戻る - 参加 

いろいろ使える日記です。 皆さんのですし、たわし=わたしのです。 白いけど、亀の子束子のように硬い頭髪!

2006年8月31日 (木)  8月のWOS日記題名一覧

8月1日 レイさん講義「TOFでも粘る」
 2 レイさん講義続き(7月31日)「Cライン」
 3 横兎定石の見直し
 4 今朝未明のある高校生との再会
 5 4手目までの僅差進行
 6 5手目までの僅差進行
 7 5手目までの僅差進行(2) 
 8 レイさんからの忠告
 9 「ダヴィンチ・コード」文庫本上中下
10 母校札幌西高校オーケストラ演奏会
11 6手目までの僅差進行(1)虎系 
12 8月26日に水戸で王座戦
13 6手目までの僅差進行(2)猫系
14 6手目までの僅差進行(3)兎・野兎系
15 6手目までの僅差進行(4)牛系
16 レイさんの考えたオセロ用語
17 予約も保留もあるけど図示は分断で
18 快速船定石13手目のF7引き分け進行(1)
19 快速船定石13手目のF7引き分け進行(2)
20 小劇場「ども」の盆祭興行と甲子園
21 甲子園の逆転・奇跡・激闘
22 明日・明後日、船橋と水戸へ
23 休載
24 久しぶりの関東
25 休載
26 亡友の納骨・散骨、遺稿追想集仮綴じ
27 世界大会代表6人出揃う
28 全日本選手権大会の記事満載のオセロニュース
29 昨日に続いて全日本選手権の序盤分類
30 全日本女子の部の棋譜分類
31 8月のWOS日記の題名一覧

2006年8月30日 (水)  全日本女子の部の棋譜分類

オセロニュースに掲載された棋譜についてだけの分類です。
     黒氏名 石数ー石数 白氏名 5手目> 以後の特徴
1回戦 龍見有希子44−20山中真美 虎>f4F6f3E6e7D7 
同   浦島芽衣 26−38須藤麻衣 牛>快速船>11.C6c4
2回戦 山中真美 35−29船津あすか虎>f4F6g5 
同   須藤麻衣 45−19樋口ゆま 蝮
3回戦 山中真美 49−15浜田喜久江虎>f4F6f3E6e7D7
同   須藤麻衣 34−30高橋佳子 海豹>d6
4回戦 西村日出美44−20河野優子 虎>f4C5b3C2d2C6
同   須藤麻衣 40−24斉藤 綾 海豹>d7
5回戦 西村日出美32−32須藤麻衣v 牛>ヨット>b5B6b4
準決勝 西村日出美10−54龍見有希子虎>f4C5b3C2b4
同   須藤麻衣 31−33岡本晴美 猫>b4
3位戦 須藤麻衣 38−26西村日出美猫>b4 
決勝  岡本晴美 16−48龍見有希子虎>f4E6

こう挙げて見ますと兎定石がゼロ。虎もFJT、金魚、チキンがゼロ。
無差別で狸が出たように、こちらは蝮も海豹も出て、猫も須藤さんが。
定石の流行はゼブラの最善をどこで外すかにかかっているようです。
15手以上も良く知られた進行で打つのは嫌われているわけですね。

2006年8月29日 (火)  昨日に続いて全日本選手権の序盤分類

5回戦・・・今岡 司41−23後藤 宏  蛇  Γ紕械庁沓紕沓達
同・・・・・渡辺 一27−37中森弘樹  虎  7.F6 ┌癸
同・・・・・宮岡 環31−33中島哲也  虎  7.C5b4B3c2
同・・・・・為則英司45−19佐竹庸介  猛牛 Γ脾苅達僑罍苅釘
同・・・・・山田雄一55− 9松本大志  兎  ♭ロc4G5d2C1
同・・・・大清水隆典40−24山崎宏平  蛇  Γ罍苅達毅罍僑庁

6回戦・・・野田敏達33−31為則英司  馬  Γ紕械韮苅脾毅釘
同・・・・・山田雄一31−33中森弘樹  兎  ♭ロg3G5h4H6
同・・・・・宮岡環v32−32後藤 宏  牛  7.F3f4G5g4 
同・・・・ v坂口和大32−32榎本康煕  虎  金魚d2E3a6C1
同・・・・大清水崇典19−45村上 健  蛇  Γ罍苅達毅磽苅庁

決勝戦・・・中島哲也37−27今岡 司  兎  ┣E

1回戦・・牛2、虎2、兎1
2回戦・・牛1、虎1、兎1、羊1、狸1
3回戦・・牛2、虎3
4回戦・・・・・虎2、兎1、   狸1、猛牛1
以上計・・牛5、虎8、兎4、羊1、狸2、猛牛1

5,6回戦(決勝を含む)は牛1、虎3、兎3、蛇2、馬1、猛牛1
合計・・・牛6、虎11、兎7、蛇2、馬1、羊1、狸2、猛牛2

こうして見ると牛、虎、兎が比較的多数なのは相変わらずですが、
闘牛、大量取り、FJT、チキンが一例もないのが驚きです。
棋譜の提出は選手に義務付けられていませんし、棋譜係もいませんから、
勿論データ不足ではありますが、大ざっぱな傾向が見て取れますね。

2006年8月28日 (月)  全日本選手権大会の記事満載のオセロニュース

数日前に郵送されてきた「オセロニュース」88号はレイさんも載ってて、
WOSにとって、記念すべき号でもあります。スノちゃも定期購読開始!

今日はやや統計的なことも取り上げてみます。序盤の傾向です。

     黒氏名 石数ー石数 白氏名  5手まで 以後の特徴  
決勝戦・・・中島哲也37−27今岡 司  兎  ┣E

1回戦・・・松沢 隆29−35後藤宏   牛  7.コウモリ
同・・・・・宮岡 環51−13村上 健  牛  7.ボックスコーナー
同・・・・・杉山光昭 ?− ?中島哲也  兎  ┣E
同・・・・玉木恭太郎22−42為則英司  虎  ┌癸魁9.E2
同・・・・大清水崇典27−37松本大志  虎  7.F6 ┌癸

2回戦・・・滝澤信行20−44為則英司  羊  Γ罍
同・・・・・向井大輔14−50中島哲也  兎  ┣E
同・・・・・鵜浦友輔31−33宮岡 環  狸  
同・・・・・成谷 允20−44後藤 宏  牛  7.F7
同・・・・大清水崇典43−21吉田泰作  虎  7,F6 ┌脾

3回戦・・・中島哲也33−31為則英司  虎  7,F6 ┌脾
同・・・・・山川高志28−36後藤 宏  牛  快速船 c4
同・・・・・渡辺一 v32−32榎本康煕  虎  7.F6 ┌罍
同・・・・・佐竹庸介25−39宮岡 環  牛  ┌磽
同・・・・大清水崇典51−13川上由泰  虎  7,F6 ┌脾

4回戦・・・山田雄一31−33後藤 宏  狸
同・・・・・中島哲也42−22中森弘樹  虎  7,F6 ┌脾
同・・・・・今岡 司33−31松本大志  兎  パラソル
同・・・・・渡辺 一(時間切れ)宮岡環v 猛牛 Γ筍
同・・・・大清水崇典35−29駒形真之  虎  7.F6 ┌癸
(以下続きは明日に)

