戻る - 参加 

いろいろ使える日記です。 皆さんのですし、たわし=わたしのです。 白いけど、亀の子束子のように硬い頭髪!

2006年10月22日 (日)  講演の初体験と青年団の皆さんとの交流

講演は1時間ではできる内容でないのに、大テーマに挑戦しちゃいました。
仮題が「第2次世界大戦を振り返ってみよう」。自分が誕生した頃です。
「戦争の歴史を皆さんと一緒に調べてみたい」という演題にしました。

1、第2次世界大戦と私の幼年期
2、敗戦による日本の民主化と少年期
3、政治の反動化と反戦運動の盛り上がりのなかで育つ
4、国際情勢の流動化の芽生えと大学での反戦平和運動参加
5、過激派学生運動の分裂と衰退、教員組合運動参加の日々
6,1970,80年代の世界の動きの中、ベルリンの壁崩壊も見た壮年期
7、20世紀末の激動から21世紀へ、再び反戦運動に、市民運動として
8、再び世界大戦前の歴史に注目すべき現在

そういう純に話していったのですが、大きな地図を3枚もお借りして掲げ、
ところどころに、その時代の歌をはさんだりして、解り易くはできました。
でもあっという間に時間が迫って、最重要の8の説明が半端になりました。

(1)国家による教育支配が戦争への準備に非常に重要な手段だったこと。
(2)言論・集会・結社などの自由を極端に制限して戦争に向かったこと。
(3)アジア民族への蔑視、領土拡大の戦争の意思が露骨だったこと。
(4)財閥の暴利貪りが政府を動かし、国民生活の犠牲を招き続けたこと。
(5)右翼や軍部の武力による威嚇に政治家も国民も屈服していったこと。

これらのできごとが、そのままそっくり現在に当てはまることを、
丁寧に、一つ一つ歴史的事実として説明するのは確かに至難の技ですが、
講演の目的はそこにありながら、講演者の力量が不足していました。

高校で使われている教科書や年表や資料集に目を通して作成したのは、
1年1行の戦争を主とした年表ですが、これは歓迎されました。

深夜に及ぶ楽しいゲームも交えた交流会で、睡眠不足の翌朝からは、
分科会も行われて、助言者という紹介ながら、一般参加の青年の気分。

解り易くて親しみやすい講演だったと言ってはいただいたのですが、
歴史を学ぶということに強い興味を持っていただけたら、無上の喜びです。
青年団の皆さんの日ごろの活動は、きっとこの国の未来を照らすでしょう。

2006年10月21日 (土)  昼から講演聴き、夜は講演する側

南空知青年団協議会主催の「南空知フォーラム」から呼ばれて、なんと、
このアーサーが「第2次世界大戦を振り返ってみよう」という題で、
講演を1時間もやることに、1ヶ月ほど前から決まっていたんです。

しかも歴史の教師じゃないから、解りやすく青年に話してくれるだろうと、
実に風変わりな人選で依頼があって、それを図々しく引き受けたのでした。
勿論きちんと勉強なんかしてないから、調べるのが大変でした。

でも青年団の皆さんの熱意に動かされて引き受けたからにはと思い、
そうしたご依頼に応じた講演をと考えてここ数日原稿も書きました。
いよいよ当日になって日中は江別市で違う講演を聴いてから出かけました。

江別の講演は立命館大学付属慶祥高校の弁論部の顧問の江口準先生と、
その先生のご指導の下、見事全国優勝した井川歩美さんの弁論7分間です。

江口準先生は「平和と民主主義」を柱とする立命館教育をまず説明して、
学校のカリキュラムに「考える、まとめる、発表する」が位置付けられ、
修学旅行も事前の研究準備を充実しての例えば中国旧満州という校風で、
勝つための弁論ではなく、各自のテーマ研究が根幹だと話しました。

学校の模擬試験を受け終えて到着した井川さんは胸を張って自然体の弁論。
「目を背けず、受け止めて」という題で、自分の経験を元に話しました。
土産に軽い気持ちで買った日の丸の鉢巻をめぐる自分の知識への疑問から、
ユダヤ人収容所でのショックを正視し得なかった自分を見つめた内容です。

ホームステイ先のシスターと収容所のことを話して言われた言葉・・・
「あなたは歴史を知っている。そして受け止めることを知った。だから、
これから何ができるかを考えていけるはず。」素直に自己を見つめる若者。

歩美さんのお父さんとお母さんも聴きに来ていました。質問の時間もあり、
堂々と答える歩美さんを頼もしく思ったのは皆さんも先生も同じでしょう。
その会合の終了を待って、さらに隣の岩見沢市へ高速で行きました。

アーサーの講演概要や青年団の皆さんとの交流については明日の日記に。

2006年10月20日 (金)  稲村一志(かずし)・大(はじめ)親子のハ−モニ− 

隣の石狩市でコンサートがあると知らされて、喜んで行ってきました。
曲は「憲法第9条」「童神」「ハーモニー」「イマジン」の4曲。
お父さんの一志さんは息子さんの大さんを「兄弟」と紹介していました。

以前にもこのお二人のを、特に「憲法第9条」と「イマジン」がらみで、
たっぷり紹介しましたから、今日の日記では詳しく触れませんが、
かつて買った同じCD「イマジン」をまた買ってしまいました。

だれかにぜひ聞いてほしいからです。

2006年10月18日 (水)  水戸市民と世界のプレーヤーとの交流イベント

早くから街に溢れる大会の旗の波に負けないほどの宣伝がなされました。
9日に水戸市内5ヶ所で、多彩に催されたオセロ自由対局のイベントです。
ホテルから出発した各国選手の中にはリヤやエィミーなどの着物姿も!!

一般の方には海外のプレーヤーとの対局も大歓迎されただけでなく、
為則、中島、坂口等々名選手が一人で数人と対局する多面打ちも喜ばれ、
全国から集まった男女の名プレーヤーにアーサーも加わって打ちました。

世界に名高いアートタワー広場には空気で膨らんだ巨大バッタもいました。
駅前の広場には駒が直径30センチ以上もある巨大オセロゲームもあり、
京成デパート前では少年少女が世界チャンピオンへの挑戦権を争います。
くの一コーナーも着物姿の国内外選手やスタッフでひときわ華やかでした。

オセロミュージアムが4階にあるまちかど交流館では長谷川さんの講演も。
為則さんが閉会式の舞台から聴衆に語ったように凄い数の水戸市民でした。
「京都でもこのように多くの市民や子どもたちを集めたい‥‥」と。

オセロがこれほどの人気をこの街で得た蔭の力は、地元スタッフでした。
鬼沢さん、三上さん、和泉さんたちが市当局や財界にずっと働きかけ、
オセロの販売元のメガハウスや日本オセロ連盟のみんなの協力も得て、
大会は5日間の幕を閉じたのでした。

真帝と麗雅も娘一家と最後の夜の晩餐を楽しんで翌朝は東京に発ちます。
娘の夫の義雄君にも、孫の天音、果音にもひとかたならぬ世話になり、
中でも娘未央にまるで旅館のおかみさんのような数日をやってもらって、
身内ではありますが、父親としては感謝の念でいっぱいです。
岐路の大洗>苫小牧の船旅もゆっくりと眠ることができました。

2006年10月17日 (火)  表彰式とビクトリーディナー

パブリック・ビューイング会場に試合を終えて選手が移動してきました。
為則選手はなんと7回目の世界チャンピオンに輝いたわけです。
2位のシンガポール代表末國選手も圧倒的な強さでの決勝進出でした。

団体戦の優勝杯を中島・為則両選手とともに壇上で受けた今岡選手は、
わがWOSの講師として、毎晩のように指導してくださってきたレイさん。
女子の優勝はお母さん選手の辻義美さん。2位が香港代表の胡淑敏さん。

万場の各国選手から大きな拍手を受けて為則さんが挨拶しました。
「初めて世界チャンピオンになったのは18歳のときでした。
予選の13回も決勝トーナメントも今回は体力的に非常にきつかった。」

会場をホテルに戻して催されたビクトリーディナーにも参加させて頂き、
この4日間で親しくなった海外の皆さんとも、国内の旧友とも談笑して、
あらためてオセロの世界的普及の大切さを実感しました。

かつては日本が勝ち過ぎてはいけないと、最強の一人以外は例えば理事、
例えば女性代表を入れて世界大会に臨んだ経過もあったのですが、
今年は男女別に3人ずつ最強のメンバーを選出して出場した日本代表。

団体戦の得点は2位のアメリカが0.5点差で迫り、中国とシンガポールが
また2位に3.5点差で同点の3位を分かち合うという熱戦でした。
漢字を使える名前と察せられる皆さんの数は12カ国になりました。

オーストラリア、カナダ、中国、フランス、香港、インドネシア、日本、
マレーシア、シンガポール、韓国、台湾、アメリカです。
人数も全部で84人中、32人でした。

漢字を考えて差し上げた花露理菜砂山緒是留=Caroline Sandberg Odsellも、
自ら考えて付けた山形真帝=Matthias Berg もいて、語りも弾みました。

世界オセロ連盟のベッカー会長ご一家もお父上の前会長は車椅子でしたが、
ジョナサン・ベッカー会長も各国の選手に快くサインしてあげたりして、
長谷川五郎さん、下之園広蔵=Othello Kaseki さんら長老も嬉しそう。
一緒にオセロ草創期から歩んできた者どうし、感慨無量でした。

この夜真帝に誘われて、カラオケに40人ほど流れた時の愉快さも最高。
途中から英語・中国語の歌詞を主として好むグループに二分しても、
二つの部屋を行き来して、みんなで歌い、最後は型を組んでの斉唱でした。

カラオケにも大会スタッフが気遣いを見せてくれて、水戸の夜おそくまで、
レイさんもアーサーも世界中の若い皆さんに溶け込んでしまいました。

2006年10月16日 (月)  素晴らしかった世界大会の1週間(4)

大会最終日は決勝トーナメントに残った4人と、女子決勝の二人の決戦を、
世話役の任務も気にせず、リアルタイムで一手一手見られるシステムです。
ネットでも勿論見られましたが、坂口和大・後藤宏お二人の生解説付き!!

しかも前日までしのぎを削った各国選手も一緒に観戦する気分は格別です。
組み合わせ抽籤のパーティーで英語の定石名パンフを差し上げた選手や、
予選リーグの合間にあれこれ対話できた選手とも仲良くなって、また会話。
国際大会の喜びはこれだと実感しました。

映画を同時に二つ観ているような大画面で、まず準決勝が始りました。
予選順位3位シーリー対2位為則、4位中島対1位末國の組み合わせです。

為則の闘牛B4にシーリーがb3と中篇に添い、切り返すB5に中島a3。
為則A4とつけるがベンは採らず、d2.ではと、A2にC打ちする進行。
互いに研究済みなのでしょうが、アーサーには珍しくハラハラの序盤です。

一方C4d3F6e6F5の虎定石から、c5C3b4D3e2D6と、
中島末國戦はボンド定石です。ボンドという名前の由来は知りませんが、
D6の縦取り殺し、e2の縦取り殺されも、一斉を風靡した手です。
後で解ったことですが8回戦の中島末國戦とf4まで全く同じでした。

これら途中経過はWOCのHPに公開されていて、一手一手味わえます。
2局目白黒交代してもシーリー虎は9手まで中島末國戦と同じ進行で、
為則に連敗し、中島はfjt系の変化で末國に連敗して3、4位戦へ。

先に3,4位決定戦と胡淑敏対辻淑美の女子決勝戦1番勝負が入ります。
シーリーは竜定石に誘導して中島も9手目11手目と次善手で応じ、
終盤はやや中島優勢に見えましたが、何と引き分けて、予選順位通りに。

女子決勝も羊定石の胡に辻中盤まで優位だったのを終盤逆転され、
さらに最終局面でのまた胡のB2失着が出て、辻淑美さん勝って優勝。

いよいよ末國シンガポール為則(日本)の決勝3番勝負となりました。
1局目為則虎のボンドから21手目まで中島末國戦の1局目と同じとは‥
これも後から知ったことでしたが、凄い話です。

その試合で勝った末國が22手目で変化して、駆け引きの凄さ抜群です。
2曲目を末國が虎、為則がチキン、しかもボックスコーナーへ。
中盤の優勢を末國が保って決め、ついに3曲目にもつれ込みました。

為則が斜め、末國が牛を選択して┐念拌Г話翳佞暴个此↓阿農喫形。
 A B C D E F G H
1++++++++  黒末國、白為則
2++++++++  C4c3D3e3F5牛>d6E6c5D7f6/F5f3B5e7F8/c6
3++○○○○++ ゼブラ評価だと僅差のプラスやマイナスの応酬
4++○○○○++  以下未知な展開でもしろ32手目まで僅差。
5+●○○○○++  38手目までそれが続くのが凄いことです。
6++○○○○++  いわゆる最善手は打たないことの法が多くて、
7+++●●+++  左図以下D2e2F7c7/G6d8E8g8G4/g3G5h6C8b8/
8+++++●++ B6b4A3a4E1/a5F2h5までで次図です。

 A B C D E F G H
1++++●+++  ここで黒(末國)B3と打ったのは初の疑問手。
2+++●●●++  H4に比べて4石の損でした。41手目も6石損。
3●+○○●●○+  ここまでで10石の差はなかなか逆転せず、
4○○○●●●●+  50手目と56手目に緩手が出て2石差にはなっても、
5○○●○○○○○  勝敗は動きませんでした。
6+○○●○○○○  解説者も断言できない難解な終盤だったようです。
7++○○●○++
8+○○○○○○+

ともあれ個人団体とも、開催国日本の優勝となって、表彰式を迎えました。

2006年10月15日 (日)の2  WOC2006MITO 出場選手成績概略その2

マレーシア   Ooi Jing Si(黄敬希)8勝、Yan Leong Woo(袁良武)5.5勝
        Liew Yik Meng(劉益民)7勝
オランダ    Nicky van den Biggelaar8勝、Albert Kortendijk 6.5勝、
        Roel Hobo7勝、Linda Praseptyo 5.5勝
ノルウエー   Trond Methi5勝、Alexander Boe4勝、Robert Berg6勝、
        Solrun Stokke3勝
ポーランド   Roman Kraczyk 7,5勝、Pawel Peczkowski8勝、
        Mariusz Kazimierczuk8勝、Agata Wozniak3勝
シンガポール  Chew Ching Wuen(周靖紋)6勝、Lee Choon Foong(李俊鋒)6勝、
        末國誠12勝2位
スペイン    Mario Madrona8勝、Pedro Orta5勝、Ferran Garcia4勝、
        Titti Ana Jacobson3勝
韓国      Seo Woo Yul(徐佑烈)5勝、Kim Yo Seob(金耀変)7勝、
        Oh Joung Mok(呉廷木)6勝、Kim Yun Sim(金允心)7勝
スエーデン   Martin Eng7勝、Henry Aspenryd 5.5勝、
Joel Fransson Johnsson9勝、Caroline Sandberg Odsell6勝
スイス     Dousse Stephane6勝
台湾      Guo Siang Hong(洪國祥)5勝
タイ      Thammatorn Kraikokit7勝、Piumrat Kraikokit8勝、
        Nares Bamrungsuk 6.5勝
米国      Ben Seeley 12勝3位、Edmund Yiu 8.5勝
        Eddie Williams8勝、Jian Cai 4.5勝

