ginburako  愛吟集@国内最大級の譜面詩吟動画サイト  クラウン吟友会会員泉田嗣洲

  
 
 
          
クラウン吟友会会員    泉田嗣洲 
 

国内最大級の譜面詩吟動画サイト

20160724 第45回クラウン全国吟詠コンクール西中国地区大会


   愛吟集 @


愛吟集 @  1-180  愛吟集 A 181-226  愛吟集 B  227-     剣詩舞 

   吟題  作者 吟題  作者
1  秋思(許渾)  許渾 逸題  西郷南洲
2  稲村懐古  太宰春台 宝船  藤野君山
3  一の谷懐古  梁川星巌 壇の浦を過ぐ  村上仏山
4  平泉懐古  大槻盤渓 江月     亀田鵬斎
 5  武野の晴月  林羅山 金縷の衣  杜秋娘
 6  立山を望む  国分青崖 勧学  陶淵明
 7  不識庵機山を撃つの図に題す  頼山陽 家兄に寄せて志を言う  広瀬武夫
 8  桜花の詞  作者不明 春望  杜甫
 9  母を奉じて嵐山に遊ぶ  頼山陽 山中の月   藪弧山
 10  清明  杜牧 富士山   石川丈山
 11  汪倫に贈る  李白 早に白亭城を発す    李 白
 12  桶狭間を過ぐ  大田金城 涼州詞       王 翰
 13  獄中の作  橋本左内 偶感       西郷南洲
 14  西宮秋苑  王昌齢 元二の安西に使するを送る    王 維 
 15  清平調詞  李白 八幡公     頼山陽
 16  桜祠に遊ぶ  広瀬旭荘 江雪      柳 宗元
 17  時に憩う  良寛
 寂室元光
 18  山中問答  李白 城東の荘に宴す    崔敏童
 19  両英雄  徳富蘇峰 白楽天の江州司馬に左降せらるると聞く  元 積
 20  焦心録後に題す  高杉新作 隈川雑詠その@     広瀬淡窓
 21  東坡赤壁の図  市河寛再斎 坂本龍馬を思う    河野天籟
 22  天草洋に泊す  広瀬淡窓 鐘山即事  王 安石
 23  母7/17  松口月城 鹿児島客中の作  亀井南冥
 24  潮来  大槻磐渓 宗堂桜  藤上南山
 25  中秋月を望む  王 建 応制天の橋立   釈 希世
 26  桂林荘雑詠諸生に示すその2  広瀬淡窓 春簾雨窓   頼 鴨
 27  亀山営中の作  大久保利通 勧学   木戸孝允
 28 事に感ず 于 濆 偶成  大鳥圭介
 29  静夜思  李 白 独柳   杜 牧
 30  爾霊山  乃木希典 芳野懐古   藤井竹外
 31  舟中子規を聞く  城野静軒 余生   良 寛
 32  除夜の作  高 適 洞庭湖に遊ぶ   李 白
 33  雪梅  方 岳 平和の鐘   小原方外
 34  徳川景山  本宮三香
 35  金剛山  山岡鉄舟 舟八島を過ぐ  正岡子規
 36 雨後登楼   釈 絶海  独敬亭山に座す  李 白
 37 九月十日   菅原道真  春日山懐古  大槻磐渓
 38 九月十三夜陣中の作   上杉謙信  春暁  日柳燕石
 39 菊花   白居易  訣別  梅田雲浜
 40 獄中の作   高杉晋作  春日偶成  夏目漱石
 41 春の花を尋ぬ   菅三品  石鎚山  海量法師
 42 嵐山に遊ぶ   頼山陽  古に擬す  河野鉄兜
 43 絶命の詞   黒沢忠三郎  書懐  篠原国幹
 44 客舎の壁に題す   雲井龍雄  西南の役陣中の作  佐々友房
 45 熊本城   原 雨城  客中の作  李 白
 46 出卿の作   佐野竹之助  中庸  元田東野
 47 偶成   朱熹作  日本刀を詠ず  徳川光圀
 48 日本刀  大鳥圭介   石田三成  川田雪山
 49 長安主人の壁に題す  張謂   烏江亭に題す  杜牧
 50 逸題  山内容堂   志を言う  藤田東湖
 51 江上の船  嵯峨天皇   諸生と月を見る  中江藤樹
 52 異国の丘  源八岳   芳野に遊ぶ  菅茶山
 53 西教寺を訪う  広瀬淡窓   暁に発す  月田蒙斎
 54 偶成  横井小楠   松竹梅  松口月城
 55 名古屋城  松口月城  松山城 小原六六庵
 56 修学  夢窓疎石  百忍の詩  中江藤樹