決勝・・・・・・・・・兎1
1回戦・・牛2、虎2、兎1
2回戦・・牛1、虎1、兎1、羊1、狸1
3回戦・・牛2、虎3
4回戦・・・・・虎2、兎1、   狸1、猛牛1
以上計・・牛5、虎8、兎4、羊1、狸2、猛牛1
   

2006年8月27日 (日)  世界大会代表6人出揃う

水戸市で行われた王座戦で為則英司九段が優勝し、3人目の代表に選ばれ、
女子は今岡さんと同じ中部地区の辻淑美五段が3人目の代表になりました。
これで男子は中島哲也・今岡司・為則英司と3人とも30歳以上です。
女子の年齢は控えますが、龍見有希子・早田恵美・辻淑美さん全部初出場。

今年は昨年までに比べて、各国or地域代表枠が男3女3の計6人と倍増し、
女性プレーヤーの数がまだ少ない日本以外がどんなメンバーで来るのか、
男女とも、過去に実績のある選手の動向はまだ少ししか伝わってきません。

ドイツ代表が友人のマシアス・ベルクで、30歳くらい。
そのGFでケルンに住むLiya Yeが多分中国代表で、
お二人は水戸に10月3日到着すると、昨日マシアスから聞きました。

マシアスは末国誠九段が出場するとも言っていたので、
推測ですが、彼は今住んでいるシンガポールの代表として出るのでしょう。
ベン・シーリーが為則九段の出場を熱望していたとも伝えられています。

オセロジャパンのサイトにリンクされている為則さんの「鬼神の秘密」に、
村上さんからの激励の言葉として、対平川有宇樹戦前のことが紹介され、
ここ数日、その王座戦決勝の棋譜解説が連載されるのも楽しみですね。

2006年8月26日 (土)  亡友の納骨・散骨、遺稿追想集の仮綴じ本

亡友の納骨が、岩見沢市あやめ公園近くの墓地で行われました。
お墓はできたばかりで、前面に「誰」という草書体の文字が一字。
裏面に故人一人だけの本名と、建立者である奥さんの名がありました。

先祖代々の墓とは異なり、ほぼ同年の故人と遺された人の名だけ。
集まった人々も皆さんが同年代か、もっと若いか、その子どもたち。
無宗教のお墓もいいものだなあと実感しつつ、小声で5宗派混合の読経。

会食の席上で、遺稿・追想集の仮綴じ本を計4冊皆さんに読んでいただき、
B5版300ページ以上になる大きな本は、内容ともにわれながら満足で、
遺族のご親戚の皆さんの文章も写真も好評でよかったです。

そこから車4台連ねて、日本海岸の安瀬にある別荘(=山小屋)へ。
ここは合併前までは厚田村で、今は石狩市厚田区になっています。

一泊で囲碁の会を昨年も一昨年もやった思い出の場所ですが、
昨年まで元気に碁を打った仲間が70歳を目前に二人も他界してしまい、
同じ年頃の者皆、明日はわが身と思わざるを得ないのです。

この小屋のすぐ傍には、まるで故人の後を追うように亡くなったひと、
つまり彼のお母さんの記念碑もあって、そこに彼の遺骨をまいたのです。
秋の海を見ながら、無邪気な子どもたちも一緒に白い灰を地面に‥‥

最後にそこでとれたジャガイモまでいただいて、札幌へ帰ってきました。

2006年8月24日 (木)  久しぶりの関東

昨23日早朝起床、空港までJRを乗り継いで新千歳空港から羽田へ。
小雨のせいか、暑さを感じないで済み、羽田で降りてもまだ涼しい。
船橋までも結構な時間を要し、結局馬込の墓地には遅れて到着した。

義弟3人とその妻二人にわれわれ夫婦で一周忌の仏事を終え水戸に向かう。
娘夫婦と4歳になった孫娘二人の住むこの水戸市で、今秋世界大会がある。

その時ドイツからの若い友人マシアス・ベルクとGFの二人を泊める娘。
父の趣味の友人を海外から迎えて快く数日付き合ってくれるのが嬉しい。

孫たちの言葉はまだ聞き取れないところもあるけれども、娘の通訳もある。
電話でもよく話すから、たいていの会話は通じるのだが、聴力が低下して、
こちらは懸命に聞き取ろうとし、孫たちはそんなことは解らずしゃべる。

パパ(つまり娘の夫)は会社の仕事が忙しいのに帰宅してわれわれを迎え、
いつもよりは早いパパの帰宅に大変な甘えようで、微笑ましかった。

一夜明けてパパは早朝から出勤。われわれは日中ごろごろして過ごした。
水戸市の駅近く(南町3丁目)にある「まちかど交流館」の4階に、
「オセロ博物館」があって、前回水戸に来た時に引き続き尋ねてみた。

事前に連絡してなかったため、午後だけ臨時閉館という不運だったが、
多分26日に行われる王座戦の準備にスタッフが出かけていたのだろう。

夕刻またもやJR鈍行列車に品川まで長時間乗り、京急の速さが快かった。
機内で飲み物を膝の上にこぼして、借りた毛布をスカート代わりにという、
笑えないハプニングに出会いもしたが、とにかく無事に帰宅した。

普段マイカーで安楽に動いていると、楽なはずの乗物にも苦労する。
これが老化現象の一つだということを身をもって味わう旅であった。

2006年8月22日 (火)  明日と明後日、船橋と水戸へ

義母の一周忌の行事のため、2日間の予定で関東地区へ出かけます。
貧乏なので早朝割引で札幌羽田間の往復ですが、明日は水戸に一泊。
26日なら王座戦の見学もできるのですが、残念ながら帰宅します。

亡友の一周忌の行事が札幌近くの岩見沢市と石狩市で営まれるからです。
ご親戚とわたしたち友人が岩見沢のお宅と故人が愛した石狩市の海岸で、
「榊原勝昭・遺稿と追想」という題名に決まった本の仮綴じを見ます。

今晩は9時までには床に就き、明朝携帯電話のアラームで起床しなくちゃ。

2006年8月21日 (月)  甲子園の逆転・奇跡・激闘

昨日はついに両校とも負けなかった甲子園の決勝でしたが、今日ついに、
駒沢大学付属苫小牧高校が栄光の準優勝、早稲田実業が優勝の栄冠を獲得、
どんなにリードされても逆転して勝ちあがってきた駒苫が僅かに1石負け。

まるでオセロのようでした。
早稲田実業の危なげのない勝ち続けとは大いに異なり、
駒沢大苫小牧の野球は逆転また逆転、最後まであきらめず肉薄する闘い‥‥

雪国北海道代表の試合を毎年こんなに見られるとは実に幸せでした。

2006年8月20日 (日)  小劇場「ども」の盆祭興行と甲子園決勝

盆興行は土日午後1時から夜10時近くまで、計約40グループ出演。
出演者は、上手でも下手でも地元でも遠来でも、ギャラはもらえません。
音楽・芝居・落語・朗読・人形劇・南京玉すだれ等々2日間で2500円。

音楽と一口に言っても、フォーク、ブルーグラス、フォルクローレ、民謡、
なつメロ、ジャズ、ロック、タンゴ、コンボ、これらに属さないものなど。
ヴォーカルが入っても入らなくても、実に多彩な顔ぶれです。

楽器も、ギターいろいろ、バンジョー、フィドラー、マンドリン、ベース、
ピアノ等キーボード、太鼓いろいろ、大正琴など琴いろいろ・・・・。
楽器をろくに弾けないアーサーはつくづく羨ましくなりました。