なお漢字での氏名表記はアーサーが選手ご本人から各々教わりました。

2006年10月15日 (日)その1   

WOC2006MITO 出場選手成績概略その1

オーストラリア Matt Vinir6勝、Amy Fu(傳笛)5.5勝、George Ortiz5勝
ベルギー    Tom Schotte4勝
カナダ     Jacky Fu(傳卓基)8勝、Stan Shen(沈文傑)7勝
中国      Yan Song(宋岩)8勝、Jing Zhao(趙靖)7勝、
        Kai Chen(陳凱)9勝、Liya Ye(叶麗雅=葉麗雅)5.5勝
チェコ     Jan Stastna6勝、Miroslav Voracek5勝、Martin Danek5勝
デンマーク   Henrik Vallund6勝、Karsten Feldborg8勝、Jonas Lindholt 7.5勝
Pia Stoevring 4勝
フィンランド  Patrik Hirvonen7勝、Lari Pihlajapuro8勝
フランス    Sebastien Barre6勝、柏原拓司 6勝、Bintsa Zndriani 5.5勝
英国      Michael Handel8勝、Geoff Hubbard5勝、Iain Barrass5勝
        Yvette Campbell1勝
ドイツ     Matthias Berg(山形真帝)8勝、Benny Larsson4勝
香港      Li Chun Wan(李振寰=李世馨)7.5勝、Chow Ka Ming(周嘉銘)6勝、
        Wu Shuk Man,Katie(胡淑敏)9勝女2位、Velma Fu(傳慧敏)7.5勝
インドネシア  Yohanes Chitra(徐維忠)8勝、Chong Wun Leong(張文隆)7勝
イタリア    Michele Borassi6勝、Massimo Di Pietro 6.5勝
イスラエル  Benyamin Shifman7勝、Lev Radziviolovsky5勝、
Pavel Radziviolovsky4勝
日本      中島哲也10勝4位、為則英司12勝1位、今岡司6勝、
        早田恵実7勝、龍見有希子7勝、辻淑美7.5勝女1位

2006年10月14日 (土)  素晴らしい世界大会の1週間(3)

10月7日。予選第2日の8回戦から13回戦まで各1時間見当で進む。
結果の勝敗と石数と署名は選手が任意で取った棋譜とともに別室に運ばれ、
すぐコンピュータ入力され、結果順位と次の対戦相手の印刷までされる。

棋譜を取ることはチェスと違って選手の義務ではないが、係の人数は極少。
徐さんの棋譜は全部取ったけれど、対戦相手も取る人が多いのに感心した。
最終図があると棋譜が正しいかどうかの確認もできるが、時間はかかる。

さて、シーリー、末國、為則、中島の4強にニッキーが食い込んで、
準決勝進出は4、5位決定戦が行われるかどうかも含めて激戦になった。
シーリーに1敗しただけの末國、末國に1敗舌だけの為則がまず当確。

シーリーは為則に8回戦で負けても石数でトップを走っていたが、
11回戦で陳凱に4石負けて3位になり、ニッキーは以上の5人に敗北。

中島がヨハネス・チトラ(徐維忠)、末國、シーリーに敗れたものの、
最終2局は同じ国どうしは当たらないルールのためか、為則と当たらず、
宋岩、ニッキー、フェルドボーグを連破して単独4位を決めた。

スエーデンのJ・F・ジョンソンが下位から追い込んだが届かず5位、
まだ童顔の陳凱も最終戦でニッキーに勝って、6位に上がった。

香港の胡淑敏が対今岡戦などでのマナーに問題があったが7位に入った。
女性の決勝戦はこの胡淑敏と辻淑美の組み合わせになった。

友人のM・ベルクは初日に陳凱、中島、フェルドボーグに敗れたあと、
2日目の冒頭にマイケル・ハンデル(英)劉益民(マレーシア)に敗れ、
昨年シーリーと同点5位だった実績には届かなかったのが残念だった。

2006年10月13日 (金)  素晴らしい世界大会の1週間(2)

予選13回戦のうちの初日は6日朝からホテルの会場で7回戦分が闘われ、
マティアス・リヤの二人と市内バスに乗って、会場に到着。

スタッフとしての仕事は、昨日依頼された時は棋譜担当だったけれども、
開会直前に変更があって、対戦結果のカード確認や入力室への提出などを、
させていただくことになったが、付随する仕事が非常に多いと気づいた。

その中でも、韓国代表の視覚障害をお持ちのSeo Woo Yul選手担当になり、
盲人用オセロ盤使用についての対戦相手の同意を得ることから始まって、
英会話であれこれ選手の皆さんと意思を通じ合う大事な仕事が任された。

Seo Woo Yul選手は漢字で書くと佑烈で、徐が苗字で佑烈が名前。
相手の顔がぼうっと見えはするが、全盲に近い。日本語も少し話せる紳士。
手で黒石白石も空きますも確かめて、正確に石を自分で返す。

徐さんは1回戦をノルウエーの女性Solrun Stokkeさんに勝った。
持ち時間が各自30分なのだが、考慮時間は少ないほうで、終了も早い。
勢い、他のゲームの結果と棋譜確認や提出を手伝いながら、観戦もした。

午前中に3回戦まで終えて、3戦全勝は10人になった。
末國(シンガポール)フェルドボーグ(デンマーク)、シーリー(米)
ニッキー=ビゲラー(オランダ)スタン=シェン(カナダ)為則(日)
中島(日)、ジョンソン(スエーデン)、P・クライコキト(タイ)、
ヨハネス・チトラ(インドネシア)。

ベルクは陳に、柏原は中島に、今岡はニッキーに敗れて一歩後退。
1敗者の中にヴェルマ・フー、カロリーヌ・サンドベルク・オゼル、
キム・ユン・シム、辻淑美、早田恵実と4人の女性が入って健闘!

午後も全勝同士、1敗同士、2敗同士の闘いが続き、上位争いは熾烈。
結局初日の7回戦まででシーリー7勝、末國、ニッキー、中島、為則6勝、
5勝にフェルドボーグ、ジャッキー・フー(カナダ)、シェンが8強。
同じく8勝でジョンソン、マドローナ(スペイン)、ボラッシ(イタリア)
陳凱(中国)、張文隆(インドネシア)、ぺチコフスキー(ポーランド)、
チトラ、呉廷木(韓国)、ウイリアムス(米)カシミルツク(ポーランド)

2日目のあと6試合で上位4人に入るのは4勝以下では難しいところ。
今岡選手が苦杯を喫した相手はニッキー、張文隆、呉廷木の若手強豪。
勝った相手はリンドホルト(デンマーク)、李振寰(香港)、周靖紋(シン
ガポール)、周嘉銘(香港)と漢字で名前が書ける選手の多いこと!!

2006年10月12日 (木)  素晴らしい世界大会の1週間(1)

帰宅してまる1日が経ち、大会の棋譜などをネットで見たりしています。
幸いにも間近で大会を観ることができ、運営のお手伝いもできた一週間‥‥
その素晴らしさを、この日記で少しでも多く伝えたいと思います。

3日夕刻に苫小牧港をフェリーで発ち、一泊の船旅で大洗港に着き水戸へ。
水戸駅に空港からバスで来るマティアスとリヤに会い、バスで娘の家へ。

孫の双子(4歳)たちも出張中の娘の夫も含めてホスト4人ゲスト2人。
アーサーは半分ホストで半分ゲストという1週間が始まりました。

4日はオセロミュージアムを訪問するだけで、偕楽園等市内観光も省略。
ご多忙中、連盟理事でもある地元の鬼沢さんが来て説明もして下さり、
3人はベン・シーリーが3日から水戸に来ていると、ここで知りました。

5日はいよいよ開会式と1回戦の相手を抽籤で決めるペアリング。
途中からお歴々が帰られたおかげで、アーサーが会場に入れて頂きました。
実はスタッフに加えてもらったのは、この中で初めてで、棋譜係補助役。

6日からの予選13回戦については明日の日記で書きます。

2006年10月2日 (月)  旅行中のWOS日記

水戸市での世界大会にスタッフか観客か応援団として参加するため、
PCを使えない可能性があります。

娘の家にあるものを、そうやたらに使うことはできないので、
原則として日記は帰宅後になると思います。

WOS講師のレイさんをはじめ、日本選手団が上位独占もあり得ます。
日本の男子代表はオセロジャパンのHP責任者でもある中島哲也さん、
過去6度も世界制覇し、昨年も優勝している鬼神為則英司さんの3人。
女子代表の早田恵実、龍見有希子、辻淑美の皆さんの奮闘にも期待します。

今年はシンガポール代表の末國誠さんも2度目の優勝を狙っています。
アメリカ代表のベン・シーリー選手も3度目の優勝を狙っています。
ドイツのマシアス・ベルクさんや様々なアジア系の選手も強いでしょう。
エディー・ウイリアム(米)なども、面識あり、皆身内のように感じます。
では、いってまいります。

2006年10月1日 (日)  今日から9日まで水戸市に滞在します

いよいよ水戸での世界オセロ選手権大会WOCMitoが迫ってきました。
大会の初日は9月6日ですが、5日のオープニングセレモニーに向けて、
世界中から選手が続々水戸市にやってきます。

茨城県も水戸市も総力をあげて、この大会の成功に力を尽しています。
もちろん開催国日本のオセロ連盟も万全の態勢で臨むに違いありません。
各国の選手の宿泊だけを考えても5,6,7の3日間は大変です。

ドイツ代表のベルクさんと中国代表のLiya Yeさんをお泊めする娘一家も、
アーサーともども、このお若いカップルが期間中快く過ごせたらと思い、
日本代表の応援はもちろんですが、海外の皆さんの活躍も期待します。

肝心の観戦は、スタッフに採用してもらえたら、お世話しながら可能でも、
わがままは決して言えませんから、主催者が困らないように、アーサーは、
出来る限りの協力を、この期間、懸命にしたいと思っています。

航空機のチケットは高いので、いよいよ明日苫小牧の港からフェリーで、
まずは一泊の船旅です。空港から水戸へリムジンで来るカップルを
水戸で待って、一緒に娘の家に向かうわけです。

英語圏とは言えない4人が英語で会話し続けるのも難しいけれど楽しく、
義弟(娘の夫)も勤務が終わって疲れて帰宅すると、その仲間入りし、
4歳の双子(アーサーの孫)も、次第に慣れることでしょう。

PCオンはできないでしょうが、国際親善とオセロ発展のために、
英語の定石名と手順を30ページのパンフレットにしたのを持参して、
いってまいります。

2006年9月30日 (月)  9月のWOS日記大メイン一覧

9月は3,6,9,14、24と5日も休載してしまいました。

9月1日 水戸のオセロミュージアムのこと
 2 ヤフーオセロの様変わり
 4 氷川きよし等のTV番組「旅の香り」にオセロが
 5 レイさん講義「保留・催促・放置」など
 7 世界大会の実施要領など
 8 世界大会のサイトの日本語訳紹介
10 世界大会ルールいくつか
11 世界大会の観戦ルール
12 世界大会出場選手名(未発表6カ国意外全部)
13 今日発表の世界大会代表
15 TOFはThree Of Fiveでもあるそうな
16 英文パンフレットの下書き
17 英語の定石名(1)
18 英語の定石名(2)
19 英語の定石名(3)
20 英語の定石名(4)
18 英語の定石名(2)の続き
21 英語の定石名(5)6手目以後下書き
22 英語の定石名(6)縦取りの6手目以後
23 英語の定石名(7)斜め取りの6手目以後
25 図を追加中です
26 図は非常に微妙です
27 図の追加は進んでいるものの
29 図と手順入りの定石名英語プリント完成
30 9月のWOS日記題名一覧

2006年9月29日 (金)  図と手順入りの定石名英語プリント完成

札幌市民が諸印刷を、安い費用で、自分の労働でできるところがあって、
「エルプラザ」という名前です。事前の届けが必要ですが、便利です。

世界大会に集う海外の選手や役員の皆さんに歓迎してもらえるかどうか、
日本オセロ連盟が、そうした印刷物の無料配布を快く認めるかどうか、
まだ、どなたにお尋ねすべきかも解らず、とにかく水戸に持参します。

3日の14時に日本到着で、空港から水戸へのリムジンバスで来るお二人。
まさしく「友遠方より来たる」です。ベルクというドイツ語は山の意味で、
マティアス・ベルクさんは山形真帝という日本名も取得されたそうです。

ケルンに一緒に住んでいるLiya Yeさんの苗字は葉じゃないかと推測でき、
Liyaも李芽か理雅か、これまた推測で、解らないまま、楽しみです。
お写真には昨春のベルクさんの寮の部屋でおめにかかっています。

ベルクさんは北京に滞在中で、そこからメールをくれたわけですから、
多分彼女のご家族とも何度目かの親交を暖めているのでしょう。

世界大会は準決勝と決勝を解説付きで観戦できるとのことです。
原則として他は観戦できないとは、まことに残念ですが水戸に行きます。

大会のお手伝いなら、どんなことでもしますとある理事には申し上げ、
アーサーの意思は伝わっているはずなのですが、忘れられているかも! 

