことしの夏は大変暑かったのですけれども、この歴史認識についても国際的な問題を起こすまで大変論議された経過がございます。そういったことの中で、ことしは教科書の採択問題が21世紀最初の年に当たって歴史認識ということが強く叫ばれましたし、今も叫ばれているところでございます。ちなみに、東京、あるいはさいたま、あるいは川越とか、熊谷とか、そういったところでの書店のいわゆるベストセラーのベストテンというような教科書のデータを見ても、「市販本 新しい歴史教科書」扶桑社刊というのが、教科書なのですけれども、市販本がベストセラーの最初のころ、二、三カ月前はほとんど1位、2位、トップでした。最近でもまだベストテンの中に入っている状況でございます。これは何を意味しているか。
 そういったことの中で私がお尋ねしたいのは、基本的には教科用図書の採択の仕組みが今日本ではどうなっているかということをいま一度きちんと単純明快にお答えいただいて、そういったことの中で教科用図書採択協議会というのがございますが、そういったところでの当地区での公立中学校1、2年用の歴史教科書採択の経緯、この会議は多分非公開でございますから、細かい
P.234
内容はお答えいただける範囲内で結構でございますけれども、その特に結果、どのような経緯をもって決定されたのかと。
 また、上福岡の第1中学校の多目的ホールがこういった教科用図書の展示場になっておりました。私も足を運びまして会場の様子、あるいはそこで意見を投書できる書式がありまして、その用紙もいただいてまいりました。これは、いただいてこられるものかどうか知りませんでしたけれども、私はいただいてまいりましたが、一般用と、あるいは教科の専門の教師用の書式がありまして、意見を投書できるようになっておりました。こういったことが我が上福岡市の第1中学校がこの地域での一つの展示場になっておりましたが、もし公表していただけるものでしたら、そこでの実施状況というものをお示しいただければありがたいと思います。
 以上で第1回目の質問を終わらせていただきます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、県道拡幅事業につきましてお答えをさせていただきます。まず初めに、この事業の正式な事業名はというご質問でございますが、これにつきましては上福岡市地域活性化事業上福岡駅東口付近の交通安全施設整備事業となっております。この事業につきましては、先般もお答えをさせていただきましたが、現在川越土木事務所におきまして路線測量を実施中であり、終了後地元の皆様にご説明会をさせていただくということになっております。その後、丈量測量等を実施した中で今後の事業計画について示したいということでございます。
 それから次に、路線測量の範囲ということでご質問でございますので、お答えをさせていただきます。路線測量の範囲といたしましては、スクランブル交差点から山形肉店まで約560メートルでございます。そのうち丈量測量につきましては、今回上福岡1丁目、あさひ銀行東口支店交差点から上福岡5丁目、あさひ銀行上福岡支店までの約210メートルを実施し、終了後残り部分の350メーターを実施したいと聞いております。
 次に、この事業の経過といたしましては、上福岡市における地域活性化について県と上福岡市で調査検討を行い、事業検討チームを設置し、検討を重ねてきた結果、上福岡市における地域活性化方策として上福岡駅東口周辺の交通安全施設整備事業を県と市で共同して取り組む事業として取りまとめたところでございます。
 続きまして、桜通り線のご質問についてお答えをさせていただきます。桜通り線の平成12年度に実施いたしました事業につきましては事業化方策調査を行いました。この内容といたしましては計画道路事業用地内の権利者の意向調査、事業計画の検討、今後の課題の整理を行わせていただいたところでございます。それからまた、用地測量といたしましてスクランブル交差点から入間線までの中心線測量と、スクランブル交差点から渡辺たばこ店までの用地測量を実施させていただいたところでございます。

P.235
 次に、13年度に予定しております事業計画でございますが、地元の皆様のご意見を聞きながら、引き続き事業化方策の検討をしていきたいと思っております。
 それから次に、沿道の整備の関係でございますが、事業認可の見通しですが、街路単独としてならば都市計画道路として事業認可を取得できると思われますが、国庫補助の採択等はなかなか難しいということでございますので、地元の皆様とのお話し合いの中で沿道整備、再開発事業、それから優良建物等の整備事業のお話し合いをし、事業化方策を検討していきたいと考えております。
 次に、地元からの用地買収の依頼についてのご質問でございますが、現時点での用地買収等のご依頼はございません。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 それでは、まず初めに事業計画の会社の関係のご質問にお答え申し上げます。ご指摘いただきましたように、今現在業者と契約しているのは600ぐらいです。事業所統計調査によりますと2,000弱。千九百幾つというふうに聞いております。そういうこともあって、事業所統計調査の名簿が使えないという事情がございますので、我々の方で担当の方で必死に名簿づくりをしております。それは商工会の方のご協力、あるいは商店街連合会、それから同業者組合等々ご協力いただいて名簿作成しておりまして、今1,500ほどの事業者を把握してございます。そのほかにもあろうかと思いますので、鋭意努力して名簿づくりをしていきたいと思いますが、事業所統計の方の事業所のとらえ方が大変細かいものがあります。例えば個人タクシーの運転手さんをやっておられる方もそれを一つの事業所というふうにみなしますので、そういうところを細かく分析すると、そこまでは入っていかないというのもありますので、1,500今調べたということで、そのぐらいなのか、もちろんまだわかりませんけれども、もっと積極的に把握に努めたいと思います。それは、それぞれの事業所の方にご案内申し上げる、ご説明申し上げることがございますので、そういった意味で確実に事業者名簿をつくっていきたいというふうに考えております。
 次に、廃棄物減量等推進審議会の諮問事項と、それから審議状況というご質問でございますけれども、ご質問のとおり平成12年12月4日に審議会委員の委嘱式と第1回の会議を開催してスタートさせました。諮問事項につきましては省資源や省エネルギーの推進、廃棄物の発生抑制及び循環的な利用をする社会を築いていくために市内商店街を、物販店街ですけれども、対象にエコ商店化を進めることについてという内容でございます。審議状況につきましては、第2回目として平成13年1月29日に早稲田商店街を視察、3月2日に第3回会議として視察研修のまとめを行ったほか市内商店街の現地確認を行いました。4月2日に第4回会議として市内商店街を現地確
P.236
認した後の上福岡市の商店街の取り組めることについてと、5月18日には第5回会議として清掃センターの見学、商店会との懇談会の進め方についての話し合いを進め、6月21日に上福岡銀座商店街とサンロード振興組合の皆さんにお集まりいただきまして、エコ商店化の説明をさせていただきました。
 続いて、エコ商店街問題の進捗状況についてでございますけれども、ただいまお答えしましたとおり6月21日に市内の二つの商店街と話し合いをさせていただいております。基本的には、早稲田商店会で取り組んでおります空き缶、ペットボトル回収器などの設置を行い、2商店街にエコ商店街という冠をつけるという方向で、当日お集まりいただいた方からご賛同をいただいております。近いうちに第6回目の会議を開催して、審議会としての答申をまとめていくということでございます。エコ商店街という冠をかぶせたことによって、商店振興策にも発展させていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 吉野教育長。
         〔吉野英明教育長登壇〕
◎吉野英明 教育長 教科用図書の採択についてお答えいたします。
 まず、義務教育の教科書の採択ですが、これは文部科学省の検定を受けた教科用図書の中から採択するということになっています。採択までの経緯でございますが、まず県教育委員会は教科用図書の無償措置に関する法律第10条と第11条に基づき、教科用図書選定審議会を設置いたします。同法12条に基づきまして教科用図書採択地区をこの審議会の中から設定いたします。本市は、旧入間管内15市町村で組織された第4採択地区に所属しております。採択地区では、各教育委員会の委員長、教育長を委員とする採択協議会を設けます。教科書の調査研究を行う専門員からの報告や教員による研究結果、教科書展示会での保護者の意見等を参考にし、採択地区内の小中学校で使用する教科書について協議し、選定を行います。その後、本市教育委員会では臨時教育委員会を開催いたしまして、採択地区協議会で選定された教科書を採択することを全会一致で決定いたしました。本市における中学校歴史教科書採択の経緯と決定につきましても、他の教科書と同様にただいま申し上げた手順に従い、東京図書の新しい社会、歴史を採択いたしました。
 教科書の展示についてですが、6月24日から7月9日の間、14日間、第1中学校に設置された教科書展示場で主に2市2町の小中学校の教員等が参りました、総勢で751人。一般の市民の方が41人。計792人の閲覧者でございました。なお、その際市内在住の6名の方から教科書に関する感想やご意見がありましたが、内容の公表については差し控えさせていただきたいと思います。
 教科用図書の閲覧と採択までの経過は以上のとおりでございます。
○福村光泰 議長 井上和憲議員の再質問を許します。
◆井上和憲 議員 それでは、再質問をさせていただきます。
 駅東口のまちづくり、1、県道拡幅事業につきましては経過と現時点での状況、それからこれ
P.237
からに向かってのこと、よくわかりました。ただし、この件についてもこの事業の経過がまだ確定的でないということがありますが、この事業に伴って我が市とすれば本県道の拡幅事業に並行したといいますか、付随した沿道の整備というようなことについて、今後どのような事業の手法や課題というものをお考えになっていらっしゃるか。どんな課題を持つかというようなことについて、考え方がございましたらお示しいただきたいと思います。
 次に、2番目の都計路桜通り線につきましては、12年度の実施した事業の内容と13年度既に実施中の事業についてよくわかりました。再三ここの問題については、執行部からのご答弁をいただいておりますが、先ほども私が申し上げましたが、諸情勢、特に日本の国の中の諸情勢、小泉内閣誕生ということから不況対策、構造改革なくして不況の改革なしと小泉内閣は申しておりまして、この中では一つには公社、公団、特殊法人というようなものが原則廃止ということで整理されつつあります。そういったことの中で、市長が常々主張されております我が市の第三次総と、それに伴うスクランブル交差点を中心にした我が市の東口まちづくりということの中で、上野台団地公団の建て替えの事業に関しても何らかの変化が求められてくるであろうと予測されます。その中でスクランブル交差点を中心にした、すなわち桜通り線もここに大きく関係するわけでございますけれども、このことについて市長は現在も今後も考え方には変化がないかどうか、そこのところの所信を承りたいと思います。
 次に、大きな環境行政でごみの問題、担当あるいは私たち住民ともども協力して、大変今進めているところでございますけれども、効果も上がっているところかと思いますけれども、極めて難しい問題を抱えていると思われるのは、先ほどもちょっと申し上げましたが、例えば、これはあくまでも例えばで、誤解されると困るのですけれども、私の近所でスナックをやっている方で現在事業系ごみとして月々事業系ごみの料金を払っているところと、スナックは営業しているのだけれども、事業系ごみはまだ出していない。払っていない。すなわち、家庭ごみと一緒にごみを出している。こういったことになってきた場合に、扱っているごみが、いわゆる廃棄するごみが家庭ごみとスナックで扱うごみと分ければ、事業者は分けることは当然できます。ですけれども、分けないようにしようと思えば、おうちではウイスキーも飲んだり、しょうちゅうも飲んだり、しょうゆも使ったり、あるいは焼き鳥を買ってきて食べたり、竹ぐしが出る。包装していた包装容器も出る。それは、家庭で消費するために買ってきて家庭ごみに入れたのだといった場合に、事業者としてのごみはうちは出していないと言われた場合に、それをどのように調査するのか。私が言うまでもなく、担当では大変苦慮しているところではあろうかと思うのですけれども、手のうちを明かすわけにいかないかもしれませんけれども、その辺のところで同じスナックを経営している隣の人にしてみれば、既に事業系ごみとしていわゆるごみ代というのを払っている。しかし、ちゃんと把握されなければ今までと同じように、うちは事業していてもごみを出さないと言われた場合に、そういったことに対してはどのようにお考えになっていらっしゃるのか。あ
P.238
るいは、どのように対処するお考えを持って臨まれているのか。既にそんなことでトラブルなどが起こっていないのかどうか、その辺のことをいま一度お答えいただければと思います。私が相談を受けているところでは、ここのところが一番どうするのだと、市ではどんなふうになさろうとしているのかということを聞かれることが多いのです。お答えいただければありがたいと思います。
 それから、エコ商店街の問題ですけれども、早稲田の商店街に視察に行かれたそうでございます。この報告とエコ商店街、いわゆるサンロード振興組合ですか、商店街と、それから上福岡銀座商店街、この二つが今エコ商店街ということで、多分エコ商店街という名称をつけての事業を進めている最中と思いますが、この会合に出たり、あるいは商店街の皆さんの考えからすると、一つにはエコという考え方、すなわちごみの減量とかということの考え方よりも、商店街の活性化ということの方に軸足を置いている。これは生活するために、ごみが多くなったり少なくなったりすることよりも、今1日1日生き延びていくことの方が死活の問題だというので、これは心情的によくわかりますが、そういった中でもこのエコ商店街の問題はごみ減量化と、エコの問題からということになれば、それなりの取り組みというか、進め方をしなくてはならないと思います。一挙両得という考え方はできますけれども、実際に具体的にこれを進めていく場合に、例えばペットボトルや空き缶の処理をする機械の導入、あるいはそれの維持管理といったことになってくると、具体的にいろんな問題が出てくるかと思います。そのときに、やはりエコの思想でそういったことに地域の商店街が取り組んでいるか。あるいは、あくまでも商店街の活性化、商業の活性化につながるということの頭でこの事業に当たりますと、当然軸足の置き方が違うわけですから、いろんなことが起こってくるのではないかと危惧する面もあります。そういったことに立ちまして、担当する課とすればそこのところをどんなふうに考えて、どんな機械をどのように設置して維持管理、運営していこうとお考えになっているか。この事業の具体的な運営方法についてお考えがありましたらお示しをいただきたいと思います。
 次に、大きな3番目の教育行政についてでございますけれども、この経過と決定につきましてはご説明いただきましてよくわかりました。大変微妙な難しい問題、特に歴史認識、歴史観ということになってきますと大変難しい問題になりますので、これ以上は私は質問いたしません。いろいろとご努力いただきましたことを私の立場では感謝を申し上げます。ご答弁は結構でございます。
 再質問、以上で終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 上野台の建て替え、あるいは桜通り線の都市計画道路の完成、これは変わりません。これは、きちっとやっていきたいと、このように思っています。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。

P.239
◎長島直行 都市整備部長 それでは、県道拡幅事業の関係についてお答えをさせていただきます。
 今後の市の予定している事業ということでございますが、これにつきましては県道事業との関連がございますので、これの県の事業に合わせまして交差点拡幅等の歩道設置等について今後考えていきたいと思っております。
 それから、この事業に当たっての課題といたしましては、代替地及び鉄筋コンクリートの建物等が何件かございますので、そういうものの交渉がなかなか難しい問題と、踏切等の拡幅がございますので、これは東武鉄道で実施するような形になりますので、その辺が今後の課題となってくるところで考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 事業系ごみの関係のご質問ですけれども、全くご指摘のとおりなのです。今我々1,500ぐらいの事業所を把握してございますけれども、今契約しているのが600ぐらいということで、残ったところは全部ご自分自身で処分されているか、家庭でのところに処分されているかという形になっているわけなので、それをすべて事業系ごみの集積所へきちっと分けていただくということは並大抵のことではないというふうに我々も思っています。ただ、事業者の方もその地域で仕事をなさっているわけですから、これは事業者の方だけではなくて家庭の方々にもこういう区別になるということは広報等で周知しておりますので、地域でそういうことを仕事をしている関係でというので、抑止力にはなるかと思います。ただ、ご質問の中にあったご商売だと、地域とのかかわりは余りないものですから、その辺のところ我々どう説得して理解いただいていくかというのは、これから勝負だというふうに考えています。
 それから、エコ商店街の関係で具体的な取り決めということですけれども、ラッキーチケット空き缶回収器というのがあるのです。それから、ラッキーチケットペットボトル回収器というのがあるのですけれども、空き缶やペットボトルを回収器に入れますとゲームがスタートします。当たり券が出れば、例えば〇〇飯店のぎょうざ1皿とかという券が出てくるわけです。それで、遊び感覚で空き缶ですとか、ペットボトルを回収していくシステムを予定しております。これは、各商店街においていろんなサービスをより多く募集して、それによってその商店街の集客をねらっているものでございます。また、先ほどぎょうざ1皿ということで、ぎょうざ1皿だけというぐあいにいかなくて、ビールが追加になったり、ラーメンが追加になったりというようなことで付加価値をつけていくということができればというふうに思うのですけれども、またエコ商店街という冠をつけた商店街ではレジ袋ですとか、トレーの自粛及び商店街でのトレーの回収ですとか、割りばし、はし袋の回収だとか、運動をだんだん広げていきたいというふうに思っております。二兎を追っております。二兎とも捕らえたいというふうに思っております。間もなく審議会の方から答申が出されてまいります。答申が出た後、これは来年度、新年度から具体的に事業展
P.240
開へ入っていくという予定でございます。
○福村光泰 議長 井上和憲議員の質問を終了します。
 休憩します。