本来なら日中早くから激情に行くべきところ、今回は甲子園の決勝があり、
試合が終わってからかけつけて、2日間夜遅くまで舞台を声援しました。
甲子園決勝は延長15回を終えても1−1で翌日再試合というサプライズ。

こんないい組み合わせを2日間観られるだけでも嬉しいことですし、
しかも北海道の高校が3年連続優勝を賭けて闘うのですから最高です。

2006年8月19日 (土)  快速船定石13手目のF7引き分け進行(2)

F5f6E6d6C5/e3D3g5F3b5/C6b6F7e7F4/
c4E8g6B3f8/D7d8H5c3B4/c7A5e2F2d2/
H6g4H4h3H2/g3C1f1A6b7/C2a4D1g2E1/
a2A3b1A1b2/B8a8A7c8G8/h8H1g1g7H7/


 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  この左図で白26手目をどこに打つのがいいか、
3+●○●●●++  実は正解が二つと準正解が二つあります。
4+●●●●●++  正解はa5とc7。どちらも「先着」1石返し。
5+○●●●●●●  準正解は二つと昨日書きましたが、
6+○○●●○○+  h4、g4の他にもう一つ意外な手があります。
7+++●○○++  ゼブラによればh4がー3、g4がー3ですが、
8+++○○○++  a2がー2という評価になっています。

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++28+++  白26には黒27と、双方絶好点を打ちます。
3+●○●●●++  白26で27のa5なら、黒はA3で、これも1局。
4+●●●●●++  その進行はA3c7D2g3と黒壁ができ、  
527○●●●●●●  G4f2と右から壁を破る展開になります。
6+○○●●○○+  さて、28とd3やf3を返さない壁破りで次図。
7++26●○○++  
8+++○○○++

 A B C D E F G H
1++++++++
2+++30○29++ 黒29と1石返せば白30と中を抜き、上辺不利を  
3+●○●○●++  黒も31に右辺不利で我慢します。
4+●●●○●++  白は上下辺不利、黒は左右辺不利という展開。
5●●●●○●●●  
6+○○●○○○31  
7++○○○○++  
8+++○○○++

この後は上に掲げた手順を実際にゼブラなどで置いてみて下さい。
なお、32手目はa6,33手目はG3、39手目はD1,40手目もd1、
41手目はC2もE1も、52手目はa8,59手目はH7も±0という、
互いに言い手がいくつもある進行です。  

2006年8月18日 (金)  快速船定石13手目のF7引き分け進行(1)

F5f6E6d6C5e3D3g5F3b5C6b6F7e7F4
c4E8g6B3f8D7d8H5c3B4c7A5e2F2d2
H6g4H4h3H2g3C1f1A6b7C2a4D1g2E1
a2A3b1A1b2B8a8A7c8G8h8H1g1g7H7

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  おなじみ快速船定石の13手目はD7,E7の他
3+++●●●++  このF7があるのに、あまり打たれていません。
4+++●●+++  D7ならe7E8f4G4e2が普通。
5+○○●○○○+  E7ならd7F7f4C8e8が普通です。
6+○○○○○++  このF7も以後の打ち方が解り易く穏やかです。
7+++++13++
8++++++++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  と固め、15の分断に阿箸泙晋任瓩襦  
3+++●●●++  斜め取りからの白は概して石数は多いけれど、  
4++亜●15++  黒が打てる個所をしっかり制限してゆきます。  
5+○○●○○○+  
6+○○○●○++  
7++++●++
8++++++++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  17と辺に足をおろし、欧諒断も普通。    
3+19+●●●++  19は白のg4を消去し、d4ならD7c7B4
4++○●●●++      
5+○○○○●○+  
6+○○○○●押棔 
7++++○●++
8++++17+++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  20以上は丸付き文字が使えないので、    
3+●+●●●++  半角数字だけで示します。
4++●●●●++  20に21とD列を真っ黒にしてd8を許すのは、  
5+○○●●●○+  次に右辺を打つ狙いの手。
6+○○○●○○+  
7+++21●●++
8+++22●20++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++ 23と黒も右辺に足をおろすと、    、    
3+●24●●●++  白は黒のC7を消去するc3で応じ、
4+25●●●●++  黒がさらに種石つくりの25で切り返します。   
5+○○●●●○23  
6+○○●●○○+  
7+++●○○++
8+++○○○++

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  この左図で白26手目をどこに打つのがいいか、
3+●○●●●++  実は正解が二つと準正解が二つあります。
4+●●●●●++    
5+○●●●●●●  
6+○○●●○○+  
7+++●○○++
8+++○○○++

2006年8月17日 (木)  予約も保留もあるけど図示は分断で

レイさんによって名付けられた手筋などの用語には終盤のものもあります。
「予約」、「保留」などですが局面を図示せずに説明するのは甚だ難しく、
図示するのに適切な局面を今ここに示すのもも困難です。

実際の対戦には、よく出てくる形で、対局後のレイさんの講評で使われ、
なるほどと納得することが多く、応用の効くヨセの手筋です。

寄せ(=ヨセ)とは、囲碁では1手何目と数で表わされる損得ですし、
チェスや将棋では、相手の王将を詰みにする速さや確実さが問題です。
オセロでヨセという言葉を使う人は、それほど多くはありませんが・・・

序盤での「分断」のいい例は蛇分断(名付け親はレイさん)です。
F5f6E6d6F7=蛇からe3D7e7に対してD8もありますし、
C4もありますが、C6と打ってc5に応じれば左図です。

 A B C D E F G H
1++++++++
2++++++++  ここでE8もありますが、D3が蛇分断!!
3++++○+++  4石返しですが白のいい手(d8)を消去し、
4+++○○+++  c7を強制しています。
5++○○○●++  4石返しても、次に3石返させる強制です。
6++●○●●++  これが分断の解り易い例だと、レイさんの説明。
7+++●○●++
8++++++++

2006年8月16日 (水)  レイさんの考えたオセロ用語

ゲストブックの書き込みにもあるように、レイさんの用語は簡潔です。
先着・・・相手の打ちたいところに先に打つ
悪化・・・相手の打ちたいところを打ちにくくする
消去・・・相手の打ちたいところに打てなくする

序盤でも中盤でもこの3つの考え方は常に重要です。
中割り(or中抜き)や1石返しといった序盤の手筋も解り易いですが、
上記の3つは中割りでも、1石返しでもない好手となる手筋です。

開放度理論からすると、そこが最善でなさそうに見えても最善だったり、
一手一手の価値というよりは、先を読んだ手に近いとも言えます。

2006年8月15日 (火)  6手目の僅差進行(4)牛系

F5f6E6d6C3=猛牛にはd3(−1)、f4(1)、
           g4(1)、g5(−1)
F5f6E6d6C4=内蛇にはd3(0),e3(−1),f3(1)
           f4(4),g4(−1),g5(1)
F5f6E6d6C5=牛にはe3(0),c4(−4)、
           f4(0)、g4(−3)
F5f6E6d6C6=内狸にはe3(3),g4(−1)
F5f6E6d6C7=雁にはe3(−2),f3(−1),f4(3)
           g4(0),g5(0),c6(2)
F5f6E6d6D7=外狸にはg5(4)
F5f6E6d6E7=闘牛にはf3(−5),f4(0),g5(0),
           f7(−2),f8(−5)
F5f6E6d6F7=蛇にはe3(1),f3(0),
           f4(0),g4(−4)