2006年9月27日 (水)  図の追加は進んでいるものの

ワードの使い方に慣れていないせいで、この日記への転載ができません。
日記は休載同然ですが、この際ワードでの完成を優先させます。

そう言えば、世界大会の観戦についてのオセロ連盟のコメントが出て、
ちょっと戸惑っています。原則として観戦は駄目と書いてありますね。
9日の準決勝と決勝は解説付きで観戦できるそうです。

期間中ずっと水戸に滞在するアーサーとしては、予選から観たいのですが、
大会スタッフが一般の観戦に何かの危惧を抱いているのかも知れません。
スタッフのサポートでも何でもしたいと思ってもいます。

2006年9月26日 (火)  図は非常に微妙です

Wordで完成した図でも、この日記にコピーすると、大幅にずれます。
期日も切迫してきたので、この日記での図解は昨日の分までにします。

2006年9月25日 (月)  図を追加中です

F5d6=Perpendicular Opening(縦取り)まず虎
1+++++  ++++  +++++ ++○++  +++++
2+++++  ++++  +●+++ +○+++  +●○++  
3○○○++  ●●●+  ○●●++ ○●●++  ○●○++
4+○●●+  ●●●○  +●●●○ +●●●○  +●○●○
5++○●●  +○○●  +●●●● +●●●●  +●○●●
6++○++  +○++  ++○++ ++○++  ++○++
Aubrey     Brightwell    Rose-Bill   Tiger Hero   Tiger Smile
虎>b3=Aubrey(イエス流)
虎>f4E3=Brightwell(ブライトウエル)
虎>f4C5b3C2=Rose-Bill(ローズビル)
Rose-Bill>d1=Tiger Hero(へろ虎)
Rose-Bill>d2=Tiger Smile(虎スマイル)

2+●+++ ++●●++ ++●●++ ++●●++ ++●●++
3○○○○+ ○○●●○+ +○●●○+ +○●●○+ +○○●○+
4+●●●○ +○●●●○ ○○○○○○ +○●●●○ ++●○●○
5+●●●● ++○●●● ++○●●● +○○●●● +○○●●
6++○++ ++○○++ ++○○++ ++○○++ +○+○++   
 Chicken   Chicken Hook  Chicken Straight  Chicken Uppercut  Jellyfish
Rose-Bill>e3=Chicken(酉)
酉>D2c6B4a3=Chicken Hook(酉フック)
酉>D2c6B4a4= Chicken Straight(酉ストレート)
酉>D2c6B4b5= Chicken Uppercut(酉アッパー)
酉>D2b6=Jellyfish(くらげ)

2+●+++ +●+++ +●+++  ++●+++  +●+++
3○●●●+ ○●●++ ○●●++  +○●●++  ○●●++
4○●○●○ +○●●○ ○●●●○  +●○●●○  ●●●●○
5+●●●● +●○●● ●●●●●  ●+○●●●  +●○●●
6+●○○+ ++○○+ +●○○+  ++●○○+  ++○○+
   FJT Tamenori Goldfish Tamenori Tensho Tiger Rit

Rose-Bill>b4E3e6C6=FJT(エフジェーティーor御輿)
Rose-Bill>e6=Tamenori(為則)
為則>C6b4B5=Goldfish(為則or金魚)
為則>C6b4A5=Tamenori Tensho(ためてん)
為則>B4=Tiger Rit(りと)


2●+++   +●+++  +++●+  +++++
3○●●++  ○●●++  ○○●++  +●○++
4+●●●○  +●●●○  +●●●○  ○○○○○
5●●○●●  +●●●○  +●●●●  +○●●●
6++○○+  ++○+○  ++○++  ++○++
 Super Rit    Saburo Jewel Topaz Banana Republic
為則>B5=Tiger Super Rit(すぱりと)
Rose-Bill>f6=Saburo(三郎)
虎>f4C5b3E2=Jewel Topaz(黄色宝玉)
虎>f4C5b4=Banana Republic(バナリパor虎大量or HALL)
Ex.バナリパ>B3c6C2c1E6e3D2f3

2006年9月24日 (日)  英語の定石名(7)斜め撮りの6手目以後

F5f6=Diagonal Opening(斜め取り)

F5f6E6f4C3=F5f6E6d6C3=Buffalo(猛牛)

F5f6E6f4D3=F5f6E6d6C4=Inner Snake(内蛇)

F5f6E6f4E3=F5f6E6d6C5=Cow(牛)
牛>c5C4d7C6e2=Sunken ship(沈没船)
牛>c5C4e7C6e2=high speed boat(快速船)
牛>c5C4e7C6e2=sail boat(ヨット)
牛>c5C4e7G4=plane(飛行機)
牛>c5C4d3F3e2=Benher(ベンハー)
牛>c5C4d3C3=Maruoka(丸岡流)
牛>c5C4d3E2=unnamed未命名
牛>c5G5=Bat(蝙蝠=コウモリ)
牛>c5G6f3G5g3D3e2=submarine(潜水艦=健太蝙蝠)
牛>d6=Chimney=Apple(りんご=大量取り)
牛>d6G4d3C3h3C4g3=Fried egg(目玉焼き)
牛>d6C6c5E7=c5C6d6E7=Tank(戦車)
牛>d6G6g5E7=c5C6d6E7=Reflected tank(裏戦車)

F5f6E6f4F3=F5f6E6d3C6=Raccoon dog(狸=タヌキ)
狸>c5C6=e3F3=Karin Raccoon dog(かりん狸)

F5f6E6f4G3=F5f6E6d6C7=Wild goose(雁)
雁>d3=Flat fish(平目)

F5f5E6f4G4=F5f6E6d6D7=Fox(狐)or Reflected raccoon dog(裏狸)

F5f6E6f4G5=F5f6E6d6E7=Fighting bull(闘牛)
闘牛>d6=Reflected apple(裏りんご)
闘牛>c7E3=Reflected bat(裏蝙蝠)
闘牛>d6D3e3C5= Tank(戦車)
闘牛>d6E3g4E5= Reflected tank(裏戦車)
闘牛>e7F7g6=Wild strawberry(野いちご)
野いちご>F3g6D8h5E3=jelly(ゼリー)
闘牛>e7F7h5=Morisue(森末)

F5f6E6f4G6=F5f6E6d6F7=Snake(蛇)

2006年9月22日 (金)  英語の定石名(5)縦取りの6手目以後

F5d6=Perpendicular Opening(縦取り)

F5d6C3d3C4=Tiger(虎)
虎>b3=Aubrey(イエス流)
虎>f4E3=Brightwell(ブライトウエル)
虎>f4B5=Tiger b5(虎b5=未命名)
虎>f4C5b3C2=Rose-Bill(ローズビル)
Rose-Bill>d1=Tiger Hero(へろ虎)
Rose-Bill>d2=Tiger Smile(虎スマイル)
Rose-Bill>e3=Chicken(酉)
酉>D2c6B4a3=Chicken Hook(酉フック)
酉>D2c6B4a4= Chicken Straight(酉ストレート)
酉>D2c6B4b5= Chicken Uppercut(酉アッパー)
酉>D2b6=Jellyfish(くらげ)
Rose-Bill>b4E3e6C6=FJT(エフジェーティーorおみこし)
Rose-Bill>e6=Tamenori(為則)
為則>C6b4B5=Goldfish(為則or金魚)
為則>C6b4A5=Tamenori Tensho(ためてん)
為則>B4=Tiger Rit(りと)
為則>B5=Tiger Super Rit(すぱりと)
Rose-Bill>f6=Saburo(三郎)
虎>f4C5b3E2=Jewel Topaz(黄色宝玉)
虎>f4C5b4=Banana Republic(バナリパor虎大量or HALL)
虎>f4C5b5=Tiger Suekuni(まこ虎)
虎>f4E6b3E2c5=Leader’s Tiger(リーダーズタイガー)
虎>f4E6f6E3c5C6b6=(びん)
虎>f4E6f6E3c5C6b6C7b5E7=Sakaguchi(坂口流)
虎>f4F6f3=Comp’Oth.(コンポス)
コンポス>=E6e7C6=Comp’Oth.Logisterro(ロジコン)
ロジコン>g6G5f7G3=Logisterro Spear(ロジクスピア)
コンポス>E6e7D7g6G5c5B6=♯Com’Oth.(シャコン)
コンポス>E6e7D7g6G5c5C6=♭Comp’Oth(フラコン)
コンポス>E6e7D7g6D8c5C6c7C8=Big wall(大壁)
虎>f4F6b4=Kung(カン)
虎>f4F6g5E3f3G4h3E6g3G6=No-Kung(ノーカン)
虎>f4F6g5E6c5(縦取り殺され)いい英語名が見つからない
虎>f4F6g5E6c5F3(縦取り殺し)同上 Killer to Perpendicular?!
虎>f4F6g5E6d7E3c5F3e7=Bond(ボンド)
コンポス>E6e7F7=Tama plaza(たまプラーザ)
たまプラーザ>c5B6= Tama plaza ♯(たまプラシャープ)
たまプラーザ>c5E3= Tama plaza ♭(たまプラフラット)

F5d6C3f4F6=Dragon(竜)
竜>d3F3b3=God of wind(風神)
竜>d3F6=Lightning(雷神or稲妻=ライトニングボルト)

F5d6C4d3C5=Cat(猫)
猫>f4E2=New Cat(ネオキャット)
猫>f4E3f3E2=Singing Cat(うた猫)
猫>f4D7f6D2c6=Cat High speed boat(猫快速)

F5d6C4d3E6=Sheep(羊)
F5d6C4g5C6=Swallow(燕)
F5d6C4g5F6=Cobra(コブラ)

F5d6C5f4E3=Rabbit(兎)
兎>c6D3f6E6d7=Rose(ローズ)>G4=Flat(♭=フラットローズ)
ローズ>G3=(♯=シャープローズ)
♭ローズ>c4G4c3F7d2E7f2E2f3C8=Rotating Flat(風車)
♭ローズ>g3G6h3G5h4H5=Gローズ
♯ローズ>c4=Rose-Birth
Rose-Birth>B4=Rose-birdie=Rose-Tamenori(為則ローズ)
♯ローズ>c4B4b3G5c3B5a5A4a3B6a4D8=Parasol(パラソル)
ローズ>E7c7C4f8B6=Tedzuka1(手塚システム1)
ローズ>E7c7C4=Tedzuka2(手塚システム2)
兎>d3=Mimura(三村流)
兎>f6=Ohwaku(大和久流)
兎>c6D3g5=Rabbit Flat(横兎)
兎>c6E6=Rabbit Inoue(井上流)>f6=Rabbit Snow雪兎
兎>c6D3f3=Rabbit Ralle(ラル兎)
兎>c6D3e2=Rabbit Tama(たま兎)

2006年9月21日 (木)  英語の定石名(5)6手目以後下書き

F5d6C3d3C4(C4d3C3)b3----Yes(イエス流)or Aubrey/Tanaka
F5d6C3d3C4f4C5b3C2----Rose-Bill(ローズビル)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2b4----Cetral Rose-Bill(FJT)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e3----Chicken(チキン=酉=鶏)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e6----Tamenori(為則)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e3D2c6B4a3----Chicken-Fook(チキンフック)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e3D2c6B4a4----Chicken-Straight(チキンストレート)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e3D2c6B4b4----Chicken-Uppercut(チキンアッパー)
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e6C6b4B5----Tamenori(為則)=Goldfish(金魚)
F5d6C3d3C4f4C5b4----Main tiger(虎大量)=Banana Republic(バナリパ)
F5d6C3d3C4f4

2006年9月18日 (月)続き  英文の定石名(2)の続き

 C D E F
4+○●+  F5d6C5----Rabbit group(兎系)
5●●●●
6+○++

 B C D E F
4○+○●+ F5d6C5b4----Faucet source(蛇口素)
5+○●●●
6++○++

 B C D E F
4○●●●+  F5d6C5b4C3----Sea lion(海豹=アザラシ)  
5+○●●●  C4=head(頭部) D4E4D5E5=body(胴)
6++○++  F5=tail(尾部)

 B C D E F
3++●++  F5d6C5b4D3----Craw(烏=カラス)  
4○+●●+  D3=wing(翼) D4E4E5=body(胴)   
5+○●●●  F5=head(頭部) F6=another wing(翼)
6++○++

 B C D E F
4○+○●+ F5d6C5b4D7----Faucet(蛇口)  
5+○●●●  E4=tap(栓) D5E5F5D6=water pipe(水道管)
6++●++  D7=outlet(出口)
7++●++

 C D E F
4+○○○  F5d6C5f4----Rabbit source(兎素)
5●●○●
6+○++

 C D E F
3+●++  F5d6C5f4D3----Horse(馬)
4+●●○  D3=head(頭部) D4=neck and body(首と胴体)
5●●○● E4=back and body(背中と胴体) C5D5=forelegs(前脚)
6+○++  F5=hind legs and tail(後脚と尾)

 C D E F
3++●+  F5d6C5f4E3----Rabbit(兎)
4+●○○ E3D4=long ears(長い耳) C5=head(頭部)
5●●○●  D5=body(胴体) F5=tail(尾)
6+○++

 C D E F
3+++●  F5d6C5f4F3----Deer(鹿)
4+○●● F3=borns and head(角と頭部) E4=body(胴体)
5●●○● F4=neck and chest(首と胸)
6+○++  C5D5=tail and hind legs(尾と後脚 F5=forelegs(前脚)

 C D E F
4+○○○  F5d6C5f4D7----Crane(鶴)
5●●○● C5=wing(翼) D5=head(頭部) F5=another wing(翼)
6+●++ D6=neck and body(首と胴)
7+●++

 C D E F
4+○●+  F5d6C6=Hare group(野兎系)
5+●●●
6●○++

 C D E F
4+○○○  F5d6C6f4=Hare source(野兎素)
5+●○●
6●○++

 C D E F
4+○○○  F5d6C6f4E6=Hare(野兎)
5+●○●  D5=ear(耳) F5=another ear(耳) C6=head(頭部)
6●●●+ D6E6=body and legs(胴と脚)

 C D E F
4+○●+  F5d6C6f6=Gorilla dource(ゴリラ素)
5+●○●
6●○+○

 C D E F
3+●++  F5d6C6f6D3=(火の鳥)
4+●●+  D3=head(頭部) D4E4D5=body(胴体)  
5+●○●  F5=wing(翼) C6=anoter wing(翼)
6●○+○

 C D E F
4+○●+  F5d6C6f6E6=Gorilla(ゴリラ)
5+●●● E4=head(頭部) D5E5=body(胴体)
6●●●○  C6=tail(尾) D6E6-legs(脚) F5=arm(腕)

2006年9月20日 (水)  英文の定石名(4)

349種類全ての名前を英語で紹介しようかなとも思ったんですが、
一応ゼブラで1手6石損以内で5手目まで進むものに限定しました。
このあとは6手目以後について書くので難しさも長さも増します。

ここまで、空欄が充分にあるので、日本語も添えることにしました。
振り返って4回分、ご愛読いただければ幸いです。

F5f4----Parallel Opening(並び取り)

 D E F
3+●+  F5f4E3----Mouse group(鼠系)
4○●○
5●●●

 D E F
2○++  F5f4E3D2----The letter T source(T字素)
3+○+
4○●○
5●●●

 D E F
2○●+  F5f4E3d2E2--- The letter T(T字)
3+●+  F5f4E4f2E2----- The letter T
4○●○
5●●●

 C D E F
2+○++  F5f4E3d2C3----Sea lion(アシカ)
3●+○+  C3=head(頭部) D4E4=back(背)
4+●●○  D5E5=legs(脚) F5=tail(尾)
5+●●●  F5f4E3d2G3,F5f4E3f2C3,F5f4E3f2G3----Sea lion

 D E F
2○++  F5f4E3d2D3----Craw(カラス=烏)
3●○+ F5f4E3d2F3,F5f4E3f2F3,F5f4E3f2D3----Craw
4●●○
5●●● F5f4E3f2D3

 C D E F G 
2+○+++  F5f4E3d2G4----Seal(アザラシ=海豹)
3++○++ F5f4E3d2G4,F5f4E3d2G4,F5f4E3d2G4----Seal
4●●●○+
5+●●●+