   休 憩 午後1時42分
   再 開 午後1時56分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、鈴木実議員の質問を許します。
         〔14番鈴木実議員登壇〕(拍手あり)
◆鈴木実 議員 それでは、順番が参りましたので、市政に対する一般質問をさせていただきたいと思います。発言順は、通告いたしました順で質問をしていきたいと思います。
 まず、1番目の問題は不況対策についてのことであります。この点については、他の議員からも質問がたくさん出ておりました。先ごろの発表によりましても、完全失業率がついに史上最悪の5%、330万人にもなるということであります。総務省の調査によりますと、潜在失業者420万人を合わせれば750万人にも上り、政府がいう潜在失業率は10%を超えることになります。10人に1人が失業という状況であります。この間こうした不況の影響などでみずからの命を絶つ人が毎年3万人を超え、ホームレスも急増しています。こうした状況のもとで、小泉内閣は中小企業のさらなる大量倒産と失業を激増させる不良債権の早期最終処理を行おうとしております。一昨日山川議員から市独自の緊急融資制度や保証人の緩和策などによる対応策の提案がされましたが、市は具体的に今日の事態の中で商工政策についてどのような対策を考えているか、私は次の3点から質問をしたいと思います。
 まず、@でありますが、融資制度の改善、充実をについてであります。議会審議資料によりますと、市の制度融資である一般小口融資は昨年度は一度も利用されていないことが書かれております。また、中小企業緊急特別融資は3件で900万円の利用となっております。しかも、この特別融資は14年3月で終了するものであります。商工会窓口の融資制度もありますが、市内の商工業者に市の制度融資をどう活用してもらうか。現行の融資制度の改善、拡充が必要になっていると思いますが、この点についてお答えをいただきたいと思います。
 Aとして、小規模工事登録制度の実効化についてであります。この小規模修理修繕契約登録制度は平成12年度から始まった制度で、12年度の実績として登録業者45社、発注件数31件、発注総額74万6,364円となっております。私は、このことについてことしの3月議会で質問したところでありますが、出された数字に多くの人が驚きの声を上げたところであります。平成13年度から契約金額の上限が30万円から50万円に引き上げられました。この制度が生かされるよう工夫と改
P.241
善が必要になっていると思います。さきに山川議員や足立議員の質問の中で答弁として出されました、この活用について幹部会議で周知していきたいとありましたが、幹部会議の構成、開催はどのように行われているのか。また、登録業者はどこで管理され、発注はどこが行うシステムになっているかお伺いしたいと思います。さらに、市は今回の平成13年度からの上限額の変更で、この事業をどのように前進させようとしているのかお伺いいたします。計画的修繕など目標を持った施策展開をしてほしいと思いますが、お答えをいただきたいと思います。
 Bとして、住宅リフォーム助成制度などへの取り組みについてであります。これは住宅のリフォーム、つまり居宅や居室改善の助成制度と理解していただきたいと思います。過日私は、中小建設業者組合との懇談会の機会がありました。いただいた資料の中に、こういう言葉が載っておりました。「不良債権の強行で最も被害をこうむる職種は、建設業であることは間違いありません。政府は、失業対策として職業能力の再訓練や失業給付の延長を検討中と報道されていますが、建設業従事者の他産業への転職率は全産業中最低です。そもそも建設業は、雇用の吸収産業として他の産業からの転職者を受け入れてきました。いわば失業の受け皿でした。だからこそ、建設業から転職は本来的に困難と言わざるを得ません。しかも、不況の長期化の中で一昨年からついに失業者を放出する産業へと変貌を遂げています」、このように書かれておりました。まさに今市にできる就労対策が緊急に求められているのではないでしょうか。市には、この問題で高齢者及び障害者拠出等整備資金貸付制度が現在あります。貸付限度額は200万円、償還は10年で、貸付金の利率は4.5%以内となっております。また、2人以上の連帯保証人が必要となっています。昨年度は1人分の限度額200万円が計上されましたが、利用者はありませんでした。私は、この制度をもっと利用しやすく、幅広く制度の改善を図り、雇用に寄与すべきではないかと考えておりますが、この点について市の考えをお答えいただきたいと思います。
 次に、2番目の介護保険についてお伺いいたします。介護保険制度による介護サービスが始まって1年半が経過しました。10月1日からは、65歳以上のお年寄りの介護保険料が満額徴収されます。さきの介護保険の改善、充実を求める請願の委員会審議では、介護保険制度の実態について高齢者の保険料、利用料の負担の厳しさが請願者代表から切々と語られました。きちんと利用したくても利用を抑えたり、保険料を払っても、いざ利用をする段階で利用料が払えないために利用をやめてしまうなど、介護保険制度のあり方にもかかわる実態が明らかになっております。この点については、他の議員からも質問が出されておりますので、それを踏まえて質問を続けたいと思います。
 まず、利用実態についてでありますが、市では12年度の利用実態を受けて、今後どのような対策を考えているか。この間の説明では、これからアンケートを実施して対応を考えたいとしていますが、既に4,500名を超える多くの市民の意見が示されているではありませんか。市が行うアンケートはいつ実施し、対象者はどのように考えているかお伺いしたいと思います。これにつき
P.242
ましては、先ほど足立議員の中で答弁されておりますので、その具体的な内容についてお伺いしたいと思います。二つのアンケートをやるということでありますが、それぞれ65歳以上が対象になっているのか。あるいは、それ以外の65歳未満の方も対象にされているのか、そのことも含めてお答えをいただきたいと思います。そして、結果をいつまでにまとめ、いつから生かそうとしているのかお伺いをしたいと思います。
 次に、Aは今の問題とあわせてお考えいただいて結構でございます。
 3番目の住宅政策についてお伺いいたします。@として、特殊法人等の個別事業の見直しの考え方と公団住宅及び公営住宅の役割についてお伺いいたします。小泉内閣の行政改革推進事務局は、8月10日、特殊法人等の見直しの考え方の中で、都市公団が維持管理している賃貸住宅に関して民間事業者にゆだねる方向性や可能なものから順次売却するという、いわゆる公団の廃止、民営化の方針を明らかにしました。公団住宅は、これまで勤労者の住宅の安定に大きな役割を果たしてきました。とりわけ上福岡市にとっては、昭和33年、34年の霞ケ丘、上野台の二つの団地の誕生によってまちの発展が急速に進んできた歴史を持っております。もし仮に民営化や売却が行われることになると、市民生活に大きな影響を与えることになります。このことについて市長及び担当部長は、どのような考えをお持ちであるかお答えをいただきたいと思います。
 Aとして、霞ケ丘団地建て替えに伴う市の公営住宅計画の進捗について伺います。私は、さきの6月議会でも伺いましたが、霞ケ丘団地の建て替えに伴う公営住宅の計画について、その後どのような経過になっているか伺いたいと思います。このとき担当部長の答弁では、「希望状況がはっきりした段階で市、県、公団で三者協議を実施していきたいと考えております」、また「まず地元市で対応し、市の財政状況から対策が十分でないときは県も協力していくという考えを示されております」、このように答えておりますが、その後の経過についてお答えをいただきたいと思います。
 Bとして、今後の住宅政策についての事業計画についてであります。霞ケ丘団地は、現在建て替え事業が進行中であり、来年には上野台団地の建て替え事業が始まろうとしております。先ほど@で述べた政府の方針が示された中で、主として今後公営住宅をどのように位置づけていくか。若い子育て世代や高齢者、年金生活者などの低所得者の定住策について、どのように考えているかお伺いしたいと思います。
 以上で最初の質問を終わります。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 私の方へのご質問、融資制度の改善と拡充という部分でご答弁申し上げます。
 ご指摘のとおり依然として厳しい雇用情勢や消費の低迷が続いております。市内の中小事業者
P.243
の経営環境は厳しい状況に置かれております。特に小川信用金庫の破綻により地域経済の悪影響を防止する観点から、同金庫の健全な取引先に対してはその資金繰り等に支障が生じないように適切な対応が求められ、平成12年2月に新たな中小企業運転資金特別融資あっせん制度を期限をつけて創設いたしました。保証人の要件の緩和した形で、貸付限度額が500万円の融資であっせんを行っております。また、中小企業者に対し、事業資金の融資をあっせんし、企業の自主的な努力を助長し、経営の安定を資するための小口融資あっせん制度、ご承知のとおり一般小口、特別小口、二つございます。貸付限度額ですけれども、これは平成13年2月からですけれども、一般小口は750万円を1,000万円に、特別小口は600万円を1,000万円に拡大いたしました。また、運転資金の償還期間についても6年を7年に延長いたしました。中小企業運転資金特別融資あっせん制度は、ご指摘のとおり平成14年3月31日で効力が切れます。この期間延長を含めて、内容等を検討していきたいというふうに考えております。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
         〔小城哲生総務部長登壇〕
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対する小規模工事登録制度についてのご質問に順次お答えを申し上げます。
 まず、幹部会議で私の方から周知ということで、その関係で幹部会議の構成等についてのお尋ねでございますが、幹部会議につきましては上福岡市幹部会議規程に基づきまして部長、理事、それから参事、それから教育次長をもって構成されておるところでございます。また、幹部会議につきましては総務部長が主催いたしまして、原則として毎月第1及び第3月曜日の午前9時から開催されているところでございます。
 続きまして、小規模登録業者はどこで管理して、発注の関係はどうかということでございますが、これにつきましては契約主管課である財政課の方で管理いたしまして、関係部署において契約執行しているところでございます。
 続きまして、平成13年度から30万から50万に上限を引き上げた点についてのお尋ねでございますが、最近の景気の低迷にかんがみまして、上限額の変更によりまして修繕規模を拡大させまして、小規模事業者の受注機会を拡大させようというふうに考えたものでございます。今後とも本制度の活用について周知を図るなど、関係課にお願いしてまいりたいと存じます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、住宅政策につきましてお答えをさせていただきます。
 まず、1番目の特殊法人等の個別事業見直しの考え方と公団住宅及び公営住宅の役割についてというご質問でございますが、都市基盤整備公団の事業見直しにつきましては現在国において議
P.244
論をされているところでございますので、今の時点で私どもの方でお答えできるものではございません。また、公営住宅の役割につきましては、住宅に困窮する低所得者の方々の居住の安定を図るための住宅であり、市としては引き続き借り上げ、市営住宅として管理及び供給の検討を行っていきたいと考えております。
 それから、2番目の霞ケ丘団地建て替えに伴う市の公営住宅計画の進捗についてお答えをさせていただきます。霞ケ丘団地第2期建て替え事業における公営住宅につきましては、平成12年度から県、市、公団の三者協議を行ってきたところでございますが、県が財政上の問題で建設ができないということで回答があったため、現在市と公団で供給戸数について協議をさせていただいているところでございます。前回の議会におきましてもお答えをしたように、第1期と同様の資格を有し、公営を希望される方は、公団の調査によれば79世帯であり、すべてを優先入居するのはできない状況であります。第1期においては、家賃上昇により住み続けられなくなる所得の低い高齢者世帯の方々を特目賃貸住宅及び市営住宅への優先入居とする取り扱いをしてまいりましたが、第2期におきましては公団の制度の改善によりまして高齢者世帯の方々などは現存の家賃と同程度で建て替え後の住宅や残し住宅に移転できることになったと聞いております。しかし、そうはいっても公営住宅を必要とする方々がいるのも事実でございますので、これらの需要を踏まえまして十分協議を行っていきたいと考えております。
 続きまして、今後の事業計画についてでございますが、今後の事業計画につきましてはこれから予想されます上野台団地の建て替え事業も出てくることでございますので、市の住宅政策検討委員会の中で十分議論をしていきたいと考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
         〔伊藤義憲保健福祉部長事務代理登壇〕
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、不況対策についての中の住宅リフォーム助成制度等への取り組みという形で、この中の高齢者及び障害者拠出等整備資金貸し付けに関する関係でお答え申し上げます。市におきましては平成5年度から高齢者、重度心身障害者の居住環境を改善し、福祉の向上を図るためこの条例を制定して事業を実施しております。とらえ方とすれば、福祉の向上ということを主眼に置いた制度でございます。この制度におきましては、やはりご質問のありましたとおり貸付限度額は200万円で、償還は10年、利率につきましては現状におきまして3%という形で規則で定めております。この貸付金の関係で、先ほどご質問の中にありました保証人の問題ですとか、あるいは利率の問題、こういう問題が現状において利用を阻んでいるのではないかというようなお考えでございますけれども、あくまでも貸し付けという制度でございますので、保証人につきましてはよろしくお願いするという形で制度的にはなっております。それとあと、利率につきましては他の公的な住宅資金、この貸付制度が国の原資をもちまして生活福祉
P.245
資金貸付制度、あるいは埼玉県におきます身体障害者を対象といたしました貸付制度がございます。こちらの方につきましても、利率関係につきましては3%、県におきましては2.5%という状況でございます。貸付金とは別に、重度身体障害者の方の拠出の改善整備、こちらの方については市としては補助制度を引いております。こちらの方の補助制度につきましては、12年度におきましては2名の方の身体障害者の方が60万という形での補助で改修を実施しております。また、平成12年4月から、もうご存じだと思いますけれども、介護保険制度の中でも小規模の住宅改修という形の限度額20万という給付がございます。こちらの方は1割負担という形になりますので、18万が介護保険で給付されていくというような状態でございます。こちらの方は、12年度で49件という形の実績でございます。貸し付け関係につきましては、やはり高齢者及び障害者拠出整備資金貸し付けにつきまして大規模な改修である場合の貸付制度利用という形になりますので、介護保険住宅改修相談等にもあわせまして、この制度に関しての周知徹底に努めていきたいという形で考えております。
 それと、介護保険についてということでご質問でございますので、前議員さんの方にもご説明しておりますので、その部分については割愛させていただきまして、ご質問のいつ調査を実施するのか。対象者はどういう方か。あるいは、いつまでにまとめるのか。いつからそういう結果を生かすのかという点についてご説明申し上げます。いつ実施するのかという形につきましては、調査につきましては13年11月を市の調査として実施予定としております。この市の実施予定の対象者につきましては、現在利用なさっている方の20%程度を対象者としております。それとあと、平成13年12月に補正をとりまして、国の方から指示が出てきておりますが、認定者全員、それと健康な高齢者、65歳以上の方、これもやはり健康な高齢者の方の20%程度、これを対象といたしまして調査を実施いたします。当然国の方の調査の内容、いろんな形のものにつきましては市の方の調査の結果をやはり反映させながら、全体の調査に結びつけていきたいというふうに考えております。
 それから、いつから生かすのかという点でございますけれども、やはりこの二つの調査の中から把握されるさまざまな課題ですとか問題、こういう内容などからどのような対策がどのような時期に必要なのかということで、やはり変わってくるものと認識しております。こういうことから調査を実施して状況把握ができた段階で、いつごろからという形で申し上げられる時期かと思っておりますが、今の段階ではいつからということではちょっと申し上げられません。
 介護保険につきましては制度の改善、充実という形で、今後の問題という形でご質問いただいておりますので、やはりこの充実につきましては市の方は保険者でございますので、あくまでも保険者として介護支援事業者、ケアマネジャーさんの関係、支援事業者及び介護を実際にサービスを提供している事業者さん、こういう方々のやはり質の向上ですとか、そういう部分につきまして保険者として向上を図る義務があるというふうに認識しております。この点からやはりサー
P.246
ビス事業者との連絡協議会、これを今年度中に立ち上げましてやはり在宅介護支援センター、こういうところとの連携を図りながら制度の充実に努めていきたいと思っております。
 また、法に対する制度的な改善、こういうものにつきましては、さきの議員さんにもご説明申し上げましたが、問題点あるいは課題等が生じた段階におきましては、全国市長会等を通しまして国に対しまして要望等を実施していく予定としております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 鈴木実議員の再質問を許します。
◆鈴木実 議員 それでは、再質問させていただきます。最初の質問の順にお伺いいたします。
 まず、1番の不況対策についてでありますが、簡潔で明快な回答をいただいたのですが、内容的にも今の状況を踏まえて、特別融資制度については延長を考えているというお話だったと思うのです。それから、内容についても改善を図っていきたいというお話がありました。この内容の改善については、例えば融資の限度額の引き上げや、あるいは利子補給、このようなものも含まれているというふうに考えてよろしいかどうか、そのことをお伺いしたいというふうに思います。
 それで、Aの問題でありますが、小規模修理修繕契約登録制度の問題であります。私は、この問題で今不況が非常に蔓延し、深刻化している中で、本当に生きた制度として今後発展させていくために、市が積極的な役割をぜひ果たしてほしいというふうに思っているわけであります。そうした観点から、3番目の住宅リフォーム助成制度等の問題のかかわりについてもお伺いしたところであります。
 それで、先ほど幹部会議の構成のお話がありました。そして、月2回、第1、第3月曜日に開かれているというお話であります。幹部会議ではさまざまな問題が恐らく話されていると思うので、要はこの問題が市の施策として本当に有効活用される、生かされる制度として育っていくのかどうか、育てていくのかどうか、そのことが大変重要だと思うのです。それで、登録業者は財政課で、関係部署で発注についてはやっているということで、そういう意味では仕事をどういうふうにこの事業を登録制度の事業として前進させていくか、その点が成り行き任せといいますか、そういうことにもなりかねないのではないかというふうに思いますので、この点についてもう少しきちっとしたシステム、そういったものができないかどうか、そのことについて改めてお伺いしたいと思います。
 また、先ほど私の方で高齢者の居宅整備等の貸付制度の話もいたしました。問題は、こういった市のいろいろな制度があっても使われていないという現状は、やはりそこにいろいろな制度の不備や欠陥といいますか、要するに実情に合わないものがあるのではないかと思うのです。例えばただいまの拠出貸付資金については利率の問題や、あるいは保証人の問題、こういった制約があるわけで、一昨日山川議員も保証人の緩和策という提案がありましたけれども、こういった点についてもう少し検討する余地があるのではないかというふうに思います。

P.247
 また、今ほかの自治体などでは、さまざまな住宅リフォームについても助成制度が実施されているのです。東京の板橋でもやられておりますし、例えばこれは茨城県の古河市というところで、人口が約5万8,000人ですから、上福岡市とほぼ同じような規模になるかと思います。ここでは、昨年の9月議会に議員から問題が指摘され、11月に臨時議会を開いて補正予算を組んで、12月から直ちに実施したということで、これは助成制度ということで、市民が市内の業者に発注するリフォーム工事の費用の1割を限度額として、金額では10万円を限度額として市が助成する制度であります。これに420万円の予算が組まれて、53人の市民が活用し、事業全体では7,100万円の事業が発注されたということなのです。したがって、いろいろな福祉的なことも含めて利用者に喜ばれ、また事業者にとっても仕事を確保するという点で非常に歓迎されているということで、今年度は予算を3倍にして1,500万円に増額したというふうに言われております。既に申し込みも100件が集まっているというようなことであります。
 ですから、いろいろな今現存する市の制度をどのように生かしていくか、そのことが大変財政が厳しい厳しいと言われている中で、どのように市の職員の英知を結集していくかということだと思うのです。そういった点で、これらの制度を私はぜひもっともっと利用できるように。せっかく制度があっても、なかなか利用されない。また、勤労者住宅貸付制度というのもあります。これもなかなか利用し切れていない。先ほど介護保険の居宅改修については49件の利用があったということで、これは本当に私もよかったと思いますし、もっともっとそういう意味で必要な場合に積極的に使われることを期待するわけですが、そういった福祉の事業や一般市民も含めた、そういう市の持っている制度を本当に今の不況の問題の中でぜひ積極的に生かしていきたいと思いますが、これらのことについて現状こまねいているだけではなくて、改善する考えが今後あるかどうか、そのことについてお答えをいただきたいというふうに思います。
 それから、2番目の介護保険の問題であります。利用者の実態を把握する調査と全体を把握する調査というお話でありました。そこで、まずお伺いしたいのは利用者の20%で利用実態を調査という一つのアンケートがありました。この場合に介護度の度合いによってアンケートに的確に答えられるかどうかという問題があるかと思うのですが、この点については家族の方も含めて答えるような形になっているのか。また、20%というのをどういうふうに選ぶのか、その辺についてお答えをいただきたいというふうに思います。これは、国の方から言っている元気な人の20%というのは、これは元気な人も含めてというお話がありました。認定者全員と元気な人を含めて、65歳以上の方々の20%というお話でありました。これについては、国の方からそういうふうに指定されているのか。65歳以下のまだ利用できない人のいろいろな意見というのは、この中には含まれないのか。あるいは、市としてできるのかどうか、その点についてお答えをいただきたいというふうに思います。
 次に、3番目の住宅政策についてであります。特殊法人等の事業の見直しの考え方、これは特
P.248
殊法人たくさんありますけれども、その中で私は住宅にかかわる公団の問題についてお伺いしたわけであります。特殊法人の見直しということについては、私も全部が全部そのままでいいとは思っているわけではないのでありますが、必要なものは必要なものとして存続をしてほしいし、また本当に見直しができるものはぜひ見直しをしてほしいというふうに思います。特に一般的に言われているのは、特殊法人の存在が業務や税金のむだ遣い、また天下り官僚の支配、それから政界、産業界の腐敗の温床となっている。こういったことを本当になくすということであれば、見直しすべき特殊法人もあるかと思います。例えば石油公団なんかはそうですが、石油を発掘するための費用が国から出るわけなのですけれども、実際に石油が発掘されなければ、それにかかった費用は返さないでいいとか、そういうようないろいろな企業に有利な特殊法人というのがあるのです。ですから、やっぱり必要でないものは見直ししなければいけないというふうに思います。ただ、私がお伺いしたこの都市公団については大変大きな役割を果たしているということで、確かに市が直接どうのこうのと言うことではありませんが、私があえてお伺いしたのはこういった問題について行政の責任者である市長、また担当部長がどのように受けとめているか、そのことを聞いたわけであります。ぜひこの点について、市長の見解をお伺いしたいというふうに思います。
 次に、Aの方の霞ケ丘団地の建て替えに伴う公営住宅計画の関係であります。これについては、三者協定でというのが最初出ていた話なのですが、県の方ではできない。現在市と公団で協議をしているというお話であります。このことについて私も直接自治会の役員の方々と一緒に県に伺いまして、お話を聞いてきた経緯があります。確かに今おっしゃられたように、県の方では財政事情などから大変厳しいというお話は聞いてまいりました。問題は、先ほど部長が言われました公団の制度が変わり、現在と同程度の家賃で住められるというお話でありました。しかし、実際にはこの建て替え事業の中で市や県の努力によって市営住宅、県営住宅が併設され、本当に少ない年金生活の方が何とか住居を守る、そういった点で大変大きな役割を果たしてきたわけであります。
 したがって、本当に今年金もふえない状況の中で公営住宅の家賃と、先ほど言われた公団の家賃というのはまだまだ差があるのです。そういうことを考え合わせると、やはり同じ霞ケ丘団地といえば、同一の団地の中で同一の施策の実施を図るということがやはり最小限行政としてぜひ果たしていただきたいというふうに思いますし、問題の根本はやはり公団の今のそういう建て替え制度、建て替え内容というものに原因が起因しているわけです。そういった点で、ぜひ私は今住んでいる方々が困らないように市としても県への働きかけ、また公団へ積極的な働きかけをぜひお願いしたいというふうに思います。
 具体的に公団の調査では、79世帯の方が公営住宅の入居資格ということで数字が出されております。それについて市と公団で具体的に数のことも含めた話をしているやに伺っております。そ
P.249
の中身からすると、大変市としても厳しい状況にあるのだということは推測できるわけです。したがって、そうした状況の中で、先ほど部長が6月議会で答弁していたように、市が一生懸命頑張って十分対応できないときは県も協力していくという考えを示されておりますというふうに言っているのです、この時点では。したがいまして、その点についてぜひ話をもう一度市や県とも協議していただきたいというふうに思います。
 6月にお聞きしたときに、時間的な余裕ということで、私は年内にというような公団からのお話をした経緯がありますが、仮に借り上げ住宅であれば、そういう意味での時間はもう少しあるかと思いますので、ぜひ引き続きの努力をしていただきたいというふうに思います。この点について、公団の方でもいろいろな動きをしているようであります。三、四日前には、公団が県の方にも出向いていろいろ相談をしているというようなことでありますので、ぜひ積極的な働きかけを継続していただきたいというふうに思います。
 また、Bの今後の問題については、公営住宅の役割ということはやはりこれからますます重要性が高まっていくと思うのです。そういう意味でぜひ市として積極的な取り組み、とりわけ上野台団地のお住まいの方にとっては、こうした特殊法人の見直しなど公団の民営化、廃止、こういった問題の中で、本当に将来どうなるのだろうかという不安を持たれている方もいると思います。そういう状況でありますから、ぜひともその辺の市の考えを積極的に住民に対しても伝えていっていただきたいというふうに思います。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 公団に対する市の考え方はどうかと。今質問者はいろいろと申し上げておりましたけれども、上福岡市としては今まで以上に厳しい姿勢を私は持っております。ということは、まちづくりに対する公団の考え方というものは、公団主導型から今はまち主導型になっていかなければいけない、そういう一つ信念の中で私は取り組んでいきたいと思っています。ただ、時代とともにいろんな角度で検討してみますと、時代の趨勢でまた戻り入居ですとか、いろいろなものが自動的に少しずつ動きがあるという中で公団も民営化していく。その中で民活を活用するというようなことが言われているわけでありますが、いずれにいたしましても上福岡市のまちづくりに対する公団というのはどういう取り組みをしていただけるのか、こういうことが一番大事だろうと思っています。また、県営住宅などは、当然これは県営住宅はつくるのが当たり前だというふうに私は思っておりますが、県は簡単に当初はつくるけれども、2回目はもうつくらぬぞ、そういう一つの施策というのはないのではないか。これは、公団が当然県に対していろいろと要望するのとあわせて、我々も要望していかなければいけない。また、それが団地によって不公平が生じてしまうと、このようにも考えておりますので、その点の要するに政策的な中身につきましてはもっともっと厳しく対応していきたいなというふうに思っています。