2006年8月14日 (月)  6手目の僅差進行(3)兎・野兎系

F5d6C5f4D3=馬にはe3(3),c4(2),g5(0)
F5d6C5f4E3=兎にはc4(−3),c6(1)
F5d6C5f4F3=鹿にはe3(3),g4(4)

F5d6C6f4E6=野兎にはc5(2),g5(4),
           f6(0),g6(4)

F5d6C6f6E6=ゴリラにはf4(1)

2006年8月13日 (日)  6手目の僅差進行(2)猫系

一昨日に引き続き、6手目の僅差の打ち方を、
ゼブラ24手読みの評価で、猫系の5種について示します。
4手目蝮、猫、杓、河馬、燕の5素全部で、こんなに沢山の僅差進行。

F5d6C4b3B4=蝮にはf4(−3)、g5(−3)
F5d6C4b3C6=キャップにはf4(−2)、e6(−1)
F5d6C4b3C7=吊輪にはd3(−2)、f3(−4)、
           f4(−1)、d7(−1)
F5d6C4b3D7=抱っこにはf4(−1)、e6(−1)

F5d6C4d3C3=虎(F5d6C3d3C4と同型)
F5d6C4d3C5=猫にはb4(0)、f4(4)、b6(−1)
F5d6C4d3C6=蜂にはf4(5)、f6(2)
F5d6C4d3E6=羊にはb4(0)、f4(4)
F5d6C4d3C7=テニスにはf3(5)、b4(1)、f4(5)、
           g5(1)、f6(2)、d7(1)

F5d6C4f3E3=フラッシュにはb3(−2)、d3(1)、
           f4(−2)、g5(−2)
F5d6C4f3F4=杓子にはg3(−5)、g5(−4)

F5d6C4f4C5=河馬にはd3(−3)、f3(−3)
F5d6C4f4F6=コンドルにはb3(−4)、f3(−2)、
           g5(0)

F5d6C4g5C6=燕にはc3(−3),d3(−2),
           e3(−4),c5(0),b6(−4)
F5d6C4g5F6=コブラにはf3(−4),f4(0)
F5d6C4g5G6=鳳にはc3(1),d3(4),
           e3(2),f3(2)
F5d6C4g5D7=T字にはd3(5),e3(5),c5(1),
           c7(3)

2006年8月12日 (土)  8月26日に水戸で王座戦

以下は日本オセロ連盟のホームページからのコピー抜粋です。
開催場所 水戸国際交流センター
出場資格 無差別級は名人戦48位以内、全日本大会出場者
     女子は名人戦、全日本大会ベスト8
     小学生は名人戦、全日本の2位まで
     21世紀枠(2001〜5年名人戦・全日本の無差別・
     女子の優勝・準優勝者)
     の条件を満たし参加料を振り込み、当日会員証を持参した者
参加費  3000円
大会方法 予選7回戦
     予選上位7人が王座、女子上位2人が女流王座をかけ決勝へ。
     優勝者を王座、女子トップを女流王座とする。
          
世界大会代表 王座、女流王座。
       既に権利を持っている場合は次点の者。

昨年度世界チャンピオンの為則九段、女流一二の星央子、山中真美さん、
村上健、宮岡環、坂口和大、後藤宏さんなど、この王座戦で、
世界大会への出場権をいったい誰が手にするでしょうか。

水戸の近くに住んでいらっしゃる皆さん、ぜひ見学に行ってみて下さい。

2006年8月11日 (金)  6手目の僅差進行(1)虎系

F5d6C3d3C4=虎にはb3(−3)、b5(−2)、f4(0)
F5d6C3d3C5=ザリガニにはf4(4)、g6(1)
F5d6C3d3C6=海老にはf4(4)、f6(2)の他、
           b3(1)、b6(1)、g6(−1)も。
F5d6C3f3D3=犬にはf4(ー4)、g5(−4)
F5d6C3f4F3=大杯にはd3(−1)e3(−2),g3(−2)
           しかし普通はg5(0)
F5d6C3f4E6=猿にはd3(ー2)、f3(−4)、c4(−2)
           g5(−3)f6(0)f7(1)
F5d6C3f4F6=龍にはd3(−2)、f3(−4)、
           c4(−4)g5(−4)
F5d6C3g5C6=簪にはc4(−4)、b6(−5)
F5d6C3g5F6=鷹にはd3(−1)、f4(−4)、f7(−5)

2006年8月10日 (木)  母校札幌西高校オーケストラ演奏会

ブラスバンドは珍しくないけれど、オーケストラを持つ高校は珍しいです。
アーサー夫婦の出身高校である札幌西高校の演奏会を今晩聴いてきました。
中島公園にある「キタラ」という名の大きな音楽ホールが会場です。

冒頭お決まりの校歌演奏で、まず層の厚さと音の良さにびっくりさせられ、
続いて大好きなシベリウスの交響詩「フィンランディア」の完成度に驚嘆!
楽器を持って間もないメンバーもいるのに、こんなにばっちり決めるとは‥

「七つのーー海越え響けーーー、遥かのーーくにのひーとへーーーー、
 ふるさとーーの野に歌えるーー、私のーー希望こそーーーー、
 世界のーー隅までー同じーーーー、平和へーーの歌声ーーーー」と、
かつて歌ったメロディーが、当時のフィンランドの人々を想起させます。

次がビゼーの「アルルの女」で、これに1年生も多数参加しているらしく、
パート全員同じ音のはずのところが微妙に危なっかしかったりしましたが、
ファランドールへの盛り上がりがダイナミックで、快く聴いていられます。

休憩をはさんでメインが「グレート」と呼ばれるシューベルトの交響曲で、
滅多にプロもアマも演奏しない難曲に部員の多数が賛成して選曲したもの。
プログラムには「革命的な出来事かもしれません」と書いてありました。

第2楽章からのオーボエ主導の旋律が実に美しくて驚かされました。
作曲者のシューベルトはきっとオーボエ奏者に強い思い入れがあって、
その演奏がオーケストラ全体に支持される品格を持っていたのでしょう。

そうでなければ、まるでオーボエ協奏曲のようにソロが目立つはずがない、
なんて、これはそのソリストが余りにも素晴らしくて、そう思いました。
こういう個性が周囲のみんなに支えられて育つわが母校を誇りに思います。

アンコールは再び全部員が出場して、Y・シュトラウスの軽快な行進曲。
強い感動の後の、聴衆とステージが一体化したリラックスムードでした。

2006年8月9日 (水)  「ダヴィンチ・コード」文庫本上中下

映画が、まあ面白かったけど、謎解き不十分な感じで本を買ってきました。
文庫本の活字は老眼には不向きで、おまけにオプス・デイが不愉快で、
特にあの自分を痛めつけるむごたらしさに辟易したので読むのも苦痛です。

それでも上巻をしゃにむに読み終えたら、中下巻と止まらなくなりました。
映画のトム・ハンクス扮する学者とオドレイ・トトゥのソフィーは好きで、
近未来的な活劇シーンが多過ぎて気の毒なほどでしたが、原作はいいです。

映画を観てない方も原作はまだの方もいらっしゃるでしょうから、
詳しくは述べないほうがいいと思いますが、イエスに妻がいたかどうか、
聖杯とはいったい何か、なぜ同じキリスト教の中の対立が深刻か等々、
無宗教のアーサーにも興味深いことが次々出てくるのは興味津々でした。