 57 岩崎谷の洞に題す  杉聴雨   厳島  浅野坤山
 58 筑波山の絶頂に登る  安積艮斎   海南行  細川頼之
 59 楠公を詠ず 日 柳燕石  辞世  吉田松陰
 60 遠山  欧 陽脩   松島  釈 南山
 61 親を夢む  細井平洲  生田に宿す  菅 茶山
 62 夜坐  藤田東湖   蘇台覧古  李 白
 63 春夜洛城に笛を聞く  李 白   松島(水寺茫々・・)  岩渓裳川
 64   大窪詩仏   松前城下の作  長尾秋水
 65 磯浜望洋楼に登る  三島中洲   獄中の作 武市半平太
 66 社友小集  福沢諭吉   花を惜しむ  福沢諭吉
 67 奥羽道中  榎本武揚   法庫門営中の作  乃木希典
 68 時事偶感  杉浦重剛   落花  徳富蘇峰
 69 太平洋上作有り  安達漢城   阿蘇山  安達漢城
 70 風雨寧楽を望む 藤井竹外  鴨川の秋夕  梁川紅蘭
 71 春夕  鱸 沢   晩秋  江木栄子
 72 赤間が関舟中の作  伊形霊雨   自画に題す  夏目漱石
 73 曽我兄弟復讐の図に題す 斎藤拙堂    四海波  本宮山香
 74 小督の局  松口月城  名将上杉謙信  松口月城
 75 船中八策  三井鷺孫   茶延  大野恵造
 76 華道  進藤晴巌   書道  大野恵造
 77 原爆記念日  平川拓鷹   鸛鵲楼に登  王之渙
 78 自ら遣る  李 白   月に対して感有り  王 守仁
 79 辺詞  張 敬忠  山間の秋夜  真 山民
 80 胡隠君を尋ぬ  高 啓   金谷園  杜 牧
 81 秋思  劉禹錫  烏衣巷  劉禹錫
 82 夜受降城に上って笛を聞く67 李 益  折楊柳  楊巨源
 83 出塞行  王昌齢  従軍行  王昌齢
 84 鏡に照らして白髪を見る  張九齢   涼州詞  王之渙
 85 凱旋  乃木希典   甲斐の客中  荻生徂徠
 86 桑乾を渡る  買 島   月夜三叉口に舟を泛ぶ  高野蘭亭
 87 山同志行に示す 草場佩川   白虎隊  佐原豊山 
 88 無題  阿部仲麻呂   山の夜  嵯峨天皇
 89 花に対して旧を懐う 釈 義堂   逸題  篠原国幹
 90 春流  北条時頼   自訟  杉浦重剛
 91 結婚式 安達漢城   水前寺成趣園  落合素堂
 92 自詠  菅原道真   南楼の望  廬? セン
 93 雑詩  王 維   閨苑  王昌齢
 94 清平調詞その2  李 白   清平調詞その3  李 白
 95 越中覧古  李 白   江畦独歩花を尋ぬ  杜 甫
 96 八陣の図  杜 甫   青葉の笛  松口月城
 97 佳賓好主 佐藤一斎  春初に感ず  山本・横山
 98 京都東山 徳富蘇峰   竹里館    王 維
 99 乃木将軍を挽す 杉浦重剛   風橋夜泊  張 継
 100 後夜仏法僧鳥を聞く  空 海   早に深川を発す  平野金華
 101 京に入る使いに逢う  岑 参   重ねて風橋に宿す  張 継
 102 秋思  張 籍   春風  白居易
 103 村夜  白居易  山亭夏日  高 駢
 104 長城  汪 遵   慈恩塔に題す  荊 叔
 105 夏日悟空上人の院に題するの詩 杜荀鶴   春を探る  戴 益
 106 梅花  王安石   湖上に飲す  蘇 軾
 107 中秋の月  蘇軾   鹿柴  王維
 108 問梅閣  高啓   従軍行  乾隆帝
 109 垓下の歌  項羽   夏夜涼を追う  楊万里
 110 酒に対す  白居易   筑前城下の作  広瀬淡窓
 111 川中島の合戦  角光嘯堂   獄中の作  頼鴨
 112 漢江  杜牧   近江八景  大江敬香
 113 妹尾兼康  藤上南山   菅 丞相  河野鉄兜
 114 庚寅歳晩雑詩  鈴木豹軒   剣門の道中にて微雨に遇う  陸 游
 115 花朝殿江を下る  藤井竹外   偶成  松下春嶽
 116 城山  西 道僊  壇の浦夜泊  木下犀潭
 117 金州城下の作  乃木希典   芳野懐古(芳野)  河野鉄兜
 118 泉岳寺  坂井虎山   大楠公  徳川景山
 119 常盤 弧を抱くの図に題す 梁川星巌   黄鶴楼にて猛浩然の広陵に之くを送る  李 白
