お待たせしました。タロテツCDが遂に出ました。
ブルースの香り漂う音の会話、5種類のギターとクラリネットの音色七変化

新作YPM027 「たろ&てつ」
クラリネット 山本太郎
ギター・ヴォーカル 藤縄哲也
なんと5種類のギターの音色を楽しむことが出来ます。
ナショナル、ドブロギター マーチンなど (全曲試聴出来ます。)
(雑誌社 マスコミ用 ジャケットデータ ココをクリック)

オーディオ雑誌 音楽雑誌 ホームページで取り上げられてます。
ココをクリック
その1 無線と実験
その2 評論家の推薦HP
その3 オーディオアクセサリー誌
その4 ステレオ誌4月号



全曲試聴が出来ます。
1.テネシーワルツ
2.エニー・タイム
3.ルイジアナ・フェアリー・テイル
4.浮気はやめた 
5.ベイズン・ストリート・ブルース
6.君微笑めば
7.捧ぐるは愛のみ 
8.懐かしのニューオリンズ
9.ニューオリンズに帰って来いよ
10.アイ・ガット・リズム
11.ジョージア・オン・マイ・マインド
12.エニシング・フォー・ユー
13.ニューオリンズ
14.ハニーサックルローズ
15.センチメンタル・ジャーニー
16.ルート66
17.ムーン・リバー


ご注文は、こちらから買い物かごに行けます。

 


 ギター弾きは、とかく何本も何本もギターを所有している人が多いが、
ギターリストが何本も持ちたがるのには、訳があるようだ。 
ギターによって様々な異なるスタイル、表現が出来る。
あるギターの音色を聴くだけでミシシッピーに行ったような
気分になったり、
南米に行ったような気分になったり・・。
ギター弾きもその出てくる音色でフレーズや弾き方が
変わってくるのも面白い。
「てっちゃん」藤縄哲也が所有するギターを駆使して、
鉄板のギターのブルージーな音色から、
木の温かいぬくもりを感じるようなカッティング、
フィンガリング等、
様々な種類のギターの音色を披露している。
 なんと5種類のギターの音をこの一枚のアルバムで楽しめるという
贅沢な企画だ。列挙すると
NATIONAL STYLE-0 1932.          
NATIONAL STYLE-0 1936. 
NATIONAL JAZZBLUES1989.    
 NATIONAL STYLE-1 2002       
 MARTIN 0-18 1943
ブックの中に写真も掲載されているので
ギターの姿を見ながら音色を楽むというのも有りである。
珈琲など飲みながら・・・。
クラリネットの方はどうかというと、
私は、残念ながら一本の同じクラリネットで全曲吹いてる。
クランポンの25年ほど前のR13という機種。
こちらは同じ一本のクラリネット
でむせび泣くような音から優しい音まで、
多種些細なクラリネットの音色を
ご披露してるので是非是非こちらも堪能していたい。
                                
山本太郎