せっかくレオナルド・ダ・ヴィンチの名画が謎いっぱいで出てくるので、
カラーのきれいなグラビアの解説書まで買って読んでいます。
聖書を信じなくても、聖書の物語は沢山の人間の心や姿に満ちていますね。

2006年8月8日 (火)  レイさんからの忠告

最近WOSのテーブルで、少なくとも対局後の検討くらいはされているか?
これが、レイさんからの最低限のWOSらしさの指標です。

レイさんが対局直後に批評される一言一句は大変歓迎されているけれども、
レイさんがいなくてもそれをぜひやるべきではないかということですね。

アーサーは極端に記憶力が低下していて、感想戦への参加も少ないですが、
レイさんは、それでもいいから、何かコメントをするのがいいと仰り、
たとえ棋譜を見てからでも、どこはどういう考えで打ったのだったかを、
言うことが、その対局を生かすことになるというわけです。

終わったら、すぐ次の対局という場合もあって構わないけれども、
感想をいうことによって向上を図ることを互いに考えてみましょう。

2006年8月7日 (月)  5手目までの僅差進行(2)

前回までの虎系、猫系の続きになります。

アシカ F5d6C5b4C3(4)
烏   F5d6C5b4D3(3)
蛇口  F5d6C5b4D7(5)

馬   F5d6C5f4D3(−3)
兎   F5d6C5f4E3(−1)
鹿   F5d6C5f4F3(4)

馬   F5d6C5f6D3(−3)

野兎  F5d6C6f4E6(−4)
ゴリラ F5d6C6f6E6(1)

バッファロー F5f6E6d6C3(−1)
内蛇  F5f6E6d6C4(−3)
牛   F5f6E6d6C5(0)
内狸  F5f6E6d6C6(−3)
雁   F5f6E6d6C7(−3)
外狸  F5f6E6d6D7(−4)
闘牛  F5f6E6d6E7(0)
蛇   F5f6E6d6F7(−1)      

2006年8月6日 (日)  5手目までの僅差進行

5手目の僅差進行
虎   F5d6C3d3C4(0)
ザリガニF5d6C3d3C5(−4)
海老  F5d6C3d3C6(−4)

犬   F5d6C3f3D3(4)
蟹   F5d6C3f3E3(0)
プードルF5d6C3f3F4(2)

大杯  F5d6C3f4F3(0)
猿   F5d6C3f4F3(0)
竜   F5d6C3f4F3(2)

簪   F5d6C3g5C6(4)
コブラ F5d6C3g5E6(ー4)
鷹   F5d6C3g5F6(1)
滑り台 F5d6C3g5G6(0)

蝮   F5d6C4b3B4(3)
キャップF5d6C4b3C6(1)
吊輪  F5d6C4b3C7(1)
抱っこ F5d6C4b3D7(1)

虎   F5d6C4d3C3(0)
猫   F5d6C4d3C5(−4)
蜂   F5d6C4d3C6(−5)
羊   F5d6C4d3E6(−4)
テニス F5d6C4d3C7(−5)

フラッシュ  F5d6C4f3E3(0)
杓子上 F5d6C4f3F4(4)

河馬 F5d6C4f4C5(3)     
コンドルF5d6C4f4C6(0)

燕   F5d6C4g5C6(0)
コブラ F5d6C4g5F6(0)
鳳   F5d6C4g5G6(−4)
T字  F5d6C4g5D7(−5)

以下明日   

2006年8月5日 (土)  4手目までの僅差定石

ゼブラ24手読みによる5手までの僅差定石は結構多くて覚え切れません。
並び取りはー6とされていますが、これを僅差と見なすと多過ぎますから、
ここでは縦取りと斜め取りだけに絞って書きます。初手はF5に統一して。

縦取り  F5d6(0)
斜め取り F5f6(0)
縦からの黒3手目の僅差進行4系
虎系  F5d6C3(0)
猫系  F5d6C4(0)
兎系  F5d6C5(−1細かくは−1.46)
野兎系 F5d6C6(−4細かくは省略。以下小数点以下四捨五入)
斜めからの黒3手目はE6だけが僅差
牛系  F5f6E6(0)これに対する4手目をd6に統一して記述

4手目の僅差進行
虎素  F5d6C3d3(0)
犬素  F5d6C3f3(−4)
竜素  F5d6C3f4(−2)
鷹素  F5d6C3g5(−4)

蝮素  F5d6C4b3(ー3)
猫素  F5d6C4d3(0)
杓素  F5d6C4f3(ー4)
河馬素 F5d6C4f4(ー3)
燕素  F5d6C4g5(0)

兎素  F5d6C5f4(1)

野兎素 F5d6C6f4(4)
烏素  F5d6C6b6(−5)
猪系  F5d6C6f6(−1)

牛素  F5f6E6d6(0)
    F5f6E6f4でも同じ

2006年8月4日 (金)  今朝未明のある高校生との再会

WOSのIDで打っていたアーサーにmichael_oi6_0君から声がかかり、
ジャスティスのアーサーではというお尋ねを受けました。

オセロ塾ジャスティスで相談役を務め、あーちゃと呼ばれていたので、
懐かしく話し、対局もするうち、justice_marcha というIDを教わり、
記憶がなくて困ってしまったところ、高校受験で長く休んだとのこと。

晴れて高校入学を果たし、オセロ再開して強くなりたいとの希望に、
同席のUNちゃがWOSを勧めてくれて、通ってきてくれることになり、
それにしても同じ塾にいたのにアーサーが思い出せないのが情けなくて、
いろいろ話すうちに「ジャスティスのHP保存版」を二人とも見ました。

ジャスティス塾は第一期終了を記念してHPを保存したのでした。
途中で辞めたメンバーもその足跡が保存版にのこされているわけです。

しぶしぶでも。第2期の塾長をアーサーがやることに賛否両論があって、
結局円満解決を目指して別に学びの場を設けることにしたのが、
WOS創立の小さな芽になったのでしたが、その塾のことは懐かしいです。

最高レート1600、趣味剣道、広島住みのjustice_marcha が、
メンバー表にも、アバター一覧にもはっきり出ていました。
ミヒャエルかka_o_ou7で時々WOSに見えると思うので皆さんよろしく。

2006年8月3日 (木)  横兎定石の見直し

F5d6C5f4E3c6D3にf6でローズ系に向かう大流行の中で、
8手目をg5に打つのが最近WOSテーブルの対局で使われています。
実はブライアン・ローズが来日してf6を数年間試す前は皆g5でした。
すのちゃが「オセロ百戦百勝」をゼブラに入れてくれた中にもあります。

1981年世界大会は丸岡ローズ決勝でも、二人の予選でも横兎ですが、
1982年名人戦四番勝負河村末告対丸岡秀範戦が横兎の代表でしょう。
河村名人が白の第1,3局は斜めで始まり、第2,4局が横兎でした。

F5d6C5f4E3c6D3g5F6e7まで同じで、
11手目から第2局はG6f3E6f7、第4局はG4f3E6f7と進み、
現在ゼブラが示す「最善」とは少し違いますが、これが当時の最先端。

同じ頃の国枝交子女性チャンピオンの横兎も「百戦百勝」にあります。
対浜野衛戦9手目F6に国枝さんはf3、以下G4h3H6h5‥‥
対長谷川正行戦時では9手目G4にb5、以下E6f6E7f3‥‥。