P.250
 ただ、いずれにいたしましても、先ほども担当部長が申し上げましたように公団の方向性がまだはっきり出ていません。こうこう、こうなりますという一つのこういうふうになるのではないかという話は行政としても把握しておりますが、こういうふうになりましたとか、なっていきますとかというきちっとした、まだ方向性が出てきていない。この辺が今一番不安なところでありますが、いずれにしてもここ1年以内にそんなことがはっきりと公団の方向性が出てくるのかというふうに思いますが、ただ今の状況の中では上野台の場合は半分ぐらい民活化されるというようなうわさも聞いております。これも現実かどうか、これはまだはっきりとした状況は私どもで把握しておりませんが、情報収集の中ではそういう一つの意向もあると、こういうことを伺っているところであります。何はともあれ、これはしっかりとやりませんと、上福岡のまちというのは公団によってできてきたまちでありますから、それをしっかりと受けとめて、これからのまちづくりに生かしていきたいと、このように思っています。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
◎本田穂積 市民生活部長 運転資金特別融資の検討内容は、ご指摘の部分を含めての検討内容でございます。それから、もちろんこれは融資審査会のご意見を賜りながら検討していくということになります。
 以上です。
         〔「含まれているんですね」という声あり〕
◎本田穂積 市民生活部長 ええ、ご指摘いただいた2点含んでの検討でございます。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 不況対策のうち小規模工事登録制度についての再質問でございますが、本制度についてさらにシステム化ができないかというようなご質問だったと思うのですけれども、現行制度につきましては小規模の修理、修繕については先ほど申し上げましたように関係課の方で発注しておるところでございます。現状では小規模登録制度につきましては、何度も繰り返すようで申しわけございませんが、幹部会議等を通じまして周知を図って、さらにその活用を働きかけたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 伊藤保健福祉部長事務代理。
◎伊藤義憲 保健福祉部長事務代理 それでは、私の方の再質問にお答え申し上げます。
 住宅関係、リフォーム関係の助成関係でございますが、制度の不備という形、あるいは欠陥ではないかというご意見でございますけれども、やはり貸付制度につきましても先ほどご説明申し上げました県における生活福祉資金貸し付け、これは低所得世帯を対象といたしました貸し付けでございますが、こちらの方が最高限度額245万と。それに合わせまして県でやっております身体障害者福祉資金、こちらの方がやはり限度額400万という形でございます。市の方の限度額よりも多くなっている実情がございます。やはり改修という形で経費が多くかかるという形がござ
P.251
いますので、利率の問題ですとか、補償の問題、こういうものについては県の方も大体同一でございますので、こちらの方の大きい金額の方の貸し付けという形で言っているのかと思いますけれども、ただ補助関係でいきますとやはり先ほど高齢者、重度障害者の補助という形はあくまでも福祉的な施策でございますので、不況対策という形でのものとはやはり違った部分は生じてくるのかと考えております。
 それと、介護保険関係でございますけれども、介護度によってアンケート調査に的確に答えられるのかということでございますが、前議員さんにもご説明申し上げました介護モニター、こちらのモニターが実際に聞き取り調査を行うという形で実施予定しておりますので、単身の高齢者の方でもありのままの状態を介護モニターの方が調査するという形で予定しております。
 それと、20%という形でどうなのかということでございますけれども、やはり介護度によりましていろいろなニーズも違ってまいります。こういう観点から20%を抽出する段階におきましては偏りのないように、やはり介護度、平均をとらせていただきたいと思っております。
 それと、国の調査、65歳以上、20%という形のご説明がどうなのだと。これは、国の方の指定かということでございますけれども、現状におきましては正式な通知は参っておりません。なぜそれが今の段階でご説明できるのかというのが、13年8月段階で県の方の会議がございました。その中で国の方が10月に全国主幹課長会議を実施すると。その中で会議調査が行われると。それに合わせまして、平成13年11月に市町村に対して細部の調査内容を示すという形になっています。こういう観点からいきまして、先ほどのご質問のありました65歳未満の意見はどうなのかという形でございますけれども、県の方の内容からいきますと対象者の実態把握を中心にやるということですので、65歳未満の方の意見聴取とアンケート対象という形には考えておりません。
 以上です。
○福村光泰 議長 鈴木実議員の再々質問を許します。
◆鈴木実 議員 では、再々になりますが、一言発言させていただきたいと思います。
 順不同になりますが、3番目の住宅政策については上福岡市として市長の非常に積極的な意気込みを感じましたので、それにぜひ私も期待を持ちたいと思いますし、また住民の皆さんもやはりそういう方向でぜひ上福岡市も努力してほしいということで、みずからの力も寄せ集めながらこれから公団との話を進めるというようなことも聞いております。そういった点では、市長にも上福岡市民の代表として、ぜひ住民の意向を伝えていただきたいというふうに思います。
 それから、不況対策の関係なのですけれども、私が質問通告をして、その後ヒアリングをしていろいろ話を進めていく上に、聞く内容によってこれは高齢福祉課だ、いや、これは建築課だとかいろいろ出てくるわけなのです。私の質問の趣旨は、不況対策という中でこういう市の中にあるいろいろな制度について、この点はどうだ、この点はどうだという形でお伺いしているわけなので、その辺を単純に担当課というふうに振り分けないで、むしろだから今市がいろいろな事業
P.252
をやるときに、いろんな部署がかかわる問題で、やっぱり一つの工夫というか、それぞれがそういう頭で考えないといけないのではないかということを私も感じましたので、ぜひ私が今回取り上げましたいろいろな制度改善について、不況対策をする上でいろいろな制度をぜひ、今の制度に固執するのではなくて、実際に制度があっても使えないのだったらやっぱり改善していくという前向きな姿勢が必要だと思うのです。例えば市でもいろいろな基金があって、今利息が委員会で聞きましたら0.1%だそうです。ですから、1,000万円積んで1年間で1万円という金利です、0.1でありますと。そういう基金で、眠ってしまっているような問題も中にはあります。そういうことを考え合わせると、もっと全体的に頭を柔軟にして、制度も今こうなっているからということで、本当にある部分について積極的に改善して、そのことによって福祉の役にも立つし、不況対策にもなる、そういう内容でありますので、ぜひそのことを生かしていただきたいことを述べて終わります。
○福村光泰 議長 鈴木実議員の質問を終了します。
 休憩します。

   休 憩 午後2時56分
   再 開 午後3時16分

○福村光泰 議長 再開いたします。
 次に、岩崎公夫議員の質問を許します。
         〔5番岩崎公夫議員登壇〕(拍手あり)
◆岩崎公夫 議員 それでは、私が一般質問の最後になります。限られた時間範囲でやらせていただきますので、よろしくお願いいたします。それでは、質問の内容といたしましては、まず最初はまちづくりの問題です。特にまちづくりについて3点でお伺いしたいと思います。一つは、東口の駅前整備についてと合併問題、そして公園についてお伺いしたいと思います。
 まず、上福岡の市民の要望といたしましては、1番が駅前周辺整備、二つ目が生活道路及び歩道の整備、3番目が公園、緑地の整備などです。一番市民の要望の強い、まず最初に東口駅前整備について質問をいたします。山川議員が一昨日質問しましたので、その中で一部地権者の同意が駅前の中で得られたというような話がされました。まだそうした中で、これからについての方向をお伺いしたいと思います。
 一つには、同意が得られた土地について、すぐ道路にする計画があるかどうかお伺いいたします。また、山川議員が駅からパチンコ屋まで点字ブロックがないので、困っているという質問がありましたので、これをぜひ至急設置していただきたいこともあわせてお伺いいたします。
 二つ目は、まだカメラ屋がある地権者のところが残っております。これについてどのように話
P.253
し合いがされているのか、この点についてお伺いをいたします。
 三つ目は、東口駅前整備計画を以前は東口再開発推進協議会で進めてきました。しかしながら、ここ2年ぐらい予算にも組まれておりません。今年度の予算にも組まれておりません。今後この東口駅前整備をどのように進めようとするのか、考え方をお教え願いたいと思います。
 4番目、新井自転車駐輪場が今度移転しますと利用できなくなってしまいます。この場合にお聞きしましたら、現在新井自転車駐輪場に利用しているのは200台ぐらいいるそうであります。これらの利用できなくなった分の駐輪場確保については、新井さん任せでなくて、市としても把握すべきだと思いますけれども、この点についてどのように考えているかお尋ねいたします。これが駅前整備についてです。
 2番目、合併問題についてです。合併問題というのは、まちづくりに大きく影響いたします。合併は国からの押しつけでなく、住民の意思を十分尊重して慎重に進めることが大事です。山川議員の質問に武藤市長は、合併協議会委員は市民の代表として協議会に参加している、こういう答弁をいたしました。そこで、何点かお聞きします。
 合併協議会を私は何度か傍聴してまいりました。しかしながら、その中では期待に外れて、とても活発に議論していると言えない状況であります。内容は、主に事務局やそれぞれの小委員会の報告などがほとんどです。そして、是非の発言などはほとんどありません。この間第7回の合併協議会、これも傍聴いたしました。そうしたところ、発言したのはたったの1人、こういう状況でした。これで市民の声を反映していると言えるのでしょうか、その点についてお伺いをいたします。
 二つ目は、是と非の議論をすべきなのに、合併は問題ある、このように発言する人はおりません。事務局のつくった資料も、全部合併推進をすれば大変よくなる、バラ色のように描いております。これは、合併の誘導にしかとれないもので、市長は協議会委員は賛成者だけでないと山川議員の質問に対して答えておりましたが、こうしたやりとりを見ますと、実際協議会委員が賛成者だけで議論しているとしか私は考えられません。協議会で是と非の議論をしていると言えるのでしょうか。この点について市長の見解をお聞かせください。市は、市民に上福岡として合併することによる問題点の資料を提供することも必要です。そうした中で市民の是非の判断をしてもらうわけであります。これから新市将来構想ができまして、これを住民に説明をするということでありますが、今のままですと合併をすればよくなる話だけで説明するのではないでしょうか。そうではなくて、これからの上福岡、どのように住みやすいまちづくりをつくっていくのか。そして、住民参加のまちづくりを進める、こういう観点で私は市として進めていくべきではないかと思っております。現在市民の関心が低いのに、是非の方向性を予定でいきますと来年3月に決める、こういう予定でありますが、これはとても問題であります。もっと時間をかけて、十分議論をして進めるべきではないでしょうか。この点についての見解をお聞きします。

P.254
 三つ目は、今政府の進めております合併推進は自治体に強制しているとしか思えません。推進の特徴は、文書では一応住民の自主的判断と書いておりますが、やり方は昭和の大合併と似ております。昭和の大合併というのは、市町村を9,868から3,975に3年間で3分の1に減らす、こういう計画を強権的にやりました。そうした中で合併紛争が起こったり、また合併して新市の建設事業も当初の計画に比べて地方債や補助金が大きく削減される。そうした中で自治体の運営が困難になってきた、こういう内容であります。そうした中で、これらの教訓から全国町村会は強制的な合併に強く今現在も反対しているわけであります。市長は、この昭和の大合併の内容について知っているのかどうかお聞きします。
 今進めている合併推進は、合併するまではよくなることを政府はよく言っておりますが、合併後にどうなるか本当に心配になります。まず一つ、昨日山口議員の質問に、例えば今の小泉内閣が進める骨太方針で地方交付税を1兆円規模で削減する、そういうことに対してどのように上福岡市に影響があるのかということを質問いたしました。これについて昨日はわからない、こういう無責任な答弁でした。交付税総額のおよそ5%規模になるのではないでしょうか。そうした点から計算すれば、ある程度それらの影響というのは出てくるのではないかと思います。このことについてお聞きします。
 大きい三つは公園についてです。市民要望に公園の増設があります。公園面積は、この3年間で0.4平方メートルふえておりますが、まだ県内では公園の市民当たりの面積はワーストワンです。ぜひ公園を計画的にふやしていただきたい。特にそうした中で北野地区には小さい公園は1個ありますが、公園らしい公園はありません。ぜひ公園を早期につくっていただきたい。前、議員の方が質問いたしました。1カ所については努力をしているという答弁でしたけれども、実際にこの見通し、これがどうなのか。それと、私が考えるには、もう一カ所調査しましたら北野2の10の4のところに空き地があります。比較的大きい空き地なのですけれども、これについても交渉してみてはどうでしょうか。この点について提案をいたします。
 もう一つは、新河岸川の激甚災害事業が今行われております。堤防の拡幅をやっておりますが、それによって今度川崎橋のかけかえ工事もこれから始まるかと思います。そのときに、私は以前にも提案いたしましたが、親水公園を市民が欲しいという要望が強くあります。ぜひ新河岸川を利用して、市民の森の公園を再度検討していただけないかどうか、この点についてお伺いをいたします。
 大きい二つ目です。不登校の問題です。昨年度の不登校の年間30日以上病気やけがなど以外で学校を休んだ不登校児童生徒が全国で13万4,282人で、これは過去最高となったことが文部科学省の学校基本調査で発表されました。そして、埼玉県ではどうかといいますと、全国平均よりも高く、小学生で1,548人、全校生徒に対する割合としては0.36%、中学生では5,928人、全校生徒に対する割合では2.63%と報告されました。上福岡市では、昨年度は小学生12名、中学生62名と
P.255
の報告であります。上福岡市の実態が全国や埼玉県の平均と比較してどうなっているのか、その割合について教えてください。また、このふえている傾向について教育委員会はどのように受けとめているのか教えてください。
 二つ目は、不登校児童生徒が起こる要因は多様です。最近不登校だった生徒を中学卒業後5年間追跡調査した結果が発表されました。この報告から、不登校のきっかけというのは友人関係が45%、学業の不振28%、教師との関係21%となっております。特に友人関係の多くはいじめです。不登校は怠けや本人のせいと考えている人は、認識を改める必要があると私は思います。不登校の支援についてどういう要望をしているかといいますと、話を聞いてくれる人、信じられる人がそばにいてほしかった、こういう切実な声が寄せられております。教育長は、不登校児童生徒に対してのこれらの調査結果から、どのように認識をされているのかお聞きいたします。また、今後の対応として専門家の提案では少人数学級やカウンセラーなどを置くこと、これが必要だという提案をしております。ぜひこの点で検討していただきたいと思いますけれども、その点についてお聞きいたします。
 三つ目は、市でもようやく今年度から適応教室が教育相談のところで始まりました。体制と現在の受け入れ状況について教えてください。また、不登校調査の結果では、適応教室は学校以外につくってほしい、こういう声が寄せられておりました。ぜひ別の場所に今後検討していただくようにしていただけないか、この点についてもお聞きいたします。
 次は、ごみの分別についてです。ごみの飛散防止に網の活用ということで、日本共産党は議会でも何度か提案してきました。担当課の努力もありまして、ようやくモデル地区で実施がされました。この実施に当たっての徹底の方法と今後の計画について教えてください。
 最後です。道路についてです。大原地区の道路拡幅については市道501号線、これは大原公園のそばを通る道路です。駐車場のところの拡幅が2カ所実現されました。大変住民の方は喜んでおります。そのときに道路に面した何件かの駐車場の地権者と交渉した経過がありました。その中で比較的地権者の感触がよかった、こういうところがあったように聞いております。ぜひ引き続き交渉して、実現させていただきたいと思います。特に住民から強く要望が出ておりますのは、県道から美容室のところから入りまして、すぐのところに床屋さんがあります。その床屋さんのすぐ隣が駐車場になっております。あそこのところを広げていただきたい、こういう要望もあります。もう一つは、旧石川ストアのそばに駐車場があります。ここのところも大変車の交互通行が困難になっております。ぜひこうしたところを優先して交渉していただきたい、このことをお願いしたいと思うのです。それと、北野地域の場合は、これは508号線ですけれども、駐車場の拡幅が前の議員の質問で1カ所間もなく工事が始まる。担当の方、本当にご苦労さまです。そうした中で大変住民の方も喜んでおります。ぜひ引き続いてやっていただきたいところが、前にも提案いたしましたが、根岸医院の反対側の駐車場、あそこのところが大変朝と夕方車の渋滞が激
P.256
しいです。ぜひここを何とかまた地権者と交渉していただきたいと思いますけれども、この点についてお伺いをいたします。
 これで最初の質問を終わらせていただきます。
○福村光泰 議長 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、私の方から合併の問題について、大変重要なことだと思っておりますので、私の方でご説明を申し上げます。
 この合併の問題につきましては賛否両論があります。当然であります。その賛否両論の中で、今は是となるか非となるかという方向性を出す、こういうことですから、現状の2市2町のまちのあり方をすり合わせたものが今の是非の問う材料になっているところであります。特に新市将来構想の案につきましては、7回にわたる小委員会で議論がされております。5回、6回の協議会においての討論過程が報告されたり、あるいは議論されてきた経緯がございます。最終的には、小委員会がまとめたものを第7回の合併協議会において協議事項として提案された、こういうことでありまして、それが協議会で承認されたと、こういうことであります。また、未来に向けての、これは各町村が残るとか残らないとかという、そんな小さな問題ではない。将来我々が生活しているこのまちがどうなっていくのかということが一番大事なことでありまして、私は上福岡がこうなれ、ああなれという一つの議論は2市2町の中で申したことはございません。全体の都市構想としてどうあるべきか、これを議論していくのが私は合併論というふうに思っております。
 質問者が言われております財政フレームにつきましては、これは新市建設計画というものがなされて初めて具体的な財政フレームが出てくるわけであります。特にこの合併の大きな課題というのは財政の体力をつける、財政をどうやってきちっとした基盤を整備していくか、これが大きなテーマであります。特にこれは質問者が先ほどもちょっと申しましたように、基本構想の中に合併ということについては余り述べられていないではないかと、こういうお話ですが、第三次総合振興計画の前期基本計画の中に、市民とともにという市民を交えた一つの合併論をしていくのだと、こういうことで期日がございます。またあわせて、これは三芳町が同じような合併に関する議論を進めていて、いろいろと三芳町は三芳町なりのやはり議論はしておりますけれども、上福岡市における住民不在ではないかということについては、私はそのご指摘は違うのではないかと、このように思っております。
 それから、あわせまして前の議員さんにも申し上げました交付税措置は減るのではないか。質問者も5%というお話がありました。これからの税制度というのは、交付税はもちろん見直されるのは当たり前であります。なぜかといいますと、地方分権としてあらゆる権限が地方におりてくる。それに合わせて、財政面もこの分権に合わせておりてくるのは当然であります。そうなれば、交付税と言われております今までのような形のものとは違ってくるのは当然当たり前だ。た
P.257
だ、これが収入の減るというような一つの数値的なものには何ら関係がないというふうに私は思っております。
 以上であります。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
         〔長島直行都市整備部長登壇〕
◎長島直行 都市整備部長 それでは、駅東口の狭隘部分の解消の見通しについてお答えをさせていただきます。駅東口の狭隘部分につきましては、先般もお答えをさせていただきましたが、現在東武ストアの裏の空き地、それとそば店、自転車預かりの3カ所を取得したところでございますが、今後そば店隣のまだ景品所とか、5階建てのビルの補償とかいろいろございますので、これが解決した時点ではこの道路部分につきましてすぐに歩行者等が通れるような形で考えていきたいと思っております。
 それから、点字ブロックの関係のご質問がございましたが、現在設置してあります歩道上につきましては点字ブロック等ございますので、今後そば店等を除いた時点ではまたその部分については、今もお話をさせていただきましたけれども、歩道等を設置して開放していく予定でございますので、その中では検討させていきたい思っております。
 それから、再開発事業が2年ほど予算がなくなってとまっているではないかというお話でございますが、これにつきましては再開発に当たりましては地元の皆さんのご協力が何分にも必要でございますので、現在地元商店街、町内会との話し合いを進めていきたいと考えております。
 それから、新井自転車店が今後なくなった場合には自転車の駐輪の確保をどのように考えているのかということでございますが、現状の東口の民営の自転車置き場等を考えていきますと、現在19件の自転車預かり等があるところでございますが、現時点ではまだかなりの台数があいていると聞いておりますので、新井さんの方といたしましてもこの辺については責任を持って解決するということでございますので、市の方もそれなりについてご協力をしていきたいと考えております。
 それから次に、公園の関係でございますが、公園の増設につきましては北野地区の公園設置については現在地権者とお話し合いをしているという段階で、進展はしてございませんが、今後も引き続きまして交渉を続けていきたいと思っております。
 それから、他の場所へどうかというご質問がございましたが、この辺につきましては、現在交渉をさせていただいている地権者との関連もございますので、現時点では考えてございません。また、公園が少ないというご指摘でございますが、これは県の統計等を見ましてもこれは事実でございますが、その中で市民の森の復活については考えたらどうかというご質問でございましたが、この辺についても現状の中では考えておりません。
 続きまして、道路拡幅の状況につきましてお答えをさせていただきます。大原、北野地区の道
P.258
路拡幅の進捗につきましては、大原地区の市道501号線につきましては7カ所の駐車場等の地権者の方と交渉を進めてきているところでございます。
 それから、北野地区の508号線については、先般の議員さんにもお答えをさせていただきましたけれども、一部地権者のご協力を得られましたので、9月末に工事の方を発注していきたいということで、他の4カ所につきましてはこれも大原、北野地区両方とも今後とも引き続いて交渉の方はさせていただきたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 本田市民生活部長。
         〔本田穂積市民生活部長登壇〕
◎本田穂積 市民生活部長 環境問題の中のごみの防鳥、防風ネットについてお答え申し上げます。
 ごみの防鳥、防風ネットはペットボトルや容器包装プラスチックが風により飛散することを防ぎ、生ごみがカラスや猫により散乱することを防止するために設置しようとするもので、本来であれば直ちに全市的に設置すべきというふうに考えます。しかし、地域にネットを管理する体制がなければ長続きをしないというふうに思います。最初はきれいなネットでも、だんだん汚れてまいりますし、元福岡地区からはネットを設置しましてすぐに盗まれたという連絡もありました。このことでかえって集積所を管理している皆様の精神的な負担というものもふえるのではないかというふうに思います。また、ごみ集積所が道路上というところが多く、通行の妨げになるのではないかという心配もあります。したがって、現在元福岡地区と中福岡地区でモデル的に実施していただいておりますが、その結果をもとに今後の方向を決めていきたいというふうに思っております。
 ご質問の2地区に配布したネットの種類及び枚数でありますけれども、元福岡地区にはペットボトル用の袋タイプを32枚、防鳥ネットを32枚、中福岡地区には袋タイプが20枚、防鳥ネット40枚をお願いいたしました。できればもう一地区、特に集積所の設置条件の悪いところをモデル的に実施したいというふうに考えております。
 また、来年度に向けての考え方ですけれども、ごみ担当部といたしましては全市的に一斉に実施したいというふうに考えておりますけれども、現実的にはなかなか難しいかという感があります。地区での合意、あるいは集積所使用者同士の合意ができたところから順次実施していきたいというふうに思います。できるだけ多く設置していただけるよう働きかけてまいりたいと思っております。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
         〔井上和男教育次長登壇〕
◎井上和男 教育次長 それでは、教育関係に関する質問にお答えしたいと思います。
 まず、教育問題、不登校対策についての不登校児童生徒の実情と対応についてでございます。
P.259
その中で上福岡における全校生徒に対する割合はということでの内容でございますが、平成12年度30日以上の不登校生徒児童は小学校で12名、中学校で62名でございます。その在籍率と申しますと、小学校が0.47%、中学校が5.02%となっております。国や県と比較しましても、割合が高い状況でございます。このことから不登校児童生徒の問題につきましては、本市の重要な課題であると認識しております。
 次に、不登校児童生徒に対する認識をどう受けとめているかということでございますが、本市における平成12年度の不登校となったきっかけには友人関係、遊びや非行、教師との関係、学業不振、親子関係、集団への不適応、家庭環境の変化等さまざまございます。先ほど申し上げたとおり、不登校児童生徒の問題は本市の重要な課題であると受けとめております。不登校にならないよう、その防止と対策に努めているところでございます。本市といたしましては、一人一人の個に応じた指導ができるように、さわやか相談員やボランティア相談員等の活用とともに、教職員対象のカウンセリング研修会や教育相談ネットワークの会議を一層充実してまいりたいと思っております。また、ご提案がありましたカウンセラーなどのことについてのご提案でございますが、このご提案の件につきましては本年度より、13年度より市内で1名のスクールカウンセラーを配置し、活用しております。
 次に、適応指導の機能を持った教育相談の体制と現在の受け入れ状況でございますが、現在は相談員2名の体制のもと、集団生活に対応できるよう3名の児童生徒が通室しております。そのうち小学生につきましては2年生から数年間学校に行けませんでしたが、1学期末から登校を始め、2学期も始業式より登校している状況でございます。また、中学生につきましては、教室までは行きませんが、学校のさわやか相談室へ行くことができるようになった生徒もおります。
 次に、適応指導の機能を持った教育相談室を別な場所にという内容でございますが、これにつきましては大変貴重なご提案と受けとめさせていただきたいというふうに思います。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の再質問を許します。
◆岩崎公夫 議員 それでは、順序を追って再質問をさせていただきます。
 まちづくりの点についてですけれども、これについては答えとしてカメラ屋の地権者との交渉は実際どうするかというのはたしか回答がなかったと思うのです。これについては、今現在どのようになっているのかと今後の進め方をぜひ教えてください。
 それと、駅前整備計画については、これから地元の人と進めるということなのですけれども、今まで行っていた東口駅前開発推進協議会としてやっていくのか。また、違った組織をつくってやるのか、この点についてお尋ねをいたします。それで、予算としては今年度組まれておりませんけれども、補正などを組んでやるようにするのかどうなのか、その点についてもあわせてお尋ねをいたします。

