Do It Yourself !

9. 自家製オリーブ石鹸。

包丁で切ってから3週間後、
ようやく出来上がりました!!
市販の石鹸よりも泡が細かく、
洗い上がりがマッタリとして肌がとても気持ちよいです!

何より自分で作れると言うのが感動ですね!

それから凝ってしまって、
ココナッツパウダー石鹸、シナモン石鹸、
アロマオイル石鹸、牛乳石鹸‥と色々作ってます。

我が家は石鹸長者になってしまいました!(笑)






(型出しから3週間後)

4日目はかなり硬くなっていました。
ランダムに包丁で切っていきます。
美味しそうでしょ?
手前はノーマルで、後方はハチミツ入りです。

日の当たらない場所で3〜4週間寝かせると完成です!

(4日目)

(3日目)

じっくり我慢の子の「タネ」です。
ここまでの作業時間は40分位!
余裕!余裕!

でも「じっと我慢の子」ってのが苦手なんだよな〜。
明日、型入れします。

基本となる材料は
オリーブオイル、パーム油、ココナッツオイル、苛性ソーダ、精製水。

苛性ソーダとは「水酸化ナトリウム」の事で、
水と混ぜると熱くなり、タンパク質を変化させる性質がありますので
けっして皮膚に直接触れること無いように‥。
防護マスクやメガネ、ゴム手袋を使うようおすすめします。
注意して作業すれば大丈夫です!

さて、
分量や温度など確かめた後、
ガラスボールに入れて20分ほど掻き混ぜます。

そして12時間〜24時間程の頃合を見て型に流すのです。
翌日のタネはカスタードソース状に変身してました。
そして「型入れ」です。
型が崩れないようにタコ糸でしっかり固定して
発泡スチロール箱などの保温箱で最低1日は熟成させます。




3日目は、まだ柔らかかったので
もう一日熟成させることにしました。
あせらない!あせらない!

(2日目)

(1日目)

手作りの無添加オリーブ石鹸に挑戦です!
写真のテキストのレシピで作りました!

(ふーさん!教えてくれてありがとうございます!)

今回は、自分で考えたDIYでは無いので、
申し訳ありませんがレシピについて
お教えする事は出来ません。

このテキストは初心者に
石けんの材料や効能などを
とても解りやすく説明してますので
おすすめです!
「オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る」
  (『お風呂の愉しみ』テキストブック)

      前田京子著 飛鳥新社1800円


制作の為の道具たちです。
全て揃えて6000円位でした。
身近な薬局やホームセンターで手に入ります。
東急ハンズだと専門のコーナーがありますよ!

調理道具も流用できます。
石けんを作る訳ですから、
洗えばまた料理に使えるのです。