和歌山市

★ 水と緑と歴史のまち ★

和歌山市紀三井寺・清浄水前
見上げれば
桜しまうて
紀三井てら
 松尾芭蕉 清浄水

清浄水・楊柳水・吉祥水
この三つの井戸があったために、
紀三井寺と呼ばれることになったのです。

和歌山市和歌浦・塩竈神社横 和歌山市和歌浦・玉津島神社
和可の浦に
潮みちくれば
かたをなみ
あしべをさして
鶴なきわたる
 山部赤人 玉津島
見れども飽かず
いかにして
包み持ち行かむ
見ぬ人のため
 藤原卿

和歌山市和歌浦・玉津島神社前 和歌山市和歌浦・妹背山
行春を
わかの浦にて
追付けリ
 松尾芭蕉 やすみしし
わが大王の
常宮と
仕へまつれる
雑賀野ゆ
背向に見ゆる
奥つ島
清き渚に
風吹けば
白波騒ぎ
潮干れば
玉藻刈りつつ
神代より
然ぞ貴き
玉津島山
 山部赤人

和歌山市加太城ヶ崎・加太国民休暇村 和歌山市・和歌山城楠門前
藻刈舟
沖漕ぎ来らし
妹が島
形見の浦に
鶴の翔ける見ゆ
 読み人知らず てんてんてまりは殿様に
だかれてはるばる旅をして
紀州はよい国日のひかり
山のみかんになったげな
あかいみかんになったげな
     西条八十

和歌山市湯屋谷・白鳥の関跡 和歌山市雑賀崎・番所庭園
わが背子が
跡ふみもとめ
追ひゆかば
紀の関守い
留めてむかも
  笠金村 紀の国の
狭日鹿の浦に
出て見れば
海人の燈火
波の間ゆ見ゆ
  藤原卿

和歌山市加太・淡嶋神社境内
明るさに
耐えている顔
流し雛 ながし雛
日本の国の
磯を去らぬ
 阿波野青畝

和歌山市岩橋・紀伊風土記の丘
はる雨に
あらそひかねて
吾がやどの
さくらの花は
さきそめにけり
 読み人知らず

和歌山市岩橋・紀伊風土記の丘
いにしへの
人のうえけむ
すぎがえに
かすみたなびく
春立つらしも
 柿本人麻呂

和歌山市岩橋・紀伊風土記の丘
はるされば
まづさくやどの
梅の花
ひとりみつつや
春日くらさむ
  山上憶良

和歌山市岩橋・紀伊風土記の丘
いそかげの
見ゆる池みづ
てるまでに
咲けるあしびの
散らまく惜しも
 甘南備伊香真人


         (いい碑旅だちへ)(岩出町へ)