P.260
 それと、自転車駐輪場の確保の件ですけれども、これは民間が当然責任を持ってやるということだと思うのですけれども、私が聞きたかったのは、実際に西口の6丁目の駐輪場のときについても確認したら、その後利用していた人がどうなったかということについては結局市では把握していないのです。そういうことで、私はきちんと民間の駐輪場に任せっ放しにしないで、一つはきちんと市としてもその状況をつかんでいくと。実は、担当課に今の東口の駐輪場は19件あるというふうに答えていただきましたけれども、これは実際では利用率はどうなのかというふうなことを聞いたら、データがありませんというような回答なのです。ということは、市としてはアイオラスがなくなった以降、事実上市としての責任というのをもう感じていないというのか、そういうことに私は受けとめたのです、調査がわからないということは。そういう点で私はいいのかということなのです。やはり駐輪場というのは駅に通勤、通学、また買い物で利用する方が使うわけですから、安心して駅のところにとめられるということを私はまちづくりの問題として考えるべきだと思うのです。そういう点から、これから駅前を再開発するわけですから、そういう中でも駐輪場の確保とか、そんなこともあわせて私は市としても考えていく必要があるのではないかと思うのですけれども、この点についてあわせて、考えがありましたらお聞かせください。
 次は、合併問題です。これについては、市長は是と非の議論をしているのだと。特に小委員会をつくって討論しているのだというようなお話でした。確かに新市構想の小委員会というのをつくって、確かにその中を見ましたらそれなりに。発言のしている中身というのか、私は委員会の資料も見ました。そうしたところ、確かに一定の人が発言はしております。しかしながら、その中を見ても、私も先ほど言いましたように合併に対してこれからどういうふうに進めたらいいかという方向だけで、やはりこれについては問題あるとか、そういう角度からの発言というのはめくった中ではありません。ですから、私は当然もっと是と非の立場できちっとやっぱり議論を尽くすということが必要だと思うのです。そういう点では、これについても答えていただいていないのですけれども、合併協が来年の3月に方向性を決めるということなのですけれども、私はそういう急いで決めるべきではないというふうなことで、その点についての見解はどうなのだという質問をしたと思うのです。それについては、直接答えていただけておりません。ぜひ市長は、個人ではなくて市民の代表だという観点で答えていただきたいのです。個人的にはいろいろあると思うのですけれども、山川議員の質問に対しても協議会の人たちはそれぞれ市民の代表ですというふうに答えているわけですから、当然上福岡の市民の代表ですから、上福岡のまちをこれから本当に安心して市民が任せられるようなまちづくりに果たして合併がいいのかどうかという大変重要な問題なので、そういう角度で私は考えていただきたいというふうに思いますので、その点お願いします。
 それと、新市将来構想、確かに一定時間議論はされたかと思うのですけれども、私はそれを否定するわけではないのですけれども、まだまだ私は本の厚いのも一通り読みました、新市将来構
P.261
想も。これと、その前にコンサルタントがつくった同じような本があるのです。これを見比べてみたのです。そうしたら、ほとんど変わっていないのです。ということは、コンサルタントがつくった内容で、そういう方向で、幾らか若干絵なんかが入っていますから、そういうところは工夫というか、検討されたのだと思いますけれども、そのほかについては例えば合併の効果の問題なんかについても、ほとんど従来の県や国が出している内容をそのまま書いているような状況なのです。こういうふうに言うだろうと、こういう心配があるだろうというふうなことの範囲なのです。ですから、私はこれではとても市民が任せられるような状況ではないというふうに私は思います。ですから、今の進め方というのはやっぱり市民の立場での検討ではないということで、ぜひそういう点でどうなのか、このことについては。清水市と静岡市の合併協議会今進めておりますけれども、ここにたしか協議会の人は視察に行ってまいりましたよね。そのときに、今新市将来構想を同じに清水市と静岡市もつくっておりますけれども、これについてどのくらいこの新市構想、月日をかけてつくったかと多分聞いていると思うのです。それぜひどのくらいかけてつくったのか。実際にこの2市2町は何カ月でこの新市将来構想をつくったのか、この点についてお尋ねいたします。
 あともう一つ、市長は地方分権の時代だと。だから、当然それぞれ自治体も責任を負うのだというような話でした。確かに仕事は地方にどんどん今来ています。ですけれども、地方が困っているのは財政が一緒に伴っていないのです。ですから、仕事だけがどんどん来て、そしてお金は来ないということで、地方の自治体の人たちは大変困っているということをそれぞれの市町村の長は悲鳴というのか、やっぱり怒っているのだと思うのです。そういう点が今の市長のお話だと財政も来ているという話をしていましたけれども、これは認識の違いだと思うのです。私は、財政は伴っていないということなのですけれども、この点について確認をさせてください。
 あとは、財政問題でもう一つ、これは総務部長の方に答えていただきたいと思うのですけれども、きのうの山口議員の質問に、地方交付税が例えば国で削減をするというようなことで1兆円を減らすという動きがあるのですけれども、これについて具体的には市長が一般的に答えた程度で細かく全然触れていないのですけれども、全然これを調査したり、そういうことがされていないのか。それとも、要するにわからないのかどうなのか。私例えばある記事を読みました。そうした中で北海道のニセコ町というところがあるのですけれども、ここは人口が約4,500。ここでは、もうそういうことに対して計算しているのです。どのくらい地方税がこれによって削られるかと、どういう影響を受けるのだということをやっぱりそういうふうに敏感に反応しているのです。それがもしそういうことをわからないのであれば、本当に合併のことを住民の立場で私は考えているとは言えないと思うのです。そういう点で、この点についてもう一度答弁をお願いいたします。
 教育の問題です。これについては、認識はしているということなので、本当にこれは複雑ない
P.262
ろいろと問題もあったりして、あとやっぱり不登校児童生徒を持っている親の方、本当に私なんかも話を聞いたのですけれども、大変な思いでいろいろと苦労されているのです、日常的に。そういう点で、ぜひ一つは今不登校児童生徒になっている方への接し方、この辺は先ほど提案をいたしましたけれども、やはり相手の気持ちに立った対応をぜひしていただきたいと思うのです。私なんかも聞いている話だと、早く学校に来てほしいというような方向で見え見えだというのです、子供さんから見ると。要するに早く学校にみんな待っているとか、そういうことなので、それだとかえってプレッシャーになるというのです。この調査した結果は皆さんも知っていると思うのですけれども、この中でも例えば実態調査の中からどういう声を上げているかというと、例えばある不登校の児童生徒の話だと、いろいろと悩んでいた中で母が守ってくれたとか、あといろいろと自分が不登校になって本当に大変な中で、親がそのことについてようやく理解してくれてよかったとか、あとそういうときにぜひカウンセラーがいたら本当によかったのにというふうな意見とか、あとは担任にいじめられてしまったと。それをきっかけに結局不登校になっている話とか、あとは逆に先生に励まされて、それで元気になったとかという話もあります。私はいろいろと体験談を聞いていて、これは本当に深刻だと思ったのは、例えばだんだん学校が嫌になり、中学1年の2学期から不登校になる。当初は死にたいと思っていたと。母親に堂々としていなさいと言われ、小学校のときの先生が時々会って話ししてくれたり、小学校のときのクラスメートを集めて励ましてくれた。これで助けになったというようなことですので、そういう角度での接し方をしているのだろうとは思うのですけれども、その点について実際に今起こっている不登校児童生徒に対する対応がどのようにされているのかということをお尋ねします。あとは、1名スクールカウンセラーを配置したということなのですけれども、この活動内容とどのように配置されたのか、この点についてお尋ねいたします。
 あとは、適応教室については今2名配置されているということなのですけれども、私たち日本共産党議員団が少し前に視察研修に行った中で、松山市のところで行ったのですけれども、松山の若あゆ教室というふうに適応教室を名前を呼んでいるのだ。それで、ここについてはきちんとパンフもつくっているのです。実は担当課に聞いたら、まだこういうパンフはつくっておりませんということのお話でした。ですので、少なくとも今現在62名と12名ですから、74名の方が不登校になっているわけです。だから、少なくともこういう人たちに今適応教室ができましたと、ぜひ利用したらどうでしょうかというお話が届いているのでしょうか。それと、ぜひこういう資料等をつくる必要があるのではないかと思うのですけれども、この点についての考え方をお尋ねいたします。
 あと、県の補助事業の見直しは市町村の負担にならないようにしていただきたいということで私たちは要望しております。そうした中で彩の国分権推進交付金による市におろされた事業は46事業で244万1,000円にすぎないということで、いかにそういう面では財政が伴っていないとい
P.263
うことだと思うのです。
 以上で再質問を終わります。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 この合併の問題、質問者は反対だと思うのです。ということは、急ぐ必要はないという意見はわかるのですけれども、何のために急がないでいるのか、その辺は一つもはっきりとしたご提言がない。それから、協議会というのは、これは法定協議会でありまして、協議会としてやる仕事というのは範囲があるのです。それ以上の逸脱した状況というのはなかなかとりづらいということになりますと、現状のような形で協議会がまず是非の方向を決めていく、これは当然のことであります。
 それから、財源の問題がお話ありましたけれども、地方分権の要するに予算というのはこれからおりてくるのです。今どんどんおりてくるわけではないの。これからがおりてくる。となりますと、当然それに見合う地方交付税は改革されます。これは、見直しされるのは当たり前であります。財源は同じところから出るわけですから、例えば上福岡でもそうなのですが、今皆さんがいろいろな形で質問者も含めていろいろと要望しておりますけれども、平成3年、4年の財政の状況と現状の12年度以降、この財政状況を全くわかっていないというふうに私は申し上げておきます。それはなぜかといいますと、市民税あるいは法人税だけでも14億からのお金が落ちている。にもかかわらず、仕事が減っていますか。今まで以上に社会投資をしなければならない。医療費を含めて、保健事業だけでも40億を突破する時代になりました。
 そういうことを念頭に置いて、これからどうやって生き残っていくのか、これは一番大事なことでありますし、それがまたあわせて将来私たちの子供たちが住んでよかったというまちづくりをしていく大きなもとになるという確信を持って、これは合併の話を申し上げている。今の浦和、大宮、いろいろとお話が出ておりますけれども、浦和も6カ町村との合併があって今の浦和があった。そういう一つ一つを振り返ってみると、必ずそういういろんな苦難の道を歩んできちっとしたまちづくりができている。川越でもそうです。そういうことを念頭に置くと、今まで上福岡は大変幸せ。ほかの町村との合併なくして、今まで生きてこられた。これはすばらしいことだろうと思いますが、それはいつまでも続かない。
 あわせて、こういう時代とともに分権がたくさんおりてくる。今46と言っております。また、来年になりますと五十八つぐらいまたおりてくると思いますが、最初におりてくるものはお金にならないようなものばかりです。これは当然落としやすい、地方へ出しやすいものから出てくる。これはやむを得ないことであります。これからが本番であります。そういう中で今の上福岡を含めた2市2町が、これはいろいろと今温度差があるとかないとかで、これは取り残されたら大変なことです。見てわかるとおり、これは大きな打撃を受けるであろうというふうに思っています。そこで、今2市2町のトップの中ではそういうものの意思決定がなされていると、こういうこと
P.264
でご理解をしていただきたいと思いますが、何はともあれこの問題は慎重に時間をかけてやっていかなくてはいけない。その時間というのは、すり合わせの方が大変なのです。是となって新市計画をつくる方がよほど数千のすり合わせをしていかなければいけない。それを今ここで時間をかけていましたら、何十年先になってしまうかわからない。そういうことも念頭に置いて、私は一日も早くこのすり合わせあるいは財源の確保というものをして、社会投資に向けてもっともっと投資をしていく。それが我々残された政治家としての使命、私はそのように思っています。
 以上であります。
○福村光泰 議長 小城総務部長。
◎小城哲生 総務部長 それでは、私に対して何点かご質問がありましたので、お答え申し上げます。
 まず、交付税の削減された場合の影響云々ということでございますが、昨日山口議員の質問にお答え申し上げましたとおり、6月26日の閣議決定、今後の経済財政運営及び経済社会の構造改革に関する基本方針、これにおきまして地方交付税につきましては昨日も申し上げましたように事業費補正ですとか、あるいは段階補正の見直し、それから地方交付税の算定をできる限り客観的かつ単純な基準で行う簡素な仕組みにするというようなところが掲げられているところでございますが、これとあわせて税源移譲を含め、国と地方の税源配分について根本から見直しして、そのあり方を検討すると明記されておるところでございます。こうしたことから、その影響がはっきりしないというふうなことも申し上げたところでございますが、1兆円の地方交付税の削減ということも確かに言われているところでございます。今後地方交付税制度の見直しがはっきり今のところまだ見直しの内容について詳細に示されておりませんので、大変恐縮でございますが、本市における影響額につきましては現時点での試算は困難な状況であるかと思われますので、ご理解を賜りたいと存じます。
 それから、ご質問の中で清水、静岡の合併協議会の新市将来構想についてはどのくらいかけて策定したものかというご質問があったと思うのですけれども、これにつきましては平成12年2月24日に決定したことは私どもの方で把握しておりますが、いつから策定に着手したかについては把握してございません。また、当市と2市2町の新市将来構想につきましては、平成13年3月から平成13年8月の間で策定したものでございます。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 長島都市整備部長。
◎長島直行 都市整備部長 それでは、東口の狭隘関係についてお答えをさせていただきます。
 先ほどもちょっとお答えをさせていただきましたけれども、今後のカメラ屋の交渉についての質問でございましたが、先ほどちょっとお答えした中で、そば店隣の景品所と5階建てのビルの補償等を今現在実施しておりますので、今後につきましてはカメラ店と順次交渉を進めていきたいと考えておるところでございます。

