2007年 渓志会会員からの釣行報告

 ついに2007渓流が開幕しました。
まずは小手調べに、恒例の千曲川へ行ってきました。
 出席者は、M浦、佐T、N田、岡部。小回り利くように、一台に便乗で。
なにせデッカイ奴ばかりだから、心配だったけど、なんとか乗れました。
 土曜日、3時に迎えのはずが、佐Tちゃん1時半に来た。結局一睡も出来ぬまま出発(汗)
前の晩も寝てないし、こりゃ今日は「ハイ」になっちゃうな(爆)雪も無く順調に、いつもの海ノ口着。
先行者数台。
さっそく着替え開始。が、あまりにも気配が無い。こんなはずじゃ・・・みんなも同様、アタリを求めて右往左往。
 晴れて寒さは和らぐも、いかんせんアタリが遠い。そうこうしているうちに、名物の風が出てきて、午前の部はギブアップ。
結局、M浦っちのみが、山女魚3尾とご対面。流石です。尊敬しちゃいます。
もっとも俺も魚は釣ったけどね。
カジカって言うやつだけど・・・お昼は川上駅前の食堂へ。
たまには違う食堂へ。期待した俺らが甘かった。
やっぱここら辺で、美味いものを求める方が間違ってるかと。
さて、午後はこれまた恒例の上流域へ。
午前中ボウズの俺らは、必死です。すると、佐Tちゃんが1尾山女魚をゲットして、満面の笑み。
おまけにM浦っちも今回最大の7寸アップアマゴを釣った。
どうするトモちゃん!
どうする俺!つづく・・・

投稿日時:2007/02/18
 どうするもなにも、釣れないもんは釣れませんって・・・結局、初日は、俺とN田ちゃんはボウズに終りました(泣)気を取り直して、今日の宿、ビジネスホテル中込へ。
予約はツイン2部屋。って事は、当然部屋割りは爆釣組とボウズ組になるわな。
とりあえず風呂入って、飯食って、初釣りの祝杯を♪これぞ遠征の醍醐味
(^^)楽しい時間に、酒が進む。
俺も1本空けましたから!そうこうしてると、さっきまで話をしてたハヤトちゃんが、座ったままいびきzzzはやっ!もう寝てる・・・明日は、千葉支部長が合流するので、俺達も寝ますか。
あ、この時点で外は、雪が降ってました。
翌日、つまり今日、6時に千葉支部長と合流。
釣れないとは言え、実際M浦っちは釣ってるし、魚は居るので、海ノ口でリベンジ。
雪が降ってるが、気合で着替え開始。
この天気、人間側の活性は下がるけど、魚にとってはプラスだったようで、昨日より活性は上がってるようだ。
けっこうアタリが出る。でも、スレてる訳じゃないと思うけど、食いが浅く渋い。
何とか今季初山女魚と対面できました!やった〜!つづく・・・

投稿日時:2007/02/18
 俺と、千葉支部長は下流へ行き、N田ちゃんM浦っちは上流へ。
あいかわらず雪が舞い、寒さも募るが、必死で竿を振る。
俺2尾、O川1尾釣ったところで上流へ。
M浦っちが余裕で1尾ゲットして、竿を畳んでいた。
聞けば、なんとトモちゃんが7尾!も釣ってるらしい(驚)さっそくそのポイントへ小川と行くも、時すでに遅し。
アタリもありません・・・あんたら攻めすぎだっちゅうの(怒)その後、雪の中、極限の寒さの中、O川と2人で、お昼まで粘りましたが、かじかんで、手が動かないのでとうとうギブアップ。
結局、N田ちゃん8尾、O川2尾、M浦っち1尾、俺4尾でした。
バラシやアワセ切れもあったので、魚は確実に居ます。
これから日に日に、活性が上がるんではないでしょうかね。
はあ〜、なんとか山女魚に会えたのでホッとしました。
今回の魚は全て山女魚(ピンシャン)で、岩魚は1尾も出ませんでした。
へ?文中に佐Tちゃんの名前が無い?
彼は日釣り券を買ったのに、今日は竿を出しませんでした・・・そうやって、動かないから太っ・・(以下略)ま、行き帰りの運転を務めてくれたし、宿の手配やら、マネージャーとしての仕事をまっとうしてくれたので、良いでしょう♪とにかくみんな、山女魚に会えたし、楽しい遠征でした。
お疲れ様でした。あ、◎んこ漏らした事は内緒ね(爆)

投稿日時:2007/02/18
  昨日、夜中の3時前になぜか、F坊が来た。訳もわからず車に乗り込み、着いた先は千曲川(爆)A斎とF原が、ど〜しても来い!って言うもんだからつい・・・でね、海ノ口に着いたら、先行車があったの。
でね、よく見たら「渓志会」のステッカーが(汗)

なんとS藤君でした
(><)で、4人でくまなく攻めるも(上の鉄橋〜下の鉄橋まで)、釣れませんって。
マジで全員ボウズです。
エサも、イクラ、ブドウ、キンパクと試しましたが、な〜んにも釣れません。
今日は、カジカさえ、食って来ません。
日曜日、N田ちゃんが8尾も釣っちゃうから、魚居なくなっちゃったじゃん。
すっかり自信を亡くした某副会長は、酒に溺れるしw
とにかく魚を見たいので、午後は支流相木川へ。
寒い中、夕マズメまで粘って、なんとか全員山女魚と出会えました♪魚影は濃かったですよ、ウグイの(−−)ウグイ10尾に山女魚1尾って感じ?
でも、流石はバリバスチャンプF坊。見事本日の最大魚を釣りました。
大きさは19cm!(核爆)行くだけ無駄だった?イヤイヤ、昨日行ったおかげでスッキリしました。
もう、千曲には行きません。
諦めがつきました。でも、誘われたら・・・お願いだから、誰も誘わないでね・・・伸ちゃん、悪い事は言いません。
遠征は止めておいた方が賢明です。ま、ど〜してもって言うなら、考えない訳じゃないですけど・・・
(大馬鹿)
投稿日時:2007/02/21
千曲川〜山女魚2匹&ばらし1匹&はや1匹です。
投稿日時:2007/02/26
 昨日は、秋川上流の解禁に、A斉、M浦、K、N田と俺の5人で行ってきました。
エスコートはもちろんM浦っち♪とりあえず、去年けっこう釣れたポイントへ、二手に分かれて入渓。
M浦っち、N田ちゃん、俺の3人は下流域へ。
上流へA斉、JJで。
暖冬とは言え、流石に寒いっす。
でも我慢できる寒さです。
開始早々、放流モンの良型が釣れて、こりゃ今日も爆釣か!と思いましたが、その後は芳しくなく、居付きの魚はみな小さく魚影も薄いようで、結局放流モンの溜まってる場所のみ、数が出る状況でした。
とりあえずみなそれぞれ、数が釣れたので楽しかったです。
ちょっと水が少ないよねぇ。
一雨振れば、居付きも口を使うと思うけどね。
M浦っち、今年もエスコートありがとう!だけど、いくらムキムキマンとは言え、
この時期泳ぐのはどうかなと・・・
今日は、S藤君がゆっくり、秋川へ行くようです
(^^)
投稿日時:2007/03/02
皆様、
解禁お疲れ様でした!
私、多摩川ハヤ1匹のみ・・・
会長が釣った山女魚
腹の中カメチョロだらけでしたよ。
マニアックな餌、難しいですね
またリベンジしてきます
投稿日時:2007/03/04
 待ちに待った多摩川解禁。さっそくM浦、JJ、佐T、俺、うん?あ、M田も居た(爆)総勢5人で行って来ました。
どこもかしこも駐車場が満車で、結局、沢井のJJのお知り合いに、敷地への駐車を認めてもらい、沢井(寒山寺)へ入渓。
 観光放水で水量多目で良い感じ♪みんなで頑張るもぜ〜んぜん釣れません。
もちろん放流ポイントに入ってる人は釣れてます・・・結局ここでは、M浦っちが成魚の山女魚1尾、ジョジョが外道のマス1尾のみと言う貧果(汗)こりゃ場所換えしかない!と言うことで、夕マズメをリバーサイドに転戦。
これが功を奏して、俺はピンシャンの山女魚7寸と15cmくらいのをゲット!エサはブドウ虫でした。
良かった〜ボウズじゃなくて。でも、先行していた銀渓の連中は、けっこうピンシャンを釣ったようで、最大は25cmだそうです。
今年もイケソウな多摩川でした。みなさんお疲れ様でした!
ちなみに、駒ちゃんは単独山梨は日川に入り、アマゴ7寸2尾ゲットしたそうです。
黒磯支部長N島は、那珂川にて6〜8寸3尾ゲットしたそうです。みんな始まりましたね〜♪

投稿日時:2007/03/04
 今朝7時〜9時半まで、リバーサイドへリベンジに行って来ました。現地で知り合いと待ち合わせ、一緒に竿出し。
俺は、昨日の気になるバラしの事を告げ、昨日と同じ場所をやらせてもらいました。
しっかし、異様〜に暖かい朝です(汗)ブドウ虫をつけ、気合の1投。
あ、竿は今日はレインボーね。コンッ!一発で掛かった!アワセも完璧!すると、すごい勢いで、上流対岸へ走る。ヤバ、切られるかも・・でも、何とかいなせて、タモに掬えば、ぜ〜ったい尺山女魚と思っていたそいつは、ニジマス君でした(爆)しかも、ちょ〜ヒレピン、顔の尖がった34cm。
 各ヒレがオレンジですごいキレイ。昨日のはこいつにほぼ間違いないと感じました。
その後、もう1尾ニジマス(こいつもなかなかキレイ)丁度尺くらいのを釣って終了。
山女魚は俺も、知り合いも釣れませんでした。
美味そうだから、ヒレピンをお持ち帰り♪

投稿日時:2007/03/05
10  3月2日国道8号線の黒部大橋の上、下流を攻めるが○。
3月4日新川橋付近で山女魚2匹岩魚1匹
川虫沢山取れましたね。昨年より1ヶ月早いような気がしますね、温暖化の影響?