 C D E F
3++●+  F5f4E3d6----Mouse source(鼠素=ネズミ素)
4+○●○  F5f4C3f6---- Mouse source
5+○○●
6+○++

 C D E F
3++●●  F5f4E3d6F3----Mouse(鼠)
4+○●●  F5f4E3f6D3----Mouse
5+○○● E3F3=big ears(耳) E4F4=body(胴体) F5=tail
6+○++  F5=tail(尻=しっぽ)

 C D E F G
3++●++  F5f4E3d6G4----Flash(閃光板)
4+○●●●  F5f4E3f6C4-----Flash
5+○○●+
6+○+++

 C D E F G
3++●++  F5f4E3d6G5----Craw(烏)
4+○●●+  F5f4C3f6C5---- Craw
5+○●●●
6+○+++

 C D E F
3++●+  F5f4E3d6E6----Bull(牡牛)
4+○●○  F5f4E3f6E6---- Bull
5+○●● E3=tail and hind legs(尾と後脚) E4=body(胴)
6+○●+ E5=chest(胸) F5=head(頭部) E6=forelegs(前脚)

 C D E F G
3++●++  F5f4E3d6C6----Y junction(Y字路)
4+○●○+  F5f4C3f6G6---- Y junction
5+●○●+ E4=crssing(交差点) E3=way (道)
6+++○●  D5=another way(別道) F5G6=main street(大路)

 D E F
3++●   Cart group(荷車系)  
4○●●
5●●●

 C D E F G
3+++●+  F5f4F3g4----Chair source(椅子素)  
4+○○○○
5+●●●+
6+++++

 C D E F G
3++●●+  F5f4F3g4E3----Chair(椅子) 
4+○●○○ cf.F5f6D3e3F4
5+●●●+
6+++++

 C D E F G
3+++●●  F5f4F3g4G3----Crank(クランク) 
4+○○●○ F3G3F4=handle(取っ手) D5E5F5=axle(心棒)
5+●●●+
6+++++

 C D E F
3+++●   F5f4F3d6----Cart source(荷車素)  
4+○●●
5+○●●
6+○++

 C D E F
3●++●   F5f4F3d6C3----Watering can(如雨露=じょうろ)  
4+●●● C3D4=outlet(出口) F4=handle(取っ手)
5+○●●   E4F4E5F5=container(容器)
6+○++

 C D E F
3+++●   F5f4F3d6C4----Cart(荷車)  
4●●●●   F3=handle(取っ手) C4D4E4F4=carrier=(荷台)
5+○●●   E5F5=wheel(車輪)
6+○++

 C D E F
3+++●   F5f4F3d6C5----Northern sea lion(鯔=トド)  
4+○●●   F3=head(頭部) E4=back(背) F4=chest(胸)
5●●●●   C5=tail(尾) D5E5F5=body and legs(胴体と脚)
6+○++

 C D E F
3+++●   F5f4F3d6C6----School flag(校旗)  
4+○●●   F3e4D5C6=pole(棒) F4E5F5=flag(旗)
5+●●●
6●○

 D E F
3++●   F5f4F3f6----Gorilla source(ゴリラ素)  
4○●●
5●○●
6++○

 D E F
3++●  F5f4F3f6D6----Gnu(ヌー)  
4○●●  F3=tail(尾) E4E5=body(胴体) F4F5=legs(脚)
5●●●  D5D6=neck and head(首と頭部)
6●+○

 D E F
3++●  F5f4F3f6E6----Gorilla(ゴリラ) 
4○●●  F3=tail(尾) E4E5=body(胴体) F4F5=legs(脚)
5●●●  D5=head(頭部) E6=arm(腕)
6+●+

2006年9月19日 (火)  英文の定石名(3)

世界大会用の英文。今日は斜め取りについて
F5f6----Diagonal opening(斜め取り)
 C D E F
3+●++  F5f6D3----Sheep group(羊系)
4+●●+
5+●○●
6+++○

 C D E F
3○●++  F5f6D3c3----Sheep source(羊素)
4+○●+
5+●○●
6+++○

 C D E F  F5f6D3c3C4----Sheep(羊)
3○●++   cf.F5d6C4D3E6----Sheep 
4●●●+
5+●○●
6+++○

 C D E F
3○●++   F5f6D3c3E6----Sheep(羊)
4+○●+ cf.F5d6C4D3E6----Sheep 
5+●●●
6++●○

 C D E F
3+●○+  F5f6D3e3----Chair source(椅子素)
4+●○+
5+●○●
6+++○

 C D E F
3+●○+  F5f6D3e3----Chair(椅子)
4+●●●  D3=Seat back(背もたれ) D4E4F4=Seat(座板)
5+●○●  D5,F5=legs(脚)
6+++○

 C D E F
3+●++  F5f6D3f4----Seal source(海豹素)  
4+●●○
5+●○○
6+++○

 C D E F G
3+●+++  F5f6D3f4G5----Northern sea lion(鯔=トド)  
4+●●○+ D3=Head(頭部) D4=chest(胸) E4=back(背)
5+●●●● D5E5F5=legs and body(胴体と脚) G5=tail(尾)
6+++○+

 C D E F
3+●++  F5f6D3f4E6----Seal(海豹)  
4+●●○ cf.F5d6C5b4C4----Seal
5+●●○
6++●○

 C D E F
4+○●+ F5f6E6----Cow group(牛系)
5+●●●
6++●○

 C D E F
4+○○○ F5f6E6f4----Cow source(North)(牛素北)
5+●●○ F5f6E6d6----Cow source(South)(牛素南)
6++●○

 C D E F
3●+++  F5f6E6f4C3----Buffalo(バッファロー=猛牛)
4+●○○  C3=tail and hind legs(尾と後脚) D4=body(胴体)
5+●●○ D4=body(胴体)  D5=head(頭部)
6++●○  E5=chest(胸) E6=forelegs(前脚)
       F5f6E6d6C3----Buffalo

 C D E F
3+●++  F5f6E6f4D3----Inner snake(内蛇)
4+●○○ D3=tail(尾) D4D5E5=body(胴体)
5+●●○  E6=head(頭部)
6++●○ F5f6E6d6C4----Inner snake(内蛇)

 C D E F
3++●+  F5f6E6f4E3----Cow(牛)
4+○●○ E3=tail and hind legs(尾と後足) E4=body(胴体)
5+●●○ D5=head(頭部) E5=chest(胸) E6=forelegs(前脚)
6++●○  F5f6E6d6C5----Cow(牛)

 C D E F
3+++●  F5f6E6f4F3----Inner Raccoon dog(内狸=うちタヌキ)
4+○●○ F3=head(頭部) E4=shoulder(肩) D5=belly(腹)
5+●●○  E6=legs(脚)
6++●○ F5f6E6d6C6----Inner Raccoon dog(内狸=うちタヌキ)

 C D E F G
3++++●  F5f6E6f4G3----Wild geese(雁)
4+○○●+ G3=head(頭部) F4=neck(首) D5=wing(翼)
5+●●○+  E5=body(胴体) E6=another wing(翼)
6++●○+ F5f6E6d6C7----Wild geese(雁)

 C D E F G
4+○○○● F5f6E6f4G4----Raccoon dog
5+●●●+ G3=head D5=legs E5=body F5=neck E6=belly
6++●○+ F5f6E6d6D7----Raccoon dog

 C D E F G
4+○○○+ F5f6E6f4G5----Fighting bull(闘牛)
5+●●●● D3=forelegs(前脚) E5=chest(胸)
6++●○+  F5=body(胴体) G5=hind legs and tail(尾と後脚)
F5f6E6d6E7----Fighting bull(闘牛)

 C D E F G
4+○○○+  F5f6E6f4G6----Snake(蛇)
5+●●○+ D5=head E5E6F6=body G6=tail
6++●●● F5f6E6d6F7----Snake(蛇)

2006年9月18日 (月)  英文の定石名(2)

猫素から続けます。

  C D E F
3+○++  F5d6C4d3----Cat source(猫素)
4●○●+
5+○●●
6+○++

  C D E F
3●○++  F5d6C4d3C3----Tiger(虎)
4●●●+
5+○●●
6+○++

  C D E F
3+○++  F5d6C4d3C5----Cat(猫)
4●○●+  C4=forelegs(前脚) E4=hind legs(後脚)
5●●●● C5=head(頭部) D5E5=body(胴体) F5=tail(尾)
6+○++

  C D E F
3+○++  F5d6C4d3C6----Bee(蜂)
4●○●+  C4=wing(羽) E4=another wing(羽)
5+●●● D5E5=body(胴体) F5=head(頭部)C6=abdomen(尾部)
6●○++

 C D E F
3+○++  F5d6C4d3E6----Sheep(羊)
4●○●+  C4=head(頭部) E4D5E5=body(胴体)
5+●●● F5=tail(尾) E6=legs(脚)
6+○●+

 C D E F
3+○++  F5d6C4d3C7----Tennis(テニス)
4●○●+  C4=ball(球) E3=head(頭部)
5+○●● E5F5=sholder,arm and racket(肩、腕とラケット)   
6+●++  D6=body(胴体) C7=legs(脚)
7●

 C D E F
3+++○  F5d6C4f3----Dipper source(杓素)
4●●○+
5+○●●
6+○++

 C D E F
3++●○  F5d6C4f3E3----Flash gun(閃光版)
4●●●+ E3E4=perpendicular board(縦板)
5+○●● C4D4E4=level board(水平板) E5F5=handle(取っ手)
6+○++

 C D E F
3+++○ F5d6C4f3F4----Dipper(杓子)
4●●●● C4D4=handle(取っ手) E4F4E5F5=container(容器)
5+○●●
6+○++

 C D E F
4●●●○  F5d6C4f4----Hippopotamus source(河馬=カバ素)  
5+○○●
6+○++

 C D E F
4●●●○  F5d6C4f4C5----Hippopotamus(河馬) 
5●●●●  C4D4E4=back(背中)
6+○++  C5D5E5=body and legs(胴体と脚) F5=head(頭部)

 C D E F
4●●●○  F5d6C4f4C6----Wild boar(猪=イノシシ)  
5+●○● C4=head(頭部) D4E4=back and body(背中と胴体)
6●○++ D5,F5=legs(脚) F5=tail(尾) C6=tusk(牙)

 C D E F
4●●●○  F5d6C4f4F6----Condor(コンドル=はげたか)  
5+○●●  C4=tail(尾) D4E4E5=body and wings(胴と翼)
6+○+●  F5=head(頭部) F6=beak(背中)

 C D E F G
4●●●++  F5d6C4g5----Swallow source(燕素)
5+○○○○
6+○+++

 C D E F G
4●●●++  F5d6C4g5C6----Swallow(燕=ツバメ)  
5+●○○○  C4=wing(翼) D4D5=body(胴)
6●○+++ E4=head(頭部) C6=another wing(翼)

 C D E F G
4●●●++  F5d6C4g5F6----Cobra(コブラ)  
5+○●○○  C4=tail(尾) D4E4E5=body(胴) F6=head(頭部)
6+○+●+

 C D E F G
4●●●++  F5d6C4g5G6----Chinese phoenix(鳳凰=オオトリ) 
5+○○●○  C4D4=wing(翼) E4=head(頭部)
6+○++● F5G6=another wing(翼)

 C D E F G
4●●●++  F5d6C4g5D7----The letter T(T字)  
5+●○○○
6+●+++
7+●+++

 C D E F
4+○●+  F5d6C5----Rabbit group(兎系)
5●●●●
6+○++

 B C D E F
4○+○●+ F5d6C5b4----Faucet source(蛇口素)
5+○●●●
6++○++

 B C D E F
4○●●●+  F5d6C5b4C3----Sea lion  
5+○●●●  C4=head(頭部) D4E5D5E5=body(胴体) F5=tail
6++○++ F5=tail(尾)

 B C D E F
3++●++  F5d6C5b4D3----Craw(烏=カラス)  
4○+●●+  D3=wing(翼) D4E4E5=body(胴)  
5+○●●●  D5=head(頭部) F5=another wing(翼)
6++○++

 B C D E F
4○+○●+ F5d6C5b4D7----Faucet(蛇口)  
5+○●●●  E4=tap(栓) D5E5F5D6=water pipe(水道管)
6++●++  D7=outlet(出口)
7++●++

2006年9月17日 (日)  英文の定石名(1)

絵が描けない代わりに、どの黒石をどう見立てたかを書きました。
英和和英辞典などを引きながら、海外にも伝わる道を模索中です。

F5d6C3----Tiger group(虎系)

 C D E F
3●○++
4+○●+  F5d6C3d3----Tiger source(虎素)
5+○●●
6+○++   

 C D E F
3●○++  F5d6C3d3----Tiger(虎)
4●●●+  C3=head(頭部) C4=forelegs(前脚) D4E4=body(胴体)
5+○●● E5=hind legs(後脚) F5=tail(尾)
6+○++       

 C D E F 
3●○++ F5d6C3d3C5----Crayfish(ザリガニ)
4+○●+  C3,C5=sissors(鋏) E4,D5,E5=body(胴) F5=tail(尾)
5●●●●
6+○++

 C D E F
3●○++  F5d6C3d3C6----Lobster(海老=エビ)
4+○●+  C3,C6=sissors(鋏) E4,D5,E5=body(胴) F5=tail(尾)
5+●●●
6●○++

 C D E F
3●++○  F5d6C3f3----Dog source(犬素)
4+●○+
5+○●●
6+○++

 C D E F
3●●+○  F5d6C3f3D3----Dog(犬)
4+●●+  C3D3=head(頭部) D4=forelegs(前脚)    
5+○●●  D4E4=body(胴体) E5=hind legs(後脚)
6+○++  F5=tail(尾)

 C D E F
3●+●○  F5d6C3f3E3----Crab(蟹=カニ)
4+●●+  C3,E3=sissors(鋏) D4E4=body(胴) E5F5=legs(脚)
5+○●●
6+○++

 C D E F
3●++○  F5d6C3f3F4----Poodle(プードル)
4+●●●  C3=head(頭部) D4E4F4=body and tail(胴体と尾)
5+○●●  E5F5=legs(脚)
6+○++

 C D E F
3●+++  F5d6C3f4----Dragon source(竜素)
4+●●○
5+○○●
6+○++

 C D E F
3●○+●  F5d6C3f4F3----Large cup(大杯)
4+●●●  C3,F3,D4E4=cup(大容器) F4F5=handle(大取っ手)
5+○○●
6+○++

 C D E F
3●+++ F5d6C3f4E6----Monkey(猿=サル)  
4+●●○  C3,D4=long arm(長い前脚) E3=head(頭部)
5+○●●  E4=body(胴) F5=another arm(前脚)E6=legs(後脚)
6+○●+  

 C D E F
3●+++ F5d6C3f4F6----Dragon(竜)  
4+●●○  C3=head(頭部) D4E4E5F5=body(胴体) F6=tail(尾)
5+○●●
6+○+●  