P.265
 それから、東口の協議会関係についてのご質問でございますが、これにつきましては今ある協議会を今後どのような形で再開させていただくかをお話をさせていただくということで考えております。
 それから、予算につきましては、本年度6月補正の中で計上させていただいておりますので、この辺をお話がついた時点で使用させていただきたいと思っております。
 それから、自転車の関係でございますが、民営の自転車の空き率等を把握していないのではないかというご質問でございますので、これにつきましては早急に調査等を実施していきたいと考えております。
 以上でございます。
○福村光泰 議長 井上教育次長。
◎井上和男 教育次長 それでは、教育委員会の方に対する質問に対してお答えしたいと思います。
 まず最初、相談室等での接し方、それと対応の仕方についてのご質問でございますが、不登校児童生徒のきっかけや状態はさまざまございます。一人一人の状態を把握し、愛情を持って対応しております。
 次に、スクールカウンセラーのご質問でございます。スクールカウンセラーにつきましては、臨床心理の詳しい人が児童生徒、保護者、教職員の相談に当たっております。業務の内容としましては、教職員の保護者に対する指導、助言、生徒へのカウンセリング、カウンセリング等に関する情報収集及び提供、校長が必要と認めた小学校での指導、助言及び児童へのカウンセリング、その他カウンセリング等に関し、各学校において適当と認められるものというふうな形での業務になっています。期間につきましては、5月7日からスタートしております。5月7日から8月31日までの間に延べ100人の相談がありました。
 次に、相談室等のパンフレットはどうかということでございますが、現在は各学校でそういう適応指導の機能を持った相談室についてのPR等はしております。しかしながら、一般のパンフレットの内容については行っておりません。ことしから試行期間なので、その様子を見ながら考えていきたいというふうに考えております。
 以上です。
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の再々質問を許します。
◆岩崎公夫 議員 それでは、時間がありませんので、質問だけに終わってしまうのではないかと思うのですけれども、合併問題についてなのですけれども、市長は直接協議会での是非の議論を私は少ないのではないかと、中身等がされていないのではないかと言うのですけれども、そのことに、では直接触れないで、もう来年の3月に決める方が具体的に進むから、いいのだというような話をしているわけですけれども、私はそういう姿勢であれば、それで片方では矛盾しているのですけれども、慎重に行うことも必要なのだというふうなことを言っているのですけれども、
P.266
議論の時間が余りにも2年という点では、是の方向か非の方向かを決めるのは早いのではないかということを言っているのです。私は、合併そのものが共産党の場合は別に全部が反対とは言っておりません。最初にも申しましたように私どもは慎重に行って、住民の意思で最終的には決めるというようなことなのです。そういう点で、ですから最初にも言ったように慎重にやるべきだというような立場で私たちは提案してきているということです。
 それと、財政問題についても、まだはっきりしないというような答弁でした。私先ほども一つの例で北海道のニセコの町の例を言ったのは、私はもう少し担当課としてこの地方交付税が減るということは、ここに地方交付税とはどういうものなのかということで、これは知っていると思うのですけれども、自治体間の財政格差を調整し、自治体が一定水準の住民サービスを行うのを保障するためにつくられた制度だというふうに言っているわけです。これが削られるということは、当然市民サービスが後退するというわけです。それを市長は、これもやむを得ないのだということを認めているような今の発言でした。私は、それは許されないと思うのです。もっとやはり市民の立場に立って、貴重な合併問題についてもそういう議論も反映させていくということで、ぜひ進めていただきたいということで私の質問を終わります。
○福村光泰 議長 岩崎公夫議員の質問を終了します。

△散会の宣告(午後4時17分)
○福村光泰 議長 以上で本日の日程は終了いたしました。
 明日21日は委員長報告作成のため休会、22日、23日及び24日は休日のため休会、25日は午前9時30分から本会議を開き、委員長報告、討論、採決、議案審議等を行います。
 本日はこれで散会いたします。

P.267
平成13年  9月 定例会(第3回)


〇議事日程(9月25日)
 開  議
 日程第1 決算特別委員長報告(討論・採決)
     第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
     第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
     第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
     第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
     第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
     第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について
     報告第20号 決算特別委員会審査報告
 日程第2 常任委員長報告(討論・採決)
     第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについ
            て
     第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
     第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
     第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正
            することについて
     第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正するこ
            とについて
     第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
     第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
     第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
     第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
     第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
     第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
     第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて
     請願第 2 号 介護保険の改善・充実をもとめる請願
     請願第 3 号 葬儀場の建設に反対する旨の請願
     報告第21号 総務常任委員会審査報告
     報告第22号 福祉・教育常任委員会審査報告
     報告第23号 環境・都市常任委員会審査報告
 日程第3 議案審議

P.268
     第66号議案 助役の選任について
 日程第4 議員提出議案審議
     議第3号議案 WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について
     議第4号議案 公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について
     議第5号議案 地方交付税の削減に反対する意見書について
     議第6号議案 乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書について
 日程第5 議員提出議案審議
     議第7号議案 国際テロ行為根絶に関する決議について
 日程第6 閉会中の継続調査の申し出(常任委員会及び議会運営委員会)
 日程第7 市長あいさつ
 閉  会

〇出席議員(24名)
      1番  小坂部 政 勝 議員     2番  野 沢 裕 司 議員
      3番  石 山 皓一郎 議員     4番  足 立 志津子 議員
      5番  岩 崎 公 夫 議員     6番  山 口 公 悦 議員
      7番  鈴 木 啓太郎 議員     8番  青 山 博 明 議員
      9番  加 藤 末 勝 議員    10番  福 村 光 泰 議員
     11番  五十嵐 正 明 議員    12番  粕 谷 正 臣 議員
     13番  山 川 寿美江 議員    14番  鈴 木   実 議員
     15番  高 橋 順 子 議員    16番  金 澤 知恵子 議員
     17番  田 中 雍 規 議員    18番  土 屋 昭太郎 議員
     19番  大 島 国太郎 議員    20番  小 高 時 男 議員
     21番  細 井 地 久 議員    22番  井 上 和 憲 議員
     23番  岸 川 彌 生 議員    24番  高 橋 行 雄 議員

〇欠席議員  な し

〇職務のため議場に出席した議会事務局職員の職氏名
   関 口   充  事 務 局 長      南   敏 夫  事 務 局 次 長
   原 田 雄 一  議事調査係長

〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

P.269
   武 藤   博  市     長      岡 田 忠 雄  収  入  役
   工 藤 哲 夫  理  事  兼      安 田   博  理     事
            秘書広報室長
   小 城 哲 生  総 務 部 長      本 田 穂 積  市民生活部長
   長 島 直 行  都市整備部長       伊 藤 義 憲  保健福祉部長
                                  事 務 代 理
   島 野 清 一  工事検査室長       鈴 木 久 志  水 道 部 長
   山 元   弘  教 育 委 員 会      吉 野 英 明  教  育  長
            委  員  長
   井 上 和 男  教 育 次 長      田 中 利 次  選挙管理委員会
                                  書  記  長
   中 野   武  代表監査委員       島 村   栄  監 査 委 員
                                  事 務 局 長
   河 野 輝 典  農 業 委 員 会
            事 務 局 長



P.270
△開議の宣告(午前9時30分)
○福村光泰 議長 ただいまの出席議員は24人です。
 議員の出席が定足数に達しておりますので、議会の成立を認め、ただいまから平成13年第3回定例会第22日の会議を開きます。

△日程第1 決算特別委員長報告(討論・採決)
△第47号議案 平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について
△第48号議案 平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
△第49号議案 平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
△第50号議案 平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
△第51号議案 平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
△第52号議案 平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について
△第53号議案 平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について

△報告第20号 決算特別委員会審査報告
○福村光泰 議長 日程第1、本定例会に提出されております第47号議案から第53号議案までの以上議案7件を一括議題といたします。
 報告第20号・決算特別委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 井上和憲委員長。
         〔井上和憲決算特別委員長登壇〕
◎井上和憲 決算特別委員長 おはようございます。それでは、決算特別委員会審査の報告をいたします。
 平成13年第3回定例会において本委員会に付託されました第47号議案から第53号議案までの7議案につきまして、平成13年9月11日、12日及び13日の3日間上福岡市議会第1委員会室におきまして委員会を開き、審査を終了いたしましたので、上福岡市議会会議規則第103条の規定に従いまして、報告いたします。
 付託事件は、第47号議案から第53号議案までお手元に配付してあります報告書のとおりでございます。委員会の構成もお手元に配付しております報告書のとおりでございまして、委員会中委員の欠席はございませんでした。説明員、お手元に配付してあります報告書のとおりでございます。
 次に、審査の概要及び結果について報告申し上げます。審査に当たりましては、市長、水道事業管理者、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、監査委員及び農業委員会会長並びにその委任を受けた者の出席を求め、付託されました事件につきまして審査を行いました。なお、本委
P.271
員会の第1日目、9月11日は台風15号の襲来のため執行部は12時40分に第1配備体制に入ったため、午後の審議は休止いたしました。また、同じ日の深夜にはアメリカで前代未聞とも言われる衝撃的な同時多発テロ事件が発生いたしました。このような二つの大きな突発事件がありましたが、特別委員会委員の皆さん及び関係する皆様のご協力とご努力で無事に日程どおり審査を終了することができました。
 次に、結果について申し上げます。第47号議案・平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定につきまして、主な質疑は報告書のとおりでございまして、討論につきましては反対討論が二つと賛成討論が二つございました。第47号議案について、採決の結果、起立多数により認定することに決定いたしました。
 次に、第48号議案・平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、主な質疑につきましてはお手元の報告書のとおりでございます。討論はなく、採決の結果、全会一致をもちまして認定することに決定いたしました。
 次に、第49号議案・平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、質疑、討論はなく、採決の結果、全会一致をもって認定することに決定いたしました。
 次に、第50号議案・平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定につきましては、主な質疑につきましては報告書のとおりでございます。討論はなく、採決の結果、全会一致をもって認定することに決定いたしました。
 次に、第51号議案・平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につきまして、主な質疑は報告書のとおりでございます。討論なく、採決の結果、全会一致をもって認定することに決定いたしました。
 次に、第52号議案・平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について、主な質疑は報告書のとおりでございます。討論はなく、採決の結果、全会一致をもって認定することに決定いたしました。
 次に、第53号議案・平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について、主な質疑は報告書のとおりでございます。討論なく、採決の結果、全会一致をもって認定することに決定いたしました。
 以上で決算特別委員会の審査報告を終わります。
 平成13年9月25日。決算特別委員会委員長、井上和憲。
○福村光泰 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 第47号議案・平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
 岩崎公夫議員。

P.272
◆岩崎公夫 議員 それでは、日本共産党を代表いたしまして、反対討論を行います。
 長引く不況による影響で市民の生活は大変になっております。そうした中で、所得の減収、また税法の改正によるものは全市民の3%にすぎない700万円以上の所得者に最高税率の引き下げや大企業の分社化による減税策などで、減収が1億1,000万円にもなりました。国は、不況対策として国民多数を対象とした個人消費拡大のための減税対策などは行わず、一方では一部高額所得者や大企業への減税対策を行い、これが自治体の財政を困難にしております。歳出では、日本共産党が修正案を提案し、その中で実現されたものもありますが、子供の安全対策として最優先すべき学校の耐震補強工事や通学指導員の増員が先送りになっています。不用額で委託事業関係が目立ち、積算を高く見ている傾向が見受けられます。また、桜通り線は測量委託を行っただけで、事業認可に向けた方策としては問題です。駅利用者の利便性を考慮して駐輪場の確保や実態把握を行政は責任を持つべきなのに、上福岡6丁目駐輪場を民間駐輪場の要望で利用者の意見も聞かずに廃止し、廃止後の利用者に負担増をさせ、把握もしていないのは、市民不在、民間業者任せは問題です。また、予算は単年度で使うべきものであり、繰越金9億円余となっているのも問題であります。
 以上の理由で反対といたします。
○福村光泰 議長 五十嵐正明議員。
◆五十嵐正明 議員 それでは、順正会を代表いたしまして、賛成の立場から討論させていただきます。
 平成12年度一般会計歳入歳出決算については、武藤市長就任後4年目の予算であり、あわせて第二次総合振興計画の最終年度でもありました。この間、社会情勢のたび重なる変化と長引く景気の低迷から税収の停滞が続く中で、行財政の環境は極めて厳しい状況に置かれた市政運営ではなかったかと思います。こうした中で、福祉、教育、環境、基盤整備等、第二次総合振興計画の後期計画に位置づけられた諸施策は、着実に実現に向けて実施されてまいりました。このように財政の厳しい状況にもかかわらず市民要望の高かった公園の整備や西デイサービスセンター、霞ケ丘保育園、市民交流施設建設事業などのハード事業を含む数々の諸事業を実現、達成に導き出しました。このことは、健全財政を維持しつつ執行されたもので、高く評価に値するものと思われます。平成12年度一般会計歳入歳出決算の状況については、歳入歳出の収支のバランスが崩れる中で財源不足の解消を図るため、財政体質改善委員会を設置し、税の負担公平の見地から自主財源の確保のため、臨宅徴収においても積極的に実施されていることがうかがえます。平成12年度一般会計歳入歳出決算については、施政方針、予算編成方針に従って執行されており、かつ執行状況を見ましても、11年度と比較して不用額の減少、公債費負担の緩和を図るため繰上償還の継続実施等努力された決算内容となっている反面、負担金においては手続不備のため不納欠損処理に至った経緯もあり、負担公平の見地からも職務の遂行とチェック機能の一段の強化を希望す
P.273
るものであり、また補助金、委託料の内容を再度精査し、後年度においては適切なる運用を図ることを求めるものであります。
 今後の財政運営に当たりましては、現在政府が示している構造改革の基本方針では地方交付税制度や補助金制度など、抜本的な改革が行われるようでありますから、情勢の変化を的確にとらえて財政運用に支障を来さないよう、なおかつ市民から批判の出ないよう21世紀にふさわしい市政運営を遂行するよう要望し、賛成討論といたします。
○福村光泰 議長 高橋行雄議員。
◆高橋行雄 議員 それでは、第47号議案・平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定に当たり、公明党を代表して賛成の立場から討論を行いますが、意見を付しての賛成討論であります。
 不況が続く中、歳入歳出については執行部の努力を評価できると思われますが、しかしながら不納欠損額、収入未済額は増加の傾向にあります。長引く不況と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、税の公平性を考えるとき、担当部門の問題としてではなく、職員全体の問題としてなお一層の徴収努力をお願いいたします。
 また、地方交付税についても同様によろしくお願いします。
 市税徴収率を見ても、平成10年度は90%以上の徴収だったのに対して、12年度は89.7%と10年度に比較しますと1%の減になっております。また、歳出を見ましても不用額が8億6,100万円と予算の見積もりにも問題があろうかと思います。不用額が残ればいいというものではないと思います。各部署において見ましては7%か8%の不用額かもしれませんが、これは私たち議員として審議している者としては、見積もりが甘かったのではないかというふうに意見を付しました。市民が主役のまちづくりを目指して、もう少し予算の見積もりに一層の努力をお願いいたします。このことを付して賛成討論といたします。
 以上です。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第47号議案・平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第47号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第47号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。

P.274
 第48号議案・平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第48号議案・平成12年度上福岡市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第48号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第48号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。
 第49号議案・平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第49号議案・平成12年度上福岡市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第49号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第49号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。
 第50号議案・平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第50号議案・平成12年度上福岡市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第50号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。

P.275
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第50号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。
 第51号議案・平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 認定には賛成といたしますけれども、問題提起として討論をさせていただきます。
 今回の決算の委員会には私は出席できませんでしたので、この問題については補正予算の計上の中で触れたわけですけれども、この決算に対して意見を申し述べておくべきだというふうに思い、今発言をいたします。
 既に皆さんご承知のとおり今回の決算の中にあらわれました下水道使用料、特に筆頭の企業からの下水道使用料が約6,000万円の減収になるというふうな事態がありました。これがなぜこのような事態に至ったのかというふうなことについて、さまざまな機会を通じ担当課とも協議をしてまいりましたけれども、事態は明らかになりません。平成11年度にこの企業の地下水の揚水量、上水道の使用料を合計したものと下水道の排水量を計算してみますと、25万立米が不明です。平成12年度になりましては、同じように計算してみますと60万立米の下水道の排水量がカウントされないというような事態になっています。皆さんご承知のとおり下水道料金は通常上水道の使用料金によってカウントされ、算出されています。そうした事態からいってもいささか不平等ではないかというふうな事態を感じないわけにはいきませんし、この60万立米が不明になっているというような実際がなぜそういう事態が起きたのか、このことについて十分な回答がこの議会の中では調査し切ることができませんでした。今後引き続いてこの問題については調査を行っていくというようなことをお願いしてありますけれども、引き続きこの問題については調査し、市民に対して事態を明らかにするようなことを求めた上で、この件について賛成としていきたいと思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第51号議案・平成12年度上福岡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第51号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛
P.276
成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第51号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。
 第52号議案・平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第52号議案・平成12年度上福岡市学校給食事業特別会計歳入歳出決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第52号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第52号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。
 第53号議案・平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第53号議案・平成12年度上福岡市水道事業会計決算認定について、この決算に対する決算特別委員長の報告は認定です。第53号議案は委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第53号議案は委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。

△日程第2 常任委員長報告(討論・採決)
△第54号議案 上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて
△第55号議案 上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて
△第56号議案 上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて
△第57号議案 上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正すること

P.277
       について
△第58号議案 上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについ
       て
△第59号議案 平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案
△第60号議案 平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案
△第61号議案 平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案
△第62号議案 平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案
△第63号議案 平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案
△第64号議案 平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案
△第65号議案 上福岡市税条例の一部を改正することについて
△請願第 2 号 介護保険の改善・充実をもとめる請願
△請願第 3 号 葬儀場の建設に反対する旨の請願
△報告第21号 総務常任委員会審査報告
△報告第22号 福祉・教育常任委員会審査報告
△報告第23号 環境・都市常任委員会審査報告
○福村光泰 議長 日程第2、本定例会に提出されております第54号議案から第65号議案まで、並びに請願第2号及び請願第3号の以上14件を一括議題といたします。
 各常任委員会の審査報告を行います。
 初めに、報告第21号・総務常任委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 高橋行雄委員長。
         〔高橋行雄総務常任委員長登壇〕
◎高橋行雄 総務常任委員長 それでは、報告第21号・総務常任委員会審査報告をいたします。
 平成13年第3回定例会において付託されました下記事件について、平成13年9月14日に上福岡市議会第1委員会室において委員会を開き、審査を終了しましたので、上福岡市議会会議規則第103条の規定により、報告いたします。
 記、第1、第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案、第65号議案・上福岡市税条例の一部を改正することについて。
 2、委員会の構成、3、欠席委員、4、説明員は、お手元に配付してあるとおりでございます。
 5、審査の概要及び結果、審査に当たっては、市長及び教育委員会委員長並びにその委任を受けた者の出席を求め、付託された事件について審査を行いました。
 主な質疑、討論及び結果については、次のとおりです。第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案、質疑応答がありました。討論はなく、結果、第59号議案については、
P.278
採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第65号議案・上福岡市税条例の一部を改正することについて、質疑応答があり、反対討論がありました。お手元に配付してあるとおりでございます。結果、第65号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 平成13年9月25日。
 以上、報告を終わります。
○福村光泰 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 次に、報告第22号・福祉・教育常任委員会の審査報告を行います。
 委員長の報告を求めます。
 五十嵐正明委員長。
         〔五十嵐正明福祉・教育常任委員長登壇〕
◎五十嵐正明 福祉・教育常任委員長 福祉・教育常任委員会審査報告を申し上げます。
 平成13年第3回定例会において付託された下記事件について、平成13年9月17日に上福岡市議会第1委員会室において委員会を開き、審査を終了したので、上福岡市議会会議規則第103条の規定により、報告いたします。
 付託事件、第55号議案・上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、第56号議案・上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて、第57号議案・上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、第58号議案・上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案、第60号議案・平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案、第61号議案・平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案、第62号議案・平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案、第64号議案・平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案、請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願。
 委員会の構成、欠席委員、参考人については、報告書のとおりでございます。説明員も報告書のとおりでございます。
 審査の概要及び結果、審査に当たっては、市長及び教育委員会委員長並びにその委任を受けた者の出席を求め、付託された各事件について審査を行いました。主な質疑、討論、結果は、次のとおりでございます。第55号議案・上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、質疑、討論はお手元の報告書のとおりでございます。結果、第55号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。

P.279
 第56号議案・上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第56号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第57号議案・上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第57号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第58号議案・上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第58号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第59号議案のうち本委員会に付託された事項については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第60号議案・平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第60号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第61号議案・平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第61号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第62号議案・平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第62号議案については、採決の結果、起立多数をもって原案のとおり可決されました。
 第64号議案・平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、第64号議案については、採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願、質疑、討論はお手元のとおりでございます。結果、請願第2号については、採決の結果、起立少数により不採択とすることに決定いたしました。
 以上、報告を終了いたします。
 平成13年9月25日。
○福村光泰 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 次に、報告第23号・環境・都市常任委員会の審査報告を行います。