投稿日時:2007/03/05
11  本日、2時間程、酒匂川の谷峨地区をルアーで狙いヤマメ25p1尾、ニジマス36〜32p2尾に終わりました。
水温は午後2時の時点で約10度、水量は平水より約15p位多く、水色は白っぽい緑がかった薄いササ濁りでした。
自然増水による濁りとのことでしたがキメの細かい息苦しそうな濁りでした。
同行のエサで狙った二人は1尾とゼロでしたが経験が少ない人達なので参考にはなりません・・・。
投稿日時:2007/03/07
12 昨日、多摩川リバーサイドへ。強風と寒さで早上がり。琥珀が折れているのでHHを使いましたが、流石に多摩川だとしっくりきません。とりあえず、8寸のピンシャン山女魚獲れました。一安心。
投稿日時:2007/03/08
13 本日、放流物。
ねっ!JJさん!
会長に悪いから詳しくは言えませんよね!秘密ですよね。
たまには・・・ねっ(爆)!!
しかし、JJさんは裏道よく知ってますよね。凄いです。
投稿日時:2007/03/08
14  昨日はS藤君と、なぜか塩川、須玉川へ行ってきました。
朝7時、気温マイナス4度。さ、寒いっす。
仕掛けは岩に凍りつくは、ウェーダーも張り付くは、おまけにアタリも無いし(><)
塩川下流を9時半までやって、カジカ1尾・・・さて、次はどこへ?上流へ行ってみませんか?と佐藤君。 それって、去年俺が指折ったところ?さすがにそれはちょっと・・・で、お隣りの須玉川(大門川)へ。
2〜3箇所見て廻るも、どこも先行者バリバリ。
なんとかダム上流に入渓点を見つけた。さっそく竿を出すと、すぐ下流に釣り人が下りて来やがった(怒)仕方なく、2人で上流へ上がる事に。
下の方が良さげだったのに〜。日が昇って、風も無く暖かい。
活性が上がったのか、アタリも出始め、終ってみれば14〜27cmを17〜8尾♪13尾をお持ち帰り。
内訳は、アマゴ5尾、岩魚8尾でした。エサはヒラタ、キンパク、クロカワ、ブドウ虫。イクラは・・
腐ってて、ものすごいニオイだったので、捨てました(汗)
とにかく、10時半から3時半まで飲まず食わずでやってましたんで、疲れました。
ちなみにS藤君はボウズじゃありませんでした。
投稿日時:2007/03/10
15 竹の下でキレイな奴を狙うも撃沈w

お茶を濁しに下奥多摩へ。
目一杯、放流物狙いでヤマメ2、マス3でした。
魚が少なくなっている事もありますが、結構、スレてきてます。

・・・風が凄かったです (-_-#)
投稿日時:2007/03/10
16  3月10日黒部川四十八が瀬で山女魚1匹でした。夕まずめ1時間位で終了。大物の気配が?
投稿日時:2007/03/10
17  今日は午後から、駒ちゃんと多摩川キクマツに行ってみました。
ダム放水で水は多く、異様に冷たい。
もう、その時点で釣果をイメージ出来ました(爆)苦労して、川虫を取り、何度も何度も振込み流す。
途中からS藤君も合流し、3人で日が暮れるまで無心に竿を振り続ける。
その姿は感動的ですらある・・・
午後6時。
車の傍らで、タバコをくゆらせながら途方にくれる3人の男達・・・その男達が出した結論、それは、ココサカナイナイ(爆)しっかし、多摩川っていつからこんなに釣れない川になったんだ?
 駒ちゃんなんか、晩飯のオカズに放流モン、いや、マスでも良いから釣りたい!
なんて淋しいことつぶやいてたし・・・完敗です。
でも、川虫取った量は、俺が一番だったな(そこへいくか〜)(
核爆
投稿日時:2007/03/12
18  今日はN田ちゃんと、丹波の解禁へ。
朝7時前にまずは保野瀬へ。
平日だからとタカをくくっていたら、ちょ〜混雑。じゃあ、本部前に見に行ってみるか♪橋からチラッと見たら・・・尋常じゃありませんぜ、このヒトゴミ(−−)そんなにくっついて、あんたら一体、どうやって竿を振るんだいw
 結局保野瀬へ戻り、ピンシャン狙いで一気に下流へ。
しばらく下るもアタリのあの字も無い(汗)二回目の曲渕を過ぎると、去年まで渡れた所が掘れてる・・・どうあがいても、絶対川通し出来ない(悩)仕方なく、トモちゃんと2人、岩場を命がけでヘツッて無事パス。足跡も無い!やった!未開の地!ココから先はパラダイス♪(←懲りない奴)しか〜し、相変わらずアタリは無い。
パラダイスを信じ、なお下流へ。
うん?なんか今、先の方に人影が見えたような・・・幻か?いや違う、やっぱ人が居る!しかもあの色は、ゼロ竿(謎)少しして、彼が上って来た。
も、もしかして、親川から来たの?そうです!と彼。うっそ〜!なんで〜?まだ10時前だぜ〜!?
 あまりにもアタリが無いので、早く着いちゃったんです・・・思わず納得(悲)やっぱみんな釣れないんだね〜。
ほんとこの時期の魚は、気難しいですね。こうなりゃ、放流モン狙いで行くぞ〜!って思うのが人情。
 ところがどっこい、こいつがまた釣れないのなんのって(汗)途中からF坊も合流して、放流モンを、しかも3人揃ってゼロ竿で掃除にかかる。
あのね、朝はあんなにいっぱい居た釣り人達が、ぜ〜んぜん居ないの。
ポイントがら空きなの。マジ?なんで?って感じ。こりゃいただき!って思うのが人情。
 ところがぎっちょんちょん。
答えはすぐにわかりました。
あ、みんな釣れないから帰ったのね・・・ほ〜んと釣れないんだってば。
寒い中、気合だけで、なんとか5〜6尾ゲットできたけど、それだって釣ったのは、岩のちょっとしたエゴの中よ。
普通のポイントじゃ、全然釣れません。魚は居るんだよ、目の前でルアーで釣ってましたから。
ある程度予想はしてたけど、ここまで活性が低いとは想定外な、丹波でした。こりゃあ、例会もハナから放流モン狙った方が良いかな。けっこう型が良いから(25〜27cm)、引きも楽しいしね。
 まあ、釣れなかったけど、丹波はやっぱ気持ち良いっすね。
事務局長、例会は川虫なんて必要無いと思われますが・・・
俺は、ブドウ虫一本で通します(爆)大体さあ、チャンプに釣れなきゃ、俺らに釣れる訳無いっちゅうの、
ね、N田ちゃん(
核爆
投稿日時:2007/03/15
19  今季初の例会を、丹波川にて行いました。出席者は、O川、吉Y、駒B、M浦、JJ、佐T、N田、S木(ゴッツイ)、岡部の9名でした。
人数まとまったので、数箇所に分かれて入渓。
朝の気温は−4度。
はっきり言って・・言わなくても、寒いっす(爆)
予想通りと言うか、リサーチ通りと言うか、アタリはありません。
あ、俺らは、駒B、佐T、N田で保の瀬に入りました。トモちゃんが、青白い顔して、具合が悪くなってしまい、途中退場に(汗)
ったく、調子悪いのに釣りなんか来ないで、家で寝てなさい・・・奥さんにお迎えに来て頂き、無事帰路へ。さて、一人下流へ釣り下った駒ちゃんが帰ってきません。
 普通なら、きっと爆釣してるんだ!って思うところだけど、今日ばかりは自信があります。
絶対釣れないで、粘ってるんだと。
2時間後戻ってきた。釣れた〜?「1尾だけ」げ!1尾釣れたんだ!(驚)とりあえずみんなに合流する為、役場下へ移動。
すると、他グループはみんな爆釣しているじゃないか(汗)アタリに飢えた俺らは、午後もここでやる!と宣言し、昼飯を食って再開。結局終ってみれば、全員それなりに釣れて楽しめました♪と言っても、ほぼ全て成魚放流ですが・・・ピンシャンはJJと、M浦っちと俺が釣った3尾だけ。仕方ないね、これだけ居着きの活性が低ければ。
N田ちゃんのアクシデントはあったけど、それなりに楽しめたと思います。
予定じゃ、後半は多摩川に下るはずだったけど、釣れる保証は無いし、風も強そうなので、丹波で骨を埋めました。みんな寒い中、お疲れ様でした。
投稿日時:2007/03/18
20 お昼頃から友田に。
いい雰囲気はあるのですが...
かぁ〜ぜぇがぁ〜...
釣れません 
(-_-#)

で、竹の下に移動して何とか1尾。
20cm位だけどキレイな奴。
良かったのか?悪かったのか?

・・・苦行は続く...
(-_-;)
投稿日時:2007/03/23
21 本日は、JJさんにお願いし桂川(都留漁協管内)へ行ってまいりました。
(都留は初めてです)
朝、JJさんに「今日はどんな釣りをしたい?」と聞かれ
「尺ヤマメが釣りたいです」(←腕も無いのに無理を言うバカ)と素直に(爆)答える私・・・
そうして田野倉に着きました。
車を止めた所の少し下流のテトラ帯に行きつり始めるも、アタリが無くしかも、テトラにゴミが絡み付いているらしく根掛り連発(>_<)
梶さんは少し下流に行っていたので、上の橋の下にでも行ってみるかと移動しました。
それが良かったのか悪かったのか、始めてすぐに7寸程のヒレピン山女魚をゲット(^^♪
しかし、その後はアブラッパヤの猛攻に・・・その場をあきらめて、車の辺りに戻るとJJさんがテトラ前で私を手招きしている・・・?
急いでその場に行くと、「今、バタバタって4匹ここで釣れたからやってみな!!」と言われて目が点(・_・;)
スグに仕掛けをセットしやらせてもらうと・・・私にも釣れました
(^^♪
サイズは6寸〜8寸ぐらいでしたが、ヒレピンの山女魚チャン(ウレピ〜)
その後、さらに下流のトウフ型テトラの所に行くもアブラッパヤしか釣れず、さらに下流の淵に移動・・・私が先にやらせてもらうもアタリが出な〜い、しかし梶さんが流すと・・・これが釣れちゃうんです、キレイなアマゴが(流石!!)
そこで時間もお昼を過ぎたので車に戻り場所移動。
コンビニで弁当を購入し一路、川茂へ・・・
昼食タイムの後に流れ込みを偵察(見るだけ)
そして、梶さんに色々とポイント(ゴルフ場等)を教えて頂き最後に着いたのは寿堰堤!!
着いた頃には、風がビュ〜ビュ〜吹いていました。
取り合えず竿を出すも、仕掛けがタコアゲ状態・・・
どうしょも無いので、オモリを3Bの2個付けにし、無理矢理流すと、やっとアタリが・・・釣れたのはまるでマンガで書いた様な目のボロボロマス一匹・・・
orz
2人仲良く仕掛をロストし(笑)、JJさんが一言「もうヤメナイ」私も「帰りましょう」と今日の釣りを終了しました。
いや〜午前中に釣れて良かった良かった(^^♪
結局、私はヤマメ×5匹釣れました。
今日は、JJさんに感謝感謝でございます。
梶さん、本当に今日はありがとうございました〜
m(__)m
投稿日時:2007/03/24
22  昨日はN田ちゃんと桂へ。
午前中は強瀬橋にて9〜7寸をボチボチでした。
良い奴(35cm 位)が掛かりましたが、下流で釣っているN田ちゃんに気づかせようと、チンタラしてたら切れました。
ヤマメだと思いますが、某会長はマルタかマスだと...