 120 楠公墓前の作  吉田松陰   逸題  西郷南洲
 121 隈川雑詠その二 86 広瀬淡窓   桂林荘雑詠諸生に示すその三  広瀬淡窓
 122 桂林荘雑詠諸生に示すその四 広瀬淡窓   書を観て感有り  朱熹
 123 暑を山園に避く  王 世貞   山房春事  岑参
 124 金陵の図  韋 荘   三樹の酒亭に遊ぶ  菊池渓琴
 125 秦淮に泊す  杜 牧   峨眉山月の歌  李 白
 126 寒梅  新島 襄   山中対酌  李 白
 127 新涼書を読む 菊池渓琴   董大に別る  高 適
 128 己亥の歳  曹 松   銷夏の詩  袁 枚
 129 失題  勝 海舟   桂林荘雑詠諸生に示すその一  広瀬淡窓
 130 天門山を望む  李 白   楠公子に訣るるの図に題す  頼 山陽
 131 貧交行  杜甫   太田道灌蓑を借るの図に題す  大槻磐渓
 132 山行  杜牧   芙蓉楼にて辛漸を送る  王 昌齢
 133  獄中の作  児島強介   彦山  広瀬淡窓
 134 失題  西郷南洲   梅花  徳川斉昭
 135 偶成  山内豊尹   冬夜書を読む  菅茶山
 136 春夜  蘇軾   磧中の作  岑参
 137 芳野懐古(芳野に遊ぶ)  頼杏坪   水戸八景  徳川景山
138 夜墨水を下る  服部南郭   舟大垣を発して桑名に赴く  頼山陽
139 易水送別  駱賓王   海に泛ぶ  王守仁
140 江楼にて感を書す  趙 ?   雁を聞く  韋応物
141 無題  藤田小四郎   遠州灘を過ぐ  勝海舟
142 身を思わず 高杉晋作   白虎隊  徳富蘇峰
143 海を望む  藤井竹外   夜直  王安石
144 秋浦の歌  李白   初夏の即事  王安石
145 徐州の西澗  韋 応物   春暁  孟浩然
146 阿嵎嶺 頼山陽   半夜  釋 良寛
147 舟由良港に到る  吉村寅太郎   絶句  杜甫
148 壁に題す  松村文三   廬山の瀑布を望む  李白
149 河内路上  菊池渓琴   江南の春  杜牧
150 新正口号  武田信玄   豊公の旧宅に寄題す  荻生徂徠
151 鮫島生の東行を送る  横井小楠   ボウ山  沈セン期
152 蜀中九日  王勃   藤樹書院に過る  伊藤東涯
153 児に示す  陸游   同前に和し奉る  崔惠童
154 郷に回って偶書す  賀知章   子規を聞く  正岡子規
155 九月九日山東の兄弟を臆う  王維   青の洞門  網谷一才
156 春初感を書す  安積艮斎   追悼の詞  安達漢城
157 偶成  新島襄  哀悼の詞  本宮三香
158 春雨  太田錦城  函嶺を過ぐ  頼鴨外
159 柴田勝家  木内陶堂   赤垣源蔵  松口月城
160 宮本武蔵  大橋梧軒   上杉謙信  頼山陽
161 老泣 梁川星巌   山中鹿之助  松口月城
162 山本道鬼 杉浦重剛   堀部安兵衛  菊池東郊
163 大石良雄 松口月城   豪勇義経  松口月城
164 四十七士 大塩平八郎  武田勝頼  佐藤江山
165 新鶯 頼 春水  稀代の軍師  山田美楓
166 赤穂義士を憶う  良寛   埃及(エジプト)懐古  塩谷節山
167 春日家に還る  正岡子規   京師にて家書を得たり  袁凱
168 山中諸生に示す  王 守仁   金州城外の作  谷口廻瀾
169 名槍日本号  松口月城  結納式  本宮三香
170 結婚式 松口月城  男子出生  松口月城
171 女児誕生 松口月城  富嶽  乃木希典
172 絶句 杜甫  春行興を寄す  李華
173 酔うて祝融峰を下る 朱熹   噫八甲田山  逸名
174 洞庭に臨む  孟浩然  芳野懐古  梁川星巌
175 望湖楼酔書 蘇軾  感有り  山崎闇斎
176 稲葉一轍 松平康國  新歳雑談  大沼枕山
177 昔遊を念う 杜牧  詠史  西郷南洲
178 鴻溝を過ぐ  韓愈   月照墓前の作  西郷南洲
179 兵児の謡  末松萍   詠古  藤田幽谷
180 楠公の墓  森春濤   厳島  篠崎小竹
愛吟集 A    