今ゼブラに打たせればF5d6C5f4E3c6D3g5E6f6と進み、
長谷川・国枝戦と10手まで同じ進行になります。

ゼブラの推奨は11手目からG3c4B4b3B6c3B5g4かa6
または15手目B5a5H6h4G6g4D7という±0(Book)ですね。

長年g5が常識だった兎に1984年ポール・ラルが8手目f3を打ち、
日本代表の谷口良一選手を破って、日本以外では2人目の世界制覇を成し、
新たな兎進行が期待されたものの、このラル兎はラルしか打たなくなり、
以後数年にわたる兎定石の頻度が減って、牛と虎が流行します。

1989年ワルシャワの世界大会でブライトウェルが対為則横兎を打ちますが、
依然として牛と虎の流行を超えられずに90年代へと向かいました。
1888年の全日本準決勝と準々決勝で♭ローズと#ローズの為則実験はあり、
ローズ・オープニングとは名付けられていなくてもローズの芽は出ました。

横兎を越えてローズが兎定石の主流になるにはもう少し時間が必要でした。

2006年8月2日 (月)  レイさん講義続き(7月31日)=「Cライン」

以下は7月31日の黒ガオちゃ対きこちゃ戦です。
F5D6C4D3C5F4E3C3E6D2F3G4E2G3C6
F1C2B3D1B4G5F2E1F6H4C1E7B5B6H6
A5G1A4H5H7H2G6D7A3C7F7E8F8G8C8
B7B2A7G7H8H3D8A8B8A6A1H1G2B1A2
ガオ「やっぱり白からしか打てない奇数空きをつくる星うちはまずいですね
 b8も考えてましたが これも偶数にはまりそうで。」
レイ「うん」
レイ「偶数先着ってのは、それほどおいしくないです。
 ウイングを取って辺を確保しても、相手に手どまり打たれたら、
 中辺は相手のもので、手どまり分一般には損ですからね、
 この終局で上中辺残ってるのが、その典型ですね。」

さて、この夜Cラインという新語がレイさんから語られて、
初めての方は、さぞ興味津々だったでしょう。

 A B C D E F G H
1+◇++++◆+
2◇+◇++◆+◆ 左図の右上がりの◆7個からなる斜めの線と
3+◇+◇◆+◆+  右下がりの◇7個からなる斜めの線を
4++◇◆◇◆++  ともにCラインと最初に呼んだのは
5++◆◇◆◇++  どなたかは解りませんが
6+◆+◆◇+◇+  ご存知のブラックライン=H1からA8や
7◆+◆++◇+◇  ホワイトライン=A1からH8に匹敵する命名。
8+◆++++◇+

次に黒すたさん対レイさんの対戦の中でCラインについて、
試合後に交わされた会話を紹介します。話し手への敬称を略します。
F5D6C5F4E3C6D3F6E6D7G3C4B4B3B5
A4G5C3A6A3B6D2E2G4D1A5C2F1E1F3
G1B2F2C1H4H2C7H1G2H5E8H3A1A7B1
B7G6H6E7C8D8A2F7F8A8B8G8G7H7H8

すた「べらぼうに強い。最近歯が立たないです。」
レイ「気のせいですよ^^。a7とか 楽しい手でしょ。」
すた「a7はラインの読みがないと打てない。恐ろしいとこ打ちますねぇ」
レイ「最近仕入れたばかりのCラインってやつです。 Cへの効き」
すた「Cライン??」
レイ「Cへ打つための効きってことです。
 そこ見落とすと隅取っても寄せられない。」
すた「Cラインかぁ。今がまさにそうだった。」
レイ「確定21石は取れてたので、後12どうするかが勝負でした。」
すた「すたきちは手を詰められないようにするんで精一杯でしたよ。
 上辺も右辺も上げてようやく粘り切れたのに^^
21個も確定石上げてたとは‥‥」
レイ「普通にa2置くと、b列も場合によっては危ないかなと思って。」
すた「今のCラインの手筋盗み取らせていただきます。
 レイ先生と試合すると、新たな技術盗めていいなぁ^^]
レイ「ちなみに、さっきのメリーさんのTOFが大丈夫なのも、
Cラインの効きを黒からなくせるからです。
TOFをラインに効き載せずに片側の効きなくせるから、
くらっても大丈夫ってのがさっきあったんですよ, すたさん。」
すた「へぇ。。。それを見抜けるあたりが恐ろしい。」

2006年8月1日 (火)  レイさん講義「TOFでも粘る」

まずレイさんが対象にしたアンちゃ黒対めりりんの棋譜を掲げます。
C4E3F4C5D6F3D3C3E2F2D2E1C1F1C2  
E7B6F6E6F7C6G3F5B4G4D1B5H5H4H3  
G5H6A3A4A5G6D7C8E8F8B3D8C7B7H7
H8A8A6A7B1B8G7G2H1H2A2G1A1B2G8

ゼブラなどで終盤まで置いてから、講義を味わって下さい。

 A B C D E F G H
1++●○○○++
2++●○○○++
3●●○○○○○○
4●●●○○○○○
5●●○●●○○○
6+●●●●○○○
7++●○○○++
8++○○○○++

レイ「良い場面だ この棋譜後でください」
メリー「はい」
レイ「白b7打ったとこ見直したら良いかも
 たぶんb7はTOF気にしたんだと思うけど
 アンさんは わかる?b7のとこ 白どう打つべきだったか」
UN「自分のことで精一杯でした」                 
レイ「相手の立場での良い手を発見するのは大事」

メリー「あそこでまだ良い手があったのですか?もう諦めてました」

レイ「昔やってた 手筋の例外ってやつです。
 たぶん 右上のTOFが 気になってb1を読みから外したのでは?」

メリー「はい」
レイ「そこが誤りかな。まずb1 それで黒は g2だがそこで b8
 黒はb7打てない。h2も打てないから h8
 g8g7 a8で h2 黒h1 g 1a1 で 後はb7 で 左下の辺
 割り込んで白勝ちかな。これならTOF働かない
 たぶん b1に g2で 駄目で思考停止したんだと判断しました」

メリー「はい、2手までしか読めませんでした。
 今ゼブラでれいさんのおっしゃるとおり置きなおしてみたら
 43−21で白の勝ちだったのですね。
 あんなところから最後まで読めません」
レイ「TOFはですね 条件があります。
 まず相手がラインに効きを持ってること。
 そして自分が残った3ヶ所の打ち2ヶ所に置けることです。
 その観点で見てください 。
 g2打たれた時点で 白はラインに効き持ってません。
 でb8で黒が打てる2ヶ所ののうち 片方消去しますよね。
 その状態じゃ 黒はg1打つと白にh1h2連打されるから
 TOF以外の箇所さらに打たなきゃならないわけです。
 そうしてうてる場所は 偶数への先着しかないでしょう?
で、首尾よく そこで手止まり打った上で
TOFの場所を先に打つことで、TOFの輝きを抹消できるという話です
TOFに限った話ではないですが、
どの手筋も ある条件を満たした上で効果発揮します。
逆に言えばその手筋の条件がなにかを 正確に把握していれば 、
例外を発見できそれが相手の裏をつく絶好手になることあります。」

メリー「いくつぐらい条件があるのでしょうか」
レイ「例えば TOFは相手が 隅を捨てられない条件でないといけません
 相手が隅を捨てても構わない時はg2に
 h2g1で 返してしまえば手得はない。
 だからTOFは打たれても、そういう手順に持ってける見込みがあれば
 打たれても構わないわけです。
 ゼブラに解析させたならまさにそういう手順なのがわかるでしょう^^
 TOF不成立なら多少は細かい変化ありますよ^^。」