午後は猿橋の下流に。
増水後の引き水時に当たった為か、人に叩かれていないのか、瀬でも淵でも素直に釣れました。
大きさは、ここも9〜7寸でした。


・・・大きさは最大9寸位までと、ちょっと不満?が残りましたが、20尾位釣れて楽しめました1日でした。N田ちゃん、お疲れさま!
投稿日時:2007/04/01
23  昨日、会長、事務局長と丹波へ行って来ました。
朝5:30からリバーサイドで川虫取り・・・取り・・・取り・・・
って、何時まで取るんですかY田さん(笑)
取り終わった時間を見たらAM7:00...orz
そして、丹波の山吹橋(コスモ下)へ、川は昨夜の雨の影響なのかほんの少し濁りがありました。
私は橋の下の淵に入り始めると・・・スグに良型の岩魚チャンが釣れました。
その後、下流のぶっつけの淵にいる会長の所へ移動すると会長が「今、スゲーデカイ奴をバラシた」と言ってました(>_<)
私の釣った岩魚を見た会長が「尺あるでしょ」と言ったので期待してしまったが、実際に測ると28センチ・・・
何故、会長が尺あると思ったかと言うと・・・
会長とY田さんの使っている友バックはLサイズしかし、私の友バックはレギュラーサイズ・・・
チャンチャン
(T_T)
Y田さんはその場で3連続バラシをした物の淵尻で31センチの良型のイワナをゲッツ!!
(この岩魚はオザワのHPに出ています)
その後、上流に移動するも私は釣れず・・・しかし、会長はしっかり釣っていた様です。
再び入渓点に戻るとM浦さんが・・・しかも、船にはサカナガイッパイ(^^♪
流石ですね〜♪
その後、保之瀬に場所移動しカップラーメンタイム
食事後に再び始め、駐車場の少し上の岩盤のぶっつけの所で7寸程の岩魚をゲッツさらに上の所で8寸程の岩魚と5寸程の山女魚をゲッツ!!
一人はサミシイので下流に移動し会長、Y田さんと合流しやはり7寸程の岩魚をゲッツしました。
いや〜丹波に来てヨカッタ〜(^^♪
会長、Y田さんお疲れ様でした。
そうそう、M浦さん川虫を分けてもらいありがとうございました!!
投稿日時:2007/04/02
24  昨日は、駒ちゃんと今季初の道志川へ行ってきました。疲れが溜まって、ほとんど寝られずに6時お迎え。雨が降ったりやんだり、曇ったりお日さまが出たり、忙しい天気です。おまけに冷え込みも厳しい。
 去年、大ニジマスと格闘した支流合流の大渕を目指すことに。
歩くの面倒くさいので、支流から降りることに。
降り口を探していたら、眼下に巨大堰堤発見!あそこはパラダイスに違いない!
とさっそく着替える。ほぼ垂直の崖に、親切なロープが2本♪
2人して慎重に下降。ただでさえ寒いのに、堰堤直下はシベリア並み・・・それでも入れ食いを想像し、竿を振る。タックルは、
駒ちゃん気でも違ったのか、ノボリ9mに1号通し(汗)ここは沢だぜ・・・俺は控えめに、ZD7mに0.8号通し(どこが控えめなんだ!)エサはもちろんキジ。
水しぶきを浴びながら、もくもくと流すも、生命反応はありません(泣)ブドウ虫で流していたら、アタッた!タモに掬ったそいつは、ヒレボロのニジマス君8寸くらい(涙)だって、すぐ上が管理釣り場だからね・・・
 しかし、その後は2人とも無反応。何を思ったか、駒ちゃん、中段のタタキの穴の中へ仕掛けを沈めてる。
ノボリ使って、そんな釣りするか普通
(><)が、しかし彼は岩魚マスター。
なんと何かを掛けた!本人はニジマスと言っているが、どう見ても色が違う・・・タモに入ったのは、岩魚。しかもデカイ。
かなり痩せてるけど(そりゃ、こんな所じゃ、エサも無いだろう)尺はある。
計測したら、32.5cm!の立派な尺岩魚でした。さ、さすがは岩魚マスター、恐れ入りました。
写真はファイルに上げときます♪



それからは、あまりにも反応が無いので、道志本流へ。
合流の大淵には先行者2人。仕方なく、俺はちょっと上の、トロ場を。
川へ立ちこんだその時、足に痛みが走った。?ケガ?い〜や、ウェーダーから水漏れでした・・・あまりに水が冷たいので、痛く感じたのでした(爆)
こうなったらもう、集中力は続きません。
俺は本流を諦めて、先ほどの堰堤の下をやることに。駒ちゃんは、あんな長竿だから、そんなに遠くへは行かないべ。
しかし、待ってても姿が見えない。さすがにもう、寒さの限界。ブルブル震えて、仕掛けも流せません。仕方なく、本流へ探しに行くも、全然見当たらない。
あんな竿と仕掛けで、どこ行ったんだ?たき火しようにも、みんな濡れてて火が付かないし。
諦めて、また崖を登って車に帰ることに。さっそくエンジンをかけ、暖を取る。あ〜、やっと温まった♪
極楽極楽。それにしても、駒ちゃん帰ってこないなぁ。
雨も強くなってきたし、雷も鳴ってるのに。
時々、川を覗くも、全然姿が見当たらない。それから2時間半後、ようやく帰って来ました
(−−)なんでも、上流の淵でニジマスが入れ食いだったとか・・・
その後、湯沢屋であったかいうどんを食って、第2ラウンドへ。
投稿日時:2007/04/05
25  さて、後半はどこへ入ろうか?川を見ながら、上流へ。アタリに飢えてるから、なるべく魚影の濃そうな所が良いね。
 しかも川まで近い所
(^^)で、入ったのが水源の森上流の、川のすぐ前に駐車場のある所。
先行者は1人。
着替えてたら、なにやら白いものが・・・げ!ゆ、雪だ!
けど、大したことは無いだろう。そう思い、さっそく竿出し。
俺は、目の前の瀬から。いきなりアタル。
釣れたのは、7寸クラスのヤマメ♪綺麗だけど、放流モン。
それからは、流すたびにアタル。しかし、流すたびに、雪も強くなる・・・もう、どれが目印か、わかりません・・・
 それでも、アタリに飢えた野獣は、楽しくて仕方ありません。
ちょっと上流の小淵に来ました。
もう、辺り一面真っ白です。
でも、釣れます。バンバン釣れます。
大きいのは25cmクラスの成魚ですが、ピンシャンもけっこう太ってます。
本当に入れ食いです。
でも、ヤマメの3倍はハヤが釣れます。
特に、雪が強く降ると、アタリもさらに活発になります。
楽しいです。
針を飲まれます。
針が切れます。
結び直さないと。あれ?手が、指が動かない。
そうです。もう、極限まで指がかじかんでます。
針を結ぶのに、10分はかかります。
今度はオモリを付けなきゃ。
もう限界です。どうやっても、あがいてもオモリを潰すことができません。
ならいいや。オモリ無しで振り込みます。
それでも釣れちゃいます。もう、楽しくってニコニコなんですが、顔が引きつって笑えません・・・
5時のチャイムが鳴りました。
そろそろ止めましょう。
さて、魚をさばかないと。いつものように、ハサミでお腹をジョキジョキ。
したいのですが、はさみも握れません。
かじかんでるとか言う前に、もう、指がパンパンにむくんでいて、穴に入らないのです。
凍傷寸前です。
駒ちゃんも同じです。
今、指相撲したら、赤ちゃんにも負けちゃいます。
なんとか8尾のお腹を割くことができました。
と言っても、エラも内臓の一部も、付いたままですが・・・あとは諦めて、リリースしました。
車へ戻ってきました。もう、雪は止んでます。ベストのポケットから、キーを取り出したいのですが、ポケットのチャックがつまめません(泣)
ほんとに、つまめないんだって・・・2人で格闘しながらも、なんとか車を開け、着替えて、ヒーター全開!!30分、ようやく手の感覚が戻ってきました。
笑顔も引きつりが治りました。
あ〜、生きてて良かった。
帰る頃には、すっかり雪は解けていました。
しっかし、何なんでしょう、今日の天気は。
でも、最後にいっぱい釣れたので、終わり良ければすべて良し。
道志川は今年も、魚影が濃いです。
投稿日時:2007/04/05
26  すぐ近くに居ました♪今日は午前中で仕事が終わったので、道志でも行くかと考えてたけど、道路が混んでるので、とりあえず多摩川方面へ。そういえば最近、秋川に行ってないぞ、で、秋川に決定。
 サマーランド下で、昼飯食ってからエサを取って、上流へ。時間も無いので、アメリカ淵へ。
先行車は無い。今日はエサ取りのままなので、バカ長です
(−−)さっそく竿を出すと、いきなりアタリ。
ヤマメ7寸。
落ち込みに近い方で、都合4尾出た。
ここはかなり深くて、流れも強く複雑だけど、表層を流していても、アタリが出る♪
スレてきたら、今度はヒラキにかけて流すと、ここもアタリが頻繁。
ちょっと重いオモリで流していたら、目印がスーッと横へ。
アワセると、根がかり?のような魚。
流芯をガンガン登ろうとするので、下流に引っ張ったら(岩の上から釣ってるの)切れちゃった
(><)ガ〜ン
今のはデカイぞ(汗)引きからして、大岩魚に間違いない。今年も居たか〜!気を取り直して、粘ってると、また目印が横に動いた。
来た!これもでかそうだ!今度は慎重にやり取りをする。ドキドキしながらやり取りし、ようやくタモに掬ったのは、尺岩魚31cm!やった〜!2年越しの大物だ〜!秋川で初めての尺岩魚だ〜

(喜)