P.280
 委員長の報告を求めます。
 細井地久委員長。
         〔細井地久環境・都市常任委員長登壇〕
◎細井地久 環境・都市常任委員長 環境・都市常任委員会では、平成13年9月17日上福岡市議会第2委員会室において、平成13年第3回定例会に付託された議案のうち、所管事項について審議を行い、審査を終了したので、上福岡市議会会議規則第103条の規定により、報告します。
 付託された事件、委員会の構成、参考人、説明員は、お手元に配付された報告書に記載したとおりです。
 付託された議案のうち、第54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについては、意見を付した賛成討論及び賛成討論があり、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算案のうち所管部門については、賛成討論があり、全会一致をもって原案のとおり可決されました。
 第63号議案・平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算案については、全会一致をもって原案のとお可決されました。
 請願第3号・葬儀場の建設に反対する旨の請願については、参考人として請願人代表の方の出席を求めて請願の内容について説明を受けた後、参考人及び執行部に対して質疑を行い、全会一致をもって請願を採択することにいたしました。
 以上で報告を終わります。
○福村光泰 議長 委員長の報告に対して質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 以上で各常任委員長の報告に対する質疑を終了いたします。
 第54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 第54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の改正案に対する討論を行います。
 今回の改正は、事業系ごみを的確に把握し、事業者の責任を明確にすることを目的に改正すると市は説明しました。しかし、収集運搬の自由化は事業者に不安をもたらしています。廃掃法第6条の2第1項で事業系ごみも一般ごみに区分されている以上、市の責務は免れません。そこで、収集運搬料金が事業者の納得のいくものになるよう公開されること、また処理料金の重量単価を10キログラムから5キログラムにするなど少量排出者や減量、リサイクルを進める立場の料金に
P.281
することなど改善を要求して、意見を付して賛成をいたします。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 賛成の立場からですが、討論いたします。
 委員会の中でも申し述べたことを繰り返すということですけれども、改めてこの場でも討論を行いたいと思います。今回の改正に当たりまして、市の責任ということがどこに規定されるのかということが大きな問題になっていたというふうに思います。これまでの上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例では、市の責任ということは規定されておりません。しかし、今回の改正の理由となりました廃掃法の改正の内容の中には、自区内処理の原則、市町村の責務ということは明確に規定されています。そのことが今回の改正の中に抜け落ちていたという点については、今回の改正における一つの欠陥であるというふうに考えなければなりません。そういう意味でも、今後廃棄物の実態を調査した上で、廃棄物の減量のために市が責任を持って努力していくということが何よりも問われているというふうに思います。そうした点を留意していただくということを申し述べて、賛成といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第54号議案・上福岡市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する環境・都市常任委員長の報告は原案可決です。第54号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第54号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第55号議案・上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 山口公悦議員。
◆山口公悦 議員 それでは、第55号議案・上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、日本共産党を代表して反対の討論を行います。
 この条例の変更は、現在老人医療費の支給対象となっている2,626人から、所得制限を206万から47万にすることによって660人を対象から締め出すものです。全く情け容赦もない老人福祉の切り捨てです。また、この条例変更によって、これまで上福岡市独自施策として取り組んできた65歳から67歳までの老人医療費の支給対象も切り捨てられます。県や国に右へ倣いし、市民をな
P.282
いがしろにする武藤市政の基本姿勢をあらわし、また地方分権の流れをも逆行するものとして厳しく批判されるものです。高齢者医療費は、ことし1月に1割負担に改悪されたばかりです。高齢者の受診中断がふえ続けてきていると調査でも明らかにされています。ことし10月から高齢者の介護保険料が全額徴収され、保険料が一気に2倍となります。2002年には高齢者医療制度を現行70歳から75歳以上に引き上げ、70歳から74歳に2割から3割の負担を打ち出しています。小泉内閣は、医療保険の財政逼迫を最大の理由に高齢者の医療費負担増を当然視しています。しかし、保険財政を逼迫させている根源は、医療費に占める国庫負担割合の削減にあります。公共事業への偏重の一方、老人医療費で言えば国庫負担の割合は18年間に13%も減らされています。今議会に提出された4,500筆を超える介護保険の改善・充実をもとめる請願書は、悲痛な声として議会に寄せられています。
 日本共産党は、長寿を心から喜べるような社会にするためにも、命と健康を脅かす高齢福祉、医療制度の改悪に断固反対することを表明して、討論といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第55号議案・上福岡市老人医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第55号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第55号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第56号議案・上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 足立志津子議員。
◆足立志津子 議員 第56号議案・乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて、日本共産党を代表して賛成の立場で討論を行います。
 土屋県政は、福祉を切り捨て、新都心開発など大型公共事業中心の県政を行い、その中で今回の4医療の改悪を行いました。今回の条例案は、そのやり方を導入し、入院時の食事療養費標準負担額を医療費助成の対象外とするもので、入院の食事は治療の一環という立場を変えた県の改正に従ったことは問題であります。しかし、県の改悪に対して、市は請願にも示された市民の声にこたえて所得制限、一部負担を導入しなかったことは大きく評価すべきものです。上福岡市で
P.283
は、乳幼児医療費無料化について子育て支援、少子化対策として早くから通院4歳未満児無料化を実施して、県内他市町村の子育て支援の充実に先駆的役割を果たしてきました。ところが、今回の改正で全県41市の乳幼児医療費無料化の内容を見てみますと、通院5歳未満、入院就学前、9市、入院、通院就学前、11市、7歳未満、1市などで、上福岡市のように県基準並みの通院4歳未満、入院就学前は18市という状況です。今後一日も早く通院の就学前までの無料化を実施するよう意見を述べ、討論といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第56号議案・上福岡市乳幼児医療費支給に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第56号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第56号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第57号議案・上福岡市重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、第57号議案について日本共産党を代表して反対討論をします。
 この改正案は、県が財政困難を理由として本人の負担をふやす医療改悪の一つです。この条例は、入院時の食事は治療の一環であるとして食事代を家族の負担軽減措置として県が今まで補助していたものです。それをそのまま患者負担とさせるものです。重度心身障害児を持つ親から、入院にかかわる諸費用の負担がふえているのに、さらに負担増をさせないでほしいとの切実な陳情も寄せられております。
 以上の理由から反対といたします。
○福村光泰 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 第57号議案・重度心身障害児(者)の医療費の支給に関する条例の一部改正案に対しまして、反対の討論を行います。
 今回の改正案についての県の考え方というのをお聞きしましたが、負担の公平化を図るためにその助成をなくすというふうな形でした。その反面で障害者は通常よりも高額な医療費などを要するため特段の配慮が必要であるという、こういうふうなことも言っております。大変矛盾した
P.284
内容になっております。今議会でも県内のそうしたハンディのある児童を守る会というところから陳情書が出されていますけれども、その理由として入院、治療に際しましての多額な出費が余儀なくされるというふうなことが挙げられておりますし、入院が当然長期化したり、その回数が頻度が多くなったりということもあるというふうに思います。
 それから、今回第56号議案、第57号議案、第58号議案と、この三つの議案におきまして同じ趣旨で食事療養費の廃止が打ち出されております。その入院の際の食事というのは、当然治療の一環というふうなことでありますし、家庭で食事をするのとは全く意味が違うというふうに思います。県が助成を打ち切った背景としては、各市町村、こういうところに今後の対応をゆだねるというふうなことだというふうに私は思っています。当然市としては、新たな助成措置を講じていくというふうなことが必要ではないかなというふうに思います。他の自治体を見ても、そういうふうな例が出てまいりました。その考えが示されないまま今回一律に助成をなくすというふうなことにつきまして、まさに自治体の財政難のツケを弱者へ負担させるというふうなことになっていくのではないかなというふうに思います。市長は、議会答弁の中でも福祉は後退させないのですというふうなことを答弁されています。今回の議会の総括質疑の中でも、与党の議員さんからもこれは福祉の後退と言えるというふうな発言がありました。そういうふうなことをあわせまして、今後市としても何らかの助成策を講じていただきたいというふうに思います。
 以上のような理由で反対といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第57号議案・上福岡市重度心身障害児(者)医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第57号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第57号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第58号議案・上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて討論を行います。
 足立志津子議員。
◆足立志津子 議員 第58号議案・上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、日本共産党を代表して反対の立場で討論を行います。

P.285
 条例案は、一部負担金の額の変更と市町村民税非課税者の免除を規定しています。現在市内で451件がひとり親家庭ですが、すべて母子家庭です。女性の労働賃金が男性のそれに比べ大幅に低い日本で、子育てをしながら家計を支えていくことには大きな困難があります。このことは、ひとり親医療の一部負担金支払いの対象者のうち8割が市町村民税非課税者として免除の対象にある事実で示されているのではないでしょうか。食事療養費が助成対象外になることは、ひとり親家庭の負担を増加させます。食事療養費という言葉が示すとおり入院の食事は治療の一環です。ですから、今回ひとり親医療制度について埼玉40市のうち23の市では食事助成を全額または2分の1助成することになりました。ところが、市は食事療養費負担を助成対象外とし、県の福祉後退の考えをそのまま市政に導入しようとしています。
 よって、本議案には反対いたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第58号議案・上福岡市ひとり親家庭等の医療費の支給に関する条例の一部を改正することについて、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第58号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第58号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案に反対の立場から討論を行います。
 第2号補正案の中身は、12年度の特別交付金の補正及び減税による市の収入減額を補てんするための特例交付金、昨年の決算後の特別会計、一般会計の繰越金の補正です。12年度に使うべき歳入が13年度に繰り越されたのは、何と15億円にもなります。しかし、この歳入も基金にほとんど積み立てるというのが今回の補正予算の中身です。その上、老人医療費、重度心身障害児(者)の医療費、ひとり親家庭の医療費後退が盛り込まれています。2市2町で建設する火葬場・斎場の負担金や子供の安全対策のための学校門扉の補正、また我が議員団が主張している高利の借金の繰上償還も含まれていますが、市民の医療費の後退は、特に65歳以上の人々の介護保険料が10月から2倍になるという中で重い負担になることは目に見えています。こんな非情な政治を容認で
P.286
きないばかりでなく、このようなときにこそ市が市民に対して援助をすべきだと考えます。
 9月議会で他市町村では介護保険の低所得者の保険料の減免などの補正措置、高齢者福祉としての補正処置が盛り込まれるなどの中で、このようなこともなく減額だけ、また補正されるものも基金に積み込むというような、このような武藤市長が提案する補正予算案に反対し、討論を終わります。
○福村光泰 議長 田中雍規議員。
◆田中雍規 議員 それでは、第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案について、順正会として賛成の立場から討論をさせていただきます。
 本予算案で得に注目すべき点は、財政調整基金であります。13年度当初予算編成時には、財政調整基金が4億8,000万円程度まで落ち込み、心配していたのでありますが、本補正予算案では地方交付税、特別会計繰入金、前年度繰越金等を財政調整基金に積み立てすることにより、基金現在高も標準財政規模のおおむね10%に近い11億6,000万円まで回復し、今後の予算への柔軟な対応が図られるものと思われます。また、歳出面では広域事業の取り組みとし、7月に衛生組合内に建設準備室を設置し、市民要望の高い火葬場・斎場等の建設に向けた事務に着手するための事務費等の負担金の計上及び一般廃棄物の事務系ごみの削減を図るための関係事務経費の計上や子供を守る緊急対策への取り組みなど、現在の社会環境から求められている施策も見受けられます。そのほか、17年度完了に向け、西口駅前再開発事業を踏まえ、財源確保のための基金への積み立てなどのほか、公債費の削減策として繰上償還も実施するなど、今後の厳しい財政運営への対応も図られております。こうしたことから、今後上福岡市第三次総合振興計画の実施に向けた対応や市民に要望にこたえていくためにも健全財政の維持に向け、さらなる努力を要望し、賛成の討論といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は21人です。
 第59号議案・平成13年度上福岡市一般会計補正予算(第2号)案について、本案に対する各常任委員長の報告は原案可決です。第59号議案は各常任委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第59号議案は各常任委員長の報告のとおり可決されました。
 第60号議案・平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案について討論を
P.287
行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第60号議案・平成13年度上福岡市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第60号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第60号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第61号議案・平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第61号議案・平成13年度上福岡市老人保健特別会計補正予算(第1号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第61号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第61号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第62号議案・平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案について討論を行います。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 第62号議案・平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案に反対の立場で討論を行います。
 補正予算案の主なものは、1億6,900万円の12年度からの繰越金です。12年度は制度ができて初めての年間予算でした。利用率は低く、平均40%ということで、50%にも手が届かなかった制度が本当にいい制度と言えるのでしょうか。保険料は無理やり取られるけれども、制度を利用するにはお金がかかると、多くの人が利用を控え、不便を我慢しています。それなのに1億6,900万円のその繰越金は一般会計へ繰出金として、また諸支出金としてほとんどが繰り出されるという
P.288
状況です。全国に広がっている保険料の減免を頑としてやらない、それで昨年余ったお金まで基金として積み立てたり、保険料の減免や据え置きの請願も出されているのに、繰越金の一部を保険料の減免に充ててほしいという、こういう市民の願いも無視する、このような市民の窮状も無視するような補正予算案には反対をいたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第62号議案・平成13年度上福岡市介護保険特別会計補正予算(第1号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第62号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第62号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第63号議案・平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第63号議案・平成13年度上福岡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する環境・都市常任委員長の報告は原案可決です。第63号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第63号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第64号議案・平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。

P.289
 第64号議案・平成13年度上福岡市学校給食事業特別会計補正予算(第2号)案について、本案に対する福祉・教育常任委員長の報告は原案可決です。第64号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、第64号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 第65号議案・上福岡市税条例の一部を改正することについて討論を行います。
 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 第65号議案・上福岡市税条例の一部改正について、日本共産党を代表し、反対討論を行います。
 今回の改正で対象となる納税者は、株式などの譲渡所得のある者で、申告分離課税を選択した者であります。実質の株主数が全国で700万人と言われる中で、その数は2万7,427人、これは個人住民税所得割の納税者数5,232万人の0.05%にすぎません。政府与党が個人投資家の株離れを懸念してことし4月に予定していた申告分離課税への一本化を延期したことを考えれば、その数はそう多くはないと思われます。また、株式を保有する所得階層は年間収入1,080万円以上の世帯が株式保有全体の53%を占めるなど、高額所得層が多いのが実態であります。この条例改正で恩恵を受ける中心は高額所得者で、しかも極めて限定された納税者であります。上福岡市で言えば対象となるのは17人で、個人住民税所得割の納税者数2万4,413人の0.07%にすぎません。今景気対策として必要なことは、GDPの約6割を占める個人消費を暖めることであり、これをせず、ごく一部の金持ちのための減税では景気はよくなりません。この改正案は、所得格差をさらに拡大するもので、日本共産党はこれに反対し、討論といたします。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 第65号議案・上福岡市税条例の一部を改正することについて、本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決です。第65号議案は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、第65号議案は委員長の報告のとおり可決されました。
 請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願について討論を行います。

P.290
 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願について、日本共産党を代表し、賛成討論を行います。
 平成12年度から実施された介護保険は、実施以前から基盤整備のおくれや介護度の認定基準、保険料、利用料などさまざまな問題点が指摘されてきました。当時政府は、衆議院選を前に保険料については負担の重さから1号被保険者について半年の延期措置、また1年間の半額徴収の特例措置をとらざるを得ない状況となり、また市でも利用料の低所得者への減免措置がとられることとなりました。1年間の実施の中で、被保険者、利用者の多くがとりわけ低所得者にとって保険料や利用料の負担が大きいことが改めて浮き彫りになりました。加えて、9月で保険料の特例措置が終了し、10月から現行の2倍の支払いになることは、不況の中、生活に一層の負担を押しつけ、低所得者にとっては生活の困難さと介護を受ける権利を狭めてしまうことになります。福祉・教育常任委員会の請願審査の中で、請願者代表は介護をめぐる現状について署名で回る中で、定期検診で心臓疾患が見つかり、これでみんなに迷惑かけずに死ねる、本当によかった、このように言われた一市民の声を紹介し、言い知れぬ憤りを感じたことを訴えておりました。委員会審査で請願に反対した委員は、趣旨はわかるが、時期尚早であるとして反対といたしましたが、本当に趣旨を理解したのであれば請願に反対する根拠にはなり得ません。請願を受けていつ実施するかは執行部が決めることであり、請願の内容についての是非が問われていたのであります。つまり反対することは、請願の内容そのものに反対することになります。議員は、市民の請願の願意に対して賛成か反対を表明すること、それが議会に課せられた役割であります。
 日本共産党は、今回の請願の中で4,500名を超える多くの人々が寄せられた願意、多くの市民にとって切実な声であり、介護保険を充実させるために当然必要なこととして賛成し、討論といたします。
○福村光泰 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 明和会を代表いたしまして、介護保険の改善・充実をもとめる請願の採択に反対をする立場から討論を行います。
 この請願は、平成12年度の介護保険料は約8,000万円の黒字になっている。一方、介護保険料は本年10月より保険料の特例措置がなくなり、保険料が2倍と負担が重くなる。そこで、65歳以上の介護保険料を半額にする措置を継続してください。低所得者の介護保険料、サービス利用料を減額免除してくださいというものです。しかし、介護保険の特別会計が黒字になるのであれば、介護保険料そのものを引き下げるのが本来の姿だと考えます。また、12年度の介護保険特別会計が黒字になっているのは、制度が十分理解されておらず、制度として定着していないことが大きな理由だと考えます。そこで、今の保険料制度で3年程度介護保険を運用し、安定して運用していく基金を積み立てることができたならば、そのときに保険料を引き下げるべきです。

P.291
 10月から収入の多い人の保険料は月額4,406円ですが、収入の少ない人の保険料は月額1,469円と格差が設けられています。介護保険は、国民健康保険と同様にお互いに助け合う制度です。国は、高齢者から集めた保険料を財源に低所得者分を減免することは認めていますが、保険料を基本とした制度である以上、自治体の一般会計から繰り出しを行って、低所得者分を減免することは認めていないのです。しかし、この国の方針に反して減免を行うことになった自治体があることは承知しています。上福岡市は、富士見市、大井町、三芳町と一緒に65歳以上68歳未満の方の医療費の負担を行っています。このような制度は、埼玉県内ではこの2市2町だけです。この制度を廃止すれば介護保険についての減免もできないことではないかもしれません。福祉について、それぞれ給付の手厚いところだけをとって自治体を運営することはできないのです。財務省の交付税担当の主計官は、国の方針に反して一般会計から繰り出しを行って介護保険の減免を行う自治体は、それだけ財政にゆとりがある自治体とみなすと言っています。したがって、このような減免を行えば地方交付税の面でも不利になるのではないかと危惧をしています。
 以上の点から本請願を採択することに反対をいたします。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 介護保険の改善・充実をもとめる請願に賛成の立場から討論いたします。
 介護保険制度は、保険方式による社会保障である限り、すべての社会的構成員が無理なく負担し、保険制度を成立させること、低所得者に対する救済措置がとられているというような点が前提であります。そうである限り、例えばこの請願のとおり特例措置を上福岡市独自の制度として継続していくとするならば、介護保険制度の的確な運用を阻害しかねないというような懸念も生まれるところであります。ところが、考えてみればこれまでの介護保険制度の半年間における延長は、政府の特例措置として組まれてきたものであって、今後十分な見直しを行い、介護保険の円滑な運用が確立していくときまでこの制度を延長したとしても、何ら保険制度に影響はないというふうに言えるというふうに思います。そうした点からも、上福岡市独自の政策として介護保険制度の介護保険料を半額にする特例措置を講じたとしても、全く差し支えがないというふうに思います。そういう点から本請願に対して賛成といたします。
 以上です。
○福村光泰 議長 他にございませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 請願第2号・介護保険の改善・充実をもとめる請願について、本請願に対する福祉・教育常任委員長の報告は不採択です。請願第2号は採択することに賛成の方は起立願います。

P.292
         〔起立少数〕
○福村光泰 議長 起立少数であります。
 よって、請願第2号は不採択とすることに決定いたしました。
 請願第3号・葬儀場の建設に反対する旨の請願について討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 請願第3号・葬儀場の建設に反対する旨の請願について、本請願に対する環境・都市常任委員長の報告は採択です。請願第3号は委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、請願第3号は採択することに決定いたしました。
 休憩いたします。

   休 憩 午前10時54分
   再 開 午前11時07分

△日程第3 議案審議
△第66号議案 助役の選任について
○福村光泰 議長 再開いたします。
 日程第3、市長から議案が追加提出されました。
 第66号議案・助役の選任についてを議題といたします。
 事務局、議案の朗読を願います。
◎南敏夫 事務局次長
  第66号議案・助役の選任について
 下記の者を助役に選任したいので、議会の同意を求める。

   住  所   さいたま市三室920番地
   氏  名   永 田 喜 雄
 生年月日   昭和24年6月5日
    平成13年9月14日提出

P.293
            上福岡市長 武 藤   博
○福村光泰 議長 提出議案の説明を求めます。
 市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 それでは、追加議案といたしまして提出いたしました第66号議案・助役の選任についてでありますが、現在欠員となっております助役に永田喜雄氏を選任いたしたいので、この案を提出するものであります。
 よろしくお願いいたします。以上であります。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております第66号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 第66号議案について質疑を行います。
 直ちに質疑を受けます。
 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 伺わせていただきます。
 武藤市長は、就任当初県からの派遣人事などについては考慮して、やっぱり市の職員を重んじていきたいというような発言があったと思うのです。ところが、それ以来相変わらず県からの派遣職員が以前と変わりなく来ていらっしゃると思うのですが、この点について助役もやはり県からの派遣のようですが、見解をお知らせ願いたいと思います。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 今回の助役につきましては、私の方から県の方へ要請したわけでありますが、内容的に今上福岡市のまちづくりを推進しておりまして、そういう意味でのまちづくりに明るい方をということが一つ、それからもう一つはこの上福岡市の場合、職員もまちづくりというものを大変今まで経験がない。そういうことの中から、ぜひこの就任の間に少しでも勉強していただきまして、新たな職員の育成に寄与していただこうと、このように考えて、今回の場合苦渋の選択でありますが、お願いをしたということであります。
 以上であります。
○福村光泰 議長 山川寿美江議員。
◆山川寿美江 議員 苦渋の選択ということでお願いをしたということのご答弁でございました。
 期間というのは設定されているのでしょうか。これ川里村、今町になっておりますけれども、
P.294
これを見ましても2年間のようですし、今までの県からの派遣が2年のように思いますが、助役さん自身は任期は4年でございますね。そういう意味からすると、どういうお約束になっているのか、お知らせ願いたいと思います。
○福村光泰 議長 武藤市長。
◎武藤博 市長 助役の任期は4年、言われるとおりであります。
 以上であります。
○福村光泰 議長 他に質疑はありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は22人です。
 第66号議案・助役の選任について、永田喜雄さんを選任することにこれに同意することに賛成の方は起立願います。
         〔起立多数〕
○福村光泰 議長 起立多数であります。
 よって、永田喜雄さんを選任することにこれに同意することに決定いたしました。

