ライン


 2人乗りの自転車を使用して行われます。前乗り選手をパイロット、
後ろ乗りの選手をストーカーといいます。



 パイロットとストーカーの足の回転は直結しており、
2人で力を合わせてペダルを踏みます。
 パイロットには、重い車体を支える強い上半身が要求されます。
 ストーカーは、パイロットに身を委ね、ひたすらペダルを踏みます。

 2人の息がピッタリあったときの一体感、加速、スピードは筆舌に尽くしがたい快感です。
 たとえば1kmタイムトライアルの場合、最高速度は65km/h前後に達します。
 
 障害者タンデムでは、健常者がパイロットを、視覚障害者がストーカーをつとめます。

 日本はこの種目の強豪国の一つで、シドニーパラリンピックでは
日本代表の葭原・水澤ペアが1kmタイムトライアルにおいて
世界新記録で金メダルを獲得するなど世界的に注目される存在です。



ライン