その後も活性は高く、正味2時間弱の釣りで、岩魚2尾27〜31cm。
ヤマメ18〜24cmを10尾。18cm以下はたぶん5〜6尾。
すべてピンシャンです。
とくに8寸は2尾釣れたんだけど、体高も出てるし、良い魚でした。美味そうです
(^^)秋川は春本番に入ったようですね。写真は後日あげますね。M浦っち、明日かたきを取ってきてね。
投稿日時:2007/04/07
27  今日は駒ちゃんが、ダム下に1回しか行ったことないので、行きたいと言うリクエストで、2〜3か所を案内しながら探ってきました。
水は平水で、澄み。いつもなら必ず釣れるポイントも、前日あたりに抜かれたのか、ほぼ無反応。
小ヤマメ3尾に終わる。
次のポイントで、なんとか21、25cmをゲット!まだ痩せてるけど、すごく奇麗な奥多摩ヤマメに、駒ちゃんも感激してました。
側線がピンクで、顔が尖っててヒレが大きい。これぞダム下の魚体って感じでした。
あ、今日釣った魚は、すべてリリースしました(日原も含めて)。
午後はこれまた、駒ちゃんのリクエストで日原川へ。さすがに日曜日だけあって、下流からいたるところに先行車。
結局八丁橋まで行っちゃいました(汗)ここから下流へ下る。
この頃から雨が落ちてきた。
良い感じなんだけど、寒い・・・それでも頑張って、25cmのこれまた奇麗な日原ヤマメを筆頭に、5尾ゲット。
小さいのは2〜3尾釣れました。
駒ちゃんは、アマゴを飼育しているので、岩魚も飼いたいなぁって。
念願かなって、すっげ〜ちっちゃい、しかも真っ黒の岩魚ゲット♪
たぶん10cmは無いと思う・・・良かったね〜駒ちゃん(爆)
流石は岩魚マスター。竿を畳む頃には、雨は本降りに。
こりゃ、明日も竿を出さなきゃいけない日だな
(−−)久々に、それぞれ独特の奇麗な魚に会えたので良かったです。
日原のやつは、全体にピンク色で、パーマークのまんまるいヤマメでした。
投稿日時:2007/04/08
28  報告が遅くなってスミマセ〜ン m(__)m
4月7日(土)にJJさん、Y田さんと共に潤井川へ行ってきました。
朝7時前に富士宮に到着し釣具屋さんに釣り券を買いに行くが閉まっていた為、取り合えずそのまま現場へ・・・
水門上のいつもの場所?に車を止めて釣り始める
流れ込み部ではアタリが無いので、竿を出しながら上流へ移動開始しました。
神田川合流点付近でY田さんが7寸程?のマスを釣り、私も野中橋上の瀬の石裏のタルミで7寸程のマス(ヒレボロ)が釣れました
(^^♪
(実は、この魚が潤井での初の魚でした!!)
その後、梶さんとさらに上流部に移動し、滝戸橋下の方辺川合流点下の瀬で梶さんが尺クラスの比較的にキレイなマスを釣り、梶さんが橋上の方(滝戸橋上)が釣れるよと言って頂いたので私が先行し一段目の落ち込みで8寸程のマス(これはキレイでした)を釣りその後も段々瀬をやってみるもアタリは無かったので休憩しJJさんとY田さんが来るのを待っていました。
Y田さんは一番下の所でデカイ魚を掛けた様でしたが残念ながらバレてしまった様でした。
時間もお昼近くになったので一度、車に戻り昼食タイム!!
野中橋たもとの定食屋で食べましたが中々美味しかったですよ
(^^♪
昼食後に釣具店により日券を購入!!
反り田橋下の小堰堤の所から釣り下り滝戸橋近くまで釣り下るもアタリは中々出ず(梶さんは釣ってましたよ!!)一度車まで戻り小休止!!
梶さんが堰堤上の瀬でポンポンと5〜6尾ぐらい釣っているのが見えたのでその場に行きやらせて頂いたが私は1尾しか釣れず、梶さんが上流に移動してしまったので私も追いかけるが全然追い付きません(汗汗)
富士見橋付近でやっと梶さんの姿が見えたのでゆっくりその場に行くと、「アレJJさんが居ない?」でも、富士見橋と身延線の鉄橋の間にあるテトラ堰が良い感じだったのでこう言う所はデカオモリ〜(ドラえもん風に)と思い3Bを3個付け餌もキジの房掛けにして沈めると・・・黄色い魚が走ったのが見えた直後にアタリが・・・錦鯉でも掛かったかと思ったがタモに入ったのはアルビノ虹鱒(笑)その魚を釣って納竿しました。
アマゴには出会わなかったですが、潤井で初めて魚(マスだけど・・・)が釣れましたし、楽しかったので良かったです。
Y田さんJJさんお疲れ様でした!!
投稿日時:2007/04/09
29  今日は、朝からやたらと誘いメールが(汗)俺だってたまには仕事だっちゅうの(爆)そんな中、M田、S藤君、N田ちゃんの意見が偶然古里で一致。
そんな3人を、俺は仕事を終え急いで追う。
川崎を12時半に出て、3時着。
エサはM田とN田ちゃんに分けてもらいスタート。
N田ちゃんは下流へ。S藤君は目の前の瀬を。
俺はM田の後を追って、上流へ。
バンガロー前まで行くも、小さいニジマス(天然かもね)しか釣れないので、S藤君のやっていた瀬を。
アタリは出るも、食いが渋い。
重いオモリでゆっくり誘うと、掛かりだした。
緩い流れは、いたるところに子ニジマスが居て、エサの消費が激しいから、強い流れを狙う。
良型のヤマメも混じり、なかなかの魚影。
結局、みんなけっこう釣れました
(^^)M田は上流で、8寸含むヤマメをたくさん釣ってきました。
2人で目の前の瀬を行ったり来たりしながらも、数が釣れました。
俺の後でヤマメを出すあたり、上達したもんよのぉM田も
(爆)今季初の古里。
どうなるかと思ったけど、今年も魚影は濃いし、良型もけっこう居たので、夏以降は大物が有望ですね♪
それにしても、意外とスレてるようだったから、けっこう人が入ってるかも。
投稿日時:2007/04/10
30  今日こそ秋川リベンジ!のはずが、夕べ、M田から日原行こうってメール来た。
朝6時に行くと言ってたのに、電話来ないからおかしいと思ったら、寝坊してるし、その後もあと少し、あと少しと時間を延ばされ、すいません遅れますとメール・・・仕方ないから一人で日原へ。
下流はどこも満員御礼。結局先日と同じ、八丁橋へ9時着(汗)さっそく竿を出すも、気配が無い・・・
M田にエサをあげなきゃならんので、あまり遠くは行けない。
それでも、先日あんなにアタリのあったポイントも、生き物が居ない。
活きの良いピンチョロをつけて流す。
仕掛けをあげると、ピンチョロが全然動かない。
不思議に思って、水に手をつけると・・・なにこれ?ちょ〜冷たい。1秒つけただけで、手が切れそう。
雨が降って、ユキシロが入ったのか?
これじゃあピンチョロも心臓麻痺で気絶するってか
(爆)こう言う時は粘っても仕方ないので、場所変えを。
車に戻ると、ちょうどM田が登場。
訳を話して、水温の高そうな下流へ。
この際、先行者は仕方ない。
寺地から入渓。
天気も良く、木々の芽ぶきも眩しく、最高に気持ち良い♪
あまり期待もせず、目の前の瀬を流すとアタリ!が、釣れたのはきれいなニジマス。
パーマークの残る19cm。
さあ、ここからが幕開き。
その後は、ポイント毎に釣れる、釣れる。
全然前へ進めません。と言っても、ほとんどニジマス、放流山女魚ですが、ピンシャンと見紛うようなきれいな魚体です♪
あるポイントじゃ、1投1尾。
2人で1尾交替で流す。ほとんど入れ食い。
たまにピンシャンも混じるし、こりゃたまらん。そんなことやってたら、後攻者2人が追いついて来ちゃった(汗)仕方ない、このポイントは明け渡してあげよう。
朝から、数人は叩いてるはず。エサが違うのか、水温が上がって活性づいたのか定かではないけど、とにかく釣れます。
楽しめます。アタリに飢えた人、お勧めです(笑)
大きいやつは見た目汚いし、不味いので、18〜21cmクラスのみお持ち帰り。
あとは全てリリースしました。ちなみに水は平水で澄みでした。
投稿日時:2007/04/12
31 土曜日の黒磯支部長N島の報告です。
4月に入り、雨らしい雨も無く田んぼに水を引き始めた、那珂川の見苦しいこと・・・ってな訳で、
14日に箒川へ行ってきました。やや渇水気味&釣り人多数。
ヤマメが釣れないと先行者。
それではと、宝刀「零」に天井糸03号、水中糸ハリス共01号に零針3号でクロカワ、ヒラタで釣る事山女魚12尾!6〜8寸をゲット!
お昼までの釣果です。悪コンディションの中、満足のいく釣果に、晩酌飲みすぎました(^^)
以上、西ヤンの報告でした。相変わらず、箒は楽しそうですねぇ♪
投稿日時:2007/04/16
32 昨日、兄貴と荒川に行ってきまちた(>_<)
高砂橋下(ライン下り終点場所):ハヤのみ
栗谷瀬:ゼロ
久那橋下(浦山川合流点):7寸マス1尾とハヤいっぱい
だめだこりゃ...
○| ̄|_
腹いせに鵜避けのテグスを切って来ました
(ウソです、逆に仕掛けを切られた〜)
投稿日時:2007/04/23
33 昨日、夕方1時間だけ丹波へ行って来ました。
奥秋キャンプ場の淵で放流物1匹ヒレピン7〜8寸3匹イワナ9寸2匹出ました。
小雨が降ってきて寒くなったので「のめこい湯」に
浸かって来ました!最高にリフレッシュ出来ました!
なんか肌がツルツルになりました
投稿日時:2007/04/25
34 昨日の箒川の疲れ?なのか、ちょっと喉が痛く鼻水タラタラでしたが、
夕方に桂へ行ってきました。増水気味でとっても良い感じでした。
数投でアタリが出るも、掛からないので、小針にしてようやく喰い込んでくれました。
結果、アマゴ33cm1尾とヤマメの9寸3尾に7寸1尾でした。久しぶりの尺アマゴ!(^.^)
ラッキーでしたね〜。しかし、スレている?のか、ピンチョロで針を隠さないと、
喰い込みがかなり悪かったです。
ちなみに、今回は0.4でタモも9寸枠持ち歩いてました。(^^ゞ
※画像アップしておきます。

正味1時間半なのに、桂は凄いですね〜やはり(^^)
投稿日時:2007/05/01
35 いや〜やっと休みになりますた(^^♪
またまた、長野へやって来ますた!!
本日は臼田大橋(ロケットタワー前)に入渓しましたが、残念ながらハヤしか釣れませんでした...orz
黒川虫はイッパイ取れましたけど…(爆爆)
午後は風が出てしまい早々に終了しました。
あ〜明日は何処に行こうか…
(悩)

今日も行って来ました!!
場所は昨日と同じ臼田(ロケットタワー前)に行きました。
黒川虫を取って釣り始めるも・・・今日はアタリも御座いません(泣)
9時ぐらいまでネバリましたが、触る様なアタリが1回のみでした。
その後、中込の佐久大橋?付近に移動し始めるも釣れてくるのは
ハヤハヤハヤオンパレード...orz
今日は知人宅でイベント?があるためにお昼で上がりました。
釣れない報告ばかりで申し訳ありません。
m(__)m
釣れないのは私の腕が無いからだと思います...orz
投稿日時:2007/05/03