メリー「見込みがあるかどうかの判断が見極められないから、
 どうしようもありません><」
レイ「ゼブラによるとb1g2b8だと白+10だそうで、この3手は最善

メリー「レイさんの読みは本当にすごいです」
レイ「いえいえ読みってほどじゃないです。
 さっきの説明踏まえてみれば 納得できるでしょう^^
 深い読みは不用でしょ。そこを普段重視してます。
 より短い手順で正確な評価がモットー(笑)
 その短い手順にいろんな評価や手筋を正確に組み合わせるのがσ(^-^;流
 だから新しい発想みるとわくわくします。
 たとえ10手正確に読める人でも、
 全ての手順にたいして読んでたら 時間足りない。
 だから有望かそうでないかの見極め能力は重要です。
 まず発想があって読みはそれを裏付けるためにあるというのが持論(笑)
発想しなきゃどんな良い手も日の目みないですから。」

メリー「発想ですか〜・・・それが足りないんですよね」
エッグ「そういう意味での時短って、どうなのでしょう?」
レイ「あれは発想だけの世界だから、そういう鍛錬はできますが
 ”慎重な裏づけ読み鍛錬”は無理です」

メリー「確定石はいつも数えるものなのですか?」
レイ「隅取ったときは何石確定したかだけざっと考えます。
 隅の取り方するときは大事な話です。」

2006年7月31日 (月)  7月のWOS日記題名一覧

7月1日 虎スマイル定石
 2日 今日のNHKBS2日中と夕方のビートルズ番組
 3 全日本選手権大会出場者本決まり
 4 井端健介さんの「勝手に名付けた定石集」から 
 5 村上綾宏さん作詞の「オセロの歌」
 6 五十音順オセロ定石名の補遺
 7 五十音順オセロ定石名の補遺(2)
 8 五十音順オセロ定石名の補遺(猫のいろいろ)
 9 高校大学通してのある先輩の葬儀
10 五十音順オセロ定石名の補遺(牛・闘牛グループ)
11 レイさんの終盤の基本の講義
12 レイさんの終盤の基本の講義続き
13 今秋キューバへ囲碁親善交流に行く友人たち
14 シャープローズも得意定石にしたいけど
15 シャープローズの「最善」研究
16 休載
17 レイさんが世界大会に出場します
18 レイさんと桜乎さんの全日本大活躍
19 第34回全日本選手権大会 無差別の部 結果抜粋
20 世界大会のサイト
21 スノーマンさんのWOS歓迎会今夜10時から
22 すのちゃ歓迎会速報
23 金土日は若い人たちの反戦メッセージ3連続
24 ゲストブックへのドイツからの書き込み
25 「偲ぶ会」DVDからの要約
26 初1に現われたベルクさん
27 金魚定石引き分け進行1
28 金魚定石引き分け進行1続
29 金魚定石引き分け進行1続々
30 直近で見る花火大会の味
31 7月WOS日記題名一覧

2006年7月30日 (日)  直近で見る花火大会の味

長年花火大会を遠くからしか見てこなった。
車で走ればそれほど遠くはない月形町まで見にいってみた。
対岸と言っても幅広くはない川だから、そこで打ち上げる人の姿が見える。

「1番スターマインドとか早打ち」といった花火の種類の名なのだろうか。
その後に出資者の団体や会社の名がずらりと並んでから花火が上がる。

遠くから眺めるときの高さとはまた違った高さに花が開くのは実にいい。
ドンッと鳴って玉が上空に駆け上る間、次はどんなかと待つ気分もいい。

見上げる回数が多い分、首もやや疲れはするが、爽快感が消してくれる。
1番から30番くらいまで、大小高低あっても、いずれ劣らぬ魅力だ。

周囲の屋台や川岸のテントの焼肉の匂いも嬉しいし、犬連れの客もいる。
思い思いのいでたちの老若男女の行き交う姿もそれぞれの味がある。

見ているうちに、インドまで出向いて花火師をやった亡き友を思い出した。
埴谷雄鷹研究会の重要なメンバーでもあり、江別高校で生徒でもあった彼、
小中雅晴君は国際的な少数民族の会合で英語の通訳もやる才人だった。

惜しまれてすでに彼岸へ旅立った友人たちが多いのは自分の歳のせいか‥

2006年7月29日 (土)  金魚定石引き分けパターン1続々

金魚引き分けの1パターン続けます。まず全手順再掲。
F5d6C3d3C4f4C5b3C2e6C6b4B5d2E3
a6C1g4F6f3E2e1D1b1G5c7H3f1B6a5
G3f2C8d7D8e7F7g6H5h7B7a8A4a3H6
b8H8e8B2a1G2g1Z2h1H2h4G7g8F8A7

 A B C D E F G H
1+○○○○○++ 
2++○●○○++ 昨日の続きh7B7a8A4a3で次図  
3+○○●○●●● 
4+○○●○●●+
5○○○●○○●●
6○○○○○○●+
7++●●●●++
8++●●++++

 A B C D E F G H
1+○○○○○++ 
2++○●○○++ ここからH6b8H8e8B2で次図  
3○○○●○●●● 
4○○●●○●●+
5○●○○○○●●
6○○●●●●●●
7+○●●●●+○
8○+●●++++

 A B C D E F G H
1+○○○○○++ 
2+●●●○○++ ここからa1G2g1A2h1で次図  
3○○●●○●●● 
4○○●●○●●+
5○○○○○○●●
6○○○○○●●●
7+○○○○●+●
8○○○○○++●

 A B C D E F G H
1○○○○○○○○ 
2●●●●●○○+ ここからH2h4で次図  
3○●○●○○●● 
4○○●○○●●+
5○○○○○○●●
6○○○○○●●●
7+○○○○●+●
8○○○○○++●

 A B C D E F G H
1○○○○○○○○ 
2●●●●●○●○ ここからでG7g8F8A7で終局  
3○●○●○○○○ 
4○○●○○○○○
5○○○○○○○●
6○○○○○○●●
7+○○○○●+●
8○○○○○++●

 A B C D E F G H
1○○○○○○○○ 
2●●●●●○●○ 終局図。最終2手黒連打で32−32  
3●●●●○●○● 
4●○●●○○○○
5●○●○●○○●
6●●○○○●○●
7●●●●●●●●
8○○○○○●●●

2006年6月30日 (金)  6月のWOS日記題名一覧

6月1日 休載
 2日 共謀罪新設反対の札幌デモ
 3日 共謀罪法案は継続審議になったものの
 4日 またまた稲村一志さんの「イマジン」
 5日 「オセロゥ」と「アーサー」と「美女と野獣」
 6日 2006WOC水戸大会公式発表サイト
 7日 WOCのHPの日本語で読めるもの
 8日 今秋水戸市でのオセロ世界選手権大会
 9日 世界大会三カ国(地域)への助成?
10日 時の記念日、サッカーWorld Cuo
11日 6月15日と歌と大通公園(1)
12日 6月15日と歌と大通公園(2)
13日 6月15日と歌と大通公園(3)
14日 九条江別市民の会をはじめ、皆さんからの協力と支援
15日 天候にも仲間にも恵まれて思う存分詠いました
16日 国会デモの270人と札幌の10人
17日 知られていない定石=風神 
18日 「パギやん」と呼ばれる浪速の巨人
19日 昨日のオセロ全日本大会へのブロック予選
20日 風神定石のあれこれ
21日 風神定石の僅差の変化あれこれ
22日 昨日出会ったど偉い詩人江原光太さん
23日 「四人のゲリラ」はフォーク・ソングとして
24日 「江別文学」68号合評会
25日 東京地区の代表も出揃って
26日 風神のゼブラによる引き分け進行まで
27日 棋譜の全部または一部をコピー&ペーストするには?
28日 不眠による疲労の蓄積はあるけれど
29日 映画「六ヶ所村」のこと
30日 6月のWOS日記題名一覧