 C D E F G
3●++++  F5d6C3g5----Hair ornament source(簪素)
4+●●++
5+○○○○
6+○+++

 C D E F G
3●++++  F5d6C3g5C6----Hair ornament(簪=かんざし)
4+●●++  C3D4E4=upper ornament(上部)
5+●○○○ D5C6=lower ornament(下部)
6●○+++

 C D E F G
3●++++  F5d6C3g5F6----Hawk(鷹) 
4+●●++  C3D4=wing(翼) E4=head(頭部) E5F6=another wing
5+○●○○  E5F6=another wing(翼)
6+○+●+

 C D E F G
3●++++  F5d6C3g5G6----Slide(滑り台)   
4+●●++  C3=top(最上部) D4E4=upper parts(上方部)
5+○○●○  F5G6=lower parts(下方部)
6+○++●

 B C D E F
4+●●●+  Cat group(猫系)
5++○●●
6++○++

 B C D E F
3○++++  F5d6C4b3----Viper source(蝮素)
4+○●●+
5++○●●
6++○++

 B C D E F
3○++++  F5d6C4b3B4----Viper(蝮=マムシ)
4●●●●+  B4=head(頭部) C4D4E4E5=body(胴) F5=tail(尾)  
5++○●●
6++○++

 B C D E F
3○++++  F5d6C4b3C6----Cap(キャップ=前つばのある帽子)
4+○●●+  D4E4=top(帽子の上部) D5E5=lower(下部)
5++●●●  F5=visor(前つば) C6=back hair(後ろ髪)
6+●○++

 B C D E F
3○++++ F5d6C4b3C7----Flying rings(体操の吊輪)  
4+○●●+  D3E3=rings and arms(輪と腕) E4=shoulder(肩)
5++○●●  F5=head(頭部) D6=body(胴体) C7=legs(脚)
6++●++
7+●+++

 B C D E F
3○++++  F5d6C4b3D7----Embrace(抱っこ)
4+○●●+  C4=mother's head(母の頭部) E4,F5=baby(赤ん坊)
5++●●● D5D6=her body(母の胴体) E5=her arm(母の腕)
6++●++ D7=her legs(母の脚)
7++●++

2006年9月16日 (土)  英文パンフレットの下書き

世界大会で配布させていただけるかどうかは判りませんが、
以下のような、文書を作成中です。
今は僅差の定石の手順と英語の名前だけですが、
図とか、簡単な説明を加えてゆくつもりです。

1)F5d6----Perpendicular Opening

1−1)F5d6C3----Tiger group

1−1−1)F5d6C3d3----Tiger source
F5d6C3d3C4----Tiger
F5d6C3d3C5----Crayfish
F5d6C3d3C6----Lobster

1−1−2)F5d6C3f3----Dog source
F5d6C3f3D3----Dog
F5d6C3f3E3----Crab
F5d6C3f3F4----Poodle

1−1−3)F5d6C3f4----Dragon source
F5d6C3f4F3----Large cup
F5d6C3f4E6----Monkey
F5d6C3f4F6----Dragon

1−1−4)F5d6C3g5----Hair ornament source
F5d6C3g5C6---- Hair ornament
F5d6C3g5F6----Hawk
F5d6C3g5G6----Slide

1−2)F5d6C4----Cat group

1−2−1)F5d6C4b3----Viper source
F5d6C4b3B4----Viper
F5d6C4b3C6----Cap
F5d6C4b3C7----Flying rings
F5d6C4b3D7----Embrace

1−2−2)F5d6C4d3----Cat source
F5d6C4d3C3----Tiger
F5d6C4d3C5----Cat
F5d6C4d3C6----Bee
F5d6C4d3E6----Sheep
F5d6C4d3C7----Tennis

1−2−3)F5d6C4f3----Dipper source
F5d6C4f3E3----Flash
F5d6C4f3F4----Dipper

1−2−4)F5d6C4f4----Hippopotamus source
F5d6C4f4C5----Hippopotamus
F5d6C4f4C6----Wild boar
F5d6C4f4F6----Condor

1−2−5)F5d6C4g5----Swallow source
F5d6C4g5C6----Swallow
F5d6C4g5F6----Cobra
F5d6C4g5G6----Chinese phoenix
F5d6C4g5D7----The letter T

1−3)F5d6C5----Rabbit group

1−3−1)F5d6C5b4----Faucet source
F5d6C5b4C3----Sea lion
F5d6C5b4D3----Craw
F5d6C5b4D7----Faucet

1−3−2)F5d6C5f4----Rabbit source
F5d6C5f4D3----Horse
F5d6C5f4E3----Rabbit
F5d6C5f4F3----Deer
F5d6C5f4D7----Crane

1−4)F5d6C6----Hare group

1−4−1)F5d6C6f4----Hare source
F5d6C6f4E6----Hare

1−5)F5d6C6f6----Gorilla source
F5d6C6f6E6----Gorilla


2)F5f6----Diagonal opening

2−1)F5f6D3----Sheep group

2−1−1)F5f6D3c3----Sheep source
F5f6D3c3C4----Sheep
F5f6D3c3E6----Sheep

2−1−2)F5f6D3f4----Seal source
F5f6D3f4G5----Northern sea lion
F5f6D3f4E6----Seal

2−2)F5f6E6----Cow group

2−2−1)F5f6E6f4----Cow source (North)
F5f6E6f4C3----Buffalo
F5f6E6f4D3----Inner snake
F5f6E6f4E3----Cow
F5f6E6f4F3----Raccoon dog
F5f6E6f4G3----Wild geese
F5f6E6f4G4----Raccoon dog
F5f6E6f4G5----Fighting bull
F5f6E6f4G6----Snake

2−2−2)F5f6E6d6----Cow source (South)
F5f6E6d6C3---- Buffalo
F5f6E6d6C4---- Inner snake
F5f6E6d6C5----Cow
F5f6E6d6C6----Raccoon dog
F5f6E6d6C7----Wild geese
F5f6E6d6D7----Raccoon dog
F5f6E6d6E7----Fighting bull
F5f6E6d6F7----Snake


3)F5f4----Parallel Opening

3−1)F5f4E3----Mouse group

3−1−1)F5f4E3d2----The letter T source
F5f4E3d2---- The letter T
F5f4E3d2----Craw
F5f4E3d2----Sea lion

3−1−2)F5f4E3f2----The letter T source
F5f4E3f2E2----The letter T
F5f4E3f2D3----Craw
F5f4E3f2F3----Draw
F5f4E3f2G4----Seal

3−1−3)F5f4E3d6----Mouse source
F5f4E3d6F3----Mouse
F5f4E3d6G4----Flash
F5f4E3d6E6----Bull

3−1−4)F5f4E3f6----Mouse source
F5f4E3f6D3----Mouse
F5f4E3f6C4----Flash
F5f4E3f6E6----Bull
F5f4E3f6G6----Wild geese

3−2)F5f4F3----Cart group

3−2−1)F5f4F3g4----Chair source
F5f4F3g4E3----Chair
F5f4F3g4G3----Crank

3−2−2)F5f4F3d6----Cart source
F5f4F3d6C3----Tub
F5f4F3d6C4----Cart
F5f4F3d6C5----Northern sea lion
F5f4F3d6C6----School flag

3−2−3)F5f4F3f6----Gorilla source
F5f4F3f6D6----Gnu
F5f4F3f6E6----Gorilla

2006年9月15日 (金)  TOFはThree Of Fiveでもあるそうな

オセロを始めてから3ヶ月という短さでもう1500を超えている方と、
ネットで対局中にTOFができて、その話題になりました。

「オセロ用語集」で検索すると「奥深いオセロの世界へ」というサイトで、
TOFの定義がThree Of Four or Five になっていると教わって驚き、
早速検索してみました。

ulforce requin というIDの人が書いているブログでした。
アルフォース軍団のどなたかなのですね。

 ABCDEFGH
1+++○○○○+  C1に白石があれば普通のTOFですが、
2+◆○○○○++  そのC1かA3のない隅5個空きのX打ちを
3○○●       Three Of FourならぬThree Of Fiveというらしい。
4○○        勿論ホワイトラインが黒一色の場合でしょう。
5○○        白がすぐに打つのは不利ならば、さらに黒C1!
6○○        これで白がどう応じても黒は最低2手、
7++        つまり5個のうちの3カ所を打てるわけですね。
8++

2006年9月13日 (水)  今日発表の世界大会代表

世界選手権のHP(オセロジャパンから入れる)のNews9月12日付で、
フランス、オーストラリア、オランダの選手名が発表されました。
オランダ代表は、オランダオセロ連盟のHP通り(昨日の日記に記載)。

フランスはバーレ、柏原、アンドリアニで、女性の名はなく、
オーストリアはヴィナー、フー、オルティズとあり、フーが女性です。

これで、連盟加盟国のうち、未発表は4カ国になりました。
アイルランド、イスラエル、クロアチア、台湾です。
既に発表されたメンバー以外にも、まだ選手追加があるかも知れません。

プロフィールの文章は実にさまざまで、写真もあったりなかったり。
世界大会出場暦や職業や年齢やオセロ経験が書いてあったりなかったり。
各国(または地域)の選手への思い入れが伝わってきたりです。

2006年9月12日 (火)  世界大会出場選手名(未発表6カ国以外全部)

世界大会のサイトで出場選手のプロフィールが見られます。
一つはNewsのページで、もう一つはAll Participantsのページでです。

アーサーの読み方が以下のカタカナ表記で合っているかどうかはさておき、
ローマ字表記よりは見やすいので、決定済みの選手名をあげてみます。
苗字で紹介しますが、韓国・中国系の皆さんは姓名の見分けがつきません。

カナダ:フー、シェン
ドイツ:ベルク、シュミット、ラーソン
イギリス:ヘンデル、ハバード、バラス 女性キャンベル
韓国:Sew Woo Yut,Kim Yo Sub,Oh Joung Mok 女性Kim Yun Sim
スイス:ステファン
タイ:クライコキ、クライコキ、バムルング
アメリカ:シーリー、ユィウ、ウイリアムス 女性Jian Cai
香港:Li Chun Wan,Wu Shuk Man,Katie Chow Ka Ming 女性Fu Velma
イタリア:ボラッシ、パランディーネ、ピエトロ
フィンランド:ヒルボーネン、ピータジャプロ
ノルウエー:メティ、ボー、ベルク 女性ストッケ
デンマーク:ヤルハント、フェルドボーグ、リンドヘルト 女性Stoevrig
シンガポール:Chew Ching Wuen,Lee Choon Foong,末國
スペイン:マドローナ、オルタ、ガルシア 女性ヤコブソン
ポーランド:クラツィク、ペツコゥスキー、カジミールツク 
                          女性ウォラツク
中国:Yan Song,Jing Zhan,Kai Chen 女性Liya Ye
マレーシア:Ooi Jing Si,Yan Leong Woo,Liew Yik Meng
チェコ:スタスナ、ヴォラチェク、ダネク
オランダ:ビッゲリア、コーテンディク、ホボ 女性プラセプチョ
スエーデン:エンク、アスペンリド、ジョンソン 女性オゼル
ベルギー:ショッテ
日本:中島、為則、今岡 女性早田、龍見、辻

今朝までに見られた情報では、まだ以下の国のメンバーが不明です。
オーストラリア、クロアチア、フランス、アイスランド、イスラエル、台湾

フランスオセロ連盟のサイトの最新ニュースによれば、9日10日の大会で、
Barre優勝、二コレ2位、カスパール3位、柏原4位となってはいますが、
誰が水戸に来るのか、公式発表はされtれいません。

2006年9月11日 (月)  世界大会の観戦ルール

観客についてのWOCのルールは他のルールと同様以前からあるようです。
水戸まで観戦に行かれる向きもおありでしょうから、ここに和訳します。

4. Spectators: Spectators are permitted in the tournament
room at the discretion of the chief referee.
4.観客は審判長の判断の下に、競技中の部屋に入ることを許可される。

Spectators and other contestants are permitted to observe
a game in progress, but must not interfere in any way with
conduct of the ame.
観客や他の出場者は進行中の試合を観ることは許可されるが、
どんな方法によっても運営を妨げてはいけない。

In particular, observers must refrain from making
any comments on the game, or in any way distracting
the players or the table referee.
特に、観ている者は試合に対して、どんな口出しをすることも慎み、また
対局者やテーブル審判を乱すどのようなことも慎まなければならない。

However, if another player detects any irregularities
in the game, he may mention them to the chief referee
or one of his assistants.
しかし、もし他の対局者が試合中に不正を見つけたら、
審判長またはそれを補助する係にそのことを言ってよい。

以上国内の試合でも当然のルールですが、世界大会では厳密に適用され、
大会運営が公正に円滑に行われるように観客も充分気をつけましょう。
国際親善のためにも非常に重要なことだと思います。

2006年9月10日 (日)  世界大会のルールいくつか

WOC Rules=世界大会ルールという項目はA4で9ページの英文で書かれ、
とても全部を翻訳することはできませんが、見出しだけあげておきます。

.GENERAL RULES AND PLAYING CONDITIONS=全般的ルールと競技環境
1.Contestants=競技 2.The Officials=審判 3.Playing C0nditions
3.1 The Tournament Room=選手権大会室 3.2 Cnsultation=選手の相談等
3.3 Soking=喫煙 3.4 Mobile phones=移動電話 3,4 Spectators=観客

.TOUNAMENT FORMAT=競技の進行
1.Overview=概要 2,Playing System=対戦方法 
3.Individual Final Ranking List(IFRL)=個人戦最終日出場選手決定法
4.Team Final Ranking List(TFRL)=団体戦同上 
5.Pairings when s Swiss system is used=スイス方式が使われる組合せ
6.Withdrawals=棄権

.SEMI-FINALS AND FINAL=準決勝と決勝

.CONDUCT AND SCORING OF INDIVIDUAL GAMES=個人船運営と記録

.THE COUNCIL OF FEDERATION=各国または地域の連盟の会議

此ENFORCEMENT OF THE RULES=ルールの施行

APPENDIX A=追加A
THE MIXED BRIGHTWELL SYSTEM(MBS)混合ブライトウエル方式

以上、英和辞典を調べながらの和訳ですから、合っているかどうか・・・
不安ですが、アーサーの貧しい英語力をおしての労をお認め下さい。 

2006年9月8日 (金)  世界大会のサイトの日本語訳紹介

Scheduleの次の項目以下を、まずずらっと紹介しましょう。
Results=大会結果の発表予定ページ
Shadow games=棋譜の発表予定ページ
Prizes=入賞者表彰予定
WOC Rules=世界大会規則
Extra rules=その他の規則
Contacts=大会本部との通信方法
All Participants=全参加者プロフィール(写真を含む)
Officials=大会役員紹介(今は主催国役員氏名と写真だけ)
Photos=大会の様子などの写真発表予定ページ
Subsidy=助成金
News=大会前の各国または地域代表決定の情報など
About MITO=水戸市紹介