投稿日時:2007/05/04
36 GW最後の釣行に、潤井川にジャンボ、KMちゃん、JJで行ったそうで、見事3人とも尺上をゲットしたそうです!
すごいですね〜。うらやましいですね〜。
あ〜ぁ、俺も行きたかったなぁ・・・へ?
俺も居た?バレちゃしょうがねえ(爆)
いや〜、みんな釣りが上手でまいっちゃいますw
もっとも尺上と言っても、ちっちゃいんだけどね。
え〜と、KMちゃんがアマゴの34cm、ジャンボがヤマメの34cm、JJなんて、33cmしかないアマゴだからね。
俺のニジマスが一番でかかったな。
ジャンボなんて、0.2号なんて細糸で釣ってるし。
ウルイで0.2なんてなめてるよね。それでも釣り上げちゃうところがすごいけど(汗)
そんなこんなで、夜はもちろん祝宴さ。
もちろん俺はヤケ酒さww都留市の健康ランドに泊まり、
 今日は桂へ。困ったら桂!この方程式は不変です。
今日は雨がそぼ降り、連休でスレまくってた魚の活性も↑で、
なんとか30と31cmが釣れました(お前が一番ちいせえじゃん)。
しかもギャラリーの見てる前で釣る事が出来たので、終わり良ければ全て良しって感じかな。
Uターン渋滞が目に見えていたので、早めに切り上げて帰って来ました。
みんなお疲れ様でした♪ちなみに今日、桂で見ていた本流師は秋川に住んでるらしいです。
Mっちとおんなじ腰ビク持ってたので、ひょっとして知り合いじゃないですか?
実家は武蔵村山だって。
投稿日時:2007/05/06
37 5/4 山形庄内のいつもの沢に…。

今日は珍しく同行者。山形T岡出身で、今松Dで友達になった小林君(33歳)が一緒に釣行です。
小林君は釣りをしません。が、嫁と同郷で、同時期に帰省するので折角だからと誘ってみたら、道具一式買い込んでやる気満々です(^^)

いつもの沢は深いですが、それほど難所はありません。
木が多く長仕掛けはむずいですが、その分提灯で分かり易く釣れば初心者でもいけるかな?と。

で、案の定来ました!ズドン!と引き込んで、小林君人生初の岩魚は8寸ほど。喜んでおりました(^^)

へつったり何だりで小林君が5m先行した時、見ていると、落ち込みからの巻き返しの良い所に仕掛けを振り込んだ。
「来た〜〜!」と嬌声一発、ナイスサイズ9寸をゲット!

「指示されて無いポイントに振り込んで釣れたので、めっさ嬉しいっす!」と破顔一笑(^o^)

さてさて、日が昇ると流石に掛かりが悪くなります。
おまけにこの沢初の先行者!聞くと…。
「岩魚ばかり…。ヤマメが居ると思ったんだけど…。」と、通りすがりらしい。
5m前後の竿で、標準的ナチュラルドリフトのおっさん釣師3人組でした。

小林君の時間もアレなので、最後に大淵をねちっこく攻める。
まず私。9寸ほどの完璧な天然を釣る。
うむむ。良く見るとかなり多種な岩魚が釣れる。やはり放流しているのだろうか?それとも岩魚独特の変化なのかなぁ?

攻め方は解った。後は釣るだけと小林君。
途中買ったばかりの竿の穂先を折るというアクシデントに、軽く泣きが入ったけど、私の竿で頑張る。

ひとしきり攻めて反応なし。そこでエサ替えを指示。
次の1投が勝負と踏む!?来た?食い込ませろ!
小林君軽く聞き合わせ、の後、本合わせを忘れる…。

軽く引いた後即バレ…。仕切り直しか…。

と思ったけど、小林君も私も午前中の契約(嫁、実家などと)なので、泣く泣く竿をたたむ事に(^^;

釣果を見れば岩魚9尾(17〜27p)、二人分です。珍しく写真載せます。小林君は3尾と相成りましたが、中々渓流歩きも堂に入って立派なもの!
後は二人とも痩せれば良いんじゃないかな?
結構楽しいでしょ?虫が多いけど…。

そんな訳で、デビュー戦含む07探索釣行は、成功裏に終わったのです(^^)
また行きたいですね。今度は日向川の源流部に!

投稿日時:2007/05/07
38 今日は会社の先輩と黒川へ行って来ました!!
昨年行った上流部は水が少なく手のひらサイズしか出ず下流部に移動し、昨年少ししか竿を出さなかった所(作業小屋のあった所)へ入渓しました。
ここは岩盤で出来た小淵が連続してある所です。
フライマンが先行で入っていましたが、おそらくドライでやっていると思い釣りを開始!!
いきなり来たアタリに合わせが出来ず良型をバラシてしまい超ショック(>_<)
最後にまたやって見ようと下流に移動しながら釣っていきましたが・・・
まあ、私にしては良く釣れました!!
上手い人がやれば、すぐにつ抜けるでしょう(^^♪
そして、始めにバラシてしまった所で再チャレンジして27センチの♂ヤマメをゲットしました。
これは凄く嬉しかったです
(*^_^*)
お昼近くなったので昨年同様、例の定食屋で食事をして午後は定食屋からそんなに遠くない所に入りましたが、釣れたのはヤマベ/ハヤ/カワムツ/新子ヤマメに終わりました。
でも、かなりの数の子ヤマメが入っていたので、秋ぐらいには楽しめるのかも?
以上で報告終わります。
画像を共有ファイルに入れときました。

投稿日時:2007/05/13
39  朝3時半にJJさん宅をKMさん僕で出発、6時過ぎにインターを降りるとポツポツ降り始める。
予報では深夜から降ると言っていたが、降り始めがずれているようだ。
とりあえず、塩原のいつもの?(僕は初めてなので解りません)駐車場で餌を取って始めようって事なのですが、肝心のヒラタが居ません!でも何とかブラシで掻き集めて釣り開始!取り合えず僕は駐車場の下の大岩に。一投目!ヒーット!!でもバラシ。
でもそこだけで5匹位は釣れました。
 上流はJJさんが行ったので、下流の橋の下に移動。
でもその頃から雨が段々強くなってきてカッパだけでは寒すぎます。
橋の下で粘る。
すると良い当りが!でも合せ切れ・・・デカそうだったのに。
 あ〜余計サブくなる、でも雨が止んで来た!すると一気に晴天!でも風がぁーー!
結局、僕は6匹、JJさんは大漁、KMさんは霊を釣って、竿を折る?!
で、いつもの?飯何処に・・・、僕「タン麺」JJさん「ラーメン大盛り」KMさん「チャーシュー麺」を頼むが全然出てこない。
ようやく出て来たラーメンとチャーシュー麺をみてビックリ!ラーメンよりチャーシュー麺の方が1枚チャーシューが多いだけ・・・、KMさんガックリ、やっぱ憑いてる・・・。
午後は下のスタンドの淵へ。
僕は淵の流れ込みへ、7メートルでは届かないので8メートルをこの強風の中振る。
勿論、当りなのか風なのか解らない。半信半疑で竿を上げる、掛かってる、飲み込まれてる。でもそこの淵だけで10匹上げれました。よかった〜!
相変わらずJJさん大漁、KMさん霊が憑いてる・・・。
とまあ、例会前乗り組はこんな感じでした。
例会の釣果報告は誰かお願いします。
投稿日時:2007/05/23
40  今日は、群馬支部長Tが、渡良瀬釣れそうだから来い!って言うので、
ハヤトちゃんと気合を入れて行って来ました。
朝5時過ぎ着。昨日あれだけ雨が降ったのに、水は平水どころか減水(汗)とにかく竿を出しに、
定番ポイントへ。が、すでに竿を振ってる先行者。
仕方なく、あちこち歩き回るも、アタリは皆無。
そのうち、ダム放水が始まり、瞬く間に増水、濁り。
水が動いてチャンス到来と思ったが、相変わらず気配は無い。結局2人ともアタリも無いまま、
渡良瀬を見切り、そのまま利根川は坂東橋へ様子見に。
しかし、利根川は見事に濁流(泣)こうなったら荒川しかない!
で、渋川から高速乗って、一路荒川へ。すでに走行距離は300キロ超・・・荒川に着きました。
が、なぜか渇水・・・点々とポイントを見て回るも、竿を出すまでも無く、気配を感じない
(実際釣り人も居たが、全然釣れてない)。時間は1時過ぎ。
 さて、どうしよう?ここまで来たら、もう多摩川行くっきゃないでしょ(爆)
で、今度は多摩川まで大移動。川井へ行くも、若者達がガンガン泳いでいるので、
最近行ってない和田橋へ。
ここでなぜか、M田と、T内も合流。
俺は久しぶりに下流へ。渡良瀬仕様なんで、エサはもちろんミミズ。
糸は1号通し(なめてる・・・)
ところが、こんな仕掛けでも釣れる時は釣れるもんで、終わってみれば、20〜29cmヤマメを6尾!8寸オーバーは3尾!特に泣き尺は、すごい体高で引きが強かったです♪
朝からさんざんドライブして、結局多摩川が一番釣れるじゃん(核爆)あ〜、
朝から多摩川来てれば、尺も出たかも(涙)はぁ疲れた。
ちなみに某JJは、桂へ行って、尺4本!だそうです。まいりました。
投稿日時:2007/05/26
41 尺は35、31センチの2つ。
上ってる〜って感じの魚でした。
その他、流れの中で、かなりデカイ山女魚が定位してました。
2匹目撃。渡良瀬番長の竹も、その大きさにびっくり。利根上がりの固体数は少ないと思いますが、掛けてみたい。
今日、私の流す黒川、ミミズを避けているのが見えました(泣)
投稿日時:2007/06/02
42 ゆっくりお昼過ぎから喜久松へ。
以外?とアタリも多く、釣れました。
定時?の5時までやって、
ヤマメ8尾(27〜20)、イワナ1尾、マス2尾。
と、上々の結果でした。
ヤマメは全てキレイな奴です。