△日程第4 議員提出議案審議
△議第3号議案 WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について
△議第4号議案 公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について
△議第5号議案 地方交付税の削減に反対する意見書について
△議第6号議案 乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書について
○福村光泰 議長 日程第4、議員から議案が追加提出されました。
 議第3号議案・WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について、議第4号議案・公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について、議第5号議案・地方交付税の削減に反対する意見書について、議第6号議案・乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書についてを一括議題といたします。
 なお、9月19日議第6号議案について田中雍規議員から賛成者の追加の申し出がありました。議長において承認しましたので、ご了承願います。
 事務局、議案の朗読を願います。

P.295
◎南敏夫 事務局次長
  議第3号議案・WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について
 WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。
    平成13年9月18日
     提出者  上福岡市議会議員  青 山 博 明
     賛成者  上福岡市議会議員  鈴 木 啓太郎   山 川 寿美江
    上福岡市議会
    議    長  福 村 光 泰 様
  議第4号議案・公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について
 公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。
    平成13年9月18日
     提出者  上福岡市議会議員  鈴 木   実
     賛成者  上福岡市議会議員  山 川 寿美江   足 立 志津子
                    山 口 公 悦   青 山 博 明
                    岩 崎 公 夫
    上福岡市議会
    議    長  福 村 光 泰 様
  議第5号議案・地方交付税の削減に反対する意見書について
 地方交付税の削減に関する意見書を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。
    平成13年9月18日
     提出者  上福岡市議会議員  山 口 公 悦
     賛成者  上福岡市議会議員  山 川 寿美江   鈴 木   実
                    鈴 木 啓太郎   青 山 博 明
    上福岡市議会
    議    長  福 村 光 泰 様
  議第6号議案・乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書について
 乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出いたします。
    平成13年9月19日
     提出者  上福岡市議会議員  足 立 志津子

P.296
     賛成者  上福岡市議会議員  山 川 寿美江   岩 崎 公 夫
                    鈴 木 啓太郎   青 山 博 明
                    高 橋 行 雄   細 井 地 久
                    田 中 雍 規
    上福岡市議会
    議    長  福 村 光 泰 様
○福村光泰 議長 議第3号議案の説明を求めます。
 青山博明議員。
         〔8番青山博明議員登壇〕
◆青山博明 議員 それでは、今回私が出しました意見書についての説明をいたします。
 その前に、先ほど朗読の中では削除されておりましたけれども、今回削除し忘れまして、「14条1項」というふうにお手元の資料なっていると思いますので、「1項」を削除していただきたいというふうに思います。
 今回のこの意見書を出すまでの間に私、関連する意見書、請願につきまして5件この議会に提案しております。まず、新たな農業基本法を制定していただきたいと、そういうふうな請願の紹介議員となりました。それから、水質基準の設定を求める意見書、それから遺伝子組みかえの表示の義務化、そして新たな食料・農業・農村基本法ができたのですが、今度はその実施に当たりまして関連施策採択を求める意見書を出させていただきました。この間いろんな諸団体や自分自身の要望も含めまして、日本の農家を守るということだけではなく、あるいは農業を守る、そしてまた私たちの生活を守ると、そういうふうな立場で取り組んでまいりました。今日本は飽食の時代というふうに言われておりますけれども、その一方で世界では餓死する人もいるという、そういうふうな現実もあります。いろんな諸外国の事情に振り回されるというふうなことのないような国策がまず必要ではないかなというふうに思います。8年前になりますが、米の不作の問題のときには私たちには食べる米がなくなってしまいました。そういうふうな際の緊急対策として外国米を大量に買い受けたわけですけれども、それはある意味ではその国の食糧を奪うと、そういうふうなことにもつながっていくのではないでしょうか。食糧問題と水問題というのは、これから日本だけではなく世界にとっても本当に必要な大切な課題であるというふうに思います。また、遺伝子組みかえ食品や環境ホルモンの問題、ことし言われております狂牛病の問題、いろんな食をめぐる問題が出てきております。こういうふうなものに対する安全対策、そういうふうなものも早急に立てていく必要があるのではないかなというふうに思います。それらの解決に向けて、自国だけでなくて各国で食糧自給率をまず向上させていく。そのためにも大国だけに有利な条件ではない、それぞれの国情に合わせたいろんな貿易ルールが必要ではないかなというふうに思います。今回のWTOの次期交渉に向けて、ぜひその辺のところを国として主張していただき
P.297
たいというふうな意見書であります。
 この間の5件の意見書、請願を出してきた経過の中で補足説明ですけれども、国の政策について地方議会が意見書を出すというふうなことにつきましてもいろいろ言われました。しかし、今地方分権というふうな形の中で、国と地方自治体は対等の関係であるというふうに持ち上げられています。それで、その一方では自立しなさいと、こういうふうに突き放されているわけです。そういうふうなことを考えまして、今地方議会の意見として国や官庁とのこういう意見の違い、こういうふうなものを踏まえて、きちんと伝えていくべきではないかなというふうに思います。条例や規則で定められた中にも権利としてうたわれておりますし、内容については何も規制、拘束されているものでもありません。地方自治法が今度改正されまして、議会の12分の1で提案できるようにもなりました。官庁に意見書が山のようになっていて、読まれもしないよというふうな話も私お聞きしましたけれども、全国の市議会議長会の旬報を毎回いただいておりましたけれども、これ見てもいろんな意見書が出ています。ある意味では、そういうふうな読むか読まないかというのは、これは官庁の問題でありますし、地方の意見というのを山積みすることにこそ意味があるというふうに私は思います。
 そういうふうな経過も踏まえまして今回この意見書を提案しておりますので、ぜひご賛同いただけますようよろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第3号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 議第3号議案について質疑を行います。
 直ちに質疑を受けます。
 高橋行雄議員。
◆高橋行雄 議員 これに別に反対とか、そんなのでなくて、さっきの説明の中で他国から日本が米を買い付けた、他国の人たちが命を奪うというような言葉を使いましたけれども、あのときは日本は冷夏でもってお米ができなかったのですね。そのために緊急輸入したので、無理やり他国の米を、それは買い付けたかわからないけれども、命を奪うほどのことではないので、そういう説明はどうかなというふうに思いますので、お伺いします。
○福村光泰 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 いろいろ誤解があるといけないと思いますが、国策として米の自給率の向上、あるいは古々米や古米の問題ありますけれども、その備蓄の問題、こういうふうな形で国策のツ
P.298
ケが私たちの生活を振り回しているというふうな例えとして申し上げました。
 それから、命を奪うというような表現はしていなかったと思うのですが、ある意味では他国の「食糧を奪う」というふうな表現をしてしまいました。そのことにつきましては、不適切な部分というふうに思いますので、訂正をさせていただきたいと思います。
○福村光泰 議長 他に質疑はありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 細井地久議員。
◆細井地久 議員 明和会を代表いたしまして、WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書の提出に賛成の立場から討論を行います。
 議第3号議案として提出されたこの意見書は、WTO次期交渉に向けて農業分野についての日本の立場を短くまとめたものです。この内容は、関係省庁で合議されているものであります。したがって、この意見書の提出は国の政策の変更を求めるものではなく、国際会議において食糧の安定供給、自給率の向上、食品の安全性の確保、林業による自然環境の保全などについて日本の立場を明らかにして、これを守ってほしいという激励の意味を持つものと考え、本案に賛成をいたします。
 なお、提出者に対するお願いでございますが、この内容を理解するため急遽先週金曜日農林水産省総合食品局国際部に行き、ようやく内容を理解することができました。この意見書は会期の後半になって提出されたもので、今後調査を要するものについてはもう少し早く提出されることを要望します。
 以上で賛成の討論を終わります。
○福村光泰 議長 他にありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第3号議案・WTO次期交渉に向けた農林業分野に関する意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、議第3号議案は原案のとおり可決されました。
 議第4号議案の説明を求めます。

P.299
 鈴木実議員。
         〔14番鈴木実議員登壇〕
◆鈴木実 議員 お手元に意見書案文が行っていると思いますが、短い文章ですので、読み上げ並びに簡単な説明を加えて提案にかえさせていただきたいと思います。
 小泉内閣の行政改革推進事務局は8月10日、157の特殊法人・認可法人についての「個別事業見直しの考え方」を公表しました。都市基盤整備公団の賃貸住宅事業に関しては「賃貸住宅の建設・管理は民間に委ねる」「既存の賃貸住宅については、可能なものから、順次、売却する」としています。この報道に団地居住者は「生活を根底から脅かすものである」と大きな衝撃を受け、日増しに不安を高めています。
 私たちは、特殊法人による税金の無駄遣い、天下り官僚の支配などを根絶するための改革は必要不可欠であり、強力に進めるべきであると考えるものですが、公共住宅としての公団住宅を廃止することが、特殊法人等の改革であるとは、断じて認めることが出来ません。
 1999年11月の住宅・都市整備公団を廃止し、公団住宅を都市基盤整備公団に移行する際にも、国会の衆・参両院の委員会での法案審議において、「公団の賃貸住宅の必要性と重要性」が確認されたところです。さらにこの移行に際し、「居住者が生活の不安を抱かないように万全の措置を講じる」ことが閣議決定され、建設大臣は「安心して住める」「管理水準を低下させない」ことを約束していたからであります。
 公団住宅が順次売却されれば、「儲けの良いところ」だけが売却され、「収益性が低い団地」は残されてしまい、1999年11月から実施され喜ばれている、高齢者向け優良賃貸住宅制度(一般公募もあり、民間住宅に入居できない高齢世帯も入居している)が続けられなくなったり、居住者の要望に基づき家賃収入の一部で実施されている計画修繕や環境改善、高齢者向けの安全対策などが出来なくなる恐れがあります。
 よって、公団住宅を公共住宅として存続させ、公団賃貸住宅の売却・廃止・民営化は行なわないことを強く要望するものです。
 以上の内容になっております。
 ご承知のように上福岡では霞ケ丘団地、上野台団地の大きな公団住宅が現存しております。そして、その住んでいる方の多くが高齢化という状況の中で、大変住宅に困っている状況があります。今建て替えというさなかの中で、家賃の高額化など、住み続ける条件が大変厳しくなっております。そうした中で、住民の運動などで一定の家賃改善などがされてきたところであります。今回小泉首相が特殊法人の廃止、民営化ということを打ち出しましたが、私は特殊法人のすべてについて民営化ということについて一律に考えるのではなく、必要のないものについては廃止や民営化ということも検討されるべきだと考えております。しかし、この公団住宅については現実に全国で200万人を超える国民が居住しております。担当する国土交通省でも、この社会的役割
P.300
については十分受けとめて、今後検討していくという話がされているところであります。そういう中で、今回国に対して公団住宅の売却、廃止、民営化を行わないということをぜひ上福岡としても意思表示をしていきたいというふうに考えているところであります。既に霞ケ丘団地でも団地の建て替え後の一部地域を民間に売り払うというような話も出されているところであります。民営化されれば、家賃がいわゆる市場原理に移っていくわけですから、非常に不安定になるおそれがあります。
 そういう意味で、この意見書をぜひ皆さんでご審議していただき、採択されることを希望して、説明にかえさせていただきます。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第4号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 議第4号議案について質疑を行います。
 直ちに質疑を受けます。
 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 二つ質問をさせていただきます。
 第1の点は、この意見書にありますように都市基盤整備公団を民営化するという、特殊法人の改革というふうなことの中で民営化を進めるというふうなことが、すなわち現在の上福岡にある霞ケ丘とか上野台団地そのものを廃止する、もしくは公共住宅そのものを廃止するというふうにつながるのかどうか。つながるというふうには、直結するものではないのではないかということも考えられるのですけれども、その点どういうふうにお考えか、お聞かせいただきたいというふうに思います。
 それから、もう一つは民営化するということによって家賃が安くなるというようなことは考えられないのでしょうか。記憶にあることでは、賃貸ではないのですが、公団の分譲住宅が、要するに非常に高い値段で設定されている分譲住宅が売れないでいるというようなことに対して、価格を下げるというふうなことが非常に大きな問題になったところがあったようにも思います。そういう意味では、賃貸の場合民営化するというふうなことによって、安い住宅が供給されるというふうな可能性はないのでしょうか。この点、お考えをお聞かせください。
○福村光泰 議長 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 二つご質問をいただきましたので、答えさせていただきたいと思います。
 最初の公団の売却、廃止、民営化が公共住宅の廃止とは言えないのではないかということであ
P.301
りますが、公団住宅は公共住宅として社会的な大きな役割を果たしていると思うのです。そういう中で、国民に等しく安心して暮らせる安価な住宅、そういうものを供給する社会的大きな責任があると思います。そういう意味では、今民営化についてはさまざまな方法も検討されているということであります。しかし、民営化されれば家賃の設定や今公団の中に設けられているさまざまな措置制度ですね、こういったものもなくなる可能性があります。そういう意味では、今果たしている社会的役割が後退する危険があるというふうに私は考えておりますので、公共住宅としては供給公社などの住宅もありますけれども、数からいいますと公団住宅の果たしている役割というのは大変大きいと思いますので、そういう意味で私は民営化そのものに反対するという意味があるというふうに考えているところであります。
 それから、2点目の民営化することによって価格のメリット、こういったことがどういうふうに影響してくるのかという問題であります。今公団家賃は、順次建て替え事業を昭和30年代のをやっておりますが、そのことによって新たにできた住宅の家賃というのは、今の公団の政策で近傍同種ということで民間家賃を一つの基準に設定されている。それから、もう一つは従来とっていた原価主義というのがあるのですが、そういう中に土地代を含めるために非常に高い家賃、また分譲住宅が出てきたということは知られているところであります。そういう中で、土地の値段などによって一定の金額が出てきますから、今の状況の中では価格によるメリット、こういったものが余り生じないというふうに考えられます。市内でも新田に公団住宅がありますが、あそこの家賃も皆さんご承知のように3DKで12万ほどだと思うのですけれども、無抽せんですぐにでも入れますというのぼり旗がりんりんと立っておりますが、なかなか今の公団住宅は民間に倣いながらというよりも民間よりも高い家賃になっているのが現状で、そういう意味では価格メリットということは余り今の状況では考えられないし、民間に移行すればますますそういう市場家賃の中での価格設定ということになるわけですから、居住者にとっては安心した住宅が保障されない、そういう危険が生まれると思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 他に質疑はありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 岩崎公夫議員。
◆岩崎公夫 議員 それでは、公団住宅として存続させることを求める意見書に対して、日本共産党を代表いたしまして、賛成討論をします。
 小泉内閣の行政改革推進事務局が特殊法人、認可法人の事業見直しの考え方を打ち出しました。すべて廃止か民営化だ、こういう方針のもとに進めようとしているものです。この中に都市基盤
P.302
整備公団についても新規住宅建設は行わず、既存の賃貸住宅は居住者の権利を無視して72万戸を順次民間に売却するなど、住宅事業から撤退をし、都市再開発事業を中心業務とする方向を一段と推進しようとするものです。日本共産党は、特殊法人改革についてこうした大企業の改革ではなく、国民の視点に立って、むだな公共事業による巨額債務の問題や天下り人事、ファミリー企業という政、官、財癒着に思い切ってメスを入れ、暮らしにかかわる国民に必要な事業は拡大をするということを提案しております。国の施策で責任を持ってだれでもが安心して住める住宅確保をすべきです。
 以上の理由から賛成といたします。
○福村光泰 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 明和会を代表いたしまして、この意見書の提出に反対する立場から討論を行います。
 都市基盤整備公団は、現在非常に多くの未利用地や未入居住宅を抱えているため、毎年国から多額の支援を受けています。都市基盤整備公団が現在のように非常に多くの不良資産と多額の債務を抱えるようになったのも、臨機応変の処置をとることができないお役所体質、非効率、責任をとる人がいないなどのお役所体質によるところが大きいと思います。小泉内閣の行政改革で、民間にできることは民間にやらせるという方針のもとに特殊法人等の改革が行われようとしています。公団住宅を公共住宅として残すことになれば、今後さらに多くの我々の税金が投入されることが見込まれます。公団住宅の居住者には長年にわたる居住権と従来からの経緯があり、意見書に記載されているような危惧はないと考えます。
 現在我が国の財政は、破綻寸前です。13年度の国債残高は389兆円ですが、すべてを合わせた長期債務残高は506兆円に達しています。GDPに対する国及び地方の債務残高の割合は、本年度末には140.8%となる見込みで、先進7カ国の中ではけた外れの悪い数字です。国の税収は本年度で50兆7,000億円、うち消費税は5%で10億円ですから、利子を考えないで元金だけを返すとしても国の税収全額を返済に充てても10年、消費税全額だけを返済に充てた場合は50年以上かかります。これは、利子を除いた数字です。一方、社会保障費は、世界に例を見ない高齢化の進行によって現行の制度のままとすると、個人負担分を含め平成12年度には78兆円であったものが平成22年には127兆円、平成37年、2025年には207兆円と急増する見込みです。もう財政改革、歳出の削減は待ったなしの状況です。景気対策をとれば税収がふえるということで平成4年、1992年以降国債の発行を急速に膨らませましたが、今の現状となりました。国債は、システム上では60年で償還することになっていますが、このままでは国債は雪だるま式にふえていきます。また、多額の隠れ借金、財政投融資の不良債権があり、国の財政は破綻寸前です。苦しくても少しでも国の債務を少なくするようなことを考えなければならないのです。
 以上のことから、国にさらなる支出を求める公団住宅を公共住宅として存続させる意見書の提
P.303
出に反対をいたします。
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第4号議案・公団住宅を公共住宅として存続させることを求める意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○福村光泰 議長 起立少数であります。
 よって、議第4号議案は否決されました。
 議第5号議案の説明を求めます。
 山口公悦議員。
         〔6番山口公悦議員登壇〕
◆山口公悦 議員 地方交付税の削減に反対する意見書案、既に皆様のお手元に配付されておりますので、内容について説明をし、提案とさせていただきます。
 地方交付税の制度は、自治体ごとの税収のアンバランスを調整し、どの自治体でも一定水準の行政サービスを提供できる財源を保障するためのものです。この二、三年で見ますと、毎年総額で約20兆円、地方自治体の収入全体の約2割を占めます。上福岡市では、地方交付税は平成12年度の歳入で見ますと22.0%を占め35億円です。国の勝手な都合によってまず地方交付税の削減ありきという今の小泉内閣の方針、全国の地方自治体のほとんどが大変厳しい財政難に直面し、それを理由に福祉や教育など住民サービスを切り下げる動きも広がっています。このときに1兆円削減などといって地方交付税が減額されれば、住民サービスの後退に拍車をかけることになりかねません。もちろん私は今の地方交付税にも見直すべき点はあると考えております。例えば国が地方単独の公共事業を促進するために、その借金の返済の一定割合を地方交付税で手当てするという措置をとっています。むだな公共事業をふやし、財政危機の主な要因となったこの措置を見直すのは当然ではないでしょうか。地方交付税制度全体の見直しは、国から地方へ税源を移し、地方税を充実させるとともに、税収のアンバランスを調整する十分な財源を確保する見地で慎重に議論、検討すべきです。まして地方税の充実を理由に消費税の大増税を企てたり、市町村合併の押しつけを強めたりすることは、住民の利益と地方自治に反するものとして、今回この意見書をご提案いたしました。
 皆さん方の真摯な検討の上、ご賛同を得られることを心からお願いいたします。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第5号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思
P.304
いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 議第5号議案について質疑を行います。
 直ちに質疑を受けます。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 足立志津子議員。
◆足立志津子 議員 議第5号議案・地方交付税の削減に反対する意見書について、日本共産党を代表して賛成の立場で討論を行います。
 2000年度版の地方財政白書においても、地方交付税とは地方公共団体の財源の不均衡を調整し、どの地域においても一定の行政サービスを提供できるように、財源を保障するための地方共有の固有財源であるとされています。また、その目的について、地方公共団体が自主的にその財産を管理し、計画的運営を保障することによって地方自治の本旨の実現に資するとともに、地方公共団体の独立性を強化するものとも述べています。ところが、小泉内閣の骨太方針による地方交付税の削減は、地方に権限は移譲するが、財源は伴わず、本来の地方分権に背くものです。不況から脱却できず、景気の低迷に伴う税収減は、自民党政治のもとで一部の高額所得者への減税、分社化による大企業への減税が大きな割合になっています。上福岡の12年度決算では、法改正による個人市民税では最高税率の引き下げによる700万円以上の高額所得者の税額は、減収額3億6,000万円のうち12%に当たります。しかし、この高額所得者は住民のわずか3.3%にすぎません。また、1社の分社化により法人市民税は4,095万円の減収でした。この会社では、前年比8割の納税減です。公共事業に50兆円、社会保障に20兆円というサミット参加国の中でも例を見ない逆立ちした日本の税金の使い道の結果起きた財政破綻にもかかわらず、個人消費を暖めるなどの景気対策をやろうとせず、小泉内閣が行おうとする構造改革の一つがこの交付税の削減です。1兆円規模の交付税削減は、交付税総額の約5%に当たると言われます。12年度決算で35億円だった交付税は、歳入の約22%でした。削減が実施されれば、この上福岡市においてはおよそ1億7,000万円の影響があると思われます。
 地方自治の本旨を実現し、行政サービスを保障するためにも、交付税削減を許さず、地方議会として本意見書を採択することに賛成し、討論といたします。
○福村光泰 議長 細井地久議員。
◆細井地久 議員 明和会を代表して、本意見書の提出に反対する立場から討論を行います。
 私は、さまざまな議論やこの意見書を見て、地方交付税について一部分認識が十分でないので
P.305
はないかと、こういうように感じます。今年度の地方交付税の総額は16兆8,230億円です。平成14年度の地方交付税の概算見込額は、高齢者や公債費の増加、その他で19兆5,000億円と2兆6,770億円の増加が見込まれています。これを1兆円減税する、つまり14年度の概算要求基準時の金額を18兆5,000億円と平成13年度より1兆6,770億円の増加にとどめようというものであり、全体では今年度より減少させようとするものではありません。ただし、過疎地域では厳しいものになる方式となるようです。東京都世田谷区の人口の半分の島根県が64人の県議会議員を抱えて高給を払っているというような問題は、考えなければなりません。過疎の自治体では、交付税を多くもらえる仕組みとなっていて、豪華な庁舎や学校、体育館、あるいは道路をつくることによって地域での仕事をつくり出すという面もありますが、国の財政状況が悪化した今、これらのあり方を変え、変革を求めることが強く打ち出されているのです。地方自治体は、たとえ赤字が出ても交付税で埋められるため、支出が放漫になりがちであります。箱物施設が将来の財政展望もないままつくられ、展示する美術品が少ないにもかかわらず立派な美術館などが各地でつくられたのは、その典型です。国の財政が急迫した今、国頼みに決別し、自治の原点に戻ることも必要だと思います。民間では、生き残りをかけたリストラ、合併が進んでいます。手厚過ぎる交付税が地方自治体に民間のような厳しさを失わせ、国の行政改革、行政経費の削減につながる合併をおくらせていることも忘れてはなりません。政府は、これまでさまざまな優遇策で合併を誘導するあめ的な政策をとってきましたが、今後はむちへの転換を図る第一歩と私は見ております。小規模な自治体ほど社会福祉費などの経費が割高になることを配慮して設けられている段階補正の減少は、小規模自治体には交付税の減額となります。しかし、現在の国の財政状況はさきの討論でも申し上げたとおり破綻寸前です。
 したがって、今回の地方交付税算出方法の変更はやむを得ないものと考え、本意見書の提出に反対をいたします。
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第5号議案・地方交付税の削減に反対する意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立少数〕
○福村光泰 議長 起立少数であります。
 よって、議第5号議案は否決されました。
 議第6号議案の説明を求めます。
 足立志津子議員。
         〔4番足立志津子議員登壇〕
◆足立志津子 議員 議第6号議案・乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書
P.306
について、お手元に配付されております文案を朗読することで提案にかえさせていただきます。
 乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書(案)
 今、若い親たちは、子どもの笑顔に励まされながら、仕事と子育てを両腕にかかえて懸命に家庭を営んでいます。
 子育ての大きな不安のひとつに、子どもの病気があります。子どもは病気にかかりやすく、抵抗力が弱いために重症化する心配も多く、病気の早期発見・早期治療を支える環境が非常に大切です。そのひとつとして、子どもの医療費の心配をなくすことは、大きな子育て支援となります。
 乳幼児医療費無料化は、全都道府県、全市町村で実施されています。上福岡市でも「入院は就学前まで、通院は4歳未満、現物給付」で実施していますが、一方埼玉県内では所得制限や一部負担金の導入など、制度内容に差が出ています。全国で見ると1歳からのところもあれば、高校卒業までを対象としているところもあり、財政難を理由に大きな格差が生まれています。どこに生まれ住んでも、子どもは等しく大切に育てられなければなりません。国として制度を創設し、市町村を支援していくことが必要です。
 この数年間に、800を超える都道府県議会・市区町村議会で「国の創設を求める意見書」が採択され、国に提出されています。参議院「国民生活・経済に関する調査会」では2000年5月、すべての政党・会派一致で「国による乳幼児医療措置を検討すべきである」との提言を行いました。また、2001年3月、参議院・厚生労働委員会で、坂口厚生労働大臣が「(乳幼児医療費無料化は)先送りにできない課題」と見解を述べています。
 参議院調査委員会の「提言」を実らせ、安心して子どもを産み育てることのできる社会への第一歩とするため、下記の事項を強く要望します。
                      記
 1.小学校就学前の子どもを対象として国の医療費無料制度を早期に創設すること。
 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。
                              上福岡市議会
    2001年9月
 衆議院議長様、参議院議長様、内閣総理大臣様、厚生労働大臣様。
 以上でございます。どうぞ慎重なご審議をよろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第6号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。