以上の項目で、皆さんが比較的多く感心を持たれると思うものについて、
明日から少しずつご紹介します。

2006年9月7日 (木)  世界大会の実施要領など

7月20日のWOS日記に、「世界大会のサイト」としてあげたのは、
3つのHPでしたが、英文で書かれているために、読むのが少し大変です。
そこで、この日記でできるだけ日本語訳を(下手ですが)試みます。

まずオセロジャパンからも入れる「2006 World Othello Championship」
HOME=表紙,Urgent notification=緊急通知,Othello Bulletin=オセロ掲示板
Venue=(フランス語で)会場へ,Accomodation=宿泊と左上に並んで、
それぞれクリックして情報に接することができますが、次がScheduleです。

そこをまず紹介しましょう。
2006年世界オセロ選手権大会「水戸」
第30回世界オセロ選手権大会(2006年10月5〜8日)の日程
10月5日(木)18:30〜歓迎レセプション(1回戦対戦相手の抽籤も)
  於:アートタワー水戸
10月6日(金)於:ホテル・テラス・ザ・ガーデン水戸
  8:30- 9:15 テーブルジャッジBriefing=概況説明
9:15- 9:30 Players'Briefing=選手への説明
9:30-10:30 Round 1=1回戦
10:45-11:45 Round 2=2回戦
 12:30-13:00 Round 3=3回戦
 13:00-14:15 Break=昼食休憩
 14:15-15:15 Round 4=4回戦
 15:30-16:30 Round 5=5回戦
 16:45-17:45 Round 6=6回戦
 18:00-19:00 Round 7=7回戦
 19:10-19:40 Presstime=報道陣のための時間
10月7日(土)於:ホテル・テラス・ザ・ガーデン水戸
9:15- 9:30 第2日開始挨拶
9:30-10:30 Round 8=8回戦
10:45-11:45 Round 9=9回戦
 12:30-13:00 Round10=10回戦
 13:00-14:15 Break=昼食休憩
 14:15-15:15 Round11=11回戦
 15:30-16:30 Round12=12回戦
 16:45-17:45 Round13=13回戦
 18:00-19:00 13回戦までの4位と5位によるプレーオフ
 19:10-19:40 Presstime=報道陣のための時間
なおプレーオフはif required と付記されている。
もし必要があればということだが・・・
10月8日(日)於:ホテル・テラス・ザ・ガーデン水戸
9:15- 9:30 最終日開始挨拶
  9:30-10:40 準決勝第1局
 10:50-12:00 準決勝第2局
 12:10-13:20 準決勝第3局(必要があれば)
 13:20-14:10 昼食休憩
 14:10-15:30 決勝第1局及び3位決定戦
 15:40-17:00 女性決勝戦及び決勝戦第2局
 17:10-18:30 決勝戦第3局(必要があれば)
 20:00- ヴィクトリー・ディナー
スケジュール以外の案内の日本語訳は9月8日のWOS日記に。
   

2006年9月5日 (火)  レイさん講義「保留・催促・放置」など

C4C3D3C5D6F4F5D2F3D7C2C1B3B4E6E3C7B5C8A3
A5C6B6F6A4E7F8A6F2E2F7G4D1E1F1G5B1G6G3H3
H4D8E8H2B2H5B8G7G8A1A2B7H8G2H7H6H1G1A8A7
この対局(黒あんちゃ33−31アーサー)は昨夜初3でのものです。

 A B C D E F G H
1++○+++++  快速船からのd7にC2はあんちゃの変化。
2++○○++++  c1よりもd2と思いつつc1に白も変化。
3+●○○○●++  左図は16手目白e3までの局面ですが、
4+○●○●●++  対局後17手目のC7が問題にあげられました。
5++○●●●++
6+++○●+++
7+++○++++
8++++++++

rei: 黒c7のとこ見直しだね。他の全ての手と比較すれば
 もっと良い手わかるはず。ゼブラですぐ答え見ないでね(笑
un: e2かなぁ・・・
rei: 理由は?>UNさん
un: 斜めのラインを通すということですか?
rei: 「通す」じゃ正確じゃないなあ。白がもっとも打ちたいb5の邪魔。
 c7は後から打っても良いでしょ? 白適当な邪魔する手ないしね。
 自分の打ちたいとこは、相手に邪魔する手が存在しないなら後回しで、
 逆に邪魔されるなら、先に打っとくか検討する必要がある。
un: 邪魔するという考えと、後からでも打てるという考えがなかった。

rei: 邪魔される前に打つ、相手の邪魔するのどっちかできる時は優先で、
 両方ある場合は、どっちがより良いか評価しなきゃいけない。
 相手の邪魔だけ考えるのも、自分の良い手だけ考えるのも偏ると駄目です
un: 相手の視点を把握しておかないと 見えてこない部分でもありますね。
rei:それを考えてこそ、人間同士のオセロは楽しい^^
読みのレベルに見合った駆け引きがある。
un: 今の私に足りないのは その部分だと思います。
rei: 双方が自分の良い手だけ考えて打ったらなかなか差がつかない。
自分は邪魔されないように、相手は打ちにくくするのが良い。

rei: 自分の良い手を保留するのは、広い意味で余裕手、
 自分の悪い手を相手が催促しても無視するのが『放置』です
un: 保留と放置!
rei: はい。「余裕手」より「保留手」のほうが広い。
 「保留手」の究極が「余裕手」です
 「保留手」というのは、相手も打てるけど、打つと悪手になるから
 すぐは打ってこないという感覚で言っています。
 ちなみに「保留手」をそのまましとくと邪魔するぞという応手を、
 「催促」と言う
un: ぉお〜 わかりやすい^^
rei: このあたりが「駆け引き観点」での考え方です。
「催促」されれば、それが最善でなくても、邪魔される前に
 置きたくなるのが人情ですからね。
un: 催促に応じるも応じないも、別の方策があるときに応じない。
 別の方策がないときは、さらに邪魔をするという展開になることか‥‥

rei: 「催促」に応じないのが「放置」です。
 打つよりほっとくほうが良いと正確に「評価」するのが大事
un: 放置するには 検討してからでないとダメだということですね^^
rei: 催促に応じるより、もっと邪魔されたら困るとこに先に打つとか、
 あるいは放置して、そのまま例えば辺取らせたら、後で逆襲できるとか、
 催促に応じたら、自分が悪くなり過ぎとか、放置の理由はさまざまです。
 「放置」がうまい人は、大崩れなかなかしませんよ。
un: そこをしっかり判断できれば さらにレベルアップにつながりますね。
rei: はい。「放置」というのは「手損」がからむので高等テクニックです

rei: 催促のままに置く方が手損しないから楽でしょ^^
もう1歩考えを進めると「催促」されて困るような局面避けることです。
 例えば、辺に着手して横にぶつけるのが「辺を取れ」という「催促」
 応じたら困るなら、辺着手が失敗ってことです。
 辺に着手するなら、「催促」に応じても困らないように置くのが大事。
un: 相手の思う催促点と自分の思う催促点がずれたら難しいですよね。
rei: 放置されて,逆に困る「催促」は,失敗ですね

2006年9月4日 (月)  氷川きよし等のTV番組「旅の香り」にオセロが

昨日夜7時前後に北海道ではHTB(TV朝日系)で放映されたそうです。
六本木ヒルズのどこかで水戸の物産展が開かれていて、長谷川五郎さんが、
そこでオセロの指導対局をしていたのを、留守中に家内が見たらしくて、
オセロ世界大会を水戸市で開く宣伝としてもTV放映されて良かったです。

長谷川五郎さんは水戸の出身ですから、水戸市での開催には情熱を燃やし、
オセロ連盟会長としてはもちろん、オセロの40年近くの歴史の中心で、
この世界大会の成功のために、さまざまな努力とされてきました。

日本でのオセロ草創期の一端を、やや遅れて担ったアーサーとしては、
全面的に協力し、シーリー、ベルク両選手を初めとする世界の強豪と、
今まで以上に深い交流もできたらと思っています。

水戸市が市をあげて、この大会を盛り上げていることは再三伝えましたが、
皆さんのより一層のご協力をお願いしたいと思います。

2006年9月2日 (土)  ヤフーオセロの様変わり

8月31日からだったと思いますが、突然従来の裏口から入れなくなり、
すのちゃがゲストブックに書いてくれるまで、皆さん苦労されたでしょう。
http://inu.que.jp/bd/から入って、ヒットは1個だけなので入れます。

画面は少しだけ駒が立体的に見えることのほか、あまり大きな変化はなく、
まあ何とか今まで通り続けられるようですね。

2006年9月1日 (金)  水戸のオセロミュージアムのこと

今、水戸市では、10月5日からの世界オセロ選手権大会に向けて、
市をあげてと言っていいほどの皆さんの努力がなされています。
その拠点が水戸市南町3丁目にある「まちかど交流館」4階にあって、
「オセロミュージアム」という素晴らしい名前で運営されています。

電話番号は029−224−0906で、常駐スタッフが海田さん。
メールアドレスはmuseum@mito-othello.comです。去年11月オープン。
ここは水戸オセロプロジェクトいばらき推進委員会事務局でもあります。

月曜日から金曜日まで10時から17時まで開かれていて、
海田さんたちが事務をとるスペース、応接や会議のスペースの他に、
いつでも対局できるオセロ盤6面、机椅子があるだけでなく
展示室も、緑・白・黒それぞれのパネルが充実しています。

緑のパネルには、オセロの歴史、さまざまな大会の進行の仕方が示され、
88オセロ、グランドオセロ、視覚障害を持つ方のオセロ盤もあります。

名人戦や全日本選手権大会の写真や棋譜の展示もあります。
黒のパネルには第1回から第29回までの世界大会の様子もあります。

白黒緑のパネルは勿論オセロ盤の色にちなんでいて、ここのご自慢です。
白のパネルには、推進委員会の概要、プロジェクトの趣旨、活動、内容。

郵便などでお問い合わせの方は、下記の住所にどうぞ。
310-0021水戸市南町3丁目4−20 まちかど交流館4階
オセロミュージアムまでどうぞ。

2006年8月31日 (木)  8月のWOS日記題名一覧

8月1日 レイさん講義「TOFでも粘る」
 2 レイさん講義続き(7月31日)「Cライン」
 3 横兎定石の見直し
 4 今朝未明のある高校生との再会
 5 4手目までの僅差進行
 6 5手目までの僅差進行
 7 5手目までの僅差進行(2) 
 8 レイさんからの忠告
 9 「ダヴィンチ・コード」文庫本上中下
10 母校札幌西高校オーケストラ演奏会
11 6手目までの僅差進行(1)虎系 
12 8月26日に水戸で王座戦
13 6手目までの僅差進行(2)猫系
14 6手目までの僅差進行(3)兎・野兎系
15 6手目までの僅差進行(4)牛系
16 レイさんの考えたオセロ用語
17 予約も保留もあるけど図示は分断で
18 快速船定石13手目のF7引き分け進行(1)
19 快速船定石13手目のF7引き分け進行(2)
20 小劇場「ども」の盆祭興行と甲子園
21 甲子園の逆転・奇跡・激闘
22 明日・明後日、船橋と水戸へ
23 休載
24 久しぶりの関東
25 休載
26 亡友の納骨・散骨、遺稿追想集仮綴じ
27 世界大会代表6人出揃う
28 全日本選手権大会の記事満載のオセロニュース
29 昨日に続いて全日本選手権の序盤分類
30 全日本女子の部の棋譜分類
31 8月のWOS日記の題名一覧

2006年8月30日 (水)  全日本女子の部の棋譜分類

オセロニュースに掲載された棋譜についてだけの分類です。
     黒氏名 石数ー石数 白氏名 5手目> 以後の特徴
1回戦 龍見有希子44−20山中真美 虎>f4F6f3E6e7D7 
同   浦島芽衣 26−38須藤麻衣 牛>快速船>11.C6c4
2回戦 山中真美 35−29船津あすか虎>f4F6g5 
同   須藤麻衣 45−19樋口ゆま 蝮
3回戦 山中真美 49−15浜田喜久江虎>f4F6f3E6e7D7
同   須藤麻衣 34−30高橋佳子 海豹>d6
4回戦 西村日出美44−20河野優子 虎>f4C5b3C2d2C6
同   須藤麻衣 40−24斉藤 綾 海豹>d7
5回戦 西村日出美32−32須藤麻衣v 牛>ヨット>b5B6b4
準決勝 西村日出美10−54龍見有希子虎>f4C5b3C2b4
同   須藤麻衣 31−33岡本晴美 猫>b4
3位戦 須藤麻衣 38−26西村日出美猫>b4 
決勝  岡本晴美 16−48龍見有希子虎>f4E6

こう挙げて見ますと兎定石がゼロ。虎もFJT、金魚、チキンがゼロ。
無差別で狸が出たように、こちらは蝮も海豹も出て、猫も須藤さんが。
定石の流行はゼブラの最善をどこで外すかにかかっているようです。
15手以上も良く知られた進行で打つのは嫌われているわけですね。

2006年8月29日 (火)  昨日に続いて全日本選手権の序盤分類

5回戦・・・今岡 司41−23後藤 宏  蛇  Γ紕械庁沓紕沓達
同・・・・・渡辺 一27−37中森弘樹  虎  7.F6 ┌癸
同・・・・・宮岡 環31−33中島哲也  虎  7.C5b4B3c2
同・・・・・為則英司45−19佐竹庸介  猛牛 Γ脾苅達僑罍苅釘
同・・・・・山田雄一55− 9松本大志  兎  ♭ロc4G5d2C1
同・・・・大清水隆典40−24山崎宏平  蛇  Γ罍苅達毅罍僑庁

6回戦・・・野田敏達33−31為則英司  馬  Γ紕械韮苅脾毅釘
同・・・・・山田雄一31−33中森弘樹  兎  ♭ロg3G5h4H6
同・・・・・宮岡環v32−32後藤 宏  牛  7.F3f4G5g4 
同・・・・ v坂口和大32−32榎本康煕  虎  金魚d2E3a6C1
同・・・・大清水崇典19−45村上 健  蛇  Γ罍苅達毅磽苅庁

決勝戦・・・中島哲也37−27今岡 司  兎  ┣E

1回戦・・牛2、虎2、兎1
2回戦・・牛1、虎1、兎1、羊1、狸1
3回戦・・牛2、虎3
4回戦・・・・・虎2、兎1、   狸1、猛牛1
以上計・・牛5、虎8、兎4、羊1、狸2、猛牛1

5,6回戦(決勝を含む)は牛1、虎3、兎3、蛇2、馬1、猛牛1
合計・・・牛6、虎11、兎7、蛇2、馬1、羊1、狸2、猛牛2

こうして見ると牛、虎、兎が比較的多数なのは相変わらずですが、
闘牛、大量取り、FJT、チキンが一例もないのが驚きです。
棋譜の提出は選手に義務付けられていませんし、棋譜係もいませんから、
勿論データ不足ではありますが、大ざっぱな傾向が見て取れますね。

2006年8月28日 (月)  全日本選手権大会の記事満載のオセロニュース

数日前に郵送されてきた「オセロニュース」88号はレイさんも載ってて、
WOSにとって、記念すべき号でもあります。スノちゃも定期購読開始!