久しぶりの多摩川。
水は清く、美しい!
でも、水は冷たく、立ち込みでの釣りなので寒かったです。
腰に来ました。
投稿日時:2007/06/03
43 昨日は丹波に行ってきました。
山吹橋(コスモ下)に入渓、始めると…
凄いです!!どこに仕掛を振り込んでも釣れます…
手のひらサイズですけど...
orz
そのまま釣り下りヘリポートの下辺りの淵に来ると…
良い重さの引きが〜でも、釣れたのは尺バヤ(マルタ)でした。
結局、午前中で餌が無くなってしまいそのまま終了しました。
ちなみに、最大は7寸ヤマメ1尾だけだけでした。
投稿日時:2007/06/04
44  昨日はJJの好きなS藤君と、丹波へ。
久々だな〜♪でも、最近は釣れないようで、チャンプをもってしても撃沈、
Mっちでさえ7尾とか・・・下流は人が居たので、羽根戸橋へ。
水量は増えてないけど、笹濁りで良い感じ。エサはもちろんミミズ。
午前中いっぱい探るも、キープは5尾、22〜25cmすべてアマゴでした。
稚魚がかなりうるさいですね。
エサが無くなっちゃう(汗)天気も良く、マス釣り場のそば屋で昼食。
久々のまともなメシだったから、眠くなっちゃって、しばしお昼寝。
夕マズ目は役場下へ。しかし、f坊の言ってたとおり、マルタのオンパレード
(><)
型は25〜30くらいだけど、ものすごい数でした。
結局、キープサイズは出ず、気がつけば7時過ぎてるし・・・日が伸びたねぇ。
あ、午後はかなり濁りが入ったので、上流で工事やってるんだね。泥がすごいです。
投稿日時:2007/06/14
45  さすがに毎日だと、疲れます。
もう、明日は休む!って夜は思うんだけど、朝になると呼ばれちゃうんだよなぁ(爆)
今日は多摩川へ。
俺は美味しいニジマス求めて、リバーサイドへ。
某M田は、JJのリベンジに喜久松へ。
奥のテトラ前をやろうと思うも、先行者2人。仕方なく、上の崩れたテトラの落ち込みへ。
が、ここも所Zナンバーの先行者。
空くまで下流の瀬を。
たまにアタリはあるが乗らない。
少ししたら、親父が竿を畳んだ。どうでした?いや〜ダメだねぇ。
食いが渋いよ。との事。
今年初めて来たけど、往年と流れが変わって、かなり良い感じ。
その代り、上流の流れ込みの瀬は、ダメになっちゃったけどねw
散々攻められた後だ、いきなりガンガンの白アワからミミズを流す。
2投目、スコッって目印が引き込まれた!アワセると、かなりの引き。ガンガン首振ってるけど、
この大きさじゃニジマスだな♪ま、待望の、狙い通りの1尾なんで、引きを楽しみますか。
お〜、けっこう引くなぁ。ありゃ、グリングリン糸を巻きつけてるよ。
まるでヤマメみたいじゃん。さて、そろそろフィニッシュへ。
半ば強引に竿を立て、魚を浮かせると、そこに居たのは、ヤマメでした(><)
で、でっけ〜!急いでタモに掬う。は〜、まさかヤマメだったとは、良かったあバレないで。
って、針、思い切り飲んでるし・・・やる気マンマンじゃん。
成魚上がりの魚だけど、かなりきれいに復活してて、なかなかの魚体でした。
その後は佐T君、M田も合流して、強風と雨の中頑張ったけど、大きいのは出ませんでした。
M田は、かなりのやつバラしてましたが(汗)この辺の子ヤマメは、他より型が大きいですよ。
十分塩焼きにできるサイズです。ニジマス狙った俺に、尺山女魚がきて、尺山女魚狙った松M田に、ニジマスが釣れるとは、皮肉ですね(−−)
写真はうまく撮れてれば、ファイルに乗っけます。ちなみに大きさは35cmでした。

投稿日時:2007/06/14
46  今朝は、早くにメールで起こされた。Mっちだ!丹波に入るって。
なら、行くっきゃないじゃん(汗)俺は昨日の雨に期待して、バックウォーター、親川へ入渓。
笹濁りでいかにも♪水自体は多くは無いけどね。いきなり9寸ヤマメ!その後はニジマス連発。
日が差してくると、マス系のアタリは消え、ハスやマルタの入れ食いに(−−)
結局、サクラ、サツキは出ず。
その後は保の瀬に入るも、人が多くて、ヒラタエサでも4〜5尾キープがやっと。
しかし、ゼロが多いね最近。
ここで、Mっちと合流。気温は29度。
暑いっす。水も少ないし、人も多いし、場所移動しようか?
どこぞ良い所・・・Mっちが日原川に行きたいとリクエスト。
では日原へ。大沢マス釣り場下流から入渓。先行者が居ると思ったけど、
だ〜れにも会いませんでした。きっと午前中で上がったんだね。
さすがにマスはきれいさっぱり抜かれたようで、釣れるのは全てヤマメ。
たまに岩魚。終わってみれば、8寸クラスの良型が結構出ました。
やっぱヒラタは効くねぇ(^^)MMっちは、俺の倍くらい釣りました。
成魚も残って無いようで、みんな綺麗なピンシャンでした。
日原ファンが、また一人増えました♪Mっち、一日お疲れ様でした。
今度は上流へ行ってみましょう。
投稿日時:2007/06/23
47 圏央道開通記念に桂川に行ってきました。
場所は田野倉。黒川採って始めると結構いい感じ。
少し下って前回も良かった深めの瀬でやりました32センチ山女魚!顎に糸がグルングルン巻きついてます。
その後竿1本ずらして31センチ!
ついてる時はこんなもんなんですかねー。
その後もぽつぽつと来て午前中で6匹とます2。
転んだりなんだりでパンツビチョビョであがりました。
 帰りは大月から入間インターまで◎◎◎キロ巡航で30分!
高いが早い!山梨が近くなりました!
投稿日時:2007/06/26
48  釣れるまで通おう自由業(爆)俺は病気だから、勘弁してね(−−)
さて、今朝は雨の予報なんで、娘を送ってから多摩川へ。
 昨日、正体不明のモンスターをバラしたんで。
時間は9時半、すでに車が3台も停まってる(汗)1台は完全に鮎師、後は不明。
急いで着替えて行くと、幸い先行者は無し。ずっと下流にルアーマンらしき人影は見えるけど。
雨を期待してきたけど、全然降りそうもないし、
水は、今までで一番少ないし・・・まずは昨日バラした辺りを流す。全然アタリは無い。
業を煮やして、対岸へ渡る。
先日捕った辺りを流していると、アタリがある。
食い込みを良くしようと、ブドウ虫で流すも、瞬間的にエサを取られちゃうwそれならと、
勘であわせるも、掛からない(汗)少し場を休ませてから、ミミズで流す。
アタリ!今度はかなり送り込んでから、思いっきり大合わせ!したら、
魚が飛んで来た(><)なんじゃこりゃ〜?ニゴイ?いや、カマツカでした。
その後はアタリも無く、時間だけが過ぎて行く。
時間はもうお昼。
そろそろ疲れも限界だなぁ。気分変えるために、流れ込みを流していたら、糸がスーっと走った。アワセると掛った!かなりデカイ♪でも、俺には分かっていた。
こいつは鯉だと・・・けど、ギャラリーが見てるのでね、ちょっとパフォーマンスを。
下流へ走っちゃったので、秘技!扇返し!をやったら、切られちゃいました(馬鹿)あ、
アタリが遠いので、ゼロハチにしてたんです。
いつもは1.5号だけど。そんなこんなで、時間は1時過ぎ。
いい加減体力の限界なんで、1時半になったら仕舞おうと、最後の気力で流す。
ほとんど流れは無いので、神経質なまでに筋をキープさせる。
流しきりで、糸が走った!すかさずアワセると、すごいスピードで走る!
キタぁ
!これは本命だ!!ぜ〜ったい捕っちゃる!
つまづきながらも、腰上まで入って行き竿を伸されないよう必死。
今度は上流へ!早い早い、でも、これが運のつき。そのまま浅い方へ引っ張り、
急いで俺も岸の方へ。
浅場で遊ばせるとバレちゃうから、急いでアジャストしてちょっと強引にタモへ。
捕れた〜!やったぞ〜!
そこには、すごい体高のちょっと鼻曲がりのヤマメが。メジャーを当てると、41〜2くらいはある。
うれしかったので、オザワへ行っちゃいました。案の定、2時間も捕まりましたが・・・ごめんなさい、
これから娘を迎えに行くので、写真等は後ほど!

亀の恩返しW
投稿日時:2007/07/02
49 仕事の研修で中々行けずに久々の釣り多摩川へ。
2時過ぎから5時まで和田橋。
水は高く濁りはなし、かなり良い感じ。
好条件のお陰で川降りて目の前の淵尻でギリ尺山女魚ゲット。
尾っぽが冷水病だし、身は白いけど、うれしいから食べちゃうぞ!
投稿日時:2007/07/14
50 昨日と同じく和田橋へ。濁りと増水でヘチ狙い。
しばらくすると、怪しいアタリ、半信半疑であわせると、おっ、魚。
すかさず、二度あわせしてしっかり針掛。
後はこっちのもの。少し引きを楽しんでタモへ。
おっ、尺ありそう・・・でもまた微妙・・・。
一目で尺とわかる魚釣りなさい!と会長の一言。確かに。
車に戻り会長にメジャーをあててもらう時、やり取りしている時より緊張した。
でも良かった連日のギリ尺。
次回はもっと大きいの釣りますよ。運に任せて・・・。
投稿日時:2007/07/15
51 14日、桂にJJさんと行って来ました!
「ポイントに一番乗りしなくては」って事で3時にJJさん宅を出発!
ヨッシャ!お代官コースって事で青梅インターから乗るも40分後には、ハエー!!
JJさんは目の前の淵へ僕は下のドン着きの淵へ着くも異様に水が少ない、
でもここは尺が出てるし、ネッO川さん!
でも、反応が無い!オカシイ!餌なのか!で、アカピン、クロカワ、挙句の果てにはマゴタロウ。
皆無反応!
そうこうしてるうちにJJさんが下って来た、話しを聞くと上の淵も無反応との事。
さてどうしましょう?
強瀬、岩殿と見て回るも先行者が居るので仕方なく笹子合流へ。
JJさんは駐車所の前の淵へ、僕は上流のテトラ淵に。
ココで運が回って来ました!9寸イワナと8寸と尺山女!ヨッシャー!!
でもJJさんに計って貰うと微妙に足りない、ハ〜又しても・・・。
で、浅利合流に行くも小ヤマメのみ。
雨も強くなり濁りもきつくなって来たので、ココで終了。
桂と相性悪いんですかねヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・
JJさんはしっかり尺上を釣ってました。
投稿日時:2007/07/15
52  今日は延期となっていた、第2回利根川大山女魚大会へ、群馬支部長T内、ハヤトの3人で行って来ました。
ヤマメ道のM上氏も加わり、4人で去年と同じ宮田橋へ。
水は少し高く、濁りは無し。いわゆる、最高の状況。
これで釣れなきゃ、竿折っちゃいます!って言う感じ♪
が、ふたを開けてみれば、全然釣れません(汗)と言うより、雑魚や外道もアタらないの。
これは魚の活性そのものが、極めて低いせいでしょう。なんで?この水でなんで?
ついて出る言葉はそればかり。
4人とも撃沈。他に、極無会2人が先行していたが、やはり撃沈。
時間も押し迫った9時半、意を決して場所移動。
大正橋へ。しかしここも・・・結局、4人全員ノーカウント。
で、釣れなかったので、宣言通り竿を折っちゃいました(爆)
あ〜あ、もうさいて〜(−−)
検量は尺上が2本のみ、最大は34cmと、やはりみな不調だったようです。
今回、決勝は10人。
堰の周り、ここぞと言うポイントにみんな入りましたが、なんとここでもノーカウント。
結果、去年と同じ、予選の順位がそのまま確定。
だから、優勝は34cm!ってことで、初代チャンプのY田の記録は、守られました(^^)
しかしねえ、ほんと、なんでこの水で釣れないのか?魚の気持ちは解りませんw
タケ、ハヤトちゃん、暑い中お疲れ様&ありがとう!まあ、それなりに楽しめたんじゃないかと。
投稿日時:2007/07/22
53  昨日は多摩川へ。
今、水が多いから、とにかく竿を出さないとね。
で、M田のお勧めの奥多摩橋下流へ。
河原まで車で入れる所ね。
狙いは、目の前の淵。
しかし出遅れたせいで、先行者(共にルアーマン)2人。
良い所を陣取って、粘って全然どかない(怒)やっと空いた!と思っても、
携帯に電話やらメールが重なり、竿を出せません(泣)
そうこうしているうちに、M田が到着。
M田の車は、いわゆるシャコタンなんで、あそこは入って来れません。
だから、上に車を置いて、竿も持たずに見に来たのです。
せっかくポイント譲ってあげようと思ったのに、じゃあ、俺がやっちゃお♪1投目、アタリ!
合わせ決まらず。2投目、今度はバッチシ。結構な引きに、お得意の大げさなパフォーマンスで、
周囲の視線を集めてタモに掬ったのは、大山女魚!鼻の曲がった、体高のある35cm(喜)
やりました!こいつは、食う点を見極め、狙って掛けた1尾なのでうれしかったです。
当然M田は悔しかったです。
その後は、すかさずルアーマンに場所を取られ、鮎師やレジャーも増えて来たので、
場所移動。一人ではまだ行きたくない、下奥多摩橋へ。
ラッキーな事に車が駐車できた。さっそく橋の下の大渕を攻める。
M田は子ヤマメを掛けまくってる。
流石だ。俺には掛からない・・・キタ!まあまあの型だ。なんで、俺に掛かるのは大きいんだ?
(−−)それはさておき、ちょっとやり取りして、タモに入ったのは、これまた尺山女魚!成魚上がりで、あまり良い魚体じゃないけど、それでもうれしい31cm。
あ〜、良かった。
本当は上流の曲がりブチへ行きたかったけど、水多くて渡渉出来ず断念。
でも、釣れたので良かったです。
多摩川、今年もキテマス
投稿日時:2007/07/22
54 21日(土)に荒川へ行って来ました。
前日からの雨の為かかなり増水していました。
巴の吐き出しは流れが変わってしまった為、吐き出しポイントに近寄れず(危なくて)断念。
浦山川合流点にいくがこちらも増水の為、合流点には近寄れず少し上の堰堤にいくがハヤとヤマベしか釣れません。
さらに場所移動し守屋オトリ店下のぶっつけのポイントへ…
水が少し減った様でなんとか釣りになりそうです。
早速始めるもアタリは中々来ません…
少しずつ下流に移動しながら釣っていると目印が消しこまれるアタリが…で、釣れたのがジャスト尺のヤマメでした。
戻りでは無い様ですけどとにもかくにもやっと尺が釣れたのでうれしいです。
いや〜少しホッとしています。