2006年5月31日 (水)  5月のWOS日記題名一覧

5月1日 定石の流行について(うっかりこれを削除してしまいました)
 2日 定石の流行(2)
 3日 憲法記念日に今年は朗読劇と歌で参加
 4日 3日のステージ」はまずまずの出来で
 5日 4日は札幌の護憲運動の集会によばれて
 6日 こどもの日の夜の初1
 7日 (休載)
 8日 今夜9時uma_wos_kani さんの歓迎会
 9日 うまちゃの歓迎会は主賓も司会も乾杯も新鮮!
10日 今日が亡友の「追想」原稿締切日なのに
11日 明12日から17日まで夜のオセロ謹慎
12日 亡友榊原勝昭君の代表作「灰とダイヤモンド」の題名
13日 めりりん泊の赤井川村は日本で一番美しい村
14日 80歳のアルツハイマーとの闘病歌手横山茂さん
15日 予定より早くテーブルに復帰できます
16日 「ヤーディ=漢字で雅迪」と書かれていた広告
17日 昨日今日と駆けずり回って
18日 昨日ビラ撒き、今日戦時下の歌
19日 友人の詩集の出版祝賀会
20日 はるばる甥一家が東京から来てくれて
21日 HBCラジオ放送「約束」ご紹介。付:偽アーサー 
22日 江別駅近くの劇場での朗読会で歌が生まれました
23日 丸善書店で見つけたいい本・雑誌
24日 五線譜の代わりに数字で音符も休止符も
25日 映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきました
26日 25日夜のWOSテーブルと世界選手権大会
27日 稲村一志・大父子コンサートと教育基本法
28日 稲村一志さんの日本語訳の歌「イマジン」
29日 ベン・シーリー選手の初1観戦
30日 「鬼神の秘密」というHPとオセロジャパン
31日 5月のWOS日記題名一覧

2006年4月30日 (日)  4月のWOS日記題名一覧

4月1日 シャープローズの実戦とレイさん語録(3)
 2 UN(あん)ちゃ=un_wos_sdf の歓迎会
 3 再びシャープローズの非パラソル展開について
 4 「オセロ百人物語」所載棋譜の分類
 5 (休載)
 6 プードル定石の6手目以後の展開と定石名しりとり遊び
 7 オセロ定石の五十音順一覧(手順付記)
 8 オセロ定石の五十音順一覧 「カ」で始まる名前の巻 
 9 五十音順の定石名と手順の連載について 
10 坂口和大九段著「美学のオセロ」ご紹介
11 キクケコで始まる定石名
12 サ行で始まる定石名
13 HBCラジオ瀋陽市・丹東市取材スケジュール
14 去年の夏突然死した親友の遺稿・追想集
15 タ行で始まる定石名
16 ドラマシアターども犬量臀个鮟砲Σ
17 19日から4泊5日の中国行きです
18 ナ行で始まる定石名
19 ハ行で始まる定石名
20 マ行とヤ行で始まる定石名
21 ラ行とワで始まる定石名
22 定石名のリストはあちこちにあって栄枯盛衰
23 中国東北遼寧省5日間の旅行から帰国
24 丹東再訪(老妻は帰郷)の旅
25 4月21日にはコロ島という名の「港」に行きました
26 オセロ名人戦(今春3月)棋譜集到着
27 中国紀行続き
28 風刺笑劇団「ザ・ニュースペーパー」公演、札幌で
29 40年も住んだ江別市での街頭行動と朗読劇・歌
30 4月のWOS日記題名一覧

2006年3月31日 (金)  ’06年3月のWOS日記題名一覧

3月1日 WOS日記の2月題名一覧
 2日 小さい金魚の形が現われる定石
 3 フラットローズの難しさ
 4 シャープローズとパラソル
 5 「手を決めておくこと」の功罪
 6 風=Windをスクールの名前に掲げたわけ
 7 「オセロ定石の名前と由来」弟9章の予定
 8 定石名の英語訳(1)
 9 定石名の英語訳(2)
10 定石名の英語訳(3)
11 昨夜の講演は同郷の50歳の造型大学教授
12 定石名の英語訳(4)
13 定石名の英語訳(5)ゼブラ評価付き
14 定石名の英語訳(6)並び取りの研究の基礎
15 音楽ユニット「風れんが」のスタート
16 全日本名人戦は来週末26日
17 明日が「さむらいグループ」さんとの交流戦の日
18 定石名の英語訳(7)5手目の第1回虎系
19 定石名の英語訳(8)5手目の第2回虎系(つづき)
20 定石名の英語訳(9)5手目の第3回猫系
21 定石名の英語訳(10)5手目の第5回兎系
22 絵で伝えることの大切さと難しさ
23 (休載)
24 兎定石ローズOpening等の豊富な展開
25 UN(あん)さんとさるさんをWOSに迎える喜び
26 オセロ連盟HPの名人戦出場者名簿より
27 名人戦速報サイトの紹介
28 佐高信さんの「共謀罪」問題の講演
29 レイさん語録(2)
30 シャープローズの奥深さ 
31 WOS日記の3月分の題名一覧

  

2006年3月1日 (水)  WOS日記の2月題名一覧

2月1日 北海道大学構内「遠友学舎」での家内の講演
 2日 遠い心臓血管センターと誓い内科医院
 3日 オセロ定石の流行と世界大会
 4日 レイさん語録2月第1回
 5日 「虎ローズ」というブライアン・ローズの対為則九段戦
 6日 昨夏の全日本選手権での棋譜いくつか
 7日 後藤幸信さん作成の棋譜再現アプレット
 8日 な、なんと にっきの もじばけが
 9日 オセロの世界言語としての役割
10日 沈没船(昨夏男子の部決勝棋譜)
11日 トリノ五輪開会式での「イマジン」
12日 潜水艦定石はいかが?
13日(1)戦車定石とか飛行機定石もあるけれど‥‥ 
13日(2)河馬をゼブラはどう評価したか
14日 今はもう開けない様々なホームページ
15日 対称形の一例コブラ定石
16日 潜水艦定石について再び
17日 潜水艦定石は世界大会の桧舞台で
18日 準決勝での潜水艦定石とその「数ヶ月前の勝利
19日 今日札幌で全北海道の名人を選びました
20日 「品川インターナショナル2005棋譜集」のご紹介
21日 ゴリラ定石の一進行を紹介します
22日 竜定石から「風神」などへのいろいろ
23日 「風神」のライバルは「雷神」
24日 昨夏の全日本選手権の棋譜集を受け取りました
25日 獏定石の夢
26日 坂本竜馬の見た夢と世界の中の日本
27日 WOSの新しい仲間はなちゃ歓迎会
28日 昨夜のはなちゃ歓迎大パーティー