努力し、大きな夢を描きそれを達成したときのイメージをしっかり頭に刻み
イメージトレーニングも必要です。必ずこうなるんだという強いイメージを抱き
練習することが成果として現れるはずです。
自分が舞台でプロとして吟じているイメージをしっかり描くことです。
そうすると自然にそれに近付けると思います。私はそうしたイメージを寝る前に
しっかりと描き近づけるように描き続けましたよ。念ずれば通ずるですよ!!


愛吟集 @  1-180  愛吟集 A 181-226  愛吟集 B  227-     剣詩舞 

20160724 第45回クラウン全国吟詠コンクール西中国地区大会

20151024 中澤春誠吟詠研修会  広島東区民文化センター


クラウン広島吟友会 ポエム・ファンタジー 青龍(大蛇)にさらわれた賀姫

第44回クラウン全国吟詠コンクール西中国地区大会

創立20周年記念 光峰流吟道鈴峰吟詠会


第40回記念 千田地区親睦吟剣詩舞道交流大会     

第43回クラウン全国吟詠コンクール西中国地区大会    

第42回クラウン全国吟詠コンクール西中国大会  特番  

第41回クラウン全国吟詠コンクール決選大会(一ツ橋ホール)

第41回クラウン全国吟詠コンクール西中国大会       

第40回クラウン全国吟詠コンクール西中国大会        
愛吟集 @  1-180  愛吟集 A 181-226  愛吟集 B  227-     剣詩舞 

1