ウヘヘヘ…(^^♪
2007/07/23
55  毎年この時期に、A倉氏幹事による狩野川遠征をしていますが、今年はみんな多忙のようで、出席者はKM、M、山女道M上、A倉、岡部の5人で行って来ました。
昨晩花火大会だった俺は、一睡もせず参加。
6時から実釣。水はほぼ平水(だと思う)、大水が出た後の為か、石も洗われすごく透明度が高く良い感じ。こりゃ、かなり釣れそうだな♪
朝一は実績のある、長野川合流付近へ。
しかし、ふたを開けてみれば・・・先日の利根川とおんなじ。
この水で、なんで釣れん!ってなりまして、ここでは村上氏が40cmのニジマスを釣っただけで、
アマゴは7寸止まり。その次は、去年魚の溜まっていた上流の堰堤下へ。
しかし期待に反して、ここも不発。時刻はお昼。とにかく暑いし、眠いし、とりあえず昼飯タイム。
さて、これだけ渋いと、本流筋はあきらめ(鮎師も多いし)、大見川へ行った方がと、A倉氏の意見。
みんなもこれに賛成し、大見川へ転戦。川に着くも、なんか釣れる気がしない・・・って言うか、
もう体力の限界。
で、M上氏をのぞく全員で、お昼寝タイム。
1時間半くらい寝て、気力も充実(^^)時刻はもう4時。
最後の場所移動で、少し下流へ。めずらしく先行者(エサ)2人。
入れ替わりに開始。
俺は大渕で粘ることに。だけどアタルのはハヤばかり(−−)しかも段々型が良くなり、尺ハヤ連発。みんな釣れてるのかなぁ。
ミミズももう底を尽きてきたし、あと2〜3流しでやめようかな。
一段オモリを軽くして、流しているとアタリ。アワセるとけっこうな重さ。
どうせまた尺ハヤだろうと竿を立てたら、一気に底へ走る!うん?こいつは本命かも。
そんな心のスキを見透かすように、だんだん引きが強くなって、竿が水面に入りそう(汗)
それでも必死で耐えて、なんとか浮かしたけど、今度は取り込めない。
岩場の上なんで、タモが届きません・・・仕方なく、腹ばいになってタモを差し出し無事ゲット!
すごい体高の、綺麗なアマゴ。大きく見えたけど、実寸は33cm。
でも、最後に巡り合えて幸せでした。
やっぱ勝因は、昼寝かな。あの時昼寝して無かったら、ここまで粘れなかったと思うから。例によって、俺のデジカメ、携帯はともに電池切れで、KMちゃんに撮ってもらいました。
ありがとう!KMちゃん。そして、お疲れ様でした。
投稿日時:2007/07/30
56 昨日は、私の友人と千葉支部長と古里に入渓しました。
古里の駐車場にAM4:00着(早っ!!)
てくてくと斜面を下りて開始するも、中々厳しい感じです。
支部長はそのまま釣り下っていくようなので、私は少し釣り下ってUターンし下り口の上に移動し竿を出そうかと川を見ていると・・・あれっ?水が増えたか?
ダムの放水の為か分かりませんが少し濁って水も増えて良い感じ♪
早速と始めると・・・
もう大変です、入れ食いですよ入れ食い!!
余裕で50尾は釣ったな!!
ただし、手のひらサイズですけど...orz
下り口に戻り支部長が帰るとの事で、まだ餌が余っているので下り口周辺で竿をだしたが、やっぱり子山女魚と9寸程のマスのみ・・・
餌も尽きたので10:30ぐらいで上がりました。
ここの帰りの上りは本当にキツイです(>_<)
車に戻り着替えていると・・・M田さんが来ました。
少し雑談して私は友人と日帰り温泉に行き汗を流して昼寝して帰宅しました。
やっばり、古里はまだ早かったですかね・・・?
投稿日時:2007/07/30
57 今日は、会社の先輩と共に根利川へ行ってきますた。
朝六時前より始めるも釣れて来るのは手のひらサイズの魚ばかり(全て岩魚と山女魚です)です。
その後、場所換えをしようと言う事になり支流の倉見川に行き釣りを開始するも、若干サイズUPしましたが、最大は8寸の山女魚と7寸岩魚でした。
暑さに負けて11時半ぐらいに終了し、日帰り温泉で汗を流して帰宅しました。
今日は釣りの途中で監視員の人が来たのですが、この辺りでも川鵜の被害にあっているとの事でした。
どうしょもないですね〜
でも、ここはハヤ等の外道がいないのが良いんですよね〜
以上です。
投稿日時:2007/08/04
58  今朝はヤマメ道のM上氏と多摩川へ。
行くはずが、朝、連絡付かないし・・(汗)さて、どうしよう?秋川行くか、やっぱ多摩川かな。
よし、久々に多摩川行こう!(オイオイ)とりあえず和田橋を覗くと、すでに釣り人(鮎師?)
あり。じゃ、上流の淵へ行ってみるか。相変わらず水は多く笹濁り。
かなり良い雰囲気。どこもかしこも良い流れに見えて、目移りしますね。
まずは下流から探る。あ、その前に草むらでウン〇したけど(爆)
どうも、ポイントを目の前にすると、もよおしちゃってね・・・さて、気分すっきり釣果もすっきり♪
ただでさえ押しが強いのに、水が多いからなおさら入れにくい。3B2個から4B2個にしたら、アタリ!と思ったら、すでに竿ノサレてるし。急いでついて行くと、あら〜、ここ深いのね。胸まで浸かってしまいほとんど立ち泳ぎ。もう、魚はグリングリン糸を巻いてるし、バレちゃう〜(汗)
なんとか態勢を整え、しばらくイナシテ、無事タモへ。
かぁ〜、こいつも体高あって、良い魚だな〜。タモの中ではすでにハリが外れてるし。
追い合わせしても、これだもんなぁ。良かったぁバレないで。お!こうしちゃいられない。
逃げられる前に写真写真。トモちゃんのおひざ元だから、報告しなきゃ。
で、すぐに駆けつけてくれましたトモちゃん。
計測の結果、これまた35cm、やや鼻曲がりのカッコいいヤマメでした。

その後は、寝坊のMっちも合流してずっと同じ所で粘りましたが、水が余計に増え、
もはや4B5個でもたまにしか、底へ入りません・・・当然、アタリも取れません。
やっぱ早起きは3文の得ですね。って言っても、俺も着いたの6時半過ぎだけど。
しかし、最近の多摩川は、アベレージサイズが上がってます。
やっぱ水が豊富だと、成長も早いですね。
キテマスよ〜、多摩川。今日は食わせて頂きます♪
投稿日時:2007/08/05
59 S藤君が岩手に行ってるそうで、葛根田川って言う川で、8寸クラスのヤマメ、
入れ食いを堪能したそうです。
岩手の川はスレテて難しいと聞いていたのに、大したことないね♪って。
千葉支部長、ぜひ岩手へ行きなされ。
貴方なら、かなり釣れるはず!山形も岩手もそんなに変わらんべ?
同じ東北なんだから。
投稿日時:2007/08/07
60 会長の仕事を尻目に、行って参りました。鬼怒川水系。

えぇ〜アタリは皆無で無いものの、スレているというより、魚いませんよ〜。
(※何を今更…)

支流ですが、
西鬼怒川は、山女魚らしきアタリは、激早の一回のみ。大物ライズ有り。
田川は、ハヤのみでした。以前、爆釣の噂を聞いたリンゴ園付近でしたが、
ちょっと時期が遅すぎたようです…
って、感じです。

本流は3箇所程回って、小林橋上流で25cmの山女魚が一尾のみでした。
とはいえ、
ガンガンで掛けたので、結構、引き楽しめましたし、薄っすら婚姻色で
何気に良いヤマメでした。^^
貴重な一尾なので、画像アップしました(^^ゞ