今日はやや統計的なことも取り上げてみます。序盤の傾向です。

     黒氏名 石数ー石数 白氏名  5手まで 以後の特徴  
決勝戦・・・中島哲也37−27今岡 司  兎  ┣E

1回戦・・・松沢 隆29−35後藤宏   牛  7.コウモリ
同・・・・・宮岡 環51−13村上 健  牛  7.ボックスコーナー
同・・・・・杉山光昭 ?− ?中島哲也  兎  ┣E
同・・・・玉木恭太郎22−42為則英司  虎  ┌癸魁9.E2
同・・・・大清水崇典27−37松本大志  虎  7.F6 ┌癸

2回戦・・・滝澤信行20−44為則英司  羊  Γ罍
同・・・・・向井大輔14−50中島哲也  兎  ┣E
同・・・・・鵜浦友輔31−33宮岡 環  狸  
同・・・・・成谷 允20−44後藤 宏  牛  7.F7
同・・・・大清水崇典43−21吉田泰作  虎  7,F6 ┌脾

3回戦・・・中島哲也33−31為則英司  虎  7,F6 ┌脾
同・・・・・山川高志28−36後藤 宏  牛  快速船 c4
同・・・・・渡辺一 v32−32榎本康煕  虎  7.F6 ┌罍
同・・・・・佐竹庸介25−39宮岡 環  牛  ┌磽
同・・・・大清水崇典51−13川上由泰  虎  7,F6 ┌脾

4回戦・・・山田雄一31−33後藤 宏  狸
同・・・・・中島哲也42−22中森弘樹  虎  7,F6 ┌脾
同・・・・・今岡 司33−31松本大志  兎  パラソル
同・・・・・渡辺 一(時間切れ)宮岡環v 猛牛 Γ筍
同・・・・大清水崇典35−29駒形真之  虎  7.F6 ┌癸
(以下続きは明日に)

決勝・・・・・・・・・兎1
1回戦・・牛2、虎2、兎1
2回戦・・牛1、虎1、兎1、羊1、狸1
3回戦・・牛2、虎3
4回戦・・・・・虎2、兎1、   狸1、猛牛1
以上計・・牛5、虎8、兎4、羊1、狸2、猛牛1
   

2006年8月27日 (日)  世界大会代表6人出揃う

水戸市で行われた王座戦で為則英司九段が優勝し、3人目の代表に選ばれ、
女子は今岡さんと同じ中部地区の辻淑美五段が3人目の代表になりました。
これで男子は中島哲也・今岡司・為則英司と3人とも30歳以上です。
女子の年齢は控えますが、龍見有希子・早田恵美・辻淑美さん全部初出場。

今年は昨年までに比べて、各国or地域代表枠が男3女3の計6人と倍増し、
女性プレーヤーの数がまだ少ない日本以外がどんなメンバーで来るのか、
男女とも、過去に実績のある選手の動向はまだ少ししか伝わってきません。

ドイツ代表が友人のマシアス・ベルクで、30歳くらい。
そのGFでケルンに住むLiya Yeが多分中国代表で、
お二人は水戸に10月3日到着すると、昨日マシアスから聞きました。

マシアスは末国誠九段が出場するとも言っていたので、
推測ですが、彼は今住んでいるシンガポールの代表として出るのでしょう。
ベン・シーリーが為則九段の出場を熱望していたとも伝えられています。

オセロジャパンのサイトにリンクされている為則さんの「鬼神の秘密」に、
村上さんからの激励の言葉として、対平川有宇樹戦前のことが紹介され、
ここ数日、その王座戦決勝の棋譜解説が連載されるのも楽しみですね。

2006年8月26日 (土)  亡友の納骨・散骨、遺稿追想集の仮綴じ本

亡友の納骨が、岩見沢市あやめ公園近くの墓地で行われました。
お墓はできたばかりで、前面に「誰」という草書体の文字が一字。
裏面に故人一人だけの本名と、建立者である奥さんの名がありました。

先祖代々の墓とは異なり、ほぼ同年の故人と遺された人の名だけ。
集まった人々も皆さんが同年代か、もっと若いか、その子どもたち。
無宗教のお墓もいいものだなあと実感しつつ、小声で5宗派混合の読経。

会食の席上で、遺稿・追想集の仮綴じ本を計4冊皆さんに読んでいただき、
B5版300ページ以上になる大きな本は、内容ともにわれながら満足で、
遺族のご親戚の皆さんの文章も写真も好評でよかったです。

そこから車4台連ねて、日本海岸の安瀬にある別荘(=山小屋)へ。
ここは合併前までは厚田村で、今は石狩市厚田区になっています。

一泊で囲碁の会を昨年も一昨年もやった思い出の場所ですが、
昨年まで元気に碁を打った仲間が70歳を目前に二人も他界してしまい、
同じ年頃の者皆、明日はわが身と思わざるを得ないのです。

この小屋のすぐ傍には、まるで故人の後を追うように亡くなったひと、
つまり彼のお母さんの記念碑もあって、そこに彼の遺骨をまいたのです。
秋の海を見ながら、無邪気な子どもたちも一緒に白い灰を地面に‥‥

最後にそこでとれたジャガイモまでいただいて、札幌へ帰ってきました。

2006年8月24日 (木)  久しぶりの関東

昨23日早朝起床、空港までJRを乗り継いで新千歳空港から羽田へ。
小雨のせいか、暑さを感じないで済み、羽田で降りてもまだ涼しい。
船橋までも結構な時間を要し、結局馬込の墓地には遅れて到着した。

義弟3人とその妻二人にわれわれ夫婦で一周忌の仏事を終え水戸に向かう。
娘夫婦と4歳になった孫娘二人の住むこの水戸市で、今秋世界大会がある。

その時ドイツからの若い友人マシアス・ベルクとGFの二人を泊める娘。
父の趣味の友人を海外から迎えて快く数日付き合ってくれるのが嬉しい。

孫たちの言葉はまだ聞き取れないところもあるけれども、娘の通訳もある。
電話でもよく話すから、たいていの会話は通じるのだが、聴力が低下して、
こちらは懸命に聞き取ろうとし、孫たちはそんなことは解らずしゃべる。

パパ(つまり娘の夫)は会社の仕事が忙しいのに帰宅してわれわれを迎え、
いつもよりは早いパパの帰宅に大変な甘えようで、微笑ましかった。

一夜明けてパパは早朝から出勤。われわれは日中ごろごろして過ごした。
水戸市の駅近く(南町3丁目)にある「まちかど交流館」の4階に、
「オセロ博物館」があって、前回水戸に来た時に引き続き尋ねてみた。

事前に連絡してなかったため、午後だけ臨時閉館という不運だったが、
多分26日に行われる王座戦の準備にスタッフが出かけていたのだろう。

夕刻またもやJR鈍行列車に品川まで長時間乗り、京急の速さが快かった。
機内で飲み物を膝の上にこぼして、借りた毛布をスカート代わりにという、
笑えないハプニングに出会いもしたが、とにかく無事に帰宅した。

普段マイカーで安楽に動いていると、楽なはずの乗物にも苦労する。
これが老化現象の一つだということを身をもって味わう旅であった。

2006年8月22日 (火)  明日と明後日、船橋と水戸へ

義母の一周忌の行事のため、2日間の予定で関東地区へ出かけます。
貧乏なので早朝割引で札幌羽田間の往復ですが、明日は水戸に一泊。
26日なら王座戦の見学もできるのですが、残念ながら帰宅します。

亡友の一周忌の行事が札幌近くの岩見沢市と石狩市で営まれるからです。
ご親戚とわたしたち友人が岩見沢のお宅と故人が愛した石狩市の海岸で、
「榊原勝昭・遺稿と追想」という題名に決まった本の仮綴じを見ます。

今晩は9時までには床に就き、明朝携帯電話のアラームで起床しなくちゃ。

2006年8月21日 (月)  甲子園の逆転・奇跡・激闘

昨日はついに両校とも負けなかった甲子園の決勝でしたが、今日ついに、
駒沢大学付属苫小牧高校が栄光の準優勝、早稲田実業が優勝の栄冠を獲得、
どんなにリードされても逆転して勝ちあがってきた駒苫が僅かに1石負け。

まるでオセロのようでした。
早稲田実業の危なげのない勝ち続けとは大いに異なり、
駒沢大苫小牧の野球は逆転また逆転、最後まであきらめず肉薄する闘い‥‥

雪国北海道代表の試合を毎年こんなに見られるとは実に幸せでした。

2006年8月20日 (日)  小劇場「ども」の盆祭興行と甲子園決勝

盆興行は土日午後1時から夜10時近くまで、計約40グループ出演。
出演者は、上手でも下手でも地元でも遠来でも、ギャラはもらえません。
音楽・芝居・落語・朗読・人形劇・南京玉すだれ等々2日間で2500円。

音楽と一口に言っても、フォーク、ブルーグラス、フォルクローレ、民謡、
なつメロ、ジャズ、ロック、タンゴ、コンボ、これらに属さないものなど。
ヴォーカルが入っても入らなくても、実に多彩な顔ぶれです。

楽器も、ギターいろいろ、バンジョー、フィドラー、マンドリン、ベース、
ピアノ等キーボード、太鼓いろいろ、大正琴など琴いろいろ・・・・。
楽器をろくに弾けないアーサーはつくづく羨ましくなりました。

本来なら日中早くから激情に行くべきところ、今回は甲子園の決勝があり、
試合が終わってからかけつけて、2日間夜遅くまで舞台を声援しました。
甲子園決勝は延長15回を終えても1−1で翌日再試合というサプライズ。

こんないい組み合わせを2日間観られるだけでも嬉しいことですし、
しかも北海道の高校が3年連続優勝を賭けて闘うのですから最高です。

2006年8月19日 (土)  快速船定石13手目のF7引き分け進行(2)

F5f6E6d6C5/e3D3g5F3b5/C6b6F7e7F4/
c4E8g6B3f8/D7d8H5c3B4/c7A5e2F2d2/
H6g4H4h3H2/g3C1f1A6b7/C2a4D1g2E1/
a2A3b1A1b2/B8a8A7c8G8/h8H1g1g7H7/


 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  この左図で白26手目をどこに打つのがいいか、
3+●○●●●++  実は正解が二つと準正解が二つあります。
4+●●●●●++  正解はa5とc7。どちらも「先着」1石返し。
5+○●●●●●●  準正解は二つと昨日書きましたが、
6+○○●●○○+  h4、g4の他にもう一つ意外な手があります。
7+++●○○++  ゼブラによればh4がー3、g4がー3ですが、
8+++○○○++  a2がー2という評価になっています。

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++28+++  白26には黒27と、双方絶好点を打ちます。
3+●○●●●++  白26で27のa5なら、黒はA3で、これも1局。
4+●●●●●++  その進行はA3c7D2g3と黒壁ができ、  
527○●●●●●●  G4f2と右から壁を破る展開になります。
6+○○●●○○+  さて、28とd3やf3を返さない壁破りで次図。
7++26●○○++  
8+++○○○++

 A B C D E F G H
1++++++++
2+++30○29++ 黒29と1石返せば白30と中を抜き、上辺不利を  
3+●○●○●++  黒も31に右辺不利で我慢します。
4+●●●○●++  白は上下辺不利、黒は左右辺不利という展開。
5●●●●○●●●  
6+○○●○○○31  
7++○○○○++  
8+++○○○++

この後は上に掲げた手順を実際にゼブラなどで置いてみて下さい。
なお、32手目はa6,33手目はG3、39手目はD1,40手目もd1、
41手目はC2もE1も、52手目はa8,59手目はH7も±0という、
互いに言い手がいくつもある進行です。  

2006年8月18日 (金)  快速船定石13手目のF7引き分け進行(1)

F5f6E6d6C5e3D3g5F3b5C6b6F7e7F4
c4E8g6B3f8D7d8H5c3B4c7A5e2F2d2
H6g4H4h3H2g3C1f1A6b7C2a4D1g2E1
a2A3b1A1b2B8a8A7c8G8h8H1g1g7H7

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  おなじみ快速船定石の13手目はD7,E7の他
3+++●●●++  このF7があるのに、あまり打たれていません。
4+++●●+++  D7ならe7E8f4G4e2が普通。
5+○○●○○○+  E7ならd7F7f4C8e8が普通です。
6+○○○○○++  このF7も以後の打ち方が解り易く穏やかです。
7+++++13++
8++++++++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  と固め、15の分断に阿箸泙晋任瓩襦  
3+++●●●++  斜め取りからの白は概して石数は多いけれど、  
4++亜●15++  黒が打てる個所をしっかり制限してゆきます。  
5+○○●○○○+  
6+○○○●○++  
7++++●++
8++++++++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  17と辺に足をおろし、欧諒断も普通。    
3+19+●●●++  19は白のg4を消去し、d4ならD7c7B4
4++○●●●++      
5+○○○○●○+  
6+○○○○●押棔 
7++++○●++
8++++17+++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  20以上は丸付き文字が使えないので、    
3+●+●●●++  半角数字だけで示します。
4++●●●●++  20に21とD列を真っ黒にしてd8を許すのは、  
5+○○●●●○+  次に右辺を打つ狙いの手。
6+○○○●○○+  
7+++21●●++
8+++22●20++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++ 23と黒も右辺に足をおろすと、    、    
3+●24●●●++  白は黒のC7を消去するc3で応じ、
4+25●●●●++  黒がさらに種石つくりの25で切り返します。   
5+○○●●●○23  
6+○○●●○○+  
7+++●○○++
8+++○○○++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  この左図で白26手目をどこに打つのがいいか、
3+●○●●●++  実は正解が二つと準正解が二つあります。
4+●●●●●++    
5+○●●●●●●  
6+○○●●○○+  
7+++●○○++
8+++○○○++

2006年8月17日 (木)  予約も保留もあるけど図示は分断で

レイさんによって名付けられた手筋などの用語には終盤のものもあります。
「予約」、「保留」などですが局面を図示せずに説明するのは甚だ難しく、
図示するのに適切な局面を今ここに示すのもも困難です。

実際の対戦には、よく出てくる形で、対局後のレイさんの講評で使われ、
なるほどと納得することが多く、応用の効くヨセの手筋です。

寄せ(=ヨセ)とは、囲碁では1手何目と数で表わされる損得ですし、
チェスや将棋では、相手の王将を詰みにする速さや確実さが問題です。
オセロでヨセという言葉を使う人は、それほど多くはありませんが・・・

序盤での「分断」のいい例は蛇分断(名付け親はレイさん)です。
F5f6E6d6F7=蛇からe3D7e7に対してD8もありますし、
C4もありますが、C6と打ってc5に応じれば左図です。