P.307
 議第6号議案について質疑を行います。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 山口公悦議員。
◆山口公悦 議員 日本共産党を代表いたしまして、乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書に賛成の討論をいたします。
 医療費がかさむ小さな子供を抱える親にとって、せめて小学校に入るまでは医療費を無料化にしてもらいたいという運動は1968年、今から33年前始まりました。その運動自体は、今全国で広まり、厚生労働省の資料でも通院にかかった医療費への助成は、3歳未満までの措置している自治体は92.24%にふえ、就学前までカバーしている自治体は99年4月から翌年の2000年4月までの1年間で2.46倍の321自治体に急増しています。また、入院にかかった医療費への助成は、就学前までカバーしている自治体が1.69倍の786へとふえています。この意見書の中にも書かれていますように、2000年の参議院国民生活経済に関する調査会の中間報告では、超党派で少子化問題の重要な緊急対策の提案として、出産育児に係る経済的負担の軽減が合意されております。ことしの3月16日参議院本会議において、この医療費の無料化実現を迫る我が党の追及に、片山総務大臣は医療制度や福祉制度の根幹にかかわるとして慎重な検討が必要と答え、坂口厚生労働大臣は医療を受ける者と受けない者との均等を理由に一定の負担を原則とすると、地方自治体での無料化の流れに背を向ける答弁を行いました。しかし、3月22日の参議院厚生労働委員会での我が党の質問に対し坂口厚生労働大臣は、乳幼児医療費の無料化は先送りできないと先ほど紹介されたような答弁がされ、この内容について認めざるを得なくなりました。
 乳幼児医療費について都道府県によって差があることはおかしく、早期に国の制度として実現させるよう意見を述べ、賛成討論といたします。
○福村光泰 議長 他にありますか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第6号議案・乳幼児医療費無料化制度を国で創設することに関する意見書について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、議第6号議案は原案のとおり可決されました。

P.308
 休憩いたします。

   休 憩 午後0時02分
   再 開 午後1時11分

△欠席届
○福村光泰 議長 再開いたします。
 説明員から欠席届が提出されておりますので、報告いたします。教育委員会委員長・山元弘(私事都合により午後1時から4時30分)。以上です。

△日程第5 議員提出議案審議
△議第7号議案 国際テロ行為根絶に関する決議について
○福村光泰 議長 日程第5、議員から議案が追加提出されました。
 議第7号議案・国際テロ行為根絶に関する決議についてを議題といたします。
 事務局、議案の朗読を願います。
◎原田雄一 議事調査係長
  議第7号議案・国際テロ行為根絶に関する決議について
 国際テロ行為根絶に関する決議を、別紙案のとおり上福岡市議会会議規則第14条の規定により提出します。
    平成13年9月19日
     提出者  上福岡市議会議員  田 中 雍 規
     賛成者  上福岡市議会議員  大 島 国太郎   土 屋 昭太郎
                    五十嵐 正 明   小坂部 政 勝
                    細 井 地 久   井 上 和 憲
                    小 高 時 男   石 山 皓一郎
                    野 沢 裕 司   粕 谷 正 臣
                    高 橋 行 雄   岸 川 彌 生
                    高 橋 順 子   金 澤 知恵子
                    山 川 寿美江   足 立 志津子
                    青 山 博 明   鈴 木 啓太郎
    上福岡市議会
    議    長  福 村 光 泰 様

○福村光泰 議長 議第7号議案の説明を求めます。

P.309
 田中雍規議員。
         〔17番田中雍規議員登壇〕
◆田中雍規 議員 それでは、案文を朗読させていただきます。
 国際テロ行為根絶に関する決議(案)でございます。
 去る9月11日に米国の世界貿易センタービル及び国防総省を襲ったテロ事件は、歴史上例をみない凶悪な犯罪であり、かつ、数多くの尊い人命を奪ったことは人類に対する最大の挑戦であり、強い衝撃と憤りを覚えるものである。
 このようなテロ行為は、世界平和を希望する我々にとって断じて容認できるものではない。
 我々は、世界平和を願う人々とともに怒りを共有し、テロ事件の犠牲者並びにそのご家族の方々に対し深く哀悼の意を表し、心からお見舞い申し上げるものである。
 よって、本市議会は、日本政府をはじめ世界各国が、事件の徹底究明に努力するとともに、テロ行為根絶を願う立場からテロ対策の強化を積極的に進めるよう強く求めるものである。
 以上、決議する。
 平成13年9月25日
                              上福岡市議会
 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○福村光泰 議長 お諮りいたします。
 ただいま議題となっております議第7号議案については、会期を定めた後に提出された議案です。よって、上福岡市議会会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、委員会の付託を省略することに決定いたしました。
 議第7号議案について質疑を行います。
 山口公悦議員。
◆山口公悦 議員 1点お伺いいたします。
 世界貿易センター及び国防省を襲ったテロ事件は、世界を震撼させました。テロ行為とこの実行者に対し、今大規模な報復か、国連を中心とした法による裁きか、世界は二つの道どちらを選択するか瀬戸際に立っています。日本のマスコミは、軍事力による方針を進めるアメリカ政府の見解とそれを支援する小泉内閣の立場だけを無批判に垂れ流していますが、ここでご質問いたします。私は、武力によるこの報復は血で血を洗う決して解決のない道であると、このように理解しておりますが、この決議案の「テロ行為根絶を願う立場からテロ対策の強化を積極的に進める」と。このテロ対策の強化の意味合いとして、武力による報復という意味ではないというふうに理解してよろしいかどうかご質問いたします。

P.310
○福村光泰 議長 田中雍規議員。
◆田中雍規 議員 ご質問にお答えいたします。
 私も、個人的な立場から申し上げますけれども、過去に日本でも日本航空の飛行機が乗っ取りに遭ったことがありますけれども、たまたま私もその中にいた一人でございまして、今でも当時の事件を思い出します。時々やはり今いろんな形でマスコミで当時の方々が新聞に出ています。テレビにも出ていますけれども、当時ははっきり言いまして相当なやっぱり憎悪の念を持った経緯がございます。ただ、長い人生の中でやはり憎しみだけですべてを解決するということは、果たしていいものかどうなのか。目には目を、歯には歯をという一つの歴史的な言葉ございますけれども、果たしてそれで物事が解決できるかということはいかがなものかという私の人生観でございます。したがいまして、今回の極めて残虐な行為であることは、これは事実でございます。ただ、それを憎しみとして相対するということは、本来の私の人生観からしてそれは肯定できるものではないというふうに踏んでおります。今回こういう決議に私が一人の賛成者として朗読させていただきましたことも、そういう自分の宿命かなと思いまして、壇上で読ませていただいた次第でございます。私の意をお酌み取りいただいて、答えにかえさせていただきます。
○福村光泰 議長 他に質疑はありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 質疑を終了いたします。
 討論を行います。
 鈴木実議員。
◆鈴木実 議員 議第7号議案・国際テロ行為根絶に関する決議について、日本共産党を代表して賛成討論を行います。
 9月11日米国で起こった同時多発テロは、多数の市民の生命を無差別に奪う憎むべき蛮行であり、絶対に許されない卑劣な犯罪行為です。日本共産党は、テロ根絶のためには軍事力による報復でなく、法と理性に基づいた解決こそ正しい方向であると考えています。ところが、今アメリカを中心に軍事力による大規模な報復の準備が進められていることに懸念を抱かざるを得ません。テロ犯罪に対して軍事力で報復することは、テロ根絶に有効でないばかりか、さらに一層のテロ行為と武力報復の悪循環をもたらし、無数の新たな犠牲者を生む危険があります。今テロ根絶を求め、軍事制裁に反対する声が日本でもアメリカでもヨーロッパでも起きています。アメリカの有名な世論調査会社ギャラップの世界31カ国での世論調査によると、アメリカの武力行使に過半数の支持を与えたのはアメリカとイスラエルだけで、ヨーロッパ、南米では8割から9割が反対で、ヨーロッパでは比較的高かったフランスやオランダでも3割弱の支持となっています。日本がアメリカに従って自衛隊派兵を進めようとする動きは、日本の進路を根本的に誤るだけでなく、テロ根絶の願いにも逆行するものです。決議案が述べているように日本政府と世界各国が
P.311
事件の徹底解明に努力すること、法に基づく裁き、すなわち国連が中心となり、国連憲章と国際法に基づいてテロ犯罪の容疑者、犯罪行為を組織、支援した者を逮捕し、裁判にかけ、法に照らして厳正に処罰することが必要です。
 決議案が市民のこのような世論づくりに大きな役割を果たすことを期待し、賛成討論といたします。
○福村光泰 議長 青山博明議員。
◆青山博明 議員 それでは、本決議案に対しまして賛成の討論をいたします。
 今回の事件は、ハイジャックされた民間航空機が民間施設などに激突するという痛ましい事件です。このような残忍な無差別テロ事件は、断じて許されるものではありません。この事件の犯人は、法律によって厳正に裁かれるべきだと思います。日本政府は、在米邦人らの安否を速やかに確認し、被害者への最大限の支援を行うべきだと考えます。また、今回の事件に対して私たちはいまだ事件の全貌を知るべきすべての情報を持ち合わせておりません。今後の対応につきましては、関係者、関係諸国が冷静にかつ理性的な対応をとることを期待いたしまして、賛成といたします。
○福村光泰 議長 鈴木啓太郎議員。
◆鈴木啓太郎 議員 賛成の討論をいたします。
 世界貿易センタービルに対するテロによって死んでいった人の無念を思うと、このようなテロが断じて許されないというのは当然のことです。ただし、洪水のような事件の報道に接して戸惑いを覚え、暗たんたる気持ちにならざるを得ないところがあります。報復や戦争行為ではこの問題は一切解決しないということです。しかし、攻撃を受けた米国の心情、あるいはこうした米国をさらに孤立化させたりすることによって事態は悪化するということを考えてみるとき、さらにはこのようなテロに対する対策が世界的な協力抜きには成立し得ないということを思うと、ある程度米国に寄り添うべきだということも当然のことではないかというふうにも思います。しかしながら、現状の軍事行動が準備されるだけではとりあえず戦争行為とは言えないというような状況があります。しかし、この一線を踏み外して日本の参戦国化が進んでいったり、人権の侵害、あるいは無用な犠牲を拡大するような行為に及ぶというふうなことについては、十分な注視が必要だというふうに思います。そうした観点から、現状を見守り、このテロ根絶という1点においてこの決議に賛成していきたいというふうに思います。
 以上です。
○福村光泰 議長 他にありませんか。
         〔「なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 討論を終了いたします。
 採決いたします。採決の方法は起立によって行います。

P.312
 ただいまの出席議員は23人です。
 議第7号議案・国際テロ行為根絶に関する決議について、原案に賛成の方は起立願います。
         〔起立総員〕
○福村光泰 議長 起立総員であります。
 よって、議第7号議案は原案のとおり可決されました。

△日程第6 閉会中の継続調査の申し出(常任委員会及び議会運営委員会)
○福村光泰 議長 日程第6、閉会中の継続調査申し出についてを議題といたします。
 お諮りいたします。総務常任委員長から所管事務の調査について、一つ、光通信でまちを電子化について、二つ、定住化促進策についてを特定事件として閉会中の継続調査の申し出がありました。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、よって委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
 お諮りいたします。福祉・教育常任委員長から所管事務の調査について、一つ、教育ネットワークシステムの現状と社会教育部門改革の効果について、二つ、健康づくり推進運動(健康日本21の概要と活動状況)についてを特定事件として閉会中の継続調査の申し出がありました。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、よって委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
 お諮りいたします。環境・都市常任委員長から所管事務調査について、環境ごみ問題への取り組みについてを特定事件として閉会中の継続調査の申し出がありました。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、よって委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。
 お諮りいたします。議会運営委員長から1、次期議会の会期及び会期日程並びに議会の運営について、2、上福岡市議会会議規則等についてを特定事件として閉会中の継続調査の申し出がありました。委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。
         〔「異議なし」という声あり〕
○福村光泰 議長 異議なしと認め、よって委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

P.313

△日程第7 市長あいさつ
○福村光泰 議長 以上で本定例会の議事はすべて終了いたしました。
 日程第7、市長からあいさつのため発言を求められておりますので、これを許します。
 武藤市長。
         〔武藤博市長登壇〕
◎武藤博 市長 平成13年第3回定例市議会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る9月4日定例市議会を招集申し上げましたところ、議員各位には本日までの22日間にわたりご参会を賜り、平成12年度上福岡市一般会計歳入歳出決算認定についてを初め、20議案につきましてご審議をいただいた次第でございます。厳正かつ熱心なご審議を賜り、それぞれ可決いただき、厚く御礼を申し上げます。なお、本会議あるいは委員会を通じて承りました議員各位のご高邁なご意見、ご要望等につきましては、今後市政運営を遂行するに当たりでき得る限り尊重し、ご要望に沿うべく努力をいたす所存でございます。
 ところで、あの痛ましいアメリカの同時多発テロ事件発生から2週間ほどが経過いたしましたが、私は今でも全世界を揺るがせたあのショッキングな映像がまぶたに焼きついて離れません。その後懸命な救出作業が続けられているものの、その犠牲者の数、破壊された財産等は想像を絶するものでございます。私は、何とも言葉では言い尽くせない残虐きわまる今回の事件で犠牲となられた多くの方々に対しまして、改めて哀悼の意を表するとともに、こうした悲惨な事件が二度と発生しないことを心から願うものであります。
 ことし我が国においても、池田小の校内児童殺傷事件、明石市の歩道橋事故、そして新宿歌舞伎町の雑居ビル火災など、恐ろしく、身も凍るような事件、事故が発生し、とうとい人命が失われております。こうした事件、事故につきましては、私たちの身の回りでいつでも発生し得るものでありまして、私はこうした危機に対し、決してひるむことなく、毅然として立ち向かう姿勢を崩さず対処するための確固たる管理体制を、さらに強化していかなければならないと強く感じたところであります。
 21世紀の幕があけたばかりのことし、悲惨かつ痛ましい事故等が発生しましたが、こうした中にあって当市においては中学校の野球部、そして地元少年少女サッカーチームの関東大会出場、また中学生女子柔道においては全国大会出場など、あすの上福岡を担う児童生徒の輝かしい活躍がありました。私は、こうした明るいニュースを聞きおいておりますと、当地域、そして我が国の将来に希望に満ちた明るい光が差し込むように感じ、本当に喜ばしく思います。と同時に、未来に羽ばたく子供たちの将来のためにも、さらに安全で暮らしやすい地域社会を築いていかなければならないと心の底からわき出る思いをかみしめているところでございます。
 さて、終わりになりましたが、現在入間東部地区衛生組合においては、地域住民の長年の念願
P.314
でありました火葬場・斎場建設に向けて事務等を進めておりますが、その建設候補地につきまして過日正副管理者の会議を開催し、検討を重ねた結果、富士見市の南畑公民館と新河岸川との間の農地に決定されましたので、ご報告を申し上げます。
 どうか議員各位におかれましては、今後もよろしくご指導、ご協力を賜りますようお願いを申し上げますとともに、さらにご健勝にてご活躍されますことをご祈念申し上げまして、本定例会の閉会に当たりましてのごあいさつといたします。大変お疲れさまでございました。ありがとうございました。(拍手あり)

△閉会の宣告(午後1時33分)
○福村光泰 議長 これで平成13年第3回定例会を閉会いたします。