会長、お仕事お疲れ様でした〜。
次回は、是非ご一緒に。
投稿日時:2007/08/07
61 本日S藤君が、利根川は棚下にて、尺を優に超えるヤマメをゲット!
しました(正確には測って無いらしい)
一昨日岩手遠征から帰って来て、昨日は朝から多摩川で竿振って、
その足で利根川行ってのご褒美でした♪それにしても独身貴族、セレブな生活していますw
先日は、ジャンボと箒川行って、40cmクラスにブッチ切られたそうですよ。
ジャンボも尺をバラしたそうで、魚影はかなり濃かったそうです。
秋にはまた行きたいな。
ちなみに泊まったのは、当然ニュー塩原。うちらとは、次元が違います(><)
投稿日時:2007/08/10
62  昨日12日は、Y田と久々に桂川へ。
毎度の笹子合流。朝4時半、先行者無し。
と思ったら、1台軽バンが来たと思ったら、そくさと上流へ消えて行きました(汗)
その後、バイク野郎が2人、やはりヤマメ釣りだそうで、さすがはお盆って感じ。
Y田は合流下を、俺は一気に下流ドン突きへ。水はほとんど平水。
流していたら、デッカイのがライズ。思わず気合を入れる。
ほどなくしてアタリ!かなりの引きに、足場悪く動けないので、ヒヤヒヤドキドキ。なんとか寄せて、タモを差し出した途端魚がくるり、キラキラと水中へ・・・バレました(泣)逃した魚なんで大きさはなんとも。たぶん40cmにちょっと欠けるくらいかと。
その後、またアタリ!今度のは、さらに引きが強い!ものすごいローリングをしたと思えば、一気に下流へ走ってジャンプ!その後の底への突進で、0.8号の根元から切られました(大泣)竿が折れたと思うくらいの、バチンッ!って音がしました・・・こいつはデカイっすよ。
ものすごい体高で、鼻曲がりの40後半はあるやつでしたね。早い話が、結局は大物は1尾も捕れなかったんですが、今、笹子の合流近辺に、ゾロゾロと大山女魚が溜まってます。
何尾も見えるし、跳んでるしね。あ〜あ、それにしてもデカかったなぁ。
エサはミミズで、クロカワだと外道がうるさいです。その後は、人ごみ、猛暑でアタリも無く、多摩川へ転戦。Y田の希望でBS前へ。山女道M上氏も合流し、4時過ぎから開始。
観光放水で、水はまた多い。こりゃ釣れそう♪確かに釣れるけど、ひじょ〜にスレてる?
ありゃ、良く見りゃ、下流に先行者。
そいつ下流へ渡ったは良いけど、帰りは見事に溺れてましたからww
皆さんも、無理な渡渉は止めましょうね(−−)
それからひたすら流すも、23cmが最大。
もう薄暗くなって来たんで、上流のM上氏のところへ帰ると、来た!と叫んでる。
見るとハザマが良い曲がり。無事タモに掬ったのは、見事な魚体の尺山女魚!オザワ計測30.5cm!流石です(^^)今日も最後に良い魚が見られたんで、良かったです。
俺に掛かればナオヨロシ(爆)しかし、真夏のハシゴは疲れます。
おまけに桂で、右腕をブヨに刺されてパンパンだしwさすがに今日は、家で休養です。多分ね・・・
投稿日時:2007/08/13
63 山形への嫁の帰省に伴い、いつも山形探索してましたが、案外とヤマメの安定供給は難しいのです。

そんな訳で佐藤さんの岩手爆超の報を受けて昔の炎が燃え上がりました。
千葉から岩手に行くより、山形は酒田から秋田内部に行くほうが近いでしょ?おれ何やってんの??って感じで気合を入れていってきました。

最初は子吉川水系の丁川と笹子川を見ましたが、渇水気味だし釣趣が湧かない感じ…。
まだ全然夜明け前だし道は空いてるし、一気に40キロ移動を決意!って言っても30分しか掛かりませんけど…。

昔から憧れていて、噂は聞いていた川ってあるじゃない?岩手県の猿ヶ石川水系の雫石川とか…。
今回は秋田県なので、雄物川水系の役内川に行ってきました。

国道からの眺めは今一!水は少ないし、だだ広い河原と浅い流れ…。しかし核心部は取水が少ないはずだと10キロほど上流へ。目星を付けた橋に付くと…。
行ける!まだ少ないが釣りになる!やってやる〜と気合を入れて降りてみました。

橋の直下ですぐに振り込む。ザラ瀬の流れが拡散し収束する複雑な流れ。基本的に浅いです。しかし!

1投目、いきなりヤマメ8寸ゲット。
2投目、連続でヤマメ7寸ゲット!
3投目、またまたヤマメ9寸抜いた〜!!

手が震えます…。「俺どうしちゃったの?今日はどんな事が起こるの???」怖くなります…。

と思ったら、それこそ一級ポイントからは反応無が続きます。あれれ??
よく考えると深めで落ち着いた流れはどうもヤマメが仕掛けをよく見てしまうようです。当りも渋い…。

瀬しかねえな、と思っても、水深30p前後のザラ瀬しかない。しかし狙いを明確に絞ると当たる当たる死ぬほど当たるが早い!掛けられない…。

石を狙え!だの石の前で誘え!だのと自分に言い聞かせて頑張ります。
気温は早くも35℃はオーバーしています(^^;
大きいのも掛かります。ドス!っと重い手応え。
しかしそういう時に限って、開きの石の横で誘った後なので竿のためが少なく、デカイって思って気弱になると、一気に落ち込みを下って切られてしまいました。

9寸〜尺には何度も切られた形になり、ついぞ尺は釣りあげられませんでした…。

でも久々の渓流天国におけるヤマメ釣りを堪能することができました。
ほんとに楽しかったです(^^)v

追記ですがヤマメ食べました。
メチャメチャ美味しかった事を報告いたします。

山形での楽しみが増えました
投稿日時:2007/08/16
64 いや〜、昨日今日の仕事のハードさは、もう1年分仕事した!って感じ(泣)ほんとに疲れて溶けそうなんで、これ書いたら速攻で寝ます・・・
日曜日は、桂川で例会を、Y田、ハヤト、M、N田、俺で行いました(なぜ、多摩川じゃ無い?)
何箇所か廻って、ひじょ〜に渋い中、Mっちが見事ギリ尺ながらも大物をゲット!いつも思うけど、この人釣りが上手いです。流石です♪
まあ、この日もくそ暑かったけど、和気あいあい楽しかったです。みんなお疲れ様でした!
ちなみに、同じ日、例会を多摩川でやったヤマメ道は、尺2本出ました。
31と34,5cmだそうです(やっぱ多摩川じゃん・・・)
34,5cmの方は、夕マズメ村上君が仕留めました。鼻曲がりの良いやつです。で、
オザワに行ったのでHP見たら、な、なんと!ナベさん!しっかり釣ってるし(汗)しかも日原大岩魚!!もう、水臭いんだから・・・(爆)
Y田〜、やっぱ近場が一番だよ(><)おまけに、秋川も出てるし・・・Mっち、やっぱ日曜日、帰りしな竿を出すべきだったね〜(悔)
もう2日も竿出してない。気が狂う前に、明日ちょこっと(^^)それではおやすみなさいませ。ナベさん、出来れば武勇伝でも
投稿日時:2007/08/21
65 岡部さん、ご無沙汰してます。
春先から慢性の腰痛、突然のアレルギー性ぜんそくなどに悩まされ、病院通いのオンパレードで、
今季の釣りは出遅れました。
4月下旬からマイナスイオンの多い上流とりわけ海沢・氷川周辺月1回ペースで、
7月から「午前は多摩川1箇所+午後は日原川」というパターンで月2回。
先週の18日は日原4回目。
前回の4日は水位が高かったけど、今回は平水に戻りいい感じでした。
日原川はホントいいですよね。
必ずヤマメかマスが釣れるし、ヒグラシの蝉時雨もいいし、癒されます。
さて釣行記!まず結果を。岩魚38.5センチ、オス。エサはミミズ。竿は6M(シマノ中硬調・珠風/15年前日の丸フィッシングで購入)、糸0.5号通し、針7号、おもり3B。場所は白妙橋(吊橋)上流から川乗橋下流の間の淵。
天気:曇。猛暑の谷間で最高気温25度。時間:午後3時20分ゲット。
淵尻でまず25センチのマスをゲット。
そのあとその上流の対岸落ち込み付近に何回か投入。
5投目位でガツンという当たり。
すぐには動かない。
竿を立てると生命反応。
根がかりじゃないのは明らか。
やがて下流に走り出す。
姿はまだ見えない。
ボロ竿なので無理は禁物と思い、耐えるのみ。
今度はまた上流に戻ろうとするが、下流に誘導し、もうひとつ下の淵までついて行き、ここらで勝負をかけ、浮かせると岩魚の顔が見えた。
腰まで水に浸かってタモに迎え入れた。
感動!メジャーを当てると38ちょっと超えた感じ。
尺物は3年前に釣った多摩尺山女魚以来。
岩魚は4年前に中津で釣ったサイズと同じで自己ベスト。
すごく嬉しかったですよ(^o^)。デジカメにも納めてるので、明日生前の姿をアップします。
明日は多摩川メインで釣りにいく予定です。ラストスパート!
投稿日時:2007/08/25
66 今日は所用で行けない・・と思っていたら、許可が出た♪
ちょうどKMちゃんも多摩川に戻るって言うので、お昼過ぎから下奥多摩橋へ。
奇遇にも、小江戸の会長も合流。
桂の帰りだそうな(汗)上流からKMちゃん、小江戸、俺と入って開始。
たまにアタルも小さそう。掛けてみるとやっぱ小さい。
そのうち若い集団が現れ、石を投げ始めたので、下流へ移動。先日バラした瀬で、
良いアタリ!けっこうな引きで上がったのは、超幅広の良型。なんとか尺あるかな♪
とりあえず船へ。そこへ小江戸からメール。気配無いから釜の淵へ移動するとwえ?
KMちゃんはまだ、上流曲がり淵で粘ってるし、さっそくやらせてもらおうっと。
流すといきなり良いアタリ。でも、これは7寸くらい。その次はヒラキの方でアタリ!
こいつは!!って思った瞬間、切られました。時間はもう4時。
用事があるので上がらなきゃ。でも、なんか気配するしなぁ。
ここでKMちゃんと、先ほどの幅広ヤマメの計測&撮影。
が、体高があるから大きく見えたけど、なんと泣き尺でした(爆)こうなったら、もう釣るしかない!
で、家に電話してちょっと延長許可をもらう。
よし!仕切り直しだ!4B2個で、流芯へ振り込む。仕掛けがなじんだ瞬間アタリ!一気に竿がしなる!キタ!キタァ!ドゥワ〜、こいつは良い引きだ〜!淵の底で、ギランっと光る。う、でかい!何としても捕りたい!落ち着け落ち着け。度重なる強烈な突っ込みと、ローリングに肝を冷やされながらも、なんとかゲット!捕れた〜!こいつは文句無しの尺上でしょう♪
始終を見ていたKMちゃんも駆け付けてくれて、賞賛してくれました。
ありがと〜!さっそく計測の結果、38cmでした。
これも成魚上がりだけど、やはり尾びれの下がスレてるので、下からのノボリですね。
この前よりは若干スレンダーですが、同じく婚姻色もまだ出て無いので、引きはすごいです。
は〜、でも時間延長した甲斐がありました。
投稿日時:2007/08/28