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  ここでE8もありますが、D3が蛇分断!!
3++++○+++  4石返しですが白のいい手(d8)を消去し、
4+++○○+++  c7を強制しています。
5++○○○●++  4石返しても、次に3石返させる強制です。
6++●○●●++  これが分断の解り易い例だと、レイさんの説明。
7+++●○●++
8++++++++

2006年8月16日 (水)  レイさんの考えたオセロ用語

ゲストブックの書き込みにもあるように、レイさんの用語は簡潔です。
先着・・・相手の打ちたいところに先に打つ
悪化・・・相手の打ちたいところを打ちにくくする
消去・・・相手の打ちたいところに打てなくする

序盤でも中盤でもこの3つの考え方は常に重要です。
中割り(or中抜き)や1石返しといった序盤の手筋も解り易いですが、
上記の3つは中割りでも、1石返しでもない好手となる手筋です。

開放度理論からすると、そこが最善でなさそうに見えても最善だったり、
一手一手の価値というよりは、先を読んだ手に近いとも言えます。

2006年8月15日 (火)  6手目の僅差進行(4)牛系

F5f6E6d6C3=猛牛にはd3(−1)、f4(1)、
           g4(1)、g5(−1)
F5f6E6d6C4=内蛇にはd3(0),e3(−1),f3(1)
           f4(4),g4(−1),g5(1)
F5f6E6d6C5=牛にはe3(0),c4(−4)、
           f4(0)、g4(−3)
F5f6E6d6C6=内狸にはe3(3),g4(−1)
F5f6E6d6C7=雁にはe3(−2),f3(−1),f4(3)
           g4(0),g5(0),c6(2)
F5f6E6d6D7=外狸にはg5(4)
F5f6E6d6E7=闘牛にはf3(−5),f4(0),g5(0),
           f7(−2),f8(−5)
F5f6E6d6F7=蛇にはe3(1),f3(0),
           f4(0),g4(−4)

2006年8月14日 (月)  6手目の僅差進行(3)兎・野兎系

F5d6C5f4D3=馬にはe3(3),c4(2),g5(0)
F5d6C5f4E3=兎にはc4(−3),c6(1)
F5d6C5f4F3=鹿にはe3(3),g4(4)

F5d6C6f4E6=野兎にはc5(2),g5(4),
           f6(0),g6(4)

F5d6C6f6E6=ゴリラにはf4(1)

2006年8月13日 (日)  6手目の僅差進行(2)猫系

一昨日に引き続き、6手目の僅差の打ち方を、
ゼブラ24手読みの評価で、猫系の5種について示します。
4手目蝮、猫、杓、河馬、燕の5素全部で、こんなに沢山の僅差進行。

F5d6C4b3B4=蝮にはf4(−3)、g5(−3)
F5d6C4b3C6=キャップにはf4(−2)、e6(−1)
F5d6C4b3C7=吊輪にはd3(−2)、f3(−4)、
           f4(−1)、d7(−1)
F5d6C4b3D7=抱っこにはf4(−1)、e6(−1)

F5d6C4d3C3=虎(F5d6C3d3C4と同型)
F5d6C4d3C5=猫にはb4(0)、f4(4)、b6(−1)
F5d6C4d3C6=蜂にはf4(5)、f6(2)
F5d6C4d3E6=羊にはb4(0)、f4(4)
F5d6C4d3C7=テニスにはf3(5)、b4(1)、f4(5)、
           g5(1)、f6(2)、d7(1)

F5d6C4f3E3=フラッシュにはb3(−2)、d3(1)、
           f4(−2)、g5(−2)
F5d6C4f3F4=杓子にはg3(−5)、g5(−4)

F5d6C4f4C5=河馬にはd3(−3)、f3(−3)
F5d6C4f4F6=コンドルにはb3(−4)、f3(−2)、
           g5(0)

F5d6C4g5C6=燕にはc3(−3),d3(−2),
           e3(−4),c5(0),b6(−4)
F5d6C4g5F6=コブラにはf3(−4),f4(0)
F5d6C4g5G6=鳳にはc3(1),d3(4),
           e3(2),f3(2)
F5d6C4g5D7=T字にはd3(5),e3(5),c5(1),
           c7(3)

2006年8月11日 (金)  6手目の僅差進行(1)虎系

F5d6C3d3C4=虎にはb3(−3)、b5(−2)、f4(0)
F5d6C3d3C5=ザリガニにはf4(4)、g6(1)
F5d6C3d3C6=海老にはf4(4)、f6(2)の他、
           b3(1)、b6(1)、g6(−1)も。
F5d6C3f3D3=犬にはf4(ー4)、g5(−4)
F5d6C3f4F3=大杯にはd3(−1)e3(−2),g3(−2)
           しかし普通はg5(0)
F5d6C3f4E6=猿にはd3(ー2)、f3(−4)、c4(−2)
           g5(−3)f6(0)f7(1)
F5d6C3f4F6=龍にはd3(−2)、f3(−4)、
           c4(−4)g5(−4)
F5d6C3g5C6=簪にはc4(−4)、b6(−5)
F5d6C3g5F6=鷹にはd3(−1)、f4(−4)、f7(−5)

2006年7月31日 (月)  7月のWOS日記題名一覧

7月1日 虎スマイル定石
 2日 今日のNHKBS2日中と夕方のビートルズ番組
 3 全日本選手権大会出場者本決まり
 4 井端健介さんの「勝手に名付けた定石集」から 
 5 村上綾宏さん作詞の「オセロの歌」
 6 五十音順オセロ定石名の補遺
 7 五十音順オセロ定石名の補遺(2)
 8 五十音順オセロ定石名の補遺(猫のいろいろ)
 9 高校大学通してのある先輩の葬儀
10 五十音順オセロ定石名の補遺(牛・闘牛グループ)
11 レイさんの終盤の基本の講義
12 レイさんの終盤の基本の講義続き
13 今秋キューバへ囲碁親善交流に行く友人たち
14 シャープローズも得意定石にしたいけど
15 シャープローズの「最善」研究
16 休載
17 レイさんが世界大会に出場します
18 レイさんと桜乎さんの全日本大活躍
19 第34回全日本選手権大会 無差別の部 結果抜粋
20 世界大会のサイト
21 スノーマンさんのWOS歓迎会今夜10時から
22 すのちゃ歓迎会速報
23 金土日は若い人たちの反戦メッセージ3連続
24 ゲストブックへのドイツからの書き込み
25 「偲ぶ会」DVDからの要約
26 初1に現われたベルクさん
27 金魚定石引き分け進行1
28 金魚定石引き分け進行1続
29 金魚定石引き分け進行1続々
30 直近で見る花火大会の味
31 7月WOS日記題名一覧

2006年6月30日 (金)  6月のWOS日記題名一覧

6月1日 休載
 2日 共謀罪新設反対の札幌デモ
 3日 共謀罪法案は継続審議になったものの
 4日 またまた稲村一志さんの「イマジン」
 5日 「オセロゥ」と「アーサー」と「美女と野獣」
 6日 2006WOC水戸大会公式発表サイト
 7日 WOCのHPの日本語で読めるもの
 8日 今秋水戸市でのオセロ世界選手権大会
 9日 世界大会三カ国(地域)への助成?
10日 時の記念日、サッカーWorld Cuo
11日 6月15日と歌と大通公園(1)
12日 6月15日と歌と大通公園(2)
13日 6月15日と歌と大通公園(3)
14日 九条江別市民の会をはじめ、皆さんからの協力と支援
15日 天候にも仲間にも恵まれて思う存分詠いました
16日 国会デモの270人と札幌の10人
17日 知られていない定石=風神 
18日 「パギやん」と呼ばれる浪速の巨人
19日 昨日のオセロ全日本大会へのブロック予選
20日 風神定石のあれこれ
21日 風神定石の僅差の変化あれこれ
22日 昨日出会ったど偉い詩人江原光太さん
23日 「四人のゲリラ」はフォーク・ソングとして
24日 「江別文学」68号合評会
25日 東京地区の代表も出揃って
26日 風神のゼブラによる引き分け進行まで
27日 棋譜の全部または一部をコピー&ペーストするには?
28日 不眠による疲労の蓄積はあるけれど
29日 映画「六ヶ所村」のこと
30日 6月のWOS日記題名一覧

2006年5月31日 (水)  5月のWOS日記題名一覧

5月1日 定石の流行について(うっかりこれを削除してしまいました)
 2日 定石の流行(2)
 3日 憲法記念日に今年は朗読劇と歌で参加
 4日 3日のステージ」はまずまずの出来で
 5日 4日は札幌の護憲運動の集会によばれて
 6日 こどもの日の夜の初1
 7日 (休載)
 8日 今夜9時uma_wos_kani さんの歓迎会
 9日 うまちゃの歓迎会は主賓も司会も乾杯も新鮮!
10日 今日が亡友の「追想」原稿締切日なのに
11日 明12日から17日まで夜のオセロ謹慎
12日 亡友榊原勝昭君の代表作「灰とダイヤモンド」の題名
13日 めりりん泊の赤井川村は日本で一番美しい村
14日 80歳のアルツハイマーとの闘病歌手横山茂さん
15日 予定より早くテーブルに復帰できます
16日 「ヤーディ=漢字で雅迪」と書かれていた広告
17日 昨日今日と駆けずり回って
18日 昨日ビラ撒き、今日戦時下の歌
19日 友人の詩集の出版祝賀会
20日 はるばる甥一家が東京から来てくれて
21日 HBCラジオ放送「約束」ご紹介。付:偽アーサー 
22日 江別駅近くの劇場での朗読会で歌が生まれました
23日 丸善書店で見つけたいい本・雑誌
24日 五線譜の代わりに数字で音符も休止符も
25日 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました
26日 25日夜のWOSテーブルと世界選手権大会
27日 稲村一志・大父子コンサートと教育基本法
28日 稲村一志さんの日本語訳の歌「イマジン」
29日 ベン・シーリー選手の初1観戦
30日 「鬼神の秘密」というHPとオセロジャパン
31日 5月のWOS日記題名一覧

2006年4月30日 (日)  4月のWOS日記題名一覧

4月1日 シャープローズの実戦とレイさん語録(3)
 2 UN(あん)ちゃ=un_wos_sdf の歓迎会
 3 再びシャープローズの非パラソル展開について
 4 「オセロ百人物語」所載棋譜の分類
 5 (休載)
 6 プードル定石の6手目以後の展開と定石名しりとり遊び
 7 オセロ定石の五十音順一覧(手順付記)
 8 オセロ定石の五十音順一覧 「カ」で始まる名前の巻 
 9 五十音順の定石名と手順の連載について 
10 坂口和大九段著「美学のオセロ」ご紹介
11 キクケコで始まる定石名
12 サ行で始まる定石名
13 HBCラジオ瀋陽市・丹東市取材スケジュール
14 去年の夏突然死した親友の遺稿・追想集
15 タ行で始まる定石名
16 ドラマシアターども犬量臀个鮟砲Σ
17 19日から4泊5日の中国行きです
18 ナ行で始まる定石名
19 ハ行で始まる定石名
20 マ行とヤ行で始まる定石名
21 ラ行とワで始まる定石名
22 定石名のリストはあちこちにあって栄枯盛衰
23 中国東北遼寧省5日間の旅行から帰国
24 丹東再訪(老妻は帰郷)の旅
25 4月21日にはコロ島という名の「港」に行きました
26 オセロ名人戦(今春3月)棋譜集到着
27 中国紀行続き
28 風刺笑劇団「ザ・ニュースペーパー」公演、札幌で
29 40年も住んだ江別市での街頭行動と朗読劇・歌
30 4月のWOS日記題名一覧

2006年3月31日 (金)  ’06年3月のWOS日記題名一覧

3月1日 WOS日記の2月題名一覧
 2日 小さい金魚の形が現われる定石
 3 フラットローズの難しさ
 4 シャープローズとパラソル
 5 「手を決めておくこと」の功罪
 6 風=Windをスクールの名前に掲げたわけ
 7 「オセロ定石の名前と由来」弟9章の予定
 8 定石名の英語訳(1)
 9 定石名の英語訳(2)
10 定石名の英語訳(3)
11 昨夜の講演は同郷の50歳の造型大学教授
12 定石名の英語訳(4)
13 定石名の英語訳(5)ゼブラ評価付き
14 定石名の英語訳(6)並び取りの研究の基礎
15 音楽ユニット「風れんが」のスタート
16 全日本名人戦は来週末26日
17 明日が「さむらいグループ」さんとの交流戦の日
18 定石名の英語訳(7)5手目の第1回虎系
19 定石名の英語訳(8)5手目の第2回虎系(つづき)
20 定石名の英語訳(9)5手目の第3回猫系
21 定石名の英語訳(10)5手目の第5回兎系
22 絵で伝えることの大切さと難しさ
23 (休載)
24 兎定石ローズOpening等の豊富な展開
25 UN(あん)さんとさるさんをWOSに迎える喜び
26 オセロ連盟HPの名人戦出場者名簿より
27 名人戦速報サイトの紹介
28 佐高信さんの「共謀罪」問題の講演
29 レイさん語録(2)
30 シャープローズの奥深さ 
31 WOS日記の3月分の題名一覧

  

2006年3月1日 (水)  WOS日記の2月題名一覧

2月1日 北海道大学構内「遠友学舎」での家内の講演
 2日 遠い心臓血管センターと誓い内科医院
 3日 オセロ定石の流行と世界大会
 4日 レイさん語録2月第1回
 5日 「虎ローズ」というブライアン・ローズの対為則九段戦
 6日 昨夏の全日本選手権での棋譜いくつか
 7日 後藤幸信さん作成の棋譜再現アプレット
 8日 な、なんと にっきの もじばけが
 9日 オセロの世界言語としての役割
10日 沈没船(昨夏男子の部決勝棋譜)
11日 トリノ五輪開会式での「イマジン」
12日 潜水艦定石はいかが?
13日(1)戦車定石とか飛行機定石もあるけれど‥‥ 
13日(2)河馬をゼブラはどう評価したか
14日 今はもう開けない様々なホームページ
15日 対称形の一例コブラ定石
16日 潜水艦定石について再び
17日 潜水艦定石は世界大会の桧舞台で
18日 準決勝での潜水艦定石とその「数ヶ月前の勝利
19日 今日札幌で全北海道の名人を選びました
20日 「品川インターナショナル2005棋譜集」のご紹介
21日 ゴリラ定石の一進行を紹介します
22日 竜定石から「風神」などへのいろいろ
23日 「風神」のライバルは「雷神」
24日 昨夏の全日本選手権の棋譜集を受け取りました
25日 獏定石の夢
26日 坂本竜馬の見た夢と世界の中の日本
27日 WOSの新しい仲間はなちゃ歓迎会
28日 昨夜のはなちゃ歓